KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

多田 稔タダ ミノル

プロフィール

所属部署名農学部 水産学科 / 農学研究科
職名教授/水産学科長
学位博士(農学)
専門水産経済学、開発経済学
ジャンル経営・産業/産業
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/133-tada-minoru.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    マグロ養殖の経済的に見た展望。タイやベトナムの経済発展における水産業の役割。

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 経済政策, 水産経済学・農業経済学・開発経済学

論文

  • 漁獲データから水産資源を推定する手法と、その太平洋クロマグロへの適用, 多田 稔・阪口 潤, Journal of International Fisheries, 13, 13, 29,   2014年, 査読有り
  • アジアの水産加工業における比較優位の変動パターン -エビ調製品とツナ缶詰を対象として-, 多田稔・松井隆宏・大石太郎, 農林水産政策研究、20、1-11、(2013)   , 20, 1, 11,   2013年, 査読有り
  • オーストラリアのミナミマグロ産業の発展における資源制約, 多田 稔, Journal of Australian Studies, 25, 45, 55,   2012年, 査読有り
  • 大西洋クロマグロの漁獲量・資源量と価格の動向, 多田稔・松井隆宏・原田幸子, 国際漁業研究  , 9, 1, 1, 12,   2011年, 査読有り
  • 高付加価値農業形成に向けての海外直接投資と食品加工産業の役割 -国際横断面統計と農家調査による分析-, 多田 稔, Dinghuan HU, Ruangrai TOKRISNA3, Japan Agricultural Research Quarterly, 43, 4, 317, 322,   2009年10月
  • タイ国におけるグローバル水産加工業の産業集積‐集積地域と集積要因の分析‐, 大石太郎, 有路 昌彦, 多田 稔, 松野 弘平, 高原淳志 大南絢一, フードシステム研究, 17, 3,   2010年11月

書籍等出版物

  • 変わりゆく日本漁業 その可能性と持続性を求めて, 多田稔・婁小波・有路昌彦・松井隆宏・原田幸子, 北斗書房,   2014年
  • 海と人間, 前田久明・嘉田良平, 海から展望する日本の未来, 多賀出版,   2004年

講演・口頭発表等

  • 太平洋島嶼国への援助とマグロ産業の発展, 多田 稔, 国際漁業学会,   2017年08月06日

MISC

  • クロマグロの需給動向と完全養殖技術の経済的可能性, 多田 稔, 松野功平, 原田幸子, 近畿大学農学部紀要, 43, 1, 5,   2010年03月

競争的資金