KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

後藤 孝夫ゴトウ タカオ

プロフィール

所属部署名経営学部 商学科 / 商学研究科
職名教授/FD委員会委員長
学位博士(商学)
専門交通経済学
ジャンル経営・産業/交通運輸
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/139-gotou-takao.html
ホームページURLhttp://www.bus.kindai.ac.jp/t-goto/index.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    日本および諸外国における交通政策について研究しています。特に、(1)道路政策における補助制度、(2)交通分野の規制政策、(3)交通政策の運営主体について継続的に研究しています。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/4/30
     東京読売新聞
     関越道バス事故より5年について
    ●2017/4/28
     石川読売新聞
     関越道バス事故より5年について
    ●2016/10/5
     日経新聞
     ごみ収集車の事故について
    ●2016/1/22
     読売新聞
     軽井沢バス事故について

学歴・経歴

学歴

  • 2002年04月 - 2006年03月, 慶應義塾大学大学院, 商学研究科後期博士課程, 商学専攻
  • 2000年04月 - 2002年03月, 慶應義塾大学大学院, 商学研究科修士課程, 商学専攻
  •  - 2000年03月, 慶應義塾大学, 商学部, 商学科

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2010年04月,  - 2016年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2009年04月,  - 2010年03月, 九州産業大学(准教授)
  •   2006年04月,  - 2009年03月, 九州産業大学(専任講師)

研究活動情報

研究分野

  • 経営学, 商学
  • 経済学, 経済政策, 交通経済学

研究キーワード

  • 公共政策, 交通経済学

論文

  • 道路特定財源の一般財源化と地方自治体の財政支出行動, 田中 智泰, 後藤 孝夫, 高速道路と自動車 = Expressways and automobiles, 高速道路と自動車 = Expressways and automobiles, 60, 3, 32, 39,   2017年03月, 査読有り
  • タクシー事業の規制政策と参入退出 : 車両数の変化への影響, 田中 智泰, 後藤 孝夫, 交通学研究 = The Japanese journal of transportation economics, 交通学研究 = The Japanese journal of transportation economics, 60, 119, 126,   2017年03月, 査読有り
  • タクシー事業の生産性の計測, 田中 智泰, 後藤 孝夫, 交通学研究 = The Japanese journal of transportation economics, 交通学研究 = The Japanese journal of transportation economics, 59, 149, 156,   2016年03月, 査読有り
  • 株式所有構造や取締役会構成が鉄道事業の経営パフォーマンスに与える影響, 松本守,後藤孝夫, 交通学研究, 交通学研究 = The Japanese journal of transportion economics, 58, 65, 72,   2015年03月, 査読有り
  • 海運事業者のコーポレート・ガバナンスと企業パフォーマンス, 松本 守, 後藤 孝夫, 海運経済研究 = Journal of logisistics and shipping economics, 海運経済研究 = Journal of logisistics and shipping economics, 49, 51, 60,   2015年, 査読有り
  • 一般道路整備における補助金配分と財源構成の決定要因 (特集 阪神高速道路開通50周年), 田邉 勝巳, 後藤 孝夫, 高速道路と自動車 = Expressways and automobiles, 高速道路と自動車 = Expressways and automobiles, 57, 7, 20, 29,   2014年07月, 査読有り
  • ソフトな予算制約問題と第三セクターのパフォーマンス―運輸分野を対象とした実証分析―, 松本守, 後藤孝夫, 交通学研究, 57, 57, 64,   2014年03月, 査読有り
  • 社会保障制度 観光・レジャー分野における第三セクターを対象にしたソフトな予算制約問題に関する実証分析 (学会特集号), 松本 守, 後藤 孝夫, 経済政策ジャーナル = Journal of economic policy studies, 経済政策ジャーナル = Journal of economic policy studies, 11, 2, 11, 14,   2014年, 査読有り
  • タクシーサービスの需要分析と規制政策の課題 : 福岡市・北九州市のデータをもとに, 後藤 孝夫, 交通学研究 : 2011年研究年報, 交通学研究 : 研究年報, 55, 103, 112,   2012年, 査読有り
  • 道路供給における費用負担の経済分析‐公共サービスにおける地方公共団体への補助と費用負担のあり方‐, 慶應義塾大学大学院商学研究科,   2009年02月, 査読有り
  • 一般財源化後の道路財源の配分方式の考察--都市階層に基づく試論, 後藤 孝夫, 加藤 一誠, 公益事業研究, 公益事業研究, 61, 3, 21, 30,   2009年, 査読有り
  • 交通アクセスの改善が観光地の入込客数に与える影響--幹線交通の整備による効果を中心に, 早川 伸二, 後藤 孝夫, 交通学研究, 交通学研究, 135, 144,   2009年, 査読有り
  • 高齢者に対する道路交通安全対策の検討--交通政策からみた交通事故抑止対策の分析, 後藤 孝夫, 交通学研究, 交通学研究, 61, 70,   2008年, 査読有り
  • 維持更新時代を見据えた維持管理有料道路制度の有効性の検討--橋りょう・トンネルと道路の維持費用の分析, 後藤 孝夫, 早川 伸二, 公益事業研究, 公益事業研究, 59, 2, 21, 31,   2007年, 査読有り
  • 一般道路整備における財源の地域間配分の構造とその要因分析--都道府県管理の一般道路整備を中心に, 田邉 勝巳, 後藤 孝夫, 高速道路と自動車, 高速道路と自動車, 48, 12, 25, 33,   2005年12月, 査読有り
  • 社会的規制における相殺効果の検証--我が国の交通安全規制を対象にして, 後藤 孝夫, 手塚 広一郎, 国際公共経済研究, 国際公共経済研究, 16, 52, 59,   2005年10月, 査読有り
  • 路上駐車による社会的費用の計測--高知市におけるシミュレーション分析, 中村 彰宏, 松本 修一, 後藤 孝夫, 交通学研究, 交通学研究, 191, 200,   2005年, 査読有り
  • 中山間地域における一般道路整備に関する研究--1.5車線的道路整備導入の意思決定過程の分析を中心に, 後藤 孝夫, 公益事業研究, 公益事業研究, 57, 2, 95, 103,   2005年, 査読有り
  • 路上駐車に対する社会的最適課金の推定--靖国通りと明治通りを対象として, 後藤 孝夫, 中村 彰宏, 交通学研究, 交通学研究, 121, 130,   2004年, 査読有り
  • 地方道路公社管理の一般有料道路整備に関する一考察--一般有料道路整備を通じた地域間所得再分配政策の問題点, 後藤 孝夫, 公益事業研究, 公益事業研究, 56, 3, 105, 114,   2004年, 査読有り
  • 「地方債の交付税措置」が一般道路整備にもたらす非効率性--各都道府県に対するヒアリング調査結果を中心に, 後藤 孝夫, 公益事業研究, 公益事業研究, 55, 1, 61, 67,   2003年, 査読有り
  • 一般道路投資における地方間費用負担格差の問題点‐道路特定財源制度の配分過程の考察, 慶應義塾大学大学院商学研究科修士学位請求論文,   2002年, 査読有り
  • 道路特定財源制度の配分過程における地域間内部補助の現状とその問題点--揮発油税・石油ガス税・自動車重量税を中心に, 後藤 孝夫, 交通学研究, 交通学研究, 71, 80,   2002年, 査読有り

書籍等出版物

  • 総合研究 日本のタクシー産業:現状と変革に向けての分析, 太田和博,青木亮,後藤孝夫編著, 共編者, 第3章 都市部のタクシーの現状と背景,第6章 タクシーの需要はなぜ減っているのか, 慶應義塾大学出版会,   2017年07月, 4766424395
  • 観光交通ビジネス, 塩見英治, 堀 雅通, 島川 崇, 小島克己編著, 分担執筆, 第7章 その他の交通ビジネスと観光, 成山堂書店,   2017年06月, 4425928814
  • 自由化時代のネットワーク産業と社会資本, 塩見英治監修,鳥居昭夫, 岡田啓, 小熊仁編著, 分担執筆, 第14章 高速道路事業(根本敏則先生との共著), 八千代出版,   2017年06月, 4842917008
  • 道路課金と交通マネジメント―維持更新時代の戦略的イノベーション (日本交通政策研究会研究双書), 根本 敏則, 今西 芳一編著, 分担執筆, 第18章 損傷者負担を考慮した高速道路料金の検討(脇嶋秀行氏・根本敏則先生との共著), 成山堂書店,   2017年05月, 4425928911
  • 交通インフラの多様性, 手塚広一郎,加藤一誠編著, 分担執筆, 第6章 地域公共交通への上下分離方式の適用, pp.111-133, 日本評論社,   2017年03月, 4535558582
  • 現代交通問題考, 根本 敏則, 後藤 孝夫, 大井 尚司, 共編者, 成山堂書店,   2015年12月, 4425928512
  • 道路政策の経済分析―交通サービスの費用負担と市場メカニズム, 後藤 孝夫, 単著, 同文舘出版,   2015年04月, 4495441914
  • 交通インフラ・ファイナンス (日本交通政策研究会研究双書27), 加藤 一誠, 手塚 広一郎編著, 分担執筆, 第13章 日本の道路事業におけるレベニュー債導入の検討,pp.223-245, 成山堂書店,   2014年04月, 4425928318
  • 交通経済ハンドブック, 日本交通学会編, 分担執筆, 第2章 自家用交通の需要特性,pp.38-39, 白桃書房,   2011年10月, 4561761926
  • 交通政策入門, 衛藤 卓也監修,大井 尚司, 後藤 孝夫著, 共著, 同文舘出版,   2011年09月, 4495440411

講演・口頭発表等

  • Heavy Vehicle Toll Management Aimed at Reducing Life Cycle Cost with ITS Technology, 後藤孝夫, ITS World Congress 2017,   2017年10月29日
  • Empirical study on the diversity effect in Japanese shipping firms, Mamoru Matsumoto and Takao Goto, IAME 2017 KYOTO,   2017年06月29日
  • 日本の旅客鉄道事業における企画乗車券の導入効果, 後藤孝夫, 公益事業学会2017年度全国大会,   2017年06月11日
  • Study of heavy vehicle toll management with ITS technology, Hideyuki WAKISHIMA, Ryutarou MATSUI, Takao GOTO, Toshinori NEMOTO, ITS World Congress 2016,   2016年10月11日
  • タクシー事業の規制政策と参入退出, 田中智泰・後藤孝夫, 日本交通学会第75回研究報告会,   2016年10月09日
  • 維持更新時代における高速道路料金体系の再検討, 脇嶋秀行・松井竜太郎・後藤孝夫・根本敏則, 日本交通学会第75回研究報告会,   2016年10月08日
  • A demand analysis of regulated taxicab market: Evidence from Japan, Takao Goto, 14th World Conference on Transport Research,   2016年07月11日
  • 競争・人口減少下の公益サービスをめぐる論点, 手塚広一郎・服部徹・後藤孝夫・齊藤由里恵・田村暁, 公益事業学会若手研究者による事例発表とディスカッション,   2016年06月11日, 招待有り
  • 空港はどのように支えるべきか, 加藤一誠・重田雅史・後藤孝夫・幕亮二・岡田稔, 航空連合第17期政策シンポジウム,   2016年05月11日, 招待有り
  • タクシー事業の生産性と規制政策, 田中智泰・後藤孝夫, 日本交通学会第74回研究報告会,   2015年10月11日
  • 費用負担問題からみた道路政策の課題, 後藤孝夫, 日本交通学会関西部会,   2015年07月03日
  • 上場鉄道事業者における役員賞与と経営者インセンティブ‐コーポレート・ガバナンスと規制緩和の効果に着目した実証分析‐, 松本守・後藤孝夫, 日本交通学会関西部会,   2014年12月05日
  • 株式所有構造や取締役会構成が鉄道事業の経営パフォーマンスに与える影響, 松本守・後藤孝夫, 日本交通学会第73回研究報告会,   2014年10月19日
  • 海運事業者のコーポレート・ガバナンスと企業パフォーマンス‐海運事業者においてもコーポレート・ガバナンスは重要か, 松本守・後藤孝夫, 日本海運経済学会第48回大会,   2014年10月04日
  • 海運業のパフォーマンスとコーポレート・ガバナンス, 松本守・後藤孝夫, 日本海運経済学会関西部会,   2013年12月20日
  • 鉄道事業におけるコーポレート・ガバナンス・メカニズムが企業パフォーマンスに与える影響, 松本守・後藤孝夫, 日本交通学会関西部会,   2013年12月06日
  • ソフトな予算制約問題と第三セクターのパフォーマンス‐運輸分野を対象とした実証分析‐, 松本守・後藤孝夫, 日本交通学会第72回研究報告会,   2013年10月06日
  • 一般道路整備における計画と財源配分の意思決定について, 田邉勝巳・後藤孝夫, 日本交通学会関東部会,   2013年07月19日
  • 運輸分野の第三セクターのパフォーマンスに補助金等が与える影響, 松本守・後藤孝夫, 日本交通学会関西部会,   2013年07月05日
  • 観光・レジャー分野における第三セクターを対象にしたソフトな予算制約問題の検証, 松本守・後藤孝夫, 日本経済政策学会第70回全国大会,   2013年05月26日
  • 観光事業における第三セクターのガバナンス構造とパフォーマンスの分析, 後藤孝夫・松本守, 日本交通学会関西部会,   2012年01月
  • 地方都市のタクシー市場における規制政策の経済分析‐福岡市・北九州市のデータをもとに‐, 後藤孝夫, 日本交通学会,   2011年10月
  • The Impact of Governance Structure on Firm Performance: Evidence from Japanese Local Mixed Enterprises, Tomoyasu Tanaka , Takao Goto, The 51th Congress of the European Regional Science Association,   2011年08月
  • 都市高速道路における需要の価格弾力性の推計‐北九州高速道路における1区間料金割引実験の事例を中心に‐, 後藤孝夫・松永達生・野田幹雄, 日本交通学会関西部会,   2011年05月06日
  • 地方都市のタクシー事業における需要の価格弾力性の推計‐福岡市のデータをもとに‐, 後藤孝夫, 日本交通学会関西部会,   2010年07月02日
  • 交通アクセスの改善が観光地の入込客数に与える影響‐幹線交通の改善の効果を中心に‐, 日本交通学会第68回研究報告会,   2009年
  • 道路財源の配分方式の分析‐一般財源化後の配分指標の検討‐, 公益事業学会第59回大会,   2009年
  • 高齢者のモビリティ確保に向けた道路交通安全対策の要因分析‐都道府県別にみた道路交通事故データによる検証‐, 日本交通学会第67回研究報告会,   2008年
  • 道路特定財源の地域間配分と政府間補助の問題点, 西日本財政学会,   2007年
  • 維持更新時代を見据えた維持管理有料道路制度の有効性の検討‐橋りょう・トンネルと道路の維持費用の分析‐, 公益事業学会第57回大会,   2007年
  • 路上駐車による社会的費用の計測‐高知市におけるシミュレーション分析‐, 日本交通学会第64回研究報告会,   2005年
  • 中山間地域における一般道路整備に関する一考察, 公益事業学会第55回大会,   2005年
  • 社会的規制における相殺効果の検証‐我が国の交通安全規制を対象として‐, 国際公共経済学会第19回大会,   2004年
  • 路上駐車に対する社会的最適課金の推定‐靖国通りと明治通りを対象として‐, 日本交通学会第63回研究報告会,   2004年
  • 地方道路公社による一般有料道路整備に関する一考察‐道路公社の財政構造を中心に‐, 公益事業学会第54回大会,   2004年
  • 中山間地域における一般道路整備に関する一考察‐高知県における1.5車線的道路整備及び長野県栄村における道直し事業に関する事例研究‐, 日本交通学会関東部会,   2004年
  • 地方債の交付税措置が一般道路整備にもたらす非効率性‐各都道府県に対するヒアリング調査結果を中心に‐, 公益事業学会第53回大会,   2003年
  • 道路特定財源制度の配分過程における地域間内部補助の現状とその問題点‐揮発油税・石油ガス税・自動車重量税を中心に‐, 日本交通学会第61回研究報告会,   2002年

MISC

  • Chapter 6 Section 3 関西の交通インフラが抱える課題, 後藤孝夫, 関西経済白書 2017, 124, 131,   2017年10月, 招待有り
  • Heavy Vehicle Toll Management Aimed at Reducing Life Cycle Cost with ITS Technology, Takao GOTO, Hideyuki WAKISHIMA , Toshinori NEMOTO, The Conference Proceedings of ITS World Congress 2017,, Paper ID: AP-TP1224AP-TP1224,   2017年10月, 査読有り
  • 維持更新時代の道路課金と交通管理に関する研究, 後藤孝夫,根本敏則, 自動車交通研究 2017, 34, 35,   2017年10月, 招待有り
  • Empirical study on the diversity effect in Japanese shipping firms, Mamoru Matsumoto and Takao Goto, The Proceedings of IAME 2017 conference,   2017年06月, 査読有り
  • 地域鉄道における上下分離方式導入の検討, 後藤孝夫, 日交研シリーズA-684, 1, 10,   2017年04月
  • 〈論文〉高速道路のストック効果と交通近接性-近畿圏を対象とした試算-, 後藤 孝夫, 商経学叢 = Shokei-gakuso: Journal of Business Studies, 63, 3, 67, 76,   2017年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006332216
    概要:[要旨]本稿は,「道路の利用による生活圏間の交流のしやすさ」を表現した簡便な指標である交通近接性と高速道路のストック効果の関係性について検討する。具体的には,一般財団法人アジア太平洋研究所(2016)で行った,近畿圏の高速道路整備を対象とした2005年と2014年の2時点間の交通近接性の変化の試算結果を紹介し,高速道路整備の効果を検討した。 [Abstract] The main purpose of this study is investigating the Stock effects in the Japanese expressway, especially Kinki Area. As the first step of the study, we examine accessibility measures both in 2005 and in 2014 in Kinki Area. As a result of this study, we observe the changes in the development of expressway based on travel time.
  • 日本の鉄道事業者における役員賞与と経営者インセンティブ--コーポレート・ガバナンスと規制緩和の効果に着目した実証分析--, 松本 守, 後藤 孝夫, 商経論集, 52, 1, 71, 86,   2017年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006029154
    概要:This study investingates the relationship between director bounses and performance of 23 Japanese listed railway companies. The analysis yields the following results. First, during 1993-2011, there was a significant positive influence of ROA(Return On Assets) on director bonuses. Second, during 1993-1999, when the Japanese government regulated market entry and exit in railway services, there is a significant negative influence of stock return and the number of board members on director bonuses. However, during 2000-2011, after the Japanese government deregulated the market, these indexes turns into a significant positive influence.
  • 道路政策の課題と展望 : 費用負担の観点からみた税体系と料金体系の統合 (特集 社会経済の構造変化と交通政策の展望), 後藤 孝夫, 運輸と経済, 77, 2, 100, 108,   2017年02月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021118364
  • バス事業とタクシー事業における人材問題 : 労働生産性の側面からの検討 (特集 交通を支える人々) -- (人材不足時代をどう乗り切るか), 後藤 孝夫, 運輸と経済, 76, 10, 90, 96,   2016年10月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020997340
  • Chapter 6 Section 2 始まったリニア新幹線工事と関西, 後藤孝夫, 関西経済白書 2016, 141, 146,   2016年10月, 招待有り
  • Study of heavy vehicle toll management with ITS technology, Hideyuki WAKISHIMA, Ryutarou MATSUI, Takao GOTO, Toshinori NEMOTO, The Proceedings of 23rd World Congress of Intelligent Transport System, Paper number ITS-AP-TP0213,   2016年10月
  • 航空サービスと鉄道サービスの連携および統合に関する研究 (2015年度研究助成論文集), 後藤 孝夫, 航政研シリーズ, 603, 35, 46,   2016年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020936903
  • 「道の駅」が地域経済に与える影響, 後藤孝夫, 日交研シリーズA-651, 1, 8,   2016年07月, 招待有り
  • 京阪神の高速道路ネットワークの現状と料金体系のあり方 (特集 関西の未来), 後藤 孝夫, 運輸と経済, 76, 3, 82, 91,   2016年03月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020766174
  • 交通インフラへのレベニューマネジメントの導入可能性‐旅客鉄道事業を中心に‐, 後藤孝夫, 日交研シリーズA-643, 67, 75,   2016年02月, 招待有り
  • 基調報告 日本の道路事業におけるレベニュー債導入の検討 (シンポジウム 道路インフラ・ファイナンスとレベニュー債), 後藤 孝夫, 日交研シリーズ. B, 168, 17, 23,64-67,   2016年01月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020736374
  • 人口減少・システム間競争下の交通産業 交通 (討論記録 公益事業学会2016年度全国大会 : 統一論題「公益事業の持続可能性」 午前の部 : シンポジウム[若手研究者による事例発表とディスカッション] 競争・人口減少下の公益サービスをめぐる論点) -- (パネリストの報告), 後藤 孝夫, 公益事業研究 = Journal of public utility economics, 68, 3, 29, 31,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021278527
  • 日本の空港はいま(第7回)離島路線の現状と課題 : 地域の生活・発展を支える長崎空港, 後藤 孝夫, ていくおふ, 142, 40, 49,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020891085
  • 我が国へのシャドートールの適用をめぐる課題の整理, 後藤孝夫, 自動車交通研究 環境と政策 2015, 20, 21,   2015年11月, 招待有り
  • 大都市におけるタクシー事業の経営と規制政策, 後藤 孝夫, Goto Takao, 福岡大学商学論叢 = Fukuoka University Review of Commercial Sciences, 60, 1, 85, 104,   2015年11月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005675775
  • Chapter 6 Section 2 北陸新幹線と関西, 後藤孝夫, 関西経済白書 2015, 116, 119,   2015年10月, 招待有り
  • Discussion Paper 大都市におけるタクシー事業の経営分析, 後藤 孝夫, タクシー政策研究, 3, 35, 47,   2015年05月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020541179
  • 統合交通政策の意義と現代的課題の一視角‐統合運賃の視点‐, 後藤孝夫, 日交研シリーズA-618, 26, 33,   2015年01月, 招待有り
  • わが国へのシャドートールの適用をめぐる課題の整理, 後藤孝夫, 日交研シリーズA-613, 1, 10,   2015年01月, 招待有り
  • 自動車利用者の受益と税負担の地域間バランス (特集 自動車関連税制 : 最近の動向と今後の展望), 後藤 孝夫, IATSS review, 38, 3, 191, 198,   2014年02月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020004478
  • 第三セクター鉄道の経営状況と今後の課題--サーベイを中心に, 後藤 孝夫, 松本 守, 北九州市立大学商経論集 = The Review of business and economics, 49, 1, 65, 74,   2013年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005448516
    概要:本稿の目的は,地域鉄道を担っている第三セクター鉄道の経営状況を分析し,その特徴を明らかにするとともに,先行研究の整理に基づいて,第三セクター鉄道が抱える課題について検討することである。その際,実証的コーポレート・ガバナンス(Empirical Corporate Governance)研究からの知見を援用した第三セクター鉄道の分析の有用性についても明らかにする
  • 自動車関係諸税収の地域間配分とその問題点(佐藤 光教授・松島正博教授・田畑理一教授・松澤俊雄教授退任記念号), 後藤 孝夫, 経済学雑誌, 114, 3, 210, 221,   2013年12月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005418934
  • 地方都市におけるタクシーサービスの需要分析, 後藤孝夫, タクシー政策研究 創刊号, 1, 109, 119,   2013年03月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020220478
  • わが国の道路事業におけるレベニュー債導入の検討 (八木章先生退任記念号), 後藤 孝夫, 商経学叢, 59, 2, 951, 975,   2012年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005349366
    概要:[注記] 本稿は, 後藤(2012a)および後藤(2012b)の内容に若干の加筆と修正を行ったものである。また, 本稿はJSPS科研費23614030の研究成果の一部である。[要約]本稿は, 諸外国で導入されている資金調達手法の1つである事業目的別歳入債券(以降, レベニュー債と表記)に着目し, わが国における交通社会資本整備への導入可能性について検討することを目的とする。 本稿では先行研究の整理と事例研究を行い, 交通社会資本整備のなかでもとくに道路事業へのレベニュー債の導入可能性について論じる。    [Abstract] This paper aims to survey the literature theoretical analysis of the revenue bonds introduced improvement. As the result, we conclude that revenue road maintenance and improvement in Japan. about the case studies and the for the road maintenance and bonds will be introduced for the road maintenance and improvement in Japan.
  • 一般道路整備における計画と財源及び分配の構造, 田邉勝巳,後藤孝夫, 高速道路調査会図書資料 経済・経営研究部会研究助成No.0056, 1, 33,   2012年11月
  • わが国の道路事業におけるレベニュー債の導入可能性, 後藤孝夫, 日交研シリーズA-556, 2, 18,   2012年11月, 招待有り
  • 財政情報公開と地方分権, 後藤 孝夫, 高速道路と自動車, 55, 6, 15, 15,   2012年06月, 招待有り
  • 高速道路政策における費用負担の枠組みの検討 : 道路特定財源制度の一般財源化を契機として (特集 高速道路政策の今後の展望と課題), 後藤 孝夫, 運輸と経済, 72, 4, 43, 50,   2012年04月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019282087
  • 体系的学習と記述式小テストの教育効果の分析 : ミクロ経済学およびビジネスエコノミクスのケース (寺岡義伸先生退任記念号), 浦上 拓也, 後藤 孝夫, 田中 智泰, 商経学叢, 58, 3, 919, 931,   2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005123418
    概要:[概要] 本研究の目的は, 学年別に配置されている科目間における体系的学習と記述方式による小テストの実施による教育効果を分析することにある。具体的に, 経営学部の第1学年に配置されている基礎科目のミクロ経済学と第2学年に配置されている関連科目のビジネスエコノミクスにおいて, ミクロ経済学の履修がビジネスエコノミクスの学習に影響があるかどうか, および両科目において実施した記述式の小テストが, 講義内容の理解に効果があったかどうかを分析した。分析の結果, ミクロ経済学の履修がビジネスエコノミクスの評価に有意にプラスの影響があったこと, および記述式の小テストが講義内容の理解に有効であったことが明らかにされた。 [Abstract] The purpose of this paper is to clarify education effects of a systematic learning and a descriptive mini-test in the lectures of Microeconomics and Business Economics, by using descriptive statistics and multiple regression analysis. The Microeconomics is opened for the first year students and Business Economics is opened for the second year students in the Faculty of Business Administration, Kinki University. The obtained results are that a descriptive mini-test contributes to students' understanding of lecturers as well as a choice of Microeconomics course in the first year contributes to deepen students' understanding of lecturers in Business Economics.
  • 日本における交通安全政策と規制の変遷(1950年~2010年), 後藤 孝夫, 小島 克巳, 加藤 一誠, 7ヶ国における交通安全政策と規制の変遷,   2012年03月
  • 都市高速道路における需要の価格弾力性の計測, 後藤孝夫, 日交研シリーズA-541, 1, 15,   2012年03月
  • 一般道路整備における地方債の元利償還金に対する交付税措置の問題点, 後藤孝夫, 日交研シリーズA-535, 26, 41,   2012年01月
  • 森川高行著『道路は,だれのものか‐交通革新モデル〔駐車デポジットシステム〕のインパクト‐』, 後藤 孝夫, 運輸政策研究, 14, 2, 44,   2011年07月
  • タクシー市場に対する規制政策の検討 (斎藤峻彦先生退任記念号), 後藤 孝夫, 商経学叢, 57, 3, 863, 873,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003895689
    概要:[概要] 本稿は, 流し営業と無線配車といったタクシーサービスの違いに焦点をあてて, わが国のタクシー市場に対する今後の規制政策について, 経済学的に検討することを目的としている。本稿の背景には, 2002年の改正道路運送法施行によるタクシー事業での規制緩和から2009年の特定地域タクシー特措法施行という再規制までの, わが国のタクシー市場における規制政策の変遷がある。なお本稿の構成は, 以下の通りである。2節では, わが国および諸外国でのタクシー市場に対する規制政策について整理する。3節では, タクシー市場の規制政策に対する経済学的な検討を行い, わが国での今後のタクシー市場の規制政策への示唆を得る。[Abstract] This paper aims to survey the literature about the case studies and the theoretical analysis of the regulation in the taxi industry. As the result, we conclude that regulation of taxicab fares in the cruising taxi market has the economic reasons but restriction on entry in taxicab market lacks satisfactory evidence.
  • 観光産業における第三セクターのガバナンスに関する経済分析--株式会社法人のパフォーマンスの決定要因, 松本 守, 後藤 孝夫, 運輸と経済, 70, 9, 60, 70,   2010年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017296093
  • 第三セクターにおけるパフォーマンスの決定要因に関する研究--サーベイを中心に, 松本 守, 後藤 孝夫, 産業経営研究所報, 42, 57, 69,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017179123
  • 3.3 道路財政分野の研究, 後藤 孝夫, 藤井 彌太郎, 橘 洋介, 財団法人 道路経済研究所 その沿革と事績,   2009年08月
  • 地域別にみた高齢者の交通事故と道路整備, 人口減少・高齢社会における道路に関する研究,道経研シリーズA-149, 62, 79,   2009年
  • わが国の道路特定財源の配分の現状と評価, 後藤孝夫・加藤一誠, 道路整備の財源のあり方に関する研究,道経研シリーズA-153, 65, 94,   2009年
  • 地方道整備の枠組み‐整備計画と財政制度‐, 道路政策の枠組みに関する研究,道経研シリーズA-160, 27, 54,   2009年
  • 九州圏の現状と課題‐人口動態、気象特性および経済状態等道路整備需要の背景‐, 道路政策の枠組みに関する研究,道経研シリーズA-160, 55, 83,   2009年
  • 地方における道路整備に関する論点整理, 道路政策の枠組みに関する研究,道経研シリーズA-160, 84, 100,   2009年
  • 人口減少・高齢社会における道路に関する研究, 後藤 孝夫, 太田 和博, 第8回道路経済研究所研究報告会,道経研シリーズA-147,   2008年12月
  • 道路整備と政府の役割--国と地方の役割分担, 後藤 孝夫, 運輸と経済, 68, 4, 61, 72,   2008年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015960863
  • 道路特定財源の利害得失の整理, 後藤 孝夫, 長期的にみた道路整備の財源のあり方,道経研シリーズA-135,   2007年07月
  • 空港使用料の水準がLCC(低コスト航空会社)の経営に与える影響に関する研究 (低費用航空会社(LCC)の研究), 小島 克巳, 後藤 孝夫, 早川 伸二, 航政研シリ-ズ, 473, 93, 119,   2007年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015494288
  • 路上駐車の需要サイドの分析, 後藤孝夫・中村彰宏・青木亮, ITS導入効果およびAHS技術に関する基礎的先端的研究,   2006年
  • 一般道路整備における財源及び分配の構造とその要因分析, 後藤孝夫・田邉勝巳・中条潮, 高速道路調査会図書資料・道路経済研究部会・公益事業等問題研究委員会研究 助成 No.0028,   2006年
  • 一般道路整備における財源の地域間配分の構造とその要因分析, 道路整備と費用負担に関する基礎的研究,道経研シリーズA-128,   2006年
  • 我が国で路上駐車課金を導入する際の具体的課題の検討, 中村彰宏・後藤孝夫, ITS導入効果およびAHS技術に関する基礎的先端的研究,   2005年
  • 我が国における駐車政策の現状及び道路混雑を発生させる路上駐車に対する最適課金の推定‐靖国通りと明治通りにおけるデータを中心に‐, 中村彰宏・後藤孝夫, ITS導入効果およびAHS技術に関する基礎的先端的研究,   2004年

受賞

  •   2016年10月, 日本海運経済学会, 日本海運経済学会賞(論文の部)
  •   2015年10月, 日本交通学会, 日本交通学会賞(著書の部)
  •   2014年10月, 日本交通学会, 日本交通学会賞(論文の部)
  •   2008年06月, 公益事業学会, 公益事業学会奨励賞(論文)
  •   2006年05月, 公益財団法人高速道路調査会, 道路と交通論文賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), タクシーの需要構造変化と競争政策のあり方に関する実証的研究, 後藤孝夫
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 交通インフラの運営とリスク分担に関する歴史・制度・理論・実証研究, 加藤一誠
  • 公益社団法人 日本港湾協会, 港湾関係研究奨励助成事業, 国際拠点港湾の運営と物流の高品質化, 後藤孝夫
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 地域交通政策への適用を目的としたタクシー市場での競争と規制の実証分析, 後藤 孝夫
  • 経済産業省, 産学連携サービス経営人材育成事業: 研究助成, 観光地経営を担う日本版DMOの人材育成プログラム事業, 高橋一夫
  • 航空政策研究会, 若手研究者研究助成, 航空会社と陸上交通機関間の連携および統合性に関する事例研究, 後藤孝夫
  • 公益財団法人高速道路調査会, 研究助成, 道路特定財源の一般財源化の地域経済に対する効果分析, 田中智泰
  • 国土交通省, 新道路技術会議:研究助成, 首都圏三環状概成時を念頭においた料金施策とITS施策による非常時を含む総合的交通マネジメント方策の実用化, 根本敏則
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 観光産業における第三セクター破たん要因の解明に関する実証研究, 後藤 孝夫,  本年度の研究成果は、以下の3点である。第1に、理論研究としていくつか残っている文献調査を実施し、主にガバナンスメカニズムに関する最新の研究動向について包括的にサーベイしている先行研究を整理した。本年度の先行研究の整理の結果を踏まえて、次年度は観光事業を運営している第三セクターに対して実施するアンケート調査票を作成する予定である。 第2に、毎年度総務省より公表されている「第三セクターの等の状況に関する調査結果」のデータが、わが国の観光事業を運営する第三セクターに関する唯一体系的なデータとして存在しており、申請者らは2003年度調査分から2010年度調査分の計8年度分のデータを本年度入手した。そして、入手した第三セクターの経営状況のデータに関してパネルデータ化した。次年度は、本年度作成したパネルデータとアンケート調査で収集する経営データを統合化し、第三セクターの経営に関するデータベースを構築する予定である。 そして第3に、第三セクターのパフォーマンスの決定要因について実証的に分析を行った。とりわけ、(1)民間出資割合と民間出身役員割合の歪みが強い第三セクターほどパフォーマンスが悪い(官民の馴れ合い体質)および(2)Board-size effect仮説(取締役会が小規模な企業ほど経営効率的な意思決定がなされる)という2つの仮説について、2007年度のクロスセクションデータを用いて分析を行った。分析の結果、民間出資割合が低く、民間出身役員割合が高い観光・レジャー分野の第三セクター会社法法人ほど、パフォーマンスが悪い可能性があることが明らかとなった。なお、上記研究の成果は、2012年1月に開催された日本交通学会関西部会にて報告を行った。

その他

  •   2015年04月, 地域交通における統合交通政策の適用可能性に関する実証研究, 近畿大学 学内奨励研究助成金 SR02
  •   2014年04月, 道路政策の経済分析, 近畿大学 研究成果刊行助成金 KJ03

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 交通特論, 近畿大学大学院
  • 交通論, 九州産業大学,福岡大学, 近畿大学
  • ミクロ経済学, 九州産業大学, 近畿大学
  • 交通経済学, 近畿大学