KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宮本 勝一ミヤモト カツイチ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門神経内科、神経免疫
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/734-miyamoto-katsuichi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/50388526.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    神経内科疾患一般の診療・研究を行っています。特に、神経免疫疾患を専門としており、なかでも多発性硬化症について精通しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2005年,  - 2008年, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 神経内科学

研究キーワード

  • 脳・神経, 免疫学, 末梢神経, 遺伝子, 実験的自己免疫性脳脊髄炎, 接着分子, 抹消神経, 抗血小板薬, 神経免疫, 神経内科, 多発性硬化症, 自己抗体, 中枢神経, 自己免疫, ガングリオシド, 脳神経疾患, 糖鎖, 運動失調, 糖脂質, ミエリン, 脳脊髄炎, シアル酸, 疫性神経疾患, オリゴデンドロサイト, 糖タンパク, 糖転移酵素, 末梢神経障害, 神経科学

論文

  • 4-Aminopyridine ameliorates experimental autoimmune neuritis in Lewis rats, J Neuroimmunol, 305, 15, 72, 74,   2017年04月, 査読有り
  • Chondroitin sulfate β-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 (ChGN-1) polymorphism: Association with progression of multiple sclerosis., Neurosci Res,   2016年01月, 査読有り
  • 免疫寛容と自己免疫疾患の発症メカニズム, 宮本勝一, 免疫性神経疾患 病態と治療のすべて, 62, 67,   2016年, 査読有り
  • Guillain-Barré症候群. 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)とその類縁疾患, 宮本勝一, EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針(第4版), 622, 629,   2016年, 査読有り
  • Novel Treatment. Neurological Diseases, Neuroimmunological Diseases, 283, 292,   2016年, 査読有り
  • 神経炎症疾患と病原性T細胞, 宮本勝一, 医学のあゆみ, 256, 1215, 1221,   2016年, 査読有り
  • C-C chemokine receptor type 4 antagonist Compound 22 ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis., J Neuroimmunol, 291, 54, 58,   2016年, 査読有り
  • Efficacy of intravenous methylprednisolone pulse therapy in patients with multiple sclerosis and neuromyelitis optica., Mult Scler,   2015年11月, 査読有り
  • CSF cytokine profile distinguishes multifocal motor neuropathy from progressive muscular atrophy., Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm, 2, 5, e138,   2015年08月, 査読有り
  • 遺伝性ニューロパチー, 宮本勝一, 神経筋の検査と症例診断, 145, 149,   2015年, 査読有り
  • Guillain-Barré症候群, 宮本勝一, 神経筋の検査と症例診断, 133, 138,   2015年, 査読有り
  • ガングリオシド抗体・末梢神経遺伝学的診断, 宮本勝一, 神経筋の検査と症例診断, 54, 58,   2015年, 査読有り
  • 免疫性神経疾患の早期発見・治療には病診連携の充実がカギ, 宮本勝一, CLILNIC magagine, 55, 746, 747,   2015年, 査読有り
  • アフェレシス療法-新たな100年に向けて アフェレシス治療総論 アフェレシス療法の保険適用疾患., 宮本勝一, 内科, 116, 19, 22,   2015年, 査読有り
  • 免疫性神経疾患-病態解明と治療の最前線 NMOの疫学, 宮本勝一, 医学のあゆみ, 255, 381, 384,   2015年, 査読有り
  • 神経疾患におけるアフェレシスと薬物療法, 宮本勝一, 日本アフェレシス学会雑誌, 34, 167, 172,   2015年, 査読有り
  • 免疫性神経疾患-基礎・臨床研究の最新知見-Ⅱ免疫性中枢神経疾患 視神経脊髄炎(NMO) 視神経脊髄炎の疫学, 宮本勝一, 日本臨床, 73, sup7, 260, 264,   2015年, 査読有り
  • Keratan sulfate exacerbates experimental autoimmune encephalomyelitis, J Neurosci Res, 93, 1874, 1880,   2015年, 査読有り
  • Increased proinflammatory cytokines in sera of patients with multifocal motor neuropathy, J Neurol Sci, 346, 1-2, 75, 79,   2014年11月, 査読有り
  • Chondroitin 6-O-sulfate ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis., 宮本勝一, Glycobiology, 24, 5, 469, 475,   2014年05月, 査読有り
  • Efficacy of the anti–IL-6 receptor antibody tocilizumab in neuromyelitis optica, Neurology, 82, 15, 1302, 1306,   2014年04月, 査読有り
  • Apathy/depression, but not subjective fatigue, is related with cognitive dysfunction in patients with multiple sclerosis., BMC Neurol, 14, 3, 1186,   2014年01月, 査読有り
  • 対症療法.多発性硬化症のパラダイムシフト, 宮本勝一, Clinical Neuroscience, 32, 1296, 1298,   2014年, 査読有り
  • C5:エクリズマブ 特集 分子を撃つ.神経疾患治療の新しい水平線, 宮本勝一, Brain and Nerrve, 66, 1191, 1198,   2014年, 査読有り
  • 多発性硬化症・視神経脊髄炎の疫学, 宮本勝一, 日本臨牀, 72, 1903, 1908,   2014年, 査読有り
  • Keratan sulfate expression in microglia is diminished in the spinal cord in experimental autoimmune neuritis., Cell Death Dis, 4, e946,   2013年12月, 査読有り
  • ELISAによる抗アクアポリン4抗体測定キットの基礎的・臨床的検討, 宮本勝一, 医学と薬学, 70, 4, 821, 827,   2013年10月, 査読有り
  • 多発性硬化症の治療アップデート, 宮本 勝一, 日本臨牀 特集:免疫性神経疾患 Ⅱ各論 多発性硬化症, 71, 817, 821,   2013年05月
  • Combination of cyclosporine A with corticosteroids is effective for the treatment of neuromyelitis optica., Takashi Kageyama, 宮本 勝一, 楠 進, Mika Komori, Akihiko Ozaki, Toshihiko Suenaga, Ryosuke Takahashi, Sadayuki Matsumoto, Takayuki Kondo, J Neurol., 260, 627, 634,   2013年
  • The importance of CCR4 and CCR6 in experimental autoimmune encephalomyelitis., 宮本 勝一, 森口幸太, 田中紀子, 楠 進, Osamu Yoshie, Kota Moriguchi, J Neuroimmunol., 257, 53, 58,   2013年
  • MSとNMOの再発予防薬の現状と使用法の実際, 宮本 勝一, Pharma Medica Pharma Medica, 31, 47, 51,   2013年
  • Autoantibodies against myelin antigens in patients with neuromyelitis optica., 森口幸太, 宮本 勝一, 市橋 珠里, 楠 進, Open Journal of Immunology, 3, 2, 41, 46,   2013年
  • Genetic and infectious profiles of Japanese multiple sclerosis patients., Yoshimura S, 宮本 勝一, Isobe N, Yonekawa T, Matsushita T, Masaki K, Sato S, Kawano Y, Yamamoto K, Kira J, ., PLoS One, 7, 11, e4859,   2012年11月
  • 経口ステロイド薬とcyclosporineの併用による視神経脊髄炎の再発防止, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 神経治療学, 29, 3, 347, 350,   2012年07月
  • グラチラマー酢酸塩(GA), 宮本勝一, 多発性硬化症(MS)の診断のすべて, 192, 195,   2012年, 査読有り
  • 視神経脊髄炎(NMO)の病態, 宮本勝一, 多発性硬化症(MS)の診断のすべて, 164, 169,   2012年, 査読有り
  • 多発性硬化症(MS)の診断−各論 診断の道筋と鑑別診断, 宮本勝一, 多発性硬化症(MS)の診断のすべて, 6, 13,   2012年, 査読有り
  • 多発性硬化症の新しい治療薬「フィンゴリモド」, 宮本勝一, Medical Science Digest, 38, 51, 647, 649,   2012年, 査読有り
  • NMOの急性期および再発予防治療, 宮本勝一, 多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMO)の基礎と臨床, 216, 223,   2012年, 査読有り
  • Acute combined central and peripheral demyelination showing anti-aquaporin 4 antibody positivity., 加藤 茉里, 鈴木 秀和, 市橋 珠里, 稲田莉乃, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, Toshiyuki Takahashi, Kazuo Fujihara, Intern Med, 51, 2443, 2448,   2012年
  • 多発性硬化症治療の動向, 宮本 勝一, Medical Science Digest Medical Science Digest, 38, 14, 647, 650,   2012年
  • Four cases of anti-ganglioside antibody-positive neuralgic amyotrophy with good response to intravenous immunoglobulin infusion therapy., 宮本 勝一, 森口幸太, 楠 進, J Neuroimmunol, 238, 107, 109,   2011年
  • ギラン・バレー症候群, 宮本 勝一, 楠 進, BIO Clinica BIO Clinica, 25, 10, 858, 863,   2010年
  • インターフェロンβ, 宮本 勝一, 多発性硬化症 治療ガイドライン 2010, 44, 58,   2010年
  • Upregulation of water channel aquaporin-4 in experimental autoimmune encephalomyeritis., 宮本 勝一, 楠 進, 片岡 和夫, J Neurol Sci, 276, 103, 107,   2009年
  • Selective phosphodiesterase-3 inhibitor cilostazol ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis., 市橋 珠里, 宮本 勝一, 楠 進, Neuroreport, 20, 718, 722,   2009年
  • 抗アクアポリン4抗体陽性の高齢発症反復性脊髄炎の1例, 宮本 勝一, 中野 志仁, 稲次 洋平, 鈴木 秀和, 楠 進, Brain and Nerve Brain and Nerve, 61, 601, 604,   2009年
  • Guillain-Barre症候群。, 宮本 勝一, 楠 進, 神経疾患最新の治療, 251, 255,   2009年
  • 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の治療戦略, 宮本 勝一, 楠 進, EMB神経疾患の治療, 445, 449,   2009年
  • Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica., 宮本 勝一, 楠 進, Therapeutic Apheresis and Dialysis, 13, 6, 505, 508,   2009年
  • 抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の臨床的特徴, 楠 進, 宮本 勝一, 中尾 雄三, 山本 肇, 有村 英子, 飯沼 直子, 下村 嘉一, 中村 雄作, 山田 郁子, 坂本 光, 神経眼科, 25, 3, 別冊,   2008年09月
  • Edaravone, a free radical scavenger, ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis., Masayuki Moriya, 楠 進, 宮本 勝一, Yuji Nakatsuji, Tatsusada Okuno, Makoto Kinoshita, Atsushi Kumanogoh, Saburo Sakoda, Neurosci Lett., 440, 323, 326,   2008年
  • Roles of complex gangliosides in the development of experimental autoimmune encephalomyelitis., 宮本 勝一, 髙田 和男, 楠 進, Keiko Furukawa, Koichi Furukawa, Glycobiology, 18, 408, 413,   2008年
  • アクアポリン抗体の特異性。, 宮本 勝一, 楠 進, Clinical Neurosciemce Clinical Neurosciemce, 26, 767, 769,   2008年
  • 「アボネックスって何?」①開発の物語 ~海外の実績, 中田郷子, 宮本 勝一, 多発性硬化症情報誌『バナナチップス』, 52, 20, 21,   2007年09月
  • 今月の用語「血液脳関門」 , 中田郷子, 宮本 勝一, 多発性硬化症情報誌『バナナチップス』, 52, 13, 13,   2007年09月
  • 【末梢神経-基礎から臨床まで】 末梢神経疾患の治療 CIDP、MMN, 宮本 勝一, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 25, 7, 811, 813,   2007年07月
  • 選択的COX-2阻害薬と実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE), 宮本 勝一, 臨床薬理の進歩2007, 28, 151, 156,   2007年07月
  • G.末梢神経疾患 3.慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の治療の第1選択は, 宮本 勝一, 楠 進, EBM神経疾患の治療, 345, 348,   2007年01月
  • Sjoegren症候群に伴う多発性硬化症様病変に免疫グロブリン大量療法が著効した2例, 鈴木 秀和, 稲次 洋平, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 神経治療学, 24, 1, 63, 67,   2007年01月
  • IgG インデックス、髄液ミエリン塩基性蛋白、髄液オリゴクローナルバンド。, 宮本 勝一, 楠 進, 臨床検査データブック, 658, 659,   2007年
  • ギラン・バレー(Guillain-Barre)症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、多発単神経炎。, 宮本 勝一, 楠 進, 臨床病態学, 1, 161, 165,   2006年11月
  • 免疫介在性ポリニューロパチー, 宮本 勝一, 楠 進, 総合臨床, 55, 9, 2197, 2200,   2006年09月
  • Selective COX-2 inhibitor celecoxib prevents experimental autoimmune encephalomyelitis through COX-2-independent pathway, 宮本 勝一, 楠 進, Sachiko Miyake Miho Mizuno Takashi Yamamura, Nobuyuki Oka, Brain., 129, 8, 1984, 1992,   2006年08月
  • 胸腺腫摘出後に発症した重症筋無力症の1例ー病理学的考察をくわえてー, 砂山 真紀, 宮本 勝一, 塩山 実章, 佐藤 隆夫, 楠 進, 脳と神経, 58, 7, 615, 619,   2006年07月
  • The ICOS molecule plays a crucial role in the development of mucosal tolerance., 宮本 勝一, Kingsley CI Zhang X Jabs C Izikson L Sobel RA Weiner HL Kuchroo VK Sharpe AH , The Journal of Immunology, 175, 11, 7341, 7347,   2005年12月
  • NKT cell-stimulating synthetic glycolipids as potential therapeutics for autoimmune disease., Yamamura T, 宮本 勝一, Illes Zs Pal E Araki M Miyake S, Curr Top Med Chem., 4, 5, 561, 567,   2004年04月
  • Suppression of collagen-induced arthritis by natural killer T cell activation with OCH, a sphingosine-truncated analog of alpha-galactosylceramide., Chiba A, 宮本 勝一, Oki S Hashimoto H Yamamura T Miyake S, Arthritis Rheum., 50, 1, 305, 313,   2004年01月

書籍等出版物

  • Clinical Neuroscience, 多発性硬化症の治療  多発性硬化症の新しい治療薬の開発, 宮本 勝一, 山村隆, 共著, 中外医学社,   2004年07月
  • 医学のあゆみ別冊サイトカイン-State of arts, (サイトカインの病態への関与 自己免疫疾患・アレルギー) 多発性硬化症, 宮本 勝一, 山村隆, 共著, 医歯薬出版,   2004年10月
  • 神経疾患最新の治療 2006-2008 , Ⅲ.疾患別各論 (末梢神経疾患)慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー, 宮本 勝一, 楠 進, 共著, 南江堂,   2006年03月
  • World Congress on Treatment and Research in Multiple Sclerosis Report., 宮本 勝一, 単著,   2008年09月
  • EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針, Guillain-Barre症候群、CIDPとその類縁疾患、Charcot-Marie-Tooth病, 宮本 勝一, 楠 進, 共著, メディカルビュー社,   2010年
  • 神経疾患最新の治療2012-2014, 血液浄化療法, 宮本 勝一, 楠 進, 共著, 南江堂,   2012年

講演・口頭発表等

  • A new synthetic glycolipid OCH suppresses experimental autoimmune encephalomyelitis (EAE) by inducing Th2 bias of natural killer (NK) T cells, Masumura M, 宮本 勝一, Miyake S Mizuno M Yamamura T, American Academy of Neurology,   2004年04月, American Academy of Neurology
  • Activation of the neuropeptide Y (NPY) Y1 receptor suppresses EAE via the inhibition of autoreactive Th1 responses in vivo, Bedoui S, 宮本 勝一, Miyake S Lin Y Oki S Kawamura N Beck-Sickinger A von Hoersten S Yamamura T, he VIIth International Congress of Neuroimmunology,   2004年09月, he VIIth International Congress of Neuroimmunology
  • 多発性硬化症の血清及び髄液中の神経髄鞘成分に対する抗体の検討, 宮本 勝一, 楠 進, 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究」班,   2004年12月, 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究」班
  • 新規抗CTLA-4抗体(3C1.B5)による多発性硬化症モデルの治療効果, 宮本 勝一, 楠 進, Sharpe A Kuchroo V , 第102回 日本内科学会総会  ,   2005年04月, 第102回 日本内科学会総会  
  • Mucosal tolerance induction: The role of the ICOS-ICOSL pathway, Kingsley C, 宮本 勝一, Jabs C Sobel R Kuchroo V Sharpe A, Dendritic cell meeting,   2005年02月, Dendritic cell meeting
  • 新規抗CTLA-4抗体を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎の治療。, 宮本 勝一, 楠 進, Sharpe A Kuchroo V, 第17回日本神経免疫学会学術集会  ,   2005年03月, 第17回日本神経免疫学会学術集会  
  • 当院における頻回再発寛解を繰り返す多発性硬化症患者におけるinterferon療法の検討, 髙田 和男, 西郷 和真, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 第23回日本神経治療学会総会,   2005年06月, 第23回日本神経治療学会総会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎における免疫寛容にはICOSが必須である。, 宮本 勝一, 楠 進, Arlene Sharpe Vijay Kuchroo, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 寛解再発型多発性硬化症における血清高感度CRP及び血清アミロイドA蛋白の検討。, 長谷川 隆典, 宮本 勝一, 橋本 貴司, 鈴木 秀和, 原 秀憲, 楠 進, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • Agonistic anti-CTLA4 antibody inhibits T cells expansion, cytokine production and development of autoimmunity., 宮本 勝一, Vijayakrishnan L Greenfield E Carreno B Sharpe A Kuchroo V, Federation of Clinical Immunology Societies,   2005年05月, Federation of Clinical Immunology Societies
  • CIDPの特徴を合わせもつ遺伝性ニューロパチー症例, 宮本 勝一, 楠 進, 林 幼偉 , 岡 伸幸, 第16回日本末梢神経学会学術集会,   2005年07月, 第16回日本末梢神経学会学術集会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるcomplex gangliosidesの意義の検討。, 髙田 和男, 宮本 勝一, 楠 進, 古川鋼一, 文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第三回夏期シンポジウム,   2005年08月, 文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第三回夏期シンポジウム
  • Agonistic anti-CTLA4 antibody inhibits T cells expansion, cytokine production and development of autoimmunity., 宮本 勝一, A Sharpe V Kuchroo., International Symposium: Autoimmunity in Intractable Diseases: From Bench to Clinic.(国際シンポジウム) ,   2005年10月, International Symposium: Autoimmunity in Intractable Diseases: From Bench to Clinic.(国際シンポジウム) 
  • 免疫性神経疾患の新規治療法開発, 宮本 勝一, 第8回北海道神経免疫フォーラム ,   2005年10月, 第8回北海道神経免疫フォーラム 
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎に対する治療の試み, 宮本 勝一, 第25回 日本アフェレシス学会学術大会 シンポジウム10 ,   2005年11月, 第25回 日本アフェレシス学会学術大会 シンポジウム10 
  • COX-2阻害剤を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎への治療。, 楠 進, 宮本 勝一, 三宅幸子, 山村隆, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度班会議,   2006年03月, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度班会議
  • 粘膜免疫寛容におけるICOSの役割, 宮本 勝一, A.Sharpe V.Kuchroo, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 ,   2005年12月, 第35回日本免疫学会総会・学術集会 
  • COX-2阻害剤を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎への治療。, 楠 進, 宮本 勝一, 三宅幸子 山村隆 , 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度班会議,   2005年12月, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度班会議
  • COX-2阻害剤を用いた多発性硬化症モデルの治療, 宮本 勝一, 楠 進, 三宅幸子 山村隆, 第103回日本内科学会講演会,   2006年04月, 第103回日本内科学会講演会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)に対するCOX-2阻害剤を用いた治療, 宮本 勝一, 楠 進, 三宅幸子 山村隆 , 第18回日本神経免疫学会学術集会,   2006年03月, 第18回日本神経免疫学会学術集会
  • Sjoegren症候群(SjS)に伴う多発性硬化症(MS)様病変に免疫グロブリン大量療法(IVIg)が著効した2例, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 稲次 洋平, 原 秀憲, 宮本 勝一, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第24回日本神経治療学会総会,   2006年07月, 第24回日本神経治療学会総会
  • 多発性硬化症の血清中神経髄鞘成分に対する抗体の検討。, 宮本 勝一, 髙田 和男, 西郷 和真, 楠 進, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • COX-2阻害剤を用いた多発性硬化症モデルの治療, 宮本 勝一, 南大阪神経免疫セミナー,   2006年07月, 南大阪神経免疫セミナー
  • 免疫応答亢進が確認されたCIDP類似の遺伝性ニューロパチー症例, 宮本 勝一, 第9回Osaka Neurology Forum,   2006年08月, 第9回Osaka Neurology Forum
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の発症機序における複合型ガングリオシドの役割の検討, 宮本 勝一, 髙田 和男, 楠 進, 古川鋼一, 平成14~18年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第4回夏期シンポジウム,   2006年08月, 平成14~18年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第4回夏期シンポジウム
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)発症とT細胞受容体副シグナル, 宮本 勝一, 第5回MSワークショップ,   2006年08月, 第5回MSワークショップ
  • CIDPの特徴を合わせもつ遺伝性ニューロパチーにおける免疫応答亢進, 宮本 勝一, 楠 進, 林 幼偉, 岡 伸幸, 第17回日本末梢神経学会学術集会,   2006年08月, 第17回日本末梢神経学会学術集会
  • Selective COX-2 inhibitor celecoxib prevents experimental autoimmune encephalomyelitis through COX-2 independent pathway., 宮本 勝一, 楠 進, Miyake S, Yamamura T, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • Costimulatory signalとリンパ球活性化 EAE自然発症マウスにおけるICOSの役割, 宮本 勝一, 楠 進, Arlene Sharpe Vijay Kuchroo, 第36回日本免疫学会総会・学術集会,   2006年12月, 第36回日本免疫学会総会・学術集会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の中枢神経におけるaquaporin-4の検討, 楠 進, 宮本 勝一, 難治性疾患の画期的診断・治療法に関する研究班 平成18年度班会議,   2006年12月, 難治性疾患の画期的診断・治療法に関する研究班 平成18年度班会議
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態における複合型ガングリオシドの関与について, 宮本 勝一, 楠 進, 髙田 和男, 古川鋼一, 「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成18年度班会議,   2007年01月, 「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成18年度班会議
  • 免疫性神経疾患の発症機序におけるガングリオシドの役割の解明。, 楠 進, 宮本 勝一, 海田賢一, 古川鋼一, 「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第5回公開シンポジウム ,   2007年02月, 「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第5回公開シンポジウム 
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎における複合型ガングリオシドの病態関与について, 宮本 勝一, 髙田 和男, 楠 進, 古川鋼一, 第19回日本神経免疫学会学術集会,   2007年04月, 第19回日本神経免疫学会学術集会
  • ステロイドと免疫抑制薬にて浸潤性胸腺腫の退縮と臨床症状の軽快が得られた重症筋無力症(MG)の2例, 鈴木 秀和, 鈴木 聖子, 槙 孝俊, 呉城 珠里, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 第25回日本神経治療学会総会,   2007年06月, 第25回日本神経治療学会総会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の中枢神経におけるaquaporin-4, 宮本 勝一, 片岡 和夫, 楠 進, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • Paroxetineによる悪性症候群を来したパーキンソン病の1例, 濱田 征宏, 宮本 勝一, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 第182回日本内科学会近畿地方会,   2007年05月, 第182回日本内科学会近畿地方会
  • 抗AQP4抗体陽性の視神経脊髄型多発性硬化症, 青松 宏美, 宮本 勝一, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 松下拓也, 日本神経学会第86回近畿地方会,   2008年01月, 日本神経学会第86回近畿地方会
  • Upregulation of water channel aquaporin-4 in experimental autoimmune encephalomyeritis., 宮本 勝一, 片岡 和夫, 楠 進, FOCIS2007 (第1回エピジュネティクス研究会),   2007年06月, FOCIS2007 (第1回エピジュネティクス研究会)
  • 抗血小板薬を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎の治療, 呉城 珠里, 宮本 勝一, 楠 進, 第25回日本神経治療学会総会,   2007年06月, 第25回日本神経治療学会総会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎における選択的PDE-3阻害薬の治療効果, 宮本 勝一, 楠 進, 第37回日本免疫学会総会・学術集会,   2007年11月, 第37回日本免疫学会総会・学術集会
  • Inducible costimulatory molecule (ICOS)と自己免疫性神経疾患, 宮本 勝一, 第2回川棚神経科学の会,   2007年11月, 第2回川棚神経科学の会
  • 抗AQP4抗体陽性であった高齢発症NMOの一例, 中野 志仁, 宮本 勝一, 稲次 洋平, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会第87回近畿地方会,   2008年06月, 日本神経学会第87回近畿地方会
  • 抗アクアポリン4抗体関連神経疾患の病態機序, 宮本 勝一, 吉良 潤一, 三須 建郎, 第20回日本神経免疫学会学術集会,   2008年04月, 第20回日本神経免疫学会学術集会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎における複合型ガングリオシドの役割 (続報), 宮本 勝一, 第20回日本神経免疫学会学術集会,   2008年04月, 第20回日本神経免疫学会学術集会
  • 脊髄長大病変を有する多発性硬化症に対するIFNβ治療, 宮本 勝一, 楠 進, 松下 拓也, 吉良 潤一, 第49回日本神経学会総会,   2008年05月, 第49回日本神経学会総会
  • 実験的自己免疫性脳背髄炎に対するcilostazolの治療効果, 市橋 珠里, 宮本 勝一, 楠 進, 第49回日本神経学会総会,   2008年05月, 第49回日本神経学会総会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎における複合型ガングリオシドの役割, 宮本 勝一, 平成20年度生理学研究所研究会 糖鎖機能研究会,   2008年05月, 平成20年度生理学研究所研究会 糖鎖機能研究会
  • 多発性硬化症のあらまし, 宮本 勝一, 多発性硬化症フォーラム(大阪),   2008年06月, 多発性硬化症フォーラム(大阪)
  • 血液浄化療法が有効であったNMO症例, 宮本 勝一, 第26回日本神経治療学会総会,   2008年06月, 第26回日本神経治療学会総会
  • IVIgが無効で免疫吸着療法が著効したいCIDPの2症例, 宮本 勝一, 第19回日本末梢神経学会学術集会,   2008年09月, 第19回日本末梢神経学会学術集会
  • The Treatment with Selective Phosphodiesterase-3 Inhibitor Cilostazol for Experimental Autoimmune Encephalomyelitis., 宮本 勝一, 9th International Congress of Neuroimmunology,   2008年10月, 9th International Congress of Neuroimmunology
  • neuromyelitis opticaにおけるアフェレーシス治療, 宮本 勝一, 日本アフェレーシス学会学術大会,   2008年11月, 日本アフェレーシス学会学術大会
  • 当院における多発性硬化症の再発予防治療, 宮本 勝一, 大阪多発性硬化症の治療 講演会,   2008年11月, 大阪多発性硬化症の治療 講演会
  • Functions of complex gangliosides in experimental autoimmune encephalomyelitis., 宮本 勝一, 第38回日本免疫学会総会・学術集会,   2008年12月, 第38回日本免疫学会総会・学術集会
  • 経過中に抗AQP4抗体が陽転化したNMO, 宮本 勝一, 免疫性疾患に関する調査研究班 平成20年度班会議,   2009年01月, 免疫性疾患に関する調査研究班 平成20年度班会議
  • 当院における多発性硬化症の再発防止, 宮本 勝一, 兵庫県多発性硬化症の治療 講演会,   2009年02月, 兵庫県多発性硬化症の治療 講演会
  • 実験的自己免疫性脳背髄炎におけるケモカインCCL20-CCR6系の役割, 宮本 勝一, 第21回日本神経免疫学会学術集会,   2009年03月, 第21回日本神経免疫学会学術集会
  • 経過中に抗AQP4抗体が陽転化したNMO, 宮本 勝一, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • 実験的自己免疫性脳髄膜炎におけるケモカインCCL20-CCR系の役割, 宮本 勝一, 呉城 珠里, 楠 進, 白川 愛子, 義江 修, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • MS/NMOにおける血清中神経髄鞘成分に対する抗体, 市橋 珠里, 宮本 勝一, 楠 進, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • 認知症・パーキンソニズムで発症した再発性多発軟骨円の1例, 楠 進, 稲次 洋平, 塩山 実章, 上田 昌美, 宮本 勝一, 日本神経学会 第90回近畿地方会,   2009年06月, 日本神経学会 第90回近畿地方会
  • 抗ガングリオシド抗体の関与が考えられる神経痛性筋萎縮症の2, 宮本 勝一, 第20回日本末梢神経学会学術集会,   2009年09月, 第20回日本末梢神経学会学術集会
  • 抗アクアポリン4抗体陽性であった、強皮症(SSc)、抗リン脂質抗体症侯群(APS)合併、多発性中枢神経病変の60歳女性例, 豊増 麻美, 鈴木 秀和, 桑原 基, 三井 良之, 楠 進, 宮本 勝一, 日本神経学会 第91回近畿地方会,   2009年12月, 日本神経学会 第91回近畿地方会
  • Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica, 宮本 勝一, Internatinal Symposium New aspects of Neuromyelitis optica (NMO),   2009年, Internatinal Symposium New aspects of Neuromyelitis optica (NMO)
  • IFNβはNMOの液性因子を賦活化する, 楠 進, 宮本 勝一, 免疫性神経疾患に関する調査研究班,   2010年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班
  • 運動ニューロン疾患と多巣性運動ニューロパチーとの抗糖脂質抗体における検討, 西郷 和真, 桑原 基, 塩山 実章, 宮本 勝一, 青松宏美, 髙田 和男, 三井良之, 楠 進, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • IFNβは視神経脊髄炎の液性因子を賦活化する, 宮本 勝一, 三井良之, 楠 進, 中島一郎, 高橋利幸, 鈴木千尋, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • 末梢神経原発の悪性リンパ腫の一例, 楠 進, 池上 郁子, 塩山 実章, 西郷 和真, 宮本 勝一, 三井 良之, 第68回近畿大学医学会 学術講演会,   2010年07月, 第68回近畿大学医学会 学術講演会
  • IVIgが奏効した抗ガングリオシド抗体陽性の神経痛性筋萎縮症, 宮本 勝一, 鈴木 聖子, 上田 昌美, 楠 進, 第28回日本神経治療学会総会,   2010年07月, 第28回日本神経治療学会総会
  • 実験的自己免疫性脳背髄炎の発症における複合型ガングリオシドの役割, 宮本 勝一, 楠 進, 古川 鋼一, 第5回STC研究会,   2010年07月, 第5回STC研究会
  • Functions of complex gangliosides in the development of experimental autoimmune encephalomyelitis., 宮本 勝一, 楠 進, Koichi Furukawa, Neuroimmunology Kyoto Conference 2010.,   2010年08月, Neuroimmunology Kyoto Conference 2010.
  • Benign MS:Fact or Fiction?, 宮本 勝一, PACTRIMS 2010,   2010年08月, PACTRIMS 2010
  • 当院における抗ガングリオシド抗体測定の動向, 宮本 勝一, 第21回日本末梢神経学会学術集会,   2010年09月, 第21回日本末梢神経学会学術集会
  • 坐骨神経痛にて発症し、進行性の神経根性神経障害を来たした末梢性T細胞性リンパ腫の1例, 楠 進, 濱田 征宏, 塩山 実章, 鈴木 秀和, 宮本 勝一, 三井 良之, 第21回 日本末梢神経学会学術集会,   2010年09月, 第21回 日本末梢神経学会学術集会
  • Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica., 宮本 勝一, 楠 進, Tenth International Congress of Neuroimmunology,   2010年10月, Tenth International Congress of Neuroimmunology
  • ADEMとアフェレシス, 宮本 勝一, 第31回日本アフェレシス学会学術大会,   2010年11月, 第31回日本アフェレシス学会学術大会
  • 高齢発症の視神経背髄炎, 宮本 勝一, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 第21回日本老年医学会近畿地方会,   2010年11月, 第21回日本老年医学会近畿地方会
  • GAの最新基礎研究から学ぶこと., 宮本 勝一, 第2回MS-GA-402研究会,   2011年03月, 第2回MS-GA-402研究会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの役割, 宮本 勝一, 田中 紀子, 楠 進, 門松 健治, 第52回日本神経学会学術大会,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会
  • 大阪南部におけるMS/NMO., 宮本 勝一, 多発性硬化症 Peer to Peer Meeting.,   2011年06月, 多発性硬化症 Peer to Peer Meeting.
  • Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica., 宮本 勝一, 第1回若手医師のための仙台国際NMOシンポジウム,   2011年07月, 第1回若手医師のための仙台国際NMOシンポジウム
  • MSの基本を学びたい人へ, 宮本 勝一, 多発性硬化症セミナー,   2011年07月, 多発性硬化症セミナー
  • MSの基礎を学びたい人へ, 宮本 勝一, 多発性硬化症セミナー,   2011年07月, 多発性硬化症セミナー
  • 脳炎・脳症・(自己免疫脳炎)のアフェレシス., 宮本 勝一, 第32回日本アフェレシス学会学術大会,   2011年10月, 第32回日本アフェレシス学会学術大会
  • 長期治療について., 宮本 勝一, 第23回日本神経免疫学会学術集会.,   2011年09月, 第23回日本神経免疫学会学術集会.
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカン., 宮本 勝一, 田中紀子, 楠 進, 門松健治, 北川裕之, 第23回日本神経免疫学会学術集会,   2011年09月, 第23回日本神経免疫学会学術集会
  • 経口ステロイド薬とシクロスポリンの併用によるNMO再発防止, 宮本 勝一, 第29回日本神経治療学会総会,   2011年11月, 第29回日本神経治療学会総会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるケラタン硫酸プロテオグリカンの役割., 宮本 勝一, 田中紀子, 楠 進, 森口幸太, 門松健治, 厚生労働科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成23年度班会議,   2012年01月, 厚生労働科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成23年度班会議
  • NMOの概要と治療, 宮本 勝一, MSキャビン・多発性硬化症医療講演会,   2012年01月, MSキャビン・多発性硬化症医療講演会
  • 神経免疫疾患と抗炎症薬, 宮本 勝一, アステラス製薬社内勉強会,   2012年01月, アステラス製薬社内勉強会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態形成におけるケモカインCCR6・CCR4の役割, 森口幸太, 楠 進, 宮本 勝一, 田中紀子, 義江 修, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • ELISA法と蛍光抗体法の結果が異なる抗AQP4抗体測定症例, 宮本 勝一, 鈴木 秀和, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 高橋利幸, 藤原一男, 第53回日本神経学会学術大会P(1)-241,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会P(1)-241
  • パーキンソン病における酸化型DJ-1測定とMIBG心筋シンチグラフィーの関連について, 西郷 和真, 池上郁子, 細井幸子, 髙田 和男, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 斎藤芳郎, 野口範子, 第53回日本神経学会学術大会P(1)-102,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会P(1)-102
  • 多発性硬化症の最近の話題 ー基礎と臨床からー, 新野正明, 宮本 勝一, 中原 仁, 越智博文 , 岡本智子 , 蕨 陽子 , 日本神経学会総会,   2012年05月, 日本神経学会総会
  • 神経免疫疾患とプロテオグリカン ~新たな治療標的, 宮本 勝一, NCNP多発性硬化症カンファレンス,   2012年06月, NCNP多発性硬化症カンファレンス
  • 多発性硬化症(MS)治療は、今 ~臨床現場から~, 宮本 勝一, M3.com,   2012年06月, M3.com
  • Cases showing different results for anti-AQP4 antibody detection by using different methods, 宮本 勝一, Sendai Conference 2012. International educational meting on NMO and related disdrders,   2012年07月, Sendai Conference 2012. International educational meting on NMO and related disdrders
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるコンドロイチン硫酸, 宮本 勝一, 森口幸太, 田中紀子, 楠 進, 門松健治 , 宮田真路 神戸薬科大学, 北川裕之, 新学術領域班会議,   2012年07月, 新学術領域班会議
  • 多発性硬化症(MS)の新しい治療薬フォンゴリモド~エキスパートによる導入方法や処方経験について~, 宮本 勝一, 山村 隆  , 深浦彦彰, 国立精神・神経研究センター病院 神経内科 , Expert Meeting 2012,   2012年08月, Expert Meeting 2012
  • MSの治療と予後, 宮本 勝一, MS/NMOフォーラム,   2012年09月, MS/NMOフォーラム
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるケラタン硫酸プロテオグリカン, 宮本 勝一, 田中紀子, 楠 進, 森口幸太, 門松 健治, 第24回日本神経免疫学会学術集会,   2012年09月, 第24回日本神経免疫学会学術集会
  • AQP4抗体陰性NMOSD?-本院での診断、治療、経過, 宮本 勝一, MSワークショップ,   2012年09月, MSワークショップ
  • Benign MSについて, 宮本 勝一, 東京MS研究会,   2012年09月, 東京MS研究会
  • A case of induction with fingolimod after withdrawal if IFNb treatment, 宮本 勝一, International MS Forum of Tokyo,   2012年10月, International MS Forum of Tokyo
  • 分科会Ⅲ≪多発性硬化症≫フィンゴリモドの全てを知る パネルディスカッション 使いこなす, 宮本 勝一, Novartis Neuro Science Forum2012,   2012年11月, Novartis Neuro Science Forum2012
  • フィンゴリモド導入時における副作用~自験例での検討, 宮本 勝一, 第30回日本神経治療学会総会,   2012年11月, 第30回日本神経治療学会総会
  • 石灰化を伴う白質脳症の一例, 宮本 勝一, CNI研究会,   2012年11月, CNI研究会
  • The role of chemokine receptors CCR6/CCR4 in the pathogenesis of experimental autoimmune encephalomyelitis, 宮本 勝一, Moriguchi K, Tanaka N, Yoshie O, 楠 進, Moriguchi K, International Congress of Neuroimmunology,   2012年11月, International Congress of Neuroimmunology
  • 視神経脊髄炎(NMO)って何? ー視神経脊髄炎の診断治療ー, 宮本 勝一, 多発性硬化症市民セミナー,   2012年11月, 多発性硬化症市民セミナー
  • 多発性硬化症(MS)の新しい治療薬フォンゴリモド~エキスパートによる新しい多発性硬化症の治療戦略~, 宮本 勝一, 中辻祐司, 景山 卓, 新野正明, Expert Meeting 2012,   2012年11月, Expert Meeting 2012
  • プロテオグリカンとMS, 宮本 勝一, 多発性硬化症フォーラム,   2012年12月, 多発性硬化症フォーラム
  • 多発性硬化症治療における薬剤の位置づけ, 宮本 勝一, MS治療に関する座談会,   2012年12月, MS治療に関する座談会
  • 大阪南部におけるMS/NMO., 宮本 勝一, 多発性硬化症 Peer to Peer Meeting.,   2012年, 多発性硬化症 Peer to Peer Meeting.
  • NMOに関する全国疫学調査-患者数推計結果-, 玉腰暁子, 楠 進, 宮本 勝一, 吉良潤一, 藤原一男, 栗山長門, 浦得明憲, 鈴木浩司, 筒井 祐智, 福島若葉, 廣田良夫, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるプロテオグリカン, 楠 進, 宮本 勝一, 田中紀子, 森口幸太, 門松健治, 北川 裕之, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • MMNとALSにおけるサイトカイン・プロファイル~第2報~, 梶 龍兒, 楠 進, 宮本 勝一, 古川 貴大, 松井 尚子, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 清水文祟, 神田 隆, 高橋 幸利, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • IgMパラプロテイン血症を伴うニューロパチーにおけるHNK-1抗体活性と臨床特徴の関連, 楠 進, 濱田征宏, 寒川 真, 桑原 基, 高田 和男, 宮本 勝一, 藪野景子, 森瀬譲二, 岡 昌吾, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • Cyclosporin Aによる視神経脊髄炎の再発予防効果の検討, 景山 卓, 楠 進, 宮本 勝一, 小森美華, 尾崎彰彦, 末長敏彦, 高橋良輔, 松本禎之, 近藤誉之, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 多発性硬化症に対するフィンゴリモド導入スケジュールについての検討, 宮本 勝一, 高田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 血液および髄液中HTLV-1抗体が陽性であったアクアポリン4抗体陽性脊髄炎の一例, 河合 滋, 桑原 基, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 沼本 勲, 日本神経学会第98回近畿地方会,   2013年06月, 日本神経学会第98回近畿地方会
  • SY6-2 アフェレシスの種類とMS、NMOにおける使い分け, 宮本 勝一, 第34回アフェレシス学会学術大会,   2013年11月, 第34回アフェレシス学会学術大会
  • The Importance of CCR4 and CCR6 in Experimental Autoimmune Encephalomyelitis., 宮本 勝一, Tanaka N, Ueno R, Yoshie O, 楠 進, Division of Neurology, Department of Internal Medicine 3, National Defense Medical College, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.,   2013年11月, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.
  • A Case of Anti-AQP4 Antibody Related Myelitis With HTLV-1 Antibody., 楠 進, 上野莉乃, 河合 滋, 桑原 基, 三井 良之, 宮本 勝一, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.,   2013年11月, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.
  • 単純血漿交換と慢性C型肝炎治療にて改善が得られたクリオグロブリン血症性ニューロパチーの1例, 楠 進, 上野莉乃, 加藤茉里, 鈴木 秀和, 萩原 智, 宮本 勝一, 三井 良之, 第25回日本神経免疫学会学術集会,   2013年11月, 第25回日本神経免疫学会学術集会
  • 視神経脊髄炎における抗神経髄鞘抗体の検討, 宮本 勝一, 市橋珠里, 上野莉乃, 楠 進, 森口幸太, 第25回日本神経免疫学会学術集会,   2013年11月, 第25回日本神経免疫学会学術集会

MISC

  • W9-5  「MS」多発性硬化症, 宮本 勝一, 日本臨床免疫学会会誌, 36, 5, 363, 363,   2013年, 10.2177/jsci.36.363, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003383054
    概要: 多発性硬化症(MS)は,中枢神経の炎症性脱髄疾患で,ミエリン塩基性蛋白などの自己抗原に対する免疫反応によって生じる.自己免疫説の他に,ウイルス説も提唱されており,前者に相当する動物モデルが実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)であり,後者に相当するのがタイラーウイルス慢性持続感染モデル(TMEV-IDD)である.EAEは中枢神経髄鞘蛋白をアジュバントと共に免疫することで中枢神経に脱髄を生じる.細胞性免疫が主体と考えられ,末梢リンパ組織で増殖した抗原特異的リンパ球が中枢神経内へ侵入し神経髄鞘を攻撃する.一般的には誘導後10日前後から麻痺が出現し,20日前後でピークを迎え,その後は徐々に軽快し30日前後で回復する.またin vitroで培養した抗原特異的リンパ球をマウス個体に注射することでもEAEが誘導できる(adoptive transfer).しかしEAEの病態がMSと同じではないという議論があることに留意する必要がある.TMEV-IDDは一部のMSの病態を表しているとされ,弱毒性群と強毒性群によるモデルがある.EAEでは神経線維の外側の髄鞘が障害されたのち,内側の軸索が二次的に損傷されるが,TMEV-IDDでは反対に内側の軸索が障害され,脱髄がそれに引き続いて起こる.これらの動物モデルは,MSの病態解明や新規治療法開発において多大な貢献をしており,現在MS治療薬として使用されている多くの薬剤が動物モデルの実験を経ている.
  • 当院における抗ガングリオシド抗体測定の動向, 宮本 勝一, 元山 真由美, 青砥 聡子, 青松 宏美, 桑原 基, 鈴木 聖子, 高田 和男, 楠 進, 末梢神経 = Peripheral nerve, 21, 2, 264, 265,   2010年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027742389
  • 末梢神経障害を呈した悪性腫瘍患者における抗ガングリオシド抗体の検討, 汐崎 祐, 海田 賢一, 宮本 勝一, 本郷 悠, 小川 剛, 楠 進, 木村 文彦, 鎌倉 惠子, 末梢神経 = Peripheral nerve, 21, 2, 266, 268,   2010年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027742395
  • 〈研修医のための教育講座〉多発性硬化症と視神経脊髄炎, 宮本 勝一, 近畿大学医学雑誌, 35, 3, 199, 204,   2010年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120002772461
  • 免疫抑制薬 (特集 免疫性神経疾患--新たな治療戦略に向けて) -- (治療の実際--作用機序と適応・効果・副作用), 宮本 勝一, 内科, 105, 5, 824, 827,   2010年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017099934
  • 抗ガングリオシド抗体の関与が考えられる神経痛性筋萎縮症の2例, 宮本 勝一, 北田 茉里, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 末梢神経 = Peripheral nerve, 20, 2, 238, 239,   2009年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027268131
  • IVIgが無効で免疫吸着療法が著効したCIDPの2症例, 宮本 勝一, 荒木 麻利子, 桑原 基, 稲次 洋平, 葛本 佳正, 三井 良行, 楠 進, 末梢神経 = Peripheral nerve, 19, 2, 500, 503,   2008年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025625913
  • 遺伝性ニューロパチーの臨床像を呈し免疫グロブリン大量静注療法が奏功した一例, 宮本 勝一, 稲次 洋平, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 末梢神経 = Peripheral nerve, 18, 2, 206, 209,   2007年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027267450
  • 学生のための英語教材によるClinical Pathological Conference (CPC)の効果(医学教育シリーズ), 前田 裕弘, 林 孝浩, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 北野 雅之, 宮本 勝一, 西郷 和真, 三井 良之, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 佐野 博幸, 船内 正憲, 辰巳 陽一, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 32, 1, 57, 63,   2007年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007025541
  • CIDPの特徴を合わせもつ遺伝性ニューロパチーにおける免疫応答亢進, 宮本 勝一, 林 幼偉, 岡 伸幸, 楠 進, 末梢神経 = Peripheral nerve, 17, 2, 261, 263,   2006年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027578094
  • Paroxetine による悪性症候群をきたしたパーキンソン病の1例, 濱田 征宏, 宮本 勝一, 稲次 洋平, 鈴木 秀和, 楠 進, 臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY, 46, 8, 575, 578,   2006年08月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020347812
  • CIDPの特徴を合わせもつ遺伝性ニューロパチー症例, 宮本 勝一, 林 幼偉, 岡 伸幸, 楠 進, 末梢神経 = Peripheral nerve, 16, 2, 114, 116,   2005年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019604350
  • ICOSと自己免疫性脳脊髄炎 (特集 臓器特異的自己免疫疾患--免疫システム破綻はどうして起こるのか?) -- (Review 2:臓器特異的自己免疫抑制の鍵を握る分子), 宮本 勝一, モレキュラ-メディシン, 42, 4, 443, 448,   2005年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006676328
  • 遺伝性ニューロパチーにおけるSchwann cell apoptosisに関する検討, 川崎 照晃, 岡 伸幸, 里井 斉, 宮本 勝一, 松尾 明典, 中村 慎一, 秋口 一郎, Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology, 19,   1999年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010058227
  • 炎症性ニューロパチーにおける接着分子Intercellular adhesion molecule-3(ICAM-3)と P-selectinの発現に関する免疫組織学的検討, 川崎 照晃, 岡 伸幸, 宮本 勝一, 太田 光煕, 斎田 孝彦, 里井 斉, 秋口 一郎, 木村 淳, Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology, 17,   1997年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10011557821
  • この情報どう考える?第4回「研究情報のとらえ方」, 中田郷子, 宮本 勝一, バナナチップス, 46, 9, 14, 15,   2006年09月
  • 多発性硬化症の新しい治療戦略ーフィンゴリモドへの期待ー, 越智博文, 宮本 勝一, 近藤誉之, 松井 大, Therapeutic Research Therapeutic Research, 33, 6, 783, 791,   2012年06月
  • 多発性硬化症の新しい治療薬「フィンゴリモド」~専門医による導入方法や処方経験について~, 宮本 勝一, 岡本智子, 深浦彦彰, Msdical Tribune Msdical Tribune,   2012年12月
  • 再発予防治療が開始できずに再発を繰り返していた症例にフィンゴリモドを導入した1例, 宮本 勝一, MS Case Report MS Case Report,   2013年
  • 多発性硬化症治療におけるフィンゴリモドの有効性とその位置付け, 宮本 勝一, 新野正明, Pharma Medica Pharma Medica, 31, 6, 121, 128,   2013年

受賞

  • 日本神経免疫学会 Federation of Clinical Immunology Societies