KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

長井 紀章ナガイ ノリアキ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科 / 薬学研究科
職名准教授
学位博士(薬学)
専門製剤学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/427-nagai-noriaki.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90411579.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2018/08/03

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    新規薬効成分のスクリーニングをはじめ、新しい適用方法や治療に最適な剤形の開発研究を精力的に進めています。現在最も着目しているのは、ナノパーティクル医薬品の製剤設計と実用化です。

学歴・経歴

経歴

  •   2017年,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2013年04月,  - 2017年, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 衛生学
  • 薬学, 医療系薬学

研究キーワード

  • ナノパーティクル(ナノ結晶医薬品), 経皮吸収製剤, 点眼製剤, 角膜, 網膜, 水晶体, 白内障, 酸化ストレス, ミトコンドリアDNA, 一酸化窒素

論文

  • Effect of hesperetin derivatives on the development of selenite‑induced cataracts in rats., Nakazawa Y, Pauze M, Fukuyama K, Nagai N, Funakoshi-Tago M, Sugai T, Tamura H, Molecular medicine reports, 18, 1, 1043, 1050,   2018年07月, 査読有り
  • NSAIDs起因性消化管障害の制御を目指した製剤工夫, 長井 紀章, BIO Clinica, 33, 4, 371, 373,   2018年04月
    概要:臨床において、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による消化管障害は重篤な問題である。著者らは、湿式ビーズミル法を用い、平均粒子径76nmのインドメタシン(IMC)ナノ結晶経口製剤の作製法を確立した。また、本製剤は、従来の製剤と比較し、約5倍もバイオアベイラビリティが高まり、薬物投与量の減量を可能とした。さらに、これら製剤化に伴うNSAIDs投与量の減少が、薬剤の消化管粘膜直接刺激の低下を介し、障害誘発を軽減することを示した。本成果が安全なNSAIDs療法の確立に繋がることを期待する。(著者抄録)
  • Enhanced percutaneous absorption of cilostazol nanocrystals using aqueous gel patch systems and clarification of the absorption mechanism., Yoshioka C, Ito Y, Nagai N, Experimental and therapeutic medicine, 15, 4, 3501, 3508,   2018年04月, 査読有り
  • Instillation of Sericin Enhances Corneal Wound Healing through the ERK Pathway in Rat Debrided Corneal Epithelium., Nagai N, Fukuoka Y, Ishii M, Otake H, Yamamoto T, Taga A, Okamoto N, Shimomura Y, International journal of molecular sciences, 19, 4,   2018年04月, 査読有り
  • Enhancement in Corneal Permeability of Dissolved Carteolol by Its Combination with Magnesium Hydroxide Nanoparticles., Nagai N, Yamaoka S, Fukuoka Y, Ishii M, Otake H, Kanai K, Okamoto N, Shimomura Y, International journal of molecular sciences, 19, 1,   2018年01月, 査読有り
  • An oral formulation of cilostazol nanoparticles enhances intestinal drug absorption in rats., Yoshioka C, Ito Y, Nagai N, Experimental and therapeutic medicine, 15, 1, 454, 460,   2018年01月, 査読有り
  • Biomass Potential of Virgin and Calcined Tapioca (Cassava Starch) for the Removal of Sr(II) and Cs(I) from Aqueous Solutions., Ogata F, Nagai N, Ueta E, Nakamura T, Kawasaki N, Chemical & pharmaceutical bulletin, 66, 3, 295, 302,   2018年, 査読有り
  • Adsorption of Nitrite and Nitrate Ions from an Aqueous Solution by Fe-Mg-Type Hydrotalcites at Different Molar Ratios., Ogata F, Nagai N, Kariya Y, Nagahashi E, Kobayashi Y, Nakamura T, Kawasaki N, Chemical & pharmaceutical bulletin, 66, 4, 458, 465,   2018年, 査読有り
  • Co-instillation of nano-solid magnesium hydroxide enhances corneal permeability of dissolved timolol., Nagai N, Ogata F, Otake H, Kawasaki N, Nakazawa Y, Kanai K, Okamoto N, Shimomura Y, Experimental eye research, 165, 118, 124,   2017年12月, 査読有り
  • Ophthalmic Formulation Containing Nilvadipine Nanoparticles Prevents Retinal Dysfunction in Rats Injected with Streptozotocin., Deguchi S, Otake H, Nakazawa Y, Hiramatsu N, Yamamoto N, Nagai N, International journal of molecular sciences, 18, 12,   2017年12月, 査読有り
  • Proteomic profile of the lens in a streptozotocin-induced diabetic rat model using shotgun proteomics., Nagai N, Yamamoto T, Mitamura K, Taga A, Biomedical reports, 7, 5, 445, 450,   2017年11月, 査読有り
  • NSAIDs起因性消化管障害の制御を目指した製剤工夫, 長井 紀章, BIO Clinica, 32, 11, 1099, 1101,   2017年10月
    概要:臨床において、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による消化管障害は重篤な問題である。著者らは、湿式ビーズミル法を用い、平均粒子径76nmのインドメタシン(IMC)ナノ結晶経口製剤の作製法を確立した。また、本製剤は、従来の製剤と比較し、約5倍もバイオアベイラビリティが高まり、薬物投与量の減量を可能とした。さらに、これら製剤化に伴うNSAIDs投与量の減少が、薬剤の消化管粘膜直接刺激の低下を介し、障害誘発を軽減することを示した。本成果が安全なNSAIDs療法の確立に繋がることを期待する。(著者抄録)
  • Therapeutic Effect of Cilostazol Ophthalmic Nanodispersions on Retinal Dysfunction in Streptozotocin-Induced Diabetic Rats., Nagai N, Deguchi S, Otake H, Hiramatsu N, Yamamoto N, International journal of molecular sciences, 18, 9,   2017年09月, 査読有り
  • Administration of antioxidant compounds affects the lens chaperone activity and prevents the onset of cataracts., Nakazawa Y, Nagai N, Ishimori N, Oguchi J, Tamura H, Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie, 95, 137, 143,   2017年08月, 査読有り
  • Amyloid β1-43 Accumulates in the Lens Epithelium of Cortical Opacification in Japanese Patients., Nagai N, Mano Y, Otake H, Shibata T, Kubo E, Sasaki H, Investigative ophthalmology & visual science, 58, 7, 3294, 3302,   2017年06月, 査読有り
  • Ferulic Acid Suppresses Amyloid β Production in the Human Lens Epithelial Cell Stimulated with Hydrogen Peroxide., Nagai N, Kotani S, Mano Y, Ueno A, Ito Y, Kitaba T, Takata T, Fujii N, BioMed research international, 2017, 5343010,   2017年, 査読有り
  • Evaluation of Retinal Function in Streptozotocin-induced Diabetic Rats by Using the Electroretinography and Immunohistochemistry Methods., Hiramatsu N, Deguchi S, Yoshioka C, Otake H, Yamamoto N, Nagai N, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 137, 9, 1169, 1175,   2017年, 査読有り
  • Adsorption Capability of Cationic Dyes (Methylene Blue and Crystal Violet) onto Poly-gamma-glutamic Acid, Ogata Fumihiko, Nagai Noriaki, Kawasaki Naohito, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 65, 3, 268, 275,   2017年03月, 査読有り
  • Combination Ointment Containing Solid Tranilast Nanoparticles and Dissolved Sericin Is Efficacious for Treating Skin Wound-Healing Deficits and Redness in Diabetic Rats., Nagai N, Ogata F, Deguchi S, Ueno A, Kawasaki N, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 40, 4, 444, 450,   2017年04月, 査読有り
  • Improvement of Dissolution Rate and Stability in a Pirenoxine Ophthalmic Suspension by the Bead Mill Methods., Ueno A, Yamaoka S, Ito Y, Kotake T, Nakazawa Y, Nagai N, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 137, 5, 635, 641,   2017年05月, 査読有り
  • Co-administration of Magnesium Ion Prevents Indomethacin-Induced Intestinal Ulcerogenic Lesions in Adjuvant-Induced Arthritis Rats., Nagai N, Ueno A, Tanino T, Oka M, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 40, 6, 910, 915,   2017年06月, 査読有り
  • A Nanoparticle-Based Ophthalmic Formulation of Dexamethasone Enhances Corneal Permeability of the Drug and Prolongs Its Corneal Residence Time., Nagai N, Nakazawa Y, Ito Y, Kanai K, Okamoto N, Shimomura Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 40, 7, 1055, 1062,   2017年07月, 査読有り
  • Adsorption Capability of Cationic Dyes (Methylene Blue and Crystal Violet) onto Poly-γ-glutamic Acid., Ogata F, Nagai N, Kawasaki N, Chemical & pharmaceutical bulletin, 65, 3, 268, 275,   2017年, 査読有り
  • A positive feedback loop between nitric oxide and amyloid β (1-42) accelerates mitochondrial damage in human lens epithelial cells., Nagai N, Ito Y, Shibata T, Kubo E, Sasaki H, Toxicology, 381, 19, 30,   2017年04月15日, 査読有り
  • Pharmacokinetic Studies of Gel System Containing Ibuprofen Solid Nanoparticles., Nagai N, Tanino T, Ito Y, Journal of oleo science, 65, 12, 1053,   2016年12月, 査読有り
  • Size effect of rebamipide ophthalmic nanodispersions on its therapeutic efficacy for corneal wound healing., Nagai N, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Experimental eye research, 151, 47, 53,   2016年10月, 査読有り
  • New Developments to Break the Limitations of the Integrated Program-Inclusive Reform of Teaching and Learning by the Jigsaw Method- Foreword, Kodama Noriko, Nagai Noriaki, Yasuhara Tomohisa, YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 136, 3, 359, 360,   2016年03月, 査読有り
  • Hyperglycemia Enhances the Production of Amyloid β1-42 in the Lenses of Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats, a Model of Human Type 2 Diabetes., Nagai N, Ito Y, Sasaki H, Investigative ophthalmology & visual science, 57, 3, 1408, 1417,   2016年03月, 査読有り
  • An Ophthalmic Formulation of Disulfiram Nanoparticles Prolongs Drug Residence Time in Lens., Nagai N, Mano Y, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 39, 11, 1887,   2016年11月, 査読有り
  • Design of Novel Ophthalmic Formulation Containing Drug Nanoparticles and Its Usefulness as Anti-glaucoma Drugs., Nagai N, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 136, 10, 1385, 1390,   2016年10月, 査読有り
  • Intravenous Administration of Cilostazol Nanoparticles Ameliorates Acute Ischemic Stroke in a Cerebral Ischemia/Reperfusion-Induced Injury Model., Nagai N, Yoshioka C, Ito Y, Funakami Y, Nishikawa H, Kawabata A, International journal of molecular sciences, 16, 12, 29344,   2015年12月, 査読有り
  • [New Developments to Break the Limitations of the Integrated Program--Inclusive Reform of Teaching and Learning by the Jigsaw Method]., Kodama N, Nagai N, Yasuhara T, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 136, 3, 359, 360,   2016年, 査読有り
  • Increased Expression of Interleukin-18 in Lenses of Ovariectomized Rats., Nagai N, Ogata F, Kawasaki N, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 39, 1, 142,   2016年01月, 査読有り
  • Enhanced Production of Nitric Oxide Leads to ATP Collapse in the Retinas of Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats, a Model of Human Diabetes., Nagai N, Yoshioka C, Tanino T, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Current eye research, 41, 4, 532, 542,   2015年08月, 査読有り
  • Effect of Eye Drops Containing Disulfiram and Low-Substituted Methylcellulose in Reducing Intraocular Pressure in Rabbit Models., Nagai N, Yoshioka C, Mano Y, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Current eye research, 40, 10, 990, 1000,   2015年08月, 査読有り
  • Phloridzin-sensitive transport of echinacoside and acteoside and altered intestinal absorption route after application of Cistanche tubulosa extract., Tanino T, Nagai N, Funakami Y, The Journal of pharmacy and pharmacology, 67, 10, 1457, 1465,   2015年07月, 査読有り
  • Cyclosporin A-sensitive cytotoxicity of flurbiprofen non-stereoselectively mediated by cytochrome P450 metabolism in three-dimensional cultured rat hepatocytes., Tanino T, Funakami Y, Nagai N, Kato Y, The Journal of pharmacy and pharmacology, 67, 10, 1406, 1415,   2015年06月, 査読有り
  • Effect of High Glucose Levels on Amyloid beta Production in Retinas of Spontaneous Diabetes Mellitus Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats, Nagai Noriaki, Ito Yoshimasa, Tanino Tadatoshi, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 38, 4, 601, 610,   2015年04月, 査読有り
  • 第34回 日本眼薬理学会 原著 薬物粒子径変更に伴うブリンゾラミド懸濁性点眼液の眼内薬物移行性評価, 長井 紀章, 真野 裕, 松平 有加, あたらしい眼科, あたらしい眼科, 32, 4, 545, 549,   2015年04月
  • A nanoparticle formulation of disulfiram prolongs corneal residence time of the drug and reduces intraocular pressure., Nagai N, Yoshioka C, Mano Y, Tnabe W, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Experimental eye research, 132, 115, 123,   2015年03月, 査読有り
  • 一酸化窒素を標的とした白内障予防, 長井紀章, 日本眼科学会雑誌, 119, 26,   2015年03月18日
  • ラット角膜上皮剝離モデルを用いた種々市販緑内障治療配合剤の角膜傷害性評価, 長井 紀章, 吉岡 千晶, 森 愛里, あたらしい眼科, あたらしい眼科, 32, 3, 419, 424,   2015年03月
  • Pharmacokinetics and Antiinflammatory Effect of a Novel Gel System Containing Ketoprofen Solid Nanoparticles., Nagai N, Iwamae A, Tanimoto S, Yoshioka C, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 38, 12, 1918, 1924,   2015年12月, 査読有り
  • Decrease in Corneal Damage due to Benzalkonium Chloride by the Addition of Mannitol into Timolol Maleate Eye Drops., Nagai N, Yoshioka C, Tanino T, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Journal of oleo science, 64, 7, 743, 750,   2015年07月, 査読有り
  • Hypercalcemia Leads to Delayed Corneal Wound Healing in Ovariectomized Rats., Nagai N, Ogata F, Kawasaki N, Ito Y, Funakami Y, Okamoto N, Shimomura Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 38, 7, 1063, 1069,   2015年07月, 査読有り
  • Excessive Interleukin 18 Relate the Aggravation of Indomethacin-Induced Intestinal Ulcerogenic Lesions in Adjuvant-Induced Arthritis Rat., Nagai N, Tanino T, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 38, 10, 1580, 1590,   2015年10月, 査読有り
  • Topical therapies for rheumatoid arthritis by gel ointments containing indomethacin nanoparticles in adjuvant-induced arthritis rat., Nagai N, Yoshioka C, Ito Y, Journal of oleo science, 64, 3, 337, 346,   2015年03月, 査読有り
  • Changes in plasma glucose in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats after oral administration of maple syrup., Nagai N, Yamamoto T, Tanabe W, Ito Y, Kurabuchi S, Mitamura K, Taga A, Journal of oleo science, 64, 3, 331, 335,   2015年03月, 査読有り
  • Effect of high glucose levels on amyloid β production in retinas of spontaneous diabetes mellitus Otsuka Long-Evans Tokushima fatty rats., Nagai N, Ito Y, Tanino T, Biological & pharmaceutical bulletin, 38, 4, 601, 610,   2015年, 査読有り
  • A nanoparticle formulation reduces the corneal toxicity of indomethacin eye drops and enhances its corneal permeability., Nagai N, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Toxicology, 319, 1, 53, 62,   2014年05月07日, 査読有り
  • ウサギ赤血球を用いたベンザルコニウム塩化物の傷害性評価とセリシンによる保護効果, 長井紀章, 藤田裕美, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 眼薬理, 28, 1, 41, 44,   2014年08月01日
  • ウサギ赤血球を用いたベンザルコニウム塩化物の傷害性評価とセリシンによる保護効果 (第33回 日本眼薬理学会 原著), 長井 紀章, 藤田 裕美, 伊藤 吉將, あたらしい眼科, あたらしい眼科, 31, 5, 729, 732,   2014年05月
  • 徹底理解!点眼剤 知っておきたい!点眼剤の基礎知識―3)添加物による眼組織への影響, 長井紀章, 伊藤吉將, 薬局, 65, 5, 1731-1737,1712,   2014年04月05日
  • Improved Corneal Toxicity and Permeability of Tranilast by the Preparation of Ophthalmic Formulations Containing Its Nanoparticles, Nagai Noriaki, Ono Hikaru, Hashino Miho, Ito Yoshimasa, Okamoto Norio, Shimomura Yoshikazu, JOURNAL OF OLEO SCIENCE, 63, 2, 177, 186,   2014年02月, 査読有り
  • Effect of solid nanoparticle of indomethacin on therapy for rheumatoid arthritis in adjuvant-induced arthritis rat., Nagai N, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 37, 7, 1109, 1118,   2014年07月, 査読有り
  • Improved Corneal Toxicity and Permeability of Tranilast by the Preparation of Ophthalmic Formulations Containing Its Nanoparticles., Nagai N, Ono H, Hashino M, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Journal of oleo science, 63, 2, 177, 186,   2014年01月, 査読有り
  • [Fundamental study on effect of high-mineral drinking water for osteogenesis in calciprivia ovariectomized rats]., Ogata F, Nagai N, Ito Y, Kawasaki N, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 134, 5, 679, 685,   2014年05月, 査読有り
  • Excessive hydrogen peroxide enhances the attachment of amyloid β1-42 in the lens epithelium of UPL rats, a hereditary model for cataracts., Nagai N, Ito Y, Toxicology, 315, 1, 55, 64,   2014年01月06日, 査読有り
  • Therapeutic effects of gel ointments containing tranilast nanoparticles on paw edema in adjuvant-induced arthritis rats., Nagai N, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 37, 1, 96, 104,   2014年01月, 査読有り
  • ミトコンドリアおよび細胞膜傷害に伴う水晶体混濁機構の解明とその予防・治療薬の開発, 長井 紀章, 日本白内障学会誌, 日本白内障学会誌, 26, 1, 13, 19,   2014年
    概要:白内障予防および治療において,その発症機構を把握し,エビデンスに基づいた治療薬を開発することは非常に重要である.本研究では,3 種の遺伝性白内障モデルラット(UPLR,SCR,ICR)を用い,いずれの水晶体混濁機構においても一酸化窒素(NO)がかかわることを見出すとともに,NOを標的とした点眼製剤の開発とその抗白内障効果を評価した.その混濁機構として,UPLR では過剰なNO がミトコンドリアゲノム傷害とATP 産生減少を招き,その結果としてCa2+-ATPase の機能不全に伴う細胞内Ca2+増加や水晶体混濁がみられた.一方,SCR およびICR では過剰なNO が脂質過酸化を引き起こし,これによりCa2+-ATPase 活性が低下,結果として細胞内Ca2+が増加し水晶体混濁につながることを明らかにした.さらに,2- ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリンを用い,ラジカルスカベンジャーでありNO 産生阻害作用を有するジスルフィラム点眼製剤の調製法を確立し,本点眼製剤がNO を標的とした白内障薬物療法に有用であることを明らかにした.
  • チェーン薬局を対象とした診療科別におけるジェネリック 使用傾向の解析とその評価法の確立, 長井 紀章, 金 裕生, 松野 純男, 松山 賢治, 大鳥 徹, 医薬品情報学, 医薬品情報学, 16, 3, 137, 142,   2014年
    概要:The creation of the National Health Insurance program has greatly contributed to giving Japan the world's highest level of life expectancy.  However, the cost of medical care in Japan has increased as a result of an aging society.  In response to this reality, the Japanese government initiated a campaign to promote the use of generic drugs (GEs).  In order to clarify some of the trends that contribute to different clinical medicine department usages of GEs, we carried out a survey of 400 pharmacies.  The survey data was analyzed using linear regression analysis.  Analysis of linear equations derived "utilization" that indicated ease of use of GEs, and a "saturation acceptable value (maximum allowed)" that indicated usage of GEs.  The breakdown for different clinical medicine department usages of GEs was determined as the following: psychosomatic medicine or psychiatry was 11±0.13%, internal medicine was 29±0.18%, orthopedics was 18±0.14%, ophthalmology or otolaryngology was 15±0.14%, other departments was 17±0.15%.  Furthermore, the highest utilization derived by linear regression analysis was orthopedics.  The highest acceptable saturation value was for psychosomatic medicine or psychiatry, while the lowest acceptable saturation value was orthopedics.  The results of the study confirm the importance of establishing evaluation methods for GE usage, and that linear regression analysis is a powerful tool for revealing trends in GE usage among different departments.  Additionally, the study suggests that determining GE spread measures is valuable, since they can serve as an aid to future pharmaceutical administration consideration.
  • デキストリン併用投与がクレメジン細粒経管投与時の低回収率およびチューブ詰まりに与える影響, 長井 紀章, 緒方 文彦, 塚本 あゆみ, 薬局薬学, 薬局薬学, 6, 1, 22, 27,   2014年
  • Therapeutic effects of sericin on diabetic keratopathy in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats., Nagai N, Ito Y, World journal of diabetes, 4, 6, 282, 289,   2013年12月, 査読有り
  • 卵巣摘出ラットへの低カルシウム食投与による角膜上皮傷害治癒速度の遅延, 長井紀章, 緒方文彦, 船上仁範, 伊藤吉將, 川崎直人, あたらしい眼科, あたらしい眼科, 30, 11, 1623, 1627,   2013年11月30日
  • 後発医薬品の使用状況に関するアンケートの多変量解析による問題点の抽出, 大鳥徹, 長井紀章, 橋本佳幸, 金裕生, 松野純男, 松山賢治, 医薬品情報学, 医薬品情報学, 15, 3, 124, 132,   2013年11月30日
    概要:Objective: Recently, the cost of medical care in Japan has increased as a result of an aging society.  In response to this reality, the Japanese government initiated a campaign to promote the use of generic drugs.  In spite of this campaign, Japanese consumers have doubts about the safety and reliability of generic drugs, resulting in lower usage of these drugs compared to usage in Europe and the US.Methods: In order to clarify some of the factors that contribute to low rates of generic drug use, we carried out a survey of 400 pharmacies.  The survey data was analyzed using factor analysis and cluster analysis, which is a technique known as multivariate analysis.Results: The results from factor analysis derived four factors: 1) generic drug usage related to generic drug prescription class, 2) the amount of generic drug prescriptions related to patient preferences, 3) patient willingness to use generic drug prescriptions, and 4) pharmacy willingness.  Cluster analysis was used to classify pharmacies participating in the survey.  The results of cluster analysis revealed three main pharmacy groups: a) low usage of generic drugs, b) moderate usage of generic drugs, and c) high usage of generic drugs.Conclusion: The results of multivariate analysis showed that pharmacists are more willing to issue generic drugs unless doctors instruct them to use a brand-name drug.
  • アリピプラゾールによる一過性の近視化の1例, 岡本 紀夫, 日下 俊次, 長井 紀章, 眼科臨床紀要, 眼科臨床紀要, 6, 11, 903, 905,   2013年11月15日
  • 糖尿病モデル動物OLETFラット網膜におけるインターフェロン‐γおよび一酸化窒素の発現, 長井紀章, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 眼薬理, 27, 1, 27, 29,   2013年09月05日
  • 各種保存剤を用いた市販緑内障治療(配合)点眼液における角膜傷害性のキネティクス解析, 長井 紀章, 大江 恭平, 森 愛里, あたらしい眼科, あたらしい眼科, 30, 7, 1023, 1028,   2013年07月30日
  • 各種保存剤を用いた市販緑内障治療(配合)点眼液における角膜傷害性のキネティクス解析, 長井 紀章, 大江 恭平, 森 愛里, 伊藤 吉将, 岡本 紀夫, 下村 嘉一, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 30, 7, 1023, 1028,   2013年07月30日
  • 糖尿病モデル動物OLETFラット水晶体におけるアミロイドβの蓄積, 長井 紀章, 竹田 厚志, 伊藤 吉將, 日本白内障学会誌, 日本白内障学会誌, 25, 51, 55,   2013年06月01日
  • 糖尿病モデル動物OLETFラット水晶体におけるアミロイドβの蓄積, 長井紀章, 竹田厚志, 伊藤吉將, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 30, 1, 97, 101,   2013年01月30日
  • Comparison of the enhancement of plasma glucose levels in type 2 diabetes Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats by oral administration of sucrose or maple syrup., Nagai N, Ito Y, Taga A, Journal of oleo science, 62, 9, 737, 743,   2013年09月, 査読有り
  • カリメート散経管投与時の低回収率およびチューブ詰まりに対するデキストリンの保護効果, 長井紀章, 緒方文彦, 林友典, 西浦早織, 松岡寛, 川崎直人, 伊藤吉將, 医療薬学, 医療薬学, 39, 1, 33, 38,   2013年01月10日
    概要:Kalimate® is often administered to patients via a simple suspension method by feeding tube. However, this method has a low recovery ratio and tube obstruction can occur. In this study, we investigated whether adding dextrin to decrease the adhesiveness and dispersibility improves the low recovery ratio and reduce tube obstruction. The addition of 0.6% dextrin significantly increased the dispersibility and fluidity of kalimate® compared to the dispersibility and fluidity of kalimate in purified water, but the addition of 0.1% and 0.2% dextrin did not. On the other hand, the 0.1 - 0.6% dextrin improved the low recovery ratio of kalimate® in the simple suspension method by feeding tube. These results show that the addition of dextrin improves the low recovery ratio and prevents tube obstruction in the simple suspension method of kalimate®. In addition, it was suggested that the decrease in recovery ratio of kalimate® is related to the adhesiveness, and the increase of dispersibility suppressed the tube obstruction in the simple suspension method by feeding tube. These findings provide significant information that can be used in improving the low recovery ratio and tube obstruction in the simple suspension method by feeding tube.
  • 糖尿病モデル動物OLETFラット水晶体におけるアミロイドβの蓄積 (第51回日本白内障学会), 長井 紀章, 竹田 厚志, 伊藤 吉將, あたらしい眼科, あたらしい眼科, 30, 1, 97, 101,   2013年01月
  • Reduction of enhanced rabbit intraocular pressure by instillation of pyroglutamic acid eye drops., Ito Y, Nagai N, Okamoto N, Shimomura Y, Nakanishi K, Tanaka R, Biological & pharmaceutical bulletin, 36, 6, 1017, 1023,   2013年06月, 査読有り
  • Changes in interleukin 18 in the retinas of Otsuka long-evans Tokushima fatty rats, a model of human type 2 diabetes., Nagai N, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Okamura H, Journal of oleo science, 62, 7, 513, 523,   2013年, 査読有り
  • Dysfunction in cytochrome c oxidase caused by excessive nitric oxide in human lens epithelial cells stimulated with interferon-γ and lipopolysaccharide., Nagai N, Ito Y, Current eye research, 37, 10, 889, 897,   2012年10月, 査読有り
  • Effect of magnesium ion supplementation on obesity and diabetes mellitus in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) rats under excessive food intake., Nagai N, Ito Y, Journal of oleo science, 62, 6, 403, 408,   2013年06月, 査読有り
  • Decrease in corneal damage due to benzalkonium chloride by the addition of sericin into timolol maleate eye drops., Nagai N, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Journal of oleo science, 62, 3, 159, 166,   2013年03月, 査読有り
  • 調剤薬局アンケートから見えてくる後発医薬品の使用状況, 大鳥 徹, 長井 紀章, 橋本 佳幸, 薬局薬学, 薬局薬学, 5, 2, 107, 115,   2013年
  • 糖尿病モデル動物OLETFラット網膜におけるアミロイドβの蓄積, 長井紀章, 竹田厚志, 村尾まゆみ, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 眼薬理, 26, 1, 35, 37,   2012年08月31日
  • [Improvement of dissolution test using micro-controlled roller pump]., Nagai N, Konishi N, Nitta T, Taga A, Ito Y, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, YAKUGAKU ZASSHI, 132, 11, 1307, 1316,   2012年11月, 査読有り
    概要:  The dissolution test is a core performance test in pharmaceutical development and quality control of solid drug products. The conventional HPLC dissolution method (batch-sampling method) involves many steps including the filtration, collection and replenishment of sample solutions. We previously reported a dissolution test that involved microdialysis methods (microdialysis-HPLC method) and allowed many steps to be omitted. However, the recovery rate of theophylline by the microdialysis-HPLC method was lower, and the decrease in the flow rate through the dialysis probe caused variation between each tablet. In this study, we have attempted to improve the dissolution test by using a precise micro-controlled roller pump and microfiltering probe (microfiltering-HPLC method). Sustained release preparations of Theodur® (100 mg) were used, and the test solutions used were water, buffer at pH 1.2 and pH 6.8, and pH 6.8-buffer containing 0.1-1% polysorbate 80 or sodium lauryl sulfate. In all test solutions, the microfiltering-HPLC method was able to accomplish continuous sampling of sample solutions, and the recovery rate of theophylline was over 90%. The dissolution behavior by the microfiltering-HPLC method tends to reflect the pharmaceutical design in comparison with the batch-sampling method, and the standard deviations by the microfiltering-HPLC are lower than with the batch-sampling method. In addition, the microfiltering-HPLC method allows many steps to be omitted, such as the filtration, collection and replenishment of sample solutions. These findings provide significant information that can be used in the pharmaceutical development and quality assessment of solid drug products.
  • [A case of propranolol therapy for infantile capillary hemangiomas of the parotis]., Hirahara S, Matsuda K, Toyama K, Nagano Y, Nagai N, Tono T, Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho, 115, 6, 632, 635,   2012年06月, 査読有り
  • Effects of instillation of eyedrops containing disulfiram and hydroxypropyl-β-cyclodextrin inclusion complex on endotoxin-induced uveitis in rats., Kanai K, Ito Y, Nagai N, Itoh N, Hori Y, Chikazawa S, Hoshi F, Higuchi S, Current eye research, 37, 2, 124, 131,   2012年02月, 査読有り
  • チェーン薬局に所属する薬剤師の意識とジェネリック医薬品普及に関する調査研究, 長井紀章, 大野ひかる, 大和幹枝, 堀野智美, 北小路学, 伊藤吉將, 高田充隆, 医療薬学, 医療薬学, 38, 2, 111, 117,   2012年02月10日
    概要:The penetration of low-priced generic drugs of good quality leads to not only a lower financial burden on patients, but also financial improvement of Japans medical insurance system. In this study, we investigated the relationship between the usage conditions of generic products (GE) and attitudes toward the reduction of national medical expense for pharmacists in chain community pharmacies in Japan using a questionnaire survey. The 20 - 25% usage conditions of GE were the highest in this study. The majority (89.2%) of pharmacists in the community pharmacy (positive group) have a positive attitude toward the reduction of national medical expense using GE, and the usage conditions of GE in the positive group are higher than that in the pharmacists that have a negative attitude toward the reduction of national medical expense using GE (negative group). In addition, the results of the questionnaire survey show that the pharmacists in the negative group still have doubts about the quality, effect and supply of GE in comparison with the positive group, and the pharmacists in the positive group were more interested in the generic drug dispensing fee in comparison with the negative group. In conclusion, the present study demonstrates that most pharmacists in this study have a positive attitude toward the reduction of national medical expense using GE, and the attitude toward GE in pharmacies relates to the usage conditions of GE. These findings provide significant information on the need for a reduction of national medical expense using GE.
  • Co-administration of water containing magnesium ion prevents loxoprofen-induced lesions in gastric mucosa of adjuvant-induced arthritis rat., Nagai N, Takeda A, Itanami Y, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 35, 12, 2230, 2237,   2012年12月, 査読有り
  • Pharmacokinetic and pharmacodynamic evaluation of the anti-cataract effect of eye drops containing disulfiram and low-substituted methylcellulose using ICR/f rats as a hereditary cataract model., Nagai N, Ito Y, Takeuchi N, Biological & pharmaceutical bulletin, 35, 2, 239, 245,   2012年02月, 査読有り
  • [In vitro evaluation of corneal damages after instillation of eye drops using rat debrided corneal epithelium: changes of corneal damage due to benzalkonium chloride by addition of thickening agents]., Nagai N, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 132, 7, 837, 843,   2012年, 査読有り
  • ラット角膜上皮剥離モデルを用いた点眼薬の角膜傷害性評価:粘稠化剤添加に伴うベンザルコニウム塩化物角膜傷害性の変化, 長井 紀章, 伊藤 吉將, 岡本 紀夫, 下村 嘉一, YAKUGAKU ZASSHI, YAKUGAKU ZASSHI, 132, 7, 837, 843,   2012年07月, 査読有り
    概要:  Benzalkonium chloride (BAC) is known to cause corneal epithelial damage. In this study we investigated the effect of a BAC solution containing a thickening agent, which enhanced residence time in the eyes, on corneal wound healing using in vivo rat model debrided corneal epithelium. 0.5% or 1.0% methylcellulose (MC), carboxymethylcellulose (CMC) and hydroxypropyl-methylcellulose (HPMC) were used as the thickening agent. The levels of corneal wound healing of rat eyes injected with saline were alone approximately 45.0% at 12 h and 93.6% at 24 h after corneal epithelial abrasion, and healing was almost complete at 36 h. The healing rate in the rat eye treated just with MC, CMC and HPMC was higher than that in those injected with saline. In contrast to the treatment result using only this thickening agent, the healing rate in the eye treated with BAC was lower than that in those injected with saline: the corneal wounds in the BAC-treated eye showed approximately 20% healing at 12 h after abrasion. The injection of 0.02% BAC solution containing MC, CMC and HPMC more significantly delayed the healing than did the injection of 0.02% BAC alone. The results show that the in vivo evaluation method for corneal damage using rat debrided corneal epithelium reflects a toxic change depending upon residence time. These findings provide valuable safety and efficacy information for use in the design of eye drops.
  • Involvement of interleukin 18 in lens opacification of Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats, a model of human type 2 diabetes., Nagai N, Murao T, Ito Y, Okamoto N, Okamura H, Current eye research, 36, 6, 497, 506,   2011年06月, 査読有り
  • ヒト角膜上皮細胞(HCE‐T)を用いた緑内障治療薬のIn Vitro角膜細胞傷害性評価, 長井紀章, 大江恭平, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 28, 9, 1331, 1336,   2011年09月30日
  • 点眼薬含有添加剤ベンザルコニウム塩化物およびポリソルベート80点眼時におけるOLETFラット角膜傷害治癒の速度論的解析, 長井紀章, 村尾卓俊, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 28, 6, 855, 859,   2011年06月30日
  • Anti-inflammatory potency of oral disulfiram compared with dexamethasone on endotoxin-induced uveitis in rats., Kanai K, Itoh N, Ito Y, Nagai N, Hori Y, Chikazawa S, Hoshi F, Higuchi S, The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science, 73, 4, 517, 520,   2011年04月, 査読有り
  • 遺伝性白内障ICR/fラット水晶体への過酸化水素処理による脂質過酸化とCa2+‐ATPase活性の関連性, 長井紀章, 村尾卓俊, 小仲陽子, 伊藤吉將, 竹内典子, 日本白内障学会誌, 23, 1, 51, 54,   2011年06月03日
  • Correlation between hyper-sensitivity to hydrogen peroxide and low defense against Ca(2+) influx in cataractogenic lens of Ihara cataract rats., Nagai N, Ito Y, Takeuchi N, Biological & pharmaceutical bulletin, 34, 7, 1005, 1010,   2011年07月, 査読有り
  • [Quality assessment for sustained release pharmaceutical preparations by dissolution test using microdialysis-HPLC method]., Nagai N, Murao T, Inubuse R, Konishi N, Ito Y, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, YAKUGAKU ZASSHI, 131, 4, 621, 628,   2011年04月, 査読有り
    概要:  Dissolution testing is a core performance test in pharmaceutical development and quality control. The conventional HPLC dissolution method (batch-sampling method) has many steps such as the filtration, collection and replenishment of sample solutions. We previously reported the dissolution test by using microdialysis methods (microdialysis-HPLC method) that can omit many steps. In this study, we investigated whether the microdialysis-HPLC method can be applied to quality assessment for sustained release preparations by a dissolution test. Calcium-channel blockers nifedipine tablets (20 mg) were used, and the test solution used was 0.2 M hydrogen phosphate-citric acid buffer (pH 6.8) with or without 1% sodium lauryl sulfate. In both test solutions, the microdialysis-HPLC method is able to accomplish continuous sampling of sample solutions, and the dissolution behaviors of original nifedipine tablets by the microdialysis-HPLC method were similar to that of the batch-sampling method. In contrast, the dissolution behaviors by the microdialysis-HPLC method were different between original nifedipine tablets and generic products, and the dissolution behaviors in the microdialysis-HPLC method tend to reflect the pharmaceutical design in comparison with the batch-sampling method. In addition, standard deviation in the microdialysis-HPLC method was lower than that of the batch-sampling method. We found that the recovery rate of nifedipine by the microdialysis-HPLC method was increased with the decrease in flow rate through dialysis probe. These findings provide significant information that can be used in pharmaceutical development and quality assessment for original and generic pharmaceutical products, which are sustained release preparations.
  • 遺伝性白内障ICR/fラット水晶体への過酸化水素処理による脂質過酸化とCa^<2+>-ATPase活性の関連性, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 小仲 陽子, 伊藤 吉將, 竹内 典子, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 28, 4, 527, 530,   2011年04月30日
  • Inhibitory effects of oral disulfiram on endotoxin-induced uveitis in rats., Kanai K, Itoh N, Yoshioka K, Yonezawa T, Ikadai H, Hori Y, Ito Y, Nagai N, Chikazawa S, Hoshi F, Higuchi S, Current eye research, 35, 10, 892, 899,   2010年10月, 査読有り
  • [In vitro evaluation for corneal damages by anti-glaucoma combination eye drops using human corneal epithelial cell (HCE-T)]., Nagai N, Murao T, Oe K, Ito Y, Okamoto N, Shimomura Y, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 131, 6, 985, 991,   2011年, 査読有り
  • 不死化ヒト角膜上皮細胞(HCE-T)を用いた緑内障治療配合剤の in vitro 角膜細胞傷害性評価, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 大江 恭平, 伊藤 吉將, 岡本 紀夫, 下村 嘉一, YAKUGAKU ZASSHI, YAKUGAKU ZASSHI, 131, 6, 985, 991,   2011年06月, 査読有り
    概要:  The combination of anti-glaucoma eye drops is frequently used in clinical treatment, and it is known that the combination can cause corneal damage. Recently, an anti-glaucoma combination eye drops is developed, and the treatment by the combination eye drops is expected to enhance quality of life. However, effects of the combination eye drops on corneal epithelial cell damage have not been clarified. In this study, we investigated the corneal epithelial cell damage of commercially available anti-glaucoma combination eye drops, such as Xalacom® (latanoprost/timolol maleate combination eye drops), Duotrav® (travoprost/timolol maleate combination eye drops) and Cosopt® (dorzolamide hydrochloride/timolol maleate combination eye drops) using the human corneal epithelial cell (HCE-T). The cytotoxicity in Xalacom® was higher than that in Xalatan® (eye drops containing latanoprost) and Timoptol® (eye drops containing timolol maleate), and the benzalkonium chloride (BAC) and timolol maleate were related to cytotoxicity in Xalacom®. The cytotoxicity in Duotrav® and Cosopt® was lower than that in Timoptol®. The Duotrav® is preserved with a non-BAC system (POLYQUAD, polidronium chloride). Therefore, it was suggested that the POLYQUAD related to the low cytotoxicity in Duotrav®. On the other hand, the D-mannitol reduced the cytotoxicity by BAC in this study. This result suggested that the cytotoxicity in Cosopt® was reduced by D-mannitol. The Duotrav® and Cosopt® may be less damaging to the ocular surface of glaucoma patients receiving long-term eye drop therapy in compared with the combination of anti-glaucoma eye drops.
  • Ossiculoplasty with a cartilage-connecting hydroxyapatite prosthesis for tympanosclerotic stapes fixation., Kawano H, Matsuda K, Nakanishi H, Toyama K, Nagai N, Tono T, European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery, 267, 6, 875, 879,   2010年06月, 査読有り
  • セリシン添加抗緑内障薬がSV40不死化ヒト角膜上皮細胞増殖作用へ与える影響, 長井紀章, 村尾卓俊, 伊藤吉將, 岡本紀夫, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 27, 9, 1295, 1298,   2010年09月30日
  • 点眼薬含有添加剤であるポリソルベート80およびEDTA点眼が角膜上皮傷害治癒へ与える影響, 長井紀章, 村尾卓俊, 伊藤吉將, 岡本紀夫, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 27, 9, 1299, 1302,   2010年09月30日
  • II型糖尿病モデル動物OLETFラットにおける角膜傷害治癒の速度論的解析, 長井紀章, 村尾卓俊, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 三村治, 眼薬理, 24, 1, 52, 54,   2010年09月10日
  • Kinetic analysis of the rate of corneal wound healing in Otsuka long-evans Tokushima Fatty rats, a model of type 2 diabetes mellitus., Nagai N, Murao T, Okamoto N, Ito Y, Journal of oleo science, 59, 8, 441, 449,   2010年08月, 査読有り
  • Reduction in Intraocular Pressure by the Instillation of Eye Drops Containing Disulfiram Included with 2-Hydroxypropyl-beta-cyclodextrin in Rabbit, Ito Yoshimasa, Nagai Noriaki, Shimomura Yoshikazu, BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 33, 9, 1574, 1578,   2010年09月, 査読有り
  • 眼窩外涙腺摘出ラットドライアイモデルにおけるセサミン点眼液の効果, 岡本 紀夫, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 細谷 友雅, 三村 治, 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica, 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica, 3, 7, 649, 652,   2010年07月15日
  • Preparation of ophthalmic formulations containing cilostazol as an anti-glaucoma agent and improvement in its permeability through the rabbit cornea., Okamoto N, Ito Y, Nagai N, Murao T, Takiguchi Y, Kurimoto T, Mimura O, Journal of oleo science, 59, 8, 423, 430,   2010年08月, 査読有り
  • Reduction in intraocular pressure by the instillation of eye drops containing disulfiram included with 2-hydroxypropyl-β-cyclodextrin in rabbit., Ito Y, Nagai N, Shimomura Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 33, 9, 1574, 1578,   2010年, 査読有り
  • 生体産生性ガス状物質一酸化窒素を標的とした白内障療法について, 長井紀章, 日本眼科学会雑誌, 114, 79,   2010年03月15日
  • Enhancing effects of sericin on corneal wound healing in Otsuka Long-Evans Tokushima fatty rats as a model of human type 2 diabetes., Nagai N, Murao T, Ito Y, Okamoto N, Sasaki M, Biological & pharmaceutical bulletin, 32, 9, 1594, 1599,   2009年09月, 査読有り
  • Comparison of corneal wound healing rates after instillation of commercially available latanoprost and travoprost in rat debrided corneal epithelium., Nagai N, Murao T, Okamoto N, Ito Y, Journal of oleo science, 59, 3, 135, 141,   2010年03月, 査読有り
  • [Improvement of dissolution test using microdialysis method]., Nagai N, Murao T, Ito Y, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, YAKUGAKU ZASSHI, 129, 12, 1515, 1521,   2009年12月, 査読有り
    概要:  Dissolution testing is a core performance test in pharmaceutical development and quality control. Generally, the HPLC method uses the analysis of dissolution testing. In this study, we attempted to improve the dissolution test by using microdialysis methods. We also investigated the comparison of the conventional HPLC dissolution method (batch-sampling method) and the improved dissolution test (microdialysis method). Histamine H2-receptor antagonist cimetidine tablets (200 mg), which are used clinically and of which there are also some generic examples, were selected for this comparison, and the dissolution behavior of the tablets by the two methods were found to be similar. On the other hand, standard deviation in the microdialysis method was lower than that of the batch-sampling method. In addition, the microdialysis method can omit many steps such as the filtration, collection and replenishment of sample solutions, and is also able to accomplish continuous sampling of sample solutions. These findings provide significant information that can be used in the pharmaceutical development and quality control of original and generic products.
  • 遺伝性白内障ICR/fラットの水晶体混濁におけるインターロイキン18およびDNA分解酵素の関与, 長井 紀章, 伊藤 吉將, 竹内 典子, 臼井 茂之, 平野 和行, 眼薬理 = Japanese journal of ocular pharmacology, 眼薬理 = Japanese journal of ocular pharmacology, 23, 1, 45, 50,   2009年08月31日
  • 遺伝性白内障ICR/fラットの水晶体混濁におけるインターロイキン18およびDNA分解酵素の関与, 長井紀章, 伊藤吉將, 竹内典子, 臼井茂之, 平野和行, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 26, 5, 675, 680,   2009年05月30日
  • Preventive effect of co-administration of water containing magnesium ion on indomethacin induced lesions of gastric mucosa in adjuvant-induced arthritis rat., Nagai N, Fukuhata T, Ito Y, Usui S, Hirano K, Biological & pharmaceutical bulletin, 32, 1, 116, 120,   2009年01月, 査読有り
  • インターフェロン‐γおよびリポ多糖による併用刺激処理したヒト水晶体上皮細胞株SRA01/04における過剰産生一酸化窒素の細胞膜Ca2+‐ATPase遺伝子発現に対する影響, 長井紀章, 伊藤吉將, 臼井茂之, 平野和行, あたらしい眼科, 26, 5, 709, 713,   2009年05月30日
  • Enhancing effects of sericin on corneal wound healing in rat debrided corneal epithelium., Nagai N, Murao T, Ito Y, Okamoto N, Sasaki M, Biological & pharmaceutical bulletin, 32, 5, 933, 936,   2009年05月, 査読有り
  • インターフェロン-γおよびリポ多糖による併用刺激処理したヒト水晶体上皮細胞株SRA 01/04における過剰産生一酸化窒素の細胞膜Ca^<2+>-ATPase遺伝子発現に対する影響, 長井 紀章, 伊藤 吉將, 臼井 茂之, 平野 和行, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 26, 5, 709, 713,   2009年05月30日
  • Disulfiram reduces elevated blood glucose levels in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) rats, a model of type 2 diabetes., Nagai N, Murao T, Okamoto N, Ito Y, Journal of oleo science, 58, 9, 485, 490,   2009年09月, 査読有り
  • Comparison of the mechanisms of cataract development involving differences in Ca2+ regulation in lenses among three hereditary cataract model rats., Nagai N, Ito Y, Takeuchi N, Usui S, Hirano K, Biological & pharmaceutical bulletin, 31, 11, 1990, 1995,   2008年11月, 査読有り
  • 自家調製トリアムシノロン水性懸濁液中の薬物の粒子径について, 岡本 紀夫, 大野 新一郎, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 高木 和行, 三村 治, 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica, 眼科臨床紀要 = Folia Japonica de ophthalmologica clinica, 2, 4, 326, 330,   2009年04月15日
  • トラニラスト微粒子懸濁液を用いた硝子体可視化, 岡本紀夫, 伊藤吉將, 大野新一郎, 張野正誉, 長井紀章, 三村治, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 26, 2, 263, 267,   2009年02月28日
  • Involvement of interleukin 18 in indomethacin-induced lesions of the gastric mucosa in adjuvant-induced arthritis rat., Nagai N, Fukuhata T, Ito Y, Usui S, Hirano K, Toxicology, 255, 3, 124, 130,   2009年01月31日, 査読有り
  • Effect of disulfiram eye drops on lipid peroxide formation via excessive nitric oxide in lenses of hereditary cataract ICR/f rats., Nagai N, Ito Y, Takeuchi N, Biological & pharmaceutical bulletin, 31, 5, 981, 985,   2008年05月, 査読有り
  • Contribution of aldehyde dehydrogenase 3A1 to disulfiram penetration through monolayers consisting of cultured human corneal epithelial cells., Nagai N, Inomata M, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 31, 7, 1444, 1448,   2008年07月, 査読有り
  • Inhibitive effects of enhanced lipid peroxidation on Ca(2+)-ATPase in lenses of hereditary cataract ICR/f rats., Nagai N, Ito Y, Takeuchi N, Toxicology, 247, 2-3, 139, 144,   2008年05月21日, 査読有り
  • 遺伝性白内障UPLラットにおける白内障発症とチトクロムcオキシダーゼの関与, 長井紀章, 伊藤吉將, 竹内典子, 亀井鑠, 眼薬理, 眼薬理 = Japanese journal of ocular pharmacology, 22, 1, 54, 56,   2008年09月05日
  • SV40不死化ヒト角膜上皮細胞(HCE‐T)を用いた抗緑内障薬2剤併用時の角膜上皮細胞増殖抑制作用の比較, 長井紀章, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 川上吉美, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 25, 8, 1135, 1138,   2008年08月30日
  • 抗緑内障点眼薬の角膜障害におけるIn Vitroスクリーニング試験:SV40不死化ヒト角膜上皮細胞(HCE‐T)を用いた細胞増殖抑制作用の比較, 長井紀章, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 川上吉美, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 25, 4, 553, 556,   2008年04月30日
  • Value of Non Echo-Planar Diffusion-Weighted Magnetic Resonance Imaging in the Detection of Middle Ear Cholesteatoma, Nagai Noriaki, Tono Tetsuya, Matsuda Keiji, Toyama Katsuhiro, Kawano Hirokazu, Kodama Takao, MEDITERRANEAN JOURNAL OF OTOLOGY, 4, 3, 197, 202,   2008年, 査読有り
  • Preventive effect of water containing magnesium ion on paw edema in adjuvant-induced arthritis rat., Nagai N, Fukuhata T, Ito Y, Tai H, Hataguchi Y, Nakagawa K, Biological & pharmaceutical bulletin, 30, 10, 1934, 1937,   2007年10月, 査読有り
  • ヒアルロン酸ナトリウムを分散安定化剤とするトラニラスト超微粒子懸濁液, 岡本 紀夫, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 眼科, 眼科, 50, 4, 455, 459,   2008年04月05日
  • Delay in ICR/f rat lens opacification by the instillation of eye drops containing disulfiram and hydroxypropyl-beta-cyclodextrin inclusion complex., Nagai N, Takeda M, Ito Y, Takeuchi N, Kamei A, Biological & pharmaceutical bulletin, 30, 8, 1529, 1534,   2007年08月, 査読有り
  • Adverse effects of excessive nitric oxide on cytochrome c oxidase in lenses of hereditary cataract UPL rats., Nagai N, Ito Y, Toxicology, 242, 1-3, 7, 15,   2007年12月, 査読有り
  • 遺伝性白内障UPLラットの白内障発症におけるインターロイキン-18の関与, 長井 紀章, 宋 永波, 福畠 孝史, 伊藤 吉將, 岡村 春樹, 日本白内障学会誌, 日本白内障学会誌, 19, 1, 815, 818,   2008年01月30日
  • [Value of diffusion-weighted MR imaging in the detection of middle ear cholesteatoma]., Nagai N, Tono T, Matsuda K, Toyama K, Kawano H, Kodama T, Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho, 110, 11, 707, 712,   2007年11月, 査読有り
  • Involvement of interleukin 18 in cataract development in hereditary cataract UPL rats., Nagai N, Ito Y, Okamura H, Journal of biochemistry, 142, 5, 597, 603,   2007年11月, 査読有り
  • マグネシウム含有点眼液によるラット結膜 Anaphylaxis 反応抑制効果, 福畠 孝史, 長井 紀章, 伊藤 吉將, 太井 秀行, 端口 佳宏, 魚住 嘉伸, 中川 光司, 眼薬理 = Japanese journal of ocular pharmacology, 眼薬理 = Japanese journal of ocular pharmacology, 21, 1, 37, 40,   2007年08月31日
  • 旧型眼底カメラに最新デジタルカメラの取り付け例, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 別所雅史, 川上吉美, 三村治, 長井紀章, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 24, 8, 1125, 1127,   2007年08月30日
  • Effect of magnesium deficiency on intracellular ATP levels in human lens epithelial cells., Nagai N, Fukuhata T, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 30, 1, 6, 10,   2007年01月, 査読有り
  • マグネシウム含有点眼液によるラット結膜Anaphylaxis反応抑制効果, 福畠孝史, 長井紀章, 伊藤吉將, 太井秀行, 端口佳宏, 魚住嘉伸, 中川光司, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 24, 6, 831, 834,   2007年06月30日
  • 遺伝性白内障UPLラットの白内障発症におけるインターロイキン‐18の関与, 長井紀章, SONG Yongbo, 福畠孝史, 伊藤吉將, 岡村春樹, あたらしい眼科, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 24, 6, 815, 818,   2007年06月30日
  • Delay of cataract development in the Shumiya cataract rat by water containing enhanced concentrations of magnesium and calcium., Nagai N, Ito Y, Current eye research, 32, 5, 439, 445,   2007年05月, 査読有り
  • 遺伝性白内障UPLラットの白内障発症におけるインターロイキン-18の関与 (第45回日本白内障学会原著(1)), 長井 紀章, 宋 永波, 福畠 孝史, あたらしい眼科, あたらしい眼科, 24, 6, 815, 818,   2007年06月
  • Involvement of DNase II-like acid DNase in the cataract formation of the UPL rat and the Shumiya cataract rat., Nagai N, Takeuchi N, Kamei A, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 12, 2367, 2371,   2006年12月, 査読有り
  • Inhibitors of inducible nitric oxide synthase prevent damage to human lens epithelial cells induced by interferon-gamma and lipopolysaccharide., Nagai N, Liu Y, Fukuhata T, Ito Y, Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 10, 2077, 2081,   2006年10月, 査読有り
  • ヒト水晶体上皮細胞株SRA 01/04におけるiNOS遺伝子発現と細胞障害, 長井 紀章, 福畠 孝史, 劉 穎, 伊藤 吉將, 川上 吉美, 池田 誠宏, 三村 治, 岡村 春樹, 日本白内障学会誌, 日本白内障学会誌, 18, 1, 383, 386,   2006年10月20日
  • Delay of cataract development in the Shumiya cataract rat by the administration of drinking water containing high concentration of magnesium ion., Nagai N, Ito Y, Inomata M, Shumiya S, Tai H, Hataguchi Y, Nakagawa K, Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 6, 1234, 1238,   2006年06月, 査読有り
  • Effects of magnesium content in the feed on cataract development in Shumiya cataract rat., Nagai N, Ito Y, Tai H, Hataguchi Y, Nakagawa K, Journal of oleo science, 56, 1, 29, 33,   2006年, 査読有り
  • ヒト水晶体上皮細胞株SRA 01/04におけるiNOS遺伝子発現と細胞障害, 長井 紀章, 福畠 孝史, 劉 頴, 伊藤 吉將, 川上 吉美, 池田 誠宏, 三村 治, 岡村 春樹, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 23, 3, 383, 386,   2006年03月30日

書籍等出版物

  • 「製剤・包装の改良・工夫点と病院から選ばれる医薬品開発」第4章 剤型・投与経路開発による、病院から選ばれる医薬品開発, 長井紀章, 分担執筆, 第5節 全身作用型貼付剤の薬物放出量のコントロールと製剤設計, ㈱技術情報協会,   2017年
  • 眼科獣医プラクティス 特集 点眼薬2017. 薬理学から見た点眼による全身への影響 コラム, 長井紀章, 分担執筆, No.2 pp 53 -56, ファームプレス,   2017年
  • 最新製剤学 第4版, 長井紀章, 共著, pp. 145-167, 439-410, 廣川書店,   2016年
  • コンプリヘンシブ基礎化学, 長井紀章, 共著, 京都廣川書店,   2016年
  • 眼科 (GANKA. OPHTHALMOLOGY) 特集 薬剤性角膜上皮障害, 長井紀章, 分担執筆, 薬剤性角膜上皮障害のメカニズムと前臨床評価法, 金原出版株式会社,   2015年
  • 薬局 特集 徹底理解!点眼剤-眼科領域の薬物治療に活かすポイント-, 長井紀章, 分担執筆, Vol. 65 No. 5, pp. 37-43, 南山堂,   2014年
  • 注射剤に代わる新しい薬剤投与デバイスの開発, 長井紀章, その他, 第3章 貼付剤における経皮デリバリー技術と製剤設計 第3節 薬物放出量のコントロール, ㈱技術情報協会,   2014年

講演・口頭発表等

  • シロスタゾールナノ結晶含有眼瞼適用ゲルパッチの開発:貼付後の薬物移行性と涙液中薬物動態, 吉岡千晶, 長井紀章, 伊藤吉將, 高橋秀也, 志水英二, 松井誠, 守本英二, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 眼検査によるアルツハイマー病早期診断を目指して:自然発症糖尿病モデルOLETFラットを用いた水晶体中アミロイドβ蓄積機構の解明, 長井紀章, 真野裕, 小谷幸代, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • カルシウム欠乏卵巣摘出ラットを用いた高ミネラル水の骨形成促進効果に関する基礎研究, 緒方文彦, 長井紀章, 伊藤吉將, 川崎直人, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 新しいNSAIDs服用方法の提案―マグネシウム併用によるインドメタシン惹起消化管傷害の軽減効果―, 田辺航, 林眞帆, 山岡大起, 長井紀章, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • デキサメタゾンを用いたナノ結晶点眼製剤の創製:角膜傷害性の軽減と眼内移行性向上, 伊藤吉將, 長井紀章, 松平有加, 山岡咲江, 真野裕, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2015年
  • ラット角膜上皮剥離モデルを用いた種々市販緑内障治療配合剤の角膜傷害性評価, 岡本紀夫, 長井紀章, 森愛里, 伊藤吉將, 下村嘉一, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2015年
  • アジュバント誘発関節炎ラットにおけるインドメタシン惹起小腸粘膜傷害とインターロイキン18の関与, 伊藤吉將, 長井紀章, 多田奈都美, 林眞帆, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • イブプロフェンナノ結晶を用いた外用皮膚剤の設計とその評価, 真野裕, 谷本紫苑, 中屋仁美, 長井紀章, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2015年
  • 近赤外分光法によるロサルタンカリウム後発薬の非破壊的試験と溶出試験の比較, 大鳥徹, 下村卓也, 長井紀章, 松山賢治, 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集,   2014年07月
  • 薬物ナノ結晶化による製剤機能の向上:レバミピドナノ結晶点眼製剤による角膜創傷治療, 長井紀章, 橋野美穂, 勝井結美, 岡本紀夫, 下村嘉一, 伊藤吉將, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2014年
  • ナノ化技術を応用した眼瞼適用ゲルパッチ「貼るめぐすり」の開発とその有効性, 吉岡千晶, 長井紀章, 伊藤吉將, 高橋秀也, 志水英二, 松井誠, 守本英二, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • ナノ化技術を用いた新規注射用製剤の開発とその有用性評価―シロスタゾール静脈内投与による脳梗塞治療―, 田辺航, 松下翔子, 西本夏海, 長井紀章, 伊藤吉將, 西川裕之, 川畑篤史, 生体機能と創薬シンポジウム要旨集,   2014年
  • 種々点眼用保存剤による角膜上皮細胞傷害性とEDTAによる保護効果, 伊藤吉將, 長井紀章, 森愛里, 勝井結美, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2014年
  • インターロイキン18の発現亢進はNSAIDs誘発消化管傷害を高める―関節リウマチモデルラットを用いた胃粘膜傷害機構の解明―, 真野裕, 長井紀章, 伊藤吉將, 生体機能と創薬シンポジウム要旨集,   2014年
  • 皮質白内障患者におけるアミロイドβ蓄積とATP量の低下, 長井紀章, 真野裕, 伊藤吉將, 柴田哲平, 久保江理, 佐々木洋, 日本白内障学会総会プログラム・講演抄録集,   2014年
  • 眼圧降下と網膜症治療を同時標的とした次世代緑内障治療薬“医薬品ナノ結晶点眼製剤”の開発, 長井紀章, 平田直奈, 田辺航, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • メープルシュガーにおける血糖値上昇抑制効果, 多賀淳, 長井紀章, 山本哲志, 三田村邦子, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • ポリソルベート80またはEDTA併用使用が種々点眼用保存剤の効力に及ぼす影響, 田辺航, 長井紀章, 辻朗子, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集,   2014年
  • インドメタシン惹起小腸粘膜傷害に対するマグネシウムイオンの保護効果, 伊藤吉將, 長井紀章, 多田奈都美, 林眞帆, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • ベシル酸アムロジピン製剤を用いた簡易懸濁法適用時における吸着剤の影響, 緒方文彦, 長井紀章, 林友典, 西浦早織, 松岡寛, 伊藤吉將, 川崎直人, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2014年
  • 薬物粒子径変更に伴うブリンゾラミド懸濁性点眼液の角膜透過性向上, 真野裕, 長井紀章, 松平有加, 山岡咲絵, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集,   2014年
  • 薬局薬剤師のジェネリック医薬品に対する認識(重視点)とその使用状況の関連性, 大鳥徹, 長井紀章, 金裕生, 松山賢治, 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集,   2013年08月01日
  • 水晶体におけるアミロイドβの蓄積と水晶体混濁への関与, 長井紀章, 日本白内障学会総会/日本白内障屈折矯正手術学会総会プログラム・講演抄録集,   2013年05月24日
  • ミトコンドリア及び細胞膜傷害に伴う水晶体混濁機構の解明とその予防・治療薬の開発, 長井紀章, 日本白内障学会総会/日本白内障屈折矯正手術学会総会プログラム・講演抄録集,   2013年05月24日
  • 市販緑内障治療薬による角膜傷害性のキネティクス解析, 岡本紀夫, 長井紀章, 大江恭平, 下村嘉一, 伊藤吉將, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2013年
  • アクリル酸ポリマーを基剤とするシロスタゾール含有保水性ゲルシートの開発とその皮膚透過性, 吉岡千晶, 長井紀章, 伊藤吉將, 志水英二, 守本英二, 丸野正徳, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • ロキソプロフェン惹起胃粘膜傷害に対するマグネシウムイオンの保護効果, 長井紀章, 竹田厚志, 板並優里, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 薬物ナノ粒子分散液の調製と点眼製剤としての応用性:ナノ粒子分散液の角膜傷害性評価, 伊藤吉將, 長井紀章, 大野ひかる, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2013年
  • ジェネリック医薬品の普及とそれを阻む要因の解析, 松山賢治, 長井紀章, 金裕生, 橋本佳幸, 大鳥徹, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 長期連続使用を可能とする点眼用保存システムの確立:BAC/マンニトール保存システム, 伊藤吉將, 長井紀章, 岩部江里, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • ウサギ赤血球を用いたベンザルコニウム塩化物の傷害性評価とセリシンによる保護効果, 長井紀章, 藤田裕美, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集,   2013年
  • 糖尿病モデル動物OLETFラット水晶体におけるアミロイドβの蓄積, 長井紀章, 竹田厚志, 村尾まゆみ, 伊藤吉將, 日本白内障学会総会/日本白内障屈折矯正手術学会総会プログラム・講演抄録集,   2012年05月15日
  • シロスタゾールナノ粒子を用いた口腔内崩壊錠の有効性比較, 吉岡千晶, 長井紀章, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • ラット角膜上皮剥離モデルを用いた点眼薬の角膜傷害性評価:粘稠化剤メチルセルロース添加に伴うBAC角膜傷害性の変化, 長井紀章, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • ナノ化技術を応用したシロスタゾールの経皮吸収製剤の設計, 伊藤吉將, 西口宏一, 長井紀章, 岡本紀夫, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • ヒト角膜上皮細胞を用いた緑内障治療配合剤のin Vitro角膜細胞傷害性評価, 長井紀章, 大江恭平, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2012年
  • ヒト角膜上皮細胞を用いた緑内障治療薬のin vitro角膜細胞傷害速度論的評価, 伊藤吉將, 長井紀章, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2012年
  • 糖尿病モデル動物OLETFラット網膜におけるIL‐18の発現亢進, 長井紀章, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集,   2012年
  • P-0798 ジェネリック医薬品普及と薬局薬剤師の意識に関する調査研究(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 長井 紀章, 大野 ひかる, 大和 幹枝, 堀野 智美, 北小路 学, 伊藤 吉將, 松野 純男, 高田 充隆, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2011年09月09日
  • ジェネリック医薬品普及と薬局薬剤師の意識に関する調査研究, 長井紀章, 大野ひかる, 大和幹枝, 堀野智美, 北小路学, 伊藤吉將, 松野純男, 高田充隆, 日本医療薬学会年会講演要旨集,   2011年09月09日
  • 薬局薬剤師を対象としたジェネリック医薬品使用に関する意識調査と問題点の把握, 長井紀章, 大和幹枝, 堀野智美, 大野ひかる, 北小路学, 伊藤吉將, 松野純男, 高田充隆, 医療薬学フォーラム講演要旨集,   2011年07月
  • 遺伝性白内障ICR/fラット水晶体への過酸化水素処理による脂質過酸化と Ca^<2+>-ATPase 活性の関連性, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 小仲 陽子, 伊藤 吉將, 竹内 典子, 日本白内障学会誌,   2011年06月03日
  • 栄養学的視点からの白内障予防―ミネラル摂取と水晶体混濁―, 長井紀章, 日本白内障学会総会/日本白内障屈折矯正手術学会総会プログラム・講演抄録集,   2011年06月01日
  • 脳虚血モデルラットにおけるシロスタゾール・ナノ粒子分散液の脳血流改善効果, 村尾卓俊, 南部義徳, 井上晃博, 長井紀章, 伊藤吉將, 船上仁範, 市田成志, 岡本紀夫, 松山知弘, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • マイクロダイアリシス法を用いた溶出試験による徐放性製剤の品質評価, 伊藤吉將, 長井紀章, 犬伏梨乃, 小西菜穂子, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • トラニラスト・ナノ経皮吸収製剤による関節リウマチの治療効果, 長井紀章, 小林竜也, 村尾卓俊, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • 新規逆相HPLCカラムを用いたTranilastの生体中定量分析における基礎検討, 多賀淳, 長井紀章, 藤原宏之, 寺島弘之, 橋本淳一, 伊藤吉将, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • ジェネリック医薬品推進に関する薬局薬剤師の意識調査に関する研究, 大和幹枝, 堀野智美, 大野ひかる, 長井紀章, 北小路学, 伊藤吉將, 高田充隆, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • 糖尿病モデル動物OLETFラット網膜におけるアミロイドβの発現, 長井紀章, 竹田厚志, 村尾まゆみ, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集,   2011年
  • 種々抗緑内障点眼薬における角膜傷害性評価に関する研究, 伊藤吉將, 長井紀章, 村尾卓俊, 大江恭平, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2011年
  • セリシンを用いた低侵襲保存剤の確立と抗緑内障薬への応用, 長井紀章, 村尾卓俊, 関菜穂子, 家門麻耶, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 下村嘉一, 日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2011年
  • エンドトキシン誘発ぶどう膜炎モデルにおけるジスルフィラムの点眼効果, 金井一享, 伊藤吉將, 長井紀章, 伊藤直之, 近澤征史朗, 堀奏智, 星史雄, 樋口誠一, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2010年09月01日
  • 薬学部4年制課程から6年制課程への移行に伴う本学学生の就職意識動向調査, 川瀬篤史, 長井紀章, 木下充弘, 関口富美子, 桑島博, 鈴木茂生, 西田升三, 松尾圭造, 掛樋一晃, 医療薬学フォーラム講演要旨集,   2010年07月
  • 過酸化水素による水晶体酸化ストレスがCa2+‐ATPase活性へ与える影響, 長井紀章, 村尾卓俊, 小仲陽子, 伊藤吉將, 竹内典子, 日本白内障学会総会/日本眼内レンズ屈折手術学会総会プログラム・講演抄録集,   2010年05月20日
  • セリシンを用いた低角度障害薬物療法に関する研究, 長井紀章, 村尾卓俊, 伊藤吉將, 岡本紀夫, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • ヒト水晶体上皮細胞における一酸化窒素過剰産生と細胞膜Ca2+‐ATPase遺伝子発現, 長井紀章, 伊藤吉將, 日本白内障学会総会/日本眼内レンズ屈折手術学会総会プログラム・講演抄録集,   2009年05月27日
  • 新規製剤評価法に関する研究:マイクロダイアリシス‐HPLC法の溶出試験への応用, 長井紀章, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • Cilostazolのナノ粒子化による角膜透過性の改善, 伊藤吉將, 長井紀章, 岡本紀夫, 三村治, 日本薬学会年会要旨集,   2009年03月05日
  • BAC非含有プロスタグランジン製剤トラバタンズ点眼液の角膜障害性評価に関する研究, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 岡本 紀夫 三村 治, 第33回角膜カンファレンス・第25回日本角膜移植学会,   2009年02月, 第33回角膜カンファレンス・第25回日本角膜移植学会
  • セリシン溶液の点眼による角膜傷害治癒促進効果, 伊藤吉將, 長井紀章, 岡本紀夫, 三村治, 角膜カンファランス・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2009年
  • BAC非含有プロスタグランジン製剤トラボプロスト点眼液の角膜障害性の評価, 岡本紀夫, 長井紀章, 伊藤吉將, 三村治, 角膜カンファランス・日本角膜移植学会プログラム・抄録集,   2009年
  • HP β CD包接ジスルフィラム点眼液のICR/fラット白内障抑制効果の解明, 長井紀章, 伊藤吉將, 竹内典子, 日本白内障学会総会/日本眼内レンズ屈折手術学会総会プログラム・講演抄録集,   2008年05月20日
  • 遺伝性白内障ラット(ICR/f)における鉄の動態, 竹内典子, 城後英美, 伊藤実沙子, 黒田奈巳, 鈴木麻知子, 中村大祐, 亀井鑠, 長井紀章, 伊藤吉將, 日本薬学会年会要旨集,   2008年03月05日
  • Cilostazolによる新たな眼圧下降効果と神経保護効果, 栗本 拓冶, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 岡本 紀夫 川上 吉美 三村 治, 第18回日本緑内障学会,   2007年09月, 第18回日本緑内障学会
  • Cilostazolの緑内障治療への応用:ウサギ暗所高眼圧モデルに対するその点眼剤の眼圧降下作用, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 岡本 紀夫 川上 吉美, 第128年会 日本薬学会,   2008年03月05日, 第128年会 日本薬学会
  • Cilostazolナノ粒子分散液の静脈内投与の検討, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 船上 仁範, 市田 成志, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 第130年回日本薬学会,   2010年03月05日, 第130年回日本薬学会
  • マグネシウム欠乏によるヒト水晶体上皮由来細胞SRA01/04でのNO産生とCa2+‐及びNa+/K+‐ATPase活性低下, 長井紀章, 角谷瑠里子, 福畠孝史, 宋永波, 伊藤吉将, 日本薬学会年会要旨集,   2006年03月06日
  • マグネシウム含有液によるラット結膜anaphylaxis反応抑制, 福畠孝史, 野間裕美子, 長井紀章, 伊藤吉将, 太井秀行, 端口佳宏, 魚住嘉伸, 中川光司, 池田誠宏, 松葉沙織, 三村治, 日本薬学会年会要旨集,   2006年03月06日
  • Delay of cataract development in Shumiya cataract rat by administration of high mineral water, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 猪股 光司 朱宮 正剛, 太井 秀行 端口 佳宏 中川 光司 中島 宏, 正木 茂夫, XVI International Congress of Eye Research,   2004年09月, XVI International Congress of Eye Research
  • ENHANCING EFFECTS OF SERICIN ON CORENAK WOUND HEALING IN OLETF RATS, A MODEL OF TYPE 2 DIABETES MELLITUS, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, XIX International Congress of Eye Research,Montrea,   2010年07月, XIX International Congress of Eye Research,Montrea
  • HP?CD包接ジスルフィラム点眼液のICR/fラット白内障抑制効果の解明, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 竹内 典子, 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 合同会議,   2008年06月, 第47回日本白内障学会総会・第23回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 合同会議
  • II型糖尿病モデル動物OLETFラットにおける角膜傷害治癒の速度論的解析, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊 , 岡本 紀夫 三村 治, 第29回日本眼薬理学会,   2009年09月, 第29回日本眼薬理学会
  • II型糖尿病モデル動物OLETFラットにおける角膜傷害治癒の遅延, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 岡本 紀夫 三村 治, 第33回角膜カンファレンス・第25回日本角膜移植学会,   2009年02月, 第33回角膜カンファレンス・第25回日本角膜移植学会
  • INSTILLATION OF PYROGLUTAMIC ACID REDUCES THE ENHANCED OF INTRAOCULAR PRESSURE IN RABBIT, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, XIX International Congress of Eye Research,   2010年07月, XIX International Congress of Eye Research
  • IS DNASE II-LIKE ACID DNASE IN LENS A KEY ENZEME FOR CATARACT DEVELOPMENT ?, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福畠 孝史, XVII International Congress of Eye Research,   2006年10月, XVII International Congress of Eye Research
  • KINETIC ANALYSIS OF THE RATE OF CORNEAL WOUND HEAALING IN OLETF RATS, A MODEL OF TYPE 2 DIABETES MELLITUS, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, XIX International Congress of Eye Research,   2010年07月, XIX International Congress of Eye Research
  • MECHANISM FOR ANTI-CATARACT EFFECT OF DISULFIRAM TO ICR/F RAT AS A HEREDITARY CATARACT MODEL, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 竹内 典子, XVIII International Congress of Eye Research,   2008年09月, XVIII International Congress of Eye Research
  • PREPARATION OF CILOSTAZOL EYE DROPS AS AN ANTI-GLAUCOMA AGENT AND IMPROVEMENT FOR ITS PERMEABILITY THROUGH THE RABBIT CONEA, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 岡本 紀夫 三村 治, XVIII International Congress of Eye Research,   2008年09月, XVIII International Congress of Eye Research
  • PREPARATION OF DISULFIRAM EYE DROP AS AN ANTI-GLAUCOMA AGENT USING 2-HYDROXYPROPYL-β-CYCLODEXTRIN, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 森下 大輔, XVII International Congress of Eye Research,   2006年10月, XVII International Congress of Eye Research
  • Ⅱ型糖尿病モデル動物OLETFラットにおけるセリシン溶液点眼の角膜傷害治癒促進効果, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2009年10月, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • アジュバント誘発関節炎ラットにおけるインドメタシン消化管障害とマグネシウムイオンによる保護効果, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 池堂 智章 , 太井 秀行 端口 佳宏 魚住 嘉伸 中川 光司, 第125年会日本薬学会,   2005年03月05日, 第125年会日本薬学会
  • アジュバント関節炎ラットにおける海洋深層水より調製した“にがり水”によるインドメタシン消化管傷害修復作用, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福畠 孝史, 太井 秀行 端口 佳宏 魚住 嘉伸 中川 光司, 第127年会 日本薬学会,   2007年03月05日, 第127年会 日本薬学会
  • エンドトキシン誘発ぶどう膜炎モデルにおけるジスルフィラム点眼液の局所投与効果, 金井 一享, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 伊藤 直之 近澤 征史朗 堀 泰智 星 史雄 樋口 誠一, 第150回日本獣医学会学術集会,   2010年09月, 第150回日本獣医学会学術集会
  • エンドトキシン誘発ぶどう膜炎モデルにおけるジスルフィラム経口投与の効果, 金井 一享, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 堀 泰智 伊藤 直之 星 史雄 樋口 誠一, 第148回日本獣医学会学術集会,   2009年09月, 第148回日本獣医学会学術集会
  • グルタミン酸2分子から成る環状ペプチドの角膜透過性及び眼圧降下作用, 伊藤吉将, 長井紀章, 高橋知子, 中西邦夫, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • グルタミン2分子から成る環状ペプチドの角膜透過性及び眼圧降下作用, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 高橋 知子, 中西 邦夫, 第124年会日本薬学会,   2004年03月, 第124年会日本薬学会
  • シロスタゾールのナノ粒子化とその分散液調製法の改善, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 第130年回日本薬学会,   2010年03月05日, 第130年回日本薬学会
  • シロスタゾールナノ粒子分散液の安全な静脈投与量について, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 南部 義徳 井上 晃博 , 岡本 紀夫 松山 知弘, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2010年10月, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • ジスルフィラムのヒト培養細胞単層膜の透過メカニズム, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福澤 貴裕 佐々木 宏子 谷野 公俊 岩城 正宏, 第124年会日本薬学会,   2004年03月05日, 第124年会日本薬学会
  • セリシンを用いた低角膜障害薬物療法に関する研究, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 第130年回日本薬学会,   2010年03月, 第130年回日本薬学会
  • セリシン及び抗緑内障薬併用がSV40不死化ヒト角膜上皮細胞増殖へ与える影響, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 第34回角膜カンファレンス・第26回日本角膜移植学会,   2010年02月, 第34回角膜カンファレンス・第26回日本角膜移植学会
  • セリシン含有抗緑内障薬による角膜上皮低侵襲性点眼療法の確立, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 関 菜穂子, 岡本 紀夫, 下村 嘉一, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2010年10月, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • チーム基盤型学習(TBL)を導入した薬学部・医学部連携教育, 木村 健, 安原 智久, 船上 仁範, 長井 紀章, 喜多 綾子, 北小路 学, 大鳥 徹, 岩城 正宏, 松尾 理, 日本薬学会第130年会,   2010年03月05日, 日本薬学会第130年会
  • ナノテクノロジーを利用したシロスタゾール経皮吸収製剤の設計, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 西口 宏一, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2010年10月, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • ヒト培養角膜上皮細胞単層膜におけるジスルフィラム透過性とALDH3A1発現の役割, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 中川 奈緒美 福畠 孝史, 第55回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2005年10月, 第55回日本薬学会近畿支部総会・大会
  • ヒト培養角膜上皮細胞(HCE-T)の細胞単層膜形成及びトランスポーターALDH3A1の発現とジスルフィラム膜透過性との関係について, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福澤 貴裕 劉 穎, 第125年会日本薬学会,   2005年03月05日, 第125年会日本薬学会
  • ヒト水晶体上皮由来細胞SRA01/04におけるマグネシウム欠乏による細胞内ATP量への影響, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 太井 秀行 端口 佳宏 魚住 嘉伸 中川 光司, 第33回水晶体研究会,   2007年01月, 第33回水晶体研究会
  • ヒト水晶体上皮由来細胞SRA01/04に対するIFN-γ及びLPS刺激によるiNOS誘導と細胞内ATPの変動, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福畠 孝史 劉 穎, 第125年会日本薬学会,   2005年03月05日, 第125年会日本薬学会
  • ヒト水晶体上皮細胞における一酸化窒素過剰産生と細胞膜Ca2+-ATPase遺伝子発現, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 第48回日本白内障学会総会・第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会・第45回日本眼光学学会総会・22 nd APACRS Annual Meeting 合同会議,   2009年06月, 第48回日本白内障学会総会・第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会・第45回日本眼光学学会総会・22 nd APACRS Annual Meeting 合同会議
  • ヒト水晶体上皮細胞株SAR01/04における一酸化窒素過剰産生がCa2+制御機構へ与える影響, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 楠山 侑里 村尾 卓俊, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2010年10月, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • ヒト水晶体上皮細胞株SRA01/04におけるiNOS遺伝子発現と細胞障害, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福畠 孝史 劉 穎, 川上吉美 池田 誠宏 三村 治,   2005年06月
  • ヒト水晶体上皮細胞株SRA01/04における一酸化窒素過剰産生によるチトクロムcオキシダーゼ障害, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 第35回 水晶体研究会,   2009年01月, 第35回 水晶体研究会
  • ビーズミルによるトラニラスト・ナノ粒子分散液の調製とその角膜透過性の改善, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2009年10月, 第59回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • ピログルタミン酸亜鉛キレート点眼液の眼圧降下作用について, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 中西 邦夫, 川上 吉美 岡本 紀夫 三村 治, 第126年会 日本薬学会,   2006年03月06日, 第126年会 日本薬学会
  • マイクロダイアリシス-HPLCを用いた新規溶出試験法によるニフェジピン製剤の評価, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 第20回 マイクロダイアリシス学会 記念大会,   2009年12月, 第20回 マイクロダイアリシス学会 記念大会
  • マイクロダイアリシス-HPLC法の溶出試験への応用, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 第129年回日本薬学会,   2009年03月, 第129年回日本薬学会
  • マイクロダイアリシス法による眼房水中一酸化窒素量の経時的測定の確立, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 第21回 マイクロダイアリシス研究会,   2010年12月, 第21回 マイクロダイアリシス研究会
  • マグネシウムイオン投与の影響:アジュバント誘発関節炎ラットにおける足浮腫増大とインドメタシン消化管障害の相関性, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福畠 孝史 角野 雄亮, 第55回日本薬学会近畿支部総会・大会,   2005年10月, 第55回日本薬学会近畿支部総会・大会
  • マグネシウム含有点眼液によるラット結膜 anaphylaxis 反応抑制効果, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福畠 孝史 野間 裕美子 , 太井 秀行 端口 佳宏 魚住 嘉伸 中川 光司, 池田 誠宏 松葉 沙織 三村 治, 第126年会 日本薬学会,   2006年03月, 第126年会 日本薬学会
  • マグネシウム含有点眼液によるラット結膜anaphylaxis 反応抑制効果, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福畠 孝史, 第26回日本眼薬理学会,   2006年09月, 第26回日本眼薬理学会
  • マグネシウム欠乏によるヒト水晶体上皮由来細胞SRA01/04でのNO産生とCa2+-及びNa+/K+-ATPase活性低下, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 角谷 瑠里子 福畠 孝史 宋 永波 , 第126年会 日本薬学会,   2006年03月, 第126年会 日本薬学会
  • 主たる点眼剤添加物が糖尿病モデル動物OLETFラット角膜傷害治癒へ与える影響, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 下村 嘉一, 第30回日本眼薬理学会,   2010年10月, 第30回日本眼薬理学会
  • 市販緑内障治療薬による角膜障害性のキネティクス解析, 岡本 紀夫, 長井 紀章, 大江 恭平, 下村 嘉一, 伊藤 吉將, 第37回角膜カンファレンス・第29回日本角膜移植学会,   2013年02月, 第37回角膜カンファレンス・第29回日本角膜移植学会
  • 抗緑内障薬製剤としての種々ジスルフィラム点眼液による高眼圧ウサギモデル眼房水中一酸化窒素量の抑制効果, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 李徳馨, 鍋倉 智裕, 川上吉美 池田誠宏, 岡村春樹, 日本薬学会第123年会(長崎),   2003年03月05日, 日本薬学会第123年会(長崎)
    概要:眼房水の調節には誘導型一酸化窒素合成酵素(iNOS)が産生するNOが働いていることが明らかとされている。ジスルフィラムの活性体であるジエチルジチオカルバミン酸はiNOSの阻害剤であり、緑内障で高まった房水産生量を低下させる可能性がある。本研究では、種々ジスルフィラム点眼薬製剤をウサギに点眼し実験的高眼圧を抑制することができた。
  • 生体産生性ガス状物質一酸化窒素を標的とした白内障療法について シンポジウム「白内障・水晶体研究の最前線」, 長井 紀章, 第114年回日本眼科学会総会,   2010年04月, 第114年回日本眼科学会総会
  • 種々抗緑内障点眼薬単剤及び2剤併用がヒト角膜上皮細胞へ与える影響,, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 岡本 紀夫 川上 吉美 三村 治, 第57回 日本薬学会近畿支部総会・大会,,   2007年10月, 第57回 日本薬学会近畿支部総会・大会,
  • 種々点眼薬含有添加物における角膜傷害性評価に関する研究, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 第34回角膜カンファレンス・第26回日本角膜移植学会,   2010年02月, 第34回角膜カンファレンス・第26回日本角膜移植学会
  • 種々遺伝性モデルラット水晶体における恒常性破綻機構の分類とその要因の探索 シンポジウム講演「水晶体研究への若手研究者の挑戦」, 長井 紀章, 第36回 水晶体研究会,   2010年01月, 第36回 水晶体研究会
  • 角膜透過を改善したピログルタミン酸点眼製剤の眼圧降下作用, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 岡本 紀夫, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会,   2010年10月, 第60回 日本薬学会近畿支部総会・大会
  • 調剤薬局における薬剤師需要の動向予測に関する研究, 長井 紀章, 川瀬 篤史, 木下 充弘, 関口 富美子, 桑島 博, 鈴木 茂生, 西田 升三, 松尾 圭造, 掛樋 一晃, 医療薬学フォーラム2010 第18回クリニカルファーマシーシンポジウム,   2010年07月, 医療薬学フォーラム2010 第18回クリニカルファーマシーシンポジウム
  • 過酸化水素による水晶体酸化ストレスがCa2+-ATPase活性へ与える影響, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 村尾 卓俊 小仲 陽子, 竹内 典子, 第49回日本白内障学会総会・第25回日本眼内レンズ屈折手術学会総会,   2010年06月, 第49回日本白内障学会総会・第25回日本眼内レンズ屈折手術学会総会
  • 遺伝性白内障ICR/fラットの水晶体混濁におけるインターロイキン18及びDNA分解酵素の関与, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 竹内 典子, 臼井 茂之 平野 和行, 第28回日本眼薬理学会,   2008年09月, 第28回日本眼薬理学会
  • 遺伝性白内障ICR/fラット水晶体での一酸化窒素量増大と水晶体混濁, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 竹内 典子, 第34回 水晶体研究会,   2008年01月, 第34回 水晶体研究会
  • 遺伝性白内障UPL, SCR及びICR/fラットにおける白内障発症機構の比較, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 竹内 典子, 第128年会 日本薬学会,   2008年03月05日, 第128年会 日本薬学会
  • 遺伝性白内障UPLラットにおける白内障発症とインターロイキン-18との関係, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 齋藤 真理 福畠 孝史, 第127年会 日本薬学会,   2007年03月05日, 第127年会 日本薬学会
  • 遺伝性白内障UPLラットにおける白内障発症とチトクロムcオキシダーゼとの関係, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 竹内 典子 亀井 鑠, 第27回日本眼薬理学会,   2007年09月, 第27回日本眼薬理学会
  • 遺伝性白内障UPLラットの白内障発症におけるインターロイキン18の関与, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 宋 永波 福畠 孝史, 岡村 春樹, 第45回日本白内障学会総会・第21回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 合同会議,   2006年06月, 第45回日本白内障学会総会・第21回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 合同会議
  • 遺伝性白内障ラットICR/fにおけるHP?CD包摂ジスルフィラム点眼液の抗白内障効果, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 竹内 典子 亀井 鑠, 第46回日本白内障学会総会・第22回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 合同会議,   2007年06月, 第46回日本白内障学会総会・第22回日本眼内レンズ屈折手術学会総会 合同会議
  • 遺伝性白内障ラットSCR及びUPLラット間における水晶体中ゲノムDNA残存性とDLADの関連, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 福畠 孝史 , 竹内 典子 亀井 鑠, 第32回水晶体研究会,   2007年01月, 第32回水晶体研究会
  • 遺伝性白内障ラット(ICR/f)における鉄の動態, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 竹内 典子 城後 英美 伊藤 実沙子 黒田 奈巳 鈴木 麻知子 中村 大祐 亀井 鑠, 第128年会 日本薬学会,   2008年04月, 第128年会 日本薬学会
  • 遺伝性白内障ラット(UPL)の白内障発症に伴うクリスタリン変化, 竹内 典子, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 石神 志浦 今村 知紗 林 理紀 本多 祐美 亀井 鑠 湯川 和典, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会合同大会,   2008年12月, 第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会合同大会
  • 高Mgイオン水投与による遺伝性白内障ラットSCR水晶体中Ca,Mg量及びDNA断片化への影響, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 正木 茂夫, 猪股 光司 朱宮 正剛 , 太井 秀行 端口 佳宏 中川 光司 中島 宏, 第43回日本白内障学会・第30回水晶体研究会合同学会,   2004年03月, 第43回日本白内障学会・第30回水晶体研究会合同学会

MISC

  • 第35回 日本眼薬理学会 点眼用添加物EDTAが種々保存剤の抗菌力および角膜傷害性へ与える影響, 長井 紀章, 田辺 航, 辻 朗子, 勝井 結美, 伊藤 吉將, 岡本 紀夫, 下村 嘉一, あたらしい眼科, 33, 6, 857, 861,   2016年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020888948
  • 第35回 日本眼薬理学会 表面麻酔薬オキシブプロカイン塩酸塩点眼液の角膜傷害性評価, 長井 紀章, 真野 裕, 辰巳 賀陽子, 川﨑 真緒, 伊藤 吉將, 岡本 紀夫, 下村 嘉一, あたらしい眼科, 33, 6, 863, 866,   2016年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020888984
  • 統合型プログラムの限界を打ち破る新たな展開
    —ジグソー法による教授と学習の一体的改革—, 児玉 典子, 長井 紀章, 安原 智久, YAKUGAKU ZASSHI, 136, 3, 359, 360,   2016年, 10.1248/yakushi.15-00231-F, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005131258
  • 白内障予防効果の向上を目指して ─薬物ナノ結晶製剤の有用性─, 長井 紀章, 伊藤 吉將, 日本白内障学会誌, 28, 1, 52, 55,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005162888
  • 薬剤性角膜上皮障害のメカニズムと前臨床評価法 (特集 薬剤性角膜上皮障害), 長井 紀章, 伊藤 吉將, 眼科, 57, 7, 905, 909,   2015年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020512426
  • 消炎鎮痛パップ剤の適正保管に関する研究:痔疾用軟膏剤への成分混入の危険性, 小竹 武, 松本 優里香, 塚本 あゆみ, 井上 知美, 石渡 俊二, 草薙 みか, 坂野 千賀, 大里 恭章, 伊藤 吉將, 長井 紀章, 医療薬学, 41, 11, 786, 792,   2015年, 10.5649/jjphcs.41.786, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005279279
    概要:We investigated whether the component in cataplasm transmitted into hemorrhoid ointment in the combined storage of hemorrhoid ointment and non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) cataplasm. The NSAIDs cataplasm was used as a commercially available methyl salicylate (MS reishippu "TAIHO", MS cataplasm) and indomethacin (Catlep®, IMC cataplasm) cataplasm. In addition, the hemorrhoid ointment was in a polyethylene container with (Neriproct® ointment, DFV-L ointment) or without aluminum laminate (Posterisan® forte, HC ointment). As for the methyl salicylate, 5.68 mg / pieces in HC ointment were detected at 40 weeks of combined storage with MS cataplasm. The methyl salicylate concentration in DFV-L ointment was lower than that in HC ointment under the same conditions. On the other hand, no contamination of indomethacin in HC and DFV-L ointment was observed in the combined storage with IMC cataplasm. These results show that the methyl salicylate in cataplasm passed the polyethylene container, and provide significant information on the risk of contamination by the combined storage of cataplasm and hemorrhoid ointment.
  • P-0798 ジェネリック医薬品普及と薬局薬剤師の意識に関する調査研究(一般演題 ポスター発表,後発医薬品,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 長井 紀章, 大野 ひかる, 大和 幹枝, 堀野 智美, 北小路 学, 伊藤 吉將, 松野 純男, 高田 充隆, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 21,   2011年09月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008910263
  • 遺伝性白内障ICR/fラット水晶体への過酸化水素処理による脂質過酸化と Ca^<2+>-ATPase 活性の関連性, 長井 紀章, 村尾 卓俊, 小仲 陽子, 伊藤 吉將, 竹内 典子, 日本白内障学会誌, 23, 51, 54,   2011年06月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029877893
  • 微小透析プローブ連結HPLCを用いた溶出試験法による後発医薬品の製剤評価法, 長井 紀章, 伊藤 吉將, Jasco report, 51, 1, 14, 18,   2009年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016867164

特許

  • 角膜保護剤および角膜障害改善剤, 伊 藤 吉 將, 長 井 紀 章, 岡 本 紀 夫, 佐々木 真 宏, 特願2008-256179, 特開2010-083829
  • 角膜保護剤および角膜障害改善剤, 伊 藤 吉 將, 長 井 紀 章, 岡 本 紀 夫, 佐々木 真 宏, 特願2008-256179, 特開2010-083829, 特許第5546756号
  • シロスタゾールのシクロデキストリン包接化合物を有効成分とする緑内障治療剤, 岡本 紀夫, 伊藤 吉將, 川上 吉美, 栗本 拓治, 長井 紀章, 山下 達也, 特願2008-199301, 特開2009-227650, 特許第5236384号
  • トラニラストゲル状懸濁剤, 岡本 紀夫, 伊藤 吉將, 大野 新一郎, 川上 吉美, 長井 紀章, 栗本 拓治, 特願2007-292011, 特開2009-114153
  • シロスタゾールのシクロデキストリン包接化合物を有効成分とする緑内障治療剤, 岡本 紀夫, 伊藤 吉將, 川上 吉美, 栗本 拓治, 長井 紀章, 山下 達也, 特願2008-199301, 特開2009-227650, 特許第5236384号
  • 結膜炎予防、および治療のための点眼剤, 福畠 孝史, 野間 裕美子, 長井 紀章, 伊藤 吉將, 太井 秀行, 端口 佳宏, 魚住 嘉伸, 中川 光司, 池田 誠宏, 松葉 沙織, 三村 治, 特願2006-262982, 特開2008-081439

受賞

  •   2016年09月, 7th Journal of Oleo Science Award for Best Author
  •   2016年07月, 第55回日本白内障学会・第42回水晶体研究会 セッション優秀賞
  •   2016年01月, 日本薬学会近畿支部奨励賞(第二部門 物理系薬学)
  •   2015年12月, National Foundation for Eye Research, Alvira Reddy Award
  •   2015年09月, 第54回日本白内障学会・第41回水晶体研究会 セッション優秀賞
  •   2014年01月, 第40回水晶体研究会, セッション優秀賞
  •   2013年06月, 日本薬学会, BPB Highlighted paper selected by Editor-in-Chief
  •   2013年06月, 日本白内障学会, 日本白内障学会学術賞
  •   2013年02月, 日本角膜学会, 内田賞
  •   2013年01月, 第39回水晶体研究会, 優秀演題賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), NSAIDs起因性消化管障害の制御に資する次世代型ナノ製剤の創製とその有用性評価, 長井 紀章
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ナノ化技術を用いた点眼による網膜療法の確立と緑内障治療への応用, 長井 紀章, 緑内障による失明患者の減少を目指すべく、平成25年度はシロスタゾール(CLZ)ナノ粒子含有点眼液の処方設計及び点眼後の眼内動態眼の測定(眼後部薬物到達量の測定)について検討した。1)高い安定性及び保存性を有するCLZナノ粒子含有点眼液の調製:界面活性剤(ソディウムドキュセート)、ベンザルコニウム塩化物、セルロース及びシクロデキストリンを添加剤として用い、ビーズミル法により乾式及び水中破砕を行うことで、安定な分散性及び粒子状態を有するCLZナノ結晶点眼液を調製した。さらにこれらは日本薬局方に従った保存性試験(大腸菌使用)にて高い保存効果を有していることが確認できた。2)CLZナノ粒子含有点眼液点眼後の体内薬物分布及び動態を確認:上記にて調製したCLZナノ粒子含有点眼製剤は、点眼後速やかに角膜を透過し、眼内へ移行することが確認できた。また、結膜や眼周辺部に対しても高い透過性を示し、眼周辺部を介した網膜への薬物到達が可能であることを明らかとした。3)CLZナノ粒子含有点眼液の眼内降下作用:ブドウ糖負荷による高眼圧モデルに点眼することで、市販点眼薬(プロスタグランジン系)と同程度の高い眼圧降下作用を示した。以上、CLZナノ粒子含有点眼製剤の調製法を確立した。さらに、これら点眼製剤は点眼による網膜への薬物送達が可能であり、眼圧降下作用も有しているという知見が得られた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ミトコンドリア DNAの遺伝情報に基づいた加齢性白内障の素因と早期予測, 長井 紀章, 急速かつ強いレベルの酸化的刺激は、ヒト水晶体上皮においてミトコンドリア傷害を引き起こすこと、また、この傷害には、刺激に対するミトコンドリアの感受性に加え、細胞膜の反応性・抵抗性が密接に関わることを明らかとした。さらに、これらミトコンドリア機能低下は、早期において可逆的であるが、機能回復には時間を有することを見出した。以上、一過性のミトコンドリア傷害の繰り返しは、水障体白濁に繋がる可能性を示した。

その他

  •   2016年04月, ナノテクノロジーを基盤とした新規眼科用DDS製剤の開発と糖尿病網膜症治療への応用, 近畿大学学内研究助成金 奨励研究助成金 SR03 研究内容:本研究では「点眼による新たな糖尿病網膜症療法」の確立について検討を行った。