KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

山根 承子ヤマネ シヨウコ

プロフィール

所属部署名経済学部 経済学科 / 経済学研究科
職名准教授
学位博士(経済学)
専門行動経済学
ジャンル経済/経済理論
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/208-yamane-shouko.html
ホームページURLhttp://evidence8money.web.fc2.com/
メールアドレスsyamane[at]kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    行動経済学や経済心理学と呼ばれる分野。特に経済実験を用いた研究や、幸福の経済学に関する研究をしています。

学歴・経歴

学歴

  • 2007年04月 - 2012年03月, 大阪大学, 経済学研究科
  • 2003年04月 - 2007年03月, 立命館大学, 文学部, 心理学科

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2012年04月,  - 2015年03月, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 経済政策, 行動経済学
  • 経済学, 応用経済学

研究キーワード

  • 社会的比較, 相対所得, 幸福度, 実験経済学

論文

  • 日本人はどんな県に住みたいのか? : 人々の居住県選択と地域の特性, 山根 智沙子, 山根 承子, 筒井 義郎, 生活経済学研究 = Journal of household economics, 生活経済学研究 = Journal of household economics, 45, 65, 79,   2017年03月
  • Why Are Cabinet Supporters Happy?, Yoshiro Tsutsui, Shoko Yamane, Fumio Ohtake, 行動経済学, 10, 1, 6,   2017年04月, 査読有り
  • Appraising Unhappiness in the Wake of the Great East Japan Earthquake, Fumio Ohtake, Katsunori Yamaneda and Shoko Yamane, The Japanese Economic Review,   2016年05月, 査読有り
  • Peer Effects among Swimmers, Shoko Yamane and Ryohei Hayashi, The Scandinavian Journal of Economics, 117, 4, 1230, 1255,   2015年10月, 査読有り
  • Trust and Happiness: Comparative Study Before and After the Great East Japan, Eiji Yamamura, Yoshiro Tsutsui, Chisako Yamane, Shoko Yamane and Nattavudh Powdthavee, Social Indicators Research,,   2014年09月, 査読有り
  • The effect of a ticking clock on task performance, Shoko Yamane and Naohiro Matsumura, AI&Society,   2014年09月, 査読有り
  • Smokers, Smoking Deprivation, and Time Discounting, Shoko Yamane, Hiroyasu Yoneda, Taiki Takahashi, Yoshio Kamijo,Yasuhiro Komori, Fumihiko Hiruma and Yoshiro Tsutsui, Journal of Socio-Economics, 45,   2013年08月, 査読有り
  • Socio-Emotional Status, Education, and Time-Discounting in Japanese Non-Smoking Population: A Multi-Generational Study., Shoko Yamane, Taiki Takahashi, Akiko Kamesaka, Yoshiro Tsutsui, and Fumio Ohtake, Psychology, 4, 2,   2013年, 査読有り
  • Organization Adjustments, Job Training and Productivity: Evidence from Japanese Automobile Makers, Kenn Ariga, Masako Kurosawa, Fumio Ohtake, Masaru Sasaki, and Shoko Yamane, Journal of the Japanese and International Economies, 27, 1, 34,   2013年, 査読有り
  • 職場訓練の効果の検証方法――自動車産業の場合, 佐々木勝、山根承子, 日本労働研究雑誌,   2012年01月, 査読有り
  • 幸福度で測った地域間格差, 山根智沙子、山根承子、筒井義郎, 行動経済学, 1, 1, 1, 26,   2008年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • 行動経済学入門, 筒井 義郎, 佐々木 俊一郎, 山根 承子, グレッグ マルデワ, 共著, 東洋経済新報社,   2017年04月28日, 4492314970
  • 行動経済学 (図解雑学), 筒井 義郎, 山根 承子, 共著, ナツメ社,   2011年12月21日, 4816351558

MISC

  • ポスターによるエレベーター利用者数の変化, 笠井 昌人, 山根 承子, 人工知能学会全国大会論文集, 28, 1, 3,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020079787
  • ナッジする仕掛け(<特集>仕掛学), 山根 承子, 人工知能学会誌, 28, 4, 596, 600,   2013年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009615739
  • 職場訓練の効果の検証方法 : 自動車産業の場合 (特集 能力開発の今), 佐々木 勝, 山根 承子, 日本労働研究雑誌, 54, 1, 46, 54,   2012年01月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019138334

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), ピア効果がチーム生産性に与える影響:競泳データを用いた実証, 山根 承子
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 幸福度の順応メカニズムの解明:ブログ幸福度を用いたアプローチ, 山根 承子

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 統計学, 近畿大学
  • 経済数学, 近畿大学
  • 経済心理学, 近畿大学