KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

福田 裕大フクダ ユウダイ

プロフィール

所属部署名国際学部 国際学科 グローバル専攻
職名准教授
学位博士(人間・環境学/京都大学)
専門フランス文学・メディア史
ジャンル情報・メディア/メディアと社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1215-fukuda-yudai.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    フランスを中心に録音技術の文化史を調査しています。19世紀の後半に生まれたこの技術が、音楽のみに限定されない多種多様な音の文化と結びつく様を追うことに関心があります。

学歴・経歴

学歴

  • 2005年04月 - 2009年03月, 京都大学, 大学院人間・環境学研究科博士後期課程
  • 2002年04月 - 2005年03月, 京都大学大学院 人間・環境学研究科博士前期課程
  • 1998年04月 - 2002年03月, 青山学院大学, 文学部, フランス文学科

研究活動情報

研究分野

  • 文学, ヨーロッパ文学, フランス近代文学

研究キーワード

  • フランス文学, シャルル・クロ, 音響メディア史, メディア論

論文

  • シャルル・クロの知覚論について : 詩的業績と科学的業績をつなぐために, 福田 裕大, Études de langue et littérature françaises, Études de langue et littérature françaises, 104, 153, 169,   2014年
  • シャルル・クロ受容の問題――または「読まれること」の条件についてのいち考察, 福田裕大, 『受容から創造性へ――日本近現代文学におけるスタンダールの場合』, 241, 248,   2013年03月
  • シャルル・クロの色彩写真論について, 福田 裕大, Études de langue et littérature françaises, Études de langue et littérature françaises, 98, 147, 159,   2011年
  • シャルル・クロ『白檀の小箱』の企図について, 福田 裕大, Études de langue et littérature françaises, Études de langue et littérature françaises, 96, 131, 143,   2010年
  • シャルル・クロの蓄音機理論、ならびに音の表象概念について, 福田 裕大, ポピュラ-音楽研究, ポピュラ-音楽研究, 13, 3, 16,   2009年

書籍等出版物

  • 声と文学: 拡張する身体の誘惑, 塚本昌則、鈴木雅雄(編), 共著, 「フランスにみる録音技術の黎明期:来るべき「録音技術と文学」のために」(研究論文)、「音響技術と文学」(年表), 平凡社,   2017年03月, 4582333273
  • 音響メディア史, 谷口文和、中川克志、福田裕大, 共著, 2、3、4、8章ほか、コラム、トピック等, ナカニシヤ出版,   2015年05月, 4779509513
  • スポーツリテラシー, 早稲田大学スポーツナレッジ研究会(編), 新しいスポーツ語りのために:主体化するアスリートと労働者, 創文企画,   2015年03月, 4864130604
  • シャルル・クロ 詩人にして科学者―詩・蓄音機・色彩写真, 福田 裕大, 単著, 水声社,   2014年04月, 4801000347
  • ロマン主義の胎動から世紀末まで(芸術教養シリーズ14), 中村亮二(編), 第五章「ロマン主義の作家たち—古典からの脱却」、第十三章「象徴主義—新しい詩のために」, 京都造形芸術大学東北芸術工科大学出版局藝術学舎,   2014年02月, 4344951808
  • レーモン・クノー『文体練習』 (レーモン・クノー・コレクション 7), 松島征・原野葉子・福田裕大・河田学(翻訳), 水声社,   2012年09月, 4891768673
  • 加藤周一における「時間と空間」, ジュリー・ブロック編著, 共訳, かもがわ出版,   2012年06月, 4780305519
  • メディア・コミュニケーション論 (シリーズ メディアの未来), 池田 理知子, 松本 健太郎, ナカニシヤ出版,   2010年12月, 477950421X
  • 知のリテラシー 文化, ナカニシヤ出版,   2007年05月, 4779500826

講演・口頭発表等

  • フランス、黎明期の録音技術:レオン・スコット・ド・マルタンヴィルの業績を再検討する, 福田裕大, 音と聴覚の文化史(国際日本文化研究センター),   2017年07月22日
  • 文学集団の詩学, 熊谷謙介(神奈川大学)・倉方健作(九州大学)・福田裕大(近畿大学)・合田陽祐(山形大学), 日本フランス語フランス文学会2016年度秋季大会,   2016年10月23日
  • 「音と聴取のアルケオロジー」再論 —— 「聴覚性」批判からの展望, 福田裕大(近畿大学)・金子智太郎(東京藝術大学)・榑沼範久(横浜国立大学) 司会|福田貴成(中部大学), 表象文化論学会第10回研究発表集会,   2015年11月07日
  • 録音再生技術の歴史的位置づけ、ならびにフランス文学研究との接点, 福田裕大, 声と文学,   2014年12月13日, 招待有り
  • 「スポーツ言説のリテラシー」, 福田裕大, スポーツナレッジ研究所研究会(テーマ「知のリテラシー」),   2014年09月03日, 招待有り

MISC

  • 音楽、いかに言い表すべきか (音楽性), Doumet Christian, 福田 裕大(翻訳), 道行, 2, 69, 77,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017333823
  • ジュリー・ブロック「透かし細工の技芸ーー安部公房のふたつの詩についての美学・哲学的考察」, 福田裕大(翻訳), 『同時代』, 29,   2012年
  • ジュリー・ブロック「大岡昇平『わがスタンダール』を翻訳する――引用の効果」, 福田裕大(翻訳), 『受容から創造性へ――日本近現代文学におけるスタンダールの場合』,   2013年
  • ジュリー・ブロック「『野火』の創作におけるヴェルレーヌの作用」, 福田裕大(翻訳), 『受容から創造性へ――日本近現代文学におけるスタンダールの場合』,   2013年

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費(若手研究B), フランスにおける黎明期の録音技術:その誕生と受容の文化的起源を求めて, 福田裕大
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 1870年代フランス文学・芸術のパラダイム再考:シャルル・クロを起点として, 福田 裕大