KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

廿日出 好ハツカデ ヨシミ

プロフィール

所属部署名工学部 電子情報工学科 / システム工学研究科 / 次世代基盤技術研究所
職名准教授
学位博士(工学)
専門計測工学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1252-hatsukade-yoshimi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/06/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    高感度磁気センサを用いたセンシング技術を研究しています。この技術を、金属や炭素繊維系複合材料の非破壊検査などへ応用しています。

研究活動情報

研究分野

  • 電気電子工学, 計測工学

研究キーワード

  • 非破壊検査, スクイッド, 磁気計測

論文

  • Defect Detection of Pipes using Guided Wave and HTS-SQUID, 廿日出 好, IOP Conf. Series: Journal of Pysics: Conf. Series, 871, 012074,   2017年07月, 査読有り
  • HTS-SQUID NDE Technique for Pipes based on Ultrasonic Guided Wave, 廿日出 好, IOP Conf. Series: Journal of Pysics: Conf. Series, 871, 012072,   2017年07月, 査読有り
  • Novel Remote NDE Technique for Pipes Combining HTS-SQUID and Ultrasonic Guided Wave, 廿日出 好, IEEE Trans. Appl. Supercond., 27, 4, 1600104,   2017年06月, 査読有り
  • Robot-based NDE system using movable HTS-SQUID magnetometer covered with HTS film for use in unshielded environment, 廿日出 好, IEEE Trans. Appl. Supercond., 25, 3, 1601105,   2015年06月, 査読有り

その他

  •   2015年04月, 電磁波を応用した配管の非接触リモート非破壊検査技術の研究, 近畿大学学内研究助成金 奨励研究助成金 SR26 研究内容:本研究では、原子力発電所の配管など、過酷な環境で用いられる金属構造物で、プローブでの直接アクセスが困難な事例に対する有効な非破壊検査技術を研究・開発することを目的とした。これを実現するために、構造物に電磁波と磁歪を応用した超音波ガイド波発生機構を適用し、発生したガイド波を、磁歪の逆効果であるビラリ効果により磁場に変換し、これを超高感度磁気センサSQUIDで非接触に検出する新技術を開発した。