KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

上田 茂登子ウエダ モトコ

プロフィール

所属部署名農学部 食品栄養学科 / 農学研究科
職名講師
学位博士(農学)
専門食品機能学、分析化学
ジャンル医療・健康/健康問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/845-ueda-motoko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    過食などによる原因で上昇した血糖値を下げたり、活性酸素を消去する成分を未利用な植物部位から見つけ出そうとしています。本来、捨てられているものを利用することで資源の有効利用につながります。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1975年, 近畿大学, 農学部, 食品栄養

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 食品科学

研究キーワード

  • 食品科学

論文

  • ブラッドオレンジ果汁における抗酸化活性、糖質分解酵素阻害能およびアントシアニン , 上田茂登子、志水恒介、佐々木勝昭、渡辺克美、宇都宮直樹, 近畿大学農学部紀要, 47, 67, 75,   2014年03月, 査読有り
  • マンゴー’アーウィン’果実の成熟による数種の酵素活性の変化, 上田茂登子、志水恒介、佐々木勝昭、渡辺克美、宇都宮直樹, 近畿大学農学部紀要, 43, 7, 14,   2010年03月, 査読有り
  • Effects of various starches on properties of Rakkasei-tofu (peanut tofu), 菊田千景、岩城啓子、太田夏未、脇田あゆみ、上田茂登子、杉本温美 , J. Appl. Glycosci., 57, 2, 87, 93,   2010年02月, 査読有り
  • 果実の成熟の科学Ⅱ-ハウス栽培マンゴー果実の追熟-, 上田茂登子、光永俊郎, Foods Food Ingredients Journal of Japan, 210, 9, 871, 881,   2005年09月, 査読有り
  • 果実の成熟の科学-ハウス栽培マンゴー果実の成熟-, 上田茂登子、光永俊郎, Foods Food Ingredients Journal of Japan, 209, 3, 189, 197,   2004年03月, 査読有り
  • ハウス栽培マンゴー果実の成熟および貯蔵に伴う理化学的性質の変化, 上田 茂登子, 近畿大学,   2001年03月, 査読有り

書籍等出版物

  • 基礎から学ぶ 食品化学実験テキスト, 上田 茂登子, 共著, Ⅱ基礎実験 2.容量分析:キレート滴定 Ⅲ-3脂質に関する実験の概要15.ソックスレー抽出法による定量, 建帛社,   2014年09月

講演・口頭発表等

  • 落花生豆腐の性状に及ぼす各種澱粉の影響, 岩城 啓子, 菊田 千景, 太田 夏未, 上田 茂登子, 杉本 温美, 日本応用糖質科学会,   2008年09月, 日本応用糖質科学会

MISC

  • ハウス栽培アーウィン種マンゴー果実の諸性質に及ぼす貯蔵温度と期間の影響, 上田 茂登子, 佐々木 勝昭, 宇都宮 直樹, 稲葉 和功, 嶋林 幸英, 日本食品科学工学会誌, 48, 5, 349, 355,   2001年, 10.3136/nskkk.48.349

競争的資金

  • ハウス栽培完熟マンゴー果実の色調、果肉硬度、呼吸量および主要成分におよぼす貯蔵の影響
  • ハウス栽培マンゴー果実の成熟に伴うポリフェノールおよびポリフェノールオキダーゼ活性の消長
  • ハウス栽培'アーウィン'種マンゴー果実の成熟に伴う理化学的特性の変化