KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

北山 隆キタヤマ タカシ

プロフィール

所属部署名農学部 バイオサイエンス学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(理学)
専門天然物有機化学・有機合成化学
ジャンル医療・健康/薬と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/804-kitayama-takashi.html
ホームページURLhttp://nara-kindai.unv.jp/02gakka/06bio/nat_pro_chem/index.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    天然物を利用し、有機合成化学的手法で新しい化学反応の発見や、医薬品や材料開発に役立つ新しい物質を作る研究に取り組んでいます。大手企業の研究開発部門で5年間勤務し、医薬部外品を開発しました。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1990年, 京都大学, 理学研究科, 化学

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2007年04月,  - 2014年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2006年09月,  - 2007年03月, 京都大学(非常勤講師(兼務))
  •   2004年04月,  - 2007年03月, 近畿大学(助教授)
  •   2002年08月,  - 2003年08月, The Scripps Research Institute(Guest Scientist)
  •   2000年04月,  - 2003年03月, 近畿大学(講師)
  •   1995年04月,  - 2000年03月, 近畿大学(助手)
  •   1990年03月,  - 1995年03月, 花王株式会社

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 創薬化学
  • 農芸化学, 生物生産化学・生物有機化学
  • 基礎化学, 有機化学

研究キーワード

  • NMRDOS, ファインケミカルズ, 創薬, 反応多様二次代謝産物, 天然物の合成, 天然物の利用, クリックケミストリー

論文

  • Locomotor-reducing activity of sesquiterpenes related to Zingiber zerumbet essential oil and hexahydrozerumbone derivatives, K. Ogawa, H. Yabe, T. Kitayama, M. Ito, Biol. Pharm. Bull, 39, 1077, 1080,   2016年06月, 査読有り
    概要:ゼルンボンとヘキサヒドロゼルンボンの鎮静効果について詳細に検討した。
  • Locomotor-reducing effects and structural characteristics of inhaled zerumbone and tetrahydrozerumbone derivatives, 37, 1559, 1563,   2014年10月
  • Effects of inhaled tetrahydrozerumbone enantiomers on human salivary amylase level, Jpn. J. Taste Smell Res., 20, 377, 380,   2013年12月
  • Novel synthesis of zerumbone-pendant derivatives and their biological activit, 69, 10152, 10160,   2013年09月
  • Sedative effects of inhaled benzylacetone and structural features contributing to its activity, 36, 1474, 1481,   2013年09月
  • Piperine analogues in a hydrophobic fraction from Piper ribersoides (Piperaceae) and its insect antifeedant activity,   2013年07月
  • Asymmetric synthesis of enantiomerically pure zingerols by lipase-catalyzed transesterification and efficient synthesis of their analogues, 24, 621, 627,   2013年07月
  • Asymmetric synthesis of enantiomerically pure zingerols by lipase-catalyzed transesterification and efficient synthesis of their analogues, 24, 621, 627,   2013年04月
  • Efficient synthesis of optically active tetrahydrozerumbone with balmy fragrance and the application for other zerumbone derivative, 23, 1490, 1495,   2012年09月
  • Concise synthesis of valerena-4,7(11)-diene, a highly active sedative, from valerenic acid, 74, 1963, 1964,   2010年09月
  • Synthesis of optically active tetrahydrozerumbone, 21, 11, 13,   2010年01月
  • Asymmetric synthesis of versatile monoepoxyzerumbone and monoepoxyzerumbol, T. Kitayama, M. Awata, Y. Kawai, A. Tsuji, and Y. Yoshida, Tetrahederon Asymmetry, 19, 2367, 2373,   2008年11月
  • Asymmetric synthesis of versatile monoepoxyzerumbone and monoepoxyzerumbol, T. Kitayama, M. Awata, Y. Kawai, A. Tsuji, and Y. Yoshida, Tetrahederon Asymmetry, 19, 2367, 2373,   2008年
  • Synthesis of a Novel inhibitor against MRSA and VRE: Preparation from Zerumbone Ring Opening Material showing Histidine-Kinase Inhibition, T. Kitayama, R. Iwabuchi, S. Minagawa, S. Sawada, R. Okumura, K. Hoshino, J. Cappiello and R. Utsumi, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 17, 1098, 1101,   2007年
  • Antifeedants in tropical Asian species, resak, against a subterranean termite, Reticulitermes speratus (Kolbe), Hiromi Fukumoto, Masanori Morimoto, Yusuke Fukuda, Takashi Kitayama and Koichiro Komai, Memoirs of the Faculty of Agriculture of Kinki University, 40, 31, 38,   2007年
  • Seasonal Variation of Zerumbone Contents in Zingiber zerumbet Smith, T. Kitayama, T. Komori, T. Nakayama, The Japanese Journal of Pharmacognosy, 61, 2, 86, 88,   2007年
  • Asymmetric synthesis of triepoxyzerumbol, T. Kitayama, Y. Yoshida, J. Furukawa, Y. Kawai and S. Sawada, Tetrahederon Asymmetry, 18, 1676, 1681,   2007年
  • Elucidation of the Sharpless epoxidation of zerumbol, T. Kitayama, A. Furuya, C. Moriyama, T. Masuda, S. Fushimi, H. Kubo, Y. Kawai and S. Sawada, Tetrahederon Asymmetry, 17, 2311, 2316,   2006年
  • Remarkable synthesis and structure of allene-type zerumbone, T. Kitayama, T. Masuda, K. Sakai, C. Imada, Y. Yonekura, Y. Kawai, Tetrahedron, 62, 10859, 10864,   2006年
  • Targeting protein homodimerization: A novel drug discovery system, FEBS Letters, 2065-2070,   2005年
  • The Properties of wood flour / Thermoplastic polymer composites of a high wood content, M. Takatani, A. Ikeyama, Y. Nagata, T. Kitayama, and T. Okamoto, Nihonsettyakugakkaishi, 41, 8, 301, 305,   2005年
  • P-Glycoprotein mediates resistance to histidine kinase inhibitors, Mol. Pharmacol, 66, 460-467,   2004年
  • Inhibitory actions of several natural products on proliferation of rat cascular smooth muscle cells induced by Hsp60 from Chlamydia pneumoniae J138, J. Agric. And Food Chem, 52(20), 6326-6329,   2004年
  • Unprecedented Olefin-Dependent Histidine-Kinase Inhibitory of Zerumbone Ring Opening Material, Bioorg. & Med. Chem. Lett, 14(23), 5943-5946,   2004年
  • Chemistry of zerumbone. V. Structural Transformation of the Dimethylamine Derivatives, Tetrahedron, 59(26), 4857-4866,   2003年
  • Identification and characterization of an inhibitor of eukaryotic elongation factor 2 kinase aginst human cancer cell lines, Cancer Research, 63(20), 6894-6899,   2003年
  • ゼルンボンの化学5.ジメチルアミン誘導体の構造変換, 北山 隆, 岡本 忠, 森田 全律, 沢田誠二, Valery V. Fokin, Richard K. Hill, 河合靖, 山本行男, Tetrahedron, 59, 4857, 4866,   2003年
    概要:再生可能資源として注目されるハナショウガは、精油成分中の80%がゼルンボンという物質で占められている。ゼルンボンのジメチルアミン誘導体が、渡環反応によって有用物質であるasteriscan骨格へ変換されるだけでなく、環のもつ立体不安定要因解消のためにRetro.Mannich反応によって開環反応し新規ケトアルデヒドが形成され、環境材料の一つとしての有用性が証明された。(英文)
  • Effects of adhesives on urea formaldehyde adhesives, Nihonsettyakugakkaishi, 38(2), 46-49,   2002年
  • Wood fragrance made from a wild ginger, AROMA RESEARCH, 3(1), 34-39,   2002年
  • The chemistry of zerumbone IV. Asymmetric Synthesis of Zerumbol, J. Mol. Cat. B: Enzymatic, 17, 75-79,   2002年
  • Effects of additive on urea formaldehyde adhesices, J. Adhes. Soc. Jpn, 38(2), 46-49,   2002年
  • ゼルンボン化学 3. ダブル Sharpless 反応による 5 点不斉制御, 北山 隆, 高谷政広, 岡本 忠, 河合靖, Richard K. Hill, 沢田誠二, Tetrahedron Asymmetry, 12, 20, 2805, 2810,   2001年10月
    概要:ハナショウガ主成分のゼルンボン化学パート 3。 還元体のゼルンボールはジアリルメタノール骨格を有するが、 これを Sharpless 不斉エポキシ酸化すると、 ビスエポキシ体がジアステレオ選択的にオールエリスロ体が、 かつエナンチオ選択的に得られ、 一括 5 点不斉制御に成功した。 これは、 一般的にみられる Sharp less 反応の選択性とは異なる反応性を示した。
  • ゼルンボン化学 2. ゼルンボン誘導体の環解裂の制御とその誘導体のユニークな抗菌活性, 北山 隆, 山本 兼由, 高谷政広, 内海 龍太郎, 岡本 忠, 河合靖, Richard K. Hill, 沢田誠二, Biosci. Biotechnol. Biochem., 65, 10, 2193, 2199,   2001年10月
    概要:ハナショウガ主成分のゼルンボン化学パート 2。 ゼルンボンの 2、 3 位臭素付加体にアルカリ性水産基を作用させると、 1、 2位が選択的に解裂した臭素化トリオレフィン酸を生成した。 また、 この化合物はヒスチジンキナーゼの自己リン酸化を阻害し、 グラム陽性菌に選択的な生育阻害作用を示した。
  • Sugar-Pendant Diamines, J. Org. Chem, 66, 3783-3789,   2001年
  • Antibacterial agents that inhibits protein kinase YycG of Bacillus subtilis, Biosci. Biotechnol. Biochem, 65(10), 2306-2309,   2001年
  • Chemistry of zerumbone. II. Regulation of ring bond cleavage and unique antibacterial activities of zerumbone derivatives, Biosci. Biotechnol. Biochem, 65(10), 2193-2199,   2001年
  • Unprecedented sugar-dependent in vivo antitumor activity of carbohydrate-pendant cis-diamminedichloroplatinum(II) complexes, Bioorg. & Med. Chem. Lett, 11, 3045-3047,   2001年
  • The chemistry of zerumbone Part 3. Stereospecific creation of five stereogenic centers by double Sharpless Reaction, Tetrahedron Asymmetry, 12(20), 2805-2810,   2001年
  • ペンダント型糖ジアミン, 三方裕司, 北山 隆, ?谷 政広, 岡本 忠, 矢野重信 他, J. Org. Chem., 66, 3783, 3789,   2001年
    概要:シスプラチンの配位子として糖にペンダント型で結合した種々のジアミン誘導体を合成した。 アジド中間体生成時に結晶性が最も良好となるため、 単結晶 X 線構造解析による絶対配置の決定を行った。 (英文)
  • 枯草菌のヒスチジンキナーゼ YycG を阻害剤の開発研究, 内海 龍太郎, 山本 兼由, 北山 隆, 岡本 忠, Biosci. Biotechnol. Biochem., 65, 10, 2306, 2310,   2001年
    概要:枯草菌の増殖に必須な情報伝達系である YycG YycF の遺伝子をクローニングし、 大腸菌において、 大量発現させ、 精製し、 in vitro 系を作製することに成功した。 さらにこれらの系を用い、 グラム陽性薬剤耐性菌に有効に作用する薬剤が単離sれた。
  • Effect of lignocellulosic materials on the properties of thermoplastic polymer/wood composites, Holzforschung, 54(2), 197-200,   2000年
  • Effect of adding steam exploded wood flour to thermoplastic polymer/wood composite, J. Wood Science, 46, 210-214,   2000年
  • Identification and characterization of a potent antibacterial agent, NH125 against drug-resistant bacteria, Biosci. Biotechnol. Biochem, 64(4), 919-923,   2000年
  • Isolation of hemicellulose from a sorghum, Andropogon sorghum Brot, Kumadake No. 263, and determination of its constituent sugars, Carbohydrate Res, 325, 230-232,   2000年
  • Effects of additives on the properties of composite boards prepared from steam-exploded beech, Nihonsettyakugakkaishi, 36(6), 225-230,   2000年
  • The effect of steam-exploded wood flour on wood-plastic composite properties, The Fifth International Conference on Woodfiber-Plastic Composites, 57-66,   1999年
  • Effects of factors of board preparation on dimensional stability of particleboards, Zairyo, 48(3), 251-255,   1999年
  • Chemistry of zerumbone I. Simplified isolation, conjugate addition reactions, and a unique ring contracting transannular reaction of its dibromide, J. Org. Chem, 64(8), 2667-2672,   1999年
  • Dimensional stability of chemically treated particleboard, Nihonsettyakugakkaishi, 35(12), 570-574,   1999年
  • Study on the structure and bonding strength of phenolic resol resins, J. Network Polymer, Japan, 20(4), 15-24,   1999年
  • Asymmetric syntheses of nitroalkanols using Pseudomonas sp. lipase: A proposal for the selection of the solvent system of lipase-catalysed transesterification, J. Mol. Cat. B: Enzymatic, 7, 291-297,   1999年
  • Performance of phenol-formaldehyde based wood adhesives containing steam exploded beech flour, Holzforschung, 52(6), 651-653,   1998年
  • Microbial asymmetric syntheses of 3-Alkylphthalide derivatives, Tetrahedron Asymmetry, 8(22), 3765-3774,   1997年
  • Asymmetric syntheses of pheromones for Bactrocera nigrotibialis, Andrena wilkella, and Andrena haemorrhoa F from a chiral nitro alcohol, Tetrahedron, 52(17), 6139-6148,   1996年
  • ラット摘出大動脈リング標本に対するNY-008の血管弛緩作用, 日本薬理学会誌, 105, 5, 381,   1995年
  • Effect of solvent structure on enantioselectivity of lipase-catalyzed transesterification, Tetrahedron Lett, 32(37), 4941-4944,   1991年
  • Stereochemical control in microbial reduction. 12. (S)-4-Nitro-2-butanol as a source to synthesize natural products, Bull. Chem. Soc. Jpn, 63(1), 91-96,   1990年
  • Stereoselective preparation of (R)-4-nitro-2-butanol and (R)-5-nitro-2-pentanol mediated by a lipase, Agric. Biol. Chem, 54(6), 1569-1570,   1990年
  • Asymmetric synthesis of a pheromone for Andrena haemorrhoa F from a chiral nitro alcohol obtained by the yeast reduction of a nitro ketone, Tetrahedron, 46(21), 7471-7481,   1990年
  • Asymmetric reduction of ketones with microbes, Bull. Int. Chem. Res. Kyoto Univ, 67(3), 157-168,   1989年

書籍等出版物

  • Future Directions in Biocatalysis 2nd edition, 北山 隆, 分担執筆, Synthesis of valuable optically active compounds from versatile natural products using biocatalyst examples of natural materials related diversity oriented synthesis, Elsevier,   2017年09月
  • テルペン利用の新展開, 北山 隆, 分担執筆, 基礎編 第5章 テルペン類の合成について pp.47-58,   2016年08月
  • 機能性植物が秘めるビジネスチャンス, 北山 隆, 分担執筆, pp.207-215 医薬品への応用。植物高含有天然物を用いた医薬品・機能性分子開発の取り組み, 株式会社 情報機構,   2016年03月
  • クリックケミストリー ―基礎から実用まで― , 北山 隆, 分担執筆, コラム1、コラム2 pp.17、pp.80, 株式会社シーエムシー出版,   2014年08月
  • 有機スペクトル解析, 分担執筆, 第2部, 丸善出版株式会社,   2014年01月
  • 創薬支援研究の展望:Highlight in Medicinal and Process Research, 分担執筆, 第6章 pp.58-67, 株式会社シーエムシー出版,   2008年02月
  • 生薬単および改訂版, 原島 広至, 監修, 株式会社エヌ・ティー・エス,   2007年11月, 978-4-86043-179-2035

講演・口頭発表等

  • 11員環セスキテルペン・ゼルンボンの多様な反応性を利用した渡環反応制御による新規骨格形成, 宇高芳美,福島美幸,高橋一生,河合靖,北山隆, 第59回天然有機化合物討論会,   2017年09月
    概要:Zerumboneの多様な反応性を利用した渡環反応制御による新規骨格形成について検討し、詳細な反応経路を考察した。
  • 共役系保存型ゼルンボン誘導体の合成とヒト白血病T細胞増殖抑制剤の開発, 藤原裕子,宇高芳美,伊藤智広,北山隆, 第61回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2017年09月
    概要:共役系保存型脂肪酸結合ゼルンボン誘導体を用いたヒト白血病T細胞株Jurkat細胞増殖抑制剤の開発について検討。
  • 香気成分・Zerumbone類縁体のBaeyer-Villiger酸化, 芦田久美子,北山隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:香気成分・Zerumbone類縁体のBaeyer-Villiger酸化について検討。
  • 共役系保存型zerumbone誘導体を用いたヒト白血病T細胞株Jurkat細胞増殖抑制剤の開発, 宇高芳美,藤原裕子,伊藤智広,北山隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:共役系保存型zerumbone誘導体を用いたヒト白血病T細胞株Jurkat細胞増殖抑制剤の開発について検討。
  • ハモ骨抽出物に含まれるヒト白血病T細胞株Jurkat細胞増殖抑制物質の探索, 宮村知弥,祝大知,宇高芳美,住慶太朗,伊藤智広,北山隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:ハモ骨抽出物に含まれるヒト白血病T細胞株Jurkat細胞増殖抑制物質について探索。
  • 藍藻によるラズベリーケトンの不斉還元, 山中理央,小西徹,村上まり,北山 隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:藍藻によるラズベリーケトンの立体選択的還元反応に成功した。
  • リパーゼ触媒を用いた酸化型光学活性zerumboneの立体選択的合成, 川村彩夏,宇高芳美,北山隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:リパーゼ触媒を用いた酸化型光学活性zerumboneの立体選択的合成を検討。
  • 新規アレン型zerumboneの合成と多様な反応性検討, 北村優斗,巽大明,亀尾昌樹,宇高芳美,北山隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:新規アレン型zerumboneの合成と多様な反応性について検討。
  • Valerena-4,7(11)-dieneおよびその類縁体の合成検討, 谷藤翔治,金成優,種田圭悟,伊豆友香子,白井貴士,妻形博紀,宇高芳美,北山隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:Valerena-4,7(11)-dieneおよびその類縁体の効率的合成について検討。
  • Zerumboneの多様な反応性を利用した渡環反応制御による新規骨格形成, 宇高芳美,福島美幸,高橋一生,河合靖,北山隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:Zerumboneの多様な反応性を利用した渡環反応制御による新規骨格形成について検討した。
  • 二成分制御系阻害剤・ハロトリエン酸の合成検討, 金成優,北山 隆, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
    概要:二成分制御系阻害剤・ハロトリエン酸の合成を検討した。
  • 藍藻によるラズベリーケトンの不斉還元, 山中理央,小西徹,村上まり,吉田隆寛,小泉あや,中村 薫,北山 隆, 第18回生体触媒化学シンポジウム,   2016年12月
    概要:藍藻によるラズベリーケトンの立体選択的還元反応に成功した。
  • ゼルンボン誘導体の抗菌活性, 河合靖・豊田安貴・岩井彩乃・梶原すみれ・北山隆, 第60回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2016年10月
    概要:ゼルンボン誘導体の抗菌活性を評価した。
  • 11員環セスキテルペン・ゼルンボンの反応性を利用した渡環反応制御による新規骨格形成, 宇高芳美・福島美幸・河合靖・北山隆, 第60回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2016年10月
    概要:11員環セスキテルペン・ゼルンボンの反応性を利用し渡環反応制御による新規骨格形成反応を明らかとした。
  • ゼルンボン誘導体の基礎反応解析(3, 西川 敦也・山本 智恵子・都築 輝孝・北山 隆, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月
    概要:ゼルンボンを酸処理して得られる中間体の構造を明らかとした。
  • バレレン酸および光学活性類縁体の合成研究, 谷藤翔治・金成優・伊豆 友香子・白井 貴士・妻形 博紀・北山 隆, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月
    概要:光学活性バレレン酸合成を達成し、さらに改良法についても検討。
  • 多置換型環状ケトンのBaeyer-Villiger酸化 (2), 芦田久美子・二木美紅・菅彩香・山本智恵子・北山隆, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月
    概要:無溶媒下でのBaeyer-Villiger酸化の詳細な検討を行った。
  • ゼルンボン臭化物の多様な渡環反応制御, 宇高芳美・福島美幸・高橋一生・井福壮・河合靖・北山隆, 日本化学会第96春季年会,   2016年03月
    概要:ゼルンボン臭化物の反応性検討を詳細に行ったところ、数種の新規骨格変換反応制御に成功した。
  • Synthetic study of optically active valerenic acid analogues for development of sedative active compounds,   2015年12月
    概要:Valerena-4,7(11)-dieneの合成中間体の効率的合成法について検討した
  • Fundamental reaction activity of zerumbone with conjugated system in the eleven-membered ring structure for development of biologically active compounds,   2015年12月
    概要:ゼルンボン誘導体の基礎反応解析により、異性体(誘導体)の関与が明らかとなり、構造決定した。
  • Synthesis of novel allene-zerumbone derivatives with twelve membered ring,   2015年12月
    概要:新規転位型光学活性アレンゼルンボンの効率的合成を達成した
  • Novel synthesis of zerumbone-pendant derivatives for development of biologically active compounds,   2015年12月
    概要:ゼルンボンの主要な共役系骨格を保持した誘導化方法を開発
  • Lipase-catalyzed stereoselective transesterification of 2-methylcycloalkanols,   2015年12月
    概要:11、12員環の2-メチルシクロアルカノールの立体選択性を明らかとした
  • バレレン酸および類縁体の合成研究, 谷藤翔治・金成優・伊豆友香子・白井貴士・妻形博紀・北山隆, 第59回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2015年09月
    概要:Valerena-4,7(11)-dieneの合成研究
  • リパーゼを用いた環状アルコールの立体選択的エステル化, 芦田久美子・山本智恵子・平岩和紗・斉藤あゆみ・太田佐昌・宇高芳美・北山隆, 第59回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2015年09月
    概要:12員環の2-メチルシクロアルカノールの立体選択性を明らかとした。
  • Favorskii転位を経由するゼルンボンの反応に関する量子化学的研究, 土田 敦子,福島 美幸,宇高 芳美,北山 隆, 第9回分子科学討論会,   2015年09月
    概要:Favorskii転位を経由するゼルンボンの反応について、量子化学的研究により反応経路を予測した。
  • 多置換型環状ケトンのBaeyer-Villiger酸化, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月28日
  • 光学活性Valerenic acidおよびその類縁体の合成研究, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月
  • Favorskii転位を経由するゼルンボン臭化物の縮環反応, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月
  • リパーゼを用いた2−メチルシクロアルカノールの立体選択性, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月
  • ゼルンボン臭化物の多様な反応性, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月
  • ゼルンボン誘導体の基礎反応解析(2), 日本化学会第95春季年会,   2015年03月
  • 新規転位型アレンゼルンボンの効率的合成, 日本化学会第95春季年会,   2015年03月
  • 植物高含有天然物(ゼルンボン)を用いた医薬品・機能性分子開発, 北山 隆, 近畿大学新技術説明会,   2015年01月, 招待有り
    概要:ゼルンボンの多様な反応による新規骨格の構築と医薬・素材応用の可能性について説明
  • Lipase-catalyzed stereoselective transesterification of 2-methylcycloalkanols, Active Enzyme Molecule 2014,   2014年12月
  • Fusarium sp.NBRC109816による環状ケトンのBaeyer-Villiger酸化反応の開発, 日本農芸化学会関東支部 2014 年度支部大会,   2014年10月
  • ゼルンボンの渡環反応:Favorskii転位を主反応とする新規骨格形成, 第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2014年09月
  • 光学活性Valerenic acidおよびその類縁体の合成研究, 第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2014年09月
  • 反応多様な天然物から学んだ化学, 第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2014年09月, 招待有り
    概要:ゼルンボンの多様な反応による新規骨格の構築と医薬・素材応用の可能性
  • 分子標的抗癌医薬に向けた生理活性化合物の探索と構造活性相関, 分子標的創薬・細胞医療基盤技術研究セミナー,   2014年07月, 招待有り
    概要:ゼルンボンの多様な反応による新規骨格の構築と分子標的創薬の可能性
  • 「クリックケミストリーとは」, フォトポリマー懇話会第204回例会,   2014年06月, 招待有り
    概要:クリックケミストリーの基礎を解説
  • Valerena-4,7(11)-dieneの不斉全合成研究, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • 環状α,β-不飽和ケトンを用いた二環式化合物の立体選択的合成検討:Danheiser環形成反応, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • リパーゼを用いた中員環2−メチルシクロアルカノールの立体選択性, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • 光学活性Valerenic acid類縁体の合成研究, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • 付加環化反応をスペーサー導入に用いた糖鎖合成, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • Fusarium sp.による新規Baeyer-Villiger酸化反応の開発, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • ゼルンボンの基礎反応解析, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • 中員環骨格をもつアレンゼルンボンの反応性検討, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • Favorskii転位を経由するゼルンボンの縮環反応, 日本化学会第94春季年会,   2014年03月
  • Fundamental reaction activity of zerumbone with conjugated system in the eleven-membered ring structure, 14th Tetrahedron Symposium,   2013年10月
  • Synthesis of enantiomerically pure allene-zerumbone with twelve membered ring, 14th Tetrahedron Symposium,   2013年10月
  • Synthetic study of zerumbone derivatives using Favorskii rearrangement, 14th Tetrahedron Symposium,   2013年10月
  • Synthetic study of enantiomerically pure valerena-4,7(11)-diene with potent sedative activity and its antipode, 14th Tetrahedron Symposium,   2013年10月
  • Valerena-4,7(11)-dieneの合成研究, 第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2013年10月
  • Pseudomonas aeruginosa-Staphylococcus aureus 共培養により明らかとなったquorum sensing 阻害物質の同定と阻害効果, 2012年度農芸化学会大会,   2013年03月
  • Valerena-4,7(11)-dieneの全合成研究, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • Fusarium sp.による新規Baeyer-Villiger酸化反応の開発, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • リパーゼ触媒による中員環2−メチルシクロアルカノールの立体選択性, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • リパーゼ触媒を用いた光学活性zingerolおよびその類縁体合成, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • 鎮静活性をもつValerena-4,7(11)-dieneの合成研究(1), 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • 付加環化反応をスペーサー導入に用いた糖誘導体の合成, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • ゼルンボンの縮環反応:Favorskii転位, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • ゼルンボンが示す多様な渡環反応, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • 中員環骨格をもつ光学活性アレンの合成, 日本化学会第93春季年会,   2013年03月
  • 天然物が示す多様な反応性:ゼルンボンの渡環反応による新規骨格の構築, 日本油化学会フレッシュマンサミットOSAKA2012,   2012年11月
  • 光学活性中員環アレンの合成, 日本油化学会フレッシュマンサミットOSAKA2012,   2012年11月
  • Synthetic Study of Valerena-4,7(11)-diene with Potent Sedative Activity, 13th Tetrahedron Symposium,   2012年11月
  • First Asymmetric Synthesis of (R)_Zingerol by Lipase-Catalyzed Transesterification and Efficient Synthesis of Its Analogue, 13th Tetrahedron Symposium,   2012年11月
  • Fusarium sp.による新規バイヤービリガー酸化反応の開発(1)スクリーニング、培養条件、および反応条件の検討, 第16回生体触媒化学シンポジウム,   2012年11月
  • ゼルンボンの位置選択的ハロゲン化と新規多環式化合物への変換, 2012年度農芸化学会大会,   2012年03月
  • Valerena-4,7(11)-dieneの合成研究, 2012年度農芸化学会大会,   2012年03月
  • Staphylococcus aureusが産生するPseudononas aeruginosa クオラムセンシング制御物質の単離・同定, 2012年度農芸化学会大会,   2012年03月
  • Staphylococcus aureusの産生するPseudononas aeruginosa quorum sensing阻害物質の同定と阻害効果, 2012年度農芸化学会大会,   2012年03月
  • 香気性光学活性テトラヒドロゼルンボンの効率的合成, 2012年度農芸化学会大会,   2012年03月
  • 中員環骨格をもつ光学活性アレンゼルンボンの合成, 2012年度農芸化学会大会,   2012年03月
  • ジンゲロンおよびラズベリーケトン誘導体の合成とその生理活性, 2012年度農芸化学会大会,   2012年03月
  • セスキテルペン・ゼルンボンの多様な渡環反応による新規骨格の構築, 第55回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2011年11月
  • “みどりの香り”をもつ光学活性テトラヒドロゼルンボンの効率的合成, 日本油化学会フレッシュマンサミットOSAKA2011,   2011年11月
  • 異なる反応活性基をもつ糖のクリックケミストリー, 2011年度農芸化学会大会,   2011年03月
  • オミナエシ科植物由来鎮静活性成分とその誘導体合成, 2011年度農芸化学会大会,   2011年03月
  • Staphylococcus aureusの産生するPseudomonas aeruginosa Quorum sensing制御物質の単離・同定, 2011年度農芸化学会大会,   2011年03月
  • C-グリコシド型イソフラボン類縁体の合成とそれらの破骨細胞分化抑制(2), 2011年度農芸化学会大会,   2011年03月
  • 遠隔に不斉点を有する光学活性アレンゼルボールの合成, 2011年度農芸化学会大会,   2011年03月
  • 香気性光学活性テトラヒドロゼルンボンの効率的合成, 2011年度農芸化学会大会,   2011年03月
  • Staphylococcus aureusの産生するPseudomonas aeruginosa Quorum sensing阻害物質の同定と阻害効果, 2011年度農芸化学会大会,   2011年03月
  • Effective synthesis of versatile optically active zerumbone derivatives, 2011 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2010年12月
  • Highly sedative active compound, synthesis of valerena-4,7(11)-diene from valerenic acid and their derivatization for structure-activity relationship, 2011 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2010年12月
  • Remarkable synthesis of chiral epoxyzerumbone and its unique derivative via transannular reaction, 2011 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2010年12月
  • 甘松香由来鎮静活性成分の合成と評価, 2010年度日本農芸化学会関西支部大会(第466回講演会),   2010年10月
  • ハナショウガの主成分・ゼルンボンから誘導化した香気成分の正体は?, 2010年度日本農芸化学会関西支部大会(第466回講演会),   2010年10月
  • Pseudomonas aeruginosa のRND型排出ポンプMexMNを介したStaphylococcus aureus 増殖抑制機構の解明, 2010年度農芸化学会大会,   2010年03月
  • 有用酸化型光学活性ゼルンボン中間体の合成とその誘導化検討, 2010年度農芸化学会大会,   2010年03月
  • 香気性光学活性テトラヒドロゼルンボンの効率的合成, 2010年度農芸化学会大会,   2010年03月
  • アジド基とアルキン基含有糖誘導体の調製とクリックケミストリーを利用した連続付加環化反応への展開, 2010年度農芸化学会大会,   2010年03月
  • Valerena-4,7(11)-dieneの合成とその鎮静活性, 2010年度農芸化学会大会,   2010年03月
  • C-グリコシド型イソフラボン類縁体の合成とそれらの破骨細胞分化抑制, 2010年度農芸化学会大会,   2010年03月
  • クリックケミストリーと創薬−選択的反応と有機化合物の反応多様性−, 相模中央化学研究所 綾瀬市,   2010年01月, 招待有り
  • 植物が多くもつ天然成分を利用した医薬品や機能性素材の開発, はりま産学交流会 姫路市(姫路商工会議所),   2010年01月, 招待有り
    概要:ゼルンボンの多様な反応による新規骨格の構築と医薬・素材応用の可能性
  • 歪んだ構造をもつ酸化型ゼルンボンへの窒素導入と分子内渡環反応, 第53回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2009年11月
  • 微生物変換による光学活性ゼルンボン誘導体の合成, 第53回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2009年11月
  • 香気性ゼルンボン誘導体の合成, 第53回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2009年11月
  • Pseudomonas aeruginosa のRND型排出ポンプMexMNを介したStaphylococcus aureus 増殖抑制機構の解明, 日本細菌学会第62回関西支部総会,   2009年11月
  • Pseudomonas aeruginosa のRND型排出ポンプMexMNを介したStaphylococcus aureus 増殖抑制機構の解明, 日本細菌学会若手研究者育成のためのワークショップ〜若手コロセウム (III),   2009年10月
  • キチナーゼ阻害剤の合成研究, 2009年度農芸化学会大会,   2009年03月
  • キチナーゼ阻害剤開発の計算化学的考察, 2009年度農芸化学会大会,   2009年03月
  • 基本的な糖骨格がもつキチナーゼ阻害作用の検証, 2009年度農芸化学会大会,   2009年03月
  • 有用な光学活性一置換エポキシゼルンボンの不斉合成, 2009年度農芸化学会大会,   2009年03月
  • 12員環アレン型ゼルンボンの反応性検討, 2009年度農芸化学会大会,   2009年03月
  • トラウマチン類縁体の合成研究, 2009年度農芸化学会大会,   2009年03月
  • Thujic acidのベイスギからの単離と反応性検討, 2009年度農芸化学会大会,   2009年03月
  • 光学活性ゼルンボン香気誘導体の不斉合成研究, 2009年度農芸化学会大会,   2009年03月
  • 光学活性モノエポキシゼルンボンの合成, 第12回生体触媒シンポジウム,   2008年12月
  • クリックケミストリーと創薬−選択的反応と有機化合物の反応多様性−, (株)カネカ,   2008年09月, 招待有り
  • 反応多様な大量含有天然物の反応性とその誘導体の可能性, 第7回国際バイオEXPO,   2008年07月
  • カフェ酸誘導体の酵素合成, 2008年度農芸化学会大会,   2008年03月
  • ゼルンボンの反応性と生理活性に関する検討, 2008年度農芸化学会大会,   2008年03月
  • 生体触媒を用いた酸化型光学活性ゼルンボン誘導体の合成, 2008年度農芸化学会大会,   2008年03月
  • ツヤ酸の抽出と化学変換, 2008年度農芸化学会大会,   2008年03月
  • YycFの二量化を阻害する新規抗菌剤の開発と計算化学的考察, 2008年度農芸化学会大会,   2008年03月
  • 酸化型光学活性ゼルンボン誘導体の合成, 第11回生体触媒化学シンポジウム,   2008年01月
  • ゼルンボンの反応多様性に関する理論的考察, 第51回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2007年07月
  • 反応多様性セスキテルペン・ゼルンボンの多様なハロゲン化反応, 第51回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2007年07月
  • リパーゼを用いた酸化型ゼルンボン誘導体の光学分割, 2007年度農芸化学会大会,   2007年03月
  • YycF二量化阻害剤の誘導化と構造活性相関, 2007年度農芸化学会大会,   2007年03月
  • 増殖必須な転写因子YycFを標的とした細菌情報伝達阻害剤D897の作用機構, 2007年度農芸化学会大会,   2007年03月
  • ゼルンボンの反応性検討, 第二回ハナショウガ研究会,   2007年
  • バイオマス:低分子の活用とNMRDOS, 日本農芸化学会関西支部 第450回例会・ミニシンポジウム,   2007年
  • ベンズイミダゾール誘導体の合成と抗菌活性, 2006年度農芸化学会大会,   2006年
  • 多様な生理活性を標的とした共役二重結合保存型ゼルンボンの開発とその生理作用, 2006年度農芸化学会大会,   2006年
  • ゼルンボンの不斉エポキシ化反応2, 2006年度農芸化学会大会,   2006年
  • ゼルンボンのエポキシマトリックスの構築, 2006年度農芸化学会大会,   2006年
  • 細菌ゲノム創薬:タンパク質の2量体形成をターゲットとした薬剤開発研究, 第126年会日本薬学会,   2006年
  • 二成分制御系新規薬剤の開発:多剤耐性菌をターゲットとして, 第126年会日本薬学会,   2006年
  • ゼルンボンの反応性検討, 第一回ハナショウガ研究会,   2006年
  • 食品?医薬品?機能性材料?ハナショウガのパワーを探る, 日本油化学会関西支部第46回夏期セミナー,   2006年
  • 環状セスキテルペン「ゼルンボン」の渡環反応検討, 第50回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2006年
  • ゼルンボンの構造および反応性に関する理論的研究, 第50回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2006年
  • ハナショウガから産まれた化学。研究の発展は熱意次第?, 若手シンポジウム「21世紀農業を開拓する農芸化学を語る若手合宿」,   2006年
  • リパーゼを用いた酸化型光学活性ゼルンボン誘導体の合成, 第10回生体触媒化学シンポジウム,   2006年
  • Unprecedented olefin-dependent histidine-kinase inhibitory of zerumbone ring opening material, 229th ACS National meeting ,   2005年
  • アミノ酸型YycG-YycF系阻害剤の開発, 2005年度日本農芸化学会 ,   2005年
  • 非アンモニウム系TCS制御剤の開発, 2005年度日本農芸化学会 ,   2005年
  • 再生可能資源原料ゼルンボンの化学:多点不斉誘導体の開発, 2005年度日本農芸化学会 ,   2005年
  • 再生可能資源原料ゼルンボンの化学:位置選択的臭素化反応と孤立オレフィンの修飾, 2005年度日本農芸化学会 ,   2005年
  • 細菌ゲノム創薬:標的特異的薬剤開発のためのハイスループットスクリーニングシステム, 2005年度日本農芸化学会 ,   2005年
  • ゼルンボンの配座異性体と反応性に関する理論的研究, 第85日本化学会春季年会 ,   2005年
  • ハナショウガ主成分等を利用した高選択的反応の開発と有用生理活性物質合成に関する研究, 2005年度日本農芸化学会 ,   2005年
  • ヒスチジンキナーゼの選択的protein-protein interaction阻害剤の開発, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会(第441回講演会) ,   2005年
  • 増殖に必須な転写因子YycFを標的とした新規抗菌剤の開発, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会(第441回講演会) ,   2005年
  • ゼルンボンの二重共役系保持型位置選択的臭素化反応と応用, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会(第441回講演会) ,   2005年
  • Sharpless反応を利用したゼルンボンの不斉誘導化検討, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会(第441回講演会) ,   2005年
  • 多様なゼルンボンの立体選択的酸化反応, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会(第441回講演会) ,   2005年
  • ゼルンボンの反応多様性を利用した位置および立体選択的酸化還元反応と渡環反応検討, 第49回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会 ,   2005年
  • 位置特異的臭素化反応を利用した二重共役結合保持型ゼルンボンの合成と反応性検討, 第49回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会 ,   2005年
  • ゼルンボンの不斉エポキシ化反応検討, 第49回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会 ,   2005年
  • ラオス産植物抽出物に含まれる昆虫摂食阻害活性物質, 日本環境動物昆虫学会第17回年次大会 ,   2005年
  • Targeting two-component system: discovery of novel drugs, The GlaxoSmithKline Symposium 2005 ,   2005年
  • Remarkable synthesis and structure of allene-type zerumbone as a powerful substrate of novel polycyclic compounds, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2005年
  • 再生可能資源原料「ゼルンボン」の渡環反応の基礎検討と応用, 2004年度日本農芸化学会,   2004年
  • 抗多剤耐性菌薬剤の開発―TCS阻害型イミダゾール誘導体の構造活性相関, 2004年度日本農芸化学会 ,   2004年
  • 抗多剤耐性菌薬剤の開発―TCS阻害型ゼルンボン誘導体の構造活性相関, 2004年度日本農芸化学会 ,   2004年
  • 増殖必須YycGヒスチジンキナーゼ阻害剤の選択的単離方法, 2004年度日本農芸化学会 ,   2004年
  • アセトアセチル化セルロースの応用検討, セルロース学会第11回年次大会 ,   2004年
  • 次世代型TCS阻害剤の開発, 第33回薬剤耐性菌シンポジウム ,   2004年
  • 細菌ゲノム創薬:標的特異的薬剤開発のためのハイスループットスクリーニングシステム, 第33回薬剤耐性菌シンポジウム ,   2004年
  • アセトアセチルセルロースの合成とDS測定, 第54回日本木材学会大会 ,   2004年
  • 再生可能資源原料・ゼルンボンの不斉酸化反応と立体選択性, 第48回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会 ,   2004年
  • 脂肪族縮合系接着剤の開発:アミノ系架橋剤とアセトアセチル化度の影響, ?谷 政広, 森敦, 北山 隆, 岡本 忠, 日本接着学会第41回年次大会(吹田),   2003年06月, 日本接着学会第41回年次大会(吹田)
    概要:異なる置換基量をもつアセトアセチル化ポリビニルアルコールの水溶液を接着剤とし、アミノ化合物を架橋剤として二液別型(ハネムーン型)接着剤を調製し、アセトアセチル置換量と架橋剤の化学構造が接着界面における反応性と接着性能へ及ぼす影響を検討した。
  • 脂肪族縮合系接着剤の開発:タンパク質系硬化剤, ?谷 政広, 森敦, 大澤真弓, 森田政明, 森田孝一, 北山 隆, 岡本 忠, 日本接着学会第41回年次大会(吹田),   2003年06月, 日本接着学会第41回年次大会(吹田)
    概要:アクリル系エマルジョンの高性能化を目指し、架橋反応性をもつ保護コロイドとしてアセトアセチル化ポリビニルアルコールを用いたアクリルエマルジョンに、ジアミン及びバイオマスの有効利用の面からタンパク質を原料とした架橋剤を用いて接着性能を評価した。
  • 高含有量木材 プラスチック複合体の特性:繰り返し成形の影響, ?谷 政広, 池宮あゆみ, 永田陽子, 古川理恵, 生藤陵, 北山 隆, 岡本 忠, 7th International Conference on Woodfiber.Plastic Composites(Forest Products Society)(米国),   2003年05月, 7th International Conference on Woodfiber.Plastic Composites(Forest Products Society)(米国)
    概要:木粉、爆砕木粉、プラスチック、および相溶化剤の混合物から押し出し成形法と熱圧縮成形法で複合体を製造し物性を評価した。爆砕木粉の添加は耐水性に優れ、ポリスチレンは良好な物性を与え物性試験後の試験片を原料として再度用いても良好であった。
  • 高含有量木材 プラスチック複合体の性質に及ぼす爆砕木粉の影響, ?谷 政広, 生藤陵, 古川理恵, 永田陽子, 北山 隆, 岡本 忠, 7th International Conference on Woodfiber.Plastic Composites(Forest Products Society)(米国),   2003年05月, 7th International Conference on Woodfiber.Plastic Composites(Forest Products Society)(米国)
    概要:木材 プラスチック複合体を押出成形法で製造し、爆砕木粉の添加による効果を調べた。爆砕木粉の添加は、強度と耐水性を向上させたが、少量の添加では効果が低かった。プラスチックに生分解性樹脂を用いた場合、耐水性が悪くなった。
  • シャペロニンのラット動脈平滑筋細胞増殖活性に対する阻害物質の探索, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松田 一彦, 駒井 功一郎, 北山 隆, 杉本武郎, 古賀元樹, 奥田博史, 福岡勘介, 日本農芸化学会2003年度大会(東京),   2003年04月, 日本農芸化学会2003年度大会(東京)
    概要:天然物から単離した数十種類の化合物について、ラット動脈平滑筋細胞におけるシャペロニン阻害活性試験を行った結果、ある種の環状化合物およびフェノール性化合物に高い阻害活性が認められた。
  • 木質プラスチック複合体の製造, ?谷 政広, 生藤陵, 永田陽子, 古川理恵, 北山 隆, 岡本 忠, 第53回日本木材学会大会(福岡),   2003年03月, 第53回日本木材学会大会(福岡)
    概要:未利用及び廃棄木質資源をリサイクル資源として用い、高含有量の木材からなる複合体の開発を目的とし、押出成形法で複合体を製造した。添加剤としての爆砕木粉が成形体物性に及ぼす効果と熱可塑性ポリマーとして生分解性樹脂を用いた成形体について調べた。
  • ポリ乳酸エマルジョンを用いたPBの試作, ?谷 政広, 武田直史, 岡本 忠, 北山 隆, 第53回日本木材学会大会(福岡),   2003年03月, 第53回日本木材学会大会(福岡)
    概要:トウモロコシを主原料とした生物資源プラスチックであるポリ乳酸のエマルジョンをPBの接着剤として使用し、環境適応性に優れ、また実用に耐える物性のPBを試作した。製造条件の検討を行なうと共にUF接着剤を比較に用いて性能を評価した。
  • 木質プラスチック複合体の製造, セルロース学会第10回年次大会 ,   2003年
  • NMMO/DMSO系におけるセルロース誘導体の合成, セルロース学会第10回年次大会,   2003年
  • グリーンサイクル型化学の開発の試み:ゼルンボンの渡環反応と環解裂反応, 第47回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会 ,   2003年
  • 木材/熱可塑性ポリマー複合体に及ぼす爆砕木粉の影響, ?谷 政広, 生藤陵, 永田陽子, 池宮あゆみ, 北山 隆, 岡本 忠, 1st International Cellulose Conference, The Cellulose Society of Japan(京都),   2002年11月, 1st International Cellulose Conference, The Cellulose Society of Japan(京都)
    概要:木粉、爆砕木粉、ポリプロピレン、相溶化剤の各種混合物を用いて押し出し成型法により複合板を製造し、ボードの物性評価を行なった。爆砕木粉の添加により耐水性(吸水性、厚さ膨潤性)が改善された。
  • Addition reaction of rosin with vinyl monomer, 岡本 忠, 橘明宏, 中西群, ?谷 政広, 北山 隆, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 国際精油シンポジウム(ISEO)合同大会(徳島),   2002年10月, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 国際精油シンポジウム(ISEO)合同大会(徳島)
    概要:ロジンにビニルモノマーを熱付加させる反応について検討した。一般に、環化付加が進むとされるが、現実には共役付加と還化付加が競争し、高温またはルイス酸触媒は環化付加を、また塩基触媒は共役付加を優先させることを見出した。
  • The chemistry of zerumbone?Intramolecular cyclization of the basic Ketone and alcohol derivatives, 岡本 忠, 北山 隆, 玉井康雄, 梶谷圭子, ?谷 政広, 河合靖, 沢田誠二, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 国際精油シンポジウム(ISEO)合同大会(徳島),   2002年10月, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 国際精油シンポジウム(ISEO)合同大会(徳島)
    概要:ゼルンボンおよびその誘導体の渡環反応について検討し、酸性条件下における反応形式を明かにするとともに6+7縮合環をもつ新しいタイプの渡環生成物を得た。
  • フェノールホルムアルデヒド樹脂におけるメチロール化およびメチレン化の機構解明, ?谷 政広, 比良野真実, 西尾直記, 北山 隆, 岡本 忠, 第52回ネットワークポリマー講演討論会(吹田),   2002年10月, 第52回ネットワークポリマー講演討論会(吹田)
    概要:フェノール樹脂合成時の反応機構解明のため、メチロール化ではフェノール(P)、2及び4ヒドロキシメチロールフェノール(2HMP、4HMP)を過剰のホルムアルデヒドを用い、メチレン化では2HMP、4HMPを過剰のPを用いる擬一次条件で、その反応性を比較した。
  • ゼルンボンの化学    Cul存在下の金属ヒドリドによる共役還元   , 北山 隆, 岡本 忠, 森田 全律, 河合靖, 沢田誠二, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部) (京都),   2002年10月, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部) (京都)
    概要:11員環セスキテルペンであるゼルンボンの還元反応について検討した。その結果、水素化ホウ素ナトリウムを用いた還元反応にヨウ化銅を共存させると、二重マイケル付加型反応が進行することが分かった。
  • ゼルンボンの化学    アミン付加物の分子内環化反応   , 北山 隆, 岡本 忠, 森田 全律, 河合靖, 沢田誠二, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部) (京都),   2002年10月, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部) (京都)
    概要:ゼルンボンのアミン付加体はアミンの構造によって置換数が異なることが分かった。モノ置換体を位置選択的に合成し、続いて金属触媒を用いると分子内環化反応することが分かった。
  • ゼルンボンの化学    分子内環化反応の基礎検討   , 北山 隆, ?谷 政広, 岡本 忠, 河合靖, 沢田誠二, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部) (京都),   2002年10月, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部) (京都)
    概要:11員環ゼルンボンの渡環反応が明らかとなってきた。渡環反応を制御することによって、合成困難な多環式天然物の合成が可能となる。そこで渡環反応の規則性を解明するために、より単純化した化合物へ予め変換し、種々の反応条件で渡環反応について検討した。
  • The Chemistry of zerumbone   Conjugate reduction with metalhydride in the presence of Cul   , 北山 隆, 河合靖, 沢田誠二, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会・国際精油シンポジウム合同大会(徳島),   2002年10月, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会・国際精油シンポジウム合同大会(徳島)
    概要:ゼルンボンの共役二重結合の還元性について検討した。水素化ホウ素ナトリウム単独では1,2還元が主に進行するが、この還元反応にヨウ化銅を共存させると、二重マイケル付加型反応が進行することが分かった。
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略:情報伝達阻害, 内海 龍太郎, 山本 兼由, 北山 隆, 岡本 忠, 第 75 回日本細菌学会 (シンポジウム) (横浜),   2002年03月, 第 75 回日本細菌学会 (シンポジウム) (横浜)
    概要:種々の合成化合物や天然物より枯草菌の YYCG YYCF 情報伝達阻害系を阻害する分子をスクリーニングして、 それらの構造が決定された。 また、 それらの種々の多剤耐性菌にも有効に作用した。
  • ゼルンボンの化学 -アミン誘導体の骨格変換について-, 2002年度日本農芸化学会大会,   2002年
  • イソシアネート樹脂/ユリア樹脂混合接着剤によるパーティクルボードの製造, 第52回日本木材学会大会,   2002年
  • ゼルンボンの化学―リパーゼを用いた光学活性ゼルンボールの動力学的光学分割―, 2002年度日本農芸化学会大会,   2002年
  • レゾール型フェノール樹脂の合成と反応性の解析, 第52回日本木材学会大会,   2002年
  • 合板の添加物効果, 第52回日本木材学会大会,   2002年
  • NMMO/DMSO系におけるセルロースの溶解性, 第52回日本木材学会大会,   2002年
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略:細菌性情報伝達阻害剤の合成−イミダゾール誘導体(2)―, 2002年度日本農芸化学会大会,   2002年
  • The properties of woodflour /thermoplastic polymer composites with a high wood content: the effect of repeated molding, Proceedings of 4th International Wood and Natural Fibre Composites Symposium, Kassel /Germany,   2002年
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略:細菌性情報伝達阻害剤の合成−ゼルンボン誘導体(2)―, 2002年度日本農芸化学会大会 ,   2002年
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略:細菌性情報伝達阻害剤の合成−ゼルンボン誘導体(3)―, 2002年度日本農芸化学会大会,   2002年
  • ゼルンボンの化学, 第29回有機反応懇談会,   2002年
  • ゼルンボンの化学−森の香りのする誘導体−, 2002年度日本農芸化学会大会,   2002年
  • 木質/プラスチック複合体の試作, 第52回日本木材学会大会 ,   2002年
  • ロジンとビニルモノマーとの付加反応, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部),   2002年
  • ゼルンボンの化学―抗感染症薬開発:ヒスチジンキナーゼ阻害剤の合成―, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部),   2002年
  • 非ホルムアルデヒド系脂肪族常温硬化型接着剤開発の基礎研究, 第52回日本木材学会大会 ,   2002年
  • ゼルンボンの化学 −アミン付加物の分子内環化反応−, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部),   2002年
  • The Chemistry of zerumbone-Conjugate reduction with metalhydride in the presence of CuI-, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会・国際精油シンポジウム合同大会 ,   2002年
  • ゼルンボンの化学 −分子内環化反応の基礎検討−, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部) ,   2002年
  • 天然系木材保存剤開発の基礎検討, 第52回日本木材学会大会 ,   2002年
  • Addition reaction of Rosin with Vinyl monomer, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会・国際精油シンポジウム合同大会 ,   2002年
  • ゼルンボンの化学 −CuI 存在下の金属ヒドリド による共役還元−, 日本農芸化学第426回講演会(関西支部),   2002年
  • The Chemistry of zerumbone-Intramolecular cyclization of the basic ketone and alcohol derivatives-, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会・国際精油シンポジウム合同大会 ,   2002年
  • The Chemistry of zerumbone-Intramolecular cyclization of amine derivatives-, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会・国際精油シンポジウム合同大会 ,   2002年
  • The Chemistry of zerumbone-The syntheses of the histidine-kinase inhibitors and the analysis of the SAR-, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会・国際精油シンポジウム合同大会 ,   2002年
  • Microbiological transformation of zerumbone, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会・国際精油シンポジウム合同大会 ,   2002年
  • Reaction of cellulose with chloroacetic acid in the NMMO/DMSO system, 1st International Cellulose Conference ,   2002年
  • Synthesis of cellulose acetoacetate in NMMO/DMSO, 1st International Cellulose Conference ,   2002年
  • NMMO/DMSO系におけるセルロース誘導体の合成, セルロース学会第10回年次大会,   2002年
  • 木質プラスチック複合体の製造, セルロース学会第10回年次大会,   2002年
  • ポリエマルジョンを用いたPBの試作, 第53回日本木材学会大会 ,   2002年
  • 細菌性情報伝達阻害剤の単離と作用機構, 内海 龍太郎, 山本 兼由, 北山 隆, 岡本 忠, 第 15 回微生物シンポジウム (東京),   2001年09月, 第 15 回微生物シンポジウム (東京)
    概要:合成されたイミダゾールゼルンボン類縁化合物を用い、 MRSA 等のグラム陽性薬剤耐性菌に存在する YycG ヒスチジンキナーゼの阻害剤を選択した。 その結果 NH125、 NH0891 の化合物が見出された。 さらに S1 ヌクレアーゼ実験等が行われ、 生体内の作用機構が明らかにされた。
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略:細菌性情報伝達阻害剤の合成と評価, 北山 隆, 山本 兼由, 高谷政広, 内海 龍太郎, 岡本 忠, 沢田誠二, 第 15 回微生物シンポジウム (東京),   2001年09月, 第 15 回微生物シンポジウム (東京)
    概要:薬剤耐性菌に対する抗菌剤の研究開発を行い、 新規ゼルンボン誘導体および新規イミダゾール誘導体に抗菌活性を有することを見出した。 またこれらはヒスチジンキナーゼ阻害活性を有し、 新しい概念である情報伝達形を制御する剤である可能性を示唆した。
  • 木粉−プラスチック複合ボードの試作, ?谷 政広, 北山 隆, 岡本 忠, 第 50 期日本材料学会学術講演会 (吹田),   2001年05月, 第 50 期日本材料学会学術講演会 (吹田)
    概要:木粉−ポリマー複合体の開発を目的とし、 熱可塑性汎用ポリマーと木粉との混合物から熱圧成型と押し出し成型により複合体を作製し、 種々の条件が成型板の性質に及ぼす影響について検討を行った。
  • イソシアネート樹脂/ユリア樹脂混合接着剤によるパーティクルボードの接着性, ?谷 政広, 山下耕平, 榎本孝之, 北山 隆, 岡本 忠, 第 51 回日本木材学会大会 (東京),   2001年04月, 第 51 回日本木材学会大会 (東京)
    概要:イソシアネート樹脂とユリア樹脂の比率を変えた混合接着剤を用いて単層のパーティクルボードを作製し、 性能 (曲げ強度と耐水性) を評価した。
  • 天然物由来新規木材保存剤開発の基礎検討, ?谷 政広, 濱出真人, 図師浩文, 北山 隆, 岡本 忠, 第 51 回日本木材学会大会 (東京),   2001年04月, 第 51 回日本木材学会大会 (東京)
    概要:低毒性かつ低溶脱性木材用抗菌剤開発を目的とし天然高分子の一種であるフミン酸の銅キレート錯体の合成検討を行い、 木材保存用の銅固着剤としての可能性を調べた。
  • Zerumbone の化学    Zerumbone 誘導体の芳香性化合物について, 北山 隆, 沢田誠二 横井健人 長谷川園子, 2001 年度日本農芸化学会大会 (京都),   2001年03月, 2001 年度日本農芸化学会大会 (京都)
    概要:南洋ハナ生姜の主成分であるゼルンボンの水添を行ったところ、 パラジウム触媒の活性度によって位置選択的水素化反応が起こることを見出した。 さらに、 得られた化合物が香料基剤として有望であることが分かった。
  • ゼルンボンの化学    5 点不斉制御 Sharpless 不斉酸化   , 北山 隆, 升田有美, ?谷 政広, 岡本 忠, 沢田誠二, 河合靖, 2001 年度日本農芸化学会大会 (京都),   2001年03月, 2001 年度日本農芸化学会大会 (京都)
    概要:南洋ハナ生姜の主成分であるゼルンボンの Sharpless asymmetric epoxidation を検討したところ、 5 点不斉ダブルエポキシ化が進行することが分かった。 得られた化合物は完全に不斉制御されていたことが、 単結晶 X 線結晶構造解析によって明らかになった。
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略 : 細菌性情報伝達阻害剤の合成(1)-ゼルンボン誘導体-, 2001年度日本農芸化学会大会,   2001年
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略 : 細菌性情報伝達阻害剤の合成(1)-イミダゾール誘導体-, 2001年度日本農芸化学会大会,   2001年
  • レゾール型フェノールホルムアルデヒド樹脂のカチオン効果, 第51回日本木材学会大会,   2001年
  • 細菌性情報伝達阻害剤の単離と作用機作, 2001年度日本農芸化学会大会,   2001年
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略((]G0002[)) : 細菌性情報伝達阻害剤の単離と作用機作, 札幌 第121年会薬学会大会 ,   2001年
  • Zerumboneの化学-Zerumbone誘導体の芳香性化合物について-, 2001年度日本農芸化学会大会,   2001年
  • 薬剤耐性菌に対する新しい戦略((]G0001[)) : 細菌性情報伝達阻害剤の合成, 第121年会薬学会大会,   2001年
  • ゼルンボンの化学-5点不斉制御Sharpless不斉酸化-, 2001年度日本農芸化学会大会,   2001年
  • 天然系木材用抗菌剤の開発研究 : フミノ酸銅錯体の挙動, 第51回日本木材学会大会,   2001年
  • イソシアネート樹脂/ユリア樹脂混合接着剤によるパーティクルボードの接着性, 第51回日本木材学会大会 ,   2001年
  • 脂肪族縮合系接着剤の基礎検討, 第39回日本接着学会年次大会,   2001年
  • 均一溶液中でのセルロース誘導体の合成, 第51回日本木材学会大会 ,   2001年
  • 新しい木材防腐剤開発の試み-微生物情報伝達阻害剤1-, 第51回日本木材学会大会 ,   2001年
  • 新規木材防腐剤の開発-微生物情報伝達阻害剤を基礎として-, 第17回日本木材保存協会年次大会 ,   2001年
  • 生姜成分ゼルンボンの不斉誘導化, 第45回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2001年
  • ゼルンボンの化学-アミン誘導体とその反応-, 第45回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会,   2001年
  • ゼルンボンの化学-森の香りをもつ還元誘導体, 第45回香料、テルペンおよび精油化学に関する討論会 ,   2001年
  • The properties of wood flour/thermoplastic polymer composites of high wood content, Symposium on Utilization of Agricultural and Forestry Residues, Nanjing, P. R. China,   2001年
  • レゾール型フェノールホルムアルデヒド樹脂におけるカチオン効果, 第51回ネットワークポリマー講演討論会,   2001年
  • 増殖に必須なセンサーキナーゼに作用する抗菌剤NH125, 第22回日本分子生物学会年会,   2000年
  • Zerumboneの化学:retro Mannich Reactionによる開環反応と二量化, 2000年度日本農芸化学会大会,   2000年
  • 増殖に必要なセンサーキナーゼに作用する抗菌剤NH125, 2000年度日本農芸化学会大会,   2000年
  • メソミン・ホルムアルデヒド樹脂の動力学, 第50回木材学会大会,   2000年
  • フェノール樹脂合成における対イオン効果の解析, 第50回木材学会大会,   2000年
  • 合板接着力の統計的検討, 第50回木材学会大会,   2000年
  • スギをエレメントとした成型体(PB)の試作, 第50回木材学会大会,   2000年
  • イソシアネート樹脂/フェノール樹脂混合接着剤によるパーティクルボードの接着性, 第50回木材学会大会,   2000年
  • 酢酸ビニルグラフトデンプンの生分解性, 第50回木材学会大会,   2000年
  • 新規キレート型抗菌剤開発の基礎研究, 第50回木材学会大会,   2000年
  • リグニン及び爆砕木粉の微生物変換による新規接着剤の開発, 第50回木材学会大会 ,   2000年
  • ゼルンボンの化学, 第77回有機合成シンポジウム ,   2000年
  • レゾール系フェノールホルムアルデヒド樹脂のカチオン効果, 第50回ネットワークポリマー講演討論会,   2000年
  • ゼルンボンの化学:Favorskii型環縮小transannular反応と自由な環解裂, 第27回有機反応懇談会 ,   2000年
  • 接着剤の科学, 大阪木工機械展,   2000年
  • 新規ヒスチジンキナーゼ阻害剤の単離と作用機構, 日本農芸化学会関西支部平成12年度大会,   2000年
  • エキソジアミノマルトースの合成,及びその金属錯体の調製, 1999年度日本農芸化学会大会,   1999年
  • 細菌性情報伝達阻害剤の単離と作用機作, 1999年度日本農芸化学会大会,   1999年
  • エキソジアミノキシロース金属錯体の合成, 1999年度日本農芸化学会大会 ,   1999年
  • フェノール樹脂の構造分析と硬化・接着特性, 第49回日本木材学会,   1999年
  • イソシアネート添加系フェノール樹脂接着剤の調製と接着性, 第49回日本木材学会,   1999年
  • オニウム塩を用いるフェノール樹脂低温硬化法の検討, 第49回日本木材学会,   1999年
  • スギ,アスペンをエレメントとした成型体(PB,OSB)の比較, 第49回日本木材学会 ,   1999年
  • フェノール樹脂の熱分析, 第37回日本接着学会年次大会,   1999年
  • 細菌性情報伝達阻害剤のドラッグデザイン:VRE抗菌剤の単離と作用機構, 第22回日本分子生物学会年会 ,   1999年
  • エポキシ樹脂の熱分析と接着性, 第48回日本木材学会,   1998年
  • ゼルンボンの化学-3員環境化反応-, 1998年度日本農芸化学会大会 ,   1998年
  • リグニン及び爆砕木粉の微生物変換と接着性, 第48回日本木材学会 ,   1998年
  • スギをエレメントとした成型体(OSB,PB)の試作, 第48回日本木材学会,   1998年
  • フェノール樹脂の合成条件と接着性, 第48回日本木材学会 ,   1998年
  • フェノールおよびユリア樹脂の添加物による接着性改善, 第48回日本木材学会,   1998年
  • UF樹脂中間体の合成とその反応性, 第48回日本木材学会 ,   1998年
  • ゼルンボンの化学(4)-環解裂反応-, 第42回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   1998年
  • コーリャンポリオールの単離、同定, 日本化学会第71回春季年会 ,   1997年
  • ポリグルタミン酸エステルの合成と生分解性, 日本化学会第71回春季年会 ,   1997年
  • 立体選択的エステル交換反応の溶媒効果, 日本化学会第71回春季年会 ,   1997年
  • フェノール樹脂モデル物質の硬化挙動, 第47回日本木材学会,   1997年
  • アクリルアミドグラフトデンプンの合成, 日本化学会第71回春季年会 ,   1997年
  • 微生的脱水素酵素を用いたケトンのジアステレオかつエナンチオ選択的還元, 日本化学会第71回春季年会 ,   1997年
  • 木粉・プラスチック複合ボードに及ぼす爆砕木粉の添加効果, 第47回日本木材学会,   1997年
  • フェノール樹脂含浸針葉樹単板の表面硬化, 第47回木材学会,   1997年
  • フェノール樹脂の硬化・接着持性と構造相関, 第47回木材学会,   1997年
  • 木材と金属の異種接着, 第47回日本木材学会,   1997年
  • ユリア樹脂の合成と接着性, 第47回日本木材学会 ,   1997年
  • エポキン樹脂素反応の反応速度, 第46回高分子学会年次大会,   1997年
  • パーティクルボードの化学加工と寸法安定性, 第35回日本接着学会年次大会,   1997年
  • 微生物を用いた反斉フタリドの合成, 第12回生体機能関連化学シンポジウム,   1997年
  • ゼルンボンの化学-還元反応と還元物の異性化還化反応-, 第41回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 ,   1997年
  • ゼルンボンの化学-新規な環縮合を伴う二環化反応-, 第41回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,   1997年
  • 光学活性ニトロアルコールを用いたフェロモン合成, 日本化学会第70回春季年会 IH315 ,   1996年
  • アセトフェノンの微生物還元における置換基効果, 日本化学会第70回春季年会 IH304 ,   1996年
  • 不斉ニトロアルコールの合成とその応用, 第69回有機合成シンポジウム ,   1996年
  • アクリルアミドグラフトデンプンの合成, 日本応用糖質科学会大会 ,   1996年
  • 酸化触媒を利用した不斉水酸化反応, 第11回生体機能関連シンポジウム ,   1996年
  • ステロイドを基本骨格とする非線形光学材料, 第11回生体機能関連シンポジウム ,   1996年
  • 微生物アセトンパウダーによるジアステレオ選択的反応, 第40回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 ,   1996年
  • アセトフェノンの微生物還元における置換基効果, 第11回合成有機化学シンポジウム SOCS-11 ,   1995年
  • オリゴチロリンの酸素酸化, 第68回有機合成シンポジウム 1-7 ,   1995年
  • 生体触媒による光学活性Nitro-alcoholの合成, 日本化学会第61春期年会 3D132 ,   1991年
  • 光学活性ニトロアルコールを利用した有機合成, 日本化学会第59春期年会 2D231 ,   1990年04月
  • 生体触媒による光学活性ニトロアルコールの合成, 日本化学会第60秋期年会 2C104 ,   1990年
  • 光学活性ニトロアルコールを利用した天然物合成, 日本農芸化学会関西・西日本支部合同大会 1A-8 ,   1989年10月
  • 光学活性ニトロアルコールを利用した有機合成, 日本化学会第58春期年会 1IIIJ19,   1989年04月
  • 爆砕木粉のフェノール樹脂添加効果の解析, 第47回日本木材学会
  • 2010年度日本農芸化学会関西支部大会(第466回講演会), 2010年度日本農芸化学会関西支部大会(第466回講演会)

作品

  • 花ショウガに含まれているゼルンボン誘導体の合成,   2004年
  • 植物資源の新規有用遺伝子および生体機能素子の探索と高度利用,   2004年
  • インドシナ薬用資源植物の有効利用に関する調査研究,   2004年
  • 肉食性昆虫の共生微生物が産生する殺虫性蛋白質に関する基礎研究,   2001年 - 2002年
  • 細菌のヒスチジンキナーゼ阻害薬の探索と情報伝達阻害機作解析,   2001年
  • 細菌性情報伝達阻害剤の開発,   1998年

MISC

  • クリックケミストリー:創薬やケミカルバイオロジーの強力なツール, 化学と生物, 50, 414, 422,   2012年06月
  • 生薬単・改訂版, 北山 隆,   2012年02月
  • クリックケミストリーは創薬に使えるか, クリックケミストリーは創薬に使えるか, 85, 162, 168,   2011年04月
  • 反応多様な植物大量含有成分を利用した機能性分子開発のアプローチ, 28, 2, 4,   2009年06月
  • クリックケミストリーの概念と応用−提唱者の立場から, M. G. Finn, H. C. Kolb, V. V. Fokin, K. Barry Sharpless, T. Kitayama, Kagaku to Kogyo, 60, 10, 976, 980,   2007年
  • 海外の研究室訪問?スクリプス研究所「シャープレス研へようこそ」, 化学(化学同人), 40-43,   2005年
  • 留学を通して得たこと、感じたこと, 木材保存, 30(1), 34-36,   2004年
  • 抗生物質と耐性菌の終わりなき戦い, 化学(化学同人), 22-24,   2003年
  • 生体触媒を用いた不斉酸化反応, 化学と工業, 49, 6, 805,   1996年

特許

  • ゼルンボン誘導体およびその製造方法, 特願2008-172671, 特開2010-13370, 特許第5416928号
  • ゼルンボン誘導体およびその製造方法, 特願2013-213011, 特開2014-80422, 特許第5735604号
  • ゼルンボン誘導体およびその製造法, 特願2001-251457, 特開2003-064010, 特許第4547525号
  • 新規物質ゼルンボン誘導体及びこれらの生成方法, 特願2005-058188, 特開2006-241056, 特許第4418878号
  • 細菌性情報伝達阻害剤, 特願2000-262891, 特開2002-069034, 特許第3703009号
  • ゼルンボン誘導化合物と癌細胞増殖抑制剤およびそれらの製造方法, 北山 隆, 特願2017-168849, ゼルンボン脂肪酸誘導体(物質)、癌細胞増殖抑制効果、およびその製造方法の開発
  • ゼルンボン誘導化合物と癌細胞増殖抑制剤およびそれらの製造方法, 北山 隆, 特願2017-168861, ゼルンボン脂肪酸誘導体(物質)、癌細胞増殖抑制効果、およびその製造方法の開発
  • 1,2,3−置換イミダゾリウム塩を有効成分として含有する農園芸用殺菌剤, 特願2009-104803, 特開2009-286780
  • 1,2−置換イミダゾール誘導体を有効成分として含有する農園芸用殺菌剤, 特願2009-110950, 特開2009-286787
  • ゼルンボン誘導体及びその製造方法, 特願2004-287548, 特開2006-096724
  • 抗菌剤およびそのスクリーニング方法, 特願2004-237458, 特開2006-056787
  • アテローム性動脈硬化抑制剤ならびにこれを含む食品および医薬, 特願2004-014836, 特開2005-206520
  • ゼルンボン誘導体から成る芳香性物質, 特願2000-350635, 特開2002-155001
  • 光学活性3−置換フタリド類の製造方法, 特願平09-050097, 特開平10-243794
  • 血管拡張剤, 特願平06-003254, 特開平07-206843
  • 皮膚外用剤, 特願平05-332342, 特開平07-188208
  • 光学活性3−置換フタリド類の製造法, 特願平09-034947, 特開平10-229892
  • (S)−2−(t−ブチルジメチルシリロキシ)−1−ニトロプロパン及びその製造方法, 特願平05-177090, 特開平07-033758
  • 皮膚外用剤, 特願平05-113051, 特開平06-321746
  • 皮膚外用剤, 特願平05-012861, 特開平06-227958
  • 皮膚外用剤, 特願平05-113052, 特開平06-321747
  • 皮膚外用剤, 特願平04-323255, 特開平06-172150
  • 皮膚外用剤, 特願平04-272886, 特開平05-301813
  • 皮膚外用剤, 特願平04-155239, 特開平05-345713
  • メラニン抑制剤, 特願平04-016535, 特開平05-213857
  • メラニン抑制剤, 特願平04-016534, 特開平05-213858
  • メラニン抑制剤, 特願平04-016533, 特開平05-213729
  • 皮膚外用剤, 特願平04-188198, 特開平06-032727
  • 皮膚外用剤, 特願平04-275975, 特開平06-128203
  • ベンジルケトン誘導体、及び該化合物を含有するメラニン抑制剤, 特願平03-304910, 特開平05-148173
  • メラニン抑制剤, 特願平03-303429, 特開平05-139946

受賞

  •   2005年, 農芸化学奨励賞

競争的資金

  • 近畿大学学内助成21世紀研究開発奨励金(分担), 革新的統合ノンコーディングRNAによる分子標的薬の開発
  • 受託研究(代表) , スイカ試料由来抗ガン活性成分の効果亢進のための有機化学合成による修飾
  • 物質・デバイス領域共同研究課題(代表), 超音速分子線を利用した絶対不斉合成反応誘起の試み
  • 近畿大学学内助成21世紀研究開発奨励金(分担), 分子標的薬、細胞医療基盤技術の開発
  • 超音速分子線と走査型トンネル顕微鏡を利用した絶対不斉合成反応の観測, 超音速分子線と走査型トンネル顕微鏡を利用した絶対不斉合成反応の観測
  • 科研費挑戦的萌芽研究(分担), 分子ナノテクノロジーを利用した絶対不斉合成
  • 物質・デバイス領域共同研究課題(代表), 超音速分子線と走査型トンネル顕微鏡を利用した絶対不斉合成反応の観測
  • 寄付研究(代表), ショウガ科植物に含まれる機能性成分の探索および合成
  • 物質・デバイス領域共同研究課題(代表), 表面科学的手法を利用した絶対不斉合成
  • 寄附研究(代表), 天然物活用ならびに高選択的合成手法を用いたファインケミカルズ構築
  • 受託研究(代表), 真空乾燥における蒸発凝縮水からの機能性素材の開発
  • 受託研究(代表), ハナショウガの栽培とゼルンボンの活用
  • 寄付研究(代表), 農薬活性物質の探索
  • 生研センター異分野融合研究支援事業(連携研究者), 環境調和を考慮した細菌情報伝達阻害型薬剤の開発
  • 学術フロンティア(分担), 植物資源の新規有用遺伝子および生体機能素子の探索と高度利用
  • 科学研究費基盤研究(B) (分担), インドシナ薬用資源植物の有効利用に関する調査研究
  • 寄付研究(代表), 花ショウガに含まれているゼルンボン誘導体の合成
  • 寄付研究(代表), 花ショウガに含まれているゼルンボン誘導体の合成
  • 近畿大学学内特別研究費(代表), Click Chemistry in situを用いた薬剤耐性菌に対する新しいアプローチ
  • 生物系特定産業機構(連携研究者), 肉食性昆虫の共生微生物が産生する殺虫性蛋白質に関する基礎研究
  • 受託研究費(代表), 細菌のヒスチジンキナーゼ阻害薬の探索と情報伝達阻害機作解析
  • 基盤研究(C)(分担), リグノセルロースの微生物酸化による木材接着性物資合成法の開発
  • 笹川科学研究助成金(代表), 高機能性不斉水酸化バイオリアクターの開発及び医薬品合成
  • 基盤研究(C)(分担), リグノセルロースの酸化による新規木材接着性物質の合成法の開発