KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

永井 宏平ナガイ コウヘイ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 遺伝子工学科 / 生物理工学研究科
職名准教授
学位博士(農学)
専門臨床プロテオミクス、農学プロテオミクス
ジャンル科学・技術/化学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/368-nagai-kouhei.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70500578.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/18

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    血液や細胞など生体試料に含まれるタンパク質を網羅的に解析するプロテオミクスという技術を用いて、医療や農業の現場で利用できるバイオマーカーの開発を行っています。

学歴・経歴

経歴

  •   2013年04月,  - 現在, 近畿大学(永井宏平)
  •   2009年09月,  - 2013年03月, 聖マリアンナ医科大学(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 食品科学
  • 内科系臨床医学, 膠原病・アレルギー内科学
  • 境界医学, 病態検査学

研究キーワード

  • 畜産, 翻訳後修飾, 自己免疫疾患, プロテオーム解析

論文

  • Serum peptides as putative modulators of inflammation in psoriasis., Matsuura T, Sato M, Nagai K, Sato T, Arito M, Omoteyama K, Naoya Suematsu, Okamoto K, Kato T, Soma Y, Kurokawa MS., Journal of Dermatological Science, 87, 36, 49,   2017年, 査読有り
  • Altered acetylation of proteins in patients with rheumatoid arthritis, revealed by acetyl-proteomics, Arito M, Nagai K, Ooka S, Sato T, Takakuwa Y, Kurokawa MS, Okamoto K, Suematsu N, Kato T, Arthritis Research & Therapy, 33, 6, 877, 886,   2015年, 査読有り
  • 黒毛和種肥育牛の枝肉形質バイオマーカーの探索III:腎周囲白色脂肪組織プロテオーム解析結果に基づく肥育終了時の枝肉形質を推定するバイオマーカー候補タンパク質の同定, 池上 春香, 永井 宏平, 松橋 珠子, 小林 直彦, 武本 淳史, 吉廣 卓哉, 井上 悦子, 樋口 智香, 守田 昂太郎, 内堀 翔, 天野 朋子, 田口 善智, 加藤 博己, 入谷 明, 松本 和也, 日本畜産学会報, 86, 141, 152,   2015年, 査読有り
  • Protein profiles of peripheral blood mononuclear cells as a candidate biomarker for Bechet’s disease., Yoshioka T, Kurokawa MS, Sato T, Nagai K, Iizuka N, Arito M, Takakuwa Y, Nakano H, Ooka S, Suematsu N, Okamoto K, Yudph K, Nakamura H, Suzuki N, Ozaki S, Kato T, Clin Exp. Rheumatol., 32, S9, S19,   2014年, 査読有り
  • Roles of serum fibrinogen arufa chain-derived peptudes in Alzheimer’s disease., Noguchi M, Sato T, Nagai K, Utagawa I, Suzuki I, Arito M, Iizuka N, Suematsu N, Okamoto K, Kato T, Yamaguchi N, Kurokawa MS, Int. J. Geriatr Psychiatry, 29, 808, 818,   2014年, 査読有り
  • Comparative proteomic analysis of neutrophils from patients with microscopic polyangiitis and granulomatosis with polyangiiyis., Uchida T, Nagai K, Sato T, Iizuka N, Arito M, Takakuwa Y, Nakano H, Ooka S, Kurokawa MS, Suematsu N, Okamoto K, Ozaki S, Kato T, J. Proteomics, 91, 259, 269,   2013年, 査読有り
  • Investigation of proteomic profiles of Laina of Ecklonia kurome (Laminariales): homology-based cross-species protein identification and analysis of the post-translational processing of vanadium-dependent bromoperoxidases using MALDI-TOF/TOF., Nagai K, Morimoto K, Ikegami H, Kimura H, Yotsukura N., Mar Biotechnol (NY)., 4, 487, 498,   2013年, 査読有り
  • Serum peptides, represented by complement 3f des-arginine, are useful for prediction of the response to pegylated interferon-α plus ribavirin  in patients with chronic hepatitis C., Noguchi Y, Kurokawa MS, Okuse C, Matsumoto N, Nagai K, Sato T, Arito M, Suematsu N, Okamoto K, Suzuki M, Itoh F, Kato T, Hepatol Res., 43, 743, 756,   2013年, 査読有り
  • Altered post-translational modification on U1 small nuclear ribonucleoprotein 68k in systemic autoimmune disease detected by two-dimensional western blot., Nagai K, Arito M, Takakuwa Y, Ooka S, Sato T, Kurokawa MS, Okamoto K, Uchida T, Suematsu N, Kato T, Electrophoresis, 33, 2028, 2035,   2012年, 査読有り
  • Temperature stress-induced changes in the proteomic profiles of Ecklonia cava (laminariales, Phaeophyceae)., Yotsukura N, Nagai K, Tanaka T, Kimura H, Morimoto K., J. Appl. Phycol., 24, 163, 171,   2012年, 査読有り
  • AC13, a C-terminal fragment of apolipoprotein A-I, is a potent diagnostic and pathogenic peptide for microscopic polyangiitis., Takakuwa Y, Kurokawa MS, Ooka S, Sato T, Nagai K, Arito M, Masuko K, Suematsu N, Okamoto K, Ozaki S, Tomohiro K, Arthirits & Rheum., 11, 3613, 3624,   2011年, 査読有り
  • Proteomic analyses of aortic wall in patients with abdominal aortic aneurysm., Ando T, Nagai K, Chikada M, Okamoto K, Kurokawa MS, Kobayshi T, Kato T, Makuuchi H., J. Card. Surg., 52, 545, 555,   2011年, 査読有り
  • Identification and characterization of an oocyte factor required for development of porcine nuclear transfer embryos., Miyamoto K, Nagai K, Kitamura N, Nishikawa T, Ikegami H, Binh NT, Tsukamoto S, Matsumoto M, Tsukiyama T, Minami N, Yamada M, Ariga H, Miyake M, Kawarasaki T, Matsumoto K, Imai H., Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 26, 7040, 7045,   2011年, 査読有り
  • Arthritogenicity of annecixin VII revealed by phosphoproteomics of rheumatoid synoviocytes., Matsuo K, Arito M, Noyori K, Nakamura H, Kurokawa MS, Masuko K, Okamoto K, Nagai K, Suematsu N, Yudoh K, Beppu M, Saito T, Kato T., Ann. Rheum. DIS., 70, 1489, 1495,   2011年, 査読有り
  • Micro-sieving: isolation of whole glomeruli from a single renal needle biopsy sample., Koitabashi K, Okamoto K, Arito M, Sato T, Nagai K, Kurokawa MS, Suematsu N, Yasuda T, Kimura K, Kato T, Nephron Clin. Pract., 117, C225, C229,   2011年, 査読有り
  • Actinidain-hydrolyzed type I collagen reveals a crucial amino acid sequence in fibril formation., Kunii S, Morimoto K, Nagai K, Saito T, Sato K, Tonomura B., J. Biol. Chem., 285, 17465, 17470,   2010年, 査読有り
  • Protein profiles of peripheral blood mononuclear cells are useful for differential diagnosis of ulcerative colitis and Crohn’s disease., Hatsugai M, Kurokawa MS, Kouro T, Nagai K, Arito M, Masuko K, Suematsu N, Okamoto K, Itoh F, Kato T., J. Gastroenterol., 45, 488, 500,   2010年, 査読有り
  • Identification of autoantigens specific for systemic lupus erythematosus with central nervous system involvement, Iizuka N, Okamoto K, Matsushita R, Kimura M, Nagai K, Arito M, Kurokawa MS, Masuko K, Suematsu N, Hirohata S, Kato T, Lupus, 19, 717, 726,   2010年, 査読有り
  • Comprehensive analysis of short peptides in sera from patients with IgA nephropathy., Kaneshiro N, Xiang Y, Nagai K, Kurokawa MS, Okamoto K, Arito M, Masuko K, Yudoh K, Yasuda T, Suematsu N, Kimura K, Tomohiro K, Rapid commun Mass Specrtom., 23, 3720, 3728,   2009年, 査読有り
  • Seasonal changes in proteomic profiles of Japanese kelp: Saccharina japonica (laminariales, phaeophyceae)., Yotsukura N, Nagai K, Kimura H, Morimoto K., J Appl Phycol., 21, 265, 272,   2009年, 査読有り
  • Proteomic analysis of the rat cerebellar flocculus during vestibular compensation., Fukasawa M, Okamoto K, Nakamura M, Mikami K, Shimada S, Tanaka Y, Nagai K, Arito M, Kurokawa MS, Masuko K, Suematsu N, Koizuka I, Kato T, J Vestib Res., 19, 83, 84,   2009年, 査読有り
  • Proteomic analysis of the mouse ovary in response to two gonadotropins, follicle-stimulating hormone and leuteinizing hormone., Satoh M, Tokoro M, Ikegami H, Nagai K, Sono Y, Shin SW, Nishikawa S, Saeki K, Hosoi Y, Iritani A, Fukada A, Morimoto Y, Matsumoto K, JReprod Dev, 55, 316, 326,   2009年, 査読有り
  • 黒毛和種牛(飛騨牛)の肉質バイオマーカー探索I : 大規模プロテオーム解析情報と肉質情報の統合情報管理システムの構築, 永井宏平、吉廣卓哉、井上悦子、池上春香、園洋平、川路英哉、小林直彦、松橋珠子、森本康一、中川優、入谷明、松本和也, 日本畜産学会報, 79, 467, 481,   2008年, 査読有り
  • Protein extraction for 2-DE from the lamina of Ecklonia kurome (laminariales): recalcitrant tissue containing high levels of viscous polysaccharides., Nagai K, Yotsukura N, Ikegami H, Kimura H, Morimoto K, Electrophoresis., 29, 672, 681,   2008年, 査読有り
  • A novel nacre protein N19 in the pearl oyster Pinctada fucata., Yano M, Nagai K, Morimoto K, Miyamoto H., Biochem Biophys Res Commun., 362, 158, 163,   2007年, 査読有り
  • Tyrosinase localization in mollusc shells., Nagai K, Yano M, Morimoto K, Miyamoto H., Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol., 14, 207, 214,   2007年, 査読有り
  • Shematrin: a family of glycine-rich structural proteins in the shell of the pearl oyster Pinctada fucata., Yano M, Nagai K, Morimoto K, Miyamoto H., Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol., 144, 254, 262,   2006年, 査読有り
  • Insights into the reaction mechanism of the coagulation of soy protein isolates induced by subtilisin carlsberg., Nagai K, Inouye K., J Agric Food Chem., 52, 4921, 4927,   2004年, 査読有り
  • Coagulation of soy protein isolates induced by subtilisin Carlsberg. , Inouye K, Nagai K, Takita T., J Agric Food Chem., 50, 1237, 1242,   2000年, 査読有り

講演・口頭発表等

  • New extraction approach of non-collagenous proteins from bone tissue by mild-degradation of enzyme, Saori Kunii, Kouhei Nagai, Koichi Morimoto, ECTS 2017,   2017年05月14日
  • Oxidative modification of myeloperoxidase in anti-neutrophil cytoplasmic antibody (ANCA)-associated vasculitides, Manae S. Kurokawa, Kouhei Nagai, Toshiyuki Sato, Masaaki Sato, Yukiko Takakuwa, Seido Ooka, Mitsumi Arito, Tomohiro Kato, The 18th International Vasculitis and ANCA Workshop,   2017年03月
  • ウメポリフェノールとその体内代謝物であるヒドロキシ桂皮酸類の高脂肪食誘導性肥満マウスにおける糖尿病予防効果, 伊谷 強, 東山 瑞季, 木下 晃, 尾上 裕太郎, 向 秀智, 山路 真由, 淡路 智貴, 大世渡 勇紀, 阪上 綾花, 永井宏平, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
  • 梅ポリフェノールの抗炎症作用と糖尿病予防作用, 永井宏平, 果実酒・果実飲料と健康に関する研究会,   2016年09月26日
  • ANCA関連血管炎における好中球ミエロペルオキシダーゼの酸化修飾, 永井宏平, 第60回日本リウマチ学会総会・学術総会,   2016年04月21日
  • ウメポリフェノールの高脂肪食誘導性肥満マウスにおける糖尿病予防効果, 永井 宏平, 劉 延平, 吉田 昂司, 伊谷 強, 東山 瑞季, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月29日
  • 黒毛和種去勢牛の枝肉形質を生体評価するバイオマーカー候補タンパク質の解析, 池上春香・松橋珠子・永井宏平・塚口智将・内堀翔・樋口智香・守田昂太郎・小林直彦・松本和也1, 日本畜産学会121回大会,   2016年03月28日
  • 肥育中の血清中タンパク質の変化量を用いた肉用牛の枝肉形質値予測の試み, 池上春香、松橋珠子、永井宏平、森本学、塚口智将、山口壮輝、樋口智香、守田昂太郎、坂口慎一、松本和也, 日本プロテオーム学会2016年度大会,   2016年07月29日
  • Peroxiredoxinはマウス受精卵の核内で酸化ストレス軽減に関与している, 守田昂太郎、野老美紀子、樋口智香、内堀翔、塚口智将、永井宏平、安斎政幸、山縣一夫、宮本圭、細井美彦、松本和也, BMB2015,   2015年12月
  • マウス初期胚においてユビキチン・プロテアソーム系は胚性ゲノム活性化の開始を制御し、その後の産子への発生に関与, 樋口智香、清水なつみ、守田昂太郎、内堀翔、塚口智将、永井宏平、安斎 政幸、山縣一夫、細井美彦、宮本圭、松本和也, BMB2015,   2015年12月
  • マウス胚におけるプロテアソーム系の一過性の阻害は胚性ゲノム活性化の開始を遅延し,産仔への発生を損なう , 樋口 智香, 清水 なつみ, 守田 昂太郎, 内堀 翔, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 山縣 一夫, 細井 美彦, 宮本 圭, 松本 和也, 第108回日本繁殖生物学会,   2015年09月
  • リン酸化H2A.Xの発現を伴う筋肉組織由来体細胞核を用いた遺伝資源としての有用性 , 東 里香, 宮下 実, 永井 宏平, 中川 隆生, 梶本 みずき, 井上 達也, 細井 美彦, 安齋 政幸, 第108回日本繁殖生物学会,   2015年09月
  • マウス前核期胚の核内においてPeroxiredoxin(Prdx)が過酸化水素の消去に関与する, 守田 昂太郎, 野老 美紀子, 樋口 智香, 内堀 翔, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 山縣 一夫, 細井 美彦, 宮本 圭, 松本 和也, 第108回日本繁殖生物学会,   2015年09月
  • 肉用牛血清の経時的プロテオーム解析:牛肉の霜降り形質を予測するためのバイオマーカー候補蛋白質の同定, 池上春香, 永井宏平, 松橋珠子, 小林直彦, 樋口智香, 守田昂太郎, 内堀翔, 塚口智将, 加藤博己, 松本和也, 日本プロテオーム学会2015年会,   2015年07月
  • 好中球Myeloperoxidaseの等電点をアルカリ側にシフトさせる酸化修飾の解析, 永井宏平, 内田貞輔, 佐藤利行, 大岡正道,有戸光美, 尾崎承一, 黒川真奈絵, 加藤智啓, 日本プロテオーム学会2015年会,   2015年07月
  • Triple TOF LC/MS/MSによる展示動物由来組織を用いた質量分析の検討, 東里香, 永井宏平, 高見一利, 久保盛恵, 野々上範之, 梶本みずき, 井上達也, 宮下実, 細井美彦, 安齋政幸 , 第59回日本野生動物医学会,   2015年07月
  • 生理的寿命を終えた展示動物由来組織を用いた初代培養細胞の樹立および体細胞安芸州の試み, 安齋政幸, 東里香, 梶本みずき,久保盛恵, 野々上範之, 永井宏平, 井上達也, 宮下実, 細井美彦, 第59回日本野生動物医学会,   2015年07月
  • ANCA 関連血管炎における好中球ミエロペルオキシダーゼの酸化修飾, 内田貞輔, 永井宏平, 佐藤利行, 大岡正道,有戸光美, 尾崎承一, 黒川真奈絵, 加藤智啓, 第59回日本リウマチ学会総会,   2015年04月
  • 黒毛和種牛の脂肪交雑度を予測する血清マイクロ RNA の探索, 池上 春香、丹羽 尚人、永井 宏平、塚口 智将、樋口 智香、守田 昂太郎、松橋 珠子、小林 直彦、松本和也平, 日本畜産学会第119回大会,   2015年03月
  • 凍結された動物個体から採取した筋肉組織からの遺伝資源保存技術の構築, 東里香、高見一利、宮下実、永井宏平、﨑田恵、亀井美紅、梶本みずき、井上達也、細井美彦、安齋政幸, 日本実験動物技術者協会関東支部総会第40回懇話会,   2015年03月
  • マウス2細胞期胚におけるユビキチン・プロテアソーム系の役割, 樋口 智香, 西原 卓志, 守田 昂太郎, 内堀 翔, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 岸上 哲士, 細井 美彦, 松本 和也, 第37回日本分子生物学会,   2014年09月
  • 体外発育培養液へのコエンザイムQ10の添加におけるマウス胚の発生に及ぼす影響の検討, 内堀 翔, 西原 卓志, 樋口 智香, 守田 昂太郎, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 三谷 匡, 細井 美彦, 松本 和也, 第37回日本分子生物学会,   2014年09月
  • 凍結された動物個体から採取した筋肉組織からの遺伝資源保存技術の構築, 東 里香, 崎田 恵, 亀井 美紅, 中家 雅隆, 梶本 みずき, 井上 達也, 松本 和也, 永井 宏平, 三谷 匡, 細井 美彦, 安 齋 政幸, 第37回日本分子生物学会,   2014年08月
  • マウス初期胚におけるPGC7/Dppa3/StellaとPIPの相互作用, 守田 昂太郎, 西原 卓志, 樋口 智香, 内堀 翔, 山岸 令奈, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 岸上 哲士, 細井 美彦, 松本 和也, 第37回日本分子生物学会,   2014年08月
  • 体外発育培養液へのコエンザイムQ10の添加におけるマウス胚の発生に 及ぼす影響の検討 , 内堀 翔, 西原 卓志, 樋口 智香, 守田 昂太郎, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 三谷 匡, 細井 美彦, 松本 和也, 第107回日本繁殖生物学会大会,   2014年08月
  • マウス2細胞期胚におけるユビキチン・プロテアソーム系の役割 , 樋口 智香, 西原 卓志, 守田 昂太郎, 内堀 翔, 塚口 智将, 永井 宏平, 安齋 政幸, 岸上 哲士, 細井 美彦, 松本 和也, 第107回日本繁殖生物学会大会,   2014年08月
  • マウス初期胚の雌性前核におけるPGC7と相互作用するタンパク質(PIP)の発現プロファイル, 永井宏平、池上春香、松橋珠子、武本淳史、南方佑介、樋口智香、守田昂太郎、小林直彦、松本和也, 第107回日本繁殖生物学会大会,   2014年08月
  • 黒毛和種肥育牛から肥育中に採材した血清のプロテオーム解析を用いた牛肉の脂肪交雑度合を予測するバイオマーカータンパク質の探索, 永井宏平、池上春香、松橋珠子、武本淳史、南方佑介、樋口智香、守田昂太郎、小林直彦、松本和也, JHUPO2014 ,   2014年07月
  • Roles of serum fibrinogen alpha chain-derived peptides in Alzheimer’s diseases., 黒川真奈絵、野口美和、佐藤敏行、永井宏平、有戸光美、末松直也、岡本一起、加藤智啓, JHUPO2014,   2014年07月
  • Protein profiles of peripheral blood, Takuya Yoshioka,Manae S. Kurokawa,Toshiyuki Sato, Kouhei Nagai,Nobuko Iizuka,Mitsumi Arito,Yukiko Takakuwa,Hiromasa Nakano,Seido Ooka Kazuki Okamoto,Kazuo Yudoh,Hiroshi Nakamura,Noboru Suzuki,Shoichi Ozaki,Tomohiro Kato, 第58回日本リウマチ学会総会,   2014年04月
  • Oxidative modification in myeloperoxidase in patients with antineutrophil cytoplasmic antibody(ANCA)-associated vasculitides., Teisuke Uchida,Kouhei Nagai,Toshiyuki Sato,Nobuko Iizuka,Mitsumi Arito,Yukiko Takakuwa,Hiromasa Nakano,Seido Ooka,Manae Kurokawa, Kazuki Okamoto,Shoichi Ozaki,Tomohiro Kato, 第58回日本リウマチ学会総会,   2014年04月
  • マウス2細胞期胚におけるユビキチン・プロテアソーム系の役割 , 樋口 智香,清水 なつみ,畑中 勇輝,西原 卓志,武本 淳史,守田 昂太郎,内堀 翔,永井 宏平,天野 朋子,岸上 哲士,細井 美彦,松本 和也, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月
  • トランスジェニックマウスを用い卵母細胞特異的発現遺伝子Histone H1oo のプロモーター解析, 内堀 翔,清水 なつみ,畑中 勇輝,西原 卓志,武本 淳史,樋口 智香,守田 昂太郎,永井 宏平,天野 朋子,岸上 哲士,細井 美彦,松本 和也, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月
  • マウス初期胚における転写開始機構へのユビキチン・プロテアソーム系の関与, 清水 なつみ,畑中 勇輝,樋口 智香,西原 卓志,武本 淳史,守田 昂太郎,内堀 翔,永井 宏平,天野朋子,岸上 哲士,安齋 政幸,細井 美彦,松本 和也, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月
  • マウス始原生殖細胞で発現するGSE タンパク質の能動的DNA 脱メチル化への関与, 守田 昂太郎,畑中 勇輝,清水 なつみ,西原 卓司,武本 淳史,樋口 智香,内堀 翔,天野 朋子,永井宏平,岸上 哲士,加藤 博己,三谷 匡,細井 美彦,松本 和也, 第36回日本分子生物学会年会,   2013年12月
  • Protein profilrs of peripheral blood mononuclear cells as a biomarker for bechet's disease. , Takuya Yoshioka, Manae S. Kurokawa, Toshiyuki Sato, Kouhei Nagai, Nobuko Iizuka, Mitsumi Arito, Yukiko Takakuwa, Hiromasa Nakano, Seido Ooka, Naoya Suematsu, Kazuki Okamoto, ACR/ARHP annual meeting 2013,   2013年10月
  • Comparative proteomic analysis of neutrophils from patients with microscopic polyangiitis and granulomatosis with polyangiitis., Teisuke Uchida, Kouhei Nagai, Toshiyuki Sato, Nobuko Iizuka, Mitsumi Arito, Yukiko Takakuwa, Hirosama Nakano, Seido Ooka, Manae Kurokawa, Naoya Suematsu, Kazuki Okamoto, Shoichi Ozaki, Tomohiro Kato, ACR/ARHP annual meeting 2013,   2013年10月
  • Proteomic analysis of muscle tissue for discovery of proteins related to accumulation of intramuscular fat in beef cattle, Atsushi TAKEMOTO, Kouhei NAGAI, Haruka IKEGAMI, Natsumi SHIMIZU, Kohtaro MORITA, Chika HIGUCHI, Eiji KOBAYASHI and Kazuya MATSUMOTO, Animal Science Day 2013,   2013年09月
  • Proteomic analysis of bovine serum: Discovery of biomarker proteins evaluating carcass and meat quality traits in Japanese Black beef cattle. , Kouhei NAGAI, Haruka IKEGAMI, Atsushi TAKEMOTO, Natsumi SHIMIZU, Kohtaro MORITA, Chika HIGUCHI, Eiji KOBAYASHI and Kazuya MATSUMOTO, Animal Science Day 2013,   2013年09月
  • Comprehensive Analysis of Aberrantly Glycosylated Proteins in Rheumatoid Arthritis, Toshiyuki Sato, Mitsumi Arito, Manae S. Kurokawa, Yukiko Takakuwa, Seido Ooka, Kouhei Nagai, Hiroshi Nakamura, Nobuko Iizuka, Naoya Suematsu, Kazuki Okamoto, Tomohiro Kato, HUPO2013,   2013年09月
  • Protein Profiles of Peripheral Blood Mononuclear Cells as a Biomarker for Behcet’s Disease, Takuya Yoshioka, Manae S. Kurokawa, Toshiyuki Sato, Kouhei Nagai, Nobuko Iizuka, Mitsumi Arito, Yukiko Takakuwa, Hiromasa Nakano, Seido Ooka, Naoya Suematsu, Kazuki Okamoto, HUPO2013,   2013年09月
  • Identification of Proteins Related to Accumulation of Intramuscular Fat in Japanese Black by Proteomic Analysis, Atsushi Takemoto, Kouhei Nagai, Haruka Ikegami, Natsumi Shimizu, Kohtaro Morita, Chika Higuchi, Eiji Kobayashi, Kazuya Matsumoto, HUPO2013,   2013年09月
  • Biomarker Discovery from Low Abundance Proteins in Bovine Serum; Proteomics for Developing Beef Production Systems, Haruka Ikegami, Kouhei Nagai, Atsushi Takemoto, Natsumi Shimizu, Kohtaro Morita, Chika Higuchi, Tamako Matsuhashi, Naohiko Kobayashi, Kazuya Matsumoto, HUPO2013,   2013年09月
  • Comparative Proteomic Analysis of Neutrophils from Patients with Microscopic Polyangiitis and Granulomatosis with Polyangiitis, Teisuke Uchida, Kouhei Nagai, Toshiyuki Sato, Nobuko Iizuka, Mitsumi Arito, Yukiko Takakuwa, Hirosama Nakano, Seido Ooka, Manae Kurokawa, Naoya Suematsu, Kazuki Okamoto, Shoichi Ozaki, Tomohiro Kato平, HUPO2013,   2013年09月
  • Serum Peptides, Represented by Complement 3f Des-Arginine, Are Useful for Prediction of the Response to Pegylated Interferon-α Plus Ribavirin in Patients with Chronic Hepatitis C, Yohei Noguchi, Manae S. Kurokawa, Chiaki Okuse, Nobuyuki Matsumoto, Kouhei Nagai, Toshiyuki Sato, Mitsumi Arito, Naoya Suematsu, Kazuki Okamoto, Michihiro Suzuki, Fumio Itoh, Tomohiro Kato, HUPO2013,   2013年09月
  • トランスジェニックマウスを用いた母細胞特異的発現遺伝子Histone H1ooのプロモーター解析 , 内堀 翔, 清水 なつみ, 畑中 勇輝, 西原 卓志, 武本 淳史, 樋口 智香, 守田 昂太郎, 永井 宏平, 天野 朋子, 岸上 哲士, 細井 美彦, 松本 和也, 第106回日本繁殖生物学会大会,   2013年09月
  • マウス初期胚における転写開始機構へのユビキチン・プロテアソーム系の関与 , 清水 なつみ, 畑中 勇輝, 樋口 智香, 西原 卓志, 武本 淳史, 守田 昂太郎, 内堀 翔, 永井 宏平, 天野 朋子, 岸上 哲士, 安齋 政幸, 細井 美彦, 松本 和也, 第106回日本繁殖生物学会大会,   2013年09月
  • マウス始原生殖細胞におけるGSEタンパク質の発現解析 , 守田 昂太郎, 畑中 勇輝, 清水 なつみ, 西原 卓志, 武本 淳史, 樋口 智香, 内堀 翔, 天野 朋子, 永井 宏平, 岸上 哲士, 加藤 博己, 三谷 匡, 細井 美彦, 松本 和也, 第106回日本繁殖生物学会大会,   2013年09月
  • マウス2細胞期胚におけるユビキチン・プロテアソーム系の役割, 樋口 智香, 清水 なつみ, 畑中 勇輝, 西原 卓志, 武本 淳史, 守田 昂太郎, 内堀 翔, 永井 宏平, 天野 朋子, 岸上 哲士, 細井 美彦, 松本 和也, 第106回日本繁殖生物学会大会,   2013年09月
  • 牛血清のプロテオーム解析を用いたBMS ナンバーに関わるバイオマーカータンパク質の探索, 池上春香, 松橋珠子, 武本淳史, 永井宏平, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林直彦, 加藤博己, 松本和也, 平成25年度関西畜産学会年会,   2013年04月
  • 関節リウマチにおける糖蛋白質の糖鎖構造の変異, 佐藤利行,高桑由希子,大岡正道,永井宏平,有戸光美,飯塚進子,黒川真奈絵,岡本一起,加藤 智啓, 第57回日本リウマチ学会学術集会,   2013年04月
  • ANCA関連血管炎患者における好中球ミエロペルオキシダーゼの酸化修飾, 永井宏平,内田貞輔,高桑由希子,大岡正道,有戸光美,佐藤利行,黒川真奈絵,岡本一起,, 第57回日本リウマチ学会学術集会,   2013年04月
  • ベーチェット病患者の末梢血単核球に発現している蛋白質の網羅的な解析, 黒川真奈絵,吉岡拓也,佐藤利行,永井宏平,飯塚進子,有戸光美,高桑由希子,中野弘雅,大岡正道,岡本一起,中村洋,鈴木登,尾崎承一,加藤智啓平, 第57回日本リウマチ学会学術集会,   2013年04月
  • 血清のプロテオーム解析による黒毛和種牛の脂肪交雑度を診断するバイオマーカーの探索, 永井宏平, 平成25年度日本農芸化学会,   2013年03月
  • ウメ酢ポリフェノールのマクロファージにおける抗炎症作用の解析, 小佐田翔平, 森尾大地, 武本淳史, 堀西朝子, 三谷隆彦, 永井宏平, 平成25年度日本農芸化学会,   2013年03月
  • ウシ僧帽筋のプロテオーム解析による筋肉脂肪量に関わる新規タンパク質バイオマーカー候補の同定, 武本淳史, 永井宏平, 池上春香, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林栄治, 松本和也, 第35回日本分子生物学会,   2012年12月
  • マウス初期胚におけるmajor ZGAでのユビキチン・プロテアソーム経路の関与, 樋口智香, 清水なつみ, 畑中勇輝, 申承旭, 西川慧, 西原卓志, 加藤里恵, 武本淳史, 守田昂太郎, 永井宏平, 天野朋子,岸上哲士, 細井美彦, 松本和也, 第35回日本分子生物学会,   2012年12月
  • マウス初期胚におけるユビキチン・プロテアソーム経路の転写制御への関与, 清水なつみ, 畑中勇輝, 樋口智香, 申承旭, 西川慧, 西原卓志, 加藤里恵, 武本淳史, 守田昂太郎, 永井宏平, 天野朋子,岸上哲士, 安齋政幸, 細井美彦, 松本和也, 第35回日本分子生物学会,   2012年12月
  • ANCA関連血管炎患者における好中球ミエロペルオキシダーゼの酸化修飾の変化, 永井 宏平, 内田 貞輔, 高桑 由希子, 大岡 正道, 有戸 光美, 佐藤 利行, 黒川 真奈絵, 岡本 一起, 末松 直也, 加藤 智啓, 第85回日本生化学会,   2012年12月
  • 関節リウマチにおける糖蛋白質の糖鎖構造変異, 佐藤 利行, 大岡 正道, 高桑 由希子, 有戸 光美, 飯塚 進子, 永井 宏平, 黒川 真奈絵, 岡本 一起, 末松 直也, 加藤 智啓, 第85回日本生化学会,   2012年12月
  • Altered acetylation of proteins in patients with rheumatoid arthritis, revealed by acetyl-proteomics., Arito M, Nagai K, Ooka S, Sato T, Takakuwa Y, Kurokawa MS, Okamoto Suematsu N, Arito M, Nagai K, Ooka S, Sato T, Takakuwa Y, Kurokawa MS, Okamoto Suematsu N, Kato T., 第85回日本生化学会,   2012年12月
  • Comparative proteomic analysis of neutrophils between microscopic polyangiitis and granulomatosis with polyandiiti, Yoshioka T, Kurokawa MS, Sato T, Iiduka N, Arito M, Nagai K, Suematsu N, Okamoto K, Kato T., ACR/ARHP annual meeting 2012,   2012年10月
  • Comprehensive analysis of protein expression in peripheral blood mononuclear cells from patients with Bechet's Disease., Yoshioka T, Kurokawa MS, Sato T, Iiduka N, Arito M, Nagai K, Suematsu N, Okamoto K, Kato T., ACR/ARHP annual meeting 2012,   2012年10月
  • Altered acetylation of proteins in patients with rheumatoid arthritis, revealed by acetyl-proteomics., Arito M, Nagai K, Ooka S, Takakuwa Y, Kurokawa MS, Sato T, Iiduka N, Okamoto K, Suematsu N, Kato T., HUPO2012,   2012年09月
  • Screening of glycoproteins with altered glycans in rheumatoid arthritis., Sato T, Ooka S, Takakuwa Y, Nagai K, Arito M, Iizuka N, Kurokawa MS, Okamoto K, Suematsu N, Kato T., HUPO2012,   2012年09月
  • Comparative proteomic analysis of neutrophils from patients with microscopic polyangiitis and granulomatosis with polyangiitis., Uchida T, Nagai K, Takakuwa Y, Ooka S, Arito M, Satoh T, Kurokawa MS, Okamoto K, Suematsu N, Kato T., HUPO2012,   2012年09月
  • Comprehensive analysis of protein expression in peripheral blood mononuclear cells from patients with Bechet's disease., Kurokawa MS, Yoshioka T, Sato T, Iiduka N, Arito M, Nagai K, Suematsu N, Okamoto K, Kato T, HUPO2012,   2012年09月
  • Adenosine Deaminase identified as a citrullination-dependent autoantigen in rheumatoid arthritis, by proteomic surveillance with in vitro citrullination., Kato T, Mitsui H, Arito M, Sato T, Suematsu N, Okamoto K, Kurokawa MS, Yudo K, Nagai K, Beppu M, HUPO2012,   2012年09月
  • Oxidative modification on myeloperoxidase in patients with Anineutrophil cytoplasmic antibody (ANCA)-associated Vascullitides., Nagai K, Uchida T, Takakuwa Y, Ooka S, Arito M, Satoh T, Kurokawa MS, Okamoto K, Suematsu N, Kato T. , HUPO2012,   2012年09月
  • Comprehensive analysis of serum peptides in patients with Alzheimer's Disease., Noguchi M, Kurokawa MS, Utagawa I, Nagai K, Sato T, Arito M, Suematsu N, Okamoto K, Yamaguchi N, Kato T, HUPO2012,   2012年09月
  • Micro-Sieving 法により単離したIgA 腎症患者糸球体腎症患者糸球体のプロテオミクス解析, 永井宏平小島茂樹, 小板橋賢一郎, 飯塚進子, 岡本一起, 有戸光美 , 佐藤利行, 永井宏平, 黒川(鈴木)真奈絵, 末松直也, 安田隆, 木村健二郎, 加藤智啓, 日本プロテオーム学会 日 2012年大会,   2012年07月
  • 好中球タンパク質プロファイルによるANCA関連血管炎の鑑別, 内田貞輔, 永井宏平, 有戸光美, 佐藤利行, 高桑由希子, 大岡正道, 末松直也, 黒川真奈絵, 岡本一起, 加藤智啓, 日本プロテオーム学会 日 2012年大会 ,   2012年07月
  • ウシ僧帽筋のプロテオーム解析による枝肉形質に関わるバイオマーカータンパク質の探索, 武本淳史, 永井宏平, 池上春香, 松橋珠子, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林栄治, 松本和也, 日本プロテオーム学会 日 2012年大会 ,   2012年07月
  • ベーチェット病の末梢血単核球における蛋白質プロファイルの解析 , 黒川真奈絵, 吉岡拓也, 佐藤利行, 飯塚進子, 有戸光美, 高桑由希子, 中野弘雅, 大岡正道, 永井宏平, 末松直也, 岡本一起, 鈴木登, 尾崎承一, 加藤智啓, 日本プロテオーム学会 日 2012年大会,   2012年07月
  • ANCA関連血管炎患者における好中球ミエロペルオキシダーゼの翻訳後修飾変化, 永井宏平, 内田貞輔, 高桑由希子, 大岡正道, 有戸光美, 佐藤利行, 黒川真奈絵, 岡本一起, 末松直也, 加藤智啓, 日本プロテオーム学会 日 2012年大会,   2012年07月
  • 黒毛和種肥育級の肥育過程における血中タンパク質の変動, 池上春香, 松橋珠子, 武本淳史, 永井宏平, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林直彦, 松本和也, 日本プロテオーム学会 日 2012年大会,   2012年07月
  • 関節リウマチにおける糖蛋白質の鎖異常 , 佐藤利行 , 大岡正道 , 高桑由希子 高桑由希子 , 永井宏平 , 有戸光美 , 飯塚進子 , 黒川真奈絵 , 岡本一起 , 末松直 也, 加藤智啓, 日本プロテオーム学会 日 2012年大会 ,   2012年07月
  • 翻訳後修飾プロテオミクスによる関節リウマチ特異的アセチル化蛋白質の解析, 有戸 光美 ,永井 宏平 ,高桑 由希子 ,大岡 正道 ,黒川 真奈絵 ,佐藤 利行 ,飯塚 進子 ,岡本 一起 ,加藤 智啓, 第56回日本リウマチ学会総会,   2012年04月
  • ベーチェット病患者末梢血単核球における発現蛋白質の網羅的検討, 吉岡 拓也,黒川 真奈絵,高桑 由希子,中野 弘雅,, 第56回日本リウマチ学会総会,   2012年04月
  • 関節リウマチにおける糖蛋白質の糖鎖構造の変異, 佐藤 利行,高桑 由希子,大岡 正道,永井 宏平,, 第56回日本リウマチ学会総会,   2012年04月
  • Comparative proteomic analysis of neutrophils from patients with microscopic polyangiitis and granulomatosis with polyangiitis., 第56回日本リウマチ学会総会,   2012年04月
  • In vitroシトルリン化を用いたRAにおける新規シトルリン化抗原の同定, 黒川 真奈絵,竹之内 研二,中村 洋,岡本 一起,有戸 光美,佐藤 利行,永井 宏平,遊道 和雄,加藤 智啓, 第56回日本リウマチ学会総会,   2012年04月
  • NF-κBを直接阻害する新しい抗炎症薬の作用機序, 三井 寛之,岡本 一起,黒川 真奈絵,有戸 光美,永井 宏平,佐藤 利行,飯塚 進子,遊道 和雄,別府 諸兄,加藤 智啓, 第56回日本リウマチ学会総会,   2012年04月

MISC

  • 抗snRNP抗体の対応抗原の構造と修飾, 永井宏平, 炎症と免疫, 24, 2, 95, 99,   2016年03月, 招待有り
  • 全身性自己免疫疾患(膠原病)の新規診断マーカーの開発を目的とした自己抗原U1‐68Kの疾患階異的低リン酸化体の簡便な定量法の検討, 永井宏平, 齊藤壱騎, 有戸光美, 黒川真奈絵, 加藤智啓, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 35, 7, 16,   2015年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502242123983524
  • NF‐κBを直接阻害する新しい抗炎症薬の作用機序, 三井寛之, 岡本一起, 黒川真奈絵, 有戸光美, 永井宏平, 佐藤利行, 飯塚進子, 遊道和雄, 別府諸兄, 加藤智啓, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 56th-21st, 325,   2012年03月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202235158948464
  • 関節リウマチにおける糖蛋白質の糖鎖構造の変異, 佐藤利行, 高桑由希子, 大岡正道, 永井宏平, 有戸光美, 飯塚進子, 黒川真奈絵, 岡本一起, 加藤智啓, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 56th-21st, 486,   2012年03月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202248357251841
  • In vitroシトルリン化を用いたRAにおける新規シトルリン化抗原の同定, 黒川真奈絵, 竹之内研二, 中村洋, 岡本一起, 有戸光美, 佐藤利行, 永井宏平, 遊道和雄, 加藤智啓, 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集, 56th-21st, 343,   2012年03月19日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202209223124015
  • 自己抗原蛋白質U1‐small unclear ribonucleoprotein 68K subunitにおける疾患特異的翻訳後修飾の解析, 永井宏平, 聖マリアンナ医科大学雑誌, 39, 4, 284,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202266353662128
  • マウス初期胚におけるユビキチン・プロテアソーム経路の転写制御への関与, 清水なつみ, 畑中勇輝, 樋口智香, SHIN Seung‐Wook, 西川慧, 西原卓志, 加藤里恵, 武本淳史, 守田昴太郎, 永井宏平, 天野朋子, 岸上哲士, 安齋政幸, 細井美彦, 松本和也, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 35th, 3P-0488 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302205140673647
  • ウシ僧帽筋のプロテオーム解析による筋内脂肪量に関わる新規タンパク質バイオマーカー候補の同定, 武本淳史, 永井宏平, 池上春香, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林栄治, 松本和也, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 35th, 4P-0030 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302239550782089
  • マウス初期胚におけるmajor ZGAでのユビキチン・プロテアソーム経路の関与, 樋口智香, 清水なつみ, 畑中勇輝, SHIN Seung‐Wook, 西川慧, 西原卓志, 加藤里恵, 武本淳史, 守田昂太郎, 永井宏平, 天野朋子, 岸上哲士, 細井美彦, 松本和也, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 35th, 3P-0489 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302269789768190
  • 関節リウマチにおける糖蛋白質の糖鎖構造変異, 佐藤利行, 大岡正道, 高桑由希子, 有戸光美, 飯塚進子, 永井宏平, 黒川真奈絵, 岡本一起, 末松直也, 加藤智啓, 日本生化学会大会(Web), 85th, 2P-237 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402230127648910
  • ANCA関連血管炎患者における好中球ミエロペルオキシダーゼの酸化修飾の変化, 永井宏平, 内田貞輔, 高桑由希子, 大岡正道, 有戸光美, 佐藤利行, 黒川真奈絵, 岡本一起, 末松直也, 加藤智啓, 日本生化学会大会(Web), 85th, 2P-250 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402236548082906
  • 自己抗原蛋白質U1‐small nuclear ribonucleoprotein 68k subunitにおける疾患特異的翻訳後修飾の解析, 永井宏平, 聖マリアンナ医科大学雑誌, 39, 2/3, 163,   2011年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102201744571184
  • Serum peptidomics, Kouhei Nagai, Nagayuki Kaneshiro, Kenjiro Kimura, Tomohiro Kato, Japanese Journal of Nephrology, 52, 475, 479,   2010年06月25日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=77953774247&origin=inward
  • 血清のペプチドミクス, 永井 宏平, 金城 永幸, 木村 健二郎, 加藤 智啓, The Japanese journal of nephrology, 52, 4, 475, 479,   2010年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026409231

特許

  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 永井 宏平, JP2009054045, WO2009-125637
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 永井 宏平, 特願2010-507193, 特許第4722224号
  • 真珠貝の貝殻、真珠の色調を制御する遺伝子とそのタンパク質, 宮本 裕史, 森本 康一, 矢野 昌人, 永井 宏平, 特願2006-173485, 特開2009-254234
  • 真珠貝の貝殻又は真珠の構造遺伝子, 宮本 裕史, 森本 康一, 矢野 昌人, 永井 宏平, 特願2006-067288, 特開2007-236356

競争的資金

  • 文部科学省, 科研費ー基盤C, 自己抗原の翻訳後修飾異常を標的としたANCA関連血管炎の早期診断マーカーの開発, 永井宏平
  • 文部科学省, 科研費‐挑戦的萌芽, エクソソームmiRNAマーカーによる黒毛和種肥育牛の枝肉形質の生体評価は可能か?, 松本和也
  • 文部科学省, 地域イノベーション戦略支援プログラム, 和歌山県特産農産物からの「ヒトの免疫作用に効果を及ぼす食品由来の機能性物質」の探索, 永井宏平
  • 近畿大学, 近畿大学学内研究助成金 奨励研究助成金, 肉用牛の脂肪交雑度合を予測するバイオマーカーの開発を目的とした血清中酸化修飾タンパク質の定量法の確立, 永井宏平
  • 文部科学省, 科研費‐挑戦的萌芽, 黒毛和種肥育牛の肥育期間中に枝肉形質を推定する血中分泌型miRNAマーカーの探索, 松本和也
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 翻訳後修飾アセチル化に着目した「新規関節リウマチ検査」の確立, 有戸 光美, 関節リウマチ(RA)診断では、検査項目を補完するような新規検査項目が必要とされている。申請者は、RA患者の末梢血において特定の蛋白質のアセチル(Ac)化が亢進していることを突き止め、RAでAc化が亢進している蛋白質として、alpha-enolase (ENO1)などを同定した。次に、AcENO1の診断指標としての有用性を評価するのに必要なAcENO1抗体を作製するために、RA特異的に亢進しているENO1のAc化部位の特定を試みたが、特定まで至らず、今後の検討課題となった。また、ENO1のアセチル化による抗原性への影響を検証したところ、Ac化依存的に抗原性の変化は認められなかった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 自己抗原蛋白質U1-68kの脱リン酸化を指標とした膠原病の早期診断マーカーの開発, 永井 宏平, 全身性エリトマトーデス(SLE)や混合性結合組織病(MCTD)などの自己免疫疾患の患者の末梢血単核球で増加する脱リン酸化U1-68kの簡便な検出法の確立を試みた。(1)免疫学的方法、(2) phos-tag電気泳動法、(3)等電点ウエスタンブロット法の3種類を検討した結果、(3)の等電点ウエスタンブロット法が適していることが判明した。また、核分画の代わりにSDSを含む抽出液で調整した全細胞抽出液が使用できることが判明した。全細胞抽出液と等電点ウエスタンブロット法を組み合わせることで、検出に必要な時間を5日から2.5日に削減することができ、臨床の現場で使用できる簡便な検出法の開発に成功した。
  • 独立行政法人科学技術振興機構, 地域結集型研究開発プログラム, アグリバイオインフォマティクスの高度活用技術の開発(和歌山県), 入谷明

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 基礎化学実習, 近畿大学
  • 統計学, 近畿大学
  • 医用遺伝子工学概論, 近畿大学
  • 生化学, 聖マリアンナ医科大学