KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤原 俊伸フジワラ トシノブ

プロフィール

所属部署名薬学部 医療薬学科 / 薬学研究科
職名教授
学位博士(医学)
専門生化学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1343-fujiwara-toshinobu.html
ホームページURLhttp://www.phar.kindai.ac.jp/biochemistry/
メールアドレス
Last Updated :2018/12/01

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ほ乳類およびウイルス遺伝子の情報がタンパク質へと変換される仕組み。

学歴・経歴

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学大学院薬学研究科(教授)
  •   2013年04月,  - 2015年03月, 名古屋市立大学大学院薬学研究科(教授)
  •   2011年04月,  - 2013年03月, (公財)微生物化学研究会(主席研究員)
  •   2010年04月,  - 2011年03月, 神戸大学 自然科系先端融合研究環(特命准教授)
  •   2007年04月,  - 2010年03月, 神戸大学大学院工学研究科(准教授)
  •   2006年10月,  - 2010年03月, 科学技術振興機構(研究者(兼任))
  •   2003年02月,  - 2007年03月, 神戸大学大学院自然科学研究科(助手(改組後・助教))

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 分子生物学, RNA
  • 生物科学, 機能生物化学, 翻訳

研究キーワード

  • 哺乳類のタンパク質合成開始機構, RNA結合タンパク質の機能解析, RNA医工学

論文

  • Identification of matrix metalloproteinase 9-interacting sequences in staphylococcal superantigen-like protein 5., Kohno K, Itoh S, Hanai A, Takii T, Fujiwara T, Onozaki K, Tsuji T, Hida S, Biochemical and biophysical research communications, 497, 2, 713, 718,   2018年03月, 査読有り
  • Spatial regulation of the KH domain RNA-binding protein Rnc1 mediated by a Crm1-independent nuclear export system in Schizosaccharomyces pombe., Satoh R, Matsumura Y, Tanaka A, Takada M, Ito Y, Hagihara K, Inari M, Kita A, Fukao A, Fujiwara T, Hirai S, Tani T, Sugiura R, Molecular microbiology, 104, 3, 428, 448,   2017年05月, 査読有り
  • The CCR4-NOT deadenylase complex controls Atg7-dependent cell death and heart function., Yamaguchi T, Suzuki T, Sato T, Takahashi A, Watanabe H, Kadowaki A, Natsui M, Inagaki H, Arakawa S, Nakaoka S, Koizumi Y, Seki S, Adachi S, Fukao A, Fujiwara T, Natsume T, Kimura A, Komatsu M, Shimizu S, Ito H, Suzuki Y, Penninger JM, Yamamoto T, Imai Y, Kuba K, Science signaling, 11, 516,   2018年02月, 査読有り
  • The coupled and uncoupled mechanisms by which trans-acting factors regulate mRNA stability and translation., Fukao A, Fujiwara T, Journal of biochemistry, 161, 4, 309, 314,   2017年04月, 査読有り
  • Translation of Hepatitis A Virus IRES Is Upregulated by a Hepatic Cell-Specific Factor., Sadahiro A, Fukao A, Kosaka M, Funakami Y, Takizawa N, Takeuchi O, Duncan KE, Fujiwara T, Frontiers in genetics, 9, 307,   2018年, 査読有り
  • [Translational regulation is mediated by the cross-talk between the miRNA pathway and RNA binding proteins]., Aoyama T, Fukao A, Fujiwara T, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 147, 6, 346, 350,   2016年06月, 査読有り
  • Kribellosides, novel RNA 5'-triphosphatase inhibitors from the rare actinomycete Kribbella sp. MI481-42F6., Igarashi M, Sawa R, Yamasaki M, Hayashi C, Umekita M, Hatano M, Fujiwara T, Mizumoto K, Nomoto A, The Journal of antibiotics, 70, 5, 582, 589,   2017年05月, 査読有り
  • [Fine-tuning of translation initiation by RNA binding proteins]., Fujiwara T, Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 88, 1, 135, 138,   2016年02月, 査読有り
  • PI4K-beta and MKNK1 are regulators of hepatitis C virus IRES-dependent translation., Lupberger J, Casanova C, Fischer B, Weiss A, Fofana I, Fontaine N, Fujiwara T, Renaud M, Kopp A, Schuster C, Brino L, Baumert TF, Thoma C, Scientific reports, 5, 13344,   2015年09月, 査読有り
  • Regnase-1 and Roquin Regulate a Common Element in Inflammatory mRNAs by Spatiotemporally Distinct Mechanisms., Mino T, Murakawa Y, Fukao A, Vandenbon A, Wessels HH, Ori D, Uehata T, Tartey S, Akira S, Suzuki Y, Vinuesa CG, Ohler U, Standley DM, Landthaler M, Fujiwara T, Takeuchi O, Cell, 161, 5, 1058, 1073,   2015年05月, 査読有り
  • The molecular mechanism of translational control via the communication between the microRNA pathway and RNA-binding proteins., Fukao A, Aoyama T, Fujiwara T, RNA biology, 12, 9, 922, 926,   2015年, 査読有り
  • MicroRNAs trigger dissociation of eIF4AI and eIF4AII from target mRNAs in humans., Fukao A, Mishima Y, Takizawa N, Oka S, Imataka H, Pelletier J, Sonenberg N, Thoma C, Fujiwara T, Molecular cell, 56, 1, 79, 89,   2014年10月, 査読有り
  • Efficient and cost effective production of active-form human PKB using silkworm larvae., Maesaki R, Satoh R, Taoka M, Kanaba T, Asano T, Fujita C, Fujiwara T, Ito Y, Isobe T, Hakoshima T, Maenaka K, Mishima M, Scientific reports, 4, 6016,   2014年08月, 査読有り
  • Microbial fluorescence sensing for human neurotensin receptor type 1 using Gα-engineered yeast cells., Ishii J, Oda A, Togawa S, Fukao A, Fujiwara T, Ogino C, Kondo A, Analytical biochemistry, 446, 37, 43,   2014年02月, 査読有り
  • Structural insights into the recruitment of SMRT by the corepressor SHARP under phosphorylative regulation., Mikami S, Kanaba T, Takizawa N, Kobayashi A, Maesaki R, Fujiwara T, Ito Y, Mishima M, Structure (London, England : 1993), 22, 1, 35, 46,   2014年01月, 査読有り
  • Staphylococcal superantigen-like protein 10 (SSL10) inhibits blood coagulation by binding to prothrombin and factor Xa via their γ-carboxyglutamic acid (Gla) domain., Itoh S, Yokoyama R, Kamoshida G, Fujiwara T, Okada H, Takii T, Tsuji T, Fujii S, Hashizume H, Onozaki K, The Journal of biological chemistry, 288, 30, 21569, 21580,   2013年07月, 査読有り
  • Structure of the second RRM domain of Nrd1, a fission yeast MAPK target RNA binding protein, and implication for its RNA recognition and regulation., Kobayashi A, Kanaba T, Satoh R, Fujiwara T, Ito Y, Sugiura R, Mishima M, Biochemical and biophysical research communications, 437, 1, 12, 17,   2013年07月, 査読有り
  • Targeting cancer cell-specific RNA interference by siRNA delivery using a complex carrier of affibody-displaying bio-nanocapsules and liposomes., Nishimura Y, Mieda H, Ishii J, Ogino C, Fujiwara T, Kondo A, Journal of nanobiotechnology, 11, 19,   2013年06月, 査読有り
  • The essential role for the RNA triphosphatase Cet1p in nuclear import of the mRNA capping enzyme Cet1p-Ceg1p complex of Saccharomyces cerevisiae., Takizawa N, Fujiwara T, Yamasaki M, Saito A, Fukao A, Nomoto A, Mizumoto K, PloS one, 8, 10, e78000,   2013年, 査読有り
  • Double plant homeodomain (PHD) finger proteins DPF3a and -3b are required as transcriptional co-activators in SWI/SNF complex-dependent activation of NF-κB RelA/p50 heterodimer., Ishizaka A, Mizutani T, Kobayashi K, Tando T, Sakurai K, Fujiwara T, Iba H, The Journal of biological chemistry, 287, 15, 11924, 11933,   2012年04月, 査読有り
  • Functional and direct interaction between the RNA binding protein HuD and active Akt1., Fujiwara T, Fukao A, Sasano Y, Matsuzaki H, Kikkawa U, Imataka H, Inoue K, Endo S, Sonenberg N, Thoma C, Sakamoto H, Nucleic acids research, 40, 5, 1944, 1953,   2012年03月, 査読有り
  • Translational inhibition by deadenylation-independent mechanisms is central to microRNA-mediated silencing in zebrafish., Mishima Y, Fukao A, Kishimoto T, Sakamoto H, Fujiwara T, Inoue K, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 109, 4, 1104, 1109,   2012年01月, 査読有り
  • Mechanisms of translational regulation by a human eIF5-mimic protein., Singh CR, Watanabe R, Zhou D, Jennings MD, Fukao A, Lee B, Ikeda Y, Chiorini JA, Campbell SG, Ashe MP, Fujiwara T, Wek RC, Pavitt GD, Asano K, Nucleic acids research, 39, 19, 8314, 8328,   2011年10月, 査読有り
  • Microtubule association of a neuronal RNA-binding protein HuD through its binding to the light chain of MAP1B., Fujiwara Y, Kasashima K, Saito K, Fukuda M, Fukao A, Sasano Y, Inoue K, Fujiwara T, Sakamoto H, Biochimie, 93, 5, 817, 822,   2011年05月, 査読有り
  • Single-embryo metabolomics and systematic prediction of developmental stage in zebrafish., Hayashi S, Yoshida M, Fujiwara T, Maegawa S, Fukusaki E, Zeitschrift fur Naturforschung. C, Journal of biosciences, 66, 3-4, 191, 198,   2011年03月, 査読有り
  • A small nucleolar RNA functions in rRNA processing in Caenorhabditis elegans., Hokii Y, Sasano Y, Sato M, Sakamoto H, Sakata K, Shingai R, Taneda A, Oka S, Himeno H, Muto A, Fujiwara T, Ushida C, Nucleic acids research, 38, 17, 5909, 5918,   2010年09月, 査読有り
  • The ELAV protein HuD stimulates cap-dependent translation in a Poly(A)- and eIF4A-dependent manner., Fukao A, Sasano Y, Imataka H, Inoue K, Sakamoto H, Sonenberg N, Thoma C, Fujiwara T, Molecular cell, 36, 6, 1007, 1017,   2009年12月, 査読有り
  • DAZL relieves miRNA-mediated repression of germline mRNAs by controlling poly(A) tail length in zebrafish., Takeda Y, Mishima Y, Fujiwara T, Sakamoto H, Inoue K, PloS one, 4, 10, e7513,   2009年10月, 査読有り
  • A novel application of metabolomics in vertebrate development., Hayashi S, Akiyama S, Tamaru Y, Takeda Y, Fujiwara T, Inoue K, Kobayashi A, Maegawa S, Fukusaki E, Biochemical and biophysical research communications, 386, 1, 268, 272,   2009年08月, 査読有り
  • WDR55 is a nucleolar modulator of ribosomal RNA synthesis, cell cycle progression, and teleost organ development., Iwanami N, Higuchi T, Sasano Y, Fujiwara T, Hoa VQ, Okada M, Talukder SR, Kunimatsu S, Li J, Saito F, Bhattacharya C, Matin A, Sasaki T, Shimizu N, Mitani H, Himmelbauer H, Momoi A, Kondoh H, Furutani-Seiki M, Takahama Y, PLoS genetics, 4, 8, e1000171,   2008年08月, 査読有り
  • [Biochemical selenocysteine synthesis and the phylogenic study]., Mizutani T, Osaka T, Fujiwara T, Shahidzzman M, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 128, 7, 989, 996,   2008年07月, 査読有り
  • Tissue-specific splicing regulator Fox-1 induces exon skipping by interfering E complex formation on the downstream intron of human F1gamma gene., Fukumura K, Kato A, Jin Y, Ideue T, Hirose T, Kataoka N, Fujiwara T, Sakamoto H, Inoue K, Nucleic acids research, 35, 16, 5303, 5311,   2007年, 査読有り
  • [RNA binding proteins play the leading part of posttranscriptional regulation of gene expression in nerve]., Fujiwara T, Sakamoto H, Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 51, 16 Suppl, 2609, 2616,   2006年12月, 査読有り
  • Differential regulation of germline mRNAs in soma and germ cells by zebrafish miR-430., Mishima Y, Giraldez AJ, Takeda Y, Fujiwara T, Sakamoto H, Schier AF, Inoue K, Current biology : CB, 16, 21, 2135, 2142,   2006年11月, 査読有り
  • Heterologous expression of Aquifex aeolicus ribosome recycling factor in Escherichia coli is dominant lethal by forming a complex that lacks functional co-ordination for ribosome disassembly., Yamami T, Ito K, Fujiwara T, Nakamura Y, Molecular microbiology, 55, 1, 150, 161,   2005年01月, 査読有り
  • Ribosome recycling factor disassembles the post-termination ribosomal complex independent of the ribosomal translocase activity of elongation factor G., Fujiwara T, Ito K, Yamami T, Nakamura Y, Molecular microbiology, 53, 2, 517, 528,   2004年07月, 査読有り
  • RBD-1, a nucleolar RNA-binding protein, is essential for Caenorhabditis elegans early development through 18S ribosomal RNA processing., Saijou E, Fujiwara T, Suzaki T, Inoue K, Sakamoto H, Nucleic acids research, 32, 3, 1028, 1036,   2004年, 査読有り
  • Elongation factor G participates in ribosome disassembly by interacting with ribosome recycling factor at their tRNA-mimicry domains., Ito K, Fujiwara T, Toyoda T, Nakamura Y, Molecular cell, 9, 6, 1263, 1272,   2002年06月, 査読有り

MISC

  • ヒトにおけるmicroRNAが蛋白質合成を制御する機序の解明, 深尾亜喜良, 藤原俊伸, 月刊臨床免疫・アレルギー科, 64, 3, 307, 312,   2015年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502220863477824
  • パラダイムシフトする翻訳制御研究 microRNA機構とRNA結合タンパク質による遺伝子発現制御, 深尾亜喜良, 藤原俊伸, 藤原俊伸, 細胞工学, 34, 8, 767, 771,   2015年07月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502215030905667
  • RNA結合タンパク質HuDが仲介するmRNA分解と翻訳との共役機構, 武知美和, 大島卓弥, 深尾亜喜良, 藤原俊伸, 日本RNA学会年会要旨集, 17th, 114,   2015年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502201407074250
  • RNA結合タンパク質HuDによる翻訳促進機構の素過程の解析, 大塚衆志, 深尾亜喜良, 藤原俊伸, 日本RNA学会年会要旨集, 17th, 251,   2015年07月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502201526800180
  • RNA結合性マルチドメインタンパク質Nrd1の溶液状態における構造解析, 小林彩保, 佐藤亮介, 藤原俊伸, 伊藤隆, 杉浦麗子, 三島正規, 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 15th, 92,   2015年05月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502261342230390
  • カイコ幼虫を用いた活性型PKBの発現と精製, 前崎綾子, 佐藤亮介, 田岡万悟, 金場哲平, 朝野維起, 藤田千春, 藤原俊伸, 伊藤隆, 礒辺俊明, 箱嶋敏雄, 前仲勝実, 三島正規, 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 15th, 123,   2015年05月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502289925029962
  • 溶液状態におけるRNA結合タンパク質Nrd1の構造解析, 小林彩保, 中西絢子, 佐藤亮介, 藤原俊伸, 伊藤隆, 杉浦麗子, 三島正規, Abstr Annu Meet NMR Soc Jpn, 53rd, 216, 217,   2014年11月04日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502261166309333
  • cap‐poly(A) mRNAの翻訳におけるHuDとPABPの相関関係, 大塚衆志, 深尾亜喜良, 藤原俊伸, 日本RNA学会年会要旨集, 16th, 182,   2014年07月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402254231545518
  • ポリオウイルスの細胞種特異的なIRES依存的翻訳の解析, 貞廣暁利, 佐藤亮介, 深尾亜喜良, 野本明男, 藤原俊伸, 日本RNA学会年会要旨集, 16th, 204,   2014年07月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402263307005770
  • HuDとeIF3の相互作用による翻訳制御の解析, 高辻良文, 深尾亜喜良, 藤原俊伸, 日本RNA学会年会要旨集, 16th, 233,   2014年07月23日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402267939929990
  • RBD-1, a nucleolar RNA-binding protein, is essential for Caenorhabdities elegans early development through 18S ribosomal RNA processing., Nucleic Acids Res., 32, 3, 1028-1036,   2003年, 10.1093/nar/gkh264
  • Functional basis for promotion of neuronal differentiation by the ELAV protein HuD.,   2003年
  • Microubule association of a neuronal RNA-binding protein HuD through its binding to the light chain of MAP1B.,   2003年
  • ゼブラフィッシュPGC形成過程におけるzDazlの機能解析,   2003年
  • 神経特異的Hu蛋白質の機能解析,   2003年
  • TAP/NXF1, the primary mRNA export receptor specifically interacts with a neuronal RNA-binding protein HuD., Biochem Biophys Res Commun, 321, 2, 291-297,   2004年, 10.1016/j.bbrc.2004.06.140
  • MRG-1, A C. ELEGANS CHROMODOMAIN PROTEIN IS ESSENTIAL FOR PROPER GENE EXPRESSION IN THE PRIMORDIAL GERM CELLS.,   2005年
  • Regulation of alternative splicing by Fox-1 via binding to GCAUG sequence upstream of alternative exon.,   2005年
  • Regulation of 18S ribosomal RNA processing in Caenorhabditis elegans.,   2005年
  • RNA結合タンパク質Fox-1による選択的スプライシング制御機構の解析.,   2005年
  • RNA結合蛋白質が主役となる神経系での転写後遺伝子発現調節 蛋白質核酸酵素(2006年12月号増刊)「RNAと生命」VII.RNAと高次生命現象、51、2609-2616, 共立出版,   2006年
  • Differential regulation of germline specific mRNAs in soma and primordial germ cells by zebrafish miR-430., Current Biology, 16, 21, 2135-2142,   2006年, 10.1016/j.cub.2006.08.086
  • Tissue-specific splicing regulator Fox-1 induces exon skipping by interfering E complex formation on the downstream intron of human F1γ gene, Nucleic Acids Res., 35, 16, 5303-5311,   2007年, 10.1093/nar/gkm569
  • Tissue-specific splicing regulator Fox-1 induces exon skipping by interfering E complex formation on the downstream intron of human F1γ gene, Nucleic Acids Research, Vol. 35, No. 16, pp. 5303?5311,   2007年, 10.1093/nar/gkm569
  • Neuronal RNA binding protein HuD interact with protein kinase B,   2007年
  • Mechanism of pre-ribosomal RNA processing in Caenorhabditis elegans,   2007年
  • Movement of Caenorhabditis elegans nucleolar small RNAs in eggs before and after the fertilization,   2007年
  • Neuronal RNA binding protein HuD interact with protein kinase B,   2007年
  • 受精前後の卵における 核小体低分子RNA動態の可視化,   2007年
  • Distribution of U3 small nucleolar RNA and fibrillarin during early embryogenesis in Caenorhabditis elegans., Biochimie, 90, 6, 898-907,   2008年, 10.1016/j.biochi.2008.02.001

受賞

  •   2014年03月, 上原記念生命科学財団, 研究推進特別奨励賞
  •   2012年03月, 内藤記念科学振興財団, 若手ステップアップ研究奨励賞
  •   2008年04月, 長瀬科学技術振興財団, 振興賞
  •   2005年03月, 上原記念生命科学振興財団, 研究奨励賞
  •   2004年03月, 内藤記念科学振興財団, 奨励賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型), ヒトにおけるmicroRNAマシナリーによる翻訳抑制の作動原理の解明, 藤原 俊伸
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), RNA結合蛋白質が細胞シグナルに応答して制御する翻訳とmRNA分解との連携機構, 藤原 俊伸
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 新規抗真菌薬創製を目指したRNA アプタマーの創製 研究課題, 藤原 俊伸
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), RNA結合タンパク質がファインチューニングする翻訳開始制御機構, 藤原 俊伸, luciferase mRNAにmiRNAの標的配列を付加したレポーターRNAを用いて、miRNAの存在下および非存在下でのレポーターの発現をHEK293細胞の抽出液を用いたin vitro翻訳系で検証することに成功した。そこで、このin vitro解析系を利用し、RNA結合蛋白質HuDによる翻訳活性化とmiRNAによる翻訳抑制との関係を検証した。その結果、HUDはmiRNAによる翻訳抑制に対し阻害的に働くことを明らかにした。次にどの過程・因子がmiRNAマシナリーの標的となっているかという命題を解決するため、mRNA pull-down法によりmiRNAマシナリーに関わる因子を同定することを試みた。その結果、ある翻訳開始因子が重要な役割を果たすことを明らかに、これらの内容は現在Molecular Cell誌に投稿中である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), RNAアプタマーによる腫瘍マーカー検出法の開発, 藤原 俊伸, スフィンゴシン1-リン酸(S1P)は生体膜構成成分スフィンゴ脂質の代謝産物であり、細胞表面に発現しているスフィンゴシン1-リン酸受容体(S1PR)と結合し、細胞遊走などの生理活性を発揮する。S1PRはGタンパク質共役型受容体(GPCR)であり、これまでに5つのサブタイプが同定され、それぞれ組織特異的に発現している。そして、近年S1PRがガンの悪性化に深く関わることが明らかになってきており、腫瘍マーカーとしての位置づけも重要となってきた。現在、受容体を標的とする腫瘍イメージングは、RI標識したリガンドおよびリガンドアナログを用いて行われている。また、抗腫瘍作用を有するリガンドの開発も盛んに行われている。しかしながら、従来の治療・診断用物質は、標的となる腫瘍細胞表面の受容体のみならず、正常細胞に発現している受容体とも交差反応するために、診断精度・治療上の安全性に問題が指摘されている。そのため、サブタイプ特異的作動薬および診断薬の開発が期待されている。そこで、S1PRの各サブタイプと特異的に結合できる人工リガンドを「RNA」という高分子マテリアルを利用し、創製することを試みている。本年度はヒトS1PRを標的とするRNAアプタマーを、SELEX法で創製するために必要な組換えタンパク質およびS1PR発現細胞の作成に取りかかった。具体的にはS1PRのうち、細胞表面に出ているペプチド部分について各S1PRのサブタイプについて大腸菌を用いた組換えタンパク質として調製した。一方で、S1PRを発現していないCHO-K1 細胞にレンチウィルス発現系を用いてS1PRの各サブタイプを恒常的に発現するstable cell lineを構築し、この細胞を用いたCell-base SELEXを実施を開始した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)), microRNAが関与する翻訳抑制機構の素過程の解析, 藤原 俊伸, cap構造の認識から開始される翻訳開始複合体の形成は翻訳の律速段階であり、タンパク質合成を調節するうえでこの過程を制御することは効率がよく、翻訳開始因子群のリン酸化を担うシグナル伝達因子を中心に実例も数多くある。そしてこれまでにmiRNAによる翻訳抑制の標的は翻訳の律速段階である開始であることが強く示唆されている。したがって翻訳を下方修正する手段としてmiRNAによる翻訳開始の抑制は効率的であるといえる。しかしながら、高等真核生物におけるmiRNAによる翻訳開始過程の抑制の素過程は、精力的に研究されているmiRNA が触媒するmRNAの分解過程とは異なりその詳細が明らかにされていない。そこで、miRNAによる翻訳開始抑制時に、翻訳開始過程のどのステップが標的とされているのか、またどのような因子を標的としているのかを申請者が有する生化学的技法を駆使して、明らかにすることを試みた。その結果、miRNAによる翻訳抑制機構は、翻訳開始因子の1つを標的としていることを明らかにした。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)), 神経特異的RNA結合蛋白質とmicroRNAによる翻訳制御機構の解明, 藤原 俊伸, 神経細胞の分化や機能発現を、翻訳調節ネットワークという視点から解明することを目的として、神経特異的なRNA結合タンパク質HuDの働きがmicroRNAマシナリーとどのように協調あるいは拮抗して働くかを研究する。領域代表・泊博士および領域内研究者である神戸大学・三嶋博士との共同研究を実施し、翻訳開始機構およびmiRNAによる翻訳抑制との相関関係について研究を行った。具体的には、miRNA存在、非存在下における翻訳開始複合体形成およびPABP枯渇状態でのpolysome形成状態をショ糖密度勾配遠心により解析を行った。その結果、miRNAによる標的mRNAの抑制には脱アデニル化・mRNA分解およびPABPに依存しない「直接的な翻訳抑制」が関与することを明らかにし、PNAS誌上で発表した。また、HuDがどのように局所翻訳に寄与しているかを、微小管との結合を足掛かりに解析した。これまでの神経特異的Huタンパク質がどのように微小管上に結合しているのかは不明であった。そして、HuDは微小管結合タンパク質であるLC1を介して微小管に結合し、標的mRNAの神経突起内における輸送などに関与する可能性が示唆された。さらに、RNA結合タンパク質HuDがシグナル伝達因子Aktの活性型と特異的に結合すること、さらにAkt1との結合がHuDの分化誘導能に必須であることを証明し、NAR誌上で発表した。また、これまで機能未知であったeIF5 mimic proteinの機能解析をカンサス州立大学・浅野桂博士との共同研究で行い、翻訳抑制機能を持つことを明らかにした。さらに、弘前大学・牛田千里准教授との共同研究により、藤原が有する独自の生化学系を用いてこれまでに報告がなかったC.elegansのU8 snoRNAを発見している。
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費), ヒトソマトスタチン受容体を標的とするRNAアプタマーの創製とその応用による新規腫瘍診断薬および抗腫瘍薬の開発, 藤原 俊伸
  • 科学技術振興機構, さきがけ「RNAと生体機能」, 細胞周期とリボソーム生合成制御の連携システムの解明, 藤原 俊伸
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 多細胞生物におけるリボソーム生合成制御システムの解明, 藤原 俊伸, 線虫では未同定であったU3 snoRNAを同定した。その5'末端にはキャップ構造(恐らくトリメチルGキャップ:TMG)が存在することを確認した。そして、線虫個体におけるその発現解析を行ってきた。胚発生期における発現様式をin situ hybridization法で解析したところ以下のような知見を得ている。i)初期胚では核小体は形成されていないという報告があるものの、U3 snoRNAの存在を示すシグナルは局所的な強いフォーカスとして観察された。ii)体細胞型の細胞周期に移行するMBTになると核小体が出現し、かつU3 snoRNAは核小体に局在する。線虫の場合、核小体は胚発生の過程で100細胞期あたりから形成されてくる。したがって、核小体に局在する低分子RNAの集合もこの時期から始まることが期待された。しかし、U3 snoRNA、U18 snoRNA (rRNAの修飾をガイドするC/D snoRNAの一つ)のそれぞれと相補的な配列を持つプローブを用いたRNA-FISHの結果は予想に反し、雌性前核と雄性前核融合の前までに、これらが局所的に集合することを示した。また、受精直後から雌性前核と雄性前核の融合に至るまでの時期における、これら核小体RNAの挙動には微妙な違いが観察され、RNAの種類によって集合の過程に違いがあることが示唆された。現在これに関する論文を投稿準備中である。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生化学, 近畿大学
  • 基礎生物学, 近畿大学
  • 免疫学, 名古屋市立大学
  • 環境衛生学, 名古屋市立大学
  • 臨床薬学IV, 名古屋市立大学
  • 公衆衛生学, 名古屋市立大学
  • 衛生化学, 名古屋市立大学