KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宮田 信吾ミヤタ シンゴ

プロフィール

所属部署名東洋医学研究所
職名教授
学位博士(医学)
専門脳科学、分子生物学
ジャンル医療・健康/漢方・中医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/821-miyata-shingo.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/toyo/study/index.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    脳の病気、こころの病気の研究および漢方の臨床応用研究を行っています。特に、神経変性疾患やストレス性精神疾患発症の分子機序の研究と、新規治療薬や診断薬開発の為の植物成分の検討です。

学歴・経歴

学歴

  • 2001年04月 - 2005年03月, 大阪大学大学院, 医学系研究科 , 博士課程

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2012年04月,  - 2016年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2006年04月,  - 2012年03月, 大阪大学 子どものこころの分子統御機構研究センター 特任助教(兼任)
  •   2005年04月,  - 2012年03月, 大阪大学大学院(助教)
  •   2002年04月,  - 2005年03月, 日本学術振興会(特別研究員(DC1))

研究活動情報

研究分野

  • 腫瘍学, 腫瘍生物学
  • 生物科学, 発生生物学
  • 生物科学, 分子生物学
  • 生物科学, 細胞生物学
  • 神経科学, 神経解剖学・神経病理学
  • 基礎医学, 解剖学一般(含組織学・発生学)
  • 神経科学, 神経化学・神経薬理学

研究キーワード

  • 創薬, microRNA, 視床下部, 拡散テンソル, 髄鞘, 不安障害, 統合失調症, 鍼治療, 漢方薬, 局所的翻訳, 樹状突起, 脳卒中, 包括脳ネットワーク, PRMT3, 大脳皮質, 神経回路, 海馬, ストレス, ゴルジ体, うつ病, SGK1, オリゴデンドロサイト, CARM1, マイクログリア, 脊髄損傷, PRMT1, protein methylation, Btg2, neurite outgrowth, immediately early gene, PRMT8, Neuro2a cells, RNAi

論文

  • Association between chronic stress-induced structural abnormalities in Ranvier nodes and reduced oligodendrocyte activity in major depression., Miyata S, Taniguchi M, Koyama Y, Shimizu S, Tanaka T, Yasuno F, Yamamoto A, Iida H, Kudo T, Katayama T, Tohyama M, Scientific reports, 6, 23084,   2016年03月, 査読有り
  • Sgk1 regulates desmoglein 1 expression levels in oligodendrocytes in the mouse corpus callosum after chronic stress exposure., Miyata S, Yoshikawa K, Taniguchi M, Ishikawa T, Tanaka T, Shimizu S, Tohyama M, Biochemical and biophysical research communications, 464, 1, 76, 82,   2015年08月, 査読有り
  • Molecular basis of major psychiatric diseases such as schizophrenia and depression., Tohyama M, Miyata S, Hattori T, Shimizu S, Matsuzaki S, Anatomical science international, 90, 3, 137, 143,   2015年06月, 査読有り
  • Yokukansan normalizes glucocorticoid receptor protein expression in oligodendrocytes of the corpus callosum by regulating microRNA-124a expression after stress exposure., Shimizu S, Tanaka T, Tohyama M, Miyata S, Brain research bulletin, 114, 49, 55,   2015年05月, 査読有り
  • The Kampo Medicine Yokukansan Decreases MicroRNA-18 Expression and Recovers Glucocorticoid Receptors Protein Expression in the Hypothalamus of Stressed Mice., Shimizu S, Tanaka T, Takeda T, Tohyama M, Miyata S, BioMed research international, 2015, 797280,   2015年, 査読有り
  • Disturbance of oligodendrocyte function plays a key role in the pathogenesis of schizophrenia and major depressive disorder., Miyata S, Hattori T, Shimizu S, Ito A, Tohyama M, BioMed research international, 2015, 492367,   2015年, 査読有り
  • (+)-Catechin protects dermal fibroblasts against oxidative stress-induced apoptosis., Tanigawa T, Kanazawa S, Ichibori R, Fujiwara T, Magome T, Shingaki K, Miyata S, Hata Y, Tomita K, Matsuda K, Kubo T, Tohyama M, Yano K, Hosokawa K, BMC complementary and alternative medicine, 14, 133,   2014年04月, 査読有り
  • Therapeutic effect of electroacupuncture in a p75 knockout mouse model of progressive hearing loss., Maeda T, Taniguchi M, Shingaki K, Kanazawa S, Miyata S, Acupuncture in medicine : journal of the British Medical Acupuncture Society, 32, 90, 92,   2014年02月, 査読有り
  • DBZ, a CNS-specific DISC1 binding protein, positively regulates oligodendrocyte differentiation., Shimizu S, Koyama Y, Hattori T, Tachibana T, Yoshimi T, Emoto H, Matsumoto Y, Miyata S, Katayama T, Ito A, Tohyama M, Glia, 62, 5, 709, 724,   2014年01月, 査読有り
  • L-arginine stimulates fibroblast proliferation through the GPRC6A-ERK1/2 and PI3K/Akt pathway., Fujiwara T, Kanazawa S, Ichibori R, Tanigawa T, Magome T, Shingaki K, Miyata S, Tohyama M, Hosokawa K, PloS one, 9, 3, e92168,   2014年, 査読有り
  • XLMR protein related to neurite extension (Xpn/KIAA2022) regulates cell-cell and cell-matrix adhesion and migration., Magome T, Hattori T, Taniguchi M, Ishikawa T, Miyata S, Yamada K, Takamura H, Matsuzaki S, Ito A, Tohyama M, Katayama T, Neurochemistry international, 63, 561, 569,   2013年09月, 査読有り
  • Suppressive effect of nobiletin, a citrus polymethoxyflavonoid that downregulates thioredoxin-interacting protein expression, on tunicamycin-induced apoptosis in SK-N-SH human neuroblastoma cells., Ikeda A, Nemoto K, Yoshida C, Miyata S, Mori J, Soejima S, Yokosuka A, Mimaki Y, Ohizumi Y, Degawa M, Neuroscience letters, 549, 135, 139,   2013年08月, 査読有り
  • Anti-inflammatory effect of electroacupuncture in the C3H/HeJ mouse model of alopecia areata., Maeda T, Taniguchi M, Matsuzaki S, Shingaki K, Kanazawa S, Miyata S, Acupuncture in medicine : journal of the British Medical Acupuncture Society, 31, 117, 119,   2013年03月, 査読有り
  • The endoplasmic reticulum-resident chaperone heat shock protein 47 protects the Golgi apparatus from the effects of O-glycosylation inhibition., Miyata S, Mizuno T, Koyama Y, Katayama T, Tohyama M, PloS one, 8, e69732,   2013年, 査読有り
  • NGF-p75 and neuropsin/KLK8 pathways stimulate each other to cause hyperkeratosis and acanthosis in inflamed skin., Shingaki K, Taniguchi M, Kanazawa S, Matsuzaki S, Maeda T, Miyata S, Kubo T, Torii K, Shiosaka S, Tohyama M, Journal of dermatological science, 67, 71, 73,   2012年07月, 査読有り
  • Transient expression of Xpn, an XLMR protein related to neurite extension, during brain development and participation in neurite outgrowth., Ishikawa T, Miyata S, Koyama Y, Yoshikawa K, Hattori T, Kumamoto N, Shingaki K, Katayama T, Tohyama M, Neuroscience, 214, 181, 191,   2012年07月, 査読有り
  • TRAP1 controls mitochondrial fusion/fission balance through Drp1 and Mff expression., Takamura H, Koyama Y, Matsuzaki S, Yamada K, Hattori T, Miyata S, Takemoto K, Tohyama M, Katayama T, PloS one, 7, e51912,   2012年, 査読有り
  • Psychosis and Adhesion Molecules., Hattori T, Miyata S, Ito A, Katayama T, Tohyama M, InTech, Mental Illness, Book 1,   2012年, 査読有り
  • Mitochondrial TRAP1 regulates the unfolded protein response in the endoplasmic reticulum., Takemoto K, Miyata S, Takamura H, Katayama T, Tohyama M, Neurochemistry international, 58, 880, 887,   2011年07月, 査読有り
  • Plasma corticosterone activates SGK1 and induces morphological changes in oligodendrocytes in corpus callosum., Miyata S, Koyama Y, Takemoto K, Yoshikawa K, Ishikawa T, Taniguchi M, Inoue K, Aoki M, Hori O, Katayama T, Tohyama M, PloS one, 6, e19859,   2011年, 査読有り
  • Yokukansan inhibits neuronal death during ER stress by regulating the unfolded protein response., Hiratsuka T, Matsuzaki S, Miyata S, Kinoshita M, Kakehi K, Nishida S, Katayama T, Tohyama M, PloS one, 5, e13280,   2010年10月, 査読有り
  • PRMT3 is essential for dendritic spine maturation in rat hippocampal neurons., Miyata S, Mori Y, Tohyama M, Brain research, 1352, 11, 20,   2010年09月, 査読有り
  • bFGF regulates PI3-kinase-Rac1-JNK pathway and promotes fibroblast migration in wound healing., Kanazawa S, Fujiwara T, Matsuzaki S, Shingaki K, Taniguchi M, Miyata S, Tohyama M, Sakai Y, Yano K, Hosokawa K, Kubo T, PloS one, 5, e12228,   2010年08月, 査読有り
  • Dysbindin regulates the transcriptional level of myristoylated alanine-rich protein kinase C substrate via the interaction with NF-YB in mice brain., Okuda H, Kuwahara R, Matsuzaki S, Miyata S, Kumamoto N, Hattori T, Shimizu S, Yamada K, Kawamoto K, Hashimoto R, Takeda M, Katayama T, Tohyama M, PloS one, 5, e8773,   2010年01月, 査読有り
  • The distribution and characterization of endogenous protein arginine N-methyltransferase 8 in mouse CNS., Kousaka A, Mori Y, Koyama Y, Taneda T, Miyata S, Tohyama M., Neuroscience, 163, 1146, 1157,   2009年, 査読有り
  • A homozygous mutation in human PRICKLE1 causes an autosomal-recessive progressive myoclonus epilepsy-ataxia syndrome., Bassuk AG, Wallace RH, Buhr A, Buller AR, Afawi Z, Shimojo M, Miyata S, Chen S, Gonzalez-Alegre P, Griesbach HL, Wu S, Nashelsky M, Vladar EK, Antic D, Ferguson PJ, Cirak S, Voit T, Scott MP, Axelrod JD, Gurnett C, Daoud AS, Kivity S, Neufeld MY, Mazarib A, Straussberg R, Walid S, Korczyn AD, Slusarski DC, Berkovic SF, El-Shanti HI, American journal of human genetics, 83, 572, 581,   2008年11月, 査読有り
  • PRMT1 and Btg2 regulates neurite outgrowth of Neuro2a cells., Miyata S, Mori Y, Tohyama M, Neuroscience letters, 445, 162, 165,   2008年11月, 査読有り
  • Mouse Prickle1 and Prickle2 are expressed in postmitotic neurons and promote neurite outgrowth., Okuda H, Miyata S, Mori Y, Tohyama M, FEBS letters, 581, 4754, 4760,   2007年10月, 査読有り
  • Specific regional distribution of protein arginine methyltransferase 8 (PRMT8) in the mouse brain., Taneda T, Miyata S, Kousaka A, Inoue K, Koyama Y, Mori Y, Tohyama M, Brain research, 1155, 1, 9,   2007年06月, 査読有り
  • CARM1 regulates proliferation of PC12 cells by methylating HuD., Fujiwara T, Mori Y, Chu DL, Koyama Y, Miyata S, Tanaka H, Yachi K, Kubo T, Yoshikawa H, Tohyama M, Molecular and cellular biology, 26, 2273, 2285,   2006年03月, 査読有り
  • Local protein synthesis by BDNF is potentiated in hippocampal neurons exposed to ephrins., Miyata S, Mori Y, Fujiwara T, Ikenaka K, Matsuzaki S, Oono K, Katayama T, Tohyama M, Brain research. Molecular brain research, 134, 333, 337,   2005年04月, 査読有り
  • JAB1 participates in unfolded protein responses by association and dissociation with IRE1., Oono K, Yoneda T, Manabe T, Yamagishi S, Matsuda S, Hitomi J, Miyata S, Mizuno T, Imaizumi K, Katayama T, Tohyama M, Neurochemistry international, 45, 765, 772,   2004年10月, 査読有り
  • Metals accelerate production of the aberrant splicing isoform of the presenilin-2., Matsuzaki S, Manabe T, Katayama T, Nishikawa A, Yanagita T, Okuda H, Yasuda Y, Miyata S, Meshitsuka S, Tohyama M, Journal of neurochemistry, 88, 1345, 1351,   2004年03月, 査読有り
  • Role of ARF4L in recycling between endosomes and the plasma membrane., Katayama T, Imaizumi K, Yoneda T, Taniguchi M, Honda A, Manabe T, Hitomi J, Oono K, Baba K, Miyata S, Matsuzaki S, Takatsuji K, Tohyama M, Cellular and molecular neurobiology, 24, 137, 147,   2004年02月, 査読有り
  • Gene expression of Neurotrophins and Their Receptors in Lead Nitrate-Induced Rat Liver Hyperplasia., Nemoto K, Miyata S, Nemoto F, Yasumoto T, Murai U, Kageyama H and Degawa M., Biochem. Biophys. Res. Commun., 275, 472, 476,   2000年, 査読有り
  • A possible mechanism of TPA-mediated downregulation of neurotrophin-3 gene expression in rat cultured vascular smooth muscle cells., Nemoto K, Sekimoto M, Fukamachi K, Nemoto F, Miyata S, Nakamura Y, Hamada M, Senba E, Ueyama T and Degawa M., Brain Res. Mol. Brain Res., 68, 186, 189,   1999年, 査読有り
  • Novel alternative splicing in the 5’ exon of the neurotrophin-3 gene., Sekimoto M, Fukamachi K, Nemoto F, Miyata S, Degawa M, Senba E, Ueyama T and Nemoto K., NeuroReport, 9, 3675, 3679,   1998年, 査読有り
  • Gene Expression of Neurotrophins and Their Receptors in Cultured Rat vascular Smooth Muscle Cells., Nemoto K, Fukamachi K, Nemoto F, Miyata S, Hamada M, Nakamura Y, Senba E, and Ueyama T., Biochem. Biophys. Res. Commun., 245, 284, 288,   1998年, 査読有り

書籍等出版物

  • ストレス科学事典, 宮田信吾、遠山正彌、他, 分担執筆, 実務教育出版,   2011年

講演・口頭発表等

  • 脳白質機能変化とうつ病発症の関連性〜マウスモデル動物からヒトうつ病患者まで〜, 宮田信吾, 神戸大学大学院医学系研究科 先端医学トピックス,   2016年07月, 招待有り
  • 漢方薬はなぜ効くか?〜基礎医学から〜, 宮田信吾, 第22回日本女性心身医学会研修会・講演,   2016年02月, 招待有り
  • うつ病発症に関わるオリゴデンドロサイトの機能異常に関する研究, 宮田信吾、清水尚子、田中貴士、松村彬世、川上あゆみ、鹿島美恵子、遠山正彌, BMB2015, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会,   2015年12月
  • Plasma corticosterone regulates cadherin superfamily molecules in oligodendrocytes in the mouse corpus callosum, Shingo Miyata, Keiko Yoshikawa, Manabu Taniguchi, Toshiko Ishikawa, Takashi Tanaka, Shoko Shimizu, Masaya Tohyama, 第20回グリア研究会,   2015年12月
  • 慢性ストレス応答と抑肝散による自律神経系制御の可能性, 宮田信吾、清水尚子、田中貴士、松村彬世、川上あゆみ、遠山正彌, 第68回日本自律神経学会総会,   2015年10月
  • 基礎医学研究における漢方薬のエビデンス~抑肝散の精神神経症状に対する効果の検討~, 宮田信吾, 第14回愛媛東洋医学カンファレンス(COME),   2015年02月, 招待有り
  • ゴルジストレス特異的発現変動因子の機能解析, 宮田信吾、遠山正彌, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年12月
  • ストレス応答系に対する抑肝散の効果, 宮田信吾, 第41回日本脳科学会,   2014年11月
  • オリゴデンドロサイトの機能とストレス, 宮田信吾、清水尚子、田中貴士、遠山正彌, 第36回日本生物学的精神医学会、第57回日本神経化学会大会 合同学会,   2014年09月
  • エビデンスに基づいた漢方薬の基礎医学研究~神経系への抑肝散の効果~, 宮田信吾, 第2回 Osaka Science-based Kampo研究会,   2014年02月22日, 招待有り
  • 慢性ストレスによる線維束オリゴデンドロサイトの構造変化, 宮田信吾、清水尚子、遠山正彌、他, 第18回グリア研究会,   2013年10月16日, グリア研究会
  • うつ病発症に関わる脳白質特異的シグナル伝達経路の解明, 宮田信吾、清水尚子、遠山正彌、他, 第72回近畿大学医学会学術講演会,   2013年, 近畿大学医学会
  • 漢方薬と神経細胞死 -抑肝散の神経機能障害への効能解析-, 宮田信吾, 第34回日本生物学的精神医学会,   2012年09月
  • こころの病気・脳の病気の科学的解析, 宮田信吾, 近畿大学医学部 基礎医学系セミナー,   2012年07月12日, 近畿大学医学部
  • うつ病態におけるグリア細胞の役割, 宮田信吾, CRESTセミナー,   2012年04月27日, 招待有り, 奈良先端科学技術大学
  • 慢性ストレス応答によるオリゴデンドロサイト特異的なシグナル伝達機構の解明, 宮田信吾、小山佳久、吉川景子、石川淑子、谷口学、嶽本香菜、遠山正彌, 第15回 グリア研究会,   2010年10月, グリア研究会
  • Molecular pathogenesis of major depression: The relationship between oligodendrocyte dysfunctions, Shingo Miyata, Neuro2010 第33回日本神経科学大会、第53回日本神経化学会大会、第20回日本神経回路学会大会合同大会,   2010年09月, 日本神経化学会
  • オリゴデンドロサイト特異的な発現変動因子によるうつ病発症機構の解明, 宮田信吾、吉川景子、嶽本香奈、小山佳久、遠山正彌,   2009年11月, グリア研究会
  • 神経細胞におけるミトコンドリア局在TRAP1とERストレスとの関連性, 嶽本香奈、宮田信吾、吉川景子、片山泰一、遠山正彌,   2009年11月, 日本解剖学会
  • 精神疾患発症機構へのmicroRNAの関与, 宮田信吾、橋本亮太、嶽本香菜、吉川景子、遠山正彌,   2009年11月, 自律神経学会
  • ラット海馬神経細胞での局所的翻訳におけるrpS2の安定化の重要性, 宮田信吾、森泰丈、遠山正彌,   2009年06月, 日本神経化学会
  • alpha CaMKII mRNAの輸送機構に関与するタンパク質の同定, 森泰丈、宮田信吾、遠山正彌, 第52回 日本神経化学会大会,   2009年06月
  • 慢性ストレス応答によるオリゴデンドロサイト機能異常の可能性, 宮田信吾、吉川景子、石川淑子、嶽本香奈、谷口学、小山佳久、片山泰一、遠山正彌, 第115回 日本解剖学会総会,   2009年03月, 日本解剖学会
  • ヒト脳におけるserum/glucocorticoid regulated kinase 1 (Sgk1) との相互作用因子の網羅的探索, 石川淑子、宮田信吾、吉川景子、嶽本香菜、遠山正彌, 第115回 日本解剖学会総会,   2009年03月
  • タンパクメチル化酵素Protein Arginine N-methyltransferase 3 (PRMT3) によるラット海馬神経細胞樹状突起での翻訳制御機構, 宮田信吾、森泰丈、遠山正彌, 第51回 日本神経化学会大会,   2008年09月
  • 神経細胞の形態分化におけるタンパク質アルギニンメチル化の機能解析—タンパク質アルギニンメチル化酵素 (PRMT) ノックダウン細胞の解析から分かったこと, 宮田信吾, 第78回 千里神経懇話会・新適塾,   2006年10月, 招待有り
  • 神経分化におけるタンパクメチル化の関与の可能性, 宮田信吾、森泰丈、藤原達司、遠山正彌, 第26回 日本分子生物学会年会,   2003年12月

受賞

  •   2016年, 近畿大学, 医学会賞
  •   2014年, 近畿大学, 医学会賞
  •   2013年, 近畿大学医学会, 一般演題優秀賞
  •   2000年, 日本薬学会 第120年会, 講演ハイライト 採択

競争的資金

  • 文部科学省, 基盤研究(C), オリゴデンドロサイト機能異常よるうつ病発症機構へのタンパクメチル化の関与, 宮田信吾
  • 文部科学省, 基盤研究(C), アストロサイトに高発現するDISC1の機能解析~統合失調症との関連を中心に~, 遠山正彌
  • 日本医療研究開発機構, 創薬総合支援事業, 新規うつ病治療薬の探索, 宮田信吾
  • 文部科学省, 新学術領域研究(研究領域提案型) , 髄鞘による軸索機能制御に関わる細胞内・細胞間情報伝達機構の解明, 宮田信吾
  • 文部科学省, 基盤研究(C), 脳白質におけるリン酸化とメチル化をキーとしたうつ病発症機構の解明, 宮田信吾
  • 厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費) , 抑肝散の示す精神疾患周辺行動改善に対する科学的検証, 遠山正彌
  • 文部科学省, 若手研究(B), 協調的タンパクメチル化による新たな神経突起伸展機構, 宮田信吾
  • 文部科学省, 特別研究員奨励費, 神経細胞における樹状突起へのmRNA輸送機構とタンパクメチル化に関する研究 , 宮田信吾

教育活動情報

担当経験のある科目

  • チュートリアル(機能I), 近畿大学
  • 解剖生理学, 看護専門学校
  • 情報活用基礎, 大阪大学
  • 生理学I, 大阪大学
  • 発生学, 大阪大学
  • 系統解剖学・解剖学実習, 大阪大学、近畿大学
  • 神経解剖学・脳実習, 大阪大学
  • 組織学・組織学実習, 大阪大学、近畿大学
  • 神経科学, 大阪大学