KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

東山 浩士ヒガシヤマ ヒロシ

プロフィール

所属部署名理工学部 社会環境工学科 / 総合理工学研究科
職名教授/社会環境工学科長
学位博士(工学)
専門構造工学、橋梁工学、メインテナンス工学
ジャンル科学・技術/建設
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/535-higashiyama-hiroshi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    橋梁を中心としたコンクリート構造物や鋼構造物などの耐久性や耐荷力、維持管理(メインテナンス)、補修・補強について研究しています。

学歴・経歴

学歴

  • 1996年04月 - 1999年03月, 大阪大学大学院, 工学研究科, 土木工学専攻 博士後期課程
  • 1994年04月 - 1996年03月, 大阪大学大学院, 工学研究科, 土木工学専攻 博士前期課程
  • 1990年04月 - 1994年03月, 近畿大学, 理工学部, 土木工学科

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2010年04月,  - 2016年03月, 近畿大学理工学部社会環境工学科(准教授)
  •   2005年04月,  - 2006年03月, ブリティッシュコロンビア大学(客員研究員)
  •   2002年04月,  - 2010年03月, 近畿大学理工学部社会環境工学科(講師)
  •   1999年04月,  - 2002年03月, 近畿大学理工学部土木工学科(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 土木工学, 土木材料・施工・建設マネジメント
  • 土木工学, 構造工学・地震工学・維持管理工学

研究キーワード

  • 合成構造, コンクリート構造, 道路橋床版, 維持管理

論文

  • Surface temperature of asphalt pavements with colored cement-based grouting materials containing ceramic waste powder and zeolite, International Journal of Civil, Environmental, Structural, Construction and Architectural Engineering, 11, 8, 936, 942,   2017年08月, 査読有り
  • Fatigue resistance of surface temperature reducing pavement under fixed-point load, International Journal of GEOMATE, 13, 35, 166, 173,   2017年07月, 査読有り
  • 上面増厚工法施工後に劣化したRC床版に対する再補修工法の耐疲労性に関する検討, 神田利之,鈴木真,樅山好幸,東山 浩士, コンクリート工学年次論文集, 39, 1, 1741, 1746,   2017年07月, 査読有り
  • Characteristics of chloride diffusion and pore volume in ceramic waste aggregate mortar containing GGBS, H. Higashiyama, M. Sappakittipakorn, M. Mizukoshi, O. Takahashi, Intenrnational Journal of GEOMATE, 11, 26, 2568, 2575,   2016年10月, 査読有り
  • 上面増厚工法施工後に界面剥離により劣化したRC床版の補修工法に関する試験的研究, 鈴木 真,樅山好幸,神田利之,東山浩士, 第16回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集, 16, 645, 650,   2016年10月, 査読有り
  • Effect on surface temperature reduction of asphalt pavement with cement-based materials containing ceramic waste powder, H. Higashiyama, M. Sano, F. Nakanishi, O. Takahashi, S. Tsukuma, International Journal of Civil, Environmental, Structural, Construction and Architectural Engineering, 10, 8, 1014, 1020,   2016年08月, 査読有り
  • Field measurement of road surface temperature of several asphalt pavements with temperature rise reducing function, H. Higashiyama, M. Sano, F. Nakanishi, O. Takahashi, S. Tsukuma, Case Studies in Construction Materials, 4, 73, 80,   2016年06月, 査読有り
  • 車両走行位置から検討した道路橋RC床版の疲労耐久性, 佐光浩継,古市 亨,東山浩士,松井繁之, 構造工学論文集, 62A, 1149, 1159,   2016年03月, 査読有り
  • 路面温度低減機能を有する吸水型アスファルト舗装の開発と試験施工による検証, 東山浩士,佐野正典,稲岡尚毅,中西 太,高橋修,津熊茂, 舗装, 51, 1, 19, 23,   2016年01月, 査読有り
  • Mechanical properties and chloride diffusion of ceramic waste aggregate mortar containing ground granulated blast-furnace, H. Higashiyama, M. Sappakittipakorn, M. Mizukoshi, O. Takahashi, International Journal of Civil, Environmental, Structural, Construction and Architectural Engineering, 9, 9, 843, 848,   2015年09月, 査読有り
  • Time Dependency on Chloride Diffusion of Ceramic Waste Aggregate Mortars Containing Ground Granulated Blast-Furnace Slag, H. Higashiyama, M. Sappakittipakorn, M. Mizukoshi, O. Takahashi, 材料, 64, 7, 591, 598,   2015年07月, 査読有り
  • Characteristics of chloride ingress into mortars containing ceramic waste aggregate, H. Higashiyama, M. Sappakittipakorn, M. Sano, O. Takahashi, S. Tsukuma, Journal of Material Cycles and Waste Management, 17, 3, 513, 512,   2015年07月, 査読有り
  • 水浸定点疲労試験によるポットホール補修材料の疲労耐久性評価とその適用性に関する検討, 東山浩士,佐野正典,木下孝樹,吉田章人,稲岡尚毅, 舗装, 50, 7, 25, 30,   2015年07月, 査読有り
  • Mechanical characteristics of hollow shear connectors under direct shear force, K. Uenaka and H. Higashiyama, An international Journal of Steel and Composite Structures, 18, 2, 467, 480,   2015年02月, 査読有り
  • 碍子微粉末および石炭灰を有効利用した吸水・半たわみ型アスファルト舗装の検討とその路面温度低減効果, 東山浩士,佐野正典,竹内裕人,稲岡尚毅,高橋 修, 舗装, 49, 9, 18, 23,   2014年09月, 査読有り
  • Efficiency of ground granulated blast-furnace slag replacement in ceramic waste aggregate mortar, H. Higashiyama, M. Sappakittipakorn, M. Mizukoshi, O. Takahashi, Cement and Concrete Composites, 49, 43, 49,   2014年05月, 査読有り
  • Fatigue strength of headed studs welded with improved ferrules under rotating shear force, H. Higashiyama, K. Yoshida, K. Inamoto, S. Matsui, H. Kaido, Journal of Constructional Steel Research, 92, 211, 218,   2014年01月, 査読有り
  • A Visual investigation on Chloride Ingress into Ceramic Waste Aggregate Mortars having Different Water to Cement Ratios, 東山 浩士, 近畿大学大学院, Manote Sappakittipakorn, 近畿大学, 関電L&A, Construction and Building Materials, 40, 1021, 1028,   2013年03月
  • 高靭性PCM吹付け下面増厚補強RCはりのせん断耐力, 水越睦視, 東山 浩士, 山本光, セメント・コンクリート論文集, 99, 584, 591,   2013年02月
  • Chloride ion penetration into mortar containing ceramic waste aggregate, 東山 浩士, 佐野 正典, 栁下 文夫, M. Sappakittipakorn, Construction and Building Materials, 33, 8, 48, 54,   2012年08月
  • 鋼・コンクリート合成床版に適用する高耐久性スタッドの開発, 吉田 賢二, 東山 浩士, , 稲本 晃士, 松井 繁之, 街道 浩, 構造工学論文集, 58A, 906, 916,   2012年03月
  • Compressive strength and resistance to chloride penetration of mortars using ceramic waste as fine aggregate, H. Higashiyama, F. Yagishita, M. Sano and O. Takahashi, Construction and Building Materials, 26, 1, 96, 101,   2012年, 査読有り
  • 高靭性PCM吹付け下面増厚補強はりの破壊形態に及ぼす増厚材料の種類と補強鉄筋量の影響, 水越,榊原,東山,松井, コンクリート工学年次論文集, 33, 2, 1327, 1332,   2011年, 査読有り
  • PAE系ポリマーセメントモルタルを用いた補強はりのせん断耐力, 西原,中井,水越,東山, コンクリート工学年次論文集, 33, 2, 1375, 1380,   2011年, 査読有り
  • Design Equation for Punching Shear Capacity of SFRC Slabs, H. Higashiyama, A. Ota and M. Mizukoshi, International Journal of Concrete Structures and Materials, 5, 1, 35, 42,   2011年, 査読有り
  • 構造力学教育の現状把握と国家公務員試験問題を利用した学生の学習意欲向上への取組み, 米田 昌弘, 東山 浩士, 工学教育, 58, 5, 84, 89,   2010年09月
    概要:本論文は,土木系学科の最重要科目であり,かつ,公務員試験でも必ず出題される“構造力学”を取り上げ,本学科に在籍する1年(平成21年度入学生)~3年(平成19年度入学生)の学生を対象に,構造力学教育の現状と課題を探るとともに,国家公務員Ⅱ種試験問題を利用した学生の学習意欲向上への取組みについて報告したものである.
  • Fatigue Strength of Welded Joint between Channel Shape Steel and Steel Plate in Steel and Concrete Composite Deck, 東山 浩士, 京都大学大学院, 神戸市立工業高等専門学校, Proc. of the 5th Civil Engineering Conference in the Asian Region,   2010年08月
  • 廃棄碍子骨材を用いたモルタルの圧縮強度と塩分浸透抵抗性, 東山,松岡,栁下,佐野,酒井,高橋, 骨材資源, 167, 115, 122,   2010年, 査読有り
  • 排水性舗装発生材から回収した再生骨材のコンクリート舗装への有効活用, 東山,清水,佐野,山田, 舗装, 45, 7, 5, 10,   2010年, 査読有り
  • 細骨材の径および量が高靭性セメント複合材料の曲げ特性に及ぼす影響, 東山,清水,水越, セメント・コンクリート論文集, 63, 500, 506,   2010年, 査読有り
  • 高靭性ポリマーセメントモルタルを用いた下面増厚によるRCはりの曲げ補強効果, 水越,川上,榊原,東山, コンクリート工学年次論文集, 32, 2, 1363, 1368,   2010年, 査読有り
  • 排水性舗装発生材から再生化した骨材のコンクリート舗装への適用性に関する研究, 清水,東山,佐野,藤森, 建設用原材料, 18, 1, 1, 8,   2010年, 査読有り
  • Punching Shear Strength of RC Slabs Using Lightweight Concrete, 東山 浩士, 香川工業高等専門学校, 大阪工業大学, Proc. of 5th International Structural Engineering and Construction Conference, 111, 117,   2009年09月
  • 半円シアコネクタの直接せん断実験, 上中,東山,石川, コンクリート工学年次論文集, 31, 2, 1117, 1122,   2009年, 査読有り
  • みぞ形鋼と鋼板をすみ肉溶接した接合部の疲労強度, 東山,石川,上中, 材料, 58, 11, 937, 942,   2009年, 査読有り
  • 軽量コンクリートを用いたRC床版の押抜きせん断耐荷力評価における低減係数の検討, 東山,山本, 第6回道路橋床版シンポジウム論文報告集, 9, 14,   2008年, 査読有り
  • ポリプロピレン繊維補強軽量コンクリートの引張軟化特性, 東山,川島,青木,松井,水越, 材料, 57, 1, 90, 96,   2008年, 査読有り
  • 繊維補強軽量コンクリートを用いたRC床版の押抜きせん断耐荷力, 東山,水越,松井,青木, 構造工学論文集, 54A, 703-*712,   2008年, 査読有り
  • ポリプロピレン繊維補強軽量コンクリートの曲げタフネスとせん断タフネス, 東山,川島,青木,松井, セメント・コンクリート論文集, 61, 486, 493,   2008年, 査読有り
  • Correlating Flexural and Shear Toughness of Lightweight Fiber Reinforced Concrete, H. Higashiyama and N. Banthia, ACI Materials Journal, 105, 3, 251, 257,   2008年, 査読有り
  • 軽量化した鋼・コンクリート合成部材のせん断耐力, 東山 浩士, 神戸市立工業高等専門学校, 京都大学大学院, 京都大学大学院, コンクリート工学年次論文集, 29, 3, 1333, 1338,   2007年07月
  • 塩害により劣化したRC床版の疲労寿命予測に関する研究, 東山 浩士, 石川 敏之, 上中宏二郎, 第5回道路橋床版シンポジウム講演論文集, 125, 130,   2006年07月
    概要:塩害と疲労劣化を受けるRC床版の疲労寿命を床版厚,かぶり厚などの違いから予測した.
  • 破壊特性を考慮した軽量コンクリートRC床版の押抜きせん断耐荷力評価手法, 東山,水越,青木,松井, コンクリート工学論文集, 17, 2, 23, 31,   2006年, 査読有り
  • 軽量コンクリートを用いたRCはりのダウエル抵抗, 東山 浩士, 松井 繁之, 内田 美生 青木 真材, 第3回建設材料に関する国際会議, 1, 7,   2005年08月
    概要:軽量コンクリートを用いたRCはりのダウエル抵抗は普通コンクリートを用いた場合に比べて低下することが知られている.そこで,本研究では,その低下率をコンクリートの破壊エネルギーの違いに着目して評価を行った.
  • 日本における新形式PC床版,合成床版およびFRP合成床版, 松井 繁之, 東山 浩士, 大西 弘志, 橋梁床版技術に関する国際ワークショップ, 3, 29,   2005年08月
    概要:日本国内において研究開発された新形式PC床版,合成床版およびFRP合成床版に関する設計手法,疲労耐久性評価についてこれまで筆者らが行ってきた研究を紹介した.
  • 格子状ひび割れを有するRC床版の押抜きせん断耐荷力, 東山 浩士, 松井繁之, 第27回コンクリート工学年次論文集, 27, 2, 511, 516,   2005年06月
    概要:劣化損傷したRC床版の押抜きせん断耐荷力を評価するために,予め格子状ひび割れを導入したRC床版試験体の押抜きせん断実験を実施し,その破壊性状から引張鉄筋位置の剥離破壊抵抗を低減することによって耐荷力を概ね推定することができた.
  • 軽量コンクリートを用いたRC床版の押抜きせん断耐荷力とその実用性に関する研究, 東山,水越,松井,小田, コンクリート工学論文集, 16, 1, 45, 51,   2005年, 査読有り
  • 軽量コンクリートを用いたRC床版の押抜きせん断耐荷力, 東山 浩士, 松井繁之, 内田美生, 第2回橋梁のメンテナンス,安全性,マネージメント,コストに関する国際会議, S14, 07,   2004年10月
    概要:軽量コンクリートを用いたRC床版の押抜きせん断耐荷力算定方法を検討し,実験結果と比較を行った結果,精度よく推定することができた.
  • コンクリート充填FRP管の軸圧縮挙動に関する研究, 東山 浩士, 近畿大学理工学部研究報告, 40, 45, 53,   2004年09月
    概要:FRP管にコンクリートを充填したコンクリート充填FRP管の軸圧縮試験を行い,FRP管の拘束効果を調べ,また,解析的に拘束効果を検討した.
  • 下面増厚補強したRC床版の押抜きせん断耐荷力, 東山 浩士, 松井繁之, 松本 弘, 第4回カ国環境下におけるコンクリートに関する国際会議, 1745, 1752,   2004年06月
    概要:ポリマーセメントモルタルにより下面増厚補強したRC床版の押抜きせん断耐荷力は,付着が良好であれば補強鉄筋量にほぼ比例して増加することを明らかにした.
  • 下面増厚補強したRC床版の押抜きせん断挙動に関する3次元非線形有限要素解析, 東山,小田, 第4回道路橋床版シンポジウム講演論文集, 85, 90,   2004年, 査読有り
  • 二層構造を有する排水性舗装に関する研究, 藤森,佐野,東山,吉田,荒井, 土木学会論文集, No.774, V-65, 111, 121,   2004年, 査読有り
  • 軽量コンクリート床版の押抜きせん断耐荷力, 東山,水越,松井,小田, コンクリート工学年次論文集, Vol.25, No.2, 649-654,   2003年, 査読有り
  • 負曲げモーメントに対する上面増厚床版の疲労耐久性照査, コンクリート工学年次論文集, Vol.25, No.2, 1117-1122,   2003年
  • ポリマーセメントモルタルにより下面増厚補強したRC床版の押抜きせん断耐荷力, 東山,松井,伊藤, 第3回道路橋床版シンポジウム講演論文集, 163, 168,   2003年, 査読有り
  • 偏心荷重を受けたRC床版の押抜きせん断耐荷力の評価, 東山 浩士, 松井繁之, 第1回fib大阪コングレス, 11, 309, 314,   2002年10月
    概要:偏心荷重を受けたRC床版の押抜きせん断実験を行い,偏心位置と耐荷力の関係が床版断面に作用するせん断力と相関していることを解析結果とともに明らかにした.
  • 繊維補強コンクリートの曲げ疲労特性, 水越睦視, 東山 浩士, 松井繁之, 手塚光晴, 第1回fibコングレス, 7, 29, 34,   2002年10月
    概要:カーボン繊維,あるいは鋼繊維により補強したコンクリートの曲げ疲労実験を行い,繊維の種類,繊維混入量の違いから疲労寿命の評価を行った.
  • ポリマーセメントモルタルの材料特性と下面増厚補強した鉄筋コンクリート部材の疲労性状, 東山 浩士, 近畿大学理工学部研究報告, 38, 77, 85,   2002年09月
    概要:鉄筋コンクリート部材の下面増厚補強に用いられるポリマーセメントモルタルの材料特性を評価し,疲労荷重下での鉄筋コンクリートはりの補強効果を確認した.
  • ポリマーセメントモルタルにより下面増厚補強したRCはりの補強効果, 東山 浩士, 松井繁之, 松本 弘, 第6回中小スパン橋梁に関する国際会議, 2, 1401, 1408,   2002年07月
    概要:ポリマーセメントモルタルを用いたRC部材の下面増厚補強を疲労荷重下において施したときの補強効果について実験的に検討を行った.
  • 構造形式の違いによるRC床版の押抜きせん断耐荷力の評価, 東山 浩士, 近畿大学理工学部研究報告, 37, 49, 55,   2001年09月
    概要:偏心荷重を載荷したときのRC床版の押抜きせん断耐荷力について実験を行い,荷重の位置によって耐荷力が変化することを示すとともに,各構造形式における耐荷力の低下率を推定した.
  • CFRCの曲げ疲労寿命の評価, 水越睦視, 東山 浩士, 松井繁之, 手塚光晴, コンクリート工学年次論文集, 23, 3, 139, 144,   2001年07月
    概要:CFRCの曲げ疲労寿命をプレーンコンクリートおよびSFRCと比較実験を行った結果,CFRCの疲労寿命は大きく,ひび割れ進展はある一定の深さまでは進展するが,その後は停留することが分かった.また,応力拡大係数とひび割れ進展速度に相関のあることを明らかにした.
  • 輪荷重走行下における繊維補強コンクリート床版の疲労耐久性, 1, 982, 991,   2001年
  • PC床版の押抜きせん断耐荷力算定式に関する検討, 構造工学論文集, 47A, 1347, 1354,   2001年
  • 偏心載荷したRC床版の押抜きせん断耐荷力, コンクリート工学年次論文集, 23, 3, 517, 522,   2001年
  • 外ケーブルを併用した既設合成桁橋の連続化, 鋼構造年次論文報告集, 7, 549, 556,   1999年
  • 弾性支承使用による合成桁床版の耐久性への影響に関する研究, 鋼構造論文集, 5, 18, 71, 80,   1998年
  • プレストレスしたコンクリート床版の押抜きせん断耐荷力, 構造工学論文集, 44A, 1357, 1364,   1998年
  • 橋軸方向プレストレスしたコンクリート床版の走行荷重に対する疲労耐久性に関する研究, 土木学会論文集, 605, I-45, 79, 90,   1998年
  • 橋軸方向にプレストレスしたコンクリート床版の走行輪荷重下での疲労強度, 中小スパン橋梁の発展に関する国際会議, 1779, 1787,   1998年
  • 外ケーブルによりプレストレスした合成桁橋プレキャストRC床版の力学性状の向上に関する研究, 鋼構造論文集, 4, 13, 9, 18,   1997年
  • 剛支承から弾性支承へ取替えたときの床版挙動に与える影響, コンクリート工学年次論文報告集, 19, 2, 1479, 1484,   1997年

書籍等出版物

  • 道路管理者のための中小規模橋梁の維持管理ハンドブック, 東山 浩士, 分担執筆, 第1章, 近畿建設協会,   2017年08月
  • 道路橋床版の長寿命化技術, 分担執筆, 第2章, 森北出版,   2016年09月
  • 図説 わかるメンテナンス 土木・環境・社会基盤施設の維持管理, 分担執筆, 第6章 補修・補強の方法, 学芸出版,   2010年
  • コンクリート構造の設計・施工・維持管理の基本, 分担執筆, 設計編,10章 コンクリート板構造の設計, 土木学会関西支部,   2009年
  • 道路橋床版, 分担執筆, 森北出版,   2008年
  • 外ケーブルによる鋼橋の補強 -設計と施工の手引き-, 分担執筆, 森北出版,   2005年
  • コンクリート構造の設計・施工・維持管理の基本, 10章 鉄筋コンクリート板構造の設計, 松井繁之, 東山 浩士, 大西弘志, 島田 功, 共著, 土木学会関西支部,   2003年12月
    概要:鉄筋コンクリート板構造の設計に必要な基本的な事項をまとめた.
  • コンクリート構造の設計・施工の基本, 分担執筆, 設計編,10章 鉄筋コンクリート板構造の設計, 土木学会関西支部,   2003年

講演・口頭発表等

  • コンクリートのせん断強度に及ぼす粗骨材寸法の影響, 東山 浩士, 上中宏二郎 杉本義博 香山慶大, 石川敏之, 土木学会関西支部年次講演会,   2006年06月, 土木学会関西支部年次講演会
    概要:コンクリートの直接せん断強度に及ぼす粗骨材寸法の影響について実験的に調査を行った.
  • 軽量化した鋼・コンクリート合成床版の提案とはり試験体による基礎的実験, 東山 浩士, 上中宏二郎, 石川敏之, 土木学会関西支部年次講演会,   2006年06月, 土木学会関西支部年次講演会
    概要:軽量化した鋼・コンクリート合成床版の開発に向けた提案とはりモデルでによる静的および疲労実験による構造性能の評価を行った.
  • コンクリートの二面せん断強度に及ぼす粗骨材の大きさの影響, 有馬 博人, 東山 浩士, 上中 宏二郎, 石川 敏之, 田原 潤, 土木学会関西支部,   2005年05月, 土木学会関西支部
    概要:コンクリートのせん断強度について粗骨材径が及ぼす影響について実験的に検討した.その結果,骨材径に伴ってせん断強度が線形的に低下することが分かった.
  • 軽量RC床版の押抜きせん断耐荷力に関するパラメータ計算, 東山 浩士, 松井繁之, 内田美生, 平成16年度土木学会関西支部年次学術講演会,   2004年05月, 平成16年度土木学会関西支部年次学術講演会
    概要:軽量RC床版の押抜きせん断耐荷力について材料特性をパラメータにして,実橋への適用性について検討した.
  • 下面増厚補強したRC床版の押抜きせん断挙動に関する解析, 東山 浩士, 松井繁之, 平成16年度土木学会関西支部年次学術講演会,   2004年05月, 平成16年度土木学会関西支部年次学術講演会
    概要:下面増厚補強したRC床版の押抜きせん断挙動を3次元非線形有限要素法により解析を行い,実験結果との比較を行った.
  • 軽量RC床版の床版厚に関する考察, 東山 浩士, 水越睦視, 第25回日本道路会議,   2003年11月, 第25回日本道路会議
    概要:軽量コンクリート床版の床版厚,重量低減について材料特性を考慮したパラメータ計算により検討した.
  • コンクリート充填FRP管の軸圧縮挙動に関する実験的研究, 東山 浩士, 津田久嗣 宮崎 徹 野久保裕行, 土木学会第58回学術講演会概要集,   2003年09月, 土木学会第58回学術講演会概要集
    概要:カーボンファイバー,グラスファイバーを用いたコンクリート充填FRP管の軸圧縮実験を行い,軸圧縮挙動の比較,拘束効果の比較を行った.
  • 軽量骨材を用いたRCはりの引張鉄筋に作用するダウエル力, 東山 浩士, 水越睦視, 松井繁之, 平成15年度土木学会関西支部年次学術講演会,   2003年05月, 平成15年度土木学会関西支部年次学術講演会
    概要:軽量骨材コンクリートと普通骨材コンクリートを用いたRCはりの引張鉄筋位置におけるダウエル抵抗を実験的に調べた.その結果,軽量骨材コンクリートを用いたはりのダウエル抵抗は大きく低下した.
  • 鋼桁と床版の合成度に配慮する外ケーブル補強設計法, 武藤和好, 東山 浩士, 鈴木 真  他3名, 土木学会第56回年次学術講演会,   2001年10月, 土木学会第56回年次学術講演会
    概要:鋼・コンクリート合成桁の外ケーブル補強においてずれ止めの合成度を考慮した設計法を提案した.
  • RC床版の押抜きせん断耐荷力に与える偏心荷重の影響, 東山 浩士, 松井繁之, 土木学会関西支部年次学術講演会,   2001年06月, 土木学会関西支部年次学術講演会
    概要:偏心荷重を載荷したときのRC床版の押抜きせん断耐荷力について実験を行い,変形およびひずみ分布から力学的性状を比較検討した.荷重の位置によって耐荷力が変化することを示した.

MISC

  • ポーラスアスファルト舗装に生じるポットホールに対する補修材の開発および試験方法の提案, 東山浩士,佐野正典,木下孝樹,竹内裕人, 近畿大学理工学部研究報告, 50, 1, 6,   2014年10月, 査読有り
  • Development of durable headed studs welded with improved ferrules for steel-concrete composite decks, H. Higashiyama, K. Yoshida, K. Inamoto, S. Matsui, H. Kaido, Proceedings of The 9th international Conference on Short and Medium Span Bridges, 209-1, 209-8,   2014年07月, 査読有り
  • Durability of Corrosion Protecting Materials under Sleepers of Railway Steel Bridges, Hiroshi Higashiyama, Taishi Nakayama, Motoya Kimura, Tatsuro Sakmoto, Shigeyuki Matsui, Proc. of the 6th International Conference on Bridge Maintenance, Safety, Management, Resilience and Sustainability, 3154, 3161,   2012年07月, 査読有り
  • 鉄筋コンクリート構造物の塩害に関する調査研究, 梶川裕子, 東山 浩士, 鬼頭宏明 他4名, 第5回橋梁維持管理に関する日韓ジョイントセミナー, 7, 12,   2004年11月
    概要:海岸線付近におけるコンクリート構造物の塩害劣化状況と塩害に対する事後保全,予防保全に関する調査研究を行った.
  • PC床版,軽量骨材コンクリート床版,下面増厚補強床版の押抜きせん断破壊モデル, 東山 浩士, 松井繁之, 第5回鋼・合成橋梁に関する日独シンポジウム, 285, 294,   2003年09月
    概要:著者らがこれまでに検討してきたPC床版,軽量骨材コンクリート床版,下面増厚補強床版の押抜きせん断破壊モデルを示し,その推定精度を示した.

受賞

  •   2017年08月, 19th International Conference on Civil Engineering and Materials, WASET, Best Paper Award, Surface temperature of asphalt pavements with colored cement-based grouting materials containing ceramic waste pwoder and zeolite
  •   2015年10月, 一般社団法人産業環境管理協会, 「平成27年度資源循環技術・システム表彰」 経済産業省産業技術環境局長賞
  •   2014年10月, (一財)災害科学研究所, 平成26年度 優秀研究賞
  •   2007年11月, 第27回日本道路会議, 論文奨励賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 学術研究助成基金基盤研究(C), 碍子粉を活用した路面温度低減型舗装の疲労耐久性の研究, 東山 浩士
  • 近畿建設協会, 研究助成, 橋梁の維持管理における市町村の問題点抽出とその対応方針, 東山 浩士
  • 日本学術振興会, 学術研究助成基金基盤研究(C), 廃棄碍子モルタルの塩分浸透抑制メカニズムの解明と強度特性の把握, 東山 浩士
  • 近畿建設協会, 研究助成, 溶接形状を改良した頭付きスタッドの回転せん断疲労強度に及ぼすコンクリート強度の影響, 東山 浩士
  • 関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団, 廃棄碍子を骨材とした塩分浸透抑制モルタルの材料開発と評価, 東山 浩士

教育活動情報

担当経験のある科目

  • メインテナンス工学, 近畿大学
  • 構造力学Ⅲ, 近畿大学
  • 構造力学Ⅱおよび演習, 近畿大学