KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

樹野 淳也タツノ ジユンヤ

プロフィール

所属部署名工学部 機械工学科 / 次世代基盤技術研究所 / システム工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門計測制御工学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/415-tatsuno-junya.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    農業機械や自動車の知能化、快適性、安全性などについて研究しています。近年は、特に、農作業ロボットの開発や車両の乗り心地評価を中心に取り組んでいます。

学歴・経歴

学歴

  • 1995年04月 - 1996年03月, 法政大学大学院, 工学研究科, 電気工学専攻博士後期課程
  • 1993年04月 - 1995年03月, 法政大学大学院, 工学研究科, 電気工学専攻修士課程
  • 1989年04月 - 1993年03月, 法政大学, 工学部, 電気工学科電気電子専攻

経歴

  •   2013年09月01日,  - 2014年08月31日, カーネギーメロン大学(客員研究員)
  •   2010年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2006年04月,  - 2010年03月, 近畿大学(講師)
  •   2004年10月,  - 2006年03月, 東京農業大学(講師)
  •   1996年04月,  - 2004年09月, 東京農業大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 機械工学, 知能機械学・機械システム
  • 情報学, ヒューマンインターフェース・インタラクション
  • 農業工学, 農業環境工学

研究キーワード

  • 計測制御工学, ロボット工学, 自動化, 機械力学・制御, 人間工学

論文

  • ハンズフリーデバイスの違いがドライバの制動動作に与える影響, 樹野淳也, 前田節雄, ヒューマンファクターズ, 21, 2, 49‐58,   2017年02月28日
  • 〈平成27年度活動報告〉自動車技術研究センター活動報告, 田端 道彦, 角田 勝, 竹原 伸, 田中 一基, 前田 節雄, 酒井 英樹, 樹野 淳也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kindai University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kindai University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 7, 15, 20,   2016年07月
    概要:1. センター活動
  • 〈平成27年度活動報告>先端ロボット工学研究センター活動報告, 黄 健, 岡 正人, 矢野 智昭, 小谷内 範穗, 樹野 淳也, 友國 伸保, 柴田 瑞穂, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kindai University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kindai University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 7, 21, 26,   2016年07月
    概要:1. センター活動
  • Driving simulator experiment on ride comfort improvement and low back pain prevention of autonomous car occupants, Junya Tatsuno, Setsuo Maeda, Advances in Intelligent Systems and Computing, 484, 511, 523,   2016年01月01日, 査読有り
    概要:© Springer International Publishing Switzerland 2017.Unlike other autonomous working vehicles such as farm and construction machinery, autonomous cars have at least an occupant, even if the driving operations are automated. Thus, the whole-body vibration problem continues to be a research topic with respect to autonomous vehicles. Several technologies have been developed to decrease whole-body vibration exposure. Most of technologies have focused on the development and improvement of automotive components such as the suspension system, automotive seats and tires. This paper examines the reduction in whole-body vibrations using autonomous functions such as lane-change control. In this paper, a subject experiment with a driving simulator is reported so as to discuss the influence of decreasing the whole-body vibration exposure on ride comfort improvement and low back pain prevention.
  • A Study of an Omnidirectional Robotic Cart Using Passive Wheels, PROCEEDINGS OF THE IECON 2016 - 42ND ANNUAL CONFERENCE OF THE IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY, 5850, 5855,   2016年, 査読有り
  • Omnidirectional motion planning for a leg-wheeled robot with reduced DOF and using passive wheels., Nobutake Hiraoka,Junya Tatsuno,Katsuhiko Inagaki, 14th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, ICARCV 2016, Phuket, Thailand, November 13-15, 2016, 1, 6,   2016年, 査読有り
  • 〈平成26年度活動報告>先端ロボット工学研究センター活動報告, 黄 健, 岡 正人, 矢野 智昭, 小谷内 範穗, 樹野 淳也, 友國 伸保, 柴田 瑞穂, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 6, 20, 26,   2015年06月01日
    概要:1. センター活動
  • 振動工具用防振手袋の振動軽減効果の評価に関する研究, 樹野 淳也, 前田 節雄, 横田 和樹, 平 雄一郎, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 6, 61, 66,   2015年06月
    概要:Many kinds of the anti-vibration glove have been developed for reducing hand-arm vibration during the operation with vibration tools. International standard ISO 10819 evaluates the physical effect of gloves' vibration transmissibility but not evaluates the physiological effect of human hands. Thus, in this paper, we proposed the evaluation using the temporary threshold shift of vibrotactile perception threshold to evaluate the hand-arm vibration reducing effect of anti-vibration glove. We performed the experiments where subjects were exposed to hand-arm vibration under the three glove conditions; two kinds of gloves and barehanded. As a result, we could confirm wearing the anti-vibration gloves provides positive effects for human hands physiologically and the proposed method might be effective for evaluation of the hand-arm vibration reducing effect of anti-vibration glove.Ⅲ.論文集
  • Reducing Whole-body Vibration Exposure of Occupants in Autonomous Car by Intelligent Behavior, Tatsuno Junya, Maeda Setsuo, 2015 10TH ASIAN CONTROL CONFERENCE (ASCC),   2015年, 査読有り
  • 〈平成25年度活動報告〉自動車技術研究センター活動報告, 田端 道彦, 角田 勝, 竹原 伸, 田中 一基, 前田 節雄, 酒井 英樹, 樹野 淳也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 5, 15, 19,   2014年06月01日
  • 〈平成25年度活動報告>先端ロボット工学研究センター活動報告, 黄 健, 岡 正人, 樹野 淳也, 友國 伸保, 柴田 瑞穂, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 5, 20, 23,   2014年06月01日
  • タッチパネルのマルチモーダル化が操作性へ与える影響, 樹野淳也, 米原牧子, 中村一美, 竹原伸, 藤井隆志, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 5, 55, 62,   2014年06月
    概要:The objectives of this paper are to investigate the effects of auditory feedback and tactile feedback on usability of touch panel and to find out the improving mechanism of touch panel usability. Four kinds of stimulus conditions are prepared with the absence or presence of auditory feedback and vibration feedback. In experiments, subjects are given phone number task under the stimulus conditions. In order to evaluate the usability, task duration is measured by using timer counter function in the touch panels, and eye-fixation duration is measured with an eye tracking system. From the experimental results of 24 subjects, it was found that not only the task duration but also the fixation duration on the touch panel are influenced by the stimulus conditions. Accordingly, the reason why the task duration under the condition with auditory feedback or vibration feedback becomes shorter seems to depend on the fixation duration on the touch panel. Since it is well known that auditory reaction time and tactile reaction time are faster than visual reaction time, it was guessed that subjects could more quickly judge the completion of phone number input by using auditory and tactile senses.
  • グラデーションパターンがなぞり動作の位置精度に与える影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 5, 129, 138,   2014年
  • グラデーションパターンがなぞり動作の位置精度に与える影響, 米原牧子, 樹野淳也, 中村一美, 竹原伸, 藤井隆志, 福本知輝, 人間工学, 人間工学, 49, 6, 279, 288,   2013年12月15日
    概要:本研究では,凹凸の変化によるグラデーションパターンを施したプレート上をなぞった際の指先の移動距離の位置精度を調べた.グラデーションパターンはドットの凹凸からなる.まず,自然な変化となるグラデーションパターンについて調べた.ドット高さと周期を固定とし,ドットの直径のみを連続的に変化させた場合,ドット直径を対数で変化させたパターンが,より自然なグラデーションと感じられる条件であった.次に,グラデーションパターンを施したプレートと凹凸加工を施していない平滑なプレートについて,指先の移動距離における位置精度を調べた.さらに,グラデーションパターンを施したプレートと自動車に搭載されているレバー式のエアコンスイッチについても比較した.その結果,凹凸による触知覚の加わったプレートのほうが,指先の位置を精度よく制御でき,統計的にも有意差が認められた.
  • 〈平成24年度活動報告〉自動車技術研究センター活動報告, 竹原 伸, 宮田 繁春, 黄 健, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 4, 14, 19,   2013年06月01日
  • ハンドル形電動車いすにおける全身振動ばく露量の測定と評価, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 4, 63, 69,   2013年06月
  • Guidance of a Transplanting Skid Steer Vehicle with Variable Center of Gravity, 樹野 淳也, International Journal of Environmental Rural Development, 4, 1, 75, 80,   2013年04月
  • マルチモーダルな振動条件が乗り心地評価に与える影響, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 中村 一美, 自動車技術会論文集, 自動車技術会論文集, 44, 1, 93, 98,   2013年01月
  • The Possibility to Adapt the Shaft Tillage Cultivation Method to Arid Land Farming, JITSUNO Masataka, TAJIMA Kiyoshi, KATO Masayoshi, TOYODA Nariaki, LOPEZ Noe Velazquez, SAKAGUCHI Eiichiro, TATSUNO Junya, 沙漠研究 : 日本沙漠学会誌, 沙漠研究 : 日本沙漠学会誌, 22, 1, 341, 344,   2012年06月25日
  • 〈平成23年度活動報告〉自動車技術研究センター活動報告, 竹原 伸, 田中 一基, 宮田 繁春, 黄 健, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 3, 12, 16,   2012年06月01日
  • 〈平成23年度活動報告〉自動車技術研究センター活動報告, 竹原 伸, 田中 一基, 宮田 繁春, 黄 健, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 3, 12, 16,   2012年06月
  • 自動車内装部品におけるシボ加工面の表面性状が光沢度と色に及ぼす影響, 米原牧子, 樹野淳也, 中村一美, 竹原伸, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 3, 73, 77,   2012年06月
    概要:[Abstract] Texture is one of the important factors to characterize appearance of products. However, its quantitative evaluation is difficult and the proper evaluation method has not been developed yet. In order to solve this problem, in the present study, we proposed several parameters applicable for quantitative texture evaluation. Effects of surface roughness on glossiness and surface color were investigated for wrinkly textured surfaces in car interior. With decreasing skewness Rsk, glossiness increased. The lightness L* and color coordinate b* change with the arithmetical mean roughness, Ra. The present experimental results showed that the texture can be evaluated quantitatively by using three combined parameters: surface roughness, glossiness and surface color.
  • 自動車エアコンのスイッチ形式が操作性に与える影響について, 樹野淳也, 中村一美, 米原牧子, 田中一基, 竹原伸, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 3, 47, 54,   2012年06月
    概要:[Abstract] Most traffic accidents are caused by inattentive driving. Inattentive driving occurs when drivers operate devices unrelated to driving. This paper evaluates the maneuverability of control switch of the air conditioning unit. We performed an experiment to compare the operation of three kinds of control switches: lever switch, knob rotary switch, and dial rotary switch. The experimental results showed that the subjects could perform the tasks more accurately using the knob rotary switch compared to that using the dial rotary switch and lever switch. The difference in the operation of three different control switches is as follows: In the case of the knob rotary switch and lever switch, the subjects are able to hold the switch at the central position by arm kinesthetic sense, and the motion error gets canceled when the subjects operate the control switch continuously. In contrast, in the case of the dial rotary switch, subjects are not able to recognize the switch rotation without visual confirmation, and the error accumulates whenever the subjects operate the switch. The next stage of this research involves the development of a switch that operates without visual confirmation. In the future, it is expected that the control switch of the air conditioning unit will not only possess a merchantable design but will also produce better results during its operation.
  • 自動車内装部品におけるシボ加工面の表面性状が光沢度と色に及ぼす影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 3, 73, 77,   2012年
    概要:[Abstract] Texture is one of the important factors to characterize appearance of products. However, its quantitative evaluation is difficult and the proper evaluation method has not been developed yet. In order to solve this problem, in the present study, we proposed several parameters applicable for quantitative texture evaluation. Effects of surface roughness on glossiness and surface color were investigated for wrinkly textured surfaces in car interior. With decreasing skewness Rsk, glossiness increased. The lightness L* and color coordinate b* change with the arithmetical mean roughness, Ra. The present experimental results showed that the texture can be evaluated quantitatively by using three combined parameters: surface roughness, glossiness and surface color.
  • 自動車エアコンのスイッチ形式が操作性に与える影響について, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 田中 一基, 竹原 伸, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 3, 47, 54,   2012年
    概要:[Abstract] Most traffic accidents are caused by inattentive driving. Inattentive driving occurs when drivers operate devices unrelated to driving. This paper evaluates the maneuverability of control switch of the air conditioning unit. We performed an experiment to compare the operation of three kinds of control switches: lever switch, knob rotary switch, and dial rotary switch. The experimental results showed that the subjects could perform the tasks more accurately using the knob rotary switch compared to that using the dial rotary switch and lever switch. The difference in the operation of three different control switches is as follows: In the case of the knob rotary switch and lever switch, the subjects are able to hold the switch at the central position by arm kinesthetic sense, and the motion error gets canceled when the subjects operate the control switch continuously. In contrast, in the case of the dial rotary switch, subjects are not able to recognize the switch rotation without visual confirmation, and the error accumulates whenever the subjects operate the switch. The next stage of this research involves the development of a switch that operates without visual confirmation. In the future, it is expected that the control switch of the air conditioning unit will not only possess a merchantable design but will also produce better results during its operation.
  • 〈平成22年度活動報告〉自動車技術研究センター活動報告, 竹原 伸, 宮田 繁春, 黄 健, 長谷川 誠, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Kinki University Research Institute of Fundamental Technology for Next Generation, 2, 12, 14,   2011年06月01日
  • PWM Controlled Suction-and-Exhalation Master-Slave System for Micro-Manipulation, 樹野 淳也, Journal of Robotics and Mechatronics, 23, 3, 393, 399,   2011年06月
  • 〈平成22年度活動報告〉自動車技術研究センター活動報告, 竹原 伸, 宮田 繁春, 黄 健, 長谷川 誠, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 2, 12, 14,   2011年06月
  • タッチパネルのマルチモーダル化の効果について, 樹野淳也, 西澤貴史, 米原牧子, 中村一美, 竹原伸, 藤井隆志, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 2, 83, 88,   2011年06月
    概要:[Abstract] The touch panel iswidely used in many applications; ATM, FA instrument, car navigation system, cell phone and so on. Although the advantage of the touch panel is that change and update work are easy compared to mechanical switches, the touch panel has a serious problem that it gives no click feeling to operators. Therefore, as a result of researches on touch panel with tactile feedback, some items have been available commercially. However, there are few researches to evaluate the touch panel with tactile feedback. Then we carry out experiments where subjects enter sixteen telephone numbers to touch panel. So, we discuss the affects of differences in sensory feedback on task duration of subject.
  • 「平成22年度次世代自動車技術調査研究事業」委託試験報告「次世代自動車技術であるHV技術の実効性評価・解析」, 竹原伸, 樹野淳也, 中村一美, 米原牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 2, 141, 148,   2011年06月
  • 次世代農業ロボットの開発を目指して, 樹野淳也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 1, 51, 56,   2011年03月
  • PWM Controlled Suction-and-Exhalation Master-Slave System for Micro-Manipulation., Yuki Shirato,Hiromi Mochiyama,Hisato Kobayashi,Junya Tatsuno,Hiroyuki Kawai, JRM, 23, 3, 393, 399,   2011年, 査読有り
  • タッチパネルのマルチモーダル化の効果について, 樹野 淳也, 西澤 貴史, 米原 牧子, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 2, 0, 83, 88,   2011年
  • 東広島商工会議所「平成22年度次世代自動車技術調査研究事業」委託試験報告「次世代自動車技術であるHV技術の実効性評価・解析」, 竹原 伸, 樹野 淳也, 中村 一美, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 2, 0, 141, 148,   2011年
  • ブレーキ灯の仕様が後方車両のドライバへ及ぼす影響に関する研究, 樹野 淳也, 研究結果報告書集 : 交通安全等・高齢者福祉, 研究結果報告書集 : 交通安全等・高齢者福祉, 16, 23, 26,   2010年
  • Macro-micro tele-manipulation system based on body image embedding with contact feel, spatial motion and stereo vision., Hiromi Mochiyama,Takeyuki Dohda,Hisato Kobayashi,Junya Tatsuno,Hiroyuki Kawai, 18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, RO-MAN 2009, Toyama International Conference Center, Japan, September 27 - October 2, 2009, 466, 471,   2009年, 査読有り
  • 20・2・2 農業機械,建設・鉱山機械(20・2 産業機械,20.産業・化学機械,<特集>機械工学年鑑), 樹野 淳也, 山田 良一, 日本機械学會誌, 日本機械学會誌, 112, 1089,   2009年08月05日
  • 局所耕うん・定植作業を行う圃場内作業車両の誘導, 樹野淳也, 田島淳, 加藤雅義, 石井忠司, 玉木浩二, 農業機械学会誌, 農業機械学会誌, 71, 2, 46, 52,   2009年03月01日
    概要:著者らは,太陽電池駆動型の農作業ロボットシステムの開発に取り組んでいる。これまでに,機体の製作やレーザ距離計を用いた位置計測装置を開発してきた。また,ロボット向けに提案した局所耕うん栽培の研究成果をふまえて,耕うんと定植を同時に行う作業機を開発した。本報では,この作業機を搭載した作業車両の誘導実験について述べる。1条に30株の定植を実施させた結果,作業目標に対して約13mmの精度で作業を実施したことを確認した。この誤差の多くは,作業車両の方位角に起因した位置計測装置の誤差であると推測され,この計測誤差を解消できれば,目標としている10mm以下の制御精度が実現できる可能性があることが示唆された。
  • 局所耕うん・定植用全自動作業機の開発, 田島 淳, 樹野 淳也, 加藤 雅義, 農作業研究, 農作業研究, 43, 3, 135, 141,   2008年09月
  • a.農業機械(20・2・1 業界の現状,20・2 産業機械,20.産業・化学機械,<特集>機械工学年鑑), 樹野 淳也, 日本機械学會誌, 日本機械学會誌, 111, 1077,   2008年08月05日
  • a.農業機械(20・2・1 業界の現状, 20・2 産業機械, 20.産業・化学機械,<特集>創立110周年記念機械工学年鑑), 樹野 淳也, 日本機械学會誌, 日本機械学會誌, 110, 1065,   2007年08月05日
  • 錯覚を利用したマルチスケールにおける操作性に関する研究, 小林 尚登, 望山 洋, 樹野 淳也, 河合 宏之, 日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan, 日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan, 25, 2,   2007年03月01日
  • A Scaled Tele-Operation Powered by Haptic Illusion., Hisato Kobayashi,Keisuke Murakawa,Junya Tatsuno,Hiromi Mochiyama,Hiroyuki Kawai, IEEE RO-MAN 2007, 16th IEEE International Symposium on Robot & Human Interactive Communication, August 26-29, 2007, Jeju Island, Korea, Proceedings, 1108, 1112,   2007年, 査読有り
  • 鉛直電気伝導度センサの利用方法 : 塩類集積地域における3次元塩類分布の把握, 洪 寧基, 樹野 淳也, 島田 沢彦, 中村 貴彦, 田島 淳, 玉木 浩二, 植物環境工学, 植物環境工学, 18, 4, 247, 254,   2006年12月01日
    概要:本研究では, 地域レベルの3次元的な塩類動態を経時的に把握することができる手法を提案した. この手法を用いて, 東北タイの塩類集積が発生している地域にて現地実験を行った結果, 以下の結果を得た. (1) 試作した鉛直型電気伝導度センサは, 地下水位以下の土層においても計測可能であり, さらに土壌サンプルから得た電気伝導度と比較すると, 信頼性が高い値を出力していることが確認できた. (2) 提案した手法をもちいて, 実験地域の3次元電気伝導度マップが作成できることを示し, その結果から, 地域の塩類集積の状況が確認できた. (3) このマップ作成の時間について考察したところ, 計測開始からマップ作成まで, おおよそ1日で作業を完了できることから, 経時的な観測活動に適しているものと示唆された. (4) 提案した手法により, 地域の3次元的な塩類動態が経時的に把握されれば,塩類集積の防止策や塩類土壌修復方法の評価や, 塩類集積メカニズムの解析などに貢献できる可能性が示唆された.
  • 20・2・1 業界の現状(20・2 産業機械,20.産業・化学機械,<特集>機械工学年鑑), 荒木 克洋, 樹野 淳也, 日本機械学會誌, 日本機械学會誌, 109, 1053,   2006年08月05日
  • 「機械工学年鑑」20.産業・化学機械, 大原良友, 児島淳, 手塚巌, 太田進, 佐田守弘, 佐々木正人, 福田隆文, 荒木克洋, 樹野淳也, 加部隆史, 日本機械学会誌, 109, 1053, 682, 683,   2006年08月05日
  • 鉛直電気伝導度センサの特性 : 飽和土壌中の電気伝導度の経時測定, 洪 寧基, 樹野 淳也, 中村 貴彦, 田島 淳, 玉木 浩二, 植物環境工学, 植物環境工学, 18, 1, 28, 34,   2006年03月01日
    概要:本研究の目的は, 塩類移動がある飽和土壌の条件下において, 開発した電気伝導度センサの経時測定の可能性を検証することである. 異なる塩濃度で成層化した飽和土壌の環境と, 蒸発に伴って塩が土壌中に集積する過程を模した環境の土壌において, 開発したセンサによる測定値と土壌溶液の電気伝導度を比較した. その結果, 開発したセンサの測定値と土壌溶液の測定値はほぼ同様の傾向を示していることが確認できた. これらの結果から, 塩類集積が進行している土壌において, 開発したセンサを用いて継続的に計測を行うことにより, 土壌の塩類化の状況やその変化の継続的把握に適用できる可能性が示唆されたと言える.
  • 私立大学学術研 究高度化推進事業研究成果報告書,自然エネルギー利用型農業・施設のロボット化, 樹野 淳也,   2006年03月
    概要:”植物の画像による生長認識技術と自動栽培施設の開発”,”ソーラー農作業ロボットの開発”,”自然エネルギーの環境修復への利用”
  • Reclamation of saline soil in northeastern Thailand using a solar-powered pump to control groundwater levels, Junya Tatsuno, Yohei Hashimoto, Kiyoshi Tajima, Tsuneo Oishi, Chaiyanam Dissataporn, Pramote Yamclee, Koji Tamaki, Environmental Control in Biology, 43, 155, 163,   2005年12月01日
    概要:A low agricultural productivity in northeastern Thailand primarily results from saline soils predominately distributed throughout the region. We proposed a remediation technique for the saline soil by using a solar-powered pump and subsurface drainage system (SPSD system). This study was conducted in Khon Kaen Province, northeastern Thailand. The SPSD system could lower the groundwater levels and subsequently reduce the capillary rise of saline groundwater toward the soil surface. The SPSD system first collects excess groundwater through the drainage pipes connected to a water tank under the ground. Groundwater collected in the tank is automatically discharged out by the solar-powered pump. The electrical conductivity of groundwater (ECw) measured in the area where the SPSD system was installed suggested that lowering of the groundwater levels using the SPSD system could enhance salt leaching from the soil profile by rainfall. The electrical conductivity of soils at the sampling point where the SPSD system was installed was lower than those obtained from the same soil profile at the control sites. Consequently, this study suggests that lowering groundwater levels using the SPSD system may be an effective means for reducing salinity degree of soil and groundwater in northeastern Thailand.
  • Simple Quality Evaluation of Chili Pepper Based on Continuous Weight Measurement During Dehydration Process, 樹野 淳也, Agricultural Mechanization in Asia, Africa and Latin America, 36, 2, 84, 89,   2005年10月
  • Reclamation of Saline Soil in Northeastern Thailand Using a Solar-Powered Pump to Control Groundwater Levels, Tatsuno Junya, Hashimoto Yohei, Tajima Kiyoshi, OISHI Tsuneo, DISSATAPORN Chaiyanam, YAMCLEE Pramote, TAMAKI Koji, Environment control in biology, Environment control in biology, 43, 3, 155, 163,   2005年09月30日
  • レーザ距離計を用いた圃場内自動作業車両の2次元位置計測, 樹野 淳也, 田島 淳, 寺田 裕, 農業機械学会誌, 農業機械学会誌, 67, 5, 45, 53,   2005年09月
  • 帯電ワイヤを用いた多自由度マニピュレータの障害物回避軌道の生成, 樹野 淳也, 梅木 嘉道, 石田 祐樹, 小林 尚登, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 125, 2, 308, 313,   2005年02月01日
    概要:This paper proposes a practical method of collision-free motion planning for multi-degree of freedom manipulators. The proposed method has mainly two concepts. Under this method, the motion planning is considered in real space instead of configuration space in order to reduce the calculation amount. Meanwhile, it is well known that a path planning is executed without local minima under a potential field based on Laplaces equation because such environment has no minimal point. Therefore, we introduced an electrostatic field based on Laplaces equation for path planning of multi-degree of free...
  • 人間の動作を模した双腕マニピュレータの軌道計画, 樹野 淳也, 大曽根 威文, 西田 知史, 小林 尚登, 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics, 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics, 39, 5, 201, 209,   2003年10月15日
  • 塩分を含む農業用水の蒸留に関する研究--分離型太陽熱蒸留の提案と基礎実験, 樹野 淳也, 大石 常夫, 田島 淳, 工業用水, 工業用水, 0, 533, 2, 8,   2003年02月20日
  • 雑草リビングマルチを利用した局所耕うん栽培における元肥の施用方法とチンゲンサイの生育, 田島 淳, 加藤 雅義, 樹野 淳也, 玉木 浩二, 農作業研究, 農作業研究, 38, 1, 17, 24,   2003年
    概要:Using some cover crops in vegetable production is expected that it can be beneficial to the cultivation such as reduction of erosion or splashing by covering the soil surface, weed control by shading sunshine or allelopathy, enrich ecological diversity by securing hangout for insects and nitrogen fixation or catching of surplus nutrition. And in cultivation under the living mulch with minimal tillage, the application of basal fertilizer is very important. In the shaft tillage cultivation that was devised by authors, these application method is influential elements for the growth of crops cause of competition of nutrition with weeds and salt injury at taking root.
    In this report, a tool for shaft tillage cultivation equipping with injector of paste type fertilizer, which enable to simultaneous operation of tilling and fertilizing, was tested on trans-planting cultivation using of Chinese cabbage plug seedling. The results were as follows:
    1) Tool for shaft tillage cultivation equipping with injector of paste type fertilizer was usefulness in simultaneous operation of tilling and fertilizing, but the fertilizer was overflowed without penetrating into the soil under the certain soil conditions. And the growth of some seedlings were influenced.
    2) Since the growth of seedlings under the condition of solid type fertilizer with surface broadcasted application, it were suggested that there is no difference in competition of fertilizer between applications of surface broadcasting and under seedling penetration.
    3) The differences of the seedlings' growths were clearly appeared the 2nd day from transplanting.
  • せん定枝葉チップの堆肥化に副資材が及ぼす影響について, 田島 淳, 吉村 正敬, 加藤 雅義, 樹野 淳也, 玉木 浩二, 農作業研究, 農作業研究, 38, 4, 207, 213,   2003年
    概要:Shortening the composting time for tree pruning chips obtained in urban areas is important in reducing the area required for composing. We have developed several composting techniques over the last ten years. According to our study, using the closed-type reactor with the intermittent aeration effectively enhanced composting of secondary-crushed wood chips under the initial condition of 60% (w. b.) moisutre content without turning the compost pile. In this paper, the effects of amendments on composting of secondary-crushed wood chips were examined using a small-scale reactor (0.125m3) with the intermittent aeration (aeration: 30min with 30L min.-1 and 60 minites interruption).
    The composting amendments used for this study were chicken manure, rice bran, rice bran & chicken manure and control (no amendment). From this experiment, we obtained the following results.
    1) The amendment of rice bran & chicken manure had the highest rate of decomposition.
    2) The chicken manure amendment rapidly increased the temperature of material in the early stage, and the rice bran amendment maintained material decomposition in the mid-stage of composting.
    3) The C-N ratio of composting material amended with rice bran & chicken manure reduced 3 points, compared to the rice bran amendment.
    4) The moisture loss of composting material due to the temperature rise was dependent on the type of amendment. Optimizing the aeration quantity of each amendment may allow composting material to be continuously decomposed.
  • 人間の動作を模した双腕マニピュレータの軌道計画, 樹野 淳也, 大曽根 威文, 西田 知史, 小林 尚登, 人間工学, 人間工学, 39, 5, 201, 209,   2003年
    概要:ロボットと人間の共存を実現するためには, ロボットはその外見・容姿だけでなく動作・振る舞いもヒューマンフレンドリーであるべきである. そこで本論文では, 双腕マニピュレータが部分拘束協調作業を人間らしく実行するための軌道生成方法を提案する. 提案する手法では, 人間の上肢運動のモデルのひとつである関節のトルク変化だけでなく, 物体の見えやすさの観点も考慮した評価関数により双腕マニピュレータの協調動作軌道が導かれる. さらに, 提案した手法を用いシミュレーションを行い, その結果を人間の実動作時の軌道および他の二つの評価関数による軌道と比較し, 人間の動作に近い動作を生成できていることを確認する. その結果, 特に, 本論文で提案された"見えやすさ"の要素も必要であることが示唆された.
  • 飽和塩類土壌に対する電気伝導度センサーの開発及び現地観測への応用, HONG Y, 樹野淳也, 田島淳, 関山哲雄, 玉木浩二, 日本海水学会誌, 日本海水学会誌, 56, 5, 393, 401,   2002年10月01日
    概要:塩類集積土壌の改良及び復元のためには, 広域にわたる塩類集積の水平, 垂直分布を調査することが必要である. 従来の土壌サンプリングによる方法では, 地下水位が高い地域においてサンプリングが困難であるため, 地下水位以下の塩類濃度の測定が困難な場合がある. そこで, 地下水で飽和された土壌において深さ方向の電気伝導度の測定を可能にするため, Edlefsenの4電極法に基づいた電気伝導度センサーを開発した. 開発したセンサーを用いて, 室内実験及びタイ国東北部の塩集積土壌地域において現地実験を行い, 次のような結論を得た.
    1) 塩化ナトリウム水溶液による校正実験と飽和土壌に関する実験から, 電気伝導度を補正することにより, 試作センサーは電気伝導度計として使用可能であることを確認した.
    2) 従来, 地下水で飽和されている土壌は電気伝導度が均一であると見なされてきたが, 地下水位を制御した室内実験の結果から, 土壌の深さ方向の電気伝導度にも差がある可能性が示唆された.
    3) タイ国東北部の塩類集積土壌地域での実験から, 試作センサーにより電気伝導度を測定した結果, 土壌の深さ方向の塩類集積状況を推定する可能性が示された.
  • ロータリ型乾燥機を使用したトウガラシ乾燥プロセスの非破壊連続秤量システムに関する研究, WIDODO Teguh Wikan, 樹野 淳也, 田島 淳, 玉木 浩二, 農業施設, 農業施設, 32, 1, 1, 10,   2001年06月25日
  • カバークロップを用いた被覆栽培のための定植器具の開発に開する研究, 田島 淳, 加藤 雅義, 樹野 淳也, 農作業研究, 農作業研究, 35, 4, 223, 228,   2000年12月20日
  • 帯電ワイヤを用いた超冗長マニピュレータの障害物回避制御, 斎藤誠, 樹野淳也, 梅木嘉道, 川端邦明, 小林尚登, 日本ロボット学会学術講演会予稿集, 18th, 1411, 1412,   2000年09月12日
  • 人間型冗長マニピュレータの姿勢決定法, 梅木嘉道, 高橋和幸, 松村勇, 樹野淳也, 小林尚登, 法政大学計算科学研究センター研究報告, 12, 25, 32,   1999年03月31日
  • ヒューマンフレンドリーなマン・マシンインターフェースの構築の試み-人間のコミュニケーションの検討とその応用-, 樹野 淳也, 小久保 芳行, 松村 勇, 小林 尚登, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 118, 4, 599, 605,   1998年04月
  • マイクロ・マクロマニピュレータに関する研究 小林尚登研究室, 小林尚登, 樹野淳也, 松山新吾, 計測技術, 24, 13, 61, 66,   1996年12月
  • 人間型双腕マニピュレータの順運動学と逆運動学, 小林尚登, 樹野淳也, 松山新吾, 小久保芳行, 法政大学計算センター研究報告, 9, 43, 50,   1996年
  • 力覚情報の処理と応用 マイクロマクロ・マスタスレーブマニピュレータを用いた微細対象物の力覚感知の可能性, 樹野淳也, 小林尚登, 電気学会論文誌 C, 115, 10, 1109, 1114,   1995年10月
  • マイクロマクロ・マスタスレーブマニピュレータを用いた微細対象物の力覚感知の可能性, 樹野 淳也, 小林 尚登, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society, 115, 10, 1109, 1114,   1995年09月20日

書籍等出版物

  • 株式会社シーエムシー出版, リアルタイム計測による生命現象の解析, 樹野 淳也, 共著,   2011年03月
    概要:担当箇所:第5章マスタ・スレーブ型マイクロマニピュレーション
  • 環境修復の技術 -地域環境科学からのアプローチ-, 樹野 淳也, 共著, 東京農大出版会,   2007年07月
    概要:東京農業大学地域環境研究所編,担当箇所:ソーラーポンプを用いた地下水制御
  • Participatory Strategy for Soil and Water Conservation, 樹野 淳也, 共著, Institute of Environment Rehabilitaion and Conservation,   2004年11月
    概要:, Institute of Environment Rehabilitaion and Conservation (ERECON), 担当箇所:”Effective Use of Reservoir Water with Solar Pumping System at Integrated Farming System in Northeastern Thailand”, pp.93-pp.96, ”A method for 3D salt distribution measurement on saline land in northeastern Thailand”, pp.161-pp.166
  • 理工図書, 地域環境科学概論II, 樹野 淳也, 共著,   2002年09月
    概要:東京農業大学地域環境科学部編,担当箇所:ロボット技術と農業

講演・口頭発表等

  • 中山間地域農業における電気軽トラック利用の可能性―回生量のシミュレーション―, 藤波俊亮, 江上親宏, 蕪木嶺介, 緒形百合恵, 田島淳, 樹野淳也, 農業食料工学会関東支部年次報告,   2017年06月09日
  • Omnidirectional motion planning for a leg-wheeled robot with reduced DOF and using passive wheels, Nobutake Hiraoka, Junya Tatsuno, Katsuhiko Inagaki, 2016 14th International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, ICARCV 2016,   2017年01月31日
    概要:© 2016 IEEE.This paper presents a new type of leg-wheeled robot, which is constructed with passive wheels and the idea of reduced degrees of freedom (DOF). Even though there are variety types of mobile robots researched, some of them cannot be used practical purpose because of their high number of DOF, resulting in complex structure and complicated control system. Typical leg-wheeled robots also have a high number of DOF, and because of that, it is very difficult to put them in practical purpose. Thus, we try to develop another type of leg-wheeled robot with reduced DOF, which only have 10 DOF even though they have 6 legs. The motion plan for the robot discussed in previous study was simply moving forward, and those motion plans cannot be applied for moving omnidirectionaly. Therefore, we propose new motion plans, which can be applied for moving in omnidirection, and more details about the motion planning of moving forward by using the new motion plan.
  • フィジェットによる乗り心地評価の可能性, 樹野 淳也, 第49回日本人間工学会中国・四国支部大会,   2016年12月10日
  • 中山間地域営農支援運搬システムの開発, 田島淳, 砂川光, 江上親宏, 樹野淳也, 農作業研究,   2016年03月
  • 温冷感/快適感における季節の影響, 中村一美, 林克政, 樹野淳也, 竹原伸, 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM),   2016年
  • ヒトの温冷感/快適感と生理指標に関する基礎研究, 中村一美, 樹野淳也, 竹原伸, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),   2015年11月18日
  • Reducing whole-body vibration exposure of occupants in autonomous car by intelligent behavior, Junya Tatsuno, Setsuo Maeda, 2015 10th Asian Control Conference: Emerging Control Techniques for a Sustainable World, ASCC 2015,   2015年09月08日
    概要:© 2015 IEEE.Unlike other autonomous working vehicles such as farm and construction machinery, autonomous cars have at least one occupant inside, even if driving operations are automated. Thus, the whole-body vibration problem must continue to be a research topic for autonomous vehicles. We believe that an autonomous vehicle can mitigate whole body vibration by utilizing autonomous functions such as lane change control. Therefore, the purpose of this paper is to verify the effectiveness of lane change control in reducing the whole-body vibration exposure of occupants in autonomous cars. We performed numerical simulations with experimental data obtained using the measurement techniques of ISO2631-1. Thus, we observed that if an autonomous car could skirt rough road surfaces using a lane change function, the degree of ride comfort would be enhanced during travel and the maximum acceptable exposure time as health effect evaluation would be lengthened.
  • 2P1-C07 高効率での接ぎ木が可能な接ぎ木ロボットの開発, 花村 健, 花村 幸次朗, 樹野 淳也, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2015年05月17日
    概要:In this paper, we describe the newly grafting robot with high efficiency. The conventional semi-automatic grafting robot needs three workers to execute a series of grafting operation. Although the full-automatic grafting robot that can be operated by one worker has been developed, it is hard to say that both types of grafting robot has become widely used in Japan. The developed grafting robot can be operated by one worker and can graft about 1800 seedlings per hour. From the test results, we recognise the necessity of the mechanism improvement for easy operation as well as the cultivation system for super-uniform seedling.
  • 1P2-Q02 受動歩行機の作製を通したデザイン能力の涵養, 樹野 淳也, 広野 和也, 西村 公伸, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2015年05月17日
    概要:This paper reports the engineering design education through the project based learning in our department. This class consists of four experiments and the passive walker kit assembly is offered as the experiment on dynamics, measurement and control. Each team, which consisted of three students, develops passive walker in three weeks. While the goal of this project is set to 100cm walking, 17% of team could achieve the goal in FY 2014. We installed the mutual evaluation in order to evaluate an ability to work in a team. As a result, we recognized positive changing of students' attitude toward the class.
  • 受動歩行機の作製を通したデザイン能力の涵養, 樹野淳也, 広野和也, 西村公伸, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),   2015年05月16日
  • 高効率での接ぎ木が可能な接ぎ木ロボットの開発, 花村健, 花村幸次朗, 樹野淳也, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),   2015年05月16日
  • 自動車空調システムに関する基礎研究~性別・年齢が温冷感覚知覚におよぼす影響~, 中村一美, 樹野淳也, 米原牧子, 竹原伸, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),   2014年11月21日
  • 重心位置が横移動するスキッドステア車両の走行制御方法について, 劉錦洪, 實野雅太, 田島淳, 加藤雅義, 中野誠史, LOPEZ Noe Velazquez, THANH Do Tuan, 樹野淳也, 石井忠司, 農業食料工学会関東支部年次報告,   2014年07月31日
  • ロール固有振動数についての一考察, 樹野淳也, 酒井英樹, 自動車技術会学術講演会前刷集,   2014年05月21日
  • 中山間地域における運搬動力の省エネルギー化について, 田島淳, 加藤雅義, 森谷美紀, 井出章, 樹野淳也, 農作業研究,   2014年05月
  • 局所耕うん器具を用いた耕うん同時評価法に関する研究―含水率が通気性指数に及ぼす影響について―, 實野雅太, 田島淳, 加藤雅義, 砂川光, 樹野淳也, 農作業研究,   2014年05月
  • モニターの設置位置によるドライバーの反応時間への影響, 荻原昭夫, 中原大二朗, 田中一基, 樹野淳也, 竹原伸, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM),   2014年03月04日
  • D-21-8 モニターの設置位置によるドライバーの反応時間への影響(D-21.マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント,一般セッション), 荻原 昭夫, 中原 大二朗, 田中 一基, 樹野 淳也, 竹原 伸, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2014年03月04日
  • Influences of whole-body vibration on roughness sensation, Makiko Yonehara, Hirokazu Yoshino, Junya Tatsuno, Setsuo Maeda, Hideki Kyogoku, INTERNOISE 2014 - 43rd International Congress on Noise Control Engineering: Improving the World Through Noise Control,   2014年01月01日
    概要:"Texture"is one of the elements that contribute to the appearance of industrial products. It is an important element in improving a surface's added value. In this study, we quantified the surface of various irregular shapes using areal surface texture parameters compliant with ISO25178-2:2012. Then, we investigated the relations of roughness sensations and areal surface texture parameters. Moreover, we investigated the effects on a car passenger's sense of roughness when exposed to whole-body vibration. By investigating the areal surface texture parameters of textured surfaces, parameters that were effective for characterizing irregularities in different surfaces were described. In conclusion, design guidelinesfor surfaces that include tactile factors were suggested.
  • シボ加工面における面領域の表面性状パラメータを用いた粗さ感の評価, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2013年12月, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 性別の違いが全身振動暴露量の知覚におよぼす影響, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2013年12月, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 手動車いすにおける防振クッションが全身振動暴露量に与える影, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2013年12月, 第46回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 防振手袋の評価方法の開発 -人工手を用いた測定-, 前田 節雄, 樹野 淳也, 横田一樹 平雄一郎,   2013年12月
  • 運転時の疲労軽減に関する研究 : 足趾内反対策靴下の試作 (産業保健人間工学会 第18回大会 特集 産業保健人間工学 "げんきにはたらく"工学), 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 産業保健人間工学研究 = Journal of ergonomics in occupational safety and health,   2013年09月
  • 車室内空間の快適性向上を目指して, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 山田 康枝, 竹原 伸, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会 (LIFE2013),   2013年09月, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会 (LIFE2013)
  • 運転時の疲労軽減に関する研究 ~足趾内反対策靴下の試作~, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 竹原 伸, 新宅 光男, 産業保健人間工学会 第18 回大会,   2013年09月21日, 産業保健人間工学会 第18 回大会
    概要:わが国では自動車の安全性能向上により交通事故の件数が減少しているが、高齢人口の増加に伴い、高齢者の事故件数は増加している。高齢者が事故を起こす原因として加齢による認知機能・身体機能の低下がある。著者らはこれまで転倒予防靴下の開発を行ってきた。そして、足関節の背屈を支持し、母趾の外反を抑制する機構を備えた靴下を履くことで、足関節の背屈角度と母趾の伸展角度が増加し、下垂足の軽減に効果がみられ、転倒予防に役立つことが示唆された。他方、今川らは下垂足患者に対し、内反・尖足対策用の軟性短下肢装具を用いた場合の歩容改善について報告している。今回、高齢者が事故を起こす原因の一つである身体機能の低下、すなわち疲労に着目し、足関節と母趾の形状を矯正する靴下を用いて運転時の疲労軽減に関する基礎実験を行った。健常高齢者9名を対象とし、まず普段着用している靴下と従来の軟性短下肢装具(背屈位を支持する装具)を用いた「ペダル踏みかえ実験」、次に今回試作した靴下(内反小趾対策靴下)を用いた同実験を行った。結果、従来の軟性短下肢装具よりも内反小趾対策靴下のほうが精神的負担を感じにくいうえ、姿勢安定性に寄与する可能性が示唆された。
  • Comparison between Old JIS T 8114 and Current ISO10819 STANDARDS, 前田 節雄, 樹野 淳也, 横田一樹 平雄一郎,   2013年08月
  • 重心が横移動するスキッドステア車両の旋回シミュレーション, 中野誠史, LOPEZ Noe Velazquez, 田中秀幸, THANH Do Tuan, 田島淳, 加藤雅義, 石井忠司, 樹野淳也, 農業機械学会関東支部年次報告,   2013年07月29日
  • 悪臭物質がマウスの自発運動能におよぼす影響, 中村一美, 樹野淳也, 米原牧子, 竹原伸, 山田康枝, J Toxicol Sci,   2013年06月
    概要:【目的】交通環境では排気ガスをはじめとする悪臭物質が自動車室内へと流れ込んでいる.そこで本研究では自動車の空調システムにおいて異臭原因物質の主成分であるプロピオン酸,吉草酸,酪酸に着目し,各物質がマウスの自発運動能におよぼす影響を調べた.また,定量的な評価をおこなうため,各物質の投与方法は腹腔内への注射による投与とした.【方法】本研究には18週齢のC57BL雄性マウス24匹を用いた.全てのマウスに対し,自発運動能測定システム(Wheel Manager, MED Associates Inc.)を用いて回し車(直径10.9cm)の回転数を60分間測定し,controlデータとした.次に24匹のマウスを,注射の有無による影響を調べるためのリンゲル液投与群,悪臭物質による影響を調べるためのプロピオン酸(1µg/kg)投与群,吉草酸(1µg/kg)投与群,酪酸(0.5µg/kg)投与群の4群各6匹ずつに分けた.なお,4群のcontrolデータにおいて一元配置の分散分析をおこなった結果,各群の間に統計学的な有意差はなかった(P>0.05).各物質をそれぞれの群のマウスの腹腔内に投与し,controlデータと同様に自発運動能を60分間測定した.各物質の投与による統計学的有意差の検定にはウィルコクソンの符号順位和検定を用いた.【結果および考察】リンゲル液を投与した群では投与の有無による統計学的な有意差はなかった(P>0.05)ため,注射による腹腔内投与の影響はないと判断した.プロピオン酸,吉草酸,酪酸を投与した群では,controlデータと比較して回転数が減少した.とくに酪酸を投与した群においては,統計学的な有意差があった(P<0.05).本研究を通して,悪臭物質がマウスの自発運動能に影響をおよぼすことがわかった.以上のことから,ヒトにおいても悪臭物質は快/不快の感覚に影響を与えるだけではなく,運動能に影響を与える可能性が示唆された.
  • Problems of Subjective Scaling of ISO 2631-1 Standard, 前田 節雄, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 5th International Conference on Whole Body Vibration Injuries,   2013年06月, 5th International Conference on Whole Body Vibration Injuries
  • マルチモーダルなタッチパネルの操作性評価, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 藤井隆志,   2013年06月
  • グラデーションパターンがなぞり動作の精度に与える影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 藤井隆志, 福本知輝,   2013年06月
  • ヒトの温冷感覚知覚を利用した自動車空調システムに関する基礎研究, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 竹原 伸,   2013年06月
  • ヨー進み時定数が横加加速度や操舵反トルクに及ぼす影響, 樹野淳也, 酒井英樹, 自動車技術会学術講演会前刷集,   2013年05月22日
  • 音刺激の違いが乗り心地評価に与える影響(第2報), 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 自動車技術会,   2013年05月22日, 自動車技術会
  • D-21-4 2次元表示画像と3次元表示画像の距離知覚性能比較(D-21.マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント), 荻原 昭夫, 田中 一基, 樹野 淳也, 竹原 伸, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,   2013年03月05日
  • 中山間地域における農用運搬車の役割について, 田島淳, 加藤雅義, 乗富夏紀, 松本海理, 樹野淳也, 農作業研究,   2013年03月
  • ハウス栽培用全自動定植システムにおけるセル成型苗トレイ自動補給装置の開発(続報), 田中秀幸, ロペス ノエ ベラスケス, 行本航, 森裕太郎, タン ドウ タン, 田島淳, 加藤雅義, 坂口栄一郎, 樹野淳也, 石井忠司, 農作業研究,   2013年03月
  • 局所耕うん器具を用いた耕うん同時評価法に関する研究―通気性指数と土壌物理性に関する基礎的研究―, 實野雅太, 田島淳, 加藤雅義, 豊田成章, 大神田憲, 深井智子, 坂口栄一郎, 樹野淳也, 農作業研究,   2013年03月
  • 帯電ワイヤ法を用いた移動ロボットの動的障害物回避, 樹野 淳也, 日本機械学会中国四国支部学生会,   2013年03月, 日本機械学会中国四国支部学生会
  • 2次元表示画像と3次元表示画像の距離知覚性能比較, 荻原 昭夫, 田中 一基, 樹野 淳也, 竹原 伸, 電子情報通信学会大会講演論文集,   2013年03月05日
  • 自動車室内の快適性・空気質に関する基礎研究, 中村一美, 樹野淳也, 米原牧子, 山田康枝, 竹原伸, 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM),   2013年
  • 1C3-1 グラデーションパターンがなぞり動作の精度に与える影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 藤井 隆志, 福本 知輝, 人間工学,   2013年
  • 2B4-3 マルチモーダルなタッチパネルの操作性評価, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 藤井 隆志, 人間工学,   2013年
  • 2D2-1 ヒトの温冷感覚知覚を利用した自動車空調システムに関する基礎研究, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 竹原 伸, 人間工学,   2013年
  • Effect of visual and auditory stimuli on human response to whole-body vibration, Junya Tatsuno, Hitomi Nakamura, Shin Takehara, Kenta Tsuchiya, Makiko Yonehara, Setsuo Maeda, 41st International Congress and Exposition on Noise Control Engineering 2012, INTER-NOISE 2012,   2012年12月01日
    概要:ISO 2631-1, which defines the methods for the measurement and evaluation of humans' exposure to whole-body vibration, describes factors that contribute to discomfort from vibration. Moreover, Annex C of ISO 2631-1 ("Guide to the effects of vibration on comfort and perception") states that "the reactions at various magnitudes depended on passenger expectancies with regards to trip duration and the type of activities passengers expect to accomplish (e.g., reading, eating, writing, etc.) and many other factors (acoustic noise, temperature, etc.)." However, only a few studies have been conducted on the effects of sound and visual images on whole-body vibration perception. Therefore, we developed a virtual driving system that easily simulates and can be used to clarify the extent to which visual images and acoustic noise contribute to vibration discomfort. This paper discusses our psychometric experiments using the driving simulator. In this study, as the first trial, two types of auditory stimuli and visual stimuli were prepared. Under the conditions of these stimuli combinations, the subjects were exposed to whole-body vibration while driving virtually on a road with various speed bumps. We summarized the relationship between the stimulus condition and subjects' assessments. The results suggested that the visual and auditory stimuli affect the subjects' sense of vibration.
  • 表面性状パラメータを物理指標とした粗さ感覚の評価, 米原 牧子, 土屋 賢太, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 全身振動が粗さ感覚に及ぼす影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 全身振動の軸成分の違いが心理評価と生体応答に与える影響, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 小倉由美 藤田悦則, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • ハンドル形電動車椅子における全身振動暴露量の測定, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • ブレーキランプのデザインが後方車両のドライバの制動動作に及ぼす 影響について-ベンチ試験による検討-, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2012年12月, 第45回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • 音刺激の違いが乗り心地評価に与える影響, 土屋賢太, 樹野淳也, 米原牧子, 中村一美, 竹原伸, 前田節雄, 自動車技術会学術講演会前刷集,   2012年10月03日
  • Relationship between whole-body vibration exposure and seat location in automobile, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第20回 日本人体振動学会,   2012年09月, 第20回 日本人体振動学会
  • Effect of Whole-Body Vibration on Roughness Sensation, 米原 牧子, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 中村 一美, 竹原 伸, 前田 節雄, 第20回日本人体振動学会,   2012年09月, 第20回日本人体振動学会
  • 次世代自動車技術への取り組み ~ 快適性の向上を目指して ~, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 宮田 繁春, 竹原 伸, 第14回日本感性工学会大会,   2012年08月, 第14回日本感性工学会大会
  • 自動車室内の操作性・快適性に関する研究, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 宮田 繁春, 竹原 伸, 第14回日本感性工学会大会,   2012年08月, 第14回日本感性工学会大会
  • Effect of visual and auditory stimuli on human response to whole- body vibration, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 前田 節雄, Inter-Noise 2012,   2012年08月, Inter-Noise 2012
  • ドライビングシミュレータによる全身振動が生体応答に与える影響, 土屋 賢太, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 前田 節雄, 小倉由美 藤田悦則, 人間工学会第53回大会,   2012年06月09日, 人間工学会第53回大会
  • 2A2-H08 脚式農作業ロボットの自己位置認識に関する研究(移動ロボットの自己位置推定と地図構築(2)), 樹野 淳也, 横山 弘樹, 稲垣 克彦, 田島 淳, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2012年05月27日
    概要:We propose a method of shaft tillage cultivation using an autonomous robot and discuss the possibility of introducing legged locomotion in our robot. In order to work autonomously in the field, the robot should have any positioning function. This paper presents an affordable and high-precision 2-D localization method for the agricultural legged robot. Particularly, we report the development of 2-D localization using a laser distance sensor, and the results of vehicle positioning experiments, in which the vehicle repeated stop-and-go driving, stopping every 1 m. As a result, the calculated RMS positioning error in stopping was found to be about 15 mm and 0.25°.
  • マルチモーダルな振動条件が乗り心地評価に与える影響, 樹野 淳也, 土屋 賢太, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 前田 節雄, 自動車技術会2012年春季大会,   2012年05月23日, 自動車技術会2012年春季大会
  • 脚式農作業ロボットの自己位置認識に関する研究, 樹野 淳也, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),   2012年05月27日
  • ハウス栽培用全自動定植システムにおけるセル成型苗トレイ自動補給装置の基礎的研究, 行本航, 田中秀幸, ロペス ノエベラスケス, 田島淳, 加藤雅義, 坂口栄一郎, 樹野淳也, 石井忠司, 農作業研究,   2012年03月
  • 局所耕うん器具を用いた耕うん同時評価法に関する研究―圃場通気性試験装置モデルによる土壌物理性の推定―, 實野雅太, 田島淳, 加藤雅義, 豊田成章, 坂口栄一郎, 樹野淳也, 農作業研究,   2012年03月
  • 四輪接地機構を有するスキッドステア車両の旋回特性について, 樹野 淳也, 農作業研究,   2012年03月
  • 局所耕うん器具を用いた耕うん同時評価法に関する研究 ―圃場通気性試験装置の数学モデルによる土壌物理性の推定と測定範囲について―, 樹野 淳也,   2012年03月
  • ハウス栽培用全自動定植システムにおけるセル成型苗トレイ自動補給装置の開発 ―補助苗トレイ補給動作の信頼性―, 樹野 淳也, 農作業研究,   2012年03月
  • 局所耕うん栽培用チェーンポット苗移植機の開発 -活着試験による評価-, 樹野 淳也, 農作業研究,   2012年03月
  • 全自動定植システムにおける苗トレイ自動補給機構の基礎的研究, 樹野 淳也,   2012年03月
  • 局所耕うん圃場における有機物分解過程について ―FTIRによる表層部分の有機物分子構造の解明―, 樹野 淳也, 農作業研究,   2012年03月
  • Driving simulator for subjective scaling validation of the ISO 2631-1 standard, Junya Tatsuno, Hitomi Nakamura, Makiko Yonehara, Shin Takehara, Kazuma Ishimatsu, Setsuo Maeda, 40th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering 2011, INTER-NOISE 2011,   2011年12月01日
    概要:ISO 2631-1, which defines the acceptable standard of body vibration, constitutes the generally accepted criteria for evaluating whole-body vibration as a part of overall in-vehicle comfort. Annex C of ISO 2631-1 (''Guide to the effects of vibration on comfort and perception'') states that "the reactions at various magnitudes depended on passenger expectancies with regards to trip duration and the type of activities passengers expect to accomplish (e.g., reading, eating, writing, etc.) and many other factors (acoustic noise, temperature, etc.)". Although previous studies have reported factors contributing to the discomfort from vibration, some studies on the effects of sound and visual images (i.e., audio-visual stimulation) on whole-body vibration perception have been reported recently. In order to validate the effect of sound and visual images on whole-body vibration evaluation, the multi-modal simulator or the driving simulator is necessary to perform the psychometric experiments. We developed a new driving simulator for the psychometric experiments. In this study, the hardware specification and control system of the driving simulator are described first. Then, we described plans for a psychometric experiment using the driving simulator to obtain data for the revision of the ISO 2631-1 standard.
  • ブレーキランプのデザインが後方車両のドライバの制動動作に及ぼす影響について -職業ドライバへのアンケート-, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 第44回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2011年11月, 第44回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • スピードメータのデザインの違いがドライバの視認性に与える影響について, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 第44回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2011年11月, 第44回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • グラデーションパターンの仕様の違いが触知覚に及ぼす影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 藤井隆志 福本知輝, 第44回日本人間工学会 中国・四国支部大会,   2011年11月, 第44回日本人間工学会 中国・四国支部大会
  • Driving Simulator for Subjective Scaling VAlidation of the ISO 2631-1 standard, 前田 節雄, 樹野 淳也, 中村 一美, Makiko Yonehara, 竹原 伸, Kazuma ISHIMAtsu, internise 2011,   2011年09月, internise 2011
  • 落ち葉処理槽(循環槽)中の有機物分子構造特性による分解過程の評価(続報), 田島淳, 加藤雅義, 渡邉慎太郎, 橋本洋平, 樹野淳也, 農作業研究,   2011年07月
  • 局所耕うん栽培圃場における耕うん同時評価法に関する研究 ─圃場通気性試験装置における通気性指数の算出方法について─, 樹野 淳也, 農作業研究,   2011年07月
  • ハウス栽培用全自動定植システムにおけるセル成型苗トレイ自動補給装置の開発 ─補助苗トレイの補給機構について─, 樹野 淳也, 農作業研究,   2011年07月
  • 自動車運転時の情報提示方法の検討 - タッチパネルのボタンの明度・色相について , 中村 一美, 西原 健太, 樹野 淳也, 米原 牧子, 宮田 繁春, 竹原 伸, 日本人間工学会第52回大会,   2011年06月06日, 日本人間工学会第52回大会
  • 自動車用エアコンスイッチの形式が操作性に与える影響について -3種類のスイッチの比較-, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 田中 一基, 竹原 伸, 日本人間工学会第52回大会,   2011年06月06日, 日本人間工学会第52回大会
  • ドットのグラデーションパターンが触知覚に及ぼす影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 藤井隆志, 日本人間工学会第52回大会,   2011年06月06日, 日本人間工学会第52回大会
  • 1A1-B06 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 : 栽培計画と接地位置を考慮した移動シミュレーション(農業用ロボット・メカトロニクス), 樹野 淳也, 麻郷地 宏史, 稲垣 克彦, 田島 淳, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2011年05月26日
    概要:We propose a method of shaft tillage cultivation using an autonomous robot and discuss the possibility of introducing legged locomotion in our robot. One of the advantages of legged locomotion is the ability it offers in selecting the ground contact points. Since the tillage and transplanting site is managed as point coordinates in shaft tillage cultivation, the compatibility between the leg locomotion and the shaft tillage method is high. This paper treats the locomotion of the five-legged robot for shaft tillage cultivation. The five-legged robot discovers its ground position based on a cultivation plan. We report about the computer simulation where the robot moves about to do various work based on the plan.
  • 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 -栽培計画と接地位置を考慮した移動シミュレーション-, 樹野 淳也, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 1A1-B6,,   2011年05月, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 1A1-B6,
  • 局所耕うん栽培を実践する六脚ロボットの開発 -5脚ロボットの移動シミュレーション-, 樹野 淳也,   2011年03月
  • 自動車運転時の情報提示方法の検討:タッチパネルのボタン明度・色相について, 中村 一美, 西原 健太, 樹野 淳也, 米原 牧子, 宮田 繁春, 竹原 伸, 日本人間工学会大会講演集,   2011年
  • Networked cellular motion detection system by using pyroelectric infrared sensor for surveillance, Minoru Kanamaru, Hiroyuki Kawai, Hisato Kobayashi, Junya Tatsuno, Hiromi Mochiyama, Nobuaki Kobayashi, IECON Proceedings (Industrial Electronics Conference),   2010年12月01日
    概要:In this paper, we propose a networked cellular motion detection system for surveillance by using pyroelectric infrared sensors. The networked sensor technology has a potential to solve some of our most important scientific and societal problems. However, the distributed vision system makes it difficult to process the information acquired in such considerable amount. The proposed method gets a hint from the information processing of human hearing organs and compound eyes of insects. By constructing the testbed as a motion detection cell, we confirmed that the proposed method can be utilized to detect human behavior in a real situation. © 2010 IEEE.
  • Bio-manipulation with a robotic straw, Hiromi Mochiyama, Yuki Shirato, Hisato Kobayashi, Junya Tatsuno, Hiroyuki Kawai, 2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science: From Micro and Nano Scale Systems to Robotics and Mechatronics Systems, MHS 2010, Micro-Nano GCOE 2010, Bio-Manipulation 2010,   2010年12月01日
    概要:In this paper, we demonstrate the usefulness of the micro-manipulation system with a robotic straw proposed by the authors for the microorganism isolation task. Isolating microorganism is one of the fundamental bio-manipulation tasks. This task has been conventionally achieved with a straw connected with a rubber tube. However, some skill is required by an operator for this isolation task, because it is difficult for a naive operator to place the tip of pipette at a desired position under a microscope. We show that the microorganism isolation task is successfully achieved with the proposed system even by a naive operator of the conventional microorganism isolation task without long-term training. ©2010 IEEE.
  • Bio-manipulation with a Robotic straw, 樹野 淳也, Proc. of 2010 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2010),   2010年11月, Proc. of 2010 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2010)
  • Networked Cellular Motion Detection System by Using Pyroelectric Infrared Sensor for Surveillance, 樹野 淳也, Proc. of the 36th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, pp. 2851-2856,   2010年11月, Proc. of the 36th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society, pp. 2851-2856
  • スピードメータのサイズの違いがドライバの視認性に与える影響について, 樹野 淳也, 米原 牧子, 中村 一美, 竹原 伸, 藤井隆志, 廣安良久 渡辺秀樹, 日本人間工学会中国・四国支部第43回大会,   2010年10月, 日本人間工学会中国・四国支部第43回大会
  • 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発―スケールモデルの製作―, 樹野淳也, 稲垣克彦, 田島淳, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),   2010年06月13日
  • 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 -スケールモデルの試作-, 樹野 淳也, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 1A1-A23,,   2010年06月, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 1A1-A23,
  • マイクロマニピュレーションのためのPWM制御型吸込み/吹出しマスタ・スレーブシステム, 樹野 淳也, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 2A2-A03,,   2010年06月13日, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 2A2-A03,
  • バイオ操作効率化のための顕微鏡下画像情報からの聴覚情報の抽出, 樹野 淳也, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 2A2-A06,,   2010年06月13日, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 2A2-A06,
  • 運転時のインパネ操作における視認性評価, 中村 一美, 樹野 淳也, 田中 一基, 宮田 繁春, 竹原 伸, 日本人間工学会第51回大会,   2010年06月19日, 日本人間工学会第51回大会
  • 自動車インパネの操作性に関する研究 -エアコンスイッチの形式が操作性に与える影響について-, 樹野 淳也, 中村 一美, 田中 一基, 竹原 伸, 日本人間工学会第51回大会,   2010年06月19日, 日本人間工学会第51回大会
  • 局所耕うん栽培圃場における土壌団粒構造と有機物特性, 田島淳, 加藤雅義, 橋本洋平, 樹野淳也, 農作業研究,   2010年05月
  • 局所耕うん栽培圃場の土壌団粒構造と有機物特性, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.21-22,,   2010年05月, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.21-22,
  • 落ち葉処理槽(循環槽)中の有機物分子構造特性による分解過程の評価, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.23-24,   2010年05月, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.23-24
  • 局所耕うん器具における回転速度と貫入抵抗の関係, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.41-42,   2010年05月, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.41-42
  • 局所耕うん法の開発 ―氷柱による耕うんについて―, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.43-44,   2010年05月, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.43-44
  • 局所耕うん栽培用チェーン式ペーパーポット苗移植機の開発, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.123-124,,   2010年05月, 農作業研究,Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.123-124,
  • ハウス栽培用全自動定植システムにおけるセル成型苗トレイ自動補給装置の開発, 樹野 淳也, 農作業研究Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.125-126,,   2010年05月, 農作業研究Vol.45,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.125-126,
  • ストロー操作型マイクロマニピュレーションシステム, 白土勇輝, 望山洋, 小林尚登, 樹野淳也, 河合宏之, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),   2010年
  • 2A2-A03 マイクロマニピュレーションのためのPWM制御型吸込み/吹出しマスタ・スレーブシステム, 白土 勇輝, 望山 洋, 小林 尚登, 樹野 淳也, 河合 宏之, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2010年
    概要:In this paper, we show a performance of the suck-and-blow master-slave system for micro-manipulation. The system was proposed by authors. In the proposed system, we can generate the air flow at the tip of the micro-straw in the slave side according to operator's suck and blow in the master side. We measure the pulling and pushing force which are generated by the proposed system. We show results of the force measurement. the proposed system is constructed by simple mechanism and achieved a motion DOF like a straw. Moreover, by vibrating the straw at an operator's mouth according to the detec...
  • 2A2-A06 バイオ操作効率化のための顕微鏡下画像情報からの聴覚情報の抽出, 樹野 淳也, 河合 宏之, 望山 洋, 小林 尚登, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2010年
    概要:The operability of micro-manipulator is a key issue to improve the efficiency of research and development in biological field. Though the real magnified haptic feedback must be helpful to improve the maneuverability of micro-manipulator, its realization is not so easy. Then we consider the use of acoustic sensory feedback. To improve the operability, pseudo or artificial acoustic information is provided to operator. In this paper, we describe the system structure to use acoustic sensory feedback in the micro-injection as a case study.
  • 1A1-A23 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 : スケールモデルの製作, 樹野 淳也, 稲垣 克彦, 田島 淳, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2010年
    概要:We propose a method of shaft tillage cultivation using an autonomous robot. In this cultivation system, a deep vertical shaft is drilled by rotating a tillage tool, after which seedlings are transplanted into the shaft, where they grow until harvest time. We discuss the possibility of the application of legged locomotion in our robot. One of the advantages of legged locomotion is the ability it offers in selecting the ground contact points. In shaft tillage cultivation, the tillage and transplanting site is managed as point coordinates. We propose the operation to utilize high compatibility...
  • Suck-and-blow master-slave system for micro-manipulation based on body image embedding, Hiromi Mochiyama, Yuki Shirato, Hisato Kobayashi, Junya Tatsuno, Hiroyuki Kawai, 20th Anniversary MHS 2009 and Micro-Nano Global COE - 2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science,   2009年12月01日
    概要:In this paper, we propose a novel master-slave system for micro-manipulation of the mechanical contact type. In the proposed system, suck and blow movements in the master side are scaled and transmitted to the slave side, i.e., we generate the air flow at the tip of the micro-straw in the slave side according to operator's suck and blow in the master side. The air flows by operator's suck and blow are detected by a series of two flow sensors opposite in direction each other. The output air flow at the micro-straw is controlled by switching a series of two solenoid valves whose three inputs are connected to an air compressor, a vacuum pump, and the atmosphere respectively. The switching law is calculated based on the data from the flow sensors. Moreover, by vibrating the straw at an operator's mouth according to the detected contact between the microstraw and a micro-object, we also expect immersive feel as if the operator sucks or blows the micro-object directly with the straw. The suck-and-blow master-slave system proposed here is compatible with the master-slave system based on the body image embedding the authors proposed previously. By combining the two systems, we expect to realize the rapid pick-and-place in a micro-world. We show some results on very basic experiments, i.e., measurement of air flows by operator's suck and blow, and picking a micro-particle by suction, to prove the potential of the proposed micro-manipulation system. ©2009 IEEE.
  • マイクロマニピュレーションのための吸込み/吹出しマスタ・スレーブシステム, 樹野 淳也, 第10回SICEシステムインテグレーション部門講演会, (2009-12),   2009年12月, 第10回SICEシステムインテグレーション部門講演会, (2009-12)
  • Suck-and-Blow Master-Slave System for Micro-manipulation based on Body Image Embedding, 樹野 淳也, Proc. of 2009 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2009), pp. 33,   2009年11月, Proc. of 2009 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2009), pp. 33
  • Macro-Micro Tele-Manipulation System Based on Body Image Embedding with Contact Feel, Spatial Motion and Stereo Vision, 樹野 淳也, Proceeding of 18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communiation,   2009年09月, Proceeding of 18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communiation
  • Development of a Legged Robot for Shaft Tillage Cultivation - Proposal of Basic Concept-, 樹野 淳也, 4th IFAC International Workshop on Bio‐Robotics, Information Technology, and Intelligent Control for,   2009年09月, 4th IFAC International Workshop on Bio‐Robotics, Information Technology, and Intelligent Control for
  • 接触感呈示による身体像の埋め込みに基づくマクロ・マイクロ・テレマニピュレーションシステム, 樹野 淳也, 日本ロボット学会学術講演会, (2009-9),   2009年09月15日, 日本ロボット学会学術講演会, (2009-9)
  • 1A2-C01 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 : 接地位置の選択, 樹野 淳也, 稲垣 克彦, 田島 浮, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2009年05月25日
    概要:We proposed the shaft tillage cultivation for autonomous robot. Under this cultivation, deep vertical shaft is drilled by rotating the tillage tool, after that, seedling is transplanted to the shaft and grows until harvest time. We have discussed the possibility of application of legged locomotion to our robot. The feature of wheel locomotion is not made good use of, because the robot must stop to do the shaft tillage and transplanting. Meanwhile, one of the effectiveness of legged locomotion is to select ground contact point. Under the shaft tillage cultivation, the tillage and transplanti...
  • 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 接地位置の選択, 樹野 淳也, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 1A2-C01,,   2009年05月24日, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会講演論文集CD-ROM, 1A2-C01,
  • 局所耕うん法の開発-クラッシュアイスを用いた耕うん器具の試作-, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.44,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.87-88,,   2009年04月, 農作業研究,Vol.44,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.87-88,
  • クランク式耕うん機・スクリュー式耕うん機について, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.44,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.89-90,,   2009年04月, 農作業研究,Vol.44,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.89-90,
  • ハウス栽培用全自動定植システムの開発, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.44,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.53-54,,   2009年04月, 農作業研究,Vol.44,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.53-54,
  • Macro-micro tele-operation system based on body image embedding for bio-manipulation under microscope, Hiromi Mochiyama, Hisato Kobayashi, Junya Tatsuno, Hiroyuki Kawai, 2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2008,   2008年12月01日
    概要:In this paper, in order to provide with an inex- pensive solution to efficient bio-manipulation under microscope, we propose a macro-micro tele-operation system based on body image embedding. It is known in neuroscience that we could feel our body image for the object which is not our own body in certain conditions. Our idea is to utilize the body image illusion for generating high immersive feelings in bio-manipulation under microscope, instead of aiming at the perfect transparency, the conventional target of tele-manipulation system, which is difficult to attain. Our proposed system has two additional components as well as the conventional system where micro manipulators hydraulically connected to joysticks or dials handled by an operator are used for fine bio-manipulation under a microscope. The one component is for the body posi- tion/orientation consistency between proprioception and vision. In this component, due to appropriate use of a camera for a microscope, a visual display, mirrors and tiny dummy hands, an operator can see the magnified visual image of the tiny dummy hands similar to his/her own hands in shape at the position and orientation where he/she feel them proprioceptively. The other component is for the contact consistency between touch and vision. In this component, the contact between a tool grasped by an operator's hands and a manipulated object observed by eyes should coincide to the contact felt by his/her hand skin. To do this, haptic stimulators such as piezo actuators are activated at the timing of contact which is detected, for example, by the vision processing from the microscopic images. © 2008 IEEE.
  • Macro-micro Tele-manipulation System based on Body Image Embedding for Bio-manipulation under Microscope, 樹野 淳也, Proc. of 2008 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2008), pp. 28,   2008年11月, Proc. of 2008 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2008), pp. 28
  • マイクロ・マニピュレータ操作効率化のための錯覚を利用した操作支援の検討, 樹野 淳也, 日本ロボット学会学術講演会,   2008年09月09日, 日本ロボット学会学術講演会
  • 局所耕うん栽培圃場における耕うん同時評価法に関する研究―耕うん所要動力による土壌物理性の評価―, 田島淳, 荒川直毅, 佐々木豊, 加藤雅義, 樹野淳也, 農作業研究,   2008年05月
  • 局所耕うん法の開発―クラッシュアイスを用いた耕うん法の提案―, 田島淳, 中山夏希, 加藤雅義, 樹野淳也, 農作業研究,   2008年05月
  • 局所耕うん栽培圃場における耕うん同時評価法の関する研究―耕うん所要動力による土壌物理性の評価―, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.43,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.61-62,,   2008年03月, 農作業研究,Vol.43,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.61-62,
  • 局所耕うん法の開発―クラッシュアイスを用いた耕うん法の提案―, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.43,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.63-64,   2008年03月, 農作業研究,Vol.43,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.63-64
  • 高齢者農業を支援する電動作業機械の開発-基本コンセプトの提案-, 樹野 淳也, 日本機械学会中国四国支部学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,pp.304,,   2008年03月, 日本機械学会中国四国支部学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,pp.304,
  • 局所耕うん栽培を実践する六脚ロボットの開発-基本コンセプトの提案-, 樹野 淳也, 日本機械学会中国四国支部学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,pp.305,   2008年03月, 日本機械学会中国四国支部学生会第38回学生員卒業研究発表講演会講演前刷集,pp.305
  • 太陽電池駆動型農作業システムの開発 消費電力の低減について, 樹野 淳也, 農業環境工学関連学会2007年合同大会講演要旨集CD-ROM, No.A42,   2007年09月, 農業環境工学関連学会2007年合同大会講演要旨集CD-ROM, No.A42
  • 局所耕うん法の開発―クラッシュアイスを用いたシャフト底部の拡大―, 中山夏希, 田島淳, 佐々木豊, 加藤雅義, 樹野淳也, 農作業研究,   2007年06月15日
  • 局所耕うん法の開発 ―クラッシュアイスを用いたシャフト底部の拡大―, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.42,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.77-78,,   2007年03月, 農作業研究,Vol.42,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.77-78,
  • A Scaled Tele-Operation Powered by Haptic Illusion., Hisato Kobayashi,Keisuke Murakawa,Junya Tatsuno,Hiromi Mochiyama,Hiroyuki Kawai, IEEE RO-MAN 2007, 16th IEEE International Symposium on Robot & Human Interactive Communication, August 26-29, 2007, Jeju Island, Korea, Proceedings,   2007年
  • 局所耕うん・定植作業を行う自動作業車両の誘導, 樹野 淳也, 農業環境工学関連学会2006年合同大会講演要旨集CD-ROM, No.O011411,,   2006年09月, 農業環境工学関連学会2006年合同大会講演要旨集CD-ROM, No.O011411,
  • 太陽電池駆動型農作業システムの消費電力について, 樹野 淳也, 農業機械学会関東支部第42回年次大会講演要旨,pp.16-17,   2006年07月, 農業機械学会関東支部第42回年次大会講演要旨,pp.16-17
  • 太陽電池駆動型農作業システムの消費電力について, 川島平太, 田島淳, 樹野淳也, 石井忠司, 木下榮一郎, 宮内康弘, 農業機械学会関東支部年次報告,   2006年06月28日
  • 局所耕うん用全自動移植機によるチンゲンサイの定植, 田島淳, 樹野淳也, 寺田裕, 加藤雅義, 石井忠司, 木下榮一郎, 宮内康弘, 農作業研究,   2006年06月15日
  • セル成型トレイによる均一育苗技術について, 中滞基, 田島淳, 樹野淳也, 加藤雅義, 農作業研究,   2006年06月15日
  • 局所耕うん栽培圃場の経年変化の評価, 中山夏希, 田島淳, 樹野淳也, 加藤雅義, 農作業研究,   2006年06月15日
  • 局所耕うん用全自動移植機によるチンゲンサイの定植, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.41,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.157-158,,   2006年03月, 農作業研究,Vol.41,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.157-158,
  • セル成型トレイによる均一育苗技術について, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.41,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.83-84,,   2006年03月, 農作業研究,Vol.41,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.83-84,
  • 局所耕うん栽培圃場の経年変化の評価, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.41,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.155-156,,   2006年03月, 農作業研究,Vol.41,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.155-156,
  • 施設内乗用型電動作業車の開発と走行特性, 洪寧基, 樹野淳也, 田島淳, 玉木浩二, 山本がい, 農業環境工学関連7学会合同大会講演要旨集,   2005年09月12日
  • 施設内乗用型電動作業車の開発と走行性能, 樹野 淳也, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会講演要旨集,pp.464,   2005年09月, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会講演要旨集,pp.464
  • レーザ距離計を用いた車両・作業機の位置制御, 樹野 淳也, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会講演要旨集,pp.345,,   2005年09月12日, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会講演要旨集,pp.345,
  • 画像処理による生長計測 -カメラ画像による植物の容積の推定-, 樹野 淳也, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会講演要旨集,pp.289,,   2005年09月12日, 農業環境工学関連7学会2005年合同大会講演要旨集,pp.289,
  • 圃場内運搬車両の四輪接地機構について, 樹野 淳也, 農業機械学会関東支部第41回年次大会講演要旨,pp.16-17,,   2005年07月, 農業機械学会関東支部第41回年次大会講演要旨,pp.16-17,
  • 圃場内運機車両の四輪接地機構について, 佐藤かける, 田島淳, 樹野淳也, 三浦雄介, 寺田裕, 玉木浩二, 石井忠司, 農業機械学会関東支部年次報告,   2005年06月28日
  • 局所耕うん栽培用全自動移植機の開発, 樹野 淳也,   2005年03月
  • A method for 3D salt distribution measurement on saline land in northeastern Thailand, 樹野 淳也, Abstracts of International Symposium on Participatory Strategy for Soil and Water Conservation, p.27,   2004年11月, Abstracts of International Symposium on Participatory Strategy for Soil and Water Conservation, p.27
  • Effective Use of Reservoir Water with Solar Pumping System at Integrated Farming System in Northeastern Thailand, 樹野 淳也, Abstracts of International Symposium on Participatory Strategy for Soil and Water Conservation, p.16,   2004年11月, Abstracts of International Symposium on Participatory Strategy for Soil and Water Conservation, p.16
  • レーザー距離計による二次元座標計測の精度について, 樹野 淳也, 農業機械学会関東支部第40会年次大会講演要旨,pp.18-19,   2004年07月, 農業機械学会関東支部第40会年次大会講演要旨,pp.18-19
  • レーザー距離計による二次元座標計測の精度について, 寺田裕, 田島淳, 樹野淳也, 玉木浩二, 石井忠司, 農業機械学会関東支部年次報告,   2004年06月20日
  • モンシロチョウの作物への静止時間による産卵の予測, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.39,Ex.2,春季大会講演要旨集,pp.87-88,,   2004年03月, 農作業研究,Vol.39,Ex.2,春季大会講演要旨集,pp.87-88,
  • 太陽電池駆動型農作業システムの開発, 樹野 淳也, 農業機械学会関東支部第39回年次大会講演要旨pp.6-7,   2003年09月, 農業機械学会関東支部第39回年次大会講演要旨pp.6-7
  • レーザー距離計による車両位置の二次元計測, 樹野 淳也,   2003年09月
  • 立体トラスハウスのエネルギー負荷特性に関する研究, 樹野 淳也, 農業機械学会関東支部第39回年次大会講演要旨pp.10-11,   2003年09月, 農業機械学会関東支部第39回年次大会講演要旨pp.10-11
  • 個体管理ロボットによる重量計測の自動制御, 樹野 淳也, 農業機械学会関東支部第39回年次大会講演要旨pp.32-33,,   2003年09月, 農業機械学会関東支部第39回年次大会講演要旨pp.32-33,
  • 上肢の運動による意向の抽出, 樹野 淳也, 第21回日本ロボット学会学術講演会予稿集CD-ROM, 3F16,,   2003年09月20日, 第21回日本ロボット学会学術講演会予稿集CD-ROM, 3F16,
  • レーザー距離計による車両位置の二次元計測, 寺田裕, 樹野淳也, 田島淳, 玉木浩二, 石井忠司, 農業機械学会関東支部年次報告,   2003年08月25日
  • 立体トラスハウスのエネルギー負荷特性に関する研究, 洪寧基, 樹野淳也, 小島寛明, 田島淳, 吉村正敬, 玉木浩二, 農業機械学会関東支部年次報告,   2003年08月25日
  • 個体管理ロボットによる重量生長の自動計測, 洪寧基, 樹野淳也, 吉田雄司, 田島淳, 吉村正敬, 玉木浩二, 農業機械学会関東支部年次報告,   2003年08月25日
  • 太陽電池駆動型農作業システムの開発, 田島淳, 樹野淳也, 吉村正敬, 玉木浩二, 加藤雅義, 農業機械学会関東支部年次報告,   2003年08月25日
  • 長尺物を扱う際の双腕マニピュレータの協調計画 -人間動作模倣のための評価関数の提案-, 樹野 淳也, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'03講演論文集CD-ROM, 2P2-1F-C4,,   2003年05月23日, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'03講演論文集CD-ROM, 2P2-1F-C4,
    概要:本研究では, 双腕マニピュレータが長尺物を扱う際の協調動作計画を扱う。特に, 人間の動作に似た動作生成を目標とし, 最小トルク変化や可操作性, 手先の相対位置変化などで構成された評価関数の提案を行い, シミュレーションによりその有効性を確認する。
  • レーザ距離計を用いた2次元座標計測, 樹野 淳也, 第62回農業機械学会年次大会講演要旨, pp.157-158,,   2003年04月01日, 第62回農業機械学会年次大会講演要旨, pp.157-158,
  • 局所耕うん栽培におけるシャフト径・シャフト深さが圃場の通気性に及ぼす影響について, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.38,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.129-130,,   2003年03月, 農作業研究,Vol.38,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.129-130,
  • モンシロチョウの作物への静止時間と産卵の関係, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.38,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.137-138,,   2003年03月, 農作業研究,Vol.38,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.137-138,
  • Cooperative motion planning for dual arm robot to demonstrate human arm movements, Takefumi Osone, Junya Tatsuno, Tomofumi Nishida, Hisato Kobayashi, Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication,   2002年12月01日
    概要:Human friendly robots must not give us strange feelings in their behaviors. Namely, such robots should behave like human beings. This paper proposes a cost function, which generates human like movements when robots execute dual arm cooperative tasks. Considering human behaviors, we established a cost function based on two factors: "second derivatives of joint torques" and "degree of visibility". As a result of several simulations, we could conclude that the proposed cost function generated human like movements, which was closer to real human behavior comparing with the conventional cost functions. © 2002 IEEE.
  • Cooperative Motion Planning for Dual Arm Robot to Demonstrate Human Arm Movements, 樹野 淳也, Proceeding of 11th IEEE International Workshop on Robot and Human Communication, pp.488-493,,   2002年09月, Proceeding of 11th IEEE International Workshop on Robot and Human Communication, pp.488-493,
  • Application of Solar Pumping and Subsurface Drainage System for Reclamation of Saline Land in Northeastern Thailand, 樹野 淳也, Transactions of 17th World Congress of Soil Science, CDROM, Paper No. 2032,,   2002年08月, Transactions of 17th World Congress of Soil Science, CDROM, Paper No. 2032,
  • 土壌の深さ方向に測定可能な電気伝導度センサーの開発 --飽和塩類集積土壌の電気伝導度の測定--, 樹野 淳也, 農業環境工学関連4学会2002年合同大会講演要旨, pp.167,   2002年08月06日, 農業環境工学関連4学会2002年合同大会講演要旨, pp.167
  • 栽培方法の違いがモンシロチョウの産卵行動に及ぼす影響について --リビングマルチの効果--, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.37,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.81-82,   2002年03月, 農作業研究,Vol.37,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.81-82
  • 局所耕うん栽培におけるシャフト径・ シャフト深さがチンゲンサイの生育に及ぼす影響について, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.37,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.97-98,,   2002年03月, 農作業研究,Vol.37,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.97-98,
  • 栽培方法の違いがモンシロチョウの産卵行動に及ぼす影響について --マーキングによる産下卵粒の追跡--, 樹野 淳也, 農作業研究,Vol.37,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.83-84,,   2002年03月, 農作業研究,Vol.37,Ex.1,春季大会講演要旨集,pp.83-84,
  • A practical way to apply the natural human like communication to human-robot interface, Takefumi Yamada, Junya Tatsuno, Hisato Kobayashi, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   2001年12月01日
    概要:This paper proposes a concept to build a human friendly interface for robot tele-operation. This interface is based on a knowledge database of our daily lives, thus any human-operators, men and women of all ages, can easily transfer their intentions to the robots. The proposed method also includes interactive communication path between human-operators and robots, which compensates for vague instructions.
  • A practical way to apply the natural human like communication to human-robot interface, Takefumi Yamada, Junya Tatsuno, Hisato Kobayashi, Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication,   2001年12月01日
    概要:This paper proposes a concept to build a human friendly interface for robot tele-operation. This interface is based on a knowledge database of our daily lives, thus any human-operators, men and women of all ages, can easily transfer their intentions to the robots. The proposed method also includes interactive communication path between human-operators and robots, which compensates for vague instructions. © 2001 IEEE.
  • 多自由度マニピュレータにおける障害物回避動作を生成する実際的方法, 小池宏明, 樹野淳也, 小林尚登, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   2001年09月18日
  • 双腕マニピュレータのための操作性の準最適化を考慮した協調動作計画, 大曽根威文, 樹野淳也, 小林尚登, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   2001年09月18日
  • 双腕マニピュレータのための操作性の準最適化を考慮した協調動作計画, 大曽根威文, 樹野淳也, 小林尚登, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   2001年09月18日
  • 多自由度マニピュレータにおける障害物回避動作を生成する実際的方法, 小池宏明, 樹野淳也, 小林尚登, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   2001年09月18日
  • 複数同機能モジュールによる物体搬送システム 第3報 モジュールの製作と制御, 関根大一郎, 金井康頼, 川端邦明, 樹野淳也, 小林尚登, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,   2001年06月08日
  • 2P1-F4 複数同機能モジュールによる物体搬送システム : 第3報 モジュールの製作と制御(30. マルチエージェントロボットシステムII), 関根 大一郎, 金井 康頼, 川端 邦明, 樹野 淳也, 小林 尚登, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,   2001年06月08日
  • 能動大腸内視鏡の開発 第1報 要求機能の検証および試作機の製作, 横田祥, 川端邦明, 樹野淳也, 小林尚登, 日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集,   2001年03月09日
  • 805 能動大腸内視鏡の開発 : 第1報 要求機能の検証および試作機の製作(感覚・計測とロボティクス・メカトロニクスI)(OS.12 感覚・計測とロボティクス・メカトロニクス), 横田 祥, 川端 邦明, 樹野 淳也, 小林 尚登, 日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集,   2001年03月09日
    概要:We develop an active colonoscopy system for realizing easy medical operation. In this report, we discuss required functions and specifications for the active colonoscopy system, and construct a prototype. 0ur proposed system is like a hyper redundant manipulator, which consists of plural units. Each unit consists of one actuated joint and two links, and control system is contained in the units. FSR(Force Sensing Resister) is also equipped as a tactile sensor for detecting the collision with colon. Using our prototype, we have basic experiments with a colon-shaped tube model and confirm the ...
  • Human like active vision for service robot teleoperation, Kazuyuki Takahashi, Junya Tatsuno, Hisato Kobayashi, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   1999年12月01日
    概要:This paper describes the construction of a robot vision. In order to enable robots to participate actively in our living, image recognition by robots is important. However we have many problems to be solved in this area. Human being can recognize images naturally without special eãort. Even though an image of object isn't enough as it is, we can get the information by closing to the object or by bringing it to our face. These behavior are done unconsciously. We think that human natural behavior may be a great hint to construct a robot vision system. On this point of view, we propose a robot vision system that behaves like human natural manner.
  • Man-machine interface with verbal communication, Isamu Matsumura, Junya Tatsuno, Yoshiyuki Kokubo, Hisato Kobayashi, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   1997年12月01日
    概要:This paper describes about a construction of human-friendly man-machine interface. We think that we should model after human natural communication to construct human-friendly man-machine interface. In this paper, especially, we will try to realize the man-machine communication by the commands with demonstrative pronoun and simple action. We construct a fundamental system and do some simple experiment.
  • Control of the agricultural robot with flexible boom electrically driven by solar light power, Kiyoshi Tajima, Junya Tatsuno, Koji Tamaki, Paper - American Society of Agricultural Engineers,   1997年12月01日
    概要:Natural energy is widely distributed and hard to utilize as a energy sources. When we think of development of agricultural robot using natural energy, such as solar energy, it is important to develop small and light body instead of current heavy equipment and a cultivation system that is suitable for the machine. The machine has specialized for each operation so that it stimulates to develop simpler machine. We have been developing the total system of agricultural robot for a field use. We introduce working vehicle positioning system for the robot, that is a combination of a movable guidance beacon along operating fields and flexible boom which connects working and control vehicle.
  • 遠隔操作における操作者の意向の抽出と伝送, 小久保芳行, 松村勇, 小林尚登, 樹野淳也, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   1997年09月
  • バーバルコミュニケーションを用いたマン・マシンインタフェースの一構成法, 松村勇, 小林尚登, 樹野淳也, 小久保芳行, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,   1997年06月
  • Human friendly teaching for industrial robots, Junya Tatsuno, Singo Matsuyama, Yoshiyuki Kokubo, Hisam Kobayashi, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   1996年12月01日
    概要:This paper considers a human friendly teaching way which can be used by every human being. The method represents robots' motion by a set of keywords which are frequently used in daily conversation. The sequence of keywords is interpreted as a sequence of robot command, and realized our intended motion. This paper also considers a method which translates human gesture to the keywords, because human gesture greatly assists to describe our intention as a set of keywords. To avoid misoperation, we can also verify the consistency between the human gesture and typed keywords. Moreover, keyword description enables us to expand the interface to being more human friendly.
  • Extraction and transmission of human intention on teleoperation, J. Tatsuno, H. Kobayashi, S. Matsuyama, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   1996年12月01日
    概要:This paper tries to extract human intention from time series data in operator's arm action, and to let robots move as if robots have the same intention as the operator. Since human being is not always good at to verbalize one's own mind, it is helpful for human-machine interface of teleoperation to interpret human arm actions.
  • Human friendly teaching for industrial robots, Junya Tatsuno, Shingo Matsuyama, Yoshiyuki Kokubo, Kuniaki Kawabata, Hisato Kobayashi, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   1996年12月01日
    概要:A human friendly method of teaching industrial robots has been developed. The methods involved teaching by keywords which represent almost all tasks required from industrial robots. It was observed that there is a need to develop intelligent control method with visual or tactile feedback which is essential for fine motion teaching.
  • Human friendly teaching for industrial robots, Junya Tatsuno, Yoshiyuki Kokubo, Shingo Matsuyama, Kuniaki Kawabata, Hisato Kobayashi, Proceedings of the IEEE International Conference on Industrial Technology,   1996年12月01日
    概要:In future, robots may be familiar to human-being. In such case, more human friendly communication methods are necessary. In this paper, we discuss the simple teaching way for robots. We represent robots' motion by a set of keywords, and try to describe robots' tasks by sequence of them. Furthermore, we simulate a simple task execution with our proposed method.
  • 情報伝達遅れをもつテレオペレーション系の一構成法, 小林尚登, 樹野淳也, 松山新吾, 小久保芳行, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,   1996年06月
  • Biodynamical measure of master-slave maneuverability, Hisato Kobayashi, Junya Tatsuno, Akinori Kuroda, Shingo Matsuyama, Kazuo Yana, Hirohisa Mizuta, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   1995年12月01日
    概要:This paper describes an attempt to use a biodynamical measure to evaluate the performance of human-robot interfaces that should be comfortable for human operators. Since the comfort is a sense of human being, we should adopt some biodynamical measure to evaluate the comforts of human operator; This paper proposes a quantitative biodynamical measure that depends on heart rate, instantaneous lung volume and arterial blood pressure. Experiments show that there exists clear relation between the measure and the task stress of operators.
  • Tele-operation through network with random time delay, H. Kobayashi, J. Tatsuno, S. Ito, S. Matsuyama, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   1995年12月01日
    概要:This paper describes a control structure of tele-operation system with communication time delay. Tele-operation systems need real time force and position information in bilateral way to realize natural operation feeling, while communication paths usually have nonnegligible time delay. To overcome this problem, this paper proposes a dual model approach, which has a master model in the slave side and a slave model in the master side.
  • 操作性を考慮した冗長マニピュレータの軌道制御, 小林尚登, 樹野淳也, 松山新吾, 小久保芳行, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   1995年11月
  • 情報伝達遅れをもつテレオペレーション系の一構成法, 小林尚登, 樹野淳也, 松山新吾, 増淵英行, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,   1995年06月
  • Micro-macro manipulator with haptic interface -2nd report: control by using virtual model-, Hisato Kobayashi, Junya Tatsuno, Satoshi Ito, Akinori Kuroda, Robot and Human Communication - Proceedings of the IEEE International Workshop,   1994年12月01日
    概要:This paper treats a basic system which realizes a scaled manipulation environment. Tools for scaled manipulation are necessary when we manipulate an extremely large or small size target. In case of manipulation without scaling, it is possible to let the slave-manipulators have same configuration as the master-manipulators. But in case of different scale, it is difficult to design these manipulators as same configuration. Thus a different configurations with some intelligent control is necessary for such master-slave manipulators. In this paper we propose a control method for different scale master-slave manipulator.
  • Micro-macro manipulator with haptic interface, Hisato Kobayashi, Junya Tatsuno, American Society of Mechanical Engineers, Dynamic Systems and Control Division (Publication) DSC,   1994年12月01日
    概要:This paper treats a basic system which realizes scaled manipulation environment. Tools for scaled manipulation are necessary when we manipulate an extremely large or small size target. This type of tool has to scale up or down size and force in bilateral way. But time scaling should also be considered to build up such ideal environment as we can feel our body size is scaled to the target size. This paper proposes a possible time scaling method which can be used in bilateral force-position control for unknown targets. On the other hand, in case of different scale, it is difficult to design these manipulators as same form. Thus, a different configuration with some intelligent control is necessary for such master-slave manipulators. This paper also proposes a primary control method by using virtual model to improve the maneuverability of different scale master-slave manipulators.
  • 可操作度を用いた人間‐マスタマニピュレータ系の構成, 小林尚登, 樹野淳也, 黒田明伯, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   1994年11月
  • 画像処理を用いたマイクロ‐マクロマニピュレータの制御, 尚林尚登, 樹野淳也, 伊藤賢, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   1994年11月
  • 異スケール間でのテレマニピュレーションにおけるタイムスケーリング問題, 小林尚登, 樹野淳也, 伊藤賢, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   1994年11月
  • マイクロ‐マクロテレマニピュレーション 第2報 仮想モデルを用いた制御, 小林尚登, 樹野淳也, 黒田明伯, 伊藤賢, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,   1994年06月
  • マイクロ‐マクロテレマニピュレーョン その機構と制御, 小林尚登, 樹野淳也, 日本機械学会通常総会講演会講演論文集,   1994年03月
  • マイクロ‐マクロマニピュレータを用いた微小対象物の操作性(弾性感覚の実験的検討), 小林尚登, 飯島秀治, 樹野淳也, 日本ロボット学会学術講演会予稿集,   1993年11月

MISC

  • 中山間地域農業における電気軽トラック利用の可能性―回生量のシミュレーション―, 藤波俊亮, 江上親宏, 蕪木嶺介, 緒形百合恵, 田島淳, 樹野淳也, 農業食料工学会関東支部年次報告, 53rd, 30‐31,   2017年06月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702249656284607
  • 〈平成28年度活動報告〉先端ロボット工学研究センター活動報告, 黄 健, 小谷内 範穗, 樹野 淳也, 柴田 瑞穂, 田上 将治, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University, 8, 21, 25,   2017年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006329893
    概要:1. センター活動
  • 〈平成28年度活動報告〉自動車技術研究センター活動報告, 田端 道彦, 田中 一基, 角田 勝, 栗田 耕一, 竹原 伸, 前田 節雄, 酒井 英樹, 樹野 淳也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University, 8, 15, 20,   2017年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006329892
    概要:1. センター活動
  • 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発―実スケールモデルの試作―, 樹野淳也, 稲垣克彦, 田島淳, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2017, ROMBUNNO.1A1‐B06,   2017年05月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702238936783086
  • 中山間地域営農支援運搬システムの開発, 田島淳, 砂川光, 江上親宏, 樹野淳也, 農作業研究, 51, 29, 30,   2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602211037774373
  • 温冷感/快適感における季節の影響, 中村一美, 林克政, 樹野淳也, 竹原伸, 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM), 18th, ROMBUNNO.PJ46,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217933106702
  • ヒトの温冷感/快適感と生理指標に関する基礎研究, 中村一美, 樹野淳也, 竹原伸, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM), 2015, ROMBUNNO.SS4-11,   2015年11月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502208428955226
  • 1P2-Q02 受動歩行機の作製を通したデザイン能力の涵養, 樹野 淳也, 広野 和也, 西村 公伸, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015, "1P2, Q02(1)"-"1P2-Q02(2)",   2015年05月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010055057
    概要:This paper reports the engineering design education through the project based learning in our department. This class consists of four experiments and the passive walker kit assembly is offered as the experiment on dynamics, measurement and control. Each team, which consisted of three students, develops passive walker in three weeks. While the goal of this project is set to 100cm walking, 17% of team could achieve the goal in FY 2014. We installed the mutual evaluation in order to evaluate an ability to work in a team. As a result, we recognized positive changing of students' attitude toward the class.
  • 2P1-C07 高効率での接ぎ木が可能な接ぎ木ロボットの開発, 花村 健, 花村 幸次朗, 樹野 淳也, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2015, "2P1, C07(1)"-"2P1-C07(2)",   2015年05月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010055713
    概要:In this paper, we describe the newly grafting robot with high efficiency. The conventional semi-automatic grafting robot needs three workers to execute a series of grafting operation. Although the full-automatic grafting robot that can be operated by one worker has been developed, it is hard to say that both types of grafting robot has become widely used in Japan. The developed grafting robot can be operated by one worker and can graft about 1800 seedlings per hour. From the test results, we recognise the necessity of the mechanism improvement for easy operation as well as the cultivation system for super-uniform seedling.
  • 受動歩行機の作製を通したデザイン能力の涵養, 樹野淳也, 広野和也, 西村公伸, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2015, ROMBUNNO.1P2‐Q02,   2015年05月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602249401828600
  • 高効率での接ぎ木が可能な接ぎ木ロボットの開発, 花村健, 花村幸次朗, 樹野淳也, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2015, ROMBUNNO.2P1‐C07,   2015年05月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602269306607516
  • 自動車空調システムに関する基礎研究~性別・年齢が温冷感覚知覚におよぼす影響~, 中村一美, 樹野淳也, 米原牧子, 竹原伸, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.SS16-7,   2014年11月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502282263663696
  • D-21-8 モニターの設置位置によるドライバーの反応時間への影響(D-21.マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント,一般セッション), 荻原 昭夫, 中原 大二朗, 田中 一基, 樹野 淳也, 竹原 伸, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2014, 2,   2014年03月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009830179
  • 運転時の疲労軽減に関する研究 足趾内反対策靴下の試作, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 竹原 伸, 新宅 光男, 産業保健人間工学研究, 15, 増補, 60, 63,   2013年09月
    概要:わが国では自動車の安全性能向上により交通事故の件数が減少しているが、高齢人口の増加に伴い、高齢者の事故件数は増加している。高齢者が事故を起こす原因として加齢による認知機能・身体機能の低下がある。著者らはこれまで転倒予防靴下の開発を行ってきた。そして、足関節の背屈を支持し、母趾の外反を抑制する機構を備えた靴下を履くことで、足関節の背屈角度と母趾の伸展角度が増加し、下垂足の軽減に効果がみられ、転倒予防に役立つことが示唆された。他方、今川らは下垂足患者に対し、内反・尖足対策用の軟性短下肢装具を用いた場合の歩容改善について報告している。今回、高齢者が事故を起こす原因の一つである身体機能の低下、すなわち疲労に着目し、足関節と母趾の形状を矯正する靴下を用いて運転時の疲労軽減に関する基礎実験を行った。健常高齢者9名を対象とし、まず普段着用している靴下と従来の軟性短下肢装具(背屈位を支持する装具)を用いた「ペダル踏みかえ実験」、次に今回試作した靴下(内反小趾対策靴下)を用いた同実験を行った。結果、従来の軟性短下肢装具よりも内反小趾対策靴下のほうが精神的負担を感じにくいうえ、姿勢安定性に寄与する可能性が示唆された。
  • 運転時の疲労軽減に関する研究 : 足趾内反対策靴下の試作 (産業保健人間工学会 第18回大会 特集 産業保健人間工学 "げんきにはたらく"工学), 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 産業保健人間工学研究 = Journal of ergonomics in occupational safety and health, 15, 0, 60, 63,   2013年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020085913
  • D-21-4 2次元表示画像と3次元表示画像の距離知覚性能比較(D-21.マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント), 荻原 昭夫, 田中 一基, 樹野 淳也, 竹原 伸, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2013, 2,   2013年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009711979
  • 1C3-1 グラデーションパターンがなぞり動作の精度に与える影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 藤井 隆志, 福本 知輝, 人間工学, 49, 0, S144, S145,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003375697
  • 2B4-3 マルチモーダルなタッチパネルの操作性評価, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 藤井 隆志, 人間工学, 49, 0, S308, S309,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003375786
  • 2D2-1 ヒトの温冷感覚知覚を利用した自動車空調システムに関する基礎研究, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 竹原 伸, 人間工学, 49, 0, S350, S351,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003375809
  • 悪臭物質がマウスの自発運動能におよぼす影響, 中村 一美, 樹野 淳也, 米原 牧子, 竹原 伸, 山田 康枝, 日本毒性学会学術年会, 40, 0, S357, S357,   2013年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004676774
    概要:【目的】交通環境では排気ガスをはじめとする悪臭物質が自動車室内へと流れ込んでいる.そこで本研究では自動車の空調システムにおいて異臭原因物質の主成分であるプロピオン酸,吉草酸,酪酸に着目し,各物質がマウスの自発運動能におよぼす影響を調べた.また,定量的な評価をおこなうため,各物質の投与方法は腹腔内への注射による投与とした.【方法】本研究には18週齢のC57BL雄性マウス24匹を用いた.全てのマウスに対し,自発運動能測定システム(Wheel Manager, MED Associates Inc.)を用いて回し車(直径10.9cm)の回転数を60分間測定し,controlデータとした.次に24匹のマウスを,注射の有無による影響を調べるためのリンゲル液投与群,悪臭物質による影響を調べるためのプロピオン酸(1µg/kg)投与群,吉草酸(1µg/kg)投与群,酪酸(0.5µg/kg)投与群の4群各6匹ずつに分けた.なお,4群のcontrolデータにおいて一元配置の分散分析をおこなった結果,各群の間に統計学的な有意差はなかった(P>0.05).各物質をそれぞれの群のマウスの腹腔内に投与し,controlデータと同様に自発運動能を60分間測定した.各物質の投与による統計学的有意差の検定にはウィルコクソンの符号順位和検定を用いた.【結果および考察】リンゲル液を投与した群では投与の有無による統計学的な有意差はなかった(P>0.05)ため,注射による腹腔内投与の影響はないと判断した.プロピオン酸,吉草酸,酪酸を投与した群では,controlデータと比較して回転数が減少した.とくに酪酸を投与した群においては,統計学的な有意差があった(P<0.05).本研究を通して,悪臭物質がマウスの自発運動能に影響をおよぼすことがわかった.以上のことから,ヒトにおいても悪臭物質は快/不快の感覚に影響を与えるだけではなく,運動能に影響を与える可能性が示唆された.
  • 2A2-H08 脚式農作業ロボットの自己位置認識に関する研究(移動ロボットの自己位置推定と地図構築(2)), 樹野 淳也, 横山 弘樹, 稲垣 克彦, 田島 淳, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2012, "2A2, H08(1)"-"2A2-H08(2)",   2012年05月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009908832
    概要:We propose a method of shaft tillage cultivation using an autonomous robot and discuss the possibility of introducing legged locomotion in our robot. In order to work autonomously in the field, the robot should have any positioning function. This paper presents an affordable and high-precision 2-D localization method for the agricultural legged robot. Particularly, we report the development of 2-D localization using a laser distance sensor, and the results of vehicle positioning experiments, in which the vehicle repeated stop-and-go driving, stopping every 1 m. As a result, the calculated RMS positioning error in stopping was found to be about 15 mm and 0.25°.
  • ドライビングシミュレータによる全身振動が生体応答に与える影響, 土屋 賢太, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 竹原 伸, 前田 節雄, 小倉 由美, 藤田 悦則, 日本人間工学会大会講演集, 48, 0, 286, 287,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004614223
  • 1A1-B06 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 : 栽培計画と接地位置を考慮した移動シミュレーション(農業用ロボット・メカトロニクス), 樹野 淳也, 麻郷地 宏史, 稲垣 克彦, 田島 淳, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2011, "1A1, B06(1)"-"1A1-B06(2)",   2011年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009690537
    概要:We propose a method of shaft tillage cultivation using an autonomous robot and discuss the possibility of introducing legged locomotion in our robot. One of the advantages of legged locomotion is the ability it offers in selecting the ground contact points. Since the tillage and transplanting site is managed as point coordinates in shaft tillage cultivation, the compatibility between the leg locomotion and the shaft tillage method is high. This paper treats the locomotion of the five-legged robot for shaft tillage cultivation. The five-legged robot discovers its ground position based on a cultivation plan. We report about the computer simulation where the robot moves about to do various work based on the plan.
  • 自動車用エアコンスイッチの形式が操作性に与える影響について:3種類のスイッチの比較, 樹野 淳也, 中村 一美, 米原 牧子, 田中 一基, 竹原 伸, 日本人間工学会大会講演集, 47, 0, 158, 159,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004613984
  • ドットのグラデーションパターンが触知覚に及ぼす影響, 米原 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 藤井 隆志, 日本人間工学会大会講演集, 47, 0, 282, 283,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004614053
  • 自動車運転時の情報提示方法の検討:タッチパネルのボタン明度・色相について, 中村 一美, 西原 健太, 樹野 淳也, 米原 牧子, 宮田 繁春, 竹原 伸, 日本人間工学会大会講演集, 47, 0, 296, 297,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004614060
  • 1A1-A23 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 : スケールモデルの製作, 樹野 淳也, 稲垣 克彦, 田島 淳, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2010, "1A1, A23(1)"-"1A1-A23(2)",   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008741100
    概要:We propose a method of shaft tillage cultivation using an autonomous robot. In this cultivation system, a deep vertical shaft is drilled by rotating a tillage tool, after which seedlings are transplanted into the shaft, where they grow until harvest time. We discuss the possibility of the application of legged locomotion in our robot. One of the advantages of legged locomotion is the ability it offers in selecting the ground contact points. In shaft tillage cultivation, the tillage and transplanting site is managed as point coordinates. We propose the operation to utilize high compatibility between the leg locomotion and the shaft tillage method. To verify our idea, we have developed the scale model of the legged robot.
  • 2A2-A03 マイクロマニピュレーションのためのPWM制御型吸込み/吹出しマスタ・スレーブシステム, 白土 勇輝, 望山 洋, 小林 尚登, 樹野 淳也, 河合 宏之, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2010, "2A2, A03(1)"-"2A2-A03(4)",   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008741849
    概要:In this paper, we show a performance of the suck-and-blow master-slave system for micro-manipulation. The system was proposed by authors. In the proposed system, we can generate the air flow at the tip of the micro-straw in the slave side according to operator's suck and blow in the master side. We measure the pulling and pushing force which are generated by the proposed system. We show results of the force measurement. the proposed system is constructed by simple mechanism and achieved a motion DOF like a straw. Moreover, by vibrating the straw at an operator's mouth according to the detected contact between the micro-straw and a micro-object, we also expect immersive feel as if the operator sucks or blows the micro-object directly with the straw.
  • 2A2-A06 バイオ操作効率化のための顕微鏡下画像情報からの聴覚情報の抽出, 樹野 淳也, 河合 宏之, 望山 洋, 小林 尚登, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2010, "2A2, A06(1)"-"2A2-A06(2)",   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008741852
    概要:The operability of micro-manipulator is a key issue to improve the efficiency of research and development in biological field. Though the real magnified haptic feedback must be helpful to improve the maneuverability of micro-manipulator, its realization is not so easy. Then we consider the use of acoustic sensory feedback. To improve the operability, pseudo or artificial acoustic information is provided to operator. In this paper, we describe the system structure to use acoustic sensory feedback in the micro-injection as a case study.
  • 次世代農業ロボットの開発を目指して (次世代技術の開発を目指して), 樹野 淳也, 近畿大学次世代基盤技術研究所報告, 1, 51, 56,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005730370
    概要:自動車・ロボット技術
  • 自動車インパネの操作性に関する研究:エアコンスイッチの形式が操作性に与える影響について, 樹野 淳也, 中村 一美, 田中 一基, 竹原 伸, 日本人間工学会大会講演集, 46, 0, 220, 221,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005046513
  • 運転時のインパネ操作における視認性評価, 中村 一美, 樹野 淳也, 田中 一基, 宮田 繁春, 竹原 伸, 日本人間工学会大会講演集, 46, 0, 474, 475,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005046651
  • 1A2-C01 局所耕うん栽培を実践する脚式ロボットの開発 : 接地位置の選択, 樹野 淳也, 稲垣 克彦, 田島 浮, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2009, "1A2, C01(1)"-"1A2-C01(2)",   2009年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008697966
    概要:We proposed the shaft tillage cultivation for autonomous robot. Under this cultivation, deep vertical shaft is drilled by rotating the tillage tool, after that, seedling is transplanted to the shaft and grows until harvest time. We have discussed the possibility of application of legged locomotion to our robot. The feature of wheel locomotion is not made good use of, because the robot must stop to do the shaft tillage and transplanting. Meanwhile, one of the effectiveness of legged locomotion is to select ground contact point. Under the shaft tillage cultivation, the tillage and transplanting place is managed in the point. From these viewpoints, it is suggested that the compatibility between the leg locomotion and the shaft tillage method is higher. In this paper we show how to select ground contact points when the legged robot repeats the sequence of movement and work.
  • 局所耕うん・定植作業を行う圃場内作業車両の誘導, 樹野 淳也, 田島 淳, 加藤 雅義, 石井 忠司, 玉木 浩二, 農業機械學會誌, 71, 2, 46, 52,   2009年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024965830
    概要:著者らは,太陽電池駆動型の農作業ロボットシステムの開発に取り組んでいる。これまでに,機体の製作やレーザ距離計を用いた位置計測装置を開発してきた。また,ロボット向けに提案した局所耕うん栽培の研究成果をふまえて,耕うんと定植を同時に行う作業機を開発した。本報では,この作業機を搭載した作業車両の誘導実験について述べる。1条に30株の定植を実施させた結果,作業目標に対して約13mmの精度で作業を実施したことを確認した。この誤差の多くは,作業車両の方位角に起因した位置計測装置の誤差であると推測され,この計測誤差を解消できれば,目標としている10mm以下の制御精度が実現できる可能性があることが示唆された。
  • 産業・化学機械, 大原 良友, 堀田 一郎, 足立 章, 石川 聡, 佐田 守弘, 佐々木 正人, 福田 隆文, 荒木 克洋, 樹野 淳也, 加部 隆史, 日本機械学會誌 = Journal of the Japan Society of Mechanical Engineers, 111, 1077, 709, 710,   2008年08月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006863112
  • 剪定枝葉チップの堆肥化に副資材が及ぼす影響について, 田島 淳, 吉村 正敬, 加藤 雅義, 樹野 淳也, 玉木 浩二, 農作業研究, 38, 4, 207, 213,   2003年12月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029874770
  • 雑草リビングマルチを利用した局所耕うん栽培における元肥の施用方法とチンゲンサイの生育, 田島 淳, 加藤 雅義, 樹野 淳也, 玉木 浩二, 農作業研究, 38, 1, 17, 24,   2003年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029874596
  • 2P2-1F-C4 長尺物を扱う際の双腕マニピュレータの協調計画 : 人間動作模倣のための評価関数の提案, 西田 知史, 樹野 淳也, 小林 尚登, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2003,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002506576
    概要:本研究では, 双腕マニピュレータが長尺物を扱う際の協調動作計画を扱う。特に, 人間の動作に似た動作生成を目標とし, 最小トルク変化や可操作性, 手先の相対位置変化などで構成された評価関数の提案を行い, シミュレーションによりその有効性を確認する。
  • レーザー距離計を用いた2次元座標計測, 田島 淳, 樹野 淳也, 玉木 浩二, 石井 忠司, 農業機械学会誌, 65, 0, 157, 158,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004369193
  • 飽和塩類土壌に対する電気伝導度センサーの開発及び現地観測への応用, 洪 寧基, 樹野 淳也, 田島 淳, 関山 哲雄, 玉木 浩二, 日本海水学会誌, 56, 5, 393, 401,   2002年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009689255
  • 2P1-F4 複数同機能モジュールによる物体搬送システム : 第3報 モジュールの製作と制御(30. マルチエージェントロボットシステムII), 関根 大一郎, 金井 康頼, 川端 邦明, 樹野 淳也, 小林 尚登, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2001,   2001年06月08日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002502970
  • 805 能動大腸内視鏡の開発 : 第1報 要求機能の検証および試作機の製作(感覚・計測とロボティクス・メカトロニクスI)(OS.12 感覚・計測とロボティクス・メカトロニクス), 横田 祥, 川端 邦明, 樹野 淳也, 小林 尚登, 日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集, 2001, 7, 287, 288,   2001年03月09日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002496186
    概要:We develop an active colonoscopy system for realizing easy medical operation. In this report, we discuss required functions and specifications for the active colonoscopy system, and construct a prototype. 0ur proposed system is like a hyper redundant manipulator, which consists of plural units. Each unit consists of one actuated joint and two links, and control system is contained in the units. FSR(Force Sensing Resister) is also equipped as a tactile sensor for detecting the collision with colon. Using our prototype, we have basic experiments with a colon-shaped tube model and confirm the validity of the system.
  • カバークロップを用いた被覆栽培のための定植器具の開発に関する研究, 田島 淳, 加藤 雅義, 樹野 淳也, 農作業研究, 35, 4, 223, 228,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003699935
    概要:Cultivation with cover crop or organic mulch is recognized as one of the effective conservation agricultural methods. A tillage tool called "shaft tillage tool" was designed for planting vegetables onto the bed covered with organic mulch. In this study rooting of the Chinese cabbage seedlings and energy efficiency of the two types of the tool, one is for a paper pot seedling and another is for a plug seedling, were examined. These tools were driven by a hand drill driver, and bored vertical short-cylinder shaped to place seedlings and a deep narrow shaft shaped hole for rooting. The Chinese cabbage seedlings were grown in a paper pot and as plug seedlings before the transplant and were placed without covered with soil or tramped. Chemical fertilizer was broadcasted on the surface (solid fertilizer) and placed on a tip of the shaft (solid and paste). Non-fertilized seedlings were also examined as acomparison. Rooting of the Chinese cabbage were successfully confirmed without any damaging by fertilizer. On the comparison with application methods of the fertilizer, the effect was appeared rapidly under the broadcasted and paste fertilizer.
    The power requirements of tillage were 230-300J/seedling at paper pot and 300 tillage operations were done in one charge of a 2Ah-capacity battery.
  • 研究室紹介<小林尚登研究室>マイクロ・マクロマニピュレ-タに関する研究, 小林 尚登, 樹野 淳也, 松山 新吾, 計測技術, 24, 13, 61, 66,   1996年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000948382

特許

  • 移動体の自己位置測定システム, 樹野 淳也, 特願2012-000461, 特開2013-140083
  • タッチ式入力装置, 家田 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 特願2011-263403, 特開2013-114651
  • タッチ式入力装置, 家田 牧子, 樹野 淳也, 中村 一美, 竹原 伸, 特願2011-263403, 特開2013-114651, 特許第5880932号
  • 苗供給機, 田島 淳, 樹野 淳也, 木下 栄一郎, 長谷 喜八郎, 宮内 康弘, 山本 和彦, 特願2006-048331, 特開2007-222095
  • レーザー距離計による移動体位置計測装置及び計測方法, 田島 淳, 樹野 淳也, 玉木 浩二, 石井 忠司, 特願2003-436686, 特開2005-127992

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 脚式ロボットによる環境保全型農業の実践, 樹野 淳也
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 土壌有機物の分子構造解析を導入した保全耕うん圃場の炭素隔離機能の解明, 田島 淳, 保全耕うんでは団粒構造の形成が地表付近ほど顕著で,大きい団粒ほど有機物含量は低かった.反射型FTIR分析装置で土壌中の有機物構造の変化を追跡できた.アロマティック基の吸収スペクトルとの比で,アミド基とアリファティック基の分解を追跡した結果, 2つの基の分解の差が大きかったのは保全耕うんで,表層部分の深さ方向変化が顕著であったのは普通畑,ロータリ耕うんで,地表に近いほど分解が早かった.土壌有機物分子構造による炭素隔離機能の評価については,今後の検討課題とした.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 高齢者農業に適用する局所耕うん・移植作業機械の開発, 樹野 淳也, 本研究では,高齢就業者の実践を念頭に,不耕起栽培のひとつである局所耕うん栽培の実践を可能にする電動作業機械を検討した.作業機械は,局所耕うんユニットと苗供給ユニットから構成される.苗供給ユニットは,チェーンポットを巻き取りながら裸苗を植えつける市販のチェーンポット苗移植機の機構を一部流用した.試作した作業機で植付け試験を行ったところ約90%の成功率となった.植付け失敗の要因は,おもに苗に起因するものであり,均一な苗を育苗できるよう播種・育苗技術の向上の必要性が示唆された.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), バイオ操作効率化のための顕微鏡下画像情報からの聴覚・触覚情報の抽出, 小林 尚登, 本研究の目的は,顕微鏡下の細胞操作に代表されるマイクロマニピュレーションにおいて,操作性を向上させることである.昨年度開発したシステムでは,身体像の錯覚現象からヒントを得て,操作ツールと物体との接触に伴い触・聴覚情報を呈示することにより,高い没入感を生むマイクロマニピュレーションシステムを開発した.今年度は,操作自由度の増加により,操作性を向上させた.具体的には,操作者の吸込み/吹出しによる空気の流量を計測し,それに伴い操作ツールであるマイクロ管の先端に空気の流れを生じさせるマイクロマニピュレーションシステムを開発した.マイクロ管の場合,流体抵抗は極めて大きく,操作者による空気の流れを,直接マイクロ管に繋げても,マイクロ管の先に空気の流れを生じさせることはできない.そこで,バルブを介してマイクロ管を正圧源(コンプレッサ)と負圧源(真空ポンプ)に繋ぎ,操作者による空気の流量に応じてバルブを開閉することにより,吸込み/吹出しのマスタ・スレーブシステムを実現した.バルブの開閉にPWMを利用することで,滑らかなマイクロマニピュレーションの実現に成功している.このシステムでは,自由度の増加のみならず,操作者の吸う・吹くの動作に伴って触・聴覚情報を呈示することにより,あたかもストローを介した吸込み/吹出しによって物体を操作するような感覚で,顕微鏡下の微小物体を操作することができる.このシステムによって,30マイクロメートル程度の微小物体を吸い付けて把持し,吹出しによりリリースすることができることを確認した.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), バーチャル空間でのイルージョンを利用したマイクロ-マクロ・テレ・オペレーション, 小林 尚登, 近年,分子生物学におけるトランスジェニック技術や医療分野における不妊治療に代表されるように,マイクロマニピュレータの利用が増加している.機構的・精度的な改善が施されているものの,マイクロマニピュレータの操作には熟練を要し,操作性向上の必要性が指摘されている.マイクロマニピュレータの操作性向上に関する研究は,マイクロの世界を力覚的にフィードバックすることを骨子とし,活発に行われてきた.マイクロスケールでは,質量は長さの3乗,摩擦は長さの2乗に比例するので,摩擦力のほうが相対的に質量より支配的になる.したがって,支配物理則が異なる環境を忠実に再現すると,オペレータは,逆に違和感を覚える可能性がある.換言すれば,人間にとって極めて作業しにくいものになる可能性があるということである,そこで,この研究プロジェクトでは,マイクロ・ナノの世界を忠実にマクロの世界に近づける代わりに,人間をある意味で「騙して」,人間に違和感なくマクロ・ナノの世界の作業を実行させる手法を検討することを目的とする.視覚情報の拡大は容易に可能であるが,力覚情報の拡大,とくに視覚情報と関連させた拡大は極めて難しい.したがって,力覚情報を忠実に拡大するかわりに,音,振動,衝撃と言った全く人工的・作為的な情報を視覚情報に連動して人間に与える手法や,人間を「騙す」ための錯覚の利用について取り組み,基礎的なシミュレーションやデバイスの製作を通して,提案したアプローチの有効性を確認した.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 太陽エネルギを利用した塩類を含む農業用水の淡水化技術に関する研究, 玉木 浩二, 本研究では、タイ東北部のような塩類土壌地域において,太陽エネルギーによる農業用水を取得する方法として,太陽熱蒸留システムに着目し研究を行った。太陽熱蒸留システムでは、蒸発効率を向上させるためには,蒸発部と凝縮部を分離し温度差を大きくすることが有効であると推測し,蒸発部と凝縮部を分離させたシステムを開発した。このシステムでは,蒸発部で発生した湿り空気を有効に利用するため,凝縮部である土壌に直接送気し凝縮させる。この凝縮方法を水蒸気灌漑と呼ぶこととした。現地調査,及びプロトタイプによる基礎実験を行い,次のような結論を得た。(1)凝縮装置の実験より、凝縮量は湿り空気と凝縮槽との温度差に関係し指数関数的に増加することが認められた。(2)湿り空気と凝縮部の温度差を大きく保つことが重要であり,そのためには,湿り空気の温度を上げることや,凝縮部の温度を下げることが考えられる。湿り空気の温度を上げるためには,熱損失を極力少なくする工夫や集熱器などと組み合わせることが有効と思われる。また,凝縮部の温度を下げるためには太陽電池駆動のペルチェ素子による冷却や,土壌深部の低熱源の利用が有効と思われる。(3)以上のような問題点を解決し得れば,塩類を多量に含んだ溜池水の脱塩が効率よく行うことができ,農業への有効利用が図れるであろう。さらに、地下水位を制御する太陽電池駆動の排水ポンプなどと組み合わせ,さらに塩に強い植生による地下被覆を行うことによりタイ東北部のような塩類土壌の修復に役立つことが期待される。
  • その他の研究制度, 農業へのロボット技術の応用

教育活動情報

担当経験のある科目

  • プログラミング, 近畿大学
  • 電算機基礎演習, 近畿大学
  • メカトロニクス, 近畿大学
  • 制御工学, 近畿大学
  • 計測工学, 近畿大学
  • 電子回路, 近畿大学