KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

安藤 正史アンドウ マサシ

プロフィール

所属部署名農学部 水産学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門水産食品学
ジャンル経営・産業/漁業
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/171-andou-masashi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    水産食品の保存方法、水産物の鮮度、水産物に含まれる水銀。特に水銀については養殖クロマグロに含まれる水銀量をできるだけ低くし、食の安全への貢献をめざしています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1992年, 京都大学, 農学研究科, 水産化学
  •  - 1988年, 京都大学, 農学部, 水産学科

経歴

  •   1992年,  - 1996年,  近畿大学農学部 助手
  •   1996年,  - 2003年,  近畿大学農学部 講師
  •   2003年,  - 2009年,  近畿大学農学部 助教授
  •   2009年, - 近畿大学農学部 教授

研究活動情報

研究分野

  • 水産学, 水産化学

研究キーワード

  • 水産化学 水銀 鮮度保持

論文

  • Improvement of red color development on the surface of kuruma prawn Marsupenaeus japonicus under various conditions., Ando M, Fukai T, Kawasaki K, Itoh T, Tsukamasa Y, Journal of food science, 79, 2, E202, 7,   2014年02月, 査読有り
  • Structural and ultrastructural changes of full-cycle cultured Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis) muscle slices during chilled storage., Roy BC, Ando M, Itoh T, Tsukamasa Y, Journal of the science of food and agriculture, 92, 8, 1755, 1764,   2012年06月, 査読有り
  • サイズと漁獲水域による小型魚水銀量への影響, 安藤 正史, Fisheries Science, 77, 823, 828,   2011年, 査読有り
  • Proximate and Fatty Acid Compositions in Different Flesh Cuts of Cultured, Cultured Fasted, and Wild Pacific Bluefin Tuna (Thunnus orientalis)., 安藤 正史, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Bimol C. Roy, Y. Miyake, J. Aquat. Food Product Technol., in press,   2010年
  • Effect of water temperature on feeding activity and resultant mercury levels in muscle of cultured bluefin tuna Thunnus orientalis (Temminck and Schlegel )., 安藤 正史, 瀬岡 学, 宮下 盛, 塚正 泰之, Yoshio Mukai, Mok Wen Jye, Aquaculture Res., in press.,   2010年
  • Multiple taste functions of the umami substances in muscle extracts of yellowtail and bastard halibut., 安藤 正史, Yukiko Maruji Momoko Shimizu Michiyo Murata Morihiko Sakaguchi Takashi Hirata, Fisheries Science, 76, 521, 528,   2010年
  • Evaluation of New Fish Sauces Prepared by Fermenting Hot-Water Extraction waste of Stock from Dried Fish Using Various Kojis., 安藤 正史, J. Food Agric. Environ., 7, 2, 175, 181,   2009年
  • Trial for quality control in mercury contents by using tail muscle of full-cycle cultured bluefin tuna (Thunnus orientalis)., Ando M, Seoka M, Nakatani M, Tsujisawa T, Katayama Y, Nakao M, Tsukamasa Y, Kawasaki K, Journal of food protection, 71, 3, 595, 601,   2008年03月, 査読有り
  • Reduction of cadmium in fermented squid gut sauce using cadmium-absorbing bacteria isolated, 安藤 正史, J. Food, Agric. Environ., 6, 1, 45, 49,   2008年
  • Changes of proximate and fatty acid compositions of the dorsal and ventral ordinary muscles of the full-cycle cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis with the growth, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Food Chemistry, 103, 234, 241,   2007年
  • Changes in myoglobin content and proximate compositions of the dorsal ordinary muscles of the cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis (Temminck et Schlegel) with body size, 塚正 泰之, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, Aquaculture Research, 38, 201, 205,   2007年
  • Changes of proximate compositions and myoglobin content in the dorsal ordinary muscles of the cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis with growth, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Fisheries Science, 73, 1155, 1159,   2007年
  • 絶食が完全養殖クロマグロ普通筋の冷蔵変化に及ぼす影響, 熊井 英水, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 澤田 好史, 宮下 盛, 塚正 泰之, 岡田貴彦, 日本水産学会誌, 2006, 72, 1072, 1078,   2006年
  • The effectiveness of a new physical property evaluation method of kamaboko which applied the principal component analysis to the puncture and stress relaxation tests, 萩原智和, 安藤 正史, 川﨑 賢一, 牧之段 保夫, 塚正 泰之, Fisheries Science, 72, 393, 401,   2006年
  • Changes in physical / chemical composition and histological properties of dorsal and ventral ordinary muscles of full-cycle cultured Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis, during chilled storage, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Journal of Food Science, 71, E45, E51,   2006年
  • Histological comparison of the dorsal ordinary muscles of wild and full-cycle cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis, 中村好徳, 安藤 正史, 瀬岡 学, 川﨑 賢一, 塚正 泰之, Journal of the Scence and Food Agriclture, 86, 1537, 1544,   2006年
  • Effect of fasting on physical / chemical properties of the ordinary muscles of the full-cycle cultured Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis) during chilled storage., 中村好徳, 安藤 正史, 川﨑 賢一, 澤田 好史, 宮下 盛, 岡田貴彦, 熊井 英水, 塚正 泰之, Fisheries Science, 72, 1079, 1085,   2006年
  • 温度管理による魚類筋肉組織の脆弱化の抑制, 安藤 正史, 氷温科学, 8, 8, 14,   2006年
  • Pyridinoline concentrations in muscular and skin collagen of fish and the relationship between collagen solubility and pyridinoline concentration in fish muscular collagen, 安藤 正史, Fisheries Science, 72, 5, 1104, 1108,   2006年
  • Change of meat quality of tiger puffer during frozen storage, 安藤 正史, Food Sci Technol Res., 11, 2, 175, 183,   2005年
  • スキャナーによるネガ取り込みにおける注意点, 安藤 正史, 医学・生物学電子顕微鏡技術学会誌, 19, 1, 53, 53,   2005年
  • Total activity of transglutaminase at various temperatures in several fish meats, 塚正 泰之, 三宅康賀, 安藤 正史, 牧之段 保夫, Fisheries Science, 68, 929, 933,   2002年

書籍等出版物

  • 筋肉の物性変化, 水産学シリーズ「魚類における死後硬直の生化学と応用上の緒問題」,   1991年
  • 刺し身の歯ごたえ, 「たべもの」のはなし,   1994年
  • 魚肉の軟化機構, 水産学シリーズ,魚介類の細胞外マトリックス,   1997年

講演・口頭発表等

  • 魚類筋肉における過冷却保存の試み, 安藤 正史, 岡田空太, 塚正 泰之, 他2名, 平成15 年度氷温学会大会(米子),   2003年09月, 平成15 年度氷温学会大会(米子)
    概要:魚肉を過冷却保存した際の品質保持効果について検討した。
  • 絶食による養殖マグロ普通筋の品質改良に関する研究Ⅰ, 熊井 英水, 安藤 正史, 瀬岡 学, 澤田 好史, 宮下 盛, 塚正 泰之, 岡田 貴彦,   2006年03月
  • 絶食による養殖マグロ普通筋の品質改良に関する研究Ⅱ, 熊井 英水, 塚正 泰之, 安藤 正史, 瀬岡 学, 澤田 好史, 宮下 盛, 川﨑 賢一, 岡田 貴彦,   2006年03月

作品

  • 養殖トラフグの冷凍法の開発,   2001年
  • エビ表皮発色方法の鑑定法の開発,   2005年
  • マアナゴの品質の解析と数値化,   2004年 - 2005年

MISC

  • アサヒガニの幼生の成長にともなう消化酵素活性の変化, 黒川 優子, 川合 真一郎, 與世田 兼三, 濱田 和久, 田中 克, 安藤 正史, 水産増殖 = The aquiculture, 59, 4, 521, 528,   2011年12月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031122303
    概要:アサヒガニのゾエアから稚ガニまでの発育にともなう消化酵素活性の変化を実験室において調べた。4,000尾の幼生を水温26.3±1.6℃の0.5m3水槽で飼育した。ゾエア1~4齢まではアルテミア幼生で飼育し、その後、稚ガニまでは成長段階に併せて冷凍アサリ、アミ、コペポーダなどを給餌した。トリプシン様酵素およびアミラーゼの活性を孵化直後から孵化後54日まで測定した。両酵素はゾエア1齢から明らかに認められ、幼生の成長にともなって活性は上昇し、とくに孵化後16日からの活性の上昇は顕著であった。体重の著しい増加も孵化後16日頃から観察され、消化酵素活性の上昇とよく一致した。中腸腺の機能的な分化はゾエア5齢(孵化後16日)で明らかに見られ、この発育段階で消化系の基本的な構造が整ったことを示唆している。トリプシン様酵素およびアミラーゼの活性上昇は組織学的な観察により調べた中腸腺の分化と発達によく対応した。
  • 死後硬直の進行と脊髄破壊による影響--ハマチ・マダイ・ヒラメを用いて実験すると・・・ (特集 養魚の新しい鮮度保持技術とヒント), 安藤 正史, 養殖, 37, 9, 57, 59,   2000年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40003700398
  • コラゲナーゼ溶液への浸漬によるヤリイカ外套膜結合組織の崩壊, 安藤 真美, 安藤 正史, 塚正 泰之, 牧之段 保夫, 三好 正満, 日本家政学会誌, 51, 5, 395, 404,   2000年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003851769
    概要:人工的なコラゲナーゼ処理を行うことにより, イカ筋肉の冷蔵中における軟化現象に対するコラーゲンの関与を調べた.
    ヤリイカ外套膜より分画したコラーゲンを濃度の異なる細菌コラゲナーゼ溶液 (酵素 : 基質=1 : 10, 1 : 100, 1 : 1,000, 5℃) に浸漬し, その変化をSDS電気泳動法により調べたところ, コラゲナーゼの濃度が高い場合ほどコラーゲンの分解が促進された.この結果は, 5℃という低温下であっても長時間反応により細菌コラゲナーゼがコラーゲンを分解し得ることを示した.
    次にヤリイカの外套膜を濃度の異なるコラゲナーゼ溶液 (0.1, 1, 10mg/ml) に浸漬し, その影響を対照試料 (0mg/ml) と比較して検討した.その結果, コラゲナーゼを含む溶液に浸した肉片の勇断力は対照試料に比べ低い値を示し, 特に10mg/ml区において最も低かった.光学顕微鏡で構造を比較すると, コラゲナーゼ処理3時間後で早くも10mg/ml区の筋肉において細胞間隙が認められた.他の試験区でも24時間後には間隙が認められたが, 10mg/ml区において最も多数の間隙が生じていた.透過型電子顕微鏡で観察すると, 3時間および24時間後における細胞間隙の数・大きさの違いがより明確に認められた.
    以上の結果は, コラゲナーゼの筋肉内部への浸透によりコラーゲンが分解され, 結果的に軟化現象が促進されたことを示しており, 言い換えれば, コラーゲンが冷蔵中の軟化現象に深く関与していることを示すものである.
  • 凍結解凍した数種イカ外套膜結合組織の加熱調理による構造変化, 安藤 真美, 安藤 正史, 塚正 泰之, 牧之段 保夫, 三好 正満, 日本家政学会誌, 49, 10, 1089, 1097,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003705876
    概要:凍結解凍品のケンサキイカ, スルメイカ, ムラサキイカ, モンゴウイカ, ヤリイカについて, 加熱調理にともなう外套膜の結合組織の構造変化を透過型 (TEM) および走査型 (SEM) 電子顕微鏡により観察した.TEM観察によれば, 加熱により筋細胞の構造が不明瞭になるとともに, 細胞間に不定形の物質が認められた.また10%NaOHにより細胞成分を溶出し, 残りの部分をSEMにより観察したところ, 細胞間に存在する未知の物質の立体構造が明瞭に観察された.アミノ酸組成の分析より, この構造物は主にコラーゲンにより形成されていることが明らかとなった.加熱後の筋肉をアルカリ処理後にSEMにより観察したところ, 細かいコラーゲン繊維の多くが凝集していた.またアルカリ処理後にTEMで観察した場合には結合組織の崩壊が認められた.
    以上の結果より, 加熱によるイカ外套膜の軟化現象に結合組織の構造の崩壊が関与していることが示唆された.
  • 筋肉膜の脆弱化による魚類筋肉の軟化現象〔英文〕, 安藤 正史, 豊原 治彦, 志水 寛, 坂口 守彦, 日本水産学会誌, 59, 6, 1073, 1076,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001545908
    概要:To determine the structural change involved in the post-mortem tenderization of fish muscle, histological study was performed for yellowtail, flatfish, red sea bream, and tiger puffer. After decapitation, each fish was stored at 5°C and the change in breaking strength was measured. Histological observation was performed by using a light microscope for the stored muscles after compression at 100g/cm2 for 10sec. Muscle tenderization was demonstrated for yellowtail, flatfish, and red sea bream, but not for tiger puffer. Detachment of muscle fibers by compression was observed to be dependent on the storage time for yellowtail and flatfish. In the case of red sea bream, the compression condition employed in the present study was so strong that the detachment of muscle fibers were demonstrated even immediately after death. In contrast, in the case of tiger puffer, detachment of muscle fibers after compression was hardly observed 72h after death. These results suggest that the weakening of the pericellular connective tissue detected by compression causes tenderization of muscles during chilled storage.
  • コラ-ゲン繊維の崩壊によるニジマス筋肉の軟化現象〔英文〕, 安藤 正史, 豊原 治彦, 坂口 守彦, 日本水産学会誌, 58, 3, 567, 570,   1992年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001545572
    概要:To elucidate the mechanism for the post-mortem tenderization of rainbow trout muscle, the change in fine structure of muscle during storage at 5°C was examined using a transmission elec-tron microscope with correlating the results to the change in the breaking strength of muscle. The value of the breaking strength decreased within 24h storage after death. At the same time, it was observed that collagen fibers in the pericellular connective tissue were disintegrated. On the other hand, no evident breakdown of Z-disc was observed. According to these results, it was suggested that post-mortem tenderization of fish muscle during chilled storage was due to the disintegration of collagen fibers in the pericellular connective tissue rather than the weakening of Z-discs.
  • 筋肉の硬さと結合組織の立体構造との相関性〔英文〕, 安藤 正史, 豊原 治彦, 坂口 守彦, 日本水産学会誌, 58, 7, 1361, 1364,   1992年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001545676
    概要:To clarify the difference in the three-dimensional structure of collagen fibrillar networks of several muscles, a cell-maceration/scanning electron microscope (SEM) method was applied for tiger puffer, sardine, carp, and rabbit muscles in parallel to evaluate muscle firmness. Tiger puffer and rabbit muscles, whose texture was relatively firm, had collagen fibrils of higher density in the pericellular connective tissues. Sardine muscle which was relatively soft in texture, on the other hand, had connective tissue which was scarce in collagen fibrils. The arrangement of collagen fibrils also differed among fish species. The collagen fibrils of sardine and carp muscles were highly ordered, while those of tiger puffer and rabbit were less ordered. These results suggested that the difference in muscle firmness was related to both the density and the arrangement of collagen fibrils in the pericellular connective tissue. In addition, it was indicated that the cell-maceration/ SEM method was effective in observing the three-dimensional structure of collagen fibrillar network in connective tissue of muscle.
  • 刺身の科学, 食品加工技術, 12, 1,   1992年
  • 絶食飼育による養殖魚の肉質改善の試み, 養殖(1月号69〜71頁),   1994年
  • アルカリ浸軟/SEM法による魚類筋肉結合組織の観察, 医学・生物学電子顕微鏡技術研究会誌, 9, 2, 35,   1995年
  • 魚肉の鮮度とおいしさ, 村田 道代, 安藤 正史, 坂口 守彦, 日本食品工業学会誌, 42, 6, 462, 468,   1995年, 10.3136/nskkk.42.462
  • 横紋筋結合組織の観察における固定液の影響, 医学・生物学電子顕微鏡技術研究会会誌, 10, 2, 63,   1996年
  • 魚類筋肉グリコーゲン加水分解酵素の性質, 中川 孝之, 安藤 正史, 牧之段 保夫, 日本水産学会誌, 62, 3, 434, 438,   1996年, 10.2331/suisan.62.434
  • 魚類筋肉の死後における軟化機構に関する研究, 安藤正史, 日本水産学会誌, 62, 4, 555, 558,   1996年, 10.2331/suisan.62.555
  • 坐りによる減塩かまぼこの足の補強とかまぼこ組織の電子顕微鏡観察, 牧之段 保夫, 中川 孝之, 安藤 正史, 松野 智, 日本水産学会誌, 62, 4, 654, 658,   1996年, 10.2331/suisan.62.654
  • 凍結解凍した数種イカ外套膜結合組織の加熱調理による構造変化, 安藤真美, 安藤正史, 塚正泰之, 牧之段保夫, 三好正満, 日本家政学会誌, 49, 10, 1089, 1097,   1998年, 10.11428/jhej1987.49.1089
  • 養殖ヒラメとの比較による養殖ホシガレイの品質評価, 安藤正史, 仁保浩, 塚正泰之, 牧之段保夫, 日本水産学会誌, 64, 6, 1027, 1033,   1998年, 10.2331/suisan.64.1027
  • 軟化現象にともなうコラーゲン繊維の形態変化, 安藤 正史, 日本水産学会誌, 66, 5, 904, 905,   2000年09月15日, 10.2331/suisan.66.904, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003145123
  • 新養殖魚ホシガレイの品質評価, アクアネット, 2, 53,   1999年
  • コラグナーゼ溶液への浸漬によるヤリイカ外套膜結合組織の崩壊, 安藤 真美, 安藤 正史, 塚正 泰之, 牧之段 保夫, 三好 正満, 日本家政学会誌, 51, 5, 395, 404,   2000年, 10.11428/jhej1987.51.395
  • 熱変性したコイのアクトミオシンに対する内在性トランスグルタミナーゼの影響, 塚正 泰之, 三宅 康賀, 安藤 正史, 牧之段 保夫, 日本水産学会誌, 66, 3, 469, 474,   2000年, 10.2331/suisan.66.469
  • 魚肉の軟化現象とコラーゲン, アクアネット, 3, 7, 30, 33,   2000年
  • 内在性エンドペプチダーゼ(EP)およびトランスグルタミナーゼ(TGase)の精御がコイ肉の坐り特性に及ぼす影響, 塚正 泰之, 三宅 康賀, 安藤 正史, 牧之段 保夫, 日本水産学会誌, 66, 4, 719, 725,   2000年, 10.2331/suisan.66.719
  • 死後硬直の進行と脊髄破壊による影響, 養殖, 37, 9, 57, 59,   2000年
  • Interdependence between heat solubility and pyridinoline contents of squid mantle collagen., J. Food Sci., 66(2), 265-269,   2001年
  • 魚のしめ方がその品質に与える影響について, 安藤 正史, 望月 聡, 日本調理科学会誌(教材研究), 36(2),184-187, 2, 184, 187,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004132483
  • Influence of death struggle on the structural changes in chub mackerel muscle during chilled storage., Fisheries Sci., 67 (4), 744-751,   2001年
  • 魚類筋肉の貯蔵温度と鮮度変化, アクアネット, 4(9),36-39,   2001年
  • 氷温貯蔵によるマサバ筋肉の軟化現象の遅延効果, 氷温科学, 5,8-14,   2002年
  • Effect of inhabited sea area on meat firmness and its post-mortem change in chub mackerel during chilled storage., Fisheries Science, 68 (6), 1337-1343,   2002年
  • Effect of slaughter method on degradation of intermuscular type V collagen during a short-term chilled storage of chub mackerel scomber japonicus., J. Food Biochem., 26, 415-428,   2002年
  • Trials for keep the fish muscle quality during chilled storage., Proceedings of International Commemorative Symposium 70th Anniversary of The Japanese Society of Fisheries Science II, Fisheries Science, 68 Suppl. II, 1343-1346,   2002年
  • Correlation of type V collagen content with post-mortem softening of fish meat during chilled storage., Fisheries Sci., 69(4), 842-848,   2003年
  • 魚類筋肉の氷温貯蔵, アクアネット, 6(10),32-36,   2003年
  • Effect of inhabited sea area on chub mackerel meat texture and possible degradation of type V collagen during chilled storage., Fisheries Sci., 70(5), 933-935,   2004年
  • Possible degradation of type I collagen in relation to yellowtail muscle softening during chilled storage., Fisheries Sci., 70(4), 703-709,   2004年
  • Comparison of the proximate compositions, breaking strength and histological structure by the muscle positions of the full-cycle cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis., Comparison of the proximate compositions, breaking strength and histological structure by the muscle positions of the full-cycle cultured Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis. Fisheries Sci., 71(3), 605-611,   2005年
  • 凍結防止剤を用いない過冷却による魚肉の未凍結保存., 氷温科学, 8,1-8,   2005年
  • Reduction of mercury levels in cultured bluefin tuna, Thunnus orientalis, using feed with relatively low mercury levels., Masashi Nakao, Manabu Seoka, Masahiro Nakatani, Tokihiko Okada, Shigeru Miyashita, Yasuyuki Tsukamasa, Ken-ichi Kawasaki, Masashi Ando., Aquaculture, 288, 226, 232,   2009年
  • Trial for quality control in mercury contents by using tail muscle of full-cycle cultured bluefin tuna Thunnus orientails. , MASASHI ANDO, MANABU SEOKA, MASAHIRO NAKATANI, TADASHI TSUJISAWA, YUKA KATAYAMA, MASASHI NAKAO, YASUYUKI TSUKAMASA and KEN-ICHI KAWASAKI, J. Food Prot., 71, 3, 595, 601,   2008年
  • Possibility for decreasing of mercury contents in bluefin tuna Thunnus olientalis by fish culture. , Possibility for decreasing of mercury contents in bluefin tuna Thunnus olientalis by fish culture., Fisheries Science, 73, 3, 724, 731,   2007年, 10.1111/j.1444-2906.2007.01386.x
  • Suppression of fish meat softening by strict control of storage temperature., Masashi Ando, Shintaro Mizuochi, Yasuyuki Tsukamasa, Ken-ichi Kawasaki, Fisheries Science, 73, 3, 705, 712,   2007年, 10.1111/j.1444-2906.2007.01384.x
  • 魚肉の歯応えと破断強度の相関性, 安藤 正史, 豊原 治彦, 志水 寛, 坂口 守彦, 日本水産学会誌, 57, 12, 2341, 2341,   1991年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005460599
  • 数種魚類における魚体の死後硬直と筋肉の硬さの関係〔英文〕, 安藤 正史, 豊原 治彦, 志水 寛, 坂口 守彦, 日本水産学会誌, 57, 6, 1165, 1169,   1991年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001545356
    概要:To clarify whether the tenderization of fish muscle is due to the resolution of rigor, changes in the rigor index and breaking strength of muscle were examined as to plaice, parrot bass, yellowtail, carp, red sea-bream, striped grunt, tiger puffer, and rainbow trout. Upon storage at 5°C, most fishes reached maximal rigor within 24h after death. The maximal rigor continued within at least 72h after death and no resolution of rigor was observed within this period. Meanwhile, the breaking strength of muscle of all the fishes tested except for tiger puffer decreased sharply within 24h after death and then decreased gradually, although the values were markedly diverse between the fish species. These findings suggested that fish muscle tenderization proceeded independently of the rigor regardless of fish species.

特許

  • 旨味調味料およびその製造法, 川崎 賢一, 塚正 泰之, 安藤 正史, 村上 哲男, 特許第4615481号

受賞

  •   1996年, 平成7年度日本水産学会賞奨励賞

競争的資金

  • 魚肉の軟化現象に関する研究
  • 魚介類に含まれる水銀に関する研究
  • 水産物の鮮度保持
  • 魚介類に含まれる微量金属元素に関する研究