KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

髙宮 いづみタカミヤ イヅミ

プロフィール

所属部署名文芸学部 文化・歴史学科
職名教授/学部長
学位文学修士
専門エジプト学、考古学
ジャンル文化/考古学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1151-takamiya-izumi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70221512.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    古代エジプト文明について、主に考古学的見地から研究しています。特に文明、国家、技術、文字、美術の起源等が専門です。毎年エジプトで現地調査を行っています。

学歴・経歴

経歴

  •   2011年,  - 2013年, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 史学, アジア史・アフリカ史, エジプト学
  • 史学, 考古学
  • 文化財科学, 文化財科学

研究キーワード

  • エジプト, 遺跡整備計画, ビール, ナカダ文化, 穀物倉, 初期国家形成期, 初期国家形成, 穀物調理, ヒエラコンポリス遺跡, 都市化, 専業化, エジプト先王朝時代, , ヒエラコンポリス, ラメセス2世, カエムワセト, 石造建造物, 新王国時代, アブ・シール南, 北サッカラ, トトメス4世, 保存科学, 地質, 観光, 環境マネジメント, 考古学, ロ-マ時代, 彩画片, 材質分析, 新王朝時代, 末期王朝時代

論文

  • エジプトから見た古墳時代像, 高宮いづみ, 一瀬和夫・福永伸哉・北条芳隆編『古墳時代の考古学 9』同成社, 143, 157,   2014年06月
  • サッカラのホルエムヘブの墓におけるレリーフ装飾について-レリーフのタイプの使用方法に関する一考察-, 高宮いづみ, 『吉村作治先生古期記念論文集 永遠に生きる』中央公論美術出版, 315, 330,   2013年01月
  • 古代エジプトのビール:醸造方法とその研究をめぐって, 高宮いづみ, 酒史研究, 28, 11, 18,   2012年03月, 査読有り
  • Khaemwaset and his momument at North Saqqara: a record of multiple aspects of "the First Egyptologist"., 高宮いづみ・柏木裕之・吉村作治, C.V. Gae, L. Bares, J. Jannak & J Krejci (eds.), Time, Signs and Pyramids: Studies in honour of Miroslav Verner on the occasion of his seventieth birthday. Prague/ Faculty of Arts, Charles University in Pregue, 401, 421,   2011年
  • Variations in Lithic Production at Hierakonpolis: A preliminary report from the excavation of HK11C Square A6-A7., 高宮いづみ・遠藤仁, Egypt at Its Origins 3: Proceedings of te Third International Conference "Origin of the State. Predynastic and Early Dynastic Egypt", London, 27th July - 1st August 2008. Leuven/Peeters, 727, 744,   2011年
  • 水と古代エジプト文明, 高宮いづみ, 秋道智彌編『水と文明-制御と共存の新たな視点-』昭和堂, 75, 101,   2010年03月
  • ヒエラコンポリス遺跡とナカダ遺跡-エジプト先王朝時代の両面加工石器に関する比較考察-, 高宮いづみ, 菊池徹夫編『比較考古学の地平』同成社, 1054, 1064,   2010年02月
  • ナイル河下流域における交易システムの発展と初期国家の形成-所もヌビアにおけるナカダ文化とヌビアAグループ文化の交易システム-, 高宮いづみ, 岩崎卓也監修『現代の考古学』大7巻 朝倉書店, 160, 178,   2008年11月
  • Firing Installation and Specialization: A View from Recent Excavations at Hierakonpolis., 高宮いづみ, B. Miant-Reyens & Y. Trestant (eds.), Egypt at Its Origins 2: Proceedings of the International Conference "Origin of the State, Predynastic and Early Dynastic Egypt", Tourouse (France), 5th-8th September 2005. Leuven/Petters, 187, 202,   2008年11月
  • メンフィス・ネクロポリスにおける遺跡の保存整備に関する概要調査, 青木繁夫・高宮いづみ, エジプト学研究 別冊第12号 アブ・シール南丘陵遺跡第15次調査概報(早稲田大学エジプト学会), 16, 33,   2008年03月
  • The Thebes-Armant Region during the Predynastic (Naqada) Period in Egypt., 高宮いづみ, Orient, 43, 23, 44,   2008年03月, 査読有り
  • 未知としての環境:古代エジプトの視点から, 高宮いづみ, 渾沌, 5, 143, 162,   2008年03月
  • 石造建造物の壁面装飾復元について, 高宮いづみ, エジプト学研究 別冊第11集 アブ:シール南丘陵遺跡第15次調査報告(早稲田大学エジプト学会), 59, 77,   2007年03月
  • 古代エジプトの倉庫と国家, 高宮いづみ, 史潮, 新58, 12, 19,   2005年11月, 査読有り
  • Development of Specialization in the Nile Valley during the 4th Millennium BC., 高宮いづみ, S. Hendrickx, R.F. Friedman, K.M. Cialowicz, M. Chlodnichi (eds.), Egypt at Its Origins: Studies in Memory of Barbara Adams: Proceedings of the International Conference "Origin of the State. Predynastic and Early Dynastic Egypt", Krakow, 28th August - 1st, 1027, 1039,   2004年12月, 査読有り
  • Egyptian Pottery Distribution in A-Group Cemeteries, Lower Nubia: Towards an understanding of exchange systems between the Naqada culture and the A-Group culture., 高宮いづみ, The Journal of Egyptian Archaeology, 90, 35, 62,   2004年
  • ステイタス・シンボルから見た王権の成立, 高宮いづみ, 角田文衛・上田正昭監修『古代王権の誕生 Ⅲ中央ユーラシア・西アジア・北アフリカ編』 角川書店, 245, 258,   2003年06月
  • 前4千年紀のナイル河下流域における文化認識のパラダイム, 高宮いづみ, 屋形禎亮編『古代エジプトの歴史と社会』, 3, 19,   2003年06月
  • エジプト・ナカダ文化の「赤褐色彩文土器」について-埋葬のコンテクストからの理解-, 高宮いづみ, 大塚初重先生喜寿記念論文集刊行会『新世紀の考古学-大塚初重先生喜寿記念論文集-』, 1055, 1070,   2003年05月
  • Prestage Goods and Status Symbols in the Naqada Period Cemeteries of Predynastic Egypt, 高宮いづみ, Egyptology at the Down of the 21th Century: The Proceedings of the 8th International Congress of Egyptologists, Cairo, 2000. ed. by Z. Hawass, Cairo: The Americab University in Cairo Press, 486, 494,   2003年
  • 早稲田大学第6次アブ・シール丘陵頂部発掘調査概報, 吉村 作治, 高宮 いづみ, 柏木 裕之, ヒュ-マンサイエンス, ヒュ-マンサイエンス, 13, 2, 64, 80,   2001年03月
  • 前4千年紀ナイル河下流域におけるラピスラズリ交易について, 高宮いづみ, 西アジア考古学, 2, 21, 37,   2001年03月, 査読有り
  • Waseda University Excavations at North Saqqara, from 1991 to 1999., M. Barta & J. Krejci (eds.), Saqqara and Abusir in the Year 2000. Prague: Check Institute of Egyptology, 161, 172,   2000年
  • <論文>ナカダ文化のセツルメント・パターンについて : エジプト中部バダリ地区における墓地形成パターンからの考察, 高宮 いづみ, オリエント, オリエント, 43, 1, 1, 18,   2000年
    概要:Scholars have long been interested in early state formation in the Nile Valley, and they have often argued about urbanization during the predynastic period in relation to the development of a complex society. Settlement patterns of the period, however, remain ambiguous, mainly because of the scarcity of known settlement sites in Upper Egypt. In this study, a reconstruction of macro-level settlement patterns in the Badari region is attempted on the basis of cemetery data rather than evidence from settlements themselves, in order to try to understand the basic settlement structures of the Naqada culture. If we assume that each cemetery reflected the location and chronological range of the settlement to which it belonged, it is possible to infer settlement patterns, in terms of spatial distri-bution of settlements and chronological diversities in patterns, from cemetery data. Comparison with settlement patterns in the Abydos region may be expected to provide a general image of Naqada culture societies.The analyses elucidated a chronological change in the settlement patterns in the Badari region, from the scarce and equidistant distribution of settlements during the Naqada I-IIa/b period to the relatively dense and uneven distribution observable from the Naqada IIc/d period onwards. Drastic changes, including the abandonment and shift in location of many cemeteries, as well as alternations in mortuary practices, occurred between the Naqada III period and the Early Dynastic period. These patterns are quite different from those in the Abydos region hypothesized by D. C. Patch. In contrast to the nucleation of settlements in the Abydos area, a dispersal of population and the emergence of new settlements are detected in the Badari region around the middle of the Naqada II period. Furthermore, the continuity in settlement pattern, which has been observed in the Abydos region from the late predynastic to the dynastic period, was not detected in the Badari region. Such differences obviously indicate the existence of local variations in settlement patterns. It is probable that while development of urbanization was in progress in historically and/or socially advanced areas of the Naqada culture, such as the Abydos region, small villages remained relatively undeveloped in other areas such as the Badari region. This local diversity may have affected the rapid cultural and political unification of the entire Nile Valley.
  • Waseda University Excavations at North Saqqara: A Preliminary Report on the Fifth Season, July - September 1998., エジプト学研究, 7, 5, 28,   1999年03月, 査読有り
  • Waseda University Excavations at North Saqqara: A Preliminary Report on the Fourth to Sixth Seasons, August 1995-September 1997., Orient, 34, 22, 47,   1999年03月, 査読有り
  • エジプトの都市研究と都市の起源, 高宮いづみ, 近藤秀夫代表監修『古代オリエントにおける都市の形成とその起源』(平成8~10年度文部科学省科学研究費補助金研究成果報告)東海大学文学部考古学研究室, 5, 13,   1999年03月
  • 早稲田大学第5次アブ・シール南丘陵頂部発掘調査概報, 吉村 作治, 高宮 いづみ, 柏木 裕之, ヒュ-マンサイエンス, ヒュ-マンサイエンス, 11, 2, 93, 107,   1999年
  • ナカダ文化論-ナイル河下流域における初期国家の形成-, 高宮いづみ, 『岩波講座世界歴史 第2巻 オリエント世界』岩波書店, 125, 144,   1998年12月
  • 早稲田大学第4次アブ・シ-ル丘陵頂部発掘調査概報, 吉村 作治, 高宮 いづみ, 柏木 裕之, ヒュ-マンサイエンス, ヒュ-マンサイエンス, 10, 2, 117, 130,   1998年03月
  • Hieratic Dockets from the Monument of Khaemwaset at North Saqqara: A Preliminary Report (1)., 秋山慎一・高宮いづみ, Orient, 32,   1998年03月, 査読有り
  • Waseda University Excavations at North Saqqara: A Preliminary Report on the Fourth Season, August - September 1995., エジプト学研究, 5, 5, 34,   1997年03月, 査読有り
  • Waseda University Excavations at North Saqqara: A Preliminary Report on the First Three Seasons, December 1991 - September 1993., Orient, 32, 69, 83,   1997年, 査読有り
  • レリーフブロックからの壁面装飾の復元考察, 高宮いづみ・磯部久美子・斎藤正憲, エジプト学研究 別冊大1号 アブ・シール丘陵頂部発掘調査における研究成果と今後の展望・その1(早稲田大学エジプト学会), 1, 8, 29,   1995年06月
  • トータルステーション使用遺跡測量データのデータベース処理について, 高宮いづみ・藤田礼子, エジプト学研究, 4, 4, 19,   1995年03月
  • エジプト・ナカダ文化の歯牙・骨製品について, 高宮いづみ, オリエント, 37, 1, 104, 116,   1994年09月, 査読有り
  • Egyptian Pottery in A-Group Cemeteries, Nubia: Towards an understanding of pottery production and distribution in pre-dynastic and early dynastic Egypt., 高宮いづみ, Dept. of Archaeology and Anthropology, University of Cambridge,   1994年08月, 査読有り
  • 早稲田大学第1次アブ・シール南丘陵頂部発掘調査概報, 吉村作治・高宮いづみ・長谷川奏, エジプト学研究, 2, 87, 100,   1994年03月
  • エジプト赤色スリップ土器Aについて -マルカタ南遺跡イシス神殿井戸址内出土土器からの一考察-, 高宮いづみ, 『二十一世紀への考古学 桜井清彦先生古希記念論文集』雄山閣出版, 371, 380,   1993年02月
  • ナイル河流域のブラックトップ土器, 張替いづみ, インド考古学研究, 15, 66, 70,   1993年02月
  • Quantitative analysis of ancient Egyptian pigments by external PIXE., Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, B75, 476, 479,   1993年, 査読有り
  • エジプト・ナカダ文化における象牙製品について, 高宮いづみ, 『古代探叢Ⅲ』早稲田大学出版部, 635, 650,   1991年05月
  • エジプト・ナカダ文化期の牙形製品について, 張替いづみ, 古代, 90, 1, 20,   1990年09月, 査読有り
  • ナカダ文化墓地における被葬者について-ヒエラコンポリス遺跡からの考察-, 張替いづみ, 文学研究科紀要別冊 哲学・史学編(早稲田大学文学研究科), 16, 109, 117,   1989年, 査読有り
  • 古東京湾周辺における縄文時代黒浜期の貝塚形成と古環境, 小杉正人・金山善昭・張替いづみ・樋泉岳二・小池裕子, 考古学と自然科学, 21, 1, 20,   1989年, 査読有り
  • エジプト先王朝期ナカダ文化の編年に関する一考察, 張替いづみ, 文学研究科紀要別冊 哲学・史学編(早稲田大学文学研究科), 12, 53, 66,   1986年01月, 査読有り
  • 古代エジプト先王朝期および初期王朝期における階層構造, 張替いづみ, 早稲田大学大学院文学研究科,   1985年03月, 査読有り
  • Blue-Painted Pottery from a New Kingdom Site at North Saqqara: A Preliminary Report of the Waseda University Expedition., 高宮いづみ, J.-C. Goyon & C. Cardin (eds.), Proceedings of the Ninth International Congress of Egyptologists, Grenoble. 6-12 septembre 2004, 2 vols. Leuven., 1757, 1768,   2007年

書籍等出版物

  • 古代エジプト 文明社会の形成, 高宮いづみ, 単著, 京都大学学術出版会,   2006年06月
  • 早稲田大学エジプト学研究所編『アブ・シール南 [Ⅱ]』, 早稲田大学エジプト学研究所編, 共編者, 発掘調査、レリーフ装飾他, アケト,   2006年03月
  • 古代オリエント事典, 日本オリエント学会編, 共編者, 岩波書店,   2004年12月
  • エジプト文明の誕生(世界の考古学 14), 高宮いづみ, 単著, 同成社,   2003年06月
  • アブ・シール南 Ⅰ, 吉村作治・中川武・森啓・高宮いづみ・長谷川奏他, 共編者, 発掘調査・出土遺物一部, 早稲田大学エジプト学研究所,   2001年03月
  • 古代エジプトを発掘する, 高宮いづみ, 単著, 岩波書店,   1999年04月
  • 世界美術大全集2 エジプト美術, 友部直責任監修、中川武・吉村作治・近藤二郎・高宮いづみ・長谷川奏他, 共著, 先王朝時代、工芸品, 小学館,   1994年04月
  • マルカタ南[Ⅳ] -イシス神殿北西部の遺構と遺物-, 早稲田大学古代エジプト調査委員会編:桜井清彦・菊池徹夫・吉村作治・張替いづみ・近藤二郎他, 共著, 出土土器他・編集,   1992年03月
  • Non-Destructive Pyramid Investigation (2) Studies in Egyptian Culture., S. Yoshimura, T. Nakagawa & S. Tonouchi, 分担執筆, "Background and Process"(冒頭説明), Waseda University, Egyptian Culture Center,   1988年
  • 古河市史資料 原始・古代編, 古河市史編纂委員会:大塚初重・鈴木素行・橋本裕行・張替いづみ・小池裕子・松谷暁子他, 共著, 縄文時代一部, 古河市史編纂委員会,   1986年03月
  • 原町西貝塚発掘調査報告書, 大塚初重・鈴木素行・橋本裕之・小杉康・小池裕子・松谷暁子・張替いづみ他, 共著, 遺構報告、貝塚分析, 原町西貝塚発掘調査団,   1985年03月
  • 古河市遺跡分布調査報告書, 大塚初重・鈴木素行・橋本裕行・張替いづみ他, 共著, 遺跡報告, 古河市史編纂委員会,   1984年04月

MISC

  • The Inside Story: The Installation and Granary at HK24B., Nekhen news, 23, 20, 21,   2011年, 招待有り
  • Beer after sheep? HK11C Squares A6-A7 in 2007., Nekhen News, 19, 28, 28,   2007年, 招待有り
  • Another look at HK11C Square A6-A7., Nekhen News, 17, 18, 19,   2005年, 招待有り
  • Kilns in Square A6: The Other Side of the Story., Nekhen News, 16, 19, 20,   2004年, 招待有り
  • ウルク・ワールドシステム-エジプトの場合-, 高宮いづみ, 西アジア考古学, 3, 54, 54,   2002年03月, 査読有り, 招待有り
  • KNOWLEDGE 知恵は時代を超えて--インタビュー=高宮いづみ (特集 世界遺産は語る), 高宮 いづみ, 国際協力, 550, 15, 17,   2001年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004033756
  • 西アジア・北アフリカ : 古代オリエント 一(一九九九年の歴史学界 : 回顧と展望), 高宮 いづみ, 史學雜誌, 109, 5, 943, 947,   2000年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002365269
  • 西アジア・北アフリカ (1999年の歴史学界--回顧と展望), 高宮 いづみ, 山田 重郎, 清水 和裕, 史学雑誌, 109, 5, 943, 961,   2000年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001515349
  • エジプト最先端考古学 -「ダハシュール北遺跡」「アブ・シール南遺跡」など-, 吉村作治・高宮いづみ, 『平成10年度古代オリエント世界を掘る(第6回西アジア発掘調査報告会)』(日本西アジア考古学会), 62, 66,   1999年12月, 招待有り
  • カエムワセトの石造建造物の年代について, 高宮いづみ, オリエント, 40, 2, 166, 167,   1998年03月, 招待有り
  • A Monument of Khaemwaset discovered by Waseda University at North Saqqara., The Seventh International Congress of Egyptologists, Abstructs of Papers. Cambridge, 207, 208,   1995年
  • アブシール南・丘陵上の建築遺構に関する発掘調査, 柏木裕之・吉村作治・中川武・高宮いづみ・長谷川奏, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 招待有り
  • A monument of Khaemwaset at Saqqara., The Bulletin of the Egypt Exploration Society, 5, 19, 23, 招待有り