KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

石川 千紗都イシカワ チサト

プロフィール

所属部署名奈良病院
職名診療講師
学位
専門
ジャンル
コメンテータガイド
ホームページURL
メールアドレスchisato[at]nara.med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/21

研究活動情報

論文

  • 急性心筋梗塞患者の慢性期における冠動脈攣縮誘発試験の結果と影響因子について, 城谷 学, 横田 良司, 胡内 一郎, 平井 拓, 上森 宜嗣, 羽場 一直, 清水 良栄, 溝部 道生, 石川 千紗都, 太居 洋平, 三保 成正, 服部 隆一, 呼吸と循環, 59, 6, 625, 629,   2011年06月
    概要:急性心筋梗塞(AMI)患者における冠攣縮の影響は,日本人で大きいことが示されているが,個々の患者における関連の程度については不明の点が多い.今回AMI患者60例でアテノロールが冠攣縮に及ぼす影響を調べた当施設の研究の中で,エルゴノビン負荷試験の結果を再評価し,責任冠動脈(IRA)と非IRA(non-IRA)で比較検討した.負荷試験による冠動脈狭小化は11~100%と様々で,IRA,non-IRAとも同様であった.単変量解析で,IRAにおける負荷陽性因子は,IRAがどの冠動脈であるかであった.またnon-IRAにおけるそれは,冠動脈疾患の家族歴のないことと非糖尿病,発症時のIRAへの側副血行路の発達となった.多変量解析でIRAでは,右冠動脈の梗塞(p=0.001),非糖尿病(p=0.035)が,non-IRAでは,家族歴なし(p=0.004)と側副血行路の発達(p=0.011)が関連因子となった.AMI慢性期の冠攣縮反応は症例によって広くばらつきがあり, IRAとnon-IRAでは異なる背景が関連していることが示唆された.

書籍等出版物

  • In: Lewis BS, Flugelman MY, Halon DA, editors. CORONARY ARTERY DISEASE: 2011 UPDATE., Influence of atenolol on coronary artery spasm after acute myocardial infarction in a Japanese population, 城谷 学, 太居 洋平, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 三保 成正, 平井 拓, 胡内 一郎, 横田 良司, 服部 隆一, 共著, Bologna: MEDIMOND/Italy,   2011年10月

講演・口頭発表等

  • 第2回 ネシリチド治験(J2)前期第Ⅱ相試験 Investigators meeting, 石川 千紗都, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 平井 拓, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学,   2008年10月
  • Stenting to the infarct lesion in AMI does not influence vasospasm of the infarct-related artery., 城谷 学, 太居 洋平, 石川 千紗都, 清水 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 平井 拓, 胡内 一郎, 横田 良司, 服部 隆一, 第8回日本心血管カテーテル治療学会学術集会,   2008年11月, 第8回日本心血管カテーテル治療学会学術集会
  • 同時期に3弁に閉鎖不全をきたし緊急手術となった1例, 羽場 一直, 太居 洋平, 石川 千紗都, 清水 良栄, 溝部 道生, 上森 宜嗣, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 西脇 登, 第106回日本循環器学会近畿地方会,   2008年11月, 第106回日本循環器学会近畿地方会
    概要:症例は35歳、女性。患者は2008年4月頃より下半身の浮腫、心窩部不快感を自覚した。当院消化器内科を受診した。上部消化管内視鏡を施行されたが、特に異常を認めなかった。浮腫の精査のためにCTを施行されたところ、心拡大、両側胸水貯留を認め、心不全の疑いにて当科に紹介となった。心エコーにて高度の僧帽弁逆流、大動脈弁逆流、三尖弁逆流を認めた。3弁いずれも逸脱所見を認めた。精査目的のためにCAG等を施行後に心不全の急性増悪をきたし、緊急に僧帽弁置換術、大動脈弁置換術、三尖弁輪縫縮術を施行した。
  • Brugada型心電図を呈したが失神の原因は神経調節性失神と考えられた1例, 太居 洋平, 横田 良司, 上森 宜嗣, 溝部 道生, 石川 千紗都, 清水 良栄, 胡内 一郎, 羽場 一直, 城谷 学, 日本循環器学会近畿地方会,   2008年11月, 日本循環器学会近畿地方会
  • 左膝窩静脈から腎静脈合流部まで血栓を認めたため、下大静脈フィルターを留置した肺塞栓症の一例, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 石川 千紗都, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第4回循環器合同症例検討会,   2008年11月, 第4回循環器合同症例検討会
  • 左膝窩静脈から腎静脈合流部まで血栓を認めたため、下大静脈フィルターを留置した肺塞栓症の一例, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 石川 千紗都, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 京都心血管疾患フォーラム,   2009年01月, 京都心血管疾患フォーラム
  • 左膝窩静脈から腎静脈合流部まで血栓を認めたため、上位に下大静脈フィルターを留置した肺塞栓の症例, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 石川 千紗都, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第14回日本心血管インターベンション学会、第6回日本心血管カテーテル治療学会,   2009年02月, 第14回日本心血管インターベンション学会、第6回日本心血管カテーテル治療学会
  • 高齢者の進行性慢性心不全の一例, 石川 千紗都, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第107回日本循環器学会近畿地方会,   2009年06月, 第107回日本循環器学会近畿地方会
    概要:【症例】85歳女性 【既往歴】非定型抗酸菌症 【現病歴】2008年より労作時の息切れが出現し、他院で僧帽弁逆流症と心房細動を指摘された。2008年10月に僧帽弁縫縮術を施行。しかし本年1月に再び胸水貯留を認めたため入院となった。心エコーでは左室壁肥厚とgranular sparkling patternを呈し、心嚢液貯留・左室駆出率低下を認めたが、術後の僧帽弁異常はなく、心房細動のレートコントロールも良好であった。尿中B-J蛋白陽性・血清M蛋白(IgM-κ型)陽性であり、今回の心不全増悪にはアミロイドーシスが関与している可能性が高いと考えられた。高齢でワーファリン内服中のため、心筋生検や消化管生検は施行しなかった。【考察】高齢者の心不全では、侵襲的な検査は厳しい場合が多いが、尿検査や血液検査でもアミロイドーシス鑑別のきっかけとなると考えられた。
  • 心房中隔にリードを挿入した症例, 横田 良司, 上森 宜嗣, 石川 千紗都, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 三保 成正, 胡内 一郎, 城谷 学, 第6回京大関西心不全と不整脈カンファレンス,   2009年08月, 第6回京大関西心不全と不整脈カンファレンス
    概要:心房中隔にリードを留置した場合の手技的問題や合併症などについて報告。
  • Crista Terminalis起源と考えられるATの症例, 横田 良司, 上森 宜嗣, 石川 千紗都, 太居 洋平, 溝部 道生, 清水 良栄, 羽場 一直, 三保 成正, 胡内 一郎, 城谷 学, 第6回5病院合同循環器セミナー,   2009年11月, 第6回5病院合同循環器セミナー
    概要:EnSiteシステムを使用してCrista Terminalis起源と診断した心房頻拍(AT)の症例を報告した。
  • 人工血管バイパスにステント留置を施行した一例, 石川 千紗都, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第108回日本循環器学会近畿地方会,   2009年12月, 第108回日本循環器学会近畿地方会
    概要:【症例】71歳女性【併存症】糖尿病・高血圧・狭心症【現病歴】他院で大動脈炎症候群と診断され、胸部下行大動脈に約18cmの瀰漫性大動脈狭窄を認めたため、2000年1月に右腋窩-右腸骨動脈バイパス術が施行された。2009年に婦人科術前精査目的で造影CT検査を行ったところ、右腹横筋を横切る部分でバイパス内に高度狭窄を認め、PTA目的で入院となった。IVUSでは狭窄部位に局所的な全周性plaque付着を認め、8mmのバルーンで前拡張を行ったところ、シースイントロデューサーから多量の白色plaqueが吸引された。10mmのWALLSTENTを留置し、後拡張を行うと再度多量のplaqueを認めた。【結語】人工血管バイパス狭窄にシース吸引を用いたPTAが有効であった症例を経験したので報告する。
  • 後中隔Kent束のAblationに難渋した3症例, 石川 千紗都, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第7回京都大学関西心不全と不整脈カンファレンス,   2010年02月, 第7回京都大学関西心不全と不整脈カンファレンス
    概要:副伝導路を介したAVRTの治療はアブレーションが第一選択であり、成功率も高い。しかし、後中隔の副伝導路には斜走、broad band、複数伝導路の合併など難渋する症例があり、経験した3症例を報告する。 症例1:51歳男性。繰り返すPSVTが原因で心不全となった。デルタ波の指摘はそれまでなく、右室ペーシングでVAは融合し、CS5,6付近が心房再早期であった。心房刺激でPSVTが誘発され、後中隔の副伝導路を介したAVRTと診断した。経大動脈アプローチで焼灼し、成功し、以後PSVTは再発していない。しかし、2年後にデルタ波が出現した。12誘導ECGはA型を示し、再発より新たな側壁の副伝導路が顕性化したと考えられた。 症例2:61歳男性。顕性WPW症候群で、心房細動となりアブレーションが施行された。経大動脈アプローチでは出力が上がらず、一過性の成功で終わった。その後、CABGを受け、心房細動、房室ブロックとなりVVIペースメーカーが植え込まれた。内服治療で安定していたが、糖
  • 巨大血管径を有する右冠動脈に多量の血栓を認めたAMIの一例, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 石川 千紗都, 羽場 一直, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 近畿大学医学部奈良病院,   2010年02月, 近畿大学医学部奈良病院
  • 急性心筋梗塞発症後の冠動脈攣縮に及ぼすβ遮断薬の影響, 城谷 学, 横田 良司, 胡内 一郎, 平井 拓, 三保 成正, 上森 宜嗣, 羽場 一直, 清水 良栄, 溝部 道生, 石川 千紗都, 太居 洋平, 服部 隆一, 第1回京都循環器内科カンファレンス,   2010年05月, 第1回京都循環器内科カンファレンス
  • 2D strain 法を用いたCABG前後における左室局所機能評価, 石川 千紗都, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第7回 奈良 Cardiovascular Conference,   2010年05月, 第7回 奈良 Cardiovascular Conference
  • 異所性心房調律の起源と心房頻拍の起源がEnSiteシステムにより同一であると考えられた一症例, 太居 洋平, 横田 良司, 上森 宜嗣, 石川 千紗都, 清水 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 三保 成正, 胡内 一郎, 城谷 学, 第109回日本循環器学会近畿地方会,   2010年06月, 第109回日本循環器学会近畿地方会
  • WPW症候群の一症例, 横田 良司, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 三保 成正, 胡内 一郎, 城谷 学, 第8回京大関西心不全と不整脈カンファレン,   2010年07月, 第8回京大関西心不全と不整脈カンファレン
  • 遷延性低血圧を来した長期維持透析の1例, 三保 成正, 横田 良司, 太居 洋平, 石川 千紗都, 溝部 道生, 清水 良栄, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 胡内 一郎, 城谷 学, 第192回日本内科学会近畿地方会,   2010年09月, 第192回日本内科学会近畿地方会
  • 3Dマッピングシステム(NavX)ガイド下にカテーテルアブレーション治療が成功したファロー四徴症術後心房頻拍の一症例, 横田 良司, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 石川 千紗都, 三保 成正, 第22回カテーテル・アブレーション委員会公開研究会,   2010年10月, 第22回カテーテル・アブレーション委員会公開研究会
  • 川崎病(KD)後のAMIに対し、緊急PCIを施行した8歳男児の一例, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 清水 良栄, 溝部 道生, 石川 千紗都, 羽場 一直, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 石原 温子, 吉林 宗夫, 第16回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,   2011年02月, 第16回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会
  • 心房細動の内科的治療, 横田 良司, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 三保 成正, 胡内 一郎, 城谷 学, 第2回近大奈良病院循環器集いの会,   2011年02月, 第2回近大奈良病院循環器集いの会
  • 2D スペックルトラッキング 法を用いた脚ブロック例での左室機能評価, 三岡 良栄, 太居 洋平, 石川 千紗都, 上森 宜嗣, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第8回 奈良 Cardiovascular Conference,   2011年05月, 第8回 奈良 Cardiovascular Conference
  • 発作性上室性頻拍の一例, 横田 良司, 太居 洋平, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 三保 成正, 胡内 一郎, 城谷 学, 上森 宜嗣, 第1回奈良不整脈Expert Meeting,   2011年05月, 第1回奈良不整脈Expert Meeting
  • 洞機能低下、房室伝導低下のためCRT-Pを施行し心不全が改善した左脚ブロックの一症例, 太居 洋平, 横田 良司, 上森 宜嗣, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 三保 成正, 胡内 一郎, 城谷 学, 第111回日本循環器学会近畿地方会,   2011年06月, 第111回日本循環器学会近畿地方会
  • 冠攣縮によると思われる急性心筋梗塞に心破裂を合併した一例, 上森 宜嗣, 城谷 学, 横田 良司, 胡内 一郎, 三保 成正, 羽場 一直, 溝部 道生, 三岡 良栄, 石川 千紗都, 太居 洋平, 西脇 登, 長阪 重雄, 第111回日本循環器学会近畿地方会,   2011年06月, 第111回日本循環器学会近畿地方会
  • 冠攣縮性狭心症によると思われるAMIに心破裂を合併した1例, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 三岡 良栄, 石川 千紗都, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第6回冠攣縮研究会,   2011年07月, 第6回冠攣縮研究会
  • A case of WPW syndrome exhibiting a retrograde accessory pathway with decremental conduction property after ablation of an anterograde conduction over the same accessory pathway, 横田 良司, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 三保 成正, The 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scietific Session,   2011年09月, The 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scietific Session
  • CIRCUMFERENTIAL STRAIN CAN BE AN EARLY-PHASE PREDICTOR FOR THE IMPROVEMENT OF LEFT VENTRICULAR FUNCTION AFTER CORONARY ARTERY BYPASS SURGERY, 石川 千紗都, 太居 洋平, 三岡 良栄, 上森 宜嗣, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, ICCAD 2011,   2011年10月, ICCAD 2011
  • INFLUENCE OF ATENOLOL ON CORONARY ARTERY SPASM AFTER ACUTE MYOCARDIAL INFARCTION IN A JAPANESE POPULATION, 城谷 学, 太居 洋平, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 溝部 道生, 羽場 一直, 上森 宜嗣, 三保 成正, 平井 拓, 胡内 一郎, 横田 良司, 服部 隆一, ICCAD 2011,   2011年10月, ICCAD 2011
  • Long RP’ 型上室性頻拍でFast―Slow 型房室結節回帰性頻拍との鑑別が可能であった冠状静脈洞入口部起源,アデノシン感受性心房頻拍の症例, 横田 良司, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 三保 成正, 第23回カテーテル・アブレーション委員会公開研究会,   2011年10月, 第23回カテーテル・アブレーション委員会公開研究会
  • バルーン拡張に高圧を要する病変とは;VH-IVUSによる検討, 太居 洋平, 羽場 一直, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 上森 宜嗣, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第25回日本冠疾患学会学術集会,   2011年12月, 第25回日本冠疾患学会学術集会
  • バルーンカテーテルによる高圧を要する病変とは;VH-IVUSによる検討, 太居 洋平, 羽場 一直, 石川 千紗都, 三岡 良栄, 上森 宜嗣, 三保 成正, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, 第9回 奈良 Cardiovascular Conference,   2012年05月, 第9回 奈良 Cardiovascular Conference
  • 下大静脈フィルター留置後、上臀部痛が生じた一例, 三保 成正, 城谷 学, 横田 良司, 胡内 一郎, 上森 宜嗣, 石川 千紗都, 太居 洋平, 第113回日本循環器学会近畿地方会,   2012年06月, 第113回日本循環器学会近畿地方会
  • 亜急性期にICD active leadが穿孔した心サルコイドーシスの一例, 横田 良司, 石川 千紗都, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 三保 成正, 東儀 圭則, 胡内 一郎, 城谷 学, 第12回京大関西心不全と不整脈カンファレンス,   2012年08月, 第12回京大関西心不全と不整脈カンファレンス
  • 下大静脈フィルター内血栓症の治療に難渋した肺塞栓症の一例, 三保 成正, 胡内 一郎, 城谷 学, 横田 良司, 上森 宜嗣, 石川 千紗都, 太居 洋平, 第11回 京都心血管疾患フォーラム,   2013年01月, 第11回 京都心血管疾患フォーラム
  • 下大静脈フィルター内血栓症の治療に難渋した肺塞栓症の一例, 三保 成正, 城谷 学, 横田 良司, 胡内 一郎, 東儀 圭則, 上森 宜嗣, 石川 千紗都, 太居 洋平, 第20回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,   2013年02月, 第20回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会
  • 心臓マッサージ中にICDが作動した1症例, 横田 良司, 石川 千紗都, 上森 宜嗣, 太居 洋平, 三保 成正, 東儀 圭則, 胡内 一郎, 城谷 学, 第13回京大関西心不全と不整脈カンファレンス,   2013年02月, 第13回京大関西心不全と不整脈カンファレンス

MISC

  • Circumferential strain can be an early-phase predictor for left ventricular function after coronary artery bypass surgery., 石川 千紗都, 太居 洋平, 三岡 良栄, 上森 宜嗣, 三保 成正, 平井 拓, 胡内 一郎, 横田 良司, 城谷 学, In: Lewis BS, Flugelman MY, Halon DA, editors. CORONARY ARTERY DISEASE: 2011 UPDATE., 357, 359,   2011年10月