KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

森田 資隆モリタ ヤスタカ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 生物環境化学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名教授
学位博士(材料科学)
専門生物工学、酵素工学、ペプチド工学
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/896-morita-yasutaka.html
ホームページURLhttp://www.fuk.kindai.ac.jp
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    生物が持つ優れた生体機能性材料の研究をしています。特に、低温活性酵素、難分解性物質などの環境修復、さらにはペプチドを生理活性物質やバイオセンサーなどに利用する研究をしています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1998年, 北陸先端科学技術大学院大学, 材料科学研究科, 博士後期課程
  •  - 1995年, 北陸先端科学技術大学院大学, 材料科学研究科, 博士前期課程
  •  - 1993年, 東京農工大学, 工学部, 物質生物工学科

経歴

  •   2015年,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2008年, 近畿大学(准教授)
  •   2005年, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究キーワード

  • バイオテクノロジー, 酵素工学, ペプチド工学, バイオセンサー, バイオチップ

論文

  • Application of micromachine techniques to biotechnological research, Y. Murakami, K. Idegami, H. Nagai, T. Kikuchi, Y. Morita, A. Yamamura, K. Yokoyama, E. Tamiya, Material Science and Engineering C, 12, 67, 70,   2000年, 査読有り
  • Purification and characterization of a cold-active protease from psychrotrophic Serratia marcescens AP3801, Y. Morita, K. Kondoh, Q. Hasan, T. Sakaguchi, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, J. Am. Oil Chem. Soc., 74, 1377, 1383,   1997年, 査読有り
  • Cold-active enzymes from cold-adapted bacteria, Y. Morita, T. Nakamura, Q. Hasan, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, J. Am. Oil Chem. Soc., 74, 441, 444,   1997年, 査読有り
  • Properties of a Cold-Active Protease from Psychrotrophic Flavobacterium balustinum P104, Y. Morita, Q. Hasan, T. Sakaguchi, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, Appl. Microbiol.Biotechnol., 50, 669, 675,   1998年, 査読有り
  • Random fluidic self-assembly法による生体材料の固定化, 村上裕二、井手上公太郎、永井秀典、森田資隆、山村晃、阪口利文、横山憲二、民谷栄一, 電気学会論文誌E, 119-E, 436, 442,   1999年, 査読有り
  • Enzyme immunoassay by capillary electrophoresis with laser induced fluorescence detection, A. Koizumi, T. Morita, Y. Murakami, Y. Morita, T. Sakaguchi, K. Yokoyama, E. Tamiya, Analytica Chemica Acta, 399, 63, 68,   1999年, 査読有り
  • 原油湧出土から単離した菌株によるナフタレンの代謝, 53. 早川和一、内海彰子、鹿角昌平、鳥羽陽、木津良一、阪口利文、山村晃、森田資隆、民谷栄一, 水環境学会誌, 23, 11, 731, 736,   2000年, 査読有り
  • Electrochemical gene detection using microelectrode array on a DNA chip, M. Kobayash, 森田 資隆, T. Mizukami, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, Electrochemistry, 69, 1013, 1016,   2001年
  • Development of a genetic transfer system in selenate-respring bacterium, Citrobacter sp. strain JSA wihch was isolated from a freshwater natural sediment, T. Sakaguchi, 森田 資隆, T. Nakano, Y. Kimura, S. Nogami, I. Kubo, Journal of Bioscience and Bioengineering,   2011年
  • A method for micrometer resolution patterning of primary culture neurons for SPM analysis,, P. Degenaar, 森田 資隆, B. Le Pioufle, L. Griscom, Y. Akagi, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya,, J. Biochem., 130, 367, 376,   2001年
  • Application of on-chip cell cultures for the detection of allergic response, Y. Matsubara, 森田 資隆, Y. Murakami, M. Kobayashi, E. Tamiya, Biosensors & Bioelectronics, 19, 741, 747,   2004年
  • Microfabrication of encoded microparticle array for multiplexed DNA hybridization detection, Z.L. Zhi, 森田 資隆, S. Yamamura, E. Tamiya, Chem. Commun. (Camb), 19, 2448, 2450,   2005年
  • Characterization of native glutamate dehydrogenase from an aerobic hyperthermophilic archaeon Aeropyrum pernix K1, I. Helianti, 森田 資隆, A. Yamamura, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, Appl. Microbiol.Biotechnol., 56, 388, 394,   2001年
  • Electrochemical gene detection using microelectrode array and PCR, M. Kobayashi, 森田 資隆, T. Mizukami, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, New Technology Japan, 29, 11, 17,   2001年
  • Nanoscopic imaging of human chromosomes via a scanning near-field optical atomic-force microscopy (SNOAM), E. Tamiya, 森田 資隆, M. Saito, S. Iwabuchi,, Science and Technology of Advanced Matrials, 4, 61, 67,   2003年
  • DNA condensation monitoring after interaction with hoechst 33258 by atomic force microscopy and fluorescence spectroscopy, M. Saito, 森田 資隆, M. Kobayashi, S. Iwabuchi, Y. Takamura, E. Tamiya, J. Biochem. (Tokyo), 136, 813, 823,   2004年
  • Self-assembled DNA conjugated polymer for novel DNA chip, S. Taira, 森田 資隆, E. Tamiya, K. Yokoyama, Analytical Science, 19, 177, 179,   2003年
  • Electrochemical coding of single-nucleotide polymorphisms by monobase-modified gold nanoparticles, K. Kerman, 森田 資隆, M. Saito, Y. Takamura, M. Ozsoz, E. Tamiya, Anal. Chem., 76, 1877, 1884,   2004年
  • Multianalyte immunoassay with self-assembled addressable microparticle array on a chip, Z.L. Zhi, 森田 資隆, Y. Murakami, Q. Hasan, E. Tamiya, Anal. Biochem., 318, 236, 243,   2003年
  • 小分子が魅せる新しい機能美の世界, 森田 資隆, 生物工学会誌, 90, 5, 253, 253,   2012年
  • Keratin degradation: a cooperative action of two enzymes from Stenotrophomonas sp., S. Yamamura, 森田 資隆, Q. Hasan, K. Yokoyama, E. Tamiya, Biochem. Biophys. Reser. Comm., 294, 1138, 1143,   2002年
  • Nanosystems for biosensing: multianalyte immunoassay on a protein chip, E. Tamiya, 森田 資隆, Z.L. Zhi, Q. Hasan, Methods Mol. Biol., 300, 369, 381,   2005年
  • Effects of bis(2-ethylhexyl) phthalate, γ-hexachlorocyclohexane, and 17 β-estradiol on the fry stage of medaka (Oryzias latipes), M. Chikae, 森田 資隆, Y. Hatano, R. Ikeda, Q. Hasan, E. Tamiya, Environmental Toxicology and Pharmacology, 18, 9, 12,   2004年
  • Atomic force microscope-based dissection of human metaphase chromosomes and high resolutional imaging by carbon nanotube tip, S. Iwabuchi, 森田 資隆, T. Mori, K. Ogawa, K. Sato, M. Saito, T. Ushiki, E. Tamiya, Arch. Histol. Cytol., 65, 473, 479,   2002年
  • Escherichia coli single-strand binding protein-DNA interactions on carbon nanotube-modified electrodes from a label-free electrochemical hybridization sensor, K. Kerman, 森田 資隆, Y. Takamura, E. Tamiya, Anal. Bioanal. Chem., 381, 1114, 1121,   2005年
  • Label-free electrochemical detection of DNA hybridization on gold electrode, K. Kerman, 森田 資隆, Y. Takamura, E. Tamiya, Electrochemical Communication, 5, 887, 891,   2003年
  • Cell separation by an aqueous two-phase system in a microfluidic device, M. Tsukamoto, 森田 資隆, S. Taira, S. Yamamura, N. Nagatani, Y. Takamura, E. Tamiya, Analyst, 134, 1994, 1998,   2009年
  • Selection and properties for the recognition of P19 embryonic carcinoma stem cells, 森田 資隆, K. Mamiya, S. Yamamura, Tamiya, Biotech. Progress, 22, 974, 978,   2006年
  • On-chip nanoliter-volume multiplex TaqMan polymerase chain reaction from a single copy based on counting fluorescence released microchambers, Y. Matsubara, 森田 資隆, K. Kerman, M. Kobayashi, S. Yamamura, Y. Takamura, E. Tamiya, Anal. Chem., 76, 6434, 6439,   2004年
  • Estimation of maturity of compost from food wastes and agro-residues by multiple regression analysis, M. Chikae, 森田 資隆, R. Ikeda, K. kerman, E. Tamiya, Bioresour. Technol., 97, 1978, 1985,   2006年
  • Rapid and onsite BOD sensing system using luminous bacterial cell-immobilized chip, T. Sakaguchi, 森田 資隆, Y. Morioka, M. Yamasaki, J. Iwanaga, K. Beppu, H. Maeda, E. Tamiya, Biosens. Bioelectron., 22, 1345, 1350,   2007年
  • Conjugal Transformation and Transposon and Chemical Mutagenesis of Gram-Negative Selenate-Respiring Citrobacter sp. Strain JSA, T. Sakaguchi, 森田 資隆, M. Kato, N. Kuriyama, H. Niiyama, S. Hamada, E. Tamiya, Curr. Microbiol., 59, 88, 94,   2009年
  • Characterization of thermostable native alkaline phosphatase from an aerobic hyperthermophilic archaeon, Aeropyrum pernix K1, I. Helianti, 森田 資隆, T. Ohkubo, E. Tamiya, Appl. Microbiol. Biotechnol., 74, 107, 112,   2007年
  • Fluorescence-based assay with enzyme amplification on a micro-flow immunosensor chip for monitoring coplanar polychlorinated biphenyls, T. Endo, 森田 資隆, A. Okuyama, Y. Matsubara, K. Nishi, M. Kobayashi, S. Yamamura, Y. Takamura, Mizukami, E. Tamiya, Analytica Chimica Acta, 531, 7, 13,   2005年
  • Peptide nucleic acid modified magnetic beads for intercalator based electrochemical detection of DNA hybridisation, K. Kerman, 森田 資隆, Y. Matsubara, Y. Takamura, E. Tamiya, Science and Technology of Advanced Materials, 18, 9, 12,   2004年
  • Development of a microchamber array for picoliter PCR, H. Nagai, 森田 資隆, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, Anal. Chem., 73, 1043, 1047,   2001年
  • Design of peptide that recognizes double stranded DNA, T. Fukumori, 森田 資隆, E. Tamiya, K. Yokoyama, Analytical Science, 19, 181, 183,   2003年
  • Optimization of fluorescent cell-based assays for high-throughput analysis using microchamber array chip formats, Y. Akagi, 森田 資隆, S.R. Rao, E. Tamiya, Science and Technology of Advanced Materials, 5, 343, 349,   2004年
  • Effects of tamoxifen, 17α-ethynylestradiol, flutamide, and methyltestosterone on plasma vitellogenin levels of male and female Japanese medaka (Oryzias latipes), M. Chikae, 森田 資隆, R. Ikeda, Q. Hasan, E. Tamiya, Environmental Toxicology and Pharmacology, 17, 29, 33,   2004年
  • Electrochemical DNA quantification based on aggregation induced by Hoechst 33258, M. Kobayashi, 森田 資隆, T. Kusakawa, M. Saito, S. Kaji, M. Oomura, S. Iwabuchi, Q. Hasan, E. Tamiya, Electrochemistry Communications, 6, 337, 343,   2004年
  • Microchamber array based DNA quantification and specific sequence detection from a single copy via PCR in nanoliter volumes, Y. Matsubara, 森田 資隆, K. Kerman, M. Kobayashi, S. Yamamura, E. Tamiya, Biosens. Bioelectron., 20, 1482, 1490,   2005年
  • Isolation of psychrotrophic from the organic residua of a water tank keeping rainbow trout and antibacterial effect of violet pigment produced from the strain, Y. Nakamura, 森田 資隆, T. Sawada, E. Tamiya, Biochemical Engineering Journal, 12, 79, 86,   2002年
  • Effect of alkylphenols on adult male medaka plasma vitellogenin goes up to the level of estrous female, M. Chikae, 森田 資隆, R. Ikeda, Q. Hasan, E. Tamiya, Environmental Toxicology and Pharmacology, 15, 33, 36,   2003年
  • Application of a microchamber array for DNA amplification using a novel dispensing method, Y. Matsubara, 森田 資隆, M. Kobayashi, E. Tamiya, Arch. Histol. Cytol., 65, 481, 488,   2002年
  • A screening of phage displayed peptides for the recognition of fullerene (C60), 森田 資隆, T. Ohsugi, Y. Iwasa, E. Tamiya, Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic, 28, 185, 190,   2004年
  • A rapid BOD sensing system using luminescent recombinants of Escherichia coli, T. Sakaguchi, 森田 資隆, K. Kitagawa, T. Ando, Y. Murakami, A. Yamamura, K. Yokoyama, E. Tamiya, Biosensors & Bioelectronics, 19, 115, 121,   2003年
  • Expression of two kinds of recombinant glutamate dehydrogenase from Aeropyrum pernix with different N-terminal sequence length in Escherichia coli, I. Helianti, 森田 資隆, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, Appl. Microbiol.Biotechnol., 59, 462, 466,   2002年
  • YB1 binds to and represses the p16 tumor suppressor gene., 神武 洋二郎, 森田 資隆, 田中 賢二, Ozawa Y, Harada M, Kitagawa K, Niida H, Suda T, Kitagawa M, Genes Cells,   2013年11月
  • Modification of Escherichia coil single-stranded DNA binding protein with gold nanoparticles for electrochemical detection of DNA hybridisation, K. Kerman, 森田 資隆, Y. Takamura, M. Ozsoz, E. Tamiya, Analytica Chimica Acta, 510, 169, 174,   2004年
  • Localized surface plasmon resonance based optical biosensor using surface modified nanoparticle layer for label-free monitoring of antigen-antibody reaction, T. Endo, 森田 資隆, S. Yamamura, N. Nagatani, Y. Takamura, E. Tamiya, Science and Technology of Advanced Materials, 6, 491, 500,   2005年
  • Construction of novel single-cell screening system using a yeast cell chip for nano-sized modified-protein-displaying libraries, T. Fukuda, 森田 資隆, S. Shiraga, M. Kato, S. Yamamura, E. Tamiya, T. Hori, S. Suye, M.Ueda, Nano Biotechnology, 1, 105, 112,   2005年
  • Peptide Nucleic Acid Modified Carbon Nanotube Field-Effect Transistor for Ultra Sensitive Real-Time Detection of DNA Hybridization, K. Kerman, 森田 資隆, Y.Takamura, E. Tamiya, K. Maehashi, K. Matsumoto, Nano Biotechnology, 1, 65, 70,   2005年
  • A picoliter chamber array for cell-free protein synthesis, T. Kinpara, 森田 資隆, R. Mizuno, Y. Murakami, M. Kobayashi, S. Yamaura, Q. Hasan, H. Nakano, T. Yamane, E. Tamiya, J Biochem. (Tokyo), 136, 149, 154,   2004年
  • Characterization of a new keratin-degrading bacterium isolated from derr fur, S. Yamamura, 森田 資隆, Q. Hasan, S.R. Rao, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, J. Biosci. Bioeng., 93, 595, 600,   2002年
  • DNA-directed attachment of carbon nanotubes for enhanced label-free electrochemical detection of DNA hybridization, K. Kerman, 森田 資隆, Y. Takamura, M. Ozsoz, E. Tamiya, Electroanalysi, 16, 1667, 1672,   2004年
  • Effects of bis(2-ethylhexyl) phthalate and benzo[a]pyrene on the embryos of Japanese medaka (Oryzias latipes), M. Chikae, 森田 資隆, Y. Hatano, R. Ikeda, Q. Hasan, E. Tamiya, Environmental Toxicology and Pharmacology, 16, 141, 145,   2004年
  • Enzyme-linked sensitive fluorometric imaging of glutamate release fromcerebral neurons of chick embryos, Y. Akagi, 森田 資隆, A. Hashigasako, P. Degenaar, S. Iwabuchi, Q. Hasan, E. Tamiya, J. Biochem. (Tokyo), 134, 353, 358,   2003年
  • Micromachining microcarrier-based biomolecular encoding for miniaturized and multiplexed immunoassay, Z.L. Zhi, 森田 資隆, Q. Hasan, E. Tamiya, 75, 4125, 4131,   2003年

書籍等出版物

  • 抗体エンジニアリングの最前線, バイオセンサーチップと抗体エンジニアリング, 民谷栄一, 森田 資隆, 山村昌平, 鈴木正康, 岸裕幸, 村口篤, 共著,   2004年
  • 動物実験代替のためのバイオマテリアル開発, 薬物細胞アッセイと細胞スクリーニング技術, 森田 資隆, 民谷栄一, 共著, シーエムシー出版,   2007年
  • ナノバイオ大事典, 糖鎖チップ, 森田 資隆, 民谷栄一, 共著, テクノシステム,   2007年
  • Innovation and Perspectives in Solid Phase Synthesis & Combinatorial Libraries 2000, Synthesis and analysis of peptide ligand for biosensor application using combinatorial chemistry, 森田 資隆, K. Yokoyama, E. Tamiya, 共著,   2001年
  • コンビナトリアル・バイオエンジニアリング-情報から機能の創造をめざして-, チップテクノロジー-ハイスループットスクリーニングの新展開-, 森田 資隆, 村上裕二, 金原健, 民谷栄一, 共著,   2003年
  • コンビナトリアルバイオエンジニアリングの最前線(普及版), 細胞チップを用いた薬剤スクリーニング, 赤木良教, 森田 資隆, 民谷栄一, 共著, シーエムシー出版,   2010年
  • BIO INDUSTRY BIO INDUSTRY, チップ技術とコンビナトリアル機能分子設計, 森田 資隆, 金原健, 村上裕二, 横山憲二, 民谷栄一, 共著,   2001年
  • 生命化学のセントラルドグマ-テーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの, バイオセンサー-新規バイオセンサー創成に向けてのチャレンジ-, 民谷栄一, 森田 資隆, 村上裕二, 横山憲二, 共著,   2002年
  • Peptides: the wave of the future, Screening and design of hybrid peptide that binds with glucose oxidase, K. Yokoyama, 森田 資隆, T. Sakai, H. Ishikawa, E. Tamiya, 共著,   2002年
  • Micro total Analysis Systems 2002, High-throughput screening of anticancer drug using microarray based cell chip, S. R. Rao, 森田 資隆, Y. Akagi, E. Tamiya, 共著,   2002年
  • コンビナトリアルバイオエンジニアリングの最前線, ファージディスプレイ法による幹細胞認識, 森田 資隆, 民谷栄一, 共著,   2004年
  • Biological Systems Engineering, Sensor peptide based on fluorescence resonance energy transfer, K. Yokoyama, 森田 資隆, M. Matsumoto, H. Ishikawa, E. Tamiya, 共著,   2002年
  • バイオセンサーの先端科学技術と応用, コンビナトリアルペプチドを用いたバイオセンシング, 森田 資隆, 民谷栄一, 共著, シーエムシー出版,   2007年
  • 21世紀版薄膜作製応用ハンドブック, バイオセンサ, 民谷栄一, 森田 資隆, 共著,   2003年
  • コンビナトリアルバイオエンジニアリングの最前線, 細胞チップを用いた薬剤スクリーニング, 赤木良教, 森田 資隆, 民谷栄一, 共著,   2004年
  • Micro total Analysis Systems 2002, In vitro protein synthesis on a high-integrated microchamber chip with low DNA molecules, T. Kinpara, 森田 資隆, H. Nakano, T. Yamane, E. Tamiya, 共著,   2002年
  • コンビナトリアルバイオエンジニアリングの最前線(普及版), ファージディスプレイ法による幹細胞認識, 森田 資隆, 民谷栄一, 共著, シーエムシー出版,   2010年
  • Heavy oil spilled from Russian tanker “Nakhodka” in 1997, Edited by K. Tazaki, 21st Century COE Kana, Isolation and characterization of oil degradable microorganisms from heavy oil-spilled marine shores, T. Sakaguchi, 森田 資隆, E. Tamiya, 共著,   2003年
  • Biological systems engineering, Synthesis and analysis of peptide ligand for biosensor application using combinatorial chemistry, 森田 資隆, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, 共著,   2002年

講演・口頭発表等

  • 新規鉄還元菌の探索と特性評価, 森田 資隆, 竹入裕, 第8回近畿大学環境科学研究会,   2009年, 第8回近畿大学環境科学研究会
  • Selection and properties for the recognition of P19 embryonic carcinoma stem cells by the peptide, 森田 資隆, E. Tamiya, 232nd American Chemical Society National Meeting, Poster presentation,   2006年, 232nd American Chemical Society National Meeting, Poster presentation
  • Development of cell chip for bio-sensing tool, 森田 資隆, E. Tamiya, Japan-European Workshop on Chem Micro Mechatronics System and Biochips,   2003年, Japan-European Workshop on Chem Micro Mechatronics System and Biochips
  • 新規低温性ケラチン分解酵素の簡易精製と特性評価, 田端克哉, 森田 資隆, 松山裕子, 第48回化学関連支部合同九州大会,   2011年07月, 第48回化学関連支部合同九州大会
  • 新規低温性リパーゼの探索と特性評価, 森田 資隆, 桧谷孝, 第8回近畿大学環境科学研究会,   2009年, 第8回近畿大学環境科学研究会
  • Application of the phage display technology to screening and detecting of an undifferentiated embryonal carcinoma stem cell and a nerve growth factor, 森田 資隆, American Chemical Society,   2012年08月, American Chemical Society
  • A screening of phage displayed peptides for the recognition of fullerene, 森田 資隆, 236th ACS National Meeting,   2008年, 236th ACS National Meeting
  • 新規低温性鉄還元菌の簡易同定と還元特性, 穴井順也, 森田 資隆, 竹入 裕, 第48回化学関連支部合同九州大会,   2011年07月, 第48回化学関連支部合同九州大会
  • 新規鉄還元菌の探索と特性評価, 森田 資隆, 竹入裕, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • Highthroughput screening of functional molecule using combinatorial bioengineering and chip technology, 森田 資隆, E. Tamiya, The 6th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics,   2002年, The 6th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics
  • Biodegradation of alkane by psychrotrophic bacteria for cold environment, 森田 資隆, H. Onishi, S.R. Rao, T. Sakaguchi, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, Enzyme Engineering XVI,   2001年, Enzyme Engineering XVI
  • 新規低温菌BS-c株が産生する低温活性リパーゼの特性評価, 佐伯友啓, 森田 資隆, 桧谷孝, 長田真裕, 第50回化学関連支部合同九州大会,   2013年07月, 第50回化学関連支部合同九州大会
  • ケラチン分解菌が産生する複合酵素の粗酵素特性, 森田 資隆, 松山裕子, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • Design of fullerene binding peptide using combinatorial bioengineering, 森田 資隆, T. Ohsugi, Y. Murakami, K. Yokoyama, E. Tamiya, Biosensor 2002,   2002年, Biosensor 2002
  • 低温菌BS-c株が産生する低温活性リパーゼの特性評価, 佐伯友啓, 森田 資隆, 檜谷 孝, 長田真裕, 第12回近畿大学環境科学研究会,   2013年08月, 第12回近畿大学環境科学研究会
  • A screening of phage displayed peptides for the recognition of P19 embryonic carcinoma, 森田 資隆, K. Mamiya, E. Tamiya, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2005年, 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
  • 低温菌BS-c株が産生する新規低温活性リパーゼの特性評価, 森田 資隆, 桧谷孝, 長田真裕, 第9回近畿大学環境科学研究会,   2010年, 第9回近畿大学環境科学研究会
  • ケラチン分解菌が産生する低温活性酵素の探索とその特性評価, 水之江庄士郎, 森田 資隆, 桧谷 孝, 第47回化学関連支部合同九州大会,   2010年, 第47回化学関連支部合同九州大会
  • 低温性ケラチン分解菌由来ジスルフィドレダクターゼの特性評価, 森田 資隆, 松山裕子, 第7回近畿大学環境科学研究会,   2008年, 第7回近畿大学環境科学研究会
  • ケラチン分解菌が産生する複合酵素の粗酵素特性, 森田 資隆, 松山裕子, 第8回近畿大学環境科学研究会,   2009年, 第8回近畿大学環境科学研究会
  • Undifferentiated embryonal carcinoma stem cell and nerve growth factor screenings using phage display technology, 森田 資隆, 238th ACS National Meeting,   2009年, 238th ACS National Meeting
  • Isolation and characterization of phage displayed peptides for the recognition of P19 embryonic carcinoma stem cells, 森田 資隆, E. Tamiya, Engineering Cell Biology: The Cell in Context,   2007年, Engineering Cell Biology: The Cell in Context
  • Real-time monitoring of on-chip DNA hybridization with evanescent microscope, 森田 資隆, E. Tamiya, Japan-European Workshop on Chem Micro Mechatronics System and Biochips,   2003年, Japan-European Workshop on Chem Micro Mechatronics System and Biochips
  • 新規鉄還元菌の探索と還元特性に関する研究, 竹入裕, 森田 資隆, 森敬之, 第9回近畿大学環境科学研究会,   2010年, 第9回近畿大学環境科学研究会
  • A cooperative action of two enzymes in keratin degradation, 森田 資隆, S. Yamamura, E. Tamiya, Enzyme Engineering XVII,   2003年, Enzyme Engineering XVII
  • 低温性ケラチン分解菌由来ジスルフィドレダクターゼの特性評価, 森田 資隆, 松山裕子, 第45回化学関連支部合同九州大会,   2008年, 第45回化学関連支部合同九州大会
  • 新規低温菌BS-c株が産生する低温活性リパーゼの特性評価, 佐伯友啓, 森田 資隆, 檜谷 孝, 長田真裕, サイエンスネットワーク・院生サミット2013,   2013年11月, サイエンスネットワーク・院生サミット2013
  • 新規な低温性鉄還元菌の探索とその温度特性に関する評価, 森田 資隆, 穴井順也, 竹入 裕, 第47回化学関連支部合同九州大会,   2010年, 第47回化学関連支部合同九州大会
  • 新規低温性リパーゼの探索と特性評価, 森田 資隆, 桧谷孝, 第46回化学関連支部合同九州大会,   2009年, 第46回化学関連支部合同九州大会
  • ケラチン分解菌が産生する2つの酵素によるケラチンの協同的な分解, 田端克哉, 森田 資隆, 松山裕子, 第47回化学関連支部合同九州大会,   2010年, 第47回化学関連支部合同九州大会

MISC

  • 3C12-1 新規AFMプローブによる染色体のマニュピレーション(遺伝子工学・核酸工学,一般講演), 山中 啓一郎, 斎藤 真人, 森田 資隆, 高村 貅, 橋口 原, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 16,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320609
  • 2A12-1 酵母細胞チップによる新規スクリーニングシステムの構築(酵素学・酵素工学・タンパク質工学,一般講演), 福田 剛士, 白神 清三郎, 加藤 倫子, 山崎 正剛, 森田 資隆, 民谷 栄一, 堀 照夫, 末 信一朗, 植田 充美, 日本生物工学会大会講演要旨集, 16,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320743
  • 3J09-5 GMO検出のためのマイクロフロー型PCRチップの開発(センサー・計測工学・ロボット工学,一般講演), 中山 剛, 小林 正昭, 日野 明寛, 森田 資隆, 高村 禅, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 16,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320821
  • 2F14-1 一細胞マイクロアレイチップを用いた抗原特異的Bリンパ球細胞の検出(動物細胞工学・動物組織培養・生体医用工学・人工臓器,一般講演), 大森 正裕, 山村 昌平, RAO S. Ramachandra, 森田 資隆, 高村 禅, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 16,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320956
  • 2E09-3 細胞チップとオンビーズペプチドライブラリーを用いた NGF 様作用ペプチドのスクリーニング, 赤木 良教, 岩淵 伸一郎, 森田 資隆, 高村 羣, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002955939
  • 3H10-3 SPM による DNA-bisbenzimide 複合体のイメージングと解析, 斎藤 真人, 岩渕 紳一郎, 森田 資隆, 高村 羣, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002956160
  • 3H10-4 マイクロフローチップを用いた DNA 増幅反応の検出, 中山 剛, 小林 正昭, 森田 資隆, 高村 禅, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002956161
  • バイオセンサーチップと抗体エンジニアリング (特集 抗体エンジニアリングの最前線), 民谷 栄一, 山村 昌平, 森田 資隆, バイオインダストリー, 20, 7, 60, 67,   2003年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/80015996136
  • 1104 流体制御機能を有するポリマーチップの開発(分離精製工学,センサー・計測工学,免疫工学,一般講演), 前田 勉, 松原 泰孝, 金原 健, 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320050
  • 1103 光微生物を用いたマイクロチップによるハイスループット有機汚染計測(分離精製工学,センサー・計測工学,免疫工学,一般講演), 阪口 利文, 岩永 淳平, 別府 和彦, 前田 英明, 荻野 和也, 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320051
  • 1102 マイクロ流路を用いたコプラナーPCBセンシングデバイスの開発(分離精製工学,センサー・計測工学,免疫工学,一般講演), 遠藤 達郎, 奥山 亮, 松原 泰孝, 小林 正昭, 森田 資隆, 水上 春樹, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320052
  • 1007 SPMによるヒト染色体操作と遺伝子解析(分析化学,生物工学一般,一般講演), 森 琢也, 斎藤 真人, 岩渕 紳一郎, 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320067
  • 905 新規Benzo(a)pyrene分解菌による多環式芳香族炭化水素の分解(環境浄化・修復・保全技術,一般講演), 村上 浩二, Rao Sathuluri Ramachandra, 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320111
  • 677 協同作用による新規ケラチン分解機構(酵素・酵素工学・タンパク質工学,一般講演), 山村 昌平, 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320261
  • 544 プロテインキナーゼ活性をイメージングするための蛍光センサーペプチド(ペプチド工学・プロテオーム,一般講演), 井上 磨, 森田 資隆, 民谷 栄一, 横山 憲二, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320320
  • S218 コンビバイオ技術を用いた分子認識と応用(コンビナトリアル・バイオエンジニアリングの進展,シンポジウム), 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320513
  • チップ技術と連携したコンビナトリアル設計法による機能分子の創成(<特集>コンビナトリアル・バイオエンジニアリング), 森田 資隆, 金原 健, 村上 裕二, 横山 憲二, 民谷 栄一, 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 79, 9, 367, 370,   2001年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002933443
  • 162 淡水、及び海水から分離されたセレン酸還元菌の接合伝達を用いたトランスポゾン変異操作, 阪口 利文, 栗山 直紀, 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922790
  • 330 新規ケラチン分解酵素の分解機構, 山村 昌平, 森出 資隆, 横山 憲二, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922874
  • 609 ペプチドコンジュゲートポリマーの合成と分子認識, 井戸田 和也, 森田 資隆, 民谷 栄一, 横山 憲二, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002923035
  • 646 リン酸化STAT3βを特異的に認識する環状ペプチドの設計, 浦田 智裕, Witarto Arief Budi, 森田 資隆, 民谷 栄一, 横山 憲二, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002923072
  • 647 DNAを認識するペプチドの設計, 福森 隆志, 森田 資隆, 民谷 栄一, 横山 憲二, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002923073
  • 648 高集積型マイクロアレイを用いたプロテインチップの開発, 金原 健, 村上 裕二, 森田 資隆, 横山 憲二, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002923074
  • 704 AFMを用いたヒト染色体構造の解析と操作, 小川 健一, 斎藤 真人, 森田 資隆, 村上 裕二, 横山 憲二, 牛木 辰男, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002923087
  • チップ技術とコンビナトリアル機能分子設計 (特集 コンビナトリアル・バイオエンジニアリング), 森田 資隆, 民谷 栄一, バイオインダストリ-, 18, 6, 64, 72,   2001年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004531443
  • 原油湧出土から単離した菌株によるナフタレンの代謝, 早川 和一, 内海 彰子, 鹿角 昌平, 鳥羽 陽, 木津 良一, 阪口 利文, 山村 晃, 森田 資隆, 民谷 栄一, 水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment, 23, 11, 731, 736,   2000年11月10日, 10.2965/jswe.23.731, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007661941
    概要:Two bacterial strains, N-21 and N-22, which were isolated from natural oil-producing wells at Kurokawa, Niigata Prefecture, Japan, were identified as Pseudomonas cepacia by using the phylogenetic analysis based on the 16SrDNA sequences. Both strains were gram negative rods capable of decomposing naphthalene. The degradation rates were 2.24 × 10-5 M/h in both strains. The main metabolite was cis-1,2-dihydro-1,2-naphthalenediol. Salicylaldehyde, salicylic acid, gentistic acid and catechol were also identified. These metabolites were less mutagenic than naphthalene itself in the Ames test using the S. typhimurium TA100 strain. The mutagenicity of naphthalene also decreased by the two bacterial strains.
  • 316 新規ケラチナーゼの探索と特性評価, 山村 昌平, 森田 資隆, 横山 憲二, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922105
  • 533 原油湧出地から分離された新規ベンゾ(a)ピレン分解グラム陽性菌の性質と系統分類, 阪口 利文, 岡野 聡, RAO Sathuluiri R., 森田 資隆, 横山 憲二, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922222
  • 820 好気性超好熱菌から精製したグルタミン酸デヒドロゲナーゼのコード遺伝子の解析, Helianti Is, 森田 資隆, 阪口 利文, 村上 裕二, 横山 憲二, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922340
  • 821 レドック活性ペプチド・グルコースオキシダーゼ間電子伝達特性の評価, 伊藤 元, 坂井 俊文, 石川 英夫, 森田 資隆, 民谷 栄一, 横山 憲二, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922341
  • 822 グルコースオキシダーゼを部位特異的に認識するペプチドの設計, 坂井 俊文, 石川 英夫, 森田 資隆, 民谷 栄一, 横山 憲二, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922342
  • 824 蛍光共鳴エネルギー転移を利用したセンサーペプチドの設計, 横山 憲二, 松本 正幸, 石川 英夫, 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922344
  • 4S162 低温微生物の多様性とその有用物質, 森田 資隆, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922630
  • 夢その4-より自然に- 生物情報を担う生体高分子と バイオセンサーの設計, 森田 資隆, 民谷 栄一, 高分子, 49, 7, 442, 444,   2000年07月01日, 10.1295/kobunshi.49.442, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005358110
  • Random fluidic self-assembly法による生体材料の固定化, 村上 裕二, 井出上 公太郎, 永井 秀典, 森田 資隆, 山村 晃, 阪口 利文, 横山 憲二, 民谷 栄一, 電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society, 119, 8, 436, 442,   1999年08月, 10.1541/ieejsmas.119.436, http://ci.nii.ac.jp/naid/10004834246
    概要:We propose a novel method for individual immobilization of biomaterial for biosensor application. Various kinds of biomaterial were first immobilized on certain supports such as glass beads or microfabricated metal particles of which size is almost the same as the size of transducer element. Then the suspension mixture of the various support was arranged on the transducer array by the fluidic self-assembly method at random. Glass beads immobilized with glucose oxidase and/or peroxidase were successfully arranged by this method using gravity, as a short-range force required in self-assembly. The beads gave chemiluminescence with the addition of luminol and its substrate. The metal particles consisted of nickel and/or gold layers formed by electroplating and evaporation on a photolithographically patterned chip. The coin-shaped particles were arranged on a nickel dot array by magnetic force interaction as the short-range force. The direction of binding of the particles were also controllable using the multilayer structure.
  • 走査型近接場光/原子間力顕微鏡を用いた神経細胞のイメージング, 橋ヶ迫 敦子, 岩渕 紳一郎, 村上 裕二, 阪口 利文, 森田 資隆, 横山 憲二, 民谷 栄一, バイオイメージング, 7, 3, 99, 100,   1998年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012383824
  • 848 低温菌Serratia marcescens AP3801株が産生する低温プロテアーゼCP-60の特性, 森田 資隆, 横山 憲二, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 10,   1998年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002921657
  • 232 低温菌Serratia marcescens AP3801株が産生する低温プロテアーゼの特性, 森田 資隆, Hasan Quamrul, 阪口 利文, 村上 裕二, 横山 憲二, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 9,   1997年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002924398
  • 653 低温活性プロテアーゼの精製と性質, 森田 資隆, Hasan Quamrul, 阪口 利文, 横山 憲二, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 8,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002925178
  • 665 魚類免疫グロブリン分子の結合特性の解析, 森田 資隆, 中西 照幸, 民谷 栄一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 6,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002923731
  • 研究室紹介-環境生物化学研究室の船出-, 森田 資隆, 近畿大学産業理工学部研究報告, 8, 23, 26,   2008年
  • 石浦章一著『遺伝子が処方する脳と身体のビタミン』, 森田 資隆, 近畿大学産業理工学部研究報告, 13, 13, 14,   2010年12月
  • 小安重夫著『免疫学はやっぱりおもしろい』, 森田 資隆, 近畿大学産業理工学部研究報告, 12, 27, 29,   2010年

特許

  • 新規ケラチン分解酵素, 民谷栄一, 森田資隆, 山村昌平, 横山憲二, 特開2003-310255
  • ケラチナーゼ活性の高い新規細菌株, 民谷栄一, 森田資隆, 横山憲二, 山村昌平, 特開2003-070459
  • 新規多環式芳香族炭化水素分解菌,それを含有する新規多環式芳香族炭化水素分解剤, 民谷栄一, 森田資隆, S.R. Rao, 村上裕二, 横山憲二, 阪口利文, 特開2003-079364
  • 細胞の固定化および採取方法, 民谷栄一、森田資隆、S.R. Rao、山村昌平, 特開2005-102628
  • 新規胚性幹細胞化誘導物質, 民谷栄一、森田資隆、S.R. Rao、山村昌平, 特願2003-422073, 特開2005-179257
  • 残留農薬検出方法、農薬検出キット、及び農薬検出ストリップ, 民谷栄一、森田資隆、他, 特願2006-30229
  • 細菌を利用したカロテノイド類の新規合成法とその方法により得られるカロテノイド類, 民谷栄一, 森田資隆, 山村昌平, S.R. Rao, 特開2004-033062
  • 残留農薬検出方法、農薬検出キット、及び農薬検出ストリップ, 民谷栄一、 森田資隆、他, 2007-68531
  • 集積化されたマイクロウェルを用いたポリメラーゼ連鎖反応装置, 民谷栄一、横山憲二、村上裕二、阪口利文、森田資隆、永井秀典、井出上公太郎, 特許第3041423号
  • 細胞の固定化および採取方法, 民谷栄一, 森田資隆, S.R. Rao, 山村昌平, 2005-102628
  • 新規胚性幹細胞化誘導物質, 民谷栄一, 森田資隆, S.R. Rao, 2005-179257
  • 新規ケラチン分解酵素, 民谷栄一,山村昌平,森田資隆,横山憲二, 特開2003-310255
  • 新規多環式芳香族炭化水素分解菌,それを含有する新規多環式芳香族炭化水素分解剤, 民谷栄一,S.R. Rao,森田資隆,村上裕二,横山憲二,阪口利文, 特開2003-079364
  • ケラチナーゼ活性の高い新規細菌株, 民谷栄一、横山憲二、山村昌平、森田資隆, 特開2003-070459
  • 発光微生物固定化チップによる有機汚濁計測方法, 阪口利文、森田資隆, 特願2008-228700