KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

木村 雅友キムラ マサトモ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位医学博士
専門深在性真菌症の病理組織
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/644-kimura-masatomo.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    真菌(カビ)による内臓感染症の病理組織について研究しています。とくに組織中の真菌形態や組織反応についてです。国内および国外の真菌研究施設とも連携しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1989年, 近畿大学, 医学研究科, 病理学
  •  - 1985年, 近畿大学, 医学部, 医学科

経歴

  •   1992年,  - 2001年,  近畿大学医学部 助手
  •   2001年,  - 2005年,  近畿大学医学部 講師
  •   2005年05月,  - 2007年03月,  近畿大学医学部 助教授
  •   2007年04月,  - 現在, 近畿大学医学部(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 人体病理学

研究キーワード

  • 人体病理学

論文

  • Early Histological Detection of Lanthanum Deposition in Gastric Mucosa after Lanthanum Carbonate Therapy., Masatomo Kimura, Hiroshi Kasida, Enoki Eisuke, Hirofumi Hasegawa., Rinsho Byori, 65, 4, 413, 418,   2017年04月, 査読有り
  • 炭酸ランタン療法中に生じた胃粘膜内ランタン沈着の経時的変化 第106回日本病理学会総会, 榎木英介,木村雅友,田中伴典,清水重喜,伊藤彰彦,佐藤隆夫,樫田博史,長谷川廣文, 日本病理学会会誌, 106, 1, 378, 378,   2017年04月, 査読有り
  • 気管支肺胞洗浄液細胞診が有用であったアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の1例, 小林彩香,木村雅友,植田清文,田中千琴,榎木英介,筑後孝章,上杉忠雄,佐藤隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 55, 6, 401, 405,   2016年12月, 査読有り
  • 副鼻腔真菌症の病理診断と原因菌種の多様性 第60回日本医真菌学会総会・学術集会 シンポジウム 10 副鼻腔および中枢神経領域の真菌症の診断と治療への展望, 木村 雅友, 抄録 日本医真菌学会雑誌, 57, 1, 78, 78,   2016年10月, 査読有り
  • Significance of decoy cells for indicating viral cytopathic effect in urine cytology, 木村 雅友, Cytopathology, 27, 3, 220, 221,   2016年06月, 査読有り
  • Gryoglobulinaemia (IgG-k-type and IgM-ɤ-type) with occluding leukocytoclastic vasculitis in a patient with vitiligo and demyelinating polyneuropathy., Sato M, Oiso N, Shiga T, Morita R, Kimura M, Funauchi M, Matsumura I, Kawada A, Acta Derm Venereol, 96, 568, 569,   2016年, 査読有り
  • Metastase to the parotid nodes:CT and MR imaging findings., Dentomaxillofacial Radiology, 45,   2016年, 査読有り
  • Report of two cases of pseudoprogression in patients with non-small cell lung cancer treated with nivolumab-including histological analysis of one case after tumor regression., 木村 雅友, Lung Cancer , 102, 44, 48,   2016年, 査読有り
  • わが国の真菌症の診断・治療ガイドライン:日常臨床での適用とピットフォール, 木村 雅友, 日化療会誌, 64, supplement, 132, 132,   2016年, 査読有り
  • クリプトコックス肺肉腫中央懐死空洞いに生じたアスペルギス菌球, 木村 雅友, 抄録 臨床病理 補冊, 63, 129, 129,   2015年11月, 査読有り
  • 抗酸性染色,気管支中心性肉芽腫症,クリプトコッコーマシリーズ 用語解説(No.7), 木村 雅友, 日本医真菌学会雑誌, 56, 3, 107, 108,   2015年07月, 査読有り
  • HIV-negative primary bone marrow Hodgkim lymphoma manifesting with a high fever associated with hemophagocytosis as the initial symptom:a case report and review of the previous literature., Internal Medicine, 54, 1393, 1396,   2015年06月, 査読有り
  • Dermoscopy for malignant melanooma of the nipple and the areola, Shiga K, Oiso N, Narita T, Kimura M, Kawada A, J Dermatol, 42, 3, 339, 341,   2015年, 査読有り
  • Aspergillus fungus ball in central cavity of a pulmonary cryptococcal nodal lesion, Kimura M, Maenishi O, Enoki E, Chikugo T, Umeyama T, Ohno H, Miyazaki Y, Pathology International, 65, 329, 331,   2015年, 査読有り
  • HIV-negative primary bone marrow Hodgkin lymphoma manifesting with a high fever associated with hemophagouytosis as the initial symptom: a case report and review of the previous literature, Morita Y, Emoto M, Serizawa K, Rai S, Hirase C, Kanai Y, Ohyama Y, Shige T, Tanak H, Miyatake J, Tatsumi Y, Ashida T, Kimura M, Ito M, Matsumura I, Internal Medicine, 54, 1393, 1396,   2015年, 査読有り
  • Aleukemic solitary cutaneous myeloid sarcoma, Yanagihara M, Oiso N, Tanaka H, Narita T, Enoki E, Kimura M, Nakamine H, Matsumura I, Kawada A, J Dermatol, 42, 8, 844, 845,   2015年, 査読有り
  • 病理学実習の工夫ースマートフォンでの組織像撮影を利用してー, 木村雅友、榎木英介、前西修、筑後孝章, 病理と臨床, 32, 6, 683, 687,   2014年, 査読有り
  • 乳癌センチネルリンパ節割面捺印標本に対するケラチン免疫染色の有用性―OSNA法との対比―, 植田清文、森香奈子、小林彩香、手嶋優子、土橋千琴、上杉忠雄、木村雅友、前西修、佐藤隆夫, 日本臨床細胞学会雑誌, 53, 4, 280, 285,   2014年, 査読有り
  • Increased ectodomain shedding of cell adhesion molecule 1 from pancreatic islets in type 2 diabetic pancreata: correlation with hemoglobin A1c levels., InoueT, Hagiyama M, Yoneshige A, Kato T, Enoki E, Maenishi O, Chikugo T, Kimura M, Satou T, Ito A, Plos One, 9, e100988, KM005260,   2014年, 査読有り
  • Follicular mucinous nevus: A possible new variant of mucinous nevus, Oiso N, Kimura M, Kawada A, J An Acad Dermatol, 71, 4, e141, 142,   2014年, 査読有り
  • Role of macrophage infiltration in successful repigmentation in a new periphery-spreadig vitiligo lesion in a male Japanese patient, Oiso N, Tanemura A, Kotobuki Y, Kimura M, Katayama I, Kawada A, J Dermatol, 40, 11, 915, 918,   2013年, 査読有り
  • Cytomorphology of Candida organisms in visceral candidiasis., Kimura M, Enoki E, Chikugo T, Maenishi O, Acta Cytologica, 57, 1, 151, 151,   2013年, 査読有り
  • Porokeratotic eccrine ostial and dermal duct naevus and aberrantly regulated keratinization, Oiso N, Kurokawa I, Kimura M, Tsubura A, Kawada A, Acta Derm Venereol, 93, 4, 489, 490,   2013年, 査読有り
  • Conidiobolus属真菌による播種性感染症の1例, 土橋千琴、植田清文、上杉忠雄、佐藤隆夫、筑後孝章、木村雅友, 日本臨床細胞学会雑誌, 52, 5, 444, 447,   2013年, 査読有り
  • 学生が携帯電話・スマートフォン内蔵デジタルカメラで顕微鏡画像を撮影することは病理組織実習に対する積極性を誘導するか?, 木村雅友、榎木英介、前西修、伊藤彰彦、筑後孝章, 医学教育, 44, 2, 85, 87,   2013年, 査読有り
  • Chlamydospores of Rhizopus microsporus var. rhizopodiformis in tissue of pulmonary mucormycosis, 木村 雅友, 榎木 英介, 筑後 孝章, 前西 修, 西村和子, Mycopathologia, 174, 5-6, 441, 450,   2012年12月
    概要:複数の真菌は培養中に厚膜胞子を形成することがある。しかし,組織中にそれを見いだすことはきわめて稀である。今回,ヒトムーコル症の剖検肺に厚膜胞子形成が認められた症例を報告した。これまでの文献報告例と同様に空気が豊富と考えられる気管支腔内に認められた。培養ではRhizopus microsporus var. rhizopodiformis が分離された。
  • Coinfection of Aspergillus and Cryptococcus in post-tuberculosis pulmonary cavity., 榎木 英介, 前西 修, 筑後 孝章, 伊藤 彰彦, 木村 雅友, Pathology international, 62, 8, 574, 576,   2012年08月
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例, 木村 雅友, 筑後 孝章, 佐藤 隆夫, 植田清文 上杉忠雄, 日本臨床細胞学会雑誌, 51, 4, 290, 294,   2012年07月
    概要:稀であるが近年増加傾向にあるアレルギー性真菌性副鼻腔炎の細胞診での特徴について報告した。
  • Variant of linear atrophodermia of Moulin : hyper-and hypopigmented linear atrophodermia lentiginosis following the lines of Blaschko, Masatomo Kimura et al, The Journal of Dermatology, 39, 12, 1097, 1099,   2012年, 査読有り
  • Chlamydospores of Rhizopus microsporus var rhizopodiformis in tissue of Pulmonary Mucormycosis, Masatomo Kimura et al, Mycopathologia, 174, 5-6, 441, 450,   2012年, 査読有り
  • Blaschkitis-like eruptions with hypodonia and low IkB Kinase gamma expression, Masatomo Kimura et al, The Journal of Dermatology, 39, 11, 941, 943,   2012年, 査読有り
  • Coinfection of Aspergillus and Cryptococcus in post-tuberculosis pulmonary cavity, Masatomo Kimura et al, Pathol Int, 62, 8, 574, 576,   2012年, 査読有り
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例, 木村 雅友 他, 日本臨床細胞学会雑誌, 51, 4, 290, 294,   2012年, 査読有り
  • Loss of genomic DNA copy numbers in the p18, p16, p27 and RB loci in blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm., 大磯 直毅, 川田 暁, 辰巳 陽一, 荒尾 徳三, 頼 晋也, 木村 雅友, 西尾 和人, 松村 到, Shigeo Nakamura, Tomoo Itoh,, Eur J Dermatol 2012,, 22, 3, 393, 394,   2012年
  • Blaschkitis-like eruptions with hypodontia and low IκB kinase gamma expression., 大磯 直毅, 川田 暁, 木村 雅友, Atsushi Tanemura, Ichiro Katayama, Daisuke Tsuruta, Tomoo Itou, Tamio Suzuki,, J Dermatol, 39, 11, 941, 943,   2012年
  • Variant of linear atrophoderma of Moulin: Hyper- and hypopigmented linear atrophoderma with aberrant area cutanea and lentiginosis following the lines of Blaschko., 大磯 直毅, 川田 暁, 木村 雅友, Tomoo Itoh,, J Dermatol 2012, 39, 12, 1097, 1099,   2012年
  • disseminated human conidiobolomycosis due to Conidiobolus lamprauges, 木村 雅友, 矢口貴志, Deanna A. Sutton, Annette W. Fothergill, Elizabeth H. Thompson, Brian L. Wickes, Journal of Clinical Microbiology, 49, 2, 752, 756,   2011年02月
    概要:真菌の接合菌による全身性感染症について臨床病理学的な検討を加え報告した。起因菌はConidiobolus lampraugesでヒトへの感染はこれまで報告がない。薬剤感受性試験ではほとんどの薬剤に抵抗性であった。病理組織学的にMucorなどの接合菌との鑑別が困難で,さらにアスペルギルスに類似した菌糸形態も認められた。
  • Alternariaによるアレルギー性真菌性副鼻腔炎(allergic fungal rhinosinusitis:AFRS)の2症例, 正垣 直樹, 村本 大輔, 土井 勝美, 木村 雅友, 耳鼻と臨床, 57, 1, 18, 23,   2011年01月
  • Involvement of angiotensin Ⅱand reactive oxygen species in pancreatic fibrosis, Masatomo Kimura et al, Pancreatology, 11, 2, 7, 13,   2011年, 査読有り
  • The histopathological feature of the nail isthmus in an ectopic nail., Masatomo Kimura et al, Am J Dermatopathol, 33, 841, 844,   2011年, 査読有り
  • Skin ulcer mimicking pyoderma gangrenosum in a patient with incontinentia pigmenti, Masatomo Kimura et al, The Journal of Dermatology, 38, 10, 1019, 1021,   2011年, 査読有り
  • A dermoscopic figure of polymorphous atypical vessels with colour gradation:a quiz., Masatomo Kimura et al, Acta Derm Venereol, 91, 737, 740,   2011年, 査読有り
  • The cancers stem cell marker CD133 is a predictor of the effectiveness of S1+pegylated interferon α-2b therapy agaist advanced hepatocellular carcimoma, Masatomo Kimura et al, J Gastroenterology, 46, 2, 212, 221,   2011年, 査読有り
  • Transient effectiveness of an oral 5-fluorouracil derivative,S-1,for epirubicin,cyclophosphamide and paclitaxel refractory kin metastases from possible occult breast cancer in a male, Masatomo Kimura et al, Case Rep Dermatol, 3, 42, 48,   2011年, 査読有り
  • Disseminated human conidiobolomycosis due to Conidiobolus lamprauges, Masatomo Kimura et al, Journal of Clinical Microbiology, 49, 2, 752,   2011年, 査読有り
  • Clinical dermoscopic, and histopathologic features in a case of infantile hemangioma without proliferation, Masatomo Kimura et al, Pediatric Dermatology, 28, 1, 66, 68,   2011年, 査読有り
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例, 木村雅友 他, 診断病理, 28, 4, 254, 256,   2011年, 査読有り
  • Alternariaによるアレルギー性真菌性副鼻腔炎, 木村 雅友 他, 耳鼻と臨床, 57, 1, 18, 23,   2011年, 査読有り
  • The cancer stem cell marker CD133 is a predictor of the effectiveness of S1+pegylated interferon α-2b therapy against advanced hepatocellular carcinoma., 萩原 智, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 山口 真未, 田北 雅弘, 土師 誠二, 木村 雅友, 荒尾 徳三, 西尾 和人, Ah-Mee Park, 宗像 浩, J Gastroenterol, 46, 2, 212, 221,   2011年
  • Involvement of angiotensin II and reactive oxygen species in pancreatic fibrosis., 櫻井 俊治, 工藤 正俊, 福田 信宏, 仲谷 達也, 木村 雅友, Ah-Mee Park, 宗像 浩, Pancreatology, 11, 7, 13,   2011年
  • A Case of Multiple Pilosebaceous Cysts, 吉田 益喜, 大磯 直毅, 木村 雅友, 川田 暁, Ichiro Kurokawa, Airo Tsubura, Case Rep Dermatol, 2, 2, 116, 119,   2010年07月
    概要:多発性のPilosebaceous Cystsの症例を報告した。
  • Unique histological characteristics of Scedosporium that could aid in its identification, 木村 雅友, 前西 修, 伊藤浩行, 岐阜大学大学院医学研究科病原体制御学, Pathology International, 60, 2, 131, 136,   2010年02月
    概要:スケドスポリウム症の1剖検例を報告し,生前培養から分離された真菌は伝統的な培養手法並びに真菌遺伝子検索によりScedosporium prolificansと同定された。組織中には分生子形成細胞や分生子が菌糸とともに認められた。また分生子の色調がHE染色標本で紫色であり,成書に記載されている褐色とは異なっていた。(英文)
  • Histopathological Study of Candidal Infection in the Central Nervous System, 木村 雅友, 東邦大学医学部脳神経外科学, 東邦大学医学部病院病理学, 東邦大学医学部脳神経外科学, 日本医真菌学会雑誌, 51, 1, 31, 45,   2010年02月
    概要:全身性カンジダ感染症の剖検例27例を解析し,中枢神経ではどの領域にカンジダ感染巣が多い傾向があるかを検索した結果,テント上領域に多いことが明らかとなった。また皮質では脳表から2mm程度の領域に集中していることがわかった。(英文)
  • A case of multiple pilosebaceous cysts, Masatomo Kimura et al, Case Reports in Dermatology, 2, 116, 119,   2010年, 査読有り
  • Isolation and identification of Rhizomucor pusillus from pleural zygomycosis in an immunocompetent patient, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 宇田川 俊一, 槇村 浩一 佐藤 一雄, 戸矢崎 紀綱, Medical Mycology, 47, 8, 869, 873,   2009年12月
    概要:免疫力の保たれた宿主における極めて稀な接合菌胸膜感染症を報告した。組織学的および免疫組織化学で接合菌と確認され,胸水培養でRhizomucor pusillusが分離された。さらに分離真菌のDNA解析で真菌の種が確認された。培養真菌の走査電子顕微鏡で属特異的な形態的特徴が認められた。 (英文)
  • デジタル画像を用いた病理組織実習に対する学習者評価, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 医学教育, 40, 4, 285, 288,   2009年08月
    概要:従来から行われてきた顕微鏡を用いた病理組織実習と比べて,顕微鏡を使用せずデジタル画像のみを使った病理組織実習に対する学生の評価をアンケートで集め検討した。学生にとって従来型の実習では目的とする組織変化に到達することがかなり困難であり,デジタル画像を使った実習を多くの学生が支持した。
  • vesicular thick-walled swollen hyphae in pulmonary zygomycosis, 木村 雅友, 伊藤 浩行, Pathology International, 59, 3, 175, 178,   2009年03月
    概要:接合菌の菌糸成分としてはこれまで報告されたことのない真菌要素である壁の厚い膨化した類円形要素を肺接合菌症病巣に確認し報告した。免疫組織学的にこの成分も接合菌のものであることが確認された。
  • Small invasive ductal carcinoma of the pancreas distinct from branch duct intraductal papillary mucinous neoplasm. Case Report., 坂本 洋城, 北野 雅之, 小牧 孝充, 今井 元, 鎌田 研, 木村 雅友, 竹山 宜典, 工藤 正俊, World J Gastroetenrol, 15, 43, 5489, 5492,   2009年
  • Small invasive ductal carcinoma of the pancreas distinct from branch duct intraductal papillary mucinous neoplasm, Hiroki Sakamoto, Masatomo Kimura et al., World Journal of Gastroenterology, 15, 43, 5489, 5492,   2009年
  • 病院病理部で取り扱う深在性真菌症, 木村 雅友, 日本医真菌学会雑誌, 49, 4, 269, 273,   2008年11月
    概要:病院病理部で診断した深在性真菌症の種類や症例数について報告した。またその診断過程で用いられるグロコット染色やフォンタナマッソン染色などの特殊染色および真菌に対する免疫染色および将来導入されるべきin situ hybridizationについて紹介した。
  • Development of Langerhans Cell Histiocytosis associated with chronic active EB virus infection., 坂田 尚己, 戸口 直美, 木村 雅友, 竹村 司, 中山 雅弘, 河 敬世, Pediatric Bood Cancer, 50, 4, 924, 927,   2008年04月
    概要:症例報告
  • Development of Langerhans cell histiocytosis associated with chronic active Epstein-Barr virus infection, Naoki Sakata, Masatomo Kimura, et al., Pediatric Blood Cancer, 50, 924, 927,   2008年
  • 真菌症の生検診断, 木村 雅友, 深在性真菌症SFI Forum, 3, 2, 34, 37,   2007年10月
    概要:日常行われる真菌症の生検病理診断について概説し,主な真菌症の生検標本での組織像について詳述した。
  • Usefulness of fungiflora Y to detect fungus in a frozen section of allergic mucin, 木村 雅友, 前西 修, 伊藤 浩行, 佐野文子, Pathology International, 57, 9, 613, 617,   2007年09月
    概要:蛍光染色液であるファンギフローラYを用いてアレルギー性ムチン内のわずかでしかも半透明な真菌成分を蛍光顕微鏡下に容易にとらえることができることを,日本では稀なアレルギー性副鼻腔真菌症の組織標本を用いて証明した。(英文)
  • Combination therapy with PEG-IFN-alpha and 5-FU inhibits HepG2 tumor cell growth in nude mice by apoptosis of p53., 萩原 智, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 坂口 康浩, 永島 美樹, 福田 信宏, 木村 雅友, 早川 清雄, 宗像 浩, Brit J Cancer, 97, 1532, 1537,   2007年
  • カンジダ症の病理, 木村 雅友, 深在性真菌症~SFI Forum~, 2, 1, 40, 43,   2006年05月
    概要:カンジダ症の病態および組織像ならびに各臓器での特徴について述べた。
  • MRIでFlow voidを認めなかった馬尾原発傍神経節腫の1例, 臨床放射線, vol 50, No3, p430-433,   2005年
  • クロモミコーシスとクロモブラストミコーシス, 木村 雅友, 岡山外科病理雑誌, 41, 1,2, 17, 18,   2004年12月
    概要:混乱を招いているクロモミコーシスとクロモブラストミコーシスという疾患名の歴史的背景と組織像について解説した。
  • Effect of diet on aflatoxin B1-DNA binding and aflatoxin B1-induced glutathione S-transferase placental form positive hepatic foci in the rat, 木村 雅友, Kiyoko Lehmann Prathima Gopalan-Kriczky Prabhakar D. Lotlikar, Experimental and Molecular Medicine, 36, 4, 351, 357,   2004年08月
    概要:食餌の種類によるラット肝発ガン性の検討をおこなった。植物成分を含む通常の飼料にくらべ、半合成性飼料を与えたラットにおいては、肝のGST-p陽性細胞巣が増加し、発ガンのプロモーションが促進されると考えられた。(英文)
  • Oncocytic carcinoma of the parotid gland, 木村 雅友, 古田 朋子, 長尾孝一, Acta Cytol, 47, 6, 1099, 1102,   2003年12月
    概要: きわめて稀な耳下腺膨大細胞癌について報告した.細胞診で抗ミトコンドリア抗体を用いた免疫染色を実施し,膨大細胞であることを確認できた.(英文)
  • 右中指皮下phaeohyphomycosisの1例, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 日高敦洋, 診断病理, 20, 4, 337, 339,   2003年11月
    概要: 黒色真菌症の1種である皮下黒色菌糸症の1例を報告した.比較的稀な症例である.
  • Pyothorax-associated angiosarcoma of the pleura with metastasis to the brain, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 古田 朋子, 林 靖二 津本智幸, Pathol Int, 53, 8, 547, 551,   2003年08月
    概要:胸膜に原発する脈管肉腫はきわめて稀である.今回,胸膜原発脈管肉腫が脳へ転移した症例を報告した.結核の既往が肉腫の発生に関連していると考えられた.(英文)
  • 細網状構造が主体を占める耳下腺悪性筋上皮腫の1例, 伊東 良太, 伊藤 浩行, 大塚 佳世, 木村 雅友, 宮下 仁良, 関口 正太郎, 診断病理, 20, 2, 102, 105,   2003年04月
    概要:耳下腺は悪性筋上皮腫の発生する好発臓器の1つである.悪性筋上皮腫はさまざまな組織形態をとり,それらが混在することが多い.しかし今回,比較的少ないとされる細網状構造が主体を占める同腫瘍を報告した.
  • Multifocal subcutaneous phaeohyphomycosis caused by phialophora verrucosa, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 西村和子, Arch Pathol Lab Med, 127, 1, 91, 93,   2003年01月
    概要: 黒色真菌による皮膚感染症として,クロモミコーシスと異なる病型をとる黒色菌糸症の1例を報告した.本症例の起因菌であるフィアロフォラ・ヴェルコッザはクロモミコーシスの原因菌として有名であるが,今回は黒色菌糸症を生じた稀な例である.(英文)
  • Can GIST be diagnosed reliably by cytology?, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, Acta Cytologica, 46, 6, 1170, 1171,   2002年12月
    概要: GISTが細胞診で診断できるかどうかは議論のあるところである。今回2例のGISTについてその捺印細胞診を実施し,診断について検討した。結論として他の平滑筋肉腫などの間葉系腫瘍とは細胞診では確実に鑑別できないことが明らかとなった。(英文)
  • 黒色菌糸症の1例, 後藤章夫, 木村 雅友, 皮膚臨床, 44, 7, 811, 813,   2002年07月
    概要: 培地上で黒色コロニーをつくり,組織中で褐色から黒色の菌糸を認める眞菌による感染症は黒色菌糸症と呼ばれる.皮膚から皮下にかけ生ずる黒色菌糸症はcyst状になることが多く,本症例も同様であった.原因菌はPhialophora verrucosumであった.
  • Carcinoma of the urinary bladder with a lymphomatous appearance, 木村 雅友, 古田 朋子, 佐藤 隆夫, 柏木秀夫, Pathol Int, 51, 7, 555, 559,   2001年07月
    概要: 膀胱ガンのなかでかなり低分化な移行上皮ガンや未分化ガンでは,細胞結合性が弱くリンパ腫様にみえることがある.またガン胞巣にリンパ球浸潤が著明な場合もリンパ腫様に見えることがある.上記の両組織像を認めた膀胱ガンの例を報告した.(英文)
  • Cryptococcus cellulitis showing necrotizing vasculitis, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, Mycoses, 44, 3-4, 115, 118,   2001年05月
    概要: 一般に肉芽腫形成あるいは無反応がクリプトコッカス感染に対する組織反応の特徴であるが、今回壊死性血管炎を生じた症例を報告した。化膿性炎症も認められた。(英文)
  • cryptococcal cellulitis showing necrotizing vasculitis, Masatomo Kimura et al., Mycoses, 44, 3-4, 115, 118,   2001年
  • Gastric gland heterotopiaと考えられる1例, 木村 雅友, 古田 朋子, 佐藤 隆夫, 診断病理, 17, 4, 376, 377,   2000年11月
    概要:頻度のかなり少ない胃粘膜下腫瘤として発生したgastric gland heterotopiaの1例を報告した.
  • 広範な壊死のため診断に苦慮したワルチン腫瘍の1例, 木村 雅友, 古田 朋子, 佐藤 隆夫, 高野哲弘, 臨床病理, 48, 10, 971, 974,   2000年10月
    概要:広範な壊死のためにワルチン腫瘍に特徴的な組織像を見出せず診断に苦慮した1例を報告した.壊死があっても乳頭状構造のゴースト像に注目することで診断に到達する可能性をのべた.
  • nomenclature for fungus infections, Masatomo Kimura et al., Internationa Journal of Dermatology, 37, 825, 826,   1998年
  • 真菌性下腿菌腫, 臨床病理, 45巻8号801-803,   1997年
  • 典型的な分岐形態の菌糸を喀痰中に認めた肺アスペルギルス症の2症例, 日本臨床細胞学会雑誌, 35巻4号346-347,   1996年
  • new fluorescent stain for fungi in tissue sections, Masatomo Kimura et al., JARMAM, 8, 1, 21, 25,   1996年
  • detection of hyphae in pus with Fungiflora Y, Masatomo Kimura et al., Acta Cytologica, 40, 6, 1327, 1328,   1996年
  • 肺アスペルギローマの1例, 日本臨床細胞学会雑誌, 34巻6号1218-1219,   1995年
  • 1982年から1991年に剖検された深在性カンジダ症についての検討(共著), 感染症学雑誌, 68, 7, 879, 886,   1994年
  • Aspergillus nigerによると思われた上顎洞真菌症の1例, 病理と臨床, 8, 5,   1990年
  • カンジダ膿瘍における塗沫標本作製の有用性, 日本臨床細胞学会雑誌, 28, 3,   1989年
  • 剖検における心臓真菌症27例の臨床病理学的検討, 近畿大学医学雑誌, 13, 3,   1988年
  • 第64回日本化学療法学会総会「わが国の真菌症の診断・治療ガイドライン:日常臨床での適応とピットフォール」, 木村 雅友, 抄録 日化寮会誌, 64, 132, 132, 査読有り

書籍等出版物

  • 深在性真菌症,病理診断アップデートレビュー, 木村 雅友, 分担執筆, 5章糸状菌感染症を中心とした病理診断と病態, 協和企画,   2012年03月
  • 皮膚科臨床アセット4,皮膚真菌症を究める, 木村 雅友, 分担執筆, 50 深在性皮膚真菌症の病理学的診断法, 中山書店(東京),   2011年03月
  • 真菌症の臨床検査(共著), 金原出版株式会社,   1992年
  • よくわかる皮膚病理アトラス, 金原出版,東京,   2008年
  • よくわかる皮膚病理アトラス, 川田 暁, 木村 雅友, 共著, 金原出版,   2008年10月
    概要:代表的な皮膚疾患について,見開き頁に臨床像と病理組織像を対比させながら解説し,臨床と病理組織像を関連させながら疾患を理解できるようにした。
  • よくわかる皮膚病理アトラス, 川田 暁, 木村 雅友, 共著, 金原出版,   2008年10月
  • 深在性真菌症,病理診断アップデートレビュー, 糸状菌感染症を中心とした病理診断と病態, 木村 雅友, 共著, 協和企画,   2012年03月
    概要:難治性真菌感染症である糸状菌感染症における病理組織学的診断について,組織中での糸状菌の形態に主眼をおいて詳述した。

講演・口頭発表等

  • わが国の真菌症の診断・治療ガイドライン:日常臨床での適用とピットフォール, 木村 雅友, 第64回日本化学療法学会総会,   2016年06月11日
  • クリプトコックス肺肉腫中央懐死空洞いに生じたアスペルギス菌球, 木村 雅友, 第62回日本臨床検査医学会学術集会,   2015年11月19日
  • 肺癌表層壊死部にアスペルギルスの腐生が認められた1例, 木村 雅友、知貴志, 第58日本医真菌学会総会・学術集会,   2014年11月
  • 肺アスペルギルス症~病理のピットフォーム~, 木村 雅友, 第24回城南肺真菌症研究会,   2014年11月
  • 肺癌の表層壊死部にアスペルギルスの腐生が認められた1例, 木村 雅友、榎木英介、筑後孝章、山﨑亮、知貴志, 第8回アスペルギルス研究会,   2014年09月
  • 病理組織実習中の学生によるスマートフォン内蔵デジタルカメラを使った顕微鏡画像撮影, 木村 雅友榎木英介、筑後孝章、前西修、伊藤彰彦, 第103回日本病理学会総会,   2014年04月
  • F-18 FDG-PET/CT検査にて経過観察しえた原発性肝神経内分泌腫瘍の1例, 兵頭 朋子, 村上 卓道, 松木 充, 岡田 真広, 柳生 行伸, 鶴崎 正勝, 足利 竜一朗, 井上 達夫, 木村 雅友, 石井 一成, 第27回日本腹部放射線研究会,   2013年06月, 第27回日本腹部放射線研究会
  • Cytomorphology of Candida organisms in visceral candidiasis, 木村 雅友, 榎木 英介, 筑後 孝章, 前西 修, the 18th International Congress of Cytology,   2013年05月, the 18th International Congress of Cytology
    概要:内臓カンジダ症の診断目的で穿刺吸引細胞診が行われることがあるが,症例数が少ないため得られた標本中のカンジダ形態については十分に解析されていない。そこで,剖検時に内臓カンジダ病巣から得られた材料から細胞診標本を作製し,PAS染色を実施してカンジダ形態を解析した。これまで言われていたように出芽分生子,仮性菌糸が認められるが,真性菌糸が見られた場合でもその一部に出芽分生子を見いだすことで他の糸状菌との鑑別が可能と考えられた。
  • 深在性真菌症の病理, 木村 雅友, 第15回膠原病臨床病理研究会,   2013年05月, 第15回膠原病臨床病理研究会
    概要:近年,免疫抵抗減弱宿主において増加し続けている深在性真菌症の病理像について講演した。
  • 乳癌センチネルリンパ節割面捺印標本に対するケラチン免疫染色の有用性, 木村 雅友 他, 第54回日本臨床細胞学会総会(春期大会),   2013年05月
  • ホルマリン固定パラフィン組織を用いたConidiobolus症起因菌(ハエカビ目)の遺伝子同定法, 木村 雅友, 藤原恵利子 三川 隆 遠藤成朗 鈴木真言 池田文昭, 矢口貴志, 第56回日本医真菌学会総会・学術集会,   2012年11月, 第56回日本医真菌学会総会・学術集会
    概要:Conidiobolusをパラフィン切片上で同定するために開発したプローブを用いたin situ ハイブリダイゼーションについて報告した。
  • アスペルギルスとクリプトコックスによる肺混合感染の2手術例, 木村 雅友, 大野秀明 梅山 隆 宮崎義継, 第56回日本医真菌学会総会・学術集会,   2012年11月, 第56回日本医真菌学会総会・学術集会
    概要:アスペルギルスとクリプトコックスによる同部位の混合感染はきわめて稀である。今回肺混合感染例2例の手術例を報告した。
  • アスペルギルスとクリプトコックスによる肺混合感染の2手術例, 木村 雅友 他, 第56回日本医真学会総会・学術集会,   2012年11月
  • アスペルギルスとクリプトコックスによる肺混合感染の2手術例, 木村 雅友 他, 第6回アスペルギルス研究会,   2012年09月01日
  • アスペルギルスとクリプトコックスによる肺混合感染の2手術例, 木村 雅友, 大野秀明 梅山 隆 宮崎義継, 第6回アスペルギルス研究会,   2012年09月, 第6回アスペルギルス研究会
    概要:アスペルギルスとクリプトコックスによる肺の同一部位への混合感染は極めてまれでこれまで世界で数例の報告しかない。今回このような混合感染の2手術例を経験したので発表した。第1例目はクリプトコックス肉芽腫の中央部にアスペルギルスが菌球様に菌塊となっていた。第2例目は陳旧性結核空洞にアスペルギルスとクリプトコックスが混合感染していた。
  • Phylogenetic analysis and taxonomy of the genus Conidiobolus in Japan based on 18S rDNA, 28S rDNA and rpb2, 木村 雅友, 藤原恵利子 三川 隆 鈴木真言 小山 H. 長谷川 I. 池田文昭, 矢口貴志 小林 I., 112th General Meeting, American Society for Microbiology,   2012年06月, 112th General Meeting, American Society for Microbiology
    概要:Conidiobolus属真菌の分類のために各種DNAを解析し,rpb2が細分類に適していることを報告した。
  • Chlamydospores of Rhizopus microsporus var. rhizopodiformis in tissue of pulmonary mucormycosis, 木村 雅友, 西村和子, the 18th International Congress of the International Society of Human and Animal Mycology.,   2012年06月, the 18th International Congress of the International Society of Human and Animal Mycology.
    概要:ムーコル類の培養中に厚膜胞子が形成されることは珍しくないが,感染組織中に厚膜胞子が認められることはほとんどなく,これまで数例が報告されているのみである。今回菌種も同定できたムーコル症の組織中に厚膜胞子が認められたので報告した。組織診断上,他の真菌や微生物の類円形要素と鑑別する必要があることを述べた。
  • Chamydospores of Rhizopus microsporus var.rhizopodiformis in tissue of pulmonary mucormycosis, 木村 雅友 他, The 18th International Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,   2012年06月
  • 気管支腔内に厚膜胞子が認められた気管支肺ムーコル症の1剖検例, 木村 雅友, 伊藤 彰彦, 古田朋子, 第101回日本病理学会総会,   2012年04月, 第101回日本病理学会総会
    概要:肺真菌症は日和見感染症の1つとして増加している。その診断には真菌形態を病理組織標本中に検出することが重要である。病理標本中に認められる糸状菌の菌要素は菌糸がほとんどである。今回厚膜胞子が気管支内に認められ,診断時に他の真菌との異同が問題になると考えられた症例を経験したので報告した。
  • 気管支腔内に厚膜胞子が認められた気管支肺ムーコル症の1剖検例, 木村 雅友 他, 第101回日本病理学会総会,   2012年04月
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例, 木村 雅友 他, 第49回日本臨床細胞学会秋期大会,   2011年11月
  • 気管支内菌糸増殖が顕著で厚膜胞子を認めた気管支肺接合菌症の1剖検例, 木村 雅友 他, 第55回日本医真菌学会学術集会,   2011年10月22日
  • 気管支内菌糸増殖が顕著で厚膜胞子を認めた気管支肺接合菌症の1剖検例, 木村 雅友, 国立病院機構 南和歌山医療センター臨床検査科, ファーストラボラトリーズ, 第55回日本医真菌学会学術集会,   2011年10月, 第55回日本医真菌学会学術集会
    概要:接合菌は培養されると厚膜胞子を形成することは知られているが,組織中の感染巣に厚膜胞子を認めることは極めて稀である。今回気管支肺接合菌症の1剖検例の肺感染巣において,組織中の気管支内に厚膜胞子が繁茂する菌糸とともに認められたので報告した。
  • Conidiobolus lamprauges 播種性感染症の1例, 木村 雅友 他, 第52回日本臨床細胞学会総会(春期大会),   2011年05月21日
  • DW5-5糸状菌感染症を中心とした病理診断と病態  診断ワークショップ5 深在性真菌症の病理, 木村 雅友, 第100回日本病理学会総会,   2011年04月29日
  • 糸状菌感染症を中心とした病理診断と病態, 木村 雅友, 第100回日本病理学会総会,   2011年04月, 第100回日本病理学会総会
    概要:アスペルギルス症を含め種々の糸状菌感染症の病理組織学的鑑別診断について病態との関連性も考慮して解説した。
  • Conidiobolus lamprauges による播種性感染症, 土橋千琴、植田清文、上杉忠雄、佐藤隆夫、筑後孝章、木村雅友, 第54回日本医真菌学会総会,   2010年10月, 第54回日本医真菌学会総会
    概要:皮下限局性感染症のみを生じると考えられていた真菌であるConidiobolusが,ヒトに播種性感染症を生じた症例を報告した。剖検臓器から培養された真菌は形態的および遺伝子的にConidiobolus lampraugesと同定された。この種によるヒト感染症はこれまで報告がない。
  • ダーモスコピーで多彩な脈管像を呈したinfantile hemangioma precursor の1例, 大磯 直毅, 木村 雅友, 川原 繁, 川田 暁, 第37回 皮膚かたち研究学会学術大会(旧 日本電顕皮膚生物学会),   2010年07月, 第37回 皮膚かたち研究学会学術大会(旧 日本電顕皮膚生物学会)
    概要:ダーモスコピーで多彩な脈管像を呈したinfantile hemangioma precursor 1例を報告した。ダーモスコピーが扁平なイチゴ状血管腫と単純性血管腫の鑑別に有用であることを示した。
  • 播種性スケドスポリウム症の1例, 木村 雅友, 前西 修, 伊藤浩行, 第99回日本病理学会総会,   2010年04月, 第99回日本病理学会総会
    概要:Scedosporium prolificans が分離された全身性真菌症の組織標本中に見られた分生子の色調が紫色であり,成書に記載された褐色調とは異なっていた。そこで,培養条件の異なる分生子をパラフィンブロックにしてHE標本を作製したところ,PDA培地の分生子は褐色で,SDA培地の分生子は紫であった。真菌が増殖している環境の違いが分生子の色調の変化を惹起するものと考えられた。
  • Non-pigmented conidia of Scedosporium prolificans in a histology section, 木村 雅友, 前西 修, 伊藤浩行, Focus on Fungal Infection 20,   2010年03月, Focus on Fungal Infection 20
    概要:Scedosporium prolificans が分離された全身性真菌症の組織標本中に見られた分生子の色調が紫色であり,成書に記載された褐色調とは異なっていた。そこで,培養条件の異なる分生子をパラフィンブロックにしてHE標本を作製したところ,PDA培地の分生子は褐色で,SDA培地の分生子は紫であった。真菌が増殖している環境の違いが分生子の色調の変化を惹起するものと考えられた。(英文)
  • 眼球突出を主訴に診断された小児腫瘍の 2 例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 伊豆 亜加音, 木村 雅友, 竹村 司, 竹村 豊, 竹島 俊一   桑江 優子, 日本小児がん学会,   2009年11月, 日本小児がん学会
    概要:今回、我々は眼球突出を契機に診断された 2 例を経験したので、臨床経過を報告した。 2 例の視機能は正常であるが、眼窩腫瘍では、眼球偏位や視神経浸潤に伴う視力障害を引き起こすこともあり、可及的速やかに診断し治療を開始する必要があると考える。
  • The cancer stem cell marker CD133 is a predictor of the effectiveness of S1+PEG-IFN α-2b therapy against advanced hepatocellular carcinoma, 萩原 智, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 矢田 典久, 北井 聡, 田北 雅弘, 永井 知行, 土師 誠二, 木村 雅友, Ah-Mee Park, 宗像 浩, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD),   2009年11月, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD)
  • ファンギフローラYキットで染色後12年を経た組織中真菌要素観察, 木村 雅友, 第56回日本臨床検査医学会学術集会,   2009年08月, 第56回日本臨床検査医学会学術集会
    概要:真菌のβ構造に染着する性質を利用したファンギフローラYキットで染色後12年を経た組織中の真菌を再び蛍光顕微鏡で観察し,真菌の蛍光が減衰していないことが確認できた。
  • ファンギフローラYキットで染色後12年を経た組織中真菌要素観察, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 弟98回日本病理学会総会,   2009年05月, 弟98回日本病理学会総会
    概要:真菌のβ構造に染着する性質を利用したファンギフローラYキットで染色後12年を経た組織中の真菌を再び蛍光顕微鏡で観察し,真菌の蛍光が減衰していないことが確認できた。
  • Non-pigmented conidia of Scedosporium prolificans in a histology section of disseminated infection, 木村 雅友, 前西 修, 伊藤 浩行, 大楠清文, The 17th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,   2009年05月, The 17th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology
    概要:AML治療中に播種性セドスポリウム感染症で死亡した剖検例を報告した。死亡直前の血液培養からセドスポリウム・プロリフィカンスが分離され,形態的および遺伝子的に同定された。剖検組織中では特徴的なアネロ型分生子の形成が認められ,その色調が褐色ではなく好塩基性であったことについて検討した。また組織中の菌糸のHパターンについて述べた
  • Gastric Duplication Cyst Mimcking Pancreas pseudocystの一例., 坂本 洋城, 北野 雅之, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 今井 元, 末冨 洋一郎, 工藤 正俊, 筑後 孝章, 木村 雅友, 竹山 宜典, 第50回日本消化器画像診断研究会,   2009年01月, 第50回日本消化器画像診断研究会
  • 悪性末梢神経鞘腫におけるPDGFRの発現とイマチニブおよびJNK阻害剤の効果, 坂田 尚己, 上田 悟史, 八木 誠, 木村 雅友, 竹村 司, 青木 光希子, 中川 温子, 第24回日本小児がん学会総会,   2008年11月, 第24回日本小児がん学会総会
    概要:悪性末梢神経鞘腫におけるPDGFRの発現とそのシグナル伝達系路を阻害するイマチニブの臨床効果,および細胞株を用いた今後の新規治療に関する検討したもの.イマチニブにJNK阻害剤(SP600125)の細胞株増殖抑制の増強を報告.
  • ファンギフローラYキットで染色後12年を経た組織中真菌要素観察, 木村 雅友, 第52回日本医真菌学会総会,   2008年09月, 第52回日本医真菌学会総会
    概要:真菌染色用蛍光染色液であるファンギフローラYキットで染色後、12年を経過した後も蛍光強度が残存していることを明らかにした。
  • IT教室での顕微鏡を使わない病理組織実習, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 第40回日本医学教育学会大会,   2008年07月, 第40回日本医学教育学会大会
    概要:医学生が観察すべき病理組織像を確実に観察し個人差がないようにするため,コンピューターに取り込んだ病理組織標本画像をパワーポイントで加工し,IT教室でモニター上で説明および閲覧ができるようにした。顕微鏡実習とIT教室での実習を比較するため両者を経験した学生にアンケート調査した。その結果,IT教室を希望する学生が3/4を占めた。IT教室での実習もカリキュラムに組み込んでいくべきと考えられた。
  • 真菌の組織内形態, 木村 雅友, 第21回臨床微生物迅速診断研究会総会 真菌症検査診断セミナー講演会,   2008年07月, 第21回臨床微生物迅速診断研究会総会 真菌症検査診断セミナー講演会
    概要:カンジダ,アスペルギルス,クリプトコックス,ムーコルというもっとも真菌症として重要な4種の真菌について,病理組織ではどのような形態としてみえるか,特殊染色も含め診断限界について講演した。
  • まれな胸壁腫瘍の1例, 筑後 孝章, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 日本病理学会,   2008年05月, 日本病理学会
    概要:33歳,女性の胸壁に発生した稀な血管腫瘍の症例を報告した. 類円形核を有した異型細胞が血管様構造をとって増殖しており,一部では嚢胞様拡張を伴っていた.免疫染色ではCD34陽性, S-100, NSE一部陽性であり,総合的にpolymorpharous hemangioendotheliomaと診断された.
  • 閉塞性気管支・細気管支炎をきたしたアスペルギルス症の1例, 上田佳世, 木村 雅友, 第97回日本病理学会総会,   2008年05月, 第97回日本病理学会総会
    概要:気管支内の分布状況からアレルギー性気管支肺アスペルギルス症でもなく,偽膜性気管支アスペルギルス症でもなく,気管支・細気管支アスペルギルス症としか表現できないアスペルギルス症について報告した。
  • 胸腔ドレーン留置後の胸膜Rhizomucor pusillus感染症, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 第97回日本病理学会総会,   2008年05月, 第97回日本病理学会総会
    概要:通常は免疫抵抗がかなり低下した宿主にのみ感染し発症する接合菌症が,ブラ切除術を受けた比較的健常な若年者の胸膜に生じた症例を報告した。また起因菌がRhizomucor pusillusと同定できた。
  • 近畿大学における薬学生と医学生の合同PBLの試み, 木村 健, 関口 富美子, 大鳥 徹, 上硲 俊法, 木村 雅友, 吉田 浩二, 日本薬学会第128年会,   2008年03月, 日本薬学会第128年会
    概要:近畿大学薬学部・医学部合同学習会におけるPBL教育に関する報告。
  • 眼球突出を主訴とした神経芽腫の一例, 竹村 豊, 坂田 尚己, 竹村 司, 八木 誠, 吉田 洋, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 第30回 近畿小児がん研究会,   2008年02月, 第30回 近畿小児がん研究会
    概要:眼球突出を主訴とした進行性神経芽腫の一例を経験し、治療法として手術、化学療法の後に2回移植法を施行した。それについての症例報告を行った。
  • 難治性悪性神経鞘腫に対するイマチニブ・メシレートの投与経験, 上田 悟史, 坂田 尚己, 吉田 英樹, 野上 隆司, 吉田 洋, 八木 誠, 木村 雅友, 竹村 司, 青木光希子, 樋口万緑, 岸本朋子, 玉本哲朗, 第23回日本小児がん学会,   2007年12月, 第23回日本小児がん学会
  • 大量化学療法 (TEPA+L-PAM) 後に再発し、 その後、腸管浸潤によるイレウスを呈した 1 例, 坂田 尚己, 上田悟史, 田端 信忠, 吉田 英樹, 吉田 洋, 野上 隆司, 木村 雅友, 八木 誠, 竹村 司, 第23回日本小児がん学会,   2007年12月, 第23回日本小児がん学会
  • Rhizomucor pusillus 胸膜炎の1例, 木村 雅友, 第54回日本臨床検査医学会学術集会,   2007年11月, 第54回日本臨床検査医学会学術集会
    概要:深在性接合菌症は治療が困難な真菌症であるが,今回健常者のRhizomucor pusillus胸膜炎の1例を発表した.自然気胸に対する治療のために留置されていたドレーンチューブが原因と推定される胸膜接合菌症で,培養および遺伝子検索によりRhizomucor pusillusと同定できた.外科的なブラの切除のみで抗真菌剤の投与なしに治癒した.
  • 健常者に認められた胸膜Rhizomucor pusillus感染症, 木村 雅友, 宇田川俊一, 槇村浩一, 第51回日本医真菌学会総会,   2007年11月, 第51回日本医真菌学会総会
    概要:深在性接合菌症は通常急速に死亡する症例が多いが,今回ほとんど健常なヒトの胸膜腔に自然気胸を治療するためのドレーンチューブが留置され,それによるRhizopus pusillus の胸膜感染が疑われた症例を報告した.ブラの切除のみで抗真菌剤投与なしで治癒した.培養および遺伝子検索によりRhizomucor pusillusと同定できた.
  • 病院病理部で取り扱う深在性真菌症, 木村 雅友, 第51回日本医真菌学会総会 シンポジウムII 深在性真菌症に挑む,   2007年11月, 第51回日本医真菌学会総会 シンポジウムII 深在性真菌症に挑む
    概要:病院病理部で取り扱った深在性真菌症の頻度やその診断のための特殊染色について詳細に述べた.特にフォンタナマッソン染色でクリプトコッカスや黒色真菌のみならずアスペルギルスや接合菌が陽性になることがあることを紹介した.またin situ hybridization法がパラフィン標本での真菌の同定に役立った事例を紹介した.
  • 高校2年生に発症した川崎病の1例, 丸谷 怜, 篠原 徹, 竹村 司, 丸山 克之, 北山 淳一, 山本 雄豊, 坂田 育弘, 寺尾 恭一, 木村 雅友, 第27回日本川崎病研究会,   2007年10月, 第27回日本川崎病研究会
  • Rhizomucor pusillus胸膜炎の1例, 木村 雅友, 兵庫県予防医学協会, 第95回関西真菌懇談会,   2007年08月, 第95回関西真菌懇談会
    概要:自然気胸のためブラ切除術を行った患者の胸水から真菌であるRhizomucor pusillusが分離され,切除されたブラに接合菌菌糸を含む化膿性炎が認められた。
  • 侵襲性アスペルギルス症壊死病変の組織学的検討, 木村 雅友, アスペルギルス研究会,   2007年06月, アスペルギルス研究会
    概要:直径2cm以上の空洞を形成した侵襲性肺アスペルギルス症の壊死病変5例についてHE,EV,グロコットの各染色を実施し,組織学的検討をおこなった。壊死の原因について循環障害であるのか,感染巣での真菌の作用によるものか,好中球浸潤によるものかなどについて解析した。
  • 膵頭部内分泌腫瘍の1例, 筑後 孝章, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 日本病理学会,   2007年03月, 日本病理学会
    概要:73歳,女性の症例で,膵頭部の被膜を有する径2,5cm大の腫瘤が認められた.組織学的に類円形核と好酸性胞体とを有する異型細胞が索状,胞巣状を呈し増殖していた.Synaptophysin, S-100やglucagon, somatostatinなどが陽性であったが,insulin,gastrinは陰性であった.膵内分泌腫瘍でparaganglioma typeと考えられた.良性としたがfollow upが必要と思われた.
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例, 木村 雅友, 第53回日本臨床検査医学会学術集会,   2006年11月, 第53回日本臨床検査医学会学術集会
    概要:本邦では極めて稀なアレルギー性真菌性副鼻腔炎の症例を報告した。特にHE染色組織標本上で真菌が染色されず同定しにくい症例であったが、ファンギフローラYでの蛍光染色により容易に真菌を同定することができた。
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎の1例, 木村 雅友, 佐野文子, 第50回日本医真菌学会総会,   2006年10月, 第50回日本医真菌学会総会
    概要:副鼻腔内の真菌に対するアレルギー反応が原因とされるアレルギー性真菌性副鼻腔炎の症例を報告した。本邦ではまだ数例しか報告されていない疾患であり、真菌の分離同定にも成功した。組織標本上での真菌の検出について検討した。
  • Chlamydoconidia of zygomycetes in necrotic lung tissue, 木村 雅友, The 16th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology,   2006年06月, The 16th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology
    概要:厚膜分生子は培養接合菌で認められることがあるが、組織標本で認めることはほとんどない。今回肺接合菌症の壊死組織内に多数の菌糸とともに厚膜分生子が認められたので報告した。他の真菌との鑑別が重要となってくる。
  • 厚膜分生子形成が認められた肺接合菌症, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 河合 潤, 第95回日本病理学会総会,   2006年05月, 第95回日本病理学会総会
    概要:接合菌症例の組織中に極めて稀に認められる厚膜分生子の形成が見られた肺接合菌症を報告した。免疫染色で接合菌症と同定され、透過電子顕微鏡により厚膜分生子の細胞壁が詳細に観察された。
  • Peginterferon alpha-2α and 5-fluorouracil suppresses proliferation of human hepatocellular carcinoma in p53-mediated apoptotic response., 仲谷 達也, 工藤 正俊, 坂口 康浩, 木村 雅友, 早川 清雄, 宗像 浩, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL),   2006年04月, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • 慢性活動性EBウイルス感染症の経過中にランゲルハンス細胞組織球症を合併した1女児例, 伊豆 亜加音, 坂田 尚己, 戸口 直美, 藤田 真輔, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 第22回日本小児がん学会学術集会,   2006年, 第22回日本小児がん学会学術集会
  • 自家末梢血幹細胞移植併用超大量化学療法および放射線照射にも拘らず、早期再発した胞巣型横紋筋肉腫の一例, 田端 信忠, 坂田 尚己, 竹村 司, 永田 多恵子, 山本 清一郎, 木村 雅友, 上田 悟史, 森口 直彦, 宮田 曠, 野上 隆司, 吉田 洋, 八木 誠, 第21回小児がん学会,   2005年11月, 第21回小児がん学会
  • 厚膜分生子形成を認めた肺接合菌症, 木村 雅友, 第49回日本医真菌学会総会,   2005年10月, 第49回日本医真菌学会総会
    概要:数種の真菌で厚膜分生子形成は認められているが、接合菌症の組織標本で厚膜分生子を認めることは稀であり、他の真菌との鑑別が必要となる。今回肺接合菌症の空洞様病変内面に多数の菌糸とともに厚膜分生子を認めた症例を報告した。
  • PEG-IFN ALPHA-2a and 5-fluorouracil suppresses proliferation of human hepatocellular carcinoma in node mice, 仲谷 達也, 工藤 正俊, 坂口康浩, 木村 雅友, 早川 清雄, 宗像 浩, 13th united European gastroenterology week (UEGW),   2005年10月, 13th united European gastroenterology week (UEGW)
  • 経過中に丘疹集簇性局面を呈した家族性良性慢性天疱瘡の一例, 磯貝 理恵子, 川田 暁, 木村 雅友, 56回日本皮膚科学会中部支部学術大会,   2005年09月, 56回日本皮膚科学会中部支部学術大会
    概要:経過中に丘疹集簇性局面を呈した家族性良性慢性天疱瘡について病理組織像学的に検討した。
  • 神経幹細胞におけるケモカインの発現について, 伊藤 龍生, 石田浩之, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 第41回高血圧関連疾患モデル学会学術総会,   2005年09月, 第41回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
    概要:「目的」我々はすでに高血圧性脳微小血管障害の発生に好中球が重要な役割を演じていることを明らかにしてきた。好中球の遊走に関しては多くのchemokineが関与していることが知られているが、中でもstromal cell drived factor-1(SDF-1)とそのレセプターCXCR4は中枢神経においても発現しており、近年、中枢神経の発生・発達やAIDS脳症の病理発生に関与していることが報告されている。そこで、脳血管障害あるいはその修復に対するchemokineの関与を検討するために、SHRSPを用いてSDF1とCXCR4の発現を神経幹細胞との関連において検索した。 「方法」胎令18日および生後20週令のSHRSPとWKYの大脳を用いて、SDF1とCXCR4の発現をRT-PCRおよびwestern blotting法により比較・検討した。また幹細胞のマーカーとしてnestinの発現をRT-PCRにより検討した。幹細胞におけるnestinとchemokineの関係を明らかにするために、培養幹細胞における両者の発現を免疫組織学的に比較検討した。 「結果」SHRSPでもWKYでも、大脳皮質にお
  • 発症時より脳脊髄播種が認められたanaplastic ependymomaの1幼児例, 杉本圭相, 坂田 尚己, 山田 公人, 寺本 佳史, 種子田 護, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 原 純一, 第20回日本小児がん学会総会,   2004年11月, 第20回日本小児がん学会総会
    概要:稀な発症形式を示した脳室上衣腫の症例報告
  • Morphology of candida in cytology specimens, 木村 雅友, 伊藤 浩行, The 25th Congress of the International Academy of Pathology,   2004年10月, The 25th Congress of the International Academy of Pathology
    概要:細胞診標本中で認められるカンジダの形態について、酵母形以外にも菌糸形があることを紹介し、糸状菌との鑑別について検討した。(英文)
  • 空洞形成した肺アスペルギルス症6例の検討, 木村 雅友, 第48回日本医真菌学会総会,   2004年09月, 第48回日本医真菌学会総会
    概要:空洞を認める肺アスペルギルス症は通常肺アスペルギローマであるが、今回侵襲性アスペルギルス症で肺空洞を形成した6例について臨床病理学的に検討した。その結果、末梢血好中球数の変化とは関連なく空洞が形成されることおよび、空洞は梗塞後の中心壊死組織崩壊に関連していることが推測された。
  • 空洞形成した侵襲性肺アスペルギルス症, 木村 雅友, 第92回関西真菌懇談会,   2004年08月, 第92回関西真菌懇談会
    概要:侵襲性であるのに空洞を形成した肺アスペルギルス症について臨床病理学的に検討した。
  • 講座内教員評価とその意義, 佐藤 隆夫, 木村 雅友, 河合 潤, 筑後 孝章, 前西 修, 伊藤 浩行, 第36回日本医学教育学会,   2004年07月, 第36回日本医学教育学会
    概要:2学年の病理学コースのなかで,37回の講義について毎回,学生による教員評価を行った。被評価者は教授1,助教授1,講師4で,担当時間数は異なっている(最高9,最低3)。評価項目は10項目で,5段階評価,無記名とした。平均回収率は58%であった。以下に項目ごとの結果を示す。数値は教員ごとの平均の最高,最低および全教員の平均を示している。1.説明が明快で全体としてまとまりがある(最高4.5,最低3.2  平均4.0)2.よく準備している(最高4.5,最低3.7  平均4.2)3.重点をうまく要約してくれる(最高4.5,最低3.2  平均4.0)4.授業を静粛に保つ配慮をしてくれる (最高4.2,最低3.6  平均3.9)5.教師の意見と違った別の見方も紹介してくれる(最高3.8,最低3.2  平均3.6)6.授業が興味深く触発されることが多い(最高4.1,最低3.1  平均3.7)7.学生に対して関心が深い(最高4.3,最低3.4  平均3.8)8.担当科目に情熱を持っている(最高4.
  • 細胞診におけるカンジダの真性菌糸と仮生菌糸の形態的比較検討, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 第45回日本臨床細胞学会総会,   2004年07月, 第45回日本臨床細胞学会総会
    概要:細胞診標本中でカンジダの酵母や仮生菌糸のみならず真性菌糸も認められることを報告した。
  • 理解剖後に同定された国内ヒストプラズマ症の1例, 筑後 孝章, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 日本病理学会,   2004年06月, 日本病理学会
    概要:症例は84歳,男性.全身倦怠感で入院,腹部CTで偶然に両側副腎腫瘤が認められた.経過観察となったが退院2ヶ月後,全身状態が悪化し死亡された.解剖の結果,真菌感染が考えられ,免疫染色,遺伝子検索の結果,Histoplasma capsulatumと診断された.海外渡航歴はなく,国内に定着している可能性が疑われた.
  • 病理解剖後に同定された国内ヒストプラズマ症の1例, 筑後 孝章, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 第93回日本病理学会総会,   2004年06月, 第93回日本病理学会総会
    概要:84歳、男性。4ヶ月前から食欲不振、全身倦怠感出現し、腹部CTにて両側副腎腫瘤が指摘された。治療検査目的で入院したが、高齢のため経過観察となっていた。2ヶ月後状態悪化し再入院し治療するも改善なく死亡し病理解剖が施行された。目立った合併症、悪性腫瘍はなく海外渡航歴はなかった。剖検では両側副腎を含む全身臓器に真菌の播種が認められた。免疫染色、遺伝子検索の結果Histoplasma capsulatumと同定された。本疾患は大部分は輸入感染症と認識されているが近年ごく稀に国内発生例と思われる報告がみられる。
  • 空洞形成した侵襲性肺アスペルギルス症, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 第93回日本病理学会総会,   2004年06月, 第93回日本病理学会総会
    概要:陳旧性結核空洞にアスペルギルス菌糸が増殖するのではない侵襲性肺アスペルギルス症空洞形成について報告した。
  • 健康人からみつかった肺クリプトコッカス症の一例, 田中 幸, 前倉 俊治, 木村 雅友, 関口由美子, 大谷直美, 寺村一裕,   2004年05月
  • CA19-9高値を示した非ホジキンリンパ腫の1例, 宮武 淳一, 玉置 千勢, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 木村 雅友, Hematology Club,   2003年11月, Hematology Club
    概要:現病歴】 59歳 男性。H13年7月 腹部CTにて頚部、両鎖骨上窩、傍大動脈、腸間膜にリンパ節腫脹を指摘され近医で開腹生検の結果、非ホジキン病(Follicular cell type)StageⅢと診断され、本院でCHOP療法を計6コース施行し頚部、両鎖骨上窩リンパ節腫脹の縮小を認めたため無治療で約1年間経過観察されていた。しかしH15年2月上旬に腰痛が出現し近医で腰椎腫瘤、胸・腹水、左水腎症、腎障害、腸間膜LNs腫脹、CA19-9、CEA高値を指摘され再度本院に転院となった。 【画像診断・検査所見】 胸部CT;右胸水、左鎖骨上窩リンパ節腫脹。腹部CT;傍大動脈、腸間膜、右外腸骨、大腿後部リンパ節腫脹。腸間膜リンパ節は増大。左尿管拡張、水腎症、腹水。MRI;L4、S3に異常信号、Gaシンチ;上腹部に集積。ERCP;胆管・膵管異常なし。EUS;膵頭部に腫瘤。GF・CF・甲状腺エコー;異常なし。IVP;左右とも水腎症、尿管不整欠損。CA19-9 39.9U/ml、CEA 21.2ng/ml、sIL-2R 841U/ml。 【入院経過】 非ホ
  • 陰茎海綿体神経についての組織学的検討, 上島 成也, 松本 成史, 栗田 孝, 木村 雅友, 山本 智将, 松田 久雄, 第53回日本泌尿器科学会中部総会,   2003年10月, 第53回日本泌尿器科学会中部総会
  • 拡張気管支や空洞に分生子頭形成を認めた肺アスペルギルス症, 木村 雅友, 第47回日本医真菌学会総会,   2003年10月, 第47回日本医真菌学会総会
    概要: 組織中に分生子頭を認めることは稀である.今回肺アスペルギルス症の剖検例で分生子頭を認めた3例を報告した.
  • 陰茎海綿体神経についての病理学的検討, 上島 成也, 松本 成史, 山本 智将, 松田 久雄, 栗田 孝, 木村 雅友, 第13回骨盤外科機能温存研究会,   2003年07月, 第13回骨盤外科機能温存研究会
  • 分生子頭を組織中に認めたアスペルギルス症, 木村 雅友, 第91回関西真菌懇談会,   2003年07月, 第91回関西真菌懇談会
    概要: 病理組織標本中にアスペルギルスの分生子頭を認めることはまれである.アスペルギルス症剖検例3例において認められた分生子頭について報告した.
  • 皮下化膿肉芽腫の1例, 木村 雅友, 伊藤 浩行, 第21回日本病理学会近畿支部学術集会,   2003年05月, 第21回日本病理学会近畿支部学術集会
    概要: 皮下に生じた化膿肉芽腫を報告した.特殊染色の結果,黒色真菌による感染症であることが判明した.
  • 耳下腺膨大細胞癌の一例, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 第44回日本臨床細胞学会総会,   2003年05月, 第44回日本臨床細胞学会総会
    概要: 膨大細胞癌は唾液腺悪性腫瘍の1%以下という稀な癌である.そのためこれまでその臨床細胞学的報告は極く少数であった.今回細胞像について報告するとともに,抗ミトコンドリア抗体を用いた免疫細胞化学を実施し,癌細胞にミトコンドリアが充満していることを明確にできた.
  • 右水腎症-水尿管-腎萎縮の像を伴った小児後腹膜黄色肉芽腫症の一例, 林義之, 伊藤 龍生, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 伊藤 浩行, 日本病理学会総会,   2003年04月, 日本病理学会総会
    概要:臨床的にも病理学的にも鑑別診断に苦慮した6歳女児の後腹膜黄色肉芽腫症の1例を経験した。病変は肝下面に癒着、上行結腸、右腎尿管を巻き込んで増生していた。後腹膜黄色肉芽腫症、黄色肉芽腫性腎盂腎炎、悪性線維性組織球腫が鑑別として問題となった。
  • 脳へ多発転移した胸膜脈管肉腫の1例, 木村 雅友, 古田 朋子, 伊藤 浩行, 第92回日本病理学会総会,   2003年04月, 第92回日本病理学会総会
    概要: 胸膜に発生する脈管肉腫は極めて稀である.今回,脳転移で発見された胸膜脈管肉腫の1例を報告した.他の日本人例と同様結核性膿胸の既往があった.免疫染色では血管内皮系マーカーが陽性となった.
  • Conidial head formation in invasive aspergillosis, 木村 雅友, 24th International Congress of the International Academy of Pathology,   2002年10月, 24th International Congress of the International Academy of Pathology
    概要: アスペルギルス症で分生子頭を組織中に認めることは極めて珍しい.通常はアスペルギローマの菌球中に認めるぐらいで,浸襲性その他の病型では認められない.今回4例の浸襲性アスペルギルス症に分生子頭を認め,まとめて報告した.(英文)
  • HAM(HTLV-1関連脊髄症)にATL(成人T細胞性白血病/リンパ腫)と間質性肺炎を合併した1例, 大塚 佳世, 古田 朋子, 土手 健作, 木村 雅友, 橋本 重夫, 前倉 俊治, 寺村一裕, 第91回日本病理学会総会,   2002年03月, 第91回日本病理学会総会
    概要:HTLV-1関連脊髄症発症7年後に間質性肺炎を合併した成人T細胞性白血病/リンパ腫の解剖例を報告した。2つの病態が同一個体に共存することは希である。発症様式の差はウイルスが感染した個体のHLAに依存していた。
  • 筋傷害機序の形態定量的研究解析に基づく再現性容易な筋圧挫損傷の実験モデルの開発, 古田 朋子, 大塚 佳世, 木村 雅友, 橋本 重夫, 蛭間 眞悟, 第91回日本病理学会総会,   2002年03月, 第91回日本病理学会総会
    概要:ラットの左長指伸筋を鉗子状の器具で挟み,再現性良く一定外力を加え得る筋挫滅モデル作製を試み,経時的組織所見,血中筋原性酵素等の経過を検討した。加える傷害の程度による筋傷害機序や質的な差異が確認できた。
  • Phialophora verrucosaによる皮膚phaeomycotic cystの1例, 木村 雅友, 古田 朋子, 第91回日本病理学会総会,   2002年03月, 第91回日本病理学会総会
    概要:皮膚黒色真菌症の1つであるphaeomycotic cystの症例を報告した。本菌によるphaeomycotic cystはこれまで数例が報告されているのみであり,今回の症例のように皮膚に多発したものは報告がない。
  • 胃腸管間質腫瘍(GIST)の一例, 上杉 忠雄, 中井 由香, 木村 雅友, 橋本 重夫, 佐藤 隆夫, 第40回日本臨床細胞学会秋期大会,   2001年11月, 第40回日本臨床細胞学会秋期大会
    概要:細胞診で腫瘍細胞の形態から良性悪性の判定しがたい例でも細胞増殖関連抗原(Ki-67)の陽性像を検出する ことが組織診と同様非常に有用であると報告した。
  • Phialophora verrucosaによる多発phaeomycotic cystの1例, 木村 雅友, 古田 朋子, 西村和子, 第45回日本医真菌学会,   2001年09月, 第45回日本医真菌学会
    概要:黒色真菌であるPhialophora verrucosaは皮膚クロモミコーシスの病原菌として有名であるが,本菌がヒト前腕に感染し,黒色真菌性嚢胞を作った稀な症例を報告した.
  • 喀痰細胞診で厚膜分生子を認めた気管支内接合菌症, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 古田 朋子, 第42回日本臨床細胞学会,   2001年06月, 第42回日本臨床細胞学会
    概要:気管支内接合菌症の喀痰細胞診で菌糸とともに厚膜分生子を認め、これがカンジダなどの他の真菌との鑑別対象となったことについて述べた。
  • 厚膜分生子形成を認めた気管支内接合菌症, 木村 雅友, 古田 朋子, 第90回日本病理学会総会,   2001年04月, 第90回日本病理学会総会
    概要:気管支内接合菌症はきわめて稀である。今回、この稀な病型にさらに厚膜分生子形成を認めた症例を報告した。厚膜分生子は組織学的にカンジダなどと鑑別しなければならないことを述べた。
  • Fontana-Masson-stained tissue from culture-proven mycoses, 木村 雅友, 古田 朋子, 23rd International Congress of the International Academy of Pathology,   2000年10月, 23rd International Congress of the International Academy of Pathology
    概要: 培養で真菌の種類が確定している症例の組織標本を使い,組織標本中の各種真菌をフォンタナ・マッソン染色し,その結果を検討した.これまで黒色真菌のみに陽性となると考えられていたが,それ以外の菌糸でも陽性になるものがあることが判明した.(英文)
  • 気管支接合菌症で認められた厚膜分生子形成, 木村 雅友, 第88回関西真菌懇談会,   2000年08月, 第88回関西真菌懇談会
    概要: 極めてまれな組織内での厚膜分生子形成を認めた気管支内接合菌症の1例を報告した.
  • 腸間膜に巨大腫瘤を呈した悪性線維性組織球腫の一例, 古田 朋子, 木村 雅友, 大塚 佳世, 橋本 重夫, 田原 義孝,   2000年05月
    概要:悪性線維性組織球腫(MFH)は他の肉腫と鑑別を必要とする事が多い.腸間膜に巨大腫瘤を呈したMFHを経験し術中迅速組織診,細胞診で脂肪肉腫との鑑別に苦慮した一例について,その所見と特殊染色,免疫染色による鑑別を報告した.
  • 広範な壊死のため診断に苦慮したワルチン腫瘍の一例, 木村 雅友, 第43回日本臨床病理学会近畿支部総会,   2000年05月, 第43回日本臨床病理学会近畿支部総会
    概要: ワルチン腫瘍は耳下腺に認められる良性腫瘍で,特徴的な像を呈するが,広範な壊死がある場合診断が困難である.今回,多数の切り出しを行う事で特徴的構造を見出し得たワルチン腫瘍の一例を経験したため報告した.
  • 各種真菌に対するフォンタナ・マッソン染色の結果, 木村 雅友, 古田 朋子, 橋本 重夫, 第89回日本病理学会総会,   2000年04月, 第89回日本病理学会総会
    概要: フォンタナ・マッソン染色は黒色真菌の染色に用いられている.今回,培養で分離同定された黒色真菌以外の真菌で本染色を行った所染色性が見られた.本染色の陽性をもって黒色真菌としてはならない事が示唆された.

MISC

  • クリプトコッコーマ, 木村 雅友, 日本医真菌学会雑誌, 56, 3, J107, J108,   2015年
  • 気管支中心性肉芽腫症, 木村 雅友, 日本医真菌学会雑誌, 56, 3, J107, J107,   2015年
  • 抗酸性染色, 木村 雅友, 日本真菌学会雑誌, 56, 3, J107, J107,   2015年
  • 肉芽腫, 木村 雅友, 日本医真菌学会雑誌, 55, 3, J132, J132,   2014年
  • 星状(小)体, 木村 雅友, 日本医真菌学会雑誌, 55, 3, J132, J132,   2014年
  • アスペルギローマ, 木村 雅友, 日本医真菌学会雑誌, 55, 4, J165, J165,   2014年
  • アレルギー性真菌性副鼻腔炎, 木村 雅友, 日本医真菌学会雑誌, 55, 4, J165, J165,   2014年

特許

  • 悪性末梢神経鞘腫の治療, 坂田 尚己, 木村 雅友, 08169136.2 - 1216/2186514, 悪性末梢神経鞘腫細胞株(YST-1)において,imatinib mesylateによる増殖抑制効果をJNK阻害剤(SP600125)が相乗的に増強効果を示す.

競争的資金

  • 真菌感染の病理