KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

坂田 裕輔サカタ ユウスケ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 経営ビジネス学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名教授/経営ビジネス学科長
学位博士(国際公共政策)
専門環境経済学(持続可能な地域づくり)
ジャンル環境/環境と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/912-sakata-yuusuke.html
ホームページURLhttp://www.ecofirm.com
メールアドレス
Last Updated :2018/06/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    地域の環境資源を保全する手法と、ごみ問題、気候変動問題について研究しています。近年は、森林など自然資本の持つ公益的機能・多面的価値について中心的に研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1999年, 大阪大学, 国際公共政策研究科, 国際公共政策
  •  - 1994年, 大阪大学, 法学部, 法学科

経歴

  •   2000年,  - 2004年, 鹿児島大学法文学部 助教授
  •   1999年,  - 2000年, 鹿児島大学法文学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 環境影響評価・環境政策
  • 経済学, 理論経済学
  • 経済学, 経済政策

研究キーワード

  • 森林問題, 環境経済学, 都市経済学

論文

  • フェアトレード情報の具体性が購買態度に与える影響, 坂田 裕輔, 流通, 40, 1, 14,   2017年06月, 査読有り
    概要:フェアトレード情報の種類が消費者行動に与える影響について、実験的手法を用いて分析した。分析の結果、情報の内容は購買態度に影響を与えるが、満足度に影響を与えないことが明らかにされた。 太田壮哉との共著 流通学会学会誌
  • 手工芸品のフェアトレード~タイ山岳民族の現地調査, 坂田 裕輔, アジア市場経済学会年報, 18, 35, 47,   2015年07月, 査読有り
  • 生態系サービスを考慮した林業経営と森林保全, 坂田 裕輔, 経営ビジネス学論集, 4, 73, 88,   2015年03月, 査読有り
  • 熊本市と福岡市におけるフェアトレード認知率調査結果, 坂田 裕輔, フェアトレードシティくまもと推進委員会, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, 23, 41, 49,   2015年
    概要:[概要] フェアトレードに対する認識は拡大しているといわれている. 日本の認知率を調査するために, 11の都市と全国を対象にして, 合計2,000サンプル以上に対して, アンケート調査を実施した. このうち, 筆者は福岡市と熊本市の調査を担当した. なお, 熊本市は, 2011年よりフェアトレードタウンに認定されている. 調査の結果, 熊本市は全国データに近い傾向が観察されたが, 福岡市は, 全国と異なる傾向が見られた. 認知率は, 熊本市が福岡市よりも12.6%高い結果となった. [Abstract] The recognition rate of fairtrade is said to be growing. We implemented an online survey to estimate the recognition rate in 11 cities in Japan. This report shows the result for Fukuoka city and Kumamoto city. Kumamoto city has been authorized as a fair trade town for 5 years. The recognition rate in Kumamoto city is higher than in Fukuoka city by 12.6%.
  • 手工芸品のフェアトレード : タイ山岳民族の現地調査, 坂田 裕輔, アジア市場経済学会年報, アジア市場経済学会年報, 18, 35, 47,   2015年
  • 紙管フロー改善によるリサイクル率向上がもたらす経済性の評価, 坂田 裕輔, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, 20, 15, 20,   2014年
    概要:[Abstract] The recycling rate of paper tube is estimated to be about 36 % while the recycling rate of used paper is almost 68 %. The low recycling rate is caused by 2 reasons in Japanese market. (1) Paper tube is hard to resolve in the recycling process. (2) There is no collection route for paper tube to recycle. In this paper, we revealed the material flow of paper tube and estimated the economic effect of paper tube recycling. For recycling scenario, we assume that `green paper tube' , which dissolves as easy as usual corrugated cardboard, is generally accepted. The estimation result showed that the effect was 2,412 million yen compared to no recycling scenario. It is difficult to identify whether the tube is `green' or not. Thus, it is necessary to introduce labeling system to show easiness of recycling.
  • 紙管リサイクルによるフロー改善がもたらす経済効果の推計, 坂田 裕輔, 服部 雄一郎, 平野 研一, 廃棄物資源循環学会研究発表会講演集, 廃棄物資源循環学会研究発表会講演集, 23, 0,   2012年
    概要:現在、大半が廃棄されている紙管をリサイクルすることでもたらされる経済的価値の推計をおこなった。マテリアルフロー調査からは、生産量32万トンのうち、18万トンが廃棄・焼却されていると推測された。しかし、紙管廃棄物は工場で発生するため、本来、回収が容易である。
    推計の結果、リサイクルしやすい紙管を用いたばあい、現状の技術でリサイクルを進めるよりも、12億5千万円の経済的価値が業界全体で生み出された。
  • 大阪モノレール南伸計画の費用便益分析, 瀋 俊毅, 坂田 裕輔, 橋本 介三, 広島国際研究, 広島国際研究, 16, 55, 65,   2010年
    概要:In this paper, under the consideration of both local environmental status and transportation network, we13;implement Cost Benefit Analysis (CBA) for the southward extension plan of Osaka Monorail Loop-line13;by applying a Choice Experiment (CE) method. It is estimated that the benefit cost (B/C) ratio is 1.35 under a13;basic scenario. In addition, with a consideration of different kinds of uncertainty in the future, a number13;of sensitivity analyses are implemented. The results of sensitivity analysis indicate that the possibility of13;generating net benefit is extremely high for the extension plan studied here.
  • The influence of environmental deterioration and network improvement on transport modal choice, Shen Junyi, Sakata Yusuke, Hashimoto Yoshizo, ENVIRONMENTAL SCIENCE & POLICY, 12, 3, 338, 346,   2009年05月, 査読有り
  • 循環型社会における資源物持ち去り業者の位置づけ (特集 廃棄物処理とリサイクルの現状--循環型社会の実現に向けて), 坂田 裕輔, マッセOsaka研究紀要, マッセOsaka研究紀要, 12, 49, 61,   2009年03月
  • 持続可能な経済・生活基盤構築の試み--トセパン協同組合(メキシコ)のケーススタディ, 坂田 裕輔, 生駒経済論叢, 生駒経済論叢, 6, 3, 203, 224,   2009年03月
    概要:トセパン協同組合(メキシコ)は, 持続可能な森林経営とコーヒーの生産を両立させる取り組みを行いながら, マイクロファイナンスの導入によって, 地域住民の生活の安定を目指しているグループである。 トセパンの取り組みについて, 持続可能性指標による評価を行うため, 事業内容と生産基盤の関係に着目した。 事業は, 森林農法によるコーヒー栽培を中心としながら, 複数の作物の育成とエコツーリズム事業の育成により,多角化を図っている。いずれも森林資源を活用する事業であり, 無理のない展開である。 新規事業の展開と会員の拡大という面では, トセパントミンが組織を支える役割を果たしている。 同銀行が持つ啓発機能は, 住民の生活を安定化させる役割も果たしている。  (英文)  Tosepan Titaniske is an example of attempts to build a sustainable society. Tosepan sells coffee and allspices with organic and fairtrade certification around the world. It also builds microfinance systems in their region. This paper evaluates their sustainability of their production and the services produced by their natural capital.
  • Is individual environmental consciousness one of the determinants in transport mode choice?, Shen Junyi, Sakata Yusuke, Hashimoto Yoshizo, APPLIED ECONOMICS, 40, 10, 1229, 1239,   2008年, 査読有り
  • A choice experiment of the residential preference of waste management services - The example of Kagoshima city, Japan, Sakata Yusuke, WASTE MANAGEMENT, 27, 5, 639, 644,   2007年, 査読有り
  • The Evaluation System of Research Findings on the Web, 2004 Symposium on Applications and the Internet-Workshops (SAINT 2004 Workshops), 78,   2004年
  • 屋久島における年間観光客数と観光需要特性の推計--離島におけるより精度の高い推計方法, 柴崎 茂光, 坂田 裕輔, 永田 信, 東京大学農学部演習林報告, 東京大学農学部演習林報告, 110, 1, 25,   2003年12月
    概要:観光統計(入込観光客数や観光需要特性など)は以前から公表されているが,統計としての精度は疑問視されている。本研究では,鹿児島県屋久島を対象として現在公表されている観光統計よりも精度の高い推計値を導き出すことを目的とした。具体的には,入込地点である屋久島空港,宮之浦港,安房港の3カ所において,季節変動の影響を考慮して2001年11月から2002年8月にかけて計4回のアンケート調査を実施した。この際,一定の抽出率を保つために搭乗者の5-6分の1を抽出するように工夫し,合計3,591名分の有効回答数を得た。分析の結果,屋久島を来訪する観光客数は年間20万人前後であることが推計され,鹿児島県熊毛支庁が公表している数値は過小評価されていることがわかった。また屋久島の観光需要には季節変動が見られ,春期から夏期にかけては個人客が中心であるのに対して,それ以外の時期は団体客が主体となっていた。またパック旅行客の割合が増えていることも判明し,屋久島が大衆観光地化しつつあることがわかった。さらにエコツアー・登山ガイド業も1997-2002年の間に急激に利用客数を伸ばしており,屋久島の観光業は盛隆期を迎えていたことが推察された。ただし,山岳地域・世界遺産登録地域への訪問者増加によって,繁忙期にはオーバーユースの可能性があり,環境資産の劣化が憂慮された。In Japan, official statistics on the number of tourists and characteristics of tourism demand are published, but the reliability of these statistics is said to be questionable. This paper aims to find a better way of estimating the number of tourists and characteristics of tourism demand by applying a method of sampling at a certain rate. Using such a method, a questionnaire survey was conducted to estimate tourism statistics on Yakushima Island, a part of which was included in the World Heritage List in 1993. The survey consisted of 4 five-day investigations at the ports of entry during November 2001 and August 2002, drawing a sample at a give rate. The overall sample size was 3,591. The percentage of visitors who were tourists was estimated to be between 65-69%, so the number of tourists to Yakushima Island should be around 200 thousand a year. The Kagoshima prefectural office has estimated that the percentage of visitors who were tourists should be 59-60%; therefore, it is clear that Kagoshima prefectural office underestimated the number of tourists to Yakushima Island. Also it should be noted that there was a seasonal fluctuation in tourism demand. During the off-season, most tourists joined package tours that travel agencies had planned, while most tourists in the peak season did not. Furthermore, the number of tourists who participated in ecotourism has been dramatically rising during these five years. Although an increasing number of tourists contributes to the development of the local economy, there is a possibility that overuse of mountainous areas may cause depletion of environmental assets in the near future.
  • 持続可能な開発を支援するための地域通貨システムのデザイン (<特集号>日本経済再生へのシナリオと競争型社会の功罪), 坂田 裕輔, 同志社大学ワールドワイドビジネスレビュー, 同志社大学ワールドワイドビジネスレビュー, 4, 3, 161, 177,   2003年03月
  • 持続可能な地域開発を支援するための地域通貨システムのデザイン, ワールドワイドビジネスレビュー、同志社大学ワールドワイドビジネス研究センター, 4(3)、pp. 161-177,   2003年
  • ヨハネスブルクサミットの成果と今後の展望, 坂田 裕輔, 環境と公害, 環境と公害, 32, 3, 58, 63,   2003年
  • 屋久島における滞在型エコツーリズム:地域住民との連携を主軸とした確立可能性, 深見 聡, 坂田 裕輔, 柴崎 茂光, 島嶼研究, 島嶼研究, 2003, 4, 41, 55,   2003年
    概要:The number of tourists coming to the Yaku Islands had increased rapidly since 1993 when it was designated as World Natural Heritage site. Most tourists are interested only in its natural resources while it has rich cultural resources and attractive people.
    In this paper, the potential of a new tourism style which enphasis on staying longer and the experiences in Yaku-Island have been observed. In Yaku Island, the field research is held in Haruo area which is the south east side of the island.
    The Haruo area is proved to have plenty of regional resources that can provide various experiences such as farm staying and envrionmental studies.
    To encourage Eco-tourism in Haruo area, the potential of using LETS system (Local Exchange and Transfer System) are examined. It has shown that some new trades between local people and tourists such as teaching local culture and local foods would stimulate local economies.
  • 住民による政策評価を支援するモデルの開発 : 地球温暖化対策推進大綱の評価を事例として, 坂田 裕補, 経済学論集, 経済学論集, 58, 79, 92,   2002年12月24日
  • 地域通貨システムの地域開発への貢献 : 第3世代地域通貨の提案, 坂田 裕輔, 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理 : IEICE technical report, 電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理 : IEICE technical report, 102, 505, 25, 30,   2002年12月06日
    概要:地域通貨システムを商店街活性化に応用する方法について研究を行なった。従来の地域通貨や商店街のポイントカードは、地域の未利用資源・潜在能力を引き出す役割は果たしているが、長期的な発展につながるものではない。そこで、地域を自立的に発展させるために投資機能を内在した第2世代、第3世代の地域通貨システムの登場が期待される。
  • 鹿児島県下自治体のごみ排出動向と収集体制に関する実証研究, 坂田 裕輔, 鹿児島大学経済学論集, 経済学論集, 55, pp. 1-10, 1, 10,   2001年11月25日
  • 一般ごみ減量化を目的とする住民を主体とした政策モデルの研究(2), 坂田 裕輔, 経済学論集, 経済学論集, 53, 171, 214,   2000年11月
  • 一般ごみ減量化を目的とする住民を主体とした政策モデルの研究(1), 坂田 裕輔, 経済学論集, 経済学論集, 52, 49, 99,   2000年03月
  • 一般ごみ減量化を目的とする住民を主体とした政策モデルの研究(一), 経済学論集, 52, 49,   2000年
  • 分権と参加 -地方分権化でのまちづくり主体-, 橋本 介三, 中川 幾郎, 坂田 裕輔, 都市計画, 都市計画, 47, 5, 33, 37,   1998年12月25日
  • ごみ問題における住民と行政のあり方に関する分析, 坂田 裕輔, Sakata Yusuke, サカタ ユウスケ, 国際公共政策研究, 国際公共政策研究, 3, 1, 117, 134,   1998年10月
  • 気候変動問題における森林の扱い : 日本の吸収量の試算, 坂田 裕輔, Sakata Yusuke, サカタ ユウスケ, 国際公共政策研究, 国際公共政策研究, 2, 1, 205, 217,   1998年03月
  • ごみ問題における住民と行政のあり方に関する分析, 坂田 裕輔, 国際公共政策研究, 国際公共政策研究, 3, 1, 117, 134,   1998年
  • <論文>気候変動問題における森林の扱い : 日本の吸収量の試算, 坂田 裕輔, 国際公共政策研究, 国際公共政策研究, 2, 1, 205, 217,   1998年
  • 日本と中国の植林事業による共同実施のシミュレーション分析, 坂田 裕輔, Sakata Yusuke, サカタ ユウスケ, 国際公共政策研究, 国際公共政策研究, 1, 1, 189, 199,   1997年03月
  • 日本と中国の植林事業における共同実施のシミュレーション分析, 国際公共政策研究, 1, 1, 189,   1997年

書籍等出版物

  • 価値共創とマーケティング論, 坂田 裕輔, 分担執筆, 第8章 経済学における企業、市場、消費者, 同文館出版,   2015年04月
    概要:資本が生み出すサービスがどのような特性を持つのか、財との比較をしながら解説した。特にサービスの評価について検討を行った。 山口隆久との共著
  • ごみ問題と循環型社会, 坂田 裕輔, 単著, 晃洋書房,   2007年03月
  • ごみの環境経済学, 晃洋書房,   2005年

講演・口頭発表等

  • 市町村の一般廃棄物処理状況に影響する要因と改善方策の提示に関する研究, 上田 健二, 白井 信雄, 坂田 裕輔, 廃棄物学会研究発表会講演論文集,   2008年11月19日
  • ごみ分別に係る自治会の役割と支援について, 小池 啓道, 坂田 裕輔, 廃棄物学会研究発表会講演論文集,   2008年11月19日
  • ごみ分別に係る自治会の役割と支援について, 小池 啓道, 坂田 裕輔, 廃棄物学会研究発表会講演論文集,   2008年
    概要:ごみの有料化と並んでごみの分別も進んでいる。市町村の施策にそった分別が正しく行われるかどうかは住民のモラルにかかっているが、行政と住民の間で調整的な役割を果たすのは、任意団体としての自治会(町内会)である。 中核市を対象としたアンケート調査結果等から、ごみの収集はステーション方式が多いがその管理は自治会に任されていること、自治会に加入していない者のごみについても同様であるが行政から特に経済的支援がないことなどが明らかとなった。 自治会加入率の低下や役員人材不足が懸念される中、何らかの支援が必要ではないかと考える。
  • 市町村の一般廃棄物処理状況に影響する要因と改善方策の提示に関する研究, 上田 健二, 白井 信雄, 坂田 裕輔, 廃棄物学会研究発表会講演論文集,   2008年
    概要: 循環型社会構築のため、一般廃棄物の「3R推進」が求められており、発生抑制などには住民の協力が不可欠であるが、切り札と呼べる施策がなく、多くの市町村が対応に苦慮している。こうしたことを踏まえ、本研究では、最終的には市町村のごみ処理状況の改善方策を提示することを目的として、環境省がまとめたガイドラインを参考に、類似市町村のグルーピング(人口と産業構造)と重回帰分析の組合せにより、市町村の各種属性データがごみ処理状況に与える要因分析を行った。その結果、市町村グループごとにごみ処理状況が影響を受ける要因が異なることが確認された。このことは、人口や産業構造によって最適な改善施策が異なってくることを示唆しており、今後の詳細分析により、具体的な改善方策の提示に至ることが期待される。ただし、今回の解析の対象とした平成17年度は、全国的に多数の市町村合併が進められており、その攪乱の影響が懸念される。
  • 研究報告セッションR6 環境保全型社会と住民参加 (特集 第22回全国大会(東京大会)), 金繁 千代美, 坂田 裕輔, 西 麻衣子, 計画行政,   2000年03月
  • ごみ減量化施策の検討, 坂田 裕輔, 廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts,   1998年10月10日
  • ごみ減量化政策の質的選択モデルによる実証分析, 坂田 裕輔, 廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts,   1998年10月10日

作品

  • 虫のいる森(「むすび」正食協会、連載、全24回), 坂田 裕輔, その他,   2014年01月 - 2017年12月
  • 米国カリフォルニア州における循環型社会にむけた取組状況調査、2003年3月、カリフォルニア州立フンボルト大学、Arcata(米国カリフォルニア州),   2003年
  • 環境と開発に関する国連会議(WSSD)2002年8月、ヨハネスブルグ(南アフリカ),   2002年
  • 気候変動枠組条約第6回締約国会議(COP6 Part2)、2001年7月、ボン(ドイツ),   2001年
  • 日本におけるCO2排出量削減の可能性と日本のエネルギー政策について,   1999年 - 2000年
  • 環境を含んだ政策評価モデルの構築,   2001年 - 2002年
  • 京都議定書の批准に向けた国内地球温暖化対策の制度設計に関する研究,   2001年 - 2003年
  • 循環型社会システムの屋久島モデルの構築,   2001年 - 2003年

MISC

  • 特集 私の三冊, 依田 浩敏, 金子 哲大, 大木 優, 寺井 仁, 勝瀬 郁代, 坂田 裕輔, 長谷川 徹也, 大箸 純也, 飯島 高雄, 太田 壮哉, 橋冨 博喜, 位田 絵美, W. R. Pellowe, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, 23, 52, 56,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737590
  • 離島地域の持続可能性向上に向けた産業育成手法--屋久島観光業を題材にした検討, 坂田 裕輔, 奄美ニューズレター, 3, 17, 22,   2004年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005232051
  • 鹿児島県離島地域のごみ処理特性--与論町における調査を中心として, 坂田 裕輔, 奄美ニューズレター, 23, 12, 17,   2005年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005232135
  • 羅針盤 平成20年度共同研究「自治体における地球温暖化対策」基調講義 気候変動問題と自治体の役割, 坂田 裕輔, 自治大阪, 59, 8, 14, 27,   2008年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016408758
  • 〈研究室だより〉環境経済学研究室, 坂田 裕輔, かやのもり:近畿大学産業理工学部研究報告 = Reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, 18, 50, 51,   2013年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737541

競争的資金

  • 住友財団, 環境研究助成, 結合生産理論による生態系サービスを考慮した森林管理手法の研究, 坂田 裕輔
  • ごみ問題の経済分析

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 国際経済入門, 近畿大学
  • フィールドワーク, 近畿大学
  • 環境科学, 近畿大学
  • 経済学の基礎, 近畿大学
  • 地域経済論, 近畿大学
  • 環境経済学, 近畿大学, 鹿児島大学