KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

梶山 慎一郎カジヤマ シンイチロウ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生物工学科 / 生物理工学研究科
職名教授/学科長/学部長補佐/研究費委員会委員長/教養・基礎教育部門主任/高圧力蛋白質研究センター長/植物センター長
学位博士(工学)
専門生物有機化学
ジャンル経営・産業/農林
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/142-kajiyama-shinichirou.html
ホームページURLhttp://www.waka.kindai.ac.jp/
メールアドレスkajiyama[at]waka.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    植物二次代謝産物の分析と応用、特に油脂を生産するトウダイグサ科の燃料植物が産生する毒性代謝産物の分析と安全性評価、食用植物の二次代謝産物の有効利用に関して研究を行っています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1989年, 京都大学, 農学部, 食品工学

経歴

  •   1991年,  - 1995年, 岡山大学(助手)
  •   1995年,  - 2005年, 大阪大学 (助手)
  •   2005年,  - 2008年, 大阪大学大学院 (客員准教授)
  •   2008年,  - 2011年03月, 近畿大学 (准教授)
  •   2011年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 環境学, 環境影響評価・環境政策
  • 環境学, 環境技術・環境材料
  • 複合化学, 分析化学
  • 複合化学, 環境関連化学
  • 複合化学, 生体関連化学
  • プロセス工学, 生物機能・バイオプロセス
  • 農芸化学, 生物生産化学・生物有機化学

研究キーワード

  • 植物細胞工学, レーザー細胞操作, 代謝産物分析, 非食用油脂生産植物

論文

  • Metabolomic analysis of primary metabolites in citrus leaf during defense responses., Asai T, Matsukawa T, Kajiyama S, Journal of bioscience and bioengineering, 123, 3, 376, 381,   2017年03月, 査読有り
  • Metabolic changes in Citrus leaf volatiles in response to environmental stress., Asai T, Matsukawa T, Kajiyama S, Journal of bioscience and bioengineering, 121, 2, 235,   2015年07月, 査読有り
  • Isolation and characterization of wound-induced compounds from the leaves of Citrus hassaku, Tomonori Asai, Tetsuya Matsukawa, Atsushi Ishihara, Shin{\textquotesingle}ichiro Kajiyama, Journal of Bioscience and Bioengineering, 122, 2, 208,   2016年08月, 査読有り
  • Lansioside D, a new triterpenoid glycoside antibiotic, Journal of Pharmacognosy and Phytochemistry, 13, 5, 258, 261,   2015年05月, 査読有り
  • Visualization of Oil Body Distribution in Jatropha curcas L. by Four-Wave Mixing Microscopy, Makiko Ishii, Susumu Uchiyama, Yasuyuki Ozeki, Sin’ichiro Kajiyama, Kazuyoshi Itoh, and Kiichi Fukui, Japanese Journal of Applied Physics, 52, 062403,   2013年, 査読有り
  • Sequence analysis of the genome of an oil-bearing tree, Jatropha curcas L., Sato S, Hirakawa H, Isobe S, Fukai E, Watanabe A, Kato M, Kawashima K, Minami C, Muraki A, Nakazaki N, Takahashi C, Nakayama S, Kishida Y, Kohara M, Yamada M, Tsuruoka H, Sasamoto S, Tabata S, Aizu T, Toyoda A, Shin-i T, Minakuchi Y, Kohara Y, Fujiyama A, Tsuchimoto S, Kajiyama S, Makigano E, Ohmido N, Shibagaki N, Cartagena JA, Wada N, Kohinata T, Atefeh A, Yuasa S, Matsunaga S, Fukui K, DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes, 18, 1, 65, 76,   2011年02月, 査読有り
  • High-resolution spatial and temporal analysis of phytoalexin production in oats, Yoshihiro Izumi, Shin’ichiro Kajiyama, Ryosuke Nakamura, Atsushi Ishihara, Atsushi Okazawa, Eiichiro Fukusaki, Yasuo Kanematsu , Akio Kobayashi, Planta, 229, 4, 931–943, 943,   2009年03月, 査読有り
  • Stimulated Raman scattering microscope with shot noise limited sensitivity using subharmonically synchronized laser pulses., Ozeki Y, Kitagawa Y, Sumimura K, Nishizawa N, Umemura W, Kajiyama S, Fukui K, Itoh K, Optics express, 18, 13, 13708, 13719,   2010年06月, 査読有り
  • Analysis and experimental assessment of the sensitivity of stimulated Raman scattering microscopy, Yasuyuki Ozeki, Fumihiro Dake, Shin’ichiro Kajiyama, Kiichi Fukui, and Kazuyoshi Itoh, Opt. Express, 17, 5, 3651, 3658,   2009年03月, 査読有り
  • Development of an enzyme activity screening system for beta-glucosidase-displaying yeasts using calcium alginate micro-beads and flow sorting., Zhou Y, Kajiyama S, Itoh K, Tanino T, Fukuda N, Tanaka T, Kondo A, Fukui K, Applied microbiology and biotechnology, 84, 2, 375, 382,   2009年08月, 査読有り
  • Bioactive beads-mediated transformation of rice with large DNA fragments containing Aegilops tauschii genes., Wada N, Kajiyama S, Akiyama Y, Kawakami S, No D, Uchiyama S, Otani M, Shimada T, Nose N, Suzuki G, Mukai Y, Fukui K, Plant Cell Reports, 28, 5, 759, 68,   2009年05月, 査読有り
  • Nonlinear phase imaging using two-beam interferometry in stimulated parametric emission microscopy, M. Yamagiwa, Y. Ozeki, G. Omura, T. Suzuki, S. Kajiyama, K. Fukui, and K. Itoh, Jpn. J. Appl. Phys. , 48, 062501,   2009年
  • Improvement of transformation efficiecy in bioactive beads-mediated gene transfer using DNA-lipofectin complex as entrapped genetic material, Murakawa, T., Kajiyama, S., Ikeuchi, T., Kawakami, S., Fukui, K., J. Biosci. Bioeng., 105, 77, 80,   2008年
  • Protection of isolated chromosomes using calcium-alginate microbeads (bioactive beads) toward chemical and physical stress., Murakawa, T., Hayashihara, K., Ito, K., Doi, T., Kajiyama, S., Fukui, K., Chromosome Science, 10, 83, 87,   2008年
  • Improvement of bioactive beads-mediated transformation by concomitant application of electroporation, Murakawa, T., Kajiyama, S., Fukui, K., Plant Biotechnology, 25, 4, 387, 390,   2008年
  • Supergiant Ampholytic Sugar Chains with Imbalanced Charge Ratio Form Saline Ultra-absorbent Hydrogels , Maiko K. Okajima, Takeshi Bamba, Yasuhiro Kaneso, Kazumasa Hirata, Eiichiro Fukusaki, Shin’ichiro Kajiyama, and Tatsuo Kaneko , Macromolecules, 41, 12, 4061, 4064,   2008年
  • Highly Sensitive Signal Detection in Stimulated Parametric Emission Microscopy Based on Two-Beam Interferometry, M. Yamagiwa, Y. OZEKI, T. Kawasumi, S, Kajiyama, K. Fukui, and K. Itoh, Japanese Journal of Applied Physics, 47, 12, 8820, 8824,   2008年
  • Transient Gene Expression in Guard Cell Chloroplasts of Tobacco Using ArF Excimer Laser Microablation, Shin'ichiro Kajiyama, Benesh Joseph, Fumihide Inoue, Masaki Shimamura, Eiichiro Fukusaki, Kenichi Tomizawa, and Akio Kobayashi, J. Biosci. Bioeng., 106, 2, 194, 198,   2008年
  • Line-scanning microscopy for time-gated and spectrally-resolved fluorescence imaging, Nakamura, R., Izumi, Y., Kajiyama, S., Kobayashi, A., Kanematsu, J. Biol. Phys. , 34, 51, 62,   2008年
  • Highly sensitive spectral interferometric four-wave mixing microscopy near the shot noise limit and its combination with two-photon excited fluorescence microscopy., Isobe, K., Ozeki, Y., Kawasumi, T., Kataoka, S., Kajiyama, S., Fukui, K., and Itoh, Opt. Express, 14, 11204, 11214,   2007年
  • Novel plant transformation system by gene-coated gold particle introduction into specific cell using ArF excimer laser, Kajiyama, S., Inoue, F., Yoshikawa, Y., Shoji, T., Fukusaki, E. and Kobayashi, A., Plant Biotechnology, 24, 315, 320,   2007年
  • Femtosecond Pulsed Laser as a Micro-Scalpel for Microdissection and Isolation of Specific Sections from Biological Samples, Sakakura, M., Kajiyama, S., Tsutsumi, M., Si, J., Fukusaki, E., Tamaru, Y., Akiyama, S., Miura, K., Hirao, K., and Ueda, M, Japanese Journal of Applied Physics, 46, 5859, 5864,   2007年
  • A Novel Microsurgery Method for Intact Plant Tissue at the Single Cell Level using ArF Excimer Laser Microprojection., Kajiyama, S., Shoji, T., Okuda, S., Izumi, Y., Fukusaki, E., and Kobayashi, A., Biotechnology and Bioengineering, 93, 2, 325, 331,   2006年
  • A. Single Cell-Based Analysis of Torenia Petal Pigments by a Combination of ArF Excimer Laser Micro Sampling and Nano-High Performance Liquid Chromatography (HPLC)-Mass Spectrometry., Kajiyama, S., Harada, K., Fukusaki, E., and Kobayashi, A, J. Biosci. Bioeng., 102, 6, 575, 578,   2006年
  • Biosynthetic studies of the tetramic acid antibiotic trichosetin, Marfori, E. C., 梶山 慎一郎, Bamba, T.; Fukusaki, E.; Kobayashi, A., Tetrahedron, 58, 33, 6655, 6658,   2002年
  • A novel gene delivery system in plants with calcium alginate micro-beads, Sone, T., 梶山 慎一郎, Nagamori, E.; Ikeuchi, T.; Mizukami, A.; Takakura, Y.; Fukusaki, E.; Harashima, S.; Kobayashi, A.; Fukui, K., A, J. Biosci. Bioen., 94, 1, 87, 91,   2002年
  • Paenibacillus glycanilyticus sp. nov., a novel species that degrades hetero poly saccharide produced by the cyanobacterium Nostoc commune, Dasman, 梶山 慎一郎, Kawasaki, H.; Yagi, M.; Seki, T.; Fukusaki, E.; Kobayashi, A, Int. J. Sys.Evol. Micro., 52, 5, 1669, 1674,   2002年
  • Purification and properties of an enzyme capable of degrading the polysaccharide of the cyanobacterium, Nostoc commune, Dasman, 梶山 慎一郎, Okazawa, A.; Fukusaki, E.;Kobayashi, A., Z.Naturforsch, C, 57, 11/12, 1042, 1046,   2002年
  • Trichosetin, a novel tetramic acid antibiotic produced in dual culture of Trichoderma harzianum and Catharanthus roseus Callus, Marfori E, C., 梶山 慎一郎, Fukusaki, E.; Kobayashi, A., Z.Naturforsch, C, 57, 5/6, 465, 470,   2002年
  • CapsaicinおよびN-docosahexaenoyl-vanillylamideのtaxol耐性HeLa細胞の増殖に及ぼす影響., 金永福, 梶山 慎一郎, 石畑公江,福崎英一郎,小林昭雄,馬場直道,多田幹郎,高畑京也, 日本食品化学学会誌, 9, 2, 50, 53,   2002年
  • Phytotoxicity of the tetramic acid metabolite trichosetin, .Marfori, E., C., 梶山 慎一郎, Fukusaki, E.; Kobayashi, A., Phytochemistry, 62, 5, 715, 721,   2003年
  • ラン藻の化学生態と乾燥耐性, 梶山 慎一郎, 小林昭雄, Cryobiol. Cryotech. Cryobiol. Cryotech., 49, 1, 37, 42,   2003年
  • レーザーマイクロサンプリングを用いた植物代謝産物1細胞分析の試み, 梶山 慎一郎, 小林昭雄., 渡部達也., 原田和生., 福崎英一郎, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 45, 275, 280,   2003年
  • Transformation of yeast using calcium alginate microbeads with surface-immobilized chromosomal DNA., Mizukami, A., 梶山 慎一郎, Nagamori, E.; Takakura, Y.; Matsunaga, S.; Kaneko, Y.; Harashima, S.; Kobayashi, A.; Fukui, K., Biotechniques, 35, 4, 734, 740,   2003年
  • Biosynthetic pathway for the C45 polyprenol, solanesol, in tobacco, Fukusaki, E., 梶山 慎一郎, Takeno, S.; Bamba, T.; Okumoto, H.; Katto, H.; Kobayashi, A., Biosci. Biotech., Biochem., 68, 9, 1988, 1990,   2004年
  • A chitin-oligomer binding peptide obtained by screening of a phage display random peptide library and its affinity modulation corresponding to oxidation-reduction state., Fukusaki, E., 梶山 慎一郎, Ogawa, K.; Okazawa, A.; Kajiyama, S.; Kobayashi, A, J. Mol. Cat. B: Enzymatic, 28, 4-6, 181, 184,   2004年
  • Flower color modulations of Torenia hybrida by downregulation of chalcone synthase genes with RNA interference., Fukusaki, E., 梶山 慎一郎, Kawasaki, K.; An, C.; Suzuki, K.; Tanaka, Y.; Kobayashi, A., J. Biotechnol., 111, 3, 229, 240,   2004年
  • The convenient screening method using albumin for the tumor localizing property of Ga-porphyrin complexes., Nakae, Y., 梶山 慎一郎, Fukusaki, E.; Kobayashi, A.; Nakajima, S.; Sakata, I, J.Photochem. Photobil., A Chemistry, 172, 55, 61,   2005年
  • Convenient screening methods for the photosensitivity., Nakae, Y., 梶山 慎一郎, Fukusaki, E. ; Kobayashi, A.; Sakata, I., J.Photochem. Photobil., A Chem., 171, 91, 95,   2005年
  • Isolation and characterization of a cDNA encoding phytochrome A in the non-photosynthetic parasitic plant, Orobanche minor Sm., Trakulnaleamsai, C., 梶山 慎一郎, Okazawa, A.; An, C.; Fukusaki, E.; Yoneyama, K.; Takeuchi, Y.; Kobayashi, A, Biosci. Biotech., Biochem., 69, 1, 71, 78,   2005年
  • Syntheses and screening tests of new chlorin derivatives as.photosensitizer, Nakae, Y., 梶山 慎一郎, Fukusaki, E.; Kobayashi, A.; Nakajima,S.; Sakata, I, J.Photochem. Photobil., A Chemistry, 174, 3, 187, 193,   2005年
  • Physical Mapping of Ribosomal DNA Genes on Jatropha curcas Chromosomes by Multicolor FISH, M. Witkowska, 梶山 慎一郎, N. Ohmido, J. Cartagena, N. Shibagaki and K. Fukui, CYTOLOGIA, 74, 2, 133, 139,   2009年
  • Three-Dimensional Unstained Live-Cell Imaging Using Stimulated Parametric Emission Microscopy, H. M. Dang, 梶山 慎一郎, T. Kawasumi, G. Omura, T. Umano, Y. Ozeki, K. Itoh, and K. Fukui, Jpn. J. Appl. Phys., 48, 97003, 97007,   2009年
  • Development of an enzyme activity screening system for β-glucosidase-displaying yeasts using calcium alginate micro-beads and flow sorting, Y. Zhou, 梶山 慎一郎, K Itoh, T. Tanino, N. Fukuda, T. Tanaka, A. Kondo and K. Fukui , Appl Microbiol Biotechnol., 84, 2, 375, 82,   2009年
  • A new size and shape controlling method for producing calcium alginate beads with immobilized proteins, Y. Zhou, 梶山 慎一郎, Hiroshi Masuhara, Yoichiro Hosokawa, Takahiro Kaji, Kiichi Fukui , J.Biomed. Sci Eng., 2, 5, 287, 293,   2009年
  • Label-free imaging by stimulated parametric emission microscopy reveals a difference in hemoglobin distribution between live and fixed erythrocytes, H. M. Dang, 梶山 慎一郎, G. Omura, T. Umano, M. Yamagiwa, Y. Ozeki, K. Itoh,and K. Fukui, J. Biomed. Optics, 14, 4, 040506,   2009年07月, 査読有り
  • Structure and Functional Characterization of Vibrio parahaemolyticus Thermostable Direct Hemolysin, I. Yanagihara, 梶山 慎一郎, K. Nakahira, T. Yamane, S. Kaieda, K. Mayanagi, D. Hamada, T. Fukui, K. Ohnishi,T. Shimizu, M. Sato, T. Ikegami, M. Ikeguchi, T. Honda ,and H. Hashimoto, J. Biol. Chem., 285, 21, 16267, 16274,   2010年05月, 査読有り
  • Jatropha curcasを原料としたバイオディーゼル生産工程で排出されるphorbol ester類の定量分析, 松川 哲也, 梶山 慎一郎, 近畿大学生物理工学部紀要, 26, 13, 22,   2010年09月
  • The effects of puroindoline b on the ultrastructure of endosperm cells andphysicochemical properties of transgenic rice plant, N. Wada, 梶山 慎一郎, J.A. Cartagena, L. Lin, Y. Akiyama, M. Otani, G. Suzuki, Y. Mukai, N. Aoki, K. Fukui, Journal of Cereal Science, 51, 182, 188,   2010年
  • Enzymatic Production of (-)-Indolactam V by LtxB, a Cytochrome P450 Monooxygenase, M. U. Huynh, 梶山 慎一郎, M. C. Elston, N. M. Hernandez, D. B. Ball, K. Irie, W. H. Gerwick and D. J. Edwards, J. Nat. Prod., 73, 1, 71, 74,   2010年01月, 査読有り
  • Dual-Band Stimulated Parametric Emission Microscopy, M. Yamagiwa, 梶山 慎一郎, G. Omura, Y. Ozeki, M. Ishii, H.M. Dang, T. Suzuki, K. Fukui, and K. Itoh, pn. J. Appl. Phys., 49, 16603, 16606,   2010年
  • Sequence Analysis of the Genome of an Oil- Bearing Tree, Jatropha curcas L., S. Sato, 梶山 慎一郎, DNA RESEARCH,   2010年
  • Biological applications of novel nonlinear optical microscopy, 梶山 慎一郎, Yasuyuki Ozeki , Kiichi Fukui and Kazuyoshi Itoh, J. Phys.: Conf. Ser.,   2010年
  • Jatropha curcasとJatropha integerrimaにおける発がんプロモーション活性物質フォルボールエステル類の分布, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 梶山 慎一郎, 近畿大学生物理工学部紀要, 27, 29, 37,   2011年03月
    概要:バイオディーゼル燃料用ジャトロファ(J. curcas)と観賞用ジャトロファ(J. integerrima)の種子および植物体に含まれる脂肪酸およびフォルボールエステル類の組成を解析した結果、両植物で大きく異なることを明らかにした。

書籍等出版物

  • ナノイメージング(分担), NTS,   2008年
  • ナノバイオ大辞典, テクノシステム,   2007年
  • キャンパスに咲く花, 梶山 慎一郎, 共著, 大阪大学出版会,   2008年

講演・口頭発表等

  • レーザ微細加工による細胞操作, 梶山 慎一郎, 第3回Round-Robin Seminar,   2005年, 第3回Round-Robin Seminar
  • ESI-MSを用いた転写産物の分析(I)―イオン化条件の検討―, 梶山 慎一郎, 梨原 善行, 和泉 自泰, 原田 和生, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会2005年度大会,   2005年, 日本生物工学会2005年度大会
  • トランス型ゴム産生植物トチュウEucommia ulmoidesのEST解析, 梶山 慎一郎, 福崎英一郎,小林昭雄,中澤慶久,馬場健史,西河貴司,山下敦士,服部正平,小笠原直毅, 大阪大学先端科学イノベーションセミナー,   2005年, 大阪大学先端科学イノベーションセミナー
  • レーザー1細胞サンプリングによるエンバクファイトアレキシンの分析, 梶山 慎一郎, Benesh Joseph, 井上文秀, 嶋村正樹, 福崎英一郎, 富澤健一, 小林昭雄, 日本農芸化学会関西支部・中四国支部・合同大会,   2005年, 日本農芸化学会関西支部・中四国支部・合同大会
  • フォトンクラフト技術を利用した生体適応型分子メスの開発, 梶山 慎一郎, 第2回 KYO-NANOフォトニックセミナー,   2005年, 第2回 KYO-NANOフォトニックセミナー
  • レーザーアブレーションを用いた植物細胞への遺伝子導入, 梶山 慎一郎, 井上 文秀,嶋村 正樹,広実 慶彦,福崎 英一郎,富澤 健一,小林 昭雄, 日本農芸化学会 2005年度大会,   2005年, 日本農芸化学会 2005年度大会
  • レーザー1細胞サンプリングによるエンバク感染応答反応の解析, 梶山 慎一郎, 和泉 自泰,石原 亨,広実 慶彦,福崎 英一郎,小林 昭雄, 日本農芸化学会 2005年度大会,   2005年, 日本農芸化学会 2005年度大会
  • フォトンクラフト技術を利用した生体適応型分子メスの開発, 坂倉政明, 梶山 慎一郎, 地域発先端テクノフェア2006,   2006年, 地域発先端テクノフェア2006
  • フォトンクラフト技術を利用した生体適応型分子メスの開発, 植田充美, 梶山 慎一郎, 坂倉政明, 知的・産業クラスター連携事業 京都バイオ計測プロジェクト第二回講演会,   2006年, 知的・産業クラスター連携事業 京都バイオ計測プロジェクト第二回講演会
  • ナノスプレイヤー一体型カラムを用いた低拡散nano flow LC-ESI-MSによる高感度分析系の確立とその応用, 福崎英一郎, 梶山 慎一郎, 和泉自泰,岡澤敦司,小林昭雄, 大阪大学先端科学イノベーションセミナー,   2006年, 大阪大学先端科学イノベーションセミナー
  • 細胞代謝産物解析に資するレーザーテクノロジー, 梶山 慎一郎, NEDO光集積ラボ スタートアップセミナー,   2006年, NEDO光集積ラボ スタートアップセミナー
  • Single-cell based metabolite analyses by laser microsampling and nano-flow LC-MS, 梶山 慎一郎, The 4th International forum on post-genome technologies,   2006年, The 4th International forum on post-genome technologies
  • 質量分析による転写産物の新規定量法の開発, 広実 慶彦, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会 2006年度大会,   2006年, 日本生物工学会 2006年度大会
  • 1細胞分析に資するレーザーテクノロジー, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 福井 希一, 伊東 一良, 日本生物工学会2006年度大会 シンポジウム,   2006年, 日本生物工学会2006年度大会 シンポジウム
  • ヒト細胞へのストレス負荷によるエラープローンなDNA polymeraseの発現解析, 平野 美紀, 梶山 慎一郎, 栗原 佐智子, 秋山 征夫, 福井 希一, 日本生物工学会2006年度大会,   2006年, 日本生物工学会2006年度大会
  • フェムト秒レーザーを用いた細胞のサンプリングと分析, 梶山 慎一郎, 分光学会関西支部大会シンポジウム,   2006年, 分光学会関西支部大会シンポジウム
  • Single cell based metabolite analysis upon defense response of oat by laser micro sampling and nano flow LC-MS, 梶山 慎一郎, Izumi, Y., Fukusaki, E., Kobayashi, A., The 1st Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis,   2006年, The 1st Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis
  • Dynamic analysis of plant defence responses based on single-cell metabolite mapping, Kobayashi, A., 梶山 慎一郎, International Symposium on Molecular Nano Dynamics,   2006年, International Symposium on Molecular Nano Dynamics
  • 励起・蛍光時間マトリクスと1細胞サンプリングによるエンバク感染応答反応の解析, 梶山 慎一郎, 和泉 自泰,石原 亨,中村 亮介,兼松 泰男,福崎 英一郎,小林 昭雄, 日本農芸化学会 2006年度大会,   2006年, 日本農芸化学会 2006年度大会
  • 植物の機能解析(ゴム代謝器官のイメージング技術開発), 梶山 慎一郎, 中澤慶久,武田強,馬場健史,中堂薗陽子,上藤洋敬,福崎英一郎,小林昭雄, 大阪大学先端科学イノベーションセミナー,   2007年, 大阪大学先端科学イノベーションセミナー
  • Single cell sampling and analysis by ultra short pulse laser, 梶山 慎一郎, Sakakura, M., Ueda, M., Itoh, K., and Fukui, K., 5th International forum of post genome technologies,   2007年, 5th International forum of post genome technologies
  • Cell imaging by spectral-interferometric stimulated parametric emission microscopy with enhanced sensitivity and fluorescence separation capability, Y. Ozeki, 梶山 慎一郎, K. Isobe, T. Suzuki, K. Fukui and K. Itoh, 3rd Asian and Pacific Rim Conference on Biophotonics,   2007年, 3rd Asian and Pacific Rim Conference on Biophotonics
  • 動植物の組織・細胞単離のためのフェムト秒レーザー加工法, 坂倉政明, 梶山 慎一郎, 司 金海,平尾一之,栃木憲治,植田充美, 第68回日本応用物理学会,   2007年, 第68回日本応用物理学会
  • 緑の地球の古今の立役者--ランソウから遺伝子改変植物へ, 小林 昭雄, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 日本地衣学会第6回シンポジウム,   2007年, 日本地衣学会第6回シンポジウム
  • 酸化ストレス条件下でのエラープローンなDNA polymerase の発現解析, 平野 美紀, 梶山 慎一郎, 栗原 佐智子,福井 希一, 日本農芸化学会 2007年度大会,   2007年, 日本農芸化学会 2007年度大会
  • シングルセル代謝分析に基づいた植物感染応答反応の動的解析, 和泉 自泰, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎,兼松 泰男,中村 亮介,石原 亨,小林 昭雄, 日本農芸化学会 2007年度大会,   2007年, 日本農芸化学会 2007年度大会
  • A novel gene delivery system in plants with calcium alginate micro-beads, Wada, N., 梶山 慎一郎, Fukui, K, International Conference on Plant Transformation Technologies,   2007年, International Conference on Plant Transformation Technologies
  • ライフサイエンス研究に資する無染色可視化顕微鏡の開発, 梶山 慎一郎, 大阪大学フロンティア先端研究フォーラム,   2007年, 大阪大学フロンティア先端研究フォーラム
  • バイオアクティブビーズ法によるハードネス遺伝子群導入イネの作出, 和田直樹, 梶山 慎一郎, 秋山征夫・大谷基泰・島田多喜子・鈴木剛・向井康比己・福井希一, 日本育種学会第114回講演会,   2008年, 日本育種学会第114回講演会
  • Development of high speed screening system for enzyme surface displaying yeast by flow sorting, Yan ZHOU, 梶山 慎一郎, Kouichi ITOH, Takanori TANINO, The Society for Biotechnology Japan, Annual Meeting 2008,   2008年, The Society for Biotechnology Japan, Annual Meeting 2008
  • フェムト秒レーザーを用いたGABA高生産酵母の育種, 堤 浩子, 梶山 慎一郎, 水本 真紀子,犬童 雅栄,坂倉 政明,橋本 卓哉,福崎 英一郎,植田 充美平尾 一之, 秦 洋二, 日本生物工学会2008年大会,   2008年, 日本生物工学会2008年大会
  • レーザーアブレーションを用いた疎水性生理活性物質の水中分散法の検討, 深田 洋輔, 梶山 慎一郎, 朝日 剛, 安國 良平, 福井 希一, 日本生物工学会2008年大会,   2008年, 日本生物工学会2008年大会
  • Stimulated parametric emission microscopy for high-resolution 3-D imaging of unstained live-cell, Hieu M.Dang, 梶山 慎一郎, Takehito Kawasumi, Yasuyuki Ozeki, Kazuyoshi Itoh and Kiichi Fukui, 3次元画像コンファレンス2008,   2008年, 3次元画像コンファレンス2008
  • 極短パルスレーザーの生物科学への応用, 梶山 慎一郎, 植田充美,平尾一之,福井希一,伊東一良, 集積光デバイス研究会2008,   2008年, 集積光デバイス研究会2008
  • モモ葉におけるジャスモンサン誘導性物質の同定, 松川 哲也, 梶山 慎一郎, 石原 亨,   2009年03月
  • ジャトロファを原料としたバイオディーゼル生産工程で排出されるフォルボールエステル類の定量分析, 松川 哲也, 梶山 慎一郎,   2009年09月
  • ナノフロー液体クロマトグラフィー/質量分析計による植物代謝産物の高感度定量分析, 和泉 自泰, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司,馬場 健史,小林 昭雄,福崎 英一郎 , 第4回メタボロームシンポジウム,   2009年, 第4回メタボロームシンポジウム
  • エンバク感染応答の1細胞分析, 梶山 慎一郎, 和泉 自泰, 中村 亮介, 石原 亨, 岡澤 敦司,福崎 英一郎, 兼松 泰男, 小林 昭雄, 日本生物工学会2009年大会シンポジウム,   2009年, 日本生物工学会2009年大会シンポジウム
  • コムギ硬軟質に関わるfriabilin関連遺伝子群のイネへの導入と蓄積, 鈴木剛, 梶山 慎一郎, 和田幸雄・和田英雄・後藤公美・中野亜紀子・和田直樹・福井希一・向井康比己, 日本育種学会第116回講演会,   2009年, 日本育種学会第116回講演会
  • フェムト秒レーザーを用いたGABA高生産酵母の育種, 堤 浩子, 梶山 慎一郎, 犬童 雅栄,坂倉 政明,橋本 卓哉,福崎 英一郎,植田 充美,平尾 一之,秦 洋二,安部 康久, 日本農芸化学会 2009年度大会,   2009年, 日本農芸化学会 2009年度大会
  • ジャトロファ種子1粒を用いた脂質およびフォルボールエステル類の分析, 松川 哲也, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 梶山 慎一郎,   2010年03月
  • Isolation of phorbol ester degrading microbes for Jatropha bio-diesel production., 大池 達矢, 三倉 健, 赤井 一樹, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司, International Union of Microbial Societies 2011,   2011年09月, International Union of Microbial Societies 2011
  • ジャトロファフォルボールエステル分解微生物の探索, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月, 日本農芸化学会2012年度大会
  • Jatropha curcasの種子採油残渣を用いた微生物農薬の開発, 吉川 諒, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月, 日本農芸化学会2012年度大会

MISC

  • 里山におけるササユリと保護への取り組み, 瀧川義浩, 松川哲也, 宮下実, 梶山慎一郎, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 22, 35‐40,   2017年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702281113531401
  • ブンタン葉のストレス応答反応における二次代謝物質の変動解析, 伊佐木芳, 松川哲也, 松川哲也, 梶山慎一郎, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2017, ROMBUNNO.2J31a01 (WEB ONLY),   2017年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702279545198307
  • 里山におけるササユリと保護への取り組み, 瀧川 義浩, 松川 哲也, 宮下 実, 梶山 慎一郎, 近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kindai University, 22, 35, 40,   2017年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006332227
    概要:本論では里山におけるササユリの自生環境、個体数の減少の要因および近畿大学 先端技術総合研究所(研究所)と生物理工学部で実施している活動や研究について記載した。Sasa yuri(Lilium japnicum)is a wild lily in japan and also known as an index plant for evaluating a natural environment of satoyama. In the present paper, we described current situation and protection of the rare plant "Sasa yuri ".
  • カンキツ植物の生活習慣病に対する有効性に関する研究―ウンシュウミカン(Citrus unshiu)葉の抗肥満作用について, 伊藤仁久, 志水恒介, 堀川勇次, 友廣教道, 津本光貴, 橋爪淳二, 藤田卓也, 文室政彦, 宇都宮直樹, 高田雄輔, 松川哲也, 松川哲也, 梶山慎一郎, 中垣友太, 村田和也, 松田秀秋, 松田秀秋, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, ROMBUNNO.27PB-AM159,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502295752084393
  • 御神花ササユリの葉には抗菌性がある, 岩佐郁, 秋野順治, 梶山慎一郎, 瀧川義浩, 松川哲也, 柳川綾, 荒井滋, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 60th, 187,   2016年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602214943615702
  • 三枝祭で奉られるササユリの花香が示す抗菌性, 花崎直史, 秋野順治, 柳川綾, 梶山慎一郎, 瀧川義浩, 松川哲也, 荒井滋, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 64th, ROMBUNNO.P1‐B‐084 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702268230327293
  • 放線菌由来抗菌活性物質の探索, 植月義博, 大池達矢, 松川哲也, 岡南政宏, 梶山慎一郎, 阿野貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 67th, 213,   2015年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502209849337129
  • 未利用農産資源の機能性素材としての開発研究―マンゴー葉のリパーゼ阻害作用―, 伊藤仁久, 村田和也, 中垣友太, 清水彩加, 高田雄輔, 志水恒介, 松川哲也, 松川哲也, 梶山慎一郎, 文室政彦, 飯嶋盛雄, 飯嶋盛雄, 松田秀秋, 松田秀秋, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.26PA‐am026,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702282783195829
  • ササユリ(Lilium japonicum)香気成分の分析とその抗菌活性, 高橋康樹, 松川哲也, 瀧川義浩, 荒井滋, 秋野順治, 梶山慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 67th, 339,   2015年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502219206740657
  • アルボサイクリン生産放線菌を用いた微生物農薬の開発, 大池達矢, 前田みのり, 松川哲也, 松川哲也, 岡南政宏, 岡南政宏, 梶山慎一郎, 梶山慎一郎, 阿野貴司, 阿野貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 68th, 243,   2016年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602229232187172
  • ウンシュウミカン(Citrus unshiu)葉のリパーゼ阻害活性物質, 高田雄輔, 松川哲也, 伊藤仁久, 志水恒介, 堀川勇次, 友廣教道, 津本光貴, 橋爪淳二, 藤田卓也, 文室政彦, 宇都宮直樹, 中垣友太, 村田和也, 松田秀秋, 梶山慎一郎, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015, 3F37A15 (WEB ONLY),   2015年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502283903737507
  • ハッサク葉のストレス応答反応における二次代謝物質の変動解析, 伊佐木芳, 松川哲也, 松川哲也, 梶山慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 68th, 300,   2016年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602257881755960
  • Streptomyces sp.KT株の微生物農薬としての可能性, 前田みのり, 大池達矢, 岡南政宏, 岡南政宏, 松川哲也, 松川哲也, 梶山慎一郎, 梶山慎一郎, 阿野貴司, 阿野貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 68th, 243,   2016年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602290677061238
  • 続・生物工学基礎講座 バイオよもやま話 天然物由来成分に騙されるな(天然物は本当に安全なの?), 松川哲也, 梶山慎一郎, 生物工学会誌, 92, 10, 556, 559,   2014年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402219060833510
  • 灌漑用水条件の異なるエジプト産ホホバ種子中の代謝物の変動解析, 藤波友樹, 松川哲也, HEGAZY Adel, 梶山慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 68th, 123,   2016年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602291058485906
  • バイオディーゼル原料植物Jatropha Curcasの毒性代謝産物とその制御, 松川哲也, 梶山慎一郎, スマートプロセス学会誌, 3, 5, 258, 261,   2014年09月20日, 10.7791/jspmee.3.258, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402228643440876
  • ウメの品種間代謝物プロファイリング, 松川哲也, 平山幸千, 北村祐人, 竹中正好, 梶山慎一郎, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016, 2H006 (WEB ONLY),   2016年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602221422922756
  • カンキツ類の傷害応答反応における二次代謝物質の変動解析, 伊佐木芳, 松川哲也, 浅井智紀, 梶山慎一郎, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016, 2H001 (WEB ONLY),   2016年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602257193741750
  • カンキツ葉中の一次代謝物質の環境ストレス応答における代謝変動解析, 浅井智紀, 松川哲也, 梶山慎一郎, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016, 2H002 (WEB ONLY),   2016年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602258892791631
  • 三輪明神摂社三枝祭の御神花ササユリの花香とリーフワックスの機能, 岩佐郁, 近藤陽香, 秋野順治, 柳川綾, 梶山慎一郎, 瀧川義浩, 荒井滋, 日本生態学会大会講演要旨(Web), 63th, P2‐190 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602250493738649
  • カンキツ葉中の香気成分の環境応答反応における代謝変動解析, 浅井智紀, 松川哲也, 梶山慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66th, 164,   2014年08月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402236070091327
  • 未利用農産資源の機能性素材としての開発研究―マンゴー葉の美白作用―, 伊藤仁久, 志水恒介, 堀川勇次, 友廣教道, 文室政彦, 宇都宮直樹, 飯嶋盛雄, 高田雄輔, 松川哲也, 松川哲也, 梶山慎一郎, 赤井康平, 中垣友太, 村田和也, 松田秀秋, 松田秀秋, 日本生薬学会年会講演要旨集, 62nd, 102,   2015年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602254709799901
  • 放線菌を用いた微生物農薬の開発, 植月義博, 大池達矢, 松川哲也, 岡南政宏, 梶山慎一郎, 阿野貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66th, 219,   2014年08月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402242826402429
  • 2P-155 放線菌由来抗菌活性物質の探索(環境浄化,修復,保全技術,一般講演), 植月 義博, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 67,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010009242
  • SRS顕微法によるジャトロファ種子油分の非破壊解析, 笹井知博, 土本卓, 酒井啓江, 和田直樹, 小関泰之, 梶山慎一郎, 伊東一良, 福井希一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66th, 141,   2014年08月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402263902163550
  • 3P-274 ササユリ(Lilium japonicum)香気成分の分析とその抗菌活性(生合成,天然物化学,一般講演), 高橋 康樹, 松川 哲也, 瀧川 義浩, 荒井 滋, 秋野 順治, 梶山 慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 67,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010009689
  • マウス二段階発がん試験とEBV早期抗原誘導活性を指標としたJatropha curcas種子抽出物の発がんプロモーション活性評価, 松川哲也, 正田将大, 玉置恵子, 村上ひかる, 梶山慎一郎, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 33, 33, 9, 16,   2014年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402200026213704
    概要:[要旨]トウダイグサ科の落葉低木であるJatropha curcasは, 種子に豊富な中性脂質を含み, 荒廃地でも生育可能であるため次世代バイオディーゼル原料植物として有望視されている。しかし一方で, 本植物の種子には発がんプロモーターであるphorbol ester類を含んでおり, 生産者や消費者の健康に与える負の影響が懸念されている。本研究ではJ. curcas 種子抽出物の発がんプロモーション活性を, マウスを用いた二段階発がん試験およびEBV早期抗原誘導活性を指標としたアッセイ系により評価した。その結果, J. curcas種子抽出物の発がんプロモーション活性は, 発がんプロモーション活性を有する代表的なホルポールエステルであるphorbol-12-myristate-13-acetate(PMA)より低いことが見いだされた。また,種子抽出物はPMAの発がん活性を抑制することが示された。これらの結果から, J. curcas種子抽出物には化学発がんを抑制する物質が含まれることが示唆された。 [Abstract] Jatr•opha eurcas, a tropical plant belonging to the family of Euphorbiaceac, has recently been attracted the considerable attention as a potential source for bio-diesel due to the high adaptability to semi-arid areas and the high oil content in seed kernel. The seed, however, contains phorbol esters which exhibit tumor-promoting activity, and thus negative impact of these compounds on health of producers or consumers should be concerned_ In this study, tumor-promoting activity of I cur eas seed extracts was evaluated by the two-stage mouse skin tumorgenesis assay and Epstein-Barr virus early antigen induction assay. Our results showed that tumor-promoting activity of J. curcas seed extracts was significantly lower than phorbol-l2-myristate-1 3-acetate (PMA), which is well known as a potent tumor promotor. In addition, J. cur eas seed extracts were revealed to suppress the tumor-promoting activity ofPMA. These results suggest that./ curcas seed extracts contain some suppressor of tumorgenesis.
  • 十和田石粉末から単離したTrichoderma atroviride HNT‐01の微生物農薬としての評価, 大池達矢, 松川哲也, 岡南政宏, 梶山慎一郎, 山本茂樹, 広瀬陽一郎, 阿野貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66th, 220,   2014年08月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402269255755561
  • Jatropha curcas種子採油残渣を用いた微生物農薬の培養, 石田結子, 大池達矢, 松川哲也, 岡南政宏, 梶山慎一郎, 阿野貴司, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014, 2A14P15 (WEB ONLY),   2014年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402235221867865
  • 低栄養性細菌を用いた微生物農薬候補株の探索, 大池達矢, 松川哲也, 岡南政宏, 梶山慎一郎, 阿野貴司, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014, 2A14P14 (WEB ONLY),   2014年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402236415833097
  • 3P-101 十和田石粉末から単離したTrichoderma atroviride HNT-01の微生物農薬としての評価(環境浄化,修復,保全技術,一般講演), 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 山本 茂樹, 広瀬 陽一郎, 阿野 貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66,   2014年08月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009906783
  • 日本在来藍のインディカン生産に対するストレスホルモンおよび紫外線の影響, 高田雄輔, 松川哲也, 堀端章, 梶山慎一郎, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014, 2C05A13 (WEB ONLY),   2014年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402293447865733
  • 3P-100 放線菌を用いた微生物農薬の開発(環境浄化,修復,保全技術,一般講演), 植月 義博, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66,   2014年08月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009906782
  • 2P-232 カンキツ葉中の香気成分の環境応答反応における代謝変動解析(生合成,天然物化学,一般講演), 浅井 智紀, 松川 哲也, 梶山 慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66,   2014年08月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009906616
  • 天然物由来成分に騙されるな : 天然物は本当に安全なの?(続・生物工学基礎講座-バイオよもやま話-), 松川 哲也, 梶山 慎一郎, 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 92, 10, 556, 559,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009864994
  • レーザーを用いた植物代謝産物の解析, 梶山慎一郎, 小林昭雄, 福井希一, 伊東一良, 植物の生長調節, 48, 2, 163, 168,   2013年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402232089947499
  • レーザーを用いた植物代謝産物の解析, 梶山 慎一郎, 植物の生長調節, 48, 2, 163, 168,   2013年12月20日, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009687194
    概要:In recent decades, laser optics has been strenuously adapted to biological and biotechnological applications. Laser has high monochromaticity, directivity, and coherency and these properties are considered to be suitable for manipulating and/or observing intact cells with high special resolution. In this technical note, several laser-based microsurgery and non-linear optical microscopy techniques for plant metabolite analysis was discussed.
  • バイオディーゼル原料植物Jatropha Curcasの毒性代謝産物とその制御, 松川 哲也, 梶山 慎一郎, スマートプロセス学会誌, 3, 5, 258, 261,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005091324
  • 2P-139 SRS顕微法によるジャトロファ種子油分の非破壊解析(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演), 笹井 知博, 土本 卓, 酒井 啓江, 和田 直樹, 小関 泰之, 梶山 慎一郎, 伊東 一良, 福井 希一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66,   2014年08月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009906523
  • ナンヨウアブラギリ由来フォルボールエステル粗画分の発がんプロモーション活性, 正田将大, 玉置恵子, 村上ひかる, 松川哲也, 梶山慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 65th, 161,   2013年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302290763590812
  • 2P-229 ナンヨウアブラギリ由来フォルボールエステル粗画分の発がんプロモーション活性(生合成,天然物化学,一般講演), 正田 将大, 玉置 恵子, 村上 ひかる, 松川 哲也, 梶山 慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 65,   2013年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009737895
  • マウス二段階発がん試験とEBV早期抗原誘導活性を指標としたJatropha curcas種子抽出物の発がんプロモーション活性評価, 松川 哲也, 正田 将大, 玉置 恵子, 村上 ひかる, 梶山 慎一, 近畿大学生物理工学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 33, 9, 16,   2014年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005735156
    概要:[要旨]トウダイグサ科の落葉低木であるJatropha curcasは, 種子に豊富な中性脂質を含み, 荒廃地でも生育可能であるため次世代バイオディーゼル原料植物として有望視されている。しかし一方で, 本植物の種子には発がんプロモーターであるphorbol ester類を含んでおり, 生産者や消費者の健康に与える負の影響が懸念されている。本研究ではJ. curcas 種子抽出物の発がんプロモーション活性を, マウスを用いた二段階発がん試験およびEBV早期抗原誘導活性を指標としたアッセイ系により評価した。その結果, J. curcas種子抽出物の発がんプロモーション活性は, 発がんプロモーション活性を有する代表的なホルポールエステルであるphorbol-12-myristate-13-acetate(PMA)より低いことが見いだされた。また,種子抽出物はPMAの発がん活性を抑制することが示された。これらの結果から, J. curcas種子抽出物には化学発がんを抑制する物質が含まれることが示唆された。 [Abstract] Jatr•opha eurcas, a tropical plant belonging to the family of Euphorbiaceac, has recently been attracted the considerable attention as a potential source for bio-diesel due to the high adaptability to semi-arid areas and the high oil content in seed kernel. The seed, however, contains phorbol esters which exhibit tumor-promoting activity, and thus negative impact of these compounds on health of producers or consumers should be concerned_ In this study, tumor-promoting activity of I cur eas seed extracts was evaluated by the two-stage mouse skin tumorgenesis assay and Epstein-Barr virus early antigen induction assay. Our results showed that tumor-promoting activity of J. curcas seed extracts was significantly lower than phorbol-l2-myristate-1 3-acetate (PMA), which is well known as a potent tumor promotor. In addition, J. cur eas seed extracts were revealed to suppress the tumor-promoting activity ofPMA. These results suggest that./ curcas seed extracts contain some suppressor of tumorgenesis.
  • 1P-206 バイオディーゼル燃料に由来するグリセリンを用いた抗菌活性物質生産(一般講演(バイオマス,資源,エネルギー工学),第65回日本生物工学会大会), 大池 達矢, 橋上 滉平, 石田 結子, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司, 日本生物工学会大会講演要旨集, 65,   2013年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009737586
  • 2Bp10 ハッサク葉に含まれる傷害誘導性物質の単離と同定(バイオマス・資源・エネルギー工学/生合成・天然物化学,一般講演), 浅井 智紀, 松川 哲也, 石原 亨, 梶山 慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 63,   2011年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008911296
  • Jatropha curcasとJatropha integerrimaにおける発がんプロモーション活性物質フォルボールエステル類の分布, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 梶山 慎一郎, Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University = 近畿大学 生物理工学部 紀要, 27, 29, 37,   2011年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005735121
    概要:[要旨] トウダイグサ科の落葉低木であるJatropha curcasは、種子の仁に40-60%の中性脂質を含んでおり、乾燥地域や貧栄養土壌などの荒廃地でも生育可能であるため、現在、東南アジア諸国で使用され、バイオディーゼル燃料(BDF)となる資源として注目されている。しかし、J. curcasの種子中からは、発がんプロモーション活性物質であるフォルボールエステル類が検出されており、BDF生産者の健康や環境への影響が懸念されている。その一方で、Jatrophaは、観賞用植物としても親しまれており、街路樹に利用されるなど現在でも多くの種が流通している。しかしながら、観賞用のJatrophaは、BDF用のJatrophaに比べると商業的な価値が低いため、種子や各器官に関する基礎的な知見が乏しい。そこで本研究では、Jatropha integerrimaにおけるフォルボールエステル類の分布ををJatropha curcasを元に、種子油の脂肪酸組成分析を行なった。その結果、Jatropha integerrimaの種子および葉においてフォルボールエステル類の存在が見出され、種子油に含まれる脂肪酸の組成は、両植物では大きく異なることが分かった。本研究の結果は、観賞用Jatrophaにおけるフォルボールエステル類のリスク評価と、BDF植物の優良品種開発に寄与すると期待される。 [Abstract]Jatropha curcas, a member of Euphorbiaceae family, has recently been attracted the considerable attention as a potential source of bio-diesel due to the high adaptbility to arid and oligotrophic soil and oil concern (40-60%) in seed kernel. The seed, however, contains toxic compounds including phorbol esters, well known as a tumor promoting agent, and thus influence of these compounds on environment and people engaged in the production should be concerned. In contrast, I integerrima, widely distributed for ornamental use, has not been focused, and little is know about phorbol esters contained in this species. In this study, we performed phorbol esters analysis and comparison of fatty acid composition between J. curcas and I integerrima. Phorbol esters were detected in J. integerrima seeds and leaves as well as J. curcas, while profiles of fatty acids were different among these species.
  • 2Hp02 ジャトロファを原料としたバイオディーゼル生産工程で排出されるフォルボールエステル類の定量分析(バイオマス・資源・エネルギー工学,一般講演), 鈴木 遥, 松川 哲也, 梶山 慎一郎, 日本生物工学会大会講演要旨集, 21,   2009年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007500611
  • レーザーによる細胞加工 その植物工学への応用, 小林昭雄, 梶山 慎一郎, 化学と生物, 42, 9, 596, 603,   2004年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016519744
  • 3S12a01 エンバク感染応答の1細胞分析(非侵襲シングルセル解析-ライフサーベイヤーのめざす生物科学-,シンポジウム), 梶山 慎一郎, 和泉 自泰, 中村 亮介, 石原 亨, 岡澤 敦司, 福崎 英一郎, 兼松 泰男, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 21,   2009年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007500959
  • レーザー1細胞サンプリングを用いた植物代謝産物分析, 梶山 慎一郎, 日本農薬学会誌, 30, 1, 57, 60,   2005年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001711205
  • 2Aa01 レーザーアブレーションを用いた疎水性生理活性物質の水中分散法の検討(プロセス工学,一般講演), 深田 洋輔, 梶山 慎一郎, 朝日 剛, 安國 良平, 福井 希一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 20,   2008年07月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007323577
  • Jatropha curcasとJatropha integerrimaにおける発がんプロモーション活性物質フォルボールエステル類の分布, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 梶山 慎一郎, Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 27, 29, 37,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003002881
    概要:[要旨] トウダイグサ科の落葉低木であるJatropha curcasは、種子の仁に40-60%の中性脂質を含んでおり、乾燥地域や貧栄養土壌などの荒廃地でも生育可能であるため、現在、東南アジア諸国で使用され、バイオディーゼル燃料(BDF)となる資源として注目されている。しかし、J. curcasの種子中からは、発がんプロモーション活性物質であるフォルボールエステル類が検出されており、BDF生産者の健康や環境への影響が懸念されている。その一方で、Jatrophaは、観賞用植物としても親しまれており、街路樹に利用されるなど現在でも多くの種が流通している。しかしながら、観賞用のJatrophaは、BDF用のJatrophaに比べると商業的な価値が低いため、種子や各器官に関する基礎的な知見が乏しい。そこで本研究では、Jatropha integerrimaにおけるフォルボールエステル類の分布ををJatropha curcasを元に、種子油の脂肪酸組成分析を行なった。その結果、Jatropha integerrimaの種子および葉においてフォルボールエステル類の存在が見出され、種子油に含まれる脂肪酸の組成は、両植物では大きく異なることが分かった。本研究の結果は、観賞用Jatrophaにおけるフォルボールエステル類のリスク評価と、BDF植物の優良品種開発に寄与すると期待される。 [Abstract]Jatropha curcas, a member of Euphorbiaceae family, has recently been attracted the considerable attention as a potential source of bio-diesel due to the high adaptbility to arid and oligotrophic soil and oil concern (40-60%) in seed kernel. The seed, however, contains toxic compounds including phorbol esters, well known as a tumor promoting agent, and thus influence of these compounds on environment and people engaged in the production should be concerned. In contrast, I integerrima, widely distributed for ornamental use, has not been focused, and little is know about phorbol esters contained in this species. In this study, we performed phorbol esters analysis and comparison of fatty acid composition between J. curcas and I integerrima. Phorbol esters were detected in J. integerrima seeds and leaves as well as J. curcas, while profiles of fatty acids were different among these species.
  • 1Cp14 フェムト秒レーザーを用いたGABA高生産酵母の育種(代謝工学・メタボローム,一般講演), 堤 浩子, 水本 真紀子, 犬童 雅栄, 坂倉 政明, 橋本 卓哉, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 植田 充美, 平尾 一之, 秦 洋二, 日本生物工学会大会講演要旨集, 20,   2008年07月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007323702
  • 緑の地球の古今の立役者--ランソウから遺伝子改変植物へ ([日本地衣学会]第6回シンポジウム「生物の共生関係の多様性」要旨集), 小林 昭雄, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, Lichenology, 6, 2, 154, 157,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015808716
  • 細胞内分子動態計測への挑戦 : JST研究成果活用プラザ京都 植田プロジェクト, 植田 充美, 梶山 慎一郎, 矢吹 彰彦, 精密工学会誌 = Journal of the Japan Society of Precision Engineering, 72, 11, 1307, 1310,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018411111
  • レーザー1細胞サンプリングを用いた植物代謝産物分析, 梶山 慎一郎, Journal of pesticide science, 30, 1, 57, 60,   2005年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031150276
  • 細胞内分子動態計測への挑戦(グラビア&インタビュー 精密工学の最前線), 矢吹 彰彦, 梶山 慎一郎, 矢吹 彰彦, 精密工学会誌, 72, 11, 1307, 1310,   2006年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004857473
  • 62.質量分析を用いた転写産物の新規定量法の開発(口頭発表,植物化学調節学会第41回大会), 広実 慶彦, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 41, 41,   2006年10月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006168824
  • 63.ナノスプレイヤー一体型カラムを用いた低拡散nano flow LC-ESI-MSによる高感度分析系の確立とその応用(口頭発表,植物化学調節学会第41回大会), 和泉 自泰, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 41, 41,   2006年10月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006168825
  • 2H12-3 ヒト細胞へのストレス負荷によるエラープローンなDNA polymeraseの発現解析(遺伝子工学,核酸工学,一般講演), 平野 美紀, 栗原 佐智子, 秋山 征矢, 梶山 慎一郎, 福井 希一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 18,   2006年08月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007322021
  • 3B09-4 質量分析による転写産物の新規定量法の開発(分析化学,物理化学,生物工学一般,一般講演), 広実 慶彦, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 18,   2006年08月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007322411
  • 3A-AM5 1細胞分析に資するレーザーテクノロジー(ライフサーベイヤー構築をめざしたナノバイオとコンビバイオの融合の新しい展開,シンポジウム), 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 福井 希一, 伊東 一良, 日本生物工学会大会講演要旨集, 18,   2006年08月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007322470
  • 2H12-1 ESI-MSを用いた転写産物の分析(I) : イオン化条件の検討(動物細胞工学・動物組織培養,分析化学・物理化学・生物工学一般,一般講演), 梶山 慎一郎, 梨原 善行, 和泉 自泰, 原田 和生, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 17,   2005年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007321274
  • 植物細胞レーザー加工技術の開発とその応用 (特集 バイオテクノロジーイノベーション(part1)単細胞解析をめざしたバイオと異分野の融合がもたらすブレークスルー技術の新潮流), 小林 昭雄, 梶山 慎一郎, バイオインダストリー, 21, 11, 7, 13,   2004年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006456546
  • 3S2-AM6 紫外線パルスレーザーを用いた植物細胞のマイクロ加工とその展開(レーザーマイクロマニピュレーションを用いた生物機能解明-その現状と展望-,シンポジウム), 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 16,   2004年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007321130
  • アルギン酸カルシウム微小ビーズを用いた新規な遺伝子導入法(2003年度論文賞紹介), 曽根 岳史, 長森 英二, 池内 智彦, 水上 温司, 高倉 友紀子, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 原島 俊, 小林 昭雄, 福井 希一, 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 82, 3,   2004年03月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002913186
  • レーザーによる細胞加工  その植物工学への応用:その植物工学への応用, 小林 昭雄, 梶山 慎一郎, 化学と生物, 42, 9, 596, 603,   2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003634472
  • 47(P-9) レーザーマイクロサンプリングを用いた植物代謝産物1細胞分析の試み(ポスター発表の部), 小林 昭雄, 梶山 慎一郎, 渡部 達也, 原田 和生, 福崎 英一郎, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 45, 275, 280,   2003年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006682306
    概要:The analysis of bulk tissue samples gives the informations about solute and metabolite concentrations of all compartments and different cell types, and this do not reflect the fine scale patterns between adjacent cells or provide information about processes, that are regulated on the single cell level. To understand the physiology of a whole organism, it is necessary to understand the behavior of a single cell as its fundamental unit. Such investigations essentially require single cell or even subcellular analysis. Along with the progress of plant physiology, the reliable method for single cell sampling is sought-after to investigate the precise metabolic profiling of different cell types. Research on single cells of higher plants is relatively difficult, mainly because of their small size and rigid cell walls. Single cell sampling of plant cell is usually performed by a fine oil-filled glass microcapillary, mounted on a micromanipulator. However, this method is time consuming and rather needs high skill due to the hard and thick cell wall barrier. We developed a unique method of laser-assisted single cell sampling and applied this to metabolite analysis at the resolution of the individual cell. Some pico-litter cell content of GFP expressed transgenic torenia (Torenia hybrida.) were picked up from a single cell (epidermal and petal cell) using this method. The trans gene (GFP) mRNA was detected by RT-PCR, and the petal pigments i.e. peonidin-3,5-diglucoside and malvidin-3-glucoside-5-(p-coumaroyl)-glucoside were also identified by using nano flow LC-ESI MS/MS and MALDI TOF MS. This method would be one of the most powerful tools for studying metabolic profiling of individual plant cells.
  • 植物細胞レーザー加工技術の開発とその応用, 梶山 慎一郎, 小林昭雄, バイオインダストリー, 21, 11, 7, 13,   2004年
  • 3D11-4 紫外線パルスレーザの植物細胞への応用 (IV) : レーザ遺伝子導入法における安定形質転換体取得条件の検討, 井上 文秀, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002955917
  • 3D11-5 紫外線パルスレーザの植物細胞への応用 (V) : 巨大 DNA 導入の試み, 田端 厚之, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 原島 俊, 福井 希一, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002955918
  • 細胞内動態計測への挑戦, 梶山 慎一郎, 精密工学会誌2006, 72, 11, 1307, 1310,   2006年
  • 3D12-1 紫外線パルスレーザの植物細胞への応用 (VI) : レーザ穿孔法を用いた花弁色素の 1 細胞分析, 梶山 慎一郎, 渡部 達也, 原田 和生, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002955919
  • 「細胞一つだけ取り出し」, 梶山 慎一郎, 日本経済新聞 関西版 科学欄,   2008年
  • 3G11-1 紅葉の分子メカニズム解析 : イチョウクロロフィラーゼの局在解析, 岡澤 敦司, 伊藤 嘉子, 唐 魎, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002956100
  • ラン藻の化学生態と乾燥耐性(セミナー「ストレスと生物の応答・適応 : その分子・細胞機構と応用」), 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 低温生物工学会誌, 49, 1, 37, 42,   2003年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002913977
    概要:Nostoc commune, a nitrogen-fixing filamentous cyanobacterium, produces copious amounts of the EPS (extracellular polysaccharide) around the cells and has remarkable desiccation tolerance. Recently, biochemical experiment revealed that the EPS can serve to stabilize cyanobacterial cells during desiccation and subsequent rehydration. The EPS also seems to act as the physical and/or chemical barrier to the surroundings. Despite marked features of EPS of this cyanobacteria, little is known about its chemical structure, due largely to structural complexity. In this paper, the chemical and biochemical aspects of this cyanobacterial EPS are discussed.
  • 2H11-3 バイオビーズを用いたタバコ SR-1 形質転換体の獲得, 村川 智子, 河邊 昭, 劉 海波, 柳沢 昌伸, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 原島 俊, 松永 幸大, 福井 希一, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002956133
  • 2H11-4 Aspergillus niger 由来ペクチンメチルエステラーゼの植物内過剰発現によるメタノール増産と植物矮化, 蓮沼 誠久, 福崎 英一郎, 岡澤 敦司, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 15,   2003年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002956134
  • 47(P-9) レーザーマイクロサンプリングを用いた植物代謝産物1細胞分析の試み(ポスター発表の部), 小林 昭雄, 梶山 慎一郎, 渡部 達也, 原田 和生, 福崎 英一郎, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 45, 0, 275, 280,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005978963
    概要:The analysis of bulk tissue samples gives the informations about solute and metabolite concentrations of all compartments and different cell types, and this do not reflect the fine scale patterns between adjacent cells or provide information about processes, that are regulated on the single cell level. To understand the physiology of a whole organism, it is necessary to understand the behavior of a single cell as its fundamental unit. Such investigations essentially require single cell or even subcellular analysis. Along with the progress of plant physiology, the reliable method for single cell sampling is sought-after to investigate the precise metabolic profiling of different cell types. Research on single cells of higher plants is relatively difficult, mainly because of their small size and rigid cell walls. Single cell sampling of plant cell is usually performed by a fine oil-filled glass microcapillary, mounted on a micromanipulator. However, this method is time consuming and rather needs high skill due to the hard and thick cell wall barrier. We developed a unique method of laser-assisted single cell sampling and applied this to metabolite analysis at the resolution of the individual cell. Some pico-litter cell content of GFP expressed transgenic torenia (Torenia hybrida.) were picked up from a single cell (epidermal and petal cell) using this method. The trans gene (GFP) mRNA was detected by RT-PCR, and the petal pigments i.e. peonidin-3,5-diglucoside and malvidin-3-glucoside-5-(p-coumaroyl)-glucoside were also identified by using nano flow LC-ESI MS/MS and MALDI TOF MS. This method would be one of the most powerful tools for studying metabolic profiling of individual plant cells.
  • 951 紫外線パスルレーザ技術の植物細胞への応用(III) : レーザによる傷害応答の解析(植物細胞工学,一般講演), 庄司 猛, 梶山 慎一郎, 河岡 明義, 吉田 和哉, 新名 惇彦, 山口 夕, 佐野 浩, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007319756
  • 950 紫外線パルスレーザ技術の植物細胞への応用(II) : 1細胞代謝産物分析のこころみ(植物細胞工学,一般講演), 梶山 慎一郎, 吉川 宜宏, 渡部 達也, 庄司 猛, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007319757
  • 949 紫外線パルスレーザ技術の植物細胞への応用(I) : 植物細胞微細加工と適用例(植物細胞工学,一般講演), 吉川 宜宏, 庄司 猛, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007319758
  • 537 キチンを認識するオリゴベプチドの分子認識様式の解析(ペプチド工学・プロテオーム,一般講演), 福崎 英一郎, 小川 公一, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 14,   2002年09月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007320327
  • 33 耐乾燥性陸生ラン藻Nostoc communeの細胞外多糖の構造解析(口頭発表の部), 梶山 慎一郎, 八木 雅弘, 栗原 立如, 岡澤 敦司, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 43, 193, 198,   2001年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006682078
    概要:Cyanobacteria (blue-green algae) are photoautotrophic prokaryotes which include a large variety of species with varied morphological, physiological, and biochemical properties. It is well known that some kinds of cyanobacteria produce large amounts of exopolysaccharides. Although the quantity and biochemical properties are diverse depending on the species, these polysaccharides are thought to play important roles in desiccation tolerance, UV tolerance, nutrient uptake, and interactions with other organisms in the establishment of symbiosis. Nostoc commune, a nitrogen-fixing filamentous cyanobacterium, also produces copious amounts of polysaccharide around the cells and has remarkable desiccation tolerance. Despite conspicuous features of polysaccharide of Nostoc commune, little is known about its chemical structure due largely to its structural complexity. In general, polysaccharides of cyanobacteria are more complex both in their sugar composition and in their linkage types than those of other bacteria or macroalgae, and at this time only a few structures of cyanobacterial polysaccharides have been proposed. In this study, we investigated the chemical structure of water-soluble polysaccharide from desiccation-tolerant cyanobacterium Nostoc commune. The water-soluble polysaccharide (glycan) was extracted and purified from field-grown Nostoc commune. Sugar compositional analysis revealed that this polysaccharide contained D-glucose, D-galactose, D-xylose, and D-glucuronic acid in the molecular ratio of 8: 4: 4: 1 together with unknown uronic acids and trace amount of ribose. One of the unknown uronic acid was identified as 2,3-O-(1-carboxyethylidene)-D-glucuronic acid by NMR analysis of the methanolysate of the polysaccharide. Partial hydrolysis of the polysaccharide by acid (0.2 N TFA, 90℃, 5h) or by crude enzyme which was obtained from culture brose of Paenibacillus sp. afforded 5 oligosaccharide fragments. After pyridylamination, these oligosaccharides were isolated by reverse phase column chromatography, and structures were elucidated by 2D NMR. By comparison with the structures of these oligosaccharides, we concluded that the polysaccharide had a 5-membered repeating unit viz.→4)-β-D-Glcp-(1→4)-β-D-Xylp-(1→4)-[β-D-GlcAp-(1→6)]-β-D-Glcp-(1→4)-β-D-Galp-(1→, and residues in the repeating unit were partially substituted by 3-O-(1-carboxyethyl)-D-glucuronic acid or 2,3-O-(1-carboxyethylidene)-D-glucuronic acid in the GlcA moiety and by 2-O-Me-Man in the branched Glc moiety as shown in Figure 5.
  • 309 植物カルスと糸状菌の混合培養によって生産されるテトラミックアシッド系抗菌活性物質の構造解析, Marfori E. C., 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922853
  • 349 イチョウの黄葉機構の解析 : クロロフィラーゼのクローニングと発現, 岡澤 敦司, 伊藤 嘉子, 唐 蕾, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 13,   2001年08月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922893
  • 33 耐乾燥性陸生ラン藻Nostoc communeの細胞外多糖の構造解析(口頭発表の部), 梶山 慎一郎, 八木 雅弘, 栗原 立如, 岡澤 敦司, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 43, 0, 193, 198,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005978735
    概要:Cyanobacteria (blue-green algae) are photoautotrophic prokaryotes which include a large variety of species with varied morphological, physiological, and biochemical properties. It is well known that some kinds of cyanobacteria produce large amounts of exopolysaccharides. Although the quantity and biochemical properties are diverse depending on the species, these polysaccharides are thought to play important roles in desiccation tolerance, UV tolerance, nutrient uptake, and interactions with other organisms in the establishment of symbiosis. Nostoc commune, a nitrogen-fixing filamentous cyanobacterium, also produces copious amounts of polysaccharide around the cells and has remarkable desiccation tolerance. Despite conspicuous features of polysaccharide of Nostoc commune, little is known about its chemical structure due largely to its structural complexity. In general, polysaccharides of cyanobacteria are more complex both in their sugar composition and in their linkage types than those of other bacteria or macroalgae, and at this time only a few structures of cyanobacterial polysaccharides have been proposed. In this study, we investigated the chemical structure of water-soluble polysaccharide from desiccation-tolerant cyanobacterium Nostoc commune. The water-soluble polysaccharide (glycan) was extracted and purified from field-grown Nostoc commune. Sugar compositional analysis revealed that this polysaccharide contained D-glucose, D-galactose, D-xylose, and D-glucuronic acid in the molecular ratio of 8: 4: 4: 1 together with unknown uronic acids and trace amount of ribose. One of the unknown uronic acid was identified as 2,3-O-(1-carboxyethylidene)-D-glucuronic acid by NMR analysis of the methanolysate of the polysaccharide. Partial hydrolysis of the polysaccharide by acid (0.2 N TFA, 90℃, 5h) or by crude enzyme which was obtained from culture brose of Paenibacillus sp. afforded 5 oligosaccharide fragments. After pyridylamination, these oligosaccharides were isolated by reverse phase column chromatography, and structures were elucidated by 2D NMR. By comparison with the structures of these oligosaccharides, we concluded that the polysaccharide had a 5-membered repeating unit viz.→4)-β-D-Glcp-(1→4)-β-D-Xylp-(1→4)-[β-D-GlcAp-(1→6)]-β-D-Glcp-(1→4)-β-D-Galp-(1→, and residues in the repeating unit were partially substituted by 3-O-(1-carboxyethyl)-D-glucuronic acid or 2,3-O-(1-carboxyethylidene)-D-glucuronic acid in the GlcA moiety and by 2-O-Me-Man in the branched Glc moiety as shown in Figure 5.
  • 11. 食虫植物Nepenthes alataの補虫袋分泌液のペプチド分解能(第35回大会研究発表抄録), 安 忠一, 福崎 英一郎, 竹川 昇志, 岡澤 敦司, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 植物の化学調節, 35, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001855794
  • 19. C1化合物の植物代謝に与える影響(第7報) : イネ植物体におけるメチルアミン応答性タンパク質の解析(第35回大会研究発表抄録), 福崎 英一郎, 川本 百合, 白石 竹彦, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物の化学調節, 35, 2,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001855802
  • 20. C1化合物の植物代謝に与える影響, 第6報 : イネ植物体におけるメチルアミンに応答する遺伝子の解析(第35回大会研究発表抄録), 白石 竹彦, 渡辺 哲也, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物の化学調節, 35, 2, 226, 227,   2000年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001855803
  • 11 食虫植物Nepenthes alataの捕虫袋分泌液のペプチド分解能, 安 忠一, 福崎 英一郎, 竹川 昇志, 岡澤 敦司, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 35, 29, 30,   2000年11月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853515
    概要:Nepenthes is a unique genus of carnivorous plants that can capture insects in trapping organs called pitchers and digest them in pitcher fluid. The pitcher fluid includes digestive enzymes and is strongly acidic. Previous reports revealed that the pitcher fluid has strong proteolytic activity. The activity is thought to be essential for degradation of insect proteins. To elucidate the degradation process of proteins in the pitcher fluid, we evaluated peptide-degrading capacity of the fluid with B chain of oxidized insulin as a model substrate. LC-MS analysis demonstrated that the substrate was rapidly cleaved around hydrophobic amino acid residues. These cleavage sites were close to those by porcine pepsin A.
  • 19 「C1化合物の植物代謝に与える影響 (第7報) : イネ植物体におけるメチルアミン応答性タンパク質の解析」, 福崎 英一郎, 川本 百合, 白石 竹彦, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 35, 45, 46,   2000年11月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853523
    概要:The metabolism of C1 compounds in higher plants is an attractive research target. Rice plant growth test revealed that methylamine treatment inhibited the aerial part but stimulated the growth of root part. Proteins from methylamine treated rice and untreated rice were separated by two-dimensional gel electrophoresis (2D-PAGE). Eleven variable spots were observed by the overlap between comparisons of the methylamine treated and untreated rice plants. Peptide sequencing analysis of the variable spots revealed following fashion: 1) The protein level of glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase are increased in both aerial part and root; 2) one of germin-like protein was decreased in root; 3) one of malate dehydrogenases and voltage-dependent anion channel proteins were increased in the aerial part.
  • 20 C1化合物の植物代謝に与える影響、第六報 : イネ植物体におけるメチルアミンに応答する遺伝子の解析, 白石 竹彦, 渡辺 哲也, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 35, 47, 48,   2000年11月02日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853524
    概要:The metabolism of C1 compounds in higher plants in an attractive research target. Rice plant growth test revealed that methylamine treatment inhibited the aerial part by contrast stimulated the growth of root part. Homologues of seven independent genes, accumulated by methylamine treatment were isolated by the DD (Differential Display) method. Increase of mRNA level of two genes (MS1, cytosolic phosphoglycerate kinase homologue; MR1, chloroplast 23S ribosomal RNA homologue) was confirmed by Northern blot analysis. Further Northern blot analysis of the genes related to glycolytic pathway also indicated that stimulation of glycolysis system in methylamine treated plant.
  • 1M1045 大腸菌と細胞性粘菌よりなる粘性コロニーの解析, 沖 真弥, 等々力 政彦, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 小林 昭雄, 卜部 格, 四方 哲也, 生物物理, 40, 1,   2000年08月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001154312
  • 623 チューブリン特異的DNAアプタマーのin vitro selection, 蓮沼 誠久, 福崎 英一郎, 岡澤 敦司, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922262
  • 1007 耐乾燥性ラン藻Nostoc sp.の細胞外多糖の構造解析, 梶山 慎一郎, 八木 雅弘, 福崎 英一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 12,   2000年07月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002922430
  • 61. C1化合物の植物代謝に与える影響(第4報) : C1化合物による光酸化障碍の回避, 白石 竹彦, 福崎 英一郎, 三宅 親弘, 横田 明穂, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物の化学調節, 34, 2, 351, 352,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001846932
  • 62. C1化合物の植物代謝に与える影響(第5報) : シロイヌナズナにおけるC1化合物代謝に関する研究, 福崎 英一郎, 池田 達彦, 西河 貴史, 白石 竹彦, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物の化学調節, 34, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001846933
  • 85. インゲン植物体において多糖エリシター刺激により活性化される遺伝子群の解析, 福崎 英一郎, 松縄 彩子, 渡辺 哲也, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 植物の化学調節, 34, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001846956
  • 86. 食虫植物Nepenthes hybridaの細胞膜型プロトンポンプのcDNAクローニング, 福崎 英一郎, 安 忠一, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 植物の化学調節, 34, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001846957
  • 61 C1 化合物の植物代謝に与える影響(第4報) : C1 化合物による光酸化障害の回避, 白石 竹彦, 福崎 英一郎, 三宅 親弘, 横田 明穂, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 34, 121, 122,   1999年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853471
    概要:In plants, environmental adversity often leads to the formation of highly reactive oxy gen species. Even though light is the source of energy for photosynthesis, it can also be harmful to plants. Light-induced damage is targeted mainly to photosystem II and leads to the inactivation of electron transport systems and subsequent oxidative destruction of the reaction centers, in particular to the deactivation of PS II center proteins. We showed that incubation of rice leaf under the high light with CO_2-depleted air causes serious demage on photosynthesis, however the application of potassium formate or methanol could protect rice photosynthesis form photoinhibition.
  • 62 C1化合物の植物代謝に与える影響(第5報) : シロイヌナズナにおけるC1化合物代謝に関する研究, 福崎 英一郎, 池田 達彦, 西河 貴史, 白石 竹彦, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 34, 123, 124,   1999年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853472
    概要:Our experiments showed that methanol and formate are oxidized to CO_2 in Arabidopsis thaliana. Full length of FDH(formate dehydrogenase) gene, which catalyzed the conversion of formate to CO_2, was cloned by the RT-PCR and 3'-and 5'-RACE.
  • 85 インゲン植物体において多糖エリシター刺激により活性化される遺伝子群の解析, 福崎 英一郎, 松縄 彩子, 渡辺 哲也, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 34, 163, 164,   1999年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853495
    概要:Plants respond activily to infection and other environmental stresses and these responses are known to be induced by compounds, elicitors. We have focused on specific gene expressions induced by elicitors. To obtain desired specific genes, we performed differential display RT-PCR method with elicitor-treated plant. We will present the result of expression analysis of the gene family in French bean(Phaseolus vulgaris) induced by a carbohydrate elicitor, laminaran.
  • 86 食虫植物 Nepenthes hybrida の細胞膜型プロトンポンプのcDNAクローニング, 福崎 英一郎, 安 忠一, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 34, 165, 166,   1999年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853496
    概要:Carnivorous plants inhabit nutrient-poor environment and they capture insects to supplement their nutrient demand. Carnivorous plant Nepenthes hybrida has a special organ to capture and digest insects. Inside of this trapping organ(pitcher), acidic fluid which contains digestive enzymes is secreted. To elucidate the role of acidification of pitcher fluid in nutrient acquisition process, we cloned cDNA fragments which encode putative plasma membrane H^+-ATPase homologues. Northern analysis showed that one of the cloned products was expressed in roots, stems, petioles and pitchers. Among these tissues, the highest expression was observed in lower part of opened pitcher with natural prey.
  • 422 乾燥耐性を示す陸生ラン藻 Nostoc sp. の細胞外多糖, 梶山 慎一郎, 八木 雅弘, 福崎 英一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 11,   1999年08月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002920819
  • 423 イチョウ緑葉の黄化過程におけるクロロフィル代謝, 岡澤 敦司, 唐 蕾, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 11,   1999年08月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002920820
  • 424 Hematporphyrinと特異的に結合するDNA aptamerのインビトロセレクション, 岡澤 敦司, 前田 宏, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 11,   1999年08月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002920821
  • A-10 C1化合物の植物代謝に与える影響 : 蟻酸塩のイネ成長促進効果, 福崎 英一郎, 白石 竹彦, 梶山 慎一郎, 岡沢 敦司, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 33, 29, 30,   1998年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853358
    概要:The metabolism of C1 compounds in higher plants is an attractive research target. As a first step, we investigated the effect of formate on the growth of rice plant.Growth stimulation of the aerial part and increase of fresh weight were observed by the (Formate Dehydrogenase)specific activity was increased. These findings suggest the existence of formate metabolism in rice plant. We obtained FDH homologue sequence based on potato FDH sequence by RT-PCR method. The cDNA contains 1230 bp open reading frame. The deduced amino acid sequence shows high homology to other plant FDHs, so far reported.
  • 631 ブドウ培養細胞によるヒドロキシスチルベン化合物のラジカルカップリング反応, 福崎 英一郎, 小林 義隆, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 10,   1998年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002921534
  • 76(P55) 野生陸生ラン藻Nostoc communeのジェリー層内微生物フローラ制御物質(ポスター発表の部), 梶山 慎一郎, 中尾 素直, 小林 昭雄, 佐々木 克晴, 河津 一儀, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 40, 449, 454,   1998年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006679682
    概要:Recently blue-green algae (cyanobacteria) attract much attention because of their secondary metabolites with potent biological activities and unusual structures. Blue-green algae have also been checked for their metabolism influenced by symbiotic or parasitic microorganisms. For example, lichens, symbiotic organisms consisting of algae and fungi, produce peculiar secondary metabolites called lichen substances. Nostoc commune is a blue-green alga which often grows on wet ground surface in jelly clumps consisting of polysaccharides. Our preliminary experiment showed that many microorganisms including bacteria, fungi, and actinomycetes were residing in the jelly clumps of field grown Nostoc commune. On the other hand the methanol extract of this alga exhibited antifungal activity against 7 fungi (Aspergillus cardidus, Cladosporium herbarum, Botrytis fabae, Glomerella cingulata, Sclerotium rolfsii, Rhizoctoniasolani, Cercospora beticala) suggesting that the antimicrobial substance(s) may control microbial flora of the jelly clumps. As the first step to clarify the relationship between the alga and co-residing microorganisms, we isolated one of the antimicrobial principles-named nostofungicidine (1) from field-grown algal sample. The structure of nostofungicidine was elucidated mainly by chemical degradation and by extensive NMR measurements including DQF-COSY, HOHAHA, HMBC, and ROES Y techniques. Nostofungicidine was a novel lipopeptide containing a long chain beta amino acid, 3-amino-6-hydroxy stearic acid (Ahs) in its structure. Nostofungicidine was not found in the axenic culture of this alga and in the individual cultures of each tested microbial strain isolated from jelly clumps. On the other hand, one of the co-residing strain (tentatively identified as an actinomycete) produced a known antibiotic, echinomycin. Echinomycin had no antialgal effect toward axenic Nostoc commune at the concentration of 100 micro-g/ml. These results suggest that co-residing microorganisms may play an important role in the accumulation of microbial flora controlling substances not only through production of antimicrobial compound(s) but also through stimulation of the algal secondary metabolism.
  • 76(P55) 野生陸生ラン藻Nostoc communeのジェリー層内微生物フローラ制御物質(ポスター発表の部), 梶山 慎一郎, 中尾 素直, 小林 昭雄, 佐々木 克晴, 河津 一儀, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 40, 0, 449, 454,   1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005978424
    概要:Recently blue-green algae (cyanobacteria) attract much attention because of their secondary metabolites with potent biological activities and unusual structures. Blue-green algae have also been checked for their metabolism influenced by symbiotic or parasitic microorganisms. For example, lichens, symbiotic organisms consisting of algae and fungi, produce peculiar secondary metabolites called lichen substances. Nostoc commune is a blue-green alga which often grows on wet ground surface in jelly clumps consisting of polysaccharides. Our preliminary experiment showed that many microorganisms including bacteria, fungi, and actinomycetes were residing in the jelly clumps of field grown Nostoc commune. On the other hand the methanol extract of this alga exhibited antifungal activity against 7 fungi (Aspergillus cardidus, Cladosporium herbarum, Botrytis fabae, Glomerella cingulata, Sclerotium rolfsii, Rhizoctoniasolani, Cercospora beticala) suggesting that the antimicrobial substance(s) may control microbial flora of the jelly clumps. As the first step to clarify the relationship between the alga and co-residing microorganisms, we isolated one of the antimicrobial principles-named nostofungicidine (1) from field-grown algal sample. The structure of nostofungicidine was elucidated mainly by chemical degradation and by extensive NMR measurements including DQF-COSY, HOHAHA, HMBC, and ROES Y techniques. Nostofungicidine was a novel lipopeptide containing a long chain beta amino acid, 3-amino-6-hydroxy stearic acid (Ahs) in its structure. Nostofungicidine was not found in the axenic culture of this alga and in the individual cultures of each tested microbial strain isolated from jelly clumps. On the other hand, one of the co-residing strain (tentatively identified as an actinomycete) produced a known antibiotic, echinomycin. Echinomycin had no antialgal effect toward axenic Nostoc commune at the concentration of 100 micro-g/ml. These results suggest that co-residing microorganisms may play an important role in the accumulation of microbial flora controlling substances not only through production of antimicrobial compound(s) but also through stimulation of the algal secondary metabolism.
  • 21 インゲンのエリシガー処理時におけるフェニルプロパノイド生合成茎酵素遺伝子の発現, 松縄 彩子, 渡辺 隆司, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 岡澤 敦司, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 32, 47, 48,   1997年11月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001854012
  • 439 インゲンにおいてエリシター処理により誘導される未知遺伝子の単離・解析, 福崎 英一郎, 渡辺 隆司, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 9,   1997年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002924565
  • 58 イネ科植物における有機化合物の選択的取込み, 小林 昭雄, 高畠 陽平, 河津 一儀, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 植物化学調節学会研究発表記録集, 31, 115, 116,   1996年10月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853979
  • 935 グルコース, グルコサミンを含むキメラオリゴ糖のエリシター活性, 薮下 晴津子, 福崎 英一郎, 中西 豪, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本生物工学会大会講演要旨集, 8,   1996年09月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002925358
  • ペルオキシダーゼによって誘導される強力な細胞毒成分の同定と酵素合成 : 有機化学・天然物化学, 小林 昭雄, 馬場 健史, 佐々木 克晴, 萩原 弘達, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一儀, 日本農藝化學會誌, 70, 0,   1996年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002795595
  • ラン藻Nostoc communeの産生する有糸分裂阻害物質(第三報) : 有機化学・天然物化学, 梶山 慎一郎, 佐々木 克晴, 山崎 浩, 河津 一儀, 小林 昭雄, 日本農藝化學會誌, 70, 0,   1996年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002795597
  • ペルオキシダーゼ反応により誘導される生理活性物質(1) : 有機化学・天然物化学, 小林 昭雄, 馬場 健史, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一儀, 日本農藝化學會誌, 70, 0,   1996年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002795667
  • ペルオキシダーゼ反応によって誘導される生理活性物質(2) : 有機化学・天然物化学, 福崎 英一郎, 大上 忠宏, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本農藝化學會誌, 70, 0,   1996年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002795669
  • ラン藻Nostoc communeの純粋化と培養条件による代謝産物の変化 : 生物化学工学, 梶山 慎一郎, 野村 健三, 神崎 浩, 河津 一儀, 小林 昭雄, 日本農藝化學會誌, 70, 0,   1996年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002796488
  • 767 ペルオキシダーゼ反応による生理活性物質の生産, 小林 昭雄, 馬場 健史, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一儀, 日本生物工学会大会講演要旨集, 7,   1995年09月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002948036
  • ラン藻Nostoc sp.の産生する有糸分裂阻害物質(第二報) : 有機化学・天然物化学, 梶山 慎一郎, 佐々木 克晴, 神崎 浩, 河津 一儀, 小林 昭雄, 日本農藝化學會誌, 69, 0,   1995年07月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002788917
  • ラミナラン由来エリシターのインゲンに対する活性 : 糖鎖工学, 田井 章博, 大澤 恵理, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一儀, 小林 昭雄, 日本農藝化學會誌, 69, 0,   1995年07月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002789230
  • ムギによるC_6-C_3化合物の生物変換と生成物の抗菌活性及び根圏微生物に対する影響 : 有機化学・天然物化学, 金 明照, 井川 亜希子, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一儀, 小林 昭雄, 日本農藝化學會誌, 69, 0,   1995年07月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002789940
  • ペルオキシダーゼ反応により得られるグアイアコール重合物の構造と生理活性 : 有機化学・天然物化学, 小林 昭雄, 平木 雅弘, 馬場 健史, 神崎 浩, 梶山 慎一郎, 河津 一儀, 日本農藝化學會誌, 69, 0,   1995年07月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002789966
  • 陸生ラン藻Nostoc sp.の産生する抗菌活性物質(第二報) : 有機化学・天然物化学, 梶山 慎一郎, 佐々木 克晴, 神崎 浩, 河津 一儀, 小林 昭雄, 日本農藝化學會誌, 69, 0,   1995年07月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002789967
  • Streptomyces sp.923103株の生産するマツノザイセンチュウ増殖阻害物質 : 有機化学・天然物化学, 河津 一儀, 柏 秀樹, 神崎 浩, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 日本農藝化學會誌, 69, 0,   1995年07月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002790084
  • Streptomyces sp.A1212株が生産する昆虫トレハラーゼ阻害物質 : 有機化学・天然物化学, 神崎 浩, 池田 博幸, 大西 茂彦, 梶山 慎一郎, 小林 昭雄, 河津 一儀, 日本農藝化學會誌, 69, 0,   1995年07月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002790085
  • A3-17 アルファルファにたいしてエリシター活性を示すラミナラン由来オリゴ糖の構造, 田井 章博, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一儀, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 29, 43, 44,   1994年10月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853701
  • A3-18 リゾチタームの触媒する糖転移反応により合成したキトオリゴ糖の植物エリシター活性, 秋山 康紀, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一儀, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 29, 45, 46,   1994年10月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853702
  • 601 リゾチーム糖転移反応によるエリシター活性ヘテロ-N-アセチルキトオリゴ糖チオフェニル誘導体の酵素的合成, 小林 昭雄, 神崎 浩, 秋山 康紀, 梶山 慎一郎, 河津 一儀, 日本生物工学会大会講演要旨集, 6,   1994年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002923667
  • 41 植物防御系においてペルオキシターゼが関与する化学的防御機構の解析, 小林 昭雄, 小口 泰, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一義, 植物化学調節学会研究発表記録集, 28, 75, 76,   1993年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853649
  • 44 病原真菌細胞壁エリシターとモデルオリゴ糖エリシターのエンドウに対するファイトアレキシン及び類縁化合物の誘導能の比較, 秋山 康紀, 入佐 英紀, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一義, 小林 昭雄, 植物化学調節学会研究発表記録集, 28, 81, 82,   1993年10月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001853652
  • 47 植物防御系においてペルオキシダーゼが関与する化学的防御機構の解析(口頭発表の部), 小林 昭雄, 小口 泰, 神崎 浩, 梶山 慎一郎, 河津 一儀, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 35, 361, 368,   1993年09月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006679211
    概要:Plants induce varied resistance-response toward microbial challenge. In order to establish an infection, pathogenic fungi must break such defense barriers as lignin, phytoalexins, and hydrolytic enzymes. At the early stage of infection, POD (peroxidase) activity is enhanced dramatically. POD and lignin accumulates at the infected site and then protects from further fungal invasion. The suppression of lignin deposition at the site might be of advantage to susceptible pathogenic fungi. We, therefore, conducted a comprehensive screening to obtain POD inhibitors from fungal cultures and a potent radical scavenger named ST-1 was isolated from a fungus, and its chemical structure was elucidated to be 1,3-dihydro-4,5,6-trihydroxy-1,3-dimethoxy-7-methylisobenzofuran by a combination of chemical modification and spectroscopic techniques. ST-1 effectively scavenged oxygen radicals and also suppressed the phytoalexin accumulation in kidney bean. These results suggested that such a mechanism can be enumerated as one of significant defense systems intervening plants and microbes. On the other hand, the POD, activated upon pathogenic challenge, could convert common plant phenolics into bioactive compounds which interfered with pathogen and insect attacks. This idea prompted us to examine the possibility. Guaiacol and other phenols were chosen as model substrates for the enzyme reaction system, and several products with novel structures were confirmed to have unique biological activities. This paper deals with the chemical structures of a novel radical scavenger (ST-1) and the POD products with anti-microbial activities and phytotoxicities.
  • 細胞骨格作用物質 (細胞機能研究のための低分子プロ-ブ) -- (細胞機能調節物質), 小林 昭雄, 梶山 慎一郎, 蛋白質核酸酵素, 38, 11, p1730, 1741,   1993年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40002332202
  • 47 植物防御系においてペルオキシダーゼが関与する化学的防御機構の解析(口頭発表の部), 小林 昭雄, 小口 泰, 神崎 浩, 梶山 慎一郎, 河津 一儀, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 35, 0, 361, 368,   1993年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005977632
    概要:Plants induce varied resistance-response toward microbial challenge. In order to establish an infection, pathogenic fungi must break such defense barriers as lignin, phytoalexins, and hydrolytic enzymes. At the early stage of infection, POD (peroxidase) activity is enhanced dramatically. POD and lignin accumulates at the infected site and then protects from further fungal invasion. The suppression of lignin deposition at the site might be of advantage to susceptible pathogenic fungi. We, therefore, conducted a comprehensive screening to obtain POD inhibitors from fungal cultures and a potent radical scavenger named ST-1 was isolated from a fungus, and its chemical structure was elucidated to be 1,3-dihydro-4,5,6-trihydroxy-1,3-dimethoxy-7-methylisobenzofuran by a combination of chemical modification and spectroscopic techniques. ST-1 effectively scavenged oxygen radicals and also suppressed the phytoalexin accumulation in kidney bean. These results suggested that such a mechanism can be enumerated as one of significant defense systems intervening plants and microbes. On the other hand, the POD, activated upon pathogenic challenge, could convert common plant phenolics into bioactive compounds which interfered with pathogen and insect attacks. This idea prompted us to examine the possibility. Guaiacol and other phenols were chosen as model substrates for the enzyme reaction system, and several products with novel structures were confirmed to have unique biological activities. This paper deals with the chemical structures of a novel radical scavenger (ST-1) and the POD products with anti-microbial activities and phytotoxicities.
  • 43 発癌プロモーター・インドラクタム誘導体の微生物転換を利用した合成と構造活性相関(口頭発表の部), 入江 一浩, 梶山 慎一郎, 奥野 成倫, 小清水 弘一, 西野 輔翼, 岩島 昭夫, 林 英雄, 荒井 基夫, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 33, 329, 336,   1991年09月07日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006679011
    概要:Teleocidins are potent tumor promoters produced by actinomycetes. (-)-Indolactam-Val (ILV), which has the fundamental structure of teleocidins and is the minimum unit for tumor-promoting activity, is useful as a lead compound for structure-activity studies and receptor analysis. Hitherto, total syntheses of ILV and its analogues have been intensively investigated. However, more convenient syntheses are desirable from the view point of synthesizing various indolactam congeners for structure-activity studies. We have demonstrated that ILV was biosynthesized from L-Trp, L-Val and L-Met via N-Me-L-Val-L-Trp-ol using Streptoverticillium blastmyceticum NA34-17. Since N-Me-L-Val-L-Trp-ol can be chemically synthesized without difficulty, utilization of the microbial cyclization enzyme would be a convenient synthetic method of various indolactam analogues for structure-activity studies. We have metabolized twelve synthetic seco-compounds and obtained ten ILV congeners with L-Ala, Abu, γ,δ-Δ-Nva, Nva, Nle, tert-Leu, Leu, Ile, allo-Ile, Phg, instead of L-Val in ILV. These indolactam congeners were examined for two biological tests related to tumor promotion. They were binding ability to the 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate receptor and stimulation of radioactive inorganic phosphate incorporation into phospholipids of HeLa cells. The results indicated that both the hydrophobicity and the bulkiness of the substituents at position 12 increased these activities, demonstrating the recent hypothesis that the isopropyl group at position 12 of ILV is involved in the hydrophobic interaction on the receptor site.
  • 43 発癌プロモーター・インドラクタム誘導体の微生物転換を利用した合成と構造活性相関(口頭発表の部), 入江 一浩, 梶山 慎一郎, 奥野 成倫, 小清水 弘一, 西野 輔翼, 岩島 昭夫, 林 英雄, 荒井 基夫, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 33, 0, 329, 336,   1991年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005977497
    概要:Teleocidins are potent tumor promoters produced by actinomycetes. (-)-Indolactam-Val (ILV), which has the fundamental structure of teleocidins and is the minimum unit for tumor-promoting activity, is useful as a lead compound for structure-activity studies and receptor analysis. Hitherto, total syntheses of ILV and its analogues have been intensively investigated. However, more convenient syntheses are desirable from the view point of synthesizing various indolactam congeners for structure-activity studies. We have demonstrated that ILV was biosynthesized from L-Trp, L-Val and L-Met via N-Me-L-Val-L-Trp-ol using Streptoverticillium blastmyceticum NA34-17. Since N-Me-L-Val-L-Trp-ol can be chemically synthesized without difficulty, utilization of the microbial cyclization enzyme would be a convenient synthetic method of various indolactam analogues for structure-activity studies. We have metabolized twelve synthetic seco-compounds and obtained ten ILV congeners with L-Ala, Abu, γ,δ-Δ-Nva, Nva, Nle, tert-Leu, Leu, Ile, allo-Ile, Phg, instead of L-Val in ILV. These indolactam congeners were examined for two biological tests related to tumor promotion. They were binding ability to the 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate receptor and stimulation of radioactive inorganic phosphate incorporation into phospholipids of HeLa cells. The results indicated that both the hydrophobicity and the bulkiness of the substituents at position 12 increased these activities, demonstrating the recent hypothesis that the isopropyl group at position 12 of ILV is involved in the hydrophobic interaction on the receptor site.
  • 41 インドールアルカロイド発癌プロモーター・テレオシジンの生合成(口頭発表の部), 入江 一浩, 梶山 慎一郎, 舟木 敦, 小清水 弘一, 林 英雄, 荒井 基夫, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 31, 308, 315,   1989年09月17日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006678826
    概要:Teleocidins produced by actinomycetes are potent tumor promoters and peculiar indole alkaloids containing a nine-membered lactam ring and a complex monoterpenoid moiety. Among the teleocidin-producing actinomycetes, Streptoverticillium blastmyceticum NA34-17, which we had found to produce the Epstein-Barr virus early antigen inducing indole alkaloids, has a characteristic feature of producing (-)-indolactam V (1), the common biosynthetic intermediate of teleocidins, in quantity. This characteristic would be advantageous to obtain a wide variety of biosynthetic intermediates of teleocidins. Using this microorganism, the possible biosynthetic pathway of teleocidins shown in Fig. 8 was proposed by feeding experiments with several D or ^<13>C-labelled precursors and isolation of new teleocidin-related metabolites named blastmycetin D (8) and E (9). Feeding experiments with several D or ^<13>C-labelled amino acids and possible biosynthetic precursor showed that (-)-indolactam V (1) was biosynthesized from L-tryptophan, L-valine and L-methionine via N-methyl-L-valyl-L-tryptophanol (3). From the isolation of blastmycetin D (8) and E (9), and feeding experiments with D-labelled L-methionine, we proposed the hypothesis that (-)-N^1-nerylindolactam V was a common biosynthetic intermediate of teleocidins, and that the complex monoterpenoid moieties of teleocidins, for example those of olivoretin A, C and E (see Fig. 8), arose by difference of the sequence of the methylation and the aza-Claisen rearrangement, and the position of the methylation.
  • 41 インドールアルカロイド発癌プロモーター・テレオシジンの生合成(口頭発表の部), 入江 一浩, 梶山 慎一郎, 舟木 敦, 小清水 弘一, 林 英雄, 荒井 基夫, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 31, 0, 308, 315,   1989年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005977304
    概要:Teleocidins produced by actinomycetes are potent tumor promoters and peculiar indole alkaloids containing a nine-membered lactam ring and a complex monoterpenoid moiety. Among the teleocidin-producing actinomycetes, Streptoverticillium blastmyceticum NA34-17, which we had found to produce the Epstein-Barr virus early antigen inducing indole alkaloids, has a characteristic feature of producing (-)-indolactam V (1), the common biosynthetic intermediate of teleocidins, in quantity. This characteristic would be advantageous to obtain a wide variety of biosynthetic intermediates of teleocidins. Using this microorganism, the possible biosynthetic pathway of teleocidins shown in Fig. 8 was proposed by feeding experiments with several D or ^<13>C-labelled precursors and isolation of new teleocidin-related metabolites named blastmycetin D (8) and E (9). Feeding experiments with several D or ^<13>C-labelled amino acids and possible biosynthetic precursor showed that (-)-indolactam V (1) was biosynthesized from L-tryptophan, L-valine and L-methionine via N-methyl-L-valyl-L-tryptophanol (3). From the isolation of blastmycetin D (8) and E (9), and feeding experiments with D-labelled L-methionine, we proposed the hypothesis that (-)-N^1-nerylindolactam V was a common biosynthetic intermediate of teleocidins, and that the complex monoterpenoid moieties of teleocidins, for example those of olivoretin A, C and E (see Fig. 8), arose by difference of the sequence of the methylation and the aza-Claisen rearrangement, and the position of the methylation.

特許

  • 光学顕微鏡、および光学計測, 小関 泰之, 伊東 一良, 嶽 文宏, 福井 希一, 梶山 慎一郎, 北川 雄真, 西澤 典彦, 住村 和彦, JP2010059327, WO2010-140614
  • 光学顕微鏡およびその制御方法, 小関 泰之, 伊東 一良, 嶽 文宏, 福井 希一, 梶山 慎一郎, 北川 雄真, 西澤 典彦, 住村 和彦, 特願2011-518467, 特許第5501360号
  • レーザ加工装置及びレーザ加工方法, 植田 充美, 平尾 一之, 梶山 慎一郎, 坂倉 政明, ドゥミトリ トゥジリン, ザポロシェンコ ユーリ, 島田 竜太郎, 特願2007-268443, 特開2008-114059
  • PCRにより増幅させた伸長DNA鎖の検出方法、および、標的配列の測定方法, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 広実 慶彦, 梨原 善行, 特願2006-346582, 特開2008-154498
  • 形質転換体の製造方法及び酵母の新規変異株, 植田 充美, 平尾 一之, 梶山 慎一郎, 福崎 英一郎, 司 金海, 秦 洋二, 堤 浩子, 特願2006-346522, 特開2008-154497
  • 細胞の加工方法, 小林 昭雄, 福井 希一, 原島 俊, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 奥田 伸哉, 庄司 猛, 特願2001-349532, 特開2002-281970
  • 細胞の加工方法, 小林 昭雄, 福井 希一, 原島 俊, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 奥田 伸哉, 庄司 猛, 特願2001-349532, 特開2002-281970, 特許第3780334号, 特開2002-281970
  • 生物学的物質の導入法及び当該生物学的物質の導入法を用いた形質転換法生物学的物質の導入方法, 小林 昭雄, 福井 希一, 原島 俊, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 特願2003-316333, 特開2005-080570
  • 抗菌・抗カビ・抗炎症活性剤および活性化合物, 小林 昭雄, 梶山 慎一郎, 神崎 浩, 河津 一儀, モハド・イルハム・アデナン, 特願平7-342930, 特開平9-176090
  • 特許出願平5-223415「抗菌および抗カビ活性物質の製造方法」, *
  • 外来物質の導入方法, 小林 昭雄, 福井 希一, 原島 俊, 福崎 英一郎, 梶山 慎一郎, 奥田 伸哉, 庄司 猛, 特願2001-349559, 特開2002-325572, 特開2002-325572
  • 特許出願平6-34483「ラン藻由来の抗カビ活性剤およびその製造方法」, *
  • 特許出願平7-342914「抗菌・抗カビ・抗炎症活性物質とその製造方法」, *
  • 特許出願平7-342924「抗菌・抗カビ・抗炎症活性物質とその製造方法」, *
  • 特許出願平7-342930「抗菌・抗カビ・抗炎症活性剤および活性化合物」, *

受賞

  •   2003年, 日本生物工学会 論文賞 (共著)
  • 平成20年 バイオビジネスコンペジャパン 優秀賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 燃料作物ジャトロファの安全性評価に基づく抗発がんプロモーション活性物質の取得, 梶山 慎一郎
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), シングルセル包摂技術を用いた酵母表層提示酵素の高速活性測定系の開発, 梶山 慎一郎, 我々は、これまでの研究で、アルギン酸カルシウムビーズ中に核酸、タンパク質、あるいは細胞を封入する技術開発を行ってきた。本技術を用いれば、ビーズ内に酵母細胞を包摂し、この内で個々に酵素反応を起こさせることにより、反応後の標識分子の溶液中への拡散を防ぎつつ、活性の高い表層提示酵母細胞をビーズごとセルソーティングにより取得できると考えられる。そこで本研究では,近年発展の著しい,コンビナトリアルバイオエンジニアリングの手法を用いた、変異体タンパク質ライブラリーの大量作製とその大規模なスクリーニングに資する新しい表層提示酵母細胞のスクリーニング方法の開発を行った。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 非線形フォトニクスを用いた細胞内局在性代謝産物の取得と動態解析, 梶山 慎一郎, 本研究課題では,極短パルスレーザーによる非線形光学効果を利用して,新しい細胞内代謝産物の取得方法と解析方法を開発するとともに,これらを用いて細胞毒性を有する細菌由来アミロイド様凝集性タンパク質の細胞内での作用機作の解析を行った.この過程で,フェムト秒レーザーを用いた細胞微細加工装置により細胞内に凝集するタンパク質部分を切削・回収することに成功するとともに,非線形光学顕微鏡による無線色での細胞の観察に成功した.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), レーザーマイクロサンプリングによる植物細胞間ケミカルネットワークの解析, 梶山 慎一郎, 植物環境応答研究では主に、個体全体や、組織レベルでの代謝変動や遺伝子発現パターンの追跡に終始しており、個々の細胞で生じている応答のいわば"静的な平均"しか見てこなかった。しかし、環境応答メカニズムの全容を捉えるには、一細胞に基礎を置き遺伝子発現を含めた代謝産物の様態を正確に把握することが必要である。本研究ではエキシマレーザーを用いた一細胞操作技術および、超微量細胞内成分の分離に適したマイクロHPLCシステム駆使し,植物が微生物感染や物理的刺激を受けた場合の個々の細胞応答に関し、遺伝子を含めたケミカルシグナルの伝播の様態をオンサイトで観測することにより、当該領域に新知見をもたらすと共に、植物細胞における細胞間情報伝達の解析に新しい研究手法を提示することを目的としている。本研究により、レーザーを用いた特異的細胞への物理損傷誘起と、障害シグナルの細胞間伝播解析を行った。レーザー照射強度をコントロールすることにより、細胞壁、細胞膜を貫通する細孔を開け、人為的に特定細胞へ細胞損傷を引き起こすことができる。損傷を与えた細胞とその周辺細胞において細胞内代謝産物分析技術を用いて、1細胞定量RT-PCR,感染関連酵素活性のマイクロアッセイ法,NanoLC-MSやNanoCE-MSをにより関連化合物の定量を行い障害シグナルの細胞間伝播、周辺細胞で生じる代謝変動さらには、感染応答とのクロスリンクについて知見を得た。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 極短パルスレーザーを用いた細胞内局在性タンパク質作用因子の取得とその網羅的解析, 梶山 慎一郎, 近年、細胞間あるいは、細胞内情報伝達やこれに関わる各種生理作用物質の研究が、モレキュラーレベルで論じられるようになってきた。これらの研究は主に、組織や個体を用いたミュータントのフェノタイプの観察あるいは、関連分子のバルク調製による生化学的相互作用の解析に基づいたものがほとんどであるが、より正確で、直接的な知見を得るためには、バルクでの観測ではなく、個々の細胞で実際に起こっている情報伝達をオンサイトで観測し、そこで作用している物質を直接同定することが望ましいことは、言うまでもない。本研究では、細胞毒性を有する細菌由来アミロイド様凝集性タンパク質の細胞内での作用機作の解明、および、常染色体劣性遺伝の疾患の一種、ロバーツ症候群の原因核局在性遺伝子産物の細胞内での作用機作の解明を題材に取り上げ、細胞微細加工技術および、超微量生体物質分析技術を用いて、これらの分子のカウンターパートとなる、ホスト細胞由来相互作用因子の直接同定を試み、当該分野に新知見をもたらすと共に、1細胞を基盤としたライフサーベイヤ研究の重要性を指し示すことを目的としている。H18年度は、(1)極短パルスレーザーを用いたサブセルラーサンプリング装置のセットアップ、(2)GFP融合アミロイド蛋白質毒素TDH(腸炎ビブリオ由来)発現細胞の調製、(3)GFP融合ESCO2蛋白質発現細胞の調製、(4)サブセルラーマイクロサンプリングによる相互作用する蛋白質の取得を検討し、フェムト秒レーザーを用いたサブセラーミクロディセクションによって、GFP標識した細胞毒性を有する細菌由来アミロイド様凝集性タンパク質を切り出すことに成功した。また、微量分析技術として、PCRとLC-MSを組み合わせた新しい転写産物の分析法を確立した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), シングルセル代謝産物分析による花弁細胞成熱過程の追跡, 梶山 慎一郎, 本課題では、1細胞より細胞内容物をサンプリングし,その代謝産物を分析することを通じて、トレニア花弁の成熟過程について詳細な知見を得ることを目的として研究をおこなった。平成16年度は、(1)植物の準備・サンプリング用試料の調製、(2)花弁細胞へのレーザー照射の検討、(3)分析条件の確立について検討をおこないレーザー加工部から細胞内容物をサンプリングする方法を確立し、得られた試料の検出に成功した。平成17年度は得られたサンプルの定量分析に向けて、新しい定量PCRについて検討を行いった。具体的にはTaqManプローブを用いたリアルタイムPCR法と同様にPCR反応溶液中にプローブを入れ、TaqDNAポリメラーゼがこれを加水分解したときにできる「リポーター分子+プローブ5'末端の1塩基」に注目し、これをターゲットとしてESI-MSで分析することにより、微量かつ多種類の標的転写産物の分析を試みることを検討した。まず、リポーター分子としてFAM(fluorescein phosphoramidite)を用い、これに1塩基を付加したものがLC ESI-MSにおいて定量的に分析されることを確認した。また、同じリポーター分子に4種(A、T、G、C)の塩基が付加したものを調製し、LC ESI-MSに供したところ完全に分離することに成功した。次に、Torenia hybridaの由来のサンプルから当該手法を用いることによりGAPDH、CHSを検出することに成功した。また、プローブの5'末端の塩基を変えることにより、この二種類の遺伝子を同一反応中で同時に分析することに成功した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 新規細胞保護剤を指向したネンジュモ属ラン藻細胞外多糖質の解析, 梶山 慎一郎, 本研究は、極めて高い細胞外多糖質生産能及び、乾燥耐性を有する陸生ラン藻(Nostoc sp.)を題材とし、細胞外多糖質の精密な構造解析を行い、多糖構造と耐乾燥性との関わりについて知見を得るとともに、新規細胞保護剤開発のための基礎的知見を得ることを目的としている。昨年度の研究により、本多糖は構成糖としてを含むヘテロ多糖であることが判ったため、本年は多糖の部分分解を試み、構造解析を行った.方法としては、(1)0.2NTFA,90℃,5h部分加水分解、(2)本多糖を唯一の炭素源とし、生育可能なバクテリア(Paenibacillus sp.,DS-1)から調製した粗酵素液による分解を試みた。得られたオリゴ糖フラグメントをピリジルアミノ(PA)化し、逆相分取HPLCによりPA化フラグメントを単離した。これら単離したフラグメントについて各種NMR分析を行った。それぞれ^1H-^1H COSYにより各構成糖の1位のプロトンから順次つながりを追って各構成糖を帰属し、さらに、HMQCにより各々のカーボンの帰属を行った後、各構成糖の結合様式をHMBCにより決定した。その結果、(1)の条件からはβ-GlcA-(1→6)-β-Glc-(1→4)-Gal (residue A,MW518)、β-Glc-(1→4)-β-Xyl-(1→4)-[β-GlcA-(1→6)]-β-Glc-(1→4)-Gal(residue B,MW812)が、(2)の条件からはβ-GlcA-(1→6)-β-Glc-(1→4)-α-Gal-(1→4)-β-Glc-(1→4)-Xyl (residue C,MW812)が得られたことが明らかとなった。これらの部分構造より本多糖は、主鎖として→4)-β-Glc-(1→4)-β-Xyl-(1→4)-[β-GlcA-(1→6)]-β-Glc-(1→4)-α-Gal-(1→の繰り返し構造をもち、部分的にD-Man,L-Rhaおよび、未同定の単糖で置換された構造を有しているものと考えられた。
  • その他の研究制度, 陸生ラン藻の産生する生理活性代謝産物に関する研究
  • その他の研究制度, ラン藻細胞外多糖質の構造研究
  • その他の研究制度, 紫外レーザを用いた植物生細胞加工技術の開発
  • 非食用油糧生産植物由来毒性代謝産物の分析と制御