KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

辰巳 陽一タツミ ヨウイチ

プロフィール

所属部署名医学科
職名教授/室長
学位博士(医学)
専門血液内科一般、血液腫瘍、医療安全
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/586-tatsumi-youichi.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/60236552.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    血液内科全般に加え、特に血液腫瘍・悪性リンパ腫を専門とする他、医療安全対策室長として医療安全学全般に精通している。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2016/11/7
     読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」
     処方箋内容の適正性について
    ●2016/9/26
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     点滴する際の本来の流れや管理法等について
    ●2015/09/25
     朝日新聞
     治療について

学歴・経歴

学歴

  • 1978年04月 - 1984年03月, 近畿大学, 医学部

経歴

  •   2011年, 近畿大学医学部附属病院(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 血液内科学

研究キーワード

  • 分化, 活性型チロシンキナーゼ, トランスジェニックマウス, Tet-offシステム, 白血病原因遺伝子, 白血病, ES細胞, 増殖シグナル, 白血病幹細胞, 造血幹細胞, 慢性骨髄性白血病, 遺伝子変異, 4倍体胚補完法

論文

  • 前向き医療安全 第11回 患者さんはどこに!?〈その1〉, 辰巳陽一, 病院安全教育, 4, 6, 51‐57,   2017年06月
  • 産婦人科におけるリスクマネジメント インシデント・アクシデント, 辰巳陽一, 産婦人科の実際, 66, 6, 687‐694,   2017年06月01日
  • Romidepsin in Japanese patients with relapsed or refractory peripheral T-cell lymphoma: a phase I/II and pharmacokinetics study., Maruyama D, Tobinai K, Ogura M, Uchida T, Hatake K, Taniwaki M, Ando K, Tsukasaki K, Ishida T, Kobayashi N, Ishizawa K, Tatsumi Y, Kato K, Kiguchi T, Ikezoe T, Laille E, Ro T, Tamakoshi H, Sakurai S, Ohtsu T, International journal of hematology,   2017年06月, 査読有り
  • 前向き医療安全 第10回 合併症夜明け前~開国の日を待ちわびながら..., 辰巳陽一, 病院安全教育, 4, 5, 22‐26,   2017年04月
  • 医療機関の着地点,高信頼性組織(High Reliability Organization;HRO)とは何か, 辰巳陽一, 循環plus, 17, 6, 10‐12,   2017年03月
  • 前向き医療安全 第9回 事件と医療安全の狭間で, 辰巳陽一, 病院安全教育, 4, 4, 38‐43,   2017年02月
  • 初期研修で学んでおくべき集中治療のABC 1 ICUにおける安全対策~TeamSTEPPSの導入はICUを救えるか~, 辰巳陽一, レジデント, 10, 1, 5‐14,   2017年01月
  • Azacitidine therapy for low-risk myelodysplastic syndrome developing after solid organ transplantation., Inoue H, Morita Y, Rai S, Kakutani H, Ohyama Y, Taniguchi Y, Tanaka H, Shimada T, Tatsumi Y, Ashida T, Matsumura I, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 58, 2, 138, 142,   2017年, 査読有り
  • 今日から始める 臨床検査のヒューマンエラー対策 6)ヒューマンエラー対策におけるチームワークの重要性, 辰巳陽一, Medical Technology, 44, 13, 1402‐1411,   2016年12月
  • 前向き医療安全 第8回 先生,DNRって何ですか?, 辰巳陽一, 病院安全教育, 4, 3, 100‐103,   2016年12月
  • 医療安全地域ネットワークをつくろう, 辰巳陽一, 楠本茂雅, 長谷部圭司, 松島元子, 病院安全教育, 4, 2, 49‐67,   2016年10月
  • ノンテクニカルスキル/TeamSTEPPSで斬る医師VS看護師のコミュニケーショントラブル, 辰巳陽一, 病院安全教育, 4, 2, 114‐120,   2016年10月
  • 前向き医療安全 第7回 守らない,守る,守りすぎる, 辰巳陽一, 病院安全教育, 4, 2, 36‐40,   2016年10月
  • 前向き医療安全 第6回 医療(患者)安全への誤解!させる立場とする立場, 辰巳陽一, 病院安全教育, 3, 6, 96‐100,   2016年06月
  • 前向き医療安全 第5回 南大阪医療安全ネットワーク軍団の野望!~High Reliability OrganizationからHigh Reliability Areaへ!, 辰巳陽一, 病院安全教育, 3, 5, 21‐26,   2016年04月
  • 保存的に治癒した蜂窩織炎性大腸炎の1例, 鄭哲臣, 石田紹敬, 井上香織, 金政秀俊, 辰巳陽一, Gastroenterological Endoscopy (Web), 58, 5, 1050‐1055(J‐STAGE),   2016年
  • グッドジョブ!に注目する 褒められることのありがたみ―患者安全における「グッドジョブ」のこころを考える, 辰巳陽一, 患者安全推進ジャーナル, 42, 12‐17,   2015年12月
  • HIV-negative Primary Bone Marrow Hodgkin Lymphoma Manifesting with a High Fever Associated with Hemophagocytosis as the Initial Symptom: A Case Report and Review of the Previous Literature., Morita Y, Emoto M, Serizawa K, Rai S, Hirase C, Kanai Y, Ohyama Y, Shiga T, Tanaka H, Miyatake J, Tatsumi Y, Ashida T, Kimura M, Ito M, Matsumura I, Internal medicine (Tokyo, Japan), 54, 11, 1393, 1396,   2015年, 査読有り
  • Heterogeneity of intratumoral (111)In-ibritumomab tiuxetan and (18)F-FDG distribution in association with therapeutic response in radioimmunotherapy for B-cell non-Hodgkin's lymphoma., Hanaoka K, Hosono M, Tatsumi Y, Ishii K, Im SW, Tsuchiya N, Sakaguchi K, Matsumura I, EJNMMI research, 5, 10,   2015年, 査読有り
  • ヒューマンエラーを防ぐTeamSTEPPS 近畿大学医学部附属病院における全病院的なTeamSTEPPSの取り組みと研修の実際, 辰巳陽一, 山田明子, 西隈菜穂子, 看護展望, 39, 12, 1068, 1074,   2014年10月25日
  • Clinical importance of human herpes virus-8 and human immunodeficiency virus infection in primary effusion lymphoma., Kumode T, Ohyama Y, Kawauchi M, Yamaguchi T, Miyatake J, Hoshida Y, Tatsumi Y, Matsumura I, Maeda Y, Leukemia & lymphoma, 54, 9, 1947, 1952,   2013年09月, 査読有り
  • Localised giant haematoma and subsequent widespread purpura as a sign of acquired haemophilia A., Oiso N, Hirase C, Morita Y, Hirao A, Uchida S, Sasakawa A, Toyomasu M, Tatsumi Y, Matsumura I, Kawada A, The Australasian journal of dermatology, 54, 3, e67, 9,   2013年08月, 査読有り
  • [Relationship between red blood cell transfusion volume and posttransfusional iron overload in hematological diseases]., Ashida T, Kawano A, Yamada E, Ide D, Sugano C, Kato Y, Tsubakimoto Y, Ito S, Mine Y, Fujita M, Kanemitsu Y, Morishima Y, Morita Y, Tanaka H, Shimada T, Kawanishi K, Miyatake J, Tatsumi Y, Matsumura I, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 54, 4, 365, 369,   2013年04月, 査読有り
  • Successful allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in a young patient with Richter syndrome presenting with chronic lymphocytic leukemia and diffuse large B-cell lymphoma with different cell origins., Rai S, Matsuda M, Yamairi N, Eguchi G, Iwanaga T, Morita Y, Tanaka H, Tatsumi Y, Ashida T, Matsumura I, Internal medicine (Tokyo, Japan), 52, 2, 273, 276,   2013年, 査読有り
  • Dermoscopic assessment for a brushing treatment for a patient pelted with metal fragments in an industrial explosion., 大磯 直毅, 川田 暁, 諸富 公昭, 七部 史, 磯貝 典孝, 辰巳 陽一, J Dermatol 2012, 39, 12, 1104, 1105,   2012年12月, 査読有り
  • IgG4関連疾患に認めた総IgGとIgGサブクラス測定値(IgG1〜IgG4総和)との乖離についての考察, 井本 真由美, 渡辺 勝紀, 辰巳 陽一, 中江 健市, 上硲 俊法, 臨床病理, 臨床病理, 60, 11, 1053, 1057,   2012年11月25日
  • 血液疾患薬 ヒト免疫グロブリン製剤, 辰巳陽一, Medicina, 49, 11, 278, 281,   2012年11月01日
  • A case of intraocular lymphoma with central nervous system involvement and high interleukin-10 levels in both vitreous humor and cerebrospinal fluids:successsful tretment with a combinnation of intravitreal,intrathecal,and systemic therapy, 宮武 淳一, 川内 超矢, 口分田 貴裕, 山口 晃史, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 松村 到, 前田裕弘, 大黒のぶゆき, Int Canc Conf J, 2, 71, 75,   2012年10月
  • Recognition of complete response by long-term observation after treatment with 90Y-Ibritumomab tiuxetan for relapsed follicular lymphoma, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 嶋田 高広, 山口 晃史, 森田 泰慶, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 細野 眞, 松村 到, Acta Med Kinki Univ, 36, 2, 87, 89,   2012年09月
  • 発熱性好中球減少症における起因菌の変遷, 辰巳 陽一, 発熱性好中球減少症の予防と対策 改訂版, 24, 33,   2012年08月
  • Loss of genomic DNA copy numbers in the p18, p16, p27 and RB loci in blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm., 大磯 直毅, 川田 暁, 辰巳 陽一, 荒尾 徳三, 頼 晋也, 木村 雅友, 西尾 和人, 松村 到, Shigeo Nakamura, Tomoo Itoh,, Eur J Dermatol 2012,, 22, 3, 393, 394,   2012年05月, 査読有り
  • Cellulitis with leukocytopenia as an initial sign of acute promyelocytic leukemia., Sakamoto S, Oiso N, Emoto M, Uchida S, Hirao A, Tatsumi Y, Matsumura I, Kawada A, Case reports in dermatology, 4, 1, 47, 49,   2012年01月, 査読有り
  • Tumour-associated macrophages in diffuse large B-cell lymphoma: a study of the Osaka Lymphoma Study Group., Wada N, Zaki MA, Hori Y, Hashimoto K, Tsukaguchi M, Tatsumi Y, Ishikawa J, Tominaga N, Sakoda H, Take H, Tsudo M, Kuwayama M, Morii E, Aozasa K, Osaka Lymphoma Study Group., Histopathology, 60, 2, 313, 319,   2012年01月, 査読有り
  • IgG4関連疾患に認めたIgGサブクラス測定値(IgG1~IgG4総和)と総IgGの乖離についての考察 , 上硲 俊法, 井本真由美, 辰巳 陽一, 中江健市, 渡辺勝紀, 臨床病理, 60, 11, 1053, 1057,   2012年
  • Allergic contact dermatitis from diethyl sebacate in a topical antimycotic medicament., 平尾 文香, 川田 暁, 大磯 直毅, 東森 倫子, 立林 めぐ美, 辰巳 陽一, J Cosmet Dermatol Sci Appl 2012, 2, 3, 216, 218,   2012年
  • Cytokine profiles in relapsed multiple myeloma patients undergoing febrile reactions to lenalidomide., Morita Y, Shimada T, Yamaguchi T, Rai S, Hirase C, Emoto M, Serizawa K, Taniguchi Y, Ojima M, Tatsumi Y, Ashida T, Matsumura I, International journal of hematology, 94, 6, 583, 584,   2011年12月, 査読有り
  • Prognostic implication of types of tumor-associated macrophages in Hodgkin lymphoma, Mona A A Zaki,和田 直樹,池田 純一郎,橋本 光司,森井 英一,青笹 克之, 辰巳 陽一, 柴山 浩彦 , 山上 保, 塚口 眞知子, 武 弘典, 通堂 満, Virchows Arch, 459, 4, 361, 366,   2011年10月, 査読有り
  • Antimicrobials for the treatment of febrile neutropenia clinical useffulness of antimicrobial cycling, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 松村 到, Acta Med. Kinki Univ., 37, 1, 9, 18,   2011年08月
  • A case of Chronic Myelomonocytic Leukemia Who Developed Pericardial Effusion during Stably Controlled Leukocytosis, 森田 泰慶, 大山 雄一, 賴 晋也, 川内 超矢, 山口 晃史, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, INTERNAL MEDICINE, 50, 16, 1737, 1740,   2011年08月, 査読有り
  • Fluorodeoxyglucose uptake in the bone marrow after granulocyte colony-stimulating factor administration in patients with non-Hodgkin's lymphoma., Hanaoka K, Hosono M, Usami K, Tatsumi Y, Yamazoe Y, Komeya Y, Tsuchiya N, Ishii K, Sumita M, Nuclear medicine communications, 32, 8, 678, 683,   2011年08月, 査読有り
  • Superimposed linear graft-versus-host disease and secondary cutaneous involvement of anaplastic large cell lymphoma., Oiso N, Tatsumi Y, Rai S, Matsumura I, Kawada A, European journal of dermatology : EJD, 21, 4, 636, 638,   2011年07月, 査読有り
  • 研修医のための教育講座 悪性リンパ腫に対する分子標的治療, 辰巳陽一, 近畿大学医学雑誌, 35, 1, 55, 62,   2010年03月25日
  • Genital Infection as a First Sign of Acute Myeloid Leukemia., 大磯 直毅, 頼 晋也, 川原 繁, 辰巳 陽一, 川田 暁, Case Rep Dermatol, 2, 1, 18, 21,   2010年02月, 査読有り
    概要:陰股部の感染症を初発症状として、急性骨髄性白血病が発見された症例を報告した。
  • Efficacy of rituximab monotherapy for an elderly hemodialysis patient with primary cardiac lymphoma., Morita Y, Matsuda M, Yamaguchi T, Sakaguchi M, Rai S, Kanai Y, Hirase C, Kawanishi K, Miyatake J, Shimada T, Tatsumi Y, Ashida T, Maeda Y, Kanamaru A, Internal medicine (Tokyo, Japan), 49, 19, 2163, 2166,   2010年, 査読有り
  • 悪性リンパ腫に対するRI標識抗体療法の基礎と臨床 2.放射免疫療法の歴史と将来展望, 細野眞, 辰巳陽一, 金丸昭久, 山添譲, 血液フロンティア, 19, 12, 1905, 1911,   2009年11月30日
  • Relationship between expression of mutant type glutathione S-transferase theta-1 gene and reactivity of rapamycin in myelodysplastic syndrome., Maeda Y, Yamaguchi T, Sasakawa A, Tanaka M, Morita Y, Kawata S, Watanabe K, Hirase C, Takai S, Miyatake J, Tatsumi Y, Kanamaru A, Hematology (Amsterdam, Netherlands), 14, 5, 266, 270,   2009年10月, 査読有り
  • Change of CD20 Expression in Diffuse Large B-Cell Lymphoma Treated with Rituximab, an Anti-CD20 Monoclonal Antibody: A Study of the Osaka Lymphoma Study Group., Wada N, Kohara M, Ogawa H, Sugiyama H, Fukuhara S, Tatsumi Y, Kanamaru A, Hino M, Kanakura Y, Morii E, Aozasa K, Case reports in oncology, 2, 3, 194, 202,   2009年10月, 査読有り
  • A safety, pharmacokinetic and pharmacodynamic investigation of deferasirox (Exjade, ICL670) in patients with transfusion-dependent anemias and iron-overload: a Phase I study in Japan., Miyazawa K, Ohyashiki K, Urabe A, Hata T, Nakao S, Ozawa K, Ishikawa T, Kato J, Tatsumi Y, Mori H, Kondo M, Taniguchi J, Tanii H, Rojkjaer L, Omine M, International journal of hematology, 88, 1, 73, 81,   2008年07月, 査読有り
  • Clinical efficacy of all-trans retinoic acid for treating adult T cell leukemia, 前田 裕弘, 山口 晃史, 土方 康基, 田中 みやこ, 平瀨 主税, 高井 俊輔, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, J Cancer Res Clin Oncol, 134, 6, 673, 677,   2008年06月, 査読有り
  • All-trans retinoic acid attacks reverse transcriptase resulting in inhibition of HIV-1 replication, 前田 裕弘, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 田中 みやこ, 平瀨 主税, 高井 俊輔, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, Hematology, 12, 3, 263, 266,   2007年06月, 査読有り
  • 学生のための英語教材によるClinical Pathological Conference (CPC)の効果(医学教育シリーズ), 前田 裕弘, 林 孝浩, 川畑 由美子, 大野 恭裕, 北野 雅之, 宮本 勝一, 西郷 和真, 三井 良之, 佐藤 太郎, 岡本 勇, 中川 和彦, 佐野 博幸, 船内 正憲, 辰巳 陽一, 松尾 理, 近畿大学医学雑誌, 近畿大学医学雑誌, 32, 1, 57, 63,   2007年03月
  • 血液疾患に対するガンマグロブリン大量療法~その有効性と安全性~7.血液疾患に合併する難治性細菌感染症, 辰巳陽一, 金丸昭久, 血液フロンティア, 17, 1, 69, 78,   2006年12月30日
  • Induction of Significant Cytotoxic Activity for Autologous Leukemia Cells:Inverse Correlation betweenn Cytotoxicity and FOXP3 mRNA Expression, 土方 康基, 前田 裕弘, 山口 晃史, 森田 泰慶, 田中 みやこ, 平瀬 主税, 高井 俊輔, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, Journal of Cancer Molecules, 2, 6, 221, 226,   2006年12月
  • 血液疾患に合併する難知性細菌感染症, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 血液フロンティア, 17, 1, 69, 78,   2006年12月
    概要:血液疾患に合併する難知性細菌感染症の原因菌の変遷と使用抗生剤戸の相関について報告した。
  • 白血病治療中の感染症原因菌, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 血液疾患治療の支持療法, 21, 33,   2006年12月
    概要:白血病治療中の感染症原因菌の変遷と使用抗生剤の傾向との関係について報告した。
  • Successful reduced-intensity stem cell transplantation in a patient with myelodysplastic syndrome combined with Sweet's syndrome., Ashida T, Mayama T, Higashishiba M, Kawanishi K, Miyatake J, Tatsumi Y, Kanamaru A, Hematology (Amsterdam, Netherlands), 11, 3, 179, 181,   2006年06月, 査読有り
  • Possible molecular target therapy with rapamycin in MDS, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 山口 晃史, 土方康基, 松岡稔明, 田中みやこ, 森田 泰慶, 平瀬主税, 高井俊輔, 辰巳 陽一, 松田光弘, Leukemia &Lymphoma, 47, 5, 907, 911,   2006年05月, 査読有り
  • 紅皮症を呈したAnaplastic Large Cell Lymphomaの1例, 小田 香織, 川田 暁, 橋本 佳子, 磯貝 理恵子, 荒金 兆典, 辰巳 陽一, 皮膚の科学, 4, 5, 466, 470,   2005年10月
    概要:紅皮症を呈したAnaplastic Large Cell Lymphomaについて免疫組織学的に検討した。
  • 血液疾患治療の支持療法~最近の進歩~I 2.白血病治療中の感染症原因菌, 辰巳陽一, 金丸昭久, 血液フロンティア, 15, 6, 923, 933,   2005年05月30日
  • Extramedullary blast crisis derived from 2 different clones in the central nervous system and neck during complete cytogenetic remission of chronic myelogenous leukemia treated with imatinib mesylate., 松田 光弘, 金丸 昭久, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 平瀬主税, 田中みやこ, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, Int J Hematol, 81, 4, 307, 309,   2005年05月, 査読有り
    概要:イマチニブで骨髄細胞遺伝学的寛解を得ていた慢性骨髄性白血病患者において、中枢神経系および頸部に各々異なった2つのクローン由来の急性転化を生じた貴重な症例を経験したので、報告した。(英文)
  • 特発性造血障害に関する調査研究班 III. 不応性貧血(骨髄異形成症候群) 骨髄異形成症候群における細胞障害性T細胞による骨髄幹細胞のアポトーシス機序の解析―パーフォリン/グランザイム陽性MDS由来T細胞株K2‐MDSを用いて―, 金丸昭久, 森田泰慶, 松田光弘, 嶋田高広, 辰巳陽一, 前田裕弘, 特発性造血障害に関する調査研究班 平成16年度総括・分担研究報告書, 139, 140,   2005年
  • Philadelphia (Ph1)-negative myeloid/natural killer cell precursor leukemia evolving during Ph1-positive chronic myelogenous leukemia: report of two cases., 松田 光弘, 金丸 昭久, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 田中みやこ, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, Leukemia, 18, 12, 2036, 2038,   2004年12月
    概要:慢性骨髄性白血病(CML)は、造血幹細胞の異常であり、一般的には数年の慢性期を経て、フィラデルフィア染色体(Ph1)由来の急性転化を起こす。今回、CMLの慢性期にPh陰性クローン由来の、myeloid/NK細胞前駆細胞性白血病を発症した2例につき報告した。(英文)
  • A perforin/granzyme-positive MDS-derived T cell line, K2-MDS, induces apoptosis in CD34+ cells through the fractalkine-CX3CR1 system., 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 花本 仁, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, Clinical Immunology, 113, 1, 109, 116,   2004年10月, 査読有り
  • Microbiological data for patients with febrile neutropenia., 金丸 昭久, 辰巳 陽一, Clin Infect Dis., 15, 39(1), 7, 10,   2004年07月
  • NK-cell related neoplasms in Osaka, Japan., 宮里肇, 金丸 昭久, 花本 仁, 辰巳 陽一, Nakatsuka S, Dong Z, Takakuwa T, Oka K, Aozasa K Osaka Lymphoma Study Group., Am J Hematol., 76, 3, 230, 235,   2004年07月, 査読有り
  • CD34+ progenitors from MDS patients are unresponsive to SDF-1, despite high levels of SDF-1 in bone marrow plasma., 松田 光弘, 金丸 昭久, 森田 泰慶, 花本 仁, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, Leukemia, 18, 5, 1038, 1040,   2004年05月
    概要:骨髄異形成症候群(MDS)では無効造血が特徴とされるが、その機序は明らかではない。一方、SDF-1/CXCR4系は造血幹細胞の分化・増殖に重要な役割をすることで注目されているケモカインである。今回、MDSの骨髄CD34陽性細胞とSDF-1/CXCR4系の関連を解析した。その結果、MDSでは、CD34陽性細胞のSDF-1による遊走能が低下し、それは、骨髄アポトーシスと関連していた。またMDS骨髄血漿中のSDF-1濃度も有意に増加していた。これらから、MDSではSDF-1/CXCR4系が関与していることが示唆される。(英文)
  • Expression of CCL28 by Reed-Sternberg cells defines a major subtype of classical Hodgkin's disease with frequent infiltration of eosinophils and/or plasma cells, 花本 仁, 中山 隆志, 宮里 肇, 竹川 澄男, 稗島 州雄, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 義江 修, American Journal of Pathology, 164, 3, 997, 1006,   2004年03月, 査読有り
  • 特発性造血障害に関する調査研究 不応性貧血 骨髄異形成症候群におけるSDF‐1/CXCR4系異常とアポトーシスとの関連, 金丸昭久, 松田光弘, 森田泰慶, 辰巳陽一, 前田裕弘, 特発性造血障害に関する調査研究班 平成15年度総括・分担研究報告書, 126, 127,   2004年
  • Cutting edge: Profile of chemokine receptor expression on human plasma cells accounts for their efficient recruitment to target tissues, 中山 隆志, 稗島 州雄, 伊澤 大, 義江 修, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, The Journal of Immunology, 170, 3, 1136, 1140,   2003年02月
  • Follicular lymphoma in Osaka, Japan: histological features and chronological change., Miyazato H, Nakatsuka S, Miyanaga I, Hanamoto H, Tatsumi Y, Matsuda M, Maeda Y, Kanamaru A, Aozasa K, Osaka Lymphoma Study Group., International journal of hematology, 76, 4, 333, 337,   2002年11月, 査読有り
  • A case of hypoplastic chronic myelogenous leukemia initiating with pancytopenia., 松田 光弘, 金丸 昭久, 宮里肇, 上田里美, 森田 泰慶, 坂口 美佳, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, Int J Hematol., 75, 3, 335, 336,   2002年04月, 査読有り
    概要:汎血球減少で発症し、特異な経過をとった慢性骨髄性白血病の一例を報告した。発症は、フィラデルフィア染色体を有し、その後約2カ月でリンパ性急性転化をした。一時的に化学療法が奏功したが、その後再発し、死亡した。(英文)
  • Frequent expression of CCR4 in adult T-cell leukemia and human T-cell leukemia virus type 1-transformed T cells, 義江 修, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 藤澤 隆一, 中山 隆志, 伊澤 大, 稗島 州雄, Hitomi Harasawa Shimeru Kamihira Yasuaki Yamada, Hideaki Tago, Kouji Matsushima, Hitoshi Hasegawa, Blood, 99, 5, 1505, 1511,   2002年03月
  • Detection of myeloperoxidase gene expression by in situ hybridization in a case of granulocytic sarcoma associated with AML-MO., 宮里肇, 金丸 昭久, 曽野弘士, 内木 義人, 宮武 淳一, 野﨑 祐史, 山口 晃史, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, Leukemia., 15, 11, 1797, 1799,   2001年11月
    概要:AML-MOによる顆粒細胞肉腫では、ミエロペルオキシダーゼ蛋白の発現が少なく診断が困難であるが、ミエロペルオキシダーゼ遺伝子の発現をin situ hybridization を使って検出することにより骨髄球系腫瘍であることを証明することができる。(英文)
  • アトピー性皮膚炎(AD)モデルマウス(NC/Nga)を用いた同種骨髄移植に基づく病態解析と治療法の検討, 木村 英嗣, 辰巳 陽一, 宮里 肇, 山田 秀和, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌, 26, 1, 31, 41,   2001年04月25日
  • 非寛解期造血器悪性腫瘍患者に対する同種骨髄移植の治療成績, 芦田 隆司, 木村 英嗣, 縄田 浩行, 東芝 昌樹, 炭本 至康, 佐野 徹明, 宮里 肇, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 椿 和央, 移植, 移植, 36, 2, 130, 136,   2001年04月10日
  • 分子レベルからみた腹膜硬化の成因と治療 腹膜機能低下の発症機序 グルコースとTGF‐β1の関与, 米川智, 今田聡雄, 内木義人, 坂口美佳, 大野卓志, 岩本一郎, 田中久夫, 辰巳陽一, 金丸昭久, 腎と透析, 49, 23, 27,   2000年09月30日
  • 腹膜機能低下の発症機序-グルコースとTGF-β1の関与-, 米川 智, 今田 聰雄, 田中 久夫, 内木 義人, 坂口 美佳, 岩本 一郎, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 長谷川 廣文, 金丸 昭久, 大野 卓志, 腎と透析, 49, 別冊, 23, 27,   2000年09月
    概要:グルコースによる腹膜中皮細胞の増殖能抑制の機序としてTGF-β1の発現の亢進と、そのRb蛋白質のリン酸化抑制による細胞周期制御異常の関与が考えられる。腹膜機能低下発症の機序としてTGF-β1が重要な役割を担っている可能性が示唆された。
  • A case of adult-onset Still's disease complicated by non-Hodgkin's lymphoma., 曽野 弘士, 金丸 昭久, 松尾 晃樹, 宮里肇, 坂口 美佳, 松田 光弘, 浜田欣哉, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 船内 正憲, Lupus, 9, 6, 468, 470,   2000年08月
    概要:成人スティル病治療中に悪性リンパ腫を合併した一例を経験した。本症例は、いまだ不明な点の多い成人スティル病の病態が、リンパ腫発生に関与した可能性を示唆した。悪性リンパ腫は成人スティル病の稀ではあるが致死的な合併症の一つとして認識されるべきである。
  • <原著>Multicentric Castleman's Disease患者に認められたT細胞芽球化抑制因子の同定, 佐野 徹明, 辰巳 陽一, 木村 英嗣, 嶋田 高広, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌, 近畿大学医学雑誌, 25, 1, 69, 77,   2000年06月25日
    概要:Multicentric Castleman's Diseaseは非定型リンパ球増殖性疾患の1つであり, 多クローン性形質細胞性リンパ腫の組織像を呈し, 臨床像としては発熱, 貧血, 高ガンマグロブリン血症等の急性炎症性変化を来す疾患群である.またその臨床経過中免疫異常を来し, 感染症や悪性疾患を合併するものもあるが, その原因は不明である.本研究では, Multicentric Castleman's Disease患者血清中にレクチン誘導性T細胞芽球化を著明に抑制する分画を見いだし, 分離後検討を加えた.患者血清より分離精製されてきたT細胞芽球化抑制因子の候補として, IL-6依存性急性炎症性タンパクであるα2マクログロブリンが考えられた.同分子は以前より免役機構への関与が考えられている720kDの巨大分子である.この患者由来のα2マクログロブリンは健常人由来のそれと比較して強い芽球化抑制能を示し, また一方ではペプチドマッピングにおいて泳動パターンの相違を認め, 両者間の質的差異が示唆された.これらのことから, 患者由来のα2マクログロブリンが何らかの修飾を受けることによって, より強い芽球化抑制能を獲得していると考えられた.
  • 免疫沈降法, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 血液・腫瘍科, 40, 3, 121, 127,   2000年01月
    概要:細胞生物学から分子生物学レベルまで、現在では蛋白の分離精製は必須のテクニックとなりつつある。免疫沈降法はこのうちで最も基礎的かつ応用範囲の極めて広いテクニックである。本稿で我々は免疫沈降法について実際のプロトコールとともに解説した。
  • Establishment of a myelodysplastic syndrome (MDS)/secondary AML-derived T lymphoid cell line K2-MDS, 松田 光弘, 前田 裕弘, 炭本 至康, 縄田 浩行, 佐野 徹明, 東芝 昌樹, 辰巳 陽一, 堀内 房成, 金丸 昭久, 入交 清博 葉賀 久恵, Leukemia Research, 24, 103, 108,   2000年01月
    概要:骨髄異形成症候群(MDS)は造血幹細胞の異常である。今回、MDSから急性骨髄性白血病へ転化した患者末梢血から、特異なTリンパ性細胞株K2-MDSを樹立したので、その性格付けを行い、報告した。(英文)
  • 骨髄移植と免疫機構, 辰巳陽一, Biother Today, 5, 1, 29, 37,   1998年06月
  • MDS患者におけるGSTT1遺伝子異常 (厚生省S), 金丸昭久, 前田裕弘, 岸本至康, 縄田浩行, 東芝昌樹, 松田光弘, 辰巳陽一, 堀内房成, 血液系疾患調査研究班特発性造血障害分科会 平成9年度研究業績報告書, 44, 45,   1998年
  • レチノイン酸による成人T細胞白血病細胞増殖抑制効果, 宮武 淳一, 前田 裕弘, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 浦瀬 文明, 堀内 房成, 入交 清博, 堀内 篤, 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology, 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology, 19, 5, 477, 487,   1996年10月31日
    概要:We observed the effects of the retinoic acid (13-cis retinoic acid; 13-cis RA, and all-trans retinoic acid; ATRA) for the cell growth and the expression of CD 25 on peripheral blood mononuclear cells (PBMC) from 17 patients with adult T cell leukemia (ATL). Fourteen had acute type, 1 had chronic type, and 2 had smoldering type of ATL. We divided those patient into 3 groups (hyper-sensitive, sensitive and resistant group) by determined with reduction rate of [3H]-thymidine incorporation obtained before and after treatment with 13-cis RA or ATRA respectively. Growth inhibition was not observed in normal PBMC by 13-cis RA or ATRA. However, no down-regulation of CD 25 expression was observed on PBMC in all patients and normal individuals after treratment with 13-cis RA or ATRA. In the aspect of growth inhibition on PBMC in ATL patients, we tried to clarify the mechanism of the phenomenon. In agarose gel electrophoresis, extracted genomic DNA from retinoic acid treated PBMC in hyper-sensitive and sensitive ATL patients showed multimer DNA fragmentation pattem. On the other hand, genomic DNA from PBMC after treatment with retinoic acid in resistant ATL patients and normal individuals showed high molecular DNA pattern. without fragmentation. Taken together, it is suggested that retinoic acid could induce growth inhibition of PBMC in some ATL patients resulting in DNA fragmentation, apoptosis. We deeply consider that retinoic acid may be an useful agent for ATL patients in clinical aspect.
  • 特集 胸腺間質細胞と機能 胸腺間質系細胞によるT細胞の分化・増殖, 辰巳陽一, 藤原大美, Immunohaematology, 12, 2, 211, 216,   1990年06月
  • <原著>胸腺間質系細胞による未熟胸腺細胞の分化誘導, 辰巳 陽一, 近畿大学医学雑誌, 近畿大学医学雑誌, 14, 4, 617, 628,   1989年12月25日
    概要:The author investigated the capacity of our established thymic stromal cell clone (MRL 104.8a) or its derived factor(s) to induce differentiation of immature thymocytes. One-day culturing of purified adult murine double negative (CD4^-8^-) thymocytes on the MRL 104.8a thymic stromal cell monolayer resulted in the induction of an appreciable per cent of CD4^-8^+ thymocytes. A bone marrow-derived stromal cell or L929 fibroblast monolayer failed to generate CD4^-8^+ cells. This differentiation could also be induced by a semi-purified sample of the MRL 104.8a culture supernatant that contained thymic stroma-derived T cell growth factor (TSTGF) capable of contributing to the growth of double-negative immature thymocytes. CD4^-8^+ thymocytes generated one day after co-culturing with the MRL 104.8a cells or the TSTGF-containing sample were found to be CD3^- J11d^+, excluding a possibility of expansion of mature (CD3^+4^-8^+) thymocytes present in the thymus. More importantly, when the culture period was extended to 2 or 3 days, an appreciable number of CD4^+8^+ and single positive (CD4^+) cells were generated on the MRL 104.8a monolayer. Thus, these results the directly demonstrate that CD3^-4^-8^- immature thymocytes are promoted to differentiate through a rapidly cycling intermediate (CD3^-4^-8^+) into double- and single-positive cells by a specialized thymic stromal component.
  • 特集 胸腺と免疫応答 Thymic Stroma‐derived Factors, 熊ノ郷淳, 辰巳陽一, 藤原大美, 免疫薬理, 7, 4, 395, 399,   1989年10月20日
  • 5q‐症候群の2例, 小山敦子, 白川親, 辰巳陽一, 堀内房成, 浜崎浩之, 藤本卓也, 佐藤充重, 入交清博, 堀内篤, 臨床血液, 30, 5, 707, 712,   1989年05月

書籍等出版物

  • 発熱性好中球減少症, Febrile neutropenia(FN)における起因菌の変遷, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 共著, 医薬ジャーナル社,   2005年04月
    概要:近畿大学におけるFebrile neutropenia(FN)における起因菌の変遷について検討した。カルバペネム系抗生剤の頻用以降、G陰性菌の頻度およびMRSAの頻度が増加しており、抗生剤使用の方法に一考を要することが示唆された。
  • 発熱性好中球減少症の予防と対策, 発熱性好中球減少症における起炎菌の変遷, 辰巳 陽一, 単著, 医薬ジャーナル社,   2010年01月
    概要:発熱性好中球減少症における当院での起炎菌の変遷および抗生剤選択について解説した。
  • がんサポート, 難治性B細胞リンパ腫に放射免疫療法, 辰巳 陽一, 単著, エビデンス社,   2010年03月
    概要:難治性B細胞リンパ腫に対する放射免疫療法の使用の実態につき、当院の成績をもとに提示した。

講演・口頭発表等

  • TeamSTEPPS概論, 辰巳陽一, 日本環境感染学会誌,   2017年02月
  • 全部署間相互スライドピアレビュー方式を用いた,TeamSTEPPSの現場浸透の試み, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2017年
  • チームの目線から見たマニュアルの見直し, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2017年
  • チーム医療構築の中でのフォロワーシップの重要性, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2017年
  • 医療安全とコミュニケーション及び相互連携に関する実証研究, 辰巳陽一, 峰滝和典, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2017年
  • ポジティブインシデントコメント内容の検討, 西川三恵子, 島元健次, 加戸聖美, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2017年
  • 南大阪医療安全ネットワークの展開, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2017年
  • 医療安全における責めないことの意味, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2017年
  • バーコード認証によるピッキングサポートシステムの活用, 島元健次, 辰巳陽一, 加戸聖美, 西川三恵子, 大洞佳代子, 古川諭, 柳江正嗣, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2017年
  • ポジティブインシデント活動の取り組み, 西川三恵子, 島元健次, 加戸聖美, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2016年10月31日
  • Resilientな医療安全対応を目指して―ポジティブインシデント報告のそれから―, 辰巳陽一, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2016年10月31日
  • バーコード認証によるピッキングサポートシステムの活用, 島元健次, 島元健次, 柳江正嗣, 古川諭, 森嶋祥之, 西川三恵子, 加戸聖美, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2016年10月31日
  • 鉄過剰症の臨床像とその対応, 辰巳陽一, 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集,   2016年08月
  • 血液浄化Hand‐Offシート導入による効果, 河村明子, 嶋本久乃, 六条律子, 能勢和宏, 谷山佳弘, 有馬秀二, 辰巳陽一, 日本透析医学会雑誌,   2016年05月28日
  • Post‐herpes zoster sarcoidosisの1例, 山内康平, 大磯直毅, 川田暁, 辰巳陽一, 松村到, 岩永賢司, 東田有智, 日本皮膚科学会雑誌,   2016年05月15日
  • 輸血事故対策の理想?と現実, 辰巳陽一, 辰巳陽一, 日本輸血細胞治療学会誌,   2016年04月01日
  • 同種造血幹細胞移植後に再発した骨髄異形成症候群(MDS)におけるAzacitidine(AZA)療法, 吉川智恵, 芹澤憲太郎, 森田泰慶, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 臨床血液,   2016年02月28日
  • 孤発性皮膚myeloid sarcomaの1例, 齋藤花往里, 頼晋也, 岩田吉生, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 柳原緑, 大磯直毅, 川田暁, 臨床血液,   2016年02月28日
  • CLLの経過中に発症したHodgkin variant of Richter syndromeの1例, 藤本昂, 頼晋也, 岩田吉生, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 臨床血液,   2016年02月28日
  • HRA(High Reliability Area)への想い, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2016年
  • チーム医療の視点から見た確認の考え方とその改善, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2016年
  • TeamSTEPPSから学ぶBriefing・Huddle・Debriefingによるリスクガード, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2016年
  • Team STEPPSの院内教育, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2016年
  • TeamSTEPPS導入の問題点とその考え方, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2016年
  • 医師・看護師間のコミュニケーションエラーを防ぐためのポイント~医師の立場から~, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2016年
  • 一般市民への医療安全の勧め 医療安全の立場から, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2016年
  • 当院における高齢嚥下障害患者に対する取り組み, 大洞佳代子, 西川三恵子, 山田明子, 辰巳陽一, 福田寛二, 医療の質・安全学会誌,   2015年10月31日
  • 当院における中心静脈穿刺手技講習の取り組み, 保田知生, 西川三恵子, 山田明子, 大洞佳代子,辰巳陽一,竹山宜典, 奥野清隆, 医療の質・安全学会誌,   2015年10月31日
  • 急性ストレスへのメンタルヘルス支援―アクシデント発生後の職員対応フローチャート作成―, 山田明子, 保田知生, 西川三恵子, 池田行宏, 辰巳陽一, 竹山宜典, 医療の質・安全学会誌,   2015年10月31日
  • チーム医療醸成のための前向き医療安全アプローチ, 辰巳陽一, 日本医療マネジメント学会雑誌,   2015年06月01日
  • 若年劇症型再生不良性貧血に対する臍帯血移植に成功した一例, 口分田貴裕, 岩田吉夫, 谷口貴秀, 源周治, 大山泰世, 佐野圭吾, 川内超矢, 芹澤憲太郎, 谷口康博, 頼晋也, 金井良高, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集,   2015年02月06日
  • 同種造血幹細胞移植患者に対するフルコナゾールとイトラコナゾールによる侵襲性アスペルギローシス予防効果の比較:D‐index scoreを用いた後方視的解析, 宮武淳一, 岩田吉生, 谷口貴英, 源周治, 大山泰世, 川内超矢, 佐野圭吾, 口分田貴裕, 芹澤憲太郎, 谷口康博, 頼晋也, 金井良高, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集,   2015年02月06日
  • 同種造血幹細胞移植前処置におけるフルダラビン併用下での静注ブスルファン使用量の後方視的解析, 芹澤憲太郎, 森田泰慶, 谷口貴英, 岩田吉生, 源周治, 大山泰世, 川内超矢, 金井良高, 頼晋也, 平瀬主税, 田中宏和, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集,   2015年02月06日
  • A病棟の看護師の与薬時における確認不足の原因を求めて, 松居大樹, 田尻ゆかり, 辰巳陽一, 山田明子, 医療の質・安全学会誌,   2014年10月31日
  • 当院における救急および急性医療におけるVTE予防の導入, 保田知生, 柳生行伸, 塩川泰啓, 谷口貢, 山田明子, 実原恵美子, 辰巳陽一, 池上博司, 竹山宜典, 奥野清孝, 医療の質・安全学会誌,   2014年10月31日
  • より良い鎮痛・鎮静管理を目指して, 宮本アキ, 山田明子, 大磯直毅, 保田知生, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2014年10月31日
  • 医療安全のための栄養部の取り組み~緊急時のコミュニケーション向上のために~, 菅野真美, 梶原克美, 西村町子, 山田明子, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2014年10月31日
  • チームステップス活用への取り組み, 羽崎豊, 田中加津美, 山田明子, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2014年10月31日
  • 重大事例対策の不十分な遵守率とその対策, 実原恵美子, 山田明子, 保田知生, 大磯直毅, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2014年10月31日
  • 妊娠に合併したヘパリン起因性血小板減少症の1例, 池田守, 芹澤憲太郎, 森田泰慶, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 臨床血液,   2014年02月28日
  • 当院における同種造血幹細胞移植時のダプトマイシンの有用性と安全性, 芹澤憲太郎, 森田泰慶, 江本正克, 大山泰世, 福井彩乃, 井上宏昭, 川内超矢, 金井良高, 平瀬主税, 田中宏和, 嶋田高広, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集,   2014年02月14日
  • Efficacy of early intervention of deferasirox in patients with transfusional iron overload, 芦田 隆司, 丸瀬ちほ, 福島靖幸, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 伊藤志保, 峯 佳子, 藤田往子, 金光 靖, 森嶋祥之, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 松村 到, 第75回日本血液学会学術集会,   2014年, 第75回日本血液学会学術集会
  • 「TeamSTEPPSとはなにか」―TeamSTEPPS導入の道程と課題―, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2014年
  • 当院における周術期肺塞栓症予防の取り組みと今後の安全管理における対策, 保田知生, 柳生行伸, 塩川泰啓, 山田明子, 辰巳陽一, 池上博司, 竹山宜典, 奥野清隆, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2014年
  • 新たな医療事故調査制度の下での院内対応はどうあるべきか 実務上の問題点と対策, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2014年
  • 高機能エアーマット使用時の転落リスク低減への取り組み―ベッドサイドレールの基準化―, 堂本勝子, 大磯直毅, 辰巳陽一, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2014年
  • 当院の転倒転落防止活動におけるチェックシート活用の試み, 花田一志, 西本拓真, 高橋直美, 杉谷竜司, 松居大樹, 山田明子, 山田明子, 三井良之, 辰巳陽一, 福田寛二, 日本医療安全学会学術総会抄録集,   2014年
  • T-cell/histio-rich large B-cell lymphoma, 福井 彩乃, 平瀨 主税, 江本 正克, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第202回日本内科学会近畿地方会,   2013年12月, 第202回日本内科学会近畿地方会
  • 透析終了業務時におこったコミュニケーションエラーについてTeamSTEPPSで振り返る, 第8回医療の質・安全学会 学術集会,   2013年11月, 第8回医療の質・安全学会 学術集会
    概要:【背景と目的】人工透析業務には、迅速な対応が必要とされる場面が多く、医師の指示を待たずに看護師や臨床工学技士の判断で対応することがある。今回、医師の透析継続指示に反し、患者の終了希望を優先し透析を終了するという事例が発生した。医師の指示に従うことは業務上重要であるが、透析続行により患者の安全が保たれない可能性もあり得る。医師と看護師の間に確執を残さず、かつ、看護師・技師が安易に透析終了の判断を下す傾向にないよう、TeamSTEPPSにのっとっりコミュニケーション上の問題点や改善策をチームで再検討した。【取り組み】透析終了業務時に起こった事例について、TeamSTEPPSの考え方をもとに振り返りを行った。【結果】患者が透析終了を希望した際、他患者の透析終了時間が重なっており、担当看護師が一人で医師への連絡や患者の対応をしていた。医師に透析を終了したい事を電話で報告するが、SBARで報告ができず、医師から「何の情報もなく、困
  • ブリーフィング導入によるメンタルモデルの共有―内視鏡光学治療センターの取り組み―, 山田明子, 保田知生, 大磯直毅, 樫田博史, 辰巳陽一, 池上博司, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月31日
  • 乳房撮影における患者転倒防止への取り組み, 山室美佳, 山田佳名子, 田川翼, 西松和彦, 山田浩司, 宇佐美公男, 辰巳陽一, 山田明子, 池上博司, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月31日
  • 学生から病院長まで!とことんTeamSTEPPS導入の効果と今後, 辰巳陽一, 山田明子, 大磯直毅, 保田知生, 宮本アキ, 岩本理恵, 西隈菜穂子, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月31日
  • 透析終了業務時におこったコミュニケーションエラーについてTeamSTEPPSで振り返る, 河村明子, 六条律子, 山田明子, 谷山佳弘, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月31日
  • 中心静脈カテーテルに関連した静脈血栓塞栓症のリスクマネジメント, 保田知生, 岩間密, 安田卓司, 竹山宜典, 奥野清隆, 山田明子, 田中俊夫, 大磯直毅, 辰巳陽一, 池上博司, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月31日
  • 前向きインシデントレポートの試み, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月31日
  • 医療安全のための栄養部の取り組み~日々の業務に置き換えたスライドを使用して~, 菅野真美, 梶原克美, 古井春男, 井本和明, 西村町子, 宮本アキ, 山田明子, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2013年10月31日
  • Trib1and Trib2 block myeloid differentitation by sippressing AKT phosphorylation, 金井 良高, 嶋田 高広, 谷口 康博, 賴 晋也, 平瀨 主税, 森田 泰慶, 田中 宏和, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第75回日本血液学会学術集会,   2013年10月, 第75回日本血液学会学術集会
  • Three hematologic malignancies in different lineages in a patient during the short period, 宮武 淳一, 川内 超矢, 芹澤 憲太郎, 江本 正克, 谷口 康博, 平瀨 主税, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 川田 暁, 松村 到, 第75回日本血液学会学術集会,   2013年10月, 第75回日本血液学会学術集会
  • Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT(Z-LEED) for B-cell Lymphoma, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 金井 良高, 平瀨 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 第75回日本血液学会学術集会,   2013年10月, 第75回日本血液学会学術集会
  • Results of gemcitabine therapy for related of refractory Non-Hodgkin’slymphoma in one institute, 芹澤 憲太郎, 森田 泰慶, 谷口 康博, 川内 超矢, 江口 剛, 江本 正克, 金井 良高, 賴 晋也, 平瀨 主税, 田中 宏和, 口分田 貴裕, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第75回日本血液学会学術集会,   2013年10月, 第75回日本血液学会学術集会
  • 診断に難渋したHELLP症候群の1症例, 福本雄太, 芹澤憲太郎, 森田泰慶, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 釣谷充弘, 臨床血液,   2013年08月30日
  • 学生から病院長まで,とことんTeamSTEPPS導入の試み, 辰巳陽一, 山田明子, 西隈菜穂子, 大磯直毅, 保田知生, 日本医療マネジメント学会雑誌,   2013年06月01日
  • 低悪性度非ホジキンリンパ腫治療戦略の展望, 辰巳 陽一, 第99回近畿血液学地方会,   2013年06月, 第99回近畿血液学地方会
  • 当院における中心静脈穿刺に伴う深部静脈血栓症の現状, 保田知生, 梶川竜治, 柳生行伸, 辰巳陽一, 池上博司, 竹山宜典, 奥野清隆, 日本血栓止血学会誌,   2013年04月01日
  • 高リスクMDSに対する同種造血幹細胞移植前にアザシチジン投与を行った4症例の検討, 芹澤憲太郎, 綿谷陽作, 谷口康博, 森田泰慶, 川内超矢, 江本正克, 平瀬主税, 田中宏和, 嶋田高広, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集,   2013年02月08日
  • 難治性造血器腫瘍に対するT細胞非除去HLA不一致血縁者間造血幹細胞移植の成績 単一施設の後方視的検討, 川西一信, 綿谷陽作, 谷口康博, 川内超矢, 芹澤憲太郎, 江本正克, 金井良高, 頼晋也, 平瀬主税, 森田泰慶, 田中宏和, 嶋田高広, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集,   2013年02月08日
  • 欧米のVTE予防ガイドラインの動向とその普及状況, 保田知生, 塩川泰啓, 竹山宜典, 辰巳陽一, 池上博司, 奥野清隆, 日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム,   2013年
  • 111In‐ゼバリンSPECT/CTで腫瘍活性残存を検出できた非ホジキンリンパ腫の一例, 米矢吉宏, 細野眞, 山田穣, 松木充, 花岡宏平, 坂口健太, 任誠雲, 柳生行伸, 石井一成, 辰巳陽一, 松村到, 土屋典生, 核医学,   2012年11月30日
  • 医薬品のPTPシート誤飲事故防止への薬剤部の取り組みについて, 西之坊実里, 渡辺瑞貴, 田中真希, 吉田奈央, 小宮泰子, 野村守弘, 宮市千代美, 山添譲, 西隈菜穂子, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月25日
  • 採血検体の分注作業におけるノンテクニカルスキルの問題点と取り組み, 前田和成, 中江健市, 辰巳陽一, 奥野清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月25日
  • 多職種による院内パトロールの取り組み―栄養部の改善報告―, 山田明子, 西隈菜穂子, 大磯直毅, 保田知生, 辰巳陽一, 奥野清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月25日
  • 当院における多職種参加による中心静脈穿刺手技講習の取り組み, 保田知生, 辰巳陽一, 奥野清隆, 岡田満, 三井良之, 西隈菜穂子, 松林輝代子, 田尻ゆかり, 大磯直毅, 工藤正俊, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月25日
  • NPPV療法におけるマスクの安全使用への取り組み, 堂本勝子, 大磯直毅, 辰巳陽一, 奥野清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月25日
  • 電子カルテにおけるカルテの質向上の試み, 辰巳陽一, 大磯直毅, 保田知生, 西隈菜穂子, 山田明子, 奥野清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月25日
  • モニター及び送信機の中央管理化による効率運用と安全性向上の取り組み, 高田裕, 西隈菜穂子, 山田明子, 保田知生, 大磯直毅, 辰巳陽一, 奥野清隆, 医療の質・安全学会誌,   2012年10月25日
  • A case of HHV-8-associated HIV-negative primary effusion lymphomawith gastric cancer, 口分田 貴裕, 川内 超矢, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 松村 到, Shigeaki Fujita, 前田裕弘, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年10月, 第74回日本血液学会学術集会
  • Efficacy and safety of both 5-azacitidine and deferasirox treatment in myelodysplastic syndrome, 芦田 隆司, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 川野亜美, 山田枝里佳, 井出大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 伊藤志保, 峯 佳子, 藤田往子, 金光 靖, 森嶋祥之, 田中 宏和, 嶋田 高広, 川西一信, 宮武 淳一, 松村 到, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年10月, 第74回日本血液学会学術集会
  • Bioclonal acute myeloid leukemia with t(2;5;15)and t(9;22), 芹澤 憲太郎, 綿谷 陽作, 大山 泰世, 江本 正克, 大山 雄一, 谷口 康博, 金井 良高, 頼 晋也, 平瀬 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 川西一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年10月, 第74回日本血液学会学術集会
  • Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT (Z-LEED)for relapsed and refractory B- cell lymphoma, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 金井 良高, 平瀨 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 松村 到, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2012年07月, 第10回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • チーム医療の基づいたCV穿刺手技講習の取り組みとその効果, 保田知生, 辰巳陽一, 奥野清隆, 岡田満, 三井良之, 西隈菜穂子, 松林輝代子, 田尻ゆかり, 田中俊夫, 中岡麻江, 大磯直毅, 日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会,   2012年03月26日
  • 真性多血症から移行した急性赤白血病に対して非血縁者間骨髄移植が有効であった1例, 芹澤 憲太郎, 川西 一信, 大山 泰世, 尾嶋 真由子, 井上 宏昭, 口分田 貴裕, 江本 正克, 谷口 康博, 金井 良高, 賴 晋也, 笹川淳, 平瀨 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 田中 宏和, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 第34回日本造血細胞移植学会総会,   2012年02月01日, 第34回日本造血細胞移植学会総会
  • 同種造血幹細胞移植前後の血清フェリチン値の移植後の予後に及ぼす影響について, 芦田隆司, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 伊藤志保, 峯佳子, 藤田往子, 井上宏昭, 口分田貴裕, 芹澤憲太郎, 江本正克, 平瀬主税, 山口晃史, 森田泰慶, 川西一信, 辰巳陽一, 松村到, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集,   2012年02月01日
  • 脳FDG集積低下を示す大きな腫瘍代謝症例の分析, 細野眞, 花岡宏平, 米矢吉宏, 土屋典生, 宇佐美公男, 高田裕史, 坂口健太, 森元英夫, IM Sung‐Woon, 石井一成, 辰巳陽一, 下野太郎, 核医学症例検討会症例集,   2012年02月
  • 急性リンパ性白血病寛解導入療法が著効した芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍の1症例, 井上明日圭, 芹澤憲太郎, 川西一信, 山口晃史, 森田泰慶, 田中宏和, 嶋田高広, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 臨床血液,   2012年01月30日
  • Experience of indolent malignant lymphoma treated with Bendamustine in our institute, 谷口 康博, 辰巳 陽一, 川内 超矢, 江本 正克, 頼 晋也, 金井 良高, 平瀬 主税, 森田 泰慶, 田中 宏和, 芹澤 憲太郎, 嶋田 高広, 川西一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 松村 到, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年, 第74回日本血液学会学術集会
  • 周術期肺血栓塞栓症予防対策と予防に伴う合併症の検討, 保田知生, 梅本雅彦, 谷口貢, 柳生行伸, 竹山宜典, 奥野清隆, 高田裕, 西隈菜穂子, 大磯直毅, 辰巳陽一, 医療の質・安全学会誌,   2011年10月31日
  • PDAシステムを用いた誤配薬予防システムの効果, 西隈菜穂子, 辰巳陽一, 大磯直毅, 保田知生, 奥野清隆, 医療の質・安全学会誌,   2011年10月31日
  • IgG4関連疾患に認めたIgGサブクラス測定値(IgG1~IgG4総和)と総IgGの乖離についての考察, 井本真由美, 渡辺勝紀, 辰巳陽一, 中江健市, 上硲俊法, 臨床病理,   2011年10月15日
  • Clinical outcome of radioimmunotherapy with ASCT for relapsed mantle cell lymphoma, 辰巳 陽一, 賴 晋也, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田裕弘, 松村 到, 第73回日本血液学会学術集会,   2011年10月, 第73回日本血液学会学術集会
  • Analysis of iron overload in patients with transfusion-dependent hematological diseases, 芦田 隆司, 川野亜美, 山田枝里佳, 井手大輔, 菅野知恵美, 加藤祐子, 椿本祐子, 伊藤志保, 峯 佳子, 藤田往子, 金光 靖, 森嶋祥之, 大山 泰世, 尾嶋 真由子, 井上 宏昭, 口分田 貴裕, 芹澤 憲太郎, 江本 正克, 谷口 康博, 田中 宏和, 金井 良高, 賴 晋也, 笹川 淳, 平瀨 主税, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 辰巳 陽一, 松村 到, 第73回日本血液学会学術集会,   2011年10月, 第73回日本血液学会学術集会
  • 眼内IL-10高値で中枢神経浸潤が判明し、MTXの硝子体注入と大量点滴が奏効したびまん性大細胞リンパ腫の1例, 宮武 淳一, 川内 超矢, 森田 泰慶, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 松村 到, 前田裕弘, 大黒伸行, 第73回日本血液学会学術集会,   2011年10月, 第73回日本血液学会学術集会
  • 眼内IL‐10高値で中枢神経浸潤が判明しMTXの硝子体注入と大量点滴が奏功したびまん性大細胞リンパ腫の1例, 宮武淳一, 川内超矢, 前田裕弘, 森田泰慶, 川西一信, 辰巳陽一, 芦田隆司, 松村到, 大黒伸行, 臨床血液,   2011年09月30日
  • 病因特定に苦慮した不明熱を伴う汎下垂体機能低下症の1例, 廣峰 義久, 吉田 左和, 川畑 由美子, 山内 孝哲, 能宗 伸輔, 馬場谷 成, 口分田 貴裕, 辰巳 陽一, 大野 恭裕, 池上 博司, 第195回日本内科学会近畿地方会,   2011年09月, 第195回日本内科学会近畿地方会
  • 右頬部皮下硬結で初発したblastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm, 大磯直毅, 辰巳陽一, 荒尾徳三, 大山雄一, 木村雅友, 中村栄男, 西尾和人, 松村到, 東禹彦, 川田暁, 日本皮膚科学会雑誌,   2011年03月15日
  • 近畿大学医学部附属病院における血栓対策チームによる周術期肺塞栓症の予防, 保田知生, 柳生行伸, 谷口貢, 石丸英三郎, 塩川泰啓, 田中俊夫, 西隈菜穗子, 大磯直毅, 辰巳陽一, 奥野清隆, 日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会,   2011年02月17日
  • 母児間末梢血幹細胞移植で生着を認めた,維持腹膜透析中の最重症型再生不良性貧血の一例, 頼晋也, 松田光弘, 口分田貴裕, 井上宏昭, 川内超矢, 江本正克, 芹澤憲太郎, 金井良高, 山口晃史, 森田泰慶, 嶋田高広, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 松村到, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集,   2011年
  • 医療事故の実際と事例分析, 辰巳 陽一, 西隈菜穂子, 平成22年度医療安全に関するシンポジウム,   2010年12月, 平成22年度医療安全に関するシンポジウム
  • 当院における中心静脈穿刺手技における安全管理と卒後教育の取り組みについて, 保田 知生, 梶川 竜治, 辰巳 陽一, 大磯 直毅, 奥野 清隆, 第5回医療の質・安全学会学術集会,   2010年11月01日, 第5回医療の質・安全学会学術集会
  • PDAシステムを用いた,投薬事故防止システムの開発のその効果, 辰巳陽一, 西隈菜穂子, 大磯直毅, 保田知生, 加戸聖美, 酒井美恵, 赤尾幸恵, 奥野清隆, 医療の質・安全学会誌,   2010年11月01日
  • 悪性リンパ腫治療の現状, 辰巳 陽一, 北陸がんプロフェッショナル養成プログラム金沢医科大学市民公開講座,   2010年10月, 北陸がんプロフェッショナル養成プログラム金沢医科大学市民公開講座
    概要:北陸がんプロフェッショナル養成プログラムの要請を受け、一般患者向けに悪性リンパ腫治療の現状を解説した。
  • 3ケ月後の内視鏡再検査にて確定診断し得た十二指腸follicular lymphomaの1例, 吉岡美香, 井上香織, 辰巳陽一, 金政秀俊, 吉川敏一, Gastroenterol Endosc,   2010年09月10日
  • A young case diagnosed concomitantly as B-CLL and B-cell lymphoma, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 口分田 貴裕, 井上 宏昭, 川内 超矢, 江口 剛, 大山 雄一, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 松田 光弘, 第72回 日本血液学会学術集会,   2010年09月, 第72回 日本血液学会学術集会
  • Efficacy and safety of radioimmunotherapy in patients with relapsed or refractory B-cell lymphoma, 辰巳 陽一, 頼晋也, 山口 晃史, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸昭久, 松村 到, 第72回 日本血液学会学術集会,   2010年09月, 第72回 日本血液学会学術集会
    概要:放射免疫療法による悪性リンパ腫治療時の安全性とその適応について報告した
  • 側頭骨に発症した成人ランゲルハンス細胞組織球症の1例, 川内 超矢, 森田 泰慶, 山口 晃史, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 第192回 日本内科学会近畿地方会,   2010年09月, 第192回 日本内科学会近畿地方会
  • 急性混合性白血病を発症し、同種骨髄移植にて寛解維持するも一年後骨腫瘤病変にて再発し再移植した症例, 江口 剛, 山口 晃史, 口分田 貴裕, 井上 宏昭, 川内 超矢, 大山 雄一, 賴 晋也, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 金丸 昭久, 佐野 徹明, 第20回 南近畿血液病フォーラム,   2010年07月, 第20回 南近畿血液病フォーラム
  • PDA(携帯端末)を用いたリハビリテーションの患者確認, 齋藤務, 福田寛二, 辰巳陽一, 日本医療マネジメント学会雑誌,   2010年06月01日
  • 付加的染色体転?(7;17)を伴った慢性骨髄性白血病(CML)の巨核芽球性急性転化症例, 井上 宏昭, 嶋田 高広, 山口 晃史, 森田 泰慶, 川西 一信, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 松村 到, 辰巳 陽一, 第93回 近畿血液学地方会,   2010年06月, 第93回 近畿血液学地方会
  • 化学療法に抵抗性で急激な転帰をとったmyeloid/NK‐cell precursor acute leukaemiaの一例, 口分田貴裕, 頼晋也, 辰巳陽一, 大山雄一, 金井良高, 平瀬主税, 山口晃史, 森田泰慶, 嶋田高広, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 松村到, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2010年05月31日
  • 特異な臨床経過を示した若年発症慢性リンパ性白血病の一例, 頼晋也, 辰巳陽一, 口分田貴裕, 大山雄一, 金井良高, 平瀬主税, 山口晃史, 森田泰慶, 嶋田高広, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 松村到, 松田光弘, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2010年05月31日
  • 再発・難治B細胞性リンパ腫に対する放射免疫療法選択における臨床背景の検討, 辰巳陽一, 頼晋也, 金井吉高, 平瀬主悦, 山口晃史, 森田泰慶, 嶋田高弘, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2010年05月31日
  • 悪性リンパ腫とは, 辰巳 陽一, グループ・ネクサス・第19回医療セミナー,   2010年02月, グループ・ネクサス・第19回医療セミナー
    概要:グループ・ネクサス・第19回医療セミナーとして、患者向けに悪性リンパ腫の病態および治療につき解説した。
  • 血管免疫芽球型T細胞性リンパ腫(ATIL)に赤芽球癆(PRCA)を合併した一症例, 辰巳 陽一, 大山 雄一, 第6回Practical Hematorogy,   2010年02月, 第6回Practical Hematorogy
    概要:血管免疫芽球型T細胞性リンパ腫(ATIL)治療中に赤芽球癆(PRCA)を合併し、化学療法とともに改善した一例について報告し、当科のケモカイン研究の結果と併せ報告した。
  • 同種骨髄移植早期に血球貪食症候群を合併した二次性白血病症例, 頼 晋也, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第六回南大阪細胞移植療法研究会,   2009年11月, 第六回南大阪細胞移植療法研究会
  • ゼバリンによる再発難治B細胞リンパ腫治療とその実際, 辰巳 陽一, 第48回群馬県核医学研究会,   2009年11月, 第48回群馬県核医学研究会
    概要:放射免疫療法による再発難治B細胞リンパ腫治療の実際とその問題点について解説した。
  • 再発・治療抵抗性B細胞非ホジキンリンパ腫に対するゼバリン療法の臨床的検討, 辰巳陽一, 宮武淳一, 川西一信, 嶋田高広, 佐野徹明, 森田泰慶, 山口晃史, 川田修平, 頼晋也, 金井良高, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2009年09月30日
  • エグジェイドの今:1年間の投与経験をふまえて, 辰巳 陽一, Iron Summit Japan2009,   2009年08月, Iron Summit Japan2009
    概要:輸血後鉄化過剰症に対する鉄キレート療法施行時の効果、副作用とその対応について報告した。
  • 鉄過剰症の現状と新しい治療戦略, 辰巳 陽一, 富山県学術講演会,   2009年06月, 富山県学術講演会
    概要:鉄過剰症の現状と新規鉄キレート療法の効果と問題点について解説した。
  • 血管免疫芽球型T細胞リンパ腫(AITL)に赤芽球ろう(PRCA)を合併した一症例, 大山 雄一, 川田 修平, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第91回 近畿血液学地方会,   2009年06月, 第91回 近畿血液学地方会
  • 皮膚γδT細胞リンパ腫と考えられた1例, 平尾 文香, 吉永 英司, 大磯 直毅, 川原 繁, 川田 暁, 東森 倫子, 島影 達也, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌,   2009年05月20日
    概要:59歳,女性。2007年11月末から39度台の発熱を伴って体幹に皮下結節が出現した。初診時,左頸部および体幹に径3cmまでの皮下硬結が計8個みられ,一部は潰瘍化していた。生検組織像は,主に皮下脂肪組織内に異型リンパ球の稠密な浸潤があり,一部ではlace-like patternがみられた。真皮内にも異型リンパ球の浸潤がみられた。異型リンパ球の表面マーカーはCD3陽性,CD4陰性,CD8陰性,CD20陰性,CD56陽性であり,TCRβ鎖の遺伝子再構成は認められなかった。血液内科でCHOP-E療法を開始し腫瘍は消退したが,3クール終了後,皮下結節が出現し,骨髄検査では血球貪食像が認められた。種々の化学療法を施行したが効果なく2008年7月末に永眠された。腫瘍細胞におけるγδ型リンパ球の形質については検索できなかったが,他の所見から皮膚γδ型T細胞リンパ腫が考えられた。
  • 骨髄異形成症候群に対する同種造血幹細胞移植の予後におけるIPSSおよびco‐morbidityの関連, 芦田隆司, 川田修平, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 日本内科学会雑誌,   2009年02月20日
  • 造血幹細胞移植後の骨量に対する影響とビスフォスネート製剤介入の有効性の検討(造血幹細胞移植後骨粗鬆症に対する効果的な治療法に関する前方視的試験), 川西 一信, 金井 良高, 賴 晋也, 高井 俊輔, 平瀬 主税, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 池田 光正, 浜西 千秋, 第31回日本造血細胞移植学会総会,   2009年02月, 第31回日本造血細胞移植学会総会
    概要:造血幹細胞移植患者において、骨粗鬆症の診療として利用される骨代謝マーカーを測定し、移植後の骨量に対する影響と骨量減少に対するビスフォスフォネート製剤介入の有効性の検討を前方視的に行った。
  • 悪性リンパ腫とは, 辰巳 陽一, 第9回NPOグループ・ネクサス悪性リンパ腫医療セミナーin大阪,   2009年01月, 第9回NPOグループ・ネクサス悪性リンパ腫医療セミナーin大阪
    概要:第9回NPOグループ・ネクサス悪性リンパ腫医療セミナーにおいてリンパ腫の病理病態および最近の治療について報告した。
  • 同種移植後生着不全に対する臍帯血移植の有用性, 芦田 隆司, 川西 一信, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology,   2008年12月01日
  • Rituximab投与後にHBV再活性化劇症肝炎を発症したDLBCLの1例, 宮武 淳一, 頼 晋也, 金井 良高, 高井 俊輔, 平瀬 主税, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野徹明, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 早石 宗右, 工藤 正俊, 第9回 大阪リンパ腫研究会,   2008年11月, 第9回 大阪リンパ腫研究会
    概要:<現病歴> 平成20年1月に右鼡径部の皮下腫瘤に気付き増大傾向となったため、大阪労災病院皮膚科受診し生検の結果、び慢性大細胞リンパ腫(DLBCL)と診断され紹介となる。PET-CTでは両腋下・右鼡径部にFDGの集積を認めた。骨髄穿刺ではDLBCL細胞の浸潤を認めなかったことよりStage Ⅲと診断した(IPIはH-I)。4月2日からR-THP-COP療法開始し副作用なく終了し2回目より外来治療となる。6月20日に4回目の同療法後、7月4日に肝障害(GOT 131IU/l, GPT 153IU/l, T-bil 0.8mg/dl, ALP 227IU/l,)を認め、7月20日にはGOT 4625IU/l, GPT 1647IU/l, T-bil 9.3mg/dl, D-bil 7.0mg/dl, ALP 283IU/lと著増し黄疸も認められた。腹部CT・超音波所見でも肝腫大・胆嚢壁肥厚あり急性肝炎で入院となる。 <入院後経過>  HBs抗原 98.97IU/ml, HBs抗体陰性、Hbe抗原陰性、HBe抗体 99%、HBc抗体 10.4S/CO、HBV-DNA定量で8.7LGE/mlと上昇しており、平成15年のHBs抗原は陰性で輸血歴もないことより急性B型肝炎の再活性化(reactivation)と診断した。なおDLBCLは寛解状態を持
  • Relative Dose Intensity(RDI)から見た悪性リンパ腫臨床治療の現状, 辰巳陽一, 頼晋也, 平瀬主税, 高井俊輔, 川田修平, 山口晃史, 森田康慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 川西一信, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2008年09月30日
  • T315Iを有するPh‐ALL細胞株に対するmTOR阻害剤rapamycinの効果, 平瀬主税, 前田裕弘, 森田泰慶, 田中みやこ, 山口晃史, 宮武淳一, 辰巳陽一, 金丸昭久, 臨床血液,   2008年09月30日
  • Angioimmunoblastic T‐cell lymphomaにおける臨床病態と組織像の相関性についての検討, 高井俊輔, 辰巳陽一, 平瀬主税, 佐野徹明, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2008年09月30日
  • 慢性期CMLにおけるイマチニブ血中濃度測定の有用性, 前田裕弘, 頼晋也, 金井良高, 平瀬主税, 高井俊輔, 川田修平, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 金丸昭久, 浦瀬文明, 花本仁, 八木秀男, 椿和央, 臨床血液,   2008年09月30日
  • 中枢神経浸潤に対して手術・全脳照射後,非寛解期に児母間末梢血幹細胞移植を施行したAMLの一例, 佐野徹明, 頼晋也, 高井俊介, 平瀬主税, 川田修平, 森田泰慶, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2008年09月30日
  • 非血縁者間骨髄移植後早期に発症した血球貪食症候群の一例, 頼晋也, 辰巳陽一, 平瀬主税, 高井俊輔, 川田修平, 森田泰慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 川西一信, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2008年09月30日
  • 骨髄破壊的同種骨髄移植後,T細胞混合キメラが持続した急性赤白血病の一例, 川西一信, 金井良高, 頼晋也, 高井俊輔, 平瀬主税, 川田修平, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2008年09月30日
  • 細胞周期プロファイリング(C2P)技術を用いた骨髄異形成症候群(MDS/AML)の予後規定因子の検討, 森田泰慶, 平瀬主税, 辰巳陽一, 松嶋朋子, 石原英幹, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2008年09月30日
  • 当科における再発/治療抵抗性悪性リンパ腫に対する化学療法と自家末梢血幹細胞移植の比較検討, 頼晋也, 辰巳陽一, 山口晃史, 川田修平, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2008年05月09日
  • 胃異所性膵との関連が疑われた胃蜂窩織炎の一例, 辰巳陽一, 金政秀俊, 井上香織, 光藤章二, 片岡慶正, Gastroenterol Endosc,   2008年04月15日
  • 組織的に取組む感染管理, 上田多加子, 真継美貴, 栃岡久美, 辰巳陽一, 井上香織, 金政秀俊, Gastroenterol Endosc,   2008年04月15日
  • 同種骨髄移植後早期に血球貪食症候群を合併した二次性白血病症例, 賴 晋也, 辰巳 陽一, 金井 良高, 山口 晃史, 川西 一信, 平瀨 主税, 高井 俊輔, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第23回近畿細胞移植懇話会,   2008年03月, 第23回近畿細胞移植懇話会
  • 眼窩原発MALTリンパ腫に対する治療戦略―大阪リンパ腫研究会(OLSG)の現状, 辰巳陽一, 頼晋也, 川田修平, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 前田裕弘, 金丸昭久, 日本内科学会雑誌,   2008年02月20日
  • 大学病院における外来化学療法センターの運営, 今野 元博, 奥野 清隆, 上嶋 一臣, 岡本 勇, 辰巳 陽一, 慎 玉姫, 藤原 季美子, 野村 守, 山添 譲, 渡部 洋, 中川 和彦, 塩﨑 均, 第46回日本癌治療学会総会,   2008年, 第46回日本癌治療学会総会
  • 難治性造血器腫瘍における母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植の検討, 川西 一信, 加藤 寛章, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology,   2007年12月01日
  • 中枢神経浸潤に対して手術・全脳照射後、非寛解期に児母間末梢血幹細胞移植を施行した一例, 佐野 徹明, 山口 晃史, 賴 晋也, 川田 修平, 森田 泰慶, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第四回 南大阪細胞移植療法研究会,   2007年11月, 第四回 南大阪細胞移植療法研究会
  • 血液疾患における感染症治療-Febrile Neutropeniaに対するサイクリング療法の効果-, 辰巳 陽一, 第3回 山梨血液感染症セミナー,   2007年11月, 第3回 山梨血液感染症セミナー
    概要:血液疾患における感染症治療-Febrile Neutropeniaに対するサイクリング療法の効果について報告した
  • 発熱性好中球減少症における抗菌剤サイクリング療法の臨床的有用性, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会合同総会,   2007年10月, 第69回日本血液学会総会・第49回日本臨床血液学会総会合同総会
    概要:発熱性好中球減少症における抗菌剤サイクリング療法の臨床的有用性について報告した。 サイクリング療法により治療効果、耐性菌発症についてその有用性が示された。
  • T315Iを有するPh‐ALL細胞株に対するmTOR阻害剤ラパマイシンの効果, 平瀬主税, 前田裕弘, 田中みやこ, 山口晃史, 森田泰慶, 宮武淳一, 辰巳陽一, 金丸昭久, 臨床血液,   2007年09月30日
  • Angioimmunoblastic T‐cell lymphomaにおける臨床病態と組織像の相関性についての検討, 高井俊輔, 辰巳陽一, 平瀬主税, 佐野徹明, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2007年09月30日
  • 多発性顆粒球肉腫をきたしたMDS(5q‐症候群)の一例, 佐野徹明, 山口晃史, 森田泰慶, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2007年09月30日
  • 難治性造血器腫瘍における母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植の成績, 川西一信, 金井良高, 頼晋也, 渡辺克哉, 川田修平, 山口晃史, 土方康基, 森田泰慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2007年09月30日
  • 同種移植における目標血中濃度を400‐450ng/mlに設定したシクロスポリンA持続投与法の有効性と安全性, 芦田隆司, 金井良高, 頼晋也, 川田修平, 渡辺克哉, 山口晃史, 森田泰憲, 土方康基, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2007年09月30日
  • 輸血による鉄過剰症を対象とした経口鉄キレート剤ICL670(deferasirox)の第I相臨床試験, 波多智子, 浦部晶夫, 大屋敷一馬, 小澤敬也, 中尾眞二, 石川隆之, 加藤淳二, 辰巳陽一, 森啓, 朝長万左男, 小峰光博, 臨床血液,   2007年09月30日
  • 急速進行性糸球体腎炎を合併した血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の一例, 頼晋也, 辰巳陽一, 金井良高, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 宮武淳一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2007年09月30日
  • Weber-Christian病から6年後肝浸潤を伴う皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫(SPTCL)へ移行しシクロスポリンA(CyA)が著効した一例, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第47回リンパ網内系学会総会,   2007年05月11日, 第47回リンパ網内系学会総会
  • びまん性大細胞B細胞性リンパ腫で発症し自己末梢血幹細胞移植後末消型T細胞性リンパ腫で再発した一例, 辰巳陽一, 佐野徹明, 高井俊輔, 山口晃史, 土方康基, 森田康慶, 川西一信, 前田裕弘, 青笹克之, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2007年05月11日
  • 多発性顆粒球肉腫を来したMDS(RA,5q-症候群)の一例, 佐野 徹明, 山口 晃史, 土方 康基, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 森田 泰慶, 第182回日本内科学会近畿地方会,   2007年05月, 第182回日本内科学会近畿地方会
  • 当科における難知性造血器腫瘍に対するAuto-mini Allo移植4症例の検討, 渡辺 克哉, 芦田 隆司, 山口 晃史, 森田 泰慶, 土方 康基, 佐野 徹明, 川西 一信, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第29回日本造血細胞移植学会総会,   2007年02月, 第29回日本造血細胞移植学会総会
  • 同種造血幹細胞再移植症例の移植成績の解析, 川西 一信, 中本 吉彦, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 土方康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第29回日本造血細胞移植学会総会,   2007年02月, 第29回日本造血細胞移植学会総会
    概要:当科において1回目の同種造血幹細胞移植(HSCT1)後の再発または生着不全に対する2回目の同種造血幹細胞移植(HSCT2)の移植成績について後方視的に解析した。
  • 感染性心内膜炎を発症し, 左心室内にアスペルギルスによる巨大な多房性疣贅が見られた急性リンパ性白血病の1例, 金原 美奈, 小谷 敦志, 辻 裕美子, 平野 豊, 中村 元, 生田 新一郎, 筑後 孝章, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 石川 欽司, Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学,   2007年01月15日
  • 難治性造血器腫瘍に対するreduced‐intensity stem cell transplantation, 渡辺克哉, 辰巳陽一, 芦田隆司, 金丸昭久, 無菌生物,   2006年12月01日
  • 同種骨髄移植拒絶後に臍帯血ミニ移植が奏効した異形成を伴うAMLの一例, 金丸 昭久, 川西 一信, 中本 吉彦, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 土方 康基, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第三回南大阪細胞移植療法研究会,   2006年11月, 第三回南大阪細胞移植療法研究会
    概要:同種骨髄移植拒絶後に臍帯血ミニ移植が奏効した異形性を伴う急性骨髄性白血病の一例を経験した。 移植後拒絶に対し、再移植の選択肢として臍帯血ミニ移植の有用性が示された。
  • Multi dimension flow cytometry解析を用いた急性骨髄性白血病における微小残存病変および骨髄環境の評価, 佐野徹明, 辰巳陽一, 高井俊輔, 渡邊克哉, 山口晃史, 森田泰慶, 川西一信, 松田光弘, 芦田隆司, 前田裕弘, 細山剛, 宮崎年恭, 金丸昭久, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 高齢者AML128症例に対するBHAC/IDR,BHAC/DM寛解導入療法の無作為比較多施設共同研究(JELLSG,E‐AML‐01), 大田雅嗣, 高徳正昭, 村井善郎, 竹内誠, 佐分利能生, 鈴島仁, 辰巳陽一, 松島孝文, 伊藤良和, 森眞由美, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 骨髄異形成症候群(MDS)におけるfractalkine/CX3CR1系を介した細胞障害機序の関与, 田中みやこ, 松田光弘, 森田泰慶, 平瀬主税, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の組織構築におけるケモカイン発現の意義, 高井俊輔, 辰巳陽一, 花本仁, 佐野徹明, 嶋田高弘, 松田光弘, 前田裕弘, 義江修, 金丸昭久, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 顆粒球系細胞における異常分化抗原発現様式によるMDSおよびMDS/AMLの診断とその意義, 西井一浩, 菅原悠, 門間文彦, 宮崎年恭, 辰巳陽一, 金丸昭久, 珠玖洋, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 寛解期造血器腫瘍に対する骨髄破壊的前処置による移植とRISTの比較, 渡辺克哉, 芦田隆司, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 辰巳陽一, 金丸昭久, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 維持透析中に心嚢液貯留で発症し,Rituximabが奏効した心外膜原発B細胞リンパ腫の一例, 森田泰慶, 松田光弘, 坂口美佳, 渡辺克哉, 山口晃史, 佐野徹明, 川西一信, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 難治性造血器腫瘍に対するHLA不一致非血縁者間と母児間移植との比較検討, 川西一信, 渡辺克俊, 山口晃史, 土方康基, 森田泰慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 松田光弘, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2006年09月30日
  • Multi dimensional flow cytometry解析を用いた悪性リンパ腫における微小残存病変および骨髄環境の評価, 辰巳陽一, 佐野徹明, 高井俊輔, 山口晃史, 森田泰慶, 渡邊克哉, 川西一信, 松田光弘, 芦田隆司, 前田裕弘, 細山剛, 宮崎年恭, 金丸昭久, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 点突然変異T315Iを有するPh‐ALL細胞株の樹立, 平瀬主税, 松田光弘, 森田泰慶, 田中みやこ, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2006年09月30日
  • 診断に苦慮しMulti dimensional flow cytometry解析により診断に至った濾胞性リンパ腫の一例, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 佐野 徹明, 高井俊輔, 前田 裕弘, 第24回リンフォーマ井戸端会議,   2006年07月, 第24回リンフォーマ井戸端会議
    概要:診断困難であった濾胞性リンパ腫についてのMulti dimensional flow cytometry解析によりabberant lineageを検出することにより確定診断が可能となり、その有用性が検証された。
  • 維持透析中に心嚢液貯留で発症し、Rituximabが奏効した心外膜原発B細胞リンパ腫の一例, 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 佐野 徹明, 川西 一信, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 坂口 美佳, 第85回近畿血液学地方会,   2006年06月, 第85回近畿血液学地方会
  • 組織診断が困難であった左角膜移植後眼窩内腫瘤の一例, 佐野 徹明, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 第23回リンフォーマ井戸端会議,   2006年03月, 第23回リンフォーマ井戸端会議
  • 成人T細胞白血病に対するATRAの臨床治験報告, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 山口 晃史, 土方 康基, 田中 みやこ, 平瀬 主税, 高井 俊輔, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 第4回 日本臨床腫瘍学会総会,   2006年03月, 第4回 日本臨床腫瘍学会総会
  • 難治性造血器腫ように対するreduced‐intensity stem cell transplantation, 渡辺克哉, 山口晃史, 森田泰慶, 佐野徹明, 川西一信, 松田光弘, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 日本内科学会雑誌,   2006年02月20日
  • 難治性造血器腫瘍における母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植, 金丸 昭久, 川西 一信, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第28回 日本造血細胞移植学会総会,   2006年02月, 第28回 日本造血細胞移植学会総会
    概要:当科で施行した母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致造血幹細胞移植9例の安全性と有用性について検討した。全例が進行期の症例であったが,3年3ヶ月の長期生存例もあり,フルマッチドナーが存在しない場合でも,母児間免疫寛容理念に基づくHLA不一致血縁者間造血幹細胞移植が有用な選択枝になり得ると考えられた。
  • Auto/mini-allo移植によっていずれも寛解に到達し得た尋常性乾癬併発多発性骨髄腫症例, 芦田 隆司, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 嶋津 秀紀, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 川西 一信, 第28回 日本造血細胞移植学会総会,   2006年02月, 第28回 日本造血細胞移植学会総会
  • 精巣原発で発症後、右房内と肝内に浸潤を認めた び慢性大細胞性リンパ腫の一例, 山口 晃史, 金丸 昭久, 渡辺 克哉, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 川西 一信, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第2回 Practical Hematology,   2006年02月, 第2回 Practical Hematology
  • 特発性血小板減少性紫斑病における Helicobacter pylori 除菌療法の有用性の検討, 芦田 隆司, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 椿 和央, 金丸 昭久, 無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology,   2005年12月01日
  • 7.臀部筋肉内出血をもって発症した多発性骨髄腫の1例(一般演題抄録), 金井 良高, 佐野 徹明, 渡辺 克哉, 山口 晃史, 川西 一信, 八木 秀男, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌,   2005年11月25日
  • でん部筋肉内出血をもって発症した多発性骨髄腫の1例, 金井良高, 佐野徹明, 渡辺克哉, 山口晃史, 川西一信, 八木秀男, 松田光弘, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 近畿大学医学雑誌,   2005年11月25日
  • 副鼻腔炎精査中、偶然発見された頭蓋内Rosai-Dorfman diseaseの1例, 渡辺 克哉, 金丸 昭久, 山口 晃史, 佐野 徹明, 八木 秀男, 川西 一信, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第14回南近畿血液病フォーラム,   2005年10月, 第14回南近畿血液病フォーラム
  • フィラデルフィア染色体(Ph)陰性のmyeloid/NK細胞前駆細胞性白血病を発症したPh陽性慢性骨髄性白血病2例, 松田光弘, 森田泰慶, 佐野徹明, 田中みやこ, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2005年08月30日
  • 低リスク骨髄異形成症候群(MDS)におけるfractalkine/CX3CR1系を介した細胞障害機序の関与, 田中みやこ, 松田光弘, 森田泰慶, 平瀬主税, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2005年08月30日
  • Common variable immunodeficiency症例リンパ球のサイトカイン反応性, 前田裕弘, 山口晃史, 土方康基, 森田泰慶, 田中みやこ, 宮武淳一, 辰巳陽一, 松田光弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2005年08月30日
  • Febrile neutropenia患者に対するサイクリング療法の臨床効果, 辰巳陽一, 佐野徹明, 渡辺克哉, 森田泰慶, 宮武淳一, 松田光弘, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2005年08月30日
  • 幹細胞移植により尋常性乾せんと併せて寛解像を得た多発性骨髄腫の1例, 嶋津秀紀, 辰巳陽一, 中本吉彦, 佐野徹明, 渡辺克哉, 森田泰慶, 宮武淳一, 松田光弘, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 近畿大学医学雑誌,   2005年06月25日
  • 幹細胞移植により尋常性乾癬と併せて寛解像を得た多発性骨髄腫の1例(一般演題抄録), 嶋津 秀紀, 辰巳 陽一, 中本 吉彦, 佐野 徹明, 渡辺 克哉, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌,   2005年06月25日
  • The epidemiology of febrile neutropenia and the clinical outcome of antibiotic cycling, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 宮武 淳一, 佐野 徹明, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, The XVth International Symposium on Gnotobiology,   2005年06月01日, The XVth International Symposium on Gnotobiology
    概要:For patients with hematological disease who had fever caused by an unknown pathogen, including febrile neutropenic patients, we performed antimicrobial cycling and assessed changes over time in the isolation rates of MRSA, Pseudomonas aeruginosa, etc.We concluded that cycling of four classes of antibiotics used in this study was effective in patients with fever of unknown origin, including febrile neutropenic (FN) patients, since it could decrease the isolation rates of MRSA and P. aeruginosa.
  • Possible Involvement of Fractalkine / CX3CR1 System in Dyshematopoiesis in MDS Using Perforin / Granzyme-Positive MDS-Derived Cytotoxic T cell Line, K2-MDS, 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 8th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes MDS 2005,   2005年05月, 8th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes MDS 2005
  • Correlation between apoptosis and SDF-1/CXCR4 system in CD34 positive cells in myelodysplastic syndrome, 松田 光弘, 森田 泰慶, 花本 仁, 田中 みやこ, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 8th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes-MDS2005-,   2005年05月, 8th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes-MDS2005-
    概要:骨髄異形成症候群(以下MDS)における無効造血は過剰なアポトーシスが病態とされているが、詳細は不明である。一方、近年、SDF-1/CXCR4系が造血幹細胞における分化、増殖および生存に関するケモカインとして注目されている。今回われわれは、低リスクMDS患者のCD34陽性細胞において、アポトーシスとSDF-1/CXCR4系が有意に相関関係を示す結果を報告した。(英文)
  • 自己および同種タンデム幹細胞移植により尋常性乾癬と併せて寛解像を得た, 嶋津秀紀, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 中本吉彦, 佐野 徹明, 渡辺 克哉, 森田 泰慶, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第57回 近畿大学医学会学術講演会,   2004年12月, 第57回 近畿大学医学会学術講演会
  • グリベックで細胞遺伝学的完全寛解中に中枢神経と頸部に異なったクローン由来の髄外リンパ性急性転化を生じた慢性骨髄性白血病の1例, 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第82回近畿血液学地方会,   2004年12月, 第82回近畿血液学地方会
  • 急性GVHDにより急速増大した急性膵仮性嚢胞を合併したAML(M5)の1例, 前田 裕弘, 宮武 淳一, 中本吉彦, 高井俊輔, 生駒 真也, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 金丸 昭久, 第27回 日本造血幹細胞移植学会,   2004年12月, 第27回 日本造血幹細胞移植学会
    概要:症例:46歳 男性。平成14年6月に白血球増多を主訴に来院され骨髄穿刺を施行の結果AML(M5b)と診断された。JALG97プロトコールに従い寛解導入療法を施行することにより完全寛解を得た。地固め2コース終了後にカリニ肺炎を合併し人工呼吸器管理中に再発を認めCA療法、地固め3コース等施行するも完全寛解には至らず、非寛解状態で骨髄バンクドナーから骨髄移植を施行し生着、完全寛解を確認すもday+79に再発を認めた。同ドナーからのDLTを施行することにより再度寛解に至るも急性GVHDの悪化を認め(Grade Ⅳ)、急性膵炎も合併し蛋白分解酵素阻害剤等による治療が必要であった。day+160頃から急激な腹部膨満と腫瘤触知を認め、CT上巨大膵仮性のう胞が確認された。その頃よりGVHDによる肝不全も合併し腹部イレウスも悪化、またAMLの再発も認められ血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)も合併し血漿交換を施行するも脳出血で死亡された。急性GVHDによる急性膵炎後に発症した仮性膵のう胞の急激
  • Clinical outcome of R-MECP therapy in low grade non-Hodgkin’s lymphoma, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 花本 仁, 佐野 徹明, 木村芳毅, 嶋田 高広, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, The Xth Congress of the International Society of Hematology Asian-Pacific Division,   2004年09月, The Xth Congress of the International Society of Hematology Asian-Pacific Division
    概要:We tried to study the clinical effect of R-MECP therapy for non-Hodgkin B-cell lymphoma, and domonstrated the safety and efficasy for even relapsed and reflactory cases.
  • MDS由来T細胞株K2‐MDS細胞はfractalkine/CX3CR1系を介して骨髄CD34陽性細胞にアポトーシスを誘導する, 森田泰慶, 松田光弘, 花本仁, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2004年08月30日
  • 当施設における骨髄異形成症候群症例の臨床的解析, 松田光弘, 森田泰慶, 佐野徹明, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2004年08月30日
  • ホジキン病でのケモカインレセプターの発現解析, 花本仁, 辰巳陽一, 宮里肇, 森田泰慶, 嶋田高広, 松田光弘, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2004年08月30日
  • 再発あるいは治療抵抗性aggessive B細胞性リンパ腫に対するR‐MECP療法の治療効果, 辰巳陽一, 花本仁, 佐野徹明, 嶋田高広, 東芝昌樹, 宮武淳一, 川西一信, 松田光弘, 芦田隆司, 臨床血液,   2004年08月30日
  • STI571が有効でmasked PH1の表現形を呈した慢性骨髄性白血病(CML)の1例, 高井俊輔, 金丸 昭久, 佐野 徹明, 松岡稔明, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第81回近畿血液学地方会,   2004年07月, 第81回近畿血液学地方会
  • 骨髄移植により長期生存を認めている肝ひ型NK/T細胞リンパ腫の一症例, 辰巳陽一, 花本仁, 木村英嗣, 嶋田高広, 佐野徹明, 東芝昌樹, 内木義人, 宮武淳一, 川西一信, 日本リンパ網内系学会会誌,   2004年06月10日
  • ホジキン細胞/Reed‐Sternberg細胞におけるケモカインCCL28の発現と好酸球/形質細胞浸潤との関連性の検討, 花本仁, 中山隆志, 宮里肇, 竹川澄男, 稗島州雄, 辰巳陽一, 義江修, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2004年06月10日
  • 急性GVHDにより急速増大した急性膵仮性のう胞を合併したAML(M5b), 中本吉彦, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 高井俊輔, 生駒 真也, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第173回 日本内科学会近畿地方会,   2004年06月, 第173回 日本内科学会近畿地方会
  • 汎血球減少で発症しステロイド応答性良好であったため診断に苦慮したPh1陽性ALL症例(一般演題抄録, 第55回近畿大学医学会学術講演会), 木村 芳毅, 辰巳 陽一, 東芝 昌樹, 嶋田 高広, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌,   2004年04月25日
  • 当科における骨髄異形成症候群の臨床的解析, 松田光弘, 森田泰慶, 佐野徹明, 東芝昌樹, 嶋田高広, 宮武淳一, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 日本内科学会雑誌,   2004年02月20日
  • サラゾスルファピリジンによる間質性肺炎を合併したseronegative RAの一例, 高井俊輔, 金丸 昭久, 生駒 真也, 木下 浩二, 船内 正憲, 内木 義人, 辰巳 陽一, 第172回日本内科学会近畿地方会,   2003年12月, 第172回日本内科学会近畿地方会
    概要:56歳女性、seronegative RAの患者。その経過中にサラゾスルファピリジン内服により、薬剤性間質性肺炎と皮疹を合併した報告例は極めて文献的にも稀であることから、その一例を報告した。
  • 再寛解導入療法中に画像上PLES(posterior leukoencephalopathy syndrome)と診断し得たMDS overt M6の1症例, 佐野 徹明, 金丸 昭久, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第80回近畿血液学地方会,   2003年12月, 第80回近畿血液学地方会
    概要:症例は72歳女性MDS overt M6。初回治療としてAra-C、IDRを投与し、問題なく経過したが寛解に至らず持続Ara-C、MITの併用で再寛解導入療法を行った。治療開始13日目、上下肢の痙攣を認め、頭部MRI上びまん性に信号異常を検出し、PLESと診断した。
  • 血液疾患の感染症治療, 辰巳 陽一, 第80回近畿血液学地方会,   2003年12月, 第80回近畿血液学地方会
    概要:第80回近畿血液学地方会シンポジウムにおいて、血液疾患における感染病及びその治療について、当科の感染症発症の経過を併せて最新の知見を報告した。
  • 当科におけるMantle Cell Lymphoma の治療成績, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 花本 仁, 宮里肇, 松田 光弘, 前田 裕弘, 大阪リンパ腫研究会,   2003年10月, 大阪リンパ腫研究会
    概要:マントル細胞リンパ腫は、低悪性度グループに数えられてはいるものの、再発が多く予後不良である事が知られている。1994年から現在まで当科における成績を発表した。
  • 若年女性に発症した再発性多発軟骨炎の一例, 平瀬主税, 金丸 昭久, 嶋田 高広, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 生駒 真也, 木下 浩二, 船内 正憲, 第171回日本内科学会近畿地方会,   2003年09月, 第171回日本内科学会近畿地方会
    概要:26歳の女性に多関節炎・耳介の炎症で発症した、比較的稀な再発性多発軟骨炎について報告した。
  • MDS由来T細胞株K2-MDSのCD34陽性細胞に対するfractalkine / CX3CR1システムを介するアポトーシス誘導活性, 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 花本 仁, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会,   2003年08月30日, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会
    概要:MDS由来T細胞株K2-MDS細胞はCD34陽性細胞に対して細胞障害を示し、細胞株はperfernin/ gronzyneを有することから細胞障害系路が同定された。抗原認識においてfractalkine/CX3CR1システムが重要であることが判明した。
  • ホジキン病でのケモカインとケモカインレセプターの発現解析, 花本 仁, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 宮里肇, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 松田 光弘, 前田 裕弘, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会,   2003年08月30日, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会
    概要:ホジキン病におけるケモカインの発現解析する為に細胞株を使用しケモカインについてRT-PCRを行い、MECの発現を新たに認めた。次にMECと好酸球、形質細胞の組織浸潤についての相関を調べた所、有意差を持って相関関係を認めた。
  • 骨髄異形成症候群におけるSDF-1/CXCR4システム異常とアポトーシスとの関連, 松田 光弘, 森田 泰慶, 花本 仁, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会,   2003年08月30日, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会
    概要:骨髄異形成症候群の無効造血にはアポトーシスが関与しているとされるが、詳細は不明である。近年SDF-1/CXCR4システムの造血幹細胞の増殖や分化への関与が注目されている。我々は骨髄異形成症候群におけるSDF-1/CXCR4システム異常の関与を明らかにしたので、報告した。
  • NK細胞関連リンパ腫の解析, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 花本 仁, 宮里肇, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会,   2003年08月30日, 第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会
    概要:我々は1999~2003年に大阪リンパ腫研究会に登録されたNK細胞関連リンパ腫について検討を行った。39例中全てにCD5、TIA-1を認め、EBERはnasal type 83%で最も高かった。non-Masal typeは予後においても極めて不良であった。
  • 治療抵抗性低悪性度B細胞性リンパ腫に対するRituximab+MECP療法の治療効果, 辰巳陽一, 宮里肇, 花本仁, 嶋田高広, 東芝昌樹, 宮武淳一, 川西一信, 松田光弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2003年08月30日
  • MDS-derived T cell line,K2-MDS, induces apoptosis in hematopoietic progenitor cells through the fractalkine CX3CR1 system, 松田 光弘, 金丸 昭久, 森田 泰慶, 花本 仁, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 32nd Annual Meeting of the International for Experimental Hematology,   2003年07月, 32nd Annual Meeting of the International for Experimental Hematology
    概要:MDS由来T細胞株K2-MDS細胞のCD34陽性細胞に対する細胞障害について検討した。共培養系でCD34陽性細胞に細胞障害を示し、fractalkine/CX3CR1システムを介して標的細胞を認識することが判明した。
  • 骨髄移植後90日頃発症し各種抗真菌剤不応性を呈した気管支肺アスペルギルス症の1例, 東芝 昌樹, 金丸 昭久, 嶋田 高広, 宮武 淳一, 川西 一信, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第79回近畿血液学地方会,   2003年07月, 第79回近畿血液学地方会
    概要:症例はCML1st.CPで血縁間で骨髄移植を施行。以後も特に大きな合併症を認めなかったが、d90あたりから発熱、呼吸苦が出現。各種抗生剤、抗真菌剤投与するも軽快せず死亡された。剖検結果から気管支肺アスペルギルス症と診断し得た症例であった。
  • ホジキンリンパ腫におけるchemokine(CXCL13,CXCR5)の発現について, 宮里肇, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 花本 仁, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 義江 修, 第43回日本リンパ網内系学会総会,   2003年06月20日, 第43回日本リンパ網内系学会総会
    概要:これまでにCXCL13は濾胞樹状細胞に発現することのみが報告されているが、ホジキンリンパ腫内ではT細胞に発現することが確認された。そのレセプターであるCXCR5はHRS細胞に陽性像を示したがこれは今回の調査した症例の約半数であった。
  • 治療抵抗性低悪性度B細胞性リンパ腫に対するRituximab+MECP療法の治療効果, 辰巳陽一, 宮里肇, 花本仁, 東芝昌樹, 嶋田高広, 宮武淳一, 川西一信, 松田光弘, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2003年06月20日
  • Apoptosis of CD34+ progenitor Cells Induced by MDS-derived T-cell line,K2-MDS, via perforin / granzyme B, through fractalkine/ CX3CR1 system, 金丸 昭久, 松田 光弘, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 7th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes MDS 2003,   2003年05月, 7th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes MDS 2003
    概要:MDS由来細胞株、K2-MDSのCD34陽性前駆細胞に対するアポトーシス誘導機序を解析した結果、ケモカインシステムのフラクタルカインとCX3CR1を介して、パーフォリン、グランザイムB分子に基づく細胞死であることが判明した。
  • フルダラビンを併用した前処置でReduced Intensity Stem‐cell Transplantation(RIST)を施行した治療抵抗性造血器腫ようの治療成績, 川西一信, 東芝昌樹, 宮里肇, 宮武淳一, 松田光弘, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 日本内科学会雑誌,   2003年02月20日
  • MDSにおけるシクロスポリンによる免疫抑制療法の機序解析 ーMDS由来T細胞株K2-MDSによるアポトーシス誘導モデルを用いてー, 松田 光弘, 金丸 昭久, 森田 泰慶, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 平成14年度厚生労働科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 特発性造血障害に関する調査研究班および重点研究:骨髄異形成症候群に対する新規治療法の開発に関する研究班 第2回合同班会議総会,   2003年01月, 平成14年度厚生労働科学研究費補助金 特定疾患対策研究事業 特発性造血障害に関する調査研究班および重点研究:骨髄異形成症候群に対する新規治療法の開発に関する研究班 第2回合同班会議総会
    概要:骨髄異形成症候群(MDS)においてのシクロスポリンによるT細胞を介する免疫抑制療法の機序をMDS由来T細胞株K2-MDSのCD34陽性細胞へのアポトーシス誘導モデルを用いて解析した。
  • サルコイドーシス治療中に結核感染症を併発した維持血液透析患者の一例, 玉置 千勢, 金丸 昭久, 松尾 晃樹, 内木 義人, 坂口 美佳, 岩本一郎, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 長谷川 廣文, 第169回日本内科学会近畿地方会,   2002年12月, 第169回日本内科学会近畿地方会
    概要:血液透析歴2年の58歳の女性。BHLと頚部リンパ節生検からサルコイドーシスと診断し、ステロイドを投与開始したが、漸減中に粟粒結核を合併した。結核の危険因子について文献的考察を加え報告した。
  • 治療抵抗性低悪性度B細胞性リンパ腫に対するRituximab+MECP療法の治療効果, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 宮里肇, 田中みやこ, 花本 仁, 東芝 昌樹, 川西 一信, 前田 裕弘, 和歌山悪性リンパ腫研究会,   2002年12月, 和歌山悪性リンパ腫研究会
    概要:CHOP抵抗性CD20陽性低悪性度悪性リンパ腫に対し、salvage protocolとしてRituximab+mitoxantrone, etoposide, carboplatin, and prednisolone(MECP)療法の有効性を検討した。結果として、CRが4例/6例、PRが1例/6例と良好な結果を得ている。
  • MECP-R 療法により寛解を得た治療抵抗性濾胞性リンパ腫の1例, 田中みやこ, 金丸 昭久, 宮里肇, 坂口 美佳, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第78回近畿血液学地方会,   2002年11月, 第78回近畿血液学地方会
    概要:MECP-R療法により寛解を得た治療抵抗性濾胞性リンパ腫の1例および当科におけるMECP-R療法の治療成績をあわせて報告した。
  • 治療抵抗性低悪性度B細胞性リンパ腫に対する抗CD20抗体[Rituximab]+MECPの治療効果, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 宮里肇, 花本 仁, 生駒 真也, 東芝 昌樹, 川西 一信, 大阪リンパ腫研究会,   2002年10月, 大阪リンパ腫研究会
    概要:CHOP抵抗性CD20陽性低悪性度悪性リンパ腫に対し、Rituximab+mitoxantrone, etoposide, arboplatin, and prednisolone(MECP)療法を用いたpilot studyを施行しその有効性を検討した。結果として、CRが4例/6例、PRが1例/6例と良好な結果を得ている。
  • 骨髄異形成症候群由来T細胞株K2-MDSに対するシクロスポリンAのアポトーシス誘導効果, 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 花本 仁, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会
    概要:MDSの血球減少にはT細胞による免疫学的機序が関与しており、免疫抑制剤シクロスポリンA(CsA)が効果を示す。今回我々は、MDS由来T細胞株K2-MDSの骨髄CD34陽性細胞への影響とCsAによるK2-MDSへの細胞障害活性検討した。
  • 急性骨髄性白血病(AML M2)治療中に多発性結核性肝腫瘍を併発し併結核剤で改善を認めた1例, 東芝 昌樹, 金丸 昭久, 岩谷太平, 坂口 美佳, 宮里肇, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会
    概要:急性骨髄性白血病加療中、突然の発熱、CRP上昇をきたし、マイコドットにて診断し得、加療により結核の改善を認めた。結核加療中、白血病病勢増悪を認めず現在も経過良好である。
  • PNH患者のCD59 -顆粒球に特異的に発現する遺伝子のスクリーニング, 嶋田 高広, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 宮里肇, 佐野 徹明, 松田 光弘, 内木 義人, 森田 泰慶, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会
    概要:PNHではPIG-A遺伝子変異以外のなんらかの異常がPNHクローンの増大に関わっている可能性がある。我々はPIG-A遺伝子異常以外の要因を検出するためPNHクローンと非PNHクローン間で、発現量に差のある遺伝子のスクリーニングを試みた。
  • 濾胞性リンパ腫の臨床病理学検討, 宮里肇, 金丸 昭久, 花本 仁, 辰巳 陽一, 松田 光弘, 前田 裕弘, 青笹克之他3名, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会
    概要:濾胞性リンパ腫の頻度は日本ではアメリカに比較し少ないが、大阪地区で1999-2001に発症した非ホジキンリンパ腫に対する割合は増加傾向にあった。加えて濾胞形成率、cytological grade、bcl-2、CD10の発現と病期についての関係を検討した。
  • フルダラビンを含む前処置による骨髄非破壊的造血幹細胞移植(NST)を行った成人造血器悪性腫瘍の9症例, 金丸 昭久, 川西 一信, 内木 義人, 東芝 昌樹, 宮里肇, 宮武 淳一, 大野基樹, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第64日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会
    概要:非寛解期症例に対し、骨髄非破壊的造血幹細胞移植を施行した。9例中2例はⅡ度のGVHDを来したのみで寛解状態が持続しており、GVL効果が期待できた症例と推察された。本検討から再発難治性症例にも骨髄非破壊的造血幹細胞移植が有用と考えられた。
  • 当科および関連施設における新規慢性骨髄性白血病(CML)い対するグリベックの治療成績と有害事象, 松田 光弘, 金丸 昭久, 杉山 昌史, 縄田浩行, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 浦瀬 文明, 有山武志, 椿 和央, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会・第44回日本臨床血液学会総会
    概要:当科および関連施設において、慢性骨髄性白血病に対する、新しい分子標的療法として、開発されたチロシンキナーゼ阻害剤グリベックの治療成績を、有害事象を含めて紹介した。
  • 光顕的ペルオキシダ-ゼ陰性骨髄系造血腫瘍に対するMPO-PNAを用いた診断法の試み(2), 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 花本 仁, 宮里肇, 嶋田 高広, 東芝 昌樹, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第64回日本血液学会総会、第44回日本臨床血液学会総会,   2002年09月, 第64回日本血液学会総会、第44回日本臨床血液学会総会
    概要:光顕的ペルオキシダ-ゼ陰性骨髄系腫瘍における鑑別診断確定の一助となるべく、MPO-PNAを用いたフローサイトメトリーによるMPO-RNA検出法を確立し、この感度及び特異性について検討を加えた。
  • Cytotoxic Activity of MDS-Derived T Lymphoid Cell Line,K2-MDS, on Bone Marrow CD34 Positive Cells, 森田 泰慶, 金丸 昭久, 松田 光弘, 花本 仁, 嶋田 高広, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, The29th World Congress International Society of Hematology,   2002年08月, The29th World Congress International Society of Hematology
    概要:MDSの血球減少にはT細胞による免疫学的機序が関与しており、免疫抑制剤シクロスポリンA(CsA)が効果を示す。今回我々は、MDS由来T細胞株K2-MDSの骨髄CD34陽性細胞への影響とCsAによるK2-MDSへの細胞障害活性を検討した。
  • Clinicopathological Characterization of Follicular Lymphomas: Histologic Features and Clinical Stages, 宮里肇, 金丸 昭久, 花本 仁, 辰巳 陽一, 松田 光弘, 前田 裕弘, The 29th World Congress of the International Society of Hematology,   2002年08月, The 29th World Congress of the International Society of Hematology
    概要:Follicular Lymphomaにおける濾胞形成率、cytological gradeの間では、相関関係がみられた。濾胞形成率と病期の間にも相関関係が認められ、濾胞形成率が高いものなど病期が進んでいる傾向がみられた。
  • Establishment of a myelodysplastic syndrome(MDS) / secondary AML-derived T lymphoid cell line K2-MDS, 松田 光弘, 金丸 昭久, 森田 泰慶, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, The 29th World Congress of the International Society of Hematology,   2002年08月, The 29th World Congress of the International Society of Hematology
    概要:骨髄造血幹細胞の異常である骨髄異形成症候群(MDS)における、Tリンパ球の異常の詳細は不明であり、適切な細胞株も存在しない。今回、われわれは、MDS患者の末梢血から、特異なT細胞株を樹立したので報告した。
  • 光顕的ペルオキシダ-ゼ陰性骨髄系腫瘍におけるMPO-PNAを用いたMPO-RNAの検出, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 花本 仁, 宮里肇, 嶋田 高広, 東芝 昌樹, 川西 一信, 宮武 淳一, 松田 光弘, 前田 裕弘, The 29th World Congress of the International Society of Hematology,   2002年08月, The 29th World Congress of the International Society of Hematology
    概要:光顕的ペルオキシダ-ゼ陰性骨髄系腫瘍におけるMPO-RNAの検出をMPO-PNAを用いフローサイトメーターで検出する方法を確立した。この方法は細胞株のみならず臨床検体に対しても応用可能である事が明らかになった。
  • 骨髄非破壊性末梢血幹細胞移植(NST)により治癒したsweet病による難治性皮膚潰瘍合併MDS Overt症例, 眞山崇, 金丸 昭久, 大野 基樹, 松田 光弘, 永谷佑介, 東芝 昌樹, 宮里肇, 宮武 淳一, 川西 一信, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第77回近畿血液学地方会,   2002年07月, 第77回近畿血液学地方会
    概要:骨髄非破壊性末梢血幹細胞移植により治癒したsweet病による難治性皮膚潰瘍を合併したMDS overt症例を経験したので発表した。
  • 十二指腸原発NK/T cell lymphomaの一例, 宮里肇, 金丸 昭久, 杉山 昌史, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第77回近畿血液学地方会,   2002年07月, 第77回近畿血液学地方会
    概要:CD3、CD50陽性でTCRの再構成を認めるNK/T cell lymphomaを経験した。本症例はMaconらの提唱したNK-like T-cell lymphomaと考えられ、十二指腸に原発したものは非常に稀である。今回、本症例を剖検結果を踏まえて報告した。
  • アトピー性皮膚炎モデルマウス (NC/Nga) における骨髄移植を用いた病体解析, 辰巳 陽一, 木村 英嗣, 金丸 照久, 山田 秀和, 無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology,   2001年12月01日
  • 急性骨髄性白血病 (AML M2) 治療中に多発性結核性肝膿瘍を併発した抗結核剤で改善を認めた1例, 岩谷太平, 金丸 昭久, 坂口 美佳, 東芝 昌樹, 宮里肇, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第76回近畿血液学地方会,   2001年12月, 第76回近畿血液学地方会
  • ANCA 関連血管炎症候群、肝腫瘍、敗血症など多彩な合併症を呈した5q 症候群の一例, 森田 泰慶, 内木 義人, 川西 一信, 岩本一郎, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 土方康基, 第166回日本内科学会近畿地方会,   2001年12月, 第166回日本内科学会近畿地方会
    概要:ANCA関連血管炎症候群、肝腫瘍、敗血症など多彩な合併症を呈し、急激に悪化した骨髄異形成症候群(5q-症候群)の一例を報告した。
  • 再発治療抵抗性の縦隔び慢性大細胞型B細胞リンパ腫に対してallo‐PBSCTを施行し,完全寛解となった一例, 川西一信, 木村英嗣, 宮武淳一, 松田光弘, 辰巳陽一, 芦田隆司, 前田裕弘, 金丸昭久, 内藤広行, 臨床血液,   2001年10月30日
  • 汎血球減少で発症し,短期間で急性転化した慢性骨髄性白血病(CML)の一例, 松田光弘, 宮里肇, ゆへい碩, 上田里美, 森田泰慶, 坂口美佳, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2001年10月30日
  • 光顕的ペルオキシダーゼ陰性骨髄系造血腫ように対するMPO‐PNAを用いた新しい診断法の試み, 辰巳陽一, 宮里肇, 花本仁, 嶋田高広, 東芝昌樹, 川西一信, 宮武淳一, 松田光弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2001年10月30日
  • 大阪地区のろ胞性リンパ腫の解析, 宮里肇, 辰巳陽一, 松田光弘, 前田裕弘, 金丸昭久, 中塚伸一, 青笹克之, 臨床血液,   2001年10月30日
  • <一般演題抄録>22.当科で経験した過好酸球症候群(Hypereosinophilic syndrome)の1例, 太田 育夫, 松田 光弘, 炭本 至康, 兪 炳碩, 山口 晃史, 上田 里美, 宮里 肇, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌,   2001年10月25日
  • 多臓器に再発を認めたmediastinal diffuse large B cell lymphoma(MDLCL)に対してMCVCレジメでallo-PBSCTに成功した一例, 金丸 昭久, 川西 一信, 木村 英嗣, 宮武 淳一, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 第6回南近畿血液病フォーラム,   2001年09月, 第6回南近畿血液病フォーラム
    概要:種々の化学療法に対し抵抗性を示した、多臓器に浸潤を認めた症例に対して、化学療法単独では治癒を期待できなかったため、血縁者間末梢血幹細胞移植を行い、graft-versuslymphoma効果を出現させることによって治癒をもたらした貴重な症例である。
  • 発作性夜間血色素尿症クローンの増殖優位性にかかわる遺伝子群の検索, 嶋田 高広, 金丸 昭久, 辰巳 陽一, 木村 英嗣, 佐野 徹明, 宮里肇, 東芝 昌樹, 松田 光弘, 前田 裕弘, 第30回国際実験血液学会総会・国際シンポジウム,   2001年08月, 第30回国際実験血液学会総会・国際シンポジウム
    概要:PNHクロ-ンに特異的に発現する遺伝子群をクローニングするためPNH患者のCD59-顆粒球とCD59+顆粒球または健常者のCD59+顆粒球との間でCDNAサブトラクションを行った。10個以上の候補遺伝子断片がクローニングされた。
  • アトピー性皮膚炎モデルマウスを用いたアトピー性皮膚炎治療への骨髄移植適応の検討, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 木村 英嗣, 曽野弘士, 宮里肇, 嶋田 高広, 山田 秀和, 第30回国際実験血液学会総会・国際シンポジウム,   2001年08月, 第30回国際実験血液学会総会・国際シンポジウム
    概要:アトピ-性皮膚炎の治療への骨髄移植の適応について、アトピ-性皮膚炎モデルマウス(NC/Nga)を用い検討した。正常骨髄をアトピーマウスに移植する事により、皮膚所見、サイトカイン異常の改善を認め、重症アトピ-性皮膚炎の選択肢となると考えた。
  • Granulocytic sarcomaに対する新しい診断法の試み, 宮里肇, 松田光弘, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2001年07月
  • 約8年の経過で骨髄線維症様所見を示した過好酸球症候群(Hypereosinophilic syndorome)の一例, 太田 育夫, 金丸 昭久, 松田 光弘, 炭本至康, 兪炳碩, 山口 晃史, 上田里美, 宮里肇, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第50回近畿大学医学会学術講演会,   2001年06月, 第50回近畿大学医学会学術講演会
    概要:約8年の経過で骨髄線維症様の病態を呈し、出血傾向及び硬膜の髄外造血が出現した過好酸球症候群の一例を経験した。この疾患の病態生理については、不明の点が多いが、ステロイドをはじめ各種化学療法抵抗性を示す骨髄増殖性疾患の一型と考えられた。
  • JALSG-B-ALL97プロトコールで寛解し得たALL(L3)の2症例, 山形俊昭, 金丸 昭久, 東芝 昌樹, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第5回南近畿血液病フォーラム,   2001年03月, 第5回南近畿血液病フォーラム
    概要:現在成人ALL,特にL3は予後が悪く、効果的な標準的治療法が存在しないことが問題となっていたが、今回JALSG-B-ALL97プロトコールが奏功した2例を経験した。本プロトコールの特徴を交えて考察する。
  • 汎血球減少で発症し、短期間で急性転化した慢性骨髄性白血病(CML)の1例, 上田里美, 金丸 昭久, 宮里肇, 坂口 美佳, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第5回南近畿血液病フォーラム,   2001年03月, 第5回南近畿血液病フォーラム
    概要:53歳女性。汎血球減少で発症し、2カ月後にdouble PH'と付加的染色体異常を伴い、急性転化(Blymphoid crisis)を起こし、VP療法により寛解状態を得ることができた慢性骨髄性白血病の一例である。
  • 両側乳房に連続性に再発したB‐cell lymphomaにおけるCLA発現に関する検討, 宮里肇, 松田光弘, 辰巳陽一, 金丸昭久, Int J Hematol Suppl,   2001年03月
  • inv(8)(p21;q22)を認めた再生不良性貧血の1例, 山形俊昭, 金丸 昭久, 佐野 徹明, 上田里美, 坂口 美佳, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第74回近畿血液学地方会,   2000年12月, 第74回近畿血液学地方会
    概要:骨髄に形態異常を認めないが染色体異常inv(8)(p21;q22)を認め、再生不良性貧血と骨髄異形成症候群との鑑別が困難であった症例。染色体異常の存在は腫瘍化への関与を想起させ、今後の注意深い経過観察が必要である。
  • Weber-Christian病に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を合併しサイクロスポリンAが着効した1例, 山口 晃史, 金丸 昭久, 宮武 淳一, 松岡稔明, 宮里肇, 川西 一信, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第163回日本内科学会近畿地方会,   2000年12月, 第163回日本内科学会近畿地方会
    概要:ステロイド抵抗性Weber-Christian病に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を合併しCyAが著効した症例を経験した。NASHはW-CDに起因すると考えられ、W-CDにCyAが著効したことよりT細胞系の異常が強くWeber-Christian病に考えられる。
  • double minuteを含んだ異常核型のm‐FISHによる解析, 東芝昌樹, 岩本一郎, 松田光弘, 辰巳陽一, 前田裕弘, 稲沢譲治, 栗原直樹, 小川真澄, 小木美恵子, 臨床血液,   2000年10月30日
  • 化学療法中に巨大な心室内血栓を発生した未分化型急性骨髄性白血病(AML‐M0)の一例, 野崎祐史, 曽野弘士, 坂口美佳, 松田光弘, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 臨床血液,   2000年10月30日
  • アトピー性皮膚炎モデルマウス(NC/Nga)における骨髄移植を用いた病態解析, 木村英嗣, 辰巳陽一, 金丸昭久, 山田秀和, 松田浩珍, 臨床血液,   2000年10月30日
  • T,B及び骨髄系の形質を併せ持つ稀有なT lymphoblastic lymphomaの1例, 縄田浩行, 宮里肇, 米川智, 川西一信, 松田光弘, 辰巳陽一, 金丸昭久, 臨床血液,   2000年10月30日
  • 長期のびまん性肺疾患に合併したホジキン病の1例, 上田里美, 金丸 昭久, 坂口 美佳, 宮里肇, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第162回日本内科学会近畿地方会,   2000年09月, 第162回日本内科学会近畿地方会
    概要:長期のリンパ球性間質性肺病変に合併したホジキン病を経験し、同時に慢性活動性EBV感染症を伴っていた。び慢性肺疾患と縦隔リンパ節腫大に対しABVD療法とステロイドが著効を示した。EBER1の検索を行ったところ、肺では陽性の所見を認めた。
  • 血球どん食症候群を伴ったsplenic large B‐cell lymphomaの1例, 宮里肇, 森田泰慶, 橋本圭二, 嶋田高広, 松田光弘, 辰巳陽一, 金丸昭久, 日本リンパ網内系学会会誌,   2000年07月10日
  • <一般演題抄録>29.非定型的臨床像を呈した未分化型急性骨髄性白血病(AML一M0)の症例 : 定型例との比較検討, 野崎 祐史, 松尾 晃樹, 曽野 弘士, 宮里 肇, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌,   2000年06月25日
  • 非定型的臨床像を呈した未分化型急性骨髄性白血病(AML‐M0)の症例 定型例との比較検討, 野崎祐史, 松尾晃樹, 曽野弘士, 宮里肇, 辰巳陽一, 金丸昭久, 近畿大学医学雑誌,   2000年06月25日
  • 化学療法中に巨大な心室内血栓を発症した未分化型急性骨髄性白血病(AML-M0)の一例, 野﨑 祐史, 金丸 昭久, 曽野弘士, 坂口 美佳, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第73回近畿血液学地方会,   2000年06月, 第73回近畿血液学地方会
    概要:AML-MOと診断され寛解導入療法施行し完全寛解となったが骨髄回復期に突然の呼吸困難と胸痛を訴え肺梗塞と心超音波にて診断した。右心室に巨大血栓を認めICUにて体外循環管理下にて+-PAによる血栓溶解療法により血栓が完全消失を認めた。
  • 完全寛解中に皮膚浸潤を呈し再発した急性骨髄性白血病(M2)の1例, 上野寿久, 金丸 昭久, 曽野弘士, 宮里肇, 坂口 美佳, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 第161回日本内科学会近畿地方会,   2000年06月, 第161回日本内科学会近畿地方会
    概要:骨髄での再発に先立って白血病細胞の皮膚浸潤を認めた急性骨髄性白血病(M2)の1例の臨床経過、及び、急性骨髄性白血病(特にM2)の皮膚浸潤の頻度についての文献的検討に関して発表した。
  • 発熱・筋肉痛・関節痛を主訴とした高齢男性の全身性エリテマトーデス(SLE)の1症例, 佐野徹明, 炭本至康, 辰巳陽一, 大野基樹, 木下浩二, 浜田欣哉, 船内正憲, 金丸昭久, 日本老年医学会雑誌,   2000年05月25日
  • HTLV-1キャリアにサルコイドーシスとシェーグレン症候群を合併した一例, 岩永 賢司, 東田 有智, 清水 俊雄, 辻 文生, 澤口 博千代, 村木 正人, 原口 龍太, 久保 裕一, 福岡 正博, 辰巳 陽一, 中島重徳, 第12回日本アレルギー学会春季臨床大会,   2000年04月, 第12回日本アレルギー学会春季臨床大会
  • Granulocytic sarcomaを形成したと考えられる未分化急性骨髄性白血病(AML-MO)の2症例, 宮里肇, 金丸 昭久, 松尾 晃樹, 野﨑 祐史, 曽野弘士, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 第89回日本病理学会総会,   2000年04月, 第89回日本病理学会総会
    概要:Granulocytic sarcomaは限局性リンパ節腫脹を形成することが多いが、AML-MOにより全身リンパ節にgranulocytic sarcomaを形成した2症例を組織形態学的、免疫学的、臨床的に検討した。
  • MDS患者におけるGSTT-1遺伝子変異, 前田 裕弘, 炭本 至康, 内木 義人, 松田 光弘, 辰巳 陽一, 金丸 昭久, 第97回日本内科学会講演会,   2000年04月, 第97回日本内科学会講演会
    概要:MDS患者骨髄よりRNAを抽出し、GSTT-1 cDNAを観察したところ、623bpの症例と500bpの症例に分けられた。500bpの症例では白血化症例の頻度が高かった。
  • 未分化急性骨髄性白血病(AML‐MO)にgranulocytic sarcomaを形成したと考えられた2症例, 宮里肇, 曽野弘士, 嶋田高広, 松田光弘, 辰巳陽一, 金丸昭久, Int J Hematol Suppl,   2000年04月
  • MDS症例における変異型GSTT‐1遺伝子と白血化との関係, 前田裕弘, 炭本至康, 内木義人, 縄田浩行, 松田光弘, 辰巳陽一, 金丸昭久, Int J Hematol Suppl,   2000年04月
  • ATL細胞に対するATRAの作用機序(Tax/NF‐κBシグナル伝達について, 縄田浩行, 前田裕弘, 炭本至康, 宮武淳一, 辰巳陽一, 松田光弘, 金丸昭久, Int J Hematol Suppl,   2000年04月
  • アトピー性皮膚炎モデルマウス(NC/Nga)を用いた骨髄移植の試み, 木村英嗣, 辰巳陽一, 嶋田高広, 佐野徹明, 前田裕弘, 金丸昭久, Int J Hematol Suppl,   2000年04月
  • HTLV‐1キャリアにサルコイドーシスとシェーグレン症候群を合併した1例, 岩永賢司, 東田有智, 清水俊雄, 川合右展, 辻文生, 沢口博千代, 福岡正博, 辰巳陽一, 中島重徳, アレルギー,   2000年03月30日
  • Granulocytic sarcomaを形成したと考えられる未分化急性骨髄性白血病(AML‐M0)の2症例, 宮里肇, 松尾晃樹, 野崎祐史, 曽野弘士, 松田光弘, 辰巳陽一, 金丸昭久, 日本病理学会会誌,   2000年03月10日
  • MDS患者におけるGSTT1遺伝子変異, 前田裕弘, 炭本至康, 内木義人, 松田光弘, 辰巳陽一, 金丸昭久, 日本内科学会雑誌,   2000年02月20日
  • 急性骨髄性白血病の完全寛解中に発症した悪性リンパ腫の1例, 花本仁, 有山武志, 有山洋二, 宮里肇, 玉井良尚, 松田光弘, 辰巳陽一, 前田裕弘, 金丸昭久, 近畿大学医学雑誌,   1999年12月25日
  • <一般演題抄録>7.著名な好酸球増多を認めた進行性胃癌の1症例, 炭本 至康, 辰巳 陽一, 岩本 一郎, 前田 裕弘, 椿 和央, 金丸 昭久, 弓立 達夫, 山田 秀和, 手塚 正, 近畿大学医学雑誌,   1999年06月25日
  • <一般演題抄録>20.CDDP腹腔内注入が奏効した腹膜悪性中皮腫の1例, 出口 晃史, 大野 基樹, 岩本 一郎, 榎本 寛, 辰巳 陽一, 前田 裕弘, 椿 和央, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌,   1998年12月25日
  • マクロファージにおいてLPS刺激によって誘導される新規セリン/スレオニンキナーゼのクローニング, 嶋田高広, 河合太郎, 井上純一郎, 松本真琴, 竹田潔, 野村文子, 辰巳陽一, 金丸昭久, 審良静男, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,   1998年11月
  • 411 NC/Ngaマウスにおける腸病変について, 山田 秀和, 弓立 達夫, 手塚 正, 辰巳 陽一, 松田 浩珍, アレルギー,   1998年10月30日
  • マクロファージにおいてLPS刺激によって誘導される新規セリン/スレオニンキナーゼのクローニング, 嶋田高広, 河合太郎, 松本真琴, 野村文子, 竹田潔, 辰巳陽一, 金丸昭久, 審良静男, 日本免疫学会総会・学術集会記録,   1998年10月
  • <一般演題抄録>15.多彩な自己抗体を認めた原発性胆汁性肝硬変症, 榎本 寛, 辰巳 陽一, 宮武 淳一, 前田 裕弘, 椿 和央, 入交 清博, 堀内 篤, 金丸 昭久, 近畿大学医学雑誌,   1998年06月25日
  • 胸腺細胞の分化及びT細胞の活性化段階におけるVLA‐4発現の推移, 長嶺純, 沢田元幸, 竹田潔, 辰巳陽一, 三宅健介, 八木田秀雄, 奥村康, 浜岡利之, 藤原大美, 日本免疫学会総会・学術集会記録,   1991年10月
  • 骨髄間質系細胞の機能 胸腺間質系細胞機能との比較検討, 竹田潔, 長嶺純, 辰巳陽一, 高井康之, 緒方正人, 浜岡利之, 藤原大美, 日本免疫学会総会・学術集会記録,   1990年10月
  • 胸腺ストローマ細胞単層培養上におけるCD4-8-胸腺細胞亜集団の分化, 長嶺純, 辰巳陽一, 竹田潔, 高井康之, 緒方正人, 浜岡利之, 藤原大美, 日本免疫学会総会・学術集会記録,   1990年10月
  • 胸腺間質系細胞由来因子による未熟胸腺細胞の分化・増殖, 熊ノ郷淳, 辰巳陽一, 高井康之, 喜多保通, 坂田恒明, 浜岡利之, 藤原大美, 日本免疫学会総会・学術集会記録,   1989年10月
  • 胸腺間質系細胞由来T細胞増殖因子(TSTGF) I ヘパリンによるTSTGF活性の抑制, 木村和弘, 松原英俊, 喜多保通, 辰巳陽一, 内海恵郎, 高井康之, 浜岡利之, 藤原大美, 日本免疫学会総会・学術集会記録,   1989年10月
  • 胸腺間質系細胞(MRL104.8a)による未熟胸腺細胞の分化誘導, 辰巳陽一, 熊ノ郷淳, 木村和弘, 八木秀樹, 堀内篤, 浜岡利之, 藤原大美, 日本免疫学会総会・学術集会記録,   1989年10月