KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

坂田 尚己サカタ ナオキ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門小児血液・腫瘍、造血幹細胞移植
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/645-sakata-naoki.html
ホームページURL
メールアドレスnsakata[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/17

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    小児血液腫瘍性疾患、特に白血病を日本小児白血病リンパ腫治療グループ(JPLSG)に参加し、質の高い臨床研究を行っています。また、難治性疾患には、同種造血幹細胞移植を行なっています。

研究活動情報

論文

  • Successful Treatment of Transplantation-associated Atypical Hemolytic Uremic Syndrome With Eculizumab., Hasegawa D, Saito A, Nino N, Uemura S, Takafuji S, Yokoi T, Kozaki A, Ishida T, Kawasaki K, Yasumi T, Sakata N, Ohtsuka Y, Hirase S, Mori T, Nishimura N, Kusumoto M, Ogawa Y, Tominaga K, Nakagawa T, Kanda K, Tanaka R, Kosaka Y, Journal of pediatric hematology/oncology,   2017年06月, 査読有り
  • Liver fibrosis with hypereosinophilia causing transient abnormal myelopoiesis., Minakata S, Sakata N, Wada N, Konishi Y, Marutani S, Enya T, Nakagawa H, Wada H, Takemura T, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 58, 11, 1222, 1225,   2016年11月, 査読有り
  • 単一施設における小児後天性造血不全症に対するフルダラビンレジメンを用いた治療成績, 坂田尚己,上田悟史,岡野意浩,今岡のり,杉本圭相,安井昌博,森口直彦,岡田 満,竹村 司, 日本小児血液・がん学会学術雑誌, 53, 3, 266, 272,   2016年10月, 査読有り
  • Effects of the Cessation of Mass Screening for Neuroblastoma at 6 Months of Age: A Population-Based Study in Osaka, Japan., Ioka A, Inoue M, Yoneda A, Nakamura T, Hara J, Hashii Y, Sakata N, Yamato K, Tsukuma H, Kawa K, Journal of epidemiology / Japan Epidemiological Association, 26, 4, 179, 184,   2016年04月, 査読有り
  • Comparison of continuous and twice-daily infusions of cyclosporine A for graft-versus-host-disease prophylaxis in pediatric hematopoietic stem cell transplantation., 39. Umeda K*, Adachi S, Tanaka S, Ogawa A, Hatakeyama N, Kudo K, Sakata N, Igarashi S, Ohshima K, Hyakuna N, Chin M, Goto H, Takahashi Y, Azuma E, Koh K, Sawada A, Kato K, Inoue M, Atsuta Y, Takami A, Murata M, Pediatr Blood Cancer, 62, 2, 291, 298,   2015年02月, 査読有り
  • Clinical course of juvenile myelomonocytic leukemia in the blast crisis phase treated by acute myeloid leukemia-oriented chemotherapy and allogeneic hematopoietic stem cell transplantation., Ueda S, Sakata N, Muramatsu H, Sakaguchi H, Wang X, Xu Y, Kojima S, Yamaguchi T, Higa T, Takemura T, International journal of hematology, 100, 5, 502, 506,   2014年11月, 査読有り
  • Guillain-Barré syndrome and Crohn disease: a case report., Yanagida H, Sugimoto K, Izu A, Wada N, Sakata N, Takemura T, Journal of child neurology, 29, 9, NP78, 80,   2014年09月, 査読有り
  • Cyclosporin A may cause injury to undifferentiated glomeruli persisting in patients with Alport syndrome., Sugimoto K, Fujita S, Miyazawa T, Nishi H, Enya T, Izu A, Wada N, Sakata N, Okada M, Takemura T, Clinical and experimental nephrology, 18, 3, 492, 498,   2014年06月, 査読有り
  • Appropriate modulation of autophagy sensitizes malignant peripheral nerve sheath tumor cells to treatment with imatinib mesylate., Okano M, Sakata N, Ueda S, Takemura T, Journal of pediatric hematology/oncology, 36, 3, 200, 211,   2014年04月, 査読有り
  • Non-invasive renal artery embolization for renal dysplasia accompanied by hypertension., Yanagida H, Tabata N, Sugimoto K, Izu A, Wada N, Sakata N, Okada M, Takemura T, Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 56, 1, 107, 109,   2014年02月, 査読有り
  • Recovery from life-threatening transplantation-associated thrombotic microangiopathy using eculizumab in a patient with very severe aplastic anemia., Okano Munehiro, Sakata Naoki, Ueda Satoshi, Takemura Tsukasa, Bone Marrow Transplant, 49, 1116, 1118,   2014年, 査読有り
  • リツキシマブ併用化学療法後に臍帯血移植を施行した小児濾胞性リンパ腫再発例, 坂田 尚己, 宮崎 紘平, 上田 悟史, 竹村 司, 中澤-中川 温子, 日本小児血液・がん学会雑誌, 50, 2, 243, 247,   2013年08月
    概要:小児の濾胞性リンパ腫は非常にまれである.その再発症例に対してリツキシマブを含めたサルベージ化学療法後に骨髄非破壊的前処置を用いて臍帯血移植をした症例報告.
  • 慢性骨髄性白血病に対する骨髄移植が頻回再発型ネフローゼ症候群の治療に有効であった1症例, 杉本 圭相, 坂田 尚己, 藤田 真輔, 宮沢 朋生, 西 一美, 竹村 司, 岡田 満, Pediatric nephrology (Berlin, Germany), 28, 6, 975, 978,   2013年06月, 査読有り
  • アルポート症候群患者における未熟糸球体残存はシクロスポリンAが原因となりうる, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 宮沢 朋生, 西 一美, 伊豆 亜加音, 和田 紀久, 坂田 尚己, 塩谷 拓嗣, 岡田 満, 竹村 司, Clinical and experimental nephrology,   2013年05月
  • Rabbit antithymocyte globulin and cyclosporine as first-line therapy for children with acquired aplastic anemia., Takahashi Y, Muramatsu H, Sakata N, Hyakuna N, Hamamoto K, Kobayashi R, Ito E, Yagasaki H, Ohara A, Kikuchi A, Morimoto A, Yabe H, Kudo K, Watanabe K, Ohga S, Kojima S, Japan Childhood Aplastic Anemia Study Group., Blood, 121, 5, 862, 863,   2013年01月, 査読有り
  • Effect and therapeutic mechanisms of tonsillectomy for childhood IgA nephropathy, 西 一美, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 岡田 満, 坂田 尚己, 宮沢 朋生, 宮崎 紘平, 竹村 司, NEPHROLOGY, 17, 7, 658, 664,   2012年09月, 査読有り
  • ネフローゼ症候群に腎、脳梗塞を合併した14歳女児例, 杉本 圭相, 井庭 慶典, 藤田 真輔, 岡田 満, 竹村 司, 坂田 尚己, Pediatric International, 54, 4, 549, 552,   2012年08月, 査読有り
  • 治療中に5番長腕欠失クローンから再発した初発時縦隔腫瘤合併の急性骨髄性白血病例, 坂田 尚己, 今岡 のり, 長井 恵, 宮沢 朋生, 竹村 司, 日本小児血液・がん学会雑誌, 49, 1・2, 86, 91,   2012年06月
    概要:症例報告:急性骨髄性白血病で縦隔腫瘤合併例は稀である.また,その予後は不良とされる.染色体検査で5q欠失の染色体異常を持ち,初期治療への反応は良好であったが,強化療法中に5q欠失クローンから骨髄・髄外再発した臨床経過を報告したもの.
  • Newly-identified symptoms of left renal vein entrapment syndrome mimicking orthostatic disturbance., Koshimichi M, Sugimoto K, Yanagida H, Fujita S, Miyazawa T, Sakata N, Okada M, Takemura T, World journal of pediatrics : WJP, 8, 2, 116, 122,   2012年05月, 査読有り
  • GSTT1 gene abnormality in minimal change nephrotic syndrome with elevated serum immunoglobulin E., Miyazaki K, Sugimoto K, Tsuji S, Iharada A, Fujita S, Yanagida H, Sakata N, Okada M, Kaneko K, Takemura T, Clinical nephrology, 77, 4, 261, 266,   2012年04月, 査読有り
  • シクロスポリン療法と出生後残存未熟糸球体の成熟化障害に関する検討, 藤田 真輔, 竹村 司, 竹村 豊, 岡田 満, 宮崎 紘平, 柳田 英彦, 和田 紀久, 坂田 尚己, 杉本 圭相, 宮沢 朋生, J Nephrol, 24, 474, 481,   2011年10月
  • Low-Density Lipoprotein Adsorption Therapy Can Restore Drug Sensitivity for Immunosuppressants Via Inhibitory Effects Upon MDR-1 Gene Expression, 上田 悟史, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 藤田 真輔, 宮沢 朋生, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, Therapeutic Apheresis and Dialysis, 15, 5, 499, 503,   2011年10月, 査読有り
    概要:In two patients with steroid-resistant nephrotic syndrome (SRNS), we investigated the relationship between clinical findings during immunosuppressive therapy and multiple drug resistant gene-1 (MDR-1) expression. MDR-1 was detected by real-time polymerase chain reaction (PCR). Establishment of a normal expression may be needed for each individual patient. Increasing MDR-1 during remission was followed soon by recurrences, an observation that may be a guide for therapeutic choice. LDL influences a humoral factor involved in MDR-1 expression. Both patients responded to LDL adsorption therapy because of elevated LDL levels. While cyclosporine A therapy gradually decreased MDR-1 expression, LDL adsorption therapy decreased expression sharply. Based on the results of the present study, LDL adsorption therapy could contribute to the amelioration of drug sensitivity for immunosuppressants including corticosteroids via inhibitory effects on MDR-1 expression.
  • 若年性ネフロン癆の末期腎不全への進行と尿細管間質性腎炎惹起抗原の異常, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 藤田 真輔, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, Nephrology, 16, 5, 495, 501,   2011年07月, 査読有り
  • Cyclosporine A causes maturation failure in embryonic-type glomeruli persisting after birth., Fujita S, Sugimoto K, Miyazawa T, Miyazaki K, Takemura Y, Yanagida H, Sakata N, Wada N, Okada M, Takemura T, Journal of nephrology, 24, 4, 474, 481,   2011年07月, 査読有り
  • Pathogenesis of Focal Segmental Glomerular Sclerosis in a Girl with the Partial Deletion of Chromosome 6P, 伊豆 亜加音, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 坂田 尚己, 和田 紀久, 岡田 満, 竹村 司, The TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 223, 3, 187, 192,   2011年03月, 査読有り
  • A child with PFAPA syndrome complicated by pityriasis lichenoides et varioliformis acuta., Iba Y, Sugimoto K, Sakata N, Kawada A, Takemura T, Pediatric dermatology, 28, 2, 207, 209,   2011年03月, 査読有り
  • A patient with Henoch-Schönlein purpura manifesting unusual symptoms and clinical course., Miyazawa T, Sugimoto K, Fujita S, Miyazaki K, Takemura Y, Yanagida H, Sakata N, Wada N, Okada M, Takemura T, Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases, 16, 7, 338, 340,   2010年10月, 査読有り
  • [Comparison of micafungin and fosfluconazole as prophylaxis for invasive fungal infection during neutropenia in children undergoing chemotherapy and hematopoietic stem cell transplantation]., Sawada A, Sakata N, Higuchi B, Takeshita Y, Ishihara T, Sakata A, Kouroki M, Kondo O, Koyama M, Hirano S, Yasui M, Inoue M, Yoshioka A, Kawa K, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 50, 12, 1692, 1699,   2009年12月, 査読有り
  • Significance of four MRD markers in MRD-based treatment strategy for childhood acute lymphoblastic leukemia., Sawada A, Sakata N, Kishimoto T, Higuchi B, Koyama M, Kondo O, Sato E, Okamura T, Yasui M, Inoue M, Yoshioka A, Kawa K, Leukemia research, 33, 12, 1710, 1713,   2009年12月, 査読有り
  • メサラジン投与中にCPK上昇を来たした潰瘍性大腸炎の1女児例, 田端 信忠, 杉本 圭相, 上田 悟史, 坂田 尚己, 岡田 満, 三宅 俊治, 篠原 徹, 八木 誠, 佐藤 隆夫, 竹村 司, Pediatr Int., 51, 5, 759, 760,   2009年10月, 査読有り
    概要:We report an unusual case of severe skeletal muscle damage during the administration of 5-ASA for ulcerative colitis. The specific pathogenesis of this muscle damage is unknown. Additionally a hypersensitive reaction to 5-ASA was also suggested.
  • ポートフォリオを取り入れた小児科クリニカル・クラークシップ, 岡田 満, 坂田 尚己, 竹村 司, 小児科臨床, 62, 5, 101, 107,   2009年05月
    概要:小児科クリニカル・クラークシップにポートフォリオを導入し、その結果をアンケート調査した。小児科でのクリニカル・クラークシップは5年生、6年生ともに好評であり、ポートフォリオを用いることにより、日々の目標と達成度が明確となり、クリニカルクラークシップを終了した時点での充実度が高まると考えらた。
  • 急性リンパ性白血病の維持療法中におけるパルボウイルスB19感染症を発症した幼児例, 坂田 尚己, 藤田 真輔, 竹村 司, 伊藤嘉規,小島勢二, 小児科臨床, 62, 3, 489, 494,   2009年03月
    概要:急性リンパ性白血病の維持療法中にパルボウイルスB19の持続感染により赤芽球ろうのみならず汎血球減少を来した症例の臨床経過報告.治療を継続していく上で,パルボウイルスB19のリアルタイムPCR法による遺伝子定量が有用であった.また,ウイルスの中和にガンマグロビリン投与が有用であった.
  • 2か月にわたる弛張熱と骨融解所見が先行したAnaplastic Large Cell Lymphoma (ALCL)の1例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 池田 光正, 土手 健作, 八木 誠, 竹村 司, 浜西 千秋, 桑江 優子 中山 雅弘, 小児がん学会誌, 46, 3, 375, 380,   2009年
    概要:2か月間発熱が持続し、最終的にALCLと診断に至った症例を経験した。
  • Development of Langerhans Cell Histiocytosis associated with chronic active EB virus infection., 坂田 尚己, 戸口 直美, 木村 雅友, 竹村 司, 中山 雅弘, 河 敬世, Pediatric Bood Cancer, 50, 4, 924, 927,   2008年04月
    概要:症例報告
  • Development of Langerhans cell histiocytosis associated with chronic active Epstein-Barr virus infection., Sakata N, Toguchi N, Kimura M, Nakayama M, Kawa K, Takemura T, Pediatric blood & cancer, 50, 4, 924, 927,   2008年04月, 査読有り
  • 先天性疾患の移植適応とその治療成績, 坂田 尚己, 血液・腫瘍科, 55, 増刊, 500, 506,   2007年08月
  • [The role of cord blood stem cell transplantation in children; a retrospective analysis of 39 cases in a single institute]., Inoue M, Yasui M, Sawada A, Koyama M, Sakata A, Takeshita Y, Kouroki M, Okamura T, Sakata N, Kawa K, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 47, 11, 1446, 1452,   2006年11月, 査読有り
  • Features and outcome of neonatal leukemia in Japan: experience of the Japan infant leukemia study group., Ishii E, Oda M, Kinugawa N, Oda T, Takimoto T, Suzuki N, Kosaka Y, Ohara A, Ogawa A, Ishii M, Sakata N, Okamura T, Koike K, Kojima S, Horibe K, Mizutani S, Pediatric blood & cancer, 47, 3, 268, 272,   2006年09月, 査読有り
  • NK-cell repertoire is feasible for diagnosing Epstein-Barr virus-infected NK-cell lymphoproliferative disease and evaluating the treatment effect., Sawada A, Sato E, Koyama M, Higuchi B, Kusuki S, Kim JY, Takeshita Y, Sakata A, Sakata N, Okamura T, Yasui M, Inoue M, Kawa K, American journal of hematology, 81, 8, 576, 581,   2006年08月, 査読有り
  • Simultaneous five cell-lineage flow cytometric analysis system for detection of leucocyte antibodies., 松山宣樹, 田端 信忠, 坂田 尚己, 小島芳隆, 平山文也, 保井一太, 谷上純子, 福森泰雄, 吉村敬次, 谷 慶彦, 柴田弘俊, Transfus Med., 16, 2, 111, 118,   2006年04月
  • レックリングハウゼン氏病に若年発症した悪性神経鞘腫の1例, 坂田 尚己, 上田悟史, 吉田 洋, 八木 誠, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 小児がん学会学術雑誌, 43, 2, 241, 245,   2006年02月
    概要:症例報告
  • Successful treatment of chemoresistant stage 3 neuroblastoma using irinotecan as a single agent., Inagaki J, Yasui M, Sakata N, Inoue M, Yagi K, Kawa K, Journal of pediatric hematology/oncology, 27, 11, 604, 606,   2005年11月, 査読有り
  • Unrelated donor bone marrow transplantation for 100 pediatric patients: a single institute's experience., Yumura-Yagi K, Inoue M, Sakata N, Okamura T, Yasui M, Sawada A, Sato E, Chayama K, Endo C, Sasabe M, Miyamura T, Park YD, Nakano T, Inagaki J, Kishimoto T, Nomura K, Saito I, Hamada S, Nakano T, Hashii Y, Kawa K, Bone marrow transplantation, 36, 4, 307, 313,   2005年08月, 査読有り
  • Unrelated donor marrow transplantation for congenital immunodeficiency and metabolic disease: an update of the experience of the Japan Marrow Donor Program., Sakata N, Kawa K, Kato K, Yabe H, Yabe M, Nagasawa M, Mugishima H, Kigasawa H, Tsuchida M, Akiyama Y, Morisima Y, Kodera Y, Kato S, International journal of hematology, 80, 2, 174, 182,   2004年08月, 査読有り
  • [Chronic active Epstein-Barr virus infection treated with reduced intensity stem cell transplantation]., Sakata N, Sato E, Sawada A, Yasui M, Inoue M, Kawa K, [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology, 45, 5, 393, 396,   2004年05月, 査読有り
  • Clinical significance of minimal residual disease in childhood acute myeloid leukemia., Miyamura T, Sakata N, Okamura T, Yasui M, Inoue M, Yagi K, Sako M, Komada Y, Matsuyama T, Oda M, Park YD, Kawa K, International journal of hematology, 79, 3, 243, 249,   2004年04月, 査読有り
  • Autologous hematopoietic stem cell transplantation for 3 patients with severe juvenile rheumatoid arthritis., Kishimoto T, Hamazaki T, Yasui M, Sasabe M, Okamura T, Sakata N, Inoue M, Yagi K, Kawa K, International journal of hematology, 78, 5, 453, 456,   2003年12月, 査読有り
  • Chronic graft-versus-host disease in children and adolescents after bone marrow transplantation from HLA-matched donors., Yumura-Yagi K, Inoue M, Sakata N, Okamura T, Yasui M, Nakano T, Nomura K, Nakano T, Park DY, Endo C, Nishiuchi R, Sawada A, Matsuda Y, Oota H, Yoshimoto T, Kawa-Ha K, International journal of hematology, 71, 3, 278, 282,   2000年04月, 査読有り
  • Graft-versus-tumor effect in a patient with advanced neuroblastoma who received HLA haplo-identical bone marrow transplantation., Inoue M, Nakano T, Yoneda A, Nishikawa M, Nakayama M, Yumura-Yagi K, Sakata N, Yasui M, Okamura T, Kawa K, Bone marrow transplantation, 32, 1, 103, 106,   2003年07月, 査読有り
  • Kinetics of plasma cytokines after hematopoietic stem cell transplantation from unrelated donors: the ratio of plasma IL-10/sTNFR level as a potential prognostic marker in severe acute graft-versus-host disease., Sakata N, Yasui M, Okamura T, Inoue M, Yumura-Yagi K, Kawa K, Bone marrow transplantation, 27, 11, 1153, 1161,   2001年06月, 査読有り
  • Differential regulation of CD40-mediated human B cell responses by antibodies directed against different CD40 epitopes., Sakata N, Hamelmann E, Siadak AW, Terada N, Gerwins P, Aruffo A, Johnson GL, Gelfand EW, Cellular immunology, 201, 2, 109, 123,   2000年05月, 査読有り
  • CD40 and adenosine A2 receptor agonist-cyclic adenosine monophosphate rescue B-cell antigen receptor-induced apoptosis through independent pathways and converge to prevent caspase activation., Sakata N, Kawasome H, Terada N, Johnson GL, Gelfand EW, The Journal of allergy and clinical immunology, 105, 3, 522, 531,   2000年03月, 査読有り
  • Quantitative and qualitative signals determine T-cell cycle entry and progression., Modiano JF, Mayor J, Ball C, Chitko-McKown CG, Sakata N, Domenico-Hahn J, Lucas JJ, Gelfand EW, Cellular immunology, 197, 1, 19, 29,   1999年10月, 査読有り
  • Rapid disappearance of AML1/ETO fusion transcripts in patients with t(8;21) acute myeloid leukemia following bone marrow transplantation and chemotherapy., Sakata N, Okamura T, Inoue M, Yumura-Yagi K, Hara J, Tawa A, Kodera U, Sako M, Kawa-Ha K, Leukemia & lymphoma, 26, 1-2, 141, 152,   1997年06月, 査読有り
  • Differential activation and regulation of mitogen-activated protein kinases through the antigen receptor and CD40 in human B cells., Sakata N, Kawasome H, Terada N, Gerwins P, Johnson GL, Gelfand EW, European journal of immunology, 29, 9, 2999, 3008,   1999年09月, 査読有り
  • Requirement for dual signals by anti-CD40 and IL-4 for the induction of nuclear factor-kappa B, IL-6, and IgE in human B lymphocytes., Jeppson JD, Patel HR, Sakata N, Domenico J, Terada N, Gelfand EW, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 161, 4, 1738, 1742,   1998年08月, 査読有り
  • Results of single and double autografts for high-risk neuroblastoma patients., Kawa-Ha K, Yumura-Yagi K, Inoue M, Park DY, Okamura T, Yasui M, Oota H, Sakata N, Yoneda M, Imura K, Bone marrow transplantation, 17, 6, 957, 962,   1996年06月, 査読有り
  • Cytokine production regulating Th1 and Th2 cytokines in hemophagocytic lymphohistiocytosis., Osugi Y, Hara J, Tagawa S, Takai K, Hosoi G, Matsuda Y, Ohta H, Fujisaki H, Kobayashi M, Sakata N, Kawa-Ha K, Okada S, Tawa A, Blood, 89, 11, 4100, 4103,   1997年06月, 査読有り
  • Rapamycin potentiates dexamethasone-induced apoptosis and inhibits JNK activity in lymphoblastoid cells., Ishizuka T, Sakata N, Johnson GL, Gelfand EW, Terada N, Biochemical and biophysical research communications, 230, 2, 386, 391,   1997年01月, 査読有り
  • Age-related changes in surface antigens on peripheral lymphocytes of healthy children., Osugi Y, Hara J, Kurahashi H, Sakata N, Inoue M, Yumura-Yagi K, Kawa-Ha K, Okada S, Tawa A, Clinical and experimental immunology, 100, 3, 543, 548,   1995年06月, 査読有り
  • Aggregation of the FcepsilonRI on mast cells stimulates c-Jun amino-terminal kinase activity. A response inhibited by wortmannin., Ishizuka T, Oshiba A, Sakata N, Terada N, Johnson GL, Gelfand EW, The Journal of biological chemistry, 271, 22, 12762, 12766,   1996年05月, 査読有り
  • Selective activation of c-Jun kinase mitogen-activated protein kinase by CD40 on human B cells., Sakata N, Patel HR, Terada N, Aruffo A, Johnson GL, Gelfand EW, The Journal of biological chemistry, 270, 51, 30823, 30828,   1995年12月, 査読有り
  • Capillary leak syndrome in patients with hemophagocytic lymphohistiocytosis., Ohta H, Yumara-Yagi K, Sakata N, Inoue M, Kawa-Ha K, Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992), 83, 10, 1113, 1114,   1994年10月, 査読有り
  • Isolation of human herpesvirus 7 from a child with symptoms mimicking chronic Epstein-Barr virus infection., Kawa-Ha K, Tanaka K, Inoue M, Sakata N, Okada S, Kurata T, Mukai T, Yamanishi K, British journal of haematology, 84, 3, 545, 548,   1993年07月, 査読有り
  • Mixed phenotype of blasts in acute megakaryocytic leukaemia and transient abnormal myelopoiesis in Down's syndrome., Yumura-Yagi K, Hara J, Kurahashi H, Nishiura T, Kaneyama Y, Osugi Y, Sakata N, Inoue M, Tawa A, Okada S, British journal of haematology, 81, 4, 520, 525,   1992年08月, 査読有り

書籍等出版物

  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック, 総説:小児領域癌, 坂田 尚己, 河 敬世, 共著, メディカルレビュー社,   2004年
  • 今日の小児治療指針 第14版, 15血液疾患,血球貪食症候群(HPS), 坂田 尚己, 共著,   2006年04月
    概要:小児の治療指針の分担執筆

講演・口頭発表等

  • 補体H関連蛋白遺伝子領域の欠失は移植後関連微小血管障害発症に関与するのか?, 坂田尚己,長谷川大一郎,上田悟史,岡野意浩,今村俊彦,細谷要介,菊地広朗,岡田 満,竹村 司, 第39回日本造血細胞移植学会,   2017年03月02日
  • 小児がん患者の終末期在宅ケアの導入の試みと問題点, 坂田尚己(さかた なおき),上田悟史,上田素子*,竹村 豊,岡野 意浩,長井 恵,船戸 契,益海 大樹,上嶋 和史,岡田 満,竹村 司, 第39回近畿小児血液・がん研究会,   2017年02月25日
  • Stage IV 神経芽腫に対する自家移植後に同種移植を行う計画的 2 回移植法の治療成績の検討, 岡野 意浩、坂田 尚己、西 孝輔、長井 恵、竹村 豊、上田 悟史、森口 直彦、井上 雅美、八木 誠、竹村 司, 第58回日本小児血液・がん学会学術集会,   2016年12月15日
  • 子どもの「お家に帰りたい」を叶えるためにー小児がん患児の終末期在宅緩和ケア体制の充実を目指す試みー, 上田素子 坂田尚己 杉本圭相 岡田 満 西村恭昌* 竹村 司, 第58回日本小児血液・がん学会学術集会,   2016年12月15日
  • 当科における造血幹細胞移植後のICU入室例および移植関連死亡例の臨床的特徴, 坂田尚己,上田悟史,岡野意浩,丸谷 怜,岡田 満,竹村 司, 第58回日本小児血液・がん学会学術集会,   2016年12月15日
  • エトポシドとデキサメタゾン・パルミテートで軽快したEBウイルス関連血球貪食症候群の中枢神経浸潤, 草野 信義,坂田 尚己,宮沢 朋生,杉本 圭相,岡田 満,竹村 司, 第78回日本血液学会学術集会,   2016年10月14日
  • 寛解期にFul/Mel-based 前処置を用いた同種造血幹細胞移植の治療成績, 坂田尚己,上田悟史,岡野意浩,長井 恵,竹村 豊,杉本圭相,岡田 満,竹村 司, 日本小児血液・がん学会,   2015年11月27日
  • 移植関連微小血管障害に対するエクリズマブの有効性, 二野奈々子,長谷川大一郎,齋藤敦郎,植村 優,高橋 哲,横井健人,神前愛子,石田敏章,矢内友子,川崎圭一郎,八角高裕,坂田尚己,大塚泰史,平瀬敏志,森 健,森貞直哉,西村範行,中川 択,神田杏子,田中亮二郎,小阪嘉之, 第77回日本血液学会総会,   2015年10月16日
  • 小児急性リンパ性白血病におけるSOX4発現の臨床的意義, 坂田尚己,上田悟史,岡野意浩,岡田 満,竹村 司, 第77回日本血液学会壮快,   2015年10月16日
  • 当科における軽減前処置を用いた同種造血幹細胞移植の治療成績, 坂田尚己,上田悟史,岡野意浩,長井 恵,竹村 豊,藤田真輔,杉本圭相,岡田 満,竹村 司, 第56回日本小児血液・がん学会学術集会,   2014年11月28日
  • シロリムスが奏功しているカサバッハ・メリット症候群合併治療抵抗性カポジ型血管内皮細胞腫の1例, 岡野意浩,坂田尚己,上田悟史,岡田 満,竹村 司, 第56回日本小児血液・がん学会学術集会,   2014年11月28日
  • 自家-同種CD34による2回移植を施行した進行性神経芽腫例, 坂田 尚己, 大植孝治, 井上雅美, 澤田明久, 安井昌博, 西川正則, 森本静夫, 中山雅弘, 河 敬世, 第20回日本小児がん学会,   2004年11月, 第20回日本小児がん学会
  • 慢性活動性EBウイルス感染症に対する多剤併用化学療法の有効性, 小山真穂,樋口万緑,金 智裕,佐藤恵実子,澤田明久,安井昌博,坂田尚己,井上雅美,河 敬世, 坂田 尚己, , 第46回日本小児血液学会総会,   2004年11月, 第46回日本小児血液学会総会
    概要:CAEBVにおける化学療法の有効性を検討した臨床研究
  • reduced-intensity stem cell transplantを行った成人型慢性骨髄性白血病の男児例, 安井昌博,澤田明久,坂田尚己,井上雅美,岩井朝幸,河 敬世, 坂田 尚己, , 第46回日本小児血液学会総会,   2004年11月, 第46回日本小児血液学会総会
    概要:CMLでRISTを施行した症例報告
  • 発症時より脳脊髄播種が認められたanaplastic ependymomaの1幼児例, 杉本圭相, 坂田 尚己, 山田 公人, 寺本 佳史, 種子田 護, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 原 純一, 第20回日本小児がん学会総会,   2004年11月, 第20回日本小児がん学会総会
    概要:稀な発症形式を示した脳室上衣腫の症例報告
  • 小児進行性横紋筋肉腫における自家造血幹細胞移植療法を併用した大量化学療法の臨床的意義, 坂田 尚己, 竹村 司,   2004年11月
  • RIST(TBI2Gy+Flu+CY)によるhaplo-identical CD34陽性細胞移植で救済し得た臍帯血移植後生着不全の2例, 小山真穂,樋口万緑,金 智裕,佐藤恵実子,澤田明久,安井昌博,坂田尚己,井上雅美,河 敬世, 坂田 尚己, , 第27回日本造血細胞移植学会総会,   2004年12月, 第27回日本造血細胞移植学会総会
  • 3回の同種造血幹細胞移植を施行し,3回とも移植後早期に血球貪食症候群を発症したALLの男児例, 樋口万緑,井上雅美,安井昌博,金 智裕,小山真穂,佐藤恵実子,澤田明久,坂田尚己,河 敬世, 坂田 尚己, , 第27回日本造血細胞移植学会総会,   2004年12月, 第27回日本造血細胞移植学会総会
  • 発症時より脳脊髄播種が認められたanaplastic ependymomaの1例, 杉本 圭相, 坂田 尚己, 竹村 司, 第20回日本小児がん学会,   2004年, 第20回日本小児がん学会
  • Compromised Hostの好中球減少時におけるカルバペネム系抗生物質の位置づけ, 坂田 尚己, 第2回南大阪小児感染症フォーラム,   2005年06月, 第2回南大阪小児感染症フォーラム
    概要:compromized hostにおける好中球減少時の感染症治療に対するカルバペネム系抗生剤の位置づけをレビューしたもの
  • Double Transplantを用いた小児悪性固形腫瘍の治療成績, 坂田 尚己, 井上 雅美 河 敬世, 第11回Double transplant研究会,   2005年07月, 第11回Double transplant研究会
    概要:double transplantを用いた大量化学療法により治療された小児悪性固形腫瘍の治療成績のレビュー
  • 腹腔内遊離ガスを伴った腸管気腫症を認めた慢性GVHDの1, 田端 信忠, 坂田 尚己, 竹村 司, 森口 直彦, 宮田 曠, 井上 智弘, 上田 悟史, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会 合同総会,   2005年09月, 第67回日本血液学会総会・第47回日本臨床血液学会総会 合同総会
  • 非血縁臍帯血移植後に輸血関連と考えられる肺障害を来した症例, 坂田 尚己, 上田 悟史, 田端 信忠, 竹村 司, 第14回南近畿血液フォーラム,   2005年10月, 第14回南近畿血液フォーラム
    概要:輸血に関連した肺障害を呈した臍帯血移植後のALLの臨床経過報告.
  • 発見時、既に腎機能低下を呈していた逆流性腎症の一男児例- 8歳まで発見されなかった高度VURによる逆流性腎症の1例 -, 田端 信忠, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 八木 和郎, 柳田 英彦, 堀川 重樹, 松本 成史, 植村 天受, 南大阪小児疾患研究会,   2005年10月, 南大阪小児疾患研究会
  • von Recklinghausen病に若年発症した悪性神経鞘腫の1例, 坂田 尚己, 上田悟史, 吉田 洋, 八木 誠, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 第21回日本小児がん学会総会,   2005年11月, 第21回日本小児がん学会総会
    概要:稀少症例の臨床報告
  • 生後10か月児に認められたRosai Dorfman病の1例, 山本 清一郎, 板橋 有香, 田端 信忠, 坂田 尚己, 竹村 司, 河合 潤, 八木 誠, 中山雅弘, 第47回日本小児血液学会,   2005年11月, 第47回日本小児血液学会
    概要:稀少な組織球増殖症候群の症例報告
  • 自家末梢血幹細胞移植併用超大量化学療法および放射線照射にも拘らず、早期再発した胞巣型横紋筋肉腫の一例, 田端 信忠, 坂田 尚己, 竹村 司, 永田 多恵子, 山本 清一郎, 木村 雅友, 上田 悟史, 森口 直彦, 宮田 曠, 野上 隆司, 吉田 洋, 八木 誠, 第21回小児がん学会,   2005年11月, 第21回小児がん学会
  • 2ヵ月にわたる高熱と骨融解所見が先行したAnaplastic Large Cell Lymphomaの1例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 司,   2005年11月
  • 非血縁者間骨髄移植後に、ドナータイプで造血障害を呈し再移植を要した再生不良性貧血の1例, 板橋 有香, 坂田 尚己, 田端 信忠, 竹村 司, 森口 直彦, 磯川 貞之, 第28回日本造血細胞移植学会,   2006年02月, 第28回日本造血細胞移植学会
  • 重篤な症状で発症し、その後の慢性感染が考えられるEBウイルス感染症の2例, 戸口 直美, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 森口 直彦, 佐藤 恵実子 澤田 明久 河 敬世 , 第109回 日本小児科学会    ,   2006年04月, 第109回 日本小児科学会    
    概要:重篤な症状で発症し、その後の慢性感染が考えられるEBウイルス感染症の2例の報告をした。
  • 当科における好中球減少時発熱の現状および予防・治療法について, 坂田 尚己, 上田悟史, 井上 智弘, 板橋 有香, 戸口 直美, 柳田 英彦, 田端 信忠, 山本 清一郎, 竹村 司, 第48回日本臨床血液学会・第68回日本血液学会合同総会,   2006年09月, 第48回日本臨床血液学会・第68回日本血液学会合同総会
    概要:化学療法後の感染症予防法とその臨床的な効果を調べた臨床研究
  • 初回寛解導入不能の急性前骨髄球性白血病に対して非血縁臍帯血移植を施行した1例, 坂田 尚己, 柳田 英彦, 上田悟史, 竹村 司, 第3回南大阪細胞移植療法研究会,   2006年11月, 第3回南大阪細胞移植療法研究会
    概要:症例報告
  • 骨髄所見で急性赤芽球性白血病(M6)と類似したJuvenile Myelomonocytic Leukemia (JMML)の1例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 山口 逸弘, 竹村 司, 琉球大学医学部小児科学教室, 第48回日本小児血液学会,   2006年11月, 第48回日本小児血液学会
    概要:症例報告
  • 慢性活動性EBウイルス感染症の経過中にランゲルハンス細胞組織球症を合併した1女児例, 伊豆 亜加音, 竹村 司, 坂田 尚己, 戸口 直美, 藤田 真輔, 竹島俊一 桑江優子 中山雅弘, 第22回日本小児がん学会,   2006年11月, 第22回日本小児がん学会
    概要:慢性活動性EBウイルス感染症に罹患し、その経過中にランゲルハンス細胞組織球症を併発した1女児例の症例報告
  • 骨髄所見で赤白血病(M6)と類以したJMMLの1例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 司, 日本小児血液病学会,   2006年11月, 日本小児血液病学会
    概要:今回我々は、骨髄所見でM6と類似したJMML症例を経験したので報告する。症例は、2歳、男児。主訴は、白血球増多、発熱と肝脾腫。平成17年12月より、下腹部に広範囲の皮疹を認めた。入院時、肝脾腫、発熱、リンパ節腫脹、貧血と皮疹(色素沈着)を認めた。血液検査にて、WBC 53200 /μl、Hb 8.5 g/dl (HbF 63.3 %)、Plt 4.3万 /μl、Ret 70 ‰、LDH 2578 IU/l、赤血球と白血球に著しい形態異常を認めた。骨髄検査では、有核細胞数 80.3×104 /μl、巨核球数 0 /μl、芽球 29 %で単球系(75 %)と骨髄球系(25 %)の形質を示した。赤芽球系は、有核細胞数の64.2 %を占めており、異形成を認めた。染色体検査では、20細胞すべてにmonosomy 7を認めたが、遺伝子検査(マルチプレックス)では、bcr-abl遺伝子を含めて異常はなかった。また、in vitroでのspontaneous colony formationとhypersensitibity to GM-CSFは陽性であった。臨床症状とコロニー検査所見よりJMMLと診断し、芽球の増多を認めていたため、AML99プロトコールの寛解導入療法を
  • 慢性活動性EBウイルス感染症の経過中にランゲルハンス細胞組織球症を合併した1女児例, 伊豆 亜加音, 坂田 尚己, 戸口 直美, 藤田 真輔, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 竹村 司, 第22回日本小児がん学会学術集会,   2006年, 第22回日本小児がん学会学術集会
  • 大量化学療法 (TEPA+L-PAM) 後に再発し、 その後、腸管浸潤によるイレウスを呈した 1 例, 坂田 尚己, 上田悟史, 八木 誠, 田端 信忠, 竹村 司, 第7回日本横紋筋肉腫研究会,   2007年01月, 第7回日本横紋筋肉腫研究会
    概要:症例報告
  • 大量化学療法 (TEPA+L-PAM) 後に再発し、 その後、腸管浸潤によるイレウスを呈した 1 例, 坂田 尚己, 上田悟史, 八木 誠, 田端 信忠, 竹村 司, 第7回日本横紋筋肉腫研究会,   2007年01月, 第7回日本横紋筋肉腫研究会
  • 非血縁臍帯血移植後にTRALI (Transfusion- Related Acute Lung Injury、輸血関連急性肺障害)と考えられる肺合併症を認めた乳児白血病の一例, 田端 信忠, 坂田 尚己, 上田悟史, 竹村 司, 伊藤正寛, 松山宣樹, 小島芳隆, 平山文也, 第29回日本造血細胞移植学会総会,   2007年02月, 第29回日本造血細胞移植学会総会
  • Castleman病と考えられた1女児例, 板橋 有香, 坂田 尚己, 木村 忠司, 森 一功, 竹村 司, 第59回南大阪小児疾患研究会,   2007年02月, 第59回南大阪小児疾患研究会
  • 眼症状を契機に発見された福山型先天性筋ジストロフィーの1例, 伊豆 亜加音, 竹村 司, 柳田 英彦, 田端 信忠, 篠原 徹, 丸谷 怜, 坂田 尚己, 第20回近畿小児科学会,   2007年03月, 第20回近畿小児科学会
    概要:眼症状を契機に発見された福山型筋ジストロフィーの1女児例についての症例報告
  • ALLの治療中にPRES (posterior reversible leukoencephalopathy syndrome)を来した1例, 板橋 有香, 坂田 尚己, 上田 悟史, 竹村 司, 第110回日本小児科学会学術集会,   2007年04月, 第110回日本小児科学会学術集会
  • 若年性骨髄単球性白血病に対する同種末梢血幹細胞移植, 坂田 尚己, 上田悟史, 山口逸弘, 竹村 司, 第4回南大阪細胞移植療法研究会,   2007年11月, 第4回南大阪細胞移植療法研究会
  • 大量化学療法 (TEPA+L-PAM) 後に再発し、 その後、腸管浸潤によるイレウスを呈した 1 例, 坂田 尚己, 上田悟史, 田端 信忠, 吉田 英樹, 吉田 洋, 野上 隆司, 木村 雅友, 八木 誠, 竹村 司, 第23回日本小児がん学会,   2007年12月, 第23回日本小児がん学会
  • 急性リンパ性白血病の維持療法中にパルボウイルスB19感染に伴う骨髄抑制を来した一例, 坂田 尚己, 藤田真輔, 竹村 司, 小島勢二, 第49回日本小児血液学会,   2007年12月, 第49回日本小児血液学会
  • 難治性悪性神経鞘腫に対するイマチニブ・メシレートの投与経験, 上田 悟史, 坂田 尚己, 吉田 英樹, 野上 隆司, 吉田 洋, 八木 誠, 木村 雅友, 竹村 司, 青木光希子, 樋口万緑, 岸本朋子, 玉本哲朗, 第23回日本小児がん学会,   2007年12月, 第23回日本小児がん学会
  • 習慣性多飲の1歳児例, 宮崎 紘平, 岡田 満, 坂田 尚己, 竹村 司, 南大阪小児疾患研究会,   2008年02月, 南大阪小児疾患研究会
    概要:表題について発表した。
  • 眼球突出を主訴とした神経芽腫の一例, 竹村 豊, 坂田 尚己, 竹村 司, 八木 誠, 吉田 洋, 木村 雅友, 佐藤 隆夫, 第30回 近畿小児がん研究会,   2008年02月, 第30回 近畿小児がん研究会
    概要:眼球突出を主訴とした進行性神経芽腫の一例を経験し、治療法として手術、化学療法の後に2回移植法を施行した。それについての症例報告を行った。
  • 親子間同種末梢血幹細胞移植におけるGVHDとその予防法について, 坂田 尚己, 上田 悟史, 竹村 豊, 戸口 直美, 田端 信忠, 磯川貞之, 森口 直彦, 竹村 司, 第30回日本造血細胞移植学会,   2008年03月, 第30回日本造血細胞移植学会
  • ポートフォリオを取り入れた小児科クリニカル・クラークシップ, 岡田 満, 坂田 尚己, 竹村 司, 第111回日本小児科学会学術集会,   2008年04月, 第111回日本小児科学会学術集会
    概要:小児科クリニカル・クラークシップにポートフォリオを取り入れた内容について報告した。また、アンケート調査をもとに、ポートフォリオの良かった点および問題点について述べた。
  • 悪性末梢神経鞘腫におけるPDGFRの発現とイマチニブおよびJNK阻害剤の効果, 坂田 尚己, 上田 悟史, 八木 誠, 木村 雅友, 竹村 司, 青木 光希子, 中川 温子, 第24回日本小児がん学会総会,   2008年11月, 第24回日本小児がん学会総会
    概要:悪性末梢神経鞘腫におけるPDGFRの発現とそのシグナル伝達系路を阻害するイマチニブの臨床効果,および細胞株を用いた今後の新規治療に関する検討したもの.イマチニブにJNK阻害剤(SP600125)の細胞株増殖抑制の増強を報告.
  • イマチニブで細胞遺伝学的寛解を得た後にRIST で分子生物学的寛解を認めた CML の女児例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 司, 竹村 豊, 日本小児がん学会,   2008年11月, 日本小児がん学会
    概要:小児の慢性骨髄性白血病(CML)の治療方針は、成人と同様にイマチニブが第一選択と考えられる。しかし、その長期投与による安全性は不明である。今回、我々はイマチニブにより細胞遺伝学的寛解を得た後に reduced-intensity stem cell transplantation (RIST) を施行したので報告する。イマチニブの長期投与で骨代謝への影響が報告され、発達途上の小児例においてもその影響が危惧される。イマチニブ反応良好群であれば、診断後1年程度の臨床経過でRIST で同種移植するのが、小児 CML の現在におけるベストの治療法ではないかと考えられる。
  • 末梢血幹細胞移植後に PRCA を合併し、治療に難渋している急性骨髄性白血病 (M4) の男児例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 司, 宮崎 絋平, 近畿造血幹細胞移植研究会,   2008年11月, 近畿造血幹細胞移植研究会
    概要:Major ABO 不適合同種移植後の pure red cell aplasia (PRCA) は、移植後 60 日目を経過して網赤血球低値 (RET 10 ‰ 未満) で赤血球輸血依存の状態と定義されている。頻度は約 20% 程度であり、移植後の合併症として注意が必要な疾患である。今回、われわれは、非寛解時期に兄をドナーに ABO 不適合同種移植を施行し、DLI、エリスロポエチン、リツキサン等の治療を行なったにもかかわらず、1年以上 PRCA が持続し、治療に難渋している症例を経験しているので報告する
  • 骨髄非破壊的前処置法により非血縁臍帯血移植を施行した再発性ろ胞性リンパ腫の小児例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 宮崎 絋平, 竹村 司, 中川 温子, 日本造血幹細胞移植学会,   2009年02月, 日本造血幹細胞移植学会
    概要:今回、我々は小児では稀なろ胞性リンパ腫の再発例に対して、リツキサン併用化学療法後の第 2 寛解期に、臍帯血による骨髄非破壊的前処置法を施行しましたのでその経過を報告させていただきます。小児 FL の病理組織像ではろ胞性とび慢性の双方の増殖様式を示すものが多く、鑑別に苦慮する例が多く、本例も初発時は DLBCL と診断されましたが,再発時の病理組織像を含めた再検討で、初発からも FL であったと診断されました。現在,移植後12か月を経過し,軽い限局型慢性 GVHD (皮膚)を認めますが,寛解を維持しています。
  • 骨髄非破壊的前処置法により非血縁臍帯血移植を施行した再発性ろ胞性リンパ腫の小児例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 司, 宮崎 絋平 国立成育医療センター病理 中川 温子, 第31回 日本造血幹細胞移植学会,   2009年02月, 第31回 日本造血幹細胞移植学会
    概要:今回、我々は小児では稀なろ胞性リンパ腫の再発例に対して、リツキサン併用化学療法後の第 2 寛解期に、臍帯血による骨髄非破壊的前処置法を施行したのでその経過を報告した。小児 NHL の再発後の標準治療は確立していないが,リツキサンを併用したR-ICE 療法は安全で有効な治療であると考えられた。本例では、bcl-2 を発現しており、Lorsbach らの予後不良例に相当するため、GVL 効果が期待できる同種移植を選択した。
  • うっ血乳頭で発見された小児慢性骨髄性白血病の1女児例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 司, 竹村 豊 田中 意浩, 大阪小児科学会,   2009年09月, 大阪小児科学会
    概要:今回、我々はうっ血乳頭で発見された慢性骨髄性白血病 (CML) の1女児に対して、イマチニブにより細胞遺伝学的寛解を得た後に同種末梢血幹細胞移植を施行した。経過を報告し、現時点での小児 CML の治療について考察した。小児 CML においても、イマチニブが第一選択と考えられる。しかし、イマチニブの長期投与で骨代謝への影響が報告され、発育途上の小児例においてもその影響が危惧される。イマチニブ反応良好群であれば、診断後1年程度の細胞遺伝学的寛解の時点で骨髄非破壊的前処置法にて同種移植を施行するのが、現時点での最適な根治療法ではないかと考えられる。
  • 移植後530日目にシクロスポリンの再投与により軽快した治療抵抗性血液型不一致移植後赤芽球癆の1例, 坂田 尚己, 上田 悟史, 宮崎 紘平, 竹村 司, 第71回日本血液学会総会,   2009年10月, 第71回日本血液学会総会
    概要:造血幹細胞移植後にABO血液型ミスマッチに起因する赤芽球癆が持続し,ドナーリンパ球輸注やリツキサン等の治療に対して反応せずに長期にわたり輸血依存となった.移植後530日目にシクロスポリンを再投与したところ赤芽球癆が軽快した症例の臨床経過報告.
  • 神経芽腫における同種造血幹細胞移植, 坂田 尚己, 竹村 豊, 上田 悟史, 竹村 司, 南大阪細胞移植療法研究会,   2009年11月, 南大阪細胞移植療法研究会
    概要:神経芽腫への同種造血幹細胞移植の有効性とその症例報告
  • 再発B細胞性腫瘍に対するリツキシマブ併用サルベージ療法の経験, 坂田 尚己, 上田 悟史, 丸谷 怜, 宮崎 紘平, 竹村 司, 第51回日本小児血液学会,   2009年11月, 第51回日本小児血液学会
    概要:2例の再発B細胞性造血器腫瘍に対するサルベージ療法でリツキシマブを併用した治療経過を報告.
  • 眼球突出を主訴に診断された小児腫瘍の 2 例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 伊豆 亜加音, 木村 雅友, 竹村 司, 竹村 豊, 竹島 俊一   桑江 優子, 日本小児がん学会,   2009年11月, 日本小児がん学会
    概要:今回、我々は眼球突出を契機に診断された 2 例を経験したので、臨床経過を報告した。 2 例の視機能は正常であるが、眼窩腫瘍では、眼球偏位や視神経浸潤に伴う視力障害を引き起こすこともあり、可及的速やかに診断し治療を開始する必要があると考える。
  • 長期にわたる移植後赤芽球癆の軽快後に骨髄再発し、父からのハプロ移植で再寛解が得られた急性骨髄性白血病の1例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 司, 宮崎 絋平   田中 意浩, 日本造血幹細胞移植学会,   2010年03月, 日本造血幹細胞移植学会
    概要:症例は、14歳の男児。AMLと診断後、初期治療に不応のため、非寛解のままHLA 完全一致血液型不一致の兄 (ドナー:A 型、レシピエント:O型) よりPBSCTを施行した。赤血球系のみ生着が得られず、抗A血球凝集素価は1024倍と高値であり、血液不一致に伴うPRCAと考えられた。Day 530よりCsAを再投与したところ、赤血球数の増加を認め、抗A血球凝集素価も4倍まで低下した。しかし、Day 595の骨髄検査で再発を確認した。非寛解でHLA ハプロ一致血液型不一致の父 (A型) よりBMTを施行した。移植後PRCAは、レシピエント由来の残存形質細胞が原因と考えられているが、本例ではDLI、PBSC再輸注やrituximabに不応で、CsAの再投与で軽快したことから異なる機序の可能性も考えられた。また、PRCA軽快後に再発したことから、その機序とGVL効果の関連も示唆された。
  • 化膿性リンパ節炎の治療経過で発見された悪性リンパ腫の 1 男児例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 村本 大輔, 竹村 司, 南大阪小児疾患研究会,   2010年10月, 南大阪小児疾患研究会
    概要:今回、我々は、当初化膿性リンパ節炎として治療経過中に悪性リンパ腫と診断に至った 1 男児例を経験したので報告した。頸部腫瘤で化膿性リンパ節炎を併発した場合、生検で頸部腫瘤を適切に採取できなかった場合、炎症所見のみをとらえて、診断を誤る可能性があるため、注意を要する。
  • 治療経過で重篤な合併症を繰り返したALL女児例, 坂田 尚己, 竹村 豊, 上田 悟史, 竹村 司, 第52回日本小児血液学会総会,   2010年12月, 第52回日本小児血液学会総会
    概要:ALL(14歳女子)の治療経過でPRESによる神経症状とHD-MTX後の薬剤排泄遅延と腎障害を認め,透析と血漿交換を必要とした症例の報告.
  • 当科における造血障害(AA/MDS) 7 例の治療成績, 上田 悟史, 坂田 尚己, 杉本 圭相, 竹村 司, 板橋有香   田中意浩   小西悠平   西 一美   今岡のり 近畿大学医学部堺病院 小児科 森口直彦 大阪府立母子保健総合医療センター 血液・腫瘍科 安井昌博   河 敬世, 日本小児血液学会,   2010年12月, 日本小児血液学会
    概要:2004年4月から2010年7月までに当科で加療した7例の造血障害に対する治療成績について検討した。当科における造血障害の治療成績ではISTの奏効率は低かったが、全例BMTにて生存している。
  • 悪性末梢神経鞘腫株におけるイマチニブによるオートファジー誘導, 坂田 尚己, 田中 意浩, 上田 悟史, 竹村 司, 第26回日本小児がん学会,   2010年, 第26回日本小児がん学会
    概要:イマチニブによる処理で悪性末梢神経鞘腫細胞株3種にオートファジーが誘導されることを示した.そのオートファジーをバフィロマイシンA1によりブロックすると,イマチニブによる増殖抑制効果が単独の場合と比較して有意に増強させた.以上よりイマチニブにより誘導されるオートファジーは傍行反応であることが示唆された.
  • 一過性の巨核球、および汎血球減少を呈した特発性血小板減少性紫斑病と思われる1女児例, 田端 信忠, 上田 悟史, 坂田 尚己, 山口 逸弘, 池田 優 井碩 孝博, 田中 則次, 丹羽 久生, 第13回泉州小児科症例勉強会,   2011年07月, 第13回泉州小児科症例勉強会
    概要:特発性血小板減少性紫斑病 (ITP)では、抗血小板抗体による血小板の流血中での破壊、あるいは細網内皮系での捕捉が血小板減少の原因とされるが、巨核球造血が障害されているか否かは未解決とされる。 今回我々は、一過性の巨核球、および汎血球減少を呈した血小板減少症があり、無巨核球性血小板減少症 (amegakaryocytic thrombocytopenia: AMT)との鑑別や治療方針に苦慮したITPと思われる1例を経験した。 ITPでは骨髄巨核球数は増加あるいは正常とされ、巨核球での血小板産生は亢進しているとされるが、極期では減少する例も指摘されており、減少するAMTとの異同が問題となりうる。また、ITPと異なり、AMTではPAIgGは増加しないとされる。 ITPでの、巨核球への抗体による抑制メカニズムは想定されてはいるものの未確定であり、その病態を示唆するものであるとも考えられた。
  • 最近の当科における小児骨髄系腫瘍の治療経過のまとめ, 坂田 尚己, 上田 悟史, 井庭 慶典, 竹村 豊, 藤田 真輔, 越道 真智子, 長井 恵, 田中 意浩, 今岡 のり, 宮崎 紘平, 竹村 司, 第73回日本血液学会学術総会,   2011年10月, 第73回日本血液学会学術総会
    概要:2005年から2010年までに経験した小児骨髄系造血器腫瘍15例の治療経過のまとめ
  • 治療中に5番長腕欠失クローンから再発した初発時縦隔腫瘤合併の急性骨髄性白血病例, 坂田 尚己, 今岡 のり, 長井 恵, 竹村 司, 第53回日本小児血液・がん学会学術集会,   2011年11月, 第53回日本小児血液・がん学会学術集会
    概要:初診時に縦隔腫瘤合併した急性骨髄性白血病例は頻度が少なく,予後不良と言われている.また,5番長腕欠失を含む複雑型染色体異常を伴い,寛解導入療法後に寛解に達したにもかかわらず,強化療法中にその異常染色体をもつクローンから再発した症例の治療経過の報告.
  • RIST で寛解を維持している AML-M6 の女児例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 岡野意浩, 越道万智子, 竹村 司, 日本小児血液・がん学会,   2011年11月, 日本小児血液・がん学会
    概要:【緒言】小児のAML-M6は稀な疾患であり、HSCTにて長期寛解を維持している症例が報告されている。今回、我々はreduced-intensity stem cell transplantation(RIST)で寛解を維持しているAML-M6の女児例を経験したので報告する。【症例】1歳の女児。顔色不良で紹介された。WBC 6300 /μl(Blast 3.0%)、Hb 4.6 g/dl、Plt 1.4 万/μl。骨髄所見は赤芽球59.1%、赤芽球を除いた芽球は47.7%で、3血球系統すべてに異型性を認めた。AML-M6と考え、JPLSG AML05プロトコールの寛解導入療法1を施行した。Day56で好中球数500/μlに到達しなかったが、BMA-2はCRであった.しかし,異型性を伴う血球が残存したため,寛解導入療法2を施行した。BMA-3の中央診断は,芽球6.5%を認め寛解導入不良と判断した。強化療法2コース追加後にFlu+L-PAM+VP-16による前処置で、UCBSCTを行ったが、Day28のVNTRでホストタイプを確認し生着不全と診断した。自己造血が回復し骨髄検査で寛解を維持するも、基礎疾患は造血幹細胞レベルに近い異常が示唆されるので、骨髄
  • 当院で経験した Posterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)の7例, 井庭 慶典, 長井 恵, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 田端 信忠, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 大阪てんかん研究会,   2011年, 大阪てんかん研究会
  • Pathological of focal segmental glomerular sclerosis in a girl with 6P partial deletion syndrome, 伊豆 亜加音, 柳田 英彦, 杉本 圭相, 藤田 真輔, 坂田 尚己, 和田 紀久, 岡田 満, 竹村 司, 第11回アジア国際小児腎臓病学会学術集会,   2011年, 第11回アジア国際小児腎臓病学会学術集会
  • JPLSG ALB-NHL03 プロトコール終了後、髄内・髄外病変で早期再発したT-cell lymphoblastic leukemia/lymphoma(T-LBL) の18歳女性例の治療経験, 上田 悟史, 坂田 尚己, 岡野意浩, 竹村 司, 近畿小児がん研究会,   2012年02月, 近畿小児がん研究会
    概要:【緒言】AYA 世代のがんは、内科で診療される場合が多いが、標準治療や治療成績は明らかにされておらず、問題点も多い。今回我々は、早期再発した T-LBL の治療を通して様々な問題点に遭遇した症例を経験した。【症例】18歳、女性(初発時16歳)。2008.7 前院で胸腺腫の疑いで全摘出されたが、その後の病理診断に難渋し、T-LBLと診断に至った。当科紹介時、すでに 2 か月以上経過し、全身(骨髄・腎臓・脾臓)に浸潤を認めたが、JPLSG ALB-NHL03 プロトコールを開始し寛解を得た。小児病棟のため面会者(友人)が制限され、加えて、高校を 1 年留年したが、翌年 2 学期より復学し、無事進級することができた。2010.10.28 にプロトコールを完遂したが、2 週間後、腹部腫瘤に気付き、造影 CT で卵巣腫瘍(浸潤)と骨髄検査で初診時と同様の芽球を認め、再発と判断した。早期再発は予後不良であることを家族に説明したところ、患者に予後の説明をしないでほしいと希望された。ネララビンを含むサル
  • Newly-identified Symptoms of Left Renal Vein Entrapment Syndrome, 岡田 満, 越道 万智子, 杉本 圭相, 柳田 英彦, 藤田 真輔, 宮崎 絋平, 坂田 尚己, 竹村 司, Pediatric Academic Societies Annual Meeting 2012,   2012年04月, Pediatric Academic Societies Annual Meeting 2012
    概要:ナットクラッカー症候群(LRVES)の新たな症状としての、種々な程度の起立性調節障害(OD)症状が存在することを明らかにした。原因不明の全身倦怠感、不登校に至る高度なOD症状を訴える場合には、LRVESを念頭に置くことが大切である。
  • 膜性増殖性糸球体腎炎 (MPGN) を合併した Rosai-Dorfman 病の 1 男児例, 上田 悟史, 岡野意浩, 杉本 圭相, 坂田 尚己, 竹村 司, 日本小児腎臓病学会,   2012年06月, 日本小児腎臓病学会
    概要:【緒言】Rosai-Dorfman 病 (RDD) は、発熱と無痛性のリンパ節腫大をきたし、病理学的にリンパ洞内に CD1a(-)、CD68(+)、S-100(+) の組織球浸潤を特徴的とする良性の疾患である。主病変はリンパ節であるが、約 40% は皮膚、唾液腺、鼻腔、眼窩、骨、軟部組織、中枢神経、泌尿・生殖器などの節外病変を伴う。今回、我々は、頻回再発 RDD の治療経過中に蛋白尿と血尿を認め、腎生検にて MPGN と診断した 1 男児例を経験したので報告する。【症例】7 歳、男児。9 か月時 発熱と左頸部リンパ節腫脹が出現し、生検にてリンパ洞内に著明な CD1a(-)、CD68(+)、S-100(+) の組織球浸潤と貪食像を認め、RDD と診断した。プレドニゾロン (PSL) を開始し、症状の改善を認め、以後、漸減中止した。4 歳 3 か月時に再発を認め、PSL を開始したが、減量に伴い尿蛋白と血尿が出現した。6 歳 0 か月時に耳下腺内のリンパ節腫脹を認め、再発と判断し、PSL を開始したところ、症状の改善とともに尿蛋白と尿潜血も消失した。
  • 臍帯血移植後に血小板輸血で急性肺障害を呈した急性白血病の2例, 山崎 晃嗣, 上田 悟史, 竹村 豊, 坂田 尚己, 竹村 司, 日本小児呼吸器疾患学会,   2012年08月, 日本小児呼吸器疾患学会
    概要:【はじめに】輸血の非溶血性副作用に、輸血関連急性肺障害(transfusion related acute lung injury:TRALI)があり、輸血後数時間以内に肺障害をきたす疾患である。今回我々は、臍帯血移植後に血小板輸血でTRALIと考える急性肺障害を呈した2例を経験したので報告する。【症例1】MLL陽性ALLの11か月の男児。JPLSG MLL03プロトコールにて治療を開始した。プロトコールに従い、Bu+VP-16+CYを前処置に臍帯血移植を施行した。Day32よりCMV肺炎で人工呼吸管理、ホスカビルとm-PSLパルス療法を必要としたが、Day39に抜管できた。しかし、Day51に血小板輸血3時間後に急激な低酸素血症と胸部X線上浸潤影が出現し、再度、人工呼吸管理を行ったが、呼吸症状が進行し、Day70に死亡した。輸血検体より抗好中球・抗単球抗体が検出され、TRALIと診断した。【症例2】AML(M2)の5歳の女児。JPLSG AML05プロトコールに従い寛解導入療法を開始したが不応であり、強化療法後にTBI+CA+CYを前処置に臍帯血移植を施行した。Day19に血小板輸
  • 慢性骨髄性白血病の治療としての骨髄移植により完全寛解した頻回再発型ネフローゼ症候群の1例, 岡田 満, 上田 悟史, 西 一美, 岡野 意浩, 宮崎 絋平, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 坂田 尚己, 竹村 司, 第42回日本腎臓学会西部学術大会,   2012年10月, 第42回日本腎臓学会西部学術大会
    概要:慢性骨髄性白血病の治療としての骨髄移植により、完全寛解した頻回再発型ネフローゼ症候群の1例を経験した。特発性ネフローゼ症候群の病因として、造血幹細胞の異常による可能性が示唆されたことを報告した。
  • 適切なオートファジー調節は、悪性末梢神経鞘腫のイマチニブに対する感受性を増強する, 岡野 意浩, 坂田 尚己, 上田 悟史, 竹村 司,   2012年10月
  • 一過性の巨核球、および汎血球減少を呈した特発性血小板減少性紫斑病例, 田端 信忠, 飛梅 元, 上田 悟史, 坂田 尚己, 池田 優 井碩 孝博, 第74回日本血液学会学術集会,   2012年10月, 第74回日本血液学会学術集会
    概要:Idiopathic thrombocytopenic purpura (ITP) is thought to be caused by the destruction of platelets (plt) by anti-plt antibodies, but it remains unresolved whether megakaryocytopoiesis is impaired. Recently, we encountered a girl who appeared to have ITP, and presented with transient megakaryocytopenia and pancytopenia. In ITP, the number of megakaryocytes is believed to be normal or elevated, with increased plt production, but it is decreased in some severe cases, presenting a problem in the differential diagnosis from amegakaryocytic thrombocytopenia (AMT). Unlike in ITP, the PA-IgG level is not believed to be elevated in AMT. The mechanism of suppression of megakaryocytopoiesis by ITP antibody has been postulated, but not conclusively proven. This case suggests the pathogenesis of ITP.
  • ATG併用前処置を用いた同種移植合併症の検討, 坂田 尚己, 上田 悟史, 竹村 豊, 越道 万智子, 岡野 意浩, 宮崎 紘平, 杉本 圭相, 竹村 司, 第54回日本小児血液・がん学会学術集会,   2012年12月, 第54回日本小児血液・がん学会学術集会
    概要:移植前処置にATGを用いた同種移植の合併症について検討し,ATGの種類や投与量について考察を行った発表.
  • 適切なオートファジー調節は悪性末梢神経鞘腫のイマチニブに対する感受性を増強する, 岡野 意浩, 坂田 尚己, 上田 悟史, 竹村 司, 第54回日本小児血液・がん学会学術集会,   2012年11月, 第54回日本小児血液・がん学会学術集会
    概要:【背景】悪性末梢神経鞘腫(MPNST)は従来の治療に抵抗性の難治腫瘍であり,PDGFRを発現していることからイマチニブ(STI)を用いた新規治療の可能性が示唆される.【目的】MPNST細胞株3種を用いてSTIのin vitroにおける作用について検討する.【方法】MPNST細胞株3種(YST-1, PSS, Sch-2)を用いた.STI処理後,cell viabilityをMTT法で検討した.Autophagyの検出は,電顕,ウェスタンブロット法による LC3B-Iから-IIへのシフトおよびacidic vesicular organelles (AVO)の発現により検討した.また,autophagy系路をsiRNAや薬剤により阻害し,その影響を検討した.【結果】細胞株3種はPDGFRを発現し,YST-1株はSTIへの感受性が高かったが,Sch-2株は耐性だった.YST-1株では,STI処理でapoptosisが誘導されたが,zVAD-fmkの存在下でその抑制効果は阻害されず,非apoptosis細胞障害機序の関与が示唆された.STI処理によりMPNST3株にautophagyが誘導された.Autophagy誘導の初期に影響する3-methyladenineやsiRNAによるbeclin-1発現抑制により,STIに
  • 小児造血器腫瘍経験者25例におけるBMIと脂質代謝の検討, 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 豊, 宮崎 紘平, 伊豆 亜加音, 藤田 真輔, 杉本 圭相, 西一美, 岡野意浩, 今岡のり, 井庭 慶典, 竹村 司, 日本小児血液・がん学会学術集会,   2012年12月, 日本小児血液・がん学会学術集会
    概要:【目的】小児造血器腫瘍に対する治療の向上により、小児造血器腫瘍経験者が増加し、長期生存に伴い晩期障害が問題となってきている。中でも肥満や脂質代謝異常は心血管系疾患のリスク因子であり、生活の質に関連する。今回、われわれは小児造血器腫瘍経験者を対象にBMIおよび脂質代謝について検討した。【対象・方法】2004年4月から2009年1月までに当科で治療した18歳以下の造血器腫瘍症例で、治療終了後2年以上経過し、現在も無治療にて経過観察している小児造血器腫瘍経験者25例を対象とした。維持療法を含む治療群(n=12)と維持療法を含まない治療群(n=13、HSCTを含む)の2群にわけ、治療期間、フォローアップ期間、初診時BMI、治療BMI、TC、Trigなどを後方視的に検討した。【結果】初診時年齢は1~14歳、最終確認年齢は4~21歳、性別は男16例、女9例。内訳は、ALL9例、NHL7例、AML6例、CML1例、JMML1例、MDS1例であった。性別、年齢、フォローアップ期間に有意差を認めなかったが、治療期
  • 造血幹細胞移植を施行した小児患者の晩期合併症の検討, 上田 悟史, 坂田 尚己, 岡野意浩, 宮崎 紘平, 藤田 真輔, 竹村 豊, 杉本 圭相, 竹村 司, 日本造血細胞移植学会,   2013年03月, 日本造血細胞移植学会
    概要:【緒言】小児における移植後晩期合併症(内分泌障害、不妊、二次がん等)は長期フォローをしていく上で重要な問題となっている。今回、当科でSCTを行った小児がん経験者の晩期障害について検討した。【対象】2004年4月から2011年12月までに当院で27例に対して30回のSCTを施行した。腫瘍死4例、治療関連死3例を除く20例が生存し、フォローが可能であった18例を対象とした。【結果】移植時年齢中央値は8歳(1-20歳)、性別は男9例、女9例。疾患内訳は、血液腫瘍9例、造血障害5例、固形腫瘍4例であった。1例が生着不全、1例が計画的に2回移植した。18例20回SCTの移植ソースは、骨髄10(血縁2、非血縁8)、末梢血8(血縁4、自家4)、臍帯血2で、全身放射線照射は8例に施行した。腫瘍性疾患に対して骨髄非破壊的前処置(RIST)を7例に施行した。全例無病生存中であるが、CMLの1例が移植後2年9か月後に細胞遺伝学的再発を認め、DLI+TKIにてCMRを得た。晩期合併症では低身長の傾向であったが、RIST症例では-2
  • 移植関連TMA/腸管GVHDに対してトロンボモジュリンαと少量ATGにより治療したAML例, 坂田 尚己, 藤田 真輔, 岡野 意浩, 上田 悟史, 竹村 司, 第35回日本造血細胞移植学会総会,   2013年03月, 第35回日本造血細胞移植学会総会
    概要:AMLでUBMT後の移植関連合併症のTMAと腸管GVHDを合併した症例における治療経過の報告.
  • 乳児神経芽腫(IVs)の治療経験, 宮崎 紘平, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 八木 誠, 第26回近畿小児科学会,   2013年03月, 第26回近畿小児科学会
    概要:症例報告
  • Bruton型無γグロブリン血症に合併した尿細管間質性腎炎の1例, 西 一美, 塩谷 拓嗣, 益海 大樹, 宮沢 朋生, 藤田 真輔, 上田 悟史, 杉本 圭相, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 小児腎不全学会,   2013年10月, 小児腎不全学会
    概要:【症例】20歳男性【現病歴】生後3カ月時にBruton型無γグロブリン血症と診断され、免疫グロブリン製剤の定期補充を行っている。2年ほど前より腎機能障害が認められ、その後BUN 30㎎/dl、Cr 1.5㎎/dlまで上昇し、尿中β2-MGが32550μg/lを示したため、精査加療目的にて入院となった。発熱や浮腫、高血圧、および多飲・多尿などの症状は認められなかった。尿蛋白(1+)、尿潜血(‐)、尿中decoy cellは陰性。IgG 685㎎/dl、IgG4 5.5㎎/dl、ACE 14.7U/l、ANA陰性、シスタチンc 1.96㎎/l、電解質異常は認めていない。腹部超音波、CTでは尿路奇形は認められず、両腎の腫大が認められた。Gaシンチでは両側の腎にのみ集積を認めた。腎生検では、糸球体数は11個認め、うち6個は線維性硬化、1個は半月体形成が認められた。2個の糸球体に代償性腫大を認めた。間質にはリンパ球を主体とした著明な細胞浸潤と尿細管萎縮が認められ、尿細管細胞内に封入体は認められなかった。蛍光染色ではIgG、IgG4は陰性
  • Ganciclovir耐性が疑われFoscanet治療にて1年かけ治癒しえた先天性サイトメガロウイルス感染症の1例, 宮崎 紘平, 坂田 尚己, 岡田 満, 竹村 司, 第45回日本小児感染症学会,   2013年10月, 第45回日本小児感染症学会
    概要:症例報告
  • AYA (Adolescents and Young Adults)世代のがん6症例の検討, 上田 悟史, 坂田 尚己, 長井 恵, 岡野 意浩, 竹村 司, 日本小児血液・がん学会,   2013年11月, 日本小児血液・がん学会
    概要:【背景】思春期・若年成人 (Adolescents and Young Adults:AYA)世代のがんの診療には、小児科医が関わっていない場合が多く、その治療実態は明らかではない。また、この世代に特有の心理的および社会的な問題があり、治療成績に影響している可能性もある。【目的】当院で診療したAYA 世代のがん6症例の治療経験より、この世代の診療上の問題点について検討した。【対象】2008年1月から2013年6月までに当院で治療した、もしくは治療中の6例。初発時年齢は15~24歳で、ALL 1例、CML 1例、T-NHL 1例、骨肉腫2例、横紋筋肉腫1例。CML例はネフローゼ症候群にて幼少よりフォローされていたが、他の5例は内科、整形外科、口腔外科より紹介された。病名告知、治療内容、転帰とともに、就学および就業の問題、費用の問題、心理的な問題などを検討した。【結果】治療はそれぞれの疾患に対する小児プロトコールを用いたが、薬剤投与量の減量を必要とした症例もあった。告知は全例に施行した。2例は治
  • 同種造血細胞移植後のWT1ペプチドワクチンによる小児血液悪性腫瘍に対する免疫療法, 橋井 佳子, 坂田 尚己, 岡 芳弘, 宮村 能子, 渡辺 新, 西田 純幸, 坪井 昭博, 尾路 祐介, 保仙 直毅, 大薗 恵一, 杉山 治夫, 第26回日本バイオセラピー学会,   2013年11月, 第26回日本バイオセラピー学会
  • 悪性末梢神経鞘腫(YST-1)でイマチニブによるオートファゴゾーム形成阻害はアポトーシスを誘導する, 坂田 尚己, 岡野 意浩, 上田 悟史, 竹村 司, 第55回日本小児血液・がん学会学術集会,   2013年12月, 第55回日本小児血液・がん学会学術集会
    概要:細胞株を用いたin vitroの実験結果.
  • 小頭症、てんかん、拡張型心筋症、血小板減少症を伴った低ガンマグロブリン血症の一例, 藤田 真輔, 丸谷 怜, 坂田 尚己, 岡田 満, 和田 紀久, 竹村 司, 小児免疫・アレルギー研究会,   2013年, 小児免疫・アレルギー研究会

特許

  • 悪性末梢神経鞘腫の治療, 坂田 尚己, 木村 雅友, 08169136.2 - 1216/2186514, 悪性末梢神経鞘腫細胞株(YST-1)において,imatinib mesylateによる増殖抑制効果をJNK阻害剤(SP600125)が相乗的に増強効果を示す.