KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

石丸 克也イシマル カツヤ

プロフィール

所属部署名水産研究所
職名講師
学位博士(農学)
専門魚病学
ジャンル経営・産業/漁業
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/188-ishimaru-katsuya.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    魚介類(特に養殖魚類)の病気や異常についてです。専門は感染症ですので、それ以外のものについては生物学や環境などの分野に適任の方がいらっしゃると思います。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2015/1/27
     NHK「NEWS WEB」
     クロマグロの大量死について。
    ●2015/1/24
     TBSテレビ系「新・情報7daysニュースキャスター」
     クロマグロの大量死について。
    ●2015/1/22
     テレビ朝日「ワイドスクランブル」
     クロマグロの大量死について。

研究活動情報

研究分野

  • 水圏応用科学, 水圏生産科学, 魚病学

研究キーワード

  • 魚病細菌

論文

  • 定量PCRを用いた漁場海水および陸上飼育水中のKudoa yasunagai季節変動調査 , Diseases of Aquatic Organisms, 108, 1, 45, 52,   2014年02月, 査読有り
  • プラジクアンテル投与によるCardicola属住血吸虫の駆虫:最小有効量とクロマグロ稚魚体内の薬剤動態, Aquaculture, 402-403, 24, 27,   2013年07月, 査読有り
  • クロマグロの受精卵およびふ化仔魚に発生したIchthyodinium属原虫感染症, 石丸克也・飯田直樹 岡田貴彦・宮下 盛 , 魚病研究, 47, 4, 143, 146,   2012年12月, 査読有り
  • Morphology and distribution of blood fluke eggs and associated pathology in the gills of cultured Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis., 白樫 正, 石丸 克也, 村田 修, 片野博充, Kishimoto, Y. Kinami, R. Ogawa, K., Itoh, N., Parasitology International, 61, 242, 249,   2012年
  • Infection dynamics of Kudoa yasunagai (Myxozoa: Multivalvulida) infecting brain of cultured yellow tail Seriola quinqueradiata in Japan, 白樫 正, 森田明伸, 石丸 克也, 宮下 盛, Diseases of Aquatic Organisms, press,   2012年
  • Oral treatment of praziquantel as an effective control measure against blood fluke infection in Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis), 白樫 正, Melanie Andrews, 石丸 克也, 岡田貴彦, 澤田 好史, Kishimoto, Y. Ogawa, K., Aquaculture, 326, 15, 19,   2012年
  • Kudoa prunusi n. sp. (Myxozoa: Multivalvulida) from the brain of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis (Temminck & Schlegel, 1844) cultured in Japan, Meng, F., 白樫 正, 石丸 克也, 澤田 好史, 村田 修, Yokoyama, H., Parasitology International, 60, 90, 96,   2011年
  • Efficacy of oral praziquantel treatment against the skin fluke infection of cultured chub mackerel, Scomber japonicus, 白樫 正, 山本 眞司, 石丸 克也, 村田 修, 森本智, Aquaculture, 319, 53, 57,   2011年
  • Cardicola opisthorchis n. sp. (Trematoda: Aporocotylidae) from Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis (Temminck & Schlegel, 1844) cultured in Japan, Ogawa, K., 白樫 正, 石丸 克也, Grabner, D., Takami, I., Parasitology International, 60, 307, 312,   2011年
  • Effect of rotifer enrichment with herval extracts on growth and resistance of red sea bream, Pagrus major., 滝井 健二, 高岡 治, 石丸 克也, ビッシャシュ アマル, Aquacult. Res., in press,   2010年
  • Effect of dietary medicinal herbs on lipid metabolism and stress recovery in red sea bream Pagrus major, 滝井 健二, 高岡 治, 石丸 克也, 瀬岡 学, Fisheries Sci., 75, 665, 672,   2009年
  • Pulsed expression of growth hormone mRNA in the pituitary of juvenile Pacific bluefin tuna under aquacultured conditions, 家戸 敬太郎, 石丸 克也, 小林 徹, 村田 修, 熊井 英水, Aquaculture, 281, 158, 161,   2008年
  • マダイおよびヒラメにおける滑走細菌症に対する浸漬ワクチンの効果, 熊井 英水, 石丸 克也, 村田 修, 水産増殖, 2007, 55, 97, 101,   2007年
  • Dietary medicinal herbs improve growth and some non-specific immunity of red sea bream Pagrus major, 滝井 健二, 高岡 治, 石丸 克也, 瀬岡 学, Fisheries Sci., 73, 63, 69,   2007年
  • Comparison of Immersion-vaccination Agoinst Gliding Bacterial Disease in Red Sea Bream Pagras major and Japanese Flounder Paralicktys olivaceus, 熊井 英水, 石丸 克也, 村田 修, Aquaculture Sci., 2007, 55(1), 97, 101,   2007年
  • マダイにおける滑走細菌症に対する浸漬ワクチンの効果, 熊井 英水, 石丸 克也, 村田 修, 日本水産学会誌, 2007, 73, 51, 54,   2007年
  • アユ配合飼料への自己消化酵母Hansenula anomalaの利用, 滝井 健二, 石丸 克也, 伏木 省三, 近大水研報, 10, 11, 18,   2006年

講演・口頭発表等

  • ブリα溶血性レンサ球菌症ワクチンの実験的免疫持続効果試験, 熊井 英水, 石丸 克也, 村田 修, 中平有哉, 一ノ瀬弘幸, 佐々木英治,   2003年04月
  • クロマグロ仔稚魚の腸内細菌相, 熊井 英水, 石丸 克也, 村田 修, 宮下 盛,   2004年04月
  • マンノクリーンβ(酵素処理ヤシ粕)経口投与による海産白点病の寄生軽減, 石丸 克也,福井 健介,吉田 靖彦,伊吹 昌久, 平成29年度日本魚病学会春季大会