KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

大政 光史オオマサ ミツシ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 人間環境デザイン工学科 / 生物理工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門計算力学、材料力学
ジャンル科学・技術/新技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/409-oomasa-mitsushi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    コンピュータ・シミュレーションを用いて製品の設計・改善を行う研究をしています。研究対象は、人が使用するときの状況に合わせた製品や、薄板材料を組み立てた軽量な部品などの設計です。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1991年, 大阪大学, 工学研究科, 冶金工学
  •  - 1986年, 大阪大学, 工学部, 冶金工学

経歴

  •   1991年,  - 1997年, 大阪大学 助手

研究活動情報

研究分野

  • 機械工学, 機械材料・材料力学
  • 材料工学, 構造・機能材料

論文

  • Optimization Method of a Japanese Keypad Location for Flick Input on a Smartphone, 廣川敬康,岩本浩弥,中山雅崇,渋江唯史,速水尚,澤井徹,大政光史, Journal of JSEM : Journal of the Japan Society for Experimental Mechanics 15 (Special issue), 125, 131,   2015年08月, 査読有り
    概要:スマートフォンのフリック入力による日本語文字入力における課題を示し,日本語テンキーの配置位置とサイズの最適化手法を示し検証を行った.
  • Study on the safety of a patient who stands up from a chair with a crutch, 廣川敬康,西山絵理,長谷川典子,糸瀬健一,渋江唯史,速水尚,澤井徹,大政光史, 6th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics and the Affiliated Conferences (2015),   2015年07月, 査読有り
    概要:松葉杖使用時における椅子からの立ち上がるときの重心動揺計より得られたデータから軌跡図と軌跡長を比較検討するとともに,アンケート調査を行うことで,定量的評価と主観的評価の両方から立ち上がりやすさを評価した.
  • Evaluation of Ease in Carrying Object using Acceleration Sensor, 廣川敬康,岩根敬弘,田中淑記,渋江唯史,速水尚,澤井徹,大政光史, 9th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics (2014),   2014年11月, 査読有り
    概要:日常生活での運搬動作においては,人によって運搬する場面や荷物の形状が異なり,持ちにくいという不便が生じる.段ボールとバケツを対象として,加速度センサを用いた実験を行い,揺れが低減される荷物の運搬方法を検討した.
  • Usability of Flick Input with Fit-key on Smartphone, 廣川敬康,渋江唯史,速水尚,澤井徹,大政光史, 8th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics (2013),   2013年11月, 査読有り
    概要:スマートフォンでの日本語入力においてはフリック入力が用いられ,従来の携帯電話のトグル入力よりも負荷が大きくなるが,「フィットキー」と呼ばれる機能により付加を軽減することができる.日本語入力をしたときの筋電図によってフィットキー機能の有用性を評価した.
  • Falling Behavior Simulation of a Seated Human Body on a Carriage at Experimental Collision, 渋江唯史,小畑忠司,速水尚,澤井徹,大政光史,廣川敬康,加藤一行, Proceedings of the Twenty-second (2013) International Offshore and Polar Engineering Conference, 750, 755,   2013年07月, 査読有り
    概要:高速船の衝突時に,着席している乗客の安全性を評価した.実験では高速船内の乗客の安全性を確保するために低速における衝突実験を行った.船速と乗客の挙動について,数値シミュレーションにより比較した.
  • Falling Behavior Simulation of a Standing Human Body on a Carriage at Experimental Collision, to Simulate a Collision Between a High Speed Ship and a Qury, 渋江唯史,三角理恵,速水尚,澤井徹,大政光史,廣川敬康, Proceedings of the Twenty-second (2012) International Offshore and Polar Engineering Conference, 747, 752,   2012年06月, 査読有り
    概要:高速船の衝突時に,起立している乗客の安全性を評価した.実験では高速船内の乗客の安全性を確保するために低速における衝突実験を行った.船速と乗客の挙動について,数値シミュレーションにより比較した.
  • Hydraulic Transportation System of Wood Chips by Hilly Terrain Pipelines, 澤井徹,梶本武志,大政光史,渋江唯史,西健治, Proceedings of the 22th International Symposium on Transport Phenomena, 1, 10,   2011年11月, 査読有り
    概要:間伐材や剪定枝といった小規模のローカル資源を活用するためには傾斜地から効率的に収集・搬出することが必要である.現実的な水力輸送を検討するために木質チップのアスペクト比を変化させ,チップ形状がチップ最大輸送流量に及ぼす影響を明らかにする.さらに,最大輸送流量を予測するための解析方法を提示するとともに,水力輸送システム運転時のエネルギー評価について考察した.
  • Scratch Test of Simulated Body Fluid-derived Hydroxyapatite Film on Biomedical Titanium Substrates, 速水尚,西川博昭,楠正暢,松村和明,本津茂樹,大政光史,澤井徹 , The 3rd International Congress on Ceramics, Osaka,   2010年11月, 査読有り
    概要:ハイドロキシアパタイトの接着強度に対する膜厚と化学組成の影響について,ナノスクラッチ試験を用いて検討した。パルスレーザー堆積法を用いて医療用チタンを化学量論的ハイドロキシアパタイトと擬似体液由来アパタイトで被覆し,基材密着性と剥離挙動をナノスクラッチテストによって詳細に観察した.
  • Falling Behavior Simulation of a Seated Passenger on a High Speed Ship at Accidental Collision, 渋江唯史,速水尚,澤井徹,大政光史,廣川敬康 , Proceedings of the Twentieth (2010) International Offshore and Polar Engineering Conference,   2010年06月, 査読有り
    概要:高速船の衝突時に,着席していた乗客の挙動を数値シミュレーションした.限られた演算時間で実用的な計算精度を得るために自由度を低減した人体の3次元解析モデルを用いた.衝突時の人体の挙動に及ぼす,人体と座席の間の摩擦や座席間隔などの影響を陽解法の有限要素法を用いて評価した.
  • A simplified numerical simulation for the estimation of transient behavior of a back face seated occupant, 渋江唯史,大政光史 , Proceedings of the Twentieth (2004) International Offshore and Polar Engineering Conference,   2004年11月, 査読有り
    概要:衝突時に乗客の人体に作用する加速度を評価するための簡易的な数値計算法について検討した.人体は前向きに着席している場合を主な対象とした.人体と座席を対象とした2次元解析モデルを用いて,座席やシートベルトの剛性,あるいは座席と船体との接合剛性が変化したときの最大加速度について検討した.
  • 骨組溶接構造用H形断面梁の変断面形状化による変形性能の向上に関する検討, 野崎務,大政光史,有持和茂,豊田政男 , 日本鋼構造協会,鋼構造論文集, 2, 6, 25, 34,   1995年06月, 査読有り
    概要:骨組溶接構造体の柱・梁接合部をモデル化した片持ち梁形式のH型断面溶接構造体を取り上げ,特にその変形特性に及ぼすH型断面梁の断面形状の影響に注目した実験および解析的検討を行った.H型断面梁のウェブの断面形状を改善することによって梁の重量を増すことなく耐荷重能力に優れたH型梁となることを示した.
  • Simulation for Gaseous Reduction of Non-spherical Porous Iron Oxide, 碓井建夫,大政光史,森田善一郎, The Proceedings of the International Conference on Computer-assisted Materials Design and Process Simulation,1993, Tokyo, ISIJ , 60, 65,   1993年09月, 査読有り
    概要:高炉内で不規則な形状の鉄鉱石がガスで還元されるときの還元速度のコンピュータシミュレーションを行った.気体の拡散速度と固体の還元速度の差が大きいため,局部的に積分を組み込む方法で数値解析を行った.酸化物が球状の場合と非球状の場合の比較や,酸化物の気孔率によって還元速度に及ぼす影響について検討した.
  • STATISTICAL EVALUATION OF RATE PARAMETERS FOR GASEOUS REDUCTION OF SINGLE SINTER AND INFLUENCE OF PARTICLE SIZE., Tateo Usui, Mitushi Ohmasa, Munekazu Ohmi, Transactions of the Iron and Steel Institute of Japan, 28,   1987年12月01日
    概要:In previous work, single particles of sinter having various sizes were reduced stepwise with CO-CO//2-N//2 gas mixture and the reduction rates were analyzed on the basis of the unreacted core shrinking model for one interface. The size dependency of the resultant rate parameter values were examined. In this work, some additional experiments were done and a new method to obtain rate parameter values was developed. The experimental data were statistically analyzed.
  • Comparison of Measured and Simulated Fulid Flow in Low Pressure Die Casting, 大中逸雄,大政光史,武内孝, The Proceedings of the International Conference on Modeling of Casting, Welding and Advanced Solidification Processes 5th, 783, 788,   1990年10月, 査読有り
  • Re-examination of Method of Kinetic Analysis on the Rate of Stepwise Reduction of a Single Sinter Particle with CO-CO2-N2 Gas Mixture, 碓井建夫,近江宗一,大政光史,森田善一郎, The Iron and Steel Institute of Japan, 31, 5, 425, 433,   1991年05月, 査読有り
  • 直接差分法による湯流れシミュレーション法, 大政光史, 大中逸雄, 鋳物, 63, 10, 817, 822,   1991年10月, 査読有り
  • 低圧鋳造における湯流れの水モデル実験と数値解析, 大政光史, 大中逸雄, 鋳物, 63, 11, 883, 888,   1991年11月, 査読有り
  • Computer Simulation of Mold Filling (II: Experiments and Compariison), 大政光史,大中逸雄, The Proceedings of the International Conference on Modeling of Casting and Solidification Processes 1991, 133, 138,   1991年11月, 査読有り
  • Computer Simulation of Mold Filling (I: Algorithm), 大中逸雄,大政光史, The Proceedings of the International Conference on Modeling of Casting and Solidification Processes 1991, 125, 131,   1991年11月, 査読有り
  • 低圧鋳造における溶融アルミニウム,水銀および水の鋳型充てん時の流れ挙動の比較, 大政光史, 大中逸雄, 鋳物, 64, 3, 167, 172,   1992年03月, 査読有り
  • 低圧鋳造における溶融アルミニウム、水銀および水の鋳型充てん時の流れ挙動の比較, 鋳物, 64, 3,   1992年04月, 査読有り
  • Strength and fracture properties of structural steels under dynamic loading, Fumiyoshi Minami, Jun Morikawa, Mitsushi Ohmasa, Masao Toyoda, Noboru Konda, Kazushige Arimochi, Nobuyuki Ishikawa, Takahiro Kubo, Hiroshi Shimanuki, Proceedings of the International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering - OMAE, 3, 283, 292,   1997年01月01日
    概要:An investigation has been carried out on the stress/strain behavior near a notch tip under dynamic loading and its influence on the fracture property of structural steels. 3D FE-analysis, taking account of the strain rate effect on the flow stress, figured out that the dynamic loading elevates a local stress near the notch tip to a large extent. This was accompanied with acceleration of the strain rate in the notch tip region. Because of high-speed straining, the concentration of plastic work in the vicinity of notch tip leads to temperature rise at the notch tip. These effects contribute to fracture behavior of materials under dynamic loading. Which effect is more dominant, stress elevation or temperature rise, depends on the toughness level of the material: For a low toughness material, the near-tip stress elevation by dynamic loading raises the ductile-brittle fracture transition temperature. By contrast, the temperature rise at the notch tip will protect the initiation of brittle fracture provided the material holds superior fracture toughness.
  • Stability of Annular Flow and Flow Pattern Transition to Churn Flow, Ohmasa Mitsushi, Sawai Toru, Kaji Masuo, YAMAUCHI Shoji, 実験力学 : journal of JSEM, 実験力学 : journal of JSEM, 8, 25, 30,   2008年06月, 査読有り
  • Stability of Annular Flow and Flow Pattern Transition to Churn Flow, 澤井 徹, 大政 光史, 加治 増夫, 山内庄司, Journal of JSEM, 8, 25, 30,   2008年07月
  • Spatio-Temporal Structure of Gas-Liquid Interface at Flooding for Two Inlet Devices of Gas Flow, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 加治 増夫, Journal of JSEM, 9, 34, 40,   2009年12月, 査読有り
  • ウメ,カキ剪定枝によるバイオ固体燃料の圧縮強度特性, 澤井 徹, 大政 光史, 井田 民男, 渕端 学, 梶本武志, 難波邦彦, 高温学会誌, 36, 1, 36, 40,   2010年01月, 査読有り
  • 界面活性剤添加垂直上昇気液二相流における流動特性 ― 第2報,気液界面構造 ―, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 加治 増夫, 藤井 雅雄, 日本実験力学会誌, 10, 1, 31, 38,   2010年03月, 査読有り
  • 界面活性剤添加垂直上昇気液二相流における流動特性 ― 第1報,圧力損失低減 ―, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 加治 増夫, 藤井 雅雄, 日本実験力学会誌, 10, 1, 23, 30,   2010年03月, 査読有り
  • デジタルヒューマンを用いた人間工学設計と筋電図計測との統合化による高度化, 廣川敬康, 渋江唯司, 速水尚, 澤井徹, 大政光史, 廣瀬尚三, 人間工学, 46, 204, 205,   2010年06月19日
  • Stability Analyses in Natural Circulation Loop at Low Pressure Condition, 澤井 徹, 藤井 雅雄, 大政 光史, 渋江 唯司, 加治 増夫, 山内庄司, Proceedings of ISEM-10, 1, 6,   2010年11月, 査読有り
  • 木質バイオマスの粉砕特性, 西 健治, 市野 善三, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 高温学会誌, 高温学会誌, 36, 6, 40, 41,   2010年11月, 査読有り
  • 木質系粉砕物燃料の前処理工程(粉砕・乾燥・半炭化改質)および輸送におけるエネルギー消費量の低減, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 梶本武志, 高温学会誌, 37, 2, 63, 70,   2011年03月, 査読有り
  • コンピュータマネキンを用いた日常生活用品の人間工学設計, 廣川敬康, 渋江唯司, 速水尚, 澤井徹, 大政光史, 廣瀬尚三, 人間工学, 47, 284, 285,   2011年06月06日
  • 竹とスギ炭化物の混合試料によるバイオコークスの成形特性, 鳥居 祐介, 水野 諭, 西 健治, 市野 善三, 大政 光史, 澤井 徹, 井田 民男, 渕端 学, スマートプロセス学会誌 = Journal of smart processing, スマートプロセス学会誌 = Journal of smart processing, 1, 2, 63, 70,   2012年03月, 査読有り
    概要:  The utilization of unused biomass such as logging residues and broadleaf trees has come to attract attention to protect forests and satoyamas (a Japanese term for undeveloped woodlands near populated areas) in Japan. In this study, the modification of bio-coke fuels as an alternative to coal coke is investigated by using bamboo and Japanese cedar, which are the typical domestic woody biomass in forests and satoyamas. To improve the compressive strength under high temperature environment and the heating value of bio-coke, carbonized Japanese cedar is mixed with bamboo. The effect of the carbide mixture on the forming characteristics of bio-coke such as density, compressive strength, and heating value are experimentally clarified. The results obtained in the present study are as follows: (1) the density of bio-coke increases with increase in forming temperature and forming pressure, but is reduced by the addition of carbide as the thermoplastic polymer is reduced (2) the increase in carbide reduces the compressive strength under normal temperature environment and improves the compressive strength under high temperature environment. When the carbide content was 30%, the compressive strength under high temperature environment was 3.26MPa. (3) The addition of carbide is an effective way to improve the compressive strength under high temperature environment and to enhance the heating value of bio-coke.
  • 木質バイオマスの粉砕エネルギーに及ぼす樹種および粉砕方式の影響, 西 健治, 大政 光史, 廣川 敬康, 澤井 徹, 渋江 唯司, 梶本 武志, スマートプロセス学会誌 = Journal of smart processing, スマートプロセス学会誌 = Journal of smart processing, 1, 2, 51, 57,   2012年03月, 査読有り
    概要:  In order to reduce the emission of greenhouse gases, much attention has been focused on energy utilization of biomass in recent years. The promotion of the utilization of domestic woody biomass contributes not only to the improvement of energy selfsufficiency, but also to the environmental protection of forests and undeveloped woodlands near populated areas or satoyamas in Japan. Typical woody biomass derived from Japanese forests and satoyamas are Japanese Cedar and Konara. When woody biomass is utilized as biomass fuel, it is important to examine the energy consumptions for pretreatments such as comminution and reforming. In this study, using Konara, Japanese Cedar, and Balsa, the effects of tree species, comminution methods, and semicarbonization of the woody biomass on comminution energy are investigated. The results obtained in this study are as follows. (1) In the case that water content is less than a fiber saturation point, the comminution energy for three species is expressed as a function of water content. In the case that water content exceeds a fiber saturation point, comminution energy for three species is expressed as a function of density. The comminution energy can be estimated by using the present empirical equations within ±50% accuracy. (2) Regarding the comminution property of semi-carbonized woody biomass, for the wood region, the empirical equations of work index depend on the comminution methods regardless of tree species and sieve of screen. For the semi-carbonized and carbonized regions, the empirical equation of work index is presented regardless of tree species, comminution methods, and sieve of screen. The comminution energy can be estimated by using the present empirical equations within ±60% accuracy.
  • デジタルマネキンを用いた介護用シャワーチェアの人間工学設計, 廣川敬康, 角倉好宣, 渋江唯司, 速水尚, 澤井徹, 大政光史, 廣瀬尚三, 人間工学, 48, 408, 409,   2012年06月, 査読有り
  • 傾斜地管路内の木質バイオマス水力輸送に及ぼすチップアスペクト比の影響, 大政 光史, 廣川 敬康, 澤井 徹, 梶本 武志, 日本機械学会論文集B編, 78, 793, 1483, 1494,   2012年09月, 査読有り
    概要:バイオマス資源となる木質チップの林地における簡易な搬出方法として,管路内の液膜流に同伴させて輸送するシステムを提案し,システム運転時に問題となる管路閉塞によるチップの輸送限界について検討した.より現実的な水力輸送を検討するために木質チップのアスペクト比を変化させ,チップ形状がチップ最大輸送流量に及ぼす影響を明らかにした.さらに,最大輸送流量を予測するための解析方法を提示するとともに,水力輸送システム運転時のエネルギー評価について考察した.
  • Effect of the cross-sectional shape on the buffering performance of hard rubber, Tadashi Shibue, Takeshi Kajiya, Ryohei Shiba, Takashi Hayami, Toru Sawai, Mitsushi Ohmasa, Noriyasu Hirokawa, Kazuyuki Kato, Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference, 926, 931,   2014年01月, 査読有り
    概要:Fender has been used for the protection of ship hull from impact forces caused at the berthing to a quay, by its shock absorbing effects. It is also useful to avoid damages to the passengers and crew, and to protect the quay. In this study, the effects of cross sectional shape of a fender on its buffering capability are examined based on the drop weight tests and the numerical simulation with FEM. This is useful for the development of a fender with high performance buffering capability. Copyright © 2014 by the International Society of Offshore and Polar Engineers (ISOPE).

書籍等出版物

  • 系統的に学ぶ中学物理, 左巻 健男, 大政 光史, 高橋 純, 中屋敷 勉, 舩田 優, 共著, 第6章「仕事とエネルギー」(p.151-172), (株)文理,   2009年02月
    概要:中学校の理科で使用することを前提にしているが,高校の内容も吟味して取り入れている.基礎・基本から始めて系統的に知識体系を構築できるように編集した.
  • 知っておきたい最新科学の基本用語, 左巻健男,大政光史ら27名, 共著, 「工学・技術」(p.131-177), (株)技術評論社,   2009年05月
    概要:現代において必要だと考えられる科学技術の基本的用語を選んで解説をつけた.見出しで約700項目,語数で約900語を選び,学生や一般市民の科学技術リテラシーのレベルを確認できるような内容を解説した.
  • 勉強のやり方がわかる, 藤田哲也,井上智義,大政光史ら27名, 共著, 「自然科学系の学び方」(p.112-113), 朝日新聞社,   2004年04月
    概要:大学での勉強の実際をわかりやすく解説した.新入生が充実した大学生活を送るための基本スキルや,受験生が進路選択するための情報を提供した.
  • 新しい科学の教科書Ⅲ, 左巻健男,大政光史ら35名, 共著, 第1章「力と運動」(p.10-40)と「単位表」(p.312-313), (株)文一総合出版,   2003年03月
    概要:現代人として必要な科学の基礎・基本を身近な事象から論理的に学ぶための教科書.

講演・口頭発表等

  • 起立補助椅子の補助力と肘掛の変化による起立負荷への影響, 大政 光史, 日本人間工学会 平成28年度 関西支部大会,   2016年12月10日
  • 起立補助椅子の肘掛の形態による起立負荷への影響, 大政光史, 生嶋悠輔, 渋江唯司, 速水尚, 澤井徹, 廣川敬康, 日本設計工学会研究発表講演会講演論文集,   2015年
  • スマートフォンのテンキーの配置位置の最適化, 廣川敬康, 岩本浩弥, 中山雅崇, 渋江唯司, 速水尚, 澤井徹, 大政光史, ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM),   2014年09月09日
  • J0120103 動荷重を受けるシートベルトの数値シミュレーション([J012]交通の安全・環境シミュレーション), 渋江 唯司, 西浦 凌平, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan,   2014年09月07日
    概要:Dynamic behavior of a seatbelt is estimated by the numerical simulation method based on the drop weight test result of the seat belt under the pre-tension force. Material property of the seat belt to simulate dynamic behavior is identified through iterative simulations changing its Young's modulus value. The effect of mesh size of the simulation model on the simulation results is also considered. As results of this study, a modelling method including material property and mesh size are presented.
  • 木質バイオマス乾燥用パッシブソーラーシステムの換気流量に及ぼす潜熱蓄熱体設置の効果, 天野彰浩, 澤井徹, 藤田浩司, 渋江唯司, 大政光史, 日本実験力学会講演論文集,   2014年08月28日
  • プラスチック短下肢装具の有限要素解析, 中野耕助, 北山一郎, 北野将利, 山中隆, 大政光史, 知能メカトロニクスワークショップ講演論文集(CD-ROM),   2014年07月12日
  • 熱流動化木粉の流動特性・成形特性に及ぼす半炭化の影響, 立道大樹, 澤井徹, 大政光史, 環境技術学会年次大会予稿集,   2013年09月13日
  • J182011 衝突時に電車内で着座している人体の転倒挙動を求める模型実験とシミュレーション([J182-01]交通物流における安全安心技術(1)), 渋江 唯司, 河辺 和也, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan,   2013年09月08日
    概要:Studies based on the numerical simulation to understand the falling behavior of passengers on public transportation system have been carried out. Experimental verifications are necessary to understand the actual behavior and increase the accuracy of the simulation method. A carriage system on which a human body model can be seated is used and collision experiments are carried out under the very low speed of 0.21m/s. The movement of the carriage and the human body are measured with high speed cameras. In addition, a numerical simulation of the experiment with FEM code LS-DYNA is carried out to see the estimation accuracy of both the simulation model and the simulation method.
  • 衝突時に電車内で着座している人体の転倒挙動を求める模型実験とシミュレーション, 渋江唯司, 河辺和也, 速水尚, 澤井徹, 大政光史, 廣川敬康, 日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM),   2013年09月07日
  • 熱流動化木粉の粘性特性に及ぼす半炭化の影響, 立道大樹, 澤井徹, 大政光史, 日本機械学会関西支部定時総会講演会講演論文集,   2013年03月16日
  • カキ剪定枝の等速押出加工時における成形および流動特性, 立道大樹, 澤井徹, 大政光史, 環境技術学会年次大会予稿集,   2012年09月03日
  • 木質系粉砕物燃料の前処理工程(粉砕・乾燥・半炭化改質)および輸送におけるエネルギー消費量の低減, 西健治, 澤井徹, 大政光史, 廣川敬康, 渋江唯司, 梶本武志, スマートプロセス学会総合学術講演会講演概要,   2012年05月20日
  • 携帯電話のキー操作時における母指の曲げの分析, 廣川敬康, 玉置洋介, 宮本達也, 渋江唯司, 速水尚, 澤井徹, 大政光史, ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM),   2011年09月13日
  • J121012 パスの急停車時に椅子のグリップを掴んでいる立位乗客の転倒挙動([J12101]交通の安全・環境シミュレーション), 渋江 唯司, 三角 梨恵, 西 健治, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan,   2011年09月11日
    概要:Transient behavior of a passenger's body standing within a bus at sudden stop is estimated based on finite element method. The purpose of this study is to estimate the effects of the velocity of the bus, the grip force of the passenger, facing direction and friction between shoes and floor on the falling behavior of a passenger's body at sudden stop. The bus model is made to represent the arrangement of a bus used for local transportation. The human body model is made to represent aged woman of about 70 years old, based on the human body scantling database of AIST Japan. As the first step of simulation, gravity effects are applied to the whole model. Then, initial velocity is applied to both the bus model and the human body model. The bus model collides with the barrier model to simulate the sudden stop of the bus. The FEM code LS-DYNA is used for current simulation.
  • G030163 ダイヤカット型コアを用いたハニカムパネルの剛性に及ぼすコア寸法の影響([G03016]材料力学部門一般セッション(16):応力分布), 大政 光史, 杉本 雄一, 西 健治, 廣川 敬康, 速水 尚, 澤井 徹, 渋江 唯司, 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan,   2011年09月11日
    概要:Honeycomb panels with diamond-cut patterned core were analyzed by the finite element method applying thestatic bend load. The structure analysis were done when core size and joint shape were changed. The thickness of coreplates was decreased to keep light weight. The displacement and the stress distribution of panels were compared, andthe effect of the core size on the rigidity ofpanels was examined.
  • バスの急停車時に椅子のグリップを掴んでいる立位乗客の転倒挙動, 渋江唯司, 三角梨恵, 西健治, 速水尚, 澤井徹, 大政光史, 廣川敬康, 日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM),   2011年09月10日
  • 木質バイオマスの粉砕エネルギーに及ぼす樹種の影響, 西健治, 澤井徹, 大政光史, 廣川敬康, 渋江唯司, 梶本武志, 日本実験力学会講演論文集,   2011年08月30日
  • F116 木質系粉砕物燃料製造時の粉砕エネルギー評価(OS3 バイオマス・新燃料・環境技術), 西 健治, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 梶本 武志, 動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム,   2011年06月22日
    概要:In recent years, much attention has been focused on the energy utilization of woody biomass to reduce the emission of greenhouse gas. When the woody biomass is utilized, it is necessary to examine the energy consumption for collection of resources, pretreatment, transportation and after-treatment. The pretreatment of pulverized wood fuel is consisted of three procedures; drying, semi-carbonization and fine comminution. The purpose of the study is to investigate the comminution characteristic of the Japanese cedar thinning and the reduction in energy consumption for pretreatment process and transportation of pulverized wood fuel. Analysis of energy consumption for the pretreatment process and transportation is conducted by using the present empirical equations of work index. From the result of analysis, it is found that the semi-carbonization at a temperature of 250 degree C is effective to the reduction in total energy consumption, when the pulverized wood fuel of 2000 microns or less in particle size is utilized.
  • 803 木質系粉砕物燃料の前処理工程におけるエネルギー消費(GS-6・8バイオマス(2)), 西 健治, 廣川 敬康, 梶本 武志, 澤井 徹, 大政 光史, 渋江 唯史, 関西支部講演会講演論文集,   2011年03月19日
  • 半炭化木質バイオマスの粉砕特性に及ぼす樹種(スギ,コナラ,バルサ)の影響, 西健治, 澤井徹, 大政光史, 廣川敬康, 渋江唯司, 梶本武志, 日本エネルギー学会関西支部研究発表会・石油学会関西支部研究発表会合同研究発表会要旨集,   2011年
  • 電車内の立位乗客の転倒挙動シミュレーション, 渋江唯司, 速水尚, 澤井徹, 大政光史, 廣川敬康, 日本機械学会年次大会講演論文集,   2010年09月04日
  • G0300-9-4 ダイヤカット型コアを用いたハニカムパネルの剛性に及ぼすコア形状の影響([G0300-9]材料力学部門一般講演(9):構造強度), 大政 光史, 渋江 唯司, 廣川 敬康, 速水 尚, 澤井 徹, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2010年09月04日
    概要:Honeycomb panels with diamond-cut patterned core were analyzed by the finite element method applying the static bend load. The structure analysis were done when the angle or polygonal shape of the core were changed. The thickness of core plates was decreased to keep light weight. The stress distribution and the displacement of around the joint parts were compared, and the effect of the core shape on the rigidity of panels was examined.
  • J1201-1-3 電車内の立位乗客の転倒挙動シミュレーション([J1201-1]自動車と交通の安全安心シミュレーション(1)), 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2010年09月04日
    概要:Transient behaviour of a passenger's body standing within a train at an accidental collision is estimated based on finite element method. The purpose of this study is to estimate the effects of facing direction and grip force on the behaviour of a passenger's body at the accidental collision. A passenger's body model and a train model are developed to proceed a numerical simulation within a short time.
  • G0600-7-1 半炭化バイオ固体燃料の成形性(熱工学部門一般講演(7):燃焼(2)), 市野 善三, 澤井 徹, 速水 尚, 大政 光史, 高辻 渉, 今西 敏人, 山際 秀誠, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2010年09月04日
    概要:The purpose of this study is to develop "Semi-carbonized Bio-solid Fuels" used in the pulverized coal fired power plant. Experimental studies on formability of molded fuel and thermo-fluid phenomena of woody biomass are conducted to clarify the optimum molding conditions. The experimental results obtained are as follows. (1) Thermo-fluid phenomena of woody biomass: The occurrence temperature of thermo-fluid phenomena decreases as the molding pressure and the water content are increased. (2)Compression molding of semi-carbonized material: Rise in the molding temperature and the water content of woody biomass improve formability of molded fuel. It is found that the optimum molding conditions are closely related to the occurrence of Thermo-fluid phenomena of woody biomass.
  • 木質バイオマスの粉砕特性と嵩密度, 澤井徹, 梶本武志, 西健治, 大政光史, 日本実験力学会講演論文集,   2010年08月17日
  • 微細ミストによる大空間の冷房に関する研究, 加治増夫, 大政光史, 澤井徹, 藤木聡一郎, 川内翼, 辻井祐貴, 日本混相流学会年会講演会講演論文集,   2010年07月
  • 熱流動化木粉の押出成形に及ぼす樹種・含水率の影響, 峰野友幸, 澤井徹, 速水尚, 大政光史, 廣川敬康, 加治増夫, 日本機械学会年次大会講演論文集,   2009年09月12日
  • J0407-2-2 熱流動化木粉の押出成形に及ぼす樹種・含水率の影響(バイオマス由来材料の成形加工と特性評価(2)), 峰野 友幸, 澤井 徹, 速水 尚, 大政 光史, 廣川 敬康, 加治 増夫, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2009年09月12日
    概要:Extrusion experiments for pruned branches from fruit tree and Japanese cedar thinning were conducted at a uniform press speed. The results obtained in the present study are as follows. (1) The formability in extrusion process is significantly affected by the forming temperature and moisture contents of samples. The molding defects are observed at a forming temperature below 120 degree C for the moisture content of 17%. It is considered that the expansion of moldings is due to the residual free water. (2) The dynamic equilibrium load decreases with increasing forming temperature and moisture content. The temperature for the thermo-fluid phenomena of wood powder depends on tree species. It is found that the forming temperature for the branches of Japanese apricot and persimmon is lower than that for Japanese cedar.
  • G0301-2-7 ダイヤカット型コアを用いたハニカムパネルの構造解析(材料力学部門一般(2)), 大政 光史, 辻村 優, 廣川 敬康, 速水 尚, 渋江 唯司, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2009年09月12日
    概要:The core of the diamond cutting type was placed instead of the hexagonal core used with a usual honeycomb panel. These panels were analyzed by the finite element method when the static bend load was applied. If the area of the joint part with the surface plate is enlarged, it has been understood that the concentration of stress can be decreased, and the deflection of the panel that uses the diamond cutting type core decreases compared with the hexagon honeycomb of the same weight and the rigidity improves.
  • J0205-1-2 電車衝突時の立位乗客の転倒挙動シミュレーション(衝撃と振動のバイオメカニクス), 渋江 唯司, 村本 いづみ, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2009年09月12日
    概要:Transient behaviour of a passenger's body standing within a train at an accidental collision is estimated based on finite element method. The purpose of this study is to estimate the effects of facing direction and grip force on the behaviour of a passenger's body at the accidental collision. A passenger's body model and a train model are developed to proceed a numerical simulation within a short time.
  • 木粉のみを原料としたウッドプラスチックの押出成形性, 峰野友幸, 澤井徹, 速水尚, 大政光史, 廣川敬康, 日本機械学会関西支部定時総会講演会講演論文集,   2009年03月16日
  • 1307 木粉のみを原料としたウッドプラスチックの押出成形性(GS-9 環境技術(2)), 峰野 友幸, 澤井 徹, 速水 尚, 大政 光史, 廣川 敬康, 関西支部講演会講演論文集,   2009年03月16日
  • 1261 トラス型ハニカムパネルの構造解析と剛性に及ぼすコア形状の影響(G03-10 材料力学(10)疲労・強度3,21世紀地球環境革命の機械工学:人・マイクロナノ・エネルギー・環境), 大政 光史, 榊 崇好, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2008年08月02日
    概要:The truss type honeycomb panel is three laminar structure that sandwiched a core part molded as wave pattern with two pieces of plates. The core parts of the wave shape molded by press or extrusion molding and produced more relatively easily than general honeycomb panel with a core of the hexagon. This truss type honeycomb panel was analyzed, and it was examined the influence that core shape gave stiffness and strength of the whole panel. The maximum stress became higher in a neighborhood of the joint with the core part and the surface plate. The stress did not decrease when fillets added to the joint parts,. When a cross-section of the core part became triangular, strength and stiffness increased.
  • 2444 プレス成形によるハニカムパネルの構造解析(G03-11 解析・計算技術,G03 材料力学), 大政 光史, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2007年09月07日
    概要:The honeycomb panel is used as a member for the structure that is light weight and high rigidity. There is a honeycomb structure which raised rigidity by adding the convex parts of the hexagon to one sheet by the press forming. For example, this structure is used for the top panel of the note PC. Because due to press forming, manufacturing process is simple. It is possible to adjust rigidity by changing the shape of the convex parts. The FEM analysis which changes the interval of the convex parts of this honeycomb panel was performed. It was confirmed that rigidity and strength of the honeycomb panel improved by reducing the intervals of the convex parts.
  • A Simplified Numerical Simulation for nthe Estimation of Transient Behavior of a Back Face Seated Occupant, 渋江 唯司, 大政 光史, International Society of Offshore and Polar Engineers,   2004年05月, International Society of Offshore and Polar Engineers
    概要:座席、人体、シートベルトからなる簡易なモデルを作成し、後向きに着座した人体の衝突時の挙動を数値シミュレーションで推定し、前向きに着座した場合との違いおよび利点などについて検討を行った。
  • 後向きに着座した人体の衝突時の応答シミュレーション, 渋江 唯司, 大政 光史, 日本機械学会2004年年次大会,   2004年09月04日, 日本機械学会2004年年次大会
    概要:座席、人体、シートベルトからなる簡易なモデルを作成し、後向きに着座した人体の衝突時の挙動を数値シミュレーションで推定し、前向きに着座した場合との違いおよび利点などについて検討を行った。
  • Stability of Annular Flow and Flow Pattern Transition to Churn Flow, 澤井 徹, 加治 増夫, 大政 光史, 2nd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics,   2007年09月, 2nd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics
  • プレス成形によるハニカムパネルの構造解析, 大政 光史, 日本機械学会,   2007年09月07日, 日本機械学会
    概要:薄板をプレス加工し六角形の凸部を全面に形成したハニカムパネルについて、有限要素法による解析を行った。六角形コア部の間隔や角部のフィレットが、パネルの剛性や応力集中に与える影響について検討した。
  • トラス型ハニカムパネルの構造解析と剛性に及ぼすコア形状の影響, 大政 光史, 榊 崇好, 日本機械学会,   2008年08月02日, 日本機械学会
    概要:トラス型ハニカムパネルは波板構造のコア部分を上下2枚の表面材で挟み込んだ3層構造のパネルである.波板構造はプレス成形や押出し成形により製造でき,六角形コアを用いる一般的なハニカムパネルよりも比較的容易に製造できる.本研究では,トラス型ハニカムパネルを有限要素法で解析し,コア部の波形状の角度や個数を変化させた場合の変位量と応力値を比較して,パネルの剛性と強度に与えるコア形状の影響について検討した.
  • X線マイクロCTによる骨粗鬆海綿骨の3次元変形動態の計測デバイス設計とその評価, 速水 尚, 澤井 徹, 渋江 唯司, 廣川 敬康, 大政 光史, 日本設計工学会関西支部2008年度研究発表講演会,   2008年11月, 日本設計工学会関西支部2008年度研究発表講演会
    概要:骨粗鬆症のバイオメカニクスを研究するための装置として、X線マイクロCTを測定しながら骨試験片に不可を作用させことができるシステム開発について発表した。
  • 日本語文ローマ字入力時の打鍵頻度を考慮したPCキーボード用キー配列の検討, 廣川 敬康, 澤井 徹, 速水 尚, 大政 光史, 日本設計工学会,   2008年11月, 日本設計工学会
    概要:日本語文ローマ字入力時の打鍵頻度を考慮したPCキーボード用キー配列について検討した.
  • プレス成形ハニカムパネルの剛性・強度に及ぼすコア形状の影響, 大政 光史, 廣川 敬康, 澤井 徹, 速水 尚, 渋江 唯司, 藤田 隆之, 日本設計工学会関西支部,   2008年11月, 日本設計工学会関西支部
    概要:凸状コア部を形成したハニカムパネルでコア形状を変えて有限要素法による解析を行い剛性・強度を比較した。
  • 熱流動化木粉の押出成形性に及ぼす木粉粒径,含水率,成形温度の影響, 澤井 徹, 速水 尚, 大政 光史, 廣川 敬康, 日本設計工学会関西支部講演会,   2008年11月, 日本設計工学会関西支部講演会
  • 木粉の圧密成形時における流動化現象, 澤井 徹, 大政 光史, 梶本武志, 日本実験力学会年次大会,   2009年08月05日, 日本実験力学会年次大会
  • 携帯電話のキーの押しやすさ検討のための母指屈曲筋の筋電図計測, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, ヒューマンインタフェース学会,   2009年09月01日, ヒューマンインタフェース学会
    概要:携帯電話のキーの押しやすさを検討するために母指屈曲筋の筋電図計測を行った.
  • ダイヤカット型コアを用いたハニカムパネルの構造解析, 大政 光史, 廣川 敬康, 速水 尚, 渋江 唯司, 美和ロック, 日本機械学会,   2009年09月12日, 日本機械学会
    概要:通常のハニカムパネルで用いられる6角形のコアの代わりに、いわゆるダイヤカットと呼ばれるような凹凸を形成した薄板をコアとして挟み込んだパネルについて、静的曲げ荷重をかけた場合の構造解析を有限要素法により行った。表面材との接合部分の面積を大きくすれば応力集中を緩和できること、また、同じ質量の6角形ハニカムと比較して、ダイヤカット型ハニカムパネルのたわみ量は約20%減少して剛性が向上することがわかった。
  • 電車衝突時の立位乗客の転倒挙動シミュレーション, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 村本いづみ, 日本機械学会2009年度年次大会,   2009年09月12日, 日本機械学会2009年度年次大会
  • デジタルヒューマンを用いた人間工学設計と筋電図計測との統合化による高度化, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣瀬 尚三, 日本人間工学会,   2010年06月, 日本人間工学会
    概要:デジタルヒューマンと筋電図計測との統合化による人間工学設計の高度化の方法について検討した.
  • Falling behavior simulation of a seated passenger on a high speed ship at accidental collision, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, International Offshore and Polar Engineering Conference,   2010年06月, International Offshore and Polar Engineering Conference
  • 筋電図計測による携帯電話の押しやすいキー配置に関する研究, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, ヒューマンインタフェース学会,   2010年09月07日, ヒューマンインタフェース学会
    概要:筋電図計測による携帯電話の押しやすいキー配置に関する研究を行った.
  • ダイヤカット型コアを用いたハニカムパネルの剛性に及ぼすコア形状の影響, 大政 光史, 渋江 唯司, 廣川 敬康, 速水 尚, 澤井 徹, 日本機械学会,   2010年09月04日, 日本機械学会
    概要:通常のハニカムパネルで用いられるハチの巣形状のコアの代わりに、いわゆるダイヤカットと呼ばれる凹凸を形成した薄板をコアとして挟み込んだパネルについて、静的曲げ荷重をかけた場合の解析を行った。コアの多角形の形状や凸部斜面の角度などを変更し、質量を同等にして比較するために板厚を変更して、有限要素法を用いた構造解析を行った。接合部周辺の応力分布やパネルたわみ量を比較し、剛性に及ぼすコア形状の影響について検討した。
  • 半炭化バイオ固体燃料の成形性, 澤井 徹, 速水 尚, 大政 光史, 高辻 渉, 今西 敏人, 山際 秀誠, 日本機械学会年次大会,   2010年09月04日, 日本機械学会年次大会
  • 半炭化木質バイオマスの粉砕特性に関する研究, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 環境技術学会研究発表大会,   2010年09月10日, 環境技術学会研究発表大会
  • Scratch Test of Simulated Body Fluid-derived Hydroxyapatite Film on Biomedical Titanium Substrates, 速水 尚, 西川 博昭, 楠 正暢, 本津 茂樹, 大政 光史, 澤井 徹, 京都大学再生医科学研究所, the 3rd International Congress on Ceramics,   2010年11月, the 3rd International Congress on Ceramics
    概要:擬似体液由来アパタイトの基材密着性と剥離挙動をナノスクラッチテストによって詳細に観察した結果を発表した。
  • 木質バイオマスの粉砕特性, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 高温学会秋季講演会,   2010年12月, 高温学会秋季講演会
  • 竹とスギ炭化物を混合したバイオコークスの圧縮強度特性, 澤井 徹, 大政 光史, 井田 民男, 日本機械学会関西支部,   2011年03月19日, 日本機械学会関西支部
  • 木質系粉砕物燃料の前処理工程におけるエネルギー消費, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 梶本武志, 日本機械学会関西支部,   2011年03月19日, 日本機械学会関西支部
  • コンピュータマネキンを用いた日常生活用品の人間工学設計, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣瀬 尚三, 日本人間工学会,   2011年06月, 日本人間工学会
    概要:コンピュータマネキンを用いた日常生活用品の人間工学設計を行った.
  • Falling behavior simulation of a standing passenger on a high speed ship at collision accident , 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 西健治, International Offshore and Polar Engineering Conference,   2011年06月, International Offshore and Polar Engineering Conference
  • 木質系粉砕物燃料製造時の粉砕エネルギー評価, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 梶本 武志, 日本機械学会・第16回動力・エネルギー技術シンポジウム,   2011年06月22日, 日本機械学会・第16回動力・エネルギー技術シンポジウム
  • 木質バイオマスの粉砕特性と嵩密度, 澤井 徹, 大政 光史, 梶本武志, 日本実験力学会年次大会,   2011年08月, 日本実験力学会年次大会
  • デジタルマネキンを用いたユニバーサルデザイン集合教育, 廣川 敬康, 西垣 勉, 大政 光史, デジタルヒューマン技術協議会,   2011年08月, デジタルヒューマン技術協議会
    概要:人間工学科におけるデジタルマネキンを用いたユニバーサルデザイン集合教育の取り組みを紹介した.
  • バスの急停車時に座席のグリップが及ぼす転倒への影響, 渋江 唯司, 三角 梨恵, 西 健治, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 日本機械学会2011年度年次大会,   2011年09月, 日本機械学会2011年度年次大会
  • ダイヤカット型コアを用いたハニカムパネルの剛性に及ぼすコア寸法の影響, 大政 光史, 杉本雄一, 西 健治, 廣川 敬康, 速水 尚, 澤井 徹, 渋江 唯司, 日本機械学会,   2011年09月10日, 日本機械学会
  • 携帯電話のキー操作時における電話保持形態の分析, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, ヒューマンインタフェース学会,   2011年09月, ヒューマンインタフェース学会
    概要:携帯電話のキー操作をする際の母指の姿勢を分析した.
  • Falling behavior simulation of a standing human body on a carriage at experimental collision, to simulate a collision between a high speed ship and a quay, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 山東鉄工所, International Offshore and Polar Engineering Conference,   2012年06月, International Offshore and Polar Engineering Conference
    概要:高速船と岸壁の衝突を再現するために、台車上に立った人体の衝突実験を実施し、実験を対象とした転倒挙動の数値シミュレーションを行った。
  • デジタルマネキンを用いた介護用シャワーチェアの人間工学設計, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, (株)エルゴビジョン, 日本人間工学会,   2012年06月, 日本人間工学会
    概要:コンピュータマネキンを用いて介護用シャワーチェアからの立ち上がり動作の解析と人間工学設計を行った.
  • 衝突時のバス乗客の転倒挙動を模擬する台車実験計測, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, 日本機械学会2012年度年次大会,   2012年09月08日, 日本機械学会2012年度年次大会
    概要:バスの衝突事故を想定し、台車上に立っている乗客の転倒挙動を計測するために実施した衝突実験の装置と実験結果を紹介する。
  • プレス成形コアを用いたハニカムパネルの構造解析, 大政 光史, 西 健治, 廣川 敬康, 速水 尚, 澤井 徹, 渋江 唯司, 日本機械学会,   2012年09月08日, 日本機械学会
    概要:ハニカム・サンドイッチ・パネルのコア材として、様々な形状にプレス成型した薄板を用い、静的荷重をかけた場合の有限要素解析を行った。前報の菱形や六角形に加えて波型のような曲線形状についても解析を行い、パネルのたわみ量や応力分布を比較し、軽量で剛性・強度が向上するコア形状について検討した。
  • 筋電図計測によるスマートフォンでの文字入力のしやすさの検討, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, ヒューマンインタフェース学会,   2012年09月04日, ヒューマンインタフェース学会
    概要:スマートフォンでの文字入力時の母指の姿勢を分析し,筋電図計測実験を行って文字入力のしやすさを検討した.
  • デジタルマネキンを利用したユニバーサルデザイン教育, 廣川 敬康, 西垣 勉, 大政 光史, (株)エルゴビジョン, 日本機械学会 第22回設計工学・システム部門講演会,   2012年09月, 日本機械学会 第22回設計工学・システム部門講演会
    概要:デジタルマネキンを用いたユニバーサルデザイン集合教育の取り組みを紹介した.
  • 近畿大学におけるデジタルマネキンを用いたユニバーサルデザイン集合教育の取り組み, 廣川 敬康, 西垣 勉, 大政 光史, (株)エルゴビジョン, 日本人間工学会,   2012年12月08日, 日本人間工学会
    概要:デジタルマネキンを用いたユニバーサルデザイン・CAD演習の取り組みを紹介した
  • デジタルマネキンを用いたユニバーサルデザインのプロジェクト型演習, 廣川 敬康, 西垣 勉, 大政 光史, (株)アイヴィス, 日本人間工学会,   2013年06月, 日本人間工学会
    概要:デジタルマネキンを用いたユニバーサルデザイン・CAD演習におけるプロジェクト型演習について紹介した.
  • Falling behavior simulation of a seated Human body on a carriage at experimental collision, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, 廣川 敬康, オートリブ株式会社, International Offshore and Polar Engineering Conference,   2013年07月, International Offshore and Polar Engineering Conference
    概要:高速船の衝突を模擬して行った衝突実験において、台車上に着座している人体の転倒挙動を再現するために数値シミュレーションを行った。
  • フィットキー機能を有するスマートフォンでの文字入力のしやすさの検討, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, ヒューマンインタフェース学会,   2013年09月10日, ヒューマンインタフェース学会
    概要:フィットキー機能を有するスマートフォンにおいて日本語入力のしやすさを調べるために筋電図計測実験を行った.
  • Usability of Flick Input with Fit-key on Smartphone, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史,   2013年11月
    概要:フィットキー機能を有するスマートフォンにおいて日本語入力のしやすさを調べるために筋電図計測実験を行った.
  • デジタルマネキンを用いたふとんの運びやすさの向上に関する研究, 廣川 敬康, 渋江 唯司, 速水 尚, 澤井 徹, 大政 光史, (株)アイヴィス, 日本人間工学会,   2013年12月14日, 日本人間工学会
    概要:デジタルマネキンを用いて,ふとんに持ち手をつけた場合の運びやすさに関する研究を行った.
  • 鋼構造部材の変形能向上のための鋼材機械的特性制御のあり方, 大畑充, 田中紀章, 大政光史, 豊田政男, 鋼構造年次論文報告集,   1999年11月01日
  • 局部座屈を伴う鋼構造部材の変形能支配因子の提案, 大畑充, 田中紀章, 大政光史, 豊田政男, 溶接学会全国大会講演概要,   1999年09月21日
  • 226 局部座屈を伴う鋼構造部材の変形能支配因子の提案, 大畑 充, 田中 紀章, 大政 光史, 豊田 政男, 溶接学会全国大会講演概要,   1999年09月21日
  • 412 動的荷重下での構造用鋼の変形・破壊特性の考察, 森川 潤, 南 二三吉, 大政 光史, 豊田 政男, 誉田 登, 有持 和茂, 石川 信行, 久保 高宏, 島貫 広志, 溶接学会全国大会講演概要,   1997年03月15日
  • 206 形状不連続部をもつ鋼材の応力・ひずみ応答に及ぼす負荷速度の影響, 大政 光史, 南 二三吉, 豊田 政男, 河合 康博, 誉田 登, 有持 和茂, 溶接学会全国大会講演概要,   1996年09月05日
  • 311 平滑でない異材接合界面の角部近傍の応力-ひずみ特性に関する解析, 大政 光史, 井上 道信, 豊田 政男, 溶接学会全国大会講演概要,   1996年03月15日
  • 232 動的負荷条件下での力学的不均質の応力・歪特性, 沼野 正慎, 河合 康博, 大政 光史, 豊田 政男, 塚本 光夫, 溶接学会全国大会講演概要,   1995年09月04日
  • 材長方向リブ付きH型梁の適用による構造部材の耐荷能向上の試み, 鋼構造論文集,   1995年
  • 材長方向リブ付きH型梁の適用による構造部材の耐荷能向上の試み, 大政光史, 南二三吉, 豊田政男, 有持和茂, 鋼構造年次論文報告集,   1994年11月
  • めっき鋼板接着継手における破壊挙動, 福井清之, 高隆夫, 豊田政男, 大政光史, 日本機械学会材料力学部門講演会講演論文集,   1994年10月
  • 432 変断面H型梁の変形特性解析と断面形状の最適化 : 断面形状制御によるH型梁の耐荷性能向上の試み(第2報), 野崎 務, 大政 光史, 豊田 政男, 有持 和茂, 溶接学会全国大会講演概要,   1994年09月26日
  • 431 変断面H型梁の曲げ試験における変形特性と耐荷能 : 断面形状制御によるH型梁の耐荷能向上の試み(第1報), 大政 光史, 南 二三吉, 豊田 政男, 有持 和茂, 溶接学会全国大会講演概要,   1994年09月26日
  • 断面形状制御によるH型梁の耐荷性能向上の試み (第2報) 変断面H型梁の変形特性解析と断面形状の最適化, 野崎務, 大政光史, 豊田政男, 有持和茂, 溶接学会全国大会講演概要,   1994年09月
  • 断面形状制御によるH型梁の耐荷能向上の試み (第1報) 変断面H型梁の曲げ試験における変形特性と耐荷能, 大政光史, 南二三吉, 豊田政男, 有持和茂, 溶接学会全国大会講演概要,   1994年09月
  • 236 ミクロ的不均質を考慮した異材接合界面の応力特性, 豊田 政男, 大政 光史, 日下 浩作, 溶接学会全国大会講演概要,   1994年03月13日
  • 単純せん断接着継手の破壊挙動と強度決定因子, 福井清之, 高隆夫, 豊田政男, 大政光史, 塩崎毅, 伊阪啓, 溶接構造シンポジウム講演論文集,   1993年11月
  • 317 接着接合継手の破壊挙動と強度決定因子(第2報) : 接着接合継手の解析的検討, 福井 清之, 高 隆夫, 豊田 政男, 大政 光史, 塩崎 毅, 溶接学会全国大会講演概要,   1993年08月31日
  • 316 接着接合継手の破壊挙動と強度決定因子(第1報) : 引張せん断試験における変形特性と破壊強度, 豊田 政男, 大政 光史, 塩崎 毅, 伊阪 啓, 福井 清之, 高 隆夫, 溶接学会全国大会講演概要,   1993年08月31日
  • 443 サーモグラフィによる内部欠陥の検出と寸法評価, 豊田 政男, 大政 光史, 日下 浩作, 伊藤 義康, 田中 清貴, 溶接学会全国大会講演概要,   1992年09月01日
  • 314 表面処理鋼板の接着接合継手における破壊挙動と接着強度支配因子(第2報) : 表面処理鋼板接着継手の界面応力分布特性, 豊田 政男, 塩崎 毅, 大政 光史, 高 隆夫, 福井 清之, 溶接学会全国大会講演概要,   1992年09月01日
  • 縦型ダイカスト法における鋳型内流動の直接観察とそのコンピュータシミュレーション, 大中逸雄, 大政光史, 朱金東, 大道徹太郎, 池田孝史, 中村孝夫, 日本鋳物協会全国講演大会講演概要集,   1992年09月
  • 局所繊維強化鋳造法における湯流れのシミュレーション, 大中逸雄, 朱金東, 大政光史, 日本金属学会講演概要,   1992年09月
  • 低圧鋳造における溶融Al,水銀および水の鋳型充てん時の流れ挙動の比較, 大政光史, 大中逸雄, 日本鋳物協会全国講演大会講演概要集,   1991年09月
  • 円筒状および平板状鋳物の低圧鋳造における湯流れシミュレーション, 大政光史, 武内孝, 大中逸雄, 日本鋳物協会全国講演大会講演概要集,   1990年04月
  • 低圧鋳造における湯流れの数値解析と水モデル実験, 大中逸雄, 大政光史, 日本鋳物協会全国講演大会講演概要集,   1989年04月
  • 10 焼結鉱単一粒子のガス還元における速度パラメータの統計的評価と粒子径の影響(拡散および反応, 製銑反応速度, 製銑, 日本鉄鋼協会第 114 回(秋季)講演大会), 碓井 建夫, 大政 光史, 近江 宗一, 鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌,   1987年09月04日

MISC

  • 焼結鉱単一粒子のガス還元における速度パラメータの統計的評価と粒子径の影響, 碓井建夫, 大政光史, 近江宗一, 鉄と鋼, 73, 12, S746,   1987年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902029436024096
  • 非球形酸化鉄多孔質体に対する還元シミュレーション, 碓井建夫, 大政光史, 森田善一郎, 材料とプロセス, 3, 4, 980,   1990年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902079510780563
  • ダイカスト鋳造における型内溶湯流動の可視化, 大中逸雄, 大政光史, 池田孝史, 中村孝夫, ダイカスト, 98, 1, 17,   1993年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902140006275107
  • 塊成鉱のガス還元挙動と速度論的解析法, 碓井建夫, 鈴木良知, 桧垣研, 川端弘俊, 大政光史, 森田善一郎, 材料とプロセス, 7, 1, 58, 61,   1994年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902125144445987
  • 実践ネットワークにどうつなぐ?(溶接・接合分野における情報ネットワーク), 岩田 剛治, 大政 光史, 溶接学会誌, 64, 8, 627, 629,   1995年12月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003396362
  • 予測・制御に注目した接合プロセスの力学的解析, 上田幸雄, 大政光史, 中川善和, 大阪大学接合科学研究所共同研究報告, 1999, 116, 117,   2000年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902128212203368
  • 複合材料のSlow Crack Growthに関する研究, 上田幸雄, 大政光史, 鹿島俊範, 大阪大学接合科学研究所共同研究報告, 2001, 118,   2002年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902113169909505
  • 軽量化ハニカムパネルの座屈強度に及ぼすセル形状の影響, 大政光史, 榊原啓之, 上田幸雄, 近畿大学生物理工学部紀要, 12, 49, 57,   2003年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902201430633578
  • ハニカムパネルの座屈強度に対するセル形状の影響, 大政 光史, 上田 幸雄, 榊原 啓之, 近畿大学生物理工学部紀要, 12, 12, 49, 57,   2003年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006423432
    概要:ハチの巣状の中空構造を平坦な面材で挟んだハニカムパネルは、軽量で剛性や強度の高い部材として用いられている。その中空構造を形成しているセル形状は六角形がほとんどであるが、正三角形や正方形でも同様のパネルを作成することは可能である。 本研究では、ハニカムパネルを鉄道車両のフロアに使用し軽量化する場合を想定し、セル形状の違いが座屈強度に及ぼす影響を検討した。フロアは垂直荷重により曲げを受け、セル形状で囲まれる面材は全方向圧縮を受ける。他方で、セル材の各長方形平板は、面材を通して一方向圧縮を受ける。このような応力状態に対する座屈を強度基準とした。正六角形の面材に対する座屈理論式はないため有限要素法を用いた。次に、パネルの高さと面材の板厚を変化させず、セル形状が変化しても座屈強度を等しくするようにセル材の板厚と辺長を変化させ、セル形状の違いによるパネル質量の違いを検討した。その結果、正三角形、正方
  • 複合材料のSlow Crack Growthに関する研究, 上田幸雄, 大政光史, 鹿島俊範, 大阪大学接合科学研究所共同研究報告, 2002, 126, 127,   2003年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902286555393132
  • 交通事故時に自動車の乗員の首に生じる力の簡単な有限要素法モデルによる推定, 渋江 唯司, 大政 光史, 近畿大学生物理工学部紀要, 14, 77, 84,   2004年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006423448
    概要:むち打ち症は交通事故によって引き起こされる最も一般的な障害である。最近、アクティブ・ヘッドレスト・システムのようないくつかのアイディアが、むち打ち症の発生を減少させるために自動車に導入されてきた。むち打ち症の発生メカニズムを知ることは非常に重要である。首に生じる力は、むち打ち症の発生と深く関係のあるように見える。ここでは、非線形のFEM手法に基づいた、自動車の運転手の首に発生する力の大きさを定性的に推定するための、単純なFEMモデルを示す。このモデルは人体、座席および3点式シート・ベルトを表わし、それらの問の相互作用を垂直な2次元断面内で考慮している。発生する力に及ぼす座席の剛性や座席と車体の間の結合剛性の影響を、提案したモデルで推定する。
  • An Estimation of Forces on the Neck of an Occupant of an Automobile at Traffic Accidents based on a Simple FEM model, 渋江 唯司, 大政 光史, 近畿大学生物理工学部紀要, 14, 77, 84,   2004年10月
    概要:自動車の乗員の頸部に衝突時に作用する力の大きさを簡単な有限要素法を用いて数値シミュレーションにより推定する方法を示した。
  • TiNi形状記憶合金マイクログリッパの設計と特性評価, 水谷勝己, 大政光史, 堀端章, 徳川裕介, Mem Sch Biol Orient Sci Technol Kinki Univ, 16, 67, 76,   2005年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902224576592210
  • NiTi形状記憶合金マイクログリッパの設計と特性評価, 水谷 勝己, 大政 光史, 堀端 章, 徳川 裕介, 近畿大学生物理工学部 紀要, 16, 16, 67, 76,   2005年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006183304
    概要:本グリッパは構造部と駆動部を同一の材料で一体的に構成して小型化をはかったもので,変位方向変換ユニットと変位駆動用のユニットからなる.直径0.5mm程度のピンを把持することを想定して,使用した合金の変形と変態特性の測定,有限要素方を援用した設計,試作とその特性評価を行い,外形寸法(11mm×5mm×0.5mm),把持の開閉量(0.2mm),把持力(30N),方向変換変位拡大比(1.3)などを求めるとともに両ユニットの剛性のバランスなどグリッパの開発のために留意すべき点を抽出した.
  • 生体機械工学科におけるエンジニア育成のためのCAD/CAE教育, 大政光史, 加治増夫, 沢井徹, Mem Sch Biol Orient Sci Technol Kinki Univ, 17, 79, 88,   2006年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902278447801523
  • 生体機械工学科におけるエンジニア育成のためのCAD/CAE教育, 加治 増夫, 大政 光史, 澤井 徹, 近畿大学生物理工学部紀要, 17, 17, 79, 88,   2006年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006183314
    概要:生体機械工学科で行っている計算機援用設計(CAD)と、計算機援用工学(CAE)およびコンピュ-タプログラミング教育の目的とそれぞれの具体的な教育内容を解説し、成果と今後の課題について検討を加えている。
  • Flow Structure of Liquid Film and Mechanism of Flooding in Counter-Current Two-Phase Flow, 澤井 徹, 大政 光史, 加治 増夫, CD-ROM Proceedings of ISEM-08, 1, 6,   2008年12月

受賞

  • 日本鋳物協会 小林賞

競争的資金

  • ミクロ的不均質を考慮した異材接合界面の応力特性
  • 鋼材の応力・ひずみ応答に及ぼす動的負荷の影響