KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

美馬 晶ミマ アキラ

プロフィール

所属部署名奈良病院
職名講師
学位医学博士
専門腎臓病学・糖尿病性腎症・透析療法
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1309-mima-akira.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00432401.ja.html
メールアドレスamima[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医であり、腎臓病学全般、糖尿病性腎症、透析療法を専門としています。糖尿病性腎症進展・増悪メカニズムの解明に関する研究を行っています。

学歴・経歴

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2012年04月,  - 2014年03月, 徳島大学(助教)
  •   2008年10月,  - 2012年03月, ハーバード大学(博士研究員)
  •   2008年04月,  - 2008年09月, 徳島大学(助教)
  •   2008年04月,  - 2008年04月, 京都大学(院内助教)
  •   2006年04月,  - 2008年03月, 京都大学(医員)
  •   2002年04月,  - 2006年03月, 京都大学大学院医学研究科博士課程(大学院生)
  •   2000年06月,  - 2002年03月, 静岡市立静岡病院(専攻医)
  •   1999年06月,  - 2000年05月, 大阪赤十字病院(レジデント)
  •   1998年06月,  - 1999年05月, 大阪赤十字病院(研修医)
  •   1997年05月,  - 1998年05月, 京都大学医学部附属病院(研修医)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 腎臓内科学

研究キーワード

  • 腎臓病学, 糖尿病性腎症, 慢性腎臓病, 透析療法, 老年医学, 糖尿病血管合併症, 血管内皮細胞, ポドサイトアポトーシス, バイオマーカー, インスリンシグナル, 炎症, 酸化ストレス

論文

  • Successful treatment of highly advanced immunoglobulin G4-related kidney disease presenting renal mass-like regions with end-stage kidney failure: a case study., Ono H, Murakami T, Mima A, Shibata E, Tamaki M, Yoshimoto S, Ueda S, Kishi F, Kishi S, Kawanaka T, Matsuura M, Nagai K, Abe H, Harada M, Doi T, BMC nephrology, 18, 1, 261,   2017年08月, 査読有り
  • Efficacy of mizoribine and prednisolone combination therapy in adult patients with IgA vasculitis., Mima A, Rheumatology international,   2017年03月, 査読有り
  • Inflammatory Regulation in Diabetes and Metabolic Dysfunction., Zhong J, Gong Q, Mima A, Journal of diabetes research, 2017, 5165268,   2017年, 査読有り
  • Conditional Deletion of Smad1 Ameliorates Glomerular Injury in Progressive Glomerulonephritis., Araki M, Matsubara T, Abe H, Torikoshi K, Mima A, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Arai H, Doi T, Scientific reports, 6, 31216,   2016年08月, 査読有り
  • Methotrexate induced pneumatosis intestinalis under hemodialysis patient., Mima A, Nagahara D, Tansho K, Hemodialysis international. International Symposium on Home Hemodialysis,   2016年07月, 査読有り
  • Tocilizumab Resistant Nephrotic Syndrome and Protein Losing Gastroeneropathy Due to Amyloidosis in Chronic Kidney Disease, Mima A, West Indian Med J,   2016年06月, 査読有り
  • Overexpressing IRS1 in Endothelial Cells Enhances Angioblast Differentiation and Wound Healing in Diabetes and Insulin Resistance., Katagiri S, Park K, Maeda Y, Rao TN, Khamaisi M, Li Q, Yokomizo H, Mima A, Lancerotto L, Wagers A, Orgill DP, King GL, Diabetes,   2016年05月, 査読有り
  • Insulin decreases atherosclerosis by inducing endothelin receptor B expression., Park K, Mima A, Li Q, Rask-Madsen C, He P, Mizutani K, Katagiri S, Maeda Y, Wu IH, Khamaisi M, Preil SR, Maddaloni E, Sørensen D, Rasmussen LM, Huang PL, King GL, JCI insight, 1, 6,   2016年05月, 査読有り
  • Incretin-Based Therapy for Prevention of Diabetic Vascular Complications., Mima A, Journal of diabetes research, 2016, 1379274,   2016年, 査読有り
  • Bone morphogenetic protein 4 and Smad1 mediate extracellular matrix production in the development of diabetic nephropathy., Matsubara T, Araki M, Abe H, Ueda O, Jishage KI, Mima A, Goto C, Tominaga T, Kinosaki M, Kishi S, Nagai K, Iehara N, Fukushima N, Kita T, Arai H, Doi T, Diabetes, 64, 8, 2978, 2990,   2015年05月, 査読有り
  • Obesity-associated Gingival Vascular Inflammation and Insulin Resistance., Mizutani K, Park K, Mima A, Katagiri S, King GL, Journal of dental research, 93, 6, 596, 601,   2014年04月, 査読有り
  • Use of a polysulfone hemodialysis membrane may prevent recurrent posterior reversible encephalopathy syndrome in a patient undergoing hemodialysis., Mima A, Matsubara T, Endo S, Murakami T, Hashimoto Y, International urology and nephrology, 46, 1, 255, 260,   2014年01月, 査読有り
  • Combat diabetic nephropathy: from pathogenesis to treatment., Gohda T, Mima A, Moon JY, Kanasaki K, Journal of diabetes research, 2014, 207140,   2014年, 査読有り
  • Diabetic nephropathy: protective factors and a new therapeutic paradigm., Mima A, Journal of diabetes and its complications, 27, 5, 526, 530,   2013年09月, 査読有り
  • Serine phosphorylation sites on IRS2 activated by angiotensin II and protein kinase C to induce selective insulin resistance in endothelial cells., Park K, Li Q, Rask-Madsen C, Mima A, Mizutani K, Winnay J, Maeda Y, D'Aquino K, White MF, Feener EP, King GL, Molecular and cellular biology, 33, 16, 3227, 3241,   2013年08月, 査読有り
  • Induction of vascular insulin resistance and endothelin-1 expression and acceleration of atherosclerosis by the overexpression of protein kinase C-β isoform in the endothelium., Li Q, Park K, Li C, Rask-Madsen C, Mima A, Qi W, Mizutani K, Huang P, King GL, Circulation research, 113, 4, 418, 427,   2013年08月, 査読有り
  • Inflammation and oxidative stress in diabetic nephropathy: new insights on its inhibition as new therapeutic targets., Mima A, Journal of diabetes research, 2013, 248563,   2013年, 査読有り
  • Dual involvement of growth arrest-specific gene 6 in the early phase of human IgA nephropathy., Nagai K, Miyoshi M, Kake T, Fukushima N, Matsuura M, Shibata E, Yamada S, Yoshikawa K, Kanayama HO, Fukawa T, Yamaguchi K, Izaki H, Mima A, Abe N, Araoka T, Murakami T, Kishi F, Kishi S, Tominaga T, Moriya T, Abe H, Doi T, PloS one, 8, 6, e66759,   2013年, 査読有り
  • Retinal not systemic oxidative and inflammatory stress correlated with VEGF expression in rodent models of insulin resistance and diabetes., Mima A, Qi W, Hiraoka-Yamomoto J, Park K, Matsumoto M, Kitada M, Li Q, Mizutani K, Yu E, Shimada T, Lee J, Shoelson SE, Jobin C, Rask-Madsen C, King GL, Investigative ophthalmology & visual science, 53, 13, 8424, 8432,   2012年12月, 査読有り
  • Protective effects of GLP-1 on glomerular endothelium and its inhibition by PKCβ activation in diabetes., Mima A, Hiraoka-Yamomoto J, Li Q, Kitada M, Li C, Geraldes P, Matsumoto M, Mizutani K, Park K, Cahill C, Nishikawa S, Rask-Madsen C, King GL, Diabetes, 61, 11, 2967, 2979,   2012年11月, 査読有り
  • Implications of treatment that target protective mechanisms against diabetic nephropathy., Mima A, Qi W, King GL, Seminars in nephrology, 32, 5, 471, 478,   2012年09月, 査読有り
  • Hemodialysis vascular access dysfunction: molecular mechanisms and treatment., Mima A, Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy, 16, 4, 321, 327,   2012年08月, 査読有り
  • Glomerular VEGF resistance induced by PKCδ/SHP-1 activation and contribution to diabetic nephropathy., Mima A, Kitada M, Geraldes P, Li Q, Matsumoto M, Mizutani K, Qi W, Li C, Leitges M, Rask-Madsen C, King GL, FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 26, 7, 2963, 2974,   2012年07月, 査読有り
  • Comparison of the psychosocial quality of life in hemodialysis patients between the elderly and non-elderly using a visual analogue scale: the importance of appetite and depressive mood., Kanamori H, Nagai K, Matsubara T, Mima A, Yanagita M, Iehara N, Takechi H, Fujimaki K, Usami K, Fukatsu A, Kita T, Matsubayashi K, Arai H, Geriatrics & gerontology international, 12, 1, 65, 71,   2012年01月, 査読有り
  • Protein inhibitor of activated STAT, PIASy regulates α-smooth muscle actin expression by interacting with E12 in mesangial cells., Torikoshi K, Abe H, Matsubara T, Hirano T, Ohshima T, Murakami T, Araki M, Mima A, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Arai H, Doi T, PloS one, 7, 7, e41186,   2012年, 査読有り
  • Acute glomerulonephritis in an immunocompetent elderly woman after contact with a child who had been diagnosed as erythema infectiosum., Kishi S, Yamada S, Kishi F, Shibata E, Matsuura M, Nagai K, Mima A, Abe H, Doi T, Internal medicine (Tokyo, Japan), 51, 16, 2197, 2201,   2012年, 査読有り
  • SOX9 protein induces a chondrogenic phenotype of mesangial cells and contributes to advanced diabetic nephropathy., Kishi S, Abe H, Akiyama H, Tominaga T, Murakami T, Mima A, Nagai K, Kishi F, Matsuura M, Matsubara T, Iehara N, Ueda O, Fukushima N, Jishage K, Doi T, The Journal of biological chemistry, 286, 37, 32162, 32169,   2011年09月, 査読有り
  • Activation of bone morphogenetic protein 4 signaling leads to glomerulosclerosis that mimics diabetic nephropathy., Tominaga T, Abe H, Ueda O, Goto C, Nakahara K, Murakami T, Matsubara T, Mima A, Nagai K, Araoka T, Kishi S, Fukushima N, Jishage K, Doi T, The Journal of biological chemistry, 286, 22, 20109, 20116,   2011年06月, 査読有り
  • Glomerular-specific protein kinase C-β-induced insulin receptor substrate-1 dysfunction and insulin resistance in rat models of diabetes and obesity., Mima A, Ohshiro Y, Kitada M, Matsumoto M, Geraldes P, Li C, Li Q, White GS, Cahill C, Rask-Madsen C, King GL, Kidney international, 79, 8, 883, 896,   2011年04月, 査読有り
  • Activation of Src mediates PDGF-induced Smad1 phosphorylation and contributes to the progression of glomerulosclerosis in glomerulonephritis., Mima A, Abe H, Nagai K, Arai H, Matsubara T, Araki M, Torikoshi K, Tominaga T, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, PloS one, 6, 3, e17929,   2011年03月, 査読有り
  • An autopsy case of mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes (MELAS) with intestinal bleeding in chronic renal failure., Mima A, Shiota F, Matsubara T, Iehara N, Akagi T, Abe H, Nagai K, Matsuura M, Murakami T, Kishi S, Araoka T, Kishi F, Kondo N, Shigeta R, Yoshikawa K, Kita T, Doi T, Fukatsu A, Renal failure, 33, 6, 622, 625,   2011年, 査読有り
  • MPO-ANCA-positive anti-glomerular basement membrane antibody disease successfully treated by plasma exchange and immunosuppressive therapy., Murakami T, Nagai K, Matsuura M, Kondo N, Kishi S, Araoka T, Kishi F, Sakiyama T, Mima A, Bando Y, Abe H, Doi T, Renal failure, 33, 6, 626, 631,   2011年, 査読有り
  • [Case of renal artery stenosis in an elderly patient after nephrectomy diagnosed by ultrasound sonography, showing improvement of blood pressure and renal dysfunction after renal artery stenting]., Nagai K, Kusunose K, Nishio S, Taketani Y, Yamada H, Sata M, Kondo N, Kishi F, Kishi S, Araoka T, Matsuura M, Mima A, Abe H, Murakami T, Nakamura M, Doi T, Nihon Jinzo Gakkai shi, 53, 1, 68, 74,   2011年, 査読有り
  • Successful management of refractory pleural effusion due to systemic immunoglobulin light chain amyloidosis by vincristine adriamycin dexamethasone chemotherapy: a case report., Araoka T, Takeoka H, Nishioka K, Ikeda M, Kondo M, Hoshina A, Kishi S, Araki M, Mimura R, Murakami T, Mima A, Nagai K, Abe H, Doi T, Journal of medical case reports, 4, 322,   2010年10月, 査読有り
  • Transcription factor 7-like 2 (TCF7L2) regulates activin receptor-like kinase 1 (ALK1)/Smad1 pathway for development of diabetic nephropathy., Araoka T, Abe H, Tominaga T, Mima A, Matsubara T, Murakami T, Kishi S, Nagai K, Doi T, Molecules and cells, 30, 3, 209, 218,   2010年09月, 査読有り
  • Molecular mechanisms of diabetic vascular complications., Kitada M, Zhang Z, Mima A, King GL, Journal of diabetes investigation, 1, 3, 77, 89,   2010年06月, 査読有り
  • Successful treatment of membranoproliferative glomerulonephritis associated with hepatitis B and C virus simultaneous infection patient., Mima A, Iehara N, Matsubara T, Yamamoto S, Abe H, Nagai K, Matsuura M, Murakami T, Kishi S, Araoka T, Kishi F, Kondo N, Shigeta R, Yoshikawa K, Takahashi T, Kita T, Doi T, Fukatsu A, Clinical nephrology, 73, 2, 167, 169,   2010年02月, 査読有り
  • Trophoblast glycoprotein: possible candidate mediating podocyte injuries in glomerulonephritis., Murakami T, Abe H, Nagai K, Tominaga T, Takamatsu N, Araoka T, Kishi S, Takahashi T, Mima A, Takai Y, Kopp JB, Doi T, American journal of nephrology, 32, 6, 505, 521,   2010年, 査読有り
  • Early diagnosis and treatment may prevent the development of complications in an adult patient with glycogen storage disease type Ia., Araoka T, Takeoka H, Abe H, Kishi S, Araki M, Nishioka K, Ikeda M, Mazaki T, Ikemura S, Kondo M, Hoshina A, Nagai K, Mima A, Murakami T, Mimura R, Oka K, Saito T, Doi T, Internal medicine (Tokyo, Japan), 49, 16, 1787, 1792,   2010年, 査読有り
  • Angio-embolization of renal artery pseudoaneurysm after renal biopsy: a case report., Mima A, Toma M, Matsubara T, Shiota F, Iehara N, Abe H, Nagai K, Takahashi T, Matsuura M, Murakami T, Kishi S, Araoka T, Kishi F, Kondo N, Shigeta R, Yoshikawa K, Kimura T, Kita T, Doi T, Fukatsu A, Renal failure, 31, 8, 753, 755,   2009年, 査読有り
  • Acute renal failure after exercise in a Japanese sumo wrestler with renal hypouricemia., Mima A, Ichida K, Matsubara T, Kanamori H, Inui E, Tanaka M, Manabe Y, Iehara N, Tanaka Y, Yanagita M, Yoshioka A, Arai H, Kawamura M, Usami K, Hosoya T, Kita T, Fukatsu A, The American journal of the medical sciences, 336, 6, 512, 514,   2008年12月, 査読有り
  • Induction of continuous ambulatory peritoneal dialysis after retroperitoneoscopic nephrectomy., Mima A, Kanematsu A, Matsubara T, Iehara N, Kita T, Fukatsu A, Clinical nephrology, 70, 6, 558, 560,   2008年12月, 査読有り
  • The current clinical problems for early phase of diabetic nephropathy and approach for pathogenesis of diabetic nephropathy., Doi T, Mima A, Matsubara T, Tominaga T, Arai H, Abe H, Diabetes research and clinical practice, 82 Suppl 1, S21, 4,   2008年11月, 査読有り
  • Urinary Smad1 is a novel marker to predict later onset of mesangial matrix expansion in diabetic nephropathy., Mima A, Arai H, Matsubara T, Abe H, Nagai K, Tamura Y, Torikoshi K, Araki M, Kanamori H, Takahashi T, Tominaga T, Matsuura M, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, Diabetes, 57, 6, 1712, 1722,   2008年06月, 査読有り
  • Inhibition of MCP-1/CCR2 pathway ameliorates the development of diabetic nephropathy., Kanamori H, Matsubara T, Mima A, Sumi E, Nagai K, Takahashi T, Abe H, Iehara N, Fukatsu A, Okamoto H, Kita T, Doi T, Arai H, Biochemical and biophysical research communications, 360, 4, 772, 777,   2007年09月, 査読有り
  • SRY-related HMG box 9 regulates the expression of Col4a2 through transactivating its enhancer element in mesangial cells., Sumi E, Iehara N, Akiyama H, Matsubara T, Mima A, Kanamori H, Fukatsu A, Salant DJ, Kita T, Arai H, Doi T, The American journal of pathology, 170, 6, 1854, 1864,   2007年06月, 査読有り
  • Angiotensin II-dependent Src and Smad1 signaling pathway is crucial for the development of diabetic nephropathy., Mima A, Matsubara T, Arai H, Abe H, Nagai K, Kanamori H, Sumi E, Takahashi T, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology, 86, 9, 927, 939,   2006年09月, 査読有り
  • Expression of Smad1 is directly associated with mesangial matrix expansion in rat diabetic nephropathy., Matsubara T, Abe H, Arai H, Nagai K, Mima A, Kanamori H, Sumi E, Takahashi T, Matsuura M, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology, 86, 4, 357, 368,   2006年04月, 査読有り
  • Gas6 induces Akt/mTOR-mediated mesangial hypertrophy in diabetic nephropathy., Nagai K, Matsubara T, Mima A, Sumi E, Kanamori H, Iehara N, Fukatsu A, Yanagita M, Nakano T, Ishimoto Y, Kita T, Doi T, Arai H, Kidney international, 68, 2, 552, 561,   2005年08月, 査読有り
  • Peritoneal equilibration test at home., Hashimoto Y, Mima A, Advances in peritoneal dialysis. Conference on Peritoneal Dialysis, 18, 81, 86,   2002年, 査読有り

書籍等出版物

  • 歯科医師のための医学ハンドブック, 美馬 晶, 共著, 腎不全, 医歯薬出版,   2014年05月
  • 老年医学講義テキスト, 美馬 晶, 共著, 脱水, 西村書店,   2013年04月

講演・口頭発表等

  • 糖尿病治療におけるワイズスペンディング~糖尿病性腎症を克服するために~, 美馬 晶, 中信地区糖尿病治療セミナー腎合併症を見据えた糖尿病治療を考える会,   2017年09月06日
  • 高齢者の慢性便秘~腎臓専門医の考え~, 美馬 晶, 南和地域病診連携研修会,   2017年08月24日, 招待有り
  • Treatment of secondary hyperparathyroidism in hemodialysis patients with a novel synthetic peptide calcimimetic, etelcalcetide, Akira Mima, Kosuke Tansho, Dai Nagahara, Kenji Watase, Kazumasa Tanaka, Ryoichi Hirakawa, Yasuhiro Akai, Yasuhiro Horii, 11th international congress of the ISHD,   2017年08月02日
  • 糖尿病性腎症の成因から考える新規糖尿病治療薬の意義, 美馬 晶, 三浦半島糖尿病治療学術講演会 これからの糖尿病治療を考える会,   2017年07月13日, 招待有り
  • PDの合併症, 美馬 晶, テルモ腎不全看護セミナー腹膜透析,   2017年06月25日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症を科学することで見えてくる糖尿病治療, 美馬 晶, Meet the Expert,   2017年06月24日
  • 糖尿病性腎症を科学することで見えてくる糖尿病治療, 美馬 晶, 糖尿病治療 up date 2017 長寿社会の健康戦略,   2017年06月20日, 招待有り
  • 血液透析導入期に発症したたこつぼ型心筋症の1例, 丹正 幸佑、長原 大、渡瀬 謙仁、美馬 晶, 第62回日本透析医学会学術集会・総会,   2017年06月17日
  • 糖尿病性腎症を科学することで見えてくる糖尿病治療, 美馬 晶, 北海道医師会認定生涯教育講座南空知地区医師会学術講演会T2DM Forum in 岩見沢,   2017年06月08日, 招待有り
  • CKDにおけるリンコントロールの重要性, 美馬 晶, ホスレノール®WEBセミナー,   2017年06月06日
  • 知って防ごう!新たな国民病、慢性腎臓病(CKD), 美馬 晶, 生駒市立病院第3回健康フェスティバル,   2017年06月04日
  • 糖尿病性腎症を科学することで見えてくる糖尿病治療, 美馬 晶, T2DM Forum in NARA,   2017年06月03日, 招待有り
  • 慢性腎臓病における糖尿病性腎症の位置づけ~成因から考える診断と治療~, 美馬 晶, 東牟婁郡医師会学術講演会,   2017年05月13日, 招待有り
  • 新規糖尿病治療薬がもたらす糖尿病治療のパラダイムシフト, 美馬 晶, T2DM Forum in Funabashi,   2017年04月06日, 招待有り
  • 慢性腎臓病と便秘の関係を再考する, 美馬 晶, 大和郡山市医師会学術講演会 慢性便秘症治療セミナーin郡山,   2017年04月01日, 招待有り
  • CKDにおける貧血治療時の注意点, 美馬 晶, ピートルチュアブル錠奈良発売1周年記念講演会,   2017年03月16日, 招待有り
  • 慢性腎臓病(CKD)を再考する, 美馬 晶, 近畿大学農学部公開講座「医食農連携がもたらす新たなモデルの創出」,   2017年03月11日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症の診断と治療を再考する, 美馬 晶, 腎疾患と糖尿病を考える会,   2017年02月09日, 招待有り
  • 病診連携がもたらすシームレスなCKD診療, 美馬 晶, 生駒CKDフォーラム,   2016年12月17日
  • 新規糖尿病治療薬がもたらす糖尿病治療のパラダイムシフト, 美馬 晶, さいたま糖尿病Conference,   2016年12月05日, 招待有り
  • 腎症を克服するための糖尿病治療を考える, 美馬 晶, 城北地区代謝内分泌懇話会,   2016年11月28日, 招待有り
  • 高齢者のCKDと腎性貧血, 美馬 晶, 第4回北和CKD(慢性腎臓病)セミナー~地域連携にむけて~,   2016年11月24日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症~診断の問題点と治療法の再考~, 美馬 晶, 第110回和歌山腎疾患勉強会,   2016年11月10日, 招待有り
  • 多発性嚢胞腎(ADPKD)に対する新規治療薬の効果, 美馬 晶, 生駒市医師会学術講演会,   2016年10月28日, 招待有り
  • あなたの腎臓を守りたい~近大奈良病院腎臓内科の取り組み~, 美馬 晶, 近畿大学医学部奈良病院第5回市民公開講座,   2016年10月22日
  • IgGλ型軽鎖沈着症による二次性膜性増殖性糸球体腎炎に対し、レナリドミドが腎機能障害を改善した一例, 長原 大、丹正 幸佑、美馬 晶, 第46回日本腎臓学会西部学術大会,   2016年10月15日
  • CKD治療におけるRAS阻害薬の重要性, 美馬 晶, 高血圧フォーラム2016,   2016年10月06日, 招待有り
  • 貧血治療における鉄の功罪を考える~ヘプシジンとの関連~, 美馬 晶, 「腎不全とリン」講演会 in奈良,   2016年09月08日, 招待有り
  • 腎臓専門医が考える利尿薬を用いた心不全治療~トルバプタンがもたらす可能性~, 美馬 晶, 宇陀地区医師会学術講演会,   2016年07月23日, 招待有り
  • ホーチミン透析医学会(HSDT)設立報告と今後の課題, 松原 弘和、兵藤 透、小久保 謙一、花房 規男、美馬 晶、瀧澤 亜由美、若井 陽希、Nguyen Duc Nam、川村 明夫, 第61回日本透析医学会学術集会,   2016年06月11日
  • 血液透析患者に対するメトトレキセート投与により壊死性腸管気腫症を引き起こした1例, 長原 大、丹正 幸佑、美馬 晶, 第61回日本透析医学会学術集会,   2016年06月11日
  • ベトナムにおける透析医療の現状調査~ベトナム南部最大の総合病院での調査~, 瀧澤 亜由美、小久保 謙一、花房 規男、美馬 晶、松原 弘和、兵藤 透、石森 勇、村上 淳、金子 岩和、峰島 三千男、土谷 健、新田 孝作、秋葉 隆, 第61回日本透析医学会学術集会,   2016年06月10日
  • 腎症を克服するための糖尿病治療を考える, 美馬 晶, 南大阪地区糖尿病学術講演会,   2016年04月28日, 招待有り
  • 慢性腎臓病(CKD)における多発性嚢胞腎の位置づけ, 美馬 晶, 天理地区医師会定例会講演会,   2016年03月26日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症~成因から考える新規治療法の可能性~, 美馬 晶, 糖尿病治療学術講演会,   2016年02月25日, 招待有り
  • 症例を通して学ぶ腎臓病, 美馬 晶, 腎臓病・糖尿病セミナー,   2016年02月13日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症を克服するために~腎臓専門医が考える新規糖尿病治療薬の可能性~, 美馬 晶, Diabetes Forum in NARA,   2016年02月06日, 招待有り
  • Hemodialysis Vascular Access Complications, Akira Mima, Launching Ceremony and the Scientific Congress of Ho Chi Minh City Society of Dialysis Therapies (HSDT), the CME Course on Nephrology and Dialysis, and the 1st Congress of the HSDT,   2015年12月26日, 招待有り
  • 利尿薬トルバプタンを用いた体液管理と腎保護作用を考える, 美馬 晶, NETWORK MEETING,   2015年12月07日, 招待有り
  • The effects of linagliptin on insulin signaling and apoptosis of the podocytes in diabetic nephropathy, Akira Mima, Toshinori Yasuzawa, Shigeru Ueshima, Kazuo Tsubaki, International Diabetes Federation World Diabetes Congress 2015,   2015年12月01日
  • 腎のステージ別に見た糖尿病治療戦略(顕性腎症、腎不全期における糖尿病治療薬を再考する), 美馬 晶, Meet the Expert 腎臓から考える糖尿病治療,   2015年11月12日, 招待有り
  • 遺伝性腎性低尿酸血症に伴う運動後急性腎不全(ALPE)の一例, 金森 弘志、市田 公美、平野 央、美馬 晶、柳田 素子, 第45回日本腎臓学会西部学術大会,   2015年10月23日
  • CKDにおけるRAS阻害薬の意義, 美馬 晶, 第5回奈良腎生検組織検討会,   2015年09月19日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症の治療法を再考する~腎臓専門医の立場からみた新規糖尿病治療薬の可能性~, 美馬 晶, small meeting 糖尿病と腎疾患,   2015年09月03日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症の診断と治療について, 美馬 晶, 糖尿病性腎症の発症・進展抑制を考える会,   2015年08月22日, 招待有り
  • 生活習慣病とCKDの関連を考える, 美馬 晶, 第13回生活習慣病懇話会,   2015年07月18日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症の診断と治療, 美馬 晶, 腎臓病セミナー,   2015年07月11日, 招待有り
  • ADPKDの病態と治療~初めての治療薬、トルバプタン~, 美馬 晶, 第6回救急・集中治療セミナー,   2015年06月29日, 招待有り
  • 難治性特発性血小板減少症を合併した維持透析患者に対しトロンボポエチン受容体作動薬が有効であった一例, 藤田茉莉子、美馬 晶、椿 和央, 第60回日本透析医学会学術集会・総会,   2015年06月27日
  • ADPKDの診断と治療法~新規治療薬の可能性~, 美馬 晶, 奈良県薬剤師会生涯研修セミナー,   2015年06月11日, 招待有り
  • Augmenting Endothelial Cell Insulin Signaling Prevents Accelerated Intestinal Tumor Formation in Obesity, XUANCHUN WANG, DITTE SØRENSEN, SAMUEL LOCKHART, QIAN LI, KYOUNGMIN PARK, AKIRA MIMA, LARS M. RASMUSSEN, GEORGE L. KING, CHRISTIAN RASK-MADSEN, 75th American Diabetes Association Scientific Sessions,   2015年06月08日
  • 糖尿病性腎症におけるインクレチン関連薬の位置づけ, 美馬 晶, Area Diabetes Forum in NARA,   2015年05月02日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症を克服する~診断の問題点とエビデンスに基づいた治療法~, 美馬 晶, 生駒市医師会学術講演会,   2015年02月27日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群におけるトルバプタンの効果, 美馬 晶, 水・電解質フォーラム,   2015年02月19日, 招待有り
  • GLP-1受容体作動薬の腎保護作用とその分子機構(2), 美馬 晶, 第一回日本慢性疾患重症化予防学会,   2015年02月15日, 招待有り
  • 防ごう!!糖尿病からの腎不全, 美馬 晶, 第3回チームで支える腎不全治療,   2015年01月24日, 招待有り
  • 血糖、血圧、体液調節ホルモンに注目した糖尿病性腎症の治療法, 美馬 晶, 第101回奈良県病院薬剤師会学術講演会,   2015年01月22日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症を再考する, 美馬 晶, 奈良地区医師会学術講演会,   2014年10月16日, 招待有り
  • インクレチン製剤による糖尿病性腎症治療~新たなアプローチ~, 美馬 晶, 奈良DM治療UP DATEセミナー,   2014年10月16日, 招待有り
  • サルコイドーシス,高カルシウム血症により間質障害を呈した一例, 吉本咲耶, 長井幸二郎, 小野広幸, 柴田恵理子, 上田紗代, 田蒔昌憲, 安部尚子, 村上太一, 美馬晶, 松浦元一, 安部秀斉, 土井俊夫, 第44回日本腎臓学会西部学術大会,   2014年10月04日
  • ループス腎炎との鑑別を要したIgG4関連腎症の1例, 小野広幸, 村上太一, 松浦元一, 美馬晶, 吉本咲耶, 上田紗代, 田蒔昌憲, 柴田恵理子, 長井幸二郎, 安部秀斉, 土井俊夫, 第44回日本腎臓学会西部学術大会,   2014年10月03日
  • 糖尿病性腎症治療の最前線, 美馬 晶, 糖尿病Expert Meeting,   2014年08月07日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症治療の最前線~基礎実験と臨床から見た解釈~, 美馬 晶, 第3回南都実践医療研究会,   2014年07月24日, 招待有り
  • Identification of insulin's novel action on endothelin b receptor expression and Ca2+- calmodulin-eNOS activation to reduce atherosclerosis, Kyoungmin Park, Akira Mima, Qian Li, Christian Rask-Madsen, Paul L. Huang, Ping He, George L. King, 74th American Diabetes Association Scientific Sessions,   2014年06月16日
  • 2型糖尿病血液透析患者におけるサキサグリプチンの有効性と安全性の検討, 美馬 晶、近藤 直樹、野間 喜彦、小堀 浩幸、田中 勉、土井 俊夫, 第59回日本透析医学会学術集会・総会,   2014年06月15日
  • 実血流量の確保において引き込みは指標となりうるか, 竹内理沙, 野田康裕, 長井幸二郎, 小野広幸, 吉本咲耶, 牧野友美, 近田優介, 小林誠司, 大西実季, 高松愛子, 山田香苗, 美馬晶, 柴田恵理子, 松浦元一, 安部秀斉, 土井俊夫, 第59回日本透析医学会学術集会・総会,   2014年06月13日
  • 抗GBM抗体、P-ANCA陽性急速進行性腎炎の治療経過において視力低下を来した高齢者の1例, 新井悠太,長井幸二郎,柴田恵理子,藤田美香,美馬 晶,松浦元一,安部秀斉,土井俊夫,宮本龍郎, 三田村佳典, 第110回日本内科学会四国地方会,   2014年06月08日
  • インスリンシグナルを中心とする糖尿病合併症に対する新規治療戦略, 美馬 晶, 四国ネフロロジー研究会,   2014年03月29日
  • 糖尿病性腎症の診断と治療, 美馬 晶, 東みよし町糖尿病地域連携研修会,   2014年03月06日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症の診断と治療~基礎実験と臨床から見た解釈~, 美馬 晶, 平成25年度糖尿病療養者支援のための研修会(三好保健所),   2014年02月03日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症を再考する, 美馬 晶, 日医生涯教育協力講座 糖尿病合併症~病態と対策UP DATE~,   2014年01月23日, 招待有り
  • 新たなCKD診療の注意点, 美馬 晶, 徳島県医師会腎疾患二次検診認定医取得講習会,   2014年01月16日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症治療の最前線~インクレチン関連製剤の可能性~, 美馬 晶, 第25回糖尿病性腎症研究会,   2013年12月08日, 招待有り
  • H.pylori 陽性かつSLEの診断基準を満たす免疫異常に続発したIgG4関連腎症の1例, 小野広幸,美馬 晶,吉本咲耶,松浦元一,柴田恵理子,長井幸二郎,安部秀斉,土井俊夫, 第109回日本内科学会四国地方会,   2013年12月01日
  • 針の口径によって確保できる実血流量の評価 , 竹内理沙,野田康裕,長井幸二郎,小野広幸,吉本咲耶,牧野友美, 近田優介,小林誠司,大西実季,高松愛子,山田香苗,美馬 晶,松浦元一,柴田恵理子, 安部秀斉,土井俊夫, 第 44 回徳島透析療法研究会,   2013年11月24日
  • 当院における成人紫斑病性腎炎に対するプレドニゾロン+ミゾリビン併用療法の有効性についての検討, 小野 広幸, 美馬 晶, 柴田 恵理子, 松浦 元一, 山田 諭, 長井 幸二郎, 吉本 咲耶, 安部 秀斉, 土井 俊夫, 第43回日本腎臓学会西部学術大会,   2013年10月11日
  • 慢性腎臓病, 美馬 晶, 第23回日本医療薬学会年会,   2013年09月20日, 招待有り
  • 慢性腎臓病(CKD)の診断、経過観察に必要な臨床検査, 美馬 晶, 第53回日本臨床化学会年次学術集会,   2013年09月13日, 招待有り
  • CKDを見直す~症例を中心に~, 美馬 晶, 第1回徳島県西部腎不全研究会,   2013年09月05日, 招待有り
  • インクレチン製剤を用いた糖尿病性腎症の新規治療戦略, 美馬 晶, 第53回日本臨床化学会年次学術集会,   2013年08月31日, 招待有り
  • ブレークスルーをもたらす糖尿病性腎症治療薬~インクレチンの可能性~, 美馬 晶, 糖尿病と腎疾患を考える会,   2013年08月08日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症における内因性保護因子を探る, 美馬 晶, 第14回徳島糖尿病フォーラム,   2013年07月05日, 招待有り
  • 糖尿病性腎症に対する腎保護因子を探る, 美馬 晶, 第31回糖尿病臨床・研究開発センター講演会,   2013年05月21日
  • CKDの病態と患者管理について, 美馬 晶, 美馬市医師会学術講演会,   2013年04月23日, 招待有り
  • 生活習慣病と慢性腎臓病(CKD)はつながっている?, 美馬 晶, CKD徳島県民講座,   2013年03月10日, 招待有り
  • CKDをもう一度見直す~腎機能と蛋白尿の評価を中心に~, 美馬 晶, 徳島CKD講演会,   2013年02月07日, 招待有り
  • 糸球体腎炎におけるCD44作用機序の解析, 金井 麻衣, 冨永 辰也, 安部 秀斉, 美馬 晶, 林 早苗, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 第85回日本生化学会大会,   2012年12月16日
  • BMP4シグナル活性化はポドサイト障害およびメサンギウム基質増生を進展させる, 冨永 辰也, 安部 秀斉, 金井 麻衣, 林 早苗, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 第85回日本生化学会大会,   2012年12月16日
  • 血液透析にてリチウム中毒による意識障害の改善をみた 1 例, 古本哲朗, 長井幸二郎 ,山田 諭,柴田恵理子,岸 史 ,岸 誠司 ,松浦元一 ,美馬 晶,安部秀斉,土井俊夫,竹内理沙,野田康裕,小林誠司,近田優介,高松愛子,山田香苗, 長江雄浩,中瀧理仁 , 第 43 回徳島透析療法研究会 ,   2012年11月25日
  • 赤芽球癆再発後より再生不良性貧血へ移行した血液透析患者の 1 例, 近藤直樹,原 大雅,河野雅和,久保治信, 田中 勉, 美馬 晶,髙橋利和,土井俊夫,三木浩和,安倍正博, 第 43 回徳島透析療法研究会,   2012年11月25日
  • Selective insulin receptor substrate 1 and its functions in glomeruli of diabetic and insulin resistant rats, Mima A, King GL, Doi T, 2012 American Society of Nephrology Annual Meeting,,   2012年10月30日
  • BMP4シグナル活性化はポドサイト障害およびメサンギウム基質増生を進展させる, 冨永 辰也, 安部 秀斉, 長井 幸二郎, 岸 誠司, 美馬 晶, 土井 俊夫, 第3回分子腎臓フォーラム,   2012年09月01日
  • 後腹膜鏡下腎摘出後、血液透析を経て腹膜透析を導入した一例, 美馬 晶、兼松 明弘, 第57回日本透析医学会年次学術集会・総会,   2012年06月24日
  • Obesity induced insulin resistance in gingival tissue and periodontitis via PKC activation and oxidative stress, Mizutani K, Mima A, Park K, King GL, 72nd annual meeting of American Diabetes Association,   2012年06月08日
  • Serine phosphorylation (Ser303) of IRS2 by angiotensin II (AngII) inhibits insulin activation of p-Akt/eNOS in endothelial cells, Park K, Li Q, Rask-Madsen C, Mima A, Feener EP, Winnay J, King GL, 72nd annual meeting of American Diabetes Association,   2012年06月08日
  • Diabetes causes persistent insulin resistance and impairment of angiogenic function of mesenchymal stem cells (MSC) by protein kinase Cβ (PKC) activation, Mizutani K, Jeong I, Mima A, Li Q, Park K, Rask-Madsen C, Mooney DJ, King GL, 72nd annual meeting of American Diabetes Association,   2012年06月08日
  • Endothelial overexpression of PKCβ2 accelerates the development of atherosclerosis, Li Q, Park K, Li C, Rask-Madsen C, Mima A, King GL, 72nd annual meeting of American Diabetes Association,   2012年06月08日
  • The effects of diabetes and angiotensin on the loss of glucagon-like peptide-1’s protective actions in diabetic endothelial glomerulopathy, Mima A, Li Q, Mizutani K, Park K, Rask-Madsen C, King GL, 72nd annual meeting of American Diabetes Association,   2012年06月08日
  • 糖尿病による糸球体内インスリン/IRS1シグナル阻害は糖尿病性腎症の進展に関与する, 美馬 晶、北田 宗弘、George L. King, 第55回日本腎臓学会学術総会,   2012年06月03日
  • Diabetes causes persistent insulin resistance and impairment of angiogenic function of mesenchymal stem cells (MSC) by protein kinase C beta activation, Mizutani K, Jeong I, Mima A, Li Q, Park K, Rask-Madsen C, Mooney DJ, King GL, Keystone Symposia, 2012,   2012年03月
  • 腎糸球体内インスリンシグナルを中心とした糖尿病性腎症の新規治療法, 美馬 晶, 徳島腎臓内科症例検討会,   2012年01月12日, 招待有り
  • BMP4/Smad1 signaling: A novel therapeutic target for the progression of diabetic nephropathy,, Matsubara T, Abe H, Tominaga T, Jishage K, Mima A, Ueda O, Araki M, Torikoshi K, Nagai K, Goto C, Kinosaki M, Iehara N, Fukushima N, Fukatsu A, Arai H, Doi T, 71st annual meeting of American Diabetes Association,   2011年06月24日
  • Direct demonstration of the importance of insulin receptor in the angiogenic action of bone marrow derived mesenchymal stem cells, Mizutani K, White GS, Jeong I, Noh H, Mima A, Li Q, Rask-Madsen C, Mooney DJ, King GL, 71st annual meeting of American Diabetes Association,   2011年06月24日
  • Hyperglycemia induced inactivation of VEGF by PKC-d/SHP-1, Mima A, Kitada M, Geraldes P, Li Q, QI W, Mizutani K, Rask-Madsen C, King GL, 71st annual meeting of American Diabetes Association,   2011年06月24日
  • 糖尿病性腎症における糸球体硬化とアルブミン尿には異なる病態形成機構が存在する, 松原雄、安部秀斉、上田乙也、寺社下浩一、美馬晶、後藤千里、荒木真、鳥越和雄、 長井幸二郎、家原典之、福島直、深津敦司、木野崎雅彦、荒井秀典、土井俊夫, 第54回日本腎臓学会学術総会,,   2011年06月15日
  • Can endothelial dysfunction cause diabetic glomerulopathy?, Akira Mima, Joslin Diabetes Center Tuesday Seminar,   2011年03月01日
  • Conditional knockout of Smad1 ameliorates glomerulosclerosis in progressive glomerulonephraitis, Araki M, Abe H, Torikoshi K, Mima A, Matsubara T, Iehara N, Fukatsu A, Salant DJ, Arai H, Doi T, 2010 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2010年11月16日
  • PIASy regulates SN α-actin expression by interacting with E12 in mesangial proliferative glomerulonephritis, Torikoshi K, Araki M, Matsubara T, Mima A, HiranoT, Abe H, Fukatsu A, Arai H, Doi T, 2010 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2010年11月16日
  • BMP4/Smad1 signaling is a critical therapeutic target for diabetic nephropathy,, Matsubara T, Abe H, Ueda O, Tominaga T, Mima A, Nagai K, Torikoshi K, Araki M, Goto C, Kinosaki M, Jishage K, Fukushima N, Iehara N, Fukatsu A, Arai H, Doi T, 2010 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2010年11月16日
  • Overexpression of Smad1 causes remarkable glomerulosclerosis in diabetic mice, Matsubara T, Abe H, Ueda O, Jishage K, Mima A, Goto C, Tominaga T, Nagai K, Iehara N, Fukushima N, Fukatsu A, Arai H, Doi T:, 70th annual meeting of American Diabetes Association,   2010年06月25日
  • Identification of differential mechanisms for renal glomerular insulin resistance between diabetes and obesity,, Mima A, Kitada M, Rask-Madsen C, King GL, 70th annual meeting of American Diabetes Association,   2010年06月25日
  • メサンギウム細胞(MCs)の軟骨細胞形質獲得と低酸素下での不可逆的な腎機能低下の関連:, 岸誠司、安部秀斉、岸史、吉川和寛、荒岡利和、村上太一、冨永辰也、長井幸二郎、 美馬晶、家原典之、秋山治彦、土井俊夫, 第53回日本腎臓学会学術総会 ,   2010年06月16日
  • 糖尿病性腎症に関わる新たな治療標的分子の検討, 松原雄、安部秀斉、上田乙也、 寺社下浩一、美馬晶、後藤千里、冨永辰也、荒木真、鳥越和雄、長井幸二郎、家原典之、 福島直、木野崎雅彦、深津敦司、荒井秀典、土井俊夫, 第53回日本腎臓学会学術総会,   2010年06月16日
  • The novel function of trophoblast glycoprotein (Tpbg) on actin remodeling in podocyte injured in experimental glomerulonephritis, Murakami T, Abe H, Matsuura M, Araoka T, Kishi S, Tominaga T, Shigeta R, Yoshikawa K, Kishi F, Takamatsu N, Takahashi T, Mima A, Nagai K, Takai Y, Doi T, 2009 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2009年10月27日
  • CKDにおけるアンギオテンシンII依存的Src-Smad1シグナル伝達系~組織特異的レニン、アンギオテンシン系解明に向けて~, 美馬 晶, 腎臓病と高血圧研究会,   2009年07月04日
  • TCF7L2 regulates activin receptor-like kinase 1(ALK1)/Smad1 pathway for development of diabetic nephropathy,, Araoka T, Abe H, Nagai K, Kishi F, Tominaga T, Yoshikawa K, Kishi S, Murakami T, Hirano T, Shigeta R, Matsuura M, Mima A, Takahashi T, Doi T, 69th annual meeting of American Diabetes Association,,   2009年06月05日
  • 2 型糖尿病原因遺伝子TCF7L2 を介した糖尿病性腎症感受性遺伝子ALK1 の分子調節機構の解析, 荒岡利和、安部秀斉、長井幸二郎、美馬 晶、冨永辰也、松浦元一、村上太一、岸 誠司、繁田令子、岸 史、吉川和寛、土井俊夫, 第20 回日本糖尿病性腎症研究会,   2008年12月05日
  • 新規診断マーカー、尿中Smad1による慢性腎臓病(CKD)の診断法開発, 美馬 晶, CKD Award 2008,   2008年11月17日
  • TCF7L2 regulates activin receptor-like kinase 1(ALK1)/Smad1 pathway for development of diabetic nephropathy, Araoka T, Abe H, Matsuura M, Murakami T, Kishi S, Tominaga T, Shigeta R, Yoshikawa K, Kishi F, Mima A, Takahashi T, Hirano T, Doi T, 2008 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2008年11月04日
  • 相撲の稽古後に生じた急性腎不全の一例, 長尾和浩、美馬 晶、塩田文彦、前田利彦、市田公美、宇佐美勝正、 松原 雄、 家原典之、深津敦司, 第22 回 京都腎臓セミナープログラム,   2008年09月20日
  • Blockade of Src/Smad1 pathway attenuates the progression of peritoneal sclerosis in a mouse experimental model,, Mima A, Matsubara T, Arai H, Abe H, Iehara N, Kita T, Doi T, Fukatsu A:, The 12th congress of the ISPD,   2008年06月21日
  • 糖尿病性腎症におけるMCP-1/CCR2の役割, 金森弘志、松原雄、美馬晶、高橋利和、安部秀斉、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫、荒井秀典, 第19回日本糖尿病性腎症研究会,   2007年12月01日
  • Hydrothorax in peritoneal dialysis patients: Its diagnostic procedure and outcome, Fumihiko Shiota, Hiroshi Kanamori, Akira Mima, Takeshi Matsubara, Emi Inui, Misa Tanaka, Masashi Mukoyama, Hideki Yokoi, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Third asian chapter meeting of the international society for peritoneal dialysis,   2007年11月22日
  • CKDにおけるアンギオテンシンII依存的Src-Smad1シグナル伝達系~組織特異的レニン、アンギオテンシン系解明に向けて~, 美馬 晶, CKD Award 2007,   2007年11月17日
  • Mice lacking growth arrest specific gene 6 protected against age-associated glomerulosclerosis, Matsubara T, Nagai K, Mima A, Kanamori H, Yanagita M, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, Arai H, 2007 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2007年10月31日
  • Urinary Smad1 is a novel diagnostic marker to predict mesangial matrix expansion in rat diabetic nephropathy, Mima A, Arai H, Matsubara T, Abe H, Kanamori H, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, 2007 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2007年10月31日
  • 両側腎動脈狭窄による急性腎不全に対しPTRA(経皮経管腎動脈形成術)にて改善し得た一例, 林憲史、金森弘志、田崎淳一、当麻正直、家原典之、松原雄、美馬晶、乾恵美、田中美佐、深津敦司, 第37回日本腎臓学会西部学術大会,   2007年10月19日
  • Gas6は加齢による糸球体障害に関与する, 松原雄、長井幸二郎、荒木真、美馬晶、金森弘志、鳥越和男、家原典之、深津敦司、北徹、荒井秀典, 第13回分子腎臓研究会,   2007年09月01日
  • Angiotensin II type I receptor blocker decreases urinary Smad1, a marker for mesangial matrix expansion in diabetic nephropathy, Mima A, Arai H, Matsubara T, Abe H, Kanamori H, Sumi E, Tominaga T, Takahashi T, Matsuura M, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, 67th annual meeting of American Diabetes Association,   2007年06月22日
  • Advanced glycation endproducts is involved in the development of age-associated glomerulosclerosis through growth arrest specific gene 6, Matsubara T, Nagai K, Yanagita M, Mima A, Kanamori H, Sumi E, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, Arai H, 67th annual meeting of American Diabetes Association,   2007年06月22日
  • LDLアフェレーシスとシクロスポリンにより血液透析を離脱できたステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の一例, 田中美佐、田中芳徳、乾恵美、金森弘志、松原雄、美馬晶、家原典之、深津敦司, 第52回日本透析医学会学術集会・総会,   2007年06月15日
  • 尿中Smad1は糖尿病性腎症の治療効果を反映する新規マーカーになりうる, 美馬晶、荒井秀典、松原雄、安部秀斉、金森弘志、角栄里子、冨永辰也、高橋利和、松浦元一、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫, 第50回日本腎臓学会学術大会,   2007年05月25日
  • 糖尿病性腎症の進展における一酸化窒素の意義, 金森弘志、松原雄、美馬晶、角栄里子、高橋利和、安部秀斉、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫、荒井秀典, 第50回日本腎臓学会学術大会,   2007年05月25日
  • 加齢に伴う糸球体変化におけるGrowth arrest specific gene 6(Gas6)の役割, 松原雄、長井幸二郎、柳田素子、美馬晶、金森弘志、角栄里子、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫、荒井秀典, 第50回日本腎臓学会学術大会,   2007年05月25日
  • 糖尿病性腎症におけるMCP-1/CCR2の役割, 金森弘志、松原雄、美馬晶、角栄里子、長井幸二郎、高橋利和、安部秀斉、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫、荒井秀典, 第50回日本糖尿病学会学術集会,   2007年05月24日
  • Angiotensin II type I receptor blocker decreases urinary Smad1, a marker for mesangial matrix expansion in diabetic nephropathy, Mima A, Arai H, Matsubara T, Abe H, Kanamori H, Sumi E, Tominaga T, Takahashi T, Matsuura M, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Doi T, 2007 World Congress of Nephrology,   2007年04月21日
  • Mice lacking growth arrest specific gene 6 protected against age-associated glomerulosclerosis, Takeshi Matsubara, Kojiro Nagai, Motoko Yanagita, Akira Mima, Hiroshi Kanamori, Eriko Sumi, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Toshio Doi, Hidenori Arai, 2007 World Congress of Nephrology,   2007年04月21日
  • ABO incompatible organ transplantation using plasmapheresis and anti-CD20 monoclonal antibody, Emi Inui, Hiroto Egawa, Yoshinori Tanaka, Misa Tanaka, Hiroshi Kanamori, Akira Mima, Noriyuki Iehara, Noriyuki Ito, Kimiko Yurugi, Taira Maekawa, Atsushi Fukatsu, 2007 World Congress of Nephrology,   2007年04月21日
  • 当院における腹腔鏡下CAPD catheter留置術について, 乾恵美、伊藤哲之、田中美佐、美馬晶、金森弘志、松原雄、田中芳徳、家原典之、西山博之、小川修、深津敦司, 日本医工学治療学会第23回学術大会,   2007年02月09日
  • Role of SOX9 as a transcriptional regulator for collagen type IV in the kidney, Sumi E, Arai H, Iehara N, Mima A, Kanamori H, Fukatsu A, kita T, Doi T, 2006 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2006年11月14日
  • Psycological quality of life of hemodialysis patients: comparison between elderly and non-elderly patients, Kanamori H, Arai H, Matsubara T, Mima A, Yanagita M, Ishine M, Iehara N, Hara A, Fujimaki K, Usami K, Fukatsu A, Kita T, Matsubayashi K, 2006 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2006年11月14日
  • Role of Src and Smad1 in angiotensin II-dependent mesangial matrix expansion in diabetic nephropathy, Mima A, Arai H, Matsubara T, Abe H, Kanamori H, Sumi E, Iehara N, Fukatsu A, Takahashi T, Tominaga T, Kita T, Doi T, 2006 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2006年11月14日
  • 糸球体腎炎のIV型コラーゲンの発現調節におけるSRY転写因子SOX9の役割, 角栄里子、荒井秀典、家原典之、美馬晶、金森弘志、松原雄、深津敦司、北徹、土井俊夫, 第12回分子腎臓研究会,   2006年09月02日
  • 透析患者の抑うつについて, 金森弘志、荒井秀典、松原雄、美馬晶、石根昌幸、藤巻恵一、宇佐美一政、家原典之、深津敦司、松林公蔵、北徹, 第51回日本透析医学会学術集会・総会,   2006年06月23日
  • Sカプラ臨床使用経験 トラブルを経験して, 市川正人、広畑直実、岩村義明、松井欣也、山本哲也、寺村聡、松田正文、美馬晶, 第51回日本透析医学会学術集会・総会,   2006年06月23日
  • LDL-A治療中に発生する血圧低下の検討 LDL吸着法と二重膜濾過法(DFPP)を比較して, 森淑江、長谷川理恵、大久保恭子、遠藤修一郎、美馬晶、宇佐美一政, 第51回日本透析医学会学術集会・総会,   2006年06月23日
  • レーザー血流計を用いたLDL-Aの治療評価への応用, 森淑江、長谷川理恵、大久保恭子、遠藤修一郎、美馬晶、宇佐美一政, 第51回日本透析医学会学術集会・総会,   2006年06月23日
  • アンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性糸球体硬化に関わるSrc/Smad1系を抑制する, 美馬晶、荒井秀典、松原雄、金森弘志、角栄里子、家原典之、深津敦司、安部秀斉、高橋利和、冨永辰也、北徹、土井俊夫, 第49回日本腎臓学会学術大会,   2006年06月14日
  • 糖尿病性糸球体硬化症におけるSmad1及び他の腎症進展因子の検討, 松原雄、安部秀斉、美馬晶、荒井秀典、角栄里子、金森弘志、高橋利和、 家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫, 第49回日本腎臓学会学術大会,   2006年06月14日
  • 糖尿病性糸球体硬化におけるMCP-1/CCR2の役割, 金森弘志、美馬晶、松原雄、角栄里子、家原典之、深津敦司、土井俊夫、北徹、荒井秀典, 第49回日本腎臓学会学術大会,   2006年06月14日
  • Role of MCP-1/CCR2 in diabetic glomerulosclerosis, Kanamori H, Matsubara T, Mima A, Sumi E, Iehara N, Fukatsu A, Doi T, Kita T, Arai H, 66th annual meeting of American Diabetes Association,   2006年06月09日
  • Angiotensin II-dependent activation of Src and Smad1 is crucial for the development of diabetic nephropathy, Mima A, Arai H, Matsubara T, Abe H, Kanamori H, Sumi E, Iehara N, Fukatsu A, Takahashi T, Tominaga T, Kita T, Doi T, 66th annual meeting of American Diabetes Association,   2006年06月09日
  • アンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性腎症においてSrc/Smad1系を抑制することにより糸球体硬化を抑制する, 美馬晶、荒井秀典、松原雄、金森弘志、角栄里子、家原典之、深津敦司、安部秀斉、高橋利和、冨永辰也、北徹、土井俊夫, シンポジウム糖尿病,   2006年04月08日
  • Angiotensin II-dependent activation of Src and Smad1 is crucial for the development of diabetic nephropathy, Mima A, The Maillard in Food and Medicine; Cost Action 927-IMARS,   2006年
  • Angiotensin II receptor blocker ameliorates the development of diabetic nephropathy through the inhibition of Smad1, Mima A, Matsubara T, Arai H, Abe H, nagai K, Kanamori H, Sumi E, Takahashi T, Iehar N, Fukatsu A, Kita T, Doi T:, 2005 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2005年11月08日
  • Blockade of MCP-1/CCR2 ameliorates progression of glomerulosclerosis in diabetic nephropathy, Kanamori H, Mima H, Takahashi T, Abe H, Matsubara T, Nagai K, Sumi E, Iehara N, Fukatsu A, Doi T, Kita T, Arai H, 2005 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2005年11月08日
  • Angiotensin II receptor blocker inhibits the expression of Smad1 in diabetic nephropathy, Mima A, Matsubara T, Abe H, Nagai K, Kanamori H, Sumi E, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Arai H, Doi T, 65th annual meeting of American Diabetes Association,   2005年06月10日
  • Expression of Smad1 is directly associated with glomeruloscrelosis in diabetic nephropathy, Matsubara T, Abe H, Nagai K, Mima A, Kanamori H, Sumi E, Takahashi K, Matsuura M, Iehara N, Fukatsu A, Kita T, Arai H, Doi T, 65th annual meeting of American Diabetes Association,   2005年06月10日
  • Smad1 is directly associated with diabetic glomerulosclerosis, Takeshi Matsubara, Hidenori Arai, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Akira Mima, Hiroshi Kanamori, Eriko Sumi, Toshikazu Takahashi, Noriyuki Iehara, Atsush Fukatsu, Toru Kita, Toshio Doi, Keystone Symposia,   2005年03月28日
  • Smad1 is directly associated with diabetic glomerulosclerosis, Takeshi Matsubara, Hidenori Arai, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Akira Mima, Hiroshi Kanamori, Eriko Sumi, Toshikazu Takahashi, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Toshio Doi, Keystone Symposia 2005,   2005年03月28日
  • Ameliorated change in diabetic nephropathy reduced activation of Akt in Gas6 knockout mice, Kojiro Nagai, Takeshi Matsubara, Akira Mima, Eriko Sumi, Hiroshi Kanamori, Motoko Yanagita, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Toshio Doi, Hidenori Arai, 2004 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2004年10月27日
  • Induction of Smad1 is critical for glomerulosclerosis in diabetic nephropathy, Takeshi Matsubara, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Toshikazu Takahashi, Akira Mima, Hiroshi Kanamori, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Hidenori Arai, Toru Kita, Toshio Doi, 2004 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2004年10月27日
  • オルメサルタンはSmad1の発現を抑制することにより糖尿病性腎症を改善する, 美馬晶、松原雄、安部秀斉、長井幸二郎、金森弘志、角栄里子、家原典之、深津敦司、北徹、荒井秀典、土井俊夫, 第48回日本腎臓学会学術大会,   2004年06月23日
  • Smad1は糖尿病性糸球体硬化症の進展に重要な役割を果たす, 松原雄、安部秀斉、長井幸二郎、美馬晶、金森弘志、角栄里子、高橋利和、松浦元一、家原典之、深津敦司、北徹、荒井秀典、土井俊夫, 第48回日本腎臓学会学術大会,   2004年06月23日
  • Abolition of Gas6 inhibits the development of diabetic nephropathy by inhibiting Akt/mTOR-mediated mesangial hypertrophy, Kojiro Nagai, Takeshi Matsubara, Akira Mima, Eriko Sumi, Hiroshi Kanamori, Motoko Yanagita, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Toshio Doi, Hidenori Arai, 64th annual meeting of American Diabetes Association ,   2004年06月04日
  • Akt/mTOR-mediated mesangial hypertrophy is important in the development of diabetic nephropathy, Kojiro Nagai, Hidenori Arai, Takeshi Matsubara, Akira Mima, Eriko Sumi, Hiroshi Kanamori, Motoko Yanagita, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Toshio Doi, 2003 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2003年11月14日
  • 糖尿病性腎症におけるメサンギウム細胞肥大はAkt/mTOR経路活性化により起こる, 長井幸二郎、荒井秀典、松原雄、美馬晶、角栄里子、金森弘志、柳田素子、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫, 第9回分子腎臓研究会,   2003年09月06日
  • 個別看護指導から機能別看護指導に変えて, 増田佳代子、今田朱里、大園美千代、森田茜、平山裕理、山崎麻美、岡正代、福田身江子、島田久子、石田由香理、友利かほる子、澤田康子、美馬晶、原田夏樹、巌西真規、松田正文, 第25回滋賀腎・透析研究会,   2003年09月05日
  • 長期維持透析患者に生じた木村病の一例, 松原雄、美馬晶、遠藤修一郎、松本芳博、深津敦司、橋本泰樹, 第49回日本透析医学会学術集会・総会,   2003年06月18日
  • 血液透析患者のQOLと影響因子, 金森弘志、荒井秀典、松原雄、長井幸二郎、美馬晶、柳田素子、宇佐美一政、原晃、北徹、深津敦司、松林公蔵, 第49回日本透析医学会学術集会・総会,   2003年06月18日
  • Akt/mTOR経路のメサンギウム細胞肥大作用に関する役割, 長井幸二郎、松原雄、美馬晶、角栄里子、金森弘志、柳田素子、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫、荒井秀典, 第47回日本腎臓学会学術大会,   2003年05月27日
  • 糖尿病性腎症におけるSmad1の役割, 松原雄、安部秀斉、長井幸二郎、高橋利和、美馬晶、金森弘志、家原典之、深津敦司、北徹、荒井秀典、土井俊夫, 第47回日本腎臓学会学術大会,   2003年05月27日
  • Gas6のメサンギウム細胞肥大作用に関与するシグナル伝達経路の解明, 長井幸二郎、荒井秀典、松原雄、美馬晶、金森弘志、角栄里子、柳田素子、家原典之、深津敦司、土井俊夫、北徹,   2003年05月22日
  • 培養メサンギウム細胞における4型コラーゲンの転写調節機構とシグナル特異的enhancerの解析, 美馬晶、家原典之、松原雄、荒井秀典、長井幸二郎、金森弘志、角栄里子、田中芳徳、荒木真、山田吉彦、土井俊夫、北徹、深津敦司, 第46回日本腎臓学会学術大会,   2003年05月22日
  • Akt/mTOR経路は糖尿病性腎症初期のメサンギウム細胞肥大を抑制する, 長井幸二郎、松原雄、美馬晶、角栄里子、金森弘志、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫、荒井秀典, 第47回日本糖尿病学会学術集会,   2003年05月13日
  • Role of growth arrest-specific gene6 in glomerular hypertrophy in the early phase of diabetic nephropathy, Kojiro Nagai, Hidenori Arai, Motoko Yanagita, Takeshi Matsubara, Akira Mima, Hiroshi Kanamori, Eriko Sumi, Noriyuki Iehara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Toshio Doi, 2002 American Society of Nephrology Annual Meeting,   2002年11月01日
  • Gas6はメサンギウム細胞肥大を介して糖尿病性腎症の発症に関与する, 長井幸二郎、荒井秀典、松原雄、美馬晶、角栄里子、金森弘志、柳田素子、家原典之、深津敦司、北徹、土井俊夫, 第35回日本糖尿病合併症学会,   2002年10月08日
  • 災害対策用小型造水機により処理した透析用水の検討, 美馬晶、橋本泰樹、遠藤修一郎、佐藤景二、渥美弥, 第47回日本透析医学会学術集会・総会,   2002年07月19日
  • IgA腎症における非選別的な扁桃摘出術の効果, 松原雄、橋本泰樹、美馬晶、野々村光栄、菊川達雄、土井俊夫, 第31回日本腎臓学会東部学術大会,   2001年10月26日
  • 当院におけるRestless Legs Syndrome(RLS)の現状, 松原雄、木村格、美馬晶、橋本泰樹、脇理一郎、立花直子, 第46回日本透析医学会学術集会・総会,   2001年06月22日
  • 家庭で行う腹膜平衡試験(Home PET)について, 美馬晶、橋本泰樹、松原雄、土井俊夫, 第46回日本透析医学会学術集会・総会,   2001年06月22日
  • 両側副腎肥大を呈したsubclinical Cushing症候群の3例, 美馬晶、武呂誠司、花岡郁子、中石滋雄、隠岐尚吾, 第158回日本内科学会近畿地方会,   1999年06月19日

MISC

  • 奈良県における慢性透析患者の現況 2015年12月末の統計的観察, 米田 龍生, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 斎藤 能彦, 柏井 浩希, 丘田 英人, 三馬 省二, 熊本 廣実, 青山 秀雄, 松原 博, 金子 佳照, 吉岡 伸夫, 枝川 篤永, 枝川 光太郎, 森田 壮平, 阿部 泰志, 松田 尚史, 田中 正己, 美馬 晶, 枝川 右, 西谷 喜治, 益田 眞理, 白濱 彰彦, 原本 順規, 金子 嘉志, 吉井 将人, 金子 嘉成, 本宮 善恢, 近藤 雅彦, 堀井 康弘, 森田 昇, 西野 俊彦, 平松 侃, 仲川 嘉紀, 浜野 正義, 田中 賢治, 筒井 久善, 沢田 陽子, 中本 吉彦, 宮高 和彦, 大貫 雅弘, 吉江 貫, 杉原 清貴, 京田 有輔, 壬生 寿一, 田畑 尚一, 川野 貴弘, 中辻 史好, 和田 信弘, 奈良県医師会透析部会誌, 22, 1, 65, 71,   2017年01月
    概要:県内の全透析施設において2015年12月31日時点で透析を受けていた慢性腎不全患者3450名を対象に、性別、年齢分布、居住地、治療時間帯、血液浄化法の種類などについて調査した。また、2015年1年間に透析導入された患者の数・年齢・原疾患、2015年に死亡した患者の数・死亡原因などについて調査した。3450名の性別は男性2159名、女性1291名で、年齢分布は70歳代が最も多く全体の31.5%を占めていた。治療時間帯は、昼間が83.4%、夜間が8.6%、家庭CAPDが7.4%、その他0.5%であった。血液浄化法の種類は、HDが73.7%、HDFが19.7%、CAPDが3.4%、CAPD+HDが1.2%、HD+HDFが0.1%、その他2.0%であった。2015年1年間に透析導入された患者の数は456名で、昨年に比べて63名増加し、原疾患は糖尿病が最も多く46.5%、次いで慢性糸球体腎炎20.0%、腎硬化症8.3%の順であった。2005年の死亡患者数は300名、死亡原因は心不全(心筋梗塞以外)が最も多く28.7%で、心筋梗塞・心筋炎(5.3%)と合わせると34.0%を占めた。
  • 超高齢者腎不全患者において血液透析から腹膜透析に移行することがQOLを改善する, 丹正 幸佑, 長原 大, 美馬 晶, 奈良県医師会透析部会誌, 22, 1, 124, 124,   2017年01月
  • LCAPの返血時に返血側を加温することで鋭い血管痛が消失した1症例, 左官 真以子, 川崎 広樹, 西辻 冬馬, 津川 真伍, 高儀 良平, 末野 優史, 小山 和彦, 植田 隆介, 堀 辰之, 小木 幸人, 丹正 幸佑, 長原 大, 美馬 晶, 日本アフェレシス学会雑誌, 35, Suppl., 179, 179,   2016年11月
  • IgGλ型軽鎖沈着症による二次性膜性増殖性糸球体腎炎に対し,レナリドミドが腎機能障害を改善した一例, 長原大, 丹正幸佑, 美馬晶, 日本腎臓学会誌, 58, 6, 936,   2016年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602230016445165
  • ベトナムにおける透析医療の現状調査 ベトナム南部最大の総合病院での調査, 瀧澤 亜由美, 小久保 謙一, 花房 規雄, 美馬 晶, 松原 弘和, 兵藤 透, 石森 勇, 村上 淳, 金子 岩和, 峰島 三千男, 土谷 健, 新田 孝作, 秋葉 隆, 日本透析医学会雑誌, 49, Suppl.1, 482, 482,   2016年05月
  • 血液透析患者に対するメトトレキセート投与により壊死性腸管気腫症を引き起こした1例, 長原 大, 丹正 幸佑, 美馬 晶, 日本透析医学会雑誌, 49, Suppl.1, 531, 531,   2016年05月
  • ホーチミン透析医学会(HSDT)設立報告と今後の課題, 松原 弘和, 兵藤 透, 小久保 謙一, 花房 規男, 美馬 晶, 瀧澤 亜由美, 若井 陽希, Nguyen Duc Nam, 川村 明夫, 日本透析医学会雑誌, 49, Suppl.1, 791, 791,   2016年05月
  • ベトナム南部最大の総合病院での透析医療の現状調査, 瀧澤亜由美, 瀧澤亜由美, 小久保謙一, 花房規雄, 美馬晶, 松原弘和, 兵藤透, 村上淳, 金子岩和, 峰島三千男, 土谷健, 新田孝作, 秋葉隆, 日本血液浄化技術学会雑誌, 24, Supplement, 158,   2016年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602222908032903
  • 奈良県における慢性透析患者の現況 2014年12月末の統計的観察, 米田 龍生, 吉田 克法, 平尾 佳彦, 斎藤 能彦, 柏井 浩希, 丘田 英人, 三馬 省二, 熊本 廣実, 青山 秀雄, 松原 博, 松本 宗輔, 金子 佳照, 吉岡 伸夫, 枝川 光太郎, 枝川 篤永, 森田 壮平, 阿部 泰志, 松田 尚史, 田中 正己, 美馬 晶, 西谷 喜治, 益田 眞理, 白濱 ちひろ, 原本 順規, 金子 嘉志, 吉井 将人, 金子 嘉成, 本宮 善恢, 近藤 雅彦, 堀井 康弘, 森田 昇, 西野 俊彦, 平松 侃, 仲川 嘉紀, 浜野 正義, 田中 賢治, 筒井 久善, 沢田 陽子, 中本 吉彦, 宮高 和彦, 大貫 雅弘, 吉江 貫, 杉原 清貴, 京田 有輔, 壬生 寿一, 田畑 尚一, 川野 貴弘, 中辻 史好, 和田 信弘, 奈良県医師会透析部会誌, 21, 1, 21, 27,   2016年01月
  • 遺伝性腎性低尿酸血症に伴う運動後急性腎不全(ALPE)の一例, 金森 弘志, 市田 公美, 平野 央, 美馬 晶, 柳田 素子, 日本腎臓学会誌, 57, 6, 1110, 1110,   2015年08月
  • 難治性特発性血小板減少症を合併した維持透析患者に対しトロンボポエチン受容体作動薬が有効であった一例, 藤田茉莉子, 美馬晶, 椿和央, 日本透析医学会雑誌, 48, Supplement 1, 828, 828,   2015年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502243587115599
  • 血管内皮細胞内インスリンシグナルを用いた劣化腹膜治療法の開発, 美馬 晶, 日本透析医会雑誌, 30, 1, 158, 160,   2015年04月, 査読有り, 招待有り
    概要:腎代替療法の一つとして腹膜透析があるが、その利点は連続的な治療であること、残存腎機能の保持に優れていることがあげられる。しかしながら、生体膜を利用することにより長期間の治療により腹膜の劣化が生じる。さらに、被嚢性腹膜硬化症へ移行すると、しばしば致命的になることもある。腹膜は中皮細胞、間質、血管から構成されるが、腹膜劣化のメカニズムは中皮細胞の脱落、間質線維化による腹膜肥厚、血管の狭窄が組み合わさって生じると考えられる。しかしながら、その詳細な分子メカニズムは不明である。申請者は糖尿病状態において、インスリンシグナルの最下流における内皮型一酸化窒素合成酵素(eNOS)の賦活化が阻害されることが、糖尿病性腎症進展・増悪に関与することを明らかにしている。本研究では、血管内皮細胞特異的IRS1(insulin receptor substrate;IRS)過剰発現マウスを確立する。腹膜におけるインスリンシグナルの増強とeNOS賦活化を介し、局所NOが増加することで腹膜硬化が減弱するかどうかを検討する。さらに培養細胞を用いた実験系では、外因性NOであるsodium nitroprusside(SNP)による抗線維化効果を検討する。これらのことで、被嚢性腹膜硬化症に対する新規治療方法を確立することを目指す。(著者抄録)
  • CKD診断マーカーとしての尿中Smad1の評価, 美馬晶, 松浦元一, 土井俊夫, 腎臓, 37, 32, 36,   2015年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502294824258611
    概要:IgA腎症患者の腎生検組織におけるリン酸化Smad1の発現は、糸球体内において正常コントロール検体に比べ著明に増加していた。糸球体内における4型コラーゲン(Col4)の発現も同様に著明に増加していた。IgA腎症患者の尿中Smad1はコントロールの尿中Smad1に比べ有意な高値を示し、IgA腎症の活動性と尿中Smad1の相関では、糸球体硬化性病変と対数変換尿中Smad1の間に有意な相関(r=0.35)を認めた。さらにPAM染色陽性領域と対数変換尿中Smad1の間にも有意な相関(r=0.48)を認めた。また、オックスフォード分類による癒着・分節性効果と対数変換尿中Smad1の間にも有意な相関を認めたが、メサンギウム細胞増殖、管内増殖、間質障害との間に相関は認めなかった。尿中Smad1は糸球体硬化、慢性腎不全の診断・発症予測に優れたバイオマーカーとなる可能性が示唆された。
  • A multicenter study of quality of life of chronic myeloid leukemia patients in Nara, HANAMOTO Hitoshi, YAMAZAKI Keiko, FUJIWARA Ryousuke, MIMA Akira, EMOTO Masakatu, IIOKA Futoshi, MAESAKO Yoshitomo, AKASAKA Takashi, NAKAMURA Fumihiko, HOSHINO Ei, HASEGAWA Atsushi, TANAKA Haruyuki, AMANO Itsuto, KIMURA Hiroshi, OHNO Hitoshi, YAGI Hideo, TSUBAKI Kazuo, 臨床血液, 55, 9, 1555,   2014年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402296219511092
  • Once-weekly bortezomib with low-dose thalidomide and dexamethasone is effective and feasible for MM, YAGI Hideo, FUJIWARA Ryosuke, EMOTO Masakatsu, YAMAZAKI Keiko, HANAMOTO Hitoshi, MIMA Akira, TSUBAKI Kazuo, 臨床血液, 55, 9, 1283,   2014年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402266657981097
  • サルコイドーシス,高カルシウム血症により間質障害を呈した一例, 吉本咲耶, 長井幸二郎, 小野広幸, 柴田恵理子, 上田紗代, 田蒔昌憲, 安部尚子, 村上太一, 美馬晶, 松浦元一, 安部秀斉, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 56, 6, 713, 713,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402275156457621
  • ループス腎炎との鑑別を要したIgG4関連腎症の1例, 小野広幸, 村上太一, 松浦元一, 美馬晶, 吉本咲耶, 上田紗代, 田蒔昌憲, 柴田恵理子, 長井幸二郎, 安部秀斉, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 56, 6, 722, 722,   2014年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402264456376850
  • 糖尿病患者の口腔の健康管理 15 糖尿病関連疾患と歯周病:腎臓病, 美馬晶, 月刊糖尿病, 6, 5, 89, 94,   2014年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402207507557843
  • 2型糖尿病血液透析患者におけるサキサグリプチンの有効性と安全性の検討, 美馬晶, 近藤直樹, 野間喜彦, 小堀浩幸, 田中勉, 土井俊夫, 日本透析医学会雑誌, 47, Supplement 1, 951,   2014年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402248032255705
  • 実血流量の確保において引き込みは指標となりうるか, 竹内理沙, 野田康裕, 長井幸二郎, 小野広幸, 吉本咲耶, 牧野友美, 近田優介, 小林誠司, 大西実季, 高松愛子, 山田香苗, 美馬晶, 柴田恵理子, 松浦元一, 安部秀斉, 土井俊夫, 日本透析医学会雑誌, 47, Supplement 1, 756,   2014年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402226704319479
  • 【歯科医師のための医学ハンドブック】 (Chapter 5)腎疾患 腎不全, 美馬 晶, 歯界展望, 別冊, 歯科医師のための医学ハンドブック, 85, 87,   2014年05月
  • 同種造血幹細胞移植後晩期に蛋白尿を呈した2症例, 賀川久美子, 宇高賢吾, 岩佐昌美, 原田武志, 藤井志朗, 中村信元, 三木浩和, 安倍正博, 美馬晶, 安部秀斉, 土井俊夫, 日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集, 36th, 351,   2014年02月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402242350668085
  • 2型糖尿病治療の新時代を迎えて Na+/グルコース共役輸送担体(SGLT2)阻害薬 2)SGLT,GLUTの遺伝子調節と腎性尿糖, 美馬晶, 土井俊夫, Diabetes Front, 24, 6, 707, 710,   2013年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402213671786152
  • 土-2-S2-2 慢性腎臓病(慢性腎臓病と薬剤の適正使用,シンポジウム2,再興、再考、創ろう最高の医療の未来), 美馬 晶, 土井 俊夫, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23,   2013年08月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009795810
  • 慢性腎臓病, 美馬晶, 土井俊夫, 日本医療薬学会年会講演要旨集, 23rd, 55,   2013年08月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302250601715962
  • 当院における成人紫斑病性腎炎に対するプレドニゾロン+ミゾリビン併用療法の有効性についての検討, 小野広幸, 美馬晶, 柴田恵理子, 松浦元一, 山田諭, 長井幸二郎, 吉本咲耶, 安部秀斉, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 55, 6, 1178,   2013年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302248250314732
  • インクレチン関連製剤を用いた糖尿病性腎症の新規治療戦略, 美馬晶, 臨床化学, 42, 285,   2013年07月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302269107511087
  • 慢性腎臓病(CKD)の診断,経過観察に必要な臨床検査, 美馬晶, 臨床化学, 42, 178,   2013年07月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302232375155624
  • 免疫抑制療法実施中に赤芽球癆再発した血液透析患者の1例, 近藤直樹, 藤田拓朗, 河上和代, 野上浩子, 守時政宏, 西岡聡, 西島陽子, 祖父江理, 森脇久美子, 原大雅, 河野雅和, 久保治信, 田中勉, 渡瀬謙仁, 美馬晶, 高橋利和, 土井俊夫, 三木浩和, 安倍正博, 日本透析医学会雑誌, 46, Supplement 1, 908,   2013年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302278276504250
  • 針の口径による最大血流量とTR‐3000測定血液流量モニタリングシステムの評価, 野田康裕, 竹内理沙, 長井幸二郎, 久原幸典, 近田優介, 小林誠司, 山田香苗, 高松愛子, 美馬晶, 松浦元一, 三並智子, 柴田恵理子, 安部秀斉, 土井俊夫, 日本透析医学会雑誌, 46, Supplement 1, 479,   2013年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302221161815943
  • ヒトIgA腎症におけるGas6とその受容体Dtkの関与, 三好雅士, 長井幸二郎, 掛武威, 福島直, 松浦元一, 柴田恵理子, 吉川和寛, 山口邦久, 井崎博文, 美馬晶, 冨永辰也, 安部秀斉, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 55, 3, 333,   2013年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302241086543950
  • 歯肉におけるインスリン抵抗性の発現にプロテインキナーゼCおよび酸化ストレスが及ぼす影響, 水谷幸嗣, 美馬晶, 美馬晶, KING George, 和泉雄一, 日本歯周病学会学術大会プログラムおよび講演抄録集, 56th, 99,   2013年04月08日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302266602475241
  • 腎生検にてγ重鎖沈着症が疑われた糸球体沈着症の一例, 松浦元一, 山田諭, 柴田恵理子, 渡瀬謙仁, 岸史, 岸誠司, 美馬晶, 長井幸二郎, 安部秀斉, 中村信元, 安倍正博, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 54, 6, 896,   2012年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202251377803086
  • 中等度以上腎機能低下患者に対するフェブキソスタットの有効性と認容性の検討, 柴田恵理子, 長井幸二郎, 松浦元一, 山田諭, 渡瀬謙仁, 岸史, 美馬晶, 岸誠司, 安部秀斉, 土井俊夫, Ther Res, 33, 7, 1073, 1080,   2012年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202277504819956
  • 後腹膜鏡下腎摘出後,血液透析を経て腹膜透析を導入した一例, 美馬晶, 兼松明弘, 日本透析医学会雑誌, 45, Supplement 1, 961,   2012年05月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202291379185675
  • 糖尿病による糸球体内インスリン/IRS1シグナル阻害は糖尿病性腎症の進展に関与する, 美馬晶, 北田宗弘, KING George, 日本腎臓学会誌, 54, 3, 345,   2012年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202216387673040
  • 糸球体腎炎におけるCD44作用機序の解析, 金井麻衣, 冨永辰也, 安部秀斉, 美馬晶, 林早苗, 長井幸二郎, 土井俊夫, 日本生化学会大会(Web), 85th, WEB ONLY 3P-942,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402297143233388
  • BMP4シグナル活性化はポドサイト障害およびメサンギウム基質増生を進展させる, 冨永辰也, 安部秀斉, 金井麻衣, 林早苗, 美馬晶, 長井幸二郎, 土井俊夫, 日本生化学会大会(Web), 85th, WEB ONLY 3P-945,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402274565193249
  • BMP4 regulates podocyte apoptosis in the diabetic nephropathy, TOMINAGA Tatsuya, ABE Hideharu, NAGAI Koujiro, KANAI Mai, MIMA Akira, DOI Toshio, 日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集, 20th, 99,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302285272077281
  • 糖尿病性腎症における糸球体硬化とアルブミン尿には異なる病態形成機構が存在する, 松原雄, 安部秀斉, 上田乙也, 寺社下浩一, 美馬晶, 後藤千里, 荒木真, 鳥越和雄, 長井幸二郎, 家原典之, 福島直, 深津敦司, 木野崎雅彦, 荒井秀典, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 53, 3, 390,   2011年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102200622692286
  • 片腎の高齢者腎機能障害患者において超音波検査で腎動脈狭窄症を指摘され, 経皮的腎血管拡張術で高血圧, 腎機能の著明な改善がみられた1例, 長井 幸二郎, 楠瀬 賢也, 西尾 進, 竹谷 善雄, 山田 博胤, 佐田 政隆, 近藤 直樹, 岸 史, 岸 誠司, 荒岡 利和, 松浦 元一, 美馬 晶, 安部 秀斉, 村上 太一, 中村 雅将, 土井 俊夫, The Japanese journal of nephrology, 53, 1, 68, 74,   2011年01月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029736012
  • 片腎の高齢者腎機能障害患者において超音波検査で腎動脈狭窄症を指摘され,経皮的腎血管拡張術で高血圧,腎機能の著明な改善がみられた1例, 長井幸二郎, 楠瀬賢也, 西尾進, 竹谷善雄, 山田博胤, 佐田政隆, 近藤直樹, 岸史, 岸誠司, 荒岡利和, 松浦元一, 美馬晶, 安部秀斉, 村上太一, 中村雅将, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 53, 1, 68, 74,   2011年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102299395712557
  • 2型糖尿病原因遺伝子TCF7L2を介した糖尿病性腎症感受性遺伝子ALK1の分子調節機構の解析, 荒岡利和, 安部秀斉, 長井幸二郎, 美馬晶, 冨永辰也, 松浦元一, 村上太一, 岸誠司, 繁田令子, 岸史, 吉川和寛, 土井俊夫, Diabetes Front, 21, 5, 614,   2010年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002269274315190
  • IV型コラーゲンの転写制御因子Smad1は骨形成因子BMP4を介して糖尿病性腎症進展に中心的役割を果たす, 松原雄, 安部秀斉, 上田乙也, 寺社下浩一, 冨永辰也, 後藤千里, 美馬晶, 長井幸二郎, 荒木真, 鳥越和雄, 松浦元一, 家原典之, 木野崎雅彦, 福島直, 深津敦司, 荒井秀典, 土井俊夫, 糖尿病合併症, 24, Supplement 1, 107,   2010年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002297363331772
  • 多彩な合併症のある高齢者コレステロール塞栓の2例, 長井幸二郎, 岸史, 岸誠司, 中村雅将, 村上太一, 松浦元一, 荒岡利和, 近藤直樹, 美馬晶, 安部秀斉, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 52, 6, 803,   2010年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002205921945810
  • メタボリックシンドローム,糖尿病性腎症発症におけるBMP4/Smad1シグナル伝達系の役割の解明と新規治療ターゲットとしての評価, 美馬晶, 東京生化学研究会助成研究報告集, 24, 60, 64,   2010年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002227979060863
  • 糖尿病性腎症に関わる新たな治療標的分子の検討, 松原雄, 安部秀斉, 上田乙也, 寺社下浩一, 美馬晶, 後藤千里, 冨永辰也, 荒木真, 鳥越和雄, 長井幸二郎, 家原典之, 福島直, 木野崎雅彦, 深津敦司, 荒井秀典, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 52, 3, 288,   2010年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002280498938820
  • メサンギウム細胞(MCs)の軟骨細胞形質獲得と低酸素下での不可逆的な腎機能低下の関連, 岸誠司, 安部秀斉, 岸史, 吉川和寛, 荒岡利和, 村上太一, 冨永辰也, 長井幸二郎, 美馬晶, 家原典之, 秋山治彦, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 52, 3, 322,   2010年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002211650112923
  • 腎発生に必須なBMP4が関与する糖尿病性腎症発症の分子機構, 冨永辰也, 安部秀斉, 長井幸二郎, 村上太一, 荒岡利和, 岸誠司, 上田乙也, 寺社下浩一, 福島直, 美馬晶, 土井俊夫, 生化学, ROMBUNNO.4T11-12,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002266741060135
  • 糖尿病性腎症の発症・進展にBMP4/Smad1経路が重要な作用をおよぼす, 冨永辰也, 安部秀斉, 長井幸二郎, 美馬晶, 村上太一, 荒岡利和, 岸誠司, 繁田令子, 上田乙也, 後藤千里, 寺社下浩一, 木野崎雅彦, 福島直, 土井俊夫, 生化学, ROMBUNNO.4T10A-14,   2009年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902296891522264
  • 糸球体上皮細胞のアクチン骨格制御におけるTrophoblast glycoproteinの機能, 村上太一, 安部秀斉, 冨永辰也, 荒岡利和, 岸誠司, 高松典通, 美馬晶, 長井幸二郎, 高井義美, 土井俊夫, 生化学, ROMBUNNO.2P-697,   2009年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902294847688217
  • C型慢性肝炎合併維持血液透析患者に対する安全かつ効果的なインターフェロン-β治療法の検討, 荒岡 利和, 竹岡 浩也, 西岡 敬祐, 岸 誠司, 荒木 真, 岸 史, 繁田 令子, 村上 太一, 近藤 直樹, 松浦 元一, 吉川 和寛, 美馬 晶, 長井 幸二郎, 高橋 利和, 安部 秀斉, 池田 昌樹, 近藤 麻紀子, 杉山 あずさ, 菅野 雅彦, 土井 俊夫, 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy, 42, 5, 393, 402,   2009年05月28日, 10.4009/jsdt.42.393, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024930936
    概要:維持血液透析患者のC型肝炎ウイルス(HCV)感染率が高いことは知られており,最近HCV感染が予後規定因子であるといわれている.しかし未だ血液透析患者における安全で効果的なインターフェロン(IFN)投与法は確立されていない.維持血液透析患者2名に副作用が少ないIFN-βを中長期間(24週,2年)投与し,薬物動態,投与法,安全性,治療効果について検討した.1例目は38歳男性,高ウイルス1型.初回2週間連日点滴静注し以降は透析日のみ投与した.透析日は内シャント静脈ラインから透析開始直前30分でIFN-β 600万単位を投与した.早期ウイルス学的陰性になったが治療後ウイルスの再増加がありIFN-βを再投与した.再治療は1週間連日点滴静注し以降は透析日のみ投与した.投与法を透析開始直後30分に変更し血液透析回路から投与した.2年間投与で特に副作用もなくHCV-RNA定性検査陰性となったが,持続ウイルス学的陰性は得られなかった.開始直後30分投与のCmaxは262±41 pg/mLと開始直前30分投与のCmax 214.7±38.25 pg/mLよりやや高いが透析中の約4時間で体内から消失し蓄積はなかった.2例目は58歳男性,低ウイルス量2型.1例目再治療時に準じてIFN-βを透析開始直後30分で24週間投与し持続ウイルス学的陰性を得た.血圧低下にIFN-βの関与を疑い8週目から300万単位に減量し改善した.Cmaxは600万単位投与で259±43.9 pg/mL.300万単位投与で143.5±5.09 pg/mL.ほかの副作用はなかった.IFN-α製剤は副作用のため治療継続,長期投与が困難であるがIFN-βはそれを可能にする.血液透析開始直後30分投与は安全面,治療効果において優れた投与法である.
  • Smad1は糖尿病性糸球体硬化症の進展に重要な役割を果たす, 松原雄, 安部秀斉, 上田乙也, 寺社下浩一, 美馬晶, 後藤千里, 冨永辰也, 荒木真, 鳥越和雄, 長井幸二郎, 家原典之, 福島直, 深津敦司, 荒井秀典, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 51, 3, 277,   2009年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902293455024152
  • 糖尿病性腎症の疾患感受性分子ALK1/Smad1のTCF7L2による分子調整機構の解析, 荒岡利和, 安部秀斉, 冨永辰也, 村上太一, 繁田令子, 岸誠司, 吉川和寛, 岸史, 近藤直樹, 松浦元一, 高橋利和, 長井幸二郎, 美馬晶, 平野隆弘, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 51, 3, 241,   2009年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902288419123647
  • TCF7L2を介した糖尿病性腎症における疾患感受性因子ALK1の分子調整機構の解析, 荒岡利和, 安部秀斉, 松浦元一, 村上太一, 岸誠司, 冨永辰也, 繁田令子, 吉川和寛, 岸史, 美馬晶, 長井幸二郎, 高橋利和, 平野隆弘, 高松典通, 糖尿病, 52, Supplement 1, S.220,   2009年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902264773356865
  • 糖尿病性腎症発症・進展に関わる分子機構の解析, 冨永辰也, 安部秀斉, 長井幸二郎, 村上太一, 荒岡利和, 岸誠司, 繁田令子, 吉川和寛, 岸史, 近藤直樹, 松浦元一, 高橋利和, 上田乙也, 寺社下浩一, 福島直, 美馬晶, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 51, 3, 276,   2009年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902259510209732
  • 糖尿病性腎症におけるMCP‐1/CCR2の役割, 金森弘志, 松原雄, 美馬晶, 高橋利和, 安部秀斉, 家原典之, 深津敦司, 北徹, 土井俊夫, 荒井秀典, Diabetes Front, 19, 5, 683,   2008年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902294998049038
  • CKDにおける糖尿病性腎症の位置づけ―診療の課題と今後の展望, 美馬晶, 安部秀斉, 土井俊夫, Diabetes Front, 19, 5, 583, 589,   2008年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902210888133018
  • 下肢潰瘍が血圧低下に伴って増悪した腹膜透析の一例, 塩田文彦, 田中美佐, 長尾和弘, 前田利彦, 美馬晶, 乾恵美, 松原雄, 家原典之, 深津敦司, 日本腎臓学会誌, 50, 6, 702,   2008年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902222328908926
  • Src/Smad1経路は糸球体腎炎発症進展において中心的な役割を演じる, 美馬晶, 荒井秀典, 松原雄, 安部秀斉, 高橋利和, 荒木真, 鳥越和雄, 家原典之, 深津敦司, 北徹, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 50, 3, 274,   2008年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902275092466087
  • 2型糖尿病性腎症におけるCCR2アンタゴニストの意義, 金森弘志, 田村行識, 松原雄, 美馬晶, 荒木真, 鳥越和雄, 家原典之, 深津敦司, 横出正之, 北徹, 荒井秀典, 日本腎臓学会誌, 50, 3, 266,   2008年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902232574744423
  • 加齢に伴う糸球体変化におけるGnwth arrest specific gene6(Gas6)の役割とそのシグナル解析, 松原雄, 長井幸二郎, 柳田素子, 美馬晶, 金森弘志, 家原典之, 深津敦司, 土井俊夫, 荒井秀典, 日本腎臓学会誌, 50, 3, 388,   2008年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902207241123494
  • ラット増殖性糸球体性腎炎モデルにおける腎糸球体上皮細胞の新規分子Trophoblast glycoproteinの検討, 村上太一, 安部秀斉, 高橋利和, 美馬晶, 松浦元一, 荒岡利和, 岸誠司, 岸史, 繁田令子, 吉川和寛, 冨永辰也, 高松典通, 生化学, 2P-0444,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902234565676280
  • 輸液剤の種類と特徴 39. 輸液剤の種類と投与後の分布, 美馬晶, 深津敦司, 家原典之, 腎と透析, 63, 208, 214,   2007年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902243553023272
  • 両側腎動脈狭窄による急性腎不全に対しPTRA(経皮経管腎動脈形成術)にて改善し得た一例, 林憲史, 金森弘志, 田崎淳一, 当麻正直, 家原典之, 松原雄, 美馬晶, 乾恵美, 田中美佐, 深津敦司, 日本腎臓学会誌, 49, 6, 717,   2007年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902280411838603
  • ケース・スタディ 診断困難な下腿皮膚潰瘍をきたした透析導入2年後の男性症例, 松原雄, 家原典之, 松野直徒, 美馬晶, 金森弘志, 田中美佐, 乾恵美, 長尾桓, 深津敦司, 臨床透析, 23, 9, 1479, 1484,   2007年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902285164973740
  • 成人血液型不適合肝移植における抗CD20‐モノクローナル抗体投与とアフェレシスの効果について, 乾恵美, 江川裕人, 田中芳徳, 田中美佐, 松原雄, 金森弘志, 美馬晶, 家原典之, 深津敦司, 日本透析医学会雑誌, 40, Supplement 1, 758,   2007年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902299063259680
  • LDLアフェレーシスとシクロスポリンにより血液透析を離脱できたステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の一例, 田中美佐, 田中芳徳, 乾恵美, 金森弘志, 松原雄, 美馬晶, 家原典之, 深津敦司, 日本透析医学会雑誌, 40, Supplement 1, 594,   2007年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902251529442470
  • 糖尿病性腎症の進展における一酸化窒素の意義, 金森弘志, 松原雄, 美馬晶, 角栄里子, 高橋利和, 安部秀斉, 家原典之, 深津敦司, 北徹, 土井俊夫, 荒井秀典, 日本腎臓学会誌, 49, 3, 338,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902265808459936
  • 加齢に伴う糸球体変化におけるGrowth arrest specific gene6(Gas6)の役割, 松原雄, 長井幸二郎, 柳田素子, 美馬晶, 金森弘志, 角栄里子, 家原典之, 深津敦司, 北徹, 土井俊夫, 荒井秀典, 日本腎臓学会誌, 49, 3, 265,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902242032767554
  • 尿中Smad1は糖尿病性腎症の治療効果を反映する新規マーカーになりうる, 美馬晶, 荒井秀典, 松原雄, 安部秀斉, 金森弘志, 角栄里子, 冨永辰也, 高橋利和, 松浦元一, 家原典之, 深津敦司, 北徹, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 49, 3, 349,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902201388294385
  • 当院における腹腔鏡下CAPD catheter留置術について, 乾恵美, 伊藤哲之, 田中美佐, 美馬晶, 金森弘志, 松原雄, 田中芳徳, 家原典之, 西山博之, 小川修, 深津敦司, 医工学治療, 19, Supplement, 118,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902251006514760
  • 透析患者に抑うつについて, 金森弘志, 荒井秀典, 松原雄, 美馬晶, 石根昌幸, 藤巻恵一, 宇佐美一政, 家原典之, 深津敦司, 松林公蔵, 北徹, 日本透析医学会雑誌, 39, Supplement 1, 700,   2006年05月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902294809237023
  • レーザー血流計を用いたLDL‐Aの治療評価への応用, 森淑江, 長谷川理恵, 大久保恭子, 遠藤修一郎, 美馬晶, 宇佐美一政, 日本透析医学会雑誌, 39, Supplement 1, 675,   2006年05月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902263222389626
  • LDL‐A治療中に発生する血圧低下の検討~LDL吸着法と二重膜濾過法(DFPP)を比較して~, 森淑江, 長谷川理恵, 大久保恭子, 遠藤修一郎, 美馬晶, 宇佐美一政, 日本透析医学会雑誌, 39, Supplement 1, 675,   2006年05月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902249634881131
  • Sカプラ臨床使用経験~トラブルを経験して~, 市川正人, 広畑直実, 岩村義明, 松井欣也, 山本哲也, 寺村聡, 松田正文, 美馬晶, 日本透析医学会雑誌, 39, Supplement 1, 832,   2006年05月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902203132484856
  • アンギオテンシンII受容体拮抗薬は糖尿病性糸球体硬化に関わるSrc/Smad1系を抑制する, 美馬晶, 荒井秀典, 松原雄, 金森弘志, 角栄里子, 家原典之, 深津敦司, 安部秀斉, 高橋利和, 冨永辰也, 北徹, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 48, 3, 274,   2006年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902260786515240
  • 糖尿病糸球体硬化におけるMCP‐1/CCR2の役割, 金森弘志, 美馬晶, 松原雄, 角栄里子, 家原典之, 深津敦司, 土井俊夫, 北徹, 荒井秀典, 日本腎臓学会誌, 48, 3, 197,   2006年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902250085729509
  • 上腕‐足関節脈波速度と指尖容積脈波波形による透析患者の動脈硬化評価, 所司原友弘, 篠原愛子, 松田正文, 美馬晶, 原田夏樹, 巌西真規, 新井豊, 水野光邦, 大阪透析研究会会誌, 23, 2, 212,   2005年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902257076831303
  • オルメサルタンはSmad1の発現を抑制することにより糖尿病性腎症を改善する, 美馬晶, 松原雄, 安部秀斉, 長井幸二郎, 金森弘志, 角栄里子, 北徹, 荒井秀典, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 47, 3, 314,   2005年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902275948122988
  • Smad1は糖尿病性糸球体硬化症の進展に重要な役割を果たす, 松原雄, 安部秀斉, 長井幸二郎, 美馬晶, 金森弘志, 高橋利和, 松浦元一, 北徹, 荒井秀典, 日本腎臓学会誌, 47, 3, 256,   2005年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902265428279897
  • プロセスレコードを活用して対応した透析拒否の一例, 平山裕理, 福田身江子, 石田由香理, 沢田康子, 伊藤純, 原田夏樹, 巌西真規, 新井豊, 美馬晶, 日本透析医学会雑誌, 38, Supplement 1, 1033,   2005年05月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902263797378162
  • 個別看護指導から機能別看護指導に変えて, 増田佳代子, 今田朱里, 大園美千代, 森田茜, 平山裕理, 山崎麻美, 岡正代, 福田身江子, 島田久子, 石田由香理, 友利かほる子, 沢田康子, 美馬晶, 原田夏樹, 巌西真規, 松田正文, 滋賀医学, 27, 148,   2005年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227912062089
  • 長期維持透析患者に生じた木村病の一例, 松原雄, 美馬晶, 遠藤修一郎, 松本芳博, 深津敦司, 橋本泰樹, 日本透析医学会雑誌, 37, Supplement 1, 1045,   2004年06月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902242805023673
  • Akt/mTOR経路は糖尿病性腎症初期のメサンギウム細胞肥大を制御する, 長井幸二郎, 松原雄, 美馬晶, 角栄里子, 金森弘志, 柳田素子, 家原典之, 北徹, 土井俊夫, 糖尿病, 47, S.175,   2004年04月26日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241575778550
  • 血液透析患者のQOLと影響因子, 金森弘志, 荒井秀典, 松原雄, 長井幸二郎, 美馬晶, 宇佐美一政, 原晃, 深津敦司, 松林公蔵, 日本腎臓学会誌, 46, 3, 290,   2004年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902278143988783
  • Akt/mTOR経路のメサンギウム細胞肥大作用に関する役割, 長井幸二郎, 松原雄, 美馬晶, 角栄里子, 金森弘志, 柳田素子, 家原典之, 北徹, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 46, 3, 197,   2004年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902217868388359
  • 糖尿病性腎症におけるSmad1の役割, 松原雄, 安部秀斉, 長井幸二郎, 高橋利和, 美馬晶, 金森弘志, 家原典之, 深津敦司, 北徹, 日本腎臓学会誌, 46, 3, 207,   2004年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902216251011790
  • 培養メサンギウム細胞における4型コラーゲンの転写調節機構とシグナル特異的enhancerの解析, 美馬晶, 家原典之, 松原雄, 荒井秀典, 長井幸二郎, 山田吉彦, 土井俊夫, 北徹, 深津敦司, 日本腎臓学会誌, 45, 3, 194,   2003年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902244419658748
  • Gas6のメサンギウム細胞肥大作用に関与するシグナル伝達経路の解明, 長井幸二郎, 荒井秀典, 松原雄, 美馬晶, 角栄里子, 柳田素子, 家原典之, 土井俊夫, 北徹, 日本腎臓学会誌, 45, 3, 286,   2003年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902204324856818
  • 家庭で行う腹膜平衡試験(Home PET)について, 美馬晶, 橋本泰樹, 日本透析医学会雑誌, 35, 10, 1349, 1353,   2002年09月28日, 10.4009/jsdt.35.1349, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902100055578024
  • 災害対策用小型造水機により処理した透析用水の検討, 美馬晶, 橋本泰樹, 遠藤修一郎, 佐藤景二, 渥美弥, 日本透析医学会雑誌, 35, Supplement 1, 1009,   2002年07月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902161976008354
  • 夜間1回交換の有用性について 夜間1回交換専用機「かんたむ」の使用経験, 松原雄, 美馬晶, 橋本泰樹, 腎と透析, 51, 128, 130,   2001年11月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902168748019588
  • PD+HD併用療法を考える Part05 PD+HD療法によるQOL改善の効果, 美馬晶, 橋本泰樹, 透析ケア, 7, 9, 892, 896,   2001年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150460882439
  • 家庭で行う腹膜平衡試験(Home PET)について, 美馬晶, 橋本泰樹, 松原雄, 土井俊夫, 日本透析医学会雑誌, 34, Supplement 1, 901,   2001年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902154191200623
  • 当院におけるRestless Legs Syndrome(RLS)の現状, 松原雄, 木村格, 美馬晶, 橋本泰樹, 脇理一郎, 立花直子, 日本透析医学会雑誌, 34, Supplement 1, 834,   2001年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902112187887687
  • IgA腎症における非選別的なへん桃摘出術の効果, 松原雄, 橋本泰樹, 美馬晶, 野々村光栄, 菊川達雄, 土井俊夫, 日本腎臓学会誌, 43, 3, 205,   2001年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902119820409735

受賞

  •   2009年07月, 腎疾患と高血圧研究会
  •   2008年11月, CKD Award 2008
  •   2007年11月, CKD Award 2007
  •   2006年04月, シンポジウム糖尿病

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), プレバイオティクスと腎インスリンシグナルの関係:腸腎連関によるCKD新規治療法, 美馬 晶
  • 公益財団法人ヤクルト・バイオサイエンス研究財団, 一般研究助成, プレバイオティクスによる血管内皮細胞内インスリンシグナルを介した慢性腎臓病の新規治療法開発, 美馬 晶
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), IRS1/インスリンシグナルによるポドサイト障害修復メカニズムの解明, 美馬 晶
  • 公益財団法人ひと・健康・未来研究財団, 研究助成, エイコサペンタエン酸による糖尿病性腎症新規治療法開発 ~糸球体内インスリンシグナルを中心に~, 美馬 晶
  • 武田科学振興財団, 研究奨励, 糖尿病性腎症における糸球体内皮細胞内インスリンシグナルの働き, 美馬 晶
  • 日本透析医会, 研究奨励, 血管内皮細胞内インスリンシグナルを用いた劣化腹膜治療法の開発, 美馬 晶
  • 日本腎臓財団, 若手研究者助成, 尿中Smad1のCKD診断マーカーとしての評価, 美馬 晶
  • 持田記念医学薬学振興財団, 腎糸球体内インスリンシグナルを軸に糖尿病性腎症の治療法を探る, 美馬 晶
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 糖尿病性腎症における糸球体内皮細胞内インスリンシグナルの働き, 美馬 晶
  • 鈴木万平糖尿病財団, 研究留学助成, 糖尿病性腎症におけるアンギオテンシンII-PKC経路の役割 , 美馬 晶
  • 東京生化学研究会, 研究助成, メタボリックシンドローム、糖尿病性腎症発症におけるBMP4/Smad1シグナル系の役割の解明と新規治療ターゲットとしての評価 , 美馬 晶
  • 黒住医学研究振興財団, 研究助成, 新規マーカー、尿中Smad1 による慢性腎臓病(CKD)と虚血性心疾患早期診断への応用 , 美馬 晶
  • 神澤医学研究振興財団, 研究留学助成, PKC-Sox9経路は糖尿病性腎症発症、進展、増悪の雌雄差を生じる原因になるか?, 美馬 晶
  • ノバルティス老化および老年医学研究基金, 研究留学助成, 組織特異的レニン、アンギオテンシン系による腎・心血管疾患及び糖尿病への影響についての研究 , 美馬 晶
  • テルモ科学技術振興財団, 国際交流助成, 腹膜硬化症におけるSrc/Smad1経路の役割, 美馬 晶

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 医療栄養学, 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 大学院特別講義、肥満・糖尿病クラスターコアセミナー, 徳島大学大学院医科学教育部、栄養生命科学教育部
  • 特別講義I・II・III・IV, 近畿大学農学部食品栄養学科
  • 先端医学特論, 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部
  • 臨床医学入門講義(臨床検査、基本検査、生化学検査), 徳島大学医学部
  • 臨床講義腎・尿路・男性生殖器コース(腎不全2), 徳島大学医学部
  • 臨床講義腎・尿路・男性生殖器コース(腎不全1), 徳島大学医学部