KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

稲瀨 正彦イナセ マサヒコ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位医学博士
専門システム脳科学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/546-inase-masahiko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    脳機能、特に運動制御や時間認知などの高次脳機能に関して、大脳皮質運動野や前頭連合野、大脳基底核などの役割を、主に神経生理学的手法を用いて研究しています。

学歴・経歴

経歴

  •   1999年04月,  - 現在, 近畿大学 医学部(教授)
  •   1995年04月,  - 1999年03月, 電子技術総合研究所(主任研究官)
  •   1992年04月,  - 1995年03月, 岡崎国立共同研究機構・生理学研究所(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 神経科学, 神経・筋肉生理学
  • 神経科学, 神経科学一般

研究キーワード

  • 統合脳・統合脳班友, 大脳基底核, 大脳皮質, 前頭連合野, 神経細胞活動, 線条体, 霊長類, 神経生理学, サル, ドーパミン, 運動制御, 視覚, 時間情報処理, 条件付運動学習, 大脳基定底核, 逆行性標識法, 脳波, 帯状皮質, Cross modal attention, 順行性標識法, 機能単位, 体性感覚, 神経科学, 注意, 認知科学, 出力, 前頭葉, ニューロン活動, 時間弁別課題, 時間情報, 時間弁別, 統合脳・統合脳, 包括脳ネットワーク

論文

  • Effects of pulsed magnetic stimulation on isolated crayfish heart., Chiba A, Inase M, Electromagnetic biology and medicine, 35, 2, 115, 119,   2016年, 査読有り
  • Functional properties of parietal hand manipulation-related neurons and mirror neurons responding to vision of own hand action., Maeda K, Ishida H, Nakajima K, Inase M, Murata A, Journal of cognitive neuroscience, 27, 3, 560, 572,   2015年03月, 査読有り
  • Neuronal representation of duration discrimination in the monkey striatum., Chiba A, Oshio K, Inase M, Physiological reports, 3, 2,   2015年02月, 査読有り
  • Shared Mapping of Own and Others' Bodies in Visuotactile Bimodal Area of Monkey Parietal Cortex., Ishida H, Nakajima K, Inase M, Murata A, Journal of cognitive neuroscience,   2009年01月01日, 査読有り
  • Phosphate metabolites in muscular contraction caused by magnetic stimulation., Chiba A, Inase M, Bioelectromagnetics, 24, 5, 366, 371,   2003年07月, 査読有り
  • Temporal filtering by prefrontal neurons in duration discrimination., Oshio K, Chiba A, Inase M, The European journal of neuroscience, 28, 2333, 2343,   2008年12月, 査読有り
  • Thalamocortical and intracortical connections of monkey cingulate motor areas., Hatanaka N, Tokuno H, Hamada I, Inase M, Ito Y, Imanishi M, Hasegawa N, Akazawa T, Nambu A, Takada M, The Journal of comparative neurology, 462, 1, 121, 138,   2003年07月01日, 査読有り
  • Striatal neurons encoded temporal information in duration discrimination task., Chiba A, Oshio K, Inase M, Experimental brain research. Experimentelle Hirnforschung. Experimentation cerebrale, 186, 671, 676,   2008年04月, 査読有り
  • Motor evoked potentials in rats with congenital hydrocephalus., Chiba A, Ohta Y, Oshio K, Inase M, Neurological research, 25, 3, 305, 308,   2003年04月, 査読有り
  • Delay period activity of monkey prefrontal neurones during duration-discrimination task., Oshio K, Chiba A, Inase M, The European journal of neuroscience, 23, 2779, 2790,   2006年05月, 査読有り
  • Magnetically evoked EMGs in rats., Chiba A, Oshio K, Inase M, Neurological research, 25, 1, 87, 91,   2003年01月, 査読有り
  • The relationship between MI and SMA afferents and cerebellar and pallidal efferents in the macaque monkey., Sakai ST, Inase M, Tanji J, Somatosensory & motor research, 19, 2, 139, 148,   2002年, 査読有り
  • Protection against dopaminergic nigrostriatal cell death by excitatory input ablation, 高田 昌彦, 稲瀨 正彦, 南部 篤 徳野 博信, 松村 賢 , 小島 淳, 山路 義生 今井 壽正, European Journal of Neuroscience, 12, 1771, 1780,   2000年04月
  • Demand of Monitoring Process in Working Memory Task Affects the Brain Activity in the following Retrieval Task: An fMRI Study, 稲瀨 正彦, 高橋 俊光 飯島 敏夫 河野 憲二 肖 瑞亭, 月浦 崇 杉浦 元亮 , NeuroImage, 11, S382, S382,   2000年06月
  • Brain Activations during Encoding Pictures of Different Familiarities, 稲瀨 正彦, 高橋 俊光 河野 憲二 飯島 敏夫 肖 瑞亭, 月浦 崇, NeuroImage, 11, S387, S387,   2000年06月
  • Organization of somatic motor inputs from the frontal lobe to the pedunculopontine tegmental nucleus in the macaque monkey, 稲瀨 正彦, 松村 賢 渡辺 克成 , 南部 篤 徳野 博信 高田 昌彦, 山路 義生 今井 壽正, Neuroscience, 98, 97, 110,   2000年06月
  • Changesin spinal cord function caused by injuries at different levels of the lumbar spinal cord, 千葉 惇, 蛭間 慎悟, 橋本 重夫, 稲瀨 正彦, Neuroreport, 11, 2163, 2166,   2000年08月
  • Relationship between the states of spinal impact injuries and magnetically evoked EMGs in rats, 千葉 惇, 蛭間 慎悟, 橋本 重夫, 稲瀨 正彦, Neurol. Res., 22, 727, 732,   2000年08月
    概要:インパクト損傷装置を用いて脊髄損傷モデルを作成し、損傷度と磁気誘発筋電図の関係を調べた。
  • 言語性ワーキングメモリの操作と保持に関わる脳領域:機能的MRI研究, 稲瀨 正彦, 月浦 崇 他3名 , 藤井 俊勝 他2名, Cog. Brain Res., 11, 13, 21,   2001年01月
  • Pallidal and Cortical Determinants of Thalamic Activity, 稲瀨 正彦, M.E.Anderson M.Ruffo J.A.Buford, Basal ganglia and thalamus in health and movement disorders (K.Kultas-Illinsky and I.Illinsky eds.), 93, 104,   2001年01月
  • Pallidal activity is involved in visuomotor association learning in monkeys, 稲瀨 正彦, 李 葆明 高島 一郎 飯島 敏夫, Eur. J. Neurosci., 14, 897, 901,   2001年09月
  • Organiztion of inputs from cirgulate motor areas to basal ganglia in macaque monkey, 稲瀨 正彦, 高田 昌彦 他8名, Eur. J. Neurosci., 14, 1633, 1650,   2001年11月
  • 条件付運動学習における大脳基底核の役割, 稲瀨 正彦, 脳の科学, 23, 12, 1041, 1047,   2001年12月
  • The recovery process of impact spinal cord injury by magnetically evoked EMGs, 千葉 惇, 蛭間 慎吾, 稲瀨 正彦, Acta Med. Kinki Univ., 27, 1, 49, 55,   2002年06月
    概要:インパクト損傷装置によりラット脊髄損傷を作製し、回復状態を磁気誘発筋電図によりモニターした。
  • Two muscle modulation on magnetically evoked H-reflex by moxibustion, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, Acta Med. Kinki Univ., 27, 1, 89, 97,   2002年06月
    概要:施灸による下肢筋のH波の変化を観察した。
  • The formation site and surface structure of gastroliths in crayfish, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, Acta Med. Kinki Univ., 27, 1, 67, 72,   2002年06月
    概要:アメリカザリガニの胃石の形成部位と胃石の表面構造を観察した
  • Organization of prefrontal outflow toward frontal motor-related areas in macaque monkeys., 高田 昌彦, 稲瀨 正彦, 南部 篤 畑中 伸彦 橘 吉寿 宮地 重弘, 泰羅 雅登, Eur J Neurosci, 19, 3328, 3342,   2004年06月
  • PBL テュートリアルコースでの客観的技能試験のトライアル, 松尾 理, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 千葉 惇, 生塩 研一, 岡田 清孝, 上嶋 繁, Journal of Medical Education, 7, 4, 73, 75,   2004年08月
    概要:PBL テュートリアルコースでの学生実習の客観的技能試験を行った。(英文)
  • Cue familiarity is represented in monkey medial prefrontal cortex during visuomotor association learning., 稲瀨 正彦, Li, Bao-Ming, 高島 一郎, 飯島 敏夫, Experimental Brain Research, 168, 1, 281, 286,   2006年01月
  • パルス磁気刺激によるM-SHRSPの脳卒中発症抑制効果, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 日本生体磁気学会誌, 19, 1, 258, 259,   2006年06月
    概要:高血圧症モデルラット(M-SHRSP)の脳及び脊髄へパルス磁気刺激を与えた。血圧上昇は押さえられなかったが、脳卒中発症抑制効果が観察された。
  • Effects of isotonic contraction excised vas deferens of guinea-pigs under pain-related drugs, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, Biomagnetism interdisciplinary reserch and exploration, 275, 277,   2008年08月
    概要:単離したモルモット輸精管へ発痛物質(カプサイシン、ホルマリン)を投与した際の静磁場の効果を調べた。
  • Influence of target size and eccentricity on binocular summation of reaction time in kinetic perimetry, 若山 曉美, 松本 長太, 大牟禮 和代, 稲瀬 正彦, 下村 嘉一, Vision Research, 15, 1, 174, 178,   2011年01月, 査読有り
  • Shared mapping of own and others’ bodies in visuo-tactile bimodal area of the monkey parietal cortex, 石田裕昭, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 村田 哲, J. Cog. Neurosci. (in press),   2008年
  • 感度と両眼加重に対する背景の複雑さに影響, 若山 曉美, 松本 長太, 仲田 和代, 稲瀬正彦, 下村 嘉一, Investigative Ophthalmology & Visual Science, 53, 1, 387, 393,   2012年01月, 査読有り
    概要:背景の複雑さが感度や両眼加重に及ぼす影響について検討した。単眼視下の閾エネルギーは無地背景よりも画像背景で高く、周辺ほどその差が有意に大きくなった。両眼視下の閾エネルギーは無地背景と画像背景で差を認めなかった。両眼加重比は無地背景よりも画像背景で高く、その差は周辺で増加した。複雑な背景の環境下では単眼よりも両眼がより有効的に働き、特に周辺部で明らかとなった。
  • Shared Mapping of Own and Others' Bodies in Visuotactile Bimodal Area of Monkey Parietal Cortex, 石田裕昭, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 村田 哲, J Cogn Neurosci, 22, 1, 83, 96,   2010年01月

書籍等出版物

  • The Basal Ganglia Vll (Nicholson and Faull), 脚橋被蓋核破壊による黒質ドパミン細胞死の防御, 稲瀨 正彦, 高田 昌彦 徳野 博信 南部 篤, 松村 賢 , 小島 淳 山路 義生 今井 寿正, 共著, Kluwer Academic /Plenum Publishers,   2002年11月
  • The Basal Ganglia Vl (Graybiel, Delong, Kitai eds.), MPTP投与サルにおける前頭葉運動領野のドパミン神経支配の非均一的な減弱, 稲瀨 正彦, 山路 義生 小島 淳 今井 寿正, 松村 賢, 徳野 博信 南部 篤 高田 昌彦, 共著, Kluwer Academic/ Plenum Publishers,   2003年02月
  • The Basal Ganglia Vl (Graybiel, DeLong, Kitai eds.), 大脳基底核の学習選択的な神経活動, 稲瀨 正彦, 李 葆明 高島 一郎 飯島 敏夫, 共著, Kluwer Academic/ Plenum Publishers,   2003年02月
  • The Basal Ganglia Vl (Graybiel, DeLong, Kitai eds.), サル帯状溝運動野からの皮質線条体投射, 稲瀨 正彦, 高田 昌彦 浜田 生馬 徳野 博信 伊藤 由美 長谷川 有美 池内 容子 今西 美知子 赤沢 年一 畑中 伸彦 南部 篤, 共著, Kluwer Academic/ Plenum Publishers,   2003年02月
  • 人体の正常構造と機能 VIII 神経系(1), 河田 光博, 稲瀨 正彦, 共著, 日本医事新報社,   2004年11月

講演・口頭発表等

  • Magnetically evoked EMGs in congenital hydrocephalic rats, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第77回日本生理学会大会,   2000年03月, 第77回日本生理学会大会
    概要:SHR水頭症ラットの磁気誘発筋電図を記録した。
  • 磁気刺激による飢餓状態下の筋の収縮特性, 千葉 惇, 稲瀨 正彦,   2000年04月
  • 磁気誘発筋電図による脳・脊髄病変の予測, 千葉 惇, 太田 善夫, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第92回近畿生理学談話会,   2000年04月, 第92回近畿生理学談話会
    概要:6週~15週齢のM-SWHRSPを用いて磁気誘発筋電図による脳・脊髄病変の予測を試みた。
  • 大脳基底核を中心とする神経回路の生理学, 稲瀨 正彦, 第3回基底核疾患研究会,   2000年04月, 第3回基底核疾患研究会
  • 腰髄上、下位の損傷による磁気誘発筋電図への影響, 千葉 惇, 蛭間 慎吾, 橋本 重夫, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 日本生体磁気学会,   2000年05月, 日本生体磁気学会
    概要:ラット脊髄損傷部位が、腰椎上位と腰椎下位レベルの場合の磁気誘発筋電図を比較・検討した。
  • M-SHRSPにおける磁気誘発筋電図による脳・脊髄病変, 千葉 惇, 太田 善夫, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 日本生体磁気学会,   2000年05月, 日本生体磁気学会
    概要:M-SHRSPを用いて神経系の病変と磁気誘発筋電図との関係を調べた。
  • Classification of neurons with dynamical analysis with changing time resolution (DCT) method from multi-channel recording data, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 山田 訓 中島 道夫, CRESRシンポジウム「脳を創る」,   2000年07月, CRESRシンポジウム「脳を創る」
  • 視床下核をめぐる神経回路網, 稲瀨 正彦, 厚生省特定疾患「パーキンソン病定位脳手術」研究班夏季ワークショップ,   2000年08月, 厚生省特定疾患「パーキンソン病定位脳手術」研究班夏季ワークショップ
  • 多チャンネル計測データの発火パターンによるニューロン分類(DCT法), 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 山田 訓 中島 道夫, 第23回日本神経科学大会,   2000年09月, 第23回日本神経科学大会
  • 課題遂行中サルの脳活動の光計測, 稲瀨 正彦, 飯島 敏夫 他8名, 第23回日本神経科学大会,   2000年09月, 第23回日本神経科学大会
  • 帯状皮質運動野への前頭葉皮質および視床からの入力様式, 稲瀨 正彦, 赤沢 年一 他8名, 第23回日本神経科学大会,   2000年09月, 第23回日本神経科学大会
  • SHR水頭症モデルラットの磁気誘発筋電図, 太田 善夫, 千葉 惇, 稲瀬正彦, 第23回日本神経学会・第10回神経回路学会合同大会,   2000年09月, 第23回日本神経学会・第10回神経回路学会合同大会
    概要:SHRの中から水頭症を自然発症するラットを見出し、その分離を試みた。分離したラットについて頭部を中心に磁気刺激を与え、右腓腹筋より磁気刺激によって誘発される筋電図を記録した。正常ラットと比較して、水頭症ラットではmotor evoked potentialの閾値の低下が観察され、錐体路系の障害が示唆された。
  • The necessary factor for muscle contraction by magnetic stimulation, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 日本比較生理生化学学会,   2000年11月, 日本比較生理生化学学会
    概要:磁気刺激による筋収縮には、終板におけるシナプス前膜の状態に依存していることを明らかにした。
  • Impact spinal cord injury on magnetically evoked EMGs, 千葉 惇, 生塩 研一, 太田 善夫, 稲瀨 正彦, 島田 洋一, 第23回日本神経科学学会,   2000年11月, 第23回日本神経科学学会
    概要:インパクト損傷装置によりラット脊髄損傷を作製し、損傷度と磁気誘発筋電図との関係を調べた。
  • 神経ネットワークモデル解析の教育のためのシグナルプロセッサ搭載の携帯型コンピューター, 稲瀨 正彦, 島田 洋一, 30thAnnual Meeting Society For Neuroscience,   2000年11月, 30thAnnual Meeting Society For Neuroscience
  • 脚橋被蓋核の破壊はMPTPによる黒質線条体細胞の細胞死を妨げる, 稲瀨 正彦, 高田 昌彦 徳野 博信 南部 篤, 松村 賢, 小島 淳 山路 義生 今井 壽正, 30th Annual Meeting Society For Neuroscience,   2000年11月, 30th Annual Meeting Society For Neuroscience
  • 脚橋被蓋核の破壊による黒質線条体ドパミン細胞死の予防, 稲瀨 正彦, 高田 昌彦 徳野 博信 南部 篤, 松村 賢 , 小島 淳 山路 義生 今井 壽正, International Basal Ganglia Society Vll th International triennial meeting,   2001年02月, International Basal Ganglia Society Vll th International triennial meeting
  • Scanning microscopy of gastric vascular casts in hypertensive rats, 千葉 惇, 生塩 研一, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 第78回日本生理学会大会,   2001年03月, 第78回日本生理学会大会
    概要:高血圧症モデルラット(WKY, SHR, SHRSP, M-MSRSP)の胃血管鋳型を作製しSEMで観察した。
  • 条件付運動学習における大脳基底核の役割, 稲瀨 正彦, 第78回日本生理学会大会,   2001年03月, 第78回日本生理学会大会
  • パルス磁気刺激後の平滑筋の収縮反応性, 千葉 惇, 生塩 研一, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 第12回日本比較生理生化学大会,   2001年05月, 第12回日本比較生理生化学大会
    概要:モルモット輸精管の平滑筋を標本とし、磁気刺激およびカルシウム拮抗剤など投与後の平滑筋の収縮特性を調べた。
  • パルス磁気刺激によるSHR水頭症モデルラットの誘発筋電図, 千葉 惇, 太田 善夫, 生塩 研一, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 第16回日本生体磁気学会大会,   2001年06月, 第16回日本生体磁気学会大会
    概要:SHRから系統分離された先天性水頭症ラットの磁気誘発筋電図を観察した。
  • 手操作運動に関わる皮質領野活動の時系列的解析:event-related fMRIを用いて, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 井上健太郎 泰羅雅登, 野瀬 出, 第24回日本神経科学・第44回日本神経化学 合同大会(Neuro2001),   2001年09月, 第24回日本神経科学・第44回日本神経化学 合同大会(Neuro2001)
  • Pituitary vascular casts in hypertensive model rats, 千葉 惇, 太田 善夫, 生塩 研一, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 第24回日本神経科学学会大会,   2001年11月, 第24回日本神経科学学会大会
    概要:高血圧症モデルラット(WKY, SHR, SHRSP, M-SHRSP)の脳下垂体の血管鋳型像を作製し、SEMにて観察・比較した。
  • 光計測法による運動領野間の機能的結合の解析, 稲瀨 正彦, 広瀬 秀顕 他5名, 30th Annual Meeting Society For Neuroscience,   2001年11月, 30th Annual Meeting Society For Neuroscience
  • 条件付運動学習に関わる大脳基底核, 稲瀨 正彦,   2002年01月
  • Effects of magnetic stimulation on the response of the isolated guinea pig vas deferens, 千葉 惇, 生塩 研一, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 第79回日本生理学大会,   2002年03月, 第79回日本生理学大会
    概要:摘出平滑筋の収縮における静磁場の影響を調べた。
  • 生理学実習における客観的技能試験, 松尾 理, 深尾偉晴, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 千葉 惇, 生塩 研一, 第79回日本生理学会大会,   2002年03月, 第79回日本生理学会大会
    概要:生理学実習において客観的技能試験を実施し、実習試験(筆答)およびコース統合成績と比較検討した。
  • 磁気刺激による筋収縮の特性と疲労, 千葉 惇, 生塩 研一, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 第17回日本生体磁気学会大会,   2002年05月, 第17回日本生体磁気学会大会
    概要:同じ重量負荷下におけるカエル縫工筋を用いて、電気ならびに磁気刺激により惹起した筋収縮時の高エネルギーリン酸化代謝物を31P-NMRにより測定しその筋疲労度を調べた。
  • Effects of magnetic field on the response of the isolated guinea pig vas deferens by capsaicin, 千葉 惇, 生塩 研一, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 第25回日本神経科学大会,   2002年07月, 第25回日本神経科学大会
    概要:経壁的電気刺激によるモルモット輸精管の平滑筋収縮において、静磁場とカプサイシンの影響を観察した。
  • 光計測法によるサル運動前野・一次運動野の機能的連関の解析, 稲瀨 正彦, 広瀬 秀顕 慎治 飯島 敏夫, 高島 一郎 梶原  一 村松 愛, 第25回日本神経科学大会,   2002年07月, 第25回日本神経科学大会
  • Effects of static magnetic field on the response of the isolated guinea pig vas deferens by capsaicin, 千葉 惇, 生塩 研一, 村田 哲, 稲瀨 正彦, 第13回日本比較生理生化学学会大会,   2002年08月, 第13回日本比較生理生化学学会大会
    概要:静磁場下のモルモット輸精管の平滑筋の収縮状態を観察した。
  • 光計測法によるサル運動前野と一次運動野の機能的結合の解析, 稲瀨 正彦, 広瀬 秀顕 筧 慎治 飯島 敏夫, 高島 一郎 梶原 利一 村松 愛, 32th Annual Meeting Society for Neuroscience,   2002年11月, 32th Annual Meeting Society for Neuroscience
  • PBL テュートリアルコースでの学生実習の客観的評価法, 松尾 理, 岡田 清孝, 上嶋 繁, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 千葉 惇, 生塩 研一, The 3rd Asian-Pacific Conference on PBL in Health Sciences,   2002年11月, The 3rd Asian-Pacific Conference on PBL in Health Sciences
    概要:統合カリキュラムで集中したコースの中で学生実習をいかに客観的評価するかを検討し報告した。(英文)
  • 視覚的手がかり刺激と脳活動, 稲瀨 正彦, 「文脈主導型、認識、判断、行動機能実現のための動的記憶機構の研究」公開シンポジウム,   2002年12月, 「文脈主導型、認識、判断、行動機能実現のための動的記憶機構の研究」公開シンポジウム
  • Temporal relationship of activation pattern in the human brain during the delayed hand manipulation task: An event-related fMRI study, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Kentaro Inoue Masato Taira, Izuru Nose, 8th international conference on functional mapping of the human brain 2002,   2002年, 8th international conference on functional mapping of the human brain 2002
  • 条件付運動学習の神経機構, 稲瀨 正彦, 日本大学「認知と記憶の脳内メカニズム」シンポジウム,   2003年01月, 日本大学「認知と記憶の脳内メカニズム」シンポジウム
  • The relation between pain and magnetic field in smooth muscle contraction, 千葉 惇, 生塩 研一, 村田 哲, 梶本 のり義, 稲瀨 正彦, 第80回日本生理学会大会,   2003年03月, 第80回日本生理学会大会
    概要:モルモット輸精管の平滑筋を用いて、痛み物資投与後の筋収縮に対しての静磁場暴露の影響を調べた。
  • 時間弁別課題中の前頭前野背外側部ニューロンの応答, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 第26回日本神経科学大会,   2003年07月, 第26回日本神経科学大会
  • Behavioral characteristics during duration-discrimination task in the monkey, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第26回日本神経科学学会,   2003年07月, 第26回日本神経科学学会
    概要:サルに時間弁別課題をした時の行動解析をした。
  • サルの前頭前野から前頭葉運動関連領野への神経連絡様式, 稲瀨 正彦, 畑中 伸彦 橘 吉寿 宮地 重弘 高田 昌彦 , 南部 篤, 第26回日本神経科学大会,   2003年07月, 第26回日本神経科学大会
  • Effects of static magnetic field on the smooth muscle contraction by capsaicin pain model, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第25回日本比較生理生化学学会,   2003年11月, 第25回日本比較生理生化学学会
  • 前頭前野46野から運動領野への投射様式, 稲瀨 正彦, 高田 昌彦 畑中 伸彦 橘 吉寿 宮地 重弘 , 南部 篤 , 泰羅 雅登, Society for Neuroscience, 33th Annual Meeting,   2003年11月, Society for Neuroscience, 33th Annual Meeting
  • Neuronal activity in monkey dorsolateral prefrontal cortex during duration-discrimination task, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, Sixth IBRO World Congress of Neuroscience,   2003年, Sixth IBRO World Congress of Neuroscience
  • Self action monitoring by mirror neurons in area PF, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Kumashiro M, Ishibashi H, Iriki A., 脳と心のメカニズム第3回冬のワークショップ,   2004年01月, 脳と心のメカニズム第3回冬のワークショップ
  • Delay period activity fo dorsolateral prefrontal cortex during duration-discrimination task, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, The 31st NIPS International Symposium, Multidisciplinary Approaches to Sensorimotor Integration,   2004年03月, The 31st NIPS International Symposium, Multidisciplinary Approaches to Sensorimotor Integration
  • Self generated action monitoring by mirror neurons in area PF, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Mari Kumashiro Hidetoshi Ishibashi Atsushi Iriki, The 31st NIPS International Symposium,   2004年03月, The 31st NIPS International Symposium
  • 前頭葉の行動制御機構, 稲瀨 正彦, 金剛脳神経外科コロキウム,   2004年04月, 金剛脳神経外科コロキウム
  • Relation of magnetically evoked EMGs and the spinal vascular lesions in M-SHRSP, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦,   2004年06月
    概要:M-SHRSP
  • サル一次運動野の不活性化に伴う二足歩行運動障害, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 橘 篤導 南部 篤 森 茂美, 森 大志, 第81回日本生理学会,   2004年06月, 第81回日本生理学会
  • サル補足運動野の不活性化に伴う二足歩行運動障害, 森 大志, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 橘 篤導 南部 篤 森 茂美, 第81回日本生理学会大会,   2004年06月, 第81回日本生理学会大会
  • Neural mechanism for time perception in dorsolateral prefrontal cortex using duration-discrimination task, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 4th Forrum of European Neuroscience,   2004年07月, 4th Forrum of European Neuroscience
  • Functional roles of prefrontal cortex in time perception, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 脳と心のメカニズム第5回夏のワークショップ,   2004年08月, 脳と心のメカニズム第5回夏のワークショップ
  • サル前頭前野において時間弁別に関わる神経活動, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 第27回日本神経科学大会Neuro2004,   2004年09月, 第27回日本神経科学大会Neuro2004
  • Effects of static magnetic field for muscular contraction by pain, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第27回日本神経科学学会大会,   2004年11月, 第27回日本神経科学学会大会
    概要:痛み物質投与後の平滑筋収縮に対する静磁場の影響を調べた。
  • 時間認知におけるサル前頭前皮質の神経機構, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 日本生物物理学会第42回年会,   2004年12月, 日本生物物理学会第42回年会
  • Primary motor cortex (M1) and supplementary motor area (SMA) contribute to the elaboration and control of bipedal locomotion in Japanese monkeys (M. fuscata), 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 森 大志, 橘 篤導 南部 篤 森 茂美, The 31th NIPS International Symposium,   2004年, The 31th NIPS International Symposium
  • 時間弁別課題遂行中のサル前頭前野の神経活動, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 平成16年度生理学研究所研究会,   2005年01月, 平成16年度生理学研究所研究会
  • 時間弁別課題中のサル線条体ニューロン活動, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 脳と心のメカニズム第5回冬のワークショップ,   2005年01月, 脳と心のメカニズム第5回冬のワークショップ
    概要:サル線条体から時間弁別課題中のニューロン活動を記録した。
  • 脳研究の新展開, 稲瀨 正彦, 脳研究の新展開に関する討議会,   2005年03月, 脳研究の新展開に関する討議会
  • The development of the objective strucured skill examination in Physiology education, 松尾 理, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 千葉 惇, 生塩 研一, 岡田 清孝, 上嶋 繁, XXXV International Congress of Physiological Sciences,   2005年04月, XXXV International Congress of Physiological Sciences
    概要:生理学教育における実習を効果的にするため学生の技能を客観的に評価する方法を開発した。(英文)
  • 頭頂葉ミラーニューロンによる自己動作の視覚フィードバック制御, 村田 哲, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 第82回日本生理学会大会,   2005年05月, 第82回日本生理学会大会
  • Self generated action monitoring by mirror neurons in the inferior parietal cortex, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Vision Science Society 5th annual meeting satellite workshop,   2005年05月, Vision Science Society 5th annual meeting satellite workshop
  • 無拘束サルにおける四足歩行に関連した一次運動野の神経活動, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 森 大志, 森 茂美, 第82回日本生理学会大会,   2005年05月, 第82回日本生理学会大会
  • 時間弁別課題中のサル線条体の応答様式, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第82回日本生理学会大会,   2005年05月, 第82回日本生理学会大会
    概要:時間弁別課題中のサル線条体からのユニットを記録し、時間弁別に関連するニューロンの特性を調べた。
  • Self generated action monitoring by mirror neurons in the inferior parietal cortex, 村田 哲, 稲瀨 正彦, Vision Science Society 5th annual meeting satellite workshop,   2005年05月, Vision Science Society 5th annual meeting satellite workshop
  • 時間情報処理における大脳皮質ー基底核ループの役割, 稲瀨 正彦, 統合脳第一領域 平成17年度第1回班会議,   2005年06月, 統合脳第一領域 平成17年度第1回班会議
  • 四足歩行遂行中におけるサル一次運動野の神経活動, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, 村田 哲, 森 大志 , 森 茂美, 第28回日本神経科学大会,   2005年07月, 第28回日本神経科学大会
  • 時間弁別課題中のサル線条体の神経細胞活動, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第28回日本神経科学大会,   2005年07月, 第28回日本神経科学大会
    概要:時間弁別課題中のサル線条体からの神経細胞活動を記録し、時間弁別に関連して発火するニューロンの特徴を報告した。
  • 磁気刺激によるラット脊髄損傷部位の検出, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 梶本禮義, 第20回日本生体磁気学会,   2005年07月, 第20回日本生体磁気学会
    概要:パルス磁気刺激を用いてラットの脊髄損傷部位の検出を試みた。病変部位の検出には有効であったが、その部位の特定には工夫が必要である。
  • Neuronal activity in the monkey striatum during a duration discrimination task, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, Neuroscience 2005,   2005年11月, Neuroscience 2005
    概要:サル時間弁別課題中の線条体からユニットを記録しその特性を調べた。時間に依存して線形に応答するニューロンと非線形に応答するニューロンとに分類できた(英文)。
  • 磁気刺激法による脊髄病変部位の推定, 太田 善夫, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 第52回日本臨床検査医学会総会,   2005年11月, 第52回日本臨床検査医学会総会
    概要:高血圧性脊髄病変を高頻度に発生する若年発症性あるいは悪性SHRSP (M-SHRSP)を用いて磁気刺激法により誘発筋電図を記録し、脊髄における病理組織所見と対比した結果、磁気刺激法により脊髄病変を推定することが可能であることを示唆された。
  • 磁気刺激によるM-SHRSPの脳卒中発症の予防と検出, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第83回日本生理学会大会,   2006年03月, 第83回日本生理学会大会
    概要:磁気刺激法によるM-SHRSPのM-SHRSPの脳卒中発症の予防と病変の検出を試みた。(英文)
  • パルス磁気刺激によるM-SHRSPの脳卒中発症抑制効果, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 日本生体磁気学会,   2006年06月, 日本生体磁気学会
    概要:高血圧症モデルラット(M-SHRSP)を用いて低頻度パルス磁気刺激を脳及び脊髄へ与えることにより血圧降下とそれに伴う脳卒中抑制効果を調べた。
  • 時間弁別課題遂行中のサル線条体の遅延期活動, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第29回日本神経科学大会,   2006年07月, 第29回日本神経科学大会
    概要:時間弁別課題遂行中のサル線条体から遅延期のユニットを記録した。
  • Prophylactic effect of repetitive magnetic stimulation against stroke in malignant stroke-prone spontaneously hypertensive rats (M-SHRSP), 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第28回日本比較生理性化学学会,   2006年12月, 第28回日本比較生理性化学学会
    概要:M-SHRSPへ経頭蓋的磁気刺激を試みたところ、脳卒中抑制効果を見い出した。
  • 経頭蓋的磁気刺激によるラットH反射の影響, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第84回日本生理学学会大会,   2007年03月, 第84回日本生理学学会大会
    概要:ラットに8字コイルを用いて経頭蓋的磁気刺激を与え、H反射の影響を調べた。
  • 悪性高血圧症脳卒中易発性ラット(M-SHRSP)に対する連続パルス磁気刺激による脳卒中の予防効果, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第2回日本磁気科学学会年次大会,   2007年06月, 第2回日本磁気科学学会年次大会
    概要:連続パルス磁気刺激をM-SHRSPの脳脊髄へ2日ごとに誘発電位の閾値の1.2倍の強度を与えた結果、脳卒中を抑制し延命効果が観測された。
  • 磁気誘発筋電図による施灸効果も検出, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第22回日本生体磁気学会,   2007年06月, 第22回日本生体磁気学会
    概要:ラット脊椎L4-L5へ間接灸を施救後に磁気誘発筋電図を腓腹筋から導出し、施灸による促通効果を見い出した。
  • 時間弁別課題の刺激呈示期間におけるサル前頭前野ニューロンの活動, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 第30回日本神経科学大会,   2007年09月, 第30回日本神経科学大会
  • 磁気刺激によるザリガニの歩脚位置学習, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第85回日本生理学会大会,   2008年03月, 第85回日本生理学会大会
    概要:アメリカザリガニの第1歩脚を用いて磁気刺激によるザリガニの歩脚位置学習を試みた。
  • ザリガニ歩脚位置学習における磁気刺激の効果, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第23回日本生体磁気学会,   2008年06月, 第23回日本生体磁気学会
    概要:ザリガニ歩脚位置学習における磁気刺激と電気刺激の効果を比較した。
  • Shared representation of self ad other’s body parts in visuo-tactile bimodal area of the monkey parietal cortex, 石田裕昭, 稲瀨 正彦, 村田 哲, The 6th Forum of European Neuroscience,   2008年07月, The 6th Forum of European Neuroscience
  • 時間弁別課題中のサル線条体の時間処理, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第31回日本神経科学大会,   2008年07月, 第31回日本神経科学大会
    概要:時間弁別課題中のサル線条体からユニットを記録し時間処理について解析した。
  • Effects of isotonic contraction excised vas deferens of guinea-pigs under pain-related drugs, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 16th International conference on Biomagnetism,   2008年08月, 16th International conference on Biomagnetism
    概要:モルモット輸精管を用いて発痛物資投与中の静磁場の影響を調べた。
  • 筋収縮を指標とした静磁場による除痛効果, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第3回日本磁気科学学会年次大会,   2008年10月, 第3回日本磁気科学学会年次大会
    概要:モルモット輸精管の筋収縮を指標とし、発痛物質投与後の静磁場による効果を調べた。
  • 時間弁別課題におけるサル前頭前野の機能的役割, 生塩 研一, 千葉 惇, 稲瀨 正彦, 日本物理学会第64回年次大会,   2009年03月, 日本物理学会第64回年次大会
  • ザリガニ摘出心臓への磁気刺激効果, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 日本生体磁気学会,   2009年05月, 日本生体磁気学会
    概要:摘出したザリガニの心臓を用いてパルス磁気刺激の効果を調べた。心臓の収縮パターンは、パルス磁気刺激と同期した。
  • Other’s body representation referred to self body in the parietal cortex of the monkey, 村田 哲, 石田裕昭, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, IUPS 2009,   2009年07月, IUPS 2009
  • Physiological effects of the upright sitting on the knees, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 36th International congress of physiological sciences,   2009年07月, 36th International congress of physiological sciences
    概要:正座中の重心動揺、下肢の皮膚温、血圧の変動を調べた。(英文)
  • Other’s body representation referred to self body in the parietal cortex of the monkey, 村田 哲, 石田裕昭, 中隯 克己, 稲瀨 正彦, NIPS International Workshop for Scientific Study of Consciousness,   2009年09月, NIPS International Workshop for Scientific Study of Consciousness
  • 視野における画像背景と無地背景の比較-単眼および両眼感度に及ぼす影響-, 若山曉美, 松本 長太, 田中寛子, 仲田和代, 松本富美子, 稲瀬正彦, 下村嘉一, 第63回日本臨床眼科学会,   2009年10月, 第63回日本臨床眼科学会
    概要:日常視における閾値測定を目指し、視野計のドーム内に画像背景を投影して閾値測定をおこなった。明度識別閾値は単眼および両眼ともに背景の影響の影響を受け、背景がある日常視では効果的に両眼を働かせていることがわかった。
  • Binocular summation における画像背景と無地背景の比較, 若山 曉美, 松本 長太, 田中 寛子, 仲田 和代, 松本 富美子, 稲瀬 正彦, 下村 嘉一, 第114回日本眼科学会,   2010年04月, 第114回日本眼科学会
  • 時間弁別課題中のサル線条体ニューロンの活動特性, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, 第87回日本生理学会大会,   2010年05月, 第87回日本生理学会大会
    概要:時間弁別課題中のサル線条体ニューロンのユニット解析し、その特性を調べた.
  • 時間弁別課題中のサル線条体の手がかり期の神経細胞の活動特性, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀨 正彦, Neuro 2010 (第33回日本神経科学大会),   2010年09月, Neuro 2010 (第33回日本神経科学大会)
    概要:時間弁別課題中のサル線条体の手がかり期の神経細胞の活動特性を調べた.
  • 時間弁別課題における視覚性と聴覚性の手がかり期の影響, 千葉 惇, 生塩研一, 稲瀬 正彦, 第88回日本生理学大会,   2011年03月, 第88回日本生理学大会
    概要:手がかり期が視覚性(Vis)と聴覚性(Aud)における時間弁別課題中の成績を比較した。Vis-Visの正答率は高く、ついでVis-Aud又は、Aud-Visの順でAud-Audのそれは低かった。
  • 視覚性と聴覚性呈示における時間弁別課題中のサル前頭前野ニューロンの応答特性, 千葉 惇, 生塩研一, 稲瀬 正彦, 第34回日本神経科学大会,   2011年09月, 第34回日本神経科学大会
    概要:2頭のサルを用いて視覚性と聴覚性呈示における時間弁別課題中のサル前頭前野ニューロンの活動を記録した。視覚性及び聴覚性呈示の際のcue期並びにdelay期のニューロン応答に特徴が見出された(英文)。
  • 単眼と両眼の感度に対する背景の複雑さの影響, 若山 曉美, 松本 長太, 稲瀬 正彦, 下村 嘉一, 20th International Visual Field and Imaging Symposium,   2012年01月, 20th International Visual Field and Imaging Symposium
    概要:単眼の感度は背景の複雑さの影響を受け、背景が複雑になると感度は低下し、その影響は周辺部で大きくなった。両眼の感度は背景の複雑さによる低下を認めなかった。両眼加重は複雑な背景の周辺部に認識する視標を呈示すると増加した。両眼での視覚情報の処理は背景が複雑になると有効的に働く。
  • 視覚性と聴覚性の時間呈示による時間弁別課題のサル前頭前野の応答, 千葉 惇, 生塩研一, 稲瀬 正彦, 第89回日本生理学会大会,   2012年03月, 第89回日本生理学会大会
    概要:視覚性と聴覚性の時間呈示による時間弁別課題中のサル前頭前野からのユニット解析をした。
  • 視覚刺激と聴覚刺激の時間弁別におけるサル前頭前野の神経細胞活動, 千葉 惇, 生塩研一, 稲瀬正彦, 第35回日本神経科学大会,   2012年09月, 第35回日本神経科学大会
    概要:時間弁別における手がかりを視覚刺激と聴覚刺激にした場合のサル前頭前野の神経細胞活動を記録した(英文)。
  • 時間弁別に関わるサル線条体神経細胞活動の時間呈示期と遅延期における時間情報表現, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀬 正彦, 第90回日本生理学会大会,   2013年03月, 第90回日本生理学会大会
    概要:時間弁別課題中の時間呈示期と遅延期におけるサル線条体神経細胞活動を記録、解析した。(英文)
  • 視覚性及び聴覚性刺激を用いた時間弁別課題におけるサル前頭前野ニューロンの遅延期応答, 千葉 惇, 生塩 研一, 稲瀬 正彦, 第36回日本神経科学大会,   2013年06月, 第36回日本神経科学大会
    概要:サル前頭前野ニューロンから視覚性及び聴覚性刺激を用いた時間弁別課題中の遅延期応答を記録した。(英文)

MISC

  • 30aPS-33 時間弁別課題におけるサル前頭前野の機能的役割(30aPS 領域11ポスターセッション,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)), 生塩研一, 千葉惇, 稲瀬正彦, 日本物理学会講演概要集, 64, 1,   2009年03月03日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007370915
  • 医学部1年生へのSWC元気点検票の適用経験 (第2期(平成16年度〜20年度)学術フロンティア推進事業 五感を介する刺激測定に基づく健康向上のための人間環境システムの構築 平成20年度の総括) -- (第3回大学生の健康サポートシステム研究会資料集), 稲瀬正彦, 感性福祉研究所年報, 10, 226, 229,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016740428
  • 3P240 時間認識におけるサル前頭前皮質の神経機構(神経回路・脳の情報処理), 生塩研一, 千葉惇, 稲瀬正彦, 生物物理, 44, 1,   2004年11月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001157030
  • II 高次運動野の構成と役割(第54回近畿大学医学会学術講演会), 稲瀬正彦, 近畿大学医学雑誌, 28, 2,   2003年10月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004299762
  • 視床下核をめぐる神経回路網 (Parkinson病の新規外科治療の展望), 稲瀬正彦, 医学のあゆみ, 196, 10, 714, 717,   2001年03月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000121127
  • プログレス 脳による運動と行動の制御, 稲瀬正彦, 理学療法ジャーナル, 35, 3, 206, 208,   2001年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004775679
  • <一般演題抄録>2.磁気刺激による飢餓状態下の筋の収縮特性, 千葉惇, 稲瀬正彦, 近畿大学医学雑誌, 25, 1,   2000年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061624
  • <一般演題抄録>2.磁気刺激電流方向の差による磁気誘発筋電図の差異, 千葉惇, 仲西宏元, 稲瀬正彦, 秩父志行, 近畿大学医学雑誌, 24, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061580
  • 前頭葉性行為障害の生理学的背景 (失行とその周辺<特集>), 稲瀬正彦, 丹治順, 神経研究の進歩, 38, 4, p656, 666,   1994年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001886016
  • 20.転換性疼痛における痛覚閾値の特徴(第23回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 山内祐一, 田中恵子, 内海厚, 山田嘉明, 山本光璋, 稲瀬正彦, 心身医学, 27, 7, 646, 647,   1987年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001118573
  • II-C-4 反復熱刺激による痛みの測定と診療上の利点(神経・筋(1)), 山内祐一, 内海厚, 田中恵子, 山本光璋, 稲瀬正彦, 心身医学, 27,   1987年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001108779
  • 神経性食欲不振の初期像としてのAnorexia Athletica, 山内祐一, 山田嘉明, 米田春樹, 稲瀬正彦, 心身医学, 26, 6, 507, 513,   1986年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001126636
    概要:Two cases with anorexia athletica were reported that suggest an early stage of anorexia nervosa : one was a 15-year-old highschool girl who was a member of a Shintaiso-club and the other a 29-year-old male ballet-dancer. The former responded well to minor psychotherapy, and menstruation was resumed shortly, whereas the latter anorexic male needed much more intensive treatment including self-analysis. Although both cases did not fully satisfy the criteria of anorexia nervosa, they were considered to represent a variant or precursor of the disease spectrum. Furthermore, on the basis of a ques...
  • 9. 振戦型書痙に対する脱感作療法の奏効例(第20回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 米田春樹, 山内祐一, 稲瀬正彦, 山田嘉明, 大久保尋美, 心身医学, 26, 6,   1986年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001126646
  • 24. 思春期心身症における集団主張訓練の効用(第20回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 稲瀬正彦, 山内祐一, 米田春樹, 山田嘉明, 心身医学, 26, 6,   1986年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001126661
  • 27. いわゆるAnorexia athleticaの症例(第20回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 山内祐一, 稲瀬正彦, 米田春樹, 山田嘉明, 大久保尋美, 心身医学, 26, 6,   1986年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001126664
  • 9. 慢性疼痛におけるいたみの自己評価と多覚症状の解離(第19回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 山内祐一, 稲瀬正彦, 米田春樹, 山田嘉明, 心身医学, 25, 5, 460, 461,   1985年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001118272
  • 25. ガス症候群の2例(第19回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 稲瀬正彦, 山内祐一, 米田春樹, 山田嘉明, 心身医学, 25, 5,   1985年10月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001118288
  • 慢性腰痛における痛覚閾値-皮膚温センサを用いた測定システムの臨床応用(外科・整形外科), 山内祐一, 小島忠士, 山本光璋, 稲瀬正彦, 心身医学, 25, 83, 84,   1985年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001108481
  • 老人性痴呆の心身医学的ケア : 第18回日本心身医学会東北地方会演題抄録, 山内祐一, 稲瀬正彦, 古積章男, 三品均, 心身医学, 24, 6,   1984年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002962067
  • コーラック依存を有する神経性食欲不振の1症例 : 第18回日本心身医学会東北地方会演題抄録, 稲瀬正彦, 山内祐一, 蝦名享子, 心身医学, 24, 6,   1984年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002962099
  • 慢性腰痛の心身医学的治療成績と痛覚閾値の変動 : 第25回日本心身医学会総会一般演題質疑応答, 山内祐一, 稲瀬正彦, 山口浩, 小島忠士, 山本光璋, 心身医学, 24, 6,   1984年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002962172
  • うつ状態を呈した神経性食欲不振症(摂食異常 VI), 稲瀬正彦, 山内祐一, 山口浩, 心身医学, 24,   1984年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001125295
  • 慢性腰痛の心身医学的治療成績と痛覚閾値の変動(整形外科・麻酔科), 山内祐一, 稲瀬正彦, 山口浩, 小島忠士, 山本光璋, 心身医学, 24,   1984年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001125334
  • 交通外傷を契機とする不登校児 : 第17回日本心身医学会東北地方会演題抄録, 山内祐一, 稲瀬正彦, 蝦名享子, 心身医学, 24, 2,   1984年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002536963
  • Culture shockと心身症 : 2例の考察 : 第17回日本心身医学会東北地方会演題抄録, 稲瀬正彦, 山内祐一, 蝦名享子, 心身医学, 24, 2,   1984年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002536965
  • 系統的心理的脱感作療法の奏効例 : 第17回日本心身医学会東北地方会演題抄録, 蝦名享子, 稲瀬正彦, 山内祐一, 心身医学, 24, 2,   1984年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002536969
  • 14. 心身症患者の社会復帰 : ケースワーカーの役割(第16回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 古積章男, 山内祐一, 稲瀬正彦, 蝦名享子, 心身医学, 23, 6,   1983年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001117065
  • 21. 心因性疼痛の痛覚閾値 : 健常者との比較(第16回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 山内祐一, 稲瀬正彦, 蝦名享子, 心身医学, 23, 6,   1983年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001117072
  • 24. 一般内科における「仮面デプレッション」の経験(第16回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 江花昭一, 稲瀬正彦, 山内祐一, 心身医学, 23, 6, 525, 526,   1983年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001117075
  • 26. 心因性頭痛に対するEMGフィードバック法の経験例(第16回日本心身医学会東北地方会演題抄録), 稲瀬正彦, 蝦名享子, 山内祐一, 心身医学, 23, 6,   1983年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001117077
  • IA-21 思春期うつ状態の病型と特異性, 稲瀬正彦, 蝦名享子, 山内祐一, 神谷敏夫, 心身医学, 23,   1983年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001108187
  • IA-24 うつ病例の治療からみた一次医療のあり方, 江花昭一, 山内祐一, 稲瀬正彦, 心身医学, 23,   1983年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001108190
  • ID-3 咽喉頭異常感症の諸型と成立背景, 蝦名享子, 稲瀬正彦, 山内祐一, 湯浅涼, 神谷敏夫, 心身医学, 23,   1983年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001108243
  • ID-12 慢性腰痛における心理性格因子と痛覚閾値, 山内祐一, 稲瀬正彦, 蝦名享子, 小島忠士, 心身医学, 23,   1983年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001108252
  • 職場 (各種疾患への心身医学的アプロ-チ<特集>) -- (心身症治療の概況), 山内祐一, 蝦名享子, 稲瀬正彦, 最新医学, 38, 3, p505, 512,   1983年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001435855
  • 前頭連合野における情報処理の機能的構成, 稲瀨 正彦, 平成12年度~平成13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書,   2002年02月
  • 条件付運動学習における大脳皮質ー基底核ループの役割 (課題番号 15500290), 稲瀨 正彦, 科学研究費補助金 研究成果報告書,   2005年02月

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 時間の知覚と再生の基盤となる高次脳の神経細胞活動, 稲瀬 正彦
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 大脳皮質と基底核の機能連関による時間計測機構, 稲瀬 正彦
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 異種感覚刺激の時間弁別に関わる神経機構
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 前頭連合野-基底核回路における時間情報処理機構, 大脳皮質前頭連合野と大脳基底核とを結ぶ神経回路における時間情報処理機構の解明をめざして、研究を進めている。今回は、視覚刺激の時間弁別課題を遂行できるようにサルを訓練し、課題遂行中に前頭連合野と線条体から神経細胞活動を記録した。課題では、呈示時間の異なる2種類の視覚刺激を、1秒間の遅延期間をあけて順に呈示し、さらに1秒間の遅延期間後に呈示時間の長かった方の視覚刺激を選択させた。刺激呈示時間は200〜1600msとした。 前頭連合野の神経細胞は、視覚刺激呈示期や遅延期に活動した。1番目の視覚刺激呈示期には、一過性に発射頻度の増加する相同型の活動がみられた。この相同型活動のピークは、刺激呈示開始後800msを中心に分布していた。続く第1遅延期には、1番目の視覚刺激の呈示時間に応じて変化する活動がみられた。その活動は、直前に呈示された刺激の呈示時間そのものを反映するのではなく、呈示時間の長短を、二値的に表現する活動である。およそ900ms付近を基準として、その基準に比べて刺激が長いか短いかにより活動が増減した。以上の結果は、前頭連合野において、視覚刺激呈示期には相同型活動によりその呈示時間の長短を区分し、続く遅延期にはその結果を保持している可能性を示唆する。一方、線条体の神経細胞では、第1遅延期に直前に呈示された刺激の呈示時聞そのものを反映する-過性の活動がみられた。呈示時間が長くな...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 時間情報処理における大脳皮質-基底核ループの役割, 我々は、大脳皮質前頭連合野と大脳基底核をめぐるループ回路における時間情報処理機構の解明を目指して、研究を進めている。本研究では、視覚刺激の時間弁別課題を遂行中のサルを用いて、大脳皮質前頭連合野から神経細胞活動を記録し解析した。課題では、呈示時間の異なる2種類の視覚刺激を1秒間の遅延期間(D1期間)をはさんで呈示し、続く2回目の遅延期間(D2期間)後に、その2種類の視覚刺激を同時に呈示し、呈示時間の長かった方の視覚刺激を選択させた。呈示時間は200〜1600msの間で、100ms間隔で試行毎に変化させた。刺激呈示時間の長短の順序(長-短か短-長)や視覚刺激の種類の順序も、試行毎にランダムに変えた。動物の正答率は、二つの視覚刺激の呈示時間の時間差に加えて、長短の視覚刺激の呈示順序に影響された。訓練により動物が十分に課題を遂行できるようになった後、記録実験を遂行した。2頭のサルから記録した562ニューロンについて、遅延期間(D1とD2期間)の神経細胞活動を解析した。長-短試行と短-長試行とで比較してみると、93ニューロンで遅延期活動が異なっていた。61ニューロンがD1期間に、37ニューロンがD2期間に、5ニューロンが両期間に違いを示した。D1期間のみで活動が異なっていた61ニューロンのうち、36ニューロンで長-短試行の、25ニューロンで短-長試行の活動が大きかった。長-短試行で活動...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 適応的移動行動の発動と選択に関与する神経機構, 適応的行動を実現する神経機構を解明する上において「脳機能(運動機能、認知・情動機能)と身体性の相互作用」が重要な鍵を握ると考えられる.そこで,19年度は,「身体性や情動・自律神経機能などの内部環境により規定される拘束条件から,脳はどの様なプロセスで最適な行動のプログラムの生成をするのか?」を解明することを目的として研究を遂行した.特に,1)随意的な運動とこれに随伴する非随意的運動の統合メカニズム,2)運動機能と自律神経機能の統合制御機構,の2点に重点を置いて研究を進めた. サル,ネコ,ラット,マウスなどの動物を用いた研究により以下の3点が明らかとなった.1)二足歩行や四足歩行を可能にする姿勢制御の仕組みが大脳皮質・大脳基底核・大脳辺縁系,脳幹・小脳に内在し,この姿勢制御系が,歩行の開始や障害物の回避など随意的な運動機能のみならず,定常的な歩行動作や筋緊張レベルなどの非随意的な運動の制御に重要な役割を持つ.2)大脳基底核や辺縁系,視床下部における神経伝達物質(特にドーパミン系やセロトニン系)の働きが,脳幹への投射系に作用して,行動の選択や他個体との社会性形成に関与する.3)これら認知的神経回路網と情動的神経回路網の接点が中脳レベルに存在する. これらの成績は,適応的な行動発現には,大脳皮質や大脳基底核・小脳などにより構成される認知的機能を果たす神経回路網の作用に加えて,大脳辺縁...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 大脳皮質および大脳基底核における二足歩行制御機序:無拘束サルを用いた実験的解明, 本研究の目的は系統発生学的により高等なマカクサルを用いて、ヒトニ足歩行における高次中枢制御機序を実験的に解明することである。本課題の助成期間においてはサルの大脳皮質運動関連領域に焦点を絞り、研究を行った。得られた結果は、以下の二点に要約される。 1.選択的不活性化実験:サルの一次運動野、補足運動野および背側運動前野の体幹/下肢領域のそれぞれヘムシモル(GABA_Aのアゴニスト)を選択的に微量注入した。そして各皮質機能の一時的不活性化に伴う姿勢および歩容の変化から、各皮質領域の歩行運動における分担制御機序を明らかにしようと試みた。その結果、片側一次運動野へ注入した場合には限局的な下肢関節の律動的運動が障害され、跛行が生じた。両側補足運動野への注入では左右下肢・体幹の協調的な運動が障害され、歩行中の体幹の位置は不安定に保持された。両側背側運動前野への注入では報酬の提示に対して歩行を開始することが困難となった。 2.単一神経細胞活動記録実験:サルの一次運動野および背側運動前野から歩行中の神経細胞活動を導出記録した。その結果、一次運動野・下肢領域に存在する神経細胞の殆どは歩行周期に一致した周期的な発射活動様式を示した。これらの神経細胞の多くは発射頻度を歩行速度の増加に伴って増加させた。一方背側運動前野・下肢領域に存在する神経細胞の多くは、歩行の開始時にそれらの発射頻度を増加させた。こ...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 条件付運動学習における大脳皮質-基底核ループの役割, 我々は、日常の様々な状況において、その場に応じた適切な運動を選択し遂行している。適切な運動の選択と遂行は、経験を通して適切な運動の選択を学習することにより可能となっている。このような条件付運動学習の神経機構について、我々はサルを用いた電気生理学的な実験を行い、大脳基底核の出力部の淡蒼球内節の神経細胞が学習関連活動を示すことを明らかにした。大脳基底核と大脳皮質とは、関連する領域がループ回路を形成し、連関して働くと考えられている。そこで、本研究では、この条件付運動学習課題を遂行中に、サル大脳皮質前頭連合野から神経細胞活動を計測し神経細胞活動と課題との関連を解析した。前頭連合野は、機能が異なると考えられる複数の領域に分けられる。その中で、神経解剖学的な研究により、淡蒼球内節の背内側部から入力を受けることが示されている、大脳皮質内側面のArea 9mを記録部位とした。実験には数ヶ月間の訓練により条件付運動学習課題を正しく遂行できるようになったサルを用いた。 前頭連合野Area 9mでは、手がかり刺激に応答する神経細胞活動が記録された。手がかり刺激に対する応答は、刺激が新奇であるか既知であるかにより変化した。一群の神経細胞は、新奇の手がかり刺激に選択的に応答した。すなわち、既知の手がかり刺激のみが呈示される対照条件では応答がみられず、学習条件でも既知の手がかり刺激には応答せず、新奇の手...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 脳内のボディ・イメージ関連システムとミラーシステムとの関係, サルの腹側運動前野や下頭頂小葉のPF野では、他の個体の手の動作を観察しているときに反応し、またそれと同じ動作を自ら行っているときにも活動するミラーニューロンが記録される。しかし、サルのミラーニューロンがいかなる役割を果たしているのか明らかではない。頭頂葉は、運動による感覚情報のフィードバックや内因的な運動指令をもとに運動をモニターする機能があると考えられるが、この自己の身体感覚に関わるシステムが、ミラーニューロンと回路を共有すると予測する。本研究は、ミラーニューロンが自己の運動のモニター機能にいかに関わっているか検討した。PF野から、手指の運動に関わるニューロン活動を記録し、ミラーニューロンが、自分の手の視覚的フィードバックに反応するかどうか調べた。CCDカメラで、サルの視線で手の運動の映像を撮影し、サルの目の前にあるモニターに映した。サルは、LEDの点滅に従って、モニターの画像を見ながら手を動かして、物体をつかむ課題を訓練された。この課題で、自分の手と物体が見える条件、LEDのみ見える条件、手の動きの画像に遅延を起こす条件を設定した。さらに、自分の手の運動の動画や実験者の手の運動の動画を注視させる課題も設定した。実験は、現在継続中であるが、物体をつかむ自分の手の運動の画像に反応していると思われるニューロンが認められ、一部はミラーニューロンのように他者の手の動作に視覚的に反応...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 運動制御における大脳皮質-大脳基底核連関の機能的意義, 専門分野の異なる研究者の連携を強めるために、以下のようなスケジュールで意見の交換、共同実験を積極的に進めた。 平成13年度 1.6月に研究打ち合わせ会議を召集し、研究計画の進め方について討議した。この会議において、個々の研究計画の妥当性について討議するとともに、研究方針の調整を行った。 2.第16回「日本大脳基底核研究会」を開催し、シンポジウム、ポスターで研究発表を行う。全員これに参加し、意見の交換を行った。 3.適宜会合を持ち、研究打ち合わせ会議での決議事項の報告、国内・国外の関連する学術集会やワークショツプ、シンポジウムのアナウンスメント、あるいは関連する重要文献の紹介などを行った。 4.10月に第2回の研究打ち合わせ会議を召集し、「特定領域研究」として申請するための方針を研究計画の内容やメンバー構成を中心に協議し、新たに組織を編成し直し、申請にまでこぎつけた。 5.国外の関連する学術集会、とくに10月もしくは11月に開催される北米神経科学学会大会で、情報収集や意見交換を行った。 6.12月に東京新宿安田生命ホールにおいて公開ワークショツプを開催した。「特定領域研究」において予定される計画研究代表者全員のこれまでの研究経緯と今後の研究計画について発表するとともに、国内における関連分野の研究者(2〜3名)に招待講演を依頼し、各研究計画に関する意見交換を行った。 7.研究活動...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 前頭連合野における情報処理の機能的構成, 前頭連合野は、認知、記憶、推論、行動企画などに関わる最高次の脳中枢である。前頭連合野は、さらに多数の領野に分けられ、それらが分担して、あるいは協調して様々な機能を実現していると考えられる。私達は、前頭葉の様々な領野の入出力を明らかにすることにより各領野の機能を解明し、さらに前頭連合野が実現している高次脳機能の発現機構にせまることをめざしている。 本研究課題では、前頭葉の諸領野の中で、サル帯状皮質から大脳基底核への入力について検討した。帯状皮質は大脳半球内側面に位置し、吻側と尾側に分かれる帯状回運動野を含む。吻側と尾側の帯状回運動野の上肢領域を電気生理学的に同定し、それぞれの領域に異なる順行性標識物質を注入して、線条体と視床下核における神経終末標識の分布を調べた。その結果、吻側と尾側の帯状回運動野から線条体への入力は、主に線条体の吻側部に分布していたが、二つの領野からの投射は、それぞれ線条体連結部と被殻腹外側部に強く、分離していてほとんど重なり合わなかった。同様に、視床下核においても二つの領野からの入力は、腹内側部と背外側部とに分離して分布していた。また、吻側帯状回運動野からの入力を受ける線条体の領域は、前補足運動野からの入力領域と重なり合っており、尾側帯状回運動野から線条体への入力は、一次運動野からの入力と重なり合っていた。 以上の結果は、吻側と尾側の帯状回運動野からの情報が...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(A)), 大脳皮質-大脳基底核関連の機能的解析, 大脳基底核の入力部のひとつである線条体(尾状核と被殻)は、大脳皮質の広い領野から入力を受けているが、入力様式について、複数の大脳皮質の領野からの情報が大脳基底核で収束し、情報の統合が起こっているという説と、複数の大脳皮質の領野からの情報は並列、分散処理され、情報の統合はあまり起こっていないという説がある。これまで、サルを用いて調べたところ、大脳皮質一次運動野上肢領域からの投射は主として被殻の外側部に終わるのに対し、大脳皮質補足運動野上肢領域からの投射はより背内側部を中心に終わり、それぞれの約1/4が中央部で重なることがわかった。本年度は、さらに線条体から淡蒼球への投射について検討を加えた。 金属微小電極をサルの被殻に刺入し、単一ニューロン活動を記録する。大脳皮質の電気刺激による応答などを手がかりに、大脳皮質一次運動野より入力を受ける被殻の領域と、補足運動野より入力を受ける領域を同定した。その後、それぞれの領域の中心にビオチン化デキストランアミン(BDA)あるいはWGA-HRPなどの順行性標識物質を微量注入し、標識終末や標識細胞を可視化した。 一次運動野から入力を受ける被殻の領域からは、淡蒼球外節、内節の腹側部に投射していた。それに対し、補足運動野から入力を受ける領域からは、淡蒼球外節、内節の背側部、また一部、黒質網様部にも投射していた。したがって、両領域からの投射は、淡蒼球で...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 大脳基底核系の運動制御におけるドパミン受容体サブタイプの役割, 大脳基底核系の運動制御におけるドパミン受容体サブタイプの役割を解明する目的で、本研究を行った。遅延型Go/Nogo課題を遂行中のニホンザルの線条体から、多連ガラス管電極を用いて、まず神経細胞活動を記録して、課題と神経細胞活動との関連を明らかにし、さらにD1型あるいはD2型ドパミン受容体の選択的作働薬を微小電気泳動法により投与し、投与薬に対する神経細胞活動の応答を調べた。 その結果、課題との関連で神経細胞活動をみると、線条体ではGo課題にのみ関連する細胞(Go細胞)、Nogo課題にのみ関連する細胞(Nogo細胞)、およびGo課題とNogo課題の両方に関連する細胞(Go/Nogo細胞)がほぼ同数存在した。一方、薬物に対する反応をみると、D1作働薬のみ(D1群)、D2作働薬のみ(D2群)、およびD1とD2の両方に応ずる細胞(D1D2群)がほぼ同数存在した。さらに、D1群、D2群、D1D2群のいずれにも、Go細胞、Nogo細胞、Go/Nogo細胞が含まれていた。以上により、線条体では、同一細胞においてD1型受容体とD2型受容体が同種の情報を制御していることが明らかとなった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), CROSS MODAL ATTENTIONの生理心理学的研究, 平成5年度の研究計画に従い、以下の二つの研究を行った。 1.体性感覚刺激によって喚起された空間的注意が視覚刺激の情報処理に及ぼす影響について誘発脳波を用いて検討した。 被験者の左右の人さし指に与えた体性感覚刺激と眼前のパネルに呈示した視覚刺激の位置が一致した場合と一致しなかった場合とで、頭皮上8部位から脳波を導出して視覚刺激に対する誘発脳波の振幅を比較した。その結果、体性感覚刺激-視覚刺激の順で刺激を呈示した場合の視覚誘発電位は位置が一致した場合の方が振幅が増大した。さらに視覚刺激一体性感覚刺激の順で刺激を呈示した場合の体性感覚誘発電位も位置が一致した場合の方が振幅が増大した。これらの振幅の増大は刺激間間隔に依存しており、刺激間間隔が100〜200msで最も増大し、50及び400msでは増大しなかった。以上の結果から視覚と体性感覚の間での空間情報を媒介としたcross modal effectが確認された。 2.自発的注意が体性感覚誘発脳磁波に及ぼす影響について誘発脳磁波を用いて調べた。 37チャネル脳磁波計測システムを用いて左右の人差し指に体性感覚刺激を呈示し、被験者が刺激が呈示される指に注意を向けた場合と無視(もう一方の手の人指し指に注意)した場合とで体性感覚誘発脳磁波を比較した。その結果、意識的な注意によって第一次体性感覚野の活動は変化せず、第二次体性感覚野に等価電流ダ...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(国際学術研究), 大脳運動関連諸領野の機能特性と解剖学的・免疫組織化学的特性の対応, 東北大学グル-プによる,神経生理学的研究を主体とした脳細胞活動特性の解析と,米国ニュ-ヨ-ク州立大学グル-プによる免疫組織化学的手法やトレ-サ-法を主体とする研究を有機的に結び付け発展させる協力態勢がとられ,以下の如く研究成果が得られた。 (1)帯状回運動野における高次運動野の所在決定とその特性の解析。 霊長類の大脳帯状回について共同実験を行った。まず生理学的実験で,運動に伴う活動特性を明らかにし,次にトレ-サ-法による組織学的研究で微細構築を明らかにした。それによって形態学的・生理学的両面から帯状回運動野を定義づけることができた。 (2)新しい高次運動領野の発見。 大脳の一次運動野前方の内側は,徒来補足運動野と呼ばれてきた。この部位は二次運動野ともいわれ,研究が進められてきた。ところが今回の研究によって,それよりも更に前方に,もうひとつの新しい運動領野の存在することが明かとなった。その部位の細胞活動の特性が調べられ,さらにその領野が脳内に占める位置の概要が免疫組織学的に明らかになった。 (3)補足運動野の機能的可変性。 大脳皮質の個々の領野の機能的特性は,生後発達によっていったん形成された後は固定的であると一般に考えられてきた。しかし大脳補足運動野に於て,成体の霊長類に於ても機能的可塑性は存在し,外的条件や脳内の変化に対応し得ることが明らかになった。 (4)大脳基底核と補足...