KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤田 浩司フジタ コウジ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 人間環境デザイン工学科 / 生物理工学研究科
職名講師
学位博士(工学)
専門建築環境工学
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1249-fujita-koji.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40513536.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    地球の限られた資源・エネルギーを有効に活用して、人と地球に優しい住環境(温熱環境・空気環境)を実現する方法を、建物側と設備側の両面から探求しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2014年04月,  - 現在, 近畿大学(講師)
  •   2008年04月,  - 2014年03月, 神戸大学(助教)

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築環境・設備

研究キーワード

  • 床下暖房, 蓄熱, 潜熱蓄熱, 換気

論文

  • Method for estimating the temperature distribution in a phase change material with a broad phase-change-temperature range, 6th International Building Physics Conference 2015,   2015年06月, 査読有り
  • 進行方向に細長い空間の水平天井面における火災時の煙先端部位置の近似解析解, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 79, 703, 739, 744,   2014年09月
  • 単一ガス濃度測定による多室間の隙間の通気率および隙間特性値の推定法の提案, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 79, 697, 241, 246,   2014年
    概要:The objective of this paper is to present a new method for estimating air flow coefficients and air flow exponents of air leakage areas not only in the external wall of a house but also in the internal walls between rooms using only one type of tracer gas. These values-which are unknown variables-are determined using nonlinear simultaneous equations, which consist of balance equations for the air mass and tracer-gas concentration in the rooms. To verify the validity of this method, we set up a numerical experiment. As a result of the experiment, it was clarified that the present estimation method yields a reasonable estimate of the air flow coefficients and the air flow exponents.
  • 水平天井面を軸対称に拡大する火災初期の煙先端部位置の近似解析解, 松下 敬幸KISHIUE, 岸上 昌史, 藤田 浩司, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 79, 703, 745, 751,   2014年
    概要:The approximate analytical solution of the location of smoke front below horizontal ceiling at early time in fire is derived by the handling as the axi-symmetric problem. At first the approximate analytical solution of the average temperature of smoke layer is derived in assuming that the progress velocity of smoke front is proportional to 1/2 power of time based on the mass preservation. Then the integral equation to predict the location of smoke front is derived in this smoke average temperature. As this equation is not able to solve analytically, an approximate analytical equation is derived by approximation of integrand and being subject to temperature less exceeding initial inflow temperature. Particularly, in case of the treatment of center sprang out, the location of smoke front is proportional to 1/2 power at early time then to 3/4 power at time. The prediction is compared to the experimental data. It is shown that the location of smoke front is predicted by the approximate analytical solution.
  • 進行方向に細長い空間の水平天井面における火災時の煙先端部位置の近似解析解, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 79, 703, 739, 744,   2014年
    概要:Traditionally, the smoke front location below the horizontal ceiling of a corridor in fire has been predicted by the numerical analysis. In this paper, an approximate analytical solution is derived. If the progression rate of smoke front is assumed to be constant, the analytical solutions of smoke average temperature and the equation of smoke front location are derived. As the equation of smoke front location is not solved analytically, the integrand of the equation is approximated by 1/At, and on additional condition that the smoke temperature does not exceed the initial inlet temperature the further approximate analytical solution is derived. The final approximate analytical solution shows that the smoke front location is proportional to the time until 1/A, and expand in proportion to the 2/3 power of time thereafter. The approximate analytical solution is compared the experimental results of actual size. The result shows that it is possible to predict the smoke front location in considering heat loss from the ceiling and the walls.
  • A Method for Estimating Amount of Stored Heat in PCM that Exchange Heat with Flowing Water, Central European Symposium on Building Physics 2013,   2013年09月, 査読有り
  • 加圧煙制御における常温換気計算法に基づく給気量算定法および空気逃し開口部の設置高さの影響, 岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 77, 673, 115, 120,   2012年03月
  • Effective Flow Area Estimation Test using CO2, Proceedings of AIVC International conference 2010,   2010年10月, 査読有り
  • Effective Flow Area Estimation Method using a Gas, Proceedings of AIVC International conference 2010,   2010年10月, 査読有り
  • Experimental Study on Crawl-Space Heating with Thermal Storage using Heat Pump, Proceedings of 8th Nordic Symposium on Building Physics, 2, 527, 534,   2008年06月, 査読有り
  • 潜熱蓄熱材を用いた蓄熱型床下暖房に関する研究, 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 中川 浩, 横山 弘嗣, 石津 京二, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 73, 626, 479, 486,   2008年04月30日
    概要:We present a heating system with thermal storage using a heat pump which supplies heat to the thermal storage installed in a crawl space of a residential house insulated at the foundation walls. We used latent thermal storage materials. This system can charge heat by using cheap nighttime electricity and discharge the stored heat at daytime. We showed equations to determine the air volumes of the heat pump and the ventilator, and equations to determine the phase transition temperature and the amount of the latent thermal storage materials to keep the room setting temperature. We constructed a computer simulation program of this heating system and confirmed the validity of these equations.
  • 顕熱蓄熱材を用いた蓄熱型床下暖房に関する研究, 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 石津 京二, 中川 浩, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 73, 626, 471, 478,   2008年04月30日
    概要:We present a heating system with thermal storage using a heat pump which supplies heat to the thermal storage installed in a crawl space of a residential house insulated at the foundation walls. We used sensible thermal storage materials. This system can charge heat by using cheap nighttime electricity and discharge the stored heat at daytime. It is revealed by experimental studies that thermal behavior of the room is greatly influenced by the heat capacity of the thermal storage. We constructed a computer simulation program of this heating system and showed the ratio of the stored heat for generated heat by the heat pump with the volume of the thermal storage materials. We showed the way to determine the volume of the thermal storage materials and the capacity of the heat pump.
  • 風洞実験による床下暖房時の土間・床裏表面の対流熱伝達率の検討, 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 73, 625, 291, 297,   2008年03月30日
    概要:'Crawl-space heating' is a heating system using the crawl space as a duct for heat transport from a heat pump. The purpose of this study is to grasp the convective heat-transfer coefficient at the slab-concrete surface and the floor-under surface, under the condition of crawl-space heating. When the crawl-space heating is operated, the air velocity in the crawl space is generally 0.05-0.20m/s and the heat transfer is caused by both the forced convection and the natural convection. We measure the convective heat-transfer coefficient by the wind tunnel test. It is revealed that the convective heat-transfer coefficient at the slab-concrete surface is about 1.0-4.0W/m^2K and that at the floor-under surface is about 6.0-10.0W/m^2K.
  • A Study on Thermal Performance of Heat Storage System Connected with Heat Pump for Residential Houses, Proceedings of Building Simulation 2007, 321, 328,   2007年09月, 査読有り
  • 実棟実験による基本的熱挙動の把握 : 温暖地の戸建て住宅における床下暖房システムに関する研究 その1, 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 北川 健司, 埴淵 晴男, 日本建築学会環境系論文集, 日本建築学会環境系論文集, 607, 65, 70,   2006年09月30日
    概要:In this paper, we report the experimental studies which were carried out in an experimental house with thermal insulation for its foundation walls, concerning (a) the indoor thermal environment and (b) the heat flow in the crawl space to the ground and to the floor, under the condition of crawl space heating. The main results which we obtained are as follows: 1. The temperature in the room ranges from 18 to 21℃, and that of the floor surface becomes over 23℃. 2. When a fan is put in operation in order to control a current of air in the crawl space, the flow of the heat towards the floor increases, but that towards the ground also increases out of the warm air blowing out zone. 3. It is suggested that most of the heat to the ground is brought by radiation from the lining of the floor.

MISC

  • 重ね合わせの原理を用いた床下暖房最大熱負荷の算定法:間欠型暖房の場合の最大熱損失推定式 , 藤田浩司, 日本建築学会大会学術講演梗概集(環境工学Ⅱ), 557, 558,   2017年08月
  • 重ね合わせの原理を用いた床下暖房最大熱負荷の算定法:分解された熱損失の足し合わせ時間の検討, 藤田浩司, 日本建築学会大会学術講演梗概集(環境工学Ⅱ), 29, 30,   2016年08月
  • 重ね合わせの原理を用いた床下暖房最大熱負荷の算定法:計算条件の検討および外気・床下温度が最大熱損失となる時間に及ぼす影響, 藤田浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 56, 169, 172,   2016年06月
  • 41333 加圧煙制御における遮煙開口部中間開放状態での気流性状に関する研究 : PIVシステムを用いた風速ベクトルの測定(PIV,環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 小林 亮介, 松下 敬幸, 岸上 昌史, 藤田 浩司, 学術講演梗概集, 2014, 0, 689, 690,   2014年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009855893
  • 41398 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 隙間特性値を仮定して推定される通気率を用いた場合の機械換気量誤差の検討(換気量・気密測定法,環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 四元 順也, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 学術講演梗概集, 2014, 0, 839, 840,   2014年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009855957
  • 41052 潜熱蓄熱材の融解性状に関する研究 : 相変化温度が幅を持つ場合の温度分布の近似解析(蓄熱材,環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 斎藤 睦, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 学術講演梗概集, 2014, 0, 103, 104,   2014年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009856999
  • 41116 建築材料の水分伝導率の履歴に関する研究 : 温度勾配による液相水分の移動についての検討(湿気物性,環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 光田 直弘, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 学術講演梗概集, 2014, 0, 231, 232,   2014年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009857025
  • 41117 建築材料の水分伝導率の履歴に関する研究 : 気相水分伝導率の履歴モデルの検討(湿気物性,環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 木下 裕貴, 松下 敬幸, 光田 直弘, 藤田 浩司, 学術講演梗概集, 2014, 0, 233, 234,   2014年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009857026
  • 41138 換気役物の小屋裏換気性状に与える影響に関する研究 : その1 研究概要ならびに換気性状予備実験について(外皮と湿気,環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会), 塚本 章順, 岩前 篤, 藤田 浩司, 神戸 睦史, 大西 祥史, 学術講演梗概集, 2014, 0, 275, 276,   2014年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009857037
  • 4025 建築材料の水分伝導率の履歴に関する研究 : 気相水分伝導率の履歴モデルの検討(環境), 木下 裕貴, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 光田 直弘, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 54, 97, 100,   2014年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009857996
  • 4031 加圧煙制御における遮煙開口部中間開放状態での気流性状に関する研究 : PIVシステムを用いた風速ベクトルの測定(環境), 小林 亮介, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 54, 121, 124,   2014年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009858002
  • 4034 潜熱蓄熱材の融解性状に関する研究 : 相変化温度が幅を持つ場合の蓄熱量時間変化の近似解析(環境), 斎藤 睦, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 54, 133, 136,   2014年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009858005
  • 4070 建築材料の水分伝導率の履歴に関する研究 : 温度勾配による液相水分の移動についての検討(環境), 光田 直弘, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 54, 277, 280,   2014年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009858041
  • 4083 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 隙間特性値を仮定して推定される通気率を用いた場合の機械換気量誤差の検討(環境), 四元 順也, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 54, 329, 332,   2014年05月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009858054
  • 木質バイオマス乾燥用パッシブソーラーシステムの換気流量に及ぼす潜熱蓄熱体設置の効果 (2014年度年次講演会), 天野 彰浩, 澤井 徹, 藤田 浩司, 日本実験力学会講演論文集, 14, 194, 197,   2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020212474
  • 41028 潜熱蓄熱材の固液混相域における熱移動性状の検討(蓄熱(1),環境工学II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 学術講演梗概集, 2013, 0, 55, 56,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009679552
  • 41129 建築材料の水分伝導率の履歴に関する研究 : 水分伝導率の履歴モデルの構築と周期的及び過渡的な吸放湿実験の解析(熱水分同時移動,環境工学II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会), 光田 直弘, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 学術講演梗概集, 2013, 0, 257, 258,   2013年08月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009679653
  • 4064 潜熱蓄熱材の固液混相域における熱移動性状の検討(環境), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 53, 253, 256,   2013年05月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009753526
  • 4073 建築材料の水分伝導率の履歴に関する研究 : 水分伝導率の履歴モデルの構築と周期的及び過渡的な吸放湿実験の解析(環境), 光田 直弘, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 53, 289, 292,   2013年05月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009753535
  • 41100 ゲル状を有する潜熱蓄熱材の融解過程における熱移動性状に関する研究(蓄熱利用,環境工学II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 学術講演梗概集, 2012, 0, 199, 200,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009651758
  • 41154 独立領域理論および細孔容積分布に基づく平衡含水率および水分伝導率の履歴に関する研究(数理モデルと物性測定,環境工学II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会), 松下 敬幸, 藤田 浩司, 学術講演梗概集, 2012, 0, 307, 308,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009651811
  • 41310 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 単室模型実験による隙間特性値推定法の妥当性の検討(換気測定・圧力損失,環境工学II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会プログラム), 四元 順也, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 学術講演梗概集, 2012, 0, 627, 628,   2012年09月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009651967
  • 4071 ゲル状を有する潜熱蓄熱材の融解過程における熱移動性状に関する研究(環境), 藤田 浩司, 松下 敏幸, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 52, 281, 284,   2012年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009570670
  • 4078 独立領域理論および細孔容積分布に基づく平衡含水率および水分伝導率の履歴に関する研究(環境), 松下 敬幸, 藤田 浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 52, 309, 312,   2012年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009570677
  • 4093 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 単室模型実験による隙間特性値推定法の妥当性の検討(環境), 四元 順也, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 52, 369, 372,   2012年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009570692
  • 3142 加圧煙制御における給気量に関する研究 : 空気逃し開口部の設置高さ及び漏気側の煙突効果の影響についての検討(圧力差による煙制御・煙流動性状,防火), 岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術, 2011, 305, 306,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009499500
  • 3143 加圧煙制御の遮煙開口部における流量測定に関する研究 : 模型実験による外開き扉の常温時における簡易流量測定法の検討(圧力差による煙制御・煙流動性状,防火), 松下 敬幸, 岸上 昌史, 藤田 浩司, 高田 暁, 学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術, 2011, 307, 308,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009499501
  • 41420 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 流量係数を用いて表す流量と実流量の関係および隙間特性値推定法の検討(空気流動のモデル・予測法,環境工学II), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2011, 847, 848,   2011年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009521267
  • 4048 加圧煙制御における給気量に関する研究 : 空気逃し開口部の設置高さ及び漏気側の煙突効果の影響についての検討(環境), 岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 51, 189, 192,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008900818
  • 4073 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 流量係数を用いて表す流量と実流量の関係および隙間特性値推定法の検討(環境), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 51, 289, 292,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008900843
  • 4078 加圧煙制御の遮煙開口部における流量測定に関する研究 : 模型実験による外開き扉の常温時における簡易流量測定法の検討(環境), 松下 敬幸, 岸上 昌史, 藤田 浩司, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 51, 309, 312,   2011年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008900848
  • 41141 温・冷風と熱交換を行う潜熱蓄熱体の蓄熱量及び流出空気温度の推定法(熱物性・伝熱解析(1),環境工学II), 下町 浩二, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 281, 282,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008111106
  • 41244 床下暖房時の基礎部からの熱損失の重ね合わせの原理を用いた定量的評価(床・床下暖房,環境工学II), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 487, 488,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008111209
  • 41322 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 非線形連立方程式の数値解法を用いた隙間量推定法の検討(通風・拡散の基礎,環境工学II), 岩本 憲, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2010, 643, 644,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008111287
  • 3111 加圧煙制御の告示に対応した給気量算定と火災時との対応関係(煙性状(1),防火), 岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術, 2010, 227, 228,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008450476
  • 4048 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 非線形連立方程式の数値解法を用いた隙間量推定法の検討(環境), 岩本 憲, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 50, 189, 192,   2010年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008900728
  • 4062 加圧煙制御の給気量算定における常温時と火災時との対応関係(環境), 岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 50, 245, 248,   2010年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008900742
  • 4067 温・冷風と熱交換を行う潜熱蓄熱体の蓄熱量及び流出空気温度の推定法(環境), 下町 浩二, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 50, 265, 268,   2010年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008900747
  • 4090 床下暖房時の基礎部からの熱損失の重ね合わせの原理を用いた定量的評価(環境), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 50, 357, 360,   2010年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008900770
  • 常温での測定による加圧煙制御システムの適切さの確認方法, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 岸上 昌史, 日本建築学会環境系論文集, 74, 645, 1203, 1209,   2009年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016889391
  • 41053 床下暖房時の基礎断熱住宅基礎部からの熱損失の定量的評価(熱負荷計算(2),環境工学II), 門脇 綾, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2009, 117, 118,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007980745
  • 41081 温風と熱交換を行う顕熱蓄熱体の蓄熱量推定法に関する研究(室内環境シミュレーション,環境工学II), 下町 浩二, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2009, 173, 174,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007980773
  • 41310 IH調理器上の気流性状に関する研究 : 周壁による温度及び速度分布への影響の検討(業務ちゅう房(2),環境工学II), 村井 麻里子, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2009, 631, 632,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981002
  • 41328 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 3室5開口の場合(各種用途空間の換気(2),環境工学II), 岩本 憲, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2009, 683, 684,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981020
  • 41336 基礎断熱住宅における床下暖房時の換気性状に関する研究(住宅換気,環境工学II), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 岩前 篤, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2009, 699, 700,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007981028
  • 3032 加圧煙制御システムの常温における確認方法に関する研究(煙性状(2),防火), 岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術, 2009, 63, 64,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007984023
  • 3033 地下空間火災時における集合竪シャフトを用いた階段加圧煙制御に関する研究(煙性状(2),防火), 内堀 友恵, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司, 学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術, 2009, 65, 66,   2009年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007984024
  • 4018 基礎断熱住宅における床下暖房時の換気性状に関する研究(環境), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 岩前 篤, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 49, 69, 72,   2009年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008013583
  • 4028 IH調理器上の気流性状に関する研究 : 周壁による温度及び速度分布への影響及び測定方法の検討(環境), 村井 麻里子, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 49, 109, 112,   2009年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008013593
  • 4048 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 3室5開口の場合の平面近似を用いた隙間量推定法の検討(環境), 岩本 憲, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 49, 189, 192,   2009年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008013613
  • 4059 床下暖房時の基礎断熱住宅基礎部からの熱損失の定量的評価(環境), 門脇 綾, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 49, 233, 236,   2009年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008013624
  • 4061 加圧煙制御システムの常温における確認方法に関する研究(環境), 岸上 昌史, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 49, 241, 244,   2009年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008013626
  • 4071 温風と熱交換を行う顕熱蓄熱体の蓄熱量推定法に関する研究(環境), 下町 浩二, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 49, 281, 284,   2009年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008013636
  • 41653 蓄熱型床下暖房の蓄熱時間延長効果に関する研究 : (その3)人工気象室内の実験棟を用いた蓄熱・放熱量の推定とランニングコストの検討(放射冷暖房システム(1),環境工学II), 横山 弘嗣, 岩出 浩, 岩前 篤, 藤田 浩, 松下 敬幸, 石津 京二, 中川 浩, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2008, 1341, 1342,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007107498
  • 41652 蓄熱型床下暖房の蓄熱時間延長効果に関する研究 : (その2)人工気象室内の実験棟を用いた居室温度上昇効果の実測(放射冷暖房システム(1),環境工学II), 岩出 浩, 横山 弘嗣, 岩前 篤, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 石津 京二, 中川 浩, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2008, 1339, 1340,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007107497
  • 41651 蓄熱型床下暖房の蓄熱時間延長効果に関する研究 : (その1)蓄熱効果および居室温度変動に関する基礎的検討(放射冷暖房システム(1),環境工学II), 藤田 浩司, 横山 弘嗣, 岩前 篤, 松下 敬幸, 石津 京二, 岩出 浩, 中川 浩, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2008, 1337, 1338,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007108175
  • 41650 基礎断熱住宅における床下暖房に関する研究 : 間欠暖房時における居室の暖房立ち上がり速度改善の検討(放射冷暖房システム(1),環境工学II), 門脇 綾, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 高田 暁, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2008, 1335, 1336,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007108176
  • 41342 IH調理器上の気流性状に関する研究 : 周壁による温度及び速度分布への影響の検討(住宅厨房,環境工学II), 村井 麻里子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2008, 683, 684,   2008年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007108288
  • 4025 蓄熱型床下暖房の蓄熱時間延長効果の検討 : (その1)蓄熱効果および居室温度変動に関する基礎的検討(環境), 藤田 浩司, 横山 弘嗣, 岩前 篤, 松下 敬幸, 石津 京二, 岩出 浩, 中川 浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 48, 97, 100,   2008年05月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007031489
  • 4026 蓄熱型床下暖房の蓄熱時間延長効果の検討 : (その2)蓄熱効果および居室温度変動に関する人工気象室での実棟実験(環境), 横山 弘嗣, 岩出 浩, 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 石津 京二, 中川 浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 48, 101, 104,   2008年05月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007031490
  • 4059 基礎断熱住宅における床下暖房に関する研究 : 間欠暖房時における居室の暖房立ち上がり速度改善の検討(環境), 門脇 綾, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 48, 233, 236,   2008年05月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007032118
  • 41331 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 実住宅を対象とした推定実験(空気環境測定法,環境工学II), 西村 優子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2007, 667, 668,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006674836
  • 41533 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その3) 顕熱蓄熱材を用いた蓄熱型床下暖房の実棟実験による温熱環境の実測(放射冷暖房システム(2),環境工学II), 石津 京二, 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 中川 浩, 横山 弘嗣, 岩出 浩, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2007, 1071, 1072,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006675038
  • 41534 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その4) 顕熱蓄熱材を用いた蓄熱型床下暖房の実棟実験による蓄熱・放熱量の推定(放射冷暖房システム(2),環境工学II), 藤田 浩司, 石津 京二, 岩前 篤, 松下 敬幸, 中川 浩, 横山 弘嗣, 岩出 浩, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2007, 1073, 1074,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006675039
  • 41535 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その5) 潜熱蓄熱材を用いた蓄熱型床下暖房の実棟実験による温熱環境の実測(放射冷暖房システム(2),環境工学II), 中川 浩, 横山 弘嗣, 岩前 篤, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 石津 京二, 岩出 浩, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2007, 1075, 1076,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006675040
  • 41536 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その6) 潜熱蓄熱材を用いた蓄熱型床下暖房の実棟実験による蓄熱・放熱量の推定(放射冷暖房システム(2),環境工学II), 横山 弘嗣, 中川 浩, 岩前 篤, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 石津 京二, 岩出 浩, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2007, 1077, 1078,   2007年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006675041
  • 4081 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その4)潜熱蓄熱材を用いた蓄熱型床下暖房の実棟実験(環境), 横山 弘嗣, 中川 浩, 岩前 篤, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 石津 京二, 岩出 浩, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 47, 321, 324,   2007年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007032040
  • 4080 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その3)熱容量の大きな顕熱蓄熱材を用いた蓄熱型床下暖房の実棟実験(環境), 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 石津 京二, 岩出 浩, 中川 浩, 横山 弘嗣, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 47, 317, 320,   2007年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007032041
  • 4077 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 実住宅における実験および推定値の検討(環境), 西村 優子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 47, 305, 308,   2007年05月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007032043
  • 41347 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : CO_2のみを用いた模型実験による推定法の妥当性の検討(住宅換気, 環境工学II), 西村 優子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2006, 711, 712,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006296626
  • 41537 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その1) 床下温風経路の検討(暖房, 環境工学II), 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 北川 健司, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2006, 1117, 1118,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006296816
  • 41538 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その2) 蓄熱型床下暖房時の温熱環境の実測および蓄熱手法の検討(暖房, 環境工学II), 北川 健司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 藤田 浩司, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 2006, 1119, 1120,   2006年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006296817
  • 4055 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その2)蓄熱型床下暖房時の温熱環境の実測および蓄熱手法の検討(環境), 北川 健司, 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 46, 217, 220,   2006年05月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007031981
  • 4054 温暖地における床下暖房システムに関する研究 : (その1)地盤への熱流の対流・放射成分の測定と床下温風経路の検討(環境), 藤田 浩司, 岩前 篤, 松下 敬幸, 北川 健司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 46, 213, 216,   2006年05月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007031982
  • 4052 単一ガス濃度測定による多数室間隙間量推定に関する研究 : 模型実験による推定法の妥当性の検討(環境), 西村 優子, 松下 敬幸, 高田 暁, 藤田 浩司, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 46, 205, 208,   2006年05月23日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007031984
  • 温暖地における基礎断熱住宅の温湿度性状に関する研究, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 岩前 篤, 神戸大学大学院自然科学研究科紀要. B, 24, 9, 15,   2006年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004362243
  • 4047 温暖地における基礎断熱住宅の温湿度性状に関する研究(環境工学), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 小椋 大輔, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 41, 185, 188,   2001年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007031797
  • 41013 温暖地における基礎断熱住宅の暖冷房手法の検討, 藤田 浩司, 松下 敬幸, 小椋 大輔, 岩前 篤, 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用, 1999, 25, 26,   1999年07月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004148686
  • 4030 温暖地における基礎断熱住宅の暖冷房手法の検討(環境工学), 藤田 浩司, 松下 敬幸, 小椋 大輔, 岩前 篤, 松村 収, 日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系, 39, 117, 120,   1999年05月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007031695