KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

松崎 隆哲マツザキ タカノリ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 電気電子工学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門計算機工学
ジャンル科学・技術/情報技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/475-matsuzaki-takanori.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    高性能なコンピュータ(プロセッサ)の構成法について研究しています。現在主流のノイマン型とは異なる細粒度マルチスレッド処理方式にもとづいたコンピュータについて研究しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2016年09月,  - 2017年08月, マレーシア工科大学(訪問研究員)
  •   2006年,  - 2015年03月, 近畿大学(講師)

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, 計算機システム

研究キーワード

  • 組込みシステム, FPGA

論文

  • BLIND CHANNEL ESTIMATION FOR QAM-OFDM WITHOUT PHASE AMBIGUITY, H.Sogo, H.Tanaka, N.Iwasaki, T.Matsuzaki, H.Shiratsuchi, H.Gotanda, ICIC express letters. Part B, Applications : an international journal of research and surveys, 6, 3, 627, 635,   2015年03月, 査読有り
  • From vector analysis to fluid dynamics, Kaida T., Hirano G., Takahashi K., 金光 滋, 松崎 隆哲, 藤尾 光彦, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, 23, 5, 9,   2015年
    概要:[概要] 音楽と揺らぎの研究[17]中に, 流体力学の基礎的な部分の展開が些か分明でないことに注目し, 本論文では, そのいくつかをより明確化する. それには, 連鎖律, 微分形式, 一般のストウクスの定理をうまく組み合わせることで達成される. 回転と湧き出しの概念を定理3.1で定式化する. さらに, 2次元の流れの場合には, 複素関数論を用いて同定理が導出できることを示す
  • QAM-OFDM システムのセミブラインドチャンネル推定, 田中宏典, 十川勇人, 岩崎宣生, 松崎隆哲、白土浩, 五反田博, 信号処理, 18, 2, 77, 88,   2014年03月, 査読有り
  • Fluctuations in science and music, K Takahashi, T Kaida, G Hirano, Matsuzaki. T, Fujio. M, Kanemitsu. S, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, 21, 1, 7,   2014年
    概要:[概要] 音楽は18-19世紀にその最高の高みに達したとよくいわれる. その原動力の一つは, 音楽の作曲の堅牢さにあるといえる. その点, 数学の堅牢さと通ずるものがある. ゲーテの言葉を借りれば, 幾何学は凍れる音楽である, となる. ここで幾何学は数学にまで拡大される. それは, 中世ヨーロッパの大学の高等教育で教えられていたのは7科目であり, そのうち3科目は, 文法, 論理学, 修辞法であった. この3=triからtrivial(自明)ということばが派生した. 数論, 幾何学, 天文学, 音楽の4科目はより高等なものとして扱われ, quadriviaとよばれていた. ゲーテにとって幾何学=数学であったと思われる. 音楽と数学のこの密接な関係に鑑みて, 両者をつなぐ新理論の展開の場である関数空間を模索した結果, 有限パワー信号(関数)の空間ではないかと考えるに至った. 本論文はこれまで本セミナーシリーズで展開してきたフーリエ変換理論の頂点であり, 生き物と死に物の境界に位置する対象研究の魁である.
  • Restoration and extrapolation of band-limited signals : Framework for Visualization of Invisible Strategic Logic, Takahashi K., Matsuzaki T., Hirano G., T. Kaida, M. Fujio, S. Kanemitsu, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University, 20, 10, 14,   2014年
    概要:[概要] [17], [6]では, 帯域制限信号復元をシャノンのサンプリング定理に基づいて議論したが, その成り立つ所以までは述べなかった。 本論文では, 殆ど至るところフーリエ逆変換を与える強力なカールソンの基本定理から始め, すべての値での逆変換を主張するペイリーウィーナー定理に至る。 ペイリーウィーナー定理は, 関数論的な意味合いのものであり, 整関数--すなわち全平面で正則な関数の制限である関数に対してフーリエ逆変換がすべての点でなりたつことを主張する。 信号復元においては, 殆どの信号が指数関数であることに鑑みてこの制限は妥当のように思われる。 さらにベルンシュタイン多項式, ベルンシュタイン基本関数の初歩も述べる。 本論文は, 最後に述べるinterdisciplinary seminarsのwork-outsである。 [Abstract] In our previous reports [17], [6], we discussed restoration of band-limited signals by the Shannon sampling theorem without resorting to the underlying principle. In this paper, we shall discuss Carlson's theorem giving rise to the Fourier inversion a. e. and the Paley-Wiener theorem giving rise to the inversion for all values of the variable. The latter theorem is of rather function-theoretic type and holds true for the L^2-restriction of an integral function, i. e. a function which is analytic over the whole plane. This restriction looks rather natural in signal restoration since most of the signals are assumed to be an exponential function. We also discuss some elements of the Bernstein polynomials and Bernstein basic functions. This paper is a work-out of the interdisciplinary seminars whose record is stated at the end.
  • Semi-Blind Channel Estimation for QAM-OFDM System, 五反田 博, 松崎 隆哲, 白土 浩, 十川勇人, 田中 宏典, The 45th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, SB2-4,   2013年11月
  • Studies on Real Time DOA Estimation Based on DUET, 五反田 博, 平野 剛, 松崎 隆哲, 白土 浩, 岩崎宣生, 井上勝裕, International Conference on Innovative Computing, Information and Control, 5, 2, 377, 386,   2013年09月, 査読有り
  • Legitimation of the use of fancy tools, 平野 剛, 高橋 圭一, 戒田 高康, 金光 滋, 松崎 隆哲, かやのもり, 16, 8, 14,   2012年07月
  • The Cool'n Tacky al-Khwarizmi, TAKAHASHI K., HIRANO G., KAIDA T., KANEMITSU S., MATSUZAKI T., かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告, かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告, 17, 17, 22,   2012年
    概要:[概要] 本論文は、月一回開催している学際セミナーのとくに、2012年度第14回、第15回セミナーで取り上げた「Elucidation and generalization of the Cooley-TUkey algorithm-CTA」において展開した、離散フーリエ変換の計算量を低減するアルゴリズムであるCTAを、群の表現を用いるダイアコーニス等の方法を用いて明らかにし、合わせて群とその表現(とくに群行列)の基礎を述べたものである。本セミナーの目的の一つである、大学教育における新たな教科書を作成する大いなる一歩であると確信している。本論文では、アーベル群の場合をのみを扱っているが、目標は、アウスランダー等の行った、冪零群の場合の非アーベル的フーリエ変換の計算量の低減を目標とする。ダイアコーニスの場合は、表現を付随させたベクトル値関数であり、ヴェンコフの場合のスペクトル理論の精神と類似しており、将来表現論的保型形式の研究にも通ずると信ずる。   [Abstract] In this paper, we shall elucidate the celebrated Cooley-Tukey (Cool and Tacky) algorithm [4] from representation-theoretic view point, following [6] in general and [1] in the case of nilpotent groups. We are concerned with non-Abelian Fourier transforms, which have many applications including one of the symmetric groups to statistics. Considering the Fourier transform with vector-valued function is rather efficient and can be studied together with Venkov's theory of automorphic forms with representations [17], [18], to be pursued subsequently. We shall also give some preliminaries on groups, linear representation of groups and group matrices.
  • 線形回帰数列とその応用, 高橋 圭一, 平野 剛, 戒田 高康, 金光 滋, 松崎 隆哲, かやのもり, 15, 13, 20,   2011年12月
  • Protection of Personal Information based on User Preference, 高橋 健一, 松崎 隆哲, 川村 尚生 菅原 一孔, 峯 恒憲, International Journal of New Computer Architectures and Their Applications (IJNCAA), 1, 4, 822, 834,   2011年09月, 査読有り
  • Record of the second and third interdisciplinary seminars, 高橋 圭一, 平野 剛, 戒田 高康, 金光 滋, 塚田 春雄, 松崎 隆哲, かやのもり, 14, 64, 72,   2011年07月
  • Customized Program Protection for a User Customized Data Protection Framework, 高橋 健一, 松崎 隆哲, 峯 恒憲 櫻井 幸一, Proc. of 2011 IEEE International Conference on Computer Science and Automation Engineering, 643, 649,   2011年06月
  • Security as a Service for User Customized Data Protection, 高橋 健一, 松崎 隆哲, 川村 尚生 菅原 一孔, 峯 恒憲, Proc. of The 2nd International Conference on Software Engineering and Computer Systems, 298, 309,   2011年06月
  • モータ制御をベースとしたエネルギー・情報・制御教育教材の開発, 園田 敏勝, 久良 修郭, 原谷 直実, 平野 剛, 松崎 隆哲,   2010年12月
  • Thread Control Mechanism for Multithreading Processor, 松崎 隆哲, 浦島 望, 雨宮 真人, Proceedings of The 2010 International Conference on Computer Design (CDES'10), 81, 87,   2010年07月
  • Fuceプロセッサ上での継続モデルによる並列I/O処理, 泉雅昭, 松崎 隆哲, 日下部茂, 谷口秀夫, 長谷川隆三, 雨宮真人, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 13, 2, 81, 88,   2008年09月
  • Fuce: The Continuation-based Multithreading Processor, 雨宮聡史, 松崎 隆哲, 泉雅昭 長谷川隆三 雨宮真人, Proceedings of the 4th international conference on Computing frontiers 2007, 213, 224,   2007年05月
  • 継続モデルによるH/W・S/W協調並列I/O処理モデルの提案, 泉雅昭, 松崎 隆哲, 青野光洋, 雨宮聡史, 日下部茂, 谷口秀夫, 長谷川隆三, 雨宮真人, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 12, 1, 41, 47,   2007年03月
  • The Fuce processor: The Execution Model and The Programming Methodologies, 雨宮聡史, 松崎 隆哲, 泉雅昭, 雨宮真人, Proceedings of The 2006 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques a, 485, 491,   2006年06月
  • スレッドレベル並列処理プロセッサFUCEのハードウェア構成とその評価, 松崎 隆哲, 雨宮聡史, 泉雅昭, 雨宮真人, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 11, 1, 39, 44,   2006年03月
  • The Continuation-model-based Multi-threading Processor, 泉雅昭, 松崎 隆哲, 雨宮聡史, 雨宮真人, Proceedings of WORKSHOP on UNIQUE CHIPS and SYSTEMS (UCAS-2), 33, 40,   2006年03月, 査読有り
  • FUCEプロセッサにおけるスレッド管理機構, 松崎 隆哲, 大庭直行, 雨宮真人, 九州大学情報基盤センター年報, 3, 21, 30,   2003年03月, 査読有り
  • An Architecture of Fusing Communication and Execution for Global Distributed Processing, 雨宮真人, 松崎 隆哲, 谷口秀夫, Parallel Processing Letters, 11, 1, 7, 24,   2001年03月
  • An Architecture of On-Chip-Memory Multi-threading Processor, 松崎 隆哲, 冨安洋史, 雨宮真人, Proceedings of the 2001 International Workshop on Innovative Architecture (IWIA '01), 28,   2001年01月