KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

松田 一彦マツダ カズヒコ

プロフィール

所属部署名農学部 応用生命化学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門農薬科学、神経化学、化学生態学
ジャンル経営・産業/農林
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/152-matsuda-kazuhiko.html
ホームページURLhttp://www.nara.kindai.ac.jp/
メールアドレスkmatsuda[at]nara.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    神経作用性殺虫剤、昆虫と植物の化学交信、植物における二次代謝物質の生合成のしくみ等についてコメントできます。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1987年03月, 京都大学, 農学研究科, 農芸化学専攻修士課程修了
  •  - 1985年03月, 京都大学, 農学部, 農芸化学科卒業

経歴

  •   1987年04月,  - 1993年03月, 近畿大学農学部助手
  •   1993年04月,  - 1998年03月, 近畿大学農学部講師
  •   1998年04月,  - 2005年03月, 近畿大学農学部助教授
  •   2005年04月,  - 現在,     近畿大学農学部教授

研究活動情報

研究分野

  • 生体分子科学, 生物分子化学, 生合成、化学生態学
  • 農芸化学, 生物生産化学・生物有機化学

研究キーワード

  • 神経活性物質, 昆虫制御物質, ケミカルバイオロジー, 共生微生物, 揮発性分子を介した植物間相互作用, ピレスリン生合成

論文

  • Splice Variants of pH-Sensitive Chloride Channel Identify a Key Determinant of Ivermectin Sensitivity in the Larvae of the Silkworm Bombyx mori., Okuhara D, Furutani S, Ito K, Ihara M, Matsuda K, Molecular pharmacology, 92, 4, 491, 499,   2017年10月, 査読有り
  • An L319F mutation in transmembrane region 3 (TM3) selectively reduces sensitivity to okaramine B of the Bombyx mori l-glutamate-gated chloride channel., Furutani S, Okuhara D, Hashimoto A, Ihara M, Kai K, Hayashi H, Sattelle DB, Matsuda K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 81, 10, 1861, 1867,   2017年10月, 査読有り
  • Flupyrimin: A Novel Insecticide Acting at the Nicotinic Acetylcholine Receptors., Onozaki Y, Horikoshi R, Ohno I, Kitsuda S, Durkin KA, Suzuki T, Asahara C, Hiroki N, Komabashiri R, Shimizu R, Furutani S, Ihara M, Matsuda K, Mitomi M, Kagabu S, Uomoto K, Tomizawa M, Journal of agricultural and food chemistry, 65, 36, 7865, 7873,   2017年09月, 査読有り
  • Elucidation of the biosynthetic pathway of cis-jasmone in Lasiodiplodia theobromae., Matsui R, Amano N, Takahashi K, Taguchi Y, Saburi W, Mori H, Kondo N, Matsuda K, Matsuura H, Scientific reports, 7, 1, 6688,   2017年07月, 査読有り
  • Loops D, E and G in the Drosophila Dα1 subunit contribute to high neonicotinoid sensitivity of Dα1-chicken β2 nicotinic acetylcholine receptor., Ihara M, Hikida M, Matsushita H, Yamanaka K, Kishimoto Y, Kubo K, Watanabe S, Sakamoto M, Matsui K, Yamaguchi A, Okuhara D, Furutani S, Sattelle DB, Matsuda K, British journal of pharmacology,   2017年06月, 査読有り
  • Okaramine insecticidal alkaloids show similar activity on both exon 3c and exon 3b variants of glutamate-gated chloride channels of the larval silkworm, Bombyx mori., Furutani S, Ihara M, Kai K, Tanaka K, Sattelle DB, Hayashi H, Matsuda K, Neurotoxicology, 60, 240, 244,   2017年05月, 査読有り
  • Modes of Action, Resistance and Toxicity of Insecticides Targeting Nicotinic Acetylcholine Receptors., Ihara M, Buckingham SD, Matsuda K, Sattelle DB, Current medicinal chemistry, 24, 27, 2925, 2934,   2017年, 査読有り
  • Mechanisms of Action, Resistance and Toxicity of Insecticides Targeting GABA Receptors., Buckingham SD, Ihara M, Sattelle DB, Matsuda K, Current medicinal chemistry, 24, 27, 2935, 2945,   2017年, 査読有り
  • Ivermectin modulation of pH-sensitive chloride channels in the silkworm larvae of Bombyx mori., Nakatani Y, Furutani S, Ihara M, Matsuda K, Pesticide biochemistry and physiology, 126, 1, 5,   2016年01月, 査読有り
  • Selective regulation of pyrethrin biosynthesis by the specific blend of wound induced volatiles in Tanacetum cinerariifolium., Sakamori K, Ono N, Ihara M, Suzuki H, Matsuura H, Tanaka K, Ohta D, Kanaya S, Matsuda K, Plant signaling & behavior, 11, 4, e1149675,   2016年, 査読有り
  • Probing new components (loop G and the α-α interface) of neonicotinoid binding sites on nicotinic acetylcholine receptors., Ihara M, Sattelle DB, Matsuda K, Pesticide biochemistry and physiology, 121, 47, 52,   2015年06月, 査読有り
  • Synthesis of photoreactive ivermectin B1a derivatives and their actions on Haemonchus and Bombyx glutamate-gated chloride channels., Fuse T, Ikeda I, Kita T, Furutani S, Nakajima H, Matsuda K, Ozoe F, Ozoe Y, Pesticide biochemistry and physiology, 120, 82, 90,   2015年05月, 査読有り
  • Meroterpenoid Chrodrimanins Are Selective and Potent Blockers of Insect GABA-Gated Chloride Channels., Xu Y, Furutani S, Ihara M, Ling Y, Yang X, Kai K, Hayashi H, Matsuda K, PloS one, 10, 4, e0122629,   2015年, 査読有り
  • Exon 3 splicing and mutagenesis identify residues influencing cell surface density of heterologously expressed silkworm (Bombyx mori) glutamate-gated chloride channels., Furutani S, Ihara M, Nishino Y, Akamatsu M, Jones AK, Sattelle DB, Matsuda K, Molecular pharmacology, 86, 6, 686, 695,   2014年12月, 査読有り
  • Studies on an acetylcholine binding protein identify a basic residue in loop G on the β1 strand as a new structural determinant of neonicotinoid actions., Ihara M, Okajima T, Yamashita A, Oda T, Asano T, Matsui M, Sattelle DB, Matsuda K, Molecular pharmacology, 86, 6, 736, 746,   2014年12月, 査読有り
  • GluCl a target of indole alkaloid okaramines: a 25 year enigma solved., Furutani S, Nakatani Y, Miura Y, Ihara M, Kai K, Hayashi H, Matsuda K, Scientific reports, 4, 6190,   2014年08月, 査読有り
  • Functional characterisation of a nicotinic acetylcholine receptor α subunit from the brown dog tick, Rhipicephalus sanguineus., Lees K, Jones AK, Matsuda K, Akamatsu M, Sattelle DB, Woods DJ, Bowman AS, International journal for parasitology, 44, 75, 81,   2014年01月, 査読有り
  • A single amino acid polymorphism in the Drosophila melanogaster Dα1 (ALS) subunit enhances neonicotinoid efficacy at Dα1-chicken β2 hybrid nicotinic acetylcholine receptor expressed in Xenopus laevis oocytes., Ihara M, Shimazu N, Utsunomiya M, Akamatsu M, Sattelle DB, Matsuda K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 78, 4, 543, 549,   2014年, 査読有り
  • Dr. Kathleen Drew-Baker, "Mother of the Sea", a Manchester scientist celebrated each year for half a century in Japan., Harris C, Matsuda K, Sattelle DB, BioEssays : news and reviews in molecular, cellular and developmental biology, 35, 838, 839,   2013年09月, 査読有り
  • Electrophysiological evidence for 4-isobutyl-3-isopropylbicyclophosphorothionate as a selective blocker of insect GABA-gated chloride channels., Akiyoshi Y, Ju XL, Furutani S, Matsuda K, Ozoe Y, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 23, 3373, 3376,   2013年06月, 査読有り
  • 天然殺虫成分ピレスリンのエステル結合形成機構の解明, 松田 一彦, 化学と生物, 51, 70, 73,   2013年
  • Requirement of catalytic-triad and related amino acids for the acyltransferase activity of Tanacetum cinerariifolium GDSL lipase/esterase TcGLIP for ester-bond formation in pyrethrin biosynthesis., Kikuta Y, Yamada G, Mitsumori T, Takeuchi T, Nakayama K, Katsuda Y, Hatanaka A, Matsuda K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 1822, 1825,   2013年, 査読有り
  • Competitive antagonism of insect GABA receptors by iminopyridazine derivatives of GABA., Rahman MM, Akiyoshi Y, Furutani S, Matsuda K, Furuta K, Ikeda I, Ozoe Y, Bioorganic & medicinal chemistry, 20, 5957, 5964,   2012年10月, 査読有り
  • Identification and characterization of a GDSL lipase-like protein that catalyzes the ester-forming reaction for pyrethrin biosynthesis in Tanacetum cinerariifolium- a new target for plant protection., Kikuta Y, Ueda H, Takahashi M, Mitsumori T, Yamada G, Sakamori K, Takeda K, Furutani S, Nakayama K, Katsuda Y, Hatanaka A, Matsuda K, The Plant journal : for cell and molecular biology, 71, 183, 193,   2012年07月, 査読有り
  • A novel action of highly specific acaricide; bifenazate as a synergist for a GABA-gated chloride channel of Tetranychus urticae [Acari: Tetranychidae]., Hiragaki S, Kobayashi T, Ochiai N, Toshima K, Dekeyser MA, Matsuda K, Takeda M, Neurotoxicology, 33, 307, 313,   2012年06月, 査読有り
  • Amino acid residues of both the extracellular and transmembrane domains influence binding of the antiparasitic agent milbemycin to Haemonchus contortus AVR-14B glutamate-gated chloride channels., Yamaguchi M, Sawa Y, Matsuda K, Ozoe F, Ozoe Y, Biochemical and biophysical research communications, 419, 562, 566,   2012年03月, 査読有り
  • Plant communication: mediated by individual or blended VOCs?, Ueda H, Kikuta Y, Matsuda K, Plant signaling & behavior, 7, 222, 226,   2012年02月, 査読有り
  • 標的受容体の構造変異に起因する殺虫剤抵抗性と展望-ネオニコチノイドの事例-, 松田 一彦, 日本農薬学会誌, 37, 402, 404,   2012年
  • Pyrethrin biosynthesis and its regulation in Chrysanthemum cinerariaefolium., Matsuda K, Topics in current chemistry, 314, 73, 81,   2012年, 査読有り
  • A fungal metabolite asperparaline a strongly and selectively blocks insect nicotinic acetylcholine receptors: the first report on the mode of action., Hirata K, Kataoka S, Furutani S, Hayashi H, Matsuda K, PloS one, 6, e18354,   2011年04月, 査読有り
  • Specific regulation of pyrethrin biosynthesis in Chrysanthemum cinerariaefolium by a blend of volatiles emitted from artificially damaged conspecific plants., Kikuta Y, Ueda H, Nakayama K, Katsuda Y, Ozawa R, Takabayashi J, Hatanaka A, Matsuda K, Plant & cell physiology, 52, 588, 596,   2011年03月, 査読有り
  • Three austin family compounds from Penicillium brasilianum exhibit selective blocking action on cockroach nicotinic acetylcholine receptors., Kataoka S, Furutani S, Hirata K, Hayashi H, Matsuda K, Neurotoxicology, 32, 123, 129,   2011年01月, 査読有り
  • Comparative pharmacology and computational modelling yield insights into allosteric modulation of human alpha7 nicotinic acetylcholine receptors., Sattelle DB, Buckingham SD, Akamatsu M, Matsuda K, Pienaar IS, Jones AK, Sattelle BM, Almond A, Blundell CD, Biochemical pharmacology, 78, 836, 843,   2009年10月, 査読有り
  • Diverse actions and target-site selectivity of neonicotinoids: structural insights., Matsuda K, Kanaoka S, Akamatsu M, Sattelle DB, Molecular pharmacology, 76, 1, 10,   2009年07月, 査読有り
  • Splice-variant- and stage-specific RNA editing of the Drosophila GABA receptor modulates agonist potency., Jones AK, Buckingham SD, Papadaki M, Yokota M, Sattelle BM, Matsuda K, Sattelle DB, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 29, 4287, 4292,   2009年04月, 査読有り
  • Combined roles of loops C and D in the interactions of a neonicotinoid insecticide imidacloprid with the alpha4beta2 nicotinic acetylcholine receptor., Toshima K, Kanaoka S, Yamada A, Tarumoto K, Akamatsu M, Sattelle DB, Matsuda K, Neuropharmacology, 56, 264, 272,   2009年01月, 査読有り
  • 神経作用性殺虫剤のターゲット:ゲノム情報、多様化および調節, 松田一彦, 植物防疫, 63, 19, 21,   2009年
  • Actions of quinolizidine alkaloids on Periplaneta americana nicotinic acetylcholine receptors., Liu L, Alam MS, Hirata K, Matsuda K, Ozoe Y, Pest management science, 64, 1222, 1228,   2008年12月, 査読有り
  • A role for Leu118 of loop E in agonist binding to the alpha 7 nicotinic acetylcholine receptor., Amiri S, Shimomura M, Vijayan R, Nishiwaki H, Akamatsu M, Matsuda K, Jones AK, Sansom MS, Biggin PC, Sattelle DB, Molecular pharmacology, 73, 1659, 1667,   2008年06月, 査読有り
  • Crystal structures of Lymnaea stagnalis AChBP in complex with neonicotinoid insecticides imidacloprid and clothianidin., Ihara M, Okajima T, Yamashita A, Oda T, Hirata K, Nishiwaki H, Morimoto T, Akamatsu M, Ashikawa Y, Kuroda S, Mega R, Kuramitsu S, Sattelle DB, Matsuda K, Invertebrate neuroscience : IN, 8, 71, 81,   2008年06月, 査読有り
  • The intermediate domain defines broad nucleotide selectivity for protein folding in Chlamydophila GroEL1., Okuda H, Sakuhana C, Yamamoto R, Mizukami Y, Kawai R, Sumita Y, Koga M, Shirai M, Matsuda K, The Journal of biological chemistry, 283, 9300, 9307,   2008年04月, 査読有り
  • Cy3-3-acylcholine: a fluorescent analogue of acetylcholine for single molecule detection., Fujimoto K, Yoshimura Y, Ihara M, Matsuda K, Takeuchi Y, Aoki T, Ide T, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 18, 1106, 1109,   2008年02月, 査読有り
  • Effects of divalent cations on encapsulation and release in the GroEL-assisted folding., Okuda H, Sakuhana C, Yamamoto R, Kawai R, Mizukami Y, Matsuda K, Biometals : an international journal on the role of metal ions in biology, biochemistry, and medicine, 20, 903, 910,   2007年12月, 査読有り
  • Blocking actions of alkylene-tethered bis-neonicotinoids on nicotinic acetylcholine receptors expressed by terminal abdominal ganglion neurons of Periplaneta americana., Ihara M, Hirata K, Ishida C, Kagabu S, Matsuda K, Neuroscience letters, 425, 137, 140,   2007年10月, 査読有り
  • Insecticidal bacteria isolated from predatory larvae of the antlion species Myrmeleon bore (Neuroptera: Myrmeleontidae)., Nishiwaki H, Ito K, Shimomura M, Nakashima K, Matsuda K, Journal of invertebrate pathology, 96, 80, 88,   2007年09月, 査読有り
  • Proinsecticide candidates N-(5-methyl-2-oxo-1,3-dioxol-4-yl)methyl derivatives of imidacloprid and 1-chlorothiazolylmethyl-2-nitroimino-imidazolidine., Ohno I, Hirata K, Ishida C, Ihara M, Matsuda K, Kagabu S, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 17, 4500, 4503,   2007年08月, 査読有り
  • Cloning, functional characterization, and mode of action of a novel insecticidal pore-forming toxin, sphaericolysin, produced by Bacillus sphaericus., Nishiwaki H, Nakashima K, Ishida C, Kawamura T, Matsuda K, Applied and environmental microbiology, 73, 3404, 3411,   2007年05月, 査読有り
  • Molecular pharmacology of insect ion channels and implications for insect toxicology., Matsuda K, Ozoe Y, Sattelle DB, Invertebrate neuroscience : IN, 7, 1, 2,   2007年03月, 査読有り
  • A hypothesis to account for the selective and diverse actions of neonicotinoid insecticides at their molecular targets, nicotinic acetylcholine receptors: catch and release in hydrogen bond networks., Ihara M, Shimomura M, Ishida C, Nishiwaki H, Akamatsu M, Sattelle DB, Matsuda K, Invertebrate neuroscience : IN, 7, 47, 51,   2007年03月, 査読有り
  • Neonicotinoid insecticides display partial and super agonist actions on native insect nicotinic acetylcholine receptors., Brown LA, Ihara M, Buckingham SD, Matsuda K, Sattelle DB, Journal of neurochemistry, 99, 608, 615,   2006年10月, 査読有り
  • Role in the selectivity of neonicotinoids of insect-specific basic residues in loop D of the nicotinic acetylcholine receptor agonist binding site., Shimomura M, Yokota M, Ihara M, Akamatsu M, Sattelle DB, Matsuda K, Molecular pharmacology, 70, 1255, 1263,   2006年10月, 査読有り
  • Alpha7 mutants mimicking atypical motifs (YxxCC of loop-C, and E to H at -1' in TM2) in the C. elegans LEV-8 subunit affect nicotinic acetylcholine receptor function., Towers PR, Pym L, Yokota M, Matsuda K, Sattelle DB, Invertebrate neuroscience : IN, 6, 69, 73,   2006年06月, 査読有り
  • Differential blocking actions of 4'-ethynyl-4-n-propylbicycloorthobenzoate (EBOB) and gamma-hexachlorocyclohexane (gamma-HCH) on gamma-aminobutyric acid- and glutamate-induced responses of American cockroach neurons., Ihara M, Ishida C, Okuda H, Ozoe Y, Matsuda K, Invertebrate neuroscience : IN, 5, 157, 164,   2005年11月, 査読有り
  • Ion channels: molecular targets of neuroactive insecticides., Raymond-Delpech V, Matsuda K, Sattelle BM, Rauh JJ, Sattelle DB, Invertebrate neuroscience : IN, 5, 119, 133,   2005年11月, 査読有り
  • Insect-vertebrate chimeric nicotinic acetylcholine receptors identify a region, loop B to the N-terminus of the Drosophila Dalpha2 subunit, which contributes to neonicotinoid sensitivity., Shimomura M, Satoh H, Yokota M, Ihara M, Matsuda K, Sattelle DB, Neuroscience letters, 385, 168, 172,   2005年09月, 査読有り
  • Neonicotinoids show selective and diverse actions on their nicotinic receptor targets: electrophysiology, molecular biology, and receptor modeling studies., Matsuda K, Shimomura M, Ihara M, Akamatsu M, Sattelle DB, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 69, 1442, 1452,   2005年08月, 査読有り
  • Biosynthesis of pyrethrin I in seedlings of Chrysanthemum cinerariaefolium., Matsuda K, Kikuta Y, Haba A, Nakayama K, Katsuda Y, Hatanaka A, Komai K, Phytochemistry, 66, 1529, 1535,   2005年07月, 査読有り
  • Inhibitory actions of several natural products on proliferation of rat vascular smooth muscle cells induced by Hsp60 from Chlamydia pneumoniae J138., Fukuoka K, Sawabe A, Sugimoto T, Koga M, Okuda H, Kitayama T, Shirai M, Komai K, Komemushi S, Matsuda K, Journal of agricultural and food chemistry, 52, 6326, 6329,   2004年10月, 査読有り
  • Evaluation of calcium-alginate gel as an artificial diet medium for bioassays on common cutworms., Morimoto M, Matsuda K, Ohta Y, Ihara T, Komai K, Journal of agricultural and food chemistry, 52, 4737, 4739,   2004年07月, 査読有り
  • Roles of loop C and the loop B-C interval of the nicotinic receptor alpha subunit in its selective interactions with imidacloprid in insects., Shimomura M, Yokota M, Matsuda K, Sattelle DB, Komai K, Neuroscience letters, 363, 195, 198,   2004年06月, 査読有り
  • [Functions of extracellular GroELs]., Matsuda K, Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 49, 854,   2004年05月, 査読有り
  • Super agonist actions of clothianidin and related compounds on the SAD beta 2 nicotinic acetylcholine receptor expressed in Xenopus laevis oocytes., Ihara M, Matsuda K, Shimomura M, Sattelle DB, Komai K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 68, 761, 763,   2004年03月, 査読有り
  • Purification and functional characterization of insecticidal sphingomyelinase C produced by Bacillus cereus., Nishiwaki H, Ito K, Otsuki K, Yamamoto H, Komai K, Matsuda K, European journal of biochemistry / FEBS, 271, 601, 606,   2004年02月, 査読有り
  • Action of nereistoxin on recombinant neuronal nicotinic acetylcholine receptors expressed in Xenopus laevis oocytes., Raymond Delpech V, Ihara M, Coddou C, Matsuda K, Sattelle DB, Invertebrate neuroscience : IN, 5, 29, 35,   2003年11月, 査読有り
  • Combinatorial mutations in loops D and F strongly influence responses of the alpha7 nicotinic acetylcholine receptor to imidacloprid., Shimomura M, Yokota M, Okumura M, Matsuda K, Akamatsu M, Sattelle DB, Komai K, Brain research, 991, 71, 77,   2003年11月, 査読有り
  • Correlations of the electrophysiological activity of neonicotinoids with their binding and insecticidal activities., Nishiwaki H, Nakagawa Y, Kuwamura M, Sato K, Akamatsu M, Matsuda K, Komai K, Miyagawa H, Pest management science, 59, 1023, 1030,   2003年09月, 査読有り
  • Diverse actions of neonicotinoids on chicken alpha7, alpha4beta2 and Drosophila-chicken SADbeta2 and ALSbeta2 hybrid nicotinic acetylcholine receptors expressed in Xenopus laevis oocytes., Ihara M, Matsuda K, Otake M, Kuwamura M, Shimomura M, Komai K, Akamatsu M, Raymond V, Sattelle DB, Neuropharmacology, 45, 133, 144,   2003年07月, 査読有り
  • Effects of mutations of a glutamine residue in loop D of the alpha7 nicotinic acetylcholine receptor on agonist profiles for neonicotinoid insecticides and related ligands., Shimomura M, Okuda H, Matsuda K, Komai K, Akamatsu M, Sattelle DB, British journal of pharmacology, 137, 162, 169,   2002年09月, 査読有り
  • Actions of clothianidin and related compounds on recombinant nicotinic acetylcholine receptors expressed in Xenopus laevis oocytes., 伊原 誠, 松田 一彦, David B. Sattelle, Neurotox 2003: Neurotoxicological Targets from Functional Genomics and Proteomics, 19, 24,   2004年
  • Mechanism of selective action of neonicotinoids on insect nicotinic acetylcholine receptors., 松田 一彦, David B. Sattelle, New Discoveries in Agrochemicals, 892, 172, 182,   2005年
  • 種レベルで選択性をもつ昆虫制御剤開発のための標的遺伝子の研究状況, 松田 一彦, 篠田徹郎, 塩月孝博, 植物防疫, 60, 478, 482,   2006年
    概要:従来の昆虫制御剤の多くは神経受容体を標的にしている。そのため種レベルでの選択性は期待できない。しかし、近年の昆虫ゲノムプロジェクトの進展にともない、種レベルで選択性を有する昆虫制御剤の設計も夢ではなくなった。このような背景をもとに、本総説では、環境・生態に優しい昆虫制御剤の標的候補について記述した。

書籍等出版物

  • "γ-Aminobutyric Acid Receptors: A Rationale for Developing Selective Insect Pest Control Chemicals" In Biorational Control of Arthropod Pests: Application and Resistance Managements, 共著, Springer,   2009年
  • "Molecular basis of selectivity of neonicotinoids" In Pesticide Chemistry, Wiley-VCH,   2007年
  • "Mechanism of selective action of neonicotinoids on insect nicotinic acetylcholine receptors" In New Discoveries in Agrochemicals eds, American Chemical Society,   2005年

講演・口頭発表等

  • Modulation of ligand-gated chloride channels by fungal metabolites produced in response to plant factors, 松田 一彦, The joint meeting of the 33rd annual meeting of the International Society of Chemical Ecology and the 9th meeting of the Asia-Pacific Association of Chemical Ecologists,   2017年09月
  • Canonical and non-canonical binding sites of neonicotinoids determining their selective actions on insect nicotinic acetylcholine receptors, 松田 一彦, The 254th ACS National Meeting & Exposition,   2017年08月
  • Loop D-E-G triangle in fruit fly Dα1 subunit contributes to high neonicotinoid sensitivity of Dα1-chicken β2 hybrid nicotinic acetylcholine receptor, 松田 一彦, 2017 Nicotinic Acetylcholine Receptor,   2017年05月
  • 選択的生物制御の道を拓くアグリケミカルバイオロジー, 松田 一彦, 2017年度日本農芸化学会大会 シンポジウム3CS01 いまさら聞けない農芸化学,   2017年03月
  • The α–α interface: a hidden binding site of neonicotinoids at nicotinic acetylcholine receptors, 松田 一彦, XXV International Congress of Entomology (ICE 2016),   2016年09月
  • アルギン酸カルシウムゲルを用いた鱗翅目幼虫に対する摂食毒性試験, 森本 正則, 松田 一彦, 駒井 功一郎, 日本農芸化学会 2002 年度大会,   2002年03月, 日本農芸化学会 2002 年度大会
    概要:熱失活や昆虫試料による供試化合物の変性を低減する為に、 アルギン酸カルシウムゲルを用いた昆虫飼料を成型・給餌する生物検定法を提案し、 本法を用いた数種の活性既知化合物の評価を行った。
  • 昆虫培養細胞に対する殺虫剤の電気生理学的作用評価, 伊原 誠, 松田 一彦, 石田 知春, 駒井 功一郎, 昆虫work shop,   2004年05月, 昆虫work shop
  • Association of Insect Pathogens with the Crop of Myrmeleon bore Larvae, 松田 一彦, 伊藤 克彦, 中島 健太, 西脇 寿, 駒井 功一郎, International Conference of Entomology,   2004年08月, International Conference of Entomology
  • Purification and functional characterization of insecticidal sphingomyelinase C produced by Bacillus cereus, 西脇 寿, 松田 一彦, 伊藤 克彦, 中島 健太, 駒井 功一郎, International Conference of Entomology,   2004年08月, International Conference of Entomology
  • Possible involvement of microorganisms in the production of Tetranychus urticae-induced lima bean leaf volatiles, Wakana Sasaki, 松田 一彦, Rie Ogasa, Rika Ozawa, Junji Takabayashi, International Conference of Entomology,   2004年08月, International Conference of Entomology
  • Electrophysiological evaluation of neonicotinoid actions on insect native neurons, 伊原 誠, 松田 一彦, 石田 知春, 駒井 功一郎, International Conference of Entomology,   2004年08月, International Conference of Entomology
  • Role of Loop C and the Loop B-C interval of the nicotinic receptor ? subunit in the selective interactions with imidacloprid, 下村 勝, 松田 一彦, Maiko Yokota, 駒井 功一郎, David B. Sattelle, International Conference of Entomology,   2004年08月, International Conference of Entomology
  • 注射法によるアリジゴク共生菌の昆虫感染性評価, 中島 健太, 松田 一彦, 西脇 寿, 伊藤 克彦, 駒井 功一郎, 日本農芸化学会2004年度関西支部大会,   2004年10月, 日本農芸化学会2004年度関西支部大会
  • ニコチン性アセチルコリン受容体-イミダクロプリド複合体モデルの改良, 下村 勝, 松田 一彦, 駒井 功一郎, 京都大学大学院 農学研究科, 農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 農芸化学会2005年度大会
  • 殺虫剤イミダクロプリドの選択的相互作用に対する昆虫ニコチン性アセチルコリン受容体αサブユニットのN末端近傍領域の寄与, 佐藤 仁 , 松田 一彦, 駒井 功一郎, 下村 勝, 京都大学大学院農学研究科, 農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 農芸化学会2005年度大会
  • 昆虫の神経細胞に存在する抑制性GABA・Glutamate受容体に対するEBOBの作用, 伊原 誠, 松田 一彦, 石田 知春, 駒井 功一郎, 島根大学 生物資源科学部, 農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 農芸化学会2005年度大会
  • ある種のBacillus属細菌が生産する即効性の殺虫性タンパク質, 西脇 寿, 松田 一彦, 中島 健太, 駒井 功一郎, 農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 農芸化学会2005年度大会
  • イエバエリガンド作動性クロライドチャネルの発現と機能解析, 江口 陽子, 松田 一彦, 伊原 誠, 越智 絵里奈, 須蒲 央 濱崎 優美子 和田 雅史 尾添 富美代 尾添 嘉久, 農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 農芸化学会2005年度大会
  • 除虫菊の子房で発現する遺伝子の解析, 菊田 幸雄, 松田 一彦, 幅 敦司, 駒井 功一郎, 中山 幸治 勝田 純郎 , 畑中 顕和, 農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 農芸化学会2005年度大会
  • 肺炎クラミジアシャペロニンGroEL1/ESのタンパク質リフォールディング活性, 奥田 博史, 松田 一彦, 作花 千早, 駒井 功一郎, 農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 農芸化学会2005年度大会
  • ショウジョウバエKenyon細胞に対するネオニコチノイドの作用, 伊原 誠, 松田 一彦, 駒井 功一郎, 日本農薬学会第30回大会,   2005年03月, 日本農薬学会第30回大会
  • 注射法によるアリジゴク共生菌の昆虫感染性評価, 中島 健太, 松田 一彦, 西脇 寿, 伊藤 克彦, 駒井 功一郎, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 日本農芸化学会2005年度大会
  • Molecular Mechanism of Selective Toxicity of Neonicotinoids., 下村 勝, 松田 一彦, David B. Sattelle, 赤松 美紀, The Seventh China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development.,   2005年09月, The Seventh China-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development.
  • 昆虫の抑制性神経受容体に対するEBOBの多様な作用, 石田 知春, 松田 一彦, 伊原 誠, 農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会,   2005年09月, 農芸化学会2005年度関西・中四国・西日本支部合同大会
  • Toward a molecular mechanism for the selectivity of neonicotinoids, 松田 一彦, 下村 勝, 伊原 誠, David B. Sattelle, 9th Int'l Symposium on Neurobehavioral Methods and Effects in Occupational and Environemental Health,   2005年09月, 9th Int'l Symposium on Neurobehavioral Methods and Effects in Occupational and Environemental Health
  • Bacteria flora in the crop of antlions as revealed by ribosomal RNA gene sequencing., 下村 勝, 松田 一彦, 西脇 寿, 中島 健太, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology.,   2005年10月, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology.
  • Development of an artificial diet for evaluating the oral insect toxicity of microorganisms., 中島 健太, 松田 一彦, 西脇 寿, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology,   2005年10月, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology
  • Association of insect pathogens with antlions., 西脇 寿, 松田 一彦, 伊藤 克彦, 中島 健太, 下村 勝, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology,   2005年10月, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology
  • 肺炎クラミジアJ138株由来シャペロニンGroEL1のタンパク質リフォールディング活性, 奥田 博史, 松田 一彦, 作花 千早, 山本 梨紗, 日本生化学会,   2005年10月, 日本生化学会
  • 殺虫剤イミダクロプリドとの選択的相互作用に関わるニコチン性アセチルコリン受容体?サブユニットの構造因子, 下村 勝, 松田 一彦, 佐藤 仁, David B. Sattelle, 第33回構造活性相関シンポジウム,   2005年11月, 第33回構造活性相関シンポジウム
  • 肺炎クラミジアGroEL1/ESのタンパク質リフォールディング活性におけるカチオン選択性, 奥田 博史, 松田 一彦, 作花 千早, 山本 梨紗, 日本分子生物学会,   2005年12月, 日本分子生物学会
  • 肺炎クラミジアシャペロニンのヌクレオチド選択的なタンパク質リフォールディング活性, 作花 千早, 松田 一彦, 奥田 博史, 山本 梨紗, 日本分子生物学会,   2005年12月, 日本分子生物学会
  • イエバエ グルタミン酸作動性イオンチャネルとの共発現によるGABA作動性イオンチャネルの発現亢進, 松田 一彦, 柴田 良英, 江口 陽子, 伊原 誠, 尾添 嘉久, 日本農芸化学会大会 ,   2006年03月, 日本農芸化学会大会 
  • 昆虫ニコチン性アセチルコリン受容体に対するポリバレントネオニコチノイドの作用, 松田 一彦, 石田 知春, 金岡 怜志, 森本 貴子, 伊原 誠, 利部 伸三, 日本農芸化学会大会,   2006年03月, 日本農芸化学会大会
  • クロコウスバカゲロウ幼虫に共生する細菌類の昆虫病原性, 松田 一彦, 西脇 寿, 下村 勝, 中島 健太, 川村 忠幸, 日本農芸化学会,   2006年03月, 日本農芸化学会
  • シャペロニンGroELのタンパク質リフォールディング活性における基質タンパク質のGroEL依存性とヌクレオチド選択性の関係, 松田 一彦, 山本 梨沙, 作花 千早, 奥田 博史, 日本農芸化学会,   2006年03月, 日本農芸化学会
  • 除虫菊におけるピレトリン生合成に関する研究:エステル結合生成に寄与するAcyl CoA transferase, 菊田 幸雄, 松田 一彦, 高橋 優文, 中山 幸治 勝田 純郎, 畑中 顕和, 日本農芸化学会,   2006年03月, 日本農芸化学会
  • ピレトリン生合成とみどりの香り, 松田 一彦, シンポジウム,   2006年03月, シンポジウム
  • Loop E 領域の構造変化により引き起こされるα7ニコチ性アセチルコリン受容体のアゴニスト認識様式の変化, 松田 一彦, 下村 勝, 佐藤 仁, 赤松 美紀, Sattelle, D. B, 日本農薬学会大会,   2006年03月, 日本農薬学会大会

作品

  • 受託研究:肉食性昆虫の共生微生物が産生する殺虫性蛋白質に関する基礎研究(生物系特定産業機構),   2001年

MISC

  • エコロジカル・ボラタイル 生態系での香りの機能 第10回 植物は揮発性有機化合物をどのように感じるのか?―除虫菊を例にとって―, 松田一彦, Aroma Res, 14, 4, 376, 379,   2013年11月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402238785691600
  • 2タイプの野生物ショウジョウバエ・ニコチン性受容体Dα1サブユニットの構造と昆虫制御剤感受性の関係, 島津直弥, 伊原誠, 松田一彦, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 481st, 96,   2013年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402256595514718
  • 帰化雑草セイヨウヒキヨモギ属植物の二次代謝産物の機能性と国内分布拡大, 森本正則, 石田実希, 束村聡太, MONGKOL Rachsawan, 松田一彦, 雑草研究, 58, 45,   2013年04月13日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302274360706980
  • カイコゲノム研究基盤の整備と重要遺伝子の機能解明 第3章 昆虫特異的遺伝子の評価と利用 2 イオンチャネルの構築と薬理効果の測定技術の改良(5)糸状菌二次代謝産物の活性発現機構, 松田一彦, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 497, 89, 95,   2013年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302200830884550
  • カイコゲノム研究基盤の整備と重要遺伝子の機能解明 第3章 昆虫特異的遺伝子の評価と利用 2 イオンチャネルの構築と薬理効果の測定技術の改良(3)抑制性グルタミン酸受容体(GluCl)の多様性と特性, 松田一彦, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 497, 79, 85,   2013年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302213685546866
  • カイコゲノム研究基盤の整備と重要遺伝子の機能解明 第3章 昆虫特異的遺伝子の評価と利用 2 イオンチャネルの構築と薬理効果の測定技術の改良(2)γ‐アミノ酪酸受容体(GABAR)の多様性とGABA感受性, 松田一彦, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 497, 75, 79,   2013年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302214828609348
  • カイコゲノム研究基盤の整備と重要遺伝子の機能解明 第3章 昆虫特異的遺伝子の評価と利用 2 イオンチャネルの構築と薬理効果の測定技術の改良(4)カイコガ脳神経細胞で発現する神経イオンチャネルのパッチクランプ法を用いた記録技術の樹立, 松田一彦, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 497, 86, 89,   2013年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302254757359398
  • カイコゲノム研究基盤の整備と重要遺伝子の機能解明 第3章 昆虫特異的遺伝子の評価と利用 2 イオンチャネルの構築と薬理効果の測定技術の改良(1)カチオン透過性グルタミン酸受容体NMDARの機能的発現, 松田一彦, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 497, 74, 75,   2013年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302287222864994
  • γ‐BHC類縁体(Hepta,Penta&Tetrachlorocyclohexane)の合成とその活性, 田中啓司, 永崎果鈴, 松田一彦, 尾添嘉久, 栗原紀夫, 日本農薬学会大会講演要旨集, 38th, 120,   2013年03月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302218445328065
  • BHCと関連化合物のラット肝ミクロゾーム嫌気条件下での代謝, 田中啓司, 辰己侑加理, 松田一彦, 鈴木大典, 片山新太, 栗原紀夫, 日本農薬学会大会講演要旨集, 38th, 145,   2013年03月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302227837471248
  • H104 植食者誘導性植物揮発性物質を利用したナナホシテントウのパッチ間移動(生態学), 大橋 和典, 下田 武志, 松田 一彦, 高林 純示, 高藤 晃雄, 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 44,   2000年03月29日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001090388
  • ピレスロイドの作用機構と膜電位依存性神経イオンチャネル (特集:殺虫剤作用機構の新展開), 松田 一彦, 植物防疫, 51, 9, 402, 406,   1997年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001851491

受賞

  •   2015年08月, ISHS Medal
  •   1997年03月, 日本農薬学会奨励賞
  •   2003年03月, 日本農芸化学会奨励賞
  •   2009年03月, 日本農薬学会業績賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), GDSLリパーゼによるピレスリン生合成の分子機構解明と昆虫抵抗性植物作出への応用, 松田 一彦
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), マクロライド系リガンドによる持続的な抑制性グルタミン酸受容体活性化現象の構造基盤, 松田 一彦, イベルメクチン(IVM)やミルベマイシン(MLM)等のマクロライド系化合物による抑制性グルタミン酸受容体(GluCl)の活性化機構解明するため、化合物の結合部位の解明に有用な光反応性試薬を開発した。また、カイコGluClの結晶化に必須の大量発現方法を確立した。さらに捻転胃虫GluClに対するMLM-A_4の活性発現に重要なアミノ酸を同定し、本化合物の結合部位が2か所存在する可能性を見出した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 脈翅目昆虫の共生細菌が産生する殺虫性蛋白質に関する基礎研究, 松田 一彦, 本研究者は,脈翅目ウスバカゲロウ科昆虫に属するクロコウスバカゲロウ幼虫には殺虫性蛋白質を産生する細菌類が共生する.本研究では,それらの共生細菌類が産生する殺虫性蛋白質の構造を解明するとともに,蛋白質の諸性質を明らかにすることを目的とした.本研究の開始時点では,殺虫性蛋白質を産生する細菌としてEnterobacter aerogenesが得られていた.しかし殺虫性蛋白質を産生するクロコウスバカゲロウ幼虫の共生細菌はE. aerogenesだけではないと考え,同じような性質を示す共生細菌を探索した結果,Basillus cereusを見出した.本菌は,殺虫活性を示すphospholipase C (PLC)を分泌することで知られている.そこで,クロコウスバカゲロウ幼虫の吐き戻し液にPLCが含まれているのかどうか調べた結果,吐き戻し液から一定の割合でPLCが検出された.PLCとは異なる殺虫性蛋白質をB.cereusの培養液から精製した結果,分子量約70Kの蛋白質Toxin 1および分子量約35Kの蛋白質Toxin 2を単離した.Toxin 1および2は,それぞれzinc methalloprotease inh2Aおよびsphingomyelinase Cと相同性を示した.両蛋白質をコードする遺伝子をB.cereusからクローニングして塩基配列を解読することにより,それらの全一次構造を解明した.一方,クロコウスバカゲロウ幼虫の素嚢から共生細菌類を単離し,ハスモンヨトウ幼虫に対して経口的に投与した.その結果,多くの細菌類がハスモンヨトウ幼虫に対して顕著な感染性を示し,投与開始後数日以内に幼虫を死滅させることを見出した.以上のような研究と併行して,殺虫性蛋白質の試験系の一つとして,ネオニコチノイド系殺虫剤に対して様々な感受性を示すニコチン性アセチルコリン受容体をも構築した.
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 環境に優しい害虫防除法の開発に向けた殺虫性蛋白質ALMB-Toxinに関する研究, 松田 一彦, クロコウスバカゲロウ幼虫の唾液には、数種の殺虫性蛋白質が含まれている。本研究では、これらの殺虫性蛋白質をコードする遺伝子をクローニングし、組換え蛋白質を大腸菌で発現させ、その選択毒性を評価しようとした。クロコウスバカゲロウ幼虫の唾液に含まれている殺虫性蛋白質は、幼虫自身がつくるものと考えて研究を進めたが、目的とする遺伝子をクローニングすることはできなかった。そこで、それらの殺虫性蛋白質はクロコウスバカゲロウ幼虫がつくるのではなく、共生微生物がつくるのではないかと推定し、本幼虫の唾液から単離した共生細菌類を特定の条件下で培養した。その結果、共生細菌は予想通り殺虫性蛋白質を産生することが明らかとなった。共生細菌の培養液から単離した一殺虫性成分の部分アミノ酸配列を解明したところ、本成分はシャペロニンとして知られるGroELのホモログであることが示唆された。さらに、共生細菌からクローニングしたgroEL遺伝子を大腸菌で発現させたところ、組換え蛋白質は共生細菌の培養液から単離した蛋白質と同程度の殺虫活性を示したことから、共生細菌が産生する殺虫性成分の一つはGroELホモログであると考えた。本組換え蛋白質は、各種の昆虫類に対して幅広く殺虫活性を示したが、マウスに対しては顕著な毒性を示さなかった。一方大腸菌のGroELは、マウスのみならず昆虫に対しても毒性を示さなかった。クロコウスバカゲロウ幼虫の共生細菌が産生するGroELホモログと大腸菌のGroELのアミノ酸配列は、C末端の数残基を除くと11残基異なっていた。そこで、共生細菌のGroELホモログのアミノ酸残基を大腸菌型に、一方大腸菌のGroELのアミノ酸残基を共生細菌のGroELに見られるアミノ酸残基に変化させ、殺虫活性の変化を調べた。その結果、共生細菌のGroELホモログの昆虫毒性に深く関与する4つのアミノ酸残基を決定することができた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 殺虫剤ピレスロイドおよび関連化合物の分子レベルにおける作用機構に関する研究, 松田 一彦, 1、ピレスロイド、メトキシクロル、およびカルモジュリン阻害剤の神経生理活性の比較ピレスロイドやDDTはカルモジュリン依存性の酵素群を阻害することを報じた論文を参考にして、数種のピレスロイド、メトキシクロル(DDT類縁体)、およびW-7を代表とするカルモジュリン阻害剤のアメリカザリガニ巨大軸索膜に対する効果を検討した。膜電位レベルでは、殺虫剤およびW-7は活動電位の下降相に互いに良く似た形状の脱分極性後電位を誘起したが、W-7以外のカルモジュリン阻害剤は脱分極性後電位を誘起しなかった。膜電位固定法によって殺虫剤とW-7の膜電流におよぼす効果を解析したところ、殺虫剤はナトリウムチャネルの不活性化を遅らせるのに対し、W-7はカリウム電流の増大を抑制することがわかった。これらの事実より、ピレスロイドとDDTの作用はカルモジュリンを介して発現するのではないと推定した。2、ピレスロイドとしての活性を有する光親和性標識化合物の合成ピレスロイドのレセプターを究明するため、酸部分を3-methyl-2-(4-azidophenyl)butanoic acidとし、アルコール部分をN-hydroxymethyl-4-methoxyphthalimideとするエステルを合成した。化合物はシュークロースギャップ法で測定されるアメリカザリガニ巨大軸索膜のナトリウム電流の不活性化過程を阻害し、パッチクランプ法によって観察される種々の培養神経細胞のナトリウム電流の開状態時間を引き伸ばすことを確認した。以上の生理活性は、これまでに報告されているピレスロイドの生理活性と同様のものであることから、新たに合成した化合物はピレスロイドと同じレセプターに作用するものと考えた。今後、本化合物の酸部分が持つ光親和性官能基とアルコール部分が発する蛍光を利用して、ピレスロイドのレセプターを同定する予定である。
  • 神経活性分子のケミカルバイオロジー
  • 除虫菊におけるピレトリンの生合成に関する研究
  • 共生微生物を介した生物間相互作用に関する研究

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 有機化学, 近畿大学
  • 有機反応化学, 近畿大学
  • 生命有機化学, 近畿大学
  • 農薬化学, 近畿大学