KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

江口 洋エグチ ヒロシ

プロフィール

所属部署名堺病院
職名准教授
学位医学博士
専門角結膜疾患、角膜移植、眼感染症、白内障
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1405-eguchi-hiroshi.html
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/30314868.ja.html
メールアドレス
Last Updated :2017/11/22

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    角膜混濁症例に対する、角膜移植を中心とした角結膜の手術療法、難治性の眼感染症の診断・治療、および白内障手術を専門としています。眼感染症のゲノムワイドな基礎研究も実施しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 香川大学医学部分子微生物学 客員研究員(兼任)
  •   2015年04月,  - 現在, 近畿大学医学部堺病院眼科 准教授
  •   2013年04月,  - 2016年03月, 香川大学医学部分子微生物学 非常勤講師(兼任)
  •   2005年04月,  - 2015年03月, 徳島大学医学部附属病院眼科 講師
  •   2003年06月,  - 2005年03月, 徳島大学医学部附属病院眼科 助手(現助教)
  •   2002年06月,  - 2003年05月, 西オーストラリア大学 Lions Eye Institute clinical fellow, Royal Perth Hospital clinical assitant
  •   2000年01月,  - 2002年05月, 徳島大学医学部附属病院眼科 助手(現助教)
  •   1996年04月,  - 1999年12月, 徳島大学医学部附属病院眼科 医員
  •   1996年04月,  - 1998年03月, 公立学校共済組合四国中央病院眼科 医員
  •   1995年04月,  - 1996年03月, 徳島大学医学部眼科 医員

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 細菌学(含真菌学)
  • 外科系臨床医学, 眼科学

研究キーワード

  • 次世代シークエンス, 細菌叢, 人工角膜, 角膜移植, 眼感染症, コリネバクテリウム, 単純ヘルペスウイルス, 角膜真菌症, HSV, 角膜ヘルペス, 遺伝子診断, ゲノム, PCR, カンジダ, 水痘・帯状庖疹ウイルス, 蛍光抗体法, フザリウム

論文

  • Corneal nerve fibers structure, its role in corneal function and their changes in corneal diseases , Eguchi H, Hiura A, Nakagawa H, Kusaka S, Shimomura Y, Biomed Res Int (in press),   2017年10月, 査読有り
  • Diagnostic Approach to Ocular Infections Using Various Techniques From Conventional Culture to Next-Generation Sequencing Analysis., Eguchi H, Hotta F, Kuwahara T, Imaohji H, Miyazaki C, Hirose M, Kusaka S, Fukuda M, Shimomura Y., Cornea, 2017 Sep 11. doi: 10.1097/ICO.,   2017年09月, 査読有り
  • Antifogging device to prevent moisture condensation during vitrectomy with non contact wide-field viewing system., Kusaka S, Tachibana K, Tsujioka D, Hotta F, Eguchi H, Shimomura Y, Retina, 37, 6, 1215, 1217,   2017年06月, 査読有り
  • Pathological analysis of ocular lesions in a murine model of Sjögren’s syndrome, Ushio A, Arakaki R, Eguchi H, Hotta F, Yamada A, Kudo Y, Ishimaru N, International Journal of Molecular Science, 18, 6,   2017年06月, 査読有り
  • 術中 Optical Coherence Tomography (RESCAN®700), 江口洋, 日下俊次, 堀田芙美香, 福田昌彦, 下村嘉一, 臨床眼科, 71, 4, 509, 513,   2017年04月, 査読有り
  • A super-infection in the cornea caused by Stemphylium, Acremonium, and α-Streptococcus., Hotta F, Eguchi H, Nishimura K, Kogiso M, Ishimaru M, Kusaka S, Shimomura Y, Yaguchi T, Annals of Clinical Microbiology and Antimicrobials, 16, 1,   2017年03月, 査読有り
  • 26.0mm以上の長眼軸長眼における眼内レンズ度数計算式の術後早期の屈折誤差, 高田遼太, 松本富美子, 立花都子, 江口洋, 日下俊次, 視覚の科学, 37, 2, 41, 44,   2016年08月, 査読有り
  • Corneal erosion with pigments derived from a cosmetic contact lens: a case report., Watanabe T, Uematsu M, Mohamed YH, Eguchi H, Imai S, Kitaoka T., Eye Contact Lens. 2016 Aug 16. [Epub ahead of print],   2016年08月, 査読有り
  • Intraoperative optical coherence tomography (RESCAN® 700) for detecting iris incarceration and iridocorneal adhesion during keratoplasty., Eguchi H, Kusaka S, Arimura-Koike E, Tachibana K, Tsujioka D, Fukuda M, Shimomura Y, International Ophthalmology,   2016年08月, 査読有り
  • Corynebacterium lowii sp. nov. and Corynebacterium oculi sp. nov., derived from Human Clinical Disease and an Emended Description of Corynebacterium mastitidis., Bernard KA, Pacheco AL, Loomer C, Burdz T, Wiebe D, Huyhn C, Kaplen B, Olson AB, Cnockaert M, Eguchi H, Kuwahara T, Nakayama-Imaohji H, Shiota H, Boudewijns M, Van Hoecke F, Vandamme P, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, 66, 2803, 2812,   2016年04月, 査読有り
  • メタゲノム解析で診断したMycoplasma faucium急性涙嚢炎の1例, 長谷川 麻里子, 江口 洋, 宮崎 千歌, 廣瀬 美央, 臨床眼科, 70, 1, 109, 113,   2016年01月, 査読有り
    概要:目的:メタゲノム解析で診断したMycoplasma fauciumによる急性涙嚢炎の症例の報告。症例:78歳女性が8日前からの左眼の涙嚢部のしこりと圧痛で受診した。17年前から左眼に流涙があった。所見:左眼の涙嚢部に,発赤・腫脹・圧痛があり,急性涙嚢炎と診断した。涙点経由で涙嚢の内容を吸引し,黄白色の分泌物5mlを採取した。分泌物の培養はすべて陰性であった。16S ribosomal DNAクローンライブラリー解析で,大多数がMycoplasma fauciumのクローンであり,Mycoplasma fauciumによる急性涙嚢炎と診断した。結論:急性涙嚢炎の診断にメタゲノム解析が有用であった。(著者抄録)
  • [Multicenter Prospective Observational Study of Fungal Keratitis--Current Status of Patients' Background, Clinical Findings, Treatment and Prognosis]., Inoue Y, Ohashi Y, Suzuki T, Shimomura Y, Fukuda M, Sotozono C, Hatano H, Eguchi H, Araki-Sasaki K, Hoshi S, Sunada A, Asari S, Yaguchi T, Makimura K, Yokokura S, Mochizuki K, Monden Y, Nejima R, Multicenter Study Group of Fungal Keratitis in Japan, Nippon Ganka Gakkai zasshi, 120, 1, 5, 16,   2016年01月, 査読有り
  • [Multicenter Prospective Observational Study of Fungal Keratitis--Identification and Susceptibility Test of Fungi]., Sunada A, Asari S, Inoue Y, Ohashi Y, Suzuki T, Shimomura Y, Fukuda M, Sotozono C, Hatano H, Eguchi H, Araki-Sasaki K, Hoshi S, Yaguchi T, Makimura K, Yokokura S, Mochizuki K, Monden Y, Nejima R, Multicenter Study Group of Fungal Keratitis in Japan, Nippon Ganka Gakkai zasshi, 120, 1, 17, 27,   2016年01月, 査読有り
  • Clinical Characteristics and Bacteriological Profile of Moraxella Keratitis., Inoue H, Suzuki T, Inoue T, Hattori T, Nejima R, Todokoro D, Hoshi S, Eguchi H, Miyamoto H, Ohashi Y, Cornea, 34, 9, 1105, 1109,   2015年09月, 査読有り
  • Contact Lens-Related Infectious Keratitis with White Plaque Formation Caused by Corynebacterium propinquum., Todokoro D, Eguchi H, Yamada N, Sodeyama H, Hosoya R, Kishi S, Journal of Clinical Microbiology, 53, 9, 3092, 3095,   2015年09月, 査読有り
  • カラーコンタクトレンズによる角膜障害の基礎的見地からの検討, 江口 洋, 岩田 明子, 日本コンタクトレンズ学会誌, 57, 2, 82, 86,   2015年06月, 査読有り
    概要:市販されているカラーコンタクトレンズの表面構造を精査すると、着色顔料がレンズの内部にあるもの、レンズ表面に存在するが、その上を薄くラミネートしているもの、および角膜側表面に沈着しているものがあることがわかった。着色顔料の主成分は、酸化鉄や酸化チタンが多かったが、なかには塩素が含まれるものもあった。動物実験では、着色顔料厚が厚いほどレンズ装用による角膜上皮障害の程度が強くなることがわかった。レンズ表面構造の粗さが、レンズへの微生物接着性の高さと関係があることも指摘されている。カラーコンタクトレンズ装用者を角膜障害から守るためには、基礎研究に基づいたカラーコンタクトレンズに関する正しい知識を装用者に普及させることが急務である。(著者抄録)
  • Development of an immunochromatographic assay kit using fluorescent silica nanoparticles for rapid diagnosis of Acanthamoeba keratitis., Toriyama K, Suzuki T, Inoue T, Eguchi H, Hoshi S, Inoue Y, Aizawa H, Miyoshi K, Ohkubo M, Hiwatashi E, Tachibana H, Ohashi Y, Journal of Clinical Microbiology, 53, 1, 273, 277,   2015年01月, 査読有り
  • Optical Coherence Tomography Reveals New Insights into the Accommodation Mechanism., Farouk MM, Naito T, Shinomiya K, Eguchi H, Sayed KM, Nagasawa T, Katome T, Mitamura Y, Journal of Ophthalmology, 2015, 510459,   2015年, 査読有り
  • カラーコンタクトレンズ着色顔料厚と角膜上皮障害との関係, 江口 洋, 宮本 龍郎, Tserennadmid Enkhmaa, 蓑手 孝宗, 谷 彰浩, 安部 翔子, 堀田 芙美香, 三田村 佳典, 檜野 栞, 松永 透, 佐藤 隆郎, 日本コンタクトレンズ学会誌, 56, 4, 294, 297,   2014年12月, 査読有り
    概要:カラーコンタクトレンズ(cosmetic tinted contact lens:カラーCL)の顔料厚と角膜上皮障害の関係を検討する目的で、黒色顔料をレンズ前面に格子状に印刷することで、顔料厚が異なる試作カラーCL3種を作製した。顔料厚は、A
  • 角膜移植後ドライアイに対するジクアホソルナトリウム点眼薬の効果, 堀田 芙美香, 江口 洋, 仁木 昌徳, Tserennadimid Enkhmaa, 三田村 さやか, 宮本 龍郎, 三田村 佳典, あたらしい眼科, 31, 11, 1692, 1696,   2014年11月, 査読有り
    概要:角膜移植術後のドライアイに対するジクアホソルナトリウム(以下、ジクアホソルNa)点眼薬の効果について検討した。角膜移植術後のドライアイ症例10例10眼において、Schirmer試験第I法測定値(以下、Schirmer値)、涙液層破壊時間(tear film breakup time:BUT)、角結膜上皮障害染色スコアリング(以下、スコア)、および臨床経過について、ジクアホソルNa点眼薬投与前と投与1ヵ月後を比較した。角膜内皮細胞密度と角膜厚は、投与前3ヵ月以内、投与後3ヵ月以内に測定可能であった症例で、投与前後の値を比較した。Schirmer値には有意差はなかったが、BUTは有意に上昇し、スコアは有意に減少した。角膜内皮細胞密度と角膜厚の平均値に著変はなかった。視力低下・拒絶反応・感染症をきたした症例はなかった。角膜移植術後のドライアイに対してジクアホソルNa点眼薬投与は有効であると考えられた。(著者抄録)
  • 1.5%レボフロキサシン点眼薬が奏効したキノロン耐性Corynebacterium角膜炎, 佐埜 弘樹, 江口 洋, 宮本 龍郎, 堀田 芙美香, 三田村 さやか, 三田村 佳典, あたらしい眼科, 31, 11, 1683, 1686,   2014年11月, 査読有り
    概要:十数年来の角膜ヘルペスの既往がある77歳の男性が、感染性角膜炎をきたして再来した。左眼の傍中心部角膜に角膜膿瘍があり、前房蓄膿を伴い、視力は指数弁であった。角膜炎は、再発性角膜ヘルペスのため菲薄化していた部位を中心に発症していた。角膜擦過物の塗抹検鏡でグラム陽性桿菌が検出された。患者の都合から、複数種類の抗菌点眼薬の頻回点眼や抗菌薬の全身投与は実施せず、1.5%レボフロキサシン点眼薬の1日3ないし4回点眼で初期治療を開始した。角膜擦過物の培養で、レボフロキサシン高度耐性Corynebacteriumが分離された。治療開始から2週間後には角膜炎は消退しており、追加投薬を必要としなかった。1.5%レボフロキサシン点眼薬は、頻回点眼しなくともキノロン耐性Corynebacteriumによる角膜炎を消炎できる可能性がある。(著者抄録)
  • Achromobacter buckle infection diagnosed by a 16S rDNA clone library analysis: a case report., Hotta F, Eguchi H, Naito T, Mitamura Y, Kusujima K, Kuwahara T, BMC Ophthalmology, 14, 142,   2014年11月, 査読有り
  • Polymicrobial sclerokeratitis caused by Scedosporium apiospermum and Aspergillus cibarius., Hayashi Y, Eguchi H, Toibana T, Mitamura Y, Yaguchi T, Cornea, 33, 8, 875, 877,   2014年08月, 査読有り
  • 眼部から分離された腸球菌と便中の腸球菌の比較解析, 戸所 大輔, 向井 亮, 江口 洋, 岸 章治, あたらしい眼科, 31, 7, 1043, 1046,   2014年07月, 査読有り
    概要:目的:眼部から分離される腸球菌が腸内細菌に由来するか否か調べること。方法:白内障手術前の結膜嚢からEnterococcus faecalisが分離された3名とE.faecalisによる術後眼内炎の1名の便から腸球菌を分離した。E.faecalisが分離された場合、パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)を行いゲノムDNAの相同性を調べた。また各E.faecalis株の病原性因子探索も行った。結果:結膜嚢からE.faecalisが分離された3名のうち1名の便からE.faecalisが分離された。結膜嚢と便のE.faecalis株のPFGEパターンは異なっていた。他の患者の便培養では2名からE.avium、1名からE.faeciumが分離された。眼部と便から同一株が検出されたケースは1例もなかった。結論:今回の検討では、眼部E.faecalisが腸内細菌に由来していたケースはなかった。(著者抄録)
  • Severe fungal sclerokeratitis caused by Metarhizium anisopliae: A case report and literature review., Eguchi H, Toibana T, Hotta F, Miyamoto T, Mitamura Y, Mycoses, 58, 2, 88, 92,   2014年, 査読有り
  • Scanning electron microscopy findings with energy dispersive X-ray investigations of cosmetically tinted contact lenses, Hotta F, Eguchi H, Imai S, Miyamoto T, Mitamura S, Mitamura Y., Eye & Contact Lens, 41, 5, 291, 296,   2014年, 査読有り
  • Effects of rebamipide eyedrop administration on ocular lesions in a murine model of primary Sjögren’s syndrome., Arakaki R, Eguchi H, Yamada A, Kudo Y, Iwasa A, Enkhmaa T, Hotta F, Mitamura-Aizawa S, Mitamura Y, Hayashi Y, Ishimaru N., PLoS ONE, 9, 5, e98390,   2014年, 査読有り
  • Ineffectiveness of intrastromal voriconazole for filamentous fungal keratitis., Niki M, Eguchi H, Hayashi Y, Miyamoto T, Hotta F, Mitamura Y, Clinical Ophthalmology, 8, 1075, 1079,   2014年, 査読有り
  • Infectious conjunctivitis caused by Pseudomonas aeruginosa isolated from a bathroom., Eguchi H, Miyamoto T, Kuwahara T, Mitamura S, Mitamura Y, BMC Research Notes, 6, 245,   2013年07月, 査読有り
  • 【感染性角膜炎診療ガイドライン(第2版)】, 木下 茂, 塩田 洋, 浅利 誠志, 石橋 康久, 稲田 紀子, 井上 智之, 井上 幸次, 宇野 敏彦, 江口 洋, 大橋 裕一, 岡本 茂樹, 亀井 裕子, 北川 和子, 小泉 範子, 下村 嘉一, 白石 敦, 鈴木 崇, 外園 千恵, 高村 悦子, 田川 義継, 豊川 真弘, 内藤 毅, 秦野 寛, 檜垣 史郎, 福田 昌彦, 星 最智, 松本 光希, 宮崎 大, 日本眼感染症学会感染性角膜炎診療ガイドライン第2版作成委員会, 日本眼科学会雑誌, 117, 6, 467, 509,   2013年06月
  • 温度による細菌の増殖性と化学消毒剤の効果, 植田喜一、江口 洋、山崎勝秀、斉藤文郎, 日本コンタクトレンズ学会誌, 55, 14, 22,   2013年, 査読有り
  • Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Keratitis after Descemet's Stripping Automated Endothelial Keratoplasty., Miyamoto T, Eguchi H, Tserennadmid E, Mitamura-Aizawa S, Hotta F, Mitamura Y, Case Reports in Ophthalmology, 4, 3, 269, 273,   2013年, 査読有り
  • 重症コンタクトレンズ関連角膜感染症の発症地域と発症時期, 植田 喜一, 大橋 裕一, 下村 嘉一, 井上 幸次, 石橋 康久, 稲葉 昌丸, 宇野 敏彦, 江口 洋, 白石 敦, 外園 千恵, 田川 義継, 近間 泰一郎, 福田 昌彦, 日本コンタクトレンズ学会誌, 54, 4, 283, 287,   2012年12月
    概要:目的:コンタクトレンズ(CL)装用に関連した重症角膜感染症の発症地域と発症時期を検討した。方法:日本コンタクトレンズ学会と日本眼感染症学会が2007年4月〜2009年3月に実施した入院を要する重症CL関連角膜感染症の全国調査で報告のあった224施設の都道府県ならびにブロック、症例の初診月を調べた。これらのうち報告件数の多かった福岡県、大阪府、東京都、宮城県については毎月の最高気温の平均値を調べて報告件数と比較した。これらについては微生物全体だけでなく、緑膿菌、アカントアメーバを抽出したものについても調べた。結果:症例は西日本に多く、8月をピークとした暑い時期に多く発症していた。アカントアメーバに比して緑膿菌にこの傾向は顕著であった。結論:CL関連角膜感染症の発症は気温との関係があり、暑い時期には注意を払う必要がある。(著者抄録)
  • Quantitative analysis of cystoid macular edema using scanning laser ophthalmoscope in modified dark-field imaging., Katome T, Mitamura Y, Nagasawa T, Eguchi H, Naito T, Retina, 32, 9, 1892, 1899,   2012年10月, 査読有り
  • A Case of Delayed-Onset Propionibacterium acnes Endophthalmitis after Cataract Surgery with Implantation of a Preloaded Intraocular Lens., Hayashi Y, Eguchi H, Miyamoto T, Inoue M, Mitamura Y, Case Reports in Ophthalmology, 3, 3, 291, 297,   2012年09月, 査読有り
  • わが国のアカントアメーバ角膜炎関連分離株の分子疫学多施設調査(中間報告), 井上 幸次, 大橋 裕一, 江口 洋, 杉原 紀子, 近間 泰一郎, 外園 千恵, 下村 嘉一, 八木田 健司, 野崎 智義, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 29, 3, 397, 402,   2012年03月, 査読有り
    概要:目的:角膜炎に関連したアカントアメーバのDNA分子を多施設疫学研究として解析する。方法:全国6施設で、アカントアメーバ角膜炎に関連して分離されたアメーバ株をクローニング後、18S ribosomal RNA遺伝子のシークエンス解析を行った。そして、BLAST(basic local alignment search tool)検索による既存アメーバとの相同性を調べ、Tタイピングによる分類を行った。本研究は現在も継続中であるが、最初の2年間の結果を中間報告としてまとめた。結果:43株[角膜擦過物27株、保存液15株、MPS(multi-purpose solution)ボトル内液1株]中42株がT4に分類され、角膜由来の1株のみT11に分類された。角膜分離株のシークエンスタイプは15種類に分かれたが、すべて既知のものと一致した。保存液分離株のタイプは10種類に分かれ、角膜分離株と比較できた9株中6株は角膜分離株と一致した。結論:最近のアカントアメーバ角膜炎のわが国での増加は、新たなシークエンスタイプのアメーバの出現によるものではなく、既存の株による感染の増加である。(著者抄録)
  • 広範囲の羊膜上カルシウム沈着に強角膜移植術を施行した1例, 仙波 賢太郎, 江口 洋, 宮本 龍郎, 三田村 佳典, 臨床眼科, 66, 2, 191, 195,   2012年02月, 査読有り
    概要:目的:移植した羊膜に生じた広範囲のカルシウム沈着に対して強角膜移植を行った症例の報告。症例:71歳女性が左眼の視力低下で受診した。43年前にStevens-Johnson症候群と診断され,18年前に左眼に全層角膜移植術を受けた。所見:矯正視力は右手動弁,左0.01で,両眼に瘢痕性角結膜上皮症があり,右眼の状態がより重篤であった。左眼に移植された角膜には浮腫混濁があり,移植片機能不全であった。経過:左眼に全層角膜移植術,羊膜移植術,下方に輪部移植術を行った。15ヵ月後に移植した羊膜片にカルシウムが沈着した。その4ヵ月後に直径18mmの強角膜片を全層移植した。術後6ヵ月間は0.1の視力を維持したが,最終的に水疱性角膜症になった。結論:眼球表面への羊膜移植ではカルシウム沈着がありうる。これが広範囲にあるときには,強角膜移植が選択肢の1つになる。(著者抄録)
  • ドライアイ患者におけるピロカルピン塩酸塩服用中止後の眼所見, 宮本 龍郎, 江口 洋, 三田村 佳典, 臨床眼科, 66, 1, 67, 71,   2012年01月, 査読有り
    概要:目的:ドライアイ患者でのピロカルピン塩酸塩を内服中と内服中止後の眼所見の報告。症例:ドライアイに対してピロカルピン塩酸塩を内服し,なにかの理由で内服を中断した9例を対象とした。男性1例,女性8例で,年齢は53〜72歳,平均60歳であった。内服は1日1回とし,その量は2例が2mg,7例が1mgであった。ドライアイは4例が涙液分泌減少型,5例が涙液蒸発亢進型であった。結果:涙液分泌量は内服中止前後で有意差はなかった。涙液層破壊時間(BUT)は両型とも中止後に短縮したが,治療開始前よりも有意に延長していた(p=0.04,p=0.02)。角結膜上皮障害スコアは涙液分泌減少型では中止後改善し(p=0.01),涙液蒸発亢進型では変化がなかった。結論:ドライアイに対するピロカルピン塩酸塩内服は,内服中止後1ヵ月間はドライアイを改善させる可能性がある。(著者抄録)
  • Scanning laser ophthalmoscope retro-mode imaging of foveal schisis in eyes with X-linked retinoschisis., Katome T, Mitamura Y, Nagasawa T, Eguchi H, Naito T, Clinical & Experimental Ophthalmology, 40, 1, e120, 2,   2012年01月, 査読有り
  • Diagnostic imaging in patients with retinitis pigmentosa., Mitamura Y, Mitamura-Aizawa S, Nagasawa T, Katome T, Eguchi H, Naito T, The journal of medical investigation : JMI, 59, 1-2, 1, 11,   2012年, 査読有り
  • Efficacy of the Quickert procedure for involutional entropion: the first case series in Asia., Miyamoto T, Eguchi H, Katome T, Nagasawa T, Mitamura Y, Crawford G, The Journal of Medical Investigation : JMI, 59, 1-2, 136, 142,   2012年, 査読有り
  • Aggressive retinal astrocytoma associated with tuberous sclerosis., Tomida M, Mitamura Y, Katome T, Eguchi H, Naito T, Harada T, Clinical ophthalmology , 6, 715, 720,   2012年, 査読有り
  • Descemet-stripping automated endothelial keratoplasty for vitrectomized cases with traumatic aniridia and aphakic bullous keratopathy., Eguchi H, Miyamoto T, Hotta F, Tomida M, Inoue M, Mitamura Y, Clinical Ophthalmology, 6, 1513, 1518,   2012年, 査読有り
  • 重症コンタクトレンズ関連角膜感染症全国調査, 宇野 敏彦, 福田 昌彦, 大橋 裕一, 下村 嘉一, 石橋 康久, 稲葉 昌丸, 井上 幸次, 植田 喜一, 江口 洋, 白石 敦, 外園 千恵, 田川 義継, 近間 泰一郎, 日本眼科學会雜誌, 日本眼科學会雜誌, 115, 2, 107, 115,   2011年02月10日
    概要:目的:重症コンタクトレンズ(CL)関連角膜感染症の本邦における現状を把握する。方法:日本CL学会および日本眼感染症学会の主導による全国調査として,参加承諾を得た224施設に対し,2007年4月から2年間に入院加療を必要としたCL関連角膜感染症症例について臨床所見・細菌検査・CL装用管理の状況などを調査した。結果:350例が集積され,平均年齢28.0歳(9〜90歳)であった。角膜擦過物からアカントアメーバが85例,緑膿菌が70例で検出されていた。2週間頻回交換ソフトCL装用者が196例(56.0%)を占めていた。終日装用CLを連続装用していたものが77例(22.0%)にのぼり,CLのこすり洗いを毎日実施していたものは67例にとどまるなど,CL装用およびそのケアについてずさんな実態が浮き彫りとなった。結論:重症のCL関連角膜感染症ではアカントアメーバや緑膿菌が起炎菌であった症例が多く含まれていた。CLに関する正しい使用法についての啓発と社会的管理体制の構築が望まれる。(著者抄録)
  • 【眼感染症Now!】 眼感染症研究最前線 コリネバクテリウムの分子疫学について教えてください, 山中 千尋, 江口 洋, あたらしい眼科, 26, 臨増, 226, 228,   2010年01月
    概要:1.コリネバクテリウムは弱毒の眼表面常在菌だが、近年は起炎菌として注意が必要になってきている。2.眼表面のコリネバクテリウムの多くは、Corynebacterium macginleyiであり、その多くがキノロン耐性を獲得している。3.キノロン耐性は、DNAジャイレースのAサブユニット(gyrA)遺伝子におけるアミノ酸変異と関連している。4.各種抗菌薬の耐性状況と、その点眼薬の市販状況から判断すると、抗菌点眼薬の使用が耐性獲得と関連している。5.ある一つの系統が眼表面での優位菌種となり、キノロン耐性が伝播されている。(著者抄録)
  • Molecular genetic investigation of contaminated contact lens storage cases as reservoirs for Pseudomonas aeruginosa keratitis., Ogushi Y, Eguchi H, Kuwahara T, Hayabuchi N, Kawabata M, Jpn J Ophthalmol, 54, 550, 554,   2010年, 査読有り
  • The inhibitory effect of vancomycin ointment on the manifestation of MRSA keratitis in rabbits., Eguchi H, Shiota H, Oguro S, Kasama T, Journal of Infection and Chemotherapy, 15, 5, 279, 283,   2009年10月, 査読有り
  • コリネバクテリウムが起炎菌と考えられた感染性角膜炎の1例, 稲田 耕大, 前田 郁世, 池田 欣史, 宮崎 大, 井上 幸次, 江口 洋, 塩田 洋, 桑原 知巳, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 26, 8, 1105, 1107,   2009年08月30日
    概要:コリネバクテリウムが起炎菌と考えられた感染性角膜炎の1例を経験したので報告する。症例は23歳、男性。頻回交換ソフトコンタクトレンズを1週間連続装用していた。主訴は左眼の眼痛、羞明、視力低下。矯正視力は0.01であった。左眼角膜中央に大きさ2mm程度の不整形の上皮欠損とその辺縁の淡い浸潤を認め、小さい白色の角膜後面沈着物および角膜浮腫・Descemet膜皺襞、高度の毛様充血を伴っていた。角膜擦過物の塗抹検鏡にて多数のグラム陽性桿菌を認め、擦過培養にてCorynebacterium mastitidisが分離された。コリネバクテリウムは免疫抑制状態でバイオフィルムを形成したような特殊なケースでは角膜炎の起炎菌となりうると考えられているが、今回のように通常の感染性角膜炎でも起炎菌となりうる可能性が示唆された。コリネバクテリウム感染と判断する際に塗抹検鏡でのグラム陽性桿菌の検出が重要と考えられた。(著者抄録)
  • Three cases of Acanthamoeba keratitis diagnosed and treated in the early stage., Ueki N, Eguchi H, Oogi Y, Shiota H, Yamane S, Umazume H, Mizui K, The Journal of Medical Investigation : JMI, 56, 3-4, 166, 169,   2009年08月, 査読有り
  • 新しい治療と検査シリーズ 人工角膜 AlphaCor, 江口 洋, 川北 哲也, あたらしい眼科, 26, 5, 649, 651,   2009年05月
  • ペニシリン耐性肺炎球菌結膜炎の1例, 江口 洋, 桑原 知巳, 大木 武夫, 塩田 洋, 田中 真理子, 田中 健, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 26, 3, 376, 378,   2009年03月30日
    概要:眼脂のグラム染色像と培養結果、および臨床経過から、ペニシリン耐性肺炎球菌(penicillin-resistant Streptococcus pneumoniae:PRSP)結膜炎と診断した症例を経験した。結膜炎は軽度であり、セフメノキシム点眼薬で容易に治癒した。わが国においてPRSPに関する報告は少ないが、日常診療で見逃している可能性がある。結膜炎症例では、眼脂の塗抹鏡検をすべきであり、その結果本症を疑った場合、薬剤の選択には注意が必要である。(著者抄録)
  • Are topical steroids essential after an uneventful cataract surgery?, Nishino M, Eguchi H, Iwata A, Shiota H, Tanaka M, Tanaka T, The Journal of Medical Investigation : JMI, 56, 1-2, 11, 15,   2009年02月, 査読有り
  • DSEKで内皮移植片挿入に毛様溝縫着針を用いた3例, 江口 洋, 松下 新悟, 井上 昌幸, 大木 弥栄子, 香留 崇, 塩田 洋, 眼科手術 = Journal of ophthalmic surgery, 眼科手術 = Journal of ophthalmic surgery, 21, 5, 89, 92,   2009年01月30日
    概要:角膜内皮移植片の前房内挿入に、両端針の毛様溝縫着用10-0プロリン糸を用いたDescemet's membrane stripping with endothelial keratoplasty(DSEK)3症例の手術方法と術後成績を紹介する。方法:内皮移植片は、プレカットドナーを直径7.5から9.0mmのトレパンで内皮側から打ち抜いて作製した。内皮面に少量の粘弾性物質を塗布後、内皮面が内側になるように折り畳み、露出した実質に両端針の毛様溝縫着用10-0プロリン糸の曲針を通糸した。もう一端の直針を強角膜切開創から前房内に刺入し、対側の角膜から前房外に通糸した後、眼外から糸を牽引して内皮移植片を前房内に挿入した。結果:本法を3例3眼に施行し、全例で裸眼・矯正視力とも改善し、術後の内皮細胞密度値の減少率は、術後6〜12ヵ月で11.1%,13.6%、および28.5%だった。毛様溝縫着用10-0プロリン糸の使用が原因と考えられる、術中合併症は認めなかった。結論:毛様溝縫着用10-0プロリン糸を用いた内皮移植片の前房内挿入は、特殊な器具を必要とせず、内皮細胞の減少率もこれまでの報告より低いため、DSEKにおいて考慮して良い方法と思われた。(著者抄録)
  • STDによる眼感染症, 江口 洋, 塩田 洋, 日本医事新報, 4390, 49, 52,   2008年06月
  • High-level fluoroquinolone resistance in ophthalmic clinical isolates belonging to the species Corynebacterium macginleyi., Eguchi H, Kuwahara T, Miyamoto T, Nakayama-Imaohji H, Ichimura M, Hayashi T, Shiota H, Journal of Clinical Microbiology, 46, 2, 527, 532,   2008年02月, 査読有り
  • 【角膜移植再生医療】 特殊な医療材料を用いた角膜移植術, 福田 昌彦, 下村 嘉一, 江口 洋, 塩田 洋, 眼科, 49, 7, 945, 951,   2007年07月
  • 【角膜疾患Q&A】 検査編 感染性角膜炎を疑ったときの塗抹、検鏡、培養検査のコツを教えてください, 江口 洋, あたらしい眼科, 23, 臨増, 142, 145,   2007年03月
  • 感染性角膜炎を疑ったときの塗抹・鏡検のコツを教えて下さい, 江口洋, あたらしい眼科, 23, 142, 145,   2007年
  • わかりやすい臨床講座 本邦で実用化されている人工角膜 AlphaCorTM, 江口 洋, 日本の眼科, 77, 1, 19, 23,   2006年01月
  • 角膜白斑に対する深層角膜移植術後にUrrets-Zavalia症候群をきたした2例, 高野 しの, 江口 洋, 長澤 利彦, 塩田 洋, あたらしい眼科, 22, 2, 221, 224,   2005年02月
    概要:角膜白斑に対する深層角膜移植術後に,Urrets-Zavalia症候群をきたした2例を経験した.症例1は50歳の男性で,感染性角膜潰瘍後の角膜白斑に対して深層角膜移植術を施行した.術後に生じた二重前房に対して,前房内空気注入を施行したところ,不可逆性散瞳が生じた.症例2は65歳の女性で,角膜白斑に対して白内障手術を併用した深層角膜移植術を施行した.術後に生じた二重前房に対し,前房内に50% perfluoropropane(C3F8)ガスを注入したところ,不可逆性散瞳が生じた.角膜白斑に対する深層角膜移植術後にもUrrets-Zavalia症候群をきたすことがある(著者抄録)
  • Two cases of AlphaCor surgery performed using a small incision technique., Crawford GJ, Eguchi H, Hicks CR., Clin. Exp. Ophthalmol, 33, 10, 15,   2005年, 査読有り
  • A Historical review of artificial cornea research in Japan., Chirila T.V., Chirila M, Ikada Y, Eguchi H, Shiota H, Jpn. J Ophthalmol., 49, S1, 13,   2005年, 査読有り
  • Cataract surgery with the AlphaCor artificial cornea, Eguchi H, Hicks CR, Crawford GJ, Tan DT, Sutton GR., J Cataract Refract Surg, 30, 1486, 1491,   2004年, 査読有り
  • 外眼部感染症実践教室 コンタクトレンズ装用に関連した角膜浸潤及び角膜潰瘍, 江口 洋, 西野 真紀, 日本眼科紀要, 54, 11, 854, 860,   2003年11月
    概要:角膜潰瘍は細菌感染ではないとし,消炎薬のみの治療で改善したとする報告もあれば,角膜擦過物から細菌を検出したという報告も後を絶たない.したがって,臨床的には,概ね重症化せずに治癒するため軽視されがちである.しかし,コンタクトレンズ装用者数は莫大かつ未だ増加傾向であるため,発症機序に基づいた治療法の確立が望ましい.そこで,国内外の文献的考察を基に,本症において推奨される治療方法を検討し,更にその発症機序を推測した上で今後の展望についても言及した
  • 私の経験 特異な形態の後部ブドウ腫内網膜分離症の1例, 土ヶ内 健史, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 藤江 準, 眼科, 45, 8, 1225, 1227,   2003年08月
    概要:23歳男.ら右眼の視力低下を自覚し,近医を受診したところ,右眼黄斑部網膜剥離を指摘された.初診時,眼底所見として右眼は黄斑部を含めて耳側に約3乳頭経,偏位した後部ぶどう腫を認め,この部に一致した網膜分離症と網膜剥離を認めた.また,Optical Coherence Tomography(OCT)所見で感覚網膜の分離と剥離を認め,B modeエコーで極端に耳側に変異した後部ぶどう腫を認めた.右眼に対して硝子体手術を施行した.硝子体と網膜との癒着が強い状態であった.硝子体円錐を切除した後,人工的に後部硝子体剥離を作製した.次に硝子体切除を行い,インドシアニングリーンで内境界膜(ILM)を染色後,ILM鉗子を用い剥離除去した.次に黄斑上方の網膜の脆弱部と周辺部格子状変性部に眼内光凝固を行い,10%C3F8ガスタンポナーデを行った後,手術を終了した.術後硝子体出血,眼圧上昇などの合併症もなく退院となった.術後4ヵ月の時点で眼底所見は安定し,特記すべき合併症も認められていない
  • 全層角膜移植術8年後に生じた角膜縫合糸感染症の1例, 岡本 敬子, 江口 洋, 秦 聡, 西野 真紀, 宮本 龍郎, 塩田 洋, 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica, 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica, 54, 2, 135, 138,   2003年02月28日
    概要:23歳女.右眼の痛みと視力低下を主訴とした.8年前に右眼の全層角膜移植術(PKP)を施行され,半年後に抜糸を施行されたが3糸実質中に残存した既往があった.残存していた縫合糸での感染症であり,視力は手動弁で,縫合糸部角膜潰瘍,前房蓄膿,及び移植片の浮腫が認められた.厳重な治療の結果,所見は3週間で改善した.治療開始から3ヵ月後に原因となったナイロン糸を抜糸し,走査型電子顕微鏡で観察したところ,ナイロン糸にはぶどう球菌と思われる細菌が付着が確認できた
  • 非外傷性角膜穿孔に対し新鮮角膜を用いた治療的全層角膜移植術を施行した2症例, 宮本 龍郎, 江口 洋, 秦 聡, 高田 朋子, 四宮 加容, 塩田 洋, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 19, 11, 1481, 1484,   2002年11月30日
    概要:非外傷性角膜穿孔の2例に,新鮮角膜を用いた治療的全層角膜移植術(TPKP)を施行した.症例1は21歳女.感染性角膜潰瘍後に角膜穿孔をきたした.穿孔後16日目にTPKPを施行した.症例2は72歳男.慢性関節リウマチの既往があったが,感染性角膜潰瘍後に角膜穿孔をきたし,穿孔後55日目にTPKPを施行した.両例とも原疾患の再発はなく光学的にも改善した
  • 徳島大学における角膜移植術の統計学的観察 : ドナー側の因子と術後成績との関連, 西野 真紀, 江口 洋, 寺田 祐子, 宮本 龍郎, 塩田 洋, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 19, 11, 1485, 1488,   2002年11月30日
    概要:角膜移植術の成績をもとに,拒絶反応の出現と不可逆性の移植片混濁に関して,ドナー側の因子も含めた複数の予後因子との関連について検討した.おもな原疾患及び術式は,水疱性角膜症42.4%,角膜白斑24.2%,円錐角膜18.2%,及び全層角膜移植術57.6%,白内障との同時手術18.2%,深層角膜移植術9.1%であった.拒絶反応と移植片混濁の5年生存率は,各々72.4%と59.5%であった.生存分析回帰モデルで前記2項目とドナー側の因子を含めた予後因子との関連を検討し,術前の角膜血管侵入のみ拒絶反応に有意に関連した.強角膜片の角膜内皮細胞密度とドナー年齢との間には有意な相関はなく,術後の角膜内皮細胞密度は,約2年間で急激に減少する傾向にあった.よって,ドナー側の因子は角膜移植術の成績に大きな影響を及ばさない可能性が示唆された
  • 視力低下を契機に発見された小児褐色細胞腫の1例, 岩田 明子, 江口 洋, 塩田 洋, 高橋 昭良, 安友 康二, 石橋 広樹, 嵩原 裕夫, 臨床眼科, 56, 11, 1553, 1556,   2002年10月
    概要:8歳女児.両眼の視力低下と頭痛により受診した.両眼底に出血,軟性白斑,黄斑浮腫及び視神経乳頭の発赤・腫脹を認め,尿蛋白を検出した.腎性網膜症を疑い入院となった.高血圧眼底であった.画像検査で右腎に腫瘤があり,尿中バーリルマンデル酸と血中ノルアドレナリンが高く,臨床的に褐色細胞腫と診断した.腹腔鏡下右副腎腫瘍摘出術を施行し,右腎門部にも腫瘍を認めたため同時に摘出した.術後経過は順調で血圧コントロールも良好であった.又,術前高値であったカテコラミン値は正常化し,CRPも陰性化,血圧も安定したため退院した.摘出腫瘍の病理組織診断は褐色細胞腫に一致した
  • 光干渉断層計を前眼部に応用した続発緑内障の1例, 江口 洋, 岩田 明子, 曽我部 真紀, 佐藤 寛之, 塩田 洋, 日本眼科學会雜誌, 日本眼科學会雜誌, 106, 3, 178, 181,   2002年03月10日
    概要:74歳男.術前既に無水晶体眼で後発白内障にNd:YAGレーザー後嚢切開術の施行を受けていた.両眼に円錐角膜があり,左眼に対して全層角膜移植術を施行した.術後早期は経過良好であったが,6ヵ月頃から眼圧管理が困難となり再手術を施行した.手術前に細隙灯顕微鏡や隅角鏡では判断できない角膜後面から前房内の所見を捉える為に光干渉断層計(OCT)を前眼部疾患に応用し,同症例の細隙灯顕微鏡所見や隅角鏡所見と比較し,その有用性について検討した.その結果,OCTで得られた像は細隙灯顕微鏡所見や隅角鏡所見と比較して手術方法決定に有用であった
  • 対照的な経過をたどった小児穿孔性眼外傷の2例, 坂口 恭久, 江口 洋, 秦 聡, 賀島 誠, 内藤 毅, 塩田 洋, 眼科, 44, 2, 211, 214,   2002年02月
    概要:対照的な経過をたどった小児穿孔性眼外傷の2例を経験した.症例1:3歳男児.一次手術から約2週間後の入眠時中での検査で網膜剥離が強く疑われたため二次手術を施行した.全剥離かつ前部増殖性硝子体網膜症の状態にあった網膜は復位したが,視力予後は不良であった.症例2:5歳男児.一次手術の所見から早期の硝子体手術が必要と判断され,その4日後に二次手術を施行し,網膜裂孔の処理を行い,経過良好であった
  • Can we implant our keratoprosthesis for human as a temporary use?, Shiota H, Eguchi H, An Ins Barraquer, 31, 199,   2002年, 査読有り
  • 再燃を示唆する所見として視神経浸潤を認めた緩解期AMLの1例, 佐藤 寛之, 江口 洋, 賀島 誠, 塩田 洋, 高橋 幸志, 伊藤 祐司, 安倍 正博, 眼科臨床医報, 95, 10, 1080, 1080,   2001年10月
  • 意図的二重前房を用いた全層角膜移植術, 岩田 明子, 江口 洋, 佐藤 寛之, 四宮 加容, 塩田 洋, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 18, 8, 1045, 1047,   2001年08月30日
    概要:71歳男.右眼視野欠損を主訴とした.28年前に両眼水晶体嚢内摘出術を受けていたが,5年前に右眼球を打撲した.数年来の高血圧もあった.右眼の裂孔原性網膜剥離を認めたため,硝子体手術を行なった.網膜は復位したが,眼圧が上昇し,水疱性角膜症からDescemet瘤を呈したため,意図的二重前房を用いた全層角膜移植術(PKP)を行なった.移植片は通常のPKPより透明であったが,術後3ヵ月で移植片機能不全となった.硝子体術後の虚脱しやすい例に対しPKPは有用と思われるが,長期予後については更なる検討が必要である
  • 睫毛内反症に続発した角膜アミロイドーシス, 江口 洋, 佐藤 寛之, 賀島 誠, 塩田 洋, 三河 洋一, 臨床眼科, 55, 6, 1123, 1126,   2001年06月
    概要:23歳男.幼少時から右眼下眼瞼に睫毛内反症があった.右眼角膜の3×4mm大膠様滴状の白色腫瘤を主訴とした.初診時所見では視力は両眼とも正常範囲で,角膜の白色腫瘤は睫毛内反症に続発したものと判断して病理診断および治療目的で表層角膜切除術と下眼瞼通糸術を施行し,病巣について精査した.その結果,病理学的に角膜アミロイドーシスと診断され,免疫組織化学と電子顕微鏡検査では発症原因についての新しい知見は得られなかったが,睫毛内反症に続発したものと推定された.下眼瞼通糸術により睫毛内反症は改善し,睫毛が角膜に付着しない状態となり,切除部の角膜は1週間で全面上皮化し,術後8ヵ月の現在,腫瘤の再発は認めていない.本症例は検索した範囲内では角膜アミロイドーシスとしては最年少であり,睫毛内反症に続発したことを明記した最初の報告であった
  • アカントアメーバ角膜炎とその治療法について教えてください, 江口 洋, 塩田 洋, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 17, 181, 183,   2001年01月15日
  • 高周波メスを使用した角膜上皮形成術, 江口 洋, 曽我部 真紀, 塩田 洋, 久保 貴之, 泉 啓介, あたらしい眼科 = Journal of the eye, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 17, 11, 1551, 1553,   2000年11月30日
    概要:Stevens-Johnson症候群に対して,高周波メスを使用した角膜上皮形成術を行った.高周波メスによる結膜の切開は止血操作が不要であり,組織学的にも結膜の損傷は軽微であった.出血の多い外眼部手術には,高周波メスが有用と思われた
  • 角膜真菌症9例の検討, 伊勢 知弘, 江口 洋, 香川 彩, 賀島 誠, 胡 楠, 塩田 洋, 眼科, 42, 6, 807, 810,   2000年06月
    概要:過去3年間余に角膜真菌症と診断された9例9眼について,既往歴,臨床所見,真菌の検出,治療方法及びその効果について検討した.外傷の既往が9眼中4眼にみられた.臨床所見では,潰瘍が汚く灰白色を呈したものは9眼であった.直接鏡検,分離培養共に陽性であったものは同定を行った8眼中7眼で,corneal scraping法を確実に行うことで以前の報告よりも良い成績を得た.8例はピマリシンを主に,1例はフルコナゾールを用いて治療を行ったところ,全例に潰瘍の消失がみられた.角膜真菌症に特徴的な既往歴,臨床所見をみれば,病巣部を強く擦過して真菌の検出を試みると同時に,複数の分離培地を用いることが重要であると考えられた
  • 視神経乳頭陥凹拡大での血清リポタンパク (a) 値の検討, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 宮崎 修一, 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica, 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica, 50, 5, 410, 412,   1999年05月28日
    概要:人間ドック受診者483例で,視神経乳頭陥凹(cupping)拡大の有無と血清リポタンパク(a)(Lp(a))値との関連について検討した.拡大のある群はない群に比し,血清Lp(a)値が有意に高値を示し(p<0.01),cupping拡大とLp(a)にはなんらかの関連がある可能性が示唆された
  • フザリウムによる角膜真菌症, 江口 洋, 鎌田 泰夫, 金川 知子, 内藤 毅, 塩田 洋, 臨床眼科, 53, 4, 609, 611,   1999年04月
    概要:角膜真菌症53例中フザリウムによる8例について,その臨床所見とピマリシンに対する治療効果を検討した.潰瘍底は全例が汚い灰白色で,8例中6例にhyphate ulcerを認めた.4例に外傷の既往があった.眼球摘出に至った2例のピマリシンに対する最小発育阻止濃度は比較的高値を示し,ピマリシンの治療効果と相関のある傾向を示した

書籍等出版物

  • 一目でわかる眼疾患の見分け方, 江口洋, 分担執筆, 第1章. 角結膜疾患, 細菌性角膜炎, メジカルビュー社,   2016年03月
  • JAID/JSC 感染症治療ガイド 2014 , 江口洋, 分担執筆, 14, 眼感染症, D ウイルス性角膜炎, E 細菌性角膜炎, ライフサイエンス出版,   2014年12月
  • 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014, 江口洋, 分担執筆, 眼科領域, 共和企画,   2014年01月
  • 眼感染症診療マニュアル, 江口洋, 分担執筆, 第5章, 角膜疾患 Ⅱ角膜疾患各論 E, 真菌性角膜炎., 医学書院,   2014年
  • 眼科診療クオリファイ 25, 江口洋, 分担執筆, Q & A 培養が困難な細菌の検出はどうするのでしょうか?, 中山書店,   2014年
  • 眼科グラフィックス, 江口洋, 分担執筆, 角結膜感染症診療のポイント. 塗抹検鏡, メディカ出版,   2014年
  • 眼科臨床薬理各論, 堀田芙美香, 江口洋, 共著, 医学書院,   2013年
  • 眼科疾患最新の治療, 江口洋, 分担執筆, 慢性細菌性結膜炎, 南江堂,   2013年
  • Infection control, Hiroshi Eguchi, 分担執筆, Chapter 4. Ocular infections caused by Corynrbacterium species., InTech,   2013年
  • 日本コンタクトレンズ学会誌, 前田直之, 単著, 日本コンタクトレンズ学会編集部,   2011年
  • 日本の眼科, 戸張幾生, 単著, 日本眼科医会,   2011年
  • 眼科診療クオリファイ 2, 大橋裕一, 単著, 中山書店,   2010年
  • 眼の感染症, 江口洋, 分担執筆, 真菌性角膜炎, 金芳堂,   2010年
  • 眼科プラクティス 28, 大橋裕一, 単著, 文光堂,   2009年
  • 眼科インストラクションコース19, 前田直之, 単著, メディカルビュー,   2009年
  • 眼科診療のコツと落とし穴, 樋田哲夫, 単著, 中山書店,   2008年
  • 眼科プラクティス 18, 大鹿哲郎, 単著, 文光堂,   2007年
  • 日常診療で遭遇する感染症診療ガイド, 舟田 久, 単著, 永井書店,   2006年
  • 眼科検査法ハンドブック, 小口芳久, 共著, 医学書院,   2005年
  • 眼科ケア, 外園千恵, 単著, メディカ出版,   2003年
  • 眼科診療プラクティス 88, 澤充, 単著, 文光堂,   2002年
  • ウイルス学からみた医療の安全性, 栗村敬, 共著, メディカルレビュー,   2002年

講演・口頭発表等

  • 眼科におけるマイクロバイオーム, 江口洋, 第87回日本感染症学会西日本地方学術集会, シンポジウム10「ヒトマイクロバイオーム:メタ16S解析から機能メタゲノミクスへの新展開」,   2017年10月28日
  • レバミピド点眼後の涙嚢炎発生機序に関する研究, 長谷川麻里子, 江口洋, 堀田芙美香, 日下俊次, 宮崎千歌, 廣瀬美央, 竹谷太, 佐々木次壽, 井上康, 下村嘉一,   2017年10月13日
  • Corynebacterium simulans 角膜炎, 堀田芙美香, 江口洋, 武田純爾, 日下俊次, 桑原知巳, 今大路浩之, 宮本龍郎, 福田昌彦, 下村嘉一, 第71回日本臨床眼科学会, シンポジウム7「眼感染症の新しい展開ー新種・新薬・新疾患ー,   2017年10月13日
  • 新種のコリネバクテリウム:Corynebacterium oculi, 江口洋, 第71回日本臨床眼科学会, シンポジウム7「眼感染症の新しい展開ー新種・新薬・新疾患ー,   2017年10月13日
  • コンタクトレンズによる眼障害〜角膜感染症〜, 江口洋, 愛知県眼科医会コンタクトレンズ管理者継続研修,   2017年09月30日, 招待有り
  • 眼感染症の症例検討, 江口洋, 第23回藤井寺羽曳野病診連携の会,   2017年09月09日, 招待有り
  • 細菌性・真菌性角膜炎, 江口洋, 第54回日本眼感染症学会 パネルディスカッション,   2017年07月15日, 招待有り
  • 眼感染症の今と昔, 江口洋, 尾張眼科セミナー 2017,   2017年06月17日, 招待有り
  • 日本の眼科における耐性菌の現状, 江口洋, Alcon Pharma Web Live Symposium,   2017年06月08日, 招待有り
  • ドライアイ治療が眼表面に与える影響〜副作用をどう捉えるか〜, 江口洋, 第3回播州眼科セミナー,   2017年06月03日, 招待有り
  • 時々見かける前眼部疾患の診断と治療, 江口洋, 第59回神戸眼科臨床談話会,   2017年05月20日, 招待有り
  • 眼感染症診断法の温故知新 〜培養から次世代シークエンス解析まで〜, 江口洋, 第15回 Symposium of Ocular Surface and Infection,   2017年05月13日, 招待有り
  • 日常診療に役立つ眼微生物学, 江口洋, 平成29年度豊中市眼科医会学術研究会,   2017年04月22日, 招待有り
  • 小児での Toric IOL 使用成績と optic capture の影響, 立花都子, 日下俊次, 阿部考助, 辻岡大志, 堀田芙美香, 江口洋, 下村嘉一, 第121回日本眼科学会総会,   2017年04月06日
  • Corynebacterium oculi の薬剤感受性, 堀田芙美香, 江口洋, 日下俊次, 福田昌彦, 下村嘉一, 今大路治之, 桑原知巳, Bernard K, Vandamme P, 第121回日本眼科学会総会,   2017年04月06日
  • 術前眼表面の培養結果と分離菌のキノロン感受性, 西田功一, 江口洋, 堀田芙美香, 立花都子, 辻岡大志, 日下俊次, 福田昌彦, 下村嘉一, 第121回日本眼科学会総会,   2017年04月06日
  • 周術期の眼感染症, 江口洋, 大阪医大眼科オープンカンファレンス,   2017年03月16日, 招待有り
  • よく見かける前眼部疾患の診断と治療, 江口洋, 第92回東京医大眼科臨床談話会,   2017年03月09日, 招待有り
  • Ophthalmic microbiology for clinical practice: the usefulness of high concentration quinolone, Hiroshi Eguchi, Cravit 1.5 Launch Seminar in Ho Chi Minh,   2017年02月19日, 招待有り
  • Ophthalmic microbiology for clinical practice: the usefulness of high concentration quinolone, Hiroshi Eguchi, Cravit 1.5 Launch Seminar in Ha Noi,   2017年02月17日, 招待有り
  • Stemphylium属による角膜炎の1例, 西村恵子, 清水みさと, 矢口貴志, 堀田芙美香, 江口洋, 第28回日本臨床微生物学会総会・学術集会,   2017年01月21日
  • 前眼部疾患の診断と治療 〜ドライアイや感染症の新しい見方〜, 江口洋, 第50回岸和田市医師会眼科懇話会,   2017年01月21日, 招待有り
  • 前眼部疾患の診断と治療 〜ドライアイや感染症の新しい見方〜, 江口洋, 第9回なにわ眼科勉強会,   2016年12月08日, 招待有り
  • 「Pharmacology, Immunology &Infection」Future of molecular biological verification of ophthalmic samples., Hiroshi Eguchi, The 22nd Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club,   2016年11月25日
  • いくつかの前眼部疾患での厳密な診断と治療, 江口洋, 愛媛県眼科学術講演会,   2016年11月13日, 招待有り
  • 眼感染症の今と昔 〜軽症の前眼部疾患から周術期感染対策まで〜, 江口洋, 第2回能登地区眼科講演会,   2016年11月10日, 招待有り
  • モーニングセミナー17(外眼部細菌感染症にまつわる見極めの巻)「感染性結膜炎の見極め」, 江口洋, 第70回日本臨床眼科学会,   2016年11月06日, 招待有り
  • 眼科と他科から分離された腸球菌のキノロン耐性率と耐性機構, 戸所大輔, 江口 洋, 堀田芙美香, 鈴木 崇, 井上智之, 星 最智, 子島良平, 服部貴明, 宮本龍郎, 秋山英雄, 第70回日本臨床眼科学会,   2016年11月05日
  • 無虹彩・無硝子体眼での内皮移植片縫着DSAEKの早期成績, 西田功一, 江口 洋, 堀田芙美香, 辻岡大志, 立花都子, 日下俊次, 福田昌彦, 下村嘉一, 第70回日本臨床眼科学会,   2016年11月05日
  • インストラクションコース IC20, 症例から学ぶ感染症・炎症性疾患~これって感染?それとも非感染?~「角膜炎」, 江口洋, 第70回日本臨床眼科学会,   2016年11月03日
  • 頻度の高い前眼部疾患の診断と治療, 江口洋, 第4回奈良オキュラーサーフェイスの会,   2016年10月27日, 招待有り
  • 周術期の眼感染症, 江口洋, 第9回筑豊眼科医会講演会,   2016年10月06日, 招待有り
  • 周術期の眼感染症, 江口洋, 第9回瀬戸内コロシアム,   2016年10月02日, 招待有り
  • 頻度の高い前眼部疾患の診断と治療, 江口洋, 堺眼科勉強会,   2016年09月10日, 招待有り
  • 白内障手術における周術期感染対策, 江口洋, Cataract Surgery Seminar in 南大阪,   2016年07月23日, 招待有り
  • 周術期における感染症の基礎知識, 江口洋, 第4回唐人町オフサルミックセミナー,   2016年07月09日, 招待有り
  • ランチョンセミナー 進化する MPS MPDS で眼障害予防. RevitaLens のバイオフィルム増殖抑制効果, 江口洋, 東京フォーサム2016.,   2016年07月03日, 招待有り
  • 第7回 JAOI塗抹検鏡スキルトランスファー, 江口洋, 第53回日本眼感染症学会,   2016年07月02日, 招待有り
  • 細菌性内因性眼内炎の起炎菌および薬剤感受性に関する多施設後ろ向き研究, 戸所大輔, 望月清文, 西田崇, 江口洋, 宮本龍郎, 服部貴明, 鈴木崇, 井上智之, 子島良平, 星最智, 第53回日本眼感染症学会,   2016年07月01日
  • ランチョンセミナー 感染症エキスパートでも悩む…細菌性、非細菌性角膜炎の難症例.〜最新の診断法と治療戦略も含めて〜. 「細菌性角膜炎」, 江口洋, フォーサム2016,   2016年07月01日, 招待有り
  • 多剤耐性・バイオフィルム低産生Staphylococcus haemolyticusによるinfectious crystalline keratopathy., 山下眞里佳, 宮本龍郎, 江口 洋, 米田早織, 日下俊次, 福田昌彦,下村嘉一, 桑原知巳, フォーサム2016,   2016年07月01日
  • モキシフロキサシン角膜実質注射が有効であった Moraxella catarrhalis 角膜炎の1例, 平木翔子, 江口 洋, 立花都子, 米田早織, 堀田芙美香, 桑原知巳, 日下俊次, 福田昌彦, 下村嘉一, フォーサム2016,   2016年07月01日
  • バクテリアの基礎と臨床〜細菌叢という考え方〜, 江口洋, 第12回大阪角膜フォーラム,   2016年06月18日, 招待有り
  • ドライアイ治療が眼表面に与える影響〜副作用をどう捉えるか〜, 江口洋, 第13回東予眼科医の集い,   2016年05月26日, 招待有り
  • The current situation of ocular infections in Japan., Hiroshi Eguchi, ASEAN感染症研究会,   2016年05月21日, 招待有り
  • 頻度の高い角膜疾患の鑑別と治療, 江口洋, 第26回三河眼科研究会,   2016年05月07日, 招待有り
  • The history of KPro study in Japan., Eguchi H, Shiota H, Fukuda M, Shimomura Y, The 10th KPro study group meeting.,   2016年04月22日
  • 周術期の感染症の基礎知識, 江口洋, 第5回さかい眼科倶楽部,   2016年04月15日, 招待有り
  • 角膜移植術における術中real-time OCT(RESCAN 700), 江口 洋, 小池 英子, 立花 都子, 辻岡 大志, 日下 俊次, 福田 昌彦, 下村 嘉一, 第120回日本眼科学会総会,   2016年04月08日
  • ランチョンセミナー 抗菌薬とステロイドのさじ加減~こんな時どうしてますか?~ステロイドのさじ加減〜角膜ヘルペスと角膜真菌症を中心に〜., 江口洋, 第120回日本眼科学会総会,   2016年04月07日, 招待有り
  • Next-generation sequencing analysis of ocular samples, 江口洋, 第120回日本眼科学会総会,   2016年04月07日, 招待有り
  • Infections, Complications and Solutions. Next-generation sequencing data of soft contact lens storage case contaminations, 江口洋, World Ophthalmology Congress. Guadalajara, Mexico.,   2016年02月07日, 招待有り
  • 臨床に役立つ微生物学と角膜感染症診療, 江口洋, 第16回眼炎症セミナー in 福岡,   2016年01月09日, 招待有り
  • 経口フルオレセインを用いた超広角眼底撮影の試み, 辻岡大志, 日下俊次, 高田遼太, 松本富美子, 立花都子, 小池英子, 江口洋,下村嘉一, 第40回日本小児眼科学会総会,   2015年07月30日

MISC

  • 微生物検査, 江口洋, 眼科グラフィックス, 6, 6, 536, 541,   2017年12月, 招待有り
  • 眼感染症 View Point コリネバクテリウムの薬剤感受性, 江口洋, Core-Network of Ocular Infection, 19, 6, 4, 5,   2017年06月, 招待有り
  • 角膜内皮移植: DSAEK 対 DMEK, 無虹彩・無硝子体眼での DSAEK, 西田功一, 江口洋, 眼科, 59, 5, 485, 489,   2017年05月, 招待有り
  • 新しいコリネ属-コリネバクテリウム・オキュリ, 西田功一、江口洋, あたらしい眼科, 33, 11, 13, 16,   2016年11月, 招待有り
  • 【眼感染症の傾向と対策-完全マニュアル】 知っておきたい眼感染症診療の動向 注意が必要な角膜真菌症, 江口 洋, 臨床眼科, 70, 11, 13, 17,   2016年10月, 招待有り
    概要:<POINT>診断時は,発症原因によって分類される2つの型を意識しながら患者の既往歴・生活歴を十分に問診することが重要である。角膜移植後は酵母型真菌感染が多く,植物による外傷後は糸状菌感染が多い。治療時に安易にステロイド点眼薬を使用しないことが重要である。種同定は古典的な培養と形態学的分類が基本である。(著者抄録)
  • 【涙道診療ABC】 涙道の炎症, 岩田 明子, 江口 洋, OCULISTA, 35, 26, 29,   2016年02月, 招待有り
    概要:代表的な涙道炎症性疾患は、急性涙嚢炎・慢性涙嚢炎・涙小管炎である。これらはほとんどが細菌感染症であるため、抗菌薬を使用する機会が多い。その際、起炎微生物の疫学情報を考慮すべきだが、これまでの報告でわかっていることは、(1)急性涙嚢炎は慢性涙嚢炎よりもグラム陰性桿菌が分離される頻度が高い、(2)慢性涙嚢炎は急性涙嚢炎よりも分離菌が多岐にわたる、および(3)涙小管炎の起炎菌は明確ではない、ということである。的確な治療方針の決定には、日本における涙道炎症性疾患の起炎菌に関する、厳密なデータベース作成が急務である。(著者抄録)
  • 【角膜真菌症アップデート】 糸状菌感染症, 堀田 芙美香, 江口 洋, 眼科, 58, 10, 1041, 1045,   2016年10月, 招待有り
  • CLケア教室 第54回 MPS が抱える問題点, 山下眞里佳、江口洋, 日本コンタクトレンズ学会雑誌, 58, 2, 93, 95,   2016年, 招待有り
  • The basic and clinical aspects of colored contact lenses, Eguchi H, Tsukiyama J, Kodama A, Miyamoto Y, Fukuda M, Shimomura Y, Ophta, 22, 5, 349, 350,   2016年
  • 眼感染症 View Point ブドウ球菌の薬剤耐性, 江口 洋, Core-Network of Ocular Infection, 17, 4, 5,   2015年08月, 招待有り
  • カラーコンタクトレンズへのアカントアメーバ嚢子の接着性, 岩田 明子, 江口 洋, 堀田 芙美香, 宮本 龍郎, 三田村 佳典, 日本眼科学会雑誌, 119, 臨増, 250, 250,   2015年03月
  • 【眼感染症の治療-最近のトピックス-】 細菌感染症 コリネバクテリウム感染症「キノロン耐性との関係」, 長谷川 麻里子, 江口 洋, 医学と薬学, 71, 12, 2243, 2247,   2014年11月
  • Diagnostics 角結膜感染症診断のポイント 塗抹検鏡, 江口 洋, 眼科グラフィック, 3, 4, 357, 362,   2014年08月
  • ムコスタ点眼薬UD2%のドライアイに対する効果, 森 輝美, 宮本 龍郎, 江口 洋, 三田村 佳典, 四国医学雑誌, 70, 1-2, 49, 50,   2014年04月
  • ジクアホソルナトリウムが緑内障患者の視野検査に与える影響, 宮本 龍郎, 江口 洋, 堀田 芙美香, 谷 彰浩, 三田村 さやか, 三田村 佳典, 日本眼科学会雑誌, 118, 臨増, 316, 316,   2014年03月
  • 【図で早わかり 実戦!眼科薬理】 眼科臨床薬理各論 外眼部・前眼部疾患 細菌性結膜炎, 堀田 芙美香, 江口 洋, 臨床眼科, 67, 11, 46, 51,   2013年10月
    概要:<POINT>患者背景から起炎菌を推定する。可能な限り結膜擦過物や眼脂の塗抹・検鏡と細菌の分離・培養検査を行う。塗抹・検鏡ができない場合は,初期治療としてセフェム系点眼薬を使用する。塗抹・検鏡ができる場合は,染色像を参考に起炎菌を絞り込み,抗菌薬を選択する。初期治療が有効でない場合,薬剤感受性試験の結果を参考に抗菌薬を変更する。(著者抄録)
  • 抗腫瘍薬全身投与による角結膜障害の統計, 濱 紳悟, 江口 洋, 堀田 芙美香, 宮本 龍郎, 三田村 さやか, 三田村 佳典, 眼科臨床紀要, 6, 5, 421, 421,   2013年05月
  • シェーグレン症候群モデルを用いたレバミピド点眼薬によるドライアイの改善効果とその作用機序, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 江口 洋, 三田村 佳典, 林 良夫, 石丸 直澄, 日本病理学会会誌, 102, 1, 360, 360,   2013年04月
  • 細菌培養検査の見方と考えかた, 江口 洋, 日本眼科学会雑誌, 117, 臨増, 218, 218,   2013年03月, 招待有り
  • 【オキュラーサーフェス診療アップデート】 オキュラーサーフェス疾患に対する新しい治療法 感染症 感染性角膜炎 真菌, 江口 洋, 臨床眼科, 66, 11, 135, 138,   2012年10月
    概要:<Point>1.治療の基本は病巣角膜の掻爬である。2.ピマリシンを第一選択として全身投与も組み合わせる。3.新しい治療法としてボリコナゾールの角膜実質注射と前房内投与がある。(著者抄録)
  • ドライアイに対するジクアホソルナトリウム点眼薬の有用性, 宮本 龍郎, 江口 洋, 三田村 さやか, 堀田 芙美香, 三田村 佳典, 眼科臨床紀要, 5, 8, 806, 806,   2012年08月
  • ボリコナゾール角膜実質内注射が奏効した角膜真菌症疑いの2例, 三野 亜希子, 松下 新悟, 林 正和, 江口 洋, 眼科臨床紀要, 5, 8, 806, 806,   2012年08月
  • 眼感染症up to date コリネバクテリウムの薬剤耐性, 江口 洋, Core-Network of Ocular Infection, 14, 6, 6,   2012年06月
  • ドライアイ治療の新しい展開, 江口 洋, 眼科臨床紀要, 5, 5, 483, 483,   2012年05月
  • シェーグレン症候群モデルマウスを利用したレバミピド点眼投与による病態抑制機序の解明, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 林 良夫, 江口 洋, 三田村 さやか, 堀田 芙美香, 三田村 佳典, 石丸 直澄, 日本病理学会会誌, 101, 1, 321, 321,   2012年03月
  • Tx-NFS/sldマウスにおけるレバミピド点眼液の効果, 江口 洋, 三田村 さやか, 堀田 芙美香, 樋端 透史, 三田村 佳典, 石丸 直澄, 林 良夫, 日本眼科学会雑誌, 116, 臨増, 260, 260,   2012年03月
  • 細菌感染の基礎と応用 コリネバクテリウム, 江口 洋, 日本眼科学会雑誌, 116, 臨増, 146, 146,   2012年03月
  • 写真セミナー Axenfeld-Rieger症候群の後部胎生環, 樋端 透史, 江口 洋, あたらしい眼科, 29, 1, 53, 54,   2012年01月
  • 写真セミナー 全層角膜移植術後のEpithelial Downgrowth, 堀田 芙美香, 江口 洋, あたらしい眼科, 28, 11, 1571, 1572,   2011年11月
  • 温度による化学消毒剤の消毒効果, 植田 喜一, 江口 洋, 山崎 勝秀, 斉藤 文郎, 日本眼科学会雑誌, 115, 10, 941, 941,   2011年10月
  • 写真セミナー 角膜上皮基底膜変性症, 三田村 さやか, 江口 洋, あたらしい眼科, 28, 9, 1279, 1280,   2011年09月
  • CLケア教室(第38回) 患者さんには寛大に手厚くがイイ?, 江口 洋, 日本コンタクトレンズ学会誌, 53, 2, 156, 157,   2011年06月
  • 前眼部OCTを用いた調節機構の解明, 冨田 真知子, Farouk Mahmoud M., 内藤 毅, 四宮 加容, 江口 洋, Mohammed Khulood, 長澤 利彦, 香留 崇, 眼科臨床紀要, 4, 5, 475, 476,   2011年05月
  • アカントアメーバtrophozoiteに対するヨウ素剤の消毒効果, 江口 洋, 宮本 龍郎, 三田村 佳典, 斉藤 文郎, 山崎 勝秀, 日本眼科学会雑誌, 115, 臨増, 236, 236,   2011年04月
  • 重症コンタクトレンズ関連角膜感染症調査からみた危険因子の解析, 稲葉 昌丸, 井上 幸次, 植田 喜一, 宇野 敏彦, 江口 洋, 大橋 裕一, 下村 嘉一, 外園 千恵, 田川 義継, 近間 泰一郎, 福田 昌彦, 古川 敏仁, 日本コンタクトレンズ学会誌, 52, 1, 25, 30,   2010年03月
    概要:2007年4月1日からの1年間に、コンタクトレンズ(CL)関連角膜感染症のために入院が必要と判断された231例について、視力予後および検出菌に相関する因子を調査した。同時に同時期の日本全国におけるCL使用実態調査結果との対比から、CL関連角膜感染症の危険因子を解析した。入院症例の調査からは、30歳代以上、アカントアメーバ検出例、ハードCL(HCL)装用者、ソフトCL(SCL)の消毒不良例に有意に視力予後不良例(矯正視力0.3以下)が多い結果が得られた。調査した諸因子と検出された菌の種類の間に有意な関連は認められなかった。全国の推定使用者数との対比からは、男性および20歳代以下の使用者にCL関連角膜感染症が有意に多く、HCLおよび1日使い捨てSCLの使用者には有意に少ないという結果が得られた。(著者抄録)
  • CLケース内のアカントアメーバと共生細菌に関する研究, 江口 洋, 宮本 龍郎, 桑原 知巳, 日本眼科学会雑誌, 114, 臨増, 305, 305,   2010年03月
  • 健常ソフトコンタクトレンズ装用者でのレンズケース内グラム陰性桿菌と環境菌の関係, 江口 洋, 日本環境感染学会誌, 25, Suppl., 203, 203,   2009年12月
  • 前眼部OCT(SS-1000)にて経過を観察した線維柱帯切除術後の3症例, 井上 昌幸, 江口 洋, 日本緑内障学会抄録集, 20回, 132, 132,   2009年11月
  • 眼科領域で分離されるCorynebacteriumの薬剤耐性化状況の全国調査, 江口 洋, 桑原 知巳, 今大路 治之, 感染症学雑誌, 83, 6, 732, 732,   2009年11月
  • コンタクトレンズケースの微生物汚染, 江口 洋, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 26, 9, 1187, 1192,   2009年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026256159
  • 【コンタクトレンズ関連角膜感染症】 コンタクトレンズケースの微生物汚染, 江口 洋, あたらしい眼科, 26, 9, 1187, 1192,   2009年09月
  • 【眼感染症の謎を解く】 生きた基礎知識を学ぶ!眼病原体who's who 常在病原体 外眼部・上気道 コリネバクテリウム, 江口 洋, 眼科プラクティス, 28, 412, 413,   2009年07月
  • 【眼感染症の謎を解く】 生きた基礎知識を学ぶ!眼病原体who's who 常在病原体 外眼部・上気道 溶連菌群, 江口 洋, 眼科プラクティス, 28, 410, 411,   2009年07月
  • 【眼感染症の謎を解く】 検査を駆使する!抗原スクリーニング 免疫組織化学, 江口 洋, 眼科プラクティス, 28, 251, 252,   2009年07月
  • 【眼感染症の謎を解く】 眼感染症事典 強角膜炎 コリネバクテリウム角膜炎, 江口 洋, 眼科プラクティス, 28, 132, 133,   2009年07月
  • 【眼感染症の謎を解く】 眼感染症事典 強角膜炎 肺炎球菌性角膜潰瘍, 江口 洋, 眼科プラクティス, 28, 125, 126,   2009年07月
  • 眼結膜由来のコリネバクテリウムにおけるフルオロキノロン感受性, 桑原 知巳, 江口 洋, 今大路 治之, 感染症学雑誌, 83, 3, 317, 317,   2009年05月
  • アカントアメーバ角膜炎の早期診断・早期治療, 植 奈美, 大木 弥栄子, 江口 洋, 塩田 洋, 山根 伸太, 馬詰 裕道, 水井 研治, 眼科臨床紀要, 2, 5, 462, 462,   2009年05月
  • 日本人の眼表面から分離されるCorynebacteriumの薬剤耐性化状況全国調査, 江口 洋, 桑原 知巳, 塩田 洋, 日本眼科学会雑誌, 113, 臨増, 321, 321,   2009年03月
  • 【ドナーアクションの必要性 なぜ海外移植しか助かる道はないのか】 本邦及び徳島県における角膜移植医療の現状と問題, 江口 洋, 四国医学雑誌, 64, 3-4, 87, 91,   2008年08月
  • 徳島県の眼科地域医療を考える, 江口 洋, 四宮 加容, 秦 裕子, 内藤 毅, 川端 昌子, 盛 隆興, 眼科臨床紀要, 1, 6, 604, 604,   2008年06月
  • ドナーアクションの必要性 なぜ海外移植しか助かる道はないのか 角膜輸入の現状, 江口 洋, 四国医学雑誌, 64, 1-2, 68, 68,   2008年04月
  • コリネバクテリウムの各種キノロン薬に対する感受性の違いとgyrA遺伝子変異との関連, 香留 崇, 江口 洋, 桑原 知己, 塩田 洋, 宮本 龍郎, 日本眼科学会雑誌, 112, 臨増, 283, 283,   2008年03月
  • チタン製支持翼に表面コーティング施行したPMMA人工角膜家兎眼挿入実験の病理学的検討, 大木 武夫, 江口 洋, 塩田 洋, 工藤 英治, 村上 理一, 田中 裕之, 村上 登, 日本眼科学会雑誌, 112, 臨増, 280, 280,   2008年03月
  • 眼材料から分離されたコリネバクテリウムのキノロン耐性化状況 全国調査第2報, 江口 洋, 桑原 知巳, 塩田 洋, 宮本 龍郎, 日本眼科学会雑誌, 112, 臨増, 234, 234,   2008年03月
  • 本邦および徳島県における角膜移植医療の現状と問題点, 江口洋, 四国医学雑誌, 64, 87, 91,   2008年
  • 【前眼部アトラス】 角膜 アカントアメーバ角膜炎, 江口 洋, 眼科プラクティス, 18, 196, 197,   2007年11月
  • チタン製支持翼に表面コーティングを施行したPMMA人工角膜の家兎眼挿入実験, 大木 武夫, 江口 洋, 福田 祐子, 湊 真奈, 塩田 洋, 村上 理一, 田中 裕之, 村上 登, 日本眼科学会雑誌, 111, 臨増, 240, 240,   2007年03月
  • 人工角膜 日本におけるAlphaCor移植術の成績, 江口 洋, 日本眼科学会雑誌, 111, 臨増, 78, 78,   2007年03月
  • キノロン耐性Corynebacteriumによる前眼部感染症の5例 gyrA遺伝子におけるアミノ酸配列とLVFX耐性との関連, 土ヶ内 健史, 江口 洋, 塩田 洋, 宮本 龍郎, 桑原 知巳, 眼科臨床医報, 100, 6, 461, 461,   2006年06月
  • AlphaCor移植眼におけるOCTの有用性, 竹林 優, 江口 洋, 土ヶ内 健史, 松下 新吾, 塩田 洋, 日本眼科学会雑誌, 110, 臨増, 158, 158,   2006年03月
  • 眼科臨床分離株Corynebacteriumのキノロン耐性とgyrA遺伝子におけるアミノ酸配列変化, 江口 洋, 宮本 龍郎, 土ヶ内 健史, 塩田 洋, 桑原 知巳, 日本眼科学会雑誌, 110, 臨増, 156, 156,   2006年03月
  • 塗抹鏡検, 江口 洋, あたらしい眼科 = Journal of the eye, 23, 2, 193, 194,   2006年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018836825
  • 眼感染症セミナー スキルアップ講座 塗抹鏡検, 江口 洋, あたらしい眼科, 23, 2, 193, 194,   2006年02月
    概要:感染症診療での検体の塗抹鏡検は最も古典的な検査だが,新たな診断技術が台頭してもその迅速性ではいまだに群を抜いており,特異度も高い.日常診療ではとかく敬遠され,検体をすぐに分離培養しがちだが,培養では起炎微生物が検出されるとは限らない.感染症では塗抹鏡検像に基づいた必要最小限の薬剤使用が理想である(著者抄録)
  • 本邦で実用化されている人工角膜 AlphaCor, 江口洋, 日本の眼科, 77, 19, 23,   2006年
  • 治療的全層角膜移植術を施行した難治性角膜潰瘍の1例, 岩田 明子, 江口 洋, 塩田 洋, 板東 康晴, 板東 陽子, 眼科臨床医報, 99, 6, 518, 519,   2005年06月
  • 徳島大学における羊膜移植術の成績, 西野 真紀, 江口 洋, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 99, 6, 518, 518,   2005年06月
  • 全層角膜移植術後に発症した悪性緑内障の2例, 江口 洋, 久保 弥栄子, 美馬 彩, 塩田 洋, 矢野 雅彦, 日本眼科学会雑誌, 109, 臨増, 186, 186,   2005年02月
  • 角膜真菌症の検討, 西野 真紀, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 日本眼科学会雑誌, 109, 臨増, 185, 185,   2005年02月
  • アカントアメーバ角膜炎の新病期分類, 塩田 洋, 井上 昌幸, 久保 弥栄子, 江口 洋, 内藤 毅, 日本眼科学会雑誌, 109, 臨増, 169, 169,   2005年02月
  • 深層角膜移植後に不可逆性散瞳(Urrets-Zavalia症候群)をきたした1例, 長澤 利彦, 江口 洋, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 98, 8, 736, 736,   2004年08月
  • 人工角膜の歴史とAlphaCorTM移植術の臨床成績, 高野 しの, 江口 洋, 塩田 洋, Hicks Celia R., Crawford Geoffrey J., Chirila Train V., 眼科臨床医報, 98, 8, 736, 736,   2004年08月
  • 本年5月以降の徳島大学における角膜移植術, 吉田 慎一, 江口 洋, 秦 聡, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 98, 8, 735, 736,   2004年08月
  • 【コメディカルがカギをにぎる眼科感染対策】 眼科外来で出会う感染症 コンタクトレンズと感染症, 江口 洋, 眼科ケア, 2003夏季増刊, 134, 139,   2003年07月
  • 特異な形態の後部ブドウ腫内網膜分離症の1例, 土ヶ内 健史, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 藤江 準, 眼科臨床医報, 97, 4, 310, 311,   2003年04月
  • CL関連角膜感染症, 江口洋, 眼科ケア, 44, 139, 143,   2003年
  • 【角膜内皮細胞 最近の知見と展望】 角膜移植の基礎と臨床 角膜移植後免疫反応の病態と抑制 治療的角膜移植術の適応と問題点, 江口 洋, 塩田 洋, 眼科診療プラクティス, 88, 62, 64,   2002年11月
  • バンジージャンプによって外傷性網膜剥離を起こした1例, 山添 健二, 石丸 真弓, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 井上 須美子, 眼科臨床医報, 96, 8, 899, 900,   2002年08月
  • 全層角膜移植術と強膜内陥同時手術を施行した1例, 西野 真紀, 江口 洋, 福家 恭子, 内藤 毅, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 96, 8, 899, 899,   2002年08月
  • 硝子体手術が著効した後部ブドウ腫内網膜分離症の1例, 土ヶ内 健史, 四宮 加容, 江口 洋, 内藤 毅, 塩田 洋, 藤江 準, 眼科臨床医報, 96, 8, 899, 899,   2002年08月
  • 超音波水晶体乳化吸引・眼内レンズ挿入術後に発症した両眼悪性緑内障の1例, 江口 洋, 高田 朋子, 秦 聡大, 三河 洋一, 塩田 洋, 板東 陽子, 眼科臨床医報, 96, 8, 899, 899,   2002年08月
  • 全層角膜移植術8年後に発症した縫合糸感染の1例 ナイロン糸の電子顕微鏡的観察, 岡本 敬子, 江口 洋, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 96, 8, 897, 898,   2002年08月
  • 新鮮角膜を用いた治療的全層角膜移植術, 宮本 龍郎, 江口 洋, 高田 朋子, 秦 聡, 四宮 加容, 塩田 容, 眼科臨床医報, 96, 8, 897, 897,   2002年08月
  • 徳島大学における角膜移植術の統計学的観察, 寺田 祐子, 江口 洋, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 96, 8, 897, 897,   2002年08月
  • 過去6年間の徳島大学における角膜移植術 ドナー情報も含めた統計学的検討, 寺田 祐子, 西野 真紀, 宮本 龍郎, 竹林 優, 秦 聡, 江口 洋, 塩田 洋, 四国医学雑誌, 58, 1〜2, 74, 74,   2002年04月
  • 非感染性角膜穿孔に対する新鮮角膜を用いた治療的全層角膜移植術, 宮本龍郎、江口 洋、塩田 洋, あたらしい眼科, 19, 1481, 1484,   2002年
  • OCTの前眼部への応用とその限界, 岩田 明子, 佐藤 寛之, 江口 洋, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 95, 10, 1076, 1077,   2001年10月
  • 再燃を示唆する所見として視神経浸潤を認めた緩解期AMLの1例, 佐藤 寛之, 江口 洋, 賀島 誠, 塩田 洋, 眼科, 43, 9, 1207, 1210,   2001年09月
    概要:38歳男.2年半前にAML(急性骨髄性白血病)を発症し,完全緩解が得られていた.今回,頭痛と左眼痛を主訴に自施設を初診し,左眼の眼底検査で視神経乳頭に腫脹を認めた.初診後1ヵ月で左眼視力は光覚弁(-)となり,眼底には網膜中心動静脈閉塞症が認められた.髄液検査を行ったところ多数の骨髄芽球が認められた為白血病細胞の視神経浸潤と診断した.ステロイドパルス療法や抗癌剤による治療を開始したが,全身状態が急激に悪化し,初診から約2ヵ月で死亡した
  • バンコマイシン眼軟膏による家兎MRSA角膜炎治療効果判定方法の病理学的検討, 江口 洋, 佐藤 寛之, 高野 しの, 竹林 優, 塩田 洋, 笠間 俊男, 小黒 亨, 日本眼科学会雑誌, 105, 臨増, 182, 182,   2001年03月
  • 眼科領域における超音波造影剤の有用性, 廣川 富彦, 江口 洋, 林 正和, 内藤 毅, 塩田 洋, 太田 良治, 諸江 雄大, 西蔭 朋子, 市場 雅美, 超音波医学, 27, 11, 1447, 1447,   2000年11月
  • 超音波カラードプラ法を用いた眼血流評価法について, 廣川 富彦, 江口 洋, 林 正和, 内藤 毅, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 94, 7, 973, 973,   2000年07月
  • Stevens-Johnson症候群に対して高周波メス(サージトロン)を使用した結膜嚢形成術と角膜上皮形成術の同時手術を施行した1例, 曽我部 真紀, 江口 洋, 塩田 洋, 保科 正之, 眼科臨床医報, 94, 7, 971, 971,   2000年07月
  • 家兎MRSA角膜炎におけるバンコマイシン眼軟膏の発症防止及び治療効果, 江口 洋, 尾崎 知子, 塩田 洋, 笠間 俊男, 小黒 亨, 日本化学療法学会雑誌, 48, Suppl.A, 110, 110,   2000年04月
  • 超音波造影剤の眼動脈系超音波カラードプラ検査における有用性, 廣川 富彦, 江口 洋, 林 正和, 内藤 毅, 塩田 洋, 日本眼科学会雑誌, 104, 臨増, 181, 181,   2000年03月
  • 家兎MRSA角膜炎におけるバンコマイシン眼軟膏の治療効果, 江口 洋, 尾崎 知子, 塩田 洋, 笠間 俊男, 小黒 亨, 日本眼科学会雑誌, 104, 臨増, 146, 146,   2000年03月
  • 徳島大学における過去5年間の眼瞼腫瘍の統計的観察, 江口 洋, 伊勢 知弘, 藤澤 彰, 賀島 誠, 工藤 英治, 塩田 洋, 眼科臨床医報, 93, 3, 484, 484,   1999年03月
  • 網膜剥離を伴う乳癌の転移性脈絡膜腫瘍に対して光凝固術とホルモン治療で腫瘍の減退を得た1例, 江口 洋, 眼科臨床医報, 91, 7, 1141, 1141,   1997年07月

受賞

  •   2013年12月, 黒瞳会, 第8回黒瞳賞, 眼感染症診療への分子生物学の応用
  •   2011年01月, 第34回日本眼科手術学会総会, 第6回 Ophthalmic Surgery Film Award, technique/complication management部門 Silver Award, 無水晶体・無硝子体性水疱性角膜症に対するDSAEK