KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

楠 進クスノキ ススム

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位医学博士
専門神経内科・神経免疫・ギラン・バレー症候群
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/567-kusunoki-susumu.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/neuro/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、ビッカースタッフ脳幹脳炎、CIDP、多発性硬化症、NMO等の原因、症状、治療法について。厚生労働省の免疫性神経疾患研究班の班長を務めています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1978年, 東京大学, 医学部

経歴

  •   1987年,  - 1999年,  東京大学医学部 助手
  •   1999年,  - 2003年,  東京大学医学部 講師
  •   2003年,  - 現在,  近畿大学医学部 主任教授
  •   2012年10月,  - 2014年09月,  近畿大学(学部長)

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 神経内科学

研究キーワード

  • 神経免疫学, 糖鎖生物学, 糖脂質, ガングリオシド, 末梢神経障害

論文

  • International Guillain-Barré Syndrome Outcome Study (IGOS): Protocol of a prospective observational cohort study on clinical and biological predictors of disease course and outcome in Guillain-Barré syndrome., Jacobs BC, van den Berg B, Verboon C, Chavada G, Cornblath DR, Gorson KC, Harbo T, Hartung HP, Hughes RA, Kusunoki S, van Doorn PA, Willison HJ; IGOS Consortium., J Peripher Nerv Syst, 22, 68, 76,   2017年04月, 査読有り
  • WNK1/HSN2 Founder Mutation in Patients with Hereditary Sensory and Autonomic Neuropathy: a Japanese cohort study., Yuan JH, Hashiguchi A, Yoshimura A, Sakai N, Takahashi MP, Ueda T, Taniguchi A, Okamoto S, Kanazawa N, Yamamoto Y, Saigoh K, Kusunoki S, Ando M, Hiramatsu Y, Okamoto Y, Takashima H., Clin Genet, in press,   2017年04月, 査読有り
  • Miller Fisher syndrome with sinus arrest., Shiraiwa N, Umesawa M, Hoshino S, Enomoto T,Kusunoki S., Neurology Int., 9, 7312,   2017年, 査読有り
  • Acute demyelinating polyneuropathy induced by nivolumab., Fukumoto Y, Kuwahara M, Kawai S, Nakahama K, Kusunoki S., J Neurol Neurosurg Psychiatry., in press,   2017年, 査読有り
  • Markers for Guillain-Barré syndrome with poor prognosis: a multi-center study., Yamagishi Y, Suzuki H, Sonoo M, Kuwabara S, Yokota T, Nomura K, Chiba A, Kaji R, Kanda T, Kaida K, Ikeda SI, Mutoh T, Yamasaki R, Takashima H, Matsui M, Nishiyama K, Sobue G,Kusunoki S., J Peripher Nerv Syst., in press,   2017年, 査読有り
  • Electron microscopic abnormality and therapeutic efficacy in chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy with anti-neurofascin155 immunoglobulin G4 antibody., Kuwahara M, Suzuki H, Oka N, Ogata H, Yanagimoto S, Sadakane S, Fukumoto Y, Yamana M, Yuhara Y, Yoshikawa K, Morikawa M, Kawai S, Okazaki M, Tsujimoto T, Kira JI,Kusunoki S., Muscle Nerve, in press,   2017年, 査読有り
  • Intravenous immunoglobulin for maintenance treatment of chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: a multicentre, open-label, 52-week phase III trial., Kuwabara S, Mori M, Misawa S, Suzuki M, Nishiyama K, Mutoh T, Doi S, Kokubun N, Kamijo M, Yoshikawa H, Abe K, Nishida Y, Okada K, Sekiguchi K, Sakamoto K, Kusunoki S, Sobue G, Kaji R; Glovenin-I CIDP Study Group., J Neurol Neurosurg Psychiatry, in press,   2017年, 査読有り
  • Modified method of intravenous immunoglobulin administration for patients with intractable multifocal motor neuropathy: A case report., Mukaino A, Nagaoka A, Yoshimura S, Nakajima H, Shiraishi H, Motomura M, Morikawa M,Kusunoki S., Clin Exp Neuroimmunol, 8, 141, 145,   2017年, 査読有り
  • Characterization of the neurological diseases associated with Mycoplasma pneumoniae infection and anti-glycolipid antibodies., Kuwahara M, Samukawa M, Ikeda T, Morikawa M, Ueno R, Hamada Y, Kusunoki S., J Neurol, 264, 467, 475,   2017年, 査読有り
  • Progression of dysphagia in spinocerebellar ataxia type 6., Isono C, Hirano M, Sakamoto H, Ueno S, Kusunoki S, Nakamura Y., Dysphagia, 32, 420, 426,   2017年, 査読有り
  • Time Course of Radiological Imaging and Variable Interindividual Symptoms in Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Dementia Associated with p.Arg487His Mutation in the VCP Gene., Hirano M, Yamagishi Y, YanagKimoto S, Saigoh K, Nakamura Y, Kusunoki S., Eur Neurol, 78, 78, 83,   2017年, 査読有り
  • Diagnosis of Parkinson's disease and the level of oxidized DJ-1 protein., Yamagishi Y, Saigoh K, Saito Y, Ogawa I, Mitsui Y, Hamada Y, Samukawa M, Suzuki H, Kuwahara M, Hirano M, Noguchi N, Kusunoki S., Neurosci Res, in press,   2017年, 査読有り
  • Unexpectedly mild phenotype in an ataxic family with a two-base deletion in the APTX gene., Hirano M, Matsumura R, Nakamura Y, Saigoh K, Sakamoto H, Ueno S, Inoue H,Kusunoki S., J Neurol Sci, 378, 75, 79,   2017年, 査読有り
  • 4-Aminopyridine ameliorates experimental autoimmune neuritis in Lewis rats., Moriguchi K, Miyamoto K, Kusunoki S., J Neuroimmunol, 305, 72, 74,   2017年, 査読有り
  • Serological study using glycoarray for detecting antibodies to glycolipids and glycolipid complexes in immune-mediated neuropathies., Morikawa M, Kuwahara M, Ueno R, Samukawa M, Hamada Y, Kusunoki S., J Neuroimmunol., 301, 35, 40,   2016年, 査読有り
  • History of Guillain-Barré syndrome., Kusunoki S., Clin Exp Neuroimmunol, 7, 305, 311,   2016年, 査読有り
  • Neuropathogenesis of Zika virus infection: Potential roles of antibody-mediated pathology., Tsunoda I, Omura S, Sato F, Kusunoki S, Fujita M, Park A-M, Hasanovic F, Yanagihara R, Nagata S., Acta Med Kindai Univ., 41, 37, 52,   2016年, 査読有り
  • Treatable leukoencephalopathy in a patient with hypophosphatemia., Okazaki M, Hirano M, Iwatsu T, Yamada M, Suzuki H, Satou T, Kusunoki S., Case Rep Neurol., 8, 264, 271,   2016年, 査読有り
  • A nationwide survey of pediatric acquired demyelinating syndromes in Japan., Yamaguchi Y, Torisu H, Kira R, Ishizaki Y, Sakai Y, Sanefuji M, Ichiyama T, Oka A, Kishi T, Kimura S, Kubota M, Takanashi J, Takahashi Y, Tamai H, Natsume J, Hamano S, Hirabayashi S, Maegaki Y, Mizuguchi M, Minagawa K, Yoshikawa H, Kira J, Kusunoki S, Hara T., Neurology, 87, 2006, 2015,   2016年, 査読有り
  • A Prospective, Multicenter, Randomized Phase II Study to Evaluate the Efficacy and Safety of Eculizumab in Patients with Guillain-Barré Syndrome (GBS): Protocol of Japanese Eculizumab Trial for GBS (JET-GBS)., Yamaguchi N, Misawa S, Sato Y, Nagashima K, Katayama K, Sekiguchi Y, Iwai Y, Amino H, Suichi T, Yokota T, Nishida Y, Kohara N, Hirata K, Nishiyama K, Yabe I, Kaida KI, Suzuki N, Nodera H, Tsuji S, Koike H, Kira JI, Hanaoka H, Kusunoki S, Kuwabara S; JET-GBS Group., JMIR Res Protoc., 5, e210, e210,   2016年, 査読有り
  • Electrophysiological assessment of Guillain-Barré syndrome with both Gal-C and ganglioside antibodies; tendency for demyelinating type., Samukawa M, Kuwahara M, Morikawa M, Ueno R, Hamada Y, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Sonoo M, Kusunoki S., J Neuroimmunol., 301, 61, 64,   2016年, 査読有り
  • Histopathological features of a patient with Charcot-Marie-Tooth disease type 2U/ AD-CMTax-MARS., Hirano M, Oka N, Hashiguchi A, Ueno S, Sakamoto H, Takashima H, Higuchi Y, Kusunoki S, Nakamura Y., J Peripher Nerv Syst., 21, 370, 374,   2016年, 査読有り
  • Safety and efficacy of thalidomide in patients with POEMS syndrome: a multicentre, randomised, double-blind, placebo-controlled trial., Misawa S, Sato Y, Katayama K, Nagashima K, Aoyagi R, Sekiguchi Y, Sobue G, Koike H, Yabe I, Sasaki H, Watanabe O, Takashima H, Nishizawa M, Kawachi I, Kusunoki S, Mitsui Y, Kikuchi S, Nakashima I, Ikeda S, Kohara N, Kanda T, Kira J, Hanaoka H, Kuwabara S; Japanese POEMS Syndrome for Thalidomide (J-POST) Trial Study Group., Lancet Neurol., 15, 1129, 1137,   2016年, 査読有り
  • Oxidation and interaction of DJ-1 with 20S proteasome in the erythrocytes of early stage Parkinson’s disease patients., Saito Y, Akazawa-Ogawa Y, Matsumura A, Saigoh K, Itoh S, Sutou K, Kobayashi M, Mita Y, Shichiri M, Hisahara S, Hara Y, Fujimura H, Takamatsu H, Hagihara Y, Yoshida Y, Hamakubo T, Kusunoki S, Shimohama S, Noguchi N., Sci Rep., 6, 30793, 30793,   2016年, 査読有り
  • Childhood-Onset Multifocal Motor Neuropathy With Immunoglobulin M Antibodies to Gangliosides GM1 and GM2: A Case Report and Review of the Literature., Ishigaki H, Hiraide T, Miyagi Y, Hayashi T, Matsubayashi T, Shimoda A, Kusunoki S, Fukuda T., Pediatr Neurol., 62, 51, 57,   2016年, 査読有り
  • Guillain-Barré and Miller Fisher syndromes in patients with anti-hepatitis E virus antibody: a hospital-based survey in Japan., Fukae J, Tsugawa J, Ouma S, Umezu T, Kusunoki S, Tsuboi Y., Neurol Sci., 37, 1849, 1851,   2016年, 査読有り
  • Ganglionic acetylcholine receptor autoantibodies in patients with Guillain-Barré syndrome., Nakane S, Higuchi O, Hamada Y, Maeda Y, Mukaino A, Sakai W, Kusunoki S, Matsuo H., J Neuroimmunol, 295-296, 54, 59,   2016年, 査読有り
  • Effector regulatory T cells reflect the equilibrium between antitumor immunity and autoimmunity in adult T cell leukemia., Ureshino H, Shindo T, Nishikawa H, Watanabe N, Watanabe E, Satoh N, Kitaura K, Kitamura H, Doi K, Nagase K, Kimura H, Samukawa M, Kusunoki S, Miyahara M, Shin-I T, Suzuki R, Sakaguchi S, Kimura S., Cancer Immunol Res., 4, 644, 649,   2016年, 査読有り
  • C-C chemokine receptor type 4 antagonist Compound 22 ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis., Moriguchi K, Miyamoto K, Tanaka N, Ueno R, Nakayama T, Yoshie O, Kusunoki S., J Neuroimmunol, 291, 54, 58,   2016年, 査読有り
  • Acute Motor-dominant Polyneuropathy as Guillain-Barré Syndrome and Multiple Mononeuropathies in a Patient with Sjögren's Syndrome., Tanaka K, Nakayasu H, Suto Y, Takahashi S, Konishi Y, Nishimura H, Ueno R, Kusunoki S, Nakashima K., Intern Med., 55, 2717, 2722,   2016年, 査読有り
  • Recurrent Guillain-Barré syndrome, Miller Fisher syndrome and Bickerstaff brainstem encephalitis., Ishii J, Yuki N, Kawamoto M, Yoshimura H, Kusunoki S, Kohara N., J Neurol Sci, 364, 59, 64,   2016年, 査読有り
  • Chondroitin sulfate β-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 (ChGN-1) polymorphism; association with progression of multiple sclerosis., Saigoh K, Yoshimura S, Izumikawa T, Miyata S, Tabara Y, Matsushita T, Miki T, Miyamoto K, Hirano M, Kitagawa H, Kira JI, Kusunoki S., Neurosci Res, 108, 55, 59,   2016年, 査読有り
  • Taste impairment in Miller Fisher syndrome., Yagi Y, Yokote H, Watanabe Y, Amino T, Kamata T, Kusunoki S. , Neurol Sci., 36, 809, 810,   2015年, 査読有り
  • Differential progression of dysphagia in heredity and sporadic ataxias involving multiple systems., Isono C, Hirano M, Sakamoto H, Ueno S, Kusunoki S, Nakamura Y., Eur Neurol., 74, 237, 242,   2015年, 査読有り
  • Characterization of IgG4 anti-neurofascin 155 antibody-positive polyneuropathy., Ogata H, Yamasaki R, Hiwatashi A, Oka N, Kawamura N, Matsuse D, Kuwahara M, Suzuki H, Kusunoki S, Fujimoto Y, Ikezoe K, Kishida H, Tanaka F, Matsushita T, Murai H, Kira J., Ann Clin Transl Neurol., 2, 960, 971,   2015年, 査読有り
  • Keratan sulfate exacerbates experimental autoimmune encephalomyelitis., Ueno R, Miyamoto K, Tanaka N, Moriguchi K, Kadomatsu K, Kusunoki S., J Neurosci Res., 93, 1874, 1880,   2015年, 査読有り
  • CSF cytokine profile distinguishes multifocal motor neuropathy from progressive muscular atrophy., Furukawa T, Matsui N, Fujita K, Nodera H, Shimizu F, Miyamoto K, Takahashi Y, Kanda T, Kusunoki S, Izumi Y, Kaji R., Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm., 2, e138, e138,   2015年, 査読有り
  • The First Nationwide Survey and Genetic Analyses of Bardet-Biedl Syndrome in Japan., Hirano M, Satake W, Ihara K, Tsuge I, Kondo S, Saida K, Betsui H, Okubo K, Sakamoto H, Ueno S, Ikuno Y, Ishihara R, Iwahashi H, Ohishi M, Mano T, Yamashita T, Suzuki Y, Nakamura Y, Kusunoki S, Toda T., PLoS One., 10, e0136317, e0136317,   2015年, 査読有り
  • Relapse with Dysphagia in a Case of Chronic Inflammatory Demyelinating Polyradiculoneuropathy., Teramoto H, Morita A, Hara M, Ninomiya S, Shigihara S, Kusunoki S, Kamei S., Intern Med., 54, 1791, 1793,   2015年, 査読有り
  • Immune-mediated neuropathy with anti-disialosyl IgM antibodies in diffuse large B-cell lymphoma: A case report and literature review., Shihashi G, Yagi T, Suzuki S, Seki M, Kohashi S, Ueda T, Kameyama K, Kusunoki S, Nakajima H, Okamoto S, Suzuki N., Intern Med., 54, 1647, 1651,   2015年, 査読有り
  • Rotigotine transdermal patch improves swallowing in dysphagic patients with Parkinson’s disease., Hirano M, Isono C, Sakamoto H, Ueno S, Kusunoki S, Nakamura Y., Dysphagia., 30, 452, 456,   2015年, 査読有り
  • Similarities of serum anti-ganglioside antibodies in first and third episodes of recurrent Guillain-Barré syndrome: case report., Togawa J, Nakaoku Y, Hagiwara M, Murakami G, Mitsueda-Ono T, Ueno R, Kusunoki S, Matsui M., J Neurol., 262, 1360, 1362,   2015年, 査読有り
  • Variants associated with Gaucher disease in multiple system atrophy., Mitsui J, Matsukawa T, Sasaki H, Yabe I, Matsushima M, Dürr A, Brice A, Takashima H, Kikuchi A, Aoki M, Ishiura H, Yasuda T, Date H, Ahsan B, Iwata A, Goto J, Ichikawa Y, Nakahara Y, Momose Y, Takahashi Y, Hara K, Kakita A, Yamada M, Takahashi H, Onodera O, Nishizawa M, Watanabe H, Ito M, Sobue G, Ishikawa K, Mizusawa H, Kanai K, Hattori T, Kuwabara S, Arai K, Koyano S, Kuroiwa Y, Hasegawa K, Yuasa T, Yasui K, Nakashima K, Ito H, Izumi Y, Kaji R, Kato T, Kusunoki S, Osaki Y, Horiuchi M, Kondo T, Murayama S, Hattori N, Yamamoto M, Murata M, Satake W, Toda T, Filla A, Klockgether T, Wüllner U, Nicholson G, Gilman S, Tanner CM, Kukull WA, Stern MB, Lee VM, Trojanowski JQ, Masliah E, Low PA, Sandroni P, Ozelius LJ, Foroud T, Tsuji S., Ann Clin Transl Neurol., 2, 417, 426,   2015年, 査読有り
  • The first Japanese familial case of spinocerebellar ataxia 23 with a novel mutation in the PDYN gene. Parkinsonism Relat Disord 2015; 21: 332-334. doi:, Saigoh K, Mitsui J, Hirano M, Shioyama M, Samukawa M, Ichikawa Y, Goto J, Tsuji S, Kusunoki S., Parkinsonism Relat Disord., 21, 332, 334,   2015年, 査読有り
  • Japanese POEMS syndrome with Thalidomide (J-POST) Trial: study protocol for a phase II/III multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled trial., Katayama K, Misawa S, Sato Y, Sobue G, Yabe I, Watanabe O, Nishizawa M, Kusunoki S, Kikuchi S, Nakashima I, Ikeda S, Kohara N, Kanda T, Kira J, Hanaoka H, Kuwabara S, J-POST Trial study investigators., 5, e007330, e007330,   2015年, 査読有り
  • Binding specificity of anti-HNK-1 IgM M-protein in anti-MAG neuropathy: Possible clinical relevance., Hamada Y, Hirano M, Kuwahara M, Samukawa M, Takada K, Morise J, Yabuno K, Oka S, Kusunoki S., Neurosci Res., 91, 63, 68,   2015年, 査読有り
  • VCP gene analysis in Japanese patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis identify a new mutation., Hirano M, Nakamura Y, Saigoh K, Sakamoto H, Ueno S, Isono C, Mitsui Y, Kusunoki S., Neurobiol Aging, 36, 1604e4, 1604e6,   2015年, 査読有り
  • A multicenter prospective study of Guillain-Barré syndrome in Japan: a focus on the incidence of subtypes., Mitsui Y, Kusunoki S, Arimura K, Kaji R, Kanda T, Kuwabara S, Sonoo M, Takada K, the Japanese GBS Study Group, J Neurol Neurosurg Psychiatry, in press, 110, 114,   2015年, 査読有り
  • Guillain-Barré syndrome-like-onset neurosarcoidosis positive for immunoglobulin G anti-N-acetylgalactosaminyl-GD1a antibody., Chatani H, Tanaka M, Nagata T, Araki T, Kusunoki S., J Clin Neurosci., 21, 170, 172,   2014年, 査読有り
  • A nationwide survey of hypertrophic pachymeningitis in Japan. , Yonekawa T, Murai H, Utsuki S, Matsushita T, Masaki K, Isobe N, Yamasaki R, Yoshida M, Kusunoki S, Sakata K, Fujii K, Kira JI., J Neurol Neurosurg Psychiatry, 85, 732, 739,   2014年, 査読有り
  • Clinical features in Guillain-Barré syndrome with anti-Gal-C antibody., Samukawa M, Hamada Y, Kuwahara M, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Sonoo M, Kusunoki S, the Japanese GBS Study Group. , J Neurol Sci., 337, 55, 60,   2014年, 査読有り
  • Intravenous immunoglobulin preparation attenuates neurological signs in rat experimental autoimmune neuritis with the suppression of macrophage inflammatory protein -1α expression., Kajii M, Kobayashi F, Kashihara J, Yuuki T, Kubo Y, Nakae T, Kamizono A, Kuzumoto Y, Kusunoki S., J Neuroimmunol,, 266, 43, 48,   2014年, 査読有り
  • How is the blood-nerve barrier involved in the pathogenetic mechanisms of multifocal motor neuropathy?, Kusunoki S., J Neurol Neurosurg Psychiatry., 85, 473,   2014年, 査読有り
  • Autoantibodies in chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: Specificities and clinical relevance., Kusunoki S., Clin Exp Neuroimmunol., 5, 8, 9,   2014年, 査読有り
  • Eyelid tremor in a patient with anti-Caspr2 antibody-related encephalitis., Ueno S, Hirano M, Sakamoto H, Kusunoki S, Nakamura Y., Case Rep Neurol., 6, 222, 225,   2014年, 査読有り
  • A new mouse allele of glutamate receptor GluD2 with cerebellar atrophy and progressive ataxia., Miyoshi Y, Yoshioka Y, Suzuki K, Miyazaki T, Koura M, Saigoh K, Kajimura N, Monobe Y, Kusunoki S, Matsuda J, Watanabe M, Hayasaka N., Plos One, 9, e107867, e107867,   2014年, 査読有り
  • A pediatric case of peripheral polyneuropathy with IgM anti-GM1 antibody associated with a group A beta-hemolytic Streptococcus infection, Ishikawa N, Kobayashi Y, Fujii Y, Samukawa M, Kusunoki S, Kobayashi M., Pediatr Neurol., 51, 441, 443,   2014年, 査読有り
  • Increased proinflammatory cytokines in sera of patients with multifocal motor neuropathy., Furukawa T, Matsui N, Fujita K, Miyashiro A, Nodera H, Izumi Y, Shimizu F, Miyamoto K, Takahashi Y, Kanda T, Kusunoki S, Kaji R., J Neurol Sci., 346, 75, 79,   2014年, 査読有り
  • Prevalence of anti-ganglioside antibodies and their clinical correlates with Guillain-Barré syndrome in Korea: a nationwide multicenter study., Kim JK, Bae JS, Kim DS, Kusunoki S, Kim JE, Kim JS, Park YE, Park KJ, Song HS, Kim SY, Lim JG, Kim NH, Suh BC, Nam TS, Park MS, Choi YC, Sohn EH, Na SJ, Huh SY, Kwon O, Lee SY, Lee SH, Oh SY, Jeong SH, Lee TK, Kim DU., J Clin Neurol., 10, 94, 100,   2014年, 査読有り
  • Chondroitin-6-O-sulfate ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis., Miyamoto K, Tanaka N, Moriguchi K, Ueno R, Kadomatsu K, Kitagawa H, Kusunoki S., Glycobiology, 24, 469, 475,   2014年, 査読有り
  • Apathy/depression, but not subjective fatigue, is related with cognitive dysfunction in patients with multiple sclerosis., Niino M, Mifune N, Kohriyama T, Mori M, Ohashi T, Kawachi I, Shimuzu Y, Fukaura H, Nakashima I, Kusunoki S, Miyamoto K, Yoshida K, Kanda T, Nomura K, Yamamura T, Yoshii F, Kira J, Nakane S, Yokoyama K, Matsui M, Miyazaki Y, Kikuchi S., BMC Neurol., 14, 3, 3,   2014年, 査読有り
  • Efficacy of the anti-IL-6 receptor antibody tocilizumab in neuromyelitis optica: A pilot study., Araki M, Matsuoka T, Miyamoto K, Kusunoki S, Okamoto T, Murata M, Miyake S, Aranami T, Yamamura T., Neurology, 82, 1302, 1306,   2014年, 査読有り
  • Multiple system involvement in a Japanese patient with a V31A mutation in the SOD1 gene., Sakamoto H, Akamatsu M, Hirano M, Saigoh K, Ueno S, Isono C, Kusunoki S., Amyotroph Lateral Scler., 15, 312, 314,   2014年, 査読有り
  • 神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めてー Ⅰⅱ 感染性疾患 マイコプラズマ感染症, 楠 進, 寒川 真, 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ, 26, 838, 842,   2013年12月
  • 末梢神経の治療の進歩, 桑原 基, 楠 進, 神経治療学, 30, 4, 423, 426,   2013年07月
  • 自己免疫疾患・アレルギー疾患(後編)それぞれの疾患の理解 臓器特異的自己免疫疾患 ギラン・バレー症候群, 桑原 基, 楠 進, 最新医学, 6, 162, 169,   2013年06月
  • Guillain-Barre症候群とFisher症候群の診療ガイドライン, 楠 進, 神経治療学, 30, 3, 313, 316,   2013年05月
  • Effects of acidic phospholipids on antiganglioside antibodies in GBS: role of the disialosyl residue., Yamada M, Masami U, Tsuji S, Kusunoki S., Clin Exp Neuroimmunol, 4, 70, 74,   2013年, 査読有り
  • A case of severe ganciclovir-induced encephalopathy. , Sakamoto H, Hirano M, Nose K, Ueno S, Oki T, Sugimoto K, Nishioka T, Kusunoki S, Nakamura Y. , Case Rep Neurol., 5, 183, 186,   2013年, 査読有り
  • Mutations in COQ2 in familial and sporadic multiple-system atrophy. , Multiple-System Atrophy Research Collaboration (Mitsui J, Matsukawa T, Ishiura H, Fukuda Y, Ichikawa Y, Date H, Ahsan B, Nakahara Y, Momose Y, Takahashi Y, Iwata A, Goto J, Yamamoto Y, Komata M, Shirahige K, Hara K, Kakita A, Yamada M, Takahashi H, Onodera O, Nishizawa M, Takashima H, Kuwano R, Watanabe H, Ito M, Sobue G, Soma H, Yabe I, Sasaki H, Aoki M, Ishikawa K, Mizusawa H, Kanai K, Hattori T, Kuwabara S, Arai K, Koyano S, Kuroiwa Y, Hasegawa K, Yuasa T, Yasui K, Nakashima K, Ito H, Izumi Y, Kaji R, Kato T, Kusunoki S, Osaki Y, Horiuchi M, Kondo T, Murayama S, Hattori N, Yamamoto M, Murata M, Satake W, Toda T, Dürr A, Brice A, Filla A, Klockgether T, Wüllner U, Nicholson G, Gilman S, Shults CW, Tanner CM, Kukull WA, Lee VM, Masliah E, Low PA, Sandroni P, Trojanowski JQ, Ozelius L, Foroud T, Tsuji S)., N Engl J Med, 369, 233, 244,   2013年, 査読有り
  • Pregabalin attenuates dysautonomia as well as painful dysesthesia caused by Guillain-Barré syndrome. , Kuroda H, Fujihara K, Nakashima I, Tateyama M, Kaneko K, Tano O, Kusunoki S, Aoki M. , Clin Exp Neuroimmunol, 4, 75, 78,   2013年, 査読有り
  • Inflammatory demyelinating polyneuropathy with nephrotic syndrome: Report of a case and review of the literature. , Tateyama M, Nakashima I, Suzuki N, Kanaoka-Suzuki C, Takano R, Sato H, Kusunoki S, Fujihara K, Itoyama Y, Aoki M., Clin Exp Neuroimmunol., 4, 79, 88,   2013年, 査読有り
  • A guide to facilitate the early treatment of patients with idiopathic demyelinating disease (multiple sclerosis and neuromyelitis optica)., Carroll W, Saida T, Kim H, Kira J, Kermode A, Tsai C, Fujihara K, Kusunoki S, Tanaka M, Kim K, Bates D. , Mult Scler., 19, 1371, 1380,   2013年, 査読有り
  • Mutations in the gene encoding p62 in Japanese patients with amyotrophic lateral sclerosis. , Hirano M, Nakamura Y, Saigoh K, Sakamoto H, Ueno S, Isono C, Miyamoto K, Akamatsu M, Mitsui Y, Kusunoki S., Neurology, 80, 458, 463,   2013年, 査読有り
  • Keratan sulfate expression in microglia is diminished in the spinal cord in experimental autoimmune neuritis., Matsui H, Ohgomori T, Natori T, Miyamoto K, Kusunoki S, Sakamoto K, Ishiguro N, Imagama S, Kadomatsu K. , Cell Death Dis., 4, e946,   2013年, 査読有り
  • Clinical features of CIDP with LM1-associated antibodies., Kuwahara M, Suzuki H, Samukawa M, Hamada Y, Takada K, Kusunoki S, J Neurol Neurosurg Psychiatry, 84, 573, 575,   2013年, 査読有り
  • Combination of cyclosporine A with corticosteroids is effective for the treatment of neuromyelitis optica., Kageyama T, Komori M, Miyamoto K, Ozaki A, Suenaga T, Takahashi R, Kusunoki S, Matsumoto S, Kondo T., J Neurol., 260, 627, 634,   2013年, 査読有り
  • The importance of CCR4 and CCR6 in experimental autoimmune encephalomyelitis., Moriguchi K, Miyamoto K, Tanaka N, Yoshie O, Kusunoki S., J Neuroimmunol., 257, 53, 58,   2013年, 査読有り
  • Antibody to the GM1/GalNAc-GD1a complex correlates with development of pure motor Guillain-Barre syndrome with reversible conduction failure., Ogawa G, Kaida K-I, Kuwabara M, Kimura F, Kamakura K, Kusunoki S. , J Neuroimmunol, 254, 141, 145,   2013年, 査読有り
  • 特集:免疫性神経疾患疾患動向-基礎・臨床研究の最新知見 疾患動向, 楠 進, 日本臨牀, 71, 771, 777,   2013年
  • 自己免疫性ニューロパチーと抗糖脂質抗体, 海田賢一, 楠 進, Brain and Nerve Brain and Nerve, 65, 413, 423,   2013年
  • Guillain-Barre症候群の亜型"acute oropharyngeal palsy", 岡崎 真央, 桑原 基, 楠 進, 神経内科, 78, 39, 44,   2013年
  • Circadian expression and specific localization of a sialyltransferase gene in the suprachiasmatic nucleus., 楠 進, 濱田征宏, 西郷 和真, Koh-hei Masumoto, Mamoru Nagano, Yasufumi Shigeyoshi, Neurosci Lett 2013, 535, 12, 17,   2013年, 査読有り
  • 抗GQ1b IgG抗体, 楠 進, 内科, 111, 1398,   2013年
  • 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP), 鈴木 秀和, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 31, 734, 735,   2013年
  • Autoantibodies against myelin antigens in patients with neuromyelitis optica., 森口幸太, 宮本 勝一, 市橋 珠里, 楠 進, Open Journal of Immunology, 3, 41, 46,   2013年, 査読有り
  • A chondroitin synthase-1 (ChSy-1) missense mutation in a patient with neuropathy impairs the elongation of chondroitin sulfate chains initiated by chondroitin N-acetylgalactosaminyltransferase-1., Izumikawa T, Saigoh K, Shimizu J, Tsuji S, Kusunoki S, Kitagawa H. , Biochim Biophys Acta, 1830, 4806, 4812,   2013年, 査読有り
  • Anti-NMDAR encephalitis preceded by dura mater lesions., Suzuki H, Kitada M, Ueno S, Tanaka K, Kusunoki S., Neurol Sci., 34, 1021, 1022,   2013年, 査読有り
  • Blood-brain barrier destruction determines Fisher/Bickerstaff clinical phenotypes: an in vitro study., 147. Saito K, Shimizu F, Koga M, Sano Y, Tasaki A, Abe M, Haruki H, Maeda T, Suzuki S, Kusunoki S, Mizusawa H, Kanda T., J Neurol Neurosurg Psychiatry, 84, 756, 765,   2013年, 査読有り
  • Tolosa-Hunt syndrome associated with cytomegalovirus infection., Okawa S, Sugawara M, Takahashi S, Otani T, Hashimoto M, Kusunoki S, Ohnishi H., Intern Med, 52, 1121, 1124,   2013年, 査読有り
  • Differences in Dysphagia Between Spinocerebellar Ataxia Type 3and Type 6 , 楠 進, Chiharu Isono, Makito Hirano, Hikaru Sakamoto, Shuichi Ueno, Yusaku Nakamura, Dysphagia, 28, 413, 418,   2013年, 査読有り
  • Guillain-Barre症候群と慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー, 楠 進, 日本内科学会雑誌, 102, 1965, 1970,   2013年
  • ギラン・バレー症候群:血清中糖脂質抗体上昇と分子相同性機序, 楠 進, SRL宝函, 34, 49, 51,   2013年
  • Acute oropharyngeal palsy with localized sensory impairment resembling symptom distribution of acute pharyngeal-cervical-brachial variant in a patient with Guillain-Barre syndrome., Nakajima N, Ueda M, Nomura K, Kusunoki S, Katayama Y., Rinsho Shinkeigaku, 53, 630, 633,   2013年, 査読有り
  • Anti-neurofascin antibody in patients with combined central and peripheral demyelination., Kawamura N, Yamasaki R, Yonekawa T, Matsushita T, Kusunoki S, Nagayama S, Fukuda Y, Ogata H, Matsuse D, Murai H, Kira J. , Neurology, 81, 714, 722,   2013年, 査読有り
  • ギラン・バレー症候群, 桑原 基, 楠 進, 最新医学, 68, 1354, 1361,   2013年
  • Ophthalmologic involvement in Japanese siblings with chorea-acanthocytosis caused by a novel chorein mutation., Ogawa I, Saigoh K, Hirano M, Mitsui Y, Sugioka K, Takahashi J, Shimomura Y, Tani Y, Nakamura Y, Kusunoki S., Parkinsonism and Related Disorders, 19, 913, 915,   2013年, 査読有り
  • Association of Acute Cerebellar Ataxia and Human Papilloma Virus Vaccination: A Case Report, 楠 進, Chihiro Yonee, Mitsuo Toyoshima, Yoshihiro Maegaki, Yuichi Kodama, Hiroshi Hayami , Yukitoshi Takahashi, Ayumi Uchibori, Atsuro Chiba, Yoshifumi Kawano, Neuropediatrics, 44, 265, 267,   2013年, 査読有り
  • Autoantibodies in neuroimmunological diseases; relevance of fine specificity., 楠 進, Experimental Neurology, 250, 219, 220,   2013年, 査読有り
  • Nationwide survey of patients in Japan with Bickerstaff brainstem encephalitis: epidemiological and clinical characteristics., Koga M, Kusunoki S, Kaida K, Uehara R, Nakamura Y, Kohriyama T, Kanda T., J Neurol Neurosurg Psychiatry, 83, 1210, 1215,   2012年12月, 査読有り
  • 除皮質硬直姿勢を呈したspindle coma から完全回復したBickerstaff脳幹脳炎の若年男性の1例, 下園孝治, 楠 進, 下野謙慎, 臨床神経学, 52, 9, 656, 659,   2012年09月
  • 経口ステロイド薬とcyclosporineの併用による視神経脊髄炎の再発防止, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 神経治療学, 29, 3, 347, 350,   2012年07月
  • 病気のはなし ギランバ・バレー症候群, 楠 進, 検査と技術, 40, 1, 6, 10,   2012年01月
  • Anti-GM1/GD1a complex antibodies in GBS sera specifically recognize the hybrid dimer of GM1-GD1a., Mauri L, Casellato R, Ciampa MG, Uekusa Y, Kato K, Kaida K, Motoyama M, Kusunoki S, Sonnino S., Glycobiology, 22, 3, 352, 360,   2012年, 査読有り
  • A case of anti-GA1 antibody-positive Fisher syndrome with elevated tau protein in cerebrospinal fluid., Oyazato Y, Shiihara T, Kusunoki S, Adachi M, Ohnishi N, Taniguchi H, Nishiyama A, Watanabe A, Kobayashi M, Kamioka I., Brain Dev, 34, 329, 332,   2012年, 査読有り
  • Late-onset Alexander disease with a V87L mutation in glial fibrillary acidic protein (GFAP) and calcifying lesions in the sub-cortex and cortex., Suzuki H, Yoshida T, Kitada M, Ichihashi J, Sasayama H, Nishikawa Y, Mitsui Y, Nakagawa M, Kusunoki S., J Neurol, 259, 457, 461,   2012年, 査読有り
  • Acute combined central and peripheral demyelination showing anti-aquaporin 4 antibody positivity., Kitada M, Suzuki H, Ichihashi J, Inada R, Miyamoto K, Takahashi T, Mitsui Y, Fujihara K, Kusunoki S., Intern Med, 51, 2443, 2448,   2012年, 査読有り
  • Clinical analysis and outcomes of amyotrophic lateral sclerosis with demyelinating polyneuropathy., Sawa N, Kataoka H, Sugie K, Kawahara M, Horikawa H, Kusunoki S, Ueno S., Amyotroph Lateral Scler, 13, 125, 131,   2012年, 査読有り
  • Intravenous immunoglobulin (IVIg) with methylprednisolone pulse therapy for late motor impairments of idiopathic neuralgic amyotrophy: clinical observations in 11 cases., Naito K, Fukushima K, Suzuki S, Kuwahara M, Morita H, Kusunoki S, Ikeda S., Intern Med, 51, 1493, 1500,   2012年, 査読有り
  • 特集「最新の神経難病治療と今後の展望」5.慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP), 楠 進, 医薬ジャーナル, 48, 87, 89,   2012年
  • マイコプラズマ肺炎後のADEMとGBS, 楠 進, Neuroinfection神経感染症, 17, 20, 25,   2012年
  • ラット実験的自己免疫性神経炎(EAN)モデルにおける静注用ヒト免疫グロブリン製剤による神経症状の抑制, 梶井雅彦, 楠 進, 結城 隆, 柏原純一, 久保佳史, 小林不二夫, 中江 孝, 上園昭人, 新薬と臨床, 61, 7, 1445, 1452,   2012年
  • 末梢神経治療の進歩, 桑原 基, 楠 進, 神経治療学, 29, 409, 411,   2012年
  • Acute pure motor demyelinating neuropathy with hyperreflexia and anti-GalNAc-GD1a antibodies., Kim JK, Kim D-S, Kusunoki S, Kim S-J, Yoo B-G., Clinical Neurology and Neurosurgery, 114, 1345, 1347,   2012年, 査読有り
  • A case with anti-galactocerebroside antibody-positive Mycoplasma pneumonia meningoencephalitis presenting secondary hypersomnia., Sugeno N, Kawaguchi N, Hasegawa T, Kuroda T, Nakashima I, Kanbayashi T, Kusunoki S, Aoki M., Neurol Sci, 33, 1473, 1476,   2012年, 査読有り
  • A case of severe neurotoxicity associated with exposure to 1-bromopropane, an alternative to ozone-depleting or global-warming solvents., Samukawa M, Ichihara G, Oka N, Kusunoki S. , Arch Intern Med, 172, 1257, 1260,   2012年, 査読有り
  • Miller Fisher syndrome associated with influenza a infection., Hara M, Morita A, Ichihara K, Kashima Y, Kamei S, Kuwahara M, Kusunoki S., Intern Med, 51, 2621, 2623,   2012年, 査読有り
  • Details of treatment-related difficulties in men with anti-N-Methyl-D-Aspartate Receptor encephalitis., Sakamoto H, Hirano M, Samukawa M, Ueno S, Maekura S, Fujimura H, Kuwahara M, Hamada Y, Isono C, Takana K, Kusunoki S, Nakamura Y. , Eur Neurol, 69, 21, 26,   2012年, 査読有り
  • 免疫学の視点から:ギラン・バレー症候群とフィッシャー症候群において抗ガングリオシド抗体の結合を規定す因子は何か, 楠 進, Peripheral Nerve Peripheral Nerve, 23, 188, 191,   2012年
  • A Case of Fisher-Bickerstaff Syndrome Overlapped by Guillain-Barre Syndrome, Fujii D, Manabe Y, Takahasi Y, Narai H, Omori N, Kusunoki S, Abe K., Case Rep Neurol, 4, 212, 215,   2012年, 査読有り
  • 免疫グロブリン大量静注療法が寛解維持に有効であった抗signal recognition particle抗体陽性筋炎の2例, 楠 進, 寒川 真, 三井 良之, 鈴木 秀和, 市橋珠里, 長谷川隆典, 北口正孝, 神経治療学, 29, 429, 434,   2012年
  • 痙攣発作と精神症状を呈したMorvan症候群の1例, 楠 進, 寒川 真, 鈴木 秀和, 北田茉里, 塩山 実章, 三井 良之, 中村 雄作, 大阪てんかん研究会雑誌, 23, 7, 14,   2012年
  • Refractory acute disseminated encephalomyelitis with anti-galactocerebroside antibody., Samukawa M, Hirano M, Tsugawa J, Sakamoto H, Tabata E, Takada K, Kuwahara M, Suzuki S, Kitada M, Yamada T, Hara H, Tsuboi Y, Nakamura Y, Kusunoki S., Neurosci Res, 74, 284, 289,   2012年, 査読有り
  • 抗NMDAR抗体陽性脳炎の高次機能障害と機能予後, 上田 昌美, 豊増 麻美, 大洞 佳代子, 福田 寛二, 鈴木 秀和, 寒川 真, 上野 周一, 市橋 珠里, 楠 進, The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine, 48, 12, 795, 795,   2011年12月
  • 抗GD1b抗体陽性で治療経過良好であった純粋運動型Guillain-Barre症候群の1例, 藤本 武士, 楠 進, 福田 安雄, 江口 勝美, 日本内科学会雑誌 , 100, 6, 1651, 1653,   2011年06月
  • しびれの診察と検査, 楠 進, 三井 良之, 髙田 和男, 日本医師会雑誌, 140, 3, 561, 563,   2011年06月
  • Autoimmune neuropathies: diagnosis, treatment, and recent topics, 上田 昌美, 楠 進, Brain Nerve, 63, 6, 549, 555,   2011年06月
  • ≪症例≫興味のある経過をたどり抗ガングリオシド複合体抗体のみが陽性であったFisher症候群, 高木 努, 楠 進, 木下 郁夫, 臨床雑誌「内科」, 107, 3, 556, 558,   2011年03月
  • Guillain-Barre症候群の治療:最近の話題, 楠 進, 神経治療学, 28, 2, 135, 138,   2011年03月
  • Abnormal cystatin C levels in two patients with bardet-biedl syndrome., Hirano M, Ohishi M, Yamashita T, Ikuno Y, Iwahashi H, Mano T, Ishihara R, Tanaka I, Yanagihara K, Isono C, Sakamoto H, Nakamura Y, Kusunoki S., Clinical Medical Insights Case Reports, 4, 17, 20,   2011年, 査読有り
  • A novel mutation in the calcium channel gene in a family with hypokalemic periodic paralysis., Hirano M, Kokunai Y, Nagai A, Nakamura Y, Saigoh K, Kusunoki S, Takahashi MP. , J Neurol Sci , 309, 9, 11,   2011年, 査読有り
  • Risks of inappropriate secretion of antidiuretic hormone in multiple system atrophy., Samukawa M, Hirano M, Sakamoto H, Kitada M, Kusunoki S, Nakamura Y., Mov Disord, 26, 2572, 2573,   2011年, 査読有り
  • Antibodies against gangalioside complexes in Guillain-Barré syndrome and related disorders., Kusunoki S, Kaida K, J Neurochem, 116, 5, 828, 832,   2011年, 査読有り
  • Antibodies to LM1 and LM1-containing ganglioside complexes in Guillain-Barre syndrome and chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy, Kuwahara M, Suzuki S, Takada K, Kusunoki S, 239, 1-2, 87, 90,   2011年, 査読有り
  • Acute superficial sensory neuropathy with generalized anhidrosis, anosmia, and ageusia., Yu Miyazaki, 楠 進, Haruki Koike, Mizuki Ito, Naoki Atsuta, Hirohisa Watanabe, Masahisa Katsuno, Muscle Nerve, 43, 286, 288,   2011年, 査読有り
  • 抗ガングリオシド抗体―ギラン・バレー症候群とその関連疾患における病態への関与., 海田賢一, 楠 進, Jpn.J.Clin.Immunol Jpn.J.Clin.Immunol, 34, 1, 29, 39,   2011年
  • Subacute motor axonal neuropathy associated with the lgG anti-GalNAc-GD1a antibody., Goto H, Fukudome T, Kusunoki S, Matsuo H., BMJ Case Reports 2011,   2011年, 査読有り
  • Four cases of anti-ganglioside antibody-positive neuralgic amyotrophy with good response to intravenous immunoglobulin infusion therapy., Moriguchi K, Miyamoto K, Takada K, Kusunoki S., J Neuroimmunol, 238, 107, 109,   2011年, 査読有り
  • A case of anti-N-methyl-D-aspartate receptor encephalitis with systemic sclerosis., Suzuki H, Samukawa M, Kitada M, Ichihashi J, Mitsui Y, Tanaka K, Kusunoki S., Eur J Neurol, 18, e145, e146,   2011年, 査読有り
  • Neuropathophysiological potential of Guillain-Barre syndrome anti-ganglioside-complex antibodies at mouse motor nerve terminals., Zitman FMP, Greenshields KN, Kuijf ML, Ueda M, Kaida K, Broos LAM, Tio-Gillen AP, Jacobs BC, Kusunoki S, Willison HJ, Plomp JJ. , Clin Exp Neuroimmunol, 2, 59, 67,   2011年, 査読有り
  • 免疫性末梢神経障害の診断・治療と最近の話題, 楠 進, 上田 昌美, Brain and Nerve Brain and Nerve, 63, 6, 549, 555,   2011年
  • Rituximabにより早期の治療効果がみとめられた抗myelin-associated glycoprotein (MAG)抗体をともなうニューロパチーの1例, 本山 りえ, 楠 進, 鈴木 聖子, 山川 健太郎, 田中 正美, 臨床神経学, 51, 761, 764,   2011年
  • 免疫療法が有効であった腫瘍非合併抗NMDA受容体脳炎の2例, 北田 茉里, 鈴木 秀和, 市橋 珠里, 三井 良之, 楠 進, 田中 惠子, 臨床神経学, 51, 683, 687,   2011年
  • 免疫性神経疾患のガイドラインをめぐって., 楠 進, 神経内科, 75, 33, 37,   2011年
  • Campylobacter jejuni DNA-binding protein from starved cells in Guillain-Barre syndrome patients., Kawamura N, Piao H, Minohara M, Matsushita T, Kusunoki S, Matsumoto H, Ikenaka K, Mizunoe Y, Kira JI., J Neuroimmunol, 240, 74, 78,   2011年, 査読有り
  • 質疑応答:成人の重症筋無力症の治療., 鈴木 秀和, 楠 進, 日本医事新報, 4547, 54, 55,   2011年
  • Chondroitin beta-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 missense mutations are associated with neuropathies., Saigoh K, Izumikawa T, Koike T, Shimizu J, Kitagawa H, Kusunoki S., Journal of Human Genetics, 56, 143, 146,   2011年12月, 査読有り
  • 神経疾患と分子マーカー:Guillain-Barre症候群, 海田 賢一, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 28, 12, 1400, 1404,   2010年12月
  • Guillain-Barre症候群における自律神経障害の検討, 西郷 和真, 楠 進, 自律神経, 47, 6, 471, 473,   2010年12月
  • 免疫性ニューロパチーのガイドラインをめぐって, 楠 進, 神経治療学, 27, 6, 845, 849,   2010年11月
  • わが国における免疫性神経疾患の臨床と研究の進歩, 楠 進, 内科, 105, 5,   2010年05月
  • 神経痛, 塩山 実章, 楠 進, 総合臨床, 59, 96, 100,   2010年04月
  • 妊娠後期に発症したGuillain-Barre症候群の2例, 荒木 俊彦, 楠 進, 中田 悠皓, 臨床神経学, 50, 1, 24, 26,   2010年01月
  • Antibodies to gangliosides and ganglioside complexes in Guillain–Barré syndrome and Fisher syndrome: Mini-review., Kaida K, Kusunoki S, J Neuroimmunol, 223, 1-2, 5, 12,   2010年, 査読有り
  • Induction of paranodal myelin detachment and sodium channel loss in vivo by Campylobacter jejuni DNA-binding protein from starved cells (C-Dps) in myelinated nerve fibers., Piao H, Minohara M, Kawamura N, Li W, Mizunoe Y, Umehara F, Goto Y, Kusunoki S, Matsushita T, Ikenaka K, Maejima T, Nabekura JI, Yamawaki R, Kira JI. , Journal of the Neurological Sciences, 288, 54, 62,   2010年, 査読有り
  • CIDPと抗ガングリオシド抗体, 楠 進, 神経内科, 72, 3, 284, 289,   2010年
  • Pyramidal tract involvement in Guillain -Barre syndrome associated with anti-GM1 antibody., Tomita M, Watanabe H, Morozumi S, Kawagashira Y, Iijima M, Nakamura T, Katsuno M, Koike H, Hattori N, Hirayama M, Kusunoki S., Sobue G. , J Neurol Neurosurg Psychiatry, 81, 583, 585,   2010年, 査読有り
  • ギラン・バレー症候群, 宮本 勝一, 楠 進, BIO Clinica BIO Clinica, 25, 10, 858, 863,   2010年
  • IgM-MGUS anti-MAG neuropathy with predominant muscle weakness and extensive muscle atrophy., Kawagashira Y, Kondo N, Atsuta N, Iijima M, Koike H, Katsuno M, Tanaka F, Kusunoki S, Sobue G., Muscle Nerve, 42, 433, 435,   2010年, 査読有り
  • Anti-GM1 antibodies in axonal form of Guillain-Barre syndrome affect the integrity of lipid rafts., Ueda A, Shima S, Miyashita T, Ito S, Ueda M, Kusunoki S, Asakura K, Mutoh T. , Mol Cell Neurosci, 45, 355, 362,   2010年, 査読有り
  • 抗MuSK抗体陽性の重症筋無力症にネフローゼ症候群が合併した1例, 塩山 実章, 青松 宏美, 三井 良之, 楠 進, 鮫島 謙一, 船内 正憲, 上田医院, 新大阪病院内内科, 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(神経内科), 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・制御学講座(神経内科), 臨床神経学, 49, 7, 424, 427,   2009年07月
  • 自己免疫性ニューロパチーの新しい動物モデル, 楠 進, 日本臨床, 66, 6, 1036, 1038,   2009年06月
  • 頭痛、めまいを初発症状としたFisher症候群, 中條 正英, 楠 進, 木下 郁夫, 神経内科, 70, 5, 498, 500,   2009年06月
  • 抗GM2抗体活性のあるIgMkM蛋白とIgM λ抗GM1抗体をともなう多巣性運動性ニューロパチー, Motomi Arai, 楠 進, 臨牀神経学, 49, 2・3, 123, 126,   2009年03月
  • Asymmetrical weakness associated with central nervous system involvement in a patient with Guillain-Barré syndrome. , Kiriyama T, Hirano M, Kusunoki S, Morita D, Hirakawa M, Tonomura Y, Kitauchi T, Ueno S. , Clinical Medicine: Case Reports , 2, 51, 54,   2009年, 査読有り
  • Upregulation of water channel aquaporin-4 in experimental autoimmune encephalomyelitis. , Miyamoto K, Nagaosa N, Motoyama M, Kataoka K, Kusunoki S. , J Neurol Sci., 276, 103, 107,   2009年, 査読有り
  • Selective phosphodiesterase-3 inhibitor cilostazol ameliorates EAE., Kureshiro J, Miyamoto K, Kusunoki S, Neuroreport, 20, 718, 722,   2009年, 査読有り
  • Miyamoto K, Nagaosa N, Motoyama M, Kataoka K, Kusunoki S. Upregulation of water channel aquaporin-4 in experimental autoimmune encephalomyelitis., Miyamoto K, Nagaosa N, Motoyama M, Kataoka K, Kusunoki S, J Neurol Sci, 276, 103, 107,   2009年
  • 抗GD1b抗体による失調性ニューロパチー, 楠 進, 神経内科, 70, 384, 389,   2009年
  • 糖鎖に反応する抗体は神経を破壊する。, 楠 進, 第3の生命鎖、糖鎖の謎が今、解る, 43, 48,   2009年
  • 抗アクアポリン4抗体陽性の高齢発症反復性脊髄炎の1例, 宮本 勝一, 中野 志仁, 稲次 洋平, 鈴木 秀和, 楠 進, Brain and Nerve Brain and Nerve, 61, 601, 604,   2009年
  • Guillain-Barre症候群。, 宮本 勝一, 楠 進, 神経疾患最新の治療, 251, 255,   2009年
  • 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の治療戦略, 宮本 勝一, 楠 進, EMB神経疾患の治療, 445, 449,   2009年
  • 多発性硬化症, 髙田 和男, 楠 進, 歩行障害ハンドブック, 164, 168,   2009年
  • 急性自律性感覚性ニューロパチーの免疫学的病態, 西郷 和真, 楠 進, 神経内科, 71, 6, 571, 575,   2009年
  • Late-onset, unusual neurological symptoms in children with mycoplasma infection., Saito Y, Kure-Kageyama H, Saito-Sakurai Y, Shiota M, Yokoyama A, Kusunoki S, Maegaki Y, Ohno K., Pediatrics International, 51, 4, 579, 582,   2009年, 査読有り
  • Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica., 宮本 勝一, 楠 進, Therapeutic Apheresis and Dialysis, 13, 6, 505, 508,   2009年, 査読有り
  • Polyethylene glycol interferon α-2b-induced antibody-mediated polyradiculoneuropathy., Motozaki Y, Komai K, Takahashi K, Ishida C, Ueda M, Kusunoki S, Yamada M., Intern Med, 48, 569, 572,   2009年, 査読有り
  • Antibodies to ganglioside complexes consisting of asialo-GM1 and GQ1b or GT1a in Fisher and Guillain-Barre syndromes., Ogawa G, Kaida K, Kusunoki S, Ueda M, Motoyoshi K, Kamakura K. , J Neuroimmunol, 214, 125, 127,   2009年, 査読有り
  • Guillain-Barre syndrome: update on immunobiology and treatment, Kenichi Kaide, 楠 進, Expert Reviews, Neurother, 9, 9, 1307, 1319,   2009年
  • 免疫グロブリン大量療法, 楠 進, 神経治療学, 25, 6, 689, 692,   2008年11月
  • 急性自律神経性ニューロパチー, 西郷 和真, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 26, 11, 1226, 1227,   2008年11月
  • 抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の臨床的特徴, 楠 進, 宮本 勝一, 中尾 雄三, 山本 肇, 有村 英子, 飯沼 直子, 下村 嘉一, 中村 雄作, 山田 郁子, 坂本 光, 神経眼科, 25, 3, 別冊,   2008年09月
  • 急性散在性脳背髄炎様病態を続発した、肺炎球菌性髄膜炎の1例, 市橋 珠里, 青松 宏美, 楠 進, 葛本 佳正, 臨床神経学, 48, 4, 256, 258,   2008年04月
  • 書評「はじめての神経内科」(武田克彦、水野智之、著、中外医学社)。, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 26, 3, 215, 215,   2008年03月
  • 炎症と末梢神経疾患(免疫性末梢神経障害について), 楠 進, 日本内科学会雑誌, 97, 3, 539, 543,   2008年03月
  • 臨床・画像的に、変異型Creutzfeldt-Jakob 病との鑑別が問題となったGerstmann-Straussler-Scheinker 症候群の1例, 楠 進, 金田 明子, 西郷 和真, 三井 良之, 北本 哲之, 臨床神経学, 48, 3,   2008年03月
  • 「医師不足」についての考察:「仁和寺の法師」にならないように。, 楠 進, 内科, 103, 1, 146, 146,   2008年01月
  • Molecular Mimicry in Development of Guillain-Barre Syndrome, 楠 進, JOURNAL WATCH NEUROLOGY, 10, 1, 6, 7,   2008年01月
  • Complete recovery of an aged patient with Guillain-Barré syndrome associated with multiple IgM anti-ganglioside antibodies., Furiya Y, Hirano M, Kusunoki S, Ueda M, Nishiwaki T, Ueno S., Muscle Nerve , 38, 1630, 1633,   2008年, 査読有り
  • GM1/GalNAc-GD1a complex: a target for pure motor Guillain-Barré syndrome., Kaida K, Sonoo M, Ogawa G, Kamakura K, Ueda M, Arita M, Motoyoshi K, Kusunoki S, Neurology, 71, 1683, 1690,   2008年, 査読有り
  • GD1b-specific antibody induces ataxia in Guillain-Barré syndrome., Kaida K, Kamakura K, Ogawa G, Ueda M, Motoyohi K, Arita M, Kusunoki S, Neurology, 71, 196, 201,   2008年, 査読有り
  • Ganglioside complexes containing GQ1b as targets in Miller Fisher and Guillain-Barré syndromes. , Kanzaki M, Kaida K, Ueda M, Morita D, Hirakawa M, Motoyoshi K, Kamakura K, Kusunoki S, J Neurol Neurosurg Psychiatry , 79, 1148, 1152,   2008年, 査読有り
  • Roles of complex gangliosides in the development of experimental autoimmune encephalomyelitis., Miyamoto K, Takada K, Furukawa K, Furukawa K, Kusunoki S, Glycobiology, 18, 5, 408, 413,   2008年, 査読有り
  • Apoptosis of primary sensory neurons in GD1b-induced sensory ataxic neuropathy., Takada K, Shimizu J, Kusunoki S, Exp Neurol, 209, 279, 283,   2008年, 査読有り
  • "Prominent ear sign" on diffusion-weighted magnetic resonance imaging in relapsing polychondritis., 楠 進, 桑原 雅知, 下野 太郎, 豊増 麻美, 塩山 実章, 三井 良之, 吉永 英司, 川田 暁, 細野 眞, 村上 卓道, Radiat Med, 26, 438, 441,   2008年, 査読有り
  • Edaravone, a free radical scavenger, ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis., Moriya M, Nakatsuji Y, Miyamoto K, Okuno T, Kinoshita M, Kumanogoh A, Kusunoki S, Sakoda S., Neurosci Lett., 440, 323, 326,   2008年, 査読有り
  • 神経内科疾患と糖鎖の多様性, 楠 進, 近畿大医誌, 33, 4,   2008年
  • Ganglioside Complexes as target antigens in Guillain-Barre syndrome and related disorders., K. Kaida, 楠 進, Future Lipidol ., 2008, 3, 425, 434,   2008年
  • バリスムをともない免疫グロブリン療法が効を奏したBickerstaff 型脳幹脳炎・軸索型Guillain - Barre症候群合併例, 牧野 ふみ, 楠 進, 小島 康裕, 井上 学, 里井 斉, 神田 益太郎, 柴崎 浩, 臨床神経, 48, 501, 504,   2008年
  • 炎症と末梢神経疾患(免疫性末梢神経障害について), 楠 進, 97, 39, 43,   2008年
  •  リピドラフトの自己免疫からみた末梢神経障害:Guilllain-Barre症候群をモデルとして, 楠 進, Medical Science Digest Medical Science Digest, 34, 18, 21,   2008年
  • Antibodies against gangliosides and ganglioside complexes in Guillain-Barr? syndrome: New aspects of research., 楠 進, 上田 昌美, Kaida K, Bioch Biophys Acta, 1780, 441, 444,   2008年
  • アクアポリン抗体の特異性。, 宮本 勝一, 楠 進, Clinical Neurosciemce Clinical Neurosciemce, 26, 767, 769,   2008年
  • 脳幹脳炎の血清学的診断。, 楠 進, 上田昌美, 神経内科, 69, 60, 64,   2008年
  • 遺伝性ニューロパチーの臨床像を呈し免疫グロブリン大量静注療法が奏功した一例, 宮本 勝一, 稲次 洋平, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 末梢神経 Peripheral Nerve, 18, 2, 206, 209,   2007年12月
  • Predictors of respiratory failure in Guillain-Barre syndrome., 楠 進, Pieter van Doorn, Nat Clin Pract Neurol., 3, 8, 430, 431,   2007年08月
  • 【末梢神経-基礎から臨床まで】 末梢神経疾患の発生機序・臨床所見 AIDP、AMAN, 海田賢一, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 25, 7, 764, 766,   2007年07月
  • 【末梢神経-基礎から臨床まで】 末梢神経疾患の治療 CIDP、MMN, 宮本 勝一, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 25, 7, 811, 813,   2007年07月
  • 右不全麻痺と失語症で発症した抗GluR抗体陽性非ヘルペス性辺縁系脳炎の1例, 稲次 洋平, 鈴木 秀和, 呉城 珠里, 豊増 麻美, 原 秀憲, 長谷川 隆典, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 高橋幸利 , 大阪てんかん研究会雑誌, 17, 1, 17, 20,   2007年07月
  • ディベート CIDPの治療はIVIgかプレドニンか? IVIgの立場から, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 25, 6, 724, 724,   2007年06月
  • Gangliosides GM1 and GM3 in the Living Cell Membrane Form Clusters Susceptible to Cholesterol Depletion and Chilling., Fujita A, Cheng J, Hirakawa M, Furukawa K, Kusunoki S, Fujimoto T., Mol Biol Cell., 18, 6, 2112, 2122,   2007年, 査読有り
  • 抗ガングリオシド抗体陽性血清による遊離ラット坐骨神経の伝導ブロック, 葛本 佳正, 上田 昌美, 楠 進, 森田大児 平川美菜子, 末梢神経, 18, 1, 25, 29,   2007年06月
  • Guillain-Barre syndrome with antibodies to GD1a/GD1b complex., Hamaguchi T, Sakajiri K, Sakai K, Okino S, Sada M, Kusunoki S. , J Neurol Neurosurg Psychiatry., 78, 5, 548, 549,   2007年05月, 査読有り
  • Ⅲ.診断基準 2.CIDPとMMN, 三井 良之, 楠 進, Annual Review 神経 2007, 59, 67,   2007年01月
  • G.末梢神経疾患 3.慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の治療の第1選択は, 宮本 勝一, 楠 進, EBM神経疾患の治療, 345, 348,   2007年01月
  • Sjoegren症候群に伴う多発性硬化症様病変に免疫グロブリン大量療法が著効した2例, 鈴木 秀和, 稲次 洋平, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 神経治療学, 24, 1, 63, 67,   2007年01月
  • Anti-ganglioside complex antibodies associated with severe disability in GBS., Kaida K, Morita D, Kanzaki M, Kamakura K, Motoyoshi K, Hirakawa M, Kusunoki S, J Neuroimmunol, 182, 212, 218,   2007年, 査読有り
  • Antiglycolipid antibodies in autoimmune neuropathies; new aspects of research., 楠 進, Neuroimmunology Research Focus, 85, 99,   2007年
  • CSF tau protein: a new prognostic marker for Guillain-Barre syndrome(Reply from the Authors), Jin K, Takeda A, Shiga Y, Sato S, Ohnuma A, Nomura H, Arai H, Kusunoki S, Ikeda M, Itoyama Y., Neurology, 68, 1438, 1439,   2007年, 査読有り
  • 「CIDPの治療はIVIgかプレドニンか?」IVIgの立場から。, 楠 進, Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 25, 724, 725,   2007年
  • IgG インデックス、髄液ミエリン塩基性蛋白、髄液オリゴクローナルバンド。, 宮本 勝一, 楠 進, 臨床検査データブック, 658, 659,   2007年
  • 末梢神経疾患の発生機序・臨床所見、AIDP,AMAN。, K Kaida, 楠 進, , Clinical Neuroscience Clinical Neuroscience, 25, 764, 766,   2007年
  • CIDPの特徴を合わせもつ遺伝性ニューロパチーにおける免疫応答亢進, 宮本 勝一, 楠 進, 林 幼偉, 岡 伸幸, 末梢神経, 17, 2, 261, 263,   2006年12月
  • 急性多発性神経根炎を合併した多発性筋炎の一例, 権藤雄一郎, 楠 進, 垣内無一, 中西恵美, 松井大, 松井真, 末梢神経, 17, 2, 215, 218,   2006年12月
  • Effect of the aldose reductase inhibitor fidarestat on experimental diabetic neuropathy in the rat., Kuzumoto Y, Kusunoki S, Kato N, Kihara M, Low PA., Diabetologia., 49, 12, 3085, 3093,   2006年12月, 査読有り
  • ギラン・バレー(Guillain-Barre)症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、多発単神経炎。, 宮本 勝一, 楠 進, 臨床病態学, 1, 161, 165,   2006年11月
  • Genetic mechanisms for the synthesis of fucosyl GM1 in small cell lung cancer cell lines., Tokuda N, Zhang Q, Yoshida S, Kusunoki S, Urano T, Furukawa K, Furukawa K. , Glycobiology., 16, 10, 916, 925,   2006年10月, 査読有り
  • CSF tau protein: a new prognostic marker for Guillain-Barre syndrome., Jin K, 楠 進, Takeda A, Shiga Y, Sato S, Ohnuma A, Nomura H, Arai H, Ikeda M, Itoyama Y., Neurology., 67, 8, 1470, 1472,   2006年10月
  • 慢性経過を示したCampylobacter fetusによる髄膜炎の1例, 塩山 実章, 三井 良之, 髙田 和男, 呉城 珠里, 楠 進, 上田治夫, 北口正孝, 臨床神経学, 46, 10, 699, 701,   2006年10月
  • 抗ガングリオシド抗体が関与したと考えられる神経痛性筋萎縮症の1例, 塩山 実章, 三井 良之, 佐田 昌美, 楠 進, 赤松舞子, 平川美菜子, 臨床神経学, 46, 10, 722, 724,   2006年10月
  • 免疫介在性ポリニューロパチー, 宮本 勝一, 楠 進, 総合臨床, 55, 9, 2197, 2200,   2006年09月
  • Anti-ganglioside complex antibodies in Miller Fisher syndrome., Kaida K, Kanzaki M, Morita D, Kamakura K, Motoyoshi K, Hirakawa M, Kusunoki S., J Neurol Neurosurg Psychiatry, 77, 9, 1043, 1046,   2006年09月, 査読有り
  • 眼で見る神経内科 'Heart appearance'を示した両側延髄内側梗塞, 豊増 麻美, 塩山 実章, 下野 太郎, 髙田 和男, 楠 進, 神経内科, 65, 3, 316, 317,   2006年09月
  • Selective COX-2 inhibitor celecoxib prevents experimental autoimmune encephalomyelitis through COX-2-independent pathway, Miyamoto K, Miyake S, Mizuno M, Oka N, Kusunoki S, Yamamura T. , Brain., 129, 8, 1984, 1992,   2006年08月, 査読有り
  • Paroxetineによる悪性症候群をきたしたパーキンソン病の1例, 濱田 征宏, 宮本 勝一, 稲次 洋平, 鈴木 秀和, 楠 進, 臨床神経学, 46, 8, 575, 578,   2006年08月
  • Activity-dependent conduction block in multifocal motor neuropathy: magnetic fatigue test., Nodera H, Bostock H, Izumi Y, Nakamura K, Urushihara R, Sakamoto T, Murase N, Shimazu H, Kusunoki S, Kaji R., Neurology., 67, 2, 280, 287,   2006年07月, 査読有り
  • 胸腺腫摘出後に発症した重症筋無力症の1例ー病理学的考察をくわえてー, 砂山 真紀, 宮本 勝一, 塩山 実章, 佐藤 隆夫, 楠 進, 脳と神経, 58, 7, 615, 619,   2006年07月
  • Abnormal sudomotor axon reflex and antiganglioside antibodies., Kuzumoto Y, Shioyama M, Kihara M, Kusunoki S. , Muscle Nerve., 33, 6, 828, 829,   2006年06月, 査読有り
  • 糖鎖に対する自己抗体と脳神経障害, 楠 進, 頭頸部自律神経, 20, 1, 4,   2006年04月
  • 免疫介在ニューロパチーの最近の研究進歩 抗ガングリオシド抗体研究の新たな展開, 楠 進, 末梢神経, 16, 2, 50, 54,   2005年12月
  • CIDPの特徴を合わせもつ遺伝性ニューロパチー症例, 宮本 勝一, 楠 進, 林 幼偉 , 岡 伸幸, 末梢神経, 16, 2, 114, 116,   2005年12月
  • 【そこが知りたい小児臨床検査のポイント】 自己抗体検査 臓器特異的自己抗体 抗ガングリオシド抗体, 平川美菜子, 楠 進, , 小児内科, 37, 増刊, 391, 394,   2005年11月
  • Autoantibodies in postinfectious acute cerebellar ataxia., 内堀歩, 楠 進, 作田学 千葉厚郎, Neurology., 65, 7, 1114, 1116,   2005年10月, 査読有り
  • 【ギラン・バレー症候群リハビリテーション実践マニュアル】 GBSの発症機序, 平川美菜子, 楠 進, MEDICAL REHABILITATION MEDICAL REHABILITATION, 56, 1, 8,   2005年08月
  • 体性感覚誘発電位(SEP)が早期診断に有用であったBickerstaff型脳幹脳炎の1例, 塚本浩 , 楠 進, 園生雅弘 畑中裕己 清水輝夫, 神経内科, 63, 1, 97, 101,   2005年07月
  • 感冒症状前駆後に脊髄症状で発症したencephalo-myelo-radiculo-neuropathyの1例, 森田昭彦, 楠 進, 亀井聡 田村正人 水谷智彦 , 内科, 96, 1, 174, 176,   2005年07月
  • 免疫吸着は無効であったが単純血漿交換が著効した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例, 鈴木 秀和, 三井 良之, 長谷川 隆典, 渥美 正彦, 楠 進, 本村政勝 吉村俊朗 白石裕一, 北口正孝, 臨床神経学, 45, 7, 510, 513,   2005年07月
  • 【神経疾患治療の進歩(2004年)】 末梢神経の治療の進歩, 髙田 和男, 楠 進, 神経治療学, 22, 4, 481, 484,   2005年07月
  • Harmful effects of anti-GalNAc-GD1a antibodies and TNF-alpha on rat dorsal root ganglia., Kamakura K, Kaida K, Kusunoki S, Miyamoto N, Masaki T, Nakamura R, Motoyoshi K, Fukuda J. , J Peripher Nerv Syst., 10, 2, 190, 201,   2005年06月, 査読有り
  • 内眼筋麻痺を伴ったIgG抗GQ1b抗体・抗GT1a抗体陽性の急性口咽頭麻痺, 山治 憲司, 楠 進, 渥美 正彦, 西郷 和真, 葛本 佳正, 佐田 昌美, 三井 良之, 平川美菜子 森田大児, 脳と神経 Brain and Nerve, 57, 6, 523, 526,   2005年06月
  • 著明な瞳孔散大を示したMiller Fisher症候群の1例, 佐田 昌美, 阪本 光, 三井 良之, 楠 進, 末梢神経, 16, 1, 17, 22,   2005年06月
  • Behcet disease presenting with neurological complications immediately after conversion from conventional cyclosporin A to microemulsion formulation., 三井 良之, 三井真奈美, 浦上理佳, 木原幹洋, 楠 進, 高橋光雄, Internal Medicine, 44, 2, 149, 152,   2005年02月, 査読有り
    概要:難治性ぶどう膜炎の治療のためCyclosporineAを使用していたベーチェット病患者において、製剤をmicro-emulsionに変更したところ神経ベーチェット病を発症した。発症機序につき、若干の文献的考察を加えて報告した。
  • ギラン・バレー症候群治療のあり方―治療ガイドラインの発表を踏まえて―, 野村恭一, 楠 進, 斉藤豊和, Progress in Medicine Progress in Medicine, 25, 2, 419, 426,   2005年02月
  • 喫煙が誘引と考えられた血管攣縮性脳梗塞の1例, 葛本 佳正, 三井 良之, 楠 進, 上田 治夫, 脳と神経, 57, 1, 33, 36,   2005年01月
  • Effects of phospholipids on antiganglioside antibody reactivity in GBS, Hirakawa M, Morita D, Tsuji S, Kusunoki S., Journal of Neuroimmunology, 159, 129, 132,   2005年, 査読有り
  • Complete recovery of an aged patient with Guillain-Barr? syndrome associated with multiple IgM anti-ganglioside antibodies., 降矢 Y , 楠 進, 上田 昌子, 平野 M, 杉江 K, にしわき T, 上野 聡, Muscle Nerve, 38, 1630, 1633,   2005年
  • 抗ガングリオシド抗体研究の新たな展開, 楠 進, 末梢神経, 16, 50, 54,   2005年
  • 強皮症に合併した抗リン脂質抗体症候群に伴う内頸動脈のoscillating thrombusを認めた脳塞栓の一例, 長谷川 隆典, 橋本 貴司, 佐田 昌美, 金田 明子, 楠 進, 神経超音波医学 Neurosonology, 17, 3, 145, 147,   2004年12月
  • 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー治療ガイドライン作成過程での問題点と今後の展望 免疫学的病態から見た慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP), 楠 進, 神経治療学, 21, 6, 675, 678,   2004年11月
  • 【神経糖鎖生物学】糖鎖と神経・筋疾患、病態モデルー糖鎖抗体と神経機能障害:フィッシャー症候群, 楠 進, 蛋白質・核酸・酵素, 49, 15, 2485, 2490,   2004年11月
  • Anti-GQ1b antibody as a factor predictive of mechanical ventilation in Guillain-Barre syndrome., 楠 進, 海田 賢一 , 芦田 廣, Neurology, 63, 5, 1985, 1985,   2004年11月, 査読有り
  • 【症例から学ぶ自己免疫疾患】Guillain Barre・Fishe症候群, 森田 大児, 楠 進, 小児内科, 36, 10, 1642, 1645,   2004年10月
  • ゾニサミドが著効したパーキンソン病の一例, 長谷川 隆典, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 大阪てんかん研究会雑誌, 15, 1, 27, 29,   2004年10月
  • インフルエンザワクチン接種後に発症したギラン・バレー症候群の1例, 原口 俊, 楠 進, 尾道市立市民病院医学雑誌, 20, 1, 17, 20,   2004年09月
  • Overexpressed GM1 suppresses nerve growth factor (NGF) signals by modulating the intracellular localization of NGF receptors and membrane fluidity in PC12 cells., 西尾 将史, 楠 進, 福本 敏 古川 圭子 市村 明子 宮崎 宏 浦野 健 古川 鋼一, The Journal of Biological Chemistry, 279, 32, 33368, 33378,   2004年08月, 査読有り
  • Primitive neural stem cells from the mammalian epiblast differentiate to definitive neural stem cells under the control of Notch signaling., 等 誠司, 楠 進, 金澤 一郎 辻 省次, Raewyn M. Seaberg Cheryl Koscik Tania Alexson Derek van der Kooy, Genes & Development, 18, 15, 1806, 1811,   2004年08月, 査読有り
  • 【神経疾患治療の進歩(2003年)】 末梢神経障害の治療の進歩, 髙田 和男, 楠 進, 神経治療学, 21, 4, 411, 414,   2004年07月
    概要:末梢神経障害(ニューロパチー)の中で、免疫介在性ニューロパチーと糖尿病性ニューロパチーについて、1年間(2003年)の治療進歩を概説した。
  • 【多発性硬化症 revisited】 多発性硬化症に似て非なる疾患 急性散在性脳脊髄炎, 髙田 和男, 楠 進, Clinical Neuroscience, 22, 7, 824, 825,   2004年07月
    概要:急性散在性脳脊髄炎の臨床症状、治療法などを解説した
  • MRI拡散強調画像が診断に有用であったWernicke脳症の1例 , 橋本 貴司, 楠 進, 上田 治夫, 三井 良之, 木原 幹洋, 高橋 光雄, 臨床神経学, 44, 7, 422, 426,   2004年07月
  • 【プライマリーケアの実際 臨床研修マニュアル】プライマリーケアのコツ 疾患神経系 Guillain-Barre症候群, 平川 美菜子, 楠 進, 臨床医, 30, 増刊, 909, 911,   2004年06月
  • Anti-GQ1b antibody as a factor predictive of mechanical ventilation in Guillain-Barre syndrome., 海田 賢一, 楠 進, 神崎 真実 鎌倉 惠子 元吉 和男 , 金澤 一郎, Neurology, 62, 5, 821, 824,   2004年03月, 査読有り
  • 家族性アミロイドポリニューロパチーIV型に伴うII型格子状角膜ジストロフィの1症例, 関根寿樹, 楠 進, 小幡博人 白土城照 水流忠彦, 臨床眼科, 58, 2, 217, 222,   2004年02月
  • Ganglioside complexes: as new target antigens in Guillain-Barré syndrome, Kaida K, Morita D, Kanzaki M, Kamakura K, Motoyoshi K, Hirakawa M, Kusunoki S, Annals of Neurology, 56, 567, 571,   2004年, 査読有り
  • 免疫学的病態から見た慢性炎症性脱髄性他発ニューロパチー, 楠 進, 神経治療学, 21, 675, 678,   2004年
  • 感覚障害, 長谷川 隆典, 楠 進, 総合臨床, 52, 12, 3183, 3186,   2003年12月
    概要:感覚障害は、日常の診療で最も遭遇する神経領域の症状の一つである。本稿では、感覚障害をきたす疾患の診断方法及び専門医へ紹介すべき疾患について解読する。
  • アルコール中毒に伴う急性軸索障害性多発神経炎。, 望月仁志, 楠 進, 鎌倉恵子, 樋口 進 他2名, European Neurology, 50, 3, 183, 184,   2003年10月, 査読有り
    概要:アルコール中毒に伴う急性軸索型の神経炎の1例を報告し、発症機序を考察した。
  • ヒト末梢神経におけるGalNAc-GD1a: 抗ガングリオシド抗体の標的部位。, 海田賢一, 楠 進, 鎌倉恵子 他2名, Neurology, 61, 4, 465, 470,   2003年08月, 査読有り
    概要:ギラン・バレー症候群急性期に上昇する抗ガングリオシド抗体の中でも、純粋運動型との関連が知られる抗GalNAc-GD1a抗体の標的部位を免疫組織学的に検討した。その結果、前根の傍絞輪部と筋内神経の軸索膜上にGalNAc-GD1aの局在をみとめ、抗体の標的部位と考えた。
  • 多発性根神経炎。, 海田賢一, 楠 進, Clinical Neuroscience, 21, 8, 920, 921,   2003年08月
    概要:多発性根神経炎における脳脊髄液検査の意義について総説した。
  • Paraproteinemiaに伴うニューロパチー。, 森田大児, 楠 進, 神経研究の進歩, 47, 8, 555, 562,   2003年08月
    概要: パラプロテイン血症に伴う末梢神経障害について総説した。
  • 【神経疾患治療の進歩(2002年)】 末梢神経障害の治療の進歩, 髙田 和男, 楠 進, 神経治療学, 20, 4, 417, 420,   2003年07月
    概要:末梢神経障害(ニューロパチー)の中で、免疫介在性ニューロパチーと糖尿病性ニューロパチーについて、1年間(2002年)の治療進歩を概説した。
  • IVIg療法により繰り返して改善がみられ、多くのジシアロシルガングリオシドに対するIgMポリクローナル抗体を伴った、慢性感覚障害性失調性ニューロパチー, Taguchi Y, Takashima S, Kusunoki S, Asaoka E, Inoue H. , Muscle Nerve, 28, 1, 128, 129,   2003年07月, 査読有り
    概要:ジシアロシルガングリオシドに広範に反応するIgM M蛋白は慢性感覚障害性失調性ニューロパチーに伴うことが知られているが、ポリクローナル抗体でも同様の症状を示す症例を報告し、IVIg療法で繰り返して臨床的効果がみられたことから、抗体の病因的意義を論じた。
  • 抗GalNAc-GD1a-IgM抗体陽性で慢性に経過した運動ニューロパチーの1例。, 神崎 昭浩, 楠 進, 遠藤 詩郎 好永 順二 中村 靖 調 輝男 , 脳と神経, 55, 7, 609, 612,   2003年07月
    概要:ギラン・バレー症候群様の経過で発症し、比較的慢性の経過をとった純粋運動ニューロパチーの男性例について報告した。
  • ギラン・バレー症候群における抗ガングリオシド抗体;発症機序に関わる可能性のある因子でありかつ有用な診断マーカーである。, 楠 進, Internal Medicine, 42, 6, 457, 458,   2003年06月
    概要:ギラン・バレー症候群における抗ガングリオシド抗体について、診断マーカーとしての意義と発症因子としての意義について総説した。(英文)
  • カンピロバクター腸炎の家族発症:Guillain-Barre症候群の発症者と非発症者における抗GD1a抗体。, Hirano M, Kusunoki S, Asai H, Tonomura Y, Morita D, Ueno S. , Neurology, 60, 10, 1719, 1720,   2003年05月, 査読有り
    概要:カンピロバクター腸炎が家族内で発症したが、Guillain-Barre症候群を発症した例と非発症の例があり、どちらも抗GD1a抗体が陽性だった。両者について詳細に記載し、発症機序を考察した。
  • 総説・神経疾患。 【シリーズ最新医学講座・Ⅰ 免疫機能検査・28】, 楠 進, 等 誠司, 臨床検査, 47, 4, 411, 417,   2003年04月
    概要:神経疾患の診断に用いられる各種の免疫機能検査について総説した。
  • Diagnosis, pathogenesis and treatment of Miller Fisher syndrome and related disorders:Clinical significance of anti-GQ1b IgG antibody., 楠 進, Expert Review of Neurotherapeutics, 3, 133, 140,   2003年
  • Amyotrophic lateral sclerosis with IgM antibody against gangliosides GM2 and GD2., Mizutani K, Oka N, Kusunoki S, Kaji R, Kanda M, Akiguchi I, Shibasaki H., Intern Med, 42, 277, 280,   2003年, 査読有り
  • Binding of immunoglobulin G antibodies in Guillain-Barr? syndrome sera to a mixture of GM1 and a phospholipid: possible clinical implications., Kusunoki S, Morita D, Ohminami S, Hitoshi S, Kanazawa I. , Muscle Nerve, 27, 302, 306,   2003年, 査読有り
  • Anti-Gal-C antibodies in GBS subsequent to mycoplasma infection: evidence of molecular mimicry, Kusunoki S, Shiina M, Kanazawa I, Neurology, 57:736-738,   2001年, 査読有り
  • Guillain-Barré syndrome with antibody to a ganglioside, N-acetylgalactosaminyl GD1a, Brain, 123:116-124,   2000年
  • Dorsal root ganglia neuron-specific promoter activity of the rabbit beta-galactoside alpha1,2-fucosyltransferase gene, J Biol Chem, 274:389-396,   1999年
  • Dorsal Root Ganglia-specific expression of the beta-galactoside alpha1,2-fucosyltransferase genes in rabbits, Journal of Neurochemistry, 70: 2174-2178,   1998年
  • Experimental sensory neuropathy induced by sensitization with ganglioside GD1b, Kusunoki S, Shimizu J, Chiba A, Ugawa Y, Hitoshi S, Kanazawa I, Annals of Neurology, 39:424-431,   1996年, 査読有り
  • Expression of the beta-galactoside alpha1,2-fucosyltransferase gene suppresses axonal outgrowth of Neuro2a neuroblastoma cells., Journal of Neurochemistry, 66:1633-1640,   1996年
  • Molecular cloning and expression of two types of rabbit beta-galactoside alpha1,2-fucosyltransferase, J Biol Chem, 270:8844-8850,   1995年
  • Serum anti-GQ1b IgG antibody is associated with ophthalmoplegia in Miller Fisher syndrome and Guillain-Barré syndrome: Clinical and immunohistochemical studies., Chiba A, Kusunoki S, Obata H, Machinami R, Kanazawa I, Neurology, 43:1911-1917,   1993年, 査読有り
  • Serum IgG antibody to ganglioside GQ1b is a possible marker of Miller Fisher syndrome, Chiba A, Kusunoki S, Shimizu T, Kanazawa I, Annals of Neurology, 31, 677, 679,   1992年, 査読有り
  • Chondroitin beta-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 (ChGn-1) missense mutations are associated with neuropathies, Saigoh K, Izumikawa T, Koike T, Shimizu J, Kitagawa H, Kusunoki S, J Hum Genet
    概要:in press
  • Are multifocal motor neuropathy patients underdiagnosed? An epidemiological survey in Japan., Miyashiro A, Matsui N, Shimatani Y, Nodera H, Izumi Y, Kuwabara S, Imai T, Baba M, Komori T, Sonoo M, Mezaki T, Kawamata J, Hitomi T, Kohara N, Arimura K, Hashimoto S, Arisawa K, Kusunoki S, Kaji R., Muscle Nerve, 49, 357, 361, 査読有り
  • Motor-dominant polyneuropathy due to IgM monoclonal antibody against disialosyl gangliosides in a patient with mantle cell lymphoma. , Mori A, Ueno Y, Kuroki T, Hoshino Y, Shimura H, Sekiguchi Y, Noguchi M, Hamada Y, Kusunoki S, Hattori N, Urabe T., J Neurol Sci., 337, 215, 218, 査読有り

書籍等出版物

  • 免疫性神経疾患ハンドブック, Guillain-Barre症候群(GBS)とFisher症候群, 楠 進, 共著, 南江堂,   2013年
  • 今日の治療指針2013, ギラン・バレー症候群, 楠 進, 単著, 医学書院,   2013年
  • 今日の神経疾患治療指針(第2版), ギラン・バレー症候群, 海田賢一, 楠 進, 共著, 医学書院,   2013年
  • Annual Review神経2013, マイコプラズマ肺炎と神経合併症, 楠 進, 単著, 中外医学社,   2013年
  • 最新医学別冊「末梢神経障害」, ギラン・バレー症候群 1.診断・病態, 楠 進, 濱田征宏, 共著, 最新医学社,   2012年
  • 神経疾患最新の治療2012-2014, 血液浄化療法, 宮本 勝一, 楠 進, 共著, 南江堂,   2012年
  • 今日の治療指針2012, 多巣性運動ニューロパチー, 楠 進, 単著, 医学書院,   2012年
  • 今日の治療指針2011, 周期性四肢麻痺., 楠 進, 単著, 医学書院,   2011年
  • 症候群ハンドブック, ギラン・バレー症候群, フィッシャー症候群., 楠 進, 単著, 中山書店,   2011年
  • Year note Topics 2012(内科・外科疾患), 多発性硬化症(MS), 重症筋無力症, Guillain-Barre症候群, 楠 進, 単著, 医療情報科学研究所, 編集, メディックメディア, 東京,   2011年
  • Annual Review神経2011, GBSとガングリオシド複合体抗体-最近の知見-, 楠 進, 単著, 中外医学社,   2011年
  • Medicina2010増刊号, これだけは知っておきたい検査のポイント第8集, 鈴木 秀和, 楠 進, 共著, 医学書院,   2010年
  • EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針, Guillain-Barre症候群、CIDPとその類縁疾患、Charcot-Marie-Tooth病, 宮本 勝一, 楠 進, 共著, メディカルビュー社,   2010年
  • 今日の診断基準第6版, Guillain-Barre症候群(Fisher症候群を含む), 楠 進, 単著, 医学書院,   2010年
  • カラントテラピー, 多発性硬化症, 楠 進, 単著,   2009年09月
  • 歩行障害ハンドブック, ギラン・バレー症候群などの末梢神経障害, 楠 進, 金田明子, 共著, 真興交易,   2009年
  • 医学のあゆみ, ギラン・バレー症候群, 楠 進, 単著,   2008年07月
  • 日本臨床, 図説:自己免疫性ニューロパチーの新しい動物モデル, 楠 進, 単著,   2008年06月
  • 内科学(第9版) (杉本恒明、矢崎義雄、総編集), 神経筋接合部疾患:重症筋無力症、Lambert-Eaton筋無力症候群、先天性筋無力症候群。, 楠 進, 単著, 朝倉書店,   2007年09月
  • 今日の診断基準 (大田健、奈良信雄、編), 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー。, 海田賢一, 楠 進, 共著, 南江堂,   2007年06月
  • 今日の診断基準 (大田健、奈良信雄、編), Guillain-Barre症候群。, 海田賢一, 楠 進, 共著, 南江堂,   2007年06月
  • Current Topics in Neuroimmunology (ed. by Tabira T, Yamamura T, Kira J), Anti-ganglioside complex antibodies in Miller Fisher syndrome., Kaida K, 楠 進, Kamakura K,, 共著, MEDIMOND,   2007年04月
  • 今日の治療指針2007 (山口徹、北原光夫、福井次矢、編), 周期性四肢麻痺。, 楠 進, 単著, 医学書院,   2007年01月
  • 神経救急・集中治療ハンドブック 監修:篠原 幸人 , Guillain-Barre症候群・Fisher症候群, 平川 美菜子, 楠 進, 共著, 医学書院,   2006年07月
  • 臨床神経内科学 改訂5版, Guillain-Barre症候群(GBS)、Fisher症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー, 楠 進, 単著, 南山堂,   2006年03月
  • 神経疾患最新の治療 2006-2008 , Ⅲ.疾患別各論 (末梢神経疾患)慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー, 宮本 勝一, 楠 進, 共著, 南江堂,   2006年03月
  • 今日の治療指針:私はこう治療している 2006年版, 自律神経障害(シャイ・ドレーガー症候群を含む), 楠 進, 単著, 医学書院,   2006年01月
  • 看護のための最新医学講座 (脳・神経系疾患 第2版), 多発単神経炎、M蛋白血症を伴うニューロパチー, 楠 進, 単著, 中山書店,   2005年12月
  • 内科臨床誌メディチーナ  Medicina, 【これだけは知っておきたい検査のポイント】 免疫学的検査/自己免疫関連検査 抗アセチルコリン受容体抗体, 鈴木 秀和, 楠 進, 共著, 医学書院,   2005年11月
  • 日本臨牀 臨床免疫学(下), Guillain-Barre症候群。, 楠 進, 単著, 日本臨牀社,   2005年05月
  • 疾患別最新処方 改訂第4版, 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー。, 楠 進, 単著, メジカルビュー社,   2005年03月
  • 疾患別最新処方 改訂第4版, Guillain-Barre症候群、Fisher症候群。, 楠 進, 単著, メジカルビュー社,   2005年03月
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 各論II, 脳腫瘍、髄膜炎、脳炎、痴呆症(認知症)、パーキンソン症候群。, 平川美菜子, 楠 進, 共著, 南江堂,   2005年01月
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 各論II, 髄膜炎、脳炎, 平川美菜子, 楠 進, 共著, 南江堂,   2005年01月
  • 神経内科の最新医療 先端医療技術研究所, 炎症性ニューロパチー。, 楠 進, 単著, 先端医療技術研究所,   2004年11月
  • 神経内科学書第2版, 脳静脈および脳静脈洞の疾患。, 楠 進, 単著, 朝倉書店,   2004年06月
  • 内科, 【検査値を読む】免疫学 抗アセチルコリン受容体抗体, 西郷 和真, 楠 進, 共著, 南江堂,   2004年06月
    概要:抗アセチルコリン受容体抗体について概説した。
  • 内科, 【検査値を読む】穿刺液、薬物濃度 IgM,oligoclonal Band,myelin basic protein., 西郷 和真, 楠 進, 共著, 南江堂,   2004年06月
    概要:穿刺液、特に、IgM、オリゴクローナルバンド、ミエリンベーシック蛋白について説明した。
  • 神経内科学書第2版, 炎症性ニューロパチー。, 楠 進, 単著, 朝倉書店,   2004年06月
  • からだの事典, アルツハイマー病、パーキンソン病、てんかん、ギラン・バレー症候群、筋萎縮性側索硬化症、ナルコレプシー、顔面神経麻痺。, 楠 進, 単著, 朝倉書店,   2004年
  • フォローアップ検査ガイド, 脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、Guillain-Barre症候群、多発性硬化症。, 椎名盟子, 楠 進, 共著, 医学書院,   2003年05月
    概要:脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、Guillain-Barre症候群、多発性硬化症の検査について総説した。

講演・口頭発表等

  • 抗Gal-C抗体かつ他の抗糖脂質抗体も陽性であったGuillain-Barre症候群の電気生理学的検討, 楠 進, 寒川 真, 濱田征宏, 桑原 基, 髙田 和男, 三井 良之, 第25回日本神経免疫学会学術集会,   2013年11月, 第25回日本神経免疫学会学術集会
  • 視神経脊髄炎における抗神経髄鞘抗体の検討, 宮本 勝一, 市橋珠里, 上野莉乃, 楠 進, 森口幸太, 第25回日本神経免疫学会学術集会,   2013年11月, 第25回日本神経免疫学会学術集会
  • The Importance of CCR4 and CCR6 in Experimental Autoimmune Encephalomyelitis., 宮本 勝一, Tanaka N, Ueno R, Yoshie O, 楠 進, Division of Neurology, Department of Internal Medicine 3, National Defense Medical College, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.,   2013年11月, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.
  • 単純血漿交換と慢性C型肝炎治療にて改善が得られたクリオグロブリン血症性ニューロパチーの1例, 楠 進, 上野莉乃, 加藤茉里, 鈴木 秀和, 萩原 智, 宮本 勝一, 三井 良之, 第25回日本神経免疫学会学術集会,   2013年11月, 第25回日本神経免疫学会学術集会
  • Primary angiitis of the central nervous system (PACNS) with cerebral amyloid angiopathy (CAA) の1例, 楠 進, 濱田征宏, 塩山 実章, 三井 良之, 第25回日本神経免疫学会学術集会,   2013年11月, 第25回日本神経免疫学会学術集会
  • A Case of Anti-AQP4 Antibody Related Myelitis With HTLV-1 Antibody., 楠 進, 上野莉乃, 河合 滋, 桑原 基, 三井 良之, 宮本 勝一, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.,   2013年11月, 6th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis.
  • Refractory acute disseminated encephalomyelitis with anti-galactocerebroside antibody, 楠 進, 寒川 真, 平野 牧人, 阪本 光, 高田 和男, 桑原 基, 鈴木 聖子, 北田 茉里, 中村 雄作, Department of Neurology, Fukuoka University School of Medicine, Department of Neurology, Saga University School of Medicine, Department of Neurology, Fukuoka University School of Medicine, Department of Neurology, Saga University School of Medicine, Department of Neurology, Fukuoka University School of Medicine, the American Neurological Association's 2013 Annual Meeting,   2013年10月, the American Neurological Association's 2013 Annual Meeting
  • 末梢神経障害と脊髄障害を呈した神経サルコイドーシスの1例, 楠 進, 平木翔子, 森川みゆき, 鈴木 秀和, 三井 良之, 第201回日本内科学会近畿地方会,   2013年09月, 第201回日本内科学会近畿地方会
  • 抗galactocerebsoside抗体陽性で末梢神経障害を合併した急性散在性脳脊髄炎の臨床的特徴, 楠 進, 平野 牧人, 阪本 光, 高田 和男, 桑原 基, 山藤聖子, 加藤茉里, 中村 雄作, 寒川 真, 津川 潤, 田畑絵美, 山田達夫, 原 英夫, 坪井義夫, 第24回日本末梢神経学会学術集会,   2013年08月, 第24回日本末梢神経学会学術集会
  • 小脳失調で発症した悪性リンパ腫と考えられる傍腫瘍性症候群の1例, 楠 進, 森川みゆき, 岡崎真央, 桑原 基, 江本正克, 日本神経学会第98回近畿地方会,   2013年06月, 日本神経学会第98回近畿地方会
  • 血液および髄液中HTLV-1抗体が陽性であったアクアポリン4抗体陽性脊髄炎の一例, 河合 滋, 桑原 基, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 沼本 勲, 日本神経学会第98回近畿地方会,   2013年06月, 日本神経学会第98回近畿地方会
  • 多発性硬化症に対するフィンゴリモド導入スケジュールについての検討, 宮本 勝一, 高田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • Guillain-Barre症候群及びFisher 症候群におけるGQ1bと交差反応を示す抗GM1/GD1a抗体, 桑原 基, 濱田征宏, 寒川 真, 高田 和男, 楠 進, Laura Mauri, Sandro Sonnino, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • Cyclosporin Aによる視神経脊髄炎の再発予防効果の検討, 景山 卓, 楠 進, 宮本 勝一, 小森美華, 尾崎彰彦, 末長敏彦, 高橋良輔, 松本禎之, 近藤誉之, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 抗ガラクトセレブロシド抗体の関与が疑われた辺縁系脳炎とGuillain-Barre症候群の検討, 北村彰浩, 楠 進, 寒川 真, 藤田充世, 垣内無一, 中西恵美, 長山成美, 富岳 亮, 田中惠子, 松井 真, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • IgMパラプロテイン血症を伴うニューロパチーにおけるHNK-1抗体活性と臨床特徴の関連, 楠 進, 濱田征宏, 寒川 真, 桑原 基, 高田 和男, 宮本 勝一, 藪野景子, 森瀬譲二, 岡 昌吾, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 抗galactocerebroside抗体陽性Guillain-Barre症候群の臨床的、電気生理学的検討, 楠 進, 寒川 真, 濱田征宏, 桑原 基, 鈴木 秀和, 高田 和男, 三井 良之, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 中枢・末梢連合脱髄症における抗neurofascin抗体陽性率の検討および全国臨床疫学調査, 緒方英紀, 楠 進, 松瀬 大, 河村信利, 山崎 亮, 米川 智, 今村志穂子, 松下拓也, ?村明生, 吉良潤一, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 低補体活性化能の抗ガングリオシド抗体についての検討, 汐崎 祐, 楠 進, 桑原 基, 東原真奈, 尾上祐行, 池脇克則, 海田賢一, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 多発性硬化症における高次脳機能検査、並びにアパシー、疲労、うつとの関連, 新野正明, 楠 進, 三船恒裕, 宮崎雄生, 菊池誠志, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • Bickerstaff型脳幹脳炎とFisher症候群の臨床病型の違いに血液脳関門の破綻が関与する, 齋藤和幸, 楠 進, 鈴木聖子, 清水文崇, 古賀道明, 佐野泰照, 安部真彰, 田﨑彩子, 前田敏彦, 春木明代, 水澤英洋, 神田 隆, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • ギランバ・バレー症候群、フィッシャー症候群 診療ガイドライン, 楠 進, 第54回日本神経学会学術大会,   2013年06月, 第54回日本神経学会学術大会
  • 10歳以下で発症した多発性硬化症患者の臨床的特徴, 原 寿郎, 楠 進, 鳥巣浩幸, 酒井康成, 寛藤雅文, 石崎義人, 吉良潤一, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • MMNとALSにおけるサイトカイン・プロファイル~第2報~, 梶 龍兒, 楠 進, 宮本 勝一, 古川 貴大, 松井 尚子, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 清水文祟, 神田 隆, 高橋 幸利, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • ギランバレー症候群患者血清における抗ganglionic AChR抗体の測定, 松尾秀徳, 楠 進, 濱田征宏, 中根俊成, 樋口 理, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • 抗galactocerebroside抗体陽性Guillain-Barre症候群の臨床的・電気生理学的検討, 楠 進, 寒川 真, 濱田征宏, 桑原 基, 鈴木 秀和, 高田 和男, 三井 良之, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • 抗ガングリオシド抗体IgGサブクラスおよび補体活性化能と臨床症状の検討, 海田 賢一, 楠 進, 桑原 基, 汐崎 祐, 池脇 克則, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるプロテオグリカン, 楠 進, 宮本 勝一, 田中紀子, 森口幸太, 門松健治, 北川 裕之, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • NMOに関する全国疫学調査-患者数推計結果-, 玉腰暁子, 楠 進, 宮本 勝一, 吉良潤一, 藤原一男, 栗山長門, 浦得明憲, 鈴木浩司, 筒井 祐智, 福島若葉, 廣田良夫, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議,   2013年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成24年度班会議
  • シクロスポリン併用が有効であったIgG4関連肥厚性硬膜炎の1例, 加藤 茉里, 鈴木 秀和, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 第41回日本頭痛学会,   2013年, 第41回日本頭痛学会
  • IgG4関連肥厚性硬膜炎の1例, 加藤 茉里, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会第97回近畿地方会,   2012年12月, 日本神経学会第97回近畿地方会
  • The role of chemokine receptors CCR6/CCR4 in the pathogenesis of experimental autoimmune encephalomyelitis, 宮本 勝一, Moriguchi K, Tanaka N, Yoshie O, 楠 進, Moriguchi K, International Congress of Neuroimmunology,   2012年11月, International Congress of Neuroimmunology
  • Complement-activating capacity of IgG antiganglioside antibodies in Guillain-Barre and Fisher syndromes., Kaida K, 楠 進, 桑原 基, Shiozaki Y, Ikewaki K, 11th International Congress of Neuroimmunology,   2012年11月, 11th International Congress of Neuroimmunology
  • Clinical features of CIDP with antibodies to LM1 and LM1 containing ganglioside complexes., 楠 進, 桑原 基, 鈴木 秀和, 寒川 真, 濱田 征宏, 高田 和男, 11th International Congress of Neuroimmunology,   2012年11月, 11th International Congress of Neuroimmunology
  • 全国臨床疫学調査結果に基づく肥厚性硬膜炎の我が国における主要原因と治療の実態, 米川 智, 楠 進, 松下拓也, 立石貴久, 吉良潤一, 第30回日本神経治療学会総会,   2012年11月, 第30回日本神経治療学会総会
  • 「新しい神経診療ガイドライン」ギラン・バレー症候群・フィッシャー症候群 診療ガイドライン, 楠 進, シンポジウム:第30回日本神経治療学会総会,   2012年11月, シンポジウム:第30回日本神経治療学会総会
  • 免疫性末梢神経障害の病態と治療, 楠 進, 第2回Neurologyセミナー,   2012年11月, 第2回Neurologyセミナー
  • 頭痛症状より発症した炎症性筋線維芽細胞性腫瘍による肥厚性硬膜炎の一例, 加藤 茉里, 鈴木 秀和, 桑原 基, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 第40回日本頭痛学会,   2012年11月, 第40回日本頭痛学会
  • 免疫性神経疾患と複合糖質, 楠 進, 第12回仙台MSセミナー,   2012年10月, 第12回仙台MSセミナー
  • 教育講演:感染症と免疫性神経疾患, 楠 進, 第17回日本神経感染症学会総会,   2012年10月, 第17回日本神経感染症学会総会
  • Circadian expression and spesific localization of ST8 alpha-N-acetyl-neuraminide alpha-2,8-sialyltransferase 6 mRNA in the mouse suprachiasmatic nusleus., 西郷 和真, Y. Hamada, K. Masumoto, M. Nagano, 楠 進, Y. Shigeyoshi, Neuroscience 2012,   2012年10月, Neuroscience 2012
  • 抗ガングリオシド抗体IgGサブクラスおよび補体活性化能と臨床症状の検討, 汐崎祐, 楠 進, 桑原 基, 東原真奈, 尾上祐行, 木村文彦, 海田賢一, 第24回日本神経免疫学会学術集会,   2012年09月, 第24回日本神経免疫学会学術集会
  • 免疫性神経疾患の病態と複合糖質, 楠 進, 第4回姫路ミゾリビンフォーラム,   2012年09月, 第4回姫路ミゾリビンフォーラム
  • 抗ガングリオシド抗体陽性一側外眼筋麻痺の1例, 中嶋秀樹, 楠 進, 吉村俊祐, 中田るか, 宮崎禎一郎, 枡田智子, 立石洋平, 徳田昌紘, 福田 卓, 辻野 彰, 本村政勝, 中村龍文, 吉村俊朗, 川上 純, 森川 実, 第195回日本神経学会九州地方会,   2012年09月, 第195回日本神経学会九州地方会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるケラタン硫酸プロテオグリカン, 宮本 勝一, 田中紀子, 楠 進, 森口幸太, 門松 健治, 第24回日本神経免疫学会学術集会,   2012年09月, 第24回日本神経免疫学会学術集会
  • 血液脳関門の破綻がBickerstaff型脳幹脳炎とFisher症候群の臨床病型を決定する, 齋藤和幸, 楠 進, 鈴木聖子, 清水文崇, 古賀道明, 佐野泰照, 安部真彰, 前田敏彦, 水澤英洋, 神田 隆, 第24回日本神経免疫学会学術集会,   2012年09月, 第24回日本神経免疫学会学術集会
  • Bickerstaff型脳幹脳炎の全国疫学調査:脳幹脳炎の中での位置づけと臨床像・治療の現状, 古賀道明, 楠 進, 海田賢一, 上原樹里, 中村好一, 郡山達男, 神田 隆, 第24回日本神経免疫学会学術集会,   2012年09月, 第24回日本神経免疫学会学術集会
  • 抗ガングリオシド抗体陽性ギラン・バレー症候群およびフィッシャー症候群患者の抗ガングリオシド抗体IgGサブクラスと補体活性化能, 汐崎 祐, 楠 進, 桑原 基, 東原真奈, 尾上祐行, 本郷 悠, 海田賢一, 第23回日本末梢神経学会学術集会,   2012年09月, 第23回日本末梢神経学会学術集会
  • シェーグレン症候群を合併した神経サルコイドーシスの1例, 岡崎 真央, 桑原 基, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第23回日本末梢神経学会学術集会,   2012年09月, 第23回日本末梢神経学会学術集会
  • 臨床的に咽頭頸部上腕型で発症し四肢の筋力低下へ進展し、抗GD1a/GD1b複合体抗体が陽性であったGBSの1例, 野本信篤, 楠 進, 北薗久雄, 藤岡俊樹, 第23回日本末梢神経学会学術集会,   2012年09月, 第23回日本末梢神経学会学術集会
  • シンポジウム「なぜそこが障害されるのか:末梢神経障害部位を決める分子メカニズム」-免疫学の視点から:ギラン・バレー症候群とフィッシャー症候群において抗ガングリオシド抗体の結合を規定する因子は何か, 楠 進, 第23回日本末梢神経学会学術集会,   2012年08月, 第23回日本末梢神経学会学術集会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるコンドロイチン硫酸, 宮本 勝一, 森口幸太, 田中紀子, 楠 進, 門松健治 , 宮田真路 神戸薬科大学, 北川裕之, 新学術領域班会議,   2012年07月, 新学術領域班会議
  • 脊髄障害にて発症し診断に難渋した血管内大細胞型B細胞性リンパ腫(IVL)の1例., 岡崎 真央, 桑原 基, 鈴木 秀和, 塩山実章, 三井 良之, 佐藤隆夫, 楠 進, 日本神経学会第96回近畿地方会,   2012年07月, 日本神経学会第96回近畿地方会
  • 内耳奇形により細菌性髄膜炎を繰り返した58歳男性例, 河合 滋, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 齋藤和也, 日本神経学会第96回近畿地方会,   2012年07月, 日本神経学会第96回近畿地方会
  • 難治性神経疾患の病態におけるプロテオグリカンの意義の解明と臨床応用の検討, 楠 進, 文部科学省科研費新学術領域 統合的神経機能の制御を標的とした糖鎖の作動原理解明(神経糖鎖生物学)第3回非公開領域班会議,   2012年07月, 文部科学省科研費新学術領域 統合的神経機能の制御を標的とした糖鎖の作動原理解明(神経糖鎖生物学)第3回非公開領域班会議
  • Complement-activating capacity of antiganglioside IgG antibodies in Guillain-Barre and Fisher syndromes., Kaida K, 楠 進, 桑原 基, Shiozaki Y, PNS/Inflammatory Neuropathy Consortium,   2012年06月, PNS/Inflammatory Neuropathy Consortium
  • Anti-ganglioside antibodies in inflammatory neuropathies., 楠 進, PNS/Inflammatory Neuropathy Consortium,   2012年06月, PNS/Inflammatory Neuropathy Consortium
  • Binding of the anti-GM1/GD1a complex antibodies in GBS sera to the newly synthesized hybrid dimer of GM1-GD1a., 楠 進, 桑原 基, Kaida K, Mauri L, Casellato R, Ciampa MG, Sonnino S, PNS/Inflammatory Neuropathy Consortium,   2012年06月, PNS/Inflammatory Neuropathy Consortium
  • 免疫性神経疾患と複合糖質, 楠 進, 名古屋大学医学部グローバルCOE第32回プログレスレポート会議,   2012年06月, 名古屋大学医学部グローバルCOE第32回プログレスレポート会議
  • 免疫性ニューロパチーの診断と治療, 楠 進, 第46回日本内科学会近畿支部生涯教育講演会,   2012年06月, 第46回日本内科学会近畿支部生涯教育講演会
  • 免疫性神経疾患の病態と糖鎖について, 楠 進, 第13回東京神経免疫研究会,   2012年06月, 第13回東京神経免疫研究会
  • 抗ガングリオシド抗体IgGサブクラスおよび補体活性化能と臨床症状の検討, 古賀道明, 楠 進, 海田賢一, 上原樹里, 中村好一, 郡山達男, 神田 隆, 第53回日本神経学会学術大会O(3)-2-4,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会O(3)-2-4
  • シンポジウム 免疫性末梢神経障害Update  オーバーヴュー, 楠 進, 第53回日本神経学会学術大会S(1)-2-1,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会S(1)-2-1
  • パーキンソン病における酸化型DJ-1測定とMIBG心筋シンチグラフィーの関連について, 西郷 和真, 池上郁子, 細井幸子, 髙田 和男, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 斎藤芳郎, 野口範子, 第53回日本神経学会学術大会P(1)-102,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会P(1)-102
  • 非ヘルペス性辺縁系脳炎の頭部MRIにおける初期硬膜病変, 鈴木 秀和, 加藤茉里, 上野周一, 寒川 真, 市橋珠里, 三井 良之, 楠 進, 田中惠子, 第53回日本神経学会学術大会P(2)-275,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会P(2)-275
  • ELISA法と蛍光抗体法の結果が異なる抗AQP4抗体測定症例, 宮本 勝一, 鈴木 秀和, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 高橋利幸, 藤原一男, 第53回日本神経学会学術大会P(1)-241,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会P(1)-241
  • 脱髄性多発末梢神経障害を伴う筋委縮性側索硬化症の臨床学的検討と予後, 澤 信宏, 楠 進, 形岡博史, 正畠良悟, 江浦信之, 川原 誠, 杉江和馬, 堀川博誠, 上野 聡, 第53回日本神経学会学術大会P(3)-264,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会P(3)-264
  • 動眼神経炎症候群の提唱:自己抗体、MRI画像、ステロイド反応性の検討, 中嶋秀樹, 楠 進, 本村政勝, 森川 実, 福田 卓, 吉村俊祐, 宮崎禎一郎, 枡田智子, 辻野 彰, 中村龍文, 吉村俊朗, 川上 純, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • 脳・脊髄肥厚性硬膜炎全国調査報告, 楠 進, 米川 智, 松下拓也, 立石貴久, 藤井清孝, 吉田眞理, 坂本清美, 吉良潤一, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • ビッカースタッフ型脳幹脳炎における感染症の関与:ギラン・バレー症候群との差異, 楠 進, 上田昌美, 佐野宏徳, 古賀道明, 神田 隆, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • Bickerstaff脳幹脳炎とFisher症候群の患者血清が血液脳関門と血液神経関門に及ぼす影響の解析, 齋藤和幸, 楠 進, 鈴木聖子, 清水文崇, 古賀道明, 佐野泰照, 春木明代, 前田敏彦, 安部真彰, 田崎彩子, 水澤英洋, 神田 隆, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • マイコプラズマ感染に伴う免疫性神経疾患と抗糖脂質抗体の検討, 桑原 基, 鈴木聖子, 髙田 和男, 楠 進, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群における抗ガングリオシド抗体lgGサブクラスと補体活性化能に関する検討, 汐崎 祐, 楠 進, 尾上祐行, 本郷 悠, 東原真奈, 三井隆男, 野村恭一, 椎尾 康, 鎌倉惠子, 木村文彦, 海田賢一, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態形成におけるケモカインCCR6・CCR4の役割, 森口幸太, 楠 進, 宮本 勝一, 田中紀子, 義江 修, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年05月, 第53回日本神経学会学術大会
  • Anti-GM1/GD1a complex antibodies in sera from patients with Guillain-Barre syndrome specifically recognize the hybrid dimer of GM1-GD1a., 楠 進, Ken-ichi Kaida, Laura Mauri, Riccardo Casellato, Maria Ciampa, Sandro Sonnino, The 64th Annual Meeting of the American Academy of Neurology,   2012年04月, The 64th Annual Meeting of the American Academy of Neurology
  • 免疫性ニューロパチーの診断と治療, 楠 進, 第1回近畿免疫性神経疾患研究会,   2012年04月, 第1回近畿免疫性神経疾患研究会
  • 脳梗塞と考えられ初期治療された抗NMDAR脳炎の一例., 加藤 茉里, 寒川 真, 三井 良之, 楠 進, 鈴木 秀和, 田中惠子, 第37回日本脳卒中学会総会,   2012年04月, 第37回日本脳卒中学会総会
  • 中心静脈カテーテル抜去後直後に脳内空気塞栓症を発症した1例, 市橋 珠里, 北田茉里, 鈴木 秀和, 市橋秀夫, 楠 進, 第37回日本脳卒中学会総会,   2012年04月, 第37回日本脳卒中学会総会
  • PRES様の画像変化を繰り返したintracranial vasculopathy の1例, 鈴木 秀和, 河合 滋, 桑原 基, 北田茉里, 吉岡宏真, 内山卓也, 三井 良之, 楠 進, 市橋朱里, 第37回 日本脳卒中学会総会,   2012年04月, 第37回 日本脳卒中学会総会
  • 教育セミナー:ギラン・バレー症候群の重症例・難治例の指標について, 楠 進, 第12回神経・筋の免疫疾患を考える会,   2012年02月, 第12回神経・筋の免疫疾患を考える会
  • 教育セミナー「嚥下障害診療におけるトピックス」:Fisher症候群による嚥下障害, 楠 進, 第35回日本嚥下医学会学術講演会,   2012年02月, 第35回日本嚥下医学会学術講演会
  • 免疫性神経疾患と複合糖質, 楠 進, 第12回兵庫神経免疫研究会,   2012年02月, 第12回兵庫神経免疫研究会
  • Fisher症候群による嚥下障害, 楠 進, 第35回嚥下医学会総会,   2012年02月, 第35回嚥下医学会総会
  • Bickerstaff型脳幹脳炎とMiller Fisher症候群の患者血清が血液脳関門と血液神経関門に及ぼす影響の解析, 齊藤和幸, 楠 進, 鈴木聖子, 神田 隆, 清水文崇, 古賀道明, 佐野泰照, 春木明代, 前田敏彦, 安部真彰, 田崎彩子, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議,   2012年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議
  • CIDPとMMNに対する献血グロベニンの調査-反復投与症例における臨床効果, 宮城 愛, 楠 進, 梶 龍児, 松井尚子, 島谷佳光, 和泉唯信, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議,   2012年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議
  • Bickerstaff型脳幹脳炎の全国疫学調査:脳幹脳炎の中での位置づけと臨床像・治療の現状の解析, 古賀道明, 楠 進, 神田 隆, 海田賢一, 上原里程, 中村好一, 郡山達男, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議,   2012年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議
  • Guillain-Barre症候群, Fisher症候群における抗ガングリオシド抗体IgGサブクラスと補体活性化能に関する検討, 汐崎 祐, 楠 進, 桑原 基, 海田賢一, 木村文彦, 鎌倉惠子, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議,   2012年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議
  • 動眼神経炎症候群の提唱:MRI画像, ステロイド反応性, 及び自己抗体の検討, 中島秀樹, 楠 進, 本村政勝, 森川 実, 福田 卓, 吉村俊祐, 宮崎禎一郎, 枡田智子, 中田るか, 辻野 彰, 吉村俊朗, 川上 純, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議,   2012年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議
  • 我が国の小児NMO/NMO spectrum disordersについて, 山口 結, 楠 進, 原 寿郎, 鳥巣浩幸, 吉良龍太郎, 酒井康成, 實藤雅文, 石崎義人, 吉良潤一, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議,   2012年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成23年度班会議
  • GM1-GD1a hybrid dimer に対する抗GM1/GD1a 複合体抗体の反応性の検討., 桑原 基, 楠 進, Laura Mauri, 海田賢一, Sandro Sonnino, 厚生労働科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成23年度班会議,   2012年01月, 厚生労働科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成23年度班会議
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるケラタン硫酸プロテオグリカンの役割., 宮本 勝一, 田中紀子, 楠 進, 森口幸太, 門松健治, 厚生労働科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成23年度班会議,   2012年01月, 厚生労働科学研究費補助金『免疫性神経疾患に関する調査研究』班 平成23年度班会議
  • 抗ガングリオシド抗体;明らかになったことと残された課題, 楠 進, 第20回神経免疫懇話会,   2012年, 第20回神経免疫懇話会
  • Bickerstaff型脳幹脳炎の全国疫学調査:脳幹脳炎の中での位置づけと臨床像・治療の現状, 古賀道明, 楠 進, 海田賢一, 上原里程, 中村好一, 郡山達男, 神田 隆, 第53回日本神経学会学術大会,   2012年, 第53回日本神経学会学術大会
  • ガングリオシドおよびその複合体に対する抗体と神経疾患, 楠 進, 第5回大阪神経最先端治療フォーラム,   2011年12月, 第5回大阪神経最先端治療フォーラム
  • Guillain-Barre症候群, Fisher症候群とガングリオシド複合体抗体., 楠 進, 第5回大阪神経最先端治療フォーラム,   2011年12月, 第5回大阪神経最先端治療フォーラム
  • 慢性免疫性ニューロパチーの診断と治療., 楠 進, 第6回下野神経疾患研究会,   2011年12月, 第6回下野神経疾患研究会
  • 末梢神経障害をともなったNMO spectrum disorder (NMOSD)の1例, 北田 茉里, 市橋 珠里, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会 第95回近畿地方会,   2011年12月, 日本神経学会 第95回近畿地方会
  • Ciclosporineにより良好な経過がえられた抗NMDAR脳炎の2例., 加藤 茉里, 鈴木 秀和, 寒川 真, 三井 良之, 楠 進, 田中惠子, 第29回日本神経治療学会総会,   2011年11月, 第29回日本神経治療学会総会
  • 教育講演-マイコプラズマ肺炎後のADEMとGBS., 楠 進, 第16回日本神経感染症学会学術集会,   2011年11月, 第16回日本神経感染症学会学術集会
  • 免疫性神経疾患の病態と先行感染について., 楠 進, ランチョンセミナー・第16回日本神経感染症学会学術集会,   2011年11月, ランチョンセミナー・第16回日本神経感染症学会学術集会
  • 頭部MRIで硬膜病変が小脳、帯状回病変に先行した抗NMDAR脳炎の1例, 鈴木 秀和, 上野 周一, 北田 茉里, 三井 良之, 楠 進, 田中 惠子,   2011年11月
  • 免疫性末梢神経障害の病態と治療., 楠 進, 鹿児島神経免疫セミナー,   2011年10月, 鹿児島神経免疫セミナー
  • 認知症ってどうなるの?, 楠 進, 近畿大学公開講座2011,   2011年10月, 近畿大学公開講座2011
  • パーキンソン病における新たなバイオマーカーとしての酸化型DJ-1測定の可能性, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 斎藤 芳郎, 野口 範子, 第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,   2011年10月, 第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス
  • The relationship between conduction block and clinical characteristics in Guillain-Barre syndrome with anti-GM1/GalNAc-GD1a antibodies., 小川 剛, 楠 進, 桑原 基, 海田賢一, 木村文彦, 鎌倉恵子, 136th Annual Meeting of the American Neurological Association,   2011年09月, 136th Annual Meeting of the American Neurological Association
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカン., 宮本 勝一, 田中紀子, 楠 進, 門松健治, 北川裕之, 第23回日本神経免疫学会学術集会,   2011年09月, 第23回日本神経免疫学会学術集会
  • ビッカースタッフ型脳幹脳炎における感染症の関与:ギラン・バレー症候群との差異., 古賀道明, 楠 進, 上田昌美, 神田隆, 第23回日本神経免疫学会学術集会,   2011年09月, 第23回日本神経免疫学会学術集会
  • Fisher症候群とBickerstaff脳幹脳炎の患者血清が血液脳関門と血液神経関門に及ぼす影響の解析., 斎藤和幸, 楠 進, 鈴木聖子, 清水文崇, 古賀道明, 佐野泰照, 水澤英洋, 神田隆, 第23回日本神経免疫学会学術集会,   2011年09月, 第23回日本神経免疫学会学術集会
  • 運動神経伝導ブロックの有無と抗GM1/GalNAc-GD1a抗体陽性GBSの臨床像の関係., 小川剛, 楠 進, 桑原 基, 海田賢一, 木村文彦, 鎌倉恵子, 第23回日本神経免疫学会学術集会,   2011年09月, 第23回日本神経免疫学会学術集会
  • MFS, BBE, GBSにおける抗GQ1b抗体の反応特異性と臨床徴候との関連., 楠 進, 鈴木聖子, 桑原 基, 上田昌美, 髙田 和男, MFS, BBE, GBSにおける抗GQ1b抗体の反応特異性と臨床徴候との関連.,   2011年09月, MFS, BBE, GBSにおける抗GQ1b抗体の反応特異性と臨床徴候との関連.
  • シンポジウム「機能性糖鎖:基礎から疾患まで」(2S12p-2) 免疫性末梢神経障害と糖鎖に対する抗体., 楠 進, 第84回日本生化学会大会,   2011年09月, 第84回日本生化学会大会
  • 神経免疫疾患と複合糖質., 楠 進, 多発性硬化症免疫吸着療法研究会,   2011年09月, 多発性硬化症免疫吸着療法研究会
  • Clinical features associated with fine specificity of IgG anti-GQ1b antibodies., 楠 進, 鈴木 秀和, 上田 昌美, 桑原 基, 136th Annual Meeting of the American Neurological Association,   2011年09月, 136th Annual Meeting of the American Neurological Association
  • 口咽頭筋麻痺を主徴としたGuillain-Barre 症候群の3例, 岡崎 真央, 桑原 基, 濱田 征宏, 鈴木 聖子, 塩山 実章, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第22回 日本末梢神経学会学術集会,   2011年09月, 第22回 日本末梢神経学会学術集会
  • 著しく多種類の抗ガングリオシド抗体が陽性であった重症ギラン・バレー症候群(GBS)の1例., 森山宏遠, 楠 進, 野妻智嗣, 諏訪園秀吾, 末原雅人, 第194回日本神経学会九州地方会,   2011年06月, 第194回日本神経学会九州地方会
  • 神経幹中間部に伝導ブロックを呈したが, 軸索障害型ギラン・バレー症候群(GBS)と考えた1例., 伊藤達哉, 楠 進, 深井雄太, 逸見祥司, 黒川勝己, 砂田芳秀, 第89回日本神経学会中国・四国地方会,   2011年06月, 第89回日本神経学会中国・四国地方会
  • 回復期に著明な側頭葉萎縮を来したNMDA受容体抗体関連脳炎の1例., 楠 進, 阪本 光, 平野 牧人, 寒川 真, 北田 茉里, 上野 周一, 中村 雄作, 田中惠子, 回復期に著明な側頭葉萎縮を来したNMDA受容体抗体関連脳炎の1例。,   2011年06月, 回復期に著明な側頭葉萎縮を来したNMDA受容体抗体関連脳炎の1例。
  • Clinical relevance of the fine specificity of IgG anti^GQ1b antibodies., 楠 進, 鈴木 秀和, 上田 昌美, 桑原 基, 2011 Meeting of the Peripheral Nerve Society,   2011年06月, 2011 Meeting of the Peripheral Nerve Society
  • SLEを伴う抗Ma-2抗体陽性傍腫瘍性辺縁系脳炎の一例, 岡崎 真央, 桑原 基, 鈴木 秀和, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 内堀 歩, 千葉 厚郎, 日本神経学会 第94回近畿地方会,   2011年06月, 日本神経学会 第94回近畿地方会
  • 免疫性ニューロパチーにおけるLM1に対する抗体の検討について, 桑原 基, 鈴木聖子, 楠 進, 第52回日本神経学会学術大会,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会
  • 多系統萎縮症と抗利尿ホルモン不適合分泌症候群の関連., 楠 進, 阪本 光, 平野 牧人, 寒川 真, 北田茉里, 中村 雄作, 多系統萎縮症と抗利尿ホルモン不適合分泌症候群の関連.,   2011年05月, 多系統萎縮症と抗利尿ホルモン不適合分泌症候群の関連.
  • 抗GM1/GalNAc-GD1a抗体陽性GBSにおける神経幹中間部伝導ブロックと臨床像の相関., 小川剛, 楠 進, 桑原 基, 海田賢一, 木村文彦, 鎌倉恵子, 第52回日本神経学会学術大会P3-411,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会P3-411
  • 感覚障害や神経痛を伴わない一側上肢に限局した神経原性筋萎縮症:臨床像およびIVIg療法の有効性に関する検討., 福島和広, 楠 進, 鈴木聖子, 桑原 基, 日根野晃代, 内藤康介, 森田 洋, 池田修一, 第52回日本神経学会学術大会P3-403,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会P3-403
  • 抗糖脂質抗体陽性で慢性経過をたどった症例の検討., 寺田由紀, 楠 進, 桑原 基, 奥宮太郎, 樽野陽亮, 小芝 泰, 糸数隆秀, 神吉理枝, 新出明代, 景山 卓, 末長敏彦, 第52回日本神経学会学術大会P3-399,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会P3-399
  • CMV感染後のギラン・バレー症候群では早期のIVIgとmPSLパルス併用療法が有効である, 今野卓哉, 楠 進, 須貝章弘, 梅田麻衣子, 小宅睦郎, 藤田信也, 第52回日本神経学会学術大会P2-422,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会P2-422
  • 百日咳を先行感染とするギランバレー症候群・フィッシャー症候群., 竹内 優, 楠 進, 山口宜秀, 馬場広子, 湯浅龍彦, 第52回日本神経学会学術大会P1-415,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会P1-415
  • 発症年毎のギランバレー症候群・フィッシャー症候群の比較., 酒井和香, 楠 進, 古川貴大, 松岡孝至, 宮城 愛, 島谷佳光, 寺澤由佳, 佐藤健大, 藤田浩司, 松井尚子, 和泉唯信, 梶 龍児, 葛目大輔, 山崎正博, 第52回日本神経学会学術大会P1-413,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会P1-413
  • 抗GQ1b抗体の反応特異性と臨床徴候の関連., 楠 進, 鈴木聖子, 桑原 基, 第52回日本神経学会学術大会O1-309,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会O1-309
  • 軸索型GBS患者血清中の抗GM1抗体のRaftsへの作用解明., 植田晃広, 楠 進, 上田昌美, 伊藤信二, 石川等真, 引地智加, 武藤多津郎, 第52回日本神経学会学術大会O1-308,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会O1-308
  • ホットトピックス:自己抗体からみたニューロパチー., 楠 進, 第52回日本神経学会学術大会,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会
  • 抗NMDA受容体脳炎連続6症例の検討ー臨床的多様性と治療戦略ー, 鈴木 秀和, 北田 茉里, 寒川 真, 上野 周一, 市橋 珠里, 三井 良之, 楠 進, 田中 惠子, 第52回日本神経学会学術大会,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会
  • 三軸加速度計によるパーキンソン病における振戦の検討, 西郷 和真, 池上 郁子, 塩山 実章, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第52回日本神経学会学術大会,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会
  • コンドロイチン硫酸糖鎖合成酵素遺伝子の一塩基変異のみられたニューロパチーの検討, 西郷 和真, 楠 進, 泉川 友美, 小池 敏靖, 清水 潤, 北川 裕之, 第52回日本神経学会学術大会,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの役割, 宮本 勝一, 田中 紀子, 楠 進, 門松 健治, 第52回日本神経学会学術大会,   2011年05月, 第52回日本神経学会学術大会
  • Antibodies to glycoconjugates in autoimmune neuropathies., 楠 進, 42nd Annual Meeting of the American Society for Neurochemistry,   2011年03月, 42nd Annual Meeting of the American Society for Neurochemistry
  • 免疫性ニューロパチーの病態と治療., 楠 進, 第33回滋賀神経疾患研究会,   2011年02月, 第33回滋賀神経疾患研究会
  • 腫瘍非合併抗NMDA receptor 脳炎の3例, 鈴木 秀和, 北田 茉里, 寒川 真, 市橋 珠里, 三井 良之, 楠 進, 田中 恵子, 第11回神経・筋の免疫疾患を考える会,   2011年02月, 第11回神経・筋の免疫疾患を考える会
  • GQ1b抗体の反応特異性と臨床徴候の関連についての検討., 楠 進, 鈴木聖子, 桑原 基, 上田 昌美, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成22年度班会議,   2011年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成22年度班会議
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の診断と治療., 楠 進, 第10回徳島神経難病セミナー,   2011年01月, 第10回徳島神経難病セミナー
  • 肝移植術後に両側顔面神経麻痺を来したGuillain-Barre症候群(GBS)の1例., 吉村俊祐, 楠 進, 吉村俊朗, 枡田智子, 中田るか, 中嶋秀樹, 徳田昌紘, 福田 卓, 辻野 彰, 本村政勝, 中村龍文, 川上 純, 高槻光寿, 第194回日本神経学会九州地方会,   2011年, 第194回日本神経学会九州地方会
  • Cytomegalovirus感染後に両側顔面神経麻痺を主症状として発症したIgM抗GM2抗体陽性Guillain-Barre症候群の一例., 緒方英紀, 楠 進, 田口敬子, 志田憲彦, 山下順章, 第89回日本神経学会中国・四国地方会,   2011年, 第89回日本神経学会中国・四国地方会
  • 抗GM1/GalNAc-GD1a抗体陽性GBSにおける神経幹中間部伝導ブロックと臨床像の相関., 楠 進, 桑原 基, 小川 剛, 海田賢一, 木村文彦, 鎌倉恵子, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成22年度班会議,   2011年, 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成22年度班会議
  • Clinical and immunological features of anti-GM1/GalNAc-GD1a-positive Guillain-Barre syndrome., 海田賢一, 楠 進, 市橋珠里, 小川 剛, 木村文彦, 鎌倉恵子, 2011 Meeting of the Peripheral Nerve Society,   2011年, 2011 Meeting of the Peripheral Nerve Society
  • 高齢発症の視神経背髄炎, 宮本 勝一, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 第21回日本老年医学会近畿地方会,   2010年11月, 第21回日本老年医学会近畿地方会
  • Intermittent plasmapheresis prevents recurrence in neuromyelitis optica., 宮本 勝一, 楠 進, Tenth International Congress of Neuroimmunology,   2010年10月, Tenth International Congress of Neuroimmunology
  • Anti-phosphacan antibody in CIDP., 楠 進, 青松 宏美, Jyoji Morise, Shogo Oka, Tenth Internartional Congress of Neuroimmunology.,   2010年10月, Tenth Internartional Congress of Neuroimmunology.
  • 積極的なドレナージにより良好な経過が得られた肺炎球菌性髄膜炎の1例, 鈴木 秀和, 上野周一, 北田茉里, 中西欣弥, 三井 良之, 楠 進, 第15回日本神経感染症学会総会,   2010年10月, 第15回日本神経感染症学会総会
  • 坐骨神経痛にて発症し、進行性の神経根性神経障害を来たした末梢性T細胞性リンパ腫の1例, 楠 進, 濱田 征宏, 塩山 実章, 鈴木 秀和, 宮本 勝一, 三井 良之, 第21回 日本末梢神経学会学術集会,   2010年09月, 第21回 日本末梢神経学会学術集会
  • HLA B54,Cw1陽性であったが神経Behcet病が疑われた1例, 北田 茉里, 鈴木 秀和, 桑原 基, 三井 良之, 楠 進, 第192回日本内科学会:近畿地方会,   2010年09月, 第192回日本内科学会:近畿地方会
  • 「糖尿病性神経障害と免疫・炎症」免疫介在性神経障害, 楠 進, 第16回糖尿病性神経障害を考える会,   2010年08月, 第16回糖尿病性神経障害を考える会
  • Functions of complex gangliosides in the development of experimental autoimmune encephalomyelitis., 宮本 勝一, 楠 進, Koichi Furukawa, Neuroimmunology Kyoto Conference 2010.,   2010年08月, Neuroimmunology Kyoto Conference 2010.
  • 自己免疫性ニューロパチーにおけるLM1に対する抗体について, 楠 進, 桑原 基, 第13回Osaka Neurology Forum,   2010年08月, 第13回Osaka Neurology Forum
  • 免疫介在性神経障害, 楠 進, 第16回糖尿病性神経障害を考える会,   2010年08月, 第16回糖尿病性神経障害を考える会
  • Anti-ganglioside complexes antibodies in Guillain-Barre syndrome, 楠 進, Neuroimmunology Kyoto Conference 2010,   2010年08月, Neuroimmunology Kyoto Conference 2010
  • 「神経治療学のブレークスル:ガイドライン、最近の情報」:免疫性ニューロパチーのガイドラインをめぐって, 楠 進, 第28回日本神経治療学会総会,   2010年07月, 第28回日本神経治療学会総会
  • 免疫性ニューロパチーの診療における抗ガングリオシド抗体の有用性, 楠 進, 第28回日本神経治療学会総会イブニングセミナー,   2010年07月, 第28回日本神経治療学会総会イブニングセミナー
  • 実験的自己免疫性脳背髄炎の発症における複合型ガングリオシドの役割, 宮本 勝一, 楠 進, 古川 鋼一, 第5回STC研究会,   2010年07月, 第5回STC研究会
  • IVIgが奏効した抗ガングリオシド抗体陽性の神経痛性筋萎縮症, 宮本 勝一, 鈴木 聖子, 上田 昌美, 楠 進, 第28回日本神経治療学会総会,   2010年07月, 第28回日本神経治療学会総会
  • 集中的な脳外科的加療により診断、救命し得たcerebral amyloid angiopathy(CAA)を伴うprimary angitis of the central nervous system(PACNS)の一例, 楠 進, 濱田 征宏, 稲次 洋平, 塩山 実章, 三井 良之, 布川 知史, 岩倉 倫裕, 加藤 天美, 日本神経学会 第92回近畿地方会,   2010年07月, 日本神経学会 第92回近畿地方会
  • 中枢神経病変と脱髄性末梢神経障害を伴ったサルコイドーシスの一例, 楠 進, 北田 茉里, 鈴木 秀和, 髙田 和男, 三井 良之, 日本神経学会 第92回近畿地方会,   2010年07月, 日本神経学会 第92回近畿地方会
  • 末梢神経原発の悪性リンパ腫の一例, 楠 進, 池上 郁子, 塩山 実章, 西郷 和真, 宮本 勝一, 三井 良之, 第68回近畿大学医学会 学術講演会,   2010年07月, 第68回近畿大学医学会 学術講演会
  • 免疫性末梢神経障害の病態と臨床, 楠 進, 第5回埼玉神経免疫研究会,   2010年06月, 第5回埼玉神経免疫研究会
  • 免疫性神経疾患と複合糖質, 楠 進, Clinical Neuroscience in Osaka,   2010年06月, Clinical Neuroscience in Osaka
  • 免疫性末梢神経障害の病態と糖鎖の役割, 楠 進, 第20回徳島神経難病治療薬研究会,   2010年06月, 第20回徳島神経難病治療薬研究会
  • IFNβは視神経脊髄炎の液性因子を賦活化する, 宮本 勝一, 三井良之, 楠 進, 中島一郎, 高橋利幸, 鈴木千尋, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • 運動ニューロン疾患と多巣性運動ニューロパチーとの抗糖脂質抗体における検討, 西郷 和真, 桑原 基, 塩山 実章, 宮本 勝一, 青松宏美, 髙田 和男, 三井良之, 楠 進, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • C.jejuni感染後ギラン・バレー症候群における抗C-Dps抗体およびC-Dpsの検出, 河村信利, 楠 進, 朴 華, 三野原元澄, 水之江義充, 吉良潤一, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • CIDPにおけるphosphacanに対する血中抗体の検討, 楠 進, 青松宏美, 森瀬譲二, 岡 昌吾, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • 多巣性運動ニューロパチー(MMN)における抗糖脂質複合抗体についての検討, 楠 進, 桑原 基, 鈴木聖子, 青松宏美, 松井尚子, 梶 龍兒, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • 人口呼吸器GBSにおける抗GQ1b抗体の反応特異性の検討, 楠 進, 鈴木聖子, 桑原 基, 青松宏美, 上田昌美, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • ギラン・バレー症候群自験例の臨床的検討ー抗ガングリオシド抗体陽性・陰生群の比較, 針谷康夫, 楠 進, 青松宏美, 水島和幸,   2010年05月
  • Bickerstaff型脳幹脳炎4例における抗グルタミン酸受容体抗体の検討, 樋口雄二郎, 楠 進, 西平 靖, 遠藤一博, 諏訪園秀吾, 高橋幸利, 末原雅人, 第51回日本神経学会総会,   2010年05月, 第51回日本神経学会総会
  • Gangliosides and ganglioside complexes as targets for Guillain-Barre syndrome, 楠 進, 4th Internatinal Society for Neurochemistry Special Neurochemistry Conference,   2010年05月, 4th Internatinal Society for Neurochemistry Special Neurochemistry Conference
  • 当院で経験した遺伝子異常を認めた若年性パーキンソン病の2症例, 西郷 和真, 稲次 洋平, 三井 良之, 楠 進, 渥美 正彦, 第10回和歌山・南大阪 神経内科臨床検討会,   2010年04月, 第10回和歌山・南大阪 神経内科臨床検討会
  • Anti-Ganglioside Antibodies and Guillain-Barre Syndrome, 楠 進, The 9th Annual Asian and Oceanian Myology Center Scientific Meeting,   2010年03月, The 9th Annual Asian and Oceanian Myology Center Scientific Meeting
  • 多巣性運動性ニューロパチー(MMN)の糖脂質および糖脂質複合体抗体について, 楠 進, 桑原 基, 免疫性神経疾患に関する調査研究班,   2010年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班
  • 抗GM1/GalNAc-GD1a複合体抗体陽性例の解析, 楠 進, 小川 剛, 免疫性神経疾患に関する調査研究班,   2010年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班
  • IFNβはNMOの液性因子を賦活化する, 楠 進, 宮本 勝一, 免疫性神経疾患に関する調査研究班,   2010年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班
  • 慢性ニューロパチーにおける硫酸化糖鎖抗原に対する血中抗体の検討, 楠 進, 青松 宏美, 森瀬 譲二, 岡 昌吾, 「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療班の開発」班 班会議,   2009年12月, 「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療班の開発」班 班会議
  • 比較的良好な経過を示した抗GluR抗体関連脳炎, 北田 茉里, 塩山 実章, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 高橋 幸利, 日本神経学会 第91回近畿地方会,   2009年12月, 日本神経学会 第91回近畿地方会
  • 抗アクアポリン4抗体陽性であった、強皮症(SSc)、抗リン脂質抗体症侯群(APS)合併、多発性中枢神経病変の60歳女性例, 豊増 麻美, 鈴木 秀和, 桑原 基, 三井 良之, 楠 進, 宮本 勝一, 日本神経学会 第91回近畿地方会,   2009年12月, 日本神経学会 第91回近畿地方会
  • Guillain-Barre 症候群と自律神経障害, 楠 進, 第62回日本自律神経学会総会/教育講演6,   2009年11月, 第62回日本自律神経学会総会/教育講演6
  • 視野狭窄型片頭痛の後に辺縁系脳炎様症状で発症したCADASILの1例, 塩山 実章, 西郷 和真, 鈴木 聖子, 青松 宏美, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 奥田 武司, 日本頭痛学会総会,   2009年11月, 日本頭痛学会総会
  • ギラン・バレー症侯群における自律神経障害の検討, 西郷 和真, 葛本 佳正, 金田 明子, 青松 宏美, 楠 進, 上田 昌美, 第62回日本自律神経学会総会,   2009年11月, 第62回日本自律神経学会総会
  • Chondroitin beta-1,4-N-Acetylgalactosaminyltransferase (ChGn-1) Missense Mutations Are Associated with Neuropathies., 西郷 和真, 楠 進, Tomomi Izumikawa, Toshiyasu Koike, Jun Shimizu, Hiroshi Kitagawa, 134th Annual Meeting,   2009年10月, 134th Annual Meeting
  • Gulllain-Barr[eacute ]Syndrome with IgG Anti-GD1a/GD1b Complex Antibodies., 楠 進, 金田明子, K.Kaida., the 134th Annual Meeting of the American Neurological Association .,   2009年10月, the 134th Annual Meeting of the American Neurological Association .
  • IgG抗GA1/GQ1b複合体抗体陽性Fisher症候群の2例, 楠 進, 桑原 基, 第14回日本神経感染症学会総会,   2009年10月, 第14回日本神経感染症学会総会
  • Cllinical feathres of Guillain-Barre syndrome with anti-GD1a/GD1b IgG antibodies., 楠 進, 金田明子, K. Kaida., perioheral Nerve Society,   2009年07月, perioheral Nerve Society
  • 難治性てんかんを認めた若年男性の抗GluR抗体陽性辺縁系脳炎の1例, 楠 進, 桑原基, 阪本光, 山田郁子, 中村雄作, 高橋幸利, 日本神経学会第90回近畿地方会,   2009年06月, 日本神経学会第90回近畿地方会
  • 末梢神経原発の悪性リンパ腫の1例, 楠 進, 池上 郁子, 塩山 実章, 三井 良之, 宮武 淳一, 嶋田 高広, 金丸 昭久, 日本神経学会 第90回近畿地方会,   2009年06月, 日本神経学会 第90回近畿地方会
  • 認知症・パーキンソニズムで発症した再発性多発軟骨円の1例, 楠 進, 稲次 洋平, 塩山 実章, 上田 昌美, 宮本 勝一, 日本神経学会 第90回近畿地方会,   2009年06月, 日本神経学会 第90回近畿地方会
  • Heart appearance を呈した両側延髄内側梗塞3例の臨床的検討, 楠 進, 濱田 征宏, 上田 昌美, 市橋 珠里, 稲次 洋平, 豊増 麻美, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • GQ1b抗体、GT1a抗体陽性症例における抗体反応特異性と臨床像の検討, 楠 進, 上田 昌美, 青松 宏美, 金田 明子, 三井 良之, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • 球症状の急速な進行を認めたAOP(Acute oropharyngeal Palsy), 楠 進, 桑原 基, 塩山 実章, 三井 良之, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • CIDPにおける血中抗スルファチド抗体活性の検討, 楠 進, 青松 宏美, 上田 昌美, 金田 明子, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • Guillain-Barre症候群における、抗GD1a/GD1b抗体陽性症例の臨床的特徴, 楠 進, 金田明子, 上田 昌美, 青松 宏美, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • MS/NMOにおける血清中神経髄鞘成分に対する抗体, 市橋 珠里, 宮本 勝一, 楠 進, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • 実験的自己免疫性脳髄膜炎におけるケモカインCCL20-CCR系の役割, 宮本 勝一, 呉城 珠里, 楠 進, 白川 愛子, 義江 修, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • 免疫介在性ニューロパチー, 楠 進, 第50回日本神経学会総会,   2009年05月, 第50回日本神経学会総会
  • IgG抗GalNac-GD1a抗体陽性の急性多発単神経炎型軸索型運動ニューロパチーの一例, 後藤公文, 楠 進, 福留隆泰, 近藤誉之, 松尾秀徳, 第21回日本神経免疫学会学術集会,   2009年03月, 第21回日本神経免疫学会学術集会
  • CIDPにおける血中抗スルファチド抗体活性の解析, 青松 宏美, 上田 昌美, 金田 明子, 楠 進, 第21回日本神経免疫学会学術集会,   2009年03月, 第21回日本神経免疫学会学術集会
  • Guillain-Barre症候群における、抗GD1a/GD1b抗体陽性症例の重症度と臨床経過の検討, 金田 明子, 上田 昌美, 青松 宏美, 楠 進, 第21回日本神経免疫学会学術集会,   2009年03月, 第21回日本神経免疫学会学術集会
  • 小児急性散在性脳脊髄炎、多発性硬化症の全国疫学調査(第1報) 疾患定義と一次調査, 吉良龍太郎, 楠 進, 山口結, 鳥巣浩幸, 實藤雅文, 石崎義人, 原寿郎, 吉良潤一, 第21回日本神経免疫学会学術集会,   2009年03月, 第21回日本神経免疫学会学術集会
  • 糖鎖の関連するニューロパチーの分子病態の解析, 楠 進, こころの健康科学(神経分野)研究成果発表会,   2009年02月, こころの健康科学(神経分野)研究成果発表会
  • 多発性硬化症の病態と治療, 楠 進, 第73回大阪小児神経学懇話会,   2009年02月, 第73回大阪小児神経学懇話会
  • 免疫性ニューロパチーにおけるガングリオシドおよびその複合体に対する抗体, 楠 進, 神経科学セミナー(先端研究セミナー),   2009年02月, 神経科学セミナー(先端研究セミナー)
  • サイトメガロウイルス感染後多彩なIgM抗ganglioside抗体上昇を認めた高齢発症Guillain-Barre症候群の一例, 降矢芳子, 楠 進, 上田 昌美, 平野牧人, 杉江和馬, 西脇友永, 上野聡, 第21回日本神経免疫学会学術集会,   2009年, 第21回日本神経免疫学会学術集会
  • 急速な症状の進行を認めたAOP(Acute Oropharyngeal Palsy)の一例, 楠 進, 岡崎真央, 桑原基, 塩山 実章, 日本神経学会 第89回近畿地方会,   2008年12月, 日本神経学会 第89回近畿地方会
  • パーキンソン病の診断と治療について, 楠 進, 医師会生涯教育研修会,   2008年12月, 医師会生涯教育研修会
  • IgM gammopathyを伴い、抗IgM GD1b抗体、抗IgM GM1抗体が陽性であった自己免疫性ニューロパチーの1例, 濱哲夫, 楠 進, 川頭祐一, 小池春樹, 渡辺宏久, 平山正昭, 祖父江元, 第19回日本末梢神経学会,   2008年12月, 第19回日本末梢神経学会
  • 眼球運動障害を伴う急性炎症性脱髄神経炎における抗ガングリオシド複合体抗体, 神崎真実, 楠 進, 上田 昌美, 海田賢一, 元吉和夫, 鎌倉惠子, 第49回日本神経学会総会,   2008年12月, 第49回日本神経学会総会
  • ギラン・バレー症候群における、抗ガングリオシド抗体陽性率の検討, 金田明子, 上田 昌美, 青松宏美, 楠 進, 第49回日本神経学会総会,   2008年12月, 第49回日本神経学会総会
  • 産縟期に再発した成人発症カルバミルリン酸合成酵素1(CPS1)欠損症の1例について, 西郷 和真, 原 秀憲, 豊増 麻美, 上田 昌美, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 堀内 正久, 佐伯 武頼, 第50回日本先天代謝異常学会,   2008年11月, 第50回日本先天代謝異常学会
  • 頭痛、めまいを主訴として興味ある経過をとった2症例, 木下郁夫, 楠 進, 大坪まゆみ, 泉本一, 第36回日本頭痛学会総会,   2008年11月, 第36回日本頭痛学会総会
  • ギラン・バレー症候群の診断と治療, 楠 進, ギラン・バレー症候群研修会・交流会,   2008年11月, ギラン・バレー症候群研修会・交流会
  • 末梢神経障害の研究 最近の進歩 免疫関連性ニューロパチー, 楠 進, 第49回日本神経学会総会シンポジウム,   2008年11月, 第49回日本神経学会総会シンポジウム
  • GM1/GalNAc-GD1a complex : A target for pure motor Guillain-Barr? syndrome., Kaida K, 楠 進, 上田 昌美, Sonoo M, Ogawa G, Kamakura K, Arita M, Motoyoshi K, Ninth International Congress of Neuroimmunology.,   2008年10月, Ninth International Congress of Neuroimmunology.
  • Antibodies to gangliosides and ganglioside complexes in autoimmune neuropathies., 楠 進, Ninth International Congress of Neuroimmunology,   2008年10月, Ninth International Congress of Neuroimmunology
  • 神経免疫疾患の病態と糖鎖, 楠 進, 第9回神奈川免疫性脳・神経疾患研究会,   2008年10月, 第9回神奈川免疫性脳・神経疾患研究会
  • 内眼筋麻痺を示したFisher症候群の1例, 永井太士, 楠 進, 坂井研一, 原口俊, 田邊康之, 高田裕, 信國圭吾, 井原雄悦, 第84回日本神経学会中国・四国地方会,   2008年10月, 第84回日本神経学会中国・四国地方会
  • CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)及び関連疾患の病態と治療について, 楠 進, 第3回CIDP医療講演会、療養相談会,   2008年09月, 第3回CIDP医療講演会、療養相談会
  • 眼球運動障害と難聴を示したBickerstaff脳炎の一例, 上村紀仁, 楠 進, 佐藤眞也, 丹野雄平, 戸田麻衣子, 片山尚子, 正崎泰作, 宮城愛, 服部頼都, 森仁, 大田健太郎, 北口浩史, 進藤克郎, 山尾房枝, 大井長和, 第182回日本神経学会九州地方会,   2008年09月, 第182回日本神経学会九州地方会
  • GQ1b抗体陽性を示したpharyngeal-cervical-brachial(PCB)variant of GBSの一症例, 丹野雄平, 楠 進, 戸田麻衣子, 上村紀仁, 片山尚子, 服部頼都, 宮城愛, 正崎泰作, 森仁, 大田健太郎, 北口浩史, 進藤克郎, 山尾房枝, 大井長和, 第182回日本神経学会九州地方会,   2008年09月, 第182回日本神経学会九州地方会
  • IgM gammopathyを伴い、抗IgM GD1b抗体、抗IgM GM1抗体が陽性であった自己免疫性ニューロパチーの1例, 濱哲夫, 楠 進, 川頭祐一 小池春樹 渡辺宏久 平山正昭 祖父江元, 第120回日本神経学会東海北陸地方会,   2008年09月, 第120回日本神経学会東海北陸地方会
  • 限局性の高度脱力をきたしたギラン・バレー症候群の2症例, 田代研之, 楠 進, 渡邉暁博, 湊誠一郎, 中薗紀幸, 池田徳朗, 第181回日本神経学会九州地方会,   2008年08月, 第181回日本神経学会九州地方会
  • 眼窩尖端症候群をきたした副鼻腔原発頭蓋内侵襲性アスペルギルス症の一例, 楠 進, 鈴木聖子, 稲次洋平, 塩山 実章, 西郷 和真, 三井良之, 吉川構, 日本神経学会 第88回近畿地方会,   2008年07月, 日本神経学会 第88回近畿地方会
  • Campylobacter fetusによる髄膜炎の2例, 塩山 実章, 稲次 洋三, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会第88回近畿地方会,   2008年07月, 日本神経学会第88回近畿地方会
  • ガングリオシドおよびガングリオシド複合体に対する抗体とGuillain-Barre症候群, 楠 進, 第3日スフィンゴテラピー研究会,   2008年07月, 第3日スフィンゴテラピー研究会
  • 免疫性ニューロパチーの病態解明:最近の話題について, 楠 進, 第5回静岡神経免疫フォーラム,   2008年07月, 第5回静岡神経免疫フォーラム
  • 成人発症カルバミリン酸合成酵素I(CPSI)欠損症の急性期、慢性期に治療について, 西郷 和真, 原 秀憲, 豊増 麻美, 上田 昌美, 三井 良之, 塩山 実章, 楠 進, 第26回日本神経治療学会総会,   2008年06月, 第26回日本神経治療学会総会
  • IgM gammopathyを伴い、抗IgM GD1b抗体、抗IgM GM1抗体が陽性であった自己免疫性ニューロパチーの1例, 濱哲夫, 楠 進, 川頭祐一 小池春樹 渡辺宏久 平山正昭 祖父江元, 第26回日本神経治療学会総会,   2008年06月, 第26回日本神経治療学会総会
  • 免疫関連療法の新しい展開」免疫グロブリン大量療法, 楠 進, 第26回日本神経治療学会総会 シンポジウム1 ,   2008年06月, 第26回日本神経治療学会総会 シンポジウム1 
  • 成人発症カルバミルリン酸合成酵素1(CPS1)欠損症の急性期、慢性期の治療について, 原 秀憲, 西郷 和真, 三井 良之, 塩山 実章, 楠 進, 第26回日本神経治療学会総会,   2008年06月, 第26回日本神経治療学会総会
  • 再発性多発軟骨炎を伴った無菌性髄膜脳炎の1例, 豊増 麻美, 塩山 実章, 槇 孝俊, 稲次 洋平, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会第87回近畿地方会,   2008年06月, 日本神経学会第87回近畿地方会
  • 抗AQP4抗体陽性であった高齢発症NMOの一例, 中野 志仁, 宮本 勝一, 稲次 洋平, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会第87回近畿地方会,   2008年06月, 日本神経学会第87回近畿地方会
  • 開鼻声から始まり複視および顔面神経麻痺を呈したギラン・バレー症候群亜型の1例, 山村一正, 楠 進, 山本司郎 中澤健一郎 原斉, 日本神経学会第87回近畿地方会,   2008年06月, 日本神経学会第87回近畿地方会
  • Limb shaking transient ischemic attack様の不随意運動を呈したBickerstaff型脳幹脳炎の一例, 三宅あかり, 楠 進, 前川恵美 廣田伸之 廣田真理 園部正信, 日本神経学会第87回近畿地方会,   2008年06月, 日本神経学会第87回近畿地方会
  • 抗GQ1b抗体が陰性で、抗GQ1b/GM1複合体が陽性であったMiller Fisher症候群(MFS)の28歳女性例, 針谷康夫, 楠 進, 上田 昌美, 水島和幸, 第181回日本神経学会関東地方会〈2007年6月2日、東京),   2008年06月, 第181回日本神経学会関東地方会〈2007年6月2日、東京)
  • ギラン・バレー 症候群における、抗ガングリオシド抗体陽性率の検討, 楠 進, 金田明子, 上田昌美, 青松宏美, 第49回日本神経学会総会,   2008年05月, 第49回日本神経学会総会
  • 実験的自己免疫性脳背髄炎に対するcilostazolの治療効果, 市橋 珠里, 宮本 勝一, 楠 進, 第49回日本神経学会総会,   2008年05月, 第49回日本神経学会総会
  • 脊髄長大病変を有する多発性硬化症に対するIFNβ治療, 宮本 勝一, 楠 進, 松下 拓也, 吉良 潤一, 第49回日本神経学会総会,   2008年05月, 第49回日本神経学会総会
  • X染色体性Charcot-Marie-Tooth (CMTX1)における新しい点変異, 西郷 和真, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第49回日本神経学会総会,   2008年05月, 第49回日本神経学会総会
  • M蛋白血症を伴うニューロパチーの臨床像及び治療法に関する検討, 楠 進, 辻 浩史, 石井 亜紀子, 保坂 愛, 詫間 浩, 冨所 康志, 中馬越 清隆, 石井 一弘, 渡邊 雅彦, 玉岡 晃, 第49回 日本治療学会総会,   2008年05月, 第49回 日本治療学会総会
  • 免疫関連性ニューロパチー, 楠 進, 第49回 日本神経学会総会,   2008年05月, 第49回 日本神経学会総会
  • 広範な白質脳症を呈した1例, 岡崎真央, 桑原 基, 塩山 実章, 上田昌美, 三井 良之, 楠 進, 第11回南大阪臨床神経内科懇話会,   2008年05月, 第11回南大阪臨床神経内科懇話会
  • 「POEMS症候群に対する新規治療」, 楠 進, 桑原 聡, 第20回日本神経免疫学会学術集会,   2008年04月, 第20回日本神経免疫学会学術集会
  • 先行感染症状後、両側緊張性瞳孔を主症候とし、血清抗糖脂質抗体を認めた1例, 喜多也寸志, 楠 進, 山田丈弘 佐治直樹 清水洋孝, 第20回日本神経免疫学会学術集会,   2008年04月, 第20回日本神経免疫学会学術集会
  • Antibodies to gangliosides and ganglioside complexes in immune-mediated neuropathies, 楠 進, Glycolipid & Sphingolipid Biology(糖脂質・スフィンゴ脂質生物学ゴードン会議),   2008年02月, Glycolipid & Sphingolipid Biology(糖脂質・スフィンゴ脂質生物学ゴードン会議)
  • 抗amphiphysin抗体陽性のStiff-Person症候群の1例, 西郷 和真, 稲次 洋平, 葛本 佳正, 三井 良之, 楠 進, 鎌倉惠子, 第8回神経・筋の免疫疾患を考える会,   2008年02月, 第8回神経・筋の免疫疾患を考える会
  • 抗AQP4抗体陽性の視神経脊髄型多発性硬化症, 青松 宏美, 宮本 勝一, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 松下拓也, 日本神経学会第86回近畿地方会,   2008年01月, 日本神経学会第86回近畿地方会
  • 乳癌合併を認め抗amphiphysin抗体陽性であったStiff-Person症候群の1例, 稲次 洋平, 西郷 和真, 葛本 佳正, 三井 良之, 楠 進, 乾 浩己, 田中惠子, 日本神経学会第86回近畿地方(2007年6月23日、大阪),   2008年01月, 日本神経学会第86回近畿地方(2007年6月23日、大阪)
  • SIADHを伴い、大量ガンマグロブリン治療を行った急性汎自律神経障害の1例, 村田尚子, 楠 進, 中澤健一郎 藤原美都 小出泰道 山本司郎 原斉, 日本神経学会第86回近畿地方,   2008年01月, 日本神経学会第86回近畿地方
  • 複合ガングリオシド抗体陽性を示し、血漿交換療法が有効であったGBSの1症例, 正崎泰作, 楠 進, 上村紀仁 丹野雄平 戸田麻衣子 片山尚子 服部頼都 宮城愛 森仁 進藤克郎 山尾房枝 大井長和, 日本神経学会第86回近畿地方,   2008年01月, 日本神経学会第86回近畿地方
  • 抗GD1b抗体による失調性ニューロパチーは後根神経節大型神経細胞のアポトーシスによる, 髙田 和男, 楠 進, 清水 潤, 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発」班 平成19年度班会議,   2007年12月, 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発」班 平成19年度班会議
  • Fisher症候群および関連疾患の病態・診断と治療, 楠 進, 第45回日本神経眼科学会総会,   2007年12月, 第45回日本神経眼科学会総会
  • 免疫性神経障害の病態と抗ガングリオシド抗体:最近の話題について, 楠 進, 第9回神奈川県神経免疫フォーラム,   2007年12月, 第9回神奈川県神経免疫フォーラム
  • GD1b感作によるウサギ失調性ニューロパチーは後根神経節細胞のアポトーシスによる, 髙田 和男, 楠 進, 清水 潤, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 常染色体優性Adult Onset LeukodystrophyにおけるLamin B1遺伝子変異について, 西郷 和真, 楠 進, PadiathQuasar S PtacekLouis J FuYing-Hui, 朝原秀昭, 山田猛, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 抗GalNAc-GD1a抗体陽性患者血清によるラット坐骨神経の電気生理学的検討, 葛本 佳正, 三井 良之, 原 秀憲, 塩山 実章, 楠 進, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 抗ガングリオシド抗体陽性CIDPの臨床的解析, 上田 昌美, 金田 明子, 三井 良之, 楠 進, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の中枢神経におけるaquaporin-4, 宮本 勝一, 片岡 和夫, 楠 進, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 進行性核上性麻痺における自律神経障害 パーキンソン病類縁疾患との比較, 原 秀憲, 葛本 佳正, 塩山 実章, 木原 幹洋, 楠 進, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチーの難治例に関する臨床的検討, 辻浩史, 楠 進, 石井亜紀子 保坂愛 織田彰子 石井一弘 望月昭英 渡邉雅彦 玉岡晃, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • Fisher症候群におけるvelopharyngeal palsyの検討, 谷口洋, 楠 進, 大本周作 三村秀毅 坂本剛 松井和隆 井上聖啓, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 髄液タウ蛋白濃度はギラン・バレー症候群の予後因子として有用である, 神一敬, 楠 進, 武田篤 志賀裕正 佐藤滋 大沼歩 野村宏 糸山泰人, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 急性小脳性運動失調症で出現する抗TPI抗体の抗原エピトープはTPIのC末端に存在する, 内堀歩, 楠 進, 千葉厚郎, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 抗GD1b抗体単独陽性GBS血清の反応特異性と失調との相関, 海田賢一, 楠 進, 鎌倉恵子, 平川美菜子, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • ヒト動眼神経におけるGQ1b糖鎖抗原と各種糖脂質糖鎖抗原のcolocalization検討, 千葉厚郎, 楠 進, 内堀歩, 第48回日本神経学会総会,   2007年12月, 第48回日本神経学会総会
  • 炎症と末梢神経疾患, 楠 進, 日本内科学会学術集会第35回内科学の展望,   2007年11月, 日本内科学会学術集会第35回内科学の展望
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎における選択的PDE-3阻害薬の治療効果, 宮本 勝一, 楠 進, 第37回日本免疫学会総会・学術集会,   2007年11月, 第37回日本免疫学会総会・学術集会
  • 企画プログラムCommon Disease, Lecture Series 座長の言葉。, 栗原照幸, 楠 進, 第48回日本神経学会総会,   2007年11月, 第48回日本神経学会総会
  • フィッシャー症候群における球症状の検討, 谷口洋, 楠 進, 井上聖啓, 第30回日本嚥下医学会・学術講演会,   2007年11月, 第30回日本嚥下医学会・学術講演会
  • SLE患者が、微細な神経症状を来たし画像上は著明な脳浮腫病変が散在したトキソプラズマ脳症の1例, 稲次 洋平, 鈴木 秀和, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 野崎 祐史, 木下 浩二, 第12回日本神経感染症学会学術集会,   2007年10月, 第12回日本神経感染症学会学術集会
  • 免疫性ニューロパチーと抗ガングリオシド抗体:最近の進歩, 楠 進, 第8回九州神経免疫フォーラム,   2007年10月, 第8回九州神経免疫フォーラム
  • Anti-ganglioside complex antibodies in Miller Fisher syndrome and Guillain-Barre syndrome with ophthalmoplegia., Kaida K, 楠 進, 佐田 昌美, Kanzaki M, Motoyoshi K, Kamakura K., 132nd Annual Meeting of American Neurological Association.,   2007年10月, 132nd Annual Meeting of American Neurological Association.
  • Comparison between QSART and 123I-MIBG scintigraphy for differential diagnosis of PD and MSA., 原 秀憲, 葛本 佳正, 塩山 実章, 稲次 洋平, 楠 進, 132nd Annual Meeting of American Neurological Association.,   2007年10月, 132nd Annual Meeting of American Neurological Association.
  • IgG antibodies highly specific to GD1b in Guillain-Barr? syndrome with ataxia., 楠 進, Kaida K, 132nd Annual Meeting of American Neurological Association,,   2007年10月, 132nd Annual Meeting of American Neurological Association,
  • Lymphomatoid granulomatosisが疑われた一例, 塩山 実章, 沖 貴士, 豊増 麻美, 青松 宏美, 三井 良之, 楠 進, 第183回日本内科学会近畿地方会,   2007年09月, 第183回日本内科学会近畿地方会
  • 意識障害回復期に興奮性せん妄が遷延したBickerstaff型脳幹脳炎の一例, 中垣英明, 楠 進, 長野祐久, 第178回日本神経学会九州地方会,   2007年09月, 第178回日本神経学会九州地方会
  • 免疫性ニューロパチーの病態機序の解明。, 楠 進, 神経免疫Summer Forum 2007,   2007年07月, 神経免疫Summer Forum 2007
  • Anti-ganglioside complex antibodies in Miller Fisher syndrome and Guillain-Barr? syndrome with ophthalmoplegia., Kaida K, 楠 進, 上田 昌美, Kanzaki M Hirakawa M Motoyoshi K Kamakura K, 2007 Meeting of the Peripheral Nerve Society.,   2007年07月, 2007 Meeting of the Peripheral Nerve Society.
  • IgG antibody highly specific to GD1b is specifically associated with ataxia in Guillain-Barre syndrome., 楠 進, Ken-ichi Kaida, 2007 Meeting of the Peripheral Nerve Society.,   2007年07月, 2007 Meeting of the Peripheral Nerve Society.
  • 抗血小板薬を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎の治療, 呉城 珠里, 宮本 勝一, 楠 進, 第25回日本神経治療学会総会,   2007年06月, 第25回日本神経治療学会総会
  • Upregulation of water channel aquaporin-4 in experimental autoimmune encephalomyeritis., 宮本 勝一, 片岡 和夫, 楠 進, FOCIS2007 (第1回エピジュネティクス研究会),   2007年06月, FOCIS2007 (第1回エピジュネティクス研究会)
  • ステロイドと免疫抑制薬にて浸潤性胸腺腫の退縮と臨床症状の軽快が得られた重症筋無力症(MG)の2例, 鈴木 秀和, 鈴木 聖子, 槙 孝俊, 呉城 珠里, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 第25回日本神経治療学会総会,   2007年06月, 第25回日本神経治療学会総会
  • Paroxetineによる悪性症候群を来したパーキンソン病の1例, 濱田 征宏, 宮本 勝一, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 第182回日本内科学会近畿地方会,   2007年05月, 第182回日本内科学会近畿地方会
  • IVIG療法後クリオグロブリン血症に伴う血管炎を呈したGuillain-Barre症候群の1例, 呉城珠里, 豊増 麻美, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会第85回近畿地方会,   2007年05月, 日本神経学会第85回近畿地方会
  • IVIG療法とステロイドパルス療法の併用により比較的良好な経過を辿った抗GD1a・GD1b複合体抗体陽性ギラン・バレー症候群の一例, 多田智, 楠 進, 横江勝 大江洋史 山本洋一 中辻裕司 佐古田三郎, 日本神経学会第85回近畿地方会,   2007年05月, 日本神経学会第85回近畿地方会
  • フェニトインによる薬剤性過敏性症候群が疑われたインフルエンザ脳症の一例, 葛本 佳正, 三井 良之, 塩山 実章, 楠 進, 日本神経学会第85回近畿地方会,   2007年05月, 日本神経学会第85回近畿地方会
  • 深部腱反射亢進を伴うGuillain-Barre症候群の一例, 船曳正英, 楠 進, 清水洋孝 喜多也寸志, 日本神経学会第85回近畿地方会,   2007年05月, 日本神経学会第85回近畿地方会
  • Bickerstaff型脳幹脳炎、Fisher症候群およびGuillain-Barre症候群の臨床像を共に呈した一例, 牧野ふみ, 楠 進, 小島康祐 井上学 里井斉 神田益太郎 柴崎浩, 日本神経学会第85回近畿地方会,   2007年05月, 日本神経学会第85回近畿地方会
  • 免疫性ニューロパチーとガングリオシド抗体およびガングリオシド複合体に対する抗体, 楠 進, 第19回日本神経免疫学会学術集会 ランチョンセミナー,   2007年04月, 第19回日本神経免疫学会学術集会 ランチョンセミナー
  • Lymphomatoid granulomatosisが疑われた一例, 沖 貴士, 豊増 麻美, 青松 宏美, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 第9回南大阪臨床神経内科懇話会,   2007年04月, 第9回南大阪臨床神経内科懇話会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎における複合型ガングリオシドの病態関与について, 宮本 勝一, 髙田 和男, 楠 進, 古川鋼一, 第19回日本神経免疫学会学術集会,   2007年04月, 第19回日本神経免疫学会学術集会
  • 急性小脳性運動失調症で出現する抗TPI抗体のペプチドアレーによるエピトープ解析, 内堀歩, 楠 進, 千葉厚郎, 第19回日本神経免疫学会学術集会,   2007年04月, 第19回日本神経免疫学会学術集会
  • Miller Fisher症候群及び眼球運動障害を伴うGuillain-Barre症候群における抗ガングリオシド複合体抗体, 海田賢一, 楠 進, 佐田 昌美, 神崎真実 鎌倉惠子 元吉和夫, 第19回日本神経免疫学会学術集会,   2007年04月, 第19回日本神経免疫学会学術集会
  • ヒト動眼神経におけるGQ1b糖鎖抗原と各種糖脂質糖鎖抗原のcolocalization検討, 千葉厚郎, 楠 進, 内堀歩, 第19回日本神経免疫学会学術集会,   2007年04月, 第19回日本神経免疫学会学術集会
  • 急性散在性脳脊髄炎にギラン・バレー症候群の合併が疑われた一例, 楠 進, 谷口浩一郎 多々野誠 佐治直樹 清水洋孝 瓦井俊孝 喜多也寸志, 第81回日本神経学会中国・四国地方会,   2007年04月, 第81回日本神経学会中国・四国地方会
  • パーキンソン病の診断と治療について。, 楠 進, OTK 就労問題を考える府民のつどい 学習講演会と難病医療相談会,   2007年03月, OTK 就労問題を考える府民のつどい 学習講演会と難病医療相談会
  • 進行性核上性麻痺における自律神経障害, 原 秀憲, 葛本 佳正, 楠 進, 第9回和歌山・泉南地区パーキンソン病治療研究会,   2007年03月, 第9回和歌山・泉南地区パーキンソン病治療研究会
  • ステロイド治療が著効したマイコプラズマ脳炎の1例, 松下博亮, 楠 進, 上野誠 斎藤義朗 前垣義弘 大野耕策 橋田祐一郎 漆原誠, 第60回日本小児科学会鳥取地方会,   2007年03月, 第60回日本小児科学会鳥取地方会
  • 乳癌合併を認め抗amphiphysin抗体陽性であったStiff-Person症候群の1例, 稲次 洋平, 葛本 佳正, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 第39回 南大阪神経カンファレンス,   2007年02月, 第39回 南大阪神経カンファレンス
  • Antibodies against ganglioside complexes in Guillain-Barre syndrome; New aspects of research., 楠 進, Glycobiology and Sphingobiology 2007 - Hakomori Commemorative Forum -,   2007年02月, Glycobiology and Sphingobiology 2007 - Hakomori Commemorative Forum -
  • 免疫性神経疾患の発症機序におけるガングリオシドの役割の解明。, 楠 進, 宮本 勝一, 海田賢一, 古川鋼一, 「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第5回公開シンポジウム ,   2007年02月, 「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第5回公開シンポジウム 
  • 副腎皮質ステロイドが有効であったIgG-λ型MGUS(monoclonal gammopathy of undermined significance)関連ニューロパチーの1例, 松本梨絵, 楠 進, 保坂愛 石井一弘 石井亜紀子 辻浩史 玉岡晃, 第542回日本内科学会関東地方会,   2007年02月, 第542回日本内科学会関東地方会
  • 抗GD1b抗体単独陽性GBS血清の反応特異性と失調との相関, 海田賢一, 楠 進, 上田 昌美, 小川剛 元吉和夫 鎌倉惠子 , 平川美菜子, 「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成18年度班会議,   2007年01月, 「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成18年度班会議
  • GBS免疫調査:わが国におけるAIDP、AMANの頻度および臨床的特長, 楠 進, 有村公良, 梶龍児, 神田隆, 桑原聡, 結城伸泰, 「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成18年度班会議,   2007年01月, 「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成18年度班会議
  • 免疫性末梢神経障害の診断と治療, 楠 進, 第54回香川神経疾患研究会,   2007年01月, 第54回香川神経疾患研究会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態における複合型ガングリオシドの関与について, 宮本 勝一, 楠 進, 髙田 和男, 古川鋼一, 「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成18年度班会議,   2007年01月, 「免疫性神経疾患に関する調査研究班」平成18年度班会議
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の中枢神経におけるaquaporin-4の検討, 楠 進, 宮本 勝一, 難治性疾患の画期的診断・治療法に関する研究班 平成18年度班会議,   2006年12月, 難治性疾患の画期的診断・治療法に関する研究班 平成18年度班会議
  • 抗ガングリオシド抗体陽性CIDPの臨床的解析。, 佐田 昌美, 三井 良之, 楠 進, 「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発」班第18年度班会議,   2006年12月, 「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発」班第18年度班会議
  • Costimulatory signalとリンパ球活性化 EAE自然発症マウスにおけるICOSの役割, 宮本 勝一, 楠 進, Arlene Sharpe Vijay Kuchroo, 第36回日本免疫学会総会・学術集会,   2006年12月, 第36回日本免疫学会総会・学術集会
  • 外眼筋麻痺、顔面神経麻痺、感覚障害を呈したギラン・バレー症候群亜型の1例, 原口祥典, 楠 進, 佐々木和也, 松尾宗明, 濱崎雄平, 第47回日本小児科学会佐賀地方会・第169回日本小児科学会長崎地方会合同地方会,   2006年12月, 第47回日本小児科学会佐賀地方会・第169回日本小児科学会長崎地方会合同地方会
  • ジシアロシル基をもつガングリオシドに対するIgM抗体を伴うニューロパチーの検討, 上田 昌美, 三井 良之, 楠 進, 平川美菜子, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • 抗GM1抗体陽性血清によるラット坐骨神経の電気生理学的検討, 葛本 佳正, 三井 良之, 塩山 実章, 楠 進, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • α-2,8-sialyltransferase 8F遺伝子における視交叉上核の局在と発現周期について, 西郷 和真, 渥美 正彦, 升本 宏平, 長野 護, 足立 明人, 早坂 直人, 重吉 康史, 楠 進, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • GBSの抗糖脂質抗体活性に及ぼすリン脂質の影響, 平川美菜子, 楠 進, 佐田 昌美, 三井 良之, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • ギランバレー症候群患者血清の神経系細胞内情報伝達系に及ぼす影響の解明, 植田晃広, 楠 進, 矢野成昭 上田真努香 東文香 尾関俊彦 古閑寛 武藤多津郎, 平川美菜子, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • Brachial amyotrophic diplegia 3例の臨床特徴, 所澤安展, 楠 進, 園生雅弘 塚本浩 古和久朋 清水輝夫, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • Miller Fisher症候群における抗ガングリオシド複合体抗体, 海田賢一, 楠 進, 神崎真実 鎌倉惠 元吉和夫, 森田大児 平川美菜子, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • 急性小脳性運動失調症で出現する抗triosephosphate isomerase抗体の抗原epitopeの検討, 内堀歩, 楠 進, 作田学 千葉厚郎, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • 多発性硬化症の血清中神経髄鞘成分に対する抗体の検討。, 宮本 勝一, 髙田 和男, 西郷 和真, 楠 進, 第47回日本神経学会総会,   2006年12月, 第47回日本神経学会総会
  • 免疫性ニューロパチーの診断と治療について, 楠 進, 第116回日本神経学会東海北陸地方会 ランチョンセミナー,   2006年11月, 第116回日本神経学会東海北陸地方会 ランチョンセミナー
  • Going solo or in need of a friend: ganglioside and lipid clusters form novel antigenic determinations in GBS., 楠 進, 第1回藤田ニューロサイエンスカンファレンス,   2006年11月, 第1回藤田ニューロサイエンスカンファレンス
  • 自律神経ニューロパチーの臨床 GBSにおける自律神経障害, 楠 進, 第47回日本神経学会総会 シンポジウム5,   2006年11月, 第47回日本神経学会総会 シンポジウム5
  • Autonomic Dysfunction in Progressive Supranuclear Palsy., 原 秀憲, 葛本 佳正, 塩山 実章, 楠 進, Kihara M, 131st Annual Meeting American Neurological Association.,   2006年10月, 131st Annual Meeting American Neurological Association.
  • Anti-ganglioside complex antibodies in Miller Fisher syndrome., Kaida KI, 楠 進, Kanzaki M, Kamakura K, Motoyoshi K, Morita D, 131st Annual Meeting American Neurological Association.,   2006年10月, 131st Annual Meeting American Neurological Association.
  • Anti-GD1a/GD1b complex antibody is associated with severe Guillain-Barre syndrome., 楠 進, Kaida KI, 131st Annual Meeting American Neurological Association.,   2006年10月, 131st Annual Meeting American Neurological Association.
  • 末梢神経疾患の診断と治療, 楠 進, 第14回倉敷神経内科セミナー,   2006年10月, 第14回倉敷神経内科セミナー
  • 髄液灌流術により救命し得たリステリア髄膜炎の一例, 鈴木 秀和, 辻 潔, 稲次 洋平, 長谷川 隆典, 寺本 佳史, 三井 良之, 楠 進, 第11回日本神経感染症学会総会,   2006年10月, 第11回日本神経感染症学会総会
  • In vitro acute conduction block of rat sciatic nerve induced by anti-GM1 antibody positive sera, 葛本 佳正, 塩山 実章, 原 秀憲, 楠 進, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • Selective COX-2 inhibitor celecoxib prevents experimental autoimmune encephalomyelitis through COX-2 independent pathway., 宮本 勝一, 楠 進, Miyake S, Yamamura T, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • Anti-ganglioside complex antibodies in Miller Fisher syndrome., Kaida K, 楠 進, Kanzaki M, Kamakura K, Motoyoshi K, Morita D, Hirakawa M,, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • Characterization of anti-triosephosphate isomerase antibody in acute cerebellar ataxia., Uchibori A, 楠 進, Sakuta S, Chiba A, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • Clinical features of the neuropathy with high titer IgM antibody against gangliosides with disialosyl residue., 佐田 昌美, 三井 良之, 楠 進, Hirakawa M,, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • Effects of acidic phospholipids on antiganglioside antibodies in GBS: Role of the disialosyl residue., Hirakawa M, 楠 進, 佐田 昌美, Tsuji S,, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • Autoimmunity to glycolipids in neuropathy; Role of T-cells and of CD1 dependent antigen presentation., N.Latov, 楠 進, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • Going solo or in need of a friend: Ganglioside and lipid clusters form novel antigenic determinations in GBS., 楠 進, 8th International Congress of Neuroimmunology,   2006年10月, 8th International Congress of Neuroimmunology
  • 免疫性ニューロパチーと抗ガングリオシド抗体:ガングリオシド複合体抗体を中心に, 楠 進, 平成18年度生理学研究所研究会(病態糖鎖研究会),   2006年09月, 平成18年度生理学研究所研究会(病態糖鎖研究会)
  • 重症筋無力症の病態と治療, 楠 進, ノバルティスファーマMR教育研修,   2006年09月, ノバルティスファーマMR教育研修
  • 再発性神経Sweet病が疑われた1例, 武田 聡士, 三井 良之, 佐田 昌美, 西郷 和真, 楠 進, 第180回日本内科学会近畿地方会,   2006年09月, 第180回日本内科学会近畿地方会
  • CIDPの特徴を合わせもつ遺伝性ニューロパチーにおける免疫応答亢進, 宮本 勝一, 楠 進, 林 幼偉, 岡 伸幸, 第17回日本末梢神経学会学術集会,   2006年08月, 第17回日本末梢神経学会学術集会
  • 急性多発性神経根炎を合併した多発性筋炎の1例, 権藤雄一郎, 楠 進, 垣内無一, 中西恵美, 松井大, 松井真, 第17回日本末梢神経学会学術集会,   2006年08月, 第17回日本末梢神経学会学術集会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の発症機序における複合型ガングリオシドの役割の検討, 宮本 勝一, 髙田 和男, 楠 進, 古川鋼一, 平成14~18年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第4回夏期シンポジウム,   2006年08月, 平成14~18年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第4回夏期シンポジウム
  • ADEM様の画像所見を呈した肺炎球菌性髄膜脳炎の1例, 呉城 珠里, 葛本 佳正, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会第84回近畿地方会,   2006年08月, 日本神経学会第84回近畿地方会
  • 骨髄移植後に発症した多発性硬化症の一例, 豊増 麻美, 塩山 実章, 倉田 珠恵, 宮本 英明, 三井 良之, 楠 進, 日本神経学会第84回近畿地方会,   2006年08月, 日本神経学会第84回近畿地方会
  • GD1a/GD1b複合体に対するIgG抗体が陽性のギラン・バレー症候群の一例, 浜口毅, 楠 進, 佐田 昌美, 坂尻顕一 坂井健二 沖野惣一, 第115回日本神経学会東海北陸地方会,   2006年08月, 第115回日本神経学会東海北陸地方会
  • 興味深い眼球運動障害を呈したGuillain-Barre症候群とBickerstaff型脳幹脳炎の合併例, 東文香, 楠 進, 牧浦葉子 尾関俊彦 野倉一也 山本絋子, 第115回日本神経学会東海北陸地方会,   2006年08月, 第115回日本神経学会東海北陸地方会
  • Sjoegren症候群(SjS)に伴う多発性硬化症(MS)様病変に免疫グロブリン大量療法(IVIg)が著効した2例, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 稲次 洋平, 原 秀憲, 宮本 勝一, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第24回日本神経治療学会総会,   2006年07月, 第24回日本神経治療学会総会
  • 産褥期に意識障害と抗アンモニア血症を呈し、カルバミルリン酸合成酸素1(CPS1)欠損症と診断された1例, 原 秀憲, 三井 良之, 塩山 実章, 西郷 和真, 楠 進, 堀内正久, 佐伯武頼, 第179回日本内科学会近畿地方会,   2006年06月, 第179回日本内科学会近畿地方会
  • 免疫性ニューロパチーと抗糖脂質抗体, 楠 進, 福井大学医学部学術講演会(福井の末梢神経を語る会),   2006年06月, 福井大学医学部学術講演会(福井の末梢神経を語る会)
  • 免疫性ニューロパチーの診断と治療, 楠 進, 第66回宮崎神経内科懇話会,   2006年06月, 第66回宮崎神経内科懇話会
  • ボツリヌス中毒として初期治療が行われていた重症Guillain-Barre症候群の1例, 木村 貴明, 高橋 均, 植嶋 利文, 丸山 克之, 松島 知秀, 大澤 英寿, 金井 透, 金澤 秀介, 新山 文夫, 坂田 育弘, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 第8回南大阪救命医療研究会,   2006年06月, 第8回南大阪救命医療研究会
    概要:当初ボツリヌス中毒として治療されていた症例が精査にて、Guillain-Barre症候群と診断され、血漿交換及び、大量免疫グロブリン療法にて四肢麻痺等の改善を認めた症例を報告した。
  • 四肢深部反射亢進を呈し,IVIg療法が有効であった抗GalNAc-GD1a抗体陽性の運動ニューロパチーの1例, 武田正中, 楠 進, 笠間周平 津田健吉 児玉典彦 西村裕之 芳川浩男 立花久大, 第24回日本神経治療学会総会,   2006年06月, 第24回日本神経治療学会総会
  • Guillain Barre症候群と抗糖脂質抗体:最近の話題について, 楠 進, 第48回日本小児神経学会総会ランチョンセミナー,   2006年06月, 第48回日本小児神経学会総会ランチョンセミナー
  • 免疫性ニューロパチーにおける抗ガングリオシド抗体研究の新たな展開, 楠 進, スフィンゴ・テラピー研究会,   2006年05月, スフィンゴ・テラピー研究会
  • Guillain-Barre症候群と糖鎖に対する自己抗体:ガングリオシド複合体抗体を中心に, 楠 進, 鳥取大学学術講演会,   2006年05月, 鳥取大学学術講演会
  • 防衛医大第3内科のGuillain-Barre症候群患者における抗ガングリオシド複合体抗体の検討, 神崎真実, 楠 進, 鎌倉恵子 海田賢一 元吉和夫 , 第103回日本内科学会講演会,   2006年04月, 第103回日本内科学会講演会
  • COX-2阻害剤を用いた多発性硬化症モデルの治療, 宮本 勝一, 楠 進, 三宅幸子 山村隆, 第103回日本内科学会講演会,   2006年04月, 第103回日本内科学会講演会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)に対するCOX-2阻害剤を用いた治療, 宮本 勝一, 楠 進, 三宅幸子 山村隆 , 第18回日本神経免疫学会学術集会,   2006年03月, 第18回日本神経免疫学会学術集会
  • 抗ガングリオシド抗体のガングリオシド複合体に対する反応特異性の検討 抗GD1b抗体単独陽性血清を用いて, 海田賢一, 楠 進, 神崎真実 鎌倉惠子 元吉和夫, 平川美菜子, 第18回日本神経免疫学会学術集会,   2006年03月, 第18回日本神経免疫学会学術集会
  • 急性小脳性運動失調症と抗triosephosphate isomerase抗体, 内堀歩, 楠 進, 千葉厚郎 作田学, 第18回日本神経免疫学会学術集会,   2006年03月, 第18回日本神経免疫学会学術集会
  • COX-2阻害剤を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎への治療。, 楠 進, 宮本 勝一, 三宅幸子, 山村隆, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度班会議,   2006年03月, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度班会議
  • ニューロパチーの診断と治療。, 楠 進, 2005年度日本神経学会近畿地区生涯教育講演会,   2006年02月, 2005年度日本神経学会近畿地区生涯教育講演会
  • 免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。, 楠 進, 平成17年度厚生労働科学研究 こころの健康科学(神経分野)研究成果発表会,   2006年02月, 平成17年度厚生労働科学研究 こころの健康科学(神経分野)研究成果発表会
  • 右不全麻痺と失語症で発症した抗GluR抗体陽性非ヘルペス性辺縁系脳炎の1例, 稲次 洋平, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 原 秀憲, 西郷 和真, 三井 良之, 楠 進, 高橋幸利, 第33回大阪てんかん研究会,   2006年01月, 第33回大阪てんかん研究会
  • 免疫性ニューロパチーにおけるガングリオシド複合体に対する抗体の解析。, 楠 進, 「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第4回公開シンポジウム ,   2006年01月, 「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第4回公開シンポジウム 
  • Guillain-Barre症候群血中抗体の反応性に及ぼすリン脂質の影響。, 平川美菜子, 楠 進, 佐田 昌美, 三井 良之, 免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成17年度班会議,   2006年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成17年度班会議
  • Miller Fisher症候群における新規抗ガングリオシド複合体抗体とその反応特異性。, 海田賢一, 楠 進, 神崎真実 鎌倉惠子 元吉和夫, 森田大児 , 平川美菜子 , 免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成17年度班会議 ,   2006年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成17年度班会議 
  • マイイコプラズマ肺炎が先行したIgG抗アシアロGM1抗体強陽性の多発神経根炎の1例, 松本省二, 楠 進, 長野祐久 , 第171回日本神経学会九州地方会,   2006年01月, 第171回日本神経学会九州地方会
  • ウェゲナー肉芽腫症に肥厚性硬膜炎を合併した1例, 呉城 珠里, 長谷川 隆典, 三井 良之, 楠 進, 杉山 昌史, 市橋 秀夫, 第178回日本内科学会 近畿地方会,   2005年12月, 第178回日本内科学会 近畿地方会
  • 抗ガングリオシド抗体が関与したと思われる神経痛性筋萎縮症の1例, 塩山 実章, 佐田 昌美, 三井 良之, 楠 進, 赤松舞子, 平川美菜子, 日本神経学会第83回 近畿地方会,   2005年12月, 日本神経学会第83回 近畿地方会
  • COX-2阻害剤を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎への治療。, 楠 進, 宮本 勝一, 三宅幸子 山村隆 , 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度班会議,   2005年12月, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度班会議
  • 抗MAG/SGPG IgM M蛋白を伴うニューロパチーの治療について, 平川美菜子, 楠 進, 佐田 昌美, 船越 慶 結城伸泰, 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費(難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発)班  平成17年度班会議,   2005年12月, 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費(難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発)班  平成17年度班会議
  • ジシアロシル基をもつガングリオシドに対する高力価のIgMをもつニューロパチーの臨床的検討, 佐田 昌美, 楠 進, 三井 良之, 平川美菜子, 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費(難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発)班  平成17年度班会議 ,   2005年12月, 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費(難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発)班  平成17年度班会議 
  • 血漿二重膜濾過法およびRituximab 療法で軽快した抗SGPG抗体陽性CIDPの一例, 森 信人, 楠 進, 斉田恭子 園部正信 藤竹純子, 日本神経学会第83回 近畿地方会 ,   2005年12月, 日本神経学会第83回 近畿地方会 
  • めまいを主訴としたFisher症候群の1例, 真田 充, 楠 進, 川合寛道 前田憲吾, 神前英明 清水猛史, 日本神経学会第83回 近畿地方会 ,   2005年12月, 日本神経学会第83回 近畿地方会 
  • 頚椎症性脊髄症との鑑別が困難であった脊髄動静脈奇形(AVM)の剖検例, 渥美 正彦, 楠 進, 塩山 実章, 西郷 和真, 髙田 和男, 三井 良之, 日本神経学会第83回 近畿地方会  ,   2005年12月, 日本神経学会第83回 近畿地方会  
  • 抗GM1ウサギ血清によるラット坐骨神経の伝導ブロック, 葛本 佳正, 三井 良之, 塩山 実章, 楠 進, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 寛解再発型多発性硬化症における血清高感度CRP及び血清アミロイドA蛋白の検討。, 長谷川 隆典, 宮本 勝一, 橋本 貴司, 鈴木 秀和, 原 秀憲, 楠 進, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎における免疫寛容にはICOSが必須である。, 宮本 勝一, 楠 進, Arlene Sharpe Vijay Kuchroo, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 常染色体優性Adult onset leukodystrophyのハプロタイプ解析。, 西郷 和真, 楠 進, Louis J Ptacek Ying-Hui Fu , 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 開散麻痺を呈したFisher症候群の臨床学的検討。, 望月温子, 楠 進, 小林正樹, 広井敦子 赫洋美, 木村友美 岩田誠, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 急性小脳性運動失調症と抗triosephosphate isomerase抗体。, 内堀歩, 楠 進, 作田学 千葉厚郎 , 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • ヒト外眼筋支配脳神経におけるGQ1b/GT1a糖鎖抗原のsubcellular localizationの検討。, 千葉厚郎, 楠 進, 内堀歩 作田学, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • Ganglioside complexに対する抗体をもつGuillain-Barre症候群の臨床的解析。, 海田賢一, 楠 進, 神崎真実 鎌倉恵子 元吉和夫, 森田大児 平川美菜子, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 肺炎マイコプラズマ脂質成分感作ウサギ血清は脱髄活性を有する。, 森田大児, 楠 進, 松田和洋 清水潤 平川美菜子 辻省次, 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 抗SGPG抗体陽性ニューロパチーの臨床像と治療反応性の解析。, 平川美菜子, 楠 進, 三井 良之, 森田大児 , 第46回日本神経学会総会,   2005年12月, 第46回日本神経学会総会
  • 脳実質超音波検査にて黒質の高エコー反射を認めたパーキンソン病患者の1例, 長谷川 隆典, 橋本 貴司, 鈴木 秀和, 原 秀憲, 楠 進, 21nd SDNMPD,   2005年11月, 21nd SDNMPD
  • 免疫性ニューロパチーの病態と抗糖質抗体, 楠 進, 第7回秋田県末梢神経治療研究会,   2005年10月, 第7回秋田県末梢神経治療研究会
  • 内眼筋麻痺を呈したacute oropharyngeal palsy. 内眼筋麻痺を呈した急性口咽頭麻痺, 渥美 正彦, 楠 進, 山治 賢司, 西郷 和真, 佐田 昌美, 髙田 和男, 三井 良之, 日本神経学会第82回近畿地方会,   2005年10月, 日本神経学会第82回近畿地方会
  • 急速に呼吸筋麻痺を来たし抗GD1a/GD1b抗体陽性を認めたGuillain-Barre症候群(GBS)の一例, 三宅浩介, 楠 進, 新出明代, 國枝武伸, 朝山真哉 長島正人, 八木彩香, 伊藤恒 中野智, 伊東秀文, 日下博文 , 日本神経学会第82回近畿地方会,   2005年10月, 日本神経学会第82回近畿地方会
  • 脳梁の菲薄化を伴う常染色体劣勢遺伝性痙性対麻痺の一例, 長谷川 隆典, 青木 大輔, 鈴木 秀和, 西郷 和真, 楠 進, 日本神経学会第82回近畿地方会,   2005年10月, 日本神経学会第82回近畿地方会
  • ステロイド療法で改善した小脳失調を伴ったCIDPの一例。, 原 秀憲, 三井 良之, 長谷川 隆典, 西郷 和真, 楠 進, 第177回日本内科学会近畿地方会,   2005年09月, 第177回日本内科学会近畿地方会
  • 免疫性神経疾患と抗糖脂質抗体:最近の話題について, 楠 進, 第2回新潟県神経免疫研究会,   2005年09月, 第2回新潟県神経免疫研究会
  • 免疫性末梢神経障害, 楠 進, 滋賀医科大学内科神経セミナー,   2005年09月, 滋賀医科大学内科神経セミナー
  • 脳実質超音波検査にて黒質の高エコー反射を認めたパーキンソン病患者の1例, 長谷川 隆典, 橋本 貴司, 鈴木 秀和, 原 秀憲, 楠 進, パーキンソン病フォーラム,   2005年08月, パーキンソン病フォーラム
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の病態におけるcomplex gangliosidesの意義の検討。, 髙田 和男, 宮本 勝一, 楠 進, 古川鋼一, 文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第三回夏期シンポジウム,   2005年08月, 文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第三回夏期シンポジウム
  • 糖鎖に対する自己抗体と脳神経障害, 楠 進, 第23回頭頚部自律神経研究会,   2005年08月, 第23回頭頚部自律神経研究会
  • 免疫性ニューロパチーと抗糖脂質抗体:最近の話題について, 楠 進, 第8回 Osaka Neurology Forum,   2005年08月, 第8回 Osaka Neurology Forum
  • 免疫性末梢神経障害の病態と診断および治療, 楠 進, 第2回徳島しびれ・痛み・脱力研究会,   2005年08月, 第2回徳島しびれ・痛み・脱力研究会
  • CIDPの特徴を合わせもつ遺伝性ニューロパチー症例, 宮本 勝一, 楠 進, 林 幼偉 , 岡 伸幸, 第16回日本末梢神経学会学術集会,   2005年07月, 第16回日本末梢神経学会学術集会
  • Anti-Ganglioside complex antibodys associated with severe disability and mechanical ventilation in Guillain-Barre syndrome., 海田賢一, 楠 進, 神崎真実 鎌倉惠子 元吉和夫 , 森田大児 平川美菜子, Peripheral Nerve Society 2005 Biennial Meeting Guide,   2005年07月, Peripheral Nerve Society 2005 Biennial Meeting Guide
  • 急速な進行のため小脳失調をとらえられず、診断に苦慮したBickerstaff型脳幹脳炎の1例, 板橋 有香, 柳田 英彦, 山本 清一郎, 八木 和郎, 竹村 司, 楠 進, 第32回 大阪てんかん研究会,   2005年07月, 第32回 大阪てんかん研究会
  • The effects of phospholipids on the activity of antiganglioside anitibodies., 平川美菜子, 楠 進, 佐田 昌美, 森田 大児 辻 省次 , Peripheral Nerve Society 2005 Biennial Meeting Guide,   2005年07月, Peripheral Nerve Society 2005 Biennial Meeting Guide
  • (免疫介在ニューロパチーの最近の研究進歩) 抗ガングリオシド抗体の新たな展開について, 楠 進, 第16回日本末梢神経学会学術集会シンポジウム,   2005年07月, 第16回日本末梢神経学会学術集会シンポジウム
  • IgG抗GalNAc-GD1a抗体陽性を呈したbrachial amyotrophic diplegiaの1例。, 所澤 安展, 楠 進, 園生 雅弘 清水 輝夫, 古和 久朋, 第172回日本神経学会関東地方会,   2005年07月, 第172回日本神経学会関東地方会
  • 産褥期に発症したカルバミルリン酸合成酵素欠損症の一症例, 藪田 浩一, 古賀 義久, 塩川 泰啓, 冬田 昌樹, 王 仁成, 稲森 雅幸, 原 秀憲, 楠 進, 第50回日本集中治療医学会近畿地方会,   2005年06月, 第50回日本集中治療医学会近畿地方会
  • 脳実質超音波検査にて黒質の高エコー反射を認めたパーキンソン病患者の1例, 長谷川 隆典, 橋本 貴司, 鈴木 秀和, 原 秀憲, 楠 進, 第176回日本内科学会近畿地方会 ,   2005年06月, 第176回日本内科学会近畿地方会 
  • 産褥期に発症したカルバミルリン酸合成酵素欠損症の一症例, 薮田 浩一, 古賀 義久, 塩川 泰啓, 冬田 昌樹, 王 仁成, 稲森 雅幸, 原 秀憲, 楠 進, 日本集中治療医学会第50回近畿地方会,   2005年06月, 日本集中治療医学会第50回近畿地方会
    概要:カルバミルリン酸合成酵素欠損症は尿素サイクル異常により高アンモニア血症を来たす伴性遺伝疾患であるが、出産を契機に発症し、高アンモニア血症を呈し意識障害を来たした成人発症例に対する治療として持続血液透析が良好な治療効果を得た症例報告
  • 当院における頻回再発寛解を繰り返す多発性硬化症患者におけるinterferon療法の検討, 髙田 和男, 西郷 和真, 宮本 勝一, 三井 良之, 楠 進, 第23回日本神経治療学会総会,   2005年06月, 第23回日本神経治療学会総会
  • 急速な進行のため小脳失調をとらえられず、診断に苦慮したBickerstaff型脳幹脳炎の1例, 板橋 有香, 柳田 英彦, 山本 清一郎, 八木 和郎, 竹村 司, 楠 進, 第47回 日本小児神経学会総会,   2005年05月, 第47回 日本小児神経学会総会
  • 症例から学ぶ末梢神経疾患。, 楠 進, 日本神経学会卒後教育セミナー,   2005年05月, 日本神経学会卒後教育セミナー
  • うつ症状を伴う神経内科疾患。, 楠 進, 平成17年度河内長野市医師会総会講演会,   2005年05月, 平成17年度河内長野市医師会総会講演会
  • 急性免疫性末梢神経障害の治療, 楠 進, 平成16年度日本神経学会東海北陸地区生涯教育講演会,   2005年05月, 平成16年度日本神経学会東海北陸地区生涯教育講演会
  • 拡散強調画像で両側視床下枕に抗信号を認めたGSSの1例, 三井 良之, 金田 明子, 西郷 和真, 佐田 昌美, 楠 進, 第5回南大阪臨床神経内科懇話会,   2005年04月, 第5回南大阪臨床神経内科懇話会
  • 新規抗CTLA-4抗体(3C1.B5)による多発性硬化症モデルの治療効果, 宮本 勝一, 楠 進, Sharpe A Kuchroo V , 第102回 日本内科学会総会  ,   2005年04月, 第102回 日本内科学会総会  
  • 脳実質超音波検査にて黒質の高エコー反射を認めたパーキンソン病患者の1例, 長谷川 隆典, 橋本 貴司, 鈴木 秀和, 原 秀憲, 楠 進, 第7回和歌山・泉南地区パーキンソン病治療研究会 ,   2005年03月, 第7回和歌山・泉南地区パーキンソン病治療研究会 
  • 新規抗CTLA-4抗体を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎の治療。, 宮本 勝一, 楠 進, Sharpe A Kuchroo V, 第17回日本神経免疫学会学術集会  ,   2005年03月, 第17回日本神経免疫学会学術集会  
  • Campylobacter fetusによる髄膜炎の1例, 塩山 実章, 佐田 昌美, 橋本 貴司, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 上田 治夫 中坂 義邦 北口 正孝, 第2回 大阪ニューロサイエンスクラブ ,   2005年03月, 第2回 大阪ニューロサイエンスクラブ 
  • 神経免疫疾患の研究の最前線、ギラン・バレー症候群。, 楠 進, 第17回日本神経面系学会市民公開講座,   2005年03月, 第17回日本神経面系学会市民公開講座
  • ヒト外眼筋支配脳神経におけるGQ1b/GT1a糖鎖抗原のsubcellular localizationの検討, 千葉 厚郎, 楠 進, 内堀 歩 作田 学 , 第17回日本神経免疫学会学術集会,   2005年03月, 第17回日本神経免疫学会学術集会
  • ギランバレー症候群の患者血中抗GD1b IgG抗体の活性に及ぼすリン脂質の影響, 平川 美菜子, 楠 進, 佐田 昌美, 森田 大児, 第17回日本神経免疫学会学術集会,   2005年03月, 第17回日本神経免疫学会学術集会
  • 抗GD1a-GD1b複合体抗体はGuillain-Barre症候群の重症化と関連する。, 海田 賢一, 楠 進, 神崎 真実 鎌倉 惠子 元吉 和夫 , 森田 大児 平川 美菜子, 第17回日本神経免疫学会学術集会,   2005年03月, 第17回日本神経免疫学会学術集会
  • マイコプラズマ肺炎後の脱髄性神経障害と抗galactocerebroside抗体。, 森田 大児, 楠 進, 松田 和洋 清水 潤 三方 崇嗣 平川 美菜子 辻 省次, 第17回日本神経免疫学会学術集会,   2005年03月, 第17回日本神経免疫学会学術集会
  • 免疫吸着療法が著効を呈しPCB(Pharyngeal-cervical-brachial)型Guillain-Barre症候群の48歳女性の一例。, 塚本 忠, 楠 進, 神宝 知行, 第171回日本神経学会関東地方会,   2005年03月, 第171回日本神経学会関東地方会
  • ギラン・バレー症候群および関連疾患における抗ガングリオシド抗体の診断的および病因的意義について。, 楠 進, 第3回ギラン・バレー症候群および関連疾患学術講演会,   2005年02月, 第3回ギラン・バレー症候群および関連疾患学術講演会
  • 免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究, 楠 進, 平成16年度厚生労働科学研究 こころの健康科学(神経分野)研究成果発表会,   2005年02月, 平成16年度厚生労働科学研究 こころの健康科学(神経分野)研究成果発表会
  • ステロイドとタクロリムスにより浸潤性胸腺腫の退縮と臨床症状の改善を認めた重症筋無力症(MG)の一例, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 阿部 宏美, 三井 良之, 楠 進, 第81回日本神経学会近畿地方会,   2005年02月, 第81回日本神経学会近畿地方会
  • 拡散強調画像にて両側視床に病変を認めたGSSの1例, 金田 明子, 楠 進, 佐田 昌美, 阪本 光, 橋本 貴司, 西郷 和真, 髙田 和男, 三井 良之, 日本神経学会第81回近畿地方会 ,   2005年02月, 日本神経学会第81回近畿地方会 
  • ギラン・バレー症候群(GBS)2症例の比較検討。, 松井 尚子, 楠 進, 中根 俊成 野寺 裕之 島津 秀紀 坂本 崇 和泉 唯信 西田 善彦 梶 龍兒, 第77回日本神経学会中国四国地方会、広島)臨床神経学 45:173, 2005.,   2005年02月, 第77回日本神経学会中国四国地方会、広島)臨床神経学 45:173, 2005.
  • 肺炎マイコプラズマ脂質成分を接種したウサギ血清の脱髄活性の検討。, 森田大児, 楠 進, 松田和洋 清水潤 平川美菜子 辻省次 , 平成16年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第3回公開シンポジウム ,   2005年01月, 平成16年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」第3回公開シンポジウム 
  • 抗GluR 2抗体陽性の難治性てんかんを呈した1例, 原 秀憲, 楠 進, 髙田 和男, 西郷 和真, 三井 良之, 第31回大阪てんかん研究会,   2005年01月, 第31回大阪てんかん研究会
  • 免疫性ニューロパチーにおける血中の抗糖脂質抗体活性に及ぼすリン脂質の影響。, 楠 進, 佐田 昌美, 平川 美菜子 佐田 昌美 森田 大児, 免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成16年度班会議,   2005年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成16年度班会議
  • Ganglioside complexに対する抗体をもつGuillain-Barre症候群の臨床的解析。, 楠 進, 海田 賢一 神崎 真実 鎌倉 惠子 元吉 和夫, 森田 大児 平川 美菜子, 免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成16年度班会議,   2005年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班、平成16年度班会議
  • 外眼筋・咽頭筋の高度麻痺を呈し、抗ガングリオシド抗体陽性であった69歳女性例, 近藤 秀行, 楠 進, 永田 三保子 森田 光哉 中野 今治 , 第169回日本神経学会関東地方会 ,   2005年01月, 第169回日本神経学会関東地方会 
  • 抗MuSK抗体陽性の重症筋無力症にネフローゼ症候群が合併した1例, 塩山 実章, 上田 治夫, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 内木 義人, 白石 祐一 本村 政勝, 第175回日本内科学会近畿地方会 ,   2004年12月, 第175回日本内科学会近畿地方会 
  • IgMパラプロテイン血症を伴うニューロパチーの治療について。, 平川 美菜子, 楠 進, 三井 良之, 森田 大児, 難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発班平成16年度班会議,   2004年12月, 難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発班平成16年度班会議
  • ギラン・バレー症候群の診断と治療, 楠 進, 日本ベーリンガーインゲルハイム㈱ 臨床講座 ,   2004年12月, 日本ベーリンガーインゲルハイム㈱ 臨床講座 
  • 多発性硬化症の血清及び髄液中の神経髄鞘成分に対する抗体の検討, 宮本 勝一, 楠 進, 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究」班,   2004年12月, 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究」班
  • 免疫性ニューロパチー患者における定量的軸索反射性発汗試験の検討, 葛本 佳正, 木原 幹洋, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 第45回日本神経学会総会 ,   2004年12月, 第45回日本神経学会総会 
  • Campylobacter jejuni由来Dps蛋白のレセプター同定と神経障害作用, 朴 華, 楠 進, 三野原 元澄 吉良 潤一, 森田 大児, 第45回日本神経学会総会 ,   2004年12月, 第45回日本神経学会総会 
  • Guillain-Barre症候群の新たな標的抗原としてのガングリオシド複合抗体, 海田 賢一, 楠 進, 神崎 真実 元吉 和夫 鎌倉 恵子, 森田 大児 平川 美菜子, 第45回日本神経学会総会 ,   2004年12月, 第45回日本神経学会総会 
  • 急性小脳性運動失調症における自己抗体の検討, 内堀 歩, 楠 進, 千葉 厚郎 作田 学, 第45回日本神経学会総会 ,   2004年12月, 第45回日本神経学会総会 
  • 肺炎マイコプラズマ菌体脂質成分によるウサギ感作:血中抗体の反応性の検討, 森田 大児, 楠 進, 平川 美菜子 辻 省次 松田 和洋, 第45回日本神経学会総会 ,   2004年12月, 第45回日本神経学会総会 
  • GBS,CIDP,MMNの抗GMI IgM抗体活性に対するリン脂質の効果, 平川 美菜子, 楠 進, 森田 大児 辻 省次, 第45回日本神経学会総会 ,   2004年12月, 第45回日本神経学会総会 
  • インフルエンザワクチン接種後に発症したギラン・バレー症候群の1例。, 原口俊, 楠 進, 第43回全国自治体病院学会,   2004年11月, 第43回全国自治体病院学会
  • 頭痛診療について, 楠 進, 地域頭痛医療推進連携会,   2004年11月, 地域頭痛医療推進連携会
  • GD1a-GD1b complex:new target antigen in Gullain-Barre syndrome., 海田賢一, 楠 進, 神崎真実 鎌倉惠子 元吉和夫, 森田大児 平川美菜子, 第129回アメリカ神経学会,   2004年10月, 第129回アメリカ神経学会
  • Quantitative Sudomortor Axon Reflex Test in Patients with Autoimmune Neuropathies., 葛本 佳正, 木原 幹洋, 塩山 実章, 三井 良之, 楠 進, 第129回アメリカ神経学会 ,   2004年10月, 第129回アメリカ神経学会 
  • Campylobacter fetusによる髄膜炎の1例, 塩山 実章, 上田 治夫, 佐田 昌美, 橋本 貴司, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 中坂 義邦 北口 正孝, 第9回日本神経感染症学会,   2004年10月, 第9回日本神経感染症学会
  • 免疫性神経疾患における抗糖脂質抗体, 楠 進, ジョージア医科大学分子医科学遺伝学研究所で講演 ,   2004年10月, ジョージア医科大学分子医科学遺伝学研究所で講演 
  • Inoculation with lipids from Mycoplasma pueumoniae induced production of antibodies against a major myelin glycolipid, Gan-C., 森田 大児, 楠 進, 平川 美菜子 辻 省次 松田 和洋 , 第129回アメリカ神経学会 ,   2004年10月, 第129回アメリカ神経学会 
  • Effects of phospholipids on the activity of anti-GM1 IgM anitibodies in autoimmune neuropathies., 平川 美菜子, 楠 進, 森田 大児 辻 省次, 第129回アメリカ神経学会,   2004年10月, 第129回アメリカ神経学会
  • 小細胞肺癌におけるα1,2-フコース転移酵素のフコシルGM1生合成への関与, 徳田 典代, 楠 進, 章 青 花村 祥子 上田 龍三 古川 圭子 浦野 健 古川 鋼一, 第77回日本生化学会,   2004年10月, 第77回日本生化学会
  • 非定型精神病薬内服中に一過性高CK血症を合併したパーキンソン病の3例(悪性症候群との関連を中心に), 西郷 和真, 錦野 真理子, 阪本 光, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第56回近畿大学医学会学術講演会 ,   2004年10月, 第56回近畿大学医学会学術講演会 
    概要:非定型精神病薬内服中に一過性高CK血症を合併したパーキンソン病の3例を報告した。
  • 抗ガングリオシド抗体陽性の右腕神経叢障害を伴った悪性リンパ腫の1例, 古田 興之助, 楠 進, 副島 直子 吉村 怜 松岡 健 緒方 勝也 山崎 賢智 衛藤 徹也, 第166回日本神経学会 九州地方会,   2004年10月, 第166回日本神経学会 九州地方会
  • 病初期にchorea様の運動が出現したCreutzfeldt-Jakob病の1例, 橋本 貴司, 楠 進, 佐田 昌美, 三井 良之, 日本神経学会第80回近畿地方会 ,   2004年10月, 日本神経学会第80回近畿地方会 
  • 小細胞肺癌におけるフコシルGM1発現機構の解析, 徳田典代, 楠 進, 章青 花村祥子 上田龍三 古川圭子 浦野健 古川鋼一 , 福岡,   2004年09月, 福岡
  • 同種骨髄移植5年後に発症した自己免疫性血小板減少症,甲状腺腺炎と末梢性ニューロパチー, 石田宏之, 楠 進, 中井倫子,吉原隆夫,今村俊彦, 横井健太郎,森本哲,今宿晋作, 第66回日本血液学会総会 第46回日本臨床血液学会総会,   2004年09月, 第66回日本血液学会総会 第46回日本臨床血液学会総会
  • マイコプラズマ肺炎と抗galactocerebroside抗体。, 楠 進, 森田 大児, 松田 和洋, 科学研究費補助金特定領域研究:糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第2回夏期シンポジウム,   2004年08月, 科学研究費補助金特定領域研究:糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節 第2回夏期シンポジウム
  • MSの病態と自己抗体, 楠 進, 第3回MSワークショップ ,   2004年08月, 第3回MSワークショップ 
  • 抗GaINAcGD1a IgM抗体を認めた急性散在性脳脊髄炎(ADEM)の1例, 山本 伸昭, 楠 進, 和泉 唯信 島津 秀紀 村瀬 永子 野寺 裕之 坂本 祟 梶 龍兒 , 第76回日本神経学会中国・四国地方会 ,   2004年08月, 第76回日本神経学会中国・四国地方会 
  • Guillain-Barre症候群と抗糖鎖脂質抗体:診断的および病因的意義について, 楠 進, 森田 大児 平川 美菜子, 平成16年度生理研究所研究会 糖鎖病態研究会 ,   2004年07月, 平成16年度生理研究所研究会 糖鎖病態研究会 
  • 免疫吸着、IVIgで改善後に末梢性顔面神経麻痺が出現したGuillain-Barre症候群合併のBickerstaff型脳幹脳炎の1例。, 大沢天使, 楠 進, 針谷康夫, 第167回日本神経学会関東地方会,   2004年07月, 第167回日本神経学会関東地方会
    概要:免疫吸着と免疫グロブリン大量静注療法により症状改善後に、末梢性顔面神経麻痺が出現した「Guillain-Barr?症候群とBickerstaff型脳幹脳炎の特徴を兼ね備えた症例」を報告した。
  • 非定型精神病薬内服中に一過性高CK血症を合併したパーキンソン病の3例(悪性症候群との関連を中心に), 錦野 真理子, 西郷 和真, 鈴木 秀和, 阪本 光, 橋本 貴司, 長谷川 隆典, 上田 治夫, 髙田 和男, 三井 良之, 楠 進, 第173回日本内科学会近畿地方会 ,   2004年06月, 第173回日本内科学会近畿地方会 
    概要:非定型精神病薬内服中に一過性高CK血症を合併したパーキンソン病の3例を報告した。
  • 強皮症に合併した抗リン脂質抗体症候群による内頚動脈のoscillating thrombusを認めた脳塞栓の1例, 長谷川 隆典, 橋本 貴司, 佐田 昌美, 楠 進, 第23回日本脳神経超音波学会 ,   2004年06月, 第23回日本脳神経超音波学会 
  • 抗ガングリオシド抗体の上昇を認めた再発性ギラン・バレー症候群の1例, 中治 佳代子, 楠 進, 冨本 秀和 下濱 俊, 水谷 江太郎 目崎 高広, 森田 大児 平川 美奈子, 第173回日本内科学会近畿地方会 ,   2004年06月, 第173回日本内科学会近畿地方会 
  • 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー治療ガイドライン作成過程での問題点の今後の展望-免疫学的病態から見たCIDP, 楠 進, 第22回日本神経治療学会総会,   2004年06月, 第22回日本神経治療学会総会
  • 単純血漿交換療法が著効を呈した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 三井 良之, 楠 進, 本村 政勝 白石 裕一 吉村 俊朗, 第22回日本神経治療学会総会,   2004年06月, 第22回日本神経治療学会総会
  • ゾニサミドが著効したパーキンソン病の1例, 長谷川 隆典, 鈴木 秀和, 三井 良之, 楠 進, 第1回南大阪PDフォーラム ,   2004年05月, 第1回南大阪PDフォーラム 
  • Guillain-Barre症候群における重症化・難治化の要因と治療方針:抗糖脂質抗体の意義, 楠 進, 第45回日本神経学会総会(ランチセミナー) ,   2004年05月, 第45回日本神経学会総会(ランチセミナー) 
  • 著明な瞳孔散大を示したMiller Fisher症候群の1例, 佐田昌美, 楠 進, 阪本 光, 三井 良之, 第54回 近畿大学医学会学術講演会,   2004年04月, 第54回 近畿大学医学会学術講演会
    概要:外転神経麻痺による複視を主訴とし、両側瞳孔7mmと著明な内眼筋麻痺を合併、体幹失調、腱反射消失認め、血清抗GQIb抗体が陽性で、Fisher症候群と診断できた症例を経験した。外眼筋麻痺の程度に比べ内眼筋麻痺が高度であった点が特徴的であった。
  • 単純血漿交換が著効した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の一例, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 渥美 正彦, 三井 良之, 楠 進, 北口 正孝, 本村 政勝, 吉村 俊朗, 日本神経学会 第79回近畿地方会,   2004年03月, 日本神経学会 第79回近畿地方会
  • 著明な瞳孔散大を示したMiller Fisher症候群の1例, 佐田 昌美, 楠 進, 阪本 光, 三井 良之, 日本神経学会 第79回近畿地方会  ,   2004年03月, 日本神経学会 第79回近畿地方会  
    概要:外転神経麻痺による複視を主訴とし、両側瞳孔7mmと著明な内眼筋麻痺を合併、体幹失調、腱反射消失認め、血清抗GQIb抗体が陽性で、Fisher症候群と診断できた症例を経験した。外眼筋麻痺の程度に比べ内眼筋麻痺が高度であった点が特徴的であった。
  • ギラン・バレー症候群と抗糖脂質抗体。, 楠 進, 第4回神経・筋の免疫疾患を考える会,   2004年02月, 第4回神経・筋の免疫疾患を考える会
  • 免疫性ニューロパチーの診療および病態解析と抗糖脂質抗体。, 楠 進, 第5回北関東三県神経免疫フォーラム,   2004年02月, 第5回北関東三県神経免疫フォーラム
  • 免疫性ニューロパチーにおける抗ガングリオシド抗体の臨床的意義。, 楠 進, こころの健康科学研究成果発表会(研究者向け),   2004年02月, こころの健康科学研究成果発表会(研究者向け)
  • 免疫性ニューロパチーの診療と病態解明における抗糖脂質抗体の意義。, 楠 進, 熊本神経免疫シンポジウム,   2004年02月, 熊本神経免疫シンポジウム
  • ニューロパチー(末梢神経障害), 楠 進, 大阪府医師会平成15年度セミナー形式による研修会。,   2004年02月, 大阪府医師会平成15年度セミナー形式による研修会。
  • 肺炎マイコプラズマ菌体脂質成分を接種したウサギ血中抗体の反応性の検討, 楠 進, 森田大児 平川美菜子 辻省次 松田和洋 , 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成15年度班会議,   2004年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成15年度班会議
  • Guillain-Barre 症候群の新たな標的抗原としてのガングリオシド複合抗原, 楠 進, 海田賢一 神崎真実 鎌倉恵子 元吉和夫 , 森田大児 平川美菜子, 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成15年度班会議,   2004年01月, 免疫性神経疾患に関する調査研究班平成15年度班会議
  • 急性小脳性運動失調症における自己抗体の検討, 内堀 歩, 楠 進, 千葉 厚郎 作田 学, 第16回日本神経免疫学会学術集会,   2004年01月, 第16回日本神経免疫学会学術集会
  • 免疫性ニューロパチーにおける抗GM1 IgM抗体の反応性に及ぼすリン脂質の効果, 平川 美菜子, 楠 進, 森田 大児 辻 省次, 第16回日本神経免疫学会学術集会,   2004年01月, 第16回日本神経免疫学会学術集会
  • Guillain-Barre syndromeにおけるGaINAc-GD1aとリン脂質の混合抗原に対する血中IgG抗体の検討, 森田 大児, 楠 進, 平川 美菜子 辻 省次, 第16回日本神経免疫学会学術集会,   2004年01月, 第16回日本神経免疫学会学術集会
  • Campylobacter jejuni由来Dps蛋白とsulfatideとの結合, 朴 華, 楠 進, 三野原 元澄,石川 祟彦, 石津 尚明,小副川 学, 村井 弘之,水之江 義充, 吉良 潤一, 森田 大児, 第16回日本神経免疫学会学術集会,   2004年01月, 第16回日本神経免疫学会学術集会
  • PBP様所見を呈したPharyngeal-cervial-brachial variant of GBS (GBS/PCB)の一例。, 水野 秀紀, 楠 進, 長谷川 隆文 志賀 裕正 糸山 泰人 桧野 正俊, 森田 大児 平川 美菜子, 第73回日本神経学会東北地方会,   2004年01月, 第73回日本神経学会東北地方会
  • 首下がりが初発症状であった多系統萎縮症の一例, 阿部 宏美, 塩山 実章, 上田 治夫, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 三井 良之, 楠 進, 第172回日本内科学会 近畿地方会,   2003年12月, 第172回日本内科学会 近畿地方会
    概要:首下がりで発症し、多系統萎縮症(以下MSA)と診断した症例を経験した。一般にパーキンソニズムに伴う首下がりの報告例の多くはMSAであり、この徴候がパーキンソン病とMSAの鑑別点になる可能性を文献的考察をまじえて報告した。
  • 炎症性ニューロパチーの治療への展望。, 楠 進, ワークショップ「難治性ニューロパチーの治療への新しい展開」,   2003年12月, ワークショップ「難治性ニューロパチーの治療への新しい展開」
    概要:ギラン・バレー症候群やCIDPなどの炎症性ニューロパチーの治療について、現状、問題点、および将来的展望について講演した。
  • ギラン・バレー症候群の診断および病態解析と抗糖脂質抗体。, 楠 進, 第1回京滋末梢神経疾患研究会,   2003年12月, 第1回京滋末梢神経疾患研究会
    概要:ギラン・バレー症候群における抗糖脂質抗体について、診断マーカーとして、および病態解明の手がかりとしての意義について講演した。
  • 抗GQ1b IgG抗体の病因的意義:経時変化からの検討。, 内堀 歩  , 楠 進, 千葉厚郎 大石知瑞子  小林康弘 作田 学, 第44回日本神経学会総会,   2003年12月, 第44回日本神経学会総会
    概要:Fisher症候群における抗GQ1b IgG抗体の抗体価を経時的に測定し、発症の直前に抗体価が最も高くなることを明らかにして、抗GQ1b IgG抗体が発症の原因となる因子であることを支持する結果を得た。
  • ギラン・バレー症候群におけるC. jejuni由来Dps蛋白に対する免疫応答の存在。    , 朴  華  , 楠 進, 三野原元澄 石川崇彦  孫 暁嘉 小副川学 水之江義充  吉良潤一, 第44回日本神経学会総会,   2003年12月, 第44回日本神経学会総会
    概要:Campylobater jejuni由来Dps蛋白に対する免疫応答について検討し、Campylobater jejuni感染を先行感染として発症するGuillain-Barr?症候群の新たな病態機序解明の端緒を得た。
  • CIDP患者血清中に見いだされたIgM class抗核抗体についての検討。, 千葉圧郎, 楠 進, 内堀 歩 作田 学, 第44回日本神経学会総会,   2003年12月, 第44回日本神経学会総会
    概要:GBSと違い、血清中抗体の見出される頻度が少なかったCIDPにおいて、新たな抗原に対する抗体活性を患者血中に見出した。CIDPの診断および病態解明に役立つ所見と考えられた。
  • Guillain-Barre及びFisher症候群における抗GD1b,GQ1b抗体の微細反応性に関する検討。, 海田 賢一, 楠 進, 鎌倉 惠子, 有田 政信, 辻 省次, 第44回日本神経学会総会  ,   2003年12月, 第44回日本神経学会総会  
    概要:Guillain-BarreおよびFisher症候群における抗GD1b、GQ1b抗体の微細反応性に関する検討を行い、両者を同時に認識する抗体陽性例は、眼球運動麻痺や失調の他に、深部感覚障害も伴うことを明らかにした。
  • GBSとFSにおける血中抗体の反応性に及ぼすリン脂質の効果。, 平川美菜子 , 楠 進, 森田大児 辻 省次, 第44回日本神経学会総会,   2003年12月, 第44回日本神経学会総会
    概要:GBSやフィッシャー症候群患者血中の抗ガングリオシド抗体の反応性が、共存するリン脂質によりどのように影響されるかを検討した。結果の詳細な解析は診断検査の有用性を向上させ、病態解明にも有用である。
  • MFSにおける抗GQ1b抗体のリン脂質共存下での反応性の変化と臨床症状の関連。, 森田大児, 楠 進, 平川美菜子 辻 省次, 第44回日本神経学会総会,   2003年12月, 第44回日本神経学会総会
    概要:MFSにおける抗GQ1b抗体のリン脂質共存下での反応性を検討し、臨床症状との関連を検討した。その結果反応性の違いが球麻痺症状の有無と関連することを明らかにした。
  • 抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の一例, 鈴木 秀和, 長谷川 隆典, 三井 良之, 楠 進, 渥美 正彦, 北口 正孝, 本村 政勝, 吉村 俊朗, 日本神経学会第79回近畿地方会,   2003年11月, 日本神経学会第79回近畿地方会
  • 免疫性神経疾患と糖鎖に対する自己抗体。, 楠 進, 第9回神経疾患セミナー,   2003年11月, 第9回神経疾患セミナー
    概要:ギラン・バレー症候群やCIDPなどの免疫性神経疾患の診断と病態解明について抗糖脂質抗体に焦点を当てて講演した。
  • 頭痛についての治療・診断。, 楠 進, 学術講演会,   2003年11月, 学術講演会
    概要:片頭痛、緊張型頭痛など日常診療でよく遭遇する頭痛を中心に解説した。
  • γ-グロブリン大量静注療法後に再燃し、免疫吸着療法が奏効した劇症型Guillain-Barre症候群の1例。, 神 一敬, 楠 進, 佐藤 滋 大沼 歩 野村 宏 高瀬 貞夫, 第21回日本神経治療学会総会,   2003年11月, 第21回日本神経治療学会総会
    概要:γ-グロブリン大量静注療法後に再燃し、重症化したが、免疫吸着療法が奏効したGuillain-Barre症候群の症例を報告した。治療法を考えていく上できわめて重要な症例と考えられた。
  • Campylobactor jejuni由来Dps蛋白はSulfatideと結合する。, 朴 華, 楠 進, 三野原元澄 吉良潤一, 森田大児, 第15回日本神経免疫学会学術集会,   2003年11月, 第15回日本神経免疫学会学術集会
  • 免疫性ニューロパチーと糖鎖に対する自己抗体。, 楠 進, 第8回神経内科セミナー・SENDAI,   2003年10月, 第8回神経内科セミナー・SENDAI
    概要:ラン・バレー症候群やCIDPなどの免疫性ニューロパチーの診断と治療および病態解明にあたっての抗糖脂質抗体の意義について講演した。
  • 免疫性ニューロパチーの診療における抗糖脂質抗体の意義。, 楠 進, 第4回大阪末梢神経研究会講演会,   2003年10月, 第4回大阪末梢神経研究会講演会
    概要:ギラン・バレー症候群やCIDPなどの免疫性末梢神経障害の診断、病態解明および治療法選択にあたっての抗糖脂質抗体の意義について講演した。
  • 免疫性ニューロパチーの診断と病態解明における抗糖脂質抗体の意義。, 楠 進, 第5回京滋神経免疫フォーラム,   2003年10月, 第5回京滋神経免疫フォーラム
    概要:ギラン・バレー症候群やCIDPなどの免疫性末梢神経障害の診断と病態解明にあたっての抗糖脂質抗体の意義について講演した。
  • 免疫性ニューロパチーの診断と病態解明における抗糖脂質抗体の意義。, 楠 進, 第5回中国・四国神経免疫研究会,   2003年10月, 第5回中国・四国神経免疫研究会
    概要:ギラン・バレー症候群やCIDPなどの免疫性末梢神経障害の診断と病態解明にあたっての抗糖脂質抗体の意義について講演した。
  • 臨床症状と白質病変の経時的変化を認めた副腎白質ジストロフィー(ADL)女性発症者の1例, 鈴木 秀和, 三井 良之, 稲次 洋平, 木原 幹洋, 高橋 光雄, 楠 進, 第54回近畿大学医学会学術講演会,   2003年10月, 第54回近畿大学医学会学術講演会
  • 免疫性ニューロパチーの診断と病態解明における抗糖脂質抗体の意義。, 楠 進, 第5回北陸神経免疫フォーラム ,   2003年09月, 第5回北陸神経免疫フォーラム 
    概要:ギラン・バレー症候群やCIDPなどの免疫性末梢神経障害の診断と病態解明にあたっての抗糖脂質抗体の意義について講演した。
  • Miller Fisher症候群とGuillain-Barr?症候群における抗GQ1b IgG抗体の継時的変化の観察:眼球運動麻痺における病因的役割に着目して。, 内堀 歩, 楠 進, 他2名, Peripheral Nerve Society Meeting,   2003年08月, Peripheral Nerve Society Meeting
    概要:Miller Fisher症候群とGuillain-Barr?症候群における抗GQ1b IgG抗体の継時的変化を詳細に検討し、眼球運動麻痺発症直前に抗体価が最大になることをみいだした。この結果は、同抗体の眼球運動麻痺における病因的役割を示唆するものである。
  • CIDP患者にみられるIgMクラスの抗核抗体の解析。, 千葉厚郎, 楠 進, 他2名, Peripheral Nerve Society Meeting,   2003年08月, Peripheral Nerve Society Meeting
    概要:従来有意な抗体上昇が知られていなかったCIDPにおいて、未同定の蛋白成分に対するIgMクラスの抗体上昇を見出して報告した。
  • Miller Fisher症候群における、「GQ1bとリン脂質の混合抗原」に対する血清中IgG抗体の反応性と臨床的特徴との関連, 森田大児, 楠 進, 平川美菜子 辻 省次, Peripheral Nerve Society Meeting,,   2003年08月, Peripheral Nerve Society Meeting,
    概要:Miller Fisher症候群における抗GQ1b抗体の反応性について、GQ1bとリン脂質であるphosphatidic acidの混合抗原を用いた場合の反応性の変化と、臨床症状の特徴との対応を検討し、球麻痺合併の有無との間に相関があることをみいだした。
  • ギラン・バレー症候群とその亜型における抗GD1b抗体と抗GQ1b抗体の微細反応性。, 海田賢一, 楠 進, 他3名, Peripheral Nerve Society Meeting,,   2003年08月, Peripheral Nerve Society Meeting,
    概要:ギラン・バレー症候群とその亜型にみられる抗体を検討し、GD1bとGQ1bの両者に交差反応する抗体を伴う症例の臨床的特徴をしらべ、その抗体のもつ臨床的意義について検討した。
  • リン脂質は抗ガングリオシド抗体の反応性に影響を与える。, 平川美菜子, 楠 進, 森田大児 辻 省次, Peripheral Nerve Society Meeting,   2003年08月, Peripheral Nerve Society Meeting
    概要:ギラン・バレー症候群などの免疫性ニューロパチーにみられる抗ガングリオシド抗体の反応性に及ぼすさまざまなリン脂質の影響を解析した。
  • 糖鎖に対する免疫反応と神経疾患。, 楠 進, 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節・第一回夏季シンポジウム,   2003年08月, 糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節・第一回夏季シンポジウム
    概要:神経疾患における、自己抗体などの糖鎖に対する免疫反応について、これまでの成果を講演した。
  • 免疫性末梢神経障害の診断と治療:抗糖脂質抗体の意義。, 楠 進, 第54回近畿内科神経懇話会,   2003年07月, 第54回近畿内科神経懇話会
    概要:ギラン・バレー症候群やCIDPなどの免疫性末梢神経障害の診断と治療について総説し、診断および治療方針決定のマーカーとしての抗糖脂質抗体の意義について講演した。
  • 両側性の緊張性瞳孔で発症し、ガンマグロブリン大量静注療法が有効であったフィッシャー症候群の1例。, 辻 拓司, 楠 進, 山本 光利 馬場 哲也, 第74回日本神経学会中国・四国地方会,   2003年07月, 第74回日本神経学会中国・四国地方会
  • 免疫性ニューロパチーの診断と治療戦略 (ランチョンセミナー), 楠 進, 第21回日本神経治療学会総会,   2003年06月, 第21回日本神経治療学会総会
    概要:Guillain-Barr?症候群や慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーなどの免疫性ニューロパチーの診断と治療方針の立て方について、抗糖脂質抗体検査をいかに有効に使うかを中心に講演した。
  • 基底核病変と特異な小脳皮質の造影を示した脳症の一例, 佐田 昌美, 楠 進, 阪本 光, 三井 良之, 木原 幹洋 , 高橋 光雄, 第1回南大阪神経内科勉強会,   2003年04月, 第1回南大阪神経内科勉強会
    概要:頭痛を主訴とし、頭部MRIにて基底核と小脳皮質中心に造影効果を認める多発性陰影を認め。ステロイドの効果があった症例についての検討。
  • 糖尿病が先行した,Kennedy-Alter-Sung病の症例, 張麗香, 楠 進, 林道夫, 第40回日本糖尿病学会関東甲信越地方会,   2003年04月, 第40回日本糖尿病学会関東甲信越地方会

MISC

  • 特集「自律神経障害をきたすニューロパチー;最近の進歩」を企画して, 楠 進, 末梢神経 Peripheral Nerve, 24, 1, 3, 4,   2013年
  • 免疫性神経疾患の診療ガイドライン作成をしながら考えたこと, 楠 進, 近畿大医誌, 38, 1,2, 巻頭言,   2013年
  • 多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMO)の最新情報 特集にあたって, 楠 進, Pharma Medica Pharma Medica, 31, 6, 7, 8,   2013年
  • 1-Bromopropane曝露による中毒性神経障害の一例., 楠 進, 寒川 真, 塩山 実章, 鈴木 秀和, 上田昌美, 三井 良之, 岡 伸幸, 市原 学, 産業医学ジャーナル, 36, 4, 16, 21,   2013年
  • 免疫性神経疾患ハンドブック, 楠 進, 免疫性神経疾患ハンドブック,   2013年
  • 特集:自律神経障害をきたすニューロパチー;最近の進歩, 楠 進, Peripheral Nerve末梢神経,   2013年
  • 免疫性神経疾患の治療ガイドライン作成において考えたこと, 楠 進, 神経治療学, 29, 4, 369, 370,   2012年07月
  • 特集/免疫性神経疾患の治療:標準的治療とトピックス 特集にあたって, 楠 進, 神経治療学, 29, 1, 9,   2012年02月
  • 免疫性神経疾患の治療:標準的治療とトピックス, 楠 進, 神経治療学, 29, 1,   2012年
  • ギラン・バレー症候群の再発と頻度, 楠 進, 日本医事新報, 4600, 58, 59,   2012年
  • Guillain-Barre症候群の重症度/予後予測に関する最新の研究について, 楠 進, Neurotopics No.3 Neurotopics No.3,   2012年
  • 鼎談 「免疫性神経疾患を診る!」~調査研究から最新知見まで~, 楠 進, 梶 龍児, 桑原 聡, ImmunoView ImmunoView, 2, 1, 4,   2012年
  • 神経治療最前線2 2011 Peripheral Nerve Society (PNS) Biennial Meeting報告., 楠 進, 神経治療学, 28, 397, 398,   2011年
  • 編集後記., 楠 進, Peripheral Nerve末梢神経, 22, 115,   2011年
  • 開催を終えて:国際シンポジウム視神経脊髄炎(NMO)の新たな展開, 楠 進, AGENDA(淡路夢舞台国際会議場ニューズレター), 39, 3,   2010年
  • 整形外科の日常診療,見逃しやすい他科疾患:ギラン・バレー症候群, 楠 進, 整形爛漫, 10, 11,   2010年
  • どうしましたーギラン・バレー症候群, 楠 進, 朝日新聞,   2009年10月
  • Guillain-Barre症候群における抗GD1b抗体の特異性と失調の病態に関する研究, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金こころの健康科学研究事業 「糖鎖の関連するニューロパチーの分子病態の解析」平成18年度総括・分担研究報告書, 7, 10,   2007年04月
  • GD1b感作による感覚障害性失調症ニューロパチー動物モデルの病態, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金こころの健康科学研究事業 「糖鎖の関連するニューロパチーの分子病態の解析」平成18年度総括・分担研究報告書, 4, 6,   2007年04月
  • 糖鎖の関連するニューロパチーの分子病態の解析, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金こころの健康科学研究事業 「糖鎖の関連するニューロパチーの分子病態の解析」平成18年度総括・分担研究報告書, 1, 1,   2007年04月
  • 実験的自己免疫性脳脊髄炎の中枢神経におけるaquaporin-4の検討, 楠 進, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成18年度総括・分担研究報告書, 35, 35,   2007年03月
  • 「実験的自己免疫性脳脊髄炎を用いた多発性硬化症の病態解明と新規治療法開発」に関する研究, 楠 進, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成16-18年度総合研究報告書, 57, 58,   2007年03月
  • 免疫性ニューロパチーと抗ガングリオシド抗体:最近の進歩を中心に。, 楠 進, こころの健康科学研究の現状と課題-今後の研究のあり方について-(久野貞子、樋口輝彦、編、), 275, 283,   2007年
  • 免疫性ニューロパチー血中抗ガングリオシド抗体の反応性に及ぼすリン脂質の影響, 楠 進, 厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業 「免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究」平成17年度 総括・分担研究報告書, 8, 10,   2006年04月
  • 抗GD1b抗体単独陽性血清を用いた抗ガングリオシド抗体のganglioside-complexに対する反応特異性の検討, 楠 進, 厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業 「免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究」平成17年度 総括・分担研究報告書, 4, 7,   2006年04月
  • 免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。, 楠 進, 厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業 「免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究」平成17年度 総括・分担研究報告書, 1, 3,   2006年04月
  • 免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。(分担報告), 楠 進, 厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業 「免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究」平成15年度~平成17年度 総合研究報告書 , 7, 13,   2006年04月
  • 免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。(総括報告), 楠 進, 厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業 「免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究」平成15年度~平成17年度 総合研究報告書 , 1, 5,   2006年04月
  • COX-2阻害剤を用いた実験的自己免疫性脳脊髄炎への治療。, 楠 進, 厚生省難治性疾患克服研究事業「難治性疾患の画期的診断・治療法等に関する研究班 平成17年度総括・分担研究報告書, 52, 53,   2006年03月
  • Guillain-Barre症候群血中抗体の反応性に及ぼすリン脂質の影響。, 平川美菜子, 楠 進, 佐田 昌美, 三井 良之, 免疫性神経疾患に関する調査研究(H17-難治-16)平成17年度総括・分担研究報告書, 171, 172,   2006年03月
  • Miller Fisher症候群における新規抗ガングリオシド複合体抗体とその反応特異性。, 海田賢一, 楠 進, 神崎真実 鎌倉惠子 元吉和夫, 森田大児, 平川美菜子 , 免疫性神経疾患に関する調査研究(H17-難治-16)平成17年度総括・分担研究報告書, 169, 170,   2006年03月
  • 免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成16年度 総括・分担研究報告書, 1, 3,   2005年04月
  • Ganglioside complexに対する抗体をもつGuillain-Barre症候群の臨床的解析。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成16年度 総括・分担研究報告書, 4, 7,   2005年04月
  • 免疫性ニューロパチーにおける血中の抗糖脂質抗体活性に及ぼすリン脂質の効果。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成16年度 総括・分担研究報告書, 8, 11,   2005年04月
  • 肺炎マイコプラズマ脂質成分を接種したウサギ血清の脱髄活性の検討。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成16年度 総括・分担研究報告書, 12, 14,   2005年04月
  • 免疫性ニューロパチーにおける血中の抗糖脂質抗体活性に及ぼすリン脂質の影響。, 楠 進, 佐田 昌美, 平川 美菜子 森田 大児, 免疫性神経疾患に関する調査研究(H14-難治-16)平成16年度 総括・分担研究報告書, 163, 164,   2005年03月
  • Ganglioside complexに対する抗体をもつGuillain-Barre症候群の臨床的解析。, 楠 進, 海田 賢一 神崎 真実 鎌倉 惠子 元吉 和夫, 森田 大児 平川 美菜子, 免疫性神経疾患に関する調査研究(H14-難治-16)平成16年度 総括・分担研究報告書, 163, 164,   2005年03月
  • 「医学部バブル」について, 楠 進, 内科, 95, 2, 250,   2005年02月
  • 肺炎マイコプラズマ脂質成分を接種したウサギ血清の脱髄活性の検討。, 森田 大児, 楠 進, 松田 和洋 清水 潤 平川 美菜子 辻 省次, 平成14~18年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」, 66,   2005年01月
  • 糖鎖生物学の神経疾患研究への応用をめざして。, 楠 進, Functional Glycomics News Letter Functional Glycomics News Letter, 5, 59, 62,   2005年01月
  • 【免疫性神経疾患の病態、診断、治療に関する最近の知見】CIDP:病態、診断、治療に関する最近の知見について, 三井 良之, 楠 進, 神経免疫学, 12, 2, 127, 131,   2004年09月
    概要:慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーは,慢性進行性あるいは再発性に末梢神経にた発性の脱髄性病変をきたし,筋力低下や感覚障害を来す疾患である.本稿ではこの1年に発表された論文を中心にその病態,診断,治療について新たな知見を紹介する.
  • 免疫性ニューロパチーにおける抗ガングリオシド抗体の臨床的意義。, 楠 進, 平成15年度厚生労働科学研究 こころの健康科学研究成果発表会(研究者向け)報告書, 20, 30,   2004年04月
  • 免疫性ニューロパチーにおける抗GM1 IgM抗体の反応性に及ぼすリン脂質の効果。免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成15年度 総括・分担研究報告書, 15, 17,   2004年04月
  • Guillain-Barre症候群におけるGalNAc-GD1aとリン脂質の混合抗原に対する血中IgG抗体の検討。免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成15年度 総括・分担研究報告書, 12, 14,   2004年04月
  • 肺炎マイコプラズマ菌体脂質成分を接種したウサギ血中抗体の反応性の検討と、その神経症状について。免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成15年度 総括・分担研究報告書, 8, 11,   2004年04月
  • ガングリオシド複合抗原を特異的に認識するGuillain-Barre症候群血中抗体。免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成15年度 総括・分担研究報告書, 4, 7,   2004年04月
  • 免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。免疫性末梢神経障害の病態解明と治療法に関する研究。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成15年度 総括・分担研究報告書, 1, 3,   2004年04月
  • 肺炎マイコプラズマ菌体脂質成分を接種したウサギ血中抗体の反応性の検討, 楠 進, 森田大児 平川美菜子  辻省次 松田和洋, 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成15年度総括・分担研究報告書, 148, 150,   2004年03月
  • Guillain-Barre 症候群の新たな標的抗原としてのガングリオシド複合抗原。, 楠 進, 海田 賢一 神崎 真実 鎌倉 惠子 元吉 和夫, 森田 大児 平川 美菜子, 免疫性神経疾患に関する調査研究 平成15年度総括・分担研究報告書, 139, 144,   2004年03月
  • 炎症性(免疫性)ニューロパチーの治療への展望, 楠 進, 厚生労働省精神・神経疾患研究総括研究報告 遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究平成13~15年度, 109,   2004年03月
  • 内科-この一年の進歩 末梢神経・筋疾患, 三井 良之, 楠 進, 内科, 92, 6, 1081, 1088,   2003年12月
    概要: 末梢神経疾患・筋疾患のこの一年間の研究の進歩を最新の文献を紹介しながら概説した。
  • ガングリオシドとリン脂質の混合抗原に対する免疫性ニューロパチー患者血中抗体の反応性および臨床的特徴との関連に関する検討。, 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成14年度 総括・分担研究報告書, 5, 7,   2003年04月
    概要:ガングリオシドとリン脂質の混合抗原に対する免疫性ニューロパチー患者血中抗体の反応性を検討し、臨床的特徴との関連をしらべた。反応性の違いが発症機序にどのように関連するかを考察した。
  • 総括研究報告書 免疫性神経疾患の発症機構の解明と治療法の開発に関する研究(抗ガングリオシド抗体を伴う免疫性ニューロパチーの研究), 楠 進, 厚生労働科学研究研究費補助金(こころの健康科学研究事業)平成14年度 総括・分担研究報告書, 1, 3,   2003年04月
    概要:免疫性神経疾患の発症機構の解明と治療法の開発に関する研究(抗ガングリオシド抗体を伴う免疫性ニューロパチーの研究)。

競争的資金

  • 科学研究費補助金, 免疫性神経疾患の研究
  • 厚生労働科学研究費補助金, 糖鎖の生物学的機能の解明