KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

原谷 直実ハラタニ ナオミ

プロフィール

所属部署名産業理工学部 電気電子工学科 / 産業理工学・産業技術研究科
職名教授/電気電子工学科長
学位工学博士
専門電気工学、システム工学、教育工学
ジャンル科学・技術/情報技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/442-haratani-naomi.html
ホームページURLhttp://kurumi.elec.fuk.kindai.ac.jp
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    回路理論やフィルタ設計、数学モデルに起因するデータ処理システムの構成理論について研究しています。大学生や高校生の受講データを分析して、学習方法の開発に取り組んでいます。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1980年, 慶應義塾大学, 工学研究科, 電気工学専攻
  •  - 1983年, 慶應義塾大学, 工学研究科, 電気工学専攻
  •  - 1978年, 慶應義塾大学, 工学部, 電気工学科

研究活動情報

研究分野

  • 科学教育・教育工学, 教育工学
  • 電気電子工学, システム工学
  • 電気電子工学, 制御工学

研究キーワード

  • 回路理論, システム理論, 教育工学

論文

  • 独立成分分析によるOFDMのICIと伝送歪みの補償について, 五反田 博, 白土 浩, 原谷 直実, 近畿大学産業理工学部研究報告, 8, 13, 22,   2008年07月
  • A blind channel estimation under inter-carrier interference in QAM-OFDM, 五反田 博, 白土 浩, 原谷 直実, Proc. the 40th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, 204, 209,   2008年11月
  • QAM-OFDMにおける周波数オフセットと伝送路のブラインド推定, 五反田 博, 白土 浩, 原谷 直実, 電子情報通信学会論文誌A, J92-A, 3, 141, 149,   2009年03月
  • Blind Carrier Frequency Offset and Channel Estimation Using ICA in QAM-OFDM Systems, 五反田 博, 白土 浩, 原谷 直実, 中野吉正, 石橋孝昭, Proc. of IEEE Region 10 Conference(TENCON2010), 1330, 1335,   2010年11月
  • モータ制御をベースとしたエネルギー・情報・制御教育教材の開発, 園田 敏勝, 久良 修郭, 原谷 直実, 平野 剛, 松崎 隆哲,   2010年12月
  • OFDMにおけるキャリア間干渉のICAによる解消について, 五反田 博, 白土 浩, 原谷 直実, 電子情報通信学会技術研究報告, SIP07, 23, 28,   2010年

講演・口頭発表等

  • 適応的な部分空間追跡法について, 五反田 博, 木村哲也, サイヴィシット・ヴィタヤ, 原谷 直実,   2006年09月
  • 伝送路歪みを考慮したICAに基づくOFDM周波数オフセットの解消, 五反田 博, 木村哲也, サイビシット・ヴィタヤ, 中河史成, 原谷 直実,   2007年09月
  • OFDMにおけるキャリア間干渉のICAによる解消について, 白土 浩, 五反田 博, 原谷 直実, 電子情報通信学会 技術研究報告 CAS2007-129, pp. 23-28,   2008年03月, 電子情報通信学会 技術研究報告 CAS2007-129, pp. 23-28
  • 組込みプロセッサによるモータ制御をベースとした教育教材システムの開発, 松崎 隆哲, 平野 剛, 原谷 直実, 園田 敏勝, 久良 修郭, 平成23年度 情報処理学会第70回全国大会,   2011年03月, 平成23年度 情報処理学会第70回全国大会

MISC

  • 2次元巡回型フィルタの構成法, 電子通信学会論文誌(A), J61A, 8,   1978年
  • 最小実現可能な2次元伝達関数, 電子通信学会論文誌(A), J65A, 1,   1982年
  • 音源の位置情報を利用した実環境下での雑音除去と目的音声の抽出, 石橋孝昭, 五反田 博, 原谷 直実, 古屋武志, 金田圭市, 近畿大学産業理工学部研究報告, 1, 9, 12,   2005年03月

競争的資金

  • 多次元システムの構築