KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

堀端 章ホリバタ アキラ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生物工学科 / 生物理工学研究科
職名准教授
学位博士(工学)
専門植物遺伝育種学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/505-horibata-akira.html
ホームページURL
メールアドレスhoribata[at]waka.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    トランスポゾンの転移による突然変異を利用して、新規遺伝子の創出と機能解析を行っています。実際にイネの品種育成に従事した経験から、新品種の育成から普及までについてコメント可能です。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/5/17
     日本経済新聞
     赤紫蘇茶について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1991年, 京都大学, 農学研究科, 農学専攻
  •  - 1989年, 京都大学, 農学部, 農学

経歴

  •   1991年,  - 1993年, 株式会社三菱化成(現、三菱ケミカル) 株式会社植物工学研究所勤務 
  •   1993年,  - 2002年, 近畿大学生物理工学部 助手
  •   1997年,  - 現在, 近畿大学先端技術総合研究所 兼務
  •   2002年,  - 2016年, 近畿大学生物理工学部 講師
  •   2017年,  - 現在, 近畿大学生物理工学部 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 農業工学, 農業環境工学
  • 総合工学, エネルギー学
  • 基礎生物学, 遺伝・ゲノム動態
  • 農学, 育種学
  • 生物科学, 分子生物学
  • 農学, 園芸学・造園学
  • 境界農学, 環境農学

研究キーワード

  • イネ, 細粒遺伝子, ペリルアルデヒド, 青色LED, 耐冷性, 農業形質, 突然変異誘発遺伝子(mutator), 遺伝子構造解析, 施設園芸, 補光技術, リモネン, ペリラアルデヒド, 成分育種, 青色光補光, 機能性精油成分, 精油胞, 腺鱗, 花成制御, 薬用紫蘇, 粒型, 遺伝子タギング, 選択塩基, トランスポゾンディスプレイ, 転移因子, 遠赤色光, 細粒遺伝子(slg), 脱粒性, 組織培養, 植物育種学, 植物遺伝学, 植物生理学

論文

  • Quantitative trait loci responsible for the difference in γ-oryzanol content in brown rice between japonica-type and indica-type rice cultivars , 加藤恒雄・松川哲也・堀端章, Plant Production Science, doi:10.1080/1343943X.2017.1372,   2017年09月, 査読有り
  • The horticultural crops production by the plant factories using a translucent solar cell, and the improvement of marketability of the crops using supplementary monochromatic lighting technology., 堀端 章、松本俊郎, ISES EuroSun 2016 Conference Proceedings, doi:10.18086/eurosun.2016.08.0,   2017年08月, 査読有り
  • Environmentally induced un-der-development of seeds in garden pea and its underlying factors, A. Horibata, T. Ito, M. Kotani, T. Kawanishi, H. Shinto, K. Tsuji, S. Kusu, T. Kato, Agricultural Sciences, 7, 7, 439, 446,   2016年07月, 査読有り
  • 実エンドウの開花促進に適した光の波長、光源および電照時間帯, 川西孝秀・小谷真主・堀端章・松本比呂起・楠茂樹, 和歌山県農林水産試験研究機関研究報告, 4, 41, 54,   2016年03月
  • Alleles for good grain filling in rice extra-heavy panicle types and their distribution among rice cultivars, Kato, T., A. Horibata, Proceedings of 8th Asian Crop Science Association Conference, 51, 61,   2015年12月
  • 東電福島第1原子力発電所事故に起因する環境中放射性Csの福島県川俣町における調査, 山西弘城・稲垣昌代・若林源一郎・芳原新也・伊藤哲夫・田中尚道・石渡俊二・多賀淳・緒方文彦・堀端章・鈴木高広・古川道郎, スマートプロセス学会誌, 4, 268, 275,   2015年11月
  • 福島における農業復興のための太陽光分散利用セル式栽培法の実用化, 鈴木高広・堀端章・坂本勝・古川道郎・神田紀, 太陽/風力エネルギー講演論文集2015, 455, 458,   2015年11月
  • イネのトランスポゾンmPingの転移活性発現と利用に関する研究, 堀端 章, 近畿大学, 1, 145,   2015年09月, 査読有り
  • Distorted genetic segregation of the transposon mPing at the long arm of chromosome 12 in rice., Horibata A, Kakikubo Y, Kato T, Breeding science, 65, 4, 340, 344,   2015年09月, 査読有り
  • Arachidonic acid-dependent carbon-eight volatile synthesis from wounded liverwort (Marchantia polymorpha)., Kihara H, Tanaka M, Yamato KT, Horibata A, Yamada A, Kita S, Ishizaki K, Kajikawa M, Fukuzawa H, Kohchi T, Akakabe Y, Matsui K, Phytochemistry, 107, 42, 49,   2014年11月, 査読有り
  • イネ組換え近交系の出穂後の稈におけるデンプン含量およびデンプン代謝関連遺伝子発現量の推移, 久保 竜一, 堀端 章, 加藤 恒雄, 作物研究, 作物研究, 59, 17, 22,   2014年07月, 査読有り
    概要:出穂前のイネの茎中には同化産物がデンプンの形で蓄積されていて,出穂後にショ糖へ変換,穂へと転流する.この時,茎中のデンプンを効率的に穂へと転流させることが出来れば,極穂重型品種で問題となる登熟不良の解決に繋がると考えられる.また,逆にデンプンが茎に蓄積した状態を保つことが出来れば,稲体をホールクロップサイレージとして活用することが期待できる.本研究では,出穂後の茎中非構造性炭水化物含量について特徴的な推移を見せたイネ組換え近交系9系統(中生新千本/密陽23号由来)を用い,出穂後の止葉直下第1節上の稈についてデンプン含量の推移を3カ年にわたって調査した.この内,年次変動の少なかった3系統について,各種デンプン代謝・転流関連遺伝子の発現について調査した結果,出穂後42日目にデンプン含量が増加する系統では,登熟後期においてデンプン合成に関連する遺伝子である可溶性デンプン合成酵素(SSIIIB)およびショ糖合成酵素(RSUS1)の発現が高くなる傾向が明らかになった.したがって,これらの遺伝子の発現は止葉直下第1節上稈におけるデンプンの再蓄積に寄与しており,その発現を制御することは飼料イネ品種の開発にも貢献しうることが示唆された.
  • A novel cropping method for production of high functioning crops by utilizing on-site solar energy, Akira Horibata, Tetsuya Matsukawa, Takuji Itoh, Toshiaki Watanabe, Toshiroh Matsumoto, Energy Procedia, 57, 1502, 1507,   2014年01月, 査読有り
    概要:© 2014 Published by Elsevier Ltd. The utilization efficiency of solar energy through photosynthesis by crops is only a few percent at most. Therefore, most solar energy in the field (on-site) remains unused. Plants are, however, able to use certain types of monochromatic light as an environmental signal, and they exhibit various physiological responses to even small amounts of the light. In particular, the significant induction of secondary metabolite production by blue light is well documented. Here, we propose a novel cropping method where unused solar energy is captured on-site by solar cells and converted to monochromatic light by using LEDs. The crops are then irradiated to stimulate enhanced production of secondary metabolites, thus improving crop function without the need for an external energy source. In this study, the effect of blue light on the production of functional secondary metabolites was evaluated in perilla (Perilla frutescens var. crispa f. purpurea), a traditional medicinal crop in Japan. Perilla leaves contain several functional substances such as perillaldehyde, rosmarinic acid, and anthocyanins, which have notable stomachic, antipyretic, detoxification, sedation, and diuretic efficacy. Plants were grown under natural daylight supplemented with blue light irradiation (460 nm, approx. 10 μmol/m2/s, 24 h,) for 108 days before harvest. Control plants were grown without supplemental lighting. The content ratio of perillaldehyde in plants grown with blue light was 60% higher at harvest than in the controls. Moreover, in the vegetative growth stage, the perillaldehyde content increased significantly after only three days of blue light irradiation. These findings suggest that the present approach will benefit agricultural practices in developing countries through more efficient usage of on-site solar energy.
  • 透光性太陽電池を電源とする補光を併用した自然光による新形質植物の育成システム, 松本 俊郎, 堀端 章, 伊藤 卓爾, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 2013, 551, 554,   2013年11月
  • 和歌山県在来の薬用紫蘇系統の特徴および単色光補光による生育調節, 堀端 章, 矢田 清, 松川 哲也, 作物研究, 作物研究, 58, 43, 50,   2013年07月, 査読有り
    概要:紀の川流域で古くから栽培されてきた地域遺伝資源としてシソの1系統を見出した.本研究では,まず,本系統の葉の形態および機能性香気成分の組成比における特徴を4種のシソ品種と比較した.その結果,本系統は,葉の両面が赤紫色で縮緬状の起伏がなく,ペリルアルデヒドとリモネンを多量に含むことから,薬用のアカジソ(P. frutescens var. crispa f. purpurea)の1種と推察された.一方で,本系統の特産品化を目指して,新規用途の開拓と周年生産に向けた栽培技術の検討を進めた.自然光下で栽培されているシソに青色光補光を行うと,花成が抑制されて若い葉が分化し続けた.この結果として,ペリルアルデヒド含有量を高く維持することができた.この方法は,短日期のシソの花芽形成を抑制し,機能性成分含有量を向上させる上で有用である.
  • Loss-of-function of a ubiquitin-related modifier promotes the mobilization of the active MITE mPing., Tsukiyama T, Teramoto S, Yasuda K, Horibata A, Mori N, Okumoto Y, Teraishi M, Saito H, Onishi A, Tamura K, Tanisaka T, Molecular plant, 6, 3, 790, 801,   2013年05月, 査読有り
  • 作物生産における太陽エネルギーの分割利用 : 単色光補光による薬用紫蘇の花成制御と機能性香気成分, 堀端 章, 伊東 卓爾, 渡辺 俊明, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 2012, 393, 396,   2012年11月08日
  • イネの穂構造に影響する新規フレームシフト突然変異遺伝子,fzp-10, 加藤 恒雄, 堀端 章, Euphytica, 184, 1, 65, 72,   2012年03月, 査読有り
    概要:イネ第7染色体上のFZP座は穂の構造に大きな影響を及し,その突然変異体は特異的な穂を示す.本研究は,このFZP座における新規突然変異遺伝子,fzp-10,を品種銀坊主における誘発突然変異体から同定した.fzp-10は他のfzp変異遺伝子と異なり,FZP座中のERFドメインと酸性ドメインの間で一塩基が欠失し,フレームシフトを生じている.また,fzp-10は他のfzp変異遺伝子,fzp-1に比べて植物体が矮化,晩生化し穂の高次枝梗数が低下していた.fzp-10はFZP座の機能を探る上で重要な遺伝資源になりうる.(英文)
  • Performance of greenhouse for growth promotion of a plant wth supplemental led light using photovoltaic power generated by the see-through solar cells, Toshiro Matsumoto, Akira Horibata, Takuji Itoh, Toshiaki Watanabe, Nobumasa Nitoh, 30th ISES Biennial Solar World Congress 2011, SWC 2011, 2, 1675, 1679,   2011年12月, 査読有り
  • 作物生産における太陽エネルギーの分割利用--赤色LEDによる暗期中断が中性植物エンドウの花成に及ぼす影響, 堀端 章, 小谷 真主, 加藤 恒雄, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 2011, 0, 333, 336,   2011年09月21日
  • 青色LEDによる補光が’紀州在来薬用紫蘇’の生育および機能性成分含有量に及ぼす作用, 堀端章, 堀端章, 松川哲也, 矢田清, 近畿大学生物理工学部紀要, 28, 13-20, 20,   2011年09月, 査読有り
  • 〈Original Papers〉青色LEDによる補光が'紀州在来薬用紫蘇'の生育および機能性成分含有量に及ぼす作用, 堀端 章, 松川 哲也, 矢田 清, 近畿大学生物理工学部紀要, Memoirs of the Faculty of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 28, 13, 20,   2011年09月, 査読有り
    概要:本研究は日本学術振興会科学研究費補助金22658077および近畿大学生物理工学部戦略的研究No.09-IV-1, 2010の助成を受けた.[要旨] 本研究は、機能性成分含有量の高い'紀州在来薬用紫蘇' の自然光併用型植物工場での高効率生産を目的とする。自然光下(ガラスハウス内)で栽培している'紀州在来薬用紫蘇'および'赤ちりめんしそ'に青色LEDの光を24時間連続照射し、草丈、主茎節数および機能性成分の一種であるペリルアルデヒドの含有量の変化を調査した。青色光補光による草丈の減少と主茎節数の増加が観察されたが、これらの変化は同時に観察された青色光補光による花成阻害に起因すると考えられた。一方、収穫された葉におけるペリルアルデヒド含有量は青色光照射によって有意に増加した。 [Abstract] Two cultivars of perilla, 'Kishu-zairai' (Perilla frutescens var. crispa f. purpurea, red s mooth 1 eat) and 'Aka-chirimen-shiso' (Perilla frutescens var. crispa f. crispa, red wrinkled leaf), were grown in a greenhouse and were lighted continuously by blue LEDs (460nm, approximately 10μmol/m^2/s). As a result, it was revealed that the blue supplemental-lighting reduced the plant height and increased the number of nodes on main stem in both kind of perilla. These two phenomena were thought to be associated with the inhibition of flower formation by the blue supplemental-lighting. While, the content of perillaldehyde (a kind of functional chemical component) in harvested leaves was increased by the blue supplemental-lighting.
  • Non-random distribution of the alleles for good grain filling at OsAGPS2 and OsSUT1 among a wide range of rice (Oryza sativa L.) cultivars, Tsuneo Kato, Akira Horibata, Breeding Science, 61, 217, 220,   2011年07月, 査読有り
    概要:Rice (Oryza sativa L.) genes AS2-2 and SUT1-2, which are alleles at OsAGPS2 (AS2) on chromosome 8 andOsSUT1 (SUT1) on chromosome 3, respectively, were suggested to improve grain filling in extra-heavy paniclerice cultivars. This study examined the distribution of these alleles among 315 rice cultivars. A discriminantfunction based on phenol reaction of hulls, apiculus hair length and KClO 3 sensitivity in seedlings wasused to classify cultivars into japonica (192 cultivars) and indica (123 cultivars). Genotyping for the AS2 andSUT1 alleles were performed with In/Del and SSR markers, respectively. In japonica cultivars, the frequenciesof AS2-2 and SUT1-2 were very low (3.6% and 6.3%, respectively), whereas they were more commonin indica cultivars (56.1% and 74.0%, respectively). In addition, in indica cultivars the genotypes of AS2-2SUT1-2, as well as AS2-1 SUT1-1, were more frequent than expected from independent segregation of thesealleles. It was suggested that artificial and/or natural selection contributed to this non-random distribution ofalleles at AS2 and SUT1. The alleles for good grain filling should, thus, be explored in indica cultivars toimprove the grain filling of extra-heavy panicle types of rice in future breeding programs.
  • 作物生産における太陽エネルギーの分割利用--単色光照射がエンドウの生産性に及ぼす影響, 堀端 章, 小谷 真主, 加藤 恒雄, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 2010, 0, 509, 512,   2010年11月04日
  • Effects of the alleles at OsAGPS2 and OsSUT1 on the grain filling in extra-heavy panicle type of rice, Tsuneo Kato, Ayano Taniguchi, Akira Horibata, Crop Science, 50, 2448, 2456,   2010年11月, 査読有り
    概要:Rice (Oryza sativa L.) cultivars of extra-heavy panicle type (EHPT), which have numerous spikelets in a panicle, often fail to realize their high-yield potential due to poor grain filling in general, while some EHPTs showed relatively better grain filling. This study first surveyed nucleotide polymorphisms in rice genes possibly related to grain filling, that is, genes for ADPglucose pyrophosphorylase (AGPase) subunits, OsAGPS2 and OsAGPL2, and a sucrose transporter gene, OsSUT1, to clarify the causes underlying such genetic variation. Many types of polymorphisms were detected in all three genes, but none of them affected amino acid sequences. OsAGPS2 and OsSUT1 had an identical series of polymorphisms in two EHPT cultivars, Milyang 23 and Nanjing 11, both of which have a high degree of grain filling, while another series for these genes was detected in other EHPTs showing a low grain filling. The former polymorphisms could constitute alleles for good grain filling in OsAGPS2 and OsSUT1, designated as AS2-2 and SUT1-2, respectively. Second, new molecular markers based on the polymorphisms for OsAGPS2 and OsSUT1 were developed. Finally, three EHPT cultivars with AS2-2 SUT1-2 genotype showed a higher degree of grain filling and higher activity of AGPase than three other EHPTs with another genotype at these loci. These results suggest that these AS2-2 and SUT1-2 alleles can contribute to the improvement of poor grain filling of EHPTs assisted with the developed markers. © Crop Science Society of America.
  • 太陽光栽培条件下の赤色/青色光補光による花の経済性の向上, 堀端章, 伊東卓爾, 仁藤伸昌, 渡辺俊明, 松本俊郎, 太陽/風力エネルギー講演論文集, 2009, 563, 564,   2009年11月05日
  • 太陽光栽培下における紫外線補光がスプレーギクの花色に及ぼす効果, 堀端 章, 伊東 卓爾, 仁藤 伸昌, 渡辺 俊明, 松本 俊郎, 太陽/風力エネルギー講演論文集 = Proceedings of JSES/JWEA Joint Conference, 太陽/風力エネルギー講演論文集 = Proceedings of JSES/JWEA Joint Conference, 2008, 0, 103, 106,   2008年11月06日
  • A transposon, Ping, is integrated into intron 4 of the DROOPING LEAF gene of rice, weakly reducing its expression and causing a mild drooping leaf phenotype., Ohmori Y, Abiko M, Horibata A, Hirano HY, Plant & cell physiology, 49, 8, 1176, 1184,   2008年08月, 査読有り
  • 透光性太陽電池を用いた補光照明による新植物形成に関する基礎研究, 松本 俊郎, 渡辺 俊明, 伊東 卓爾, 堀端 章, 太陽/風力エネルギー講演論文集 = Proceedings of JSES/JWEA Joint Conference, 太陽/風力エネルギー講演論文集 = Proceedings of JSES/JWEA Joint Conference, 2007, 0, 109, 111,   2007年10月25日
  • イネのトランスポゾンディスプレイ解析のためのデータベースシステム, 井上 悦子, 吉廣 卓哉, 川路 英哉, 堀端 章, 中川 優, 情報知識学会誌, 情報知識学会誌, 16, 1, 28, 38,   2006年01月, 査読有り
    概要:本研究では, トランスポゾンを用いた遺伝子型と表現型との相関解析を支援するデータベースシステムを構築し, イネのトランスポゾンmPingを利用した実験に適用し評価した.我々は, mPingを利用して大規模なイネの変異体シリーズを作成し, 遺伝子型と表現型との関係を解析することで遺伝子機能の推定を目指している.しかし, 実験結果から変異の発見作業に多大な労力がかかることが, 実験規模を拡大する上でのボトルネックの一つであった.本システムでは, 実験で得られる全データをデータベースに格納し, 実験結果から変異を発見後, 表現型との相関を解析するまでの効率的なインタフェースを提供する.本システムをmPingを利用した実験に適用した結果, 波形データの重ね合わせや変異箇所候補の自動検出などの効果で, 作業時間を従来の数分の一程度に短縮できた.本システムにより, ハイスループットに大規模な実験や解析を行うことが可能となる.
  • TiNi形状記憶合金マイクログリッパの設計と特性評価, 水谷 勝己, 大政 光史, 堀端 章, 徳川 裕介, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 16, 0, 67, 76,   2005年09月, 査読有り
    概要:本研究は、超小型工場であるマイクロファクトリーで用いられることを想定したTiNi形状記憶合金マイクログリッパの開発に関するものである.そのマイクログリッパは,構造部と駆動部を同一の材料で一体的に構成して小型化をはかったもので,変位方向変換ユニットと変位駆動用のユニットからなる。直径0.5mm程度のピンを把持することを想定して,使用した合金の変形と変態特性の測定,有限要素法を援用した設計,試作とその特性評価を行い,外形寸法(11mm×5mm×0.5mm),通電による把持のための開閉量(0.2mm/0.25mmの初期変位量に対して),把持の剛性(30N),方向変換変位拡大比(1.3)などを求めるとともに両ユニットの剛性のバランスなどグリッパの開発のために留意すべき点を抽出した.
  • 未明の青色蛍光灯補光時における太陽電池電力の高効率利用, 渡辺 俊明, 松本 俊郎, 伊東 卓爾, 堀端 章, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 16, 0, 53, 57,   2005年09月, 査読有り
    概要:自然光と未明時の青色光補光を組み合わせた、植物生産システムに用いる蛍光灯の点灯のための省エネルギー化の研究を行った。昼間の、太陽光の一部を、透過性のある太陽電池を用いて発電し蛍光灯点灯に用いる。充電時と点灯時のバッテリーの接続方法を変更し省エネルギー化を試みた。これにより、26%の省エネルギー効果が得られた。点灯時にバッテリーの接続変更を行うことは、太陽光発電が不可能な未明時に行うので、発電効率には悪影響を及ぼさない。
  • アンカーPCR(APCR)法を用いたトランスポゾンディスプレイにおける選択塩基の効果, 松井 和幸, 堀端 章, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, Memoirs of the School of Biology-Oriented Science and Technology of Kinki University, 16, 0, 7, 12,   2005年09月, 査読有り
    概要:筆者らは、イネに内在するトランスポゾンmPingの転移を利用して挿入突然変異体を作成し、これを用いたイネの遺伝子機能解析を進めている。トランスポゾンディスプレイはmPingの挿入位置に関する多型を網羅的に検出する優れた方法であるが、ゲノム内に散在するmPingのコピー数が著しく多い場合には増幅される断片を減らす必要がある。そこで、本研究では、mPingによるトランスポゾンディスプレイにおいて、アダプタープライマーの3'末端に付加した選択塩基が増幅産物の数を減らす効果を検証した。その結果、1塩基を付加した場合には増幅産物の選択が正常に行われるが、2塩基を付加した場合には擬陽性シグナルが生じるため、正常な選択が行われないことが明らかとなった。
  • 低温順化処理ステージが水稲幼苗の順化型耐冷性誘導に及ぼす影響, 前田 哲, 堀端 章, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 10,13-18, 10, 13, 17,   2005年03月, 査読有り
    概要:筆者らは、水稲の幼苗期耐冷性を、幼苗が急激に強度の低温に曝されたときに即座に発現する常発型耐冷性と、幼苗が徐々に強い低温にさらされていく過程でその発現が誘導される順化型耐冷性の2 つの側面に分けて考えている。本報では、この順化型耐冷性が、これを誘導する低温順化処理を行う幼苗のステージによって影響をうけるか否かを調査した。その結果、催芽種子の播種後3日から12日の幼苗に低温順化処理を行った場合、順化型耐冷性の発現が安定的に認められることが示された。
  • 短時間の青色光照射を用いたエンドウの生長調節への透光性太陽電池の適用, Papers of EXPO WCWRF 2005, MIK International Co. Ltd., No.2016,1-3,   2005年
  • イネRURM1活性化酵素遺伝子Ruba4のデータベース情報からの探索, 近畿作物・育種研究, 50,45-48,   2005年, 査読有り
  • 温室内における青色蛍光灯補光への太陽電池の高効率利用, 近畿大学生物理工学部紀要, 16,53-58,   2005年, 査読有り
  • 未明の青色光短時間照射がエンドウの生育に及ぼす影響, 堀端 章, 伊東 卓爾, 渡辺 俊明, 松本 俊郎, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 14,17-22, 0, 17, 22,   2004年09月, 査読有り
    概要:自然光と青色光補光を組み合わせた新しい作物生産システムの技術的基礎を構築するため、青色蛍光灯と透光性太陽電池からなる照明装置を考案した。エンドウ(Pisum sativum L.'きしゅううすい')幼植物に、夜明け前の30分間青色光を照射したところ、照射した青色光の相対強度が強くなるにつれて草丈、主茎節数ならびに新鮮重が有意に増加した。未明の青色光短時間照射はエンドウの成長を促進することが示された。
  • イネ細粒遺伝子slgがゲノムDNAのメチル化に及ぼす影響, 堀端 章, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 0, 9, 27, 33,   2004年02月, 査読有り
    概要:イネ細粒遺伝子slg の内部に見出されたトランスポゾンmPing の転移活性は、slg 座の遺伝子型によって制御されているように見えた。本研究では、その原因を明らかにするため、slg がゲノム全体のシトシンのメチル化に及ぼす影響を調査した。その結果、slg は、ゲノム全体のシトシンのメチル化にも、また、CGメチラーゼおよびCNG メチラーゼの活性にも影響しないことが明らかになった。
  • イネ細粒遺伝子slgがゲノムDNAのメチル化に及ぼす影響, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 9,27-33,   2004年, 査読有り
  • イネの穂首形態に関する変異の遺伝解析ならびに発育形態学的解析, 堀端 章, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 12, 0, 15, 21,   2003年09月, 査読有り
    概要:イネの穂首の形成にあたる遺伝子は、栄養生長期から生殖生長期への変革期に発現する遺伝子であり、その解析は育種上重要な意味を持つ。本研究では、まず、水稲品種銀坊主に誘発された2種の穂首にこぶのできる変異について遺伝解析を行い、両変異とも劣性の1遺伝子に支配されていることを明らかにした。ついで、電子顕微鏡を用いた穂首の形態学的調査を行ったところ、このこぶは、成長を続けようとする苞葉を支えるために苞葉基部および穂首節が肥大したものであると考えられた。この穂首形態異常に関わる遺伝子は、苞葉の成長停止時期を決定している遺伝子ではないかと考えられた。
  • Mobilization of a transposon in the rice genome., Nakazaki T, Okumoto Y, Horibata A, Yamahira S, Teraishi M, Nishida H, Inoue H, Tanisaka T, Nature, 421, 6919, 170, 172,   2003年01月, 査読有り
  • japonica型水稲品種銀坊主×はやゆきの交雑F3世代における幼苗期耐冷性の変異, 柿窪善浩, 堀端章, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 8, 21, 26,   2002年11月, 査読有り
  • ジャポニカ型水稲幼苗の低温処理による耐冷性の誘導とその保持期間, 前田 哲, 堀端 章, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 8,15-20, 8, 15, 20,   2002年11月, 査読有り
    概要:水稲の幼苗期耐冷性には、幼苗が急激に強度の低温に遭遇すると即座に発現する常発型耐冷性と幼苗が徐々に強い低温にさらされていく過程で発現が誘導される順化型耐冷性の2 種が存在すると考えている。本報では、このうち順化型耐冷性に着目し、品種銀坊主の幼苗に休止期間を挟む2 回の低温処理、低温順化処理と耐冷性評価処理を行い、耐冷性の発現における低温順化処理の効果と誘導された順化型耐冷性の保持期間について検討した。その結果、5℃の低温順化処理によって順化型耐冷性が誘導されて耐冷性評価処理の障害を軽減すること、また、その誘導された順化型耐冷性は少なくとも8日間保持されることが明らかになった。
  • イネの葉に含まれる8脂質分子種の脂肪酸組成に関するmutator誘発突然変異, 堀端 章, 山縣 弘忠, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 7,18-28, 7, 18, 28,   2002年01月, 査読有り
    概要:水稲品種銀坊主種子のγ 線照射後代に見いだされた突然変異誘発遺伝子mutator を効率良く育種に利用するには,mutator によって誘発される変異のスペクトラムを明らかにする必要がある.本研究では,この観点から,葉から抽出した脂質の脂肪酸組成に関する変異の検出を試みた.種子に含まれる全脂質の脂肪酸組成に変異が認められたmutator 由来の突然変異固定型系統12系統について,葉から抽出した全脂質を8脂質分子種に分画した上で,各脂質分子種における脂肪酸組成を調査したところ,いずれの分子種についても,脂肪酸含有比率が原品種銀坊主と明瞭に異なる系統が認められ,mutator によって脂肪酸組成に関する変異が誘発されることが示された.
  • イネ易変性細粒遺伝子┣DBslg(/)-┫DB座を含むYACクローンの同定, ゲノム, 44, 1, 6,   2001年, 査読有り
  • イネ細粒遺伝子slgの復帰突然変異性およびそれが突然変異誘発因子の活性に及ぼす影響, 堀端 章, 山縣 弘忠, 育種学研究, 育種学研究, 2, 3, 125, 132,   2000年09月, 査読有り
    概要:水稲品種銀坊主のγ線種子照射後代に見いだされた突然変異誘発因子(mutator)の効果的な育種的利用を図るには, その活性化要因であるイネ細粒遺伝子(slg)復帰突然変異の生じ易さ(復帰突然変異性)について, その遺伝動向ならびに突然変異誘発因子活性(mutator活性)に及ぼす影響を明らかにしておく必要がある.この観点より, 育成経過の異なる39の細粒系統を用いて, まずslgの復帰突然変異頻度の世代による変化を追跡し, slgの復帰突然変異性は本質的には遺伝する形質であるが, 少なからず可逆的な変化も示す特異的形質であることを見いだした.ついで, これらの細粒系統に出現した非細粒424固体の次代系統を用いて, 出穂日に関するmutator誘発変異の出現頻度を調査し, slgの復帰突然変異性の大小はmutatorの変異誘発活性自体には影響しないことを示した.
  • イネ脂質代謝経路上のmutator誘発突然変異, 堀端 章, 前田 哲, 山縣 弘忠, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 4, 4, 29, 38,   2000年03月, 査読有り
    概要:継続後誌:近畿大学先端技術総合研究所紀要 = Memoirs of Institute of Advanced Technology, Kinki University水稲品種銀坊主種子のγ線照射後代に見いだされた突然変異誘発造伝子mutatorは、上記γ線照射で誘発された1細粒遺伝子slgの正常粒遺伝子(+)への復帰突然変異に伴って活性化し、形態的あるいは生理的形質に種々の変異を誘発する。しかし、植物体構成物質の成分についてはまだ突然変異誘発の有無が明らかにされていない。そこで、本研究では、生体膜を形成する重要な成分であり、すでに一部の代謝反応系が解明されている脂質に着目し、mutatorによって誘発された形態的あるいは生理的形質に関する突然変異固定型48系統を供試して、脂質代謝経路におけるmutator誘発突然変異の有無を探索した。まず、供試全系統について全脂質の脂肪酸組成を調査したところ、組成脂肪酸の含有比率が正規分布から有意に外れる9系統が見いだされた。ついで、これら9系統のうち解析に十分な量の種子が得られた6系統および上記9系統についで大きな変異を示した8系統計14系統について、種子中に多く含まれる3脂質分子種フォスファチジルセリン、フォスファチジルエタノールアミンおよびフォスファチジルコリンの脂肪酸組成を調査したところ、いずれの分子種についても、脂肪酸含有比率が原品種銀坊主と有意に異なる系統が相当数認められた、このことから,mutatorは植物体構成物質の成分に関する変異も誘発すると考えられた。  (英文) The mutator that was found out first in the M_3 progeny derived from a γ-ray irradiated M_1 seed of a japonica rice variety Gimbozu, causes novel mutations in many different loci for morphological and/or physiological traits, when activated by the reversion of a mutable slender-glume gene slg., which was induced by γ rays in the above identical M_1 seed. However, it has not yet been confirmed if the mutator also mutate the structure material of plants. Lipid is one of the most important components of biomembrane, and has partly been elucidated for metabolic pathway. In view of this situation, the mutations that might have been induced by the mutator on lipid metabolic pathway was screened through the analysis of the fatty acid composition of lipid contained in seeds, using 48 mutant lines with some mutator-induced morphological and/or physiological mutations. First, the 48 lines were analyzed for their respective fatty acid composition in total lipid, and nine of these lines each proved to be significantly apart from the population mean in at least one of the percent contents of 5 sorts of fatty acid. Then, 14 lines the percent contents of which largely deviated from the population mean, inclusive of 6 from the above 9 lines, were selected and analyzed for fatty acid composition of 3 lipid molecular classes, phosphatidylserine, phosphatidylethanolamine and phosphatidylcholine. As a result, it was observed in all the classes that a considerable number of lines were significantly different from the original variety in the percent content of fatty acid. This may strongly suggest that the mutator induces mutations also in the components of structure material of plants.
  • 組織培養によって誘発されたイネの早期枯上り突然変異, 堀端 章, 丸山 正剛, 山縣 弘忠, 近畿大学生物理工学部紀要, 近畿大学生物理工学部紀要, 6, 6, 23, 30,   2000年02月, 査読有り
    概要:枯上りは禾穀類の収量を決定する重要な形質の一つであって,その遺伝的制御機構の解明は育種学上の大きな関心事である.本研究では,水稲品種日本晴の組織培養次代R_1系統に分離出現した枯上り突然変異について,これを支配する遺伝子の分離ならびに発現特性を明らかにした.まず,突然変異体の分離が初めて観察されたR_1,系統の個体別後代R_2,R_3系統を用いて,この変異に関する遺伝分析を行った結果,枯上りを支配するのは劣性の1遺伝子であることが明らかになった.ついで,R_3における正常型10個体と変異体15個体を用いて,出穂期前後における葉緑素量の推移を調査したところ,この枯上りに関与する遺伝子は,下位葉(第8葉〜第12葉)の枯上り開始時期を早める一方で,個葉の枯上りの進行を遅らせる作用を持つことが明らかとなった.
  • 水稲の幼苗期耐冷性と培養組織耐冷性との関係, 堀端章, 林光一, 山県弘忠, 近畿作物・育種研究, 44, 44, 17, 20,   1999年03月31日
  • 種子ないし幼苗の低温反応にみられる水稲の直播適性, 堀端章, 前田哲, 山県弘忠, 近畿作物・育種研究, 44, 44, 53, 56,   1999年03月, 査読有り
  • イネmutatorの変異誘発活性と細粒遺伝子の復帰突然変異性との関係, 堀端章, 山県弘忠, 近畿作物・育種研究, 43,16-21, 43, 16, 21,   1998年03月, 査読有り
  • イネ細粒遺伝子の復帰突然変異性の遺伝, 近畿作物・育種研究, 42, 29, 33,   1997年, 査読有り
  • 水稲系統IM52に生じた易変性不稔遺伝子, 堀端章, 山県弘忠, 近畿作物・育種研究, 41, 33, 35,   1996年03月, 査読有り
  • Mutatorを持つイネ細粒系統の培養特性, 堀端章, 山県弘忠, 近畿作物・育種研究, 40, 41, 46,   1995年03月
  • Mutatorによって誘発される非細粒個体の早期検出法, 奥本裕, 堀端章, 佐藤彩子, 谷坂隆俊, 山県弘忠, 近畿作物・育種研究, 35,75-78, 35, 75, 78,   1990年03月

書籍等出版物

  • 量的形質の遺伝子分析, 植物遺伝育種学実験法,朝倉書店,   1995年

講演・口頭発表等

  • ⾼機能性植物素材の植物⼯場による⼤量⽣産技術, 堀端 章・松川哲也, はりま産学交流会,   2017年10月20日, 招待有り
  • ⾼機能性植物素材の太陽光利用型植物⼯場による⼤量⽣産技術, 堀端 章・松川哲也, アグリビジネス創出フェア2017,   2017年10月04日
  • うまい飯が食べたい! ―コシヒカリを超えて―, 堀端 章, 近畿大学生物理工学部公開講座,   2017年07月08日, 招待有り
  • イネ品種「房吉」の大粒性を制御するLKF座はOsPPKL1座と同一である, 加藤恒雄・堀端 章, 日本育種学会,   2017年03月30日
  • 紀州在来薬用植物資源による地域ブランドの育成, 堀端 章・松川哲也・山脇伸行, 和歌山県特産農産物を活用した健康産業イノベーション推進事業,   2016年12月07日
  • 紀州在来薬用植物資源による地域ブランドの育成, 堀端 章・松川哲也・山脇伸行, 第25回わかやまテクノビジネスフェア,   2016年11月18日
  • 紀州在来薬用植物資源による地域ブランドの育成, 堀端 章・松川哲也・山脇伸行, アグリビジネス創出フェア2016,   2016年11月14日
  • レトロトランスポゾンCIRE1の挿入多型に基づくカンキツ類の分類, 堀端 章・加藤恒雄, 第9回近畿作物・育種研究会現地検討会,   2016年10月22日
  • The horticultural crops production by the plant factories using a translucent solar cell, and the improvement of marketability of the crops using supplementary monochromatic lighting technology., 堀端 章、松本俊郎, EuroSun2016,   2016年10月11日
  • 近畿大学柑橘遺伝資源保存園に保存されているカンキツ類のレトロトランスポゾンCIRE1をマーカーとする分類, 堀端 章・加藤恒雄, 日本育種学会,   2016年09月25日
  • イネへの暗期中断処理で観察された赤色光照射強度の花成遅延に対するdose効果, 堀端 章, 日本植物細胞分子生物学会,   2016年09月03日
  • 光のマリオネット-植物の生長を光刺激であやつる-, 堀端 章, 近畿大学生物理工学部公開講座,   2016年06月25日
  • イネにおける株開張性と分げつ期での茎の重力屈性との関係, 加藤恒雄・堀端章, 近畿作物・育種研究会第181回例会,   2016年05月28日
  • 和歌山におけるアカジソ在来遺伝資源, 堀端章・松川哲也, 近畿作物・育種研究会第181回例会,   2016年05月28日
  • アンスリウム栽培ハウス用低コストカーテン制御システム, 星岳彦・堀端章・林孝洋, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2016年04月24日
  • サツマイモからはじめるエネルギー教育とバイオマスコンビナート構想, 鈴木高広・堀端章, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2016年04月24日
  • 川俣メソッド ― 復興へのビジネスモデル, 堀端章ら, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2016年04月24日
  • イネOsAGPS2,OsAGPL2およびOsSUT1座上アレルの登熟に及ぼす主効果と相互作用, 加藤恒雄・島谷千里・堀端章, 日本作物学会第241回講演会,   2016年03月28日
  • イネの内生トランスポゾンmPingを変異原とするタグライン中に見出された葉器官分化周期に関する変異, 堀端 章, 日本育種学会,   2016年03月22日
  • 和歌山在来アカジソ遺伝資源の探索と評価, 堀端 章, わかやま産業振興財団 第14回農産物有用化合物活用研究会,   2016年02月19日
  • 単色光刺激を使った植物の性質制御, 堀端 章, 太陽エネルギー学会関西支部,   2016年01月29日, 招待有り
  • バイオマスコンビナート構想の実現に向けた課題と取り組み, 堀端 章 ほか, エコプロダクツ2015,   2015年12月10日
  • QTL-by-QTL-by-environment interactions for grain length of a rice large-grain cultivar detected from near-isogenic lines, Kato, T., A. Horibata, 3rd Conference on Cereal Biotechnology and Breeding,   2015年11月02日
  • 地域にねむる遺伝資源から地域特産品を育てよう~紀州伝来の薬用遺伝資源植物の機能性と商品開発~, 堀端 章, 近畿大学先端技術総合研究所公開講座,   2015年10月04日
  • 川俣メソッド ― 復興へのビジネスモデル, 堀端 章 ほか, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2015年05月02日
  • スマート農業による「見守りハウス」ICTによる絆で育つ施設花き, 星岳彦・堀端章・林孝洋, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2015年05月02日
  • サツマイモからはじめるエネルギー教育とバイオマスコンビナート構想, 鈴木高広・堀端章, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2015年05月02日
  • 川俣メソッド ― 復興へのビジネスモデル, 堀端 章 ほか, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2015年04月12日
  • スマート農業による「見守りハウス」ICTによる絆で育つ施設花き, 星岳彦・堀端章・林孝洋, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2015年04月12日
  • サツマイモからはじめるエネルギー教育とバイオマスコンビナート構想, 鈴木高広・堀端章, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2015年04月12日
  • 川俣メソッド ― 復興へのビジネスモデル, 堀端 章 ほか, アグリビジネス創出フェア2014,   2014年11月12日
  • スマート農業による「見守りハウス」ICTによる絆で育つ施設花き, 星岳彦・堀端章・林孝洋, アグリビジネス創出フェア2014,   2014年11月12日
  • サツマイモからはじめるエネルギー教育とバイオマスコンビナート構想, 鈴木高広・堀端章, アグリビジネス創出フェア2014,   2014年11月12日
  • Alleles for good grain filling in rice extra-heavy panicle types and their distribution among rice cultivars, Kato, T., A. Horibata, THE 8th ASIAN CROP SCIENCE ASSOCIATION CONFERENCE, 2014,   2014年09月23日
  • 地域固有の遺伝資源を利用した機能性素材の開発と利用, 堀端 章, わかやま産業振興財団 第7回農産物有用化合物活用研究会,   2014年05月15日
  • レトロトランスポゾンの挿入多型に基づくカンキツ類の系統発生分析の可能性, 堀端章, 松川哲也, 加藤恒雄, 仁藤伸昌, 園芸学研究 別冊,   2014年03月29日
  • サツマイモ空中栽培による児童への環境教育・食育とサツマイモのハウス大量栽培試験, 鈴木高広・堀端章, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2014年03月23日
  • 日本在来藍のインディカン生産に対するストレスホルモンおよび紫外線の影響, 高田雄輔, 松川哲也, 堀端章, 梶山慎一郎, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2014年03月05日
  • 福島県における バイオマスエネルギー産業の 可能性, 堀端 章, 太陽エネルギー学会関西支部幹事会,   2014年01月31日, 招待有り
  • サツマイモの空中栽培, 堀端章・鈴木高広, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト 川俣町産業振興提言会,   2013年12月18日
  • 紀州在来の薬用紫蘇遺伝資源を利用した機能性素材の開発, 堀端 章, SMBCアグリビジネスマッチング,   2013年12月06日
  • A Novel Cropping Method for Production of High Functioning Crops by Utilizing On-site Solar Energy, Horibata, A., T. Matsukawa, T. Itoh, T. Watanabe, T. Matsumoto, SOLAR WORLD CONGRESS 2013,   2013年11月04日
  • イネユビキチン様タンパク質の機能喪失は活性型MITE・mPingの転移を促進する, 築山拓司, 寺本翔太, 安田加奈子, 堀端章, 森奈々子, 奥本裕, 寺石政義, 齊藤大樹, 谷坂隆俊, 日本遺伝学会大会プログラム・予稿集,   2013年08月31日
  • イネ組換え近交系の出穂後の稈におけるデンプン含量およびデンプン代謝関連遺伝子発現量の推移, 久保竜一, 堀端 章, 加藤 恒雄, 近畿作物・育種研究会第175回例会,   2013年07月, 近畿作物・育種研究会第175回例会
    概要:イネの稈におけるデンプン含量およびデンプン代謝関連遺伝子の発現量の推移を,組換え近交系を用いて解析し,稲体のデンプン含量の制御に関する育種の基礎としての知見を得ることを試みた.その結果,登熟後期で稈のデンプン含量が再増加するものとしないものを比較すると,デンプン合成酵素,ショ糖合成酵素に関連する遺伝子の発現量が前者では後者よりも増加していることがあきらかになった.
  • 薬用紫蘇に関する地域遺伝資源の再評価と機能性素材としての利用, 堀端 章, Biotech2013アカデミックフォーラム,   2013年05月08日
  • “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト産業振興グループがめざすもの, 堀端 章, “オール近大”川俣町復興支援プロジェクト報告会,   2013年03月23日
  • 紀州在来の薬用紫蘇遺伝資源を利用した機能性素材の開発, 堀端 章, ヘルスケアビジネスフェア2013,   2013年02月26日
  • 和歌山県在来の薬用紫蘇系統の特徴および単色光補光による生育調節, 堀端章・矢田清・松川哲也, 近畿作物・育種研究会(第174回),   2012年12月08日
  • 紀州在来の薬用紫蘇遺伝資源を利用した機能性素材の開発, 堀端 章, イノベーションフェア関西,   2012年12月06日
  • 紀州在来の薬用紫蘇遺伝資源を利用した機能性素材の開発, 堀端 章, イノベーションジャパン2012,   2012年09月26日
  • イネユビキチン様タンパク質RURM1の不活性化が細胞分裂におよぼす効果の解析, 築山拓司・那須田周平・堀端章・角谷磨美・中﨑鉄也・寺石政義・谷坂隆俊・奥本裕, 近畿作物・育種研究会(第173回),   2012年07月14日
  • イネ第12染色体長腕に存在するトランスポゾンmPingによる分離の歪み, 加藤恒雄, 柿窪善浩, 堀端章, 育種学研究,   2011年09月23日
  • 薬用紫蘇への青色光補光がペリルアルデヒド含有量に及ぼす効果, 堀端章, 堀端章, 矢田清, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2011年09月06日
  • 赤色LEDによる暗期中断が実エンドウ2品種の花成に及ぼす効果, 堀端章, 小谷真主, 加藤恒雄, 伊東卓爾, 辻和良, 神藤宏, 谷口輝樹, 園芸学研究,   2011年03月20日
  • 実エンドウの生育ステージおよび葉位別の光合成産物の分配, 小谷真主・加藤恒雄・伊東卓爾・堀端章・下田星児・辻和良・楠茂樹・神藤宏, 園芸学研究,   2011年03月20日
  • 植物工場の収益性モデルと、安心安全な農作物製造システムの開発, 鈴木 高広, 堀端 章, 梅田 智広 板生 清, 第62回日本生物工学会大会,   2010年10月, 第62回日本生物工学会大会
    概要:植物工場の経済性モデルを考案し、人工光源を用いた植物工場は電力コストにより栽培できる作物は、レタスなどの葉もの野菜に限定されることを示した。この経済性モデルは、エネルギー源として期待される芋などの燃料作物の栽培は、太陽光を分散利用しない限り経済性がマイナスとなるため、屋外の多層棚栽培が唯一の実現手段であることを示す。
  • 2P-2067 植物工場の収益性モデルと、安心安全な農作物製造システムの開発(5c バイオマス,資源,エネルギー工学,一般演題,環境バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合), 鈴木 高広, 堀端 章, 梅田 智広, 板生 清, 日本生物工学会大会講演要旨集,   2010年09月25日
  • 植物工場の収益性モデルと,安心安全な農作物製造システムの開発, 鈴木高広, 堀端章, 梅田智広, 板生清, 日本生物工学会大会講演要旨集,   2010年09月25日
  • イネEZP(FRIZZY PANICLE)座における新規フレームシフト突然変異遺伝子,fzp‐10, 加藤恒雄, 堀端章, 育種学研究,   2010年09月24日
  • 作物生育特性と市場性に基づく植物工場収益性の予測と省エネ型光源を用いたプロセス制御, 鈴木 高広, 堀端 章, 梅田 智広 板生 清, 日本生物環境工学会2010年大会,   2010年09月08日, 日本生物環境工学会2010年大会
    概要:植物工場の経済性モデルを考案し、人工光源を用いた植物工場は電力コストにより栽培できる作物は、レタスなどの葉もの野菜に限定されることを示した。この経済性モデルは、エネルギー源として期待される芋などの燃料作物の栽培は、太陽光を分散利用しない限り経済性がマイナスとなるため、屋外の多層棚栽培システムの開発を提唱した。
  • 赤色光および遠赤色光による長日処理が実エンドウの開花に及ぼす影響, 小谷真主, 辻和良, 神藤宏, 加藤恒雄, 伊東卓爾, 堀端章, 谷口輝樹, 山口能弘, 園芸学研究 別冊,   2010年03月21日
  • イネFZP (FRIZZY PANICLE) 座における新規フレームシフト突然変異遺伝子, fzp-10, 加藤恒雄・堀端章, 育種学研究,   2010年
  • 赤色LEDによる暗期中断が実エンドウ2品種の花成に及ぼす効果, 園芸学会近畿支部兵庫大会,   2010年
  • OsAGPS2およびOsSUT1におけるイネ極穂重型の登熟を向上させる遺伝子, 加藤 恒雄, 堀端 章, 6th International Rice Genetics Symposium,   2009年11月, 6th International Rice Genetics Symposium
    概要:イネ極穂重型の登熟程度の向上を目的とし,登熟程度に変異を示す品種間のOsAGPS2およびOsSUT1にける塩基配列多型から,登熟を向上させることが示唆される対立遺伝子を見いだした.これらを識別する分子マーカーを開発し,この対立遺伝子は発育胚乳中のADPグルコースピロホスホリラーゼ活性を増加させ,登熟程度を向上させることが確認された(英文).
  • 太陽光発電によって得られた電力を利用した単色光補光点灯制御による新形質植物の生産に関する研究, 和歌山県大学等地域貢献促進事業成果報告会,   2009年
  • 極穂重型イネ品種のOsAGPS2座およびOsSUT1座における良登熟型遺伝子, 6th International Rice Genetics Symposium,   2009年
  • 単色光照射による園芸作物の発育制御, 和歌山県エンドウに関する研究会,   2009年
  • Application of See-through solar cells to a growth plant using supplemental blue light during morning twilight, 松本 俊郎, 堀端 章, 伊東 卓爾, 渡辺 俊明, 3rd International Solar Energy Society Conference Asia Pacific Region,   2008年11月, 3rd International Solar Energy Society Conference Asia Pacific Region
  • 極穂重型イネの登熟を向上させる遺伝子, 加藤 恒雄, 堀端 章, 2nd International Symposium "Rice and Disease Prevention",   2008年10月, 2nd International Symposium "Rice and Disease Prevention"
    概要:極穂重型のイネの低登熟性を改良する遺伝資源として,ADPグルコースピロホスホリラーゼ遺伝子(OsAGPS2)およびショ糖トランスポーター遺伝子(OsSUT1)において良登熟型対立遺伝子を検出し,それらの登熟に及ぼす効果を組換え型自殖系統を用いて検証した(英文).
  • スプレーギク切花への紫外線照射による花色変化の誘導, 堀端章, 伊東卓爾, 渡辺俊明, 松本俊郎, 仁藤伸昌, 園芸学研究 別冊,   2008年03月28日
  • 日中における人工光源補光処理は花卉類にどのような効果を与え得るのか, 伊東卓爾, 堀端章, 渡辺俊明, 松本俊郎, 仁藤伸昌, 園芸学研究 別冊,   2008年03月28日
  • 65 イネ極穂重型遺伝子型間に見られるOsSUT1とOsAGPL2に関する塩基配列多型および登熟との関係(光合成・呼吸・物質生産/代謝・分配/発芽・発育,日本作物学会第225回講演会), 加藤 恒雄, 堀端 章, 日本作物學會紀事,   2008年03月27日
  • イネ極穂重型遺伝子型間に見られるOsSUT1 とOsAGPL2 に関する塩基配列多型および登熟との関係, 加藤恒雄・堀端章, 日本作物学会紀事,   2008年03月27日
  • mPingタギングシステムを用いたイネの経済形質に関わるゲノムサイトの検出と同定, 柿窪善浩・堀端章, 育種学研究,   2008年
  • mPingタギングのための決定木および階層的t-検定を用いたデータマイニングシステム, 堀端章・柿窪善浩・吉廣卓哉・瀧寛和・井上悦子・中川優, 育種学研究,   2008年
  • 短時間補光によるスプレーギク花色変化の誘導, 近畿作物・育種研究会,   2008年
  • 決定木および階層的t-検定によるイネの有用ゲノム領域の同定, 第7回 国際バイオEXPO,   2008年
  • 登熟能力の改良による超多収イネ品種の開発を目指して, 第7回 国際バイオEXPO,   2008年
  • 農業上有用なイネゲノム領域のトランスポゾンタギングによる検出, 第7回 国際バイオEXPO,   2008年
  • 玄米脂質の脂肪酸組成に関わる突然変異の選抜, Second International Symposium on Rice and Disease Prevention,   2008年
  • イネ極重型の登熟を向上させる遺伝子, Second International Symposium on Rice and Disease Prevention,   2008年
  • トランスポゾンによる新規有用遺伝子の創成とタギング, Second International Symposium on Rice and Disease Prevention ,   2008年
  • イネに内在する活性型トランスポゾンmPingを利用した経済形質に関連するゲノム領域の検出・同定システム, 日本分子生物学会第31回年会,   2008年
  • 透光性太陽電池を利用した未明の青色光補光による植物の成長制御, 3rd International Solar Energy Society Conference Asia Pacific Region,   2008年
  • OsAGPS2における塩基配列多型がイネ極穂重型遺伝子型の登熟に及ぼす影響, 加藤恒雄, 堀端章, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2007年09月26日
  • イネユビキチン様タンパク質遺伝子Rurm1の機能喪失はトランスポゾン転移活性を高める, 田村佳奈子・築山拓司・奥本裕・堀端章・稲垣晴香・中﨑鉄也・谷坂隆俊, 育種学研究,   2007年
  • DROOPING LEAF (DL)遺伝子の弱いアリルの起源と発現制御に関する研究, 大森良弘・堀端章・平野博之, 育種学研究,   2007年
  • イネ易変性細粒遺伝子の復帰突然変異にともなって活性化されたトランスポゾンmPingの自殖後代における転移活性の推移, 柿窪善浩・堀端章, 育種学研究,   2007年
  • OsAGPS2における塩基配列多型がイネ極穂重型遺伝子型の登熟に及ぼす影響, 加藤 恒雄, 堀端 章, 日本作物学会講演会要旨集,   2007年
  • スプレーギク切り花への紫外線照射による花色変化の誘導, 園芸学会近畿支部奈良大会,   2007年
  • 日中における人工光源補光処理は花卉類にどのような影響を与えうるのか, 園芸学会近畿支部奈良大会,   2007年
  • 登熟能力を異にする極穂重型イネ品種間にみられるADPグルコースピロホスホラリーゼ遺伝子の塩基配列多型, 加藤恒雄, 谷口綾乃, 堀端章, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2006年03月30日
  • イネの活性型内生トランスポゾンmPingによって誘発された量的形質関連変異のトランスポゾンディスプレイ, 堀端章・松井和幸・井上悦子・吉廣卓哉・川路英哉・中川優・奥本裕・中﨑鉄也・谷坂隆俊, 育種学研究,   2006年
  • 内生活性型トランスポゾンmPingの転移によって誘発された農業形質関連変異遺伝子のトランスポゾンタギング, 堀端章・松井和幸・井上悦子・吉廣卓哉・川路英哉・中川優・奥本裕・中﨑鉄也・谷坂隆俊, 5th Plant Genomics European Meetings 講演要旨集,   2006年
  • 登熟能力を異にする極穂重型イネ品種間にみられるADPグルコースピロホスホリラーゼ遺伝子の塩基配列多型, 加藤恒雄・谷口綾乃・堀端章, 日本作物学会紀事,   2006年
  • 動く遺伝子―トランスポゾン―の生物学と利用, 近畿大学生物理工学部公開講座,   2006年
  • 内在性トランスポゾンを用いた網羅的遺伝子機能解析技術の開発, 平成18年度地域結集型発研究成果移転フェア,   2006年
  • 光による植物の改良―有用形質の発現誘導と経済的生産技術―, 日本太陽エネルギー学会関西支部第30回シンポジウム,   2006年
  • イネの内生トランスポゾンを活用した経済形質関連遺伝子のタギングシステム, 近畿大学21世紀COEプログラム国際シンポジウム,   2006年
  • トランスポゾンディスプレイによるmPingタグラインの解析, 近畿大学21世紀COEプログラム国際シンポジウム,   2006年
  • 活性型トランスポゾンを利用したイネの遺伝子機能解析システム, 第6回 国際バイオEXPO,   2006年
  • 誘発突然変異遺伝子と共分離するmPingのトランスポゾンディスプレイによる同定, 堀端 章, 松井 和幸, 井上 悦子 中川 優, 吉廣 卓哉, 川路 英哉, 奥本 裕 中﨑 鉄也 谷坂 隆俊, 日本育種学会,   2005年08月, 日本育種学会
    概要:イネに内在するトランスポゾンmPingの活発な転移を利用すれば、農業形質に関する有用遺伝子のノックアウトおよびタギングを効果的に行うことが可能である。本報では、アンカーPCRによるトランスポゾンディスプレイと、イネトランスポゾン解析支援システムによるデータ解析を紹介し、有用形質に関する変異と共分離するmPingコピーの同定を試みた結果を報告する。
  • イネ紋枯病抵抗性遺伝資源の探索, 堀端 章, 近畿大学先端技術総合研究所シンポジウム,   2005年06月, 近畿大学先端技術総合研究所シンポジウム
    概要:イネ紋枯病に対する抵抗性遺伝資源を、我国内外のイネ50品種を供試して探索した。我国の品種群では抵抗性をほとんど示さないか、比較的弱い抵抗性を示すのみであったが、外国イネ品種の中には、極めて高い抵抗性を示すものが認められた。
  • 植物のストレス耐性-低温耐性と病害抵抗性-, 堀端 章, 和歌山県地域結集型共同研究事業成果報告会,   2005年03月, 和歌山県地域結集型共同研究事業成果報告会
    概要:イネの低温耐性および病害抵抗性に関する研究の成果を報告する。まず、イネの耐冷性に関しては、分子生物学発展の成果を取り入れやすくするために、発芽後の極めて初期の耐冷性にスポットをあてて研究を始めた。その中で筆者らは、耐冷性の程度が苗の生育ステージによって変化すること、および、比較的程度の緩い低温によって誘導される順化型耐冷性が亜熱帯起源のイネにも存在することを見出した。一方、病害抵抗性に関しては、イネの主要病害である紋枯病について研究を進めており、イネの抗菌性防御物質の一つが紋枯病菌の生長を抑制することを突き止めた。
  • アンカーPCRを用いたイネのトランスポゾンディスプレイにおけるシグナル数の効果的減少, 10th international congress of SABRAO, Abstracts,   2005年
  • イネ品種における幼苗期耐冷性と脂肪酸組成との関係, 10th international congress of SABRAO, Abstracts,   2005年
  • イネの特定実験系統におけるMITE型トランスポゾンmPingの自然かつ高頻度な転移, 10th international congress of SABRAO, Abstracts,   2005年
  • 大規模なイネトランスポゾン解析のためのデータベースシステム, 育種学研究,   2005年
  • 誘発突然変異遺伝子と共分離するmPingのトランスポゾンディスプレイによる同定, 育種学研究,   2005年
  • イネRURM1活性化酵素遺伝子Ruba4のデータベース情報からの探索, 中﨑 鉄也, 堀端 章, 奥本 裕 大西 麻紀子 谷坂 隆俊, 近畿作物育種研究会,   2004年12月, 近畿作物育種研究会
    概要:mPingの転移におけるRurm1の役割を解明するために、Rurm1のコードするタンパク質RURM1の活性化因子についてデータベースを用いた検索を行った。酵母における活性化因子であるUba4pのアミノ酸配列と相同性の高い配列をデータベース中から検出することを試みたところ、Uba4pと相同なタンパク質をコードする遺伝子を見出すことができた。
  • japonica型水稲の幼苗期耐冷性を支配する遺伝子に関する比較QTL(Quantitative trait Loci:量的形質遺伝子座)解析, 柿窪 善浩, 堀端 章, 加藤 恒雄, 近畿大学先端技術総合研究所シンポジウム,   2004年10月, 近畿大学先端技術総合研究所シンポジウム
    概要:耐冷性遺伝子の集積による高度耐冷性水稲品種の育成を目的として、japonica型イネ2品種(中生新千本およびアケノホシ)の幼苗期耐冷性を支配するQTLの連鎖分析を行った。一般に、近縁品種間では連鎖分析に必要な分子マーカーが十分に得られないため、ここでは、indica型品種密陽23号を共通親とする2組の分離集団を作成し、両集団内で個別にQTL解析を行ってその結果を総合する、比較QTL解析を試みた。実験に用いたjaponica型2品種の幼苗期耐冷性はindica型品種密陽23号に比べて極めて強いものである。両分離集団の各々について各個体からDNAを抽出し、SSRマーカーを用いて連鎖地図を作成した。また、上記各個体の個体別次代系統に対して低温障害程度を指標とした耐冷性調査を行い、その平均値を各個体の耐冷性評価値とした。連鎖分析の結果、幼苗期耐冷性に関連すると見られるいくつかの遺伝子座を見出した。
  • 登熟能力を異にする極穂重型イネ品種間にみられるショ糖代謝関連酵素遺伝子の塩基配列多型, 谷口綾乃, 加藤 恒雄, 堀端 章, 近畿大学21世紀COEプログラム「食資源動物分子工学研究拠点」第4回国際シンポジウム,   2004年09月, 近畿大学21世紀COEプログラム「食資源動物分子工学研究拠点」第4回国際シンポジウム
    概要:登熟能力に関して変異を呈するような極穂重型イネ品種間の発育胚乳中で発現するショ糖代謝関連酵素遺伝子,特にADPグルコースピロホスホリラーゼ遺伝子の5'側上流域について塩基配列の多型を解析した.その結果,登熟が比較的良好な品種南京11号のみが他の品種とは異なる配列を数カ所において示すことが明らかとなった(英文).
  • イネの発育胚乳におけるショ糖代謝関連酵素:極穂重型イネ品種の登熟能力との関係, 加藤 恒雄, 谷口綾乃, 堀端 章, 新村大, 4th International Crop Science Congress,   2004年09月, 4th International Crop Science Congress
    概要:極穂重型イネ品種間でみられる登熟能力の変異をもたらす一要因として,発育胚乳中のショ糖代謝関連酵素に注目した.これら酵素中,発育胚乳でのショ糖合成酵素とADPグルコースピロホスホリラーゼ活性は,登熟良好な品種の方が登熟不良な品種に比べて高いこと,後者の酵素遺伝子に関しては登熟程度の異なる品種間で塩基配列の多型が認められること,等が示された.これによって,登熟能力を遺伝的に改良していく可能性が示唆された(英文).
  • イネのトランスポゾンmPingによる遺伝子タギング, 松井 和幸, 堀端 章, 奥本 裕 中﨑 鉄也 谷坂 隆俊, 日本育種学会,   2004年03月, 日本育種学会
    概要:イネのトランスポゾンmPingの活発な転移を利用したイネの遺伝子機能解析技術を確立するため、mPingの新規挿入を検出する方法およびmPingによってタグされた遺伝子の同定法の開発を行った。その結果、mPingによって新たにタグされた染色体8上の遺伝子を同定することができた。
  • イネの植物体で観察されたRurm1座以外のゲノムサイトにおけるトランスポゾンmPingの転移, 大森 良弘, 堀端 章, 松井 和幸, 奥本 裕 中﨑 鉄也 谷坂 隆俊, 日本育種学会,   2004年03月, 日本育種学会
    概要:イネのRurm1座に挿入されたトランスポゾンmPingは活発に転移することが知られているが、他のゲノムサイトに挿入されているmPingの転移については十分な解析がなされていない。そこで本研究では、トランスポゾンディスプレイ法によりRurm1座以外のサイトにあるmPingの可動性を検証した。その結果、細粒系統では、Rurm1座以外のサイトにあるmPingも自然栽培条件下で頻繁に転移することが示された。
  • 「動く遺伝子」トランスポゾンを用いた遺伝子機能の解析, 堀端 章, 和歌山県地域結集型共同研究事業第1回公開シンポジウム,   2004年03月, 和歌山県地域結集型共同研究事業第1回公開シンポジウム
    概要:イネのトランスポゾンmPingの生物学的特性について概述した後、プロジェクトにおける研究の目的と内容ならびに最近の研究成果について紹介した。本プロジェクトでは、経済作物であると同時に優れたモデル植物でもあるイネを対象として、まずトランスポゾンmPingの転移による遺伝子破壊系統群の作出し、破壊された遺伝子の同定を行う。ついで、特定の有用経済形質を支配する遺伝子群の構造および機能に関する情報をコンピュータ内に集積して、個々の遺伝子の発現から形質発現に至る過程の遺伝子間相互作用ならびに遺伝子ネットワークの解析を行う。
  • ジャポニカイネ品種におけるトランスポゾンPingおよびmPingの急速な増加, 世界イネ研究会議抄録集,   2004年
  • ジャポニカイネの幼苗期における低温耐性を支配する遺伝子の比較QTL解析, 世界イネ研究会議抄録集,   2004年
  • 低温順化によるイネ幼苗期低温耐性の強化, 世界イネ研究会議抄録集,   2004年
  • イネのトランスポゾンmPing の端部領域におけるシトシンの不完全なメチル化, 育種学研究,   2004年
  • イネ品種銀坊主におけるトランスポゾンPingおよびmPingの特異的増幅, 育種学研究,   2004年
  • イネのslg 座に挿入されたMITE 型トランスポゾンmPing の末端逆向き反復配列におけるメチル化, 堀端 章, 大森良弘, 加藤 恒雄, 奥本裕 中﨑鉄也 谷坂隆俊, 21 世紀COE プログラム国際シンポジウム(泉佐野),   2003年09月, 21 世紀COE プログラム国際シンポジウム(泉佐野)
    概要:イネのトランスポゾンmPing の端部にあるGGCC 配列中のシトシンのメチル化の有無についてPCR による調査を行った。その結果、葉組織では、この配列がメチル化されており、このことがmPing の可動性を制御する要因の一つではないかと考えられた。
  • トランスポゾンディスプレイによるイネのMITE 型トランスポゾンmPing の転移のモニタリング, 堀端 章, 松井和幸, 加藤 恒雄, 奥本裕 中﨑鉄也 谷坂隆俊, 21 世紀COE プログラム国際シンポジウム(泉佐野),   2003年09月, 21 世紀COE プログラム国際シンポジウム(泉佐野)
    概要:イネのトランスポゾンmPing の転移を全ゲノムに渡ってモニタリングするためのトランスポゾンディスプレイの実施条件について最適化を行った。その結果、この方法を用いれば、供試サンプル間で複数コピーのmPing の転移を検出できることが明らかになった。
  • トランスポゾンMITE のイネ植物体における可動, 堀端 章, 中﨑鉄也 奥本裕 谷坂隆俊, 日本育種学会第104 回講演会シンポジウム(神戸),   2003年09月, 日本育種学会第104 回講演会シンポジウム(神戸)
    概要:イネの易変性細粒遺伝子slg の内部に見出されたトランスポゾンmPing について、自然栽培条件下の植物体内における可動性を示した。またイネ品種群におけるmPing の分布から、可動性を維持しているシステムに関する考察を行った。
  • 易変性細粒突然変異系等IM294におけるmPingの切り出しに関する挿入サイトの効果, 堀端 章, 山平諭 中﨑鉄也 奥本裕 谷坂隆俊, 日本育種学会第103回講演会(千葉),   2003年04月, 日本育種学会第103回講演会(千葉)
    概要:細粒突然変異系統IM294のmPing挿入サイトのうち9サイトについて、細粒個体4790個体におけるmPingの切り出しを調査した結果、2サイトでのみ切り出しが確認された。このことは、mPingが挿入された部位によって切り出し頻度が異なる可能性を示唆している。
  • トランスポゾンディスプレイ法によるmPing転移のモニタリング , 育種学雑誌,   2003年
  • イネのslgホモ型系統にみられる発芽率の低下および幼苗枯死の原因 , 育種学雑誌,   2003年
  • 異なる遺伝子座に挿入されているトランスポゾンmPingの培養細胞における転移 , 育種学研究,   2003年
  • ORFを内在するイネトランスポゾンSairyu (Sairyu-LA)の挿入位置に関する品種間差異, 中崎 鉄也, 山平 諭, 奥本 裕, 堀端 章, 築山 拓司, 谷坂 隆俊, 育種学研究 = Breeding research,   2002年08月26日
  • イネ易変性細粒遺伝子slg内部に見出されたMITEによるトランスポゾンディスプレイ, 堀端章, 松井和幸, 中崎鉄也, 奥本裕, 谷坂隆俊, 日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,   2002年07月29日
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性 9.低温順化処理効果の保持期間, 前田 哲, 堀端 章, 山縣 弘忠, 育種学研究 = Breeding research,   2002年03月30日
  • イネ易変性細粒遺伝子slgとRurml座Sairyu挿入遺伝子との対立性検定, 奥本 裕, 中崎 鉄也, 山平 諭, 堀端 章, 山縣 弘忠, 谷坂 隆俊, 育種学研究 = Breeding research,   2002年03月30日
  • イネ細粒遺伝子slgホモ系統にみられたトランポゾン 'Sairyu'によるRurm1座の塩基配列多型, 堀端 章, 大森 良弘, 中崎 鉄也, 奥本 裕, 谷坂 隆俊, 山縣 弘忠, 育種学研究 = Breeding research,   2002年03月30日
  • イネ易変性細粒遺伝子 s/g と Rurm1 座の Sairyu 挿入遺伝子との対立性検定, 堀端 章, 山縣 弘忠, 奥本裕 中﨑鉄也 山平諭 谷坂隆俊, 日本育種学会第 101 回大会 (町田),   2002年03月, 日本育種学会第 101 回大会 (町田)
    概要:イネの易変性細粒遺伝子 s/g と Rurm1 座内の MITE 様転移因子 Sairyu の挿入との対立性検定を行った。 その結果、 両者は互いに対立関係にあって、 s/g の易変性は Sairyu の転移によって発現することが明らかになった。
  • イネ細粒遺伝子slgホモ系統に見られたトランスポゾン'Sairyu'によるRurm1座の塩基配列多型, 育種学研究,   2002年
  • イネ易変性細粒遺伝子slgとRurm1座のSairyu挿入遺伝子との対立性検定 , 育種学研究,   2002年
  • 易変性細粒遺伝子slg座領域におけるトランスポゾン様配列の挿入多型性 , 育種学研究,   2001年
  • 一部のイネ細粒系統に見られる細粒遺伝子slgの高頻度復帰突然変異の次代への伝達, 育種学研究,   2001年
  • 易変性細粒遺伝子┣DBslg(/)-┫DBの復帰突然変異とトランスポゾン┣DBRMu(/)-┫DBとの関係, 育種学研究,   2001年
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性 8.低温順化処理の幼苗期耐冷性に及ぼす効果, 前田 哲, 堀端 章, 山縣 弘忠, 育種学研究 = Breeding research,   2000年09月25日
  • 2, 3, のイネ細粒系統に見られる細粒遺伝子 slg の高頻度復帰突然変異について, 堀端 章, 山縣 弘忠, 育種学研究 = Breeding research,   2000年09月25日
  • イネmutatorの育種的利用に関する研究14.組織培養が易変性細粒遺伝子slgの復帰突然変異におよぼす遺伝的効果, 堀端 章, 浅芽 邦昭, 奥本 裕, 谷坂 隆俊, 山縣 弘忠, 育種学研究 = Breeding research,   2000年04月
    概要:A mutagenic factor, mutator, that was detected in the progeny from a γ-ray irradiated M_1 seed of a japonica rice variety Gimbozu, generated novel mutations at many different loci, when activated by the reversion of a mutable slender-glume gene slg, which was induced by γrays in the above identical M_1 seed. For the effective utilization of the mutator in plant breeding, the reversion mutability of slg was analyzed for its genetic behavior and relationship with the mutator activity. First, changes in the reverse mutation frequency of slg(RMF)were traced among several generations, using 39 s...
  • 2、3のイネ細粒系統に見られる細粒遺伝子┣DBslg(/)-┫DBの高頻度復帰突然変異について, 育種学研究,   2000年
  • イネmutatorの育種的利用に関する研究14.組織培養が易変性細粒遺伝子slgの復帰突然変異に及ぼす遺伝的効果, 育種学研究,   2000年
  • ジャポニカ水稲の幼苗期耐冷性 7. 脂肪酸組成との関係, 前田哲, 堀端章, 山県弘忠, 育種学研究,   1999年09月
  • イネmutatorの育種的利用に関する研究 13. 易変性細粒遺伝子slgの復帰突然変異の組織培養による制御, 堀端章, 津田歌世子, 岩崎孝行, 佐野雅哉, 奥本裕, 谷坂隆俊, 山県弘忠, 育種学研究,   1999年09月
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性 6. 幼苗期耐冷性に関する遺伝分析, 柿窪善浩, 堀端章, 山県弘忠, 育種学研究,   1999年09月
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性7.脂肪酸組成との関係, 育種学研究,   1999年
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性 5. 次代検定のための幼苗期耐冷性検出の方法, 柿窪善浩, 堀端章, 山県弘忠, 育種学雑誌,   1998年09月
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性 4. 低温発芽性との関係, 前田哲, 堀端章, 山県弘忠, 育種学雑誌,   1998年04月
  • イネ細粒遺伝子(slg)が形態的・生理的形質に及ぼす多面効果, 育種学雑誌,   1997年
  • イネ品種銀坊主に誘発された無限枝梗分枝突然変異の遺伝および枝梗分枝構造, 堀端章, 青木勝博, 山県弘忠, 育種学雑誌,   1997年
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性 3. 日本における耐冷性遺伝子源の地域分布, 堀端章, 山県弘忠, 育種学雑誌,   1996年
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性 2.根部の低温反応による耐冷性評価, 育種学雑誌,   1995年
  • ジャポニカ型水稲の幼苗期耐冷性 1 低温による枯死を指標とした評価法, 堀端章, 山懸弘忠, 育種学雑誌,   1994年
  • 耐冷性イネの作出 1 幼苗期における低温萎凋耐性の評価法, 田中孝幸, 栗原宏幸, 堀端章, 菅原之浩, 林泰行, Jpn J Breed,   1992年
  • イネmutatorの育種的利用に関する研究 IV 細粒遺伝子が体細胞分裂とPMCにおける染色体行動に及ぼす効果, 山県弘忠, 堀端章, 奥本裕, 谷坂隆俊, Jpn J Breed,   1989年

作品

  • 水稲新品種『夢ごこち』の育成,   1992年 - 1992年
  • 水稲新品種『はれやか』の育成,   1992年 - 1993年

MISC

  • 地域にねむる固有の植物遺伝資源を利用して地域農業の活性化をはかる, 堀端 章, 21世紀わかやま, 84, 5, 9,   2016年12月, 招待有り
  • 遺伝子操作による新型遺伝資源の生産とその応用に関する技術開発 植物遺伝資源と異種生物との相互作用の探索及び植物遺伝資源の産業化への利用に関する研究, 太田喜元, 外村弁一郎, 行永寿二郎, 渡辺和男, 秋田求, 堀端章, 遺伝子操作による新型遺伝資源の生産とその応用に関する技術開発 平成8-12年度 近畿大学生物理工学研究所研究成果報告書, 389(1),389-689,   2001年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902171535044393
  • イネ極穂重型品種の登熟能力に関する遺伝変異および遺伝的改良, 加藤 恒雄, 堀端 章, (財)サッポロ生物科学振興財団第20回助成研究報告書, 13, 18,   2006年05月
    概要:イネ極穂重型品種の多収達成上問題となっている登熟能力の育種的向上にむけて,品種間にみられる登熟能力の遺伝変異の探索,登熟能力の変異をもたらす生理学的,生化学的要因の解明,および東宿能力の遺伝変異に大きく関連する遺伝子の多型解析,等について報告した.
  • 実エンドウの生理機能の解明による高品質・多収生産技術開発(4)光の波長が実エンドウの開花に及ぼす影響, 堀端章, 川西孝秀, 松本比呂起, 楠茂樹, 和歌山県農業試験場暖地園芸センター試験研究成績書, 2012, 23, 24,   2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302283245411428

特許

  • アイの栽培収穫方法及び栽培収穫装置とアイの栽培収穫装置を配置した植物工場, 堀端章・松川哲也・坂東未来・加藤俊作, 特願2017-179546
  • 低温耐性イネ植物体の作出方法, 林 泰行, 田中 孝幸, 栗原 宏幸, 堀端 章, 島本 功, 菅原 之浩, 渡辺 周永, 特願平4-277376, 特開平6-141718
  • 低温耐性イネ植物体の作出方法, 林 泰行, 田中 孝幸, 栗原 宏幸, 堀端 章, 島本 功, 菅原 之浩, 渡辺 周永, 特願平4-277376, 特開平6-141718, 特許第3239476号, 第3239476号
  • 極穂重型イネを選別する方法及びキット, 加藤 恒雄, 堀端 章, 特願2007-245442, 特開2009-072142
  • DNA断片の増幅方法, 堀端 章, 特願2006-208422, 特開2009-278865
  • 変異検出方法、変異検出プログラム及び記憶媒体, 吉廣 卓哉, 村川 猛彦, 中川 優, 堀端 章, 特願2005-237438, 特開2007-049936

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究C), イネ良登熟型遺伝子の準同質遺伝子系統および新規超極穂重型系統を用いた機能検証, 加藤恒雄
  • 一般社団法人 機能性健康米協会, 発芽玄米由来白米における高GABA含有量の遺伝的変異の探索, 堀端 章
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 太陽光発電によるエネルギー自立型ICTを用いた新形質植物生産システムに関する研究, 松本俊郎
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究C), 極穂重型イネ品種の登熟能力向上に寄与する良登熟型遺伝子の機能解析, 加藤恒雄
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 紀州在来薬用紫蘇の機能性に関する遺伝的改良と機能性強化のための生産技術の開発, 堀端章
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), イネRURM1が関与するユビキチン様タンパク質結合システムの解明, 中崎鉄也, イネ突然変異系統IM294では活性型トランスポゾンmPingの転移活性が原品種銀坊主よりもはるかに高い。IM294はRurm1座に関する1遺伝子劣性突然変異系統であることから、IM294の高いmPing転移活性にはRurm1遺伝子の破壊が関与している可能性が高い。本研究は、Rurm1遺伝子産物が関与するイネRURM1タンパク質結合システム(Rurm1システム)の全容を解明するために、Rurm1遺伝子の機能消失によって生じる変化を解析し、mPingの転移誘発機構を明らかにするための端緒を得ようとするものである。本研究においては、まず、Rurm1の機能喪失がmPingの転移頻度に与える影響についてトランスポゾンディスプレイ法を用いて網羅的な解析を行った。その結果、遺伝的背景が異なる場合にも,Rurm1の機能喪失とmPingの高頻度転移に密接な関係のあることが確認され,Rurm1の機能喪失はmPingの転移頻度を高める原因の一つであることが明らかになった(投稿準備中)。また、大腸菌組換え体タンパク質発現系を用いてRURM1タンパク質精製する系を確立し、高純度の非変性RURM1タンパク質を精製する培養条件を特定することができた。それを用いて抗RURM1抗体を作出し、得られた抗RURM1抗体がRURM1を特異的に認識することを確認した。これによって、RURM1タンパク質結合システムに関...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究), 短時間の単色光補光による有用形質の発現誘導と新形質植物の経済生産技術の開発, 仁藤伸昌, 本研究は、透光性太陽電池によって得られた電力で単色光蛍光灯やLEDを点灯し、その特定波長の光を花卉に照射することによって、経済的な特性に有用な変化を誘導しようとするものである。これまでの研究で、スプレーギクのつぼみへの紫外線照射が花色の変化を誘導することや、ビオラへの青色光の照射が着花数の増大をもたらすことが明らかになった。そこで本年度は、まず、スプレーギクについて、花色の変化を誘導するのに適した紫外線の照射時期を検討したところ、開花の10日前、すなわち出荷の数日前に紫外線を照射すると顕著に花色が変化することが明らかになった。したがって、通常の出荷時期よりも少し早く採花して、低音貯蔵中に紫外線を照射すれば極めて低コストで花色を改善することか可能と考えられる。ただし、一部の花に紫外線によると見られる障害が認められたため、紫外線照射強度や用いる紫外線の波長に関してさらに条件を検討する必要がある。また着花数については、ビオラを含む数種の花卉苗に青色光または赤色光を照射し、これらの処理が着花数に及ぼす効果を検討した。その結果、単色光照射によって着花数は顕著に増加したが、照射光の波長に対する反応特性は、種によって、また一部では品種によっても異なっていた。このように、反応に一意性が認められないため、現状では処理の効果を予測するのは困難である。単色光を用いて着花数を制御するためには、さらに...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), イネのMITE様転移因子mPingを用いた農業形質関連遺伝子の網羅的構造解析, 堀端章, 本研究は、イネのMITE型トランスポゾンmPingの活発な転移を利用したノックアウト遺伝子の効率的クローニング法の開発を目指している。同様の目的で開発された遺伝子タギング法はこれまでにも存在するが、本法の特色は一般に量的形質であり通常の分離分析を行うことが困難な農業形質関連遺伝子のクローニングを目的とする点である。この目的を達成するため、突然変異分離集団の大規模なトランスポゾンディスプレイを行い、QTL解析に準じた統計処理によって対象形質の変異に密接に関連するmPing挿入多型を見出そうと考えた。平成15年度には、細粒形質に関するキメラ個体をモデルとして、トランスポゾンディスプレイから突然変異遺伝子のタギングに到る一連の技術的基盤を完成させた。平成16年度には、タグライン作成用細粒系統の大規模圃場展開を行って、mPing挿入突然変異体を収集するとともに、分離系統の一部についてトランスポゾンディスプレイを行って脱粒性と密接に関連する117bpの増幅断片を生じるmPing挿入多型を見出した。平成17年度は、前年に得られたmPing挿入突然変異体の個体別次代系統を圃場に展開し、農業形質に関する突然変異の有無を調査すると同時に、農業形質に関する分離が認められた2系統の全個体について個体別にトランスポゾンディスプレイを行い、共分離するmPing挿入多型の検出を試みた。その結果、稈長につ...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), イネ・トランスポゾンmPingを植物体内で可動化する遺伝要因, 奥本裕, Rurm1座にmPing挿入をもつ突然変異系統IM294ではRurm1座からのmPing切り出し頻度(約1%)が極めて高く、原品種銀坊主に比べてPingに内在する2個のOFRの転写活性が高いことが判明している。この点を詳細に解析するため、Rurm1座の突然変異遺伝子Rurm1^mを戻し交雑によって銀坊主に導入した同質遺伝子系統およびIM294に分離した非細粒個体(Rurm1^+/Rurm1^m)の後代から得られた非細粒系統(Rurm1^+/Rurm1^+)および細粒系統(Rurm1^m/Rurm1^m)を用いて、同一遺伝背景下におけるRurm1の効果を調査した。この結果、Rurm1の機能喪失によってPongのORFの発現には大きな変化は認められないが、PingのORFの転写量は顕著に増大することが判明した。したがって、Rurm1の機能喪失によるPingの転写量の増加がmPingの切り出し頻度を高くする一因と考えられた。トランスポゾン活性の消長とトランスポゾン配列のメチル化との関係は数多く報告されているが、ユビキチン様タンパク質であるRurm1が遺伝子のメチル化に影響を及ぼしている可能性は小さい。さらに、22Kマイクロアレイを用いて突然変異遺伝子が他の遺伝子発現に及ぼす効果を解析した結果、Rurm1座の機能喪失によってリボゾーム内および核内のタンパク質合成関連遺伝子の転写量が上...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), イネで初めて見出された活性型トランスポゾンの転移機構の解析, 谷坂隆俊, イネ品種銀坊主からガンマ線照射によって誘発された細粒突然変異系統IM294の劣性突然変異(遺伝子:slg)形質は易変性を示す.IM294と銀坊主のゲノムの比較分析の結果,slg座乗領域に位置するRurm1遺伝子に挿入されたMITE (miniature inverted-repeat transposable element)配列の正確な切出しが易変性の原因であり,このMITE配列はイネでは従来知られていなかった活性型トランスポゾンであることが強く示唆された.本研究は,slg座の易変性と当該MITEの切り出しとの関係をより詳細に解析するとともに,MITEの転移機構を解明するための基礎的知見の獲得を目指した.本研究の結果,slgとRurm1の同座性が検証され,IM294のRurm1座で見出されたMITE (mPingと命名)が活性型トランスポゾンであることが証明された.また,ゲノム内に散在するmPingも通常の栽培下で切出されること,および,IM294は極めて高いmPing転移活性をもつことを明らかにした.一方,イネにおける推定自律性因子PingおよびPongの保有数や染色体座乗位置,それらが内在するORFおよびRurm1の転写に関する解析などから,イネゲノム内のPingの分布には多様な品種系統間変異が存在し,Pingの転移活性も認められること,また,それらの転移にはPing内...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), イネ易変性突然変異遺伝子slgの構造解析, 谷坂隆俊, 水稲品種銀坊主へのガンマ線照射によって誘発された易変性細粒突然変異遺伝子slgは高頻度で野生型に復帰することから、slgの中には活性が高いトランスポゾンが挿入されていると推察される。このトランスポゾンの構造を明らかにするため、slgのポジショナル・クローニングを試みた。slgは2YACクローン、Y1774およびY3356の重複部分に座乗することから、Y1774をプローブとして日本晴に由来する209個のcDNAクローンを選抜し、この中からPCRによって増幅可能であった54クローンの部分塩基配列を決定した。塩基配列を基に同一のクローンを除き、40個の独立クローンを得た。これらクローンをプローブとしてサザン解析を行い、両YACに座乗するクローンを決定した。また、同じプローブを用いたサザン解析により、原品種、細粒突然変異系統および復帰型個体間で多型の有無を調査した。多数のクローンが両YACにハイブリダイズしたが、クローンNo.27以外はイネゲノム全体に非特異的にハイブリダイズするため2個のYACに特異的なクローンであると断定できなかった。クローンNo.120を用いたサザン解析では、slg保有系統と原品種との間で多型が観察され、No.120はslg座近傍の遺伝子座の産物である可能性があると考えられた。また、slgの易変性が遺伝子のメチル化に起因する可能性を検証するため、slg保有系統と...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), イネ突然変異誘発遺伝子(mutator)の活性制御, 堀端章, イネゲノム内の他の遺伝子座に新たな変異を誘発するmutatorを突然変異育種上の新たな変異原として効果的に利用するには、その発現契機である細粒遺伝子(slg)の復帰突然変異が安定的に高頻度で生じる必要がある。しかしながら、多数のslgを持つ細粒系統の中には、slgの復帰突然変異頻度(RMF)が著しく少ない系統が少なからず認められる。本研究は、組織培養によってこれら低RMF系統のRMFを増加させ、mutatorの有する突然変異誘発活性の有効な利用法を確立しようとするものである。平成10年、育成経過の異なる40の細粒系統からRMFの比較的低い5系統(IM21、IM54、IM136、IM157およびIM294)を選び、系統ごとに、胚盤由来のカルスから得られた再分化植物(R_0細粒系統)と組織培養を経ていない細粒個体の自殖によって得られた細粒系統(NC細粒系統)との間でRMFを比較した。その結果、5系統の全てにおいてRMFの増加が認められた。平成11年は、上記再分化植物中に見いだされた細粒固体の個体別自殖次代R_1細粒系統とNC細粒系統との間でRMFを比較し、組織培養がRMFに及ぼす遺伝的な効果を観察した。その結果、大部分のR_1細粒系統では組織培養によるRMFの有意な増加が認められなかったものの、少数のR_1細粒系統ではNC細粒系統に比べてRMFが有意に増加していた。以上のように、...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 水稲幼苗期耐冷性に関する変異の創成と耐冷性機構の生化学的解析, 堀端章, 耐冷性評価の確立を目的に、これまで茎葉部の低温反応を指標とする耐冷性の評価を行ってきたが、本年度はこれに加えて、種子根の発育状態や冠根の発生程度など、根部の低温反応を指標とする耐冷性の評価を試みた。その結果、根部に示される耐冷性は、茎葉部に示される耐冷性と弱いながらも有意な相関を示し、初期の耐冷性イネの選抜は、観察容易な茎葉部の耐冷性について行えばよいと考えられた。また、根部においても茎葉部と同様、幼苗の発育ステ-ジに伴う耐冷性発現の変化が認められた(日本育種学会第88回講演会において発表)。つぎに、茎葉部の耐冷性に基づいて、日本国内で育成されたジャポニカ型水稲70余品種の耐冷性を評価したところ、北海道地域および東北地域で育成された品種では、耐冷性が多様で極強の品種が多く認められたが、北陸以西の地域で育成された品種では多様性に乏しく、極強の品種はみられなかった(日本育種学会第89回講演会において発表予定)。また、mutator(突然変異誘発遺伝子)によって誘発された固定型突然変異80余系統の耐冷性を評価したところ、耐冷性に系統間差が認められ、mutatorを用いても耐冷性の強化が可能と考えられた。一方、耐冷性獲得機構の生化学的解析を進めるために、カラムクロマトグラフ、薄層クロマトグラフおよびガスクロマトグラフを用いて、少量試料(種子、根および葉)からリン脂質および糖脂質を抽出...
  • 経常研究, 水稲幼苗期耐冷性の評価と有用遺伝資源の探索
  • 科学研究費補助金, イネの内在性トランスポゾンmPingを利用した遺伝子タギング法の開発
  • 科学研究費補助金, イネ細粒遺伝子(slg)の機能解析
  • 経常研究, イネの脂質生合成に関与する遺伝変異の探索
  • 経常研究, 単色光照射による園芸作物の生産性・市場性の改善

教育活動情報

担当経験のある科目

  • トピックスインバイオロジー, 近畿大学生物理工学部
  • 動物生命工学基礎, 近畿大学大学院生物理工学研究科
  • 植物分子育種学特論, 近畿大学大学院生物理工学研究科
  • 生物工学基礎生化学実験, 近畿大学生物理工学部
  • 実験計画法, 近畿大学生物理工学部
  • 計量生物学, 近畿大学生物理工学部
  • 生物統計学, 近畿大学生物理工学部