KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

岡南 政宏オカナミ マサヒロ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 生物工学科 / 生物理工学研究科
職名講師
学位博士(理学)
専門分子生物学(遺伝子発現制御)
ジャンル環境/生物・動植物
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/898-okanami-masahiro.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/16

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    PGPR(植物生長促進根圏微生物)という微生物がいかに植物の生長を促進するのか、逆に、植物がいかに微生物からの働きかけに応答するのかを、シグナル伝達の観点から研究しています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1997年, 京都大学, 理学研究科
  •  - 1994年, 京都大学, 理学研究科
  •  - 1992年, 名古屋大学, 理学部, 分子生物学科

経歴

  •   1994年,  - 1997年,  日本学術振興会特別研究員DC1
  •   1997年,  - 1998年,  奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 教務職員
  •   1998年,  - 2002年,  奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 助手
  •   2002年,  - 2004年,  近畿大学生物理工学部 助手
  •   2004年, -   近畿大学生物理工学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 分子生物学

研究キーワード

  • 転写制御・シグナル伝達・内分泌撹乱化学物質・植物-微生物間相互作用・植物生長促進・PGPB・生分解性プラスチック

論文

  • Analysis of the mechanisms of the growth enhancement of Bacillus sp. IA in the presence of rice husk biochar., Ebe, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., 5th International Symposium on Life Sciences & Biological Engineering, Conference Proceedings, 625, 627,   2016年08月, 査読有り
  • Potential of an actinobacterium for biological control., 2016 Grobal Conference on Engineering and Applied Science, Conference Proceedings, Ohike, T., Maeda, M., Uetsuki, Y., Matsukawa, T., Okanami, M., Kajiyama, S-i., Ano, T., 1054, 1055,   2016年07月, 査読有り
  • Construction of microbial fuel cells that produce beneficial compounds., Ebe, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., 2016 Grobal Conference on Engineering and Applied Science, Conference Proceedings, 1050, 1051,   2016年07月, 査読有り
  • Isolation and characterization of bacterium that promotes the antibotic production in the presence of rice husk biochar., Ebe, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., 2016 International Congress on Chemical, Biological and Environmental Sciences, Conference Proceedings, 918, 920,   2016年05月, 査読有り
  • Physcomitrella patens has kinase-LRR R gene homologs and interacting proteins., Tanigaki, Y., Ito, K., Obuchi, Y., Kosaka, A., Yamato, K. T., Okanami, M., Lehtonen, M. T., Valkonen, J. P. T., Akita, M., PLOS ONE, 9, 4, e95118,   2014年04月, 査読有り
  • Isolation of antifungal bacteria from Japanese fermented soybeans, natto., Murata, D., Sawano, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., Journal of Environmental Sciences, 25(Suppl), S127, S131,   2013年06月, 査読有り
  • Screening of endophytic bacteria against fungal plant pathogens., Ohike, T., Makuni, K., Okanami, M., Ano, T., Journal of Environmental Sciences, 25(Suppl), S122, S126,   2013年06月, 査読有り
  • Improvement of production of lipopeptide antibiotic iturin A using fish protein., Zohora, U. S., Rahman, M. S., Khan, A. W., Okanami, M., Ano, T., Journal of Environmental Sciences, 25(Suppl), S2, S7,   2013年06月, 査読有り
  • Improvement of lipopeptide antibiotic iturin A production using novel peptone of fish protein medium., Zohora, U. S., Rahman, M. S., Khan, A. W., Okanami, M., Ano, T., 5th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts, 34, 34,   2012年08月, 査読有り
  • Isolation of suppressive bacteria from fermented soybean, natto, as candidates for microbial pesticide., Murata, D., Sawano, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., 5th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts, 46, 46,   2012年08月, 査読有り
  • Screening of biocontrol bacterial strains against fungal plant pathogens from endophytes., Ohike, T., Makuni, K., Okanami, M., Ano, T., 5th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts, 84,   2012年08月, 査読有り
  • Production of iturin A through glass column reactor (GCR) from soybean curd residue (okara) by Bacillus subtilis RB14-CS under solid state fermentation (SSF)., Khan, A. W., Zohora, U. S., Rahman, M. S., Okanami, M., Ano, T., Advances in Bioscience and Biotechnology, 3, 143, 148,   2012年04月, 査読有り
  • Production of surfactin using pentose carbohydrate by Bacillus subtilis., Khan, A. W., Okanami, M., Ano, T., Rahman, M. S., Zohora, U. S., Journal of Environmental Sciences, 23(Suppl), S63, S65,   2011年07月, 査読有り
  • Utilization of fish protein in submerged and biofilm fermentation of Bacillus subtilis for production of lipopeptide antibiotic iturin A, Zohora, U. S., Khan, A. W., Okanami, M., Ano, T., Rahman, M. S., Proceedings of International Conference on Antimicrobial Research (ICAR2010), 295, 295,   2010年11月, 査読有り
    概要:微生物の培養に用いられるペプトンとして、動物タンパク質であるミルクに由来するものと植物タンパク質であるダイズに由来するものが知られている。第三のタンパク源として海洋性資源に着目し、魚に由来するタンパク質を用い微生物の培養を試みた。その結果、良好な生育が認められたばかりでなく、生産指標として用いた抗生物質生産能としても高いものが観察され有望な資源であることが示された。(英文)
  • Utilization of pentose carbohydrate and production of iturin A by Bacillus subtilis, Khan, A. W., Rahman, M. S., Zohora, U. S., Okanami, M., Ano, T., ISEET-2010 The 4th International Symposium on Environmental Economy and Technology Extended Abstract, 58, 60,   2010年06月, 査読有り
    概要:微生物の発酵生産において六炭糖が一般的に用いられている。食糧と競合せず、大量に入手可能な未利用資源としてヘミセルロースを構成するキシロースのような五炭糖が考えられる。しかし、五炭糖を資可できる微生物は限られているため、枯草菌を用いた五炭糖の利用と物質生産を試みた。その結果、良好な生育と有用物質であるサーファクチンの生産が認められた。
  • Biosurfactant production by Bacillus subtilis using pentose carbohydrate., Kahn, A. W., Rahman, M. S., Zohora, U. S., Okanami, M., Ano, T., 4th International Symposium on Environmental Economy and Technology, Extended Abstracts,   2010年06月, 査読有り
  • Expression mechanisms of mmab1 (mab-21), a possible target gene of HOX-C4., Okanami, M., Yamada, R., Takahashi, N., Develop. Growth Differ., 43(Suppl.), S92, S92,   2001年, 査読有り
  • Characterization of a DEAD box ATPase/RNA helicase protein of Arabidopsis thaliana., Okanami, M., Meshi, T., Iwabuchi, M., Nucleic Acids Res., 26, 2638, 2643,   1998年, 査読有り
  • Conserved Ser residues in the basic region of the bZIP-type transcription factor HBP-1a(17): importance in DNA binding and possible targets for phosphorylation., Meshi, T., Moda, I., Minami, M., Okanami, M., Iwabuchi, M., Plant Mol. Biol., 36, 125, 136,   1998年, 査読有り
  • Functional analysis of Cys2/His2-type Zn-finger protein genes from Arabidopsis thaliana., Sakamoto, H., Okanami, M., Araki, T., Meshi, T., Iwabuchi, M., Plant Cell Physiol., 38(Suppl.), S111, S111,   1997年
  • A DEAD-box helicase interacts with a transcriptional activation domain of a bZIP-type protein., Okanami, M., Meshi, T., Iwabuchi, M., Plant Cell Physiol., 38(Suppl.), S63, S63,   1997年
  • Dissection of the wheat transcription factor HBP-1a(17) reveals a modular structure for the activation domain., Nakayama,T., Okanami, M., Meshi, T., Iwabuchi, M., Mol. Gen. Genet., 253, 553, 561,   1997年, 査読有り
  • Organization of the gene encoding transcriptional repressor EF1 and cross-species conservation of its domains., Sekido, R., Takagi, T., Okanami, M., Moribe, H., Yamamura, M., Higashi, Y., Kondoh, H., Gene, 173, 227, 232,   1996年, 査読有り
  • Identification and characterization of the proteins interacting with the transcription factor HBP-1a using the two-hybrid system., Tamai, H., Okanami, M., Meshi, T., Iwabuchi, M., Plant Cell Physiol., 37(Suppl.), S92, S92,   1996年
  • HALF-1, a bZIP-type protein, interacting with the wheat transcription factor HBP-1a(17) contains a novel transcriptional activation domain., Okanami, M., Meshi, T., Tamai, H., Iwabuchi, M., Genes Cells, 1, 87, 99,   1996年, 査読有り

書籍等出版物

  • Science and Technology Against Microbial Pathogens, 分担執筆, Study of submerged and biofilm fermentation of Bacillus subtilis using fish protein for production of lipopeptide antibiotic iturin A., World Scientific,   2011年09月

講演・口頭発表等

  • 植物生長促進細菌の単離と微生物農薬としての利用, 中岡知規、西山紋加、小林誠治、阿野貴司、岡南政宏, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月
  • Stenotrophomonas maltophiliaエステラーゼの大量発現と精製の試み, 鳥居誉、田端菜央、奥野圭祐、阿野貴司、岡南政宏, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月
  • 新規の植物生長促進細菌の単離と評価, 澤田祥子、中岡知規、西山紋加、吉水芳織、黒田雄亮、阿野貴司、岡南政宏, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月
  • 燻炭がBacillus属細菌IA株の生育を促進するメカニズムの解明, 江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月
  • 放線菌由来生理活性物質が植物および植物病原菌に与える影響, 前田みのり、大池達矢、岡南政宏、松川哲也、梶山慎一郎、阿野貴司, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月
  • 高塩濃度条件下で生育可能な微生物による電力生産, 雪本寛、江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月
  • 燻炭抽出液によるBacillus amyloliquefaciens IA株のiturinA生産促進, 久野龍之介、江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 第69回日本生物工学会大会,   2017年09月
  • 新規の植物生長促進細菌の単離, 澤田祥子、中岡知規、西山紋加、吉水芳織、黒田雄亮、阿野貴司、岡南政宏, 環境微生物系学会合同大会2017,   2017年08月
  • 微生物が生産する揮発性有機化合物の農業利用に向けた基礎的研究, 米田奈央、江邉正平、大池達矢、松川哲也、岡南政宏、梶山慎一郎、阿野貴司, 環境微生物系学会合同大会2017,   2017年08月
  • 燻炭抽出液によるBacillus属細菌IA株の生育促進, 江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 環境微生物系学会合同大会2017,   2017年08月
  • 植物生長促進作用に関与するPseudomonas fluorescens遺伝子の単離, 中岡知規、澤田祥子、大浦麻里、田中雄矢、阿野貴司、岡南 政宏, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
  • 植物生長促進細菌の単離と養液栽培における利用, 小林誠治、中岡知規、宮澤知愛、阿野貴司、岡南政宏, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
  • 燻炭により生育が促進する微生物の探索と抗真菌活性の比較, 江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
  • Stenotrophomonas maltophiliaエステラーゼの遺伝子構造と大量発現, 鳥居誉、奥野圭祐、朝倉紗也栞、阿野貴司、岡南政宏, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年12月
  • Pseudomonas fluorescens A-2による植物生長促進作用に関与する分子の解析, 大浦麻里、奥野圭祐、中岡知規、澤田祥子、阿野貴司、岡南政宏, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年12月
  • PGPBによる植物生長促進作用のメカニズムの解析, 中岡知規、澤田祥子、大浦麻里、田中雄矢、阿野貴司、岡南政宏, 第39回日本分子生物学会年会,   2016年12月
  • 植物生長促進細菌によるシロイヌナズナの生長促進作用メカニズムの解析, 中岡知規、澤田祥子、大浦麻里、田中雄矢、阿野貴司、岡南政宏, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月
  • エステラーゼを産生する環境細菌の単離, 奥野圭祐、橋本明里、鳥居誉、前田真美、阿野貴司、岡南政宏, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月
  • Stenotrophomonas maltophilia エステラーゼの遺伝子クローニングと大量発現, 鳥居誉、奥野圭祐、朝倉紗也栞、大浦麻里、阿野貴司、岡南政宏, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月
  • アルボサイクリン生産放線菌を用いた微生物農薬の開発, 大池達矢、前田みのり、松川哲也、岡南政宏、梶山慎一郎、阿野貴司, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月
  • Streptomyces sp. KT株の微生物農薬としての可能性, 前田みのり、大池達矢、岡南政宏、松川哲也、梶山慎一郎、阿野貴司, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月
  • 燻炭がBacillus属細菌IA株の生育を促進するメカニズムの解明, 江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 第68回日本生物工学会大会,   2016年09月
  • Analysis of the mechanisms of the growth enhancement of Bacillus sp. IA in the presence of rice husk biochar., Ebe, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., ISLSBE 2016,   2016年08月
  • Construction of microbial fuel cells icrobial fuel cells that produce beneficial compounds., Ebe, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., 2016 GCEAS,   2016年07月
  • Potential of an actinobacterium for biological control., Ohike, T., Maeda, M., Uetsuki, Y., Matsukawa, T., Okanami, M., Kajiyama, S-i., Ano, T., 2016 GCEAS,   2016年07月
  • 再生可能エネルギーとしての微生物燃料電池, 江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 第5回JACI/GSCシンポジウム,   2016年06月
  • Isolation and characterization of bacterium that promotes the antibiotic production in the presence of rice husk biochar., Ebe, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., ICCBES 2016,   2016年05月
  • The mechanisms for plant growth-promoting effect of Pseudomonas fluorescens, 大浦 麻里、奥野 圭祐、田中 雄矢、中岡 知規、阿野貴司、岡南 政宏, 第56回日本植物生理学会年会,   2016年03月
  • Stenotrophomonas maltophilia 4Aが産生するエステラーゼの特性とその遺伝子, 奥野 圭祐、朝倉 紗也栞、前田 真美、大浦 麻里、阿野 貴司、岡南 政宏, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月
  • 植物生長促進細菌の単離と養液栽培における利用, 中岡 知規、宮澤 知愛、阿野 貴司、岡南 政宏, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月
  • Pseudomonas fluorescensによるシロイヌナズナの生長促進作用メカニズムの解析, 大浦 麻里、中岡 知規、田中 雄矢、奥野 圭祐、阿野 貴司、岡南 政宏, 日本農芸化学会2016年度大会,   2016年03月
  • 環境細菌が産生するエステラーゼの特性と遺伝子の解析, 朝倉 紗也栞、前田 真美、柳井 祐佳里、阿野 貴司、岡南 政宏, BMB2015,   2015年12月02日
  • シロイヌナズナが植物生長促進細菌Pseudomonas fluorescensから生長促進作用を受けるメカニズム, 大浦 麻里、奥野 圭祐、今井 彰人、阿野 貴司、岡南 政宏, BMB2015,   2015年12月02日
  • Pseudomonasa fluorescens A-2株がシロイヌナズナの側根伸長を促進するメカニズムの解析, 中岡 知規、田中 雄矢、大浦 麻里、伊東 祐弥、阿野 貴司、岡南 政宏, BMB2015,   2015年12月02日
  • Construction and improvement of microbial fuel cells using alkaliphiles., Ebe, S., Ohike, T., Okanami, M., Ano, T., Pacifichem 2015,   2015年12月
  • Isolation and characterization of plant growth promoting bacteria from earthworm., Washio, N., Okanami, M., Ano, T., Pacifichem 2015,   2015年12月
  • Evaluation of physical properties using thermodynamic quantities of hydration., Fujisawa, M., Ikeda, H., Okanami, M., Kimura, T., Pacifichem 2015,   2015年12月
  • Stenotrophomonas maltophilia 4Aが産生するエステラーゼの特性, 岡南 政宏、柳井 祐佳里、大浦 麻里、朝倉 紗也栞、前田 真美、阿野 貴司, 第67回日本生物工学会大会,   2015年10月26日
  • シロイヌナズナと植物生長促進細菌Pseudomonas fluorescens A-2の相互作用の解析, 大浦麻里、今井彰人、阿野貴司、岡南政宏, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年03月
  • 植物生長促進細菌の単離, 岡南政宏、太井千紘、大浦麻里、松本由貴、阿野貴司, 第56回日本植物生理学会年会,   2015年03月
  • Stenotrophomonas maltophiliaが産生するエステラーゼの機能解析, 柳井祐佳里、大浦麻里、千田ひかり、阿野貴司、岡南政宏, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年11月27日
  • 植物と植物生長促進細菌の相互作用に関わる分子メカニズムの解析, 大浦麻里、今井彰人、伊東祐弥、太井千紘、向井一真、津田高佑、硲美貴、阿野貴司、岡南政宏, 第37回日本分子生物学会年会,   2014年11月
  • 放線菌を用いた微生物農薬の開発, 植月義博、松川哲也、岡南政宏、梶山慎一郎、阿野貴司, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月
  • ミミズより単離した細菌を用いた植物病原菌抑制の試み, 鷲尾尚輝、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月
  • 十和田石粉末から単離したTrichoderma atroviride HNT-01の微生物農薬としての評価, 大池達矢、松川哲也、岡南政宏、梶山慎一郎、山本茂樹、広瀬陽一郎、阿野貴司, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月
  • アルカリ性条件下における微生物燃料電池の発電力向上の試み, 江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月
  • Potential application of oligotrophic bacteria as biocontrol agents., 13th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry,   2014年08月
  • アルカリ性条件下における微生物燃料電池の構築, 江邉正平、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月
  • Jatropha curcas種子採油残渣を用いた微生物農薬の培養, 石田結子、大池達矢、松川哲也、岡南政宏、梶山慎一郎、阿野貴司, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月
  • 低栄養性細菌を用いた微生物農薬候補株の探索, 大池達矢、松川哲也、岡南政宏、梶山慎一郎、阿野貴司, 日本農芸化学会2014年度大会,   2014年03月
  • PBS系生分解性プラスチック分解菌が産生するリパーゼの特性, 岡南政宏、北原靖久、千田ひかり、阿野貴司, 第65回日本生物工学会大会,   2013年09月
  • バイオディーゼル燃料に由来するグリセリンを用いた抗菌活性物質生産, 大池達矢、橋上滉平、石田結子、松川哲也、岡南政宏、梶山慎一郎、阿野貴司, 第65回日本生物工学会大会,   2013年09月
  • 酵母・乳酸菌共培養による微生物燃料電池発電力向上の試み, 江邉正平、松岡友紀、大池達矢、岡南政宏、阿野貴司, 第65回日本生物工学会大会,   2013年09月
  • シロイヌナズナの側根伸長がPseudomonas fluorescensによって促進されるメカニズムの解析, 岡南 政宏, 田中 亜里彩, 玉置 友樹, 向井 一真, 津田 高佑, 硲 美貴, 阿野 貴司, 第54回日本植物生理学会年会,   2013年03月, 第54回日本植物生理学会年会
    概要:シロイヌナズナ芽生えの側根伸長を促進する土壌微生物A-2株を単離した。16S rRNA遺伝子の塩基配列から、このA-2株はPseudomonas fluorescensであることが示唆された。実際に、この微生物はシデロフォアを形成し、リンとフィチンの可溶化能を有しており、紫外線照射下において蛍光を発した。また、A-2株は、植物病原菌Fusarium oxysporumとRhizoctonia solaniの増殖を抑制することができた。
  • シロイヌナズナの側根伸長を促進するPseudomonas fluorescensの解析, 津田 高佑, 玉置 友樹, 田中 亜里彩, 阿野 貴司, 岡南 政宏, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月, 日本農芸化学会2013年度大会
    概要:シデロフォア形成能、リン可溶化能、フィチン可溶化能を指標として、環境微生物をスクリーニングした結果、複数の微生物株が単離された。中でもA-2株は、これらについて最も強い能力を示した。さらに、A-2株は、シロイヌナズナ芽生えの側根数の増加や根毛の増加、地上部の生長促進などを引き起こし、PGPRとしての特徴を示した。A-2株は、紫外線照射下において蛍光を発すること、および、16S rRNA遺伝子の塩基配列から、Pseudomonas fluorescensであることが強く示唆された。一方、A-2株は、植物病原菌Fusarium oxysporumとRhizoctonia solaniの増殖を抑制することができた。
  • 植物葉を利用した新しい微生物農薬候補株の単離, 大池 達矢, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 日本農芸化学会2013年度大会,   2013年03月, 日本農芸化学会2013年度大会
  • 食品(納豆)を用いた微生物農薬の開発, 澤野 沙耶佳, 村田 大地, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月, 日本農芸化学会2012年度大会
  • ジャトロファフォルボールエステル分解微生物の探索, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月, 日本農芸化学会2012年度大会
  • Jatropha curcasの種子採油残渣を用いた微生物農薬の開発, 吉川 諒, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 梶山 慎一郎, 阿野 貴司, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月, 日本農芸化学会2012年度大会
  • Isolation and characterization of bacteria as a candidate for biological control., Murata, D., Okanami, M., Ano, T., International Union of Microbial Societies 2011,   2011年09月, International Union of Microbial Societies 2011
  • Isolation of phorbol ester degrading microbes for Jatropha bio-diesel production., Ohike, T., Mikura, K., Akai, K., Matsukawa, T., Okanami, M., Kajiyama, S-i., Ano, T., International Union of Microbial Societies 2011,   2011年09月, International Union of Microbial Societies 2011
  • Microbial fuel cell mediated by wine yeast., Matsubara, K., Watanabe, Y., Sakai, T., Okanami, M., Ano, T., International Union of Microbial Societies 2011,   2011年09月, International Union of Microbial Societies 2011
  • 微生物製剤の開発を目的とした油脂分解菌の単離, 中尾 日路岐, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 多田 宜文, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月, 日本農芸化学会2010年度大会
    概要:厨房グリストラップや土壌から油脂を分解できる菌を単離した。これらは実際に高いリパーゼ活性を持っていた。製剤化へ向けて、単離菌の凍結保存を試みた。
  • ジャトロファ種子1粒を用いた脂質およびフォルボールエステル類の分析, 松川 哲也, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 梶山 慎一郎,   2010年03月
  • ダイオキシン受容体型転写因子AhRの転写活性化領域の解析, 藤谷 純也, 岡南 政宏, 第31回日本分子生物学会年会,   2008年12月, 第31回日本分子生物学会年会
    概要:ダイオキシン受容体型転写因子AhRのC末側およそ400アミノ酸領域を分割し、それぞれが転写活性化能を持つか否かを酵母細胞を用いて調べた。その結果、およそ60アミノ酸残基からなる領域だけで強く転写を活性化できることが分かった。
  • AhRの普遍的転写活性化モチーフの解析, 岡南 政宏, 藤谷 純也, 日本分子生物学会第8回春季シンポジウム,   2008年05月, 日本分子生物学会第8回春季シンポジウム
    概要:ダイオキシン受容体AhR内のある転写活性化モチーフは、下等高等を問わず、普遍的に機能する。これは、SAGA/PCAF複合体を介していることが強く示唆された。
  • ダイオキシン受容体AhRの転写活性化メカニズムの解析, 藤谷 純也, 多田 宜文, 岡南 政宏, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月, 日本農芸化学会2008年度大会
    概要:ダイオキシン受容体内の転写活性化モチーフは、下等高等を問わず普遍的に転写を活性化する。このモチーフと相互作用して転写を活性化するコファクターについて検討した。
  • ダイオキシン受容体型転写因子AhRの転写活性化領域の解析, 藤谷 純也, 伊墻 万由, 岡南 政宏, 第30回日本分子生物学会年会,   2007年12月, 第30回日本分子生物学会年会
    概要:マウスAhRのC末側領域を、GAL4DNA結合ドメインとの融合タンパク質として酵母内で発現させ、レポーター遺伝子の発現を指標に、各領域の転写活性化能を調べた。その結果、コア領域と考えられる領域を複数同定することができた。
  • ダイオキシン受容体AhRの転写活性化モチーフの同定, 藤谷 純也, 岡南 政宏, 日本農芸化学会2007年度大会,   2007年03月, 日本農芸化学会2007年度大会
    概要:ダイオキシン受容体AhR中に存在する、下等生物から高等生物に至るまで高度に保存された転写活性化モチーフの検索を試み、およそ60アミノ酸残基からなる領域を同定した。
  • 酵母におけるカドミウム応答メカニズムの解析, 三國 恭平, 多田 宜文, 岡南 政宏, 日本分子生物学会2006フォーラム,   2006年12月, 日本分子生物学会2006フォーラム
    概要:酵母からカドミウム応答遺伝子を網羅的に単離した。その結果、チップ法でこれまでに単離されていた遺伝子に加えて複数の機能未知の遺伝子が単離された。
  • ダイオキシン受容体AhRの転写活性化モチーフの普遍性について, 藤谷 純也, 岡南 政宏, 日本分子生物学会2006フォーラム,   2006年12月, 日本分子生物学会2006フォーラム
    概要:ダイオキシン受容体型転写因子AhRのC末にある転写活性化モチーフの探索を行った。
  • 極限環境微生物を用いた環境汚染物質検出キットの開発, 石橋孝行、久保大樹、小田基浩、岡南政宏、多田宜文, 第32回日本環境学会研究発表会,   2006年06月
  • Isolation of prokaryotic genes and promoters as gene resources, Sato, S., Murakami, M., Murata, T., Tada, Y., Okanami, M., 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology,   2006年06月, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology
    概要:Escherichia coliおよびSphingomonas paucimobilisゲノムから、強発現プロモーターおよび重金属応答遺伝子を複数単離した。これらは遺伝子資源として有用であると考えられる。(英文)
  • 微生物ゲノムにおける重金属濃度依存的プロモーターの解析, 佐藤 里美, 村田 俊明, 多田 宜文, 岡南 政宏, 日本農芸化学会2006年度大会,   2006年03月, 日本農芸化学会2006年度大会
    概要:Escherichia coliおよびSphingomonas paucimobilisゲノム中に存在する重金属応答プロモーターを、lacZ遺伝子をレポーター遺伝子とするプラスミドライブラリー中からスクリーニングし、複数の重金属濃度依存的プロモーターを単離した。
  • Sphingomonas paucimobilisを用いた環境汚染物質検出キットの開発・研究, 石橋 孝行, 久保 大樹, 小田 基浩, 岡南 政宏, 多田 宜文, 日本農芸化学会2006年度大会,   2006年03月, 日本農芸化学会2006年度大会
    概要:低栄養細菌Sphingomonas paucimobilisの増殖を指標に、自然水サンプル中に含まれる重金属を検出することができる。これを扱いやすいようキット化し、室温で数ヶ月の保存ができるよう開発した。
  • 重金属濃度依存的に発現誘導をおこなうプロモーターの解析, 佐藤 里美, 村田 俊明, 多田 宜文, 岡南 政宏, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会年会
    概要:大腸菌ゲノムより、鉛によって誘導される遺伝子プロモーターが得られた。このプロモーターを種々の重金属で刺激したところ、濃度依存的に発現を誘導する重金属、あるいは、抑制する重金属があることが分かった。
  • 有機性産業廃棄物の好気的コンポスト化過程における微生物群集構造の遷移, 藤井 正典, 山本 亮太, 岡南 政宏, 多田 宜文, 第21回日本微生物生態学会,   2005年10月, 第21回日本微生物生態学会
    概要:研究室内で良好なコンポストを作り上げることができる小型コンポスト化装置を完成させた。これを用いて、鶏糞のコンポスト化を行い、その過程の温度変化に応じた数段階からコンポストサンプルを得た。得られたサンプルから直接DNAを抽出し、PCR-DGGE法により、コンポスト化過程の微生物群集構造をより正確に解析した。
  • 有機性産業廃棄物の好気的コンポスト化過程における微生物群集構造の遷移, 藤井 正典, 山本 亮太, 岡南 政宏, 多田 宜文, 日本畜産環境学会第4回大会,   2005年07月, 日本畜産環境学会第4回大会
    概要:研究室内で良好なコンポストを作り上げることができる小型コンポスト化装置を完成させた。これを用いて、鶏糞のコンポスト化を行い、その過程の温度変化に応じた数段階からコンポストサンプルを得た。得られたサンプルから直接DNAを抽出し、PCR-DGGE法により、コンポスト化過程の微生物群集構造をより正確に解析した。
  • 転写因子標的DNA濃縮法を用いたダイオキシン検出の試み, 岡南 政宏, 木村 真理子, 渡邉 敦, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 日本農芸化学会2005年度大会
    概要:Hisタグ付きダイオキシン受容体AhR遺伝子と、ヘテロダイマーパートナーArnt遺伝子を、相同組換えを利用して酵母染色体へ組み込ませ、ダイオキシン検出用酵母を作製した。これを用いて、転写因子標的DNA濃縮法によりダイオキシンの検出を試みた。
  • 蛍光共鳴エネルギー転移法を利用したダイオキシン検出試薬の開発, 清水 美由紀, 岡南 政宏, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 日本農芸化学会2005年度大会
    概要:ダイオキシン受容体AhRとCFP、HSP90とYFPとの融合タンパク質を大腸菌内で大量発現させ、精製した。これらのタンパク質を用いて、蛍光共鳴エネルギー転移法にてダイオキシンを検出できる試薬の開発を行った。
  • Sphingomonas pausimobilisからの重金属応答配列および強発現プロモーターの単離, 村田 俊明, 佐藤 里美, 多田 宜文, 岡南 政宏, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 日本農芸化学会2005年度大会
    概要:Sphingomonas pausimobilis染色体DNAから、複数の強発現プロモーターおよび重金属応答配列を単離することができた。
  • 有機性産業廃棄物の好気的コンポスト化過程における微生物群集構造の遷移, 藤井 正典, 山本 亮太, 岡南 政宏, 多田 宜文, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 日本農芸化学会2005年度大会
    概要:研究室内で良好なコンポストを作り上げることができる小型コンポスト化装置を完成させた。これを用いて、鶏糞のコンポスト化を行い、その過程の温度変化に応じた数段階からコンポストサンプルを得た。得られたサンプルから直接DNAを抽出し、PCR-DGGE法により、コンポスト化過程の微生物群集構造をより正確に解析した。
  • Sphingomonas paucimobilisを用いた簡便・安価な環境汚染物質検出法の開発, 石橋 孝行, 増田 隆宏, 小田 基浩, 前田 達彦, 岡南 政宏, 多田 宜文, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月, 日本農芸化学会2005年度大会
    概要:低栄養細菌Sphingomonas paucimobilisの増殖を指標として、自然水サンプル中に含まれる重金属を、簡便かつ安価に検出する方法を開発した。この検出感度は、機器による感度と遜色のないものであり、有用であることが分かった。
  • 微生物染色体からの重金属応答配列及び強発現プロモーターの単離, 村田 俊明, 佐藤 里美, 多田 宜文, 岡南 政宏, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会年会
    概要:SphingomonasおよびE.coliより、スクリーニングによって、重金属応答配列および強発現プロモーターを網羅的に単離した。
  • Sphingomonasゲノムからの重金属応答プロモーターおよび強発現プロモーターの単離, 村田 俊明, 多田 宜文, 岡南 政宏, 第3回近畿大学環境科学研究会,   2004年11月, 第3回近畿大学環境科学研究会
    概要:Sphingomonasの染色体DNAより、スクリーニングによって、重金属応答プロモーターおよび強発現プロモーターを複数単離した。
  • 極限環境微生物染色体からの重金属応答配列の単離, 村田 俊明, 多田 宜文, 岡南 政宏, 日本農芸化学会2004年度大会,   2004年03月, 日本農芸化学会2004年度大会
    概要:極限環境微生物の一種であるスフィンゴモナスの染色体より、重金属に応答するDNA配列断片を複数単離した。
  • oligotrophic bacteriaを用いた環境汚染物質検出用簡易キットの開発研究, 多田 宜文, 岡南 政宏, 日本農芸化学2004年度大会,   2004年03月, 日本農芸化学2004年度大会
    概要:一切の分析機器を使わずに、環境汚染物質、特に重金属を検出できる簡易キット を微生物を利用して考案した。 機器にくらべて検出時間はかかるけれども、精度、検出限界とも大きく見劣りはないので、 途上国で使えるものとして開発している。
  • 極限環境微生物からの重金属応答配列の単離, 岡南 政宏, 多田 宜文, 第26回日本分子生物学会年会,   2003年12月, 第26回日本分子生物学会年会
    概要:極限環境微生物の一種であるスフィンゴモナスの染色体より、重金属に応答するDNA断片を複数単離した。
  • Oligotrophic bacteriaを用いた重金属検出用簡易キットの開発研究, 多田 宜文, 岡南 政宏, 日本農芸化学会2003年度大会(東京),   2003年04月, 日本農芸化学会2003年度大会(東京)
    概要:重金属汚染を簡便、安価にモニタリングできるキットの作製とその構成について発表した。
  • 転写因子標的DNA濃縮法を利用したダイオキシン検出, 岡南 政宏, 近畿大学環境科学研究会第一回研究会(打田),   2002年08月, 近畿大学環境科学研究会第一回研究会(打田)
    概要:ダイオキシンを確実かつ網羅的に検出することを目的として、転写因子標的DNA濃縮法を利用してこれらを検出できる酵母を作出することを計画した。現在、必要な遺伝子コンストラクトの作製を行っている。
  • HOX-C4標的遺伝子mmab1 (mab-21) の発現調節機構の解析, 岡南政宏、高橋直樹, 第23回日本分子生物学会年会,   2000年12月
  • HOX-C4標的遺伝子mmab-1の分子機能と発現制御機構の解析, 山田竜一、岡南政宏、萩原正人、武内恒成、高橋直樹, 日本発生生物学会第33回大会,   2000年05月
  • HOX-C4標的遺伝子mmab1 (mab-21) の発現調節機構の解析, 岡南政宏、山田竜一、高橋直樹, 第22回日本分子生物学会年会,   1999年12月
  • HOX-C4標的遺伝子mmab1 (mab-21) の発現調節機構の解析, 岡南政宏、山田竜一、武内恒成、高橋直樹, 日本発生生物学会第32回大会,   1999年05月
  • シロイヌナズナDEAD-box ATPase/RNA helicase AtDRH1の機能解析, 岡南政宏、飯哲夫、岩淵雅樹, 第20回日本分子生物学会年会,   1997年12月
  • 塩ストレスで誘導されるシロイヌナズナのCys2/His2型Zn-finger蛋白質遺伝子の解析, 坂本秀樹、岡南政宏、荒木崇、飯哲夫、岩淵雅樹, 第38回日本植物生理学会年会,   1997年03月
  • DEAD-box型ヘリカーゼがbZIP型タンパク質の転写活性化ドメインと相互作用する, 岡南政宏、飯哲夫、岩淵雅樹, 第38回日本植物生理学会年会,   1997年03月
  • Two-hybrid systemを用いた転写因子HBP-1aと相互作用するタンパク質の同定と解析, 玉井宏紀、岡南政宏、飯哲夫、岩淵雅樹, 第37回日本植物生理学会年会,   1996年03月
  • カルシウムによるコムギ転写因子HBP-1aのリン酸化の制御, 飯哲夫、岡南政宏、南真樹、岩淵雅樹, 第18回日本分子生物学会年会,   1995年12月
  • コムギ転写因子HBP-1a(17)と相互作用する因子HALF-1の機能解析, 岡南政宏、玉井宏紀、飯哲夫、岩淵雅樹, 第17回日本分子生物学会年会,   1994年12月
  • HALF-1:コムギ転写因子HBP-1aと相互作用する新たなbZIP型因子, 岡南政宏、南真樹、飯哲夫、岩淵雅樹, 日本植物学会第58回大会,   1994年09月
  • コムギ転写因子HBP-1aと相互作用するタンパク因子とそのcDNAの解析, 岡南政宏、飯哲夫、岩淵雅樹, 第16回日本分子生物学会年会,   1993年12月
  • リン酸化によるコムギ転写因子HBP-1aの機能制御, 飯哲夫、岡南政宏、南真樹、Bertrand Alain、岩淵雅樹, 第16回日本分子生物学会年会,   1993年12月
  • d-クリスタリンエンハンサーの制御因子dEF1の遺伝子構造と制御様式, 関戸良平、岡南政宏、舟橋淳一、村井かすみ、近藤寿人, 第15回日本分子生物学会年会,   1992年12月

MISC

  • 天王寺動物園における飼育動物の糞を材料とした有用微生物探索の試み, 江邉 正平、芳野 美咲、米田 奈央、蘇 霆軒、鷲尾 尚輝、大池 達矢、岡南 政宏、阿野 貴司、高見 一利、宮下 実, 近畿大学生物理工学部紀要, 37, 31, 38,   2016年05月, 査読有り
  • 酵母を用いた微生物燃料電池における発電力向上の試み, 江邉 正平、大池 達矢、岡南 政宏、阿野 貴司, 近畿大学生物理工学部紀要, 34, 15, 26,   2014年09月, 査読有り
  • 日本の伝統的食品である納豆からの微生物農薬候補株の単離, 村田 大地, 澤野 沙耶佳, 大池 達矢, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 近畿大学生物理工学部紀要, 31, 47, 57,   2013年03月, 査読有り
  • ダイオキシン受容体型転写因子AhRの転写活性化コア領域, 岡南 政宏, 藤谷 純也, 阿野 貴司, 近畿大学生物理工学部紀要, 28, 1, 11,   2011年09月
    概要:マウスのダイオキシン受容体型転写因子AhRを酵母内で発現させて機能解析した結果、転写活性化を担う61アミノ酸残基からなる領域を見出した。さらに、この領域を介した転写活性化のコアクティベーターとしてPCAF複合体が関与していることを示唆する結果を示した。
  • Jatropha curcasとJatropha integerrimaにおける発がんプロモーション活性物質フォルボールエステル類の分布, 大池 達矢, 松川 哲也, 岡南 政宏, 阿野 貴司, 梶山 慎一郎, 近畿大学生物理工学部紀要, 27, 29, 37,   2011年03月
    概要:バイオディーゼル燃料用ジャトロファ(J. curcas)と観賞用ジャトロファ(J. integerrima)の種子および植物体に含まれる脂肪酸およびフォルボールエステル類の組成を解析した結果、両植物で大きく異なることを明らかにした。
  • Sphingomonas echinoidesからの強発現プロモーターの単離, 岡南政宏、村田俊明、多田宜文, 近畿大学生物理工学部紀要, 23, 39, 45,   2009年
  • 酵母刺激応答性プロモーター/遺伝子単離ベクターの開発, 岡南政宏、三國恭平, 近畿大学生物理工学部紀要, 23, 31, 38,   2009年
  • A simple method using bacteria for determining organic pollution in river water., 近畿大学生物理工学部紀要, Vol.14, pp1-9.,   2004年
  • Regulation of translational initiation through an upstream open reading frame., 近畿大学生物理工学部紀要, Vol.11, pp41-47.,   2002年
  • A simple and easy method for the monitoring of heavy metals using oligotrophic bacteria., 近畿大学生物理工学部紀要, Vol.11, pp24-32.,   2002年
  • 微生物を利用した重金属の簡便検出法-寒天平板法とフィルター固定法-, 近畿大学生物理工学部紀要, Vol.11, pp33-40.,   2002年

特許

  • 循環型バイオ農薬生産施設, 巨 東英、磯田 悟、阿野 貴司、内山 俊一、矢嶋 龍彦、長谷部 靖、石川 正英、浜名 浩、戸村 政雄、岡南 政宏、渡辺 治, 特願2011-096731, 特開2012-228187

競争的資金

  • 科学研究費補助金, 転写標的遺伝子の網羅的同定による動物発生分子機構の解明, 高橋 直樹
  • 科学研究費補助金, 微生物を利用した簡便かつ網羅的な環境ホルモン検出法の開発, 岡南 政宏
  • 科学研究費補助金, DNAアレイを用いた転写因子の標的配列同定法の開発, 高橋 直樹
  • 奈良先端科学技術大学院大学支援財団, 奈良先端科学技術大学院大学支援財団教育研究活動支援, 転写因子-核マトリックス間相互作用を介した遺伝子発現調節機構の解析, 岡南 政宏
  • 科学研究費補助金, ゲノム情報を利用した転写因子の標的遺伝子単離法の開発, 高橋 直樹
  • 微生物による植物病害予防

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 環境分子生物学特論, 近畿大学大学院
  • 細胞遺伝子工学, 近畿大学
  • 遺伝子発現制御学, 近畿大学
  • 分子生物学Ⅰ・Ⅱ, 近畿大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 無限の可能性!? ヒトの役に立つ微生物, パネリスト, 近畿大学生物理工学部,   2016年09月17日