KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

上嶋 一臣ウエシマ カズオミ

プロフィール

所属部署名附属病院
職名講師
学位
専門肝臓
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1540-ueshima-kazuomi.html
ホームページURL
メールアドレスkaz-ues[at]med.kindai.ac.jp
Last Updated :2018/08/03

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    肝癌の診断と治療

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 消化器内科学

論文

  • Ultrasound-ultrasound image overlay fusion improves real-time control of radiofrequency ablation margin in the treatment of hepatocellular carcinoma., Minami Y, Minami T, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Murakami T, Kudo M, European radiology,   2017年12月, 査読有り
  • The Overall Survival of Patients with Hepatocellular Carcinoma Correlates with the Newly Defined Time to Progression after Transarterial Chemoembolization., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Liver cancer, 6, 3, 227, 235,   2017年06月, 査読有り
  • Semiquantitative prediction of early response of conventional transcatheter arterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma using postprocedural plain cone-beam computed tomography., Minami Y, Takita M, Tsurusaki M, Yagyu Y, Ueshima K, Murakami T, Kudo M, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 47, 3, E113, E119,   2017年03月, 査読有り
  • Outcome of Combination Therapy with Sofosbuvir and Ledipasvir for Chronic Type C Liver Disease., Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 3, 9,   2017年, 査読有り
  • Contrast-Enhanced Tissue Harmonic Imaging versus Phase Inversion Harmonic Sonographic Imaging for the Delineation of Hepatocellular Carcinomas., Kono M, Minami Y, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Komeda Y, Sakurai T, Takita M, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 29, 34,   2017年, 査読有り
  • Malignant Transformation of Hepatocellular Adenoma., Kwok WY, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Kono M, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Enoki E, Nakai T, Kumabe T, Nakashima O, Kondo F, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 16, 28,   2017年, 査読有り
  • Influence of Liver Inflammation on Liver Stiffness Measurement in Patients with Autoimmune Hepatitis Evaluation by Combinational Elastography., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 92 Suppl 1, 10, 15,   2017年, 査読有り
  • Evidence and topics of chemotherapy for hepatocellular carcinoma., Ueshima K, Kudo M, Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology, 114, 9, 1621, 1628,   2017年, 査読有り
  • Hepatocarcinogenesis Is Associated with Serum Albumin Levels after Sustained Virological Responses with Interferon-Based Therapy in Patients with Hepatitis C., Umehara Y, Hagiwara S, Nishida N, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Watanabe T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 35, 6, 548, 555,   2017年, 査読有り
  • Comparison of three current staging systems for hepatocellular carcinoma: Japan integrated staging score, new Barcelona Clinic Liver Cancer staging classification, and Tokyo score., Chung H, Kudo M, Takahashi S, Hagiwara S, Sakaguchi Y, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Fukunaga T, Matsunaga T, Journal of gastroenterology and hepatology, 23, 3, 445, 452,   2008年03月, 査読有り
  • Unique Characteristics Associated with Sustained Liver Damage in Chronic Hepatitis C Patients Treated with Direct Acting Antivirals., Kono M, Nishida N, Hagiwara S, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Minaga K, Kamata K, Komeda Y, Sakurai T, Takenaka M, Takita M, Yada N, Ida H, Minami Y, Ueshima K, Watanabe T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 35, 6, 556, 564,   2017年, 査読有り
  • Hepatocellular Carcinoma after Achievement of Sustained Viral Response with Daclatasvir and Asunaprevir in Patients with Chronic Hepatitis C Virus Infection., Ida H, Hagiwara S, Kono M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Yada N, Minami Y, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 35, 6, 565, 573,   2017年, 査読有り
  • Impact of Tumor Factors on Survival in Patients with Hepatocellular Carcinoma Classified Based on Kinki Criteria Stage B2., Arizumi T, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Kamata K, Minaga K, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 35, 6, 583, 588,   2017年, 査読有り
  • Time to Transcatheter Arterial Chemoembolization Refractoriness in Patients with Hepatocellular Carcinoma in Kinki Criteria Stages B1 and B2., Arizumi T, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Kamata K, Minaga K, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 35, 6, 589, 597,   2017年, 査読有り
  • Clinical characteristics of NonBNonC- HCC: Comparison with HBV and HCV related HCC., Hatanaka K, Kudo M, Fukunaga T, Ueshima K, Chung H, Minami Y, Sakaguchi Y, Hagiwara S, Orino A, Osaki Y, Intervirology, 50, 1, 24, 31,   2007年, 査読有り
  • Outcomes of nontransplant potentially curative therapy for early-stage hepatocellular carcinoma in Child-Pugh stage A cirrhosis is comparable with liver transplantation., Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Nagashima M, Kitai S, Tatsumi C, Minami Y, Ueshima K, Fukunaga T, Haji S, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 25, 4, 303, 309,   2007年, 査読有り
  • Initial treatment response is essential to improve survival in patients with hepatocellular carcinoma who underwent curative radiofrequency ablation therapy., Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Tatsumi C, Ueda T, Minami Y, Ueshima K, Haji S, Oncology, 72 Suppl 1, 98, 103,   2007年, 査読有り
  • Sorafenib-Regorafenib Sequential Therapy in Advanced Hepatocellular Carcinoma: A Single-Institute Experience., Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 35, 6, 611, 617,   2017年, 査読有り
  • Hand-Foot Syndrome and Post-Progression Treatment Are the Good Predictors of Better Survival in Advanced Hepatocellular Carcinoma Treated with Sorafenib: A Multicenter Study., Ogawa C, Morita M, Omura A, Noda T, Kubo A, Matsunaka T, Tamaki H, Shibatoge M, Tsutsui A, Senoh T, Nagano T, Takaguchi K, Tani J, Morishita A, Yoneyama H, Masaki T, Moriya A, Ando M, Deguchi A, Kokudo Y, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Oncology, 93 Suppl 1, 113, 119,   2017年, 査読有り
  • Response Evaluation Criteria in Cancer of the Liver (RECICL) (2015 Revised version)., Kudo M, Ueshima K, Kubo S, Sakamoto M, Tanaka M, Ikai I, Furuse J, Murakami T, Kadoya M, Kokudo N, Liver Cancer Study Group of Japan., Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 46, 1, 3, 9,   2016年01月, 査読有り
  • Outcome of Asunaprevir/Daclatasvir Combination Therapy for Chronic Liver Disease Type C., Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 620, 626,   2016年, 査読有り
  • Safety, Tolerability, and Efficacy of Sofosbuvir Plus Ribavirin in Elderly Patients Infected with Hepatitis C Virus Genotype 2., Nishida N, Kono M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 632, 639,   2016年, 査読有り
  • Prospective Risk Analysis of Hepatocellular Carcinoma in Patients with Chronic Hepatitis C by Ultrasound Strain Elastography., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 650, 653,   2016年, 査読有り
  • Monoethanolamine Oleate Sclerotherapy for Polycystic Liver Disease., Takita M, Iwanishi M, Minami T, Kono M, Chishina H, Arizumi T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Naoshi N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 654, 658,   2016年, 査読有り
  • Foreign body granuloma mimicking disseminated tumour recurrence after radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma., Takahashi S, Chung H, Kitai S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Kudo M, Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver, 28, 3, 414, 415,   2008年03月, 査読有り
  • Noninvasive evaluation of hepatic fibrosis using serum fibrotic markers, transient elastography (FibroScan) and real-time tissue elastography., Tatsumi C, Kudo M, Ueshima K, Kitai S, Takahashi S, Inoue T, Minami Y, Chung H, Maekawa K, Fujimoto K, Akiko T, Takeshi M, Intervirology, 51 Suppl 1, 27, 33,   2008年, 査読有り
  • Clinical Factors Predicting the Effect of Tolvaptan for Refractory Ascites in Patients with Decompensated Liver Cirrhosis., Chishina H, Hagiwara S, Nishida N, Ueshima K, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Kono M, Minami T, Iwanishi M, Umehara Y, Watanabe T, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 659, 664,   2016年, 査読有り
  • Validation of Kinki Criteria, a Modified Substaging System, in Patients with Intermediate Stage Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 671, 678,   2016年, 査読有り
  • US-US Fusion Imaging in Radiofrequency Ablation for Liver Metastases., Minami Y, Minami T, Chishina H, Kono M, Arizumi T, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 687, 691,   2016年, 査読有り
  • Impact of Tight Junction Protein ZO-1 and TWIST Expression on Postoperative Survival of Patients with Hepatocellular Carcinoma., Nagai T, Arao T, Nishio K, Matsumoto K, Hagiwara S, Sakurai T, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Nishida N, Sakai K, Saijo N, Kudo K, Kaneda H, Tamura D, Aomatsu K, Kimura H, Fujita Y, Haji S, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 34, 6, 702, 707,   2016年, 査読有り
  • Effectiveness of Sorafenib in Patients with Transcatheter Arterial Chemoembolization (TACE) Refractory and Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Minami T, Kono M, Chishina H, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Liver cancer, 4, 4, 253, 262,   2015年12月, 査読有り
  • Phase I/II Study of Sorafenib in Combination with Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Using Low-Dose Cisplatin and 5-Fluorouracil., Ueshima K, Kudo M, Tanaka M, Kumada T, Chung H, Hagiwara S, Inoue T, Yada N, Kitai S, Liver cancer, 4, 4, 263, 273,   2015年12月, 査読有り
  • Early Viral Response Predicts the Efficacy of Antiviral Triple Therapy with Simeprevir, Peg-Interferon and Ribavirin in Patients Infected with Hepatitis C Virus Genotype 1., Nishida N, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 708, 714,   2015年10月, 査読有り
  • Subclassification of BCLC B Stage Hepatocellular Carcinoma and Treatment Strategies: Proposal of Modified Bolondi's Subclassification (Kinki Criteria)., Kudo M, Arizumi T, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 751, 758,   2015年10月, 査読有り
  • Real-Life Clinical Practice with Sorafenib in Advanced Hepatocellular Carcinoma: A Single-Center Experience Second Analysis., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kitano M, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 728, 734,   2015年10月, 査読有り
  • Hepatic DNA Methylation Is Affected by Hepatocellular Carcinoma Risk in Patients with and without Hepatitis Virus., Nishida N, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Ida H, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kitano M, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 33, 6, 745, 750,   2015年10月, 査読有り
  • Survey of survival among patients with hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma treated with peretinoin, an acyclic retinoid, after the completion of a randomized, placebo-controlled trial., Okita K, Izumi N, Ikeda K, Osaki Y, Numata K, Ikeda M, Kokudo N, Imanaka K, Nishiguchi S, Kondo S, Nishigaki Y, Shiomi S, Ueshima K, Isoda N, Karino Y, Kudo M, Tanaka K, Kaneko S, Moriwaki H, Makuuchi M, Okusaka T, Hayashi N, Ohashi Y, Kumada H, Peretinoin Study Group., Journal of gastroenterology, 50, 6, 667, 674,   2015年06月, 査読有り
  • Cold-inducible RNA-binding protein promotes the development of liver cancer., Sakurai T, Yada N, Watanabe T, Arizumi T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Fujita J, Kudo M, Cancer science, 106, 4, 352, 358,   2015年04月, 査読有り
  • PEG-IFNalpha/RBV combination therapy for chronic hepatitis C patients increases serum ferritin level while it improves sustained viral response rate., Yada N, Kudo M, Chung H, Hayaishi S, Takita M, Ueda T, Tatsumi C, Hatanaka K, Kitai S, Ishikawa E, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Intervirology, 53, 1, 60, 65,   2010年, 査読有り
  • Phase II Study of Personalized Peptide Vaccination with Both a Hepatitis C Virus-Derived Peptide and Peptides from Tumor-Associated Antigens for the Treatment of HCV-Positive Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients., Yutani S, Ueshima K, Abe K, Ishiguro A, Eguchi J, Matsueda S, Komatsu N, Shichijo S, Yamada A, Itoh K, Sasada T, Kudo M, Noguchi M, Journal of immunology research, 2015, 473909,   2015年, 査読有り
  • A Newly Developed Shear Wave Elastography Modality: With a Unique Reliability Index., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Hagiwara S, Ueshima K, Ida H, Nishida N, Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 53, 59,   2015年, 査読有り
  • Evaluation of ART Scores for Repeated Transarterial Chemoembolization in Japanese Patients with Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kitano M, Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 4, 10,   2015年, 査読有り
  • Balloon-Occluded Transcatheter Arterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma: A Single-Center Experience., Minami Y, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Tsurusaki M, Yagyu Y, Ueshima K, Nishida N, Murakami T, Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 27, 32,   2015年, 査読有り
  • Validation of a Modified Substaging System (Kinki Criteria) for Patients with Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Ida H, Minami Y, Sakurai T, Kitano M, Nishida N, Kudo M, Oncology, 89 Suppl 2, 47, 52,   2015年, 査読有り
  • Comparison of systems for assessment of post-therapeutic response to sorafenib for hepatocellular carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Takeda H, Osaki Y, Takita M, Inoue T, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Journal of gastroenterology, 49, 12, 1578, 1587,   2014年12月, 査読有り
  • JSH Consensus-Based Clinical Practice Guidelines for the Management of Hepatocellular Carcinoma: 2014 Update by the Liver Cancer Study Group of Japan., Kudo M, Matsui O, Izumi N, Iijima H, Kadoya M, Imai Y, Okusaka T, Miyayama S, Tsuchiya K, Ueshima K, Hiraoka A, Ikeda M, Ogasawara S, Yamashita T, Minami T, Yamakado K, Liver Cancer Study Group of Japan., Liver cancer, 3, 3-4, 458, 468,   2014年10月, 査読有り
  • Assessment for retreatment (ART) score for repeated transarterial chemoembolization in patients with hepatocellular carcinoma., Kudo M, Arizumi T, Ueshima K, Hepatology (Baltimore, Md.), 59, 6, 2424, 2425,   2014年06月, 査読有り
  • Radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma: assistant techniques for difficult cases., Inoue T, Minami Y, Chung H, Hayaishi S, Ueda T, Tatsumi C, Takita M, Kitai S, Hatanaka K, Ishikawa E, Yada N, Hagiwara S, Ueshima K, Kudo M, Oncology, 78 Suppl 1, 94, 101,   2010年07月, 査読有り
  • Genome-wide profiling of DNA methylation and tumor progression in human hepatocellular carcinoma., Nishida N, Nishimura T, Nakai T, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 658, 663,   2014年, 査読有り
  • Radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma measuring 2 cm or smaller: results and risk factors for local recurrence., Kono M, Inoue T, Kudo M, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Nishida N, Murakami T, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 670, 677,   2014年, 査読有り
  • Duration of stable disease is associated with overall survival in patients with advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib., Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 705, 710,   2014年, 査読有り
  • Decreased blood flow after sorafenib administration is an imaging biomarker to predict overall survival in patients with advanced hepatocellular carcinoma., Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 733, 739,   2014年, 査読有り
  • Identification of epigenetically inactivated genes in human hepatocellular carcinoma by integrative analyses of methylation profiling and pharmacological unmasking., Nishida N, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 32, 6, 740, 746,   2014年, 査読有り
  • Transarterial chemoembolization failure/refractoriness: JSH-LCSGJ criteria 2014 update., Kudo M, Matsui O, Izumi N, Kadoya M, Okusaka T, Miyayama S, Yamakado K, Tsuchiya K, Ueshima K, Hiraoka A, Ikeda M, Ogasawara S, Yamashita T, Minami T, Liver Cancer Study Group of Japan., Oncology, 87 Suppl 1, 22, 31,   2014年, 査読有り
  • Validation of the criteria of transcatheter arterial chemoembolization failure or refractoriness in patients with advanced hepatocellular carcinoma proposed by the LCSGJ., Arizumi T, Ueshima K, Chishina H, Kono M, Takita M, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Sakurai T, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 32, 36,   2014年, 査読有り
  • Combination guidance of contrast-enhanced US and fusion imaging in radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma with poor conspicuity on contrast-enhanced US/fusion imaging., Minami T, Minami Y, Chishina H, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 55, 62,   2014年, 査読有り
  • Efficacy and safety of telaprevir-based antiviral treatment for elderly patients with hepatitis C virus., Takita M, Hagiwara S, Kudo M, Kouno M, Chishina H, Arizumi T, Kitai S, Yada N, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Oncology, 87 Suppl 1, 110, 117,   2014年, 査読有り
  • Ultrasound elastography correlates treatment response by antiviral therapy in patients with chronic hepatitis C., Yada N, Sakurai T, Minami T, Arizumi T, Takita M, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Kudo M, Oncology, 87 Suppl 1, 118, 123,   2014年, 査読有り
  • [Recurrent hepatocellular carcinoma]., Ueshima K, Kudo M, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 40, 8, 995, 997,   2013年08月, 査読有り
  • Des-γ-carboxyprothrombin may be a promising biomarker to determine the therapeutic efficacy of sorafenib for hepatocellular carcinoma., Ueshima K, Kudo M, Takita M, Nagai T, Tatsumi C, Ueda T, Kitai S, Ishikawa E, Yada N, Inoue T, Hagiwara S, Minami Y, Chung H, Sakurai T, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 29, 3, 321, 325,   2011年, 査読有り
  • Oral branched-chain amino acid granules reduce the incidence of hepatocellular carcinoma and improve event-free survival in patients with liver cirrhosis., Hayaishi S, Chung H, Kudo M, Ishikawa E, Takita M, Ueda T, Kitai S, Inoue T, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ueshima K, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 29, 3, 326, 332,   2011年, 査読有り
  • Impact of peginterferon alpha-2b and entecavir hydrate combination therapy on persistent viral suppression in patients with chronic hepatitis B., Hagiwara S, Kudo M, Osaki Y, Matsuo H, Inuzuka T, Matsumoto A, Tanaka E, Sakurai T, Ueshima K, Inoue T, Yada N, Nishida N, Journal of medical virology, 85, 6, 987, 995,   2013年06月, 査読有り
  • Unique association between global DNA hypomethylation and chromosomal alterations in human hepatocellular carcinoma., Nishida N, Kudo M, Nishimura T, Arizumi T, Takita M, Kitai S, Yada N, Hagiwara S, Inoue T, Minami Y, Ueshima K, Sakurai T, Yokomichi N, Nagasaka T, Goel A, PloS one, 8, 9, e72312,   2013年, 査読有り
  • [Molecular targeted agent for hepatocellular carcinoma]., Ueshima K, Kudo M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70 Suppl 8, 457, 462,   2012年11月, 査読有り
  • Assessment of Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI for HCC and dysplastic nodules and comparison of detection sensitivity versus MDCT., Inoue T, Kudo M, Komuta M, Hayaishi S, Ueda T, Takita M, Kitai S, Hatanaka K, Yada N, Hagiwara S, Chung H, Sakurai T, Ueshima K, Sakamoto M, Maenishi O, Hyodo T, Okada M, Kumano S, Murakami T, Journal of gastroenterology, 47, 9, 1036, 1047,   2012年09月, 査読有り
  • Activation of c-Jun N-terminal kinase in non-cancerous liver tissue predicts a high risk of recurrence after hepatic resection for hepatocellular carcinoma., Hagiwara S, Kudo M, Chung H, Ueshima K, Inoue T, Haji S, Watanabe T, Park AM, Munakata H, Sakurai T, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 42, 4, 394, 400,   2012年04月, 査読有り
  • Risk of hepatocellular carcinoma development in cases of hepatitis C treated by long-term, low-dose PEG-IFNα-2a., Hagiwara S, Sakurai T, Takita M, Ueshima K, Minami Y, Inoue T, Yada N, Kitai S, Nagai T, Hayaishi S, Arizumi T, Nishida N, Kudo M, Digestive diseases (Basel, Switzerland), 30, 6, 561, 567,   2012年, 査読有り
  • Positioning of a molecular-targeted agent, sorafenib, in the treatment algorithm for hepatocellular carcinoma and implication of many complete remission cases in Japan., Kudo M, Ueshima K, Oncology, 78 Suppl 1, 154, 166,   2010年07月, 査読有り
  • Imaging of hepatocellular carcinoma: qualitative and quantitative analysis of postvascular phase contrast-enhanced ultrasonography with sonazoid. Comparison with superparamagnetic iron oxide magnetic resonance images., Inoue T, Kudo M, Hatanaka K, Takahashi S, Kitai S, Ueda T, Ishikawa E, Hagiwara S, Minami Y, Chung H, Ueshima K, Maekawa K, Oncology, 75 Suppl 1, 48, 54,   2008年, 査読有り
  • PIVKA-II is the best prognostic predictor in patients with hepatocellular carcinoma after radiofrequency ablation therapy., Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Tatsumi C, Ueda T, Nagai T, Minami Y, Ueshima K, Oncology, 75 Suppl 1, 91, 98,   2008年, 査読有り
  • Response evaluation of transcatheter arterial chemoembolization in hepatocellular carcinomas: the usefulness of sonazoid-enhanced harmonic sonography., Xia Y, Kudo M, Minami Y, Hatanaka K, Ueshima K, Chung H, Hagiwara S, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Takahashi S, Tatsumi C, Ueda T, Hayaishi S, Maekawa K, Oncology, 75 Suppl 1, 99, 105,   2008年, 査読有り
  • Combination therapy with S-1 and pegylated interferon alpha for advanced hepatocellular carcinoma., Ueshima K, Kudo M, Nagai T, Tatsumi C, Ueda T, Takahashi S, Hatanaka K, Kitai S, Ishikawa E, Inoue T, Hagiwara S, Minami Y, Chung H, Oncology, 75 Suppl 1, 106, 113,   2008年, 査読有り

書籍等出版物

  • 消化器研修ノート, 腹部超音波(エコー)検査., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, 診断と治療社, 東京,   2009年
  • 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 肝細胞癌の治療方針., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, 医学書院, 東京,   2010年
  • 肝疾患Review, 非侵襲的肝線維化測定法-Real-time Tissue ElastographyとFibroscanはどちらが優るか., 辰巳 千栄, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 共著, 日本メディカルセンター, 東京,   2010年
  • 肝細胞癌の分子標的治療, ソラフェニブによりCRとなった進行肝細胞癌の2症例., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, アークメディア, 東京,   2010年
  • 肝疾患Review 2010~2011 日本メディカルセンター, 東京, ソラフェニブによる進行肝癌の治療. 第2部 トピックス 肝癌の診断・治療, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著,   2010年
  • 血管新生阻害薬のベストマネジメント 癌治療と副作用対策, 肝細胞癌(hepatocellular carcinoma)., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, 金原出版, 東京,   2011年
  • 肝癌診療Q&A, 進行肝癌治療: Q67ソラフェニブの効果が期待できる肝細胞癌を事前に把握できますか?, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 共著, 中外医学社,   2013年10月

講演・口頭発表等

  • 肝細胞癌に対する分子標的治療の今後の展望, 上嶋一臣, 第17回日本肝がん分子標的治療研究会,   2018年01月14日, 招待有り, 日本肝がん分子標的治療研究会
  • TACE不応の進行肝細胞癌に対するソラフェニブ開始時期の検討., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 千品 寛和, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第9回日本肝がん分子標的治療研究会,   2014年01月, 第9回日本肝がん分子標的治療研究会
  • B-mode ultrasonography versus contrast-enhanced ultrasonography for surveillance of hepatocellular carcinoma: a prospective multicenter randomized controlled trial, Masatoshi Kudo,Kazuomi Ueshima, Yukio Osaki, Masashi Hirooka, Yasuharu Imai, Kazunobu Aso, Kazushi Numata, Masao Ichinose, Takashi Kumada, Namiki Izumi, Yasukiyo Sumino, Kouhei Akazawa, The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease (AASLD),   2013年11月, The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease (AASLD)
  • Role of oxidative stress and epigenetic alteration on chronic hepatitis C-related human hepatocarcinogenesis, 西田 直生志, 工藤 正俊, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, Takeshi Nagasaka, Ajay Goel, The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease (AASLD),   2013年11月, The 64th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Disease (AASLD)
  • 肝のう胞に対するオレイン酸モノエタノールアミン注入療法の検討, 田北 雅弘, 有住 忠晃, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第17回日本肝臓学会大会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013),   2013年10月, 第17回日本肝臓学会大会(第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013)
  • Sorafenib treatment for non-hypervascular hepatocellular carcinoma, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2013年09月, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)
  • The factors related to the vascularization of border line lesions detected as low intensity on hepatobiliary phase image of GD-EOB-DTPA MRI, 井上 達夫, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA),   2013年09月, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Association (ILCA)
  • 慢性C型肝炎に対するテラプレビル3剤併用療法中に結核性リンパ節炎を発症した1例, 千品 寛和, 井上 達夫, 南 知宏, 岡元 寿樹, 山田 光成, 田中 梨絵, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会,   2013年09月, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会
  • 急激な肝機能低下をきたしたBudd-Chiari症候群の1例, 鍵岡 賛典, 萩原 智, 岩西 美奈, 南 知宏, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会,   2013年09月, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会
  • 急性発症型自己免疫性肝炎の一例, 岩西 美奈, 萩原 智, 鍵岡 賛典, 南 知宏, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会,   2013年09月, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会
  • TACE不応の進行肝細胞癌患者に対するソラフェニブ開始時期の検討. パネルディスカッション2「根治治療不能進行消化器癌に対する治療選択」, 有住忠晃, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会,   2013年09月, 日本消化器病学会近畿支部第99回例会
  • Unique association between global dna hypomethylation and chromosomal alterations in human hepatocellular carcinoma., 西田 直生志, 工藤 正俊, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, Yokomichi N Nagasaka T, Goel A, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Asso-ciation(ILCA),   2013年09月, Seventh Annual Conference International Liver Cancer Asso-ciation(ILCA)
  • 経皮的ラジオ波焼灼術後の穿刺経路焼灼は必要か?: 後出血予防の検討, 南 康範, 早石 宗右, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第49回日本肝癌研究会,   2013年07月, 第49回日本肝癌研究会
  • TACEまたは肝動注化学療法とソラフェニブの併用療法の重要性. シンポジウム1「肝癌における分子標的治療の最前線」, 上嶋 一臣, 有住 忠晃, 工藤 正俊, 第49回日本肝癌研究会,   2013年07月, 第49回日本肝癌研究会
  • 肝がん化学療法からみた肝動注リザーバーの生き残る道~SILIUS Phase Ⅲ trialの重要性~. シンポジウム1「肝細胞癌に対する肝動注療法の生き残る道」, 上嶋 一臣, 有住 忠晃, 工藤 正俊, 第38回リザーバー研究会,   2013年06月, 第38回リザーバー研究会
  • 進行肝細胞癌のソラフェニブ治療における腫瘍血流と治療効果との関連. ワークショップ1「分子標的薬の効果予後予測因子から治療法対象を考える」, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第8回日本肝がん分子標的治療研究会,   2013年06月, 第8回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 肝血管筋脂肪腫の3例, 田中 梨絵, 南 康範, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第86回学術集会,   2013年05月, 日本超音波医学会第86回学術集会
  • Noninvasive assessment of liver fibrosis by measurement of LF index in patients with chronic viral hepatitis., 矢田 典久, 萩原 智, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2013,   2013年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2013
  • 肝血管筋脂肪腫の3例, 田中 梨絵, 上嶋 一臣, 千品 寛和, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第99回日本消化器病学会総会,   2013年03月, 第99回日本消化器病学会総会
  • 腫瘍内出血を呈した肉腫様肝癌の1例, 千品 寛和, 井上 達夫, 田中 梨絵, 山田 光成, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第98回例会,   2013年02月, 日本消化器病学会近畿支部第98回例会
  • ソラフェニブ治療後の後治療についての検討. シンポジウム「進行肝細胞癌に対してネクサバールを含んだ治療を、どう生命予後改善につなげるか?」, 上嶋 一臣, 有住 忠晃, 工藤 正俊, 第7回日本肝がん分子標的治療研究会,   2013年01月, 第7回日本肝がん分子標的治療研究会
  • The retrospective study of novel anticancer agent, miriplatin in TACE and TAI for unresectable hepatocellular carcinoma in Japan., 永井 知行, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 西田 直生志, 工藤 正俊, Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2012,   2012年12月, Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2012
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法の治療効果判定における造影超音波検査の有用性の検討~造影CTとの比較~, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012,   2012年10月, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012
  • 肝嚢胞に対するオレイン酸モノエタノールアミン注入療法の検討, 田北 雅弘, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012,   2012年10月, 第20回日本消化器関連学会週間JDDW2012
  • The decrease of blood flow after administration of sorafenib may improve overall survival in patients with advanced hepatocellular carcinoma., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, Sixth Annual Conference International Liver Cancer Association(ILCA),   2012年09月, Sixth Annual Conference International Liver Cancer Association(ILCA)
  • 転移性肝癌に対する肝動脈塞栓術とラジオ波焼灼術の併用療法の有用性, 南 康範, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月, 第48回日本肝癌研究会
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与における投与後の腫瘍濃染の低下の有無と生存期間の検討, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月, 第48回日本肝癌研究会
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法の治療効果判定における造影超音波検査の有用性~造影CTとの比較~, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月, 第48回日本肝癌研究会
  • 肝血行動態解析によるソラフェニブ治療効果の早期予測-CT perfusionを用いて, 兵頭 朋子, 村上 卓道, 岡田 真広, 香川 祐毅, 日高 正二朗, 任 誠雲, 栁生 行伸, 上嶋 一臣, 矢田 典久, 石井 一成, 工藤 正俊, 工藤 正幸, 第48回日本肝癌研究会,   2012年07月, 第48回日本肝癌研究会
  • CT perfusionによる肝血行動態解析:sorafenib投与による背景肝血流の変化と肝細胞癌治療効果, 兵頭 朋子, 村上 卓道, 岡田 真広, 香川 祐毅, 日高 正二朗, 栁生 行伸, 上嶋 一臣, 矢田 典久, 松木 充, 石井 一成, 工藤 正俊, 第12回関西肝血流動態イメージ研究会,   2012年06月, 第12回関西肝血流動態イメージ研究会
  • IL28BとPEG-IFN/RBV併用療法をうけたHCVジェノタイプ1型高ウイルス量患者の効果との関連について, 田北 雅弘, 萩原 智, 有住 忠晃, 早石 宗右, 上田 泰輔, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第48回日本肝臓学会総会,   2012年06月, 第48回日本肝臓学会総会
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与における投与後の腫瘍濃染の低下の有無と生存期間の検討., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第48回日本肝臓学会総会,   2012年06月, 第48回日本肝臓学会総会
  • 肝癌診療ガイドラインにおける治療アルゴリズムの妥当性~実臨床への展開とその問題点~. ワークショップ12「肝癌診療ガイドラインの活用と改訂への提案」, 上嶋 一臣, 南 康範, 工藤 正俊, 第48回日本肝臓学会総会,   2012年06月, 第48回日本肝臓学会総会
  • 当院における肝細胞癌分子標的治療の現状. パネルディスカッション「ソラフェニブ治療の実践-多数症例の使用経験を踏まえた治療の実践と問題点の解決を示す―」, 上嶋 一臣, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第6回日本肝がん分子標的治療研究会,   2012年06月, 第6回日本肝がん分子標的治療研究会
  • Usefulness of contrast-enhanced ultrasonography to evaluate a post treatment effect of radiofrequentry ablation about hepatocellular carcinoma: comparison with contrast-enhanced CT, 井上 達夫, 有住 忠晃, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • The gross classification of hepatocellular carcinoma: usefulness of contrast-enhanced sonography using perfluorocarbon microbubbles (sonazoid), 南 康範, 畑中 絹世, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • The decrease of blood flow after administration of sorafenib may improve overall survival in patients with advanced hepatocellular carcinoma, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • Activation of JNK in the Non-cancerous liver tissue predicts a high risk of recurrence after hepatic resection for hepatocellular carcinoma, 櫻井 俊治, 萩原 智, 井上 達夫, 上嶋 一臣, 松井 繁長, 西田 直生志, 樫田 博史, 工藤 正俊, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • Novel association between global DNA hypomethylation and chromosomal instability phenotype in human hepatocellular carcinoma, 西田 直生志, 工藤 正俊, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 櫻井 俊治, Digestive Disease Week(DDW) 2012,   2012年05月, Digestive Disease Week(DDW) 2012
  • 経皮的ラジオ波焼灼術後の後出血予防における穿刺経路焼灼の有効性の検討., 早石 宗右, 南 康範, 足立 哲平, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 第98回日本消化器病学会総会,   2012年04月, 第98回日本消化器病学会総会
  • 非上皮性肝悪性腫瘍の3例., 足立 哲平, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第98回日本消化器病学会総会,   2012年04月, 第98回日本消化器病学会総会
  • Prognostic impact of EMT-related genes on post-operative prognosis in hepatocellular carcinoma., 永井 知行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 藤田 至彦, 林 秀敏, 木村 英晴, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 土師 誠二, 工藤 正俊, 西尾 和人, AACR 103rd Annual Meeting 2011,   2012年03月, AACR 103rd Annual Meeting 2011
  • 進行肝細胞癌患者に対する分子標的薬(ソラフェニブ)投与における治療効果判定基準の比較., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊, 竹田 治彦 大﨑 往夫, 第18回肝血流動態イメージ研究会,   2012年01月, 第18回肝血流動態イメージ研究会
  • 造影エコーによる肝癌肉眼分類の有用性について., 早石 宗右, 南 康範, 畑中 絹世, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第18回肝血流動態イメージ研究会,   2012年01月, 第18回肝血流動態イメージ研究会
  • Interventional radiologyにおける新しい支援画像「FlightPlan」の初期臨床経験., 南 康範, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 柳生 行伸, 村上 卓道, 第18回肝血流動態イメージ研究会,   2012年01月, 第18回肝血流動態イメージ研究会
  • 超音波エラストグラフィーは、肝生検の代替になりうるか., 矢田 典久, 萩原 智, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 西田 直生志, 工藤 正俊, 第53回大阪肝穿刺生検治療研究会,   2011年11月, 第53回大阪肝穿刺生検治療研究会
  • Assessment of hepatobiliary phase Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI for HCC and dysplastic nodules and comparison of detection ability versus MDCT., 井上 達夫, 工藤 正俊, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 岡田 真広, 兵頭 朋子, 村上 卓道, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2011年11月, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • 体外式超音波穿刺用コンベックスプローブEUP-B715の使用経験., 矢田 典久, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第38回関西地方会学術集会,   2011年11月, 日本超音波医学会第38回関西地方会学術集会
  • 非上皮性肝腫瘤2例の造影超音波像について., 横川 美加, 辻 裕美子, 桑口 愛, 前野 知子, 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 樫田 博史, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第38回関西地方会学術集会,   2011年11月, 日本超音波医学会第38回関西地方会学術集会
  • 肝エラストグラフィ ?各モダリティ―における測定原理と結果の解釈-. ワークショップ「組織弾性イメージング」, 矢田 典久, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第38回関西地方会学術集会,   2011年11月, 日本超音波医学会第38回関西地方会学術集会
  • 肝癌に対するラジオ波焼灼療法の治療効果判定 造影USと造影CTの比較検討. パネルディスカッション「造影超音波」, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第38回関西地方会学術集会,   2011年11月, 日本超音波医学会第38回関西地方会学術集会
  • Phase I study of Sorafenib in combination with low-dose cisplatin and fluorouracil intra-arterial infusion chemotherapy., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 萩原 智, 井上 達夫, 矢田 典久, 南 康範, 櫻井 俊治, 田中 正俊, 熊田 卓, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2011年11月, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • Usefullness of contrast-enhanced ultrasonography to evaluate a post treatment effect of radiofrequentry ablation about hepatocellular carcinoma: Comparion with multidetector row CT., 井上 達夫, 工藤 正俊, 畑中 絹世, 南 康範, 上嶋 一臣, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD),   2011年11月, The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD)
  • Evaluation of Angiogenesis after Antiangiogenic Therapy Using Liver CT Perfusion: Additional Detailed Capillary-level Hemodynamics in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma., 岡田 真広, 工藤 正俊, 矢田 典久, 上嶋 一臣, 村上 卓道, 工藤 正幸, RSNA - Scientific Poster Session,   2011年11月, RSNA - Scientific Poster Session
  • Long duration of stable disease may improve the overall survival in the patients with advanced hepa-tocellular carcinoma treated with Soraenib., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, United European Gastroenterology Week (UEGW),   2011年10月, United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • Usefullness of contrast-enhanced ultrasonography to evaluate a post treatment effect of radiofrequentry ablation about hepatocellular carcinoma; comparion eith MDCT., 井上 達夫, 工藤 正俊, 畑中 絹世, 南 康範, 上嶋 一臣, 北井 聡, 19th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2011年10月, 19th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • 肝血管肉腫の2例., 有住 忠晃, 萩原 智, 大本 俊介, 早石 宗右, 上田 泰輔, 田北 雅弘, 北井 聡, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第19回日本消化器関連学会週間JDDW 2011(第15回日本肝臓学会大会),   2011年10月, 第19回日本消化器関連学会週間JDDW 2011(第15回日本肝臓学会大会)
  • Impact of TJP-1 and TWIST expression on post-operative prognosis in hepatocellular carcinoma., 永井 知行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 工藤 可苗, 木村 英晴, 藤田 至彦, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 土師 誠二, 工藤 正俊, 西尾 和人, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,   2011年10月, 70th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • Long duration of stable disease may improve the overall survival in the patients with advanced hepatocellular carcinoma treated with Sorafenib., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, International Liver Cancer Association Fifth Annual Conference (ILCA) 2011,   2011年09月, International Liver Cancer Association Fifth Annual Conference (ILCA) 2011
  • Phase I study of Sorafenib in combination with low-dose cisplatin and flurouracil intra-arterilal infusion chemotherapy., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 櫻井 俊治, 鄭 浩柄, 南 康範, 萩原 智, 井上 達夫, 矢田 典久, 北井 聡, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田中 正俊, 熊田 卓, International Liver Cancer Association Fifth Annual Conference (ILCA) 2011,   2011年09月, International Liver Cancer Association Fifth Annual Conference (ILCA) 2011
  • Assessment of hepatobiliary phase Gd-EOB-DTPA-Enhanced MRI for HCC and dysplastic nodules and comparison of detection ability versus MDCT., 井上 達夫, 工藤 正俊, 北井 聡, 有住 忠晃, 南 康範, 上嶋 一臣, 岡田 真広, 村上 卓道, International Liver Cancer Association Fifth Annual Conference (ILCA) 2011,   2011年09月, International Liver Cancer Association Fifth Annual Conference (ILCA) 2011
  • CT Perfusionによる肝細胞癌の分子標的薬治療効果予測, 兵頭 朋子, 香川 祐毅, 岡田 真広, 日高 正二朗, 柳生 行伸, 熊野 正士, 柏木 伸夫, 小塚 健倫, 今岡 いずみ, 足利 竜一朗, 石井 一成, 工藤 正俊, 北野 雅之, 上嶋 一臣, 井上 達夫, 矢田 典久, 村上 卓道, 工藤 正幸, 第2回大阪消化器画像・IVR研究会,   2011年09月, 第2回大阪消化器画像・IVR研究会
  • Interventional radiologyにおける新しい支援画像「FlightPlan」の初期臨床経験., 南 康範, 足立 哲平, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 村上 卓道, 柳生 行伸, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会,   2011年08月, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会
  • 経皮的ラジオ波焼灼術後の後出血予防における穿刺経路焼灼の有効性の検討., 早石 宗右, 南 康範, 足立 哲平, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会,   2011年08月, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会
  • 肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法の治療効果判定~造影超音波検査と造影CTの比較検討~., 井上 達夫, 畑中 絹世, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会,   2011年08月, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会
  • 術前診断が困難であった肝血管肉腫の一例., 足立 哲平, 早石 宗右, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 土師 誠二, 武本 昌子, 鄭 浩柄, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会,   2011年08月, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会
  • 進行肝細胞癌に対する分子標的治療を先行した肝切除の妥当性. シンポジウム「進行肝細胞癌に対する治療戦略」, 土師 誠二, 竹山 宜典, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会,   2011年08月, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与例におけるSDの持続期間と生存期間の検討. シンポジウム「進行肝細胞癌に対する治療戦略」, 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会,   2011年08月, 日本消化器病学会近畿支部第95回例会
  • CT perfusionを用いた肝細胞癌に対するソラフェニブの効果判定の検討, 村上 卓道, 香川 祐毅, 岡田 真広, 兵頭 朋子, 日高 正二朗, 柳生 行伸, 熊野 正士, 柏木 伸夫, 小塚 健倫, 今岡 いずみ, 足利 竜一朗, 石井 一成, 工藤 正俊, 北野 雅之, 上嶋 一臣, 井上 達夫, 矢田 典久, 工藤 正幸, 第11回関西肝血流動態イメージ研究会,   2011年07月, 第11回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ投与例におけるSDの持続期間と生存期間の検討., 有住 忠晃, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第47回日本肝癌研究会,   2011年07月, 第47回日本肝癌研究会
  • ソラフェニブによりCRとなった進行肝細胞癌2症例の臨床的特徴について. ワークショップ「ソラフェニブによりRECISTにてCR例の集積から特徴を掴む」, 上嶋 一臣, 有住 忠晃, 早石 宗右, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 井上 達夫, 南 康範, 櫻井 俊治, 工藤 正俊, 第47回日本肝癌研究会,   2011年07月, 第47回日本肝癌研究会
  • Phase I/II study of Sorafenib in combination with low-dose cisplatin and fluorouracil intra-arterial infusion chemotherapy. International Session “Hepato-biliary-pancreatic Cancer”, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 南 康範, 田中 正俊, 熊田 卓, The 9th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Ocology,   2011年07月, The 9th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Ocology
  • C型肝炎治療におけるReal-time Tissue Elastographyを用いた肝線維化の非侵襲的評価法., 藤本 研治, 矢田 典久, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 石田 哲士, 椎名 毅, 加藤 道夫, 日本超音波医学会第84回学術集会 特別企画「びまん性肝疾患2011(組織性状・コントラスト・硬さ評価)」,   2011年05月, 日本超音波医学会第84回学術集会 特別企画「びまん性肝疾患2011(組織性状・コントラスト・硬さ評価)」
  • B型慢性肝炎に対するPRG-IFNa2bとエンテカビル48週併用療法の有効性について., 萩原 智, 峯 宏昌, 有住 忠晃, 早石 宗右, 上田 泰輔, 田北 雅弘, 畑中 絹世, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 犬塚 義 大﨑 往夫, 第97回日本消化器病学会総会,   2011年05月, 第97回日本消化器病学会総会
  • P38alpha inhibits liver fibrogenesis and consequent hepatocarcinogenesis by curtailing accumulation of reactive oxygen species., 櫻井 俊治, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 松井 繁長, 樫田 博史, Digestive Disease Week (DDW) 2011,   2011年05月, Digestive Disease Week (DDW) 2011
  • Expression levels of EMT-related genes in hepatocellular carcinoma., 永井 知行, 荒尾 徳三, 松本 和子, 工藤 可苗, 萩原 智, 櫻井 俊治, 上嶋 一臣, 土師 誠二, 工藤 正俊, 西尾 和人, AACR 102th Annual Meeting 2011,   2011年04月, AACR 102th Annual Meeting 2011
  • 線維化進行C型肝炎患者における脾摘後のインターフェロン導入における問題点-好中球数の変化について-., 鄭 浩柄, 上田 泰輔, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 畑中 絹世, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第18回日本消化器関連学会週間(第14回日本肝臓学会大会),   2010年10月, 第18回日本消化器関連学会週間(第14回日本肝臓学会大会)
  • 造影エコーによる肝細胞癌の診断能、Gd-EOB-MRI、Dynamic CTとの比較検討., 井上 達夫, 畑中 絹世, 早石 宗右, 上田 泰輔, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第18回日本消化器関連学会週間(第14回日本肝臓学会大会),   2010年10月, 第18回日本消化器関連学会週間(第14回日本肝臓学会大会)
  • 非閉塞性腸管虚血を発症した悪性リンパ腫の一例., 宮田 剛, 井上 達夫, 有住 忠晃, 早石 宗右, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 田北 雅弘, 北井 聡, 石川 恵美, 矢田 典久, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第18回日本消化器関連学会週間(第52回日本消化器病学会),,   2010年10月, 第18回日本消化器関連学会週間(第52回日本消化器病学会),
  • Can Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI discriminate between dysplastic nodules and early-to- well-differentiated HCC?, 井上 達夫, 工藤 正俊, 早石 宗右, 上田 泰輔, 田北 雅弘, 北井 聡, 畑中 絹世, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 岡田 真広, 熊野 正士, 村上 卓道, 坂元 亨宇, 18th United European Gastroenterology Week (UEGW) 2010,   2010年10月, 18th United European Gastroenterology Week (UEGW) 2010
  • Usefulness of hepatocyte phase imaging of Gd-EOB-DTPA-MRI in detecting borderline lesions which are difficult to detect other imaging modalities., 井上 達夫, 工藤 正俊, 早石 宗右, 上田 泰輔, 田北 雅弘, 北井 聡, 矢田 典久, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 18th United European Gastroenterology Week (UEGW) 2010,   2010年10月, 18th United European Gastroenterology Week (UEGW) 2010
  • The usefulness of the post-vascular phase of contrast-enhanced ultrasonography with Sonazoid in the evaluation of gross type of hepatocellular carcinoma., 畑中 絹世, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 上嶋 一臣, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD) The Liver Meeting 2010,   2010年10月, American Association for the Study of Liver Diseases (AASLD) The Liver Meeting 2010
  • 発熱、及び軽度の肝機能障害に発症した肝サルコイドーシスの1例., 有住 忠晃, 萩原 智, 早石 宗右, 田北 雅弘, 上田 泰輔, 北井 聡, 畑中 絹世, 矢田 典久, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 樫田 博史, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第93回例会,   2010年09月, 日本消化器病学会近畿支部第93回例会
  • 進行型肝細胞癌に対するSorafenib治療効果判定における肝CT Perfusion検査, 岡田 真広, 熊野 正士, 香川祐毅, 上嶋 一臣, 矢田 典久, 井上 達夫, 工藤 正俊, 村上 卓道, 第10回関西肝血流動態イメージ研究会,   2010年07月, 第10回関西肝血流動態イメージ研究会
  • HCCに対するソラフェニブを用いた血管新生抑制治療の効果予測因子としてのPIVKA-IIの有用性に関する検討., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第10回関西肝血流動態イメージ研究会,   2010年07月, 第10回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 進行型肝細胞癌症例に対するSorafenib治療前後の肝CT prefusion検査, 岡田 真広, 熊野 正士, 香川祐毅, 塚部明大, 上嶋 一臣, 矢田 典久, 井上 達夫, 工藤 正俊, 村上 卓道, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会,   2010年06月, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会
  • 発癌分子機序に基づく新しい肝がん治療薬の可能性., 櫻井 俊治, 萩原 智, 矢田 典久, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会,   2010年06月, 第2回日本肝がん分子標的治療研究会
  • Real-time Tissue Elastographyによる非侵襲的肝線維化評価法は炎症の影響を受けない., 藤本 研治, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 石田 哲士, 山本 佳司, 椎名 毅, 加藤 道夫, 第46回日本肝臓学会総会,   2010年05月, 第46回日本肝臓学会総会
  • HCCに対するソラフェニブの治療効果予測について., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第46回日本肝臓学会総会, シンポジウム「肝細胞癌の分子標的探索と臨床応用」,   2010年05月, 第46回日本肝臓学会総会, シンポジウム「肝細胞癌の分子標的探索と臨床応用」
  • C型慢性肝疾患患者に対する非侵襲的肝線維化評価の有用性に関する検討., 矢田 典久, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 藤本 研治, 加藤 道夫, 椎名 毅, 日本超音波医学会 第83回学術集会, ワークショップ「びまん性肝疾患のUltrasound Functional Imaging」,   2010年05月, 日本超音波医学会 第83回学術集会, ワークショップ「びまん性肝疾患のUltrasound Functional Imaging」
  • 慢性肝疾患におけるReal-time Tissue Elastographyの精度の検討., 藤本 研治, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 石田 哲士, 椎名 毅, 加藤 道夫, 日本超音波医学会 第83回学術集会, シンポジウム「組織エラストグラフィーの現況と展望」,   2010年05月, 日本超音波医学会 第83回学術集会, シンポジウム「組織エラストグラフィーの現況と展望」
  • 遊走脾の捻転により脾梗塞をきたした一例., 宮田 剛, 鄭 浩柄, 有住 忠晃, 早石 宗右, 田北 雅弘, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 畑中 絹世, 石川 恵美, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 土師 誠二, 山崎 満夫, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 肝機能障害を認めたエルシニア腸炎の一例., 足立 哲平, 萩原 智, 有住 忠晃, 峯 宏昌, 宮田 剛, 早石 宗右, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 田北 雅弘, 畑中 絹世, 北井 聡, 石川 恵美, 矢田 典久, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 梅原 泰, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • C型慢性肝炎SVR後に悪性リンパ腫を発症した一例., 高場 雄久, 宮田 剛, 峯 宏昌, 鎌田 研, 有住 忠晃, 田北 雅弘, 早石 宗右, 永井 知行, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 畑中 絹世, 矢田 典久, 井上 達夫, 石川 恵美, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 慢性C型肝炎に対してPEG-IFN+Ribavirin併用療法中にITPを発症した1例., 有住 忠晃, 石川 恵美, 宮田 剛, 峯 宏昌, 早石 宗右, 田北 雅弘, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 畑中 絹世, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 金井 良高, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • 癌幹細胞のマーカーであるCD133は進行肝細胞癌に対するS1+PEG-IFNalpha2b治療における効果予測因子である. シンポジウム「消化器癌化学療法の適応と限界-肝胆膵領域-」, 萩原 智, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会,   2010年02月, 日本消化器病学会近畿支部第92回例会
  • The cancer stem cell marker CD133 is a predictor of the effectiveness of S1+PEG-IFN α-2b therapy against advanced hepatocellular carcinoma, 萩原 智, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 矢田 典久, 北井 聡, 田北 雅弘, 永井 知行, 土師 誠二, 木村 雅友, Ah-Mee Park, 宗像 浩, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD),   2009年11月, The 60th Annual Meeting of the American Association for the study of liver diseases (AASLD)
  • Gd-EOB MRIによる肝細胞癌の診断能~造影超音波検査, Dynamic CTとの比較検討., 井上 達夫, 畑中 絹世, 早石 宗右, 永井 知行, 田北 雅弘, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 石川 恵美, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブの有効性に関する検討., 上嶋 一臣, 早石 宗右, 永井 知行, 田北 雅弘, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 特異な経緯をたどったアルコール性肝硬変に合併した肝細胞癌の一例., 早石 宗右, 鄭 浩柄, 辰巳 千栄, 永井 知行, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 石川 恵美, 矢田 典久, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 進行肝細胞癌に対するS-1, ペグインターフェロン併用療法の有用性., 矢田 典久, 鄭 浩柄, 早石 宗右, 永井 知行, 田北 雅弘, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 石川 恵美, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 分子鎖アミノ酸顆粒製剤による肝硬変患者の予後に与える影響に関する検討., 早石 宗右, 石川 恵美, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 矢田 典久, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第45回日本肝臓学会総会,   2009年06月, 第45回日本肝臓学会総会
  • 肝疾患におけるReal-time Tissue Elastography-第4報., 藤本 研治, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 金 栄浩, 山本 佳司, 椎名 毅, 加藤 道夫, パネルディスカッション「びまん性肝疾患の超音波による評価」, 日本超音波医学会第82回学術集会,   2009年05月, パネルディスカッション「びまん性肝疾患の超音波による評価」, 日本超音波医学会第82回学術集会
  • ステロイド未使用の潰瘍性大腸炎に対するサイクロスポリン持続静注と経口タクロリムスの比較検討., 梅原 泰, 高山 政樹, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 岡田 無文, 松井 繁長, 早石 宗右, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 井上 達夫, 石川 恵美, 矢田 典久, 萩原 智, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2009年03月, 第82回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Usefullness of single balloon enteroscopy for diagnosis in small intestinal disease., 川崎 正憲, 松井 繁長, 上嶋 一臣, 朝隈 豊, 岡田 無文, 工藤 正俊, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • 当院でのステロイド未使用の潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法の治療成績., 梅原 泰, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 岡田 無文, 市川 勉, 松井 繁長, 今井 元, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第76回日本消化器内視鏡学会総会,   2008年10月, 第76回日本消化器内視鏡学会総会
  • ソナゾイド造影超音波検査におけるpost vascular phase imagingとSPIO-MRIとの比較., 井上 達夫, 畑中 絹世, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 横川 美加, 前野 智子, 市島 真由美, 前川 清, 第12回日本肝臓学会大会,   2008年10月, 第12回日本肝臓学会大会
  • 進行肝細胞癌に対するソラフェニブの使用経験., 上嶋 一臣, 南 康範, 工藤 正俊, 第12回日本肝臓学会大会,   2008年10月, 第12回日本肝臓学会大会
  • Experimental and early clinical studies of S-1, a novel oral DPD inhibitor, chemotherapy for advanced hepatocellular carcinoma., 山下 竜也, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 金子 周一, 古瀬 純司, 奥坂 拓志, 仲地 耕平, 池田 公史, The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD),   2008年10月, The 59th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD)
  • Qualitative and quantitative analysis of liver-parenchymal phase contrast-enhanced US with Sonazoid in detecting HCC; Comparison with SPIO-MRI., 井上 達夫, 工藤 正俊, 畑中絹世, 前川 清, 高橋 俊介, 北井 聡, 上田 泰輔, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW),   2008年10月, 16th United Europian Gastroenterology Week(UEGW)
  • C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法著効後に発症した肝細胞癌破裂の1例, 峯 宏昌, 萩原 智, 早石 宗右, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 高橋 俊介, 北井 聡, 畑中 絹世, 石川 恵美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • 肝動注用リザーバーのGDAコイルによる難治性十二指腸潰瘍出血を止血し得た1例., 早石 宗右, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会,   2008年09月, 日本消化器病学会近畿支部第89回例会
  • Phase I/II study of the efficacy and safety of S-1 in patients(PTS) with advanced hepatocellular carcinoma(HCC)., 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 古瀬 純司, 奥坂 拓志, 金子 周一, 仲地 耕平, 池田 公史, 山下 竜也, 2nd International Liver Cancer Association(ILCA) 2008 Annual Conference,   2008年09月, 2nd International Liver Cancer Association(ILCA) 2008 Annual Conference
  • 進行肝細胞癌に対するS-1, ペグインターフェロン併用療法., 上嶋 一臣, 早石 宗右, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第44回日本肝臓学会総会,   2008年06月, 第44回日本肝臓学会総会
  • ソナゾイド造影超音波による肝腫瘤の質的診断評価., 前川 清, 畑中 絹世, 井上 達夫, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 内藤 昭智, 上硲 俊法, 高橋 俊介, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第8回関西肝血流動態イメージ研究会,   2008年06月, 第8回関西肝血流動態イメージ研究会
  • Defect Re-inection imagingの有用性について., 畑中 絹世, 南 康範, 北井 聡, 辰巳 千栄, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第81回学術集会,   2008年05月, 日本超音波医学会第81回学術集会
  • ソナゾイド造影超音波による肝癌局所療法の効果判定『特にDefect-reinjection-testと支援画像表示』, 前川 清, 畑中 絹世, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第81回学術集会,   2008年05月, 日本超音波医学会第81回学術集会
  • 肝臓エラストグラフィの定量化の試みと深部領域の感度の改善. パネルディスカッション「弾性の考え方と診断法: 各領域における見方」, 藤本研吾, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 加藤 道夫, 外村 明子, 山川 誠, 椎名 毅, 日本超音波医学会第81回学術集会,   2008年05月, 日本超音波医学会第81回学術集会
  • 非B非C肝癌の臨床的特徴: B型関連肝癌・C型関連肝癌との比較., 畑中 絹世, 南 康範, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, 第44回日本肝癌研究会
  • Defect Re-injection Testの有用性とRFA治療支援., 畑中 絹世, 南 康範, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, シンポジウム「RFA-STATE of ARTS」, 第44回日本肝癌研究会,   2008年05月, シンポジウム「RFA-STATE of ARTS」, 第44回日本肝癌研究会
  • 難治性C型慢性肝炎(Ⅰ型高ウイルス量)に対するPEG-IFN α2b/Ribavirin併用療法の長期投与成績と安全性について., 石川 恵美, 南 康範, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 早石 宗右, 井上 達夫, 工藤 正俊, 第94回日本消化器病学会総会,,   2008年05月, 第94回日本消化器病学会総会,
  • Defect Re-injection Testの有用性について., 畑中 絹世, 北井 聡, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 第94回日本消化器病学会総会,,   2008年05月, 第94回日本消化器病学会総会,
  • 進行肝細胞癌に対するS-1、ペグインターフェロン併用療法., 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 石川 恵美, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第94回日本消化器病学会総会,   2008年05月, 第94回日本消化器病学会総会
  • Phase I/II study of S-1 in patients (pts) with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): Results of the pgase II part., 奥坂 拓志, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 古瀬 純司, 金子 周一, 池田 公史, 仲地 耕平, 山下 竜也, 2008 Annual Meeting, AMERICAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY,   2008年05月, 2008 Annual Meeting, AMERICAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY
  • Sonazoid造影超音波によるRFA治療の効果判定: 特にDefect-reinjection-test (D-RIT)と支援画像表示., 前川 清, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 内藤 昭智, 上硲 俊法, 畑中 絹世, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, ワークショップII 「肝腫瘤性病変のSonazoidr造影超音波「私の工夫」」, 第21回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2008年04月, ワークショップII 「肝腫瘤性病変のSonazoidr造影超音波「私の工夫」」, 第21回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • Sonazoidを用いた造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術の有用性., 南 康範, 今井 元, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第21回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2008年04月, 第21回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • 進行肝細胞癌に対するS-1・ペグインターフェロン併用療法の有用性., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG),   2008年03月, 第3回 Bay Area Gut Club (BAG)
  • ステロイド、免疫調節剤使用歴のないサイトメガロウイルス感染を合併した潰瘍性大腸炎の2例., 梅原 泰, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 岡田 無文, 市川 勉, 松井 繁長, 今井 元, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 井上 達夫 , 石川 恵美, 萩原 智, 末冨 洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2008年03月, 第80回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 高齢発症クローン病に対するTOP-DOWN療法で経時的に粘膜治癒が追えた一例, 有住 忠晃, 梅原 泰, 川崎 正憲, 朝隈 豊, 岡田 無文, 市川 勉, 松井 繁長, 今井 元, 野田 佳寿, 坂本 洋城, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 末冨洋一郎, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • Defect Re-injection imagingの有用性について., 畑中 絹世, 南 康範, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • Sonazoidを用いた造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術の有用性., 南 康範, 今井 元, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会,   2008年02月, 第88回日本消化器病学会近畿支部例会
  • ソナゾイド造影超音波による肝癌局所療法の効果判定―特にdefect-reinjection-testによる判定., 前川 清, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 畑中 絹世, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第14回肝血流動態イメージ研究会,   2008年01月, 第14回肝血流動態イメージ研究会
  • Sonazoidを用いた造影超音波ガイド下ラジオ波焼灼術の有用性., 南 康範, 今井 元, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫 , 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第14回肝血流動態イメージ研究会,   2008年01月, 第14回肝血流動態イメージ研究会
  • Defect re-injection testの有用性について., 畑中 絹世, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 第14回肝血流動態イメージ研究会,   2008年01月, 第14回肝血流動態イメージ研究会
  • 大学病院における外来化学療法センターの運営, 今野 元博, 奥野 清隆, 上嶋 一臣, 岡本 勇, 辰巳 陽一, 慎 玉姫, 藤原 季美子, 野村 守, 山添 譲, 渡部 洋, 中川 和彦, 塩﨑 均, 第46回日本癌治療学会総会,   2008年, 第46回日本癌治療学会総会
  • ペグインターフェロンがS-1の抗腫瘍効果を増強したと考えられたHCC肺転移の1例., 上嶋 一臣, 今井 元, 辰巳 千栄, 上田 泰輔, 川崎 正憲, 北井 聡, 高橋 俊介, 石川 恵美, 井上 達夫, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第45回 大阪肝穿刺生検治療研究会,   2007年12月, 第45回 大阪肝穿刺生検治療研究会
  • Radiofrequency ablation of hepatocellular carcinoma: usefulness of real-time virtual CT sonography., 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 塩﨑 均, 15th United European Gastroenterology Week (UEGW),   2007年10月, 15th United European Gastroenterology Week (UEGW)
  • 進行性肝細胞癌に対するS-1、ペグインターフェロン併用療法., 南 康範, 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 第11回日本肝臓学会大会,,   2007年10月, 第11回日本肝臓学会大会,
  • 難治性C型慢性肝炎(Ⅰ型高ウイルス量)に対するPEG-IFNα-2b/Ribavirin併用療法の使用成績と安全について., 石川 恵美, 上嶋 一臣, 汐見 幹夫, 北野 雅之, 松井 繁長, 福永 豊和, 仲谷 達也, 鄭 浩柄, 南 康範, 末冨 洋一郎, 福田 信宏, 坂本 洋城 , 井上 達夫, 梅原 泰, 永島 美樹, 宮部 欽生, 野田 佳寿, 工藤 正俊, 第11回日本肝臓学会大会,,   2007年10月, 第11回日本肝臓学会大会,
  • クローン病に対するインフリキシマブ投与の有効性の検討., 梅原 泰, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 福田 信宏, 永島 美樹, 石川 恵美, 坂本 洋城 , 井上 達夫, 坂口 康浩, 萩原 智, 南 康範, 末冨 洋一郎, 小牧 孝充, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 松井 繁長, 福永 豊和, 北野 雅之, 汐見 幹夫, 第49回日本消化器病学会大会,   2007年10月, 第49回日本消化器病学会大会
  • 転移性肝腫瘍・肝内胆管癌の画像診断~超音波診断を中心に~. ワークショップ「乏血性肝腫瘍の診療アルゴリズム」, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 第49回日本消化器病学会大会,   2007年10月, 第49回日本消化器病学会大会
  • LOGIQ7を用いたソナゾイド造影超音波検査における新しい支援画像表示の試み., 前川 清, 上硲俊法, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 橋本 浩, 日本調音波医学会第34回関西地方学術集会,   2007年10月, 日本調音波医学会第34回関西地方学術集会
  • 腸重積を発症したCrinkhite-Canada症候群も1例., 早石 宗右, 石川 恵美, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 上田 和毅, 第79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2007年09月, 第79回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • Non-invasive methods for the assessment of liver fibrosis: comparision of transient elastography(Fibroscan), real-time tissue elastography and serum fibrotic markers., 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 南 康範, 工藤 正俊, The 4th Korea-Japan Liver Synposium,   2007年09月, The 4th Korea-Japan Liver Synposium
  • ソナゾイドを用いた造影超音波によるRFAの治療効果判定の検討., 北井 聡, 畑中 絹世, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 前川 清, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会,   2007年07月, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会
  • ソナゾイド造影超音波検査による肝腫瘍の鑑別診断の試み., 上嶋 一臣, 上田 泰輔, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 畑中 絹世, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 前川 清, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会,   2007年07月, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会
  • ソナゾイド造影超音波検査における新しい支援画像表示の試み 特にPAP時相及びDefect re-injection testの支援画像について., 前川 清, 上硲 俊法, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 橋本 浩, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会,   2007年07月, 第7回関西肝血流動態イメージ研究会
  • B型慢性肝炎ウィルス感染における発癌リスク因子の検討., 萩原 智, 高橋 俊介, 北井 聡, 石川 恵美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 仲谷 達也, 工藤 正俊, 第18回南大阪肝疾患研究会,   2007年07月, 第18回南大阪肝疾患研究会
  • 診断に苦慮し急速な経過をたどった肉腫様肝癌の一例., 井上 達夫, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 畑中 絹世, 萩原 智, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • TAE併用RFA後に炎症性肉芽腫形成を来たし、播種性腫瘍再発との鑑別が困難であった一例., 高橋 俊介, 鄭 浩柄, 辰巳 千栄, 北井 聡, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 土師 誠二, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 進行肝細胞癌に対するS-1, ペグインターフェロン併用療法の有用性., 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • Child-Pugh Aの早期肝細胞癌患者に対するラジオ波焼灼療法治療成績. パネルディスカッション「ガイドライン改訂に向けて; 肝移植, ラジオ波導入時代における肝切除の意義」, 鄭 浩柄, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 土師 誠二, 第43回日本肝癌研究会,   2007年06月, 第43回日本肝癌研究会
  • 新しい超音波造影剤ソナゾイドによる肝腫瘍の造影評価., 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 日本超音波医学会第80回学術集会,   2007年05月, 日本超音波医学会第80回学術集会
  • 肝疾患におけるTissue Elastography -第2報, 藤本 研治, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 前川 清, 工藤 正俊, 外村 明子, 三竹 毅, 山川 誠, 加藤 道夫, 椎名 毅, 日本超音波医学会第80回学術集会,   2007年05月, 日本超音波医学会第80回学術集会
  • 高度進行肝細胞癌に対するS-1, ペグインターフェロン併用療法の有用性., 上嶋 一臣, 南 康範, 工藤 正俊, 第43回日本肝臓学会総会,   2007年05月, 第43回日本肝臓学会総会
  • ステージ4B肝内胆管癌に対するGemcitabine (GEM)をfirst lineとした化学療法と無治療群との比較検討., 南 康範, 上嶋 一臣, 坂口 康浩, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会
  • 進行肝細胞癌に対するCDDP+5FU動注化学療法における5FU投与濃度の意義. シンポジウム「進行肝癌に対する集学的治療」, 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 工藤 正俊, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年04月, 第93回日本消化器病学会総会
  • 新しい超音波造影剤ソナゾイドによる肝腫瘍の造影評価., 前川 清, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 南 康範, 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 第20回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会,   2007年04月, 第20回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会
  • ステージ4B肝内胆管癌に対するGemcitabine(GEM)をfirst lineとした化学療法と無治療群との比較検討., 南 康範, 上嶋 一臣, 坂口 康浩, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2007年03月, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • PEGインターフェロン併用療法の経験., 上嶋 一臣, 南 康範, 工藤 正俊, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会,   2007年03月, 第5回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • Real-time virtual CT sonographic-guided radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma., 南 康範, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 17th APASL Conference,   2007年03月, 17th APASL Conference
  • 進行肝細胞癌に対するS-1、ペグインターフェロン併用療法の経験., 上嶋 一臣, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年02月, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会
  • C型肝硬変に伴う肝内びまん性動門脈シャントに対して肝動脈塞栓術およびバルン閉塞下逆行性シャント閉塞術が奏功した一例., 前川 昌平, 鄭 浩柄, 辰巳 千栄, 北井 聡, 高橋 俊介, 萩原 智, 井上 達夫, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 堀 信一, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年02月, 第86回日本消化器病学会近畿支部例会
  • レボビスト造影超音波の後血管相における肝と脾臓の輝度評価「特に肝の過形所成結節について」., 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊, 第13回肝血流動態イメージ研究会,   2007年01月, 第13回肝血流動態イメージ研究会
  • リザーバー肝動注化学療法が有効であった乳癌肝転移の一症例., 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 上田 泰輔, 北井 聡, 高橋 俊介, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 南 康範, 工藤 正俊, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会,   2007年, 第87回日本消化器病学会近畿支部例会
  • レボビスト造影超音波の後血管相における肝と脾臓の輝度評価., 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第12回関西超音波造影剤研究会,   2006年09月, 第12回関西超音波造影剤研究会
  • 肝動脈塞栓術併用経皮的ラジオ波焼灼術後に炎症性肉芽腫形成を来たし、播種性腫瘍再発との鑑別が困難であった一例., 高橋 俊介, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 北井 聡, 井上 達夫, 坂口 康浩, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 土師 誠二, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • S1とペグインターフェロンが奏功したHCC肺転移の1例., 高瀬 徹, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 井上 達夫, 坂口 康浩, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 北野 雅之, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • B型肝炎ウイルス感染における発癌リスク因子の検討., 萩原 智, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年09月, 第85回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 自然経過が観察し得たアルコール性過形成病変の一例., 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 日本超音波医学会第32回関西地方会学術集会,   2006年08月, 日本超音波医学会第32回関西地方会学術集会
  • 肝細胞癌への経皮的ラジオ波焼灼術におけるReal-time virtual sonographyの有用性., 南 康範, 工藤 正俊, 高橋 俊介, 坂口 康浩, 井上 達夫, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第6回関西肝血流動態イメージ研究会,   2006年07月, 第6回関西肝血流動態イメージ研究会
  • 自然経過が観察し得たアルコール性過形成病変の一例., 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第6回関西肝血流動態イメージ研究会,   2006年07月, 第6回関西肝血流動態イメージ研究会
  • von Gierke disease(糖尿病I型)に肝細胞癌を合併した一症例., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 高橋 俊介, 萩原 智, 井上 達夫, 坂口 康浩, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 中居 卓也, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • ステージIVB肝内胆管癌に対するGemcitabine (GEM)をfirst lineとした化学療法と無治療群との比較検討. ワークショップ2「肝内胆管癌の診断と治療ーエビデンスに基づいた次の一手を求めてー」, 南 康範, 工藤 正俊, 上嶋 一臣, 坂口 康浩, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 第42回日本肝癌研究会,   2006年07月, 第42回日本肝癌研究会
  • ペグインターフェロン(PEG-IFN)と5-FUの併用によるp53を介する肝細胞癌抑制効果., 仲谷 達也, 工藤 正俊, 福永 豊和, 上嶋 一臣, 鄭 浩柄, 南 康範, 井上 達夫, 坂口 康浩, 萩原 智, 第47回京都肝疾患懇話会,   2006年07月, 第47回京都肝疾患懇話会
  • 腹部臓器に発生した神経原性腫瘍のレボビスト造影超音波について., 市島 真由美, 工藤 正俊, 前野 知子, 橋本 美紀恵, 前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 日本超音波医学会第79回学術集会,   2006年05月, 日本超音波医学会第79回学術集会
  • レボビスト造影超音波の後血管相から見た肝機能評価について., 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 日本超音波医学会第79回学術集会,   2006年05月, 日本超音波医学会第79回学術集会
  • Evaluation of liver function by contrast enhanced coded phase inversion harmonic ultrasonography with levovist using parenchymal imaging of liver and spleen in the post vascular phase., 上嶋 一臣, 工藤 正俊, 前川 清, Chinamnan W, 南 康範, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology,   2006年05月, 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology
  • EUS-CPN時のエタノール注入部位と疼痛改善度の関連性., 西尾 健, 工藤 正俊, 坂本 洋城, 北野 雅之, 坂口 康浩, 末冨洋一郎, 上嶋 一臣, 汐見 幹夫, 第2回超音波内視鏡下生検法の診断精度向上のための研究会,   2006年05月, 第2回超音波内視鏡下生検法の診断精度向上のための研究会
  • Carcinogenic risk factors in hepatitis B rivus infection., 萩原 智, 工藤 正俊, 仲谷 達也, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 宗像 浩, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL),   2006年04月, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • Comparison of staging systems for hepatocellular carcinoma in Japanese cohort., 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 高橋俊介, 南 康範, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 福永 豊和, 上嶋 一臣, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL),   2006年04月, 41th Annual Meeting of the European Association for the Study of the Liver (EASL)
  • 肝癌の経皮的ラジオ波焼灼術におけるReal-time Virtual Sonographyの有用性について., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 福永 豊和, 上嶋 一臣, 萩原 智, 坂口康浩, 高橋俊介, 畑中絹代, 井上達夫, 第92回日本消化器病学会総会,   2006年04月, 第92回日本消化器病学会総会
  • レボビスト造影超音波で得られた後血管相画像の定量化について, 前川 清, 工藤 正俊, 井上達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会,   2006年04月, 第19回日本造影エコー・ドプラ診断研究会
  • レボビストによる純動脈相造影超音波法(PAP-US)の画像評価と腫瘍内の造影剤動態について, 前川 清, 工藤 正俊, 井上達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第111回大阪超音波研究会,   2006年03月, 第111回大阪超音波研究会
  • 純動脈相超音波造影法(PAP-US)と画像表示に用いる測定時相について, 前川 清, 工藤 正俊, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 日本超音波医学会第30回関西地方会学術集会,   2005年09月, 日本超音波医学会第30回関西地方会学術集会
  • Real-time virtual sonography, an integrated system of computer tomography with ultrasound images: value in radiofrequency ablation guidance., 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 井上 達夫, 萩原 智, 畑中 絹代, 坂口 康浩, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 15th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL),   2005年08月, 15th Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL)
  • 日本肝癌研究会 肝障害度のスコア化による新分類法の提唱. ポスター「肝細胞癌の予後解析1」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 大崎往夫, 春日井博志, 関 寿人, 岡 博子, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • 肝癌の経皮的ラジオ波焼灼術におけるReal-time Virtual Sonographyの有用性について. ビデオセッション「経皮的局所療法(II)」, 南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 畑中絹世, 上嶋 一臣, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • 当院における肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波治療成績と工夫. パネルディスカッション「より安全で効果的なラジオ波焼灼療法」, 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 井上達夫, 坂口康浩, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • 当院におけるラジオ波焼灼術の成績と工夫(シンポジウム「安全で確実なラジオ波熱凝固療法施行のために」), 鄭 浩柄, 工藤 正俊, 井上達夫, 萩原 智, 南 康範, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 第7回関西肝癌局所療法研究会,   2005年03月, 第7回関西肝癌局所療法研究会