KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

野々村 照雄ノノムラ テルオ

プロフィール

所属部署名農学部 農業生産科学科 / 農学研究科
職名教授
学位博士(農学)
専門植物感染機構学
ジャンル経営・産業/農林
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/162-nonomura-teruo.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    トマト、メロンおよびイチゴに発生するうどんこ病について研究しています。顕微鏡技術を利用して、うどんこ病菌の形態観察を行うとともに、その知見から新たな防除法の開発を目指しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)

研究活動情報

研究分野

  • 農学, 植物病理学

研究キーワード

  • 植物病理

論文

  • Successful single-truss cropping cultivation of healthy tomato seedlings raised in an electrostatically guarded nursery cabinet with non-chemical control of whiteflies, 角谷晃司, 松田克礼, 野々村照雄, 瀧川義浩, 岡田清嗣, 柴尾学, 草刈眞一, 豊田秀吉, Global Journal of Pests, Diseases and Crop Protection, 5, 269, 275,   2017年04月, 査読有り
  • Electrostatic elimination of fine smoke particles by a newly devised air purification screen, Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Kusakari S, Toyoda H , 5, 17, 21,   2017年02月, 査読有り
  • An electrostatic-barrier-forming window that captures airborne pollen grains to prevent pollinosis, Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Kusakari S, Toyoda H, International Journal of Environmental Research and Public Health, 14, 82, 1, 5,   2017年02月, 査読有り
  • Micropipette extraction-based PCR amplification of mRNAs in single friable tomato callus cells, 瀧川義浩, 豊田秀吉, 松田克礼, 野々村照雄, 角谷晃司, Acta Horticulturae, 1145, 23, 29,   2016年04月
  • Micropipette extraction-based PCR amplification of mature mRNAs in single trichome cells of tomato leaves, 野々村照雄, 松田克礼, 豊田秀吉, 瀧川義浩, 角谷晃司, Acta Horticulturae, 1145, 31, 37,   2016年04月
  • Agrobacterium-mediated T-DNA insertion for mutagenesis assessed by the production of hairy roots emitting melon fruit odours, 角谷晃司, 松田克礼, 野々村照雄, 豊田秀吉, 瀧川義浩, Acta Horticulturae, 1145, 17, 22,   2016年04月
  • An electrostatic nursery shelter for raising pest and pathogen free tomato seedlings in an open-window greenhouse environment, Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Okada K, Morikawa S, Shibao M, Kusakari S, Toyoda H, Journal of Agricultural Science, 8, 13, 25,   2016年, 査読有り
  • Safe housing ensured by an electric field screen that excludes insect-net permeating haematophagous mosquitoes carrying human pathogens, Matsuda Y, Kakutani K, Nonomura T, Kimbara J, Osamura K, Kusakari S, Toyoda H , Journal of Physics: Conference Series, 646,   2015年
  • Avoidance of an electric field by insects: Fundamental biological phenomenon for an electrostatic pest-exclusion strategy, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Kimbara J, Osamura K, Kusakari S, Toyoda H, Journal of Physics: Conference Series, 646,   2015年
  • Development of an electrostatic trap with an insect discharge recorder for multiple real-time monitoring of pests prowling in a warehouse, Takikawa Y, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Kusakari S, Toyoda H, International Journal of Advance Agricultural Research, 3, 55, 63,   2015年, 査読有り
  • Electrostatic insect sweeper for eliminating whiteflies colonizing host plants: A complementary pest control device in an electric field screen-guarded greenhouse, Takikawa Y, Matsuda Y, Kakutani K, Nonomura T, Kusakari S, Okada K, Kimbara J, Osamura K, Toyoda H, Insects, 6, 442, 454,   2015年, 査読有り
  • Phomopsis vaccinia: the main pathogen causing market diseases in kiwifruit, Li Q, Chen L, Yu Y, Wang Y, Zhu P, Xu L, Nonomura T, Matsuda Y, Toyoda H, Annual Report of the Kansai Plant Protection Society, 57, 31, 35,   2015年, 査読有り
  • Digital microscopic analysis of conidiogenesis of powdery mildew pathogens isolates from melon leaves, Takikawa Y, Nonomura T, Miyamoto S, Okamoto N, Murakami T, Matsuda Y, Kakutani K, Kusakari S, Toyoda H, Phytoparasitica, 43, 517, 530,   2015年, 査読有り
  • Prevention of whitefly entry from a greenhouse entrance by furnishing an airflow-oriented pre-entrance room guarded with electric field screens, 野々村照雄, 松田克礼, 角谷晃司, 瀧川義浩, 金原淳司, 納村和美, 草刈眞一, 豊田秀吉, Journal of Agricultural Science, 6, 172, 184,   2014年, 査読有り
  • Successional changes in powdery mildew pathogens prevailing in common and wild tomato plants rotation-cultivated in a greenhouse, 野々村照雄, 松田克礼, 瀧川義浩, 角谷晃司, 豊田秀吉, Annual Report of the Kansai Plant Protection Society, 56, 17, 20,   2014年, 査読有り
  • Electrostatic measurement of dischargeable electricity and bioelectric potentials produced by muscular movements in flies, 野々村照雄, 松田克礼, 角谷晃司, 金原淳司, 納村和美, 草刈眞一, 豊田秀吉, Journal of Electrostatics, 72, 1, 5,   2014年, 査読有り
  • Electrostatic guarding of bookshelves for mould-free preservation of valuable library books, 瀧川義浩, 松田克礼, 野々村照雄, 角谷晃司, 金原淳司, 納村和美, 草刈眞一, 豊田秀吉, Aerobiologia, 30, 435, 444,   2014年, 査読有り
  • Targeted destruction of fungal structures of Erysiphe trifoliorum on flat leaf surfaces of Marchantia polymorpha, 瀧川義浩, 千賀庸平, 野々村照雄, 松田克礼, 角谷晃司, 豊田秀吉, Plant Biology, 16, 291, 295,   2014年, 査読有り
  • Natural woody plant, Mallotus japonicus, as an ecological partner to transfer different pathotypic conidia of Oidium neolycopersici to greenhouse tomatoes, 野々村照雄, 松田克礼, 山下駿, 赤星晴彦, 瀧川義浩, 角谷晃司, 豊田秀吉, Plant Protection Science, 49, S33, S40,   2013年, 査読有り
  • Loss of function in Mlo orthologs reduces susceptibility of pepper and tomato to powdery mildew disease caused by Leveillula taurica, Zheng Z, Nonomura T, Appiano M, Pavan S, Matsuda Y, Toyoda H, Wolters A-MA, Visser RGF, Bai Y , PLOS ONE, 8, 1, 14,   2013年, 査読有り
  • Botrytis squamosa: the pathogen of market disease of garlic sprouts, Liu L, Zhu P, Wang Y, Wu L, Zhang C, Xu L, Zou H, Nonomura T, Matsuda Y, Toyoda H, Annual Report of the Kansai Plant Protection Society, 55, 31, 35,   2013年, 査読有り
  • 近畿大学農学部実験温室におけるトマト黄化葉巻病の発生とタバココナジラミバイオタイプの検定, 松田克礼・瀬戸本真実・吉本尚民・野々村照雄・角谷晃司・瀧川義浩・豊田秀吉, 近畿大学農学部紀要, 46, 55, 58,   2013年, 査読有り
  • An oppositely charged insect exclusion screen with gap-free multiple electric fields, Journal of Applied Physics, 112, 116103,   2012年, 査読有り
  • 野生種トマトの栽培とアンチエイジング物質の抽出に関する基礎的研究, 瀧川 義浩, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 16, 7, 18,   2011年
  • トマトうどんこ病ー動的解析法とその有効防除の確立をめざして 植物病の探究 In Pursuit of the Essence of Plant Pathogenesis, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 「植物病の探究」出版会,   2004年
  • Constituenta of Volatile Oil from Melon Hairy Roots Produced by the Infection with Agrobacterium rhizogenes, 澤邊 昭義, 大内 成志, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 前田 和彦, 清水直人, 藤田尚子, Journal of Oleo Science, 52, 171, 174,   2003年03月
    概要:Agrobacterium rhizogenesを用いた微生物遺伝子導入によって作出したメロン毛状根の有効成分のGLC分析を行った。その結果、メロン毛状根は、メロン果実の香気成分を多量に生産することが明らかとなり、工業的生産に適合することが認められた。微生物遺伝子導入によって作出した毛状根の香気成分生産法は、ほとんど揮発性油(精油)をもっていない有用植物の香料を食品香料・香粧品香料として供給することに役立つことを示した。(英文)
  • Suppression of leaf feeding and oviposition of phytophagous ladybird beetles(Coleoptera: Coccinellidae)by chitinase gene-transformed phylloplane bacteria and their specific bacteriophages entrapped in alginate gel beads, 豊田秀吉, 森裕文, 小牟田健慈, 清水宏行, 能川聡太, 松田克礼, 野々村照雄, 桜谷保之, 大津康成, 土佐幸雄, 眞山滋志, Journal of Economic Entomology, 96, 3, 555, 563,   2003年
    概要:食葉性害虫であるニジュウカホシテントウの生物防除を行なう為、トマト葉面から定着能力の高い細菌を分離し、キチナーゼ遺伝子を導入することにより昆虫中腸膜を標的とした生物防除システムを確立した。
  • Biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Col., Coccinellidae)by chitinolytic phylloplane bacteria Alcaligenes paradoxus entrapped in alginate beads, 豊田秀吉, 大津康成, 松田克礼, 清水宏行, 植木久恵, 森裕文, 藤原圭一, 中島知子, 三輪彩子, 野々村照雄, 桜谷保之, 土佐幸雄, 眞山滋志, Journal of Applied Entomology, 127, 1, 6,   2003年
    概要:トマト葉面からキチナーゼ生産性細菌Alcaligenes paradoxus を分離し、アルギン酸ビーズに垉埋してトマト葉にスプレー処理した。その結果、トマト葉を食害するニジュウヤホシテントウを効果的に防除できることが明らかとなった。
  • Efficient Release of Overproduced Gene Products from Escherichia coli BL21(DE3) by Lytic Infection with Newly Isolated Bacteriophages, Biosci. Biotech. Biochem., 67, 1, 198, 202,   2003年
  • Infectivity of a Japanese isolate of Oidium neolycopersici KTP-01 to a European tomato cultivar resistant to O. lycopersici., 樫本晃一, 鮫島武, 松田克礼, 野々村照雄, 大市航, 角谷晃司, 中田健吾, 草刈眞一, 豊田秀吉, J. Gen. Plant Pathol, 69, 406, 408,   2003年
  • Rapid Detection of Chitosanase Activity in Chitosanase Gene-Transformed Strain of Enterobacter cloacae by Lytic Infection of Specific Bacteriophages, Takikawa, Y., Ishii, Y., Fujiwara, K., Matsuda, Y., Nonomura, T., Kakutani, K., Tosa, Y., Mayama, S., Toyoda, H., J. Gen. Plant Pathol, 69, 131, 137,   2003年
  • Morphological and Molecular Characterization for a Japanese Isolate of Tomato Powdery Mildew Oidium neolycopersici and Its Host Range., 角谷 晃司, 松田 克礼, 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, 大阪府立農林技術センター, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院農学研究科, J. Gen. Plant Pathol., 69, 179, 185,   2003年
  • Rapid Detection of Phylloplane Bacterium Enterobacter cloacae Based on Chitinase Gene Transformation and Lytic Infection by Specific Bacteriophages, Journal of Applied Microbiology Journal of Applied Microbiology, 93, 1042, 1050,   2002年, 査読有り
  • Occurrence of new powdery mildew on greenhouse tomato cultivars, 豊田秀吉, 松田克礼, 樫本晃一, 瀧川義浩, 相神理嘉, 野々村照雄, Journal of General Plant Pathology, 67, 4, 294, 298,   2001年12月
    概要:近年、 発病が問題となり被害を拡大しているトマトうどんこ病菌の栽培品種間における発病程度を調査した。 その結果、 現在栽培されているトマト品種には完全な抵抗性は存在しないが、 品種間において感受性レベルに有異な差が認められることが明かとなった。
  • In vitro suppression of mycelial growth of Fusarium oxysporum by extracellular chitosanase of Sphingobacteerium multivorum and cloning of the chitosanase gene csn SM1, 豊田秀吉, 松田克礼, 飯田祐一郎, 篠木武, 野々村照雄, 角谷晃司, Journal of General Plant Pathology, 67, 4, 318, 324,   2001年12月
    概要:土壌から分離したキトサン分解性細菌の粗酵素画分をフザリウム菌に処理したところ、 抑制効果が認められた。 そこで、 本菌の生産するキトサナーゼを精製し、 アミノ酸配列を決定すると同時に遺伝子のクローニングを行なった。
  • Production of crown-rot resistant strawberry by concentration of indigenously exisiting resistant cells through tissue culture, Bull. Inst. Compr. Agr. Sci. Kinki Univ., 9, 73, 79,   2001年, 査読有り
  • Burkholderia cepaciaからクローニングしたキチナーゼ遺伝子の塩基配列決定, 松田克礼・豊田秀吉・野々村照雄・角谷晃司・池田成志・玉井隆行・桑原精宏・大内成志 , 近畿大農学総合研究所報告, 9, 129, 140,   2001年, 査読有り
  • Circulated culture system of tobacco hairy roots for rapid evaluation of viral multiplication and movement, 近畿大学農学総合研究所報告, 9, 81, 88,   2001年, 査読有り

書籍等出版物

  • トマト<うどんこ病> 原色病害虫診断防除編追録第44号, 野々村照雄・松田克礼・草刈眞一・豊田秀吉, 共著, 一般社団法人 農山漁村文化協会,   2014年
  • トマト<うどんこ病> 農業総覧防除・資材編追録第19号, 野々村照雄・松田克礼・草刈眞一・豊田秀吉, 共著, 一般社団法人 農山漁村文化協会,   2014年
  • 静電場スクリーンの開発と実用化 , 「植物防疫」 社団法人 日本植物防疫協会,   2008年
  • 静電気で病害虫を絶つ —静電場スクリーンの開発と実用化— , 「農林水産技術 研究ジャーナル」 社団法人 農林水産技術情報協会,   2008年
  • 静電場スクリーンで病害虫をシャットアウト, ハイドロポニックス, 日本養液栽培研究会,   2008年
  • 静電場を利用した病害虫の捕捉と施設栽培への応用 , 「農業電化」農業電化協会,   2007年
  • 静電場スクリーンの開発と栽培施設への応用 , 「ビニールと農園芸」 MKVプラテック株式会社,   2007年
  • 誘電分極体スクリーンによる病害虫遮蔽システム 屋内への花粉侵入と栽培施設への病害虫侵入を遮蔽する新しい環境保全システム , 「クリーンテクノロジー」日本工業出版,   2007年
  • 静電場で病害虫のハウス侵入をシャットアウト , 「ニューカントリー」北海道協同組合通信社,   2007年
  • 静電場スクリーンを利用した病害虫捕捉技術の開発と施設栽培への応用 , 農業および園芸,   2007年
  • 静電場を利用した画期的病害虫侵入防止技術の開発, 施設と園芸, 日本施設園芸協会,   2007年
  • 植物病の探究 トマトうどんこ病―動的解析法とその有効防除の確立をめざして , 「植物病の探究」出版会,   2004年
  • 新農業環境工学 21世紀のパースペクティブ 植物を利用した有用物質の生産 ~1.工業原料の生産と利用~ (日本生物環境調節学会編) , 養賢堂,   2004年
  • 新農業環境工学 21世紀のパースペクティブ 植物病理学 (日本生物環境調節学会編) , 養賢堂,   2004年
  • Plant Diseases and Their Contral 2001, Molecular approaches to chemical and biological control of bacterial wilt pathogen of tomato, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 大内 成志, 共著, China Agricultural Scientech Press,   2001年12月
    概要:トマト重要病害である青枯病を効果的に防除するため、 マーカー遺伝子で標識した青枯病菌を作出し、 その感染挙動を明確にするとともに、 体細胞変異を利用して選抜した抵抗性トマト系統におけるその挙動についても検討した。
  • Chitin Enzymology 2001, Chitinase gene-transformed phylloepiphytic bacteria for biological control of phyllophagous insect pests of tomato, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 瀧川 義浩, 大津康成, 森裕文, 角谷 晃司, 共著, European Chitin Society,   2001年07月
    概要:トマト食葉性昆虫であるニジュウヤホシテントウの生物的防除を行なうため、 トマト葉に生息する細菌を分離・同定し、 その細菌にキチン分解酵素遺伝子を導入して食害抑制効果を検討した。
  • Chitin Enzymology 2001, Gene cloning for chitinase and chitosanase and their application in plant protection, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 樫本晃一, 斎藤隆一郎, 飯田祐一郎, 瀧川 義浩, 池田成志, 篠木武, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 共著, European Chitin Society,   2001年07月
    概要:キチナーゼおよびキトサナーゼ遺伝子を大腸菌発現ベクターに導入し、 それら酵素の大量生産系を確立した。 また、 大量生産したキチナーゼとキトサナーゼをそれぞれ単独および混合してトマトうどんこ病菌に処理した結果、 混合処理区で効率的な分解が確認できた。
  • Chitinolytic microorganisms in alginate beads as biocontrol agents., Eur. Chitin Soc.,   2001年
  • Application of chitin- and chitosan-degrading microbes to comprehensive biocontrol of fungal wilt pathogen, Fusarium oxysporum. , Eur. Chitin Soc.,   1996年

講演・口頭発表等

  • メロンうどんこ病菌の分生子柄形成に及ぼす光の影響, 野々村照雄・西村祥吾・瀧川義浩・角谷晃司・松田克礼, 平成28年度 日本菌学会60周年記念大会,   2016年09月
  • Safe housing ensured by an electric field screen that excludes insect-net permeating haematophagous mosquitoes carrying human pathogens, Matsuda Y, Kakutani K, Nonomura T, Kimbara J, Osamura K, Kusakari S, Toyoda H , Electrostatics 2015,   2015年
  • Avoidance of an electric field by insects: Fundamental biological phenomenon for an electrostatic pest-exclusion strategy, Matsuda Y, Nonomura T, Kakutani K, Kimbara J, Osamura K, Kusakari S, Toyoda H , Electrostatics 2015,   2015年
  • Biological disinfestation of soil-borne bacterial wilt pathogen using a large population of virulent bacteriophages supported via the lytic cycle of non-phytopathogenic host bacteria introduced into soil, Matsuda Y, Nonomura T, Toyoda H , International Conference of Agriculture Engineering,   2014年
  • Biological disinfestation of soil-borne phytopathogenic fungi by alginate gel beadembedded chitinolytic bacteria introduced into chitin-amended soil, Toyoda H, Nonomura T, Matsuda Y , International Conference of Agriculture Engineering,   2014年
  • A new spore precipitator with polarized dielectric insulators for physical control of tomato powdery mildew, 3rd International Symposium on Tomato Diseases,   2010年
  • A dielectric dipolar screen with oppositely polarized insulators for protecting tomato seedlings on a nursery hydroponic culture bed from whiteflies, 3rd International Symposium on Tomato Diseases,   2010年
  • Protection of nursery stage tomato seedlings from rhizosphere pathogens Ralstonia solanacearum and Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici, 3rd International Symposium on Tomato Diseases,   2010年
  • Suppression of leaf-surface germination of Oidium neolycopersici conidia by trichome exudates of Lycopersicon pennellii, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi,   2010年
  • Instantaneous eradication of powdery mildew Oidium neolycopersici on tomato leaves by exposure to corona discharge, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi,   2010年
  • Electrostatic attraction of highly germinative pseudochain conidia on conidiophores of tomato powdery mildew Oidium neolycopersici, 9th International Mycological Congress: The Biology of Fungi,   2010年
  • Pseudochain formation and lifelong production of highly germinative conidia on conidiophores by highly virulent isolates of Oidium neolycopersici, A Special Interest Group Meeting of the 9th International Mycological Congress,   2010年
  • 捕捉・忌避型静電場スクリーンを利用した施設栽培トマトの病虫害防除., 平成22年度日本植物病理学会大会,   2010年
  • トマトうどんこ病菌の分生子柄に形成された偽鎖生分生子は高い発芽力を有し同調的に分化する., 平成22年度日本植物病理学会大会,   2010年
  • ショウジョウバエを用いた各種ポリフェノール化合物の抗加齢効果の検討, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 早川 堯夫, 近畿大学大学院農学研究科, 第59回日本薬学会近畿支部例会,   2009年10月, 第59回日本薬学会近畿支部例会
  • トマトに含まれるポリフェノール類の動物培養細胞に及ぼす影響, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 早川 堯夫, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 第59回日本薬学会近畿支部例会,   2009年10月, 第59回日本薬学会近畿支部例会
  • A new spore precipitator with polarized dielectric insulators for physical control of tomato powdery mildew., 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops,   2009年
  • A dielectric dipolar screen with oppositely polarized insulators for tomato seedlings on a nursery hydroponic culture bed from whiteflies., 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops,   2009年
  • Protection of nursery stage tomato seedlings from rhizosphere pathogens Ralstonia solanacearum and Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici., 5th International Symposium on Seed, Transplant and Stand Establishment of Horticultural Crops,   2009年
  • 静電場スクリーンを用いた施設栽培トマトの病害虫防除技術の開発., 日本生物環境工学会2009年福岡大会,   2009年
  • 静電場スクリーンを用いた温室トマトうどんこ病の物理的防除., 日本生物環境工学会2009年福岡大会,   2009年
  • オゾン生成型静電場スクリーンを用いた施設栽培トマトの地上および根圏病害の物理的防除., 日本生物環境工学会2009年福岡大会,   2009年
  • An electric dipolar screen with oppositely polarized insulators for excluding whiteflies from greenhouses., GreenSys 2009,   2009年
  • Dual protection of hydroponic tomatoes from rhizosphere pathogens Ralstonia solanacearum and Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici and airborne conidia of Oidium neolycopersici with an ozone-generative electrostatic spore precipitator., GreenSys 2009,   2009年
  • A new spore precipitator with polarized dielectric insulators for physical control of tomato powdery mildew., GreenSys 2009,   2009年
  • An ozone generative dipolar screen protects hydroponic tomatoes from rhizosphere and aerial pathogens, 9th International Congress of Plant Pathology ,   2008年
  • Physical control of tomato powdery mildew Oidium neolycopersici with an electrostatic dipolar screen, 9th International Congress of Plant Pathology,   2008年
  • トマトうどんこ病の総合的防除技術の開発(1)栽培種と野生種トマトの種間交雑によるうどんこ病抵抗性トマト品種の育成, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年
  • トマトうどんこ病の総合的防除技術の開発(2)オオムギうどんこ病菌分生子によるトマトうどんこ病の生物防除, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年
  • トマトうどんこ病の総合的防除技術の開発(3)コロナ放電を利用した小型プラズマ気流照射装置の作製と局部直接照射によるトマト葉上菌叢の駆除, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年
  • トマトうどんこ病の総合的防除技術の開発(4)双極型静電場スクリーンを用いたトマトうどんこ病の物理的防除, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年
  • うどんこ病感受性野生種トマト(Lycopersicon pennellii)の葉上トリコームにおける気中水分捕集機構とうどんこ病菌発芽抑制機構との関連性, 平成20年度日本植物病理学会大会,   2008年
  • RAPD分析による大和トウキと北海トウキの識別, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 奈良先端大学院大学, 奈良先端大学院大学, 福田商店, 福田商店, 日本生薬学会第53回年会,   2007年09月, 日本生薬学会第53回年会
  • Resveratrol合成関連酵素を利用したResvertarolおよびその前駆体4-coumaroyl CoAの生合成, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 近畿大学大学院農学研究科, 日本生薬学会第54回年会,   2007年09月, 日本生薬学会第54回年会
  • わが国に自生するツユクサの遺伝子多型解析-オオボウシバナの識別, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 大阪薬科大学, 大阪薬科大学, 第24回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会,   2007年07月, 第24回日本植物細胞分子生物学会(つくば)大会
  • 腫瘍細胞表面で発現するCD98hc抗原領域の探索, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 益子 高, 近畿大学大学院農学研究科, 2007年度日本農芸化学会大会,   2007年03月, 2007年度日本農芸化学会大会
  • 酵母細胞膜表面で固定化したResvertrol合成関連酵素による、 Resvertrolおよびその前駆体4-coumaroyl CoAの生合成, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 2007年度日本農芸化学会大会,   2007年03月, 2007年度日本農芸化学会大会
  • アルギニントランスポーターを利用した出芽酵母細胞膜上における固定化酵素の作出, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 第126回日本薬学会年会,   2007年03月, 第126回日本薬学会年会
  • Discrimination of two powdery mildew fungi infecting leaves using its sequences amplified from their individual propagules by PCR, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions,   2007年
  • Symptomatic evidence for differential root invasion by Fusarium crown and root rot pathogens between common tomato Lycopersicon esculentum and its varieties, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions,   2007年
  • Direct RT-PCR amplification of mature mrnas in cytoplasm micropipetted from barley coleoptile epidermal cell –A model system for analyzing gene expression in host cells attacked by powdery mildew, XIII International congress on Molecular Plant-Microbe Interactions,   2007年
  • 誘電分極体静電場スクリーンによるうどんこ病菌分生子の捕獲, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年
  • 誘電分極体静電場スクリーンによるタバココナジラミの捕獲, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年
  • 局部静電場照射によるトマトうどんこ病菌菌叢の駆除, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年
  • オゾン発生型誘電分極静電場スクリーンによる青枯病菌および根腐萎凋病菌の殺菌, 平成19年度日本植物病理学会大会,   2007年
  • オムギうどんこ病菌による子葉鞘細胞において傷害刺激で誘導されるキチナーゼ遺伝子の能動的抑制, 角谷 晃司, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, 平成17 年度日本植物病理学会大会,   2006年03月, 平成17 年度日本植物病理学会大会
  • An apparatus for collecting total conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei from leaf colonies using electrostatic attraction, 8th International Mycological Congress,   2006年
  • Symptomatic evidence for differential root invasion by Fusarium crown and root rot pathogens between common tomato Lycopersicon esculentum and its varieties, 8th International Mycological Congress,   2006年
  • Consecutive monitoring of lifelong production of conidia by individual conidiophores of Blumeria graminis f. sp. hordei on barley leaves by digital microscopic techniques with electrostatic micromanipulation, 8th International Mycological Congress,   2006年
  • 誘電分極絶縁体によるうどんこ病菌分生子の捕獲, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • 誘電分極絶縁体によるうどんこ病の物理的防除, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • Electrostatic streamer discharge を利用したトマトうどんこ病菌菌叢の駆除, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • トマトおよびオオムギうどんこ病菌分生子形成機構の解析, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • オオムギうどんこ病菌における分生子放出過程の連続観察, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • オオムギうどんこ病菌菌叢から放出される生涯分生子数の計測, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • うどんこ病抵抗性野生種と種間交雑した栽培トマトにおける抵抗性検定, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • うどんこ病菌分生子に対する野生種トマト(Solanum pennellii)葉上トリコーム分泌物質の抗菌活性検定, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • 野生種トマト(Solanum pennellii)葉上に分泌される両親媒性物質の構造決定, 平成18年度日本植物病理学会大会,   2006年
  • ポリガラクツロナーゼ遺伝子の塩基置換を利用したトマト根腐萎凋病菌菌株間での識別マーカーの開発, 平成17年度日本植物病理学会関西部会,   2005年
  • 異なる湿度環境下におけるOidium neolycopersici KTP-01のPseudochain形成, 平成17年度日本植物病理学会関西部会,   2005年
  • Production of functional plants introduced the CD98 gene for tumor-specific protein, XVII International Botanical Congress,   2005年
  • Possible amplification of mature mRNAs in single cells of tomato callus aggregates by direct RT-PCR of cytosolic contents suctioned out with a micropipette, XVII International Botanical Congress,   2005年
  • Direct RT-PCR amplification of mature mRNAs in cytoplasm micropipetted from barley coleoptile epidermal cell –A model system for analyzing gene expression in host cells attacked by powdery mildew, XVII International Botanical Congress,   2005年
  • Gene expression detection in single trichome cells of plant leaves by direct RT-PCR amplification of mature mRNAs in response to external stimuli, XVII International Botanical Congress,   2005年
  • Possible suppression of chitinase gene expression induced in detached inner epidermis of barley coleoptile by powdery mildew pathogen, The Second Asian Conference on Plant Pathology,   2005年
  • Symptomatic analysis of Fusarium crown and root rot in pear tomato Lycopersicon esculentum var. pyriforme inoculated with different isolates of Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici, The Second Asian Conference on Plant Pathology,   2005年
  • 根腐萎凋病日本分離菌株接種トマト根における病徴伸展の解析, 平成17年度日本植物病理学会大会,   2005年
  • エンド型およびエキソ型ポリガラクツロナーゼ遺伝子の塩基置換を利用したトマト根腐萎凋病菌菌株間での識別マーカーの開発, 平成17年度日本植物病理学会大会,   2005年
  • 高解像能デジタルマイクロスコープによるトマトうどんこ病菌分生胞子発芽の連続観察, 平成17年度日本植物病理学会大会,   2005年
  • 野生種トマトにおけるトマトうどんこ病菌Oidium neolycopersici抵抗性系統の選抜, 平成17年度日本植物病理学会大会,   2005年
  • オオムギうどんこ病菌による子葉鞘細胞において傷害刺激で誘導されるキチナーゼ遺伝子の能動的抑制, 平成17年度日本植物病理学会大会,   2005年
  • ミヤコグサ(Lotus japonicus)におけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 第45回日本植物生理学会年会,   2004年08月, 第45回日本植物生理学会年会
  • ミヤコグサにおけるトランスポーター遺伝子の発現解析, 角谷 晃司, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉, 益子 高, 近畿大学大学院農学研究科, 近畿大学農学部, 近畿大学農学部, かずさDNA研, かずさDNA研, 日本農芸化学学会平成15年度大会,   2004年08月, 日本農芸化学学会平成15年度大会
  • トマト栽培品種における迅速かつ効率的な再分化条件の確立, 平成16年度日本植物細胞分子生物学会大会,   2004年
  • ミヤコグサにおける硝酸およびアミノ酸トランスポーター遺伝子の発現解析, 平成16年度日本植物細胞分子生物学会大会,   2004年
  • Stable phylloplane colonization by entomopathogenic bacterium Pseudomonas fluorescens KPM-018P and biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata, 12th Symposium Insect-Plant Relationships ,   2004年
  • Biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Coleoptera: Coccinellidae) by chitinolytic phylloplane bacteria Alcaligenes paradoxus entrapped in alginate beads, 12th Symposium Insect-Plant Relationships ,   2004年
  • Suppression of leaf feeding and oviposition of phytophagous ladybird beetles (Coleoptera: Coccinellidae) by chitinase gene-transformed phylloplane bacteria and their specific bacteriophages entrapped in alginate gel beads., 12th Symposium Insect-Plant Relationships ,   2004年
  • GFP標識トマト根腐れ萎凋病菌を用いた糸状菌捕食性水生生物の効果的な選抜, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • 異なる培養条件でのトマト根腐れ萎凋病菌のペクチン分解性検定, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • フザリウム病菌の4つのポリガラクチュロナーゼ遺伝子を利用した分子系統解析, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • 根腐れ萎凋病菌接種トマト根における根部病徴進展の解析, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • 5-フルオロインドール(5-FI)によるフザリウム病菌の抑制と5-FI耐性植物の作出(V) シロイヌナズナおよびトマトへのアントラニル酸突然変異遺伝子の導入と発現解析, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • デジタルマイクロスコープを利用したトマト葉上におけるOidium neolycopersiciによる分生胞子形成の連続観察, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • デジタルマイクロスコープを利用した単一胞子PCRによるうどんこ病菌ITS領域の解析, 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • デジタルマイクロスコープを用いたうどんこ病菌の感染挙動と単一胞子RT-PCR/Nested PCRによる遺伝子発現の動的解析., 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersiciの薬剤感受性検定., 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersiciKTP-01に対する抵抗性系統の検索., 平成16年度日本植物病理学会大会,   2004年
  • キチナーゼ遺伝子を導入したEnterobacter cloacae KPM-007Eによる食葉性害虫ニジュウヤホシテントウの生物防除, 豊田秀吉・松田克礼・野々村照雄 , 第20回日本微生物生態学会大会,   2004年
  • キチナーゼ生産性細菌Alcaligenes paradoxus KPM-012Aによる食葉性害虫ニジュウヤホシテントウの生物防除, 野々村照雄・松田克礼・豊田秀吉 , 第20回日本微生物生態学会大会,   2004年
  • 葉面定着性細菌による食葉性害虫の生物防除, 松田克礼・野々村照雄・豊田秀吉 , 第20回日本微生物生態学会大会,   2004年
  • メロン毛状根の生産する香気成分, 澤邊 昭義, 米虫 節夫, 松本 貞義, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 前田 和彦, 清水直人, 松浦正通, 湯川千代樹 岩淵久克, 第47 回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(東京),   2003年11月, 第47 回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(東京)
    概要:本研究の目的は、微生物遺伝子の導入によるメロン毛状根の生産物質を有効成分とする食品香料・香粧品香料を提供することにある。したがって、ここでは一般市販のメロン果実の香気成分とアグロバクテリウムを用い微生物遺伝子導入によって作出したメロン毛状根(選抜網状根系統)KMH.009 およびKMH.003 の香気成分を調べたので報告した。
  • トマトgypsy 様レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域における変異の解析, 豊田 秀吉, 田中正起, 笹尾真理, 戸田亜希子, 南條綾子, 玉井智子, 樫尾智子, 野々村 照雄, 松田 克礼, 角谷 晃司, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良),   2003年10月, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良)
    概要:本実験では、トマトを供試植物としRT.PCR を適用して各種ストレス処理によるgypsy 型レトロトランスポゾンの発現を検出した。その結果、負傷刺激およびDMSO処理を行った場合に、その発現が顕著に誘導され、レトロトランスポゾンが活性化された。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除Ⅶキチン質分解性細菌Pseudomonas fluorescens KPM.018P の植物葉面定着性の検討, 豊田 秀吉, 東希望, 松田 克礼, 藤原圭一, 野々村 照雄, 澤邊 昭義, 角谷 晃司, 大津康成 土佐幸雄 眞山滋志, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良),   2003年10月, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良)
    概要:本実験では、KPM.18P の特性を調査し、さらに定着能力を強化することとした。一般に高度葉面定着を示す細菌は生物界面活性剤を生産することが報告されていることから、本細菌の生物界面活性剤生産能について検討した。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除Ⅵキチン質分解性細菌Pseudomonas fluoresc KPM.018P を利用した食葉性害虫ニュジュウヤホシテントウの生物防除, 豊田 秀吉, 藤原圭一, 松田 克礼, 野々村 照雄, 桜谷保之, 角谷 晃司, 大津康成 土佐幸雄 眞山滋志, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良),   2003年10月, 平成15 年度日本植物病理学会関西支部(奈良)
    概要:本実験では、トマト葉圏から幼虫に対して食害抑制効果を示す細菌の分離を試み、生物防除資材への適用を検討した。トマト葉圏から分離された細菌を幼虫の経口から直接導入し、一定期間トマト葉を摂食させることにより食害抑制効果を示す細菌の選抜を行った。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除Ⅴキチン質分解性細菌Alcaligenes paradoxus KPM.012A を利用した食葉性害虫ニュジュウヤホシテントウの生物防除, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 藤原圭一, 野々村 照雄, 桜谷保之, 角谷 晃司, 大津康成 土佐幸雄 眞山滋志, 平成15 年度日本植物病理学会関西部会(奈良),   2003年10月, 平成15 年度日本植物病理学会関西部会(奈良)
    概要:本実験では、トマトから葉圏に生息するキチナーゼ生産性細菌を分離し、ニジュウヤホシテントウの生物防除を試みた。まず、最も高いキチン分解活性を示す細菌KPM.012A を中腸ペリトロフィック膜に処理したところ、キチナーゼによる分解が確認された。
  • Production of wholesome plants by introduction of genes for tumor-specific protein(CD98), 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 森浦展行, 瀧川 義浩, 林田晋, 横山大聡, 松田 克礼, 野々村 照雄, 益子 高, 第2 回国際COE シンポジウム(大阪),   2003年09月, 第2 回国際COE シンポジウム(大阪)
    概要:ガン細胞特異的タンパク質であるCD98 の遺伝子をクローニングし、その遺伝子をアグロバクテリウム法を用いて植物へ導入した。得られた形質転換植物はCD98 遺伝子を発現し、タンパク質の生産も認められた。ガン経口ワクチンとしての有効性について検討した。
  • 単一細胞RT.PCR 法を利用した遺伝子発現検出   トマト葉毛茸細胞におけるストレス感応型遺伝子の発現検出   , 豊田 秀吉, 松田 克礼, 西村真美, 藤田和久, 和夛泉季, 鮫島武, 南條綾子, 笹尾真理, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川),   2003年08月, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川)
    概要:植物体の一部に病原体の感染や傷害などのストレスが与えられたとき、直ちにその情報を全身に伝え、そのストレスに対する新たな遺伝子発現が誘導される。本実験では、単一細胞RT.PCR 法をtrichome 細胞に適用し、揮発性物質により誘導される遺伝子の検出を行った。
  • 単一細胞RT.PCR 法を利用した遺伝子発現検出   トマトカルスにおけるレトロトランスポゾン樣遺伝子の発現検出   , 豊田 秀吉, 和夛泉季, 松田 克礼, 藤田和久, 西村真美, 南條綾子, 笹尾真理, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川),   2003年08月, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川)
    概要:本実験では、単一細胞から核以外の細胞質をマイクロピペットで吸引する単一細胞RT.PCR 法を確立することとした。実際に単一細胞でRT.PCR を行う場合、その有効性を判定する指標が必要となる。そこでトマトで構成的に発現する遺伝子を検索した。
  • 単一細胞RT.PCR 法を利用した遺伝子発現検出   オオムギ子葉鞘単一細胞における発現遺伝子の特異的検出   , 豊田 秀吉, 藤田和久, 松田 克礼, 和夛泉季, 鮫島武, 西村真美, 南條綾子, 笹尾真理, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川),   2003年08月, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川)
    概要:本実験では、顕微鏡下で標的とした単一細胞からマイクロピペットを用いて細胞内用物を吸引し、そこに存在するmRNA を鋳型とした単一細胞RT.PCR 法を適用することとした。
  • トマトにおけるgypsy 型レトロトランスポゾン逆転写酵素領域の遺伝子解析, 豊田 秀吉, 笹尾真理, 南條綾子, 玉井智子, 樫尾智子, 田中正起, 戸田亜希子, 野々村 照雄, 松田 克礼, 角谷 晃司, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川),   2003年08月, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川)
    概要:gypsy 型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域(RT 領域)についてRT.PCR 法による発現解析を行ってきた。そこで今回、gypsy 型レトロトランスポゾンについてゲノムおよびDNA のRT 領域に関して網羅的な解析を行った。
  • ミヤコグサにおけるアミノ酸トランスポーター遺伝子の発現解析, 豊田 秀吉, 森浦展行, 畑太一, 横山大聡, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 松田 克礼, 角谷 晃司, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川),   2003年08月, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川)
    概要:本実験では、マメ科モデル植物であるミヤコグサを用い、根粒形成段階ならびに無機窒素添加条件下で発現するアミノ酸トランスポーター遺伝子について、その遺伝子発現をRT.PCR により解析した。
  • トマト栽培品種における効率的再分化条件の検討, 豊田 秀吉, 林田晋, 森浦展行, 増田拓也, 野々村 照雄, 松田 克礼, 角谷 晃司, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川),   2003年08月, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川)
    概要:現在、組織培養を行うにあたり、長い培養期間を要するため、効率的に再生植物体を作出できる培養系の確立が望まれる。本実験では、トマト品種ポンデローザを用い、葉外植片から再分化個体を迅速に得るための再分化条件を明らかにした。
  • シロイヌナズナへのアントラニル酸合成酵素変異遺伝子(m.asa 遺伝子)の導入とその発現解析, 豊田 秀吉, 小牧伸一郎, 野々村 照雄, 福元健志, 松田 克礼, 角谷 晃司, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川),   2003年08月, 第21 回日本植物細胞分子生物学会(香川)
    概要:本実験では、シロイヌナズナからアントラニル酸合成酵素遺伝子(asa 遺伝子)をクローニングした後、本遺伝子の一部を塩基置換してフィードバック阻害を受けない酵素を作製するとともに、変異遺伝子を植物体に導入することで5.FI 耐性植物の作出を試みた。
  • トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersiciの感染挙動解析およびその宿主範囲の検討, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 松谷和美, 鮫島武, 野々村 照雄, 樫本晃一, 角谷 晃司, 岡田清嗣 草刈眞一, 中田健吾, 高松進, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:近年、トマトにおいてはうどんこ病が多発する傾向にあるが、うどんこ病菌の感染行動や宿主範囲については必ずしも明確ではない。そこで、本研究では単胞子分離したうどんこ病菌(KTP.01)を使用し、感染挙動の解析と宿主範囲を検討することとした。
  • トマトうどんこ病菌Oidium neolycopersiciの感染挙動に及ぼす湿度の影響, 豊田 秀吉, 鮫島武, 松田 克礼, 野々村 照雄, 樫本晃一, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:本実験では、本菌の単胞子分離株であるKTP.01をトマトに接種し、付着器および吸器の形成に及ぼす湿度の影響を調べるとともに、pseudo-chainの形成について検討した。
  • 親和性および非親和性うどんこ病菌を接種したトマト葉における宿主反応の解析, 豊田 秀吉, 樫本晃一, 松田 克礼, 野々村 照雄, 鮫島武, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:筆者らは、トマト葉に感染するうどんこ病菌を分離・同定し、その挙動を解析してきたが、トマトにおける宿主細胞反応については不明な点も多い。そこで親和性および非親和性のオオムギうどんこ病菌分生胞子をトマト葉に接種し、その反応を調べた。
  • 遺伝子標識による土壌病原菌のモニタリングシステムの確立.水耕栽培トマト根へのトマト根腐れ萎ちょう病菌の接種と感染挙動の画像解析, 豊田 秀吉, 蔀香代子, 宗宮明香, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:GFP遺伝子を導入したトマト根腐れ萎凋病菌を用い、簡易型水耕装置で育成した水耕トマトでの発病を観察するとともに、本菌のトマト根上での胞子発芽から菌糸伸長の過程をコンピューター画像システムにより解析することとした。
  • 遺伝子標識による土壌病原菌のモニタリングシステムの確立.トマト根腐れ萎ちょう病菌の病原性簡易検定システムの確立と分離菌株の病原性比較, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 蔀香代子, 田中真美, 松田 克礼, 鈴木清樹, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:本研究では、トマト根腐れ萎凋病菌の病原性を迅速に検定する方法を考案した。次に高度感受性トマト品種を指標として日本各地で単離されたトマト根腐れ萎凋病菌の病原性検定を行ったところ、各分離菌株間で発病に差異がみられた。
  • 遺伝子標識による土壌病原菌のモニタリングシステムの確立.ニュートラルレッド染色と遺伝子標識法を用いたトマト根上でのフザリウム病菌の同時識別, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 蔀香代子, 鈴木清樹, 松田 克礼, 北川祐子, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:GFP遺伝子を導入したトマト根腐れ萎凋病菌と非病原性フザリウム病菌を用い、トマト根上での同時識別を行うとともに、両菌同時接種による動態解析を検討することとした。その結果、植物根上で両菌を容易に識別および菌叢測定することが可能となった。
  • 遺伝子標識による土壌病原菌のモニタリングシステムの確立.トマト根におけるトマト根腐れ萎ちょう病菌の感染挙動解析, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 関屋直子, 松田 克礼, 田島弘美, 前田 和彦, 岡田清嗣 草刈眞一, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:本実験では、トマト幼苗を用い、トマト根腐れ萎凋病菌による発病条件を検討するとともに、フザリウム病菌によるトマト根面上での菌糸生育を走査型電子顕微鏡を用いて観察することとした。
  • 5.フルオロインドール(5.FI)によるフザリウム病菌の抑制と5.FI耐性植物の作出(Ⅸ)シロイヌナズナ由来アントラニル酸合成酵素変異遺伝子(masa遺伝子)のクローニング, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 福元健志, 松田 克礼, 小牧伸一郎, 角谷 晃司, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:5.フルオロインドール(5.FI)耐性植物の作出を目的として、シロイヌナズナ(品種コロンビア)からアントラニル酸合成酵素遺伝子をクローニングした後、フィードバック阻害を受けない変異遺伝子の作製を試みた。
  • 植物病原細菌を用いたクズの生物防除, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 桜谷保之, 林美世絵, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:近畿大学農学部キャンパスにおいては、絶滅危惧種に指定された数種の生物種が確認されているが、このような生物種の個体群密度がクズの繁殖によって急速に減少している。そこで、これらの絶滅危惧種の保全を目的とした全学的研究を展開することとした。
  • Microinjection-in situ PCR(MI.PCR)によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング(Ⅸ)細胞内吸引法を利用した遺伝子発現の特異的検出, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 鮫島武, 和夛泉季, 野々村 照雄, 藤田和久, 角谷 晃司, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京),   2003年03月, 平成15年度日本植物病理学会大会(東京)
    概要:オオムギうどんこ病菌の感染を受けた子葉鞘細胞およびその隣接細胞に単一細胞RT.PCR法を適用し、感染特異的に発現する遺伝子の解析を進めている。本研究では、単一細胞から細胞内容物を吸引し、そこに存在するmRNAを鋳型としたRT.PCRを試みた。
  • トマトにおけるレトロトランスポゾンの発現解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理, 日本農芸化学関西支部大会(奈良),   2002年10月, 日本農芸化学関西支部大会(奈良)
    概要:トマトのレトロトランスポゾンの発現をRT?PCR法により検出した。Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域は、葉ならびにカルス細胞で発現していた。
  • Pricking RT?PCRによるオオムギうどんこ病菌からの遺伝子クローニングⅠ, 豊田 秀吉, 鮫島武, 松田 克礼, 藤田和久, 木多景子, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 池田成志, 平成14年度日本植物病理学会関西部会(三重),   2002年09月, 平成14年度日本植物病理学会関西部会(三重)
    概要:本菌は絶対寄生菌であることから、特定の分子ステージにあるうどんこ病菌を大量に得ることは非常に困難であり、それぞれの器官で発現する遺伝子の解析が必ずしも容易ではない。本実験ではPricking RT?PCR法を用い、単一器官を標的として発現遺伝子の解析を行った。
  • トマトうどんこ病菌の感染挙動解析, 豊田 秀吉, 樫本晃一, 松谷和美, 松田 克礼, 野々村 照雄, 岡田清嗣 草刈眞一, 平成14年度日本植物病理学会関西部会(三重),   2002年09月, 平成14年度日本植物病理学会関西部会(三重)
    概要:温室栽培トマトにおいてうどんこ病が多発する傾向にあるが、うどんこ病菌の感染行動や宿主範囲については必ずしも明確ではない。そこで、本研究では、単胞子分離したうどんこ病菌を使用し、感染の最適条件を検討することとした。
  • トマトにおけるTy1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンのクローニング, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 笹尾真理, 玉井智子, 日本育種学会第102回年会(帯広),   2002年08月, 日本育種学会第102回年会(帯広)
    概要:トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。
  • Simultaneous detection of GFP?and GUS?marked fungi of different formae speciales of Fusarium oxysporum on plant roots, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, The 7th International Mycological Congress(ノルウェー),   2002年08月, The 7th International Mycological Congress(ノルウェー)
    概要:レポーターとして緑色蛍光タンパク質生産遺伝子(GFP)とβ?グルクロニダーゼ生産遺伝子(GUS)を利用し、混合接種した異種分化型菌の検出を試みた。その結果、これらの遺伝子発現がトマト根上で確認できたことから植物根上でも両菌の同時識別が可能となった。
  • A monitoring system for green fluoressence protein gene-transformed Fusarium oxysporum in melon seedlings, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, The 7th International Mycological Congress(ノルウェー),   2002年08月, The 7th International Mycological Congress(ノルウェー)
    概要:植物根上でのフザリウム病菌の感染挙動解析を行うため、分化型の異なるフザリウム病菌に緑色蛍光タンパク質生産遺伝子(GFP)を導入し、その遺伝子発現検出を利用してメロン根上での追跡を行った。
  • Analysis of gene expression in targeted infection structures of obligate parasites, Blumeria graminis f. sp. hordai by intracellular RT?PCR, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, The 7th International Mycological Congress(ノルウェー),   2002年08月, The 7th International Mycological Congress(ノルウェー)
    概要:オオムギに感染しているうどんこ病菌の各分化過程を標的とし、それぞれの器管で発現している遺伝子の分離を行なう為、細胞内RT?PCRを適用し、単一細胞からの遺伝子クローニングを行なった。
  • トマトレトロトランスポゾンの発現解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 南條綾子, 中川真樹, 笹尾真理, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
    概要:Ty1/copia型およびTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域で保存されているアミノ酸配列からプライマーを合成し、RT?PCR分析に用いた。トマト葉およびカルスにおいて、これらは発現しており、既知Ty1/copia型とは異なる断片がカルスより増幅した。
  • ガン特異的タンパクCD98遺伝子を導入した形質転換体の作出, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 森浦展行, 益子 高, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会大会(奈良)
    概要:経口ガンワクチンの開発を目的とし、ガン細胞特異的タンパク質CD98遺伝子を植物へ導入した。その遺伝子発現をRT?PCRで検出し、さらにタンパク質の翻訳をウエスタンブロット分析で調べた。その結果、組換え植物はCD98タンパク質を生産しており経口ワクチンの可能性が示唆された。
  • Agrobacterium rhizogenesに対するトマト品種間の感受性差異, 豊田 秀吉, 福元健志, 松田 克礼, 野々村 照雄, 第20回日本植物細胞分子生物学会奈良大会・シンポジウム(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会奈良大会・シンポジウム(奈良)
    概要:トマトにおける毛状根作出系を確立するため、主要市販トマト43品種と近畿大学交配トマト系統、14品種を用い、Agrobacterium rhizogenesの感染効率を比較検討して、毛状根誘導効率の高いトマトを選抜することとした。
  • 単一細胞RT?PCR法による標的細胞発現遺伝子の解析 単一細胞内RT?PCRにおける指標遺伝子の検索, 豊田 秀吉, 藤田和久, 松田 克礼, 鮫島武, 木多景子, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 第20回日本植物細胞分子生物学会奈良大会・シンポジウム(奈良),   2002年07月, 第20回日本植物細胞分子生物学会奈良大会・シンポジウム(奈良)
    概要:単一細胞RT?PCR法の有効性を正確に評価するため、常時発現する遺伝子を指標に用い、細胞内RT?PCRの成否を判定するシステムを考案した。
  • Agrobacterium rhizogenes に対するトマト品種間の感受性差異, 豊田 秀吉, 福元健志, 金英美, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:pBI121/sGFP を導入した A. rhizogenes を用い、 約 40 品種の市販トマト品種における感染効率を比較検討した。 本菌に対するトマト品種間の差異が明らかになったので、 今後はこれらの品種にアグロインフェクション法を適用すれば効果的に遺伝子導入毛状根が得られる。
  • トマトレトロトランスポゾンの発現解析, 豊田 秀吉, 南條綾子, 中川真樹, 笹尾真理, 高畑智香子, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:既知 Ty1/copia 型および Ty3/gypsy 型レトロトランスポゾンの逆転写酵素領域で保存されているアミノ酸配列をもとにプライマーを合成し、 RT PCR 法によりその発現解析を試みた。 レトロトランスポゾンの RT 領域は、 いずれもトマト葉ならびにカルス細胞で発現していた。
  • トマトにおける Ty1/copia 型および Ty3/gypsy 型レトロトランスポゾンのクローニング, 豊田 秀吉, 中川真樹, 南條綾子, 笹尾真理, 高畑智香子, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:トマトゲノムからレトロトランスポゾンをクローニングし、 その遺伝子解析を試みた。 さらにゲノムライブラリーから Ty3/gyspy 型の RT 領域を含むクローンを選抜して、 遺伝子解析を行ったところ、 レトロトランスポゾンに共通する遺伝子構造が確認された。
  • キチン質分解酵素を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除 Enterobacter cloacae のファージタイピング, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 森裕文, 石井雄規, 藤原圭一, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:E. cloacae 菌株のファージタイピングを目的とし、 17 菌株に特異的に感染するファージの分離を試みた。 単離したファージの宿主範囲を調査したところ、 特定の菌株にのみ感染するタイプと複数の菌株に感染を有するタイプに分けることができた。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除 キチナーゼ遺伝子導入とバクテリオファージ感染によるトマト葉面生息性細菌 Enterobacter cloacae の迅速検出, 豊田 秀吉, 森裕文, 瀧川 義浩, 大津康成, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:キチナーゼ遺伝子をレポーターに用い、 溶菌型ファージの感染系を併用したモニタリング法の開発を試みた。 本法を使用すればトマト葉上における細菌の挙動を迅速に解析できることが示唆され、 効果的な植物病害防除への適用が可能となった。
  • 水耕栽培法を用いたキチン分解性菌によるフザリウム病菌の生物防除, 豊田 秀吉, 鈴木清樹, 野々村 照雄, 松田 克礼, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:水耕栽培トマトにおける本菌の防除法を確立するため、 簡易水耕栽培装置の作製とキチン分解性菌を利用したフザリウム病菌の防除について検討した。 その結果、 本システムを利用すればトマト根面上でのフザリウム病菌の生物防除が可能であると考えた。
  • トマトうどんこ病菌の感染における最適条件の検討, 豊田 秀吉, 樫本晃一, 松田 克礼, 野々村 照雄, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:基礎的アプローチとして、 罹病葉の菌叢から単胞子を分離し、 感染に及ぼす温度や光の影響を調査した。 その結果、 25℃では 2 時間後から発芽管の伸長が認められ、 7 時間後には約 60%の発芽率が得られた。
  • Sphingobacterium multivorum が生産するキトサナーゼによる Fusarium oxysporum の菌糸伸長の抑制とキトナーゼ遺伝子 (csnSM1) のクローニング, 豊田 秀吉, 飯田祐一郎, 松田 克礼, 篠木武, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:Sphingobacterium multivorum が生産するキトサナーゼの病原菌細胞壁分解活性を解析するため、 フザリウム病菌の発芽分生胞子に培養濾液から回収したキトサナーゼを処理した。 菌糸細胞の膨張や菌糸先端の部分分解が観察され、 菌糸伸長の抑制も認められた。
  • Microinjection in situ PCR (MI PCR) によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング 細胞内 RT PCR における指標遺伝子の検索, 豊田 秀吉, 平井康晴, 松田 克礼, 相場政人, 藤田和久, 鮫島武, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:既に報告されている構成的発現遺伝子の構造遺伝子内および 3非翻訳領域に対するプライマーを構築し、 細胞内 PCR の成否が判定できる指標遺伝子の検索を試みた。 その結果、 目的遺伝子の領域が増幅されたことから、 GAPDH 遺伝子は細胞内 PCR の指標となった。
  • 遺伝子標識による土壌病原菌のモニタリングシステムの確立 トマト根に同時接種したフザリウム菌の遺伝子標識法による識別, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 山口佳子, 畑佐哲也, 松田 克礼, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:REMI 法を用いてメロンつる割病菌を形質転換するとともに、 形質転換株については病原性検定を行った。 さらに GFP 活性を有し、 かつ病原性を保持したメロンつる割病菌と GUS 活性を有するトマト萎ちょう病菌の分生胞子を混合し、 植物根上での同時識別を行った。
  • 遺伝子標識による土壌病原菌のモニタリングシステムの確立 水耕栽培システムを用いたフザリウム病菌の分子モニタリング, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 宗宮明香, 長谷川友哉, 宮島一智, 松田 克礼, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪),   2002年04月, 平成 14 年度日本植物病理学会大会 (大阪)
    概要:GFP を導入したトマト萎ちょう病菌およびメロンつる割病菌を用い、 水耕栽培したトマト根およびメロン根上での本菌の定着と菌糸伸長について検討した。 その結果、 フザリウム病菌は植物種に関係なく、 植物根上に胞子定着した後、 菌糸伸長する過程を示した。
  • バクテリオファージを利用したキチナーゼ遺伝子導入 Enterobacter cloacae KPM 007E/chi の迅速検出, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 森裕文, 大津康成, 松田 克礼, 野々村 照雄, 桜谷保之, 角谷 晃司, 土佐幸雄 真山滋志, 平成 14 年度日本農芸化学会大会 (仙台),   2002年03月, 平成 14 年度日本農芸化学会大会 (仙台)
    概要:トマト葉面細菌である Enterobacter cloacae にキチナーゼ遺伝子を導入し、 その遺伝子発現をレポーターとするとともに、 本菌に感染するファージを分離し、 両者を組み合せたモニタリングシステムを確立した。
  • Sphingobacterium multivolum KST 009 からのキトサナーゼ遺伝子のクローニングとその構造解析, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 飯田祐一郎, 篠木武, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 平成 14 年度日本農芸化学会大会 (仙台),   2002年03月, 平成 14 年度日本農芸化学会大会 (仙台)
    概要:Sphingobacterium multivorum からキトサナーゼ遺伝子をクローニングし、 その塩基配列を決定した後、 大腸菌大量発現システムを適用してキトサナーゼの精製を行なった。 また、 本酵素をフザリウム菌に処理したところ、 病原菌細胞壁分解に有効であると判明した。
  • アリモドキゾウムシの個体群構成における地理的変異の解析 4, 杉本 毅, 桜谷保之, 香取 郁夫, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 川村清久, 第 46 回日本応用動物昆虫学会大会 (東京),   2002年03月, 第 46 回日本応用動物昆虫学会大会 (東京)
    概要:南西諸島産のアリモドキゾウムシ個体群について RAPD 法を用いて DNA 増幅パターンの地理的変異の検出法を確立した。
  • 抗青枯病薬剤 3 (3 インドリル) 酪酸の緑藻に対する増殖抑制効果, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 備後美紀, 白鳥里美, 松田 克礼, 松田 一彦, 原田聰, 平成 13 年度日本植物病理学会関西部会 (高知),   2001年10月, 平成 13 年度日本植物病理学会関西部会 (高知)
    概要:抗青枯病薬剤である 3 (3 インドリル) 酪酸が水耕栽培で問題となる緑藻の増殖を抑制することが明らかとなった。 本実験では 3 (3 インドリル) 酪酸の種々の緑藻に対する効果について検討を行なった。
  • Microinjection in situ PCR (MI PCR) によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング (Ⅶ) プライマーと温度設定による増幅遺伝子の調節, 豊田 秀吉, 平井康晴, 松田 克礼, 相場政人, 藤田和久, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 平成 13 年度日本植物病理学会関西部会 (高知),   2001年10月, 平成 13 年度日本植物病理学会関西部会 (高知)
    概要:オオムギ子葉鞘の単一細胞から RT PCR により遺伝子をクローニングするため、 基礎的条件として常時発現している遺伝子のプライマーを構築し、 PCR 時の反応温度および増幅量について検討した。
  • マイクロインジェクション・RT PCR 法による標的細胞発現遺伝子の解析    オオムギ CDNA マクロアレイによるうどんこ病菌感染誘導性遺伝子の発現解析   , 豊田 秀吉, 平井康晴, 松田 克礼, 森浩一, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 第 19 回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム (東京),   2001年07月, 第 19 回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム (東京)
    概要:オオムギうどんこ病菌の感染を受けているオオムギ子葉鞘単一細胞に cDNA 合成溶液と RT PCR 反応液を注入し、 標的細胞内で発現している遺伝子の増幅を試みるとともに、 それら遺伝子のクローニングを行なった。
  • オオムギうどんこ病菌抵抗性発現におけるトリプトファンデカルボキシラーゼ遺伝子の役割, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 木多景子, 野々村 照雄, 角谷 晃司, 第 19 回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム (東京),   2001年07月, 第 19 回日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム (東京)
    概要:うどんこ病に対して抵抗性を示すオオムギは、 うどんこ病菌の感染を受けた細胞で抗菌物質としてトリプタミンを生成する。 そこでトリプタミン合成遺伝子であるトリプトファンデカルボキシラーゼ遺伝子を単離し、 その機能を検討した。
  • Alginate beads-mediated chitinolytic microorganisms. A promising biocontrol agent of soil-borne chitinous phytopathogenic fungi in chitin-amended soil, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 3rd International Symposium on Chitin Enzymology and 4th Conference of the European Chitin Society (Ancona),   2001年05月, 3rd International Symposium on Chitin Enzymology and 4th Conference of the European Chitin Society (Ancona)
    概要:土壌病原菌による病害は防除が困難であるため、 化学的防除法や耕種的防除法に加え、 拮抗微生物を用いた生物防除が試みられてきた。 本研究ではイチゴの萎黄病を対象としてアルギン酸カルシウムビーズに包埋したキチン分解性放線菌の抑制効果を検討した。
  • Accelerated degradation of fungal wall by cooperative enzymatic digestion by chitinase and chitosanase. Molecular basis for enzyme-linked biocontrol of filamentous phytopathogenic fungi, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 樫本晃一, 斎藤隆一郎, 瀧川 義浩, 野々村 照雄, 3rd International Symposium on Chitin Enzymology and 4th Conference of the European Chitin Society (Ancona),   2001年05月, 3rd International Symposium on Chitin Enzymology and 4th Conference of the European Chitin Society (Ancona)
    概要:チキン質分解酵素生産性細菌からキチナーゼおよびキトサナーゼ遺伝子をクローニングし、 大腸菌大量発現システムを利用してそれらを精製した。 精製した酵素を用いて植物病原菌の細胞壁分解を検討した結果、 本酵素の有効性が確認された。
  • Utilization of chitinolytic phylloepiphytic microorganisms for biological control of phyllophagous insect pests of tomato, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 瀧川 義浩, 森裕文, 大津康成, 野々村 照雄, 3rd International Symposium on Chitin Enzymology and 4th Conference of the European Chitin Society (Ancona),   2001年05月, 3rd International Symposium on Chitin Enzymology and 4th Conference of the European Chitin Society (Ancona)
    概要:トマト葉面から安定的に生存している葉面細菌を分離し、 Enterobacter cloacae と同定した。 次にこれら細菌にキチン質分解酵素遺伝子を導入し、 それらの酵素による害虫の生物防除の有効性を確認した。
  • 水耕栽培における市販トマト品種の青枯病抵抗性評価, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 津田元章, 浦中和人, 大内 成志, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台),   2001年04月, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台)
    概要:市販栽培トマト 36 品種を水耕栽培し、 接種した青枯病菌による品種間の感受性差異を検討した。 検定項目としては萎凋初期症状が現われるまでの期間および初期症状から全身萎凋に進行する期間を設け、 その発病状況を 2 週間調査した。
  • 遺伝子標識による土壌病原菌のモニタリングシステムの確立 ■ トマト根におけるトマト根腐れ萎ちょう病菌の分子モニタリング, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 松田 克礼, 大谷 崇, 高杉美加子, 大内 成志, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台),   2001年04月, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台)
    概要:トマト根腐れ萎ちょう病菌を用い、 菌糸由来プロトプラストに REMI 法で緑色蛍光タンパク質生産遺伝子 (GFP 遺伝子) を導入し、 4 菌におけるトマト根での定着および侵入差異について検討した。
  • マイクロインジェクション in situ PCR によるオオムギ子葉鞘単一細胞からの遺伝子クローニング ■ 遺伝子の単離とその塩基配列決定, 豊田 秀吉, 森浩一, 平井康晴, 松田 克礼, 野々村 照雄, 大内 成志, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台),   2001年04月, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台)
    概要:オオムギうどんこ病菌に感染したオオムギ子葉鞘内表皮細胞における感染特異遺伝子の発現機構を解析するため、 マイクロジェクション (MI) 法を適用してきた。 本実験では、 このような単一細胞を in situ PCR のチャンバーと考え、 そこで増幅した遺伝子の単離を試みた。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除 ■ トマト葉面生息性キチン質分解細菌の分離とその生理的特性, 豊田 秀吉, 大津康成, 村田知子, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 野々村 照雄, 大内 成志, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台),   2001年04月, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台)
    概要:トマトうどんこ病の生物防除を目的として、 トマト葉面に生息するキチン質分解性細菌を分離し、 噴霧した分離細菌が葉面上に定着するための生理的特性について検討した。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病菌および灰色かび病の生物防除 ■ トマト葉面生息性細菌 Enterobacter cloacae へのキチナーゼ遺伝子の導入, 豊田 秀吉, 瀧川 義浩, 大津康成, 斎藤隆一郎, 樫本晃一, 松田 克礼, 野々村 照雄, 大内 成志, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台),   2001年04月, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台)
    概要:トマト葉面で安定的に生息する細菌を分離し、 それらにキチン質分解能を付与することを試みた。 まず、 圃場で栽培中のトマト葉から微生物を分離し、 その分解頻度と分離細菌の同定を行った。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除 ■ pET システムによるキチン質分解酵素の大量生産とうどんこ病菌の細胞壁分解, 豊田 秀吉, 斎藤隆一郎, 瀧川 義浩, 樫本晃一, 大津康成, 松田 克礼, 野々村 照雄, 大内 成志, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台),   2001年04月, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台)
    概要:筆者らがクローニングした Kuruthia zopfii のキトサーゼ遺伝子 (chi SH1) および Sphimgobacterlum multivorum のキトサーゼ遺伝子 (cso A) を大腸菌の大量発現系である pET32 ベクターに連結した後、 大腸菌 BL21 株に導入し、 生産された酵素をアフィニティーカラムで精製した。
  • キチン質分解性微生物を利用したトマトうどんこ病および灰色かび病の生物防除 ■ トマト栽培品種のうどんこ病感受性検定, 豊田 秀吉, 樫本晃一, 瀧川 義浩, 松田 克礼, 野々村 照雄, 大内 成志, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台),   2001年04月, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台)
    概要:市販栽培トマト 86 品種を用い、 ガラス温室栽培におけるうどんこ病の発生状況を調査した。 調査期間を平成 11 年 12 月から平成 13 年 1 月とし、 ガラス温室内で生育させたトマト苗にうどんこ病菌を自然感染させた。
  • REMI 法による Fusarium proliferatum における Fumonisin B1 生産能欠失変異株の作出, 豊田 秀吉, 山岸大輔, 野々村 照雄, 松田 克礼, 大内 成志, Avantaggiato. G Moretti. A Visconti. A, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台),   2001年04月, 平成 13 年度日本植物病理学会大会 (仙台)
    概要:マーカー遺伝子挿入法によって fumonisin 生合成遺伝子の特定を試みた。 Fusarium proliferatum の fumonisin 生産株プロトプラストにマーカー遺伝子 GFP を導入し、 形質転換体について fumonisin B1 生産能を調べた。
  • アリモドキゾウムシの個体群構成における地理的変異の解析 3. RAPD 法による DNA 増幅パターンと体色との対応関係, 杉本 毅, 櫻谷 保之, 香取 郁夫, 大内 成志, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 川村清久, 第 45 回日本応用動物昆虫学会大会 (松江),   2001年04月, 第 45 回日本応用動物昆虫学会大会 (松江)
    概要:南西諸島に分布するアリモドキゾウムシには翅鞘色が暗青色と暗褐色の 2 型が認められ、 これらは DNA 増幅パターンの 2 型とよく対応することがわかった。

MISC

  • Polymorphic change of appressoria by the tomato powdery mildew Oidium neolycopersici on host tomato leaves reflects multiple unsuccessful penetration attempts, Nonomura T, Nishitomi A, Matsuda Y, Soma C, Xu L, Kakutani K, Takikawa Y, Toyoda H, Fungal Biology , 114, 11-12, 917, 928,   2010年, 10.1016/j.funbio.2010.08.008
  • 温室内で発生したトマト根腐萎凋病(Fusarium crown and root rot disease)の感染拡大に関わるミギワバエScatella stagnalis(Diptera: Ephydridae)の影響. , 松田克礼・野々村照雄・豊田秀吉, 近畿大学農学部紀要, 42, 237, 242,   2009年
  • Collection of highly germinative pseudochain conidia of Oidium neolycopersici from conidiophores by electrostatic attraction., Nonomura, T., Matsuda, Y., Xu, L., Kakutani, K., Takikawa, Y. and Toyoda, H., Mycological Research , 113, 3, 364, 372,   2009年, 10.1016/j.mycres.2008.11.012
  • Tryptophan synthesis block-associated sugar response, a physiological marker for rapid selection of Arabidopsis thaliana transformants, marked with feedback-inhibition-insensitive anthranilate synthase gene. , Nonomura, T., Komaki, S., Xu, L., Moriura, N., Ioroi, H., Takashima, S., Kakutani, K., Takikawa, Y., Matsuda, Y. and Toyoda, H. , Plant Breeding, 128, 3, 282, 289,   2009年, 10.1111/j.1439-0523.2008.01560.x
  • Trichome exudates of Lycopersicon pennellii form a chemical barrier to suppress leaf-surface germination of Oidium neolycopersici conidia. , Nonomura, T., Xu, L., Wada, M., Kawamura, S., Miyajima, T., Nishitomi, A., Kakutani, K., Takikawa, Y., Matsuda, Y. and Toyoda, H., Plant Science, 176, 1, 31, 37,   2009年, 10.1016/j.plantsci.2008.09.002
  • Physical control of powdery mildew (Oidium neolycopersici) on tomato leaves by exposure to corona discharge. , Nonomura, T., Matsuda, Y., Kakutani, K., Takikawa, Y. and Toyoda, H., Canadian Journal of Plant Pathology, 30, 517, 524,   2008年
  • An electric dipolar screen with oppositely polarized insulators for excluding whiteflies from greenhouses, Tanaka, N., Matsuda, Y., Kato, E., Kokabe, K., Furukawa, Y., Nonomura, T., Honda, K., Kusakari, S., Imura, T., Kimbara, J. and Toyoda, H., Crop Protection , 27, 2, 215, 221,   2008年, 10.1016/j.cropro.2007.05.009
  • Dual protection of hydroponic tomatoes from rhizosphere pathogens Ralstonia solanacearum and Fusarium oxysporum f. sp. radicis-lycopersici and airborne conidia of Oidium neolycopersici with an ozone generative electrostatic spore precipitator, Shimizu, K., Matsuda, Y., Nonomura, T., Ikeda, H., Tamura, N., Kusakari, S., Kimbara, J. and Toyoda, H., Plant Pathology , 56, 6, 987, 997,   2007年, 10.1111/j.1365-3059.2007.01681.x
  • Formation of conidial pseudochains by tomato powdery mildew Oidium neolycopersici, Oichi, W., Matsuda, Y., Nonomura, T., Toyoda, H., Xu, L. and Kusakari, S., Plant Dis., 90, 7, 915, 919,   2006年, 10.1094/PD-90-0915
  • Symptomatic evidence for differential root invasion by Fusarium crown and root rot pathogens between common tomato Lycopersicon esculentum and its varieties, Xu, L., Nonomura, T., Suzuki, S., Kitagawa, Y., Tajima, H., Okada, K., Kusakari, S., Matsuda, Y., and Toyoda, H., J. Phytopathol. , 154, 577, 586,   2006年
  • A new spore precipitator with polarized dielectric insulators for physical control of tomato powdery mildew, Matsuda, Y., Ikeda, H., Moriura, N., Tanaka, N., Shimizu, K., Oichi, W., Nonomura, T., Kakutani, K., Kusakari, S., Higashi, K. and Toyoda, H. , Phytopathology, 96, 9, 967, 974,   2006年, 10.1094/PHYTO-96-0967
  • An apparatus for collecting total conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei from leaf colonies using electrostatic attraction , Moriura, N., Matsuda, Y., Oichi, W., Nakashima, S., Hirai, T., Nonomura, T., Kakutani, K., Kusakari, S., Higashi, K. and Toyoda, H., Plant Pathology, 55, 3, 367, 374,   2006年, 10.1111/j.1365-3059.2006.01356.x
  • Consecutive monitoring of lifelong production of conidia by individual conidiophores of Blumeria graminis f. sp. hordei on barley leaves by digital microscopic techniques with electrostatic micromanipulation, Moriura, N., Matsuda, Y., Oichi, W., Nakashima, S., Hirai, T., Sameshima, T., Nonomura, T., Kakutani, K., Kusakari, S., Higashi, K. and Toyoda, H., Mycol. Res., 110, 1, 18, 27,   2006年, 10.1016/j.mycres.2005.09.007
  • Identification of individual powdery mildew fungi infecting leaves and direct detection of gene expression by single conidium polymerase chain reaction, Matsuda, Y., Sameshima, T., Moriura, N., Inoue, K., Nonomura, T., Kakutani, K., Nishimura, H., Kusakari, S., Takamatsu, S. and Toyoda, H. , Phytopathology, 95, 10, 1137, 1143,   2005年, 10.1094/PHYTO-95-1137
  • Screening of wild Lycopersicon species for resistance to Japanese isolate of tomato powdery mildew Oidium neolycopersici , Matsuda, Y., Mori, Y., Sakano, Y., Nishida, M., Tarumoto, K., Nonomura, T., Nishimura, H., Kusakari, S. and Toyoda, H., Breeding Science , 55, 3, 355, 360,   2005年, 10.1270/jsbbs.55.355
  • Direct RT-PCR amplification of mature mRNA in cytoplasm micropipetted from barley coleoptile epidermal cell – A model system for analyzing gene expression in host cells attacked by powdery, Moriura, N., Matsuda, Y., Fujita, K., Wada, M., Kakutani, K. and Toyoda, H. , Mem. Fac. Agr. Kinki Univ., 38, 9, 18,   2005年
  • 植物病原性細菌を用いたクズの生物防除, 野々村照雄・林美世絵・泉美里・櫻谷保之・豊田秀吉, 近畿大学農学部紀要 , 38, 31, 36,   2005年
  • トマトにおけるTy3/gypsy型レトロトランスポゾン逆転写酵素領域の分子進化系統解析, 角谷 晃司, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 農学部農学科, 薬学総合研究所紀要, 13, 103, 111,   2004年
    概要:トマトのレトロトランスポゾンをゲノムからクローニングし、その遺伝子解析を試みた。ゲノム上には多数のレトロトランスポゾンが存在しており、また、培養栽培において発現している新規のTy1/copia型レトロトランスポゾンをクローニングした。
  • Powdery mildew pathogens can suppress the chitinase gene expression induced in detached inner epidermis of barley coleoptile, Fujita, K., Matsuda, Y., Wada, M., Hirai, Y., Mori, K., Moriura, N., Nonomura, T., Kakutani, K. and Toyoda, H., Plant Cell Rep., 23, 504, 511,   2004年
  • Consecutive monitoring for conidiogenesis by Oidium neolycopersici on tomato leaves with a high-fidelity digital microscope. , Oichi, W., Matsuda, Y., Sameshima, T., Nonomura, T., Kakutani, K., Nishimura, H., Kusakari, S. and Toyoda, H. , J. Gen. Plant Pathol., 70, 6, 329, 332,   2004年, 10.1007/s10327-004-0136-5
  • Stable phylloplane colonization by entomopathogenic bacterium Pseudomonas fluorescens KPM-018P and biological control of phytophagous ladybird beetles Epilachna vigintioctopunctata (Coleoptera: Coccinellidae), Otsu, Y., Matsuda, Y., Mori, H., Ueki, H., Nakajima, T., Fujiwara, K., Matsumoto, M., Azuma, N., Kakutani, K., Nonomura, T., Sakuratani, Y., Shinogi, T., Tosa, Y., Mayama, S. and Toyoda, H., Biocontrol Science and Technology , 14, 427, 439,   2004年
  • RT-PCR amplification of mRNAs in nuclei or cytosol of single cells of tomato callus after micropipette extraction , Wada, M., Matsuda, Y., Fujita, K., Nanjo, A., Nishimura, M., Nonomura, T., Kakutani, K. and Toyoda, H. , Plant Cell, Tissue and Organ Culture, 79, 109, 114,   2004年
  • Cytological events in tomato leaves inoculated with conidia of Blumeria graminis f. sp. hordei and Oidium neolycopersici KTP-01, Sameshima, T., Kashimoto, K., Kida, K., Matsuda, Y., Nonomura, T., Kakutani, K., Nakata, K., Kusakari, S. and Toyoda, H., J. Gen. Plant Pathol., 70, 1, 7, 10,   2004年, 10.1007/s10327-003-0078-3
  • 緑色蛍光タンパク質生産遺伝子発現を利用したトマト毛状根形成効率の遺伝子工学的解析 , 福元健志・野々村照雄・松田克礼・小牧伸一郎・森浦展行・沢辺昭義・角谷晃司・豊田秀吉, 薬学総合研究所紀要, 12, 99, 106,   2003年
  • Direct RT-PCR amplification of mature mRNAs in single trichome cells of plant leaves. , Matsuda, Y., Kakutani, K., Nishimura, M., Wada, M., Nonomura, T. and Toyoda, H., Recent Res. Devel. Cell Biol. , 1, 145, 153,   2003年
  • Distinguishable staining with neutral red for GFP-marked and GFP-nonmarked Fusarium oxysporum strains simultaneously colonizing root surfaces. , NONOMURA T, TAJIMA H, KITAGAWA Y, SEKIYA N, SHITOMI K, TANAKA M, MAEDA K, MATSUDA Y, TOYODA H, J. Gen. Plant Pathol., 69, 1, 45, 48,   2003年, 10.1007/s10327-002-0018-7
  • 植物根面における病原性および非病原性Fusarium oxysporumの増殖比較, 関西病虫研報, 45, 75, 78,   2003年
  • トマト根に同時接種したフザリウム病菌の遺伝子標識法による識別, 近畿大学農学部紀要, 36, 21, 26,   2003年
  • Evaluation for efficient hairy root production assessed by GFP-gene expression in tomato cultivars inoculated with Agrobacterium rhizogenes MAFF07-20001. , Plant Biotechnology, 20, 3, 257, 261,   2003年, 10.5511/plantbiotechnology.20.257
  • トマト葉原基への変異誘起剤処理条件ならびに変異葉からの個体再生条件の解析, 生物環境調節, 40, 99-105,   2002年
  • Susceptibility of commercial tomato cultivars to bacterial wilt in hydroponic system. , NONOMURA T, MATSUDA Y, TSUDA M, URANAKA K, TOYODA H, J. Gen. Plant Pathol., 67, 3, 224, 227,   2001年, 10.1007/PL00013016
  • Effects of indole derivatives on the growth of Chlamydomonas spp. as causal green algae in the hydroponics system.     , 野々村 照雄, 松田 克礼, 白鳥 里美, 松田 一彦, 原田 聰, 豊田 秀吉, Environ. Control in Biol., 39, 2, 127, 134,   2001年, 10.2525/ecb1963.39.127
  • Induction of morphologically changed petals from mutagen-treated apical buds of rose and plant regeneration from varied petal-derived calli., Plant Biotechnology, 18, 3, 233, 236,   2001年, 10.5511/plantbiotechnology.18.233
  • Algicidal effect of 3-(3-indolyl) butanoic acid, a control agent of the bacterial wilt pathogen, Ralstonia solanacearum, Crop Protection , 20, 935-939,   2001年
  • A monitoring system for green fluorescence protein gene-transformed Fusarium oxysporum in melon seedlings, J. Gen. Plant Pathol , 67, 273-280,   2001年
  • ホウレンソウ萎ちょう病菌に対するインドール類縁化合物の抑制機構とFusarium oxysporumの分化型間における抗菌活性の差異. , 関西病虫研報 , 42, 3-8,   2000年
  • ホウレンソウ萎ちょう病菌に対するインドール類縁化合物の抑制機構と┣DBFusarium(/)-┫DB ┣DBoxysporum(/)-┫DBの分化型間における抗菌活性の差異, 関西病虫研報, 42, 3, 8,   2000年
  • Efficient use of the green fluorescence protein gene for genetic marking of Fusarium oxysporum f. sp. spinaciae. , Bull. Inst. Compr. Agr. Sci. Kinki Univ., 6, 53, 56,   1998年
  • Application of different fluorochrome-labeled probes to simultaneous in situ hybridization detection of formae speciales of Fusarium oxysporum. , 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 大内 成志, Ann. Phytopathol. Soc. Japan, 62, 6, 576, 579,   1996年, 10.3186/jjphytopath.62.576
  • Spherical swelling of germ tubes and hyphae of Fusarium oxysporum by the treatment with 5-fluoroindole.     , 野々村 照雄, 豊田 秀吉, 反保 宏行, 松田 克礼, 松田 一彦, 道後 充恵, 大内 成志, Ann. Phytopathol. Soc. Japan, 62, 4, 414, 417,   1996年, 10.3186/jjphytopath.62.414
    概要:1996
  • Utilization of marker gene-integrated Fusarium oxysporum f. sp. fragariae for monitoring in planta., 反保 宏行, 豊田 秀吉, 野々村 照雄, 大内 成志, Ann. Phytopathol. Soc. Japan, 60, 2, 225, 227,   1994年, 10.3186/jjphytopath.60.225
    概要:1994

特許

  • 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, カゴメ株式会社, 大阪府, 特許第5599564号
  • 飛動生物除去装置及び植物保護装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, カゴメ株式会社, 特許第4771310号
  • Fungi preventing method, flying organism removing apparatus and plant protecting apparatus by adsorption of conidia using dielectric polarization, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, カゴメ株式会社, 大阪府, 特許US8,105,418B2
  • 静電場発生装置及びそれを用いた飛動生物除去方法, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, パナソニック環境エンジニアリング株式会社, カゴメ株式会社, 特許第5252449号
  • 飛動可能生物収集兼オゾン発生装置及び植物栽培装置, 豊田 秀吉, 松田 克礼, 野々村 照雄, 角谷 晃司, カゴメ株式会社, 特許第5216225号

競争的資金

  • 標識遺伝子による┣DBFusarium(/)-┫DB ┣DBoxysporum(/)-┫DBの形質転換とその挙動解析に関する研究