KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

金森 修一カナモリ シュウイチ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名准教授
学位博士(医学)
専門放射線治療・癌治療・緩和医療
ジャンル医療・健康/がん治療
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/771-kanamori-shuuichi.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/radio/
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    放射線治療を安全に効果的に行う研究をしています。特に乳癌・悪性リンパ腫の放射線治療および緩和医療における放射線治療の役割について、幅広く研究しています。

研究活動情報

研究分野

  • 内科系臨床医学, 放射線科学

研究キーワード

  • 放射線治療学

論文

  • 乳がん診療のストラテジー 〜初期治療としての放射線治療〜, 金森 修一、安積達也、菰池佳史, 臨床腫瘍プラクティス, 13, 2, 148, 151,   2017年05月, 査読有り
    概要:乳がんは女性のがんの最多疾患であり、初期治療では放射線治療の果たす役割が大きい。そこで初発時の乳がん診療における最新の放射線治療について分かりやすく概説した。
  • IMRTの放射線治療計画にPET/CTの使用の有無による咽頭腫瘍の予後, 松浦知弘、金森修一 他, 日本がん治療学会誌, 22, 1, 52, 58,   2017年02月, 査読有り
  • 放射線照射による白血球減少症に対するセファランチンRの臨床効果および有害事象の多施設後方視的共同研究, 金森 修一、平岡真寛、福原昇、大泉幸雄、檀上敦、中田健生、大脇和彦、西村恭昌, 癌と化学療法, 43, 9, 1075, 1079,   2016年10月, 査読有り
    概要:放射線治療による白血球減少症に対するセファランチンの 有効性・安全性の再評価を多施設共同研究として実施した。 白血球数は放射線治療により有意に減少し,セファランチン 投与により有意に回復した。後方視的研究ではあるが, セファランチンは放射線治療による白血球減少症に対して 安全で有意に効果的であることが確認された。
  • 咽頭腫瘍に対するPET/CTによる放射線治療計画, 松浦 知弘、西村 恭昌、金森 修一、他, Int J Clin Oncol., 22, 1, 52, 58,   2016年09月, 査読有り
    概要:PET/CT simulation was useful for delineating an accurate clinical target volume (CTV) of pharyngeal cancer, and its clinical results were satisfacto
  • [Clinical Efficacy of Cepharanthin(R)for Radiotherapy-Induced Leukopenia - A Nationwide, Multicenter, and Observational Study]., Kanamori S, Hiraoka M, Fukuhara N, Oizumi Y, Danjo A, Nakata K, Owaki K, Nishimura Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 43, 9, 1075, 1079,   2016年09月, 査読有り
  • 放射線最新治療とケア〜骨盤後方臓器〜, 中松清志、金森 修一, オンコロジーナース, 8, 2, 34, 41,   2014年11月, 査読有り
    概要:骨盤内臓器(特に子宮がん・直腸がん)の放射線治療について最近のトピックも含め概説した。
  • 放射線最新治療とケア〜骨盤前方臓器〜, 横川正樹、金森 修一, オンコロジーナース, 8, 2, 28, 33,   2014年11月, 査読有り
    概要:骨盤内臓器(特に前立腺がん・膀胱がん)に対する放射線治療について概説した。
  • 放射線最新治療とケア〜頭頚部〜, 石川一樹、金森 修一, オンコロジーナース, 8, 2, 8, 14,   2014年11月, 査読有り
    概要:頭頸部がんの放射線治療について概説した。
  • A prospective clinical trial of tumor hypoxia imaging with 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography and computed tomography (F-MISO PET/CT) before and during radiation therapy., Tachibana I, Nishimura Y, Shibata T, Kanamori S, Nakamatsu K, Koike R, Nishikawa T, Ishikawa K, Tamura M, Hosono M, Journal of radiation research, 54, 6, 1078, 1084,   2013年11月, 査読有り
  • 部位別にわかりやすく理解!放射線最新治療とケア, 金森 修一, オンコロジーナース, 8, 2, 7, 7,   2014年10月, 査読有り
    概要:臓器別に最新の放射線治療の内容と看護のポイントについて企画・特集し解説した。
  • 放射線治療と副作用対策, 金森 修一, がん患者ケア, 6, 1, 28, 33,   2012年09月
    概要:乳癌に対する放射線治療とその副作用対策について概説した。
  • [PMRT(post-mastectomy radiation therapy)]., Kanamori S, Tachibana I, Ishikawa K, Nishikawa T, Nishimura Y, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 70 Suppl 7, 543, 547,   2012年09月, 査読有り
  • 化学放射線療法 切除不能局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法の検討, 石川一樹, 小池竜太, 立花和泉, 西川龍之, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 癌の臨床, 57, 2, 71, 75,   2011年12月, 査読有り
    概要:2008年11月〜2010年8月に行った切除不能局所進行食道癌に対する術前根治的化学放射線療法(CRT)20例(男性19例、女性1例)の初期成績について報告した。放射線治療においては50Gy/25回が完遂でき、全治療期間は33〜44日(平均37日)、治療期間延長例はなかった。化学療法は18例(90%)において、FP療法2コースを完遂した。術前CRTによる一時効果は著効(CR)5例、有効(PR)13例、SD1例、進行(PD)1例であった。
  • Randomized clinical trial of postoperative strontium-90 radiation therapy for pterygia: treatment using 30 Gy/3 fractions vs. 40 Gy/4 fractions., Nakamatsu K, Nishimura Y, Kanamori S, Koike R, Tachibana I, Nishikawa T, Shibata T, Strahlentherapie und Onkologie : Organ der Deutschen Rontgengesellschaft ... [et al], 187, 7, 401, 405,   2011年07月, 査読有り
  • 高精度治療および短期照射治療に伴う有害事象 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)近畿大学での経験, 西村恭昌, 柴田徹, 中松清志, 金森修一, 小池竜太, 西川龍之, 立花和泉, 石川一樹 , 臨床放射線, 56, 8, 943, 949,   2011年08月, 査読有り
  • Definitive radiation therapy for moderately advanced laryngeal cancer: effects of accelerated hyperfractionation., Okubo M, Nishimura Y, Shibata T, Nakamatsu K, Kanamori S, Tachibana I, Koike R, Nishikawa T, Mori K, Japanese journal of clinical oncology, 40, 10, 944, 948,   2010年10月, 査読有り
  • Radiation treatment planning using positron emission and computed tomography for lung and pharyngeal cancers: a multiple-threshold method for [(18)F]fluoro-2-deoxyglucose activity., Okubo M, Nishimura Y, Nakamatsu K, Okumura M, Shibata T, Kanamori S, Hanaoka K, Hosono M, International journal of radiation oncology, biology, physics, 77, 2, 350, 356,   2010年06月, 査読有り
  • A two-step intensity-modulated radiation therapy method for nasopharyngeal cancer: the Kinki University experience., Nishimura Y, Shibata T, Nakamatsu K, Kanamori S, Koike R, Okubo M, Nishikawa T, Tachibana I, Tamura M, Okumura M, Japanese journal of clinical oncology, 40, 2, 130, 138,   2010年02月, 査読有り
  • Static and moving phantom studies for radiation treatment planning in a positron emission tomography and computed tomography (PET/CT) system., Okubo M, Nishimura Y, Nakamatsu K, Okumura M, Shibata T, Kanamori S, Hanaoka K, Hosono M, Annals of nuclear medicine, 22, 7, 579, 586,   2008年08月, 査読有り
  • Stage Ⅲ乳癌の温存乳房に対する放射線治療, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 廣井 啓二, 柴田 徹, 西村 恭昌, 臨床放射線, 53, 3, 442, 448,   2008年05月
    概要:腋窩リンパ節転移が高度な乳房温存症例に対する放射線絵治療について当院の治療成績を分析し、文献的考察を行った。
  • Treatment outcomes and dose-volume histogram analysis of simultaneous integrated boost method for malignant gliomas using intensity-modulated radiotherapy., Nakamatsu K, Suzuki M, Nishimura Y, Kanamori S, Koike R, Shibata T, Shintani N, Okumura M, Okajima K, Akai F, International journal of clinical oncology / Japan Society of Clinical Oncology, 13, 1, 48, 53,   2008年02月, 査読有り
  • Concurrent chemoradiotherapy for esophageal cancer with malignant fistula., Koike R, Nishimura Y, Nakamatsu K, Kanamori S, Shibata T, International journal of radiation oncology, biology, physics, 70, 5, 1418, 1422,   2008年04月, 査読有り
  • Analysis of interfractional set-up errors and intrafractional organ motions during IMRT for head and neck tumors to define an appropriate planning target volume (PTV)- and planning organs at risk volume (PRV)-margins., Suzuki M, Nishimura Y, Nakamatsu K, Okumura M, Hashiba H, Koike R, Kanamori S, Shibata T, Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 78, 3, 283, 290,   2006年03月, 査読有り
  • Importance of the initial volume of parotid glands in xerostomia for patients with head and neck cancers treated with IMRT., Nishimura Y, Nakamatsu K, Shibata T, Kanamori S, Koike R, Okumura M, Suzuki M, Japanese journal of clinical oncology, 35, 7, 375, 379,   2005年07月, 査読有り
  • Are there dose-rate effects on cell killing following irradiation by intensity modulated radiotherapy (IMRT)?, 鈴木 実, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, Austral-Asian J Cancer, 4, 3, 151, 154,   2005年
    概要:IMRTの照射では多門照射となり1回の照射に時間がかかるが、線量率効果がみられるかを腫瘍細胞をもちいて検討した。5-10Gyまでの線量では線量率効果は見られなかった。(英文原著)
  • Comparison of outcomes between overlapping structure-based and non-overlapping structure-based optimization for simultaneous integrated boost IMRT for malignant gliomas., Suzuki M, Nakamatsu K, Kanamori S, Okajima K, Okumura M, Nishimura Y, International journal of clinical oncology / Japan Society of Clinical Oncology, 9, 6, 491, 497,   2004年12月, 査読有り
  • Erythropoietin/erythropoietin-receptor system as an angiogenic factor in chemically induced murine hepatic tumors., Nakamatsu K, Nishimura Y, Suzuki M, Kanamori S, Maenishi O, Yasuda Y, International journal of clinical oncology, 9, 3, 184, 188,   2004年06月, 査読有り
  • Erythropoietin/Erythropoietin-receptor system as an angiogenic factor, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, 前西 修, International Journal of Clinical Oncology, 9, 3, 184, 188,   2004年02月
    概要:学物質誘発ラット肝癌モデルにおいて、腫瘍内Epo濃度と腫瘍血管密度が相関し、腫瘍血管内皮にEpo-Rが存在した。Epoは肝腫瘍における腫瘍血管新生因子のひとつと考えられた。
  • Effects of inhomogeneity correction algorithms on monitor units calculation: analysis of clinical cases of lung cancer., 鈴木 実, 西村 恭昌, 奥村 雅彦, 中松 清志, 金森 修一, J Jpn Soc Ther Radiol Oncol, 15, 271, 275,   2003年
    概要:肺癌症例に対する放射線治療において不均質部補正アルゴリズムを用いると、補正しない場合に比較して数%線量低下となる。(英文原著)
  • Phase I study of weekly docetaxel infusion and concurrent radiation therapy for head and neck cancer., 鈴木 実, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 森 一功, Kawamoto M, Jpn J Clin Oncol, 33, 6, 297, 301,   2003年06月, 査読有り
    概要:頭頸部腫瘍に対するドセタキセルと放射線の同時併用療法の第I相試験を行った。推奨投与量はドセタキセル15mg/m2/weekを6回投与となった。(英文原著)
  • Additive effects of radiation and docetaxel on murine SCCVII tumors in vivo: special reference to changes in the cell cycle., Suzuki M, Nakamatsu K, Kanamori S, Masunaga S, Nishimura Y, Radiation research, 159, 6, 799, 804,   2003年06月, 査読有り
    概要:マウスSCCVII腫瘍をもちいて、細胞周期の変化に注目して放射線とドセタキセルの併用効果を検討した。ドセタキセル投与24時間でG2/Mブロックは観察され、それらの細胞はそのまま死滅していった。放射線との併用効果は相加的であった。(英文原著)
  • Concurrent chemoradiotherapy with protracted infusion of 5-FU and cisplatin for postoperative recurrent or residual esophageal cancer., 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, 重岡 宏典, 塩﨑 均, Jpn J Clin Oncol, 33, 7, 341, 345,   2003年07月, 査読有り
    概要:術後再発あるいは術後残存食道癌に対してシスプラチン、5FU同時化学放射線療法を行った臨床成績をまとめた。術後再発例にも化学放射線療法は有効である。(英文原著)
  • Feasibility study of the simultaneous integrated boost (SIB) method for malignant gliomas using intensity modulated radiotherapy (IMRT)., 鈴木 実, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 奥村 雅彦, 赤井 文治, 内山 卓也, Jpn J Clin Oncol, 33, 6, 271, 277,   2003年06月, 査読有り
    概要:悪性神経膠腫に対して強度変調放射線療法を用いた同時統合ブースト法の臨床試験を行なった。同時統合ブースト法で70Gy/28回/5.5週の照射は合併症なく実施可能であった。(英文原著)
  • Impact of neoadjuvant chemotherapy on Ki-67 and PCNA labeling indices for esophageal squamous cell carcinomas., Horii N, 西村 恭昌, 金森 修一, Okuno Y, Hiraoka M, Shimada Y, Imamura M., Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys., 49, 527, 532,   2001年
    概要:食道扁平上皮癌の治療前生検組織と手術標本においてKi-67 およびPCNA標識率を見当した。Cisplatinによる導入化学療法は、Ki-67 およびPCNA標識率を低下させ放射線抵抗性の休止期細胞の分画が増えることを明らかにした。(英文原著)
  • The effects of KNK437, a novel inhibitor of heat shock protein synthesis, on the acquisition of thermotolerance in a murine transplantable tumor in vivo., Koishi M, 西村 恭昌, 金森 修一, Yokota S, Mae T, Horii N, Shibuya K, Sasai K, Hiraoka M., Clin Cancer Res, 7, 215, 219,   2001年
    概要:新たに合成された熱ショック蛋白合成の阻害剤KNK437が、マウス腫瘍モデルにおいて熱ショック蛋白合成を抑制し、温熱耐性獲得を阻害することを明らかにした。(英文原著)
  • 多分割照射法にて長期生存が得られた術後局所再発癌の一例, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 原 聡, 鈴木 実, 肺癌の臨床, 4, 123, 125,   2001年
    概要:非小細胞癌手術後再発例に対する放射線単独多分割照射によって良好な局所制御が得られ、長期生存に結びついている
  • Prospective trial of concurrent chemoradiotherapy with protracted infusion of 5-fluorouracil and cisplatin for T4 esophageal cancer with or without fistula., 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 栁生 行伸, 重岡 宏典, Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys., 53, 1, 134, 139,   2002年05月, 査読有り
    概要:瘻孔を有するあるいは有しないT4食道癌28例に対して、5FU,シスプラチン少量持続化学放射線療法の前向き臨床試験を行った。III期の2年生存率は27%であった。T4食道癌に対して、5FU,シスプラチン少量持続化学放射線療法は比較的安全に行え、効果的である。(英文原著)
  • Preliminary clinical results of locoregional hyperthermia for primary and secondary bone tumors., Zhu JL, 西村 恭昌, 金森 修一, 永田靖,光森通英,奥野芳茂,堀井直敏,増永慎一郎,平岡真寛, Jpn. J. Hyperthermic Oncol, 16, 17, 26,   2000年
    概要:原発性および転移性骨腫瘍に対する局所温熱療法の温度上昇および治療効果を検討した。腫瘍平均温度は41.6℃で、1年生存率60%、疼痛緩和率64%であった。(英文原著)
  • Combined effects of tirapazamine and mild hyperthermia on anti-angiogenic agent (TNP-470) treated tumors; reference to the effect on intratumor quiescent cells., Masunaga S, 西村 恭昌, 金森 修一, Ono K, Saga T, Suzuki M, Kinashi Y, Takagaki M, Kasai S, Nagasawa H, Uto Y, Hori H., Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys., 47, 799, 807,   2000年
    概要:血管新生阻害剤(TNP-470)、低酸素細胞障害剤(tirapazamine)、温熱の併用効果を、マウスSCCVII腫瘍を用いて検討した。TNP-470投与によって、腫瘍内の低酸素細胞分画や、休止期細胞分画は上昇する傾向にあったが、tirapazamineや温熱によって、その治療効果は向上した。(英文原著)
  • 温熱療法、最近の進歩, 平岡真寛, 西村 恭昌, 金森 修一, 金森修一,堀井直敏,奥野芳茂,光森通英,永田靖,渋谷景子,笹井啓資,小石元紹, 癌の臨床, 46, 3, 306, 308,   2000年
    概要:温熱耐性阻害、血管新生阻害などによる温熱効果増感の最近の進歩について解説した
  • Analysis of the clinical benefit of intraoperative radiotherapy in patients undergoing macroscopically curative resection for pancreatic cancer, Kokubo M, 西村 恭昌, 金森 修一, Shibamoto Y, Sasai K, Hosotani R, Imamura M, Hiraoka M., Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys., 48, 1081, 1087,   2000年
    概要:肉眼的治癒切除の行えた膵癌138例の治療成績を分析し、術中照射の意義を検討した。病理学的膵断端陽性例では生存率が向上する傾向が見られた。(英文原著)
  • Evaluation of intraoperative radiation therapy for unresectable pancreatic cancer with FDG PET., Higashi T, Sakahara H, Torizuka T, Nakamoto Y, Kanamori S, Hiraoka M, Imamura M, Nishimura Y, Tamaki N, Konishi J, Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine, 40, 1424, 1433,   1999年09月, 査読有り
  • Induction of vascular endothelial growth factor (VEGF) by hyperthermia and/or an angiogenesis inhibitor., Kanamori S, Nishimura Y, Okuno Y, Horii N, Saga T, Hiraoka M, International journal of hyperthermia : the official journal of European Society for Hyperthermic Oncology, North American Hyperthermia Group, 15, 267, 278,   1999年07月, 査読有り
  • Clinical results of transcatheter arterial infusion for uterine cervical cancer., Nagata Y, Okajima K, Kokubo M, Kanamori S, Fujiwara K, Mizowaki T, Sasai K, Hiraoka M, Kataoka N, Konishi I, American journal of clinical oncology, 22, 97, 102,   1999年02月, 査読有り
  • External and intraoperative radiotherapy for resectable and unresectable pancreatic cancer: analysis of survival rates and complications., Nishimura Y, Hosotani R, Shibamoto Y, Kokubo M, Kanamori S, Sasai K, Hiraoka M, Ohshio G, Imamura M, Takahashi M, Abe M, International journal of radiation oncology, biology, physics, 39, 39, 49,   1997年08月, 査読有り
  • Clinical results of radiofrequency hyperthermia for malignant liver tumors., Nagata Y, Hiraoka M, Nishimura Y, Masunaga S, Mitumori M, Okuno Y, Fujishiro M, Kanamori S, Horii N, Akuta K, Sasai K, Abe M, Fukuda Y, International journal of radiation oncology, biology, physics, 38, 359, 365,   1997年05月, 査読有り
  • 悪性肝腫瘍に対する温熱治療, 永田靖、金森 修一, 38, 2, 359, 365,   1997年, 査読有り
  • CT changes following IORT for unresectable pancreatic cancer., Kanamori S, Nishimura Y, Kokubo M, Hiraoka M, Abe M, Frontiers of radiation therapy and oncology, 31, 189, 192,   1997年, 査読有り
  • IORT for pancreatic cancer: the Kyoto University experience., Nishimura Y, Shibamoto Y, Hosotani R, Ohshio G, Kokubo M, Kanamori S, Sasai K, Hiraoka M, Imamura M, Abe M, Frontiers of radiation therapy and oncology, 31, 184, 188,   1997年, 査読有り
  • Dose-volume histogram analysis of external-beam irradiation combined with IORT for unresectable pancreatic cancer., Kokubo M, Nishimura Y, Nagata Y, Mizowaki T, Yamamoto M, Kanamori S, Katakura Y, Hiraoka M, Abe M, Frontiers of radiation therapy and oncology, 31, 177, 180,   1997年, 査読有り
  • ルーチンX線注腸検査における大腸癌見逃し例の検討, 金森修一、服部直也、木村一秀、浜中大三郎, 関西電力病院医学雑誌, 26, 1, 25, 30,   1994年06月, 査読有り

書籍等出版物

  • Thermotherapy for neoplasia, inflamation, and pain. Ed. by Kosaka M, Sugahara T, Schmidt KL, Simon E, Current status of clinical hyperthermic oncology in Japan., Hiraoka M, 西村 恭昌, 金森 修一, Mitsumori M, Nagata Y, Horii N, Kimura H, Okumura S, Okuno Y, Koishi M, Masunaga S, Akuta K, 共著, Springer-Verlag (Tokyo),   2000年
    概要:日本における温熱療法の現状について京都大学医学部放射線科での経験を中心に総説的にまとめた。(英文)
  • 乳癌(第二版) -基礎と臨床の最新研究動向-, PMRT (post-mastectomy radiation therapy), 金森 修一, 立花 和泉, 石川 一樹, 西川 龍之, 西村 恭昌, 共著, 日本臨牀,   2012年09月
    概要:日本と世界の局所進行乳癌の乳房切除術後の放射線治療について、その動向と実際についてまとめた。

講演・口頭発表等

  • 放射線治療の急性障害対策 〜白血球減少症に対するセファランチンの効果〜, 金森修一、稲田正浩、 福田浩平、建部仁志、石川一樹、中松清志、立花和泉、横川正樹、西村恭昌, 第76回近畿大学医学会総会,   2017年07月19日, 近畿大学医学会
    概要:第76回近畿大学 医学会総会において放射線治療による白血球減少症に対するセファランチンの効果を発表した。このデータは多施設臨床試験であり、近畿大学の倫理委員会に承認され、施行している。さらにSDVも併用し近年の倫理規範を考慮した厳格な分析・評価によるものである。
  • 初発乳癌患者における併存疾患の現状, 新崎 亘、東 千尋、金泉 博文、久保田 倫代、濱田 未佳、 藤島 成、安積 達也、橋本 幸彦、乾 浩己、北條 敏也、 大和 宗久、金森 修一、菰池 佳史, 第25回日本乳癌学会,   2017年07月15日, 日本乳癌学会
    概要:近年、高齢化に伴い併存疾患を有する患者の増加が見込まれる。乳癌は、早期症例においても手術、薬物療法、放射線療法などの集学的治療が必要であることから、これらの乳癌治療が併存疾患に影響を与える場合や、併存疾患が乳癌治療に影響を与える場合がある。今回当院での乳癌患者の併存疾患の現状について検討した。
  • 活動性の間質性肺炎を持つ異時性両側性乳癌に対する 乳房温存療法, 金森 修一、石川 一樹、西川 龍之、菰池 佳史、安積 達也、 新崎 亘、濱田 未佳、北條 敏也、乾 浩己、橋本 幸彦、 久保田 倫代, 第25回日本乳癌学会,   2017年07月14日, 日本乳癌学会
    概要:乳房温存療法では乳房への放射線治療による遅発性合併症として肺障害が問題となる。そのため重篤な間質性肺炎症例に対する乳房への放射線治療は高頻度の肺障害誘発の危惧から推奨し難いと考えられる。しかし、局所進行乳癌では肺障害を考慮しても局所照射を施行する意義があるかもしれない。実際に放射線治療の局所制御効果を示唆する症例を経験し、その経過を報告した。
  • ER 陽性乳癌に対する術前化学療法の意義について, 橋本 幸彦、東 千尋、金泉 博文、濱田 未佳、新崎 亘、 安積 達也、乾 浩己、北條 敏也、大和 宗久、酒井 瞳、 岩朝 勤、鶴谷 純司、金森 修一、菰池 佳史, 第25回日本乳癌学会,   2017年07月13日, 日本乳癌学会
    概要:ER陽性乳癌に対する術前化学療法は、pCR率が低い、pCRと予後の相関が不明である、過剰治療となる可能性がある、などの理由からその意義については論争的である。ER陽性乳癌66例に対する術前化学療法の成績を検討した。ER陽性乳癌に対する術前化学療法は、pCR率は低いものの、遠隔成績は良好であった。また、ER陰性乳癌と同等の臨床効果を示し、乳房温存率の向上につながった。ER陽性乳癌においても、術前化学療法は有用であり、術後化学療法のcandidateとなる症例においては有効な治療オプションであると考えられた。
  • 乳癌死亡17症例における、医師の予後予測と臨床経過について の検討, 菰池 佳史、松岡 梓、東 千尋、金泉 博文、濱田 未佳、 新崎 亘、安積 達也、橋本 幸彦、乾 浩己、北條 敏也、 大和 宗久、酒井 瞳、岩朝 勤、鶴谷 純司、金森 修一, 第25回日本乳癌学会,   2017年07月14日, 日本乳癌学会
    概要:乳癌再発治療においては、Advance Care Planning(ACP)が重要とされているが、その際患者の予後を正確に把握することやうまく伝えることは重要かつ困難な問題である。乳癌死亡症例17 例の診療録記載から、医師の予後予測の実態について検討した。
  • 乳癌術前化学療法non-pCR症例における治療成績, 安積 達也、東 千尋、金泉 博文、久保田 倫代、濱田 未佳、 藤島 成、新崎 亘、酒井 瞳、岩朝 勤、鶴谷 純司、橋本 幸彦、 乾 浩己、北條 敏也、大和 宗久、金森 修一、菰池 佳史, 第25回日本乳癌学会,   2017年07月14日, 日本乳癌学会
    概要:手術可能な浸潤性乳癌に対する術前化学療法は、術後化学療法と同等の生存率が得られることや、病理学的完全奏功(pCR)が得られた症例は予後が良好であることが示されているが、病理学的不完全奏功(non-pCR)の病態生理については不明な点が多い。今回当院で施行した術前化学療法症例より、nonpCRの治療成績およびnon-pCRの予後因子について検討を行った。
  • 前立腺小線源療法後1年以内死亡の3例, 横川正樹, 中松清志, 稲田正浩, 福田浩平, 建部仁志, 石川一樹, 立花和泉, 門前一, 金森修一, 西村恭昌, 細野眞, Japanese Journal of Radiology,   2017年02月
  • 肺転移を疑われた多発肺腫瘤の経過, 金森 修一、石川 一樹、西川 龍之、吉田 健史、西村 恭昌, 第57回日本肺癌学会,   2016年12月21日
  • 放射線治療による白血球減少症に対するセファランチンの多施設共同再評価, 金森 修一、他。, 第29回日本放射線腫瘍学会,   2016年11月26日
  • 前立腺癌密封小線源永久挿入療法における連結型シード線源使用の初期経験, 稲田正浩、横川正樹、中松清志、福田浩平、建部仁志、石川一樹、金森修一、西村恭昌, 第29回日本放射線腫瘍学学術集会,   2016年11月25日
  • Pharyngeal Constrictor Muscle (PCM) Sparing and Dysphagia Toxicity in the Treatment of IMRT for NPC., 石川 一樹、金森 修一、他。, 第58回米国放射線腫瘍学会学術集会,   2016年09月25日
  • 食道がんの放射線治療後の心筋のFDG集積の変動。, 稲田 正浩、金森 修一、他。, 第58回米国放射線腫瘍学会学術集会,   2016年09月25日
  • 難治性胸膜肺芽腫に対して放射線療法を施行した一例, 稲田正浩、福田浩平、建部仁志、石川一樹、立花和泉、横川正樹、中松清志、金森修一、西村恭昌, 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会,   2016年07月05日
  • セファランチンの放射線治療における白血球減少に対する効果, 金森 修一、他。, 第75回日本医学放射線学会総会,   2016年04月15日
  • 再発胸膜肺芽腫に対する放射線治療後の経過, 稲田正浩、福田浩平、建部仁志、石川一樹、立花和泉、横川正樹、金森 修一、西村恭昌, 第28回日本放射線腫瘍学会,   2015年11月20日
  • 自然退縮した多発肺腫瘍/肺転移の一例, 金森 修一、稲田正浩、石川一樹、立花和泉、建部仁志、門前一、横川正樹、西村恭昌, 第28回日本放射線腫瘍学会,   2015年11月19日
    概要:多発肺腫瘍の経時的変化を提示した。
  • F-MISO PET/CT による放射線治療の初期反応のF-MISO PET/CT の評価判定, 立花和泉、細野眞、稲田正浩、福田浩平、建部仁志、石川一樹、横川正樹、金森修一、西村恭昌, 第57回米国放射線腫瘍学会総会,   2015年10月18日
  • 乳房温存療法後の長期経過観察から明らかになった経時的変化, 金森 修一、立花和泉、石川一樹、建部仁志、稲田正浩、西村恭昌, 第3回日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会,   2015年09月04日
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 建部仁志、石川一樹、横川正樹、稲田正浩、福田浩平、松浦知弘、立花和泉、金森 修一、西村恭昌, 第39回日本頭頸部癌学会,   2015年06月04日
  • 放射線治療後の食道癌における心筋機能の FDG-PET/CT による評価, 稲田正浩、花岡浩平、石川一樹、福田浩平、建部仁志、立花和泉、横川正樹、金森 修一、西村恭昌, 第15回放射線腫瘍学国際会議,   2015年05月25日
  • F-MISOによる放射線治療中の低酸素領域の画像変化, 立花和泉、金森修一 他。, 第15回放射線腫瘍学国際会議,   2015年05月25日
  • 切除不能食道癌に対する化学放射線療法, 石川一樹、稲田正浩、福田浩平、建部仁志、立花和泉、横川正樹、金森修一、西村恭昌, 第15回放射線腫瘍学国際会議,   2015年05月25日
  • 乳癌の脳転移に対する定位照射線治療, 金森 修一、西川龍之、大久保充、石川一樹、立花和泉、建部仁志、稲田正浩、福田浩平、横川正樹、中松清志、西村恭昌, 第15回放射線腫瘍学国際会議,   2015年05月25日
  • 局所進行膵癌に対する化学放射線治療, 立花和泉、石川一樹、横川正樹、稲田正浩、金森 修一、西村恭昌, 第39回京都放射線腫瘍研究会,   2015年03月28日
    概要:近畿大学医学部附属病院における局所進行膵癌の化学放射線療法の治療成績を報告した。
  • 関西の放射線治療施設の新人育成〜第126回関西Cancer Therapist の会より〜, 金森 修一、小西 浩司, 第27回日本放射線腫瘍学会 学術大会,   2014年12月12日
  • Texture analysis of intratumoral hypoxia on FMISO PET/CT in radiation therapy., 細野 眞、立花 和泉、西村 恭昌、金森 修一、他。, 欧州核医学会,   2014年10月18日
  • 骨梁間型骨転移の治療効果による画像上の変化と特徴, 金森 修一、立花和泉、石川一樹、松浦知弘、建部仁志、西村恭昌, 第15回乳癌最新情報カンファランス,   2014年08月08日
  • 転移性脳腫瘍に対する定位手術的照射, 金森 修一、石川一樹、立花和泉、西村恭昌, 第22回日本乳癌学会学術総会,   2014年07月11日
  • 再発上咽頭癌に対する治療成績, 石川一樹、金森 修一, 第307回 日本医学放射線学会 関西地方会,   2014年06月21日
  • 若手放射線治療医の育成-「関西の主要放射線治療施設の実態調査」, 金森 修一、小西 浩司, 第126回 関西Cancer Therapistの会,   2014年06月04日
  • T4食道がんに対する根治的化学放射線治療の治療成績, 石川一樹、金森 修一, 第73回日本医学放射線学会 総会,   2014年04月10日
  • 乳癌転移性脳腫瘍に対するSRSの治療効果, 金森 修一, 建部 仁志, 松浦 知弘, 石川 一樹, 立花 和泉, 横川 正樹, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2014年03月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:当院における乳癌からの転移性能腫瘍に対するSRSの治療成績について報告した。
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療成績, 立花 和泉、金森 修一, 第305回日本医学放射線学会関西地方会,   2013年11月02日
  • SCLCに対するPCI, 金森 修一, 建部 仁志, 松浦 知弘, 石川 一樹, 立花 和泉, 横川 正樹, 西川 龍之, 小池 竜太, 西村 恭昌, 近畿大学 医学部 研修医, 京都放射線腫瘍研究会,   2013年10月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:小細胞肺癌ので初期治療著高齢に対して予防的全脳照射(PCI)により脳転移が減少する。実臨床でPCIに際して苦慮した症例について報告した。
  • マントル細胞リンパ腫(MCL)に対する姑息的照射, 金森 修一, 立花 和泉, 石川 一樹, 建部 仁志, 横川 正樹, 松浦 知弘, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会,   2013年10月, 日本放射線腫瘍学会
    概要:マントル細胞リンパ腫は稀な特殊なタイプのリンパ腫である。放射線感受性も高く、著効するが、増殖速度が著しく早いため治療難渋することが多い。非常に稀なMCLの放射線治療著高齢について報告した。
  • 乳房温存療法における術創と術後照射範囲の関係, 金森 修一, 立花 和泉, 石川 一樹, 建部 仁志, 小池竜太, 西村 恭昌, 日本乳癌オンコプラスティックサージェリー学会,   2013年09月, 日本乳癌オンコプラスティックサージェリー学会
    概要:第1回乳癌オンコプラスティックサージェリー学会で放射線治療がオンコプラスティックに影響することを報告した。
  • 3期非小細胞肺癌の治療前FDG PET/CT所見と化学放射線療法後の再発部位との関係, 西川 龍之, 立花 和泉, 横川 正樹, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 第15回癌治療増感研究シンポジウム,   2013年02月, 第15回癌治療増感研究シンポジウム
    概要:【目的】治療前PET/CTを行った3期非小細胞肺癌に化学放射線療法を行い、再発部位を検討した。【対象と方法】2006年から2011年に根治的化学放射線療法を行い、PET/CTによる治療前評価が行われ、治療終了後4か月以上、評価の行われた49例を検討した。男性42例、女性7例、年齢は33~81歳(中央値66歳)、3A期32例、3B期17例であった。扁平上皮癌33例、腺癌15例、他の非小細胞肺癌1例であった。観察期間は4~63か月(中央値21か月)であった。放射線治療は予防的リンパ節領域を含む照射を47例、予防領域を含まない照射を2例で行った。処方線量は54Gy1例、60Gy48例であった。【結果】経過観察中の無再発例17例、局所領域のみの再発11例、遠隔転移17例、重複4例であった。無再発例のSUVmaxは5.2~27、中央値12.3、再発・遠隔転移例で5.3~21.7、同11.8で有意差はなかった。局所領域再発15例で治療前PET/CTで集積のない部位からの再発例はなかった。【結論】局所領域再発(31%)はFDG集積部位のみからであり、FDG
  • 乳房温存療法後の乳房術創に対する放射線治療の影響, 金森 修一, 立花 和泉, 石川 一樹, 西川 龍之, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本創傷治癒学会,   2012年12月, 日本創傷治癒学会
    概要:乳房温存療法後の術創の治癒過程に放射線治療は大きく貢献し、術創の肥厚性瘢痕の発生を抑制している。そのデータを実症例を含め発表した。
  • 乳房温存療法における放射線治療が創傷治癒のQOLに果たす役割, 金森 修一, 石川 一樹, 立花 和泉, 西川 龍之, 藤島 成, 安積 達也, 塩﨑 均, 綿谷 正弘, 大和 宗久, 西村 恭昌, 日本乳癌学会,   2012年06月, 日本乳癌学会
    概要:乳房温存療法では一般に術創の肥厚性瘢痕を見ることは極めて稀である。それは術後照射により照射野内の術創の肥厚性瘢痕が抑制された結果であると考えている。照射野内外におよぶ長い術創を長期経過観察した結果、照射野と肥厚性瘢痕の関係が明らかにされた。照射野外の術創には肥厚性瘢痕を生じており、疼痛掻痒感などのため処置が必要であり、術後照射はQOLの低下も未然に防いでいる可能性がある。
  • 近畿大学における乳癌に対する治療方針, 金森 修一, 西川 龍之, 立花 和泉, 中松 清志, 石川 一樹, 小池 竜太, 松浦 知弘, 西村 恭昌, 藤島 成, 安積 達也, 橋本 幸彦, 塩﨑 均, 鶴谷 純司, 京都放射線腫瘍研究会,   2012年03月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:近畿大学における乳癌に対する乳腺外科・腫瘍内科・放射線治療科の取り組みと最新の治療方針について報告した。
  • がん放射線療法の代表的な有害事象, 金森 修一, 近畿大学医学部附属病院がんセンター,   2012年01月, 近畿大学医学部附属病院がんセンター
    概要:放射線治療に関わるスタッフに対して、放射線治療の意義とその合併症を解説した。 がんセンターの第一回がん放射線療法研修の一環として開催された。
  • 分子標的薬と放射線治療の併用~関西の放射線治療医の意識調査~, 金森 修一, 兵庫県立がんセンター 放射線科, 日本放射線腫瘍学会,   2011年11月, 日本放射線腫瘍学会
    概要:分子標的薬と放射線治療を併用する事の有用性と注意すべきリスクについて報告した。
  • 乳癌脳転移に対する定位放射線治療の初期治療成績, 金森 修一, 西川 龍之, 立花 和泉, 廣井 啓二, 石川 一樹, 小池 竜太, 中松 清志, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会,   2011年11月, 日本放射線腫瘍学会
    概要:乳癌脳転移に対する定位放射線治療の初期治療成績を報告した。PMRTなど局所の初期治療を強力に施行した症例には脳転移単独の遠隔転移を認めた。
  • Ⅲ期非小細胞肺癌に対する化学放射線療法の成績, 西川 龍之, 中松 清志, 立花 和泉, 石川 一樹, 小池 竜太, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2011年09月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:<目的>Ⅲ期非小細胞肺癌に対する化学放射線療法について検討した。 <対象>対象は2006年9月から2011年3月までに照射した59例である。 年齢は33-84歳(中央値65歳)、男性50例、女性9例であった。 放射線治療終了後観察期間は0-64か月(中央値15か月)である。 組織型は扁平上皮癌が31例、腺癌が25例、非小細胞肺癌が1例、大細胞癌が2例であった。病期はstage ⅢAが32例、stage ⅢBが27例であった。 <治療>処方線量は60Gy/30Frが52例、54Gy/30Fr/BIDが3例、66Gy/33Frが1例、38Gy/19Frが1例、39Gy/16Frが1例、10Gy/5Frが1例であった。 放射線治療は56例で完遂した。併用された化学療法はCDDP+VNRが24例、CBDCA+PTXが12例、S-1が9例、CDDP+S1が8例、CDDP+VNR+DE766が5例、ゲフィニチブが1例であった。同時化学放射線療法が56例で行われた。 <結果>全症例の生存中央値は33.0か月であった。有害事象として、CTCAE ver3におけるG4の肺障害が1例、G5の肺障害が4例、G5の腎障害が1例で見られた。 <考察>治療
  • 乳房温存術後の放射線治療中に急性骨髄性白血病が判明した症例, 立花 和泉, 金森 修一, 西村 恭昌, 石川 一樹, 西川 龍之, 第19回 日本乳癌学会学術総会,   2011年09月, 第19回 日本乳癌学会学術総会
    概要:症例:2007年11月右乳癌(T2 N0 M0)で乳房円状部分切除術およびセンチネルリンパ節生検を施行。術後補助療法としてAC 4コース後に2008年 月から放射線治療50Gy施行。経過観察中の2009年11月に自己にて左乳房に腫瘤を触知し、左乳癌(T1 N0 M0)と診断され乳房円状部分切除術とセンチネルリンパ節生検を施行。TC 6コース後、TAM併用で2010年5月から放射線治療を開始した。 放射線治療中の採血で白血球低値が継続した為、白血球減少予防薬を使用するもG4の好中球減少を認めた。G-CSFを投与したところ、末梢血に成熟傾向を認めない異型な芽球が11%出現し白血病が疑われた。 骨髄生検で白血病細胞を51.6%認め、治療関連性急性骨髄性白血病が疑われた。放射線治療は50Gyで終了し化学療法と骨髄移植が施行された。 結語:乳癌化学放射線治療後に著名な白血球減少をきたし、二次性白血病が疑われた一例について報告した。
  • 乳房温存療法において放射線治療が創傷治癒に果たす役割, 金森 修一, 立花 和泉, 西川 龍之, 廣井 啓二, 中松 清志, 小池 竜太, 柴田 徹, 大和宗久, 綿谷 正弘, 塩﨑 均, 西村 恭昌, 乳癌最新情報カンファレンス,   2011年08月, 乳癌最新情報カンファレンス
    概要:乳房温存術後の術創治癒において放射線治療が創傷の肥厚性瘢痕やケロイドの防止となりうる新たな知見を報告した。
  • 放射線治療と分子標的薬剤についての意識調査, 金森 修一, 関西CancerTherapistの会,   2011年06月, 関西CancerTherapistの会
    概要:放射線治療と分子標的薬剤の併用による最新治療とその注意点について概説した。
  • 血管新生阻害剤が投与された患者に対する外部照射の経験, 西川 龍之, 立花 和泉, 石川 一樹, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会関西地方会,   2011年02月, 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:【目的】血管新生阻害剤投与例への放射線治療症例について分析した。 【対象】19症例24部位について検討した。全例が症状緩和が目的の治療。肝臓癌8例 腎臓癌7例 肝細胞癌・腎細胞癌の2重癌1例、結腸癌3例。 【方法】16部位にCTを使用し、8部位にはX線による治療計画をおこなった。非対向2門あるいは多門照射が12部位、対向2門照射が11部位 、1門照射が1部位。 【結果】食道炎G1が1例、G2が1例に生じた。下血と貧血を伴う大腸炎G3が1例にみられたが、経過観察で回復した。生命予後に影響を及ぼす有害事象は見られなかった。 【結語】血管新生阻害剤使用例に放射線治療を行う場合、合併症の頻度が高くなる可能性がある。また、リスク臓器の線量を軽減する三次元照射法が必要と考えられる。
  • A Prospective Clinical Trial of Tumor Hypoxia Imaging with 18F-misonidazole (F-MISO) Positron Emission Tomography (PET), 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 石川 一樹, 細野 眞, American Society for Radiation Oncology 53rd Annual Meeting,   2011年, American Society for Radiation Oncology 53rd Annual Meeting
    概要:Purpose:PET with 18F-misonidazole (F-MISO) is a non-invasive method of depicting tumor hypoxia. Result: Mean ± SD of SUVmax of the normal muscles was 1.26 ± 0.17. Based on these data, accumulation of F-MISO above a value of mean + 2SD (1.60 SUV) was regarded as indicating a hypoxic area. Except in one patient with postoperative recurrent uterine body cancer, the remaining five tumors showed a decrease in SUVmax or T/M ratio after approximately 20Gy of fractionated RT. Conclusions: Based on the SUVmax of the normal muscles, accumulation of F-MISO above 1.6 SUV was regarded as indicating a hypoxic area. Decrease in the SUVmax or T/M ratio, suggesting reoxygenation, was observed for most tumors after approximately 20Gy of fractionated RT. SUVmax of F-MISO before or during fractionated RT may predict the clinical outcomes of the tumors.
  • 切除不能食道がんに対する 術前化学放射線療法の検討, 石川 一樹, 小池 竜太, 立花 和泉, 西川 龍之, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会,   2010年12月, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会
  • F-18フルオロミソニダゾールによる腫瘍内低酸素領域の画像化, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 中松 清志, 石川 一樹, 西川 龍之, 細野 眞, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会
    概要:目的:F-MISOを利用し低酸素状態をPETによって画像化し、腫瘍内低酸素領域と再酸素化現象について検討する。 対象と方法:頭頸部癌、肺癌、食道癌、子宮体癌の合計6例を対象とした。腫瘍長径は28-68mmであった。検査はPET/CT装置を用い、全例治療前にFDG-PETを撮影した。F-MISOは体重1kg当たり約3.7MBq静脈投与し、約3時間後に撮影を行った。F-MISO-PETは、放射線治療前および約20Gy/10回の時期に原則2回行った。腫瘍周辺の正常筋肉へのF-MISOのSUVmaxの値は、95%信頼区間で1.15-1.49であった。これをもとに1.5 SUV以上のF-MISO腫瘍内集積を有意とした。さらに、腫瘍内のF-MISO SUVmaxを筋肉のSUVmaxで割った値(T/M 比)を求めた。 結果:放射線治療前のPETでは、6例全例で腫瘍内に1.5 SUV以上の集積を認めた。F-MISOの分布は、FDGの分布とは異なり腫瘍の一部に局在する傾向を認めた。2回撮影の行えた5例中4例では、照射に伴いT/M 比は低下した。 結語:F-MISO-PETで腫瘍内低酸素領域の画像化が可能である。分割照
  • 悪性脳神経膠腫に対しTemozolomideを併用したIMRTの治療成績, 中松 清志, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 田村 昌也, 西川 龍之, 立花 和泉, 石川 一樹, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会
    概要:テモダールを併用した当院独自のIMRTによって悪性脳神経膠腫の治療が安全に行え、良好な結果が得られていることを確認した。
  • 切除不能局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法(CRT)の検討, 石川 一樹, 小池 竜太, 立花 和泉, 西川 龍之, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 第296回日本医学放射線学会関西地方会,   2010年11月, 第296回日本医学放射線学会関西地方会
  • 局所進行副鼻腔癌に対する集学的治療の成績, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 立花 和泉, 石川 一樹, 西川 龍之, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会
    概要:当院における副鼻腔扁平上皮癌に対する治療は5FUの連日動注、局所切除/掻爬術、術前/術後照射を用いたいわゆる三者併用療法で行った。観察期間中央値42か月、局所制御率は2年/5年=67%/57%、全生存率は2年/5年=79%/70%と良好な成績であった。有害事象は骨壊死/腐骨形成2例、白内障/網膜障害4例であった。局所再発例に対しても積極的な介入により生命予後の改善が得られた。
  • 上咽頭腫瘍に対するIMRTの治療成績と晩期合併症, 西村 恭昌, 柴田 徹, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西川 龍之, 立花 和泉, 石川 一樹, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会,   2010年11月, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会
    概要:上咽頭腫瘍に対するIMRTの治療成績と晩期合併症を報告した。
  • 肺癌術後局所領域再発に対する根治的放射線治療成績, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 石川 一樹, 西川 龍之, 第92回 日本肺癌学会関西支部会,   2010年07月, 第92回 日本肺癌学会関西支部会
    概要:【対象と方法】1998年-2009年に根治的放射線治療を施行した肺癌術後局所領域再発症例43例を対象とした。年齢の中央値は70歳(44-88歳)、PS0:1が34例:9例であった。再発巣の長径は10-30mm。放射線治療は合計50-72Gyで、通常照射37例、多分割照射6例であった。同時化学療法は14例に併用した。 【結果】全43例の3年・5年全生存率は、69%および53%であった。66Gy以上照射例で生存率が良好であった。一方、同時化学療法の併用は生存率に影響を与えなかった。晩期合併症は、G3の放射線肺臓炎が3例、G2の食道狭窄が1例において見られた。 【結語】非小細胞肺癌の術後再発例に対して66Gy以上の放射線治療で良好な治療成績が得られた。
  • 乳房温存療法後に発症した骨梁間型骨転移, 金森 修一, 西川 龍之, 廣井 啓二, 立花 和泉, 中松 清志, 小池 竜太, 柴田 徹, 石川 一樹, 西村 恭昌, 藤島 成, 綿谷 正弘, 乳癌最新情報カンファレンス,   2010年07月, 乳癌最新情報カンファレンス
    概要:乳房温存療法後に発症した極めて稀な骨梁間型骨転移の一例を経験したので、文献的考察を加え報告した。 症例は30 歳代女性、硬癌(cT2N1M0)。術前化学療法により、良好な抗腫瘍効果が得られ(Grade 1a、pN0)乳房温存術を施行した。当科で温存乳房に限局し50Gy/25 回の術後照射を行った。照射後4か月に腰痛のためMRI を施行し骨髄に広範な異常信号を認め骨転移を疑った。骨シンチでは異常を指摘できなかったが、FDG-PET では全椎体におよぶ広範な強い集積を認めた。CT でも椎体破壊を認めず、各種画像を比較検討し骨梁間型骨転移と判断した。骨転移の評価には骨シンチが多用されるが偽陰性が問題となる。FDG-PET で今回の骨転移は明瞭に描出されたが、骨シンチでは偽陰性となった。骨梁間型骨転移は近年注目されている新しい進展様式の骨転移であり、その画像特徴を理解する意義は高い。
  • PMRT~放射線治療に関する問題点~, 金森 修一, 西川 龍之, 立花 和泉, 西村 恭昌, 日本乳癌学会,   2010年06月, 日本乳癌学会
    概要:第18回の乳癌学会総会でPMRTの実際と当院における治療成績を報告した。
  • 前立腺癌IMRTの線量増加の治療成績と晩期有害事象の検討, 柴田 徹, 中松 清志, 田村 昌也, 西川 龍之, 小池 竜太, 立花 和泉, 金森 修一, 西村 恭昌, 第69回日本医学放射線学会総会,   2010年04月, 第69回日本医学放射線学会総会
  • カルチノイドに対する姑息照射を行った2例, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 中松 清志, 西川 龍之, 第294回 日本医学放射線学会関西地方会,   2010年02月, 第294回 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:症例1 :前縦隔腫瘍摘出にて胸腺カルチノイドと診断され、縦隔に術後照射(30Gy/1.5fr bid.)を行った。12年後に下部縦隔に辺縁再発を認め、再発巣摘出後に術後照射40Gy/20frを行った。再照射から2年8か月後に単発性肝転移を認めたが、照射野内再発は認めなかった。 症例2:膵カルチノイドの胸椎骨転移にて完全両下肢麻痺と膀胱直腸障害を来し、症状完成2か月後に40Gy/16fr照射した結果、通常歩行が可能となった。照射2年後、前回照射部位より下位の胸椎に有痛性転移を認め再度照射(40Gy/20fr)を行った。放射線治療終了後、痛みは消失した。カルチノイドの局所再発予防や症状緩和には放射線治療が有効であり、経過が長いため長期の経過観察が必要である。
  • がん治療の基礎知識~放射線治療の適応、合併症、経済的負担, 金森 修一, 近畿大学医学部附属病院がんセンター,   2010年02月, 近畿大学医学部附属病院がんセンター
    概要:近畿大学医学部附属病院がんセンターの第2回市民公開講座で、上記内容について講演した。
  • Radiation Therapy for Postoperative Recurrence of Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC), 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, American Society for Radiation Oncology 51st Annual Meeting,   2009年11月, American Society for Radiation Oncology 51st Annual Meeting
    概要:【対象と方法】1998年-2009年に根治的放射線治療を施行した肺癌術後局所領域再発症例43例を対象とした。年齢の中央値は70歳(44-88歳)、PS0:1が34例:9例であった。再発巣の長径は10-30mm。放射線治療は合計50-72Gyで、通常照射37例、多分割照射6例であった。同時化学療法は14例に併用した。 【結果】全43例の3年・5年全生存率は、69%および53%であった。66Gy以上照射例で生存率が良好であった。一方、同時化学療法の併用は生存率に影響を与えなかった。晩期合併症は、G3の放射線肺臓炎が3例、G2の食道狭窄が1例において見られた。 【結語】非小細胞肺癌の術後再発例に対して66Gy以上の放射線治療で良好な治療成績が得られた。
  • 乳がんに対する放射線治療と最近の話題, 金森 修一, 乳がん会患者会「わたぼうし」,   2009年11月, 乳がん会患者会「わたぼうし」
    概要:当院の乳がんの患者会「わたぼうし」で放射線治療の進歩や乳がんに関する最近の話題を講演した。
  • 頸部食道癌に対する根治的化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 立花 和泉, 西川 龍之, 西村 恭昌, 第293回日本医学放射線学会関西地方会,   2009年10月, 第293回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:頸部食道癌に対する根治的化学放射線療法に関する発表を行った。
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療の臨床成績, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 日本放射線腫瘍学会 第22回学術大会,   2009年09月, 日本放射線腫瘍学会 第22回学術大会
    概要:【目的】肛門管癌に対する(化学)放射線治療の効果および合併症を検討した。 【対象と方法】対象は2004-2009年に治療した肛門管癌8例で径肛門的腫瘍切除術後の断端陽性例を1例含んだ。年齢は47-81歳、組織型は扁平上皮癌:基底細胞癌=7:1、病期はstage I:II:IIIA:IIIB=4:1:2:1、腫瘍の長径は15-70mm(中央値35mm)であった。照射野は36-45Gyまで小骨盤腔から両鼡径部とし、GTVに縮小し57.6-63.4Gy(中央値59.6Gy)まで照射した。1例でIMRTを施行した。高齢の1例を除く7例で化学療法を同時併用した。内容はMMC 10mg/m2+5FU 800mg/m2×4dが5例、(CDDP 20mg/body+5FU 750mg/body)×5dが2例であった。 【結果】観察期間は3-55か月(中央値14か月)であり、全例でCRが得られ局所制御率は100%であった。急性期合併症は、G3肛門周囲皮膚炎2例、G3白血球減少1例を認めた。IMRT例では下痢と会陰部粘膜炎が軽度であった。晩期合併症は、G2肛門狭窄1例、G2直腸出血1例を認めた。 【まとめ】肛門管癌に対する(化学)放射線治療で良好な成績
  • PMRTの中期治療成績, 金森 修一, 日本放射線腫瘍学会,   2009年09月, 日本放射線腫瘍学会
    概要:進行乳癌に対しては乳房切除後の放射線治療(PMRT)が推奨されており、その成績をまとめた。
  • 頭頸部癌に対するPET-CTシミュレーションを用いた放射線治療, 立花 和泉, 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 西川 龍之, 第20回 日本高精度放射線外部照射研究会,   2009年07月, 第20回 日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:放射線治療計画時、腫瘍の輪郭描出にPET-CTシミュレーションは有用である。
  • 乳癌治療における放射線治療の役割, 金森 修一, 南河内乳癌・放射線治療カンファレンス,   2009年06月, 南河内乳癌・放射線治療カンファレンス
    概要:乳癌の治療は年々変化しており、治療内容が多様化してきている。乳腺外科医と放射線治療医の連携も重要な課題であり、近隣乳腺外科医に最近の放射線治療の進歩と当院における乳癌に対する放射線治療について報告し、討論を行った。
  • IMRTを併用した食道癌化学放射線療法の考察, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 立花 和泉, 大久保 充, 西川 龍之, 西村 恭昌, 第68回日本医学放射線学会学術大会,   2009年04月, 第68回日本医学放射線学会学術大会
    概要:IMRTを併用した食道癌化学放射線療法について発表した。
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療の検討, 立花 和泉, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 西川 龍之, 第291回 日本医学放射線学会関西地方会,   2009年02月, 第291回 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:肛門管癌に対する根治的放射線治療成績を検討した。肛門管癌7例を対象とした。年齢は47-81歳、PS0:2=6:1、組織型は扁平上皮癌:基底細胞癌=6:1、病期はstage I:II:IIIA=4:1:2、腫瘍の長径は15-70mmであった。合計線量は57.6-63.4Gy、通常照射:IMRT=6:1。6例で化学療法を同時併用した。全7例で局所反応はCR、局所制御率は100%であった(観察期間中央値:12カ月)。急性期合併症としては、G3皮膚炎2例、G3白血球減少1例を認めた。晩期合併症は、G2肛門狭窄1例、G2直腸出血1例を認めた。肛門管癌に対する放射線治療は良好な成績が得られ、合併症軽減の為にIMRTは有用であった。
  • 悪性リンパ腫の治療 放射線治療, 金森 修一, グループ・ネクサス,   2009年01月, グループ・ネクサス
    概要:NPOグループ・ネクサス の悪性リンパ腫の市民向け講演会で、悪性リンパ腫に対する放射線治療の変遷と最近の話題について講演した。
  • 非小細胞肺癌術後に対する放射線治療の検討, 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 原 聡, 廣畑 健, 南 憲司, 西川 龍之, 第49回 日本肺癌学会総会,   2008年11月, 第49回 日本肺癌学会総会
    概要:【対象と方法】1998年-2009年に根治的放射線治療を施行した肺癌術後局所領域再発症例43例を対象とした。年齢の中央値は70歳(44-88歳)、PS0:1が34例:9例であった。再発巣の長径は10-30mm。放射線治療は合計50-72Gyで、通常照射37例、多分割照射6例であった。同時化学療法は14例に併用した。 【結果】全43例の3年・5年全生存率は、69%および53%であった。66Gy以上照射例で生存率が良好であった。一方、同時化学療法の併用は生存率に影響を与えなかった。晩期合併症は、G3の放射線肺臓炎が3例、G2の食道狭窄が1例において見られた。 【結語】非小細胞肺癌の術後再発例に対して66Gy以上の放射線治療で良好な治療成績が得られた。
  • 前立腺癌の強度変調放射線治療におけるDose escalation:リスク臓器に対する線量制約の妥当性の検証, 柴田 徹, 中松 清志, 大久保 充, 金森 修一, 小池 竜太, 西川 龍之, 立花 和泉, 西村 恭昌, 第46回 日本癌治療学会総会,   2008年11月, 第46回 日本癌治療学会総会
    概要:前立腺IMRTの線量増加過程におけるリスク臓器の線量体積ヒストグラムと有害事象の関係を解析した。全例で線量制約を満たす計画が実現できており、Grade2の急性期有害事象は頻尿19%、排尿困難9%、直腸炎4%であった。これまでのところ重篤な晩期合併症を認めなかった。
  • 非小細胞肺癌術後再発に対する根治的放射線治療, 立花 和泉, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 西川 龍之, 日本放射線腫瘍学会 第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学会 第21回学術大会
    概要:【対象と方法】1998年-2009年に根治的放射線治療を施行した肺癌術後局所領域再発症例43例を対象とした。年齢の中央値は70歳(44-88歳)、PS0:1が34例:9例であった。再発巣の長径は10-30mm。放射線治療は合計50-72Gyで、通常照射37例、多分割照射6例であった。同時化学療法は14例に併用した。 【結果】全43例の3年・5年全生存率は、69%および53%であった。66Gy以上照射例で生存率が良好であった。一方、同時化学療法の併用は生存率に影響を与えなかった。晩期合併症は、G3の放射線肺臓炎が3例、G2の食道狭窄が1例において見られた。 【結語】非小細胞肺癌の術後再発例に対して66Gy以上の放射線治療で良好な治療成績が得られた。
  • 近畿大学における食道癌に対する根治的(化学)放射線療法の治療成績, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 廣井 啓二, 西川 龍之, 立花 和泉, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学第21回学術大会
    概要:近畿大学における食道癌に対する根治的(化学)放射線療法の治療成績について発表した。
  • IMRT併用頸部食道癌化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 西川 龍之, 立花 和泉, 西村 恭昌, 第26回京都放射線腫瘍研究会プログラム,   2008年10月, 第26回京都放射線腫瘍研究会プログラム
    概要:頸部食道癌に対するIMRTを併用した化学放射線療法について発表した。
  • 浸潤性胸腺腫に対する放射線治療の有用性, 金森 修一, 小池 竜太, 立花 和泉, 石川 久, 中松 清志, 西川 龍之, 廣井 啓二, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会,   2008年10月, 日本医学放射線学会
    概要:浸潤性胸腺腫に対する放射線治療の成績は少ない。そこで、当院における浸潤性胸腺腫11例の治療成績について報告した。
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療の意義, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 大久保 充, 西川 龍之, 立花 和泉, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第21回学術大会,   2008年10月, 日本放射線腫瘍学会 第21回学術大会
    概要:2003年以来、当院で治療した27症例の中咽頭癌IMRTによる治療成績を発表した。3年局所制御率/全生存率は92%/80%で良好な結果が得られた。同時に唾液腺の線量低減による機能温存が達成できた。
  • Definitive chemo-radiotherapy for esophageal cancer:failure pattern and salvage treatments, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 大久保 充, 廣井 啓二, 柴田 徹, 西川 龍之, 塩崎 均, The 50th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2008年09月, The 50th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  • 増加する放射線治療患者に対する各施設の工夫と現状, 金森 修一, 第103回 関西 Cancer Therapist の会,   2008年06月, 第103回 関西 Cancer Therapist の会
    概要:近年放射線治療を行う症例が増加しており、関西の主要施設の現状と工夫について熱い討議を行った。
  • 前立腺がんに対する強度変調放射線治療(IMRT)の線量増加と有害事象の検討, 柴田 徹, 中松 清志, 大久保 充, 西川 龍之, 廣井 啓二, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会総会,   2008年04月, 日本医学放射線学会総会
    概要:前立腺IMRTにおいて72Gyから78Gyまでの線量増加を行った。標的に対する線量投与とリスク臓器の線量制約を満たす治療計画が容易であった。急性期有害事象は一過性であり、明らかな増悪を認めず、安全かつ容易に線量増加が可能であった。
  • 子宮頸癌に対する根治的放射線治療成績, 中松 清志, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 西川 龍之, 鈴木 実, 廣井 啓二, 東京医大, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会,   2007年12月, 日本放射線腫瘍学会第20回学術大会
    概要:当院での子宮頸癌に対する根治的放射線治療成績は良好な結果が得られているが、7%の晩期合併症が確認された。
  • 肛門管癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の基礎的検討, 柴田 徹, 大久保 充, 中松 清志, 廣井 啓二, 小池 竜太, 西川 龍之, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第20回学術大会,   2007年12月, 日本放射線腫瘍学会 第20回学術大会
    概要:肛門管癌は稀な疾患であるが、括約筋機能温存が可能な放射線療法の役割は大きい。正常臓器の線量低減を目的としてIMRTの有用性を検討した。IMRTは肛門管癌に対してリスク臓器線量の最適化を達成可能であり有害事象の軽減に貢献する可能性がある。
  • Protracted Infusion Chemotherapy Combined with Radiation therapy for Esophageal cancer with malignant fistula, 小池 竜太, 中松 清志, 西川 龍之, 西村 恭昌, 金森 修一, 柴田 徹, 廣井 啓二, 大久保 充, The 49th annual Meeting og the Amrican Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2007年11月, The 49th annual Meeting og the Amrican Society for Therapeutic Radiology and Oncology
  • Static and moving phantom studies for treatment planning in an integrated PET/CT system., 西村 恭昌, 大久保 充, 中松 清志, 奥村 雅彦, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 西川 龍之, 細野 眞, the 49th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2007年10月, the 49th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:PET-CTシミュレーションのためのファントム実験の結果を報告した。
  • 中咽頭・下咽頭癌に対する先進医療:強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 大久保 充, 廣井 啓二, 西川 龍之, 金森 修一, 森 一功, 西村 恭昌, 第45回日本癌治療学会総会,   2007年10月, 第45回日本癌治療学会総会
    概要:当院における中咽頭・下咽頭癌のIMRTによる治療成績を報告した。 中咽頭癌、I-III期の下咽頭癌では2年88%を超える良好な治療成績が得られた。 また同時に75%の症例で唾液腺機能の温存が可能であった。
  • Intensity modulated radiation therapy (IMRT) for head and neck cancers and esophageal cancers., 西村 恭昌, 柴田 徹, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 大久保 充, the 5th Japan-US Cancer Therapy Symposium & the 5th S. Takahashi Memorial International Symposium,   2007年09月, the 5th Japan-US Cancer Therapy Symposium & the 5th S. Takahashi Memorial International Symposium
    概要:頭頸部腫瘍と食道癌に対するIMRTについて講演した。
  • Intensity modulated radiotherapy for oropharyngeal and hypopharyngeal cancers: a short-term result, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 大久保 充, 廣井 啓二, 西川 龍之, 金森 修一, 森 一功, 西村 恭昌, ECCO14 the European Cancer Conference,   2007年09月, ECCO14 the European Cancer Conference
    概要:中咽頭癌、下咽頭癌に対する強度変調放射線治療の治療成績を報告した。
  • A Long-term Result by Hyperfractionated Radiotherapy with Concurrent Chemotherapy for Limited-stage Small Cell Lung Cancer (LD-SCLC): a Retrospective Analysis in a Single Institution., 柴田 徹, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 中川 和彦, 福岡 正博, 12th World Conference on Lung Cancer,   2007年09月, 12th World Conference on Lung Cancer
    概要:限局期小細胞肺癌に対する過分割照射の治療成績を報告した。 PE regimen併用でのMSTは28.6 monthsで 2/3/5/ year survival ratesは 51/32/24%であった。
  • 中咽頭・下咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT):治療効果と機能温存に関する検討, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 金森 修一, 森 一功, 西村 恭昌, 第31回 日本頭頸部癌学会,   2007年06月, 第31回 日本頭頸部癌学会
    概要:【目的】IMRTによる治療効果と有害事象に関する検討【対象・方法】2002年12月~2006年9月にIMRT を施行した中咽頭19例・下咽頭癌25例の計44例。全例が扁平上皮癌。年齢の中央値64歳、性別:男/女= 40/4、PS: 0/1=31/13、病期: I/II/III/IV=6/8/6/24とIV期症例が54%を占めた。放射線治療前に腫瘍減 量術が22例(50%)、頸部リンパ節郭清が28例(64%)に施行されていた。4MV-X線の7門照射にて、原発巣 および予防照射域を含めた両側頸部に44-54Gy、原発巣と高リスク領域に対して計66-70Gy/33-35回 (D95処方線量)まで照射した。28例(63%)に化学療法(16例weekly docetaxel;10例CDDP×3;2例FP)を併 用した。【結果】一次効果は40例(91%)にCRを得た。2年局所無再発生存率は中咽頭89%・下咽頭46%、 下咽頭再発の救済手術が4例、リンパ節再発の郭清術が1例に行われた。病期別の2年全生存率は中咽頭I-III 期83%/IV期90%・下咽頭I-III期85%/IV期27%。重複癌は19例:26部位に認め、下咽頭で3重癌3例、4重癌 2例と多発した。急性有害事
  • Stage III 乳癌の温存乳腺に対する放射線治療, 金森 修一, 中松 清志, 大久保充, 小池 竜太, 廣井啓二, 柴田 徹, 西村 恭昌, 鈴木実 増永慎一郎, 日本医学放射線学会,   2007年04月, 日本医学放射線学会
    概要:乳房温存術後のstage III 乳癌の放射線治療とその成績について検討した。
  • 早期中咽頭腫瘍に対するsimulataneous integrated boost (SIB)法によるIMRT:治療計画法とDVH分析, 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 大久保 充, 第15回日本高精度放射線外部照射研究会,   2007年03月, 第15回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:早期中咽頭腫瘍に対するsimulataneous integrated boost (SIB)法によるIMRTの治療計画法とDVH分析について報告した。
  • 中咽頭・下咽頭腫瘍に対する強度変調放射線治療の短期成績, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 大久保 充, 廣井 啓二, 金森 修一, 西村 恭昌, 奥村 雅彦, 鈴木 実, 第23回京都放射線腫瘍研究会,   2007年02月, 第23回京都放射線腫瘍研究会
  • 食道癌に対するIMRT併用化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第20回学術大会,   2007年, 日本放射線腫瘍学会 第20回学術大会
    概要:食道癌に対するIMRT併用化学放射線療法について発表した。
  • 進行乳癌に対するPMRTの治療成績, 金森 修一, 中松 清志, 柴田 徹, 小池 竜太, 大久保 充, 廣井 啓二, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会,   2006年12月, 日本放射線腫瘍学会第19回学術大会
    概要:当院の初発乳癌に対する乳房切除後の胸壁照射(PMRT)後の治療成績を検討し た結果、3年の局所制御率は73%となった。
  • 前立腺IMRT導入期における位置精度と線量分布の妥当性の検討, 柴田 徹, 新谷 直也, 浅井 義行, 奥村 雅彦, 大久保 充, 中松 清志, 小池 竜太, 廣井 啓二, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第19回学術大会,   2006年11月, 日本放射線腫瘍学会 第19回学術大会
    概要:【目的】前立腺IMRTの初期報告【対象・方法】2005年10月よりIMRTを施行した前立腺癌13症例、年齢59-74歳、T2/T3=10/3、中等度/高リスク群=6/7。仰臥位のシェル固定で2mm-CTを撮像、前立腺と精嚢をCTVと設定し、中リスク群/T2以下の場合は精嚢の近位2/3のみ含めた。原則として各方向10mm、背側のみ6mmを加えてPTVとし、5門照射にてEclipse-Helios(5mm-DMLC法)を用いて最適化・治療計画を行った。照射はCL21EXの10MVX線を用い、EPID照合により骨構造を基準に位置精度を検証した。初期の6例には固定法・治療計画法の確立と精度確認を兼ねたpilot試験として、4門照射(40-46Gy)後のブースト照射時にIMRTを用いた。続いて72Gy/36FrのIMRTに移行した。【結果】PTVから直腸の重なりを除いた体積に対するD95=100%(72Gy)として処方線量を標準化した。この条件でPTVの平均線量は102.8±0.4%(74.0Gy)となり、PTVDmax/D95=107.4±1.2/99.2±0.7、CTVDmean/Dmin =103.2±0.9/100.3±1.2%と概ね均一な線量分布が得られた。膀胱壁のV40/70Gy =37.8/18.0、直腸壁のV40/60
  • Final result of randomized trial of 30Gy/3 fractions versus 40Gy/4 fractions in postoperative Strontim-90 radiation therapy for pterysia., 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 柴田 徹, 栁生 行伸, 西村 恭昌, European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 25th Annual Meeting,   2006年10月, European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 25th Annual Meeting
    概要:翼状片に対する照射分割方法について30Gy/3回と40Gy/4回の無作為比較試験を行った結果両者の治療成績に差はなく安全に行うことができたため、30Gy/3回 が必要十分な治療であることが示唆された。
  • Clinical results of parotid-sparing intensity moduolated radiation therapy (IMRT) for nasopharyngeal cancer (NPC)., 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 大久保 充, 奥村 雅彦, the 25th European Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2006年10月, the 25th European Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:上咽頭腫瘍に対するIMRTの臨床成績を報告した。
  • Preliminary results of intensity modulated radiation therapy (IMRT) for nasopharyngeal cancer (NPC) at Kinki University., 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓二, 大久保 充, the 1st Hokkaido International Crosscutting Symposium,   2006年07月, the 1st Hokkaido International Crosscutting Symposium
    概要:上咽頭腫瘍に対するIMRTの初期経験を発表した。
  • 近畿大学におけるPMRTー5年間の経過ー, 金森 修一, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 橋本 幸彦, 塩﨑 均, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 日本乳癌学会学術総会(第14回),   2006年07月, 日本乳癌学会学術総会(第14回)
    概要:当院では乳房切除後の胸壁照射(PMRT)を開始し5年を経過したので、その治療成績を検討し報告した。
  • 頸部食道癌に対する化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 第25回日本医学放射線学会学術大会,   2006年04月, 第25回日本医学放射線学会学術大会
    概要:頸部食道癌の化学放射線療法に際して、IMRTでの追加照射を併用することにより良好な治療成績が得られた。
  • 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT), 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 柴田 徹, 西村 恭昌, 大久保充, 廣井啓二, 第65回日本医学放射線学会,   2006年04月, 第65回日本医学放射線学会
  • 乳房切除後の胸壁に対する三次元放射線治療計画, 金森 修一, 中松 清志, 柴田 徹, 小池 竜太, 廣井 啓二, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 橋本 幸彦, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会,   2006年04月, 日本医学放射線学会
    概要:PMRTは欧米では標準となっているが、本国においてはまだまだ普及はしていない。そこで、当院におけるPMRTについての治療成績を報告した。
  • 放射線腫瘍医を増やすには, 金森 修一, 第2回将来計画セミナー,   2006年03月, 第2回将来計画セミナー
    概要:若手放射線治療医を増やすべく、放射線腫瘍学会としての取り組みや将来計画についての提案を行い、各大学間の問題点を検討した。
  • 近畿大学における転移性脳腫瘍に対するSRSの初期経験, 金森 修一, 廣井 啓二, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 第13回日本高精度放射線外部照射研究会,   2006年03月, 第13回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:当院における転移性脳腫瘍に対する脳定位照射の初期経験を報告した。
  • NSCLC 胸部放射線治療法プロトコール:WJTOG0105放射線治療QC結果を参考に, 西村 恭昌, 金森 修一, 中松 清志, 福田晴行,副島俊典,多田卓仁,田中正博,辻野佳世子,小久保雅樹, WJTOGワークショップ「局所進行非小細胞肺癌に対する研究・検討課題」,   2006年03月, WJTOGワークショップ「局所進行非小細胞肺癌に対する研究・検討課題」
    概要:WJTOG0105放射線治療QC結果をもとにして、次のNSCLC 胸部放射線治療法プロトコールの問題点を報告した。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRTのピットフォール:PTV設定の難しさ、、シンポジスト, 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井啓二, 大久保充, 第13回日本高精度放射線外部照射研究会,   2006年03月, 第13回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTのピットフォール:PTV設定の難しさについてシンポジストとして報告した。
  • I125シード線源を用いた前立腺癌小線源治療の初期経験, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 柴田 徹, 西村 恭昌, 大久保充, 廣井啓二, 第282回日本放射線学会関西地方会,   2006年02月, 第282回日本放射線学会関西地方会
    概要:当院において2005年10月よりI125シード線源を用いた前立腺癌小線源治療を開始した。計画通りの治療ができているが、今後の課題も認識された。
  • IMRTを併用した頸部食道癌化学放射線療法の治療成績, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 廣井 啓二, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 第19回学術大会,   2006年, 日本放射線腫瘍学会 第19回学術大会
  • Chemoradiotherapy Usong Intensity-Modulated Radiation Therapy(IMRT) for locally advanced Esophageal cancer, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 大久保 充, 廣井 啓二, 柴田 徹, The 48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic oncology,   2006年, The 48th Annual Meeting of the American Society for Therapeutic oncology
  • 前立腺癌患者に対する放射線治療の急性・晩期有害事象の検討, 大久保 充, 柴田 徹, 西村 恭昌, 小池 竜太, 金森 修一, 中松 清志, 第18回 日本放射線腫瘍学会学術大会,   2005年11月, 第18回 日本放射線腫瘍学会学術大会
  • IV期食道癌に対する化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 大久保 充, 第43回 日本癌治療学会総会,   2005年10月, 第43回 日本癌治療学会総会
    概要:IV期食道癌に対して同時化学放射線療法を施行することにより、食道局所の治療効果と延命効果が期待できる。
  • 同時両側乳癌に対する乳房温存療法の検討, 廣井 啓二, 金森 修一, 柴田 徹, 西村 恭昌, 小池 竜太, 中松 清志, 大久保充, 第281回日本医学放射線学会関西地方会,   2005年10月, 第281回日本医学放射線学会関西地方会
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:再発形式の検討、、シンポジウム、, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 小池 竜太, 鈴木実, 第43回日本癌治療学会総会,   2005年10月, 第43回日本癌治療学会総会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTの再発形式の検討をシンポジウムにて発表した。
  • Patterns of local-regional recurrence in patients with head and neck cancer treated by parotid-sparing IMRT., 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 森 一功, 鈴木実, the European Cancer Conference 13,   2005年10月, the European Cancer Conference 13
    概要:頭頸部腫瘍に対して耳下腺防護したIMRTを行い、その再発形式を検討した。
  • Analysis of intrafractional set-up errors and intrafractional organ motions during IMRT for head and neck cancers to define an appropriate PTV-margin., 鈴木実, 西村 恭昌, 中松 清志, 小池 竜太, 金森 修一, 柴田 徹, 奥村雅彦, 橋場久幸, 47th annual meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology,   2005年10月, 47th annual meeting of the American Society for Therapeutic Radiology and Oncology
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRT中の臓器移動を測定し、標的体積への適切なマージンを求めた。
  • 近畿大学病院における前立腺癌に対する放射線治療, 大久保 充, 柴田 徹, 廣井 啓二, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 第20回 京都放射線腫瘍研究会,   2005年09月, 第20回 京都放射線腫瘍研究会
  • 新LINAC放射線治療システムの概要, 金森 修一, 西村 恭昌, 近畿がん治療合同カンファレンス,   2005年09月, 近畿がん治療合同カンファレンス
    概要:放射線治療システムが更新されたことによる新しい放射線治療法を紹介した。
  • 前立腺癌に対する放射線治療の急性・晩期有害事象の検討, 大久保 充, 柴田 徹, 廣井 啓二, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 第280回 日本医学放射線学会関西地方会,   2005年07月, 第280回 日本医学放射線学会関西地方会
  • IV期食道癌に対するシスプラチン・5FU同時化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 任 誠雲, 大久保 充, 重岡 宏典, 塩﨑 均, 第59回日本食道学会学術集会,   2005年07月, 第59回日本食道学会学術集会
    概要:IV期食道癌に対してもシスプラチン・5FU同時化学放射線療法は有効である。
  • 腋窩郭清完全省略に向けて:腋窩リンパ節画像診断とセンチネルリンパ節生検(SLNB)の現状と問題点, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 金森 修一, 任 誠雲, 黒田 幸作, 橋本 幸彦, 上田 和毅, 塩﨑 均, 北條 敏也, 大和 宗久, 平井 今日子, 第13回日本乳癌学会総会,   2005年06月, 第13回日本乳癌学会総会
  • 初発3期乳癌に対するPMRTの当科における治療成績, 金森 修一, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩﨑 均, 西村 恭昌, 第13回日本乳癌学会総会,   2005年06月, 第13回日本乳癌学会総会
    概要:予後が不良と予測される乳癌にはPMRTが推奨されているが、実際の報告は少ない。当科におけるPMRT後の治療成績を検討した。
  • 局所進行乳癌に対する乳房全摘後の照射についての検討, 金森 修一, 西村 恭昌, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 日本乳癌学会,   2005年06月, 日本乳癌学会
    概要:局所進行乳癌に対する胸壁照射について当科の治療成績を報告した。
  • Stage IV食道癌の化学放射線療法の治療成績, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 任 誠雲, 大久保 充, 西村 恭昌, 第279回日本医学放射線学会関西地方会,   2005年05月, 第279回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:IV期食道癌に対してもシスプラチン・5FU同時化学放射線療法は有効である。
  • IV期食道癌に対する化学放射線療法, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 鈴木 実, 第64回日本医学放射線学会学術大会,   2005年04月, 第64回日本医学放射線学会学術大会
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:唾液腺障害と再発形式の検討, 西村 恭昌, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 鈴木 実, 第64回日本医学放射線学会学術集会,   2005年04月, 第64回日本医学放射線学会学術集会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTにより唾液腺障害が実現できたが、一方計画標的体積マージンからの再発も数例みられ、治療計画には十分な注意が必要である。
  • 限局型小細胞肺癌に対する加速過分割照射を用いた化学放射線療法, 柴田 徹, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会,   2005年04月, 日本医学放射線学会
  • T4乳癌に対する乳切後胸壁照射の初期成績, 金森 修一, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会,   2005年04月, 日本医学放射線学会
    概要:局所進行乳癌に対して乳房切除後の胸壁照射について発表した。
  • 術前化学療法後の乳房温存療法の治療成績について, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩﨑 均, 第16回関西乳癌放射線治療研究会,   2005年04月, 第16回関西乳癌放射線治療研究会
    概要:乳房温存療法を目的とし術前化学療法を行った乳癌症例の当科における治療成績を発表した。
  • 近畿大学におけるPMRT, 金森 修一, 柴田 徹, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 塩﨑 均, 第17回関西乳癌放射線治療研究会,   2005年02月, 第17回関西乳癌放射線治療研究会
    概要:乳房切除後の胸壁照射について当院の治療方法と治療成績を報告した。
  • 画像診断に基づく腋窩郭清, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 橋本 幸彦, 金森 修一, 任 誠雲, 西村 恭昌, 黒田 幸作, 第16回関西乳癌放射線治療研究会,   2005年02月, 第16回関西乳癌放射線治療研究会
  • ラット肝腫瘍の血管新生におけるErythropoitin の関与について, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, 日本医学放射線学会生物部会  ,   2005年, 日本医学放射線学会生物部会  
    概要:ラット肝腫瘍の血管新生に、エリスロポエチンが関与している可能性が示唆された
  • Patterns of local-regional recurrence following parotid-sparing IMRT for head and neck cancers at Kinki University., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 柴田 徹, 鈴木 実, The 4th S. Takahashi Memorial International Workshop on 3 Dimensional Conformal Radiotherapy,   2004年12月, The 4th S. Takahashi Memorial International Workshop on 3 Dimensional Conformal Radiotherapy
    概要:近畿大学における頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線療法の再発形式を分析した。多くは腫瘍中心部からの再発だったが、数例計画標的体積のマージンからの再発があり、治療計画に十分注意する必要があることを報告した。
  • 放射線誘発癌の可能性のある6症例, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 柴田 徹, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会 日韓中合同シンポジウム,   2004年11月, 日本放射線腫瘍学会 日韓中合同シンポジウム
  • 乳癌と卵巣癌の重複癌の1症例, 大久保充, 金森 修一, 任 誠雲, 小池 竜太, 中松 清志, 柴田 徹, 西村 恭昌, 第350回日本医学放射線学会関西地方会,   2004年11月, 第350回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:乳房温存療法にて照射中に発症した卵巣癌の症例を報告した。乳癌と卵巣癌の合併は報告されているが、実際に腫瘤増大の経過を追えたこのような症例は非常にまれである。
  • 頭頸部腫瘍:強度変調放射線治療による唾液腺障害の軽減, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, 第42回日本癌治療学会総会,   2004年10月, 第42回日本癌治療学会総会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療による唾液腺障害の軽減の現状について、近畿大学の臨床成績を中心にワークショップにて発表した。(シンポジスト)
  • Importance of mean dose and initial volume of parotid glands in xerostomia of patients with head and neck cancers receiving IMRT., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 奥村 雅彦, 第46回米国放射線腫瘍学会,   2004年10月, 第46回米国放射線腫瘍学会
    概要:頭頸部腫瘍に対して耳下腺への線量を低減させたIMRTを行い、その臨床評価を報告した。耳下腺への線量と耳下腺体積が重要であった。2004年10月3-7日に、米国アトランタ市で行われた第46回米国放射線腫瘍学会で発表した。(英文)
  • 乳房温存療法中に発見された卵巣癌の一症例, 大久保充, 金森 修一, 任 誠雲, 小池 竜太, 中松 清志, 柴田 徹, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2004年09月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:乳房温存療法中に偶然発見された非常に進行の早い卵巣癌の症例を経験したので報告した。
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT : Intrafraction organ motionの検討, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本医学放射線学会総会,   2004年04月, 日本医学放射線学会総会
    概要:頭頸部に対するIMRT において、その標的となるorganは治療中に動いている。特に舌骨がよく動いている。しかしいずれの方向にも3mm以上は動かない。従って治療をおこなうためには、マージンとして4mmで良いのではないかと思われる。
  • 放射線誘発癌の可能性のある2症例, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西川 龍之, 西村 恭昌, 第17回京都放射線腫瘍研究会,   2004年04月, 第17回京都放射線腫瘍研究会
    概要:放射線誘発癌の可能性のある2症例を報告した。
  • IMRT for head and neck cancer; difficulty in PTV delineation., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 奥村 雅彦, 第9回日本高精度放射線外部照射研究会,   2004年01月, 第9回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:頭頸部腫瘍に対するIMRTにおいて計画標的体積描出の困難さについて近畿大学での経験をもとに発表した。
  • 照射前あるいは照射中に痩孔を形成した進行食道癌に対する放射線治療の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会,   2003年12月, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会
    概要:照射前あるいは照射中に痩孔を形成した進行食道癌に対して、放射線治療を施行した結果、13例中6例で痩孔が閉じた。
  • 唾液腺障害と線量との相関-DVHによる検討, 岡嶋 馨, 南部 秀和, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会,   2003年11月, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会
    概要:放射線治療後の唾液腺障害には、30Gy 程度の低い線量が照射された体積が影響する。
  • 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療成績, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会,   2003年11月, 日本放射線腫瘍学会第16回学術大会
    概要:非小細胞肺癌の放射線治療においては76歳が治療方針を決定する境界になりうる。
  • 西日本胸部腫瘍臨床研究機構(WJTOG)における放射線治療の品質管理(QC), 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 田村 研治, 植島 久雄, 福田 晴行,副島 俊典,多田 卓仁,田中 正博,辻野 佳世子, 第44回日本肺癌学会総会,   2003年11月, 第44回日本肺癌学会総会
    概要:西日本胸部腫瘍臨床研究機構(WJTOG)における放射線治療の品質管理(QC)活動の結果を述べた。必ずしもプロトコールどおりの放射線治療が行なわれていない。
  • 痩孔を有する進行食道癌に対する放射線治療, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西川 龍之, 西村 恭昌, 第275回 日本医学放射線学会関西地方会,   2003年10月, 第275回 日本医学放射線学会関西地方会
  • T2乳癌に対する導入化学療法後の乳房温存療法;初期成績, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 日本癌治療学会総会,   2003年10月, 日本癌治療学会総会
    概要:導入化学療法後においても温存乳腺への放射線治療は重篤な副作用なく施行可能であった。よって導入化学療法は乳房温存療法の適応拡大に寄与する。
  • 強度変調放射線治療;頭頸部腫瘍の初期臨床経験, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 第41回日本癌治療学会総会,   2003年10月, 第41回日本癌治療学会総会
    概要:頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の近畿大学での初期臨床経験について述べた。(シンポジスト)
  • 頭頸部腫瘍、脳腫瘍に対するIMRTの現状と問題点, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会,   2003年10月, 第39回日本医学放射線学会秋季臨床大会
    概要:頭頸部腫瘍、脳腫瘍に対する強度変調放射線療法の現状と問題点について近畿大学での経験を中心に述べた。(教育講演)
  • Improvement in therapeutic ratio for head and neck cancers by chemoradiotherapy and IMRT., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, Third Japan-USA Cancer Treatment Symposium (JUCTS),   2003年10月, Third Japan-USA Cancer Treatment Symposium (JUCTS)
    概要:化学放射線療法と強度変調放射線療法による頭頸部腫瘍における放射線治療可能比の向上について近畿大学での経験を述べた。(招請講演)(英文)
  • 近畿大学における小児疾患に対する放射線治療, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 西村 恭昌, 京都放射線腫瘍研究会,   2003年09月, 京都放射線腫瘍研究会
    概要:当院における小児疾患の放射線治療について報告し、小児の予防的全能照射のプロトコールを提示した。
  • A pilot study of the simultaneous integrated boost method for malignant gliomas using IMRT., 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 赤井 文治, 内山 卓也, The 12th International Congress of Radiation Research,   2003年08月, The 12th International Congress of Radiation Research
    概要:悪性神経膠腫に対して強度変調放射線療法を用いた同時統合ブースト法のパイロット試験を行なった。同時統合ブースト法で70Gy/28回/5.5週の照射は合併症なく実施可能であった。(英文)
  • SIB法を用いた悪性神経膠腫に対するIMRT, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本医学放射線学会生物部会 放射線による制癌シンポジウム,   2003年07月, 日本医学放射線学会生物部会 放射線による制癌シンポジウム
    概要:悪性神経膠腫の生物学的特徴をふまえたこれまでの治療方法とその成績を示し、新たな治療法としてSIB法を紹介した上で当院における今後の治療計画を説明した
  • 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療成績, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 第274回日本医学放射線学会関西地方会,   2003年06月, 第274回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:70才以上を高齢者として、非小細胞肺癌の治療成績を検討した。75才以下と76才以上では生存率に差が生じたため、高齢者の定義は76才以上とするべきではないか。
  • 術後再発あるいは術後残存食道癌に対する少量持続同時化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 重岡 宏典, 塩﨑 均, 鈴木 実, 第57回日本食道学会学術大会,   2003年06月, 第57回日本食道学会学術大会
  • 術前化学療法後の温存乳腺に対する放射線治療について, 金森 修一, 西村 恭昌, 乾 浩己, 綿谷 正弘, 第11回日本乳癌学会総会,   2003年06月, 第11回日本乳癌学会総会
    概要:乳房温存療法を目的として術前化学療法を施行した症例の当科における治療成績を検討した。
  • Phase I study of weekly docetaxel infusion and concurrent radiation therapy for head and neck cancer., 鈴木 実, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 寺尾 恭一, 森 一功, 村田 清高, 米国臨床腫瘍学会、,   2003年05月, 米国臨床腫瘍学会、
    概要:頭頸部腫瘍に対するドセタキセルと放射線の同時併用療法の第I相試験を行った。推奨投与量はドセタキセル15mg/m2/weekを6回投与となった。(英文)
  • 局所進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル・シスプラチン化学放射線療法のphase I/II臨床試験, 西村 恭昌, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 福岡 正博, Yamamoto N, Tada T, Tsuji K,, 第62回日本医学放射線学会、International Session (radiation Oncology),   2003年04月, 第62回日本医学放射線学会、International Session (radiation Oncology)
    概要:局所進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル・シスプラチン同時併用化学放射線療法のphase I/II臨床試験の結果を述べた。2年生存率は43%と良好であった。(英文)
  • 術後再発食道癌に対する化学放射線療法, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西村 恭昌, 鈴木 実, 第273回 日本医学放射線学会関西地方会,   2003年03月, 第273回 日本医学放射線学会関西地方会
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:Intrafraction organ motionの検討, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本高精度放射線外部照射研究会,   2003年02月, 日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:頭頸部に対するIMRT において、その標的となるorganは治療中に動いている。特に舌骨がよく動いている。しかしいずれの方向にも3mm以上は動かない。従って治療をおこなうためには、マージンとして3mmで良いのではないかと思われる。
  • 局所進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル・シスプラチン同時併用化学放射線療法のphase I/II臨床試験, 西村 恭昌, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 福岡 正博, 山本信之, 第15回京都放射線腫瘍研究会,   2003年01月, 第15回京都放射線腫瘍研究会
    概要:局所進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル・シスプラチン同時併用化学放射線療法のphase I/II臨床試験の結果を述べた。2年生存率は43%と良好であった。
  • Intrafraction organ motion during IMRT for head and neck cancer, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, RSNA 88TH SCHIENTIFIC ASSEMBLY AND ANNUAL MEETING,   2002年12月, RSNA 88TH SCHIENTIFIC ASSEMBLY AND ANNUAL MEETING
    概要:IMRTをおこなった脳腫瘍、頭頚部腫瘍の治療中の動きを測定した。下顎骨、舌骨は頭尾方向によく動き、鎖骨は左右方向によく動いた。頭部の動きは少なかった。この動きを計算に入れて、照射野を決定するべきである
  • Inverse planning of simultaneous integrated boost (SIB) method for high-grade gliomas: usefulness for defining GTV and CTV-annulus as two separate target volumes., 鈴木 実, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 第88回北米放射線学会 (RSNA),   2002年12月, 第88回北米放射線学会 (RSNA)
    概要:悪性神経膠腫に対する同時ブースト法の治療計画法において、肉眼的腫瘍体積と臨床標的体積輪を別のターゲットとして定義する方法の有用性について述べた。(英文)
  • 放射線治療におけるインフォームドコンセントと同意書-院内各科との比較, 岡嶋 馨, 南部 秀和, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会,   2002年11月, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会
    概要:放射線治療を開始する場合には全例で同意書に署名していただいている。その署名した書類の有無や形式を、院内の各科と比較検討した。
  • 茶粥常食歴のある食道癌患者の臨床的特徴, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会,   2002年11月, 日本放射線腫瘍学会第15回学術大会
    概要:当院で放射線治療施行した食道癌患者に対して、リスクファクターといわれている茶粥摂取歴との因果関係があるかを分析した。
  • 頭頸部腫瘍および脳腫瘍に対するIMRTのパイロット研究, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, 第1回日本高精度放射線外部照射研究会,   2002年07月, 第1回日本高精度放射線外部照射研究会
    概要:近畿大学における頭頸部腫瘍および脳腫瘍に対するIMRTのパイロット研究について上咽頭腫瘍および悪性神経膠腫を中心に述べた。
  • 茶粥と食道癌の関連性に関する検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 第271回 日本医学放射線学会関西地方会,   2002年06月, 第271回 日本医学放射線学会関西地方会
    概要:食道癌のリスクとして茶粥が関係しているといわれているが、当院での食道癌放射線治療患者に対して茶粥常食歴との関係があるかを検討した。
  • サブトラップ回路を使用した温熱治療, 金森 修一, North America Hyperthermia Society,   2002年04月, North America Hyperthermia Society
    概要:サブトラップ回路を使用する事で効率的な加温が可能となり、温熱治療の効果増強が期待される。
  • Multidetector-row CTによる乳腺腫瘍の評価, 井上正昭, 西村 恭昌, 長谷川博一, 綿井良輔, 栁生 行伸, 金森 修一, 足利 竜一朗, 第61回日本医学放射線学会学術発表会,   2002年04月, 第61回日本医学放射線学会学術発表会
    概要:MDCTによる乳腺腫瘍の良悪の鑑別はかなりの程度良好で、乳癌の周囲組織への浸潤の描出も良好である。MDCTは乳癌の有用な術前検査法である。
  • Tumor angiogenesis and hyperthermia., 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, The 3rd Asian Congress on Hyperthermic Oncology,   2002年04月, The 3rd Asian Congress on Hyperthermic Oncology
    概要:腫瘍血管新生の役割と、血管新生阻害療法が温熱療法にとって有望な治療法であることを述べた。(Congress lecture in English)
  • 拡張型サブトラップ回路による深部加温の基礎的研究, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 第20回北米温熱治療学会,   2002年04月, 第20回北米温熱治療学会
    概要:拡張型サブトラップ回路を使用したRF誘導加温装置により効率のよい深部加温が可能となる。
  • 非小細胞肺癌に対する放射線単独多分割照射法での治療成績, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 第271回日本医学放射線学会関西地方会,   2002年, 第271回日本医学放射線学会関西地方会
    概要:内科的理由あるいは高齢のため手術不可能であったⅠ期Ⅱ期の症例または手術を拒否されたⅢA期までの非小細胞肺癌症例に対し、放射線単独多分割照射法で治療を行ったところ、良好な治療成績が得られ、安全に治療が行われた。
  • Erythropoietin as an angiogenic factor in murine hepatic tumors, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, The Europian Cancer Conference,   2001年12月, The Europian Cancer Conference
    概要:ラット肝腫瘍の血管新生に、エリスロポエチンが関与している可能性が示唆された
  • 全病院フィルムレスシステムの運用-放射線治療における効果, 岡嶋 馨, 南部 秀和, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会,   2001年11月, 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会
    概要:現在運用しているオンライン画像システムが放射線治療において効果が高いことを報告した。
  • IMRTにおける inverse planning、各種パラメータの検討, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 奥村 雅彦, 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会,   2001年11月, 日本放射線腫瘍学会第14回学術大会
    概要:高精度放射線治療法IMRT(強度変調放射線療法)の治療計画における各種パラメータについて報告した。Inverse planningには、従来の治療計画と比較して、長時間かかり、かつ各種パラメータの設定に経験が必要である。
  • IMRT:intensity modulated radiotherapyのQAおよび治療計画, 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 第39回日本癌治療学会総会,   2001年11月, 第39回日本癌治療学会総会
    概要:新しい高精度放射線治療法IMRT(強度変調放射線療法)の治療計画、線量分布精度、位置精度および初期臨床成績を報告した。(ラウンドテーブルディスカッション)
  • Erythropoietin as an angiogenic factor in murine hepatic tumors., 中松 清志, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 安田 佳子, European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 20th Annual Meeting,   2001年10月, European Society for Therapeutic Radiology and Oncology, 20th Annual Meeting
    概要:Erythropoietinはラット肝細胞癌の血管新生に関与している。
  • ラット肝腫瘍の血管新生におけるErythropoietin の関与について, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, 第60回日本癌学会,   2001年09月, 第60回日本癌学会
    概要:ラット肝腫瘍の血管新生に、エリスロポエチンが関与している可能性が示唆された
  • 拡張型サブトラップ回路を使用した深部加温についての基礎的検討, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本ハイパーサーミア学会,   2001年09月, 日本ハイパーサーミア学会
    概要:サブトラップ回路を使用することで深部加温が効率的に施行可能となることを報告した。
  • T4食道癌に対する化学放射線療法, 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 栁生 行伸, 重岡 宏典, 第55回日本食道疾患研究会,   2001年07月, 第55回日本食道疾患研究会
    概要:T4食道癌に対するcisplatin/5-FU併用化学放射線療法の治療成績および合併症について報告した。化学放射線療法はT4食道癌にも有効な治療法である。
  • 頭頚部癌に対する新しい放射線治療IMRT:intensity modulated radiotherapy, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 第25回頭頚部腫瘍学会,   2001年06月, 第25回頭頚部腫瘍学会
    概要:新しい高精度放射線治療法IMRT(強度変調放射線療法)の頭頚部癌に対する治療計画、線量分布精度、位置精度について報告した。(ミニシンポジウム)
  • 乳腺疾患におけるMultislice CTの有用性の検討, 上田 和毅, 平井 昭彦, 大東 弘治, 乾 浩己, 安富 正幸, 綿谷 正弘, 金森 修一, 第9回日本乳癌学会総会,   2001年06月, 第9回日本乳癌学会総会
    概要:さまざまな乳腺疾患に対しMultislice CTを利用した術前診断の有用性について検討を行った.
  • Multislice CT による三次元乳房温存療法, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会春季臨床大会,   2001年04月, 日本医学放射線学会春季臨床大会
    概要:Multislice CT で撮影された乳房温存術後の温存乳腺に最適な線量分布を呈する照射方法を用いて効率よく求めるためにDVHを使用した。
  • 乳房温存療法のマルチスライスCTによる三次元治療計画, 金森 修一, 中松 清志, 西村 恭昌, 関西乳癌放射線治療研究会,   2001年02月, 関西乳癌放射線治療研究会
    概要:前年度の当科に導入されたマルチスライスCTおよびCT simulator について乳房温存療法に関する三次元放射線治療計画について報告した。
  • 頭頚部癌IMRTの初期経験, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 奥村 雅彦, 橋場 久幸, 早雲 里絵, 新谷 直也, 澄田 貢, 第11回京都放射線腫瘍研究会,   2001年01月, 第11回京都放射線腫瘍研究会
    概要:2000年11月より開始された頭頚部癌に対するIMRT(強度変調放射線療法)の初期経験について述べた。
  • Concurrent chemoradiotherapy with protracted infusion of 5-FU and cisplatin for advanced esophageal cancer., 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 栁生 行伸, 重岡 宏典, 第6回国際放射線腫瘍学会,   2001年01月, 第6回国際放射線腫瘍学会
    概要:進行食道癌に対するcisplatin, 5-FU少量持続化学放射線療法の合併症、局所効果、生存率についてまとめた。切除不能の局所進行食道癌でもIII期であれば本療法によって良好な生存率が示された。(英文抄録)
  • ラット肝腫瘍の血管新生におけるErythropoietin の関与について, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 鈴木 実, 安田 佳子, 第31回放射線による制癌シンポジウム,   2001年, 第31回放射線による制癌シンポジウム
    概要:ラット肝腫瘍の血管新生に、エリスロポエチンが関与している可能性が示唆された
  • T4食道癌に対する化学放射線治療:ステント併用に関する検討, 西村 恭昌, 金森 修一, 中松 清志, 栁生 行伸, 鈴木実, 第38回日本癌治療学会総会、ワークショップ:放射線療法とIVR:癌治療における新しい可能性,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会、ワークショップ:放射線療法とIVR:癌治療における新しい可能性
    概要:T4食道癌に対する化学放射線治療の治療成績をまとめた。食道気管支瘻などの危険は高いが、切除不能の食道癌でも長期生存が得られることを明らかにした
  • 乳癌における乳房Multislice CTの有用性, 上田 和毅, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 平井 昭彦, 井上 潔彦, 安富 正幸, 金森 修一, 第29回 阪南乳腺疾患研究会,   2000年10月, 第29回 阪南乳腺疾患研究会
    概要:乳癌に対する新たな画像診断法として乳房Multislice CTを行い,その撮影法および画像所見を紹介,有用性について発表を行った.
  • Clinical results of radiofrequency hyperthermia for primary and secondary malignant liver tumors, Nagata Y, 西村 恭昌, 金森 修一, Hiraoka M, Akuta K, Mitsumori M, Okuno Y, Horii N, Masunaga S, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:原発性および転移性肝腫瘍に対するラジオ波温熱療法の臨床成績をまとめた。温度上昇は必ずしも良好ではなかったが、切除不能原発性肝癌の5年生存率は17.5%であり、その治療成績は良好であった
  • Simultaneously intraluminal thermoradiotherapy for advanced esophageal cancer, Horii N, 西村 恭昌, 金森 修一, Kimura H, Mitsumori M,Okuno Y, Hiraoka M, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:進行食道癌に対する温熱同時併用腔内照射の治療成績をまとめた。温熱と放射線の同時併用治療により、食道潰瘍や食道狭窄などの晩期障害の頻度は高くなったが、その局所制御は良好であった
  • Clinical results of locoregional hyperthermia for primary and secondary bone tumors, Nagata Y, 西村 恭昌, 金森 修一, Zhu JL, Mitsumori M, Okuno Y, Horii N, Masunaga S, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:原発性および転移性骨腫瘍に対する局所温熱療法の温度上昇および治療効果を検討した。腫瘍平均温度は41.6℃で、1年生存率60%、疼痛緩和率64%であった。(英文)
  • Angiogenesis as a target in hyperthermia, 西村 恭昌, 金森 修一, 平岡真寛, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:温熱により腫瘍血管損傷がおきるが、その後の血管新生を制御することによって、温熱効果の増感が得られることをマウス腫瘍モデルを用いて明らかにした。(英文)
  • Microvasculature as a target in hyperthermia, 西村 恭昌, 金森 修一, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology,   2000年04月, the 8th International Congress of Hyperthermic Oncology
    概要:腫瘍微小血管損傷し温熱効果を増感する方法、あるいは温熱後の腫瘍血管新生阻害によって温熱効果を増感する方法についてマウス腫瘍を用いた実験結果について報告した。(英文)
  • Combined effects of tirapazamine and mild hyperthermia on TNP-470 treated solid tumors; reference to the effect on intratumor quiescent cells., Masunaga S, 西村 恭昌, 金森 修一, Ono K, Saga T, Suzuki M, Kinashi Y, Takagaki M, Kasai S, Hori H, the First International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Clinical,   2000年03月, the First International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Clinical
    概要:血管新生阻害剤(TNP-470)、低酸素細胞障害剤(tirapazamine)、温熱の併用効果を、マウスSCCVII腫瘍を用いて検討した。TNP-470投与によって、腫瘍内の低酸素細胞分画や、休止期細胞分画は上昇する傾向にあったが、tirapazamineや温熱によって、その治療効果は向上した。
  • Impact of neoadjuvant chemotherapy on Ki-67 and PCNA labeling indices for esophageal cancer, 西村 恭昌, 金森 修一, Horii N, Okuno Y,Hiraoka M, Shimada Y. Imamura M., the First International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Clinical,   2000年03月, the First International Conference on Translational Research and Pre-Clinical Strategies in Clinical
    概要:食道癌に術前化学療法を行った群と術前無治療群で、生検組織と切除標本でのKi-67, PCNA標識率の変化を検討した。その結果、術前化学療法群ではKi-67、PCNA標識率の低下が見られ、化学療法により放射線抵抗性の休止期細胞分画が増えることが示された。(英文)

作品

  • 温熱療法及び薬剤,   1999年

MISC

  • 放射線治療のいま―各がん腫におけるエビデンスと標準治療(12)乳がん診療のストラテジー―初期治療としての放射線治療―, 金森修一, 安積達也, 菰池佳史, 臨床腫瘍プラクティス, 13, 2, 148‐151,   2017年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702253113598826
  • 前立腺小線源療法後1年以内死亡の3例, 横川正樹, 中松清志, 稲田正浩, 福田浩平, 建部仁志, 石川一樹, 立花和泉, 門前一, 金森修一, 西村恭昌, 細野眞, Japanese Journal of Radiology, 35, Supplement, 51,   2017年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702285622891823
  • Two‐step法IMRTを用いた上咽頭癌における咽頭収縮筋の輪郭入力と有害事象の関係, 石川一樹, 稲田正浩, 福田浩平, 建部仁志, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会学術大会プログラム・抄録集, 30th, 33,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702243853622365
  • pN1乳房切除症例に対するPMRTの意義―自験例からの検討―, 安積達也, 東千尋, 金泉博文, 濱田未佳, 新崎亘, 藤島成, 橋本幸彦, 乾浩己, 北條敏也, 大和宗久, 金森修一, 菰池佳史, 日本外科学会定期学術集会(Web), 117th, ROMBUNNO.PS‐240‐1 (WEB ONLY),   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702273298912428
  • 肺転移を疑われた多発肺腫瘤の経過, 金森修一, 石川一樹, 西川龍之, 吉田健史, 西村恭昌, 日本肺癌学会総会号, 57th, 783,   2016年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602287433544762
  • 放射線照射による白血球減少症に対するセファランチンの臨床効果および有害事象の多施設後方視的共同研究, 金森修一, 平岡真寛, 福原昇, 大泉幸雄, 檀上敦, 中田健生, 大脇和彦, 西村恭昌, 癌と化学療法, 43, 9, 1075‐1079,   2016年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602257235845577
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 建部仁志, 石川一樹, 横川正樹, 稲田正浩, 福田浩平, 松浦知弘, 立花和泉, 中松清志, 門前一, 金森修一, 西村恭昌, 川上尚人, Japanese Journal of Radiology, 34, Supplement, 54,   2016年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702225915448027
  • 再発上咽頭癌に対する治療成績, 石川一樹, 稲田正浩, 福田浩平, 建部仁志, 立花和泉, 横川正樹, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, Japanese Journal of Radiology, 34, Supplement, 49,   2016年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702239660383271
  • 乳癌手術後における局所再発症例の検討, 新崎亘, 久保田倫代, 濱田未佳, 藤島成, 安積達也, 橋本幸彦, 乾浩己, 北條敏也, 大和宗久, 金森修一, 菰池佳史, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 24th, 583,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217379396619
  • IGRTを用いずに行った前立腺癌IMRTの治療成績, 中松清志, 西村恭昌, 横川正樹, 石川一樹, 建部仁志, 稲田正浩, 福田浩平, 金森修一, 門前一, 日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会学術大会プログラム・抄録集, 29th, 39,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602233929603950
  • 放射線治療による白血球減少症に対するセファランチンの臨床効果, 金森修一, 平岡真寛, 福原昇, 大泉幸雄, 檀上敦, 中田健生, 大脇和彦, 西村恭昌, 日本癌治療学会学術集会(Web), 54th, ROMBUNNO.WS77‐2 (WEB ONLY),   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602249765330076
  • 乳癌手術後の腋窩リンパ節再発をきたした11例の検討, 新崎 亘, 久保田 倫代, 濱田 美佳, 藤島 成, 安積 達也, 橋本 幸彦, 乾 浩己, 北條 敏也, 大和 宗久, 金森 修一, 菰池 佳史, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 23回, 611, 611,   2015年07月
  • 放射線治療のいま 各がん腫におけるエビデンスと標準治療 乳がん診療のストラテジー 初期治療としての放射線治療, 金森 修一, 安積 達也, 菰池 佳史, 臨床腫瘍プラクティス, 13, 2, 148, 151,   2017年05月
  • 原発性乳癌における乳房MRIの副病変評価の検討, 安積 達也, 久保田 倫代, 濱田 未佳, 新崎 亘, 藤島 成, 橋本 幸彦, 乾 浩己, 北條 敏也, 大和 宗久, 西田 諭美, 岩朝 勤, 鶴谷 純司, 金森 修一, 菰池 佳史, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 23回, 645, 645,   2015年07月
  • 前立腺小線源療法後1年以内死亡の3例, 横川 正樹, 中松 清志, 稲田 正浩, 福田 浩平, 建部 仁志, 石川 一樹, 立花 和泉, 門前 一, 金森 修一, 西村 恭昌, 細野 眞, Japanese Journal of Radiology, 35, Suppl., 51, 51,   2017年02月
  • 肺転移を疑われた多発肺腫瘤の経過, 金森 修一, 石川 一樹, 西川 龍之, 吉田 健史, 西村 恭昌, 肺癌, 56, 6, 783, 783,   2016年11月
  • 総合 支持療法の進歩 放射線治療による白血球減少症に対するセファランチンの臨床効果, 金森 修一, 平岡 真寛, 福原 昇, 大泉 幸雄, 檀上 敦, 中田 健生, 大脇 和彦, 西村 恭昌, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 54回, WS77, 2,   2016年10月
  • 放射線照射による白血球減少症に対するセファランチンの臨床効果および有害事象の多施設後方視的共同研究, 金森 修一, 平岡 真寛, 福原 昇, 大泉 幸雄, 檀上 敦, 中田 健生, 大脇 和彦, 西村 恭昌, 癌と化学療法, 43, 9, 1075, 1079,   2016年09月
    概要:放射線治療による白血球減少症に対するセファランチンの有効性・安全性の再評価を多施設共同研究として実施した。2007年4月〜2012年11月までに総照射線量が40Gy以上の放射線治療を施行し,セファランチンを2週間以上単独投与された20歳以上の悪性腫瘍例を対象とした。7施設から登録された65(男性31,女性34)例を対象とし,全治療期間における白血球数,赤血球数,血小板数の変動およびセファランチンの効果と有害事象を解析した。平均白血球数は放射線治療前には5.1×10^3/μLであったが,白血球減少確認時には3.1×10^3/μLと有意に減少し,セファランチン投与終了時には4.3×10^3/μLまで有意に回復した。一方,赤血球数と血小板数は放射線治療前と比較して白血球減少確認時にはいずれも有意に減少したが,その後の有意な変動は認めなかった。セファランチンに起因する重篤な有害事象は認めなかった。後方視的研究ではあるが,セファランチンは放射線治療による白血球減少症に対して安全で有意に効果的であることが確認された。(著者抄録)
  • 乳癌手術後における局所再発症例の検討, 新崎 亘, 久保田 倫代, 濱田 未佳, 藤島 成, 安積 達也, 橋本 幸彦, 乾 浩己, 北條 敏也, 大和 宗久, 金森 修一, 菰池 佳史, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 24回, 583, 583,   2016年06月
  • 再発上咽頭癌に対する治療成績, 石川 一樹, 稲田 正浩, 福田 浩平, 建部 仁志, 立花 和泉, 横川 正樹, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, Japanese Journal of Radiology, 34, Suppl., 49, 49,   2016年02月
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 建部 仁志, 石川 一樹, 横川 正樹, 稲田 正浩, 福田 浩平, 松浦 知弘, 立花 和泉, 中松 清志, 門前 一, 金森 修一, 西村 恭昌, 川上 尚人, Japanese Journal of Radiology, 34, Suppl., 54, 54,   2016年02月
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 建部仁志, 石川一樹, 横川正樹, 稲田正弘, 福田浩平, 松浦知弘, 立花和泉, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 頭けい部癌, 41, 2, 207,   2015年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502240929627270
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 建部 仁志, 石川 一樹, 横川 正樹, 稲田 正弘, 福田 浩平, 松浦 知弘, 立花 和泉, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 頭頸部癌, 41, 2, 207, 207,   2015年05月
  • 根治切除可能な大型3型/4型胃癌に対する術前TS‐1+CDDP併用化学放射線療法 第I/II相臨床試験OGSG1205の紹介, 横川正樹, 西村恭昌, 金森修一, 中松清志, 小池竜太, 西川龍之, 石川一樹, 立花和泉, 松浦智浩, 今野元博, 古川洋, Jpn J Radiol, 33, Supplement, 65,   2015年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201916671674
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療成績, 立花和泉, 西村恭昌, 建部仁志, 松浦知弘, 石川一樹, 小池竜太, 横川正樹, 中松清志, 金森修一, Jpn J Radiol, 33, Supplement, 76,   2015年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502210985195832
  • 当院における前立腺癌125I密封小線源永久挿入療法, 横川正樹, 中松清志, 西川龍之, 田村昌也, 金森修一, 小池竜太, 立花和泉, 石川一樹, 松浦知弘, 建部仁志, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 33, Supplement, 71,   2015年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502214915981313
  • 根治切除可能な大型3型/4型胃癌に対する術前TS-1+CDDP併用化学放射線療法 第I/II相臨床試験OGSG1205の紹介, 横川 正樹, 西村 恭昌, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西川 龍之, 石川 一樹, 立花 和泉, 松浦 智浩, 今野 元博, 古川 洋, Japanese Journal of Radiology, 33, Suppl., 65, 65,   2015年02月
  • 頭頸部腫瘍に対するPET/CT simulationを用いた放射線治療成績, 松浦知弘, 立花和泉, 金森修一, 中松清志, 横川正樹, 小池竜太, 西川龍之, 石川一樹, 田村昌也, 大久保充, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 32, Supplement, 36,   2014年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402250113620372
  • 当院における前立腺癌125I密封小線源永久挿入療法, 横川 正樹, 中松 清志, 西川 龍之, 田村 昌也, 金森 修一, 小池 竜太, 立花 和泉, 石川 一樹, 松浦 知弘, 建部 仁志, 西村 恭昌, Japanese Journal of Radiology, 33, Suppl., 71, 71,   2015年02月
  • 頸部食道癌に対する根治的化学放射線療法の検討, 小池竜太, 石川一樹, 中松清志, 金森修一, 西川龍之, 立花和泉, 松浦知弘, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 32, Supplement, 31,   2014年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402274345021641
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療成績, 立花 和泉, 西村 恭昌, 建部 仁志, 松浦 知弘, 石川 一樹, 小池 竜太, 横川 正樹, 中松 清志, 金森 修一, Japanese Journal of Radiology, 33, Suppl., 76, 76,   2015年02月
  • 転移性脳腫瘍に対する定位手術的照射, 金森修一, 石川一樹, 建部仁志, 松浦知弘, 立花和泉, 西村恭昌, 西川龍之, 藤島成, 安積達也, 菰池佳史, 綿谷正弘, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 22nd, 581,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402215325440285
  • 乳癌手術後に腋窩リンパ節再発をきたした11例の検討, 新崎亘, 久保田倫代, 濱田美佳, 藤島成, 安積達也, 橋本幸彦, 乾浩己, 北條敏也, 大和宗久, 金森修一, 菰池佳史, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 23rd, 611,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502204894764567
  • 放射線治療期間の短縮による治療法の有効性と安全性に関する研究, 金森修一, 放射線治療期間の短縮による治療法の有効性と安全性に関する研究 平成25年度 総括研究報告書, 43, 44,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402233245076378
  • 原発性乳癌における乳房MRIの副病変評価の検討, 安積達也, 久保田倫代, 濱田未佳, 新崎亘, 藤島成, 橋本幸彦, 乾浩己, 北條敏也, 大和宗久, 西田諭美, 岩朝勤, 鶴谷純司, 金森修一, 菰池佳史, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 23rd, 645,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502221132497954
  • センチネルリンパ節生検後に腋窩リンパ節再発をきたした4例の検討, 新崎亘, 平木洋子, 濱田美佳, 藤島成, 安積達也, 乾浩己, 北條敏也, 大和宗久, 金森修一, 菰池佳史, 橋本幸彦, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 22nd, 465,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402275504363326
  • 【部位別にわかりやすく理解!放射線最新治療とケア】 頭頸部(脳腫瘍・咽頭がん・喉頭がん), 石川 一樹, 金森 修一, Oncology Nurse, 8, 2, 8, 14,   2014年11月
  • UICC 2009年分類に基づく食道癌化学放射線療法の治療成績, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西川龍之, 立花和泉, 石川一樹, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 31, Supplement 1, 51,   2013年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302259518896693
  • 【部位別にわかりやすく理解!放射線最新治療とケア】 骨盤前方臓器(前立腺がん・膀胱がん), 横川 正樹, 金森 修一, Oncology Nurse, 8, 2, 28, 33,   2014年11月
  • 血管新生阻害剤が投与された患者に対する外部照射の経験, 西川龍之, 立花和泉, 石川一樹, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 31, Supplement 1, 47,   2013年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302288040069443
  • 【部位別にわかりやすく理解!放射線最新治療とケア】 骨盤後方臓器(子宮がん・直腸がん), 中松 清志, 金森 修一, Oncology Nurse, 8, 2, 34, 41,   2014年11月
  • 原発不明頭頸部癌に対する放射線治療成績, 石川一樹, 柴田徹, 立花和泉, 西川龍之, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 31, Supplement 1, 57,   2013年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302298047979874
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療成績, 立花和泉, 石川一樹, 金森修一, 中松清志, 小池竜太, 松浦知弘, 横川正樹, 西村恭昌, 建部仁志, 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM), 51st, ROMBUNNO.P16-6,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302249039332704
  • マントル細胞リンパ腫に対する姑息的放射線治療, 金森修一, 立花和泉, 石川一樹, 小池竜太, 中松清志, 松浦知弘, 横川正樹, 建部仁志, 西村恭昌, 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM), 51st, ROMBUNNO.P31-4,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302278416331203
  • PET/CTシミュレーションにおけるGTV描出のためのファントム実験, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 廣井啓二, 奥村雅彦, 西村恭昌, 花岡宏平, 宇佐美公男, 細野眞, Radiat Med, 26, 46,   2008年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902267065155450
  • PET/CTシミュレーションにおけるPET描出体積と肉眼的腫瘍体積との比較, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 廣井啓二, 西村恭昌, 奥村雅彦, 細野眞, Radiat Med, 26, 52,   2008年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902299424273284
  • 肺癌に対するPET/CTを用いた放射線治療計画, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 廣井啓二, 西川龍之, 奥村雅彦, 西村恭昌, 花岡宏平, 細野眞, 肺癌, 48, 2, 147,   2008年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902225807185750
  • pN2以上の乳癌の温存乳腺に対する放射線治療, 金森修一, 廣井啓二, 綿谷正弘, 乾浩己, 塩崎均, 西村恭昌, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 15th, 301, 301,   2007年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902230562462055
  • Stage III乳癌の温存乳房に対する放射線治療, 金森修一, 大久保充, 中松清志, 小池竜太, 西川龍之, 廣井啓二, 柴田徹, 西村恭昌, 臨床放射線, 53, 3, 442, 448,   2008年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902251997955514
  • PET/CTの放射線治療計画への応用:動体ファントムによる検討, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 廣井啓二, 西川龍之, 奥村雅彦, 西村恭昌, 花岡宏平, 細野眞, 核医学, 45, 1, 54, 55,   2008年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902208237371269
  • 医師の指示が理解できる!治療の最前線がわかる!治療の最新事情と看護師に求められる役割 乳がん 放射線治療と副作用対策, 長尾充子, 金森修一, がん患者ケア, 6, 1, 28, 33,   2012年09月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202208375870573
  • 前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の線量増加と有害事象の検討, 柴田徹, 中松清志, 大久保充, 西川龍之, 廣井啓二, 金森修一, 西村恭昌, 日本医学放射線学会総会抄録集, 67th, S188,   2008年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227878019632
  • 乳癌の治療戦略 放射線療法 PMRT(post‐mastectomy radiation therapy), 金森修一, 立花和泉, 石川一樹, 西川龍之, 西村恭昌, 日本臨床, 70, 543, 547,   2012年09月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202232351778828
  • PET/CTシミュレーションにおけるFDG活性閾値設定の検討, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 西川龍之, 小池竜太, 廣井啓二, 奥村雅彦, 西村恭昌, 細野眞, 日本医学放射線学会総会抄録集, 67th, S258,   2008年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902229433304674
  • 乳房温存療法における放射線治療が術創治癒のQOLに貢献する役割, 金森修一, 石川一樹, 立花和泉, 西川龍之, 藤島成, 安積達也, 塩崎均, 綿谷正弘, 大和宗久, 西村恭昌, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 20th, 354,   2012年05月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202259460938440
  • 統合型PET/CTによる肺癌の放射線治療計画, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 西川龍之, 西村恭昌, 肺癌, 47, 5, 516,   2007年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902272025443847
  • 3期非小細胞肺癌に対する化学放射線療法の成績, 西川龍之, 中松清志, 立花和泉, 石川一樹, 小池竜太, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 日本医学放射線学会総会抄録集, 71st, S308,   2012年02月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202211986307000
  • カルチノイドに対する姑息照射を行った2例, 立花和泉, 西村恭昌, 柴田徹, 金森修一, 中松清志, 小池竜太, 西川龍之, Jpn J Radiol, 30, Supplement 1, 39,   2012年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202205431964382
  • 中咽頭・下咽頭癌に対する先進医療:強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績, 柴田徹, 中松清志, 小池竜太, 大久保充, 廣井啓二, 西川龍之, 金森修一, 森一功, 西村恭昌, 日本癌治療学会誌, 42, 2, 433,   2007年09月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223176900483
  • 切除不能局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法(CRT)の検討, 石川一樹, 小池竜太, 立花和泉, 西川龍之, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 30, Supplement 1, 51,   2012年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202243343383263
  • 乳房温存療法後の乳房術創に対する放射線治療の影響, 金森修一, 立花和泉, 石川一樹, 西川龍之, 小池竜太, 西村恭昌, 日本創傷治癒学会プログラム・抄録集, 42nd, 136,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202212873444198
  • 化学放射線療法 切除不能局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法の検討, 石川一樹, 小池竜太, 立花和泉, 西川龍之, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 癌の臨床, 57, 2, 71, 75,   2011年12月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202243502032809
  • 高精度治療および短期照射治療に伴う有害事象 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)近畿大学での経験, 西村恭昌, 柴田徹, 中松清志, 金森修一, 小池竜太, 西川龍之, 立花和泉, 石川一樹, 臨床放射線, 56, 8, 943, 949,   2011年08月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102202352181546
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療の検討, 立花和泉, 柴田徹, 金森修一, 中松清志, 田村昌也, 小池竜太, 西川龍之, 大久保充, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 29, Supplement 1, 42,   2011年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102274750134060
  • 頸部食道癌に対する根治的化学放射線療法の検討, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西川龍之, 立花和泉, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 29, Supplement 1, 56,   2011年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102286668786031
  • 肺癌術後局所領域再発に対する根治的放射線治療成績, 立花和泉, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 西川龍之, 石川一樹, 西村恭昌, 肺癌, 50, 4, 399,   2010年08月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002247985814048
  • 喉頭癌に対する根治的放射線治療, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 西川龍之, 立花和泉, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 28, Supplement 1, 50,   2010年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002206982218802
  • 食道癌根治症例に対する化学放射線療法の検討, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 大久保充, 廣井啓二, 西川龍之, 西村恭昌, Jpn J Radiol, 28, Supplement 1, 44,   2010年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002207443285225
  • PET/CTシミュレーションにおける転移リンパ節の評価, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 西川龍之, 小池竜太, 立花和泉, 奥村雅彦, 西村恭昌, 細野眞, Japanese Journal of Radiology, 28, Supplement 1, 56,   2010年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002280021854072
  • PMRT~放射線治療に関する問題点~, 金森修一, 西川龍之, 立花和泉, 西村恭昌, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 18th, 347,   2010年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002209822802248
  • 乳癌の脳転移に対する放射線治療, 西川龍之, 金森修一, 廣井啓二, 立花和泉, 藤島成, 安積達也, 綿谷正弘, 西村恭昌, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 18th, 520,   2010年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002264565454560
  • T1NOMO原発性肺腫瘍に対する定位放射線治療, 西川龍之, 立花和泉, 中松清志, 小池竜太, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 日本医学放射線学会総会抄録集, 69th, S221,   2010年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002257412609224
  • 前立腺癌IMRTの線量増加の治療成績と晩期有害事象の検討, 柴田徹, 中松清志, 田村昌也, 西川龍之, 小池竜太, 立花和泉, 金森修一, 西村恭昌, 日本医学放射線学会総会抄録集, 69th, S302,   2010年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002268713848757
  • 頸部食道癌に対する根治的化学放射線療法, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 立花和泉, 西川龍之, 西村恭昌, 日本医学放射線学会総会抄録集, 69th, S299,   2010年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002295828382481
  • 肛門管癌に対する根治的放射線治療の臨床成績, 立花和泉, 柴田徹, 金森修一, 中松清志, 田村昌也, 小池竜太, 西川龍之, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 21, Supplement 1, 126,   2009年08月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204811093161
  • PMRTの中期治療成績, 金森修一, 西川龍之, 中松清志, 小池竜太, 立花和泉, 廣井啓二, 柴田徹, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 21, Supplement 1, 142,   2009年08月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244298790449
  • 究極の乳房温存療法―放射線治療により根治に至った局所進行乳癌―, 西川龍之, 金森修一, 綿谷正弘, 立花和泉, 廣井啓二, 西村恭昌, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 17th, 362,   2009年06月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243752211797
  • 上咽頭癌の脊髄播種に対して放射線治療を繰り返し10年生存の一例, 西川龍之, 小池竜太, 大久保充, 廣井啓二, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, Radiat Med, 27, Supplement 1, 53,   2009年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221121540809
  • 術後再発・残存食道癌に対する化学放射線療法の検討, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 大久保充, 廣井啓二, 西村恭昌, Radiat Med, 27, Supplement 1, 48,   2009年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239431189040
  • 肺癌の4DCTによる治療計画の検討, 西川龍之, 大久保充, 小池竜太, 廣井啓二, 奥村雅彦, 浅井義行, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, Radiat Med, 27, Supplement 1, 59,   2009年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276581526730
  • 肺癌・咽頭癌におけるPET/CTシミュレーション;転移リンパ節の評価, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 西川龍之, 小池竜太, 立花和泉, 奥村雅彦, 西村恭昌, 細野眞, 日本医学放射線学会総会抄録集, 68th, S226,   2009年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226855206021
  • IMRTを併用した食道癌化学放射線療法の考察, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 立花和泉, 大久保充, 西川龍之, 西村恭昌, 日本医学放射線学会総会抄録集, 68th, S198,   2009年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250131170775
  • 非小細胞肺癌術後に対する放射線治療の検討, 立花和泉, 西村恭昌, 柴田徹, 金森修一, 中松清志, 小池竜太, 原聡, 廣畑健, 西川龍之, 南憲司, 肺癌, 48, 5, 463,   2008年10月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278410525380
  • O-76 非小細胞肺癌術後に対する放射線治療の検討(放射線・集学的治療,第49回日本肺癌学会総会号), 立花 和泉, 西村 恭昌, 柴田 徹, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 原 聡, 廣畑 健, 西川 龍之, 南 憲司, 肺癌, 48, 5,   2008年10月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006986224
  • 喉頭癌に対する根治的放射線治療成績, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 西川龍之, 立花和泉, 西村恭昌, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 575,   2008年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290436565593
  • 前立腺癌の強度変調放射線治療におけるDose escalation:リスク臓器に対する線量制約の妥当性の検証, 柴田徹, 中松清志, 大久保充, 金森修一, 小池竜太, 西川龍之, 立花和泉, 西村恭昌, 日本癌治療学会誌, 43, 2, 594,   2008年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297917536273
  • 浸潤性胸腺腫における放射線治療の有用性, 金森修一, 小池竜太, 立花和泉, 石川久, 中松清志, 大久保充, 西川龍之, 廣井啓二, 柴田徹, 西村恭昌, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 44th, S522,   2008年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239153426001
  • がん対策基本法後の放射線治療―第103回関西Cancer Therapistの会より―, 金森修一, 中村聡明, 日本放射線腫よう学会誌, 20, Supplement 1, 235,   2008年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205589890615
  • 近畿大学における食道癌に対する根治的(化学)放射線療法の治療成績, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 大久保充, 廣井啓二, 西川龍之, 立花和泉, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 20, Supplement 1, 130,   2008年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216889447430
  • 非小細胞肺癌術後再発に対する根治的放射線治療, 立花和泉, 大久保充, 廣井啓二, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 西川龍之, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 20, Supplement 1, 157,   2008年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230192557582
  • 中咽頭癌に対する強度変調放射線治療の意義, 柴田徹, 中松清志, 小池竜太, 大久保充, 西川龍之, 立花和泉, 金森修一, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 20, Supplement 1, 227,   2008年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257615664602
  • 傍胸骨リンパ節再発に対する治療症例, 西川龍之, 大久保充, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 20, Supplement 1, 220,   2008年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272529906503
  • 放射線治療を行った傍胸骨リンパ節再発の4症例, 西川龍之, 金森修一, 綿谷正弘, 廣井啓二, 西村恭昌, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 16th, 422,   2008年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246205522671
  • 当院における子宮頸癌に対する根治的放射線治療, 中松清志, 鈴木実, 廣井啓二, 小池竜太, 大久保充, 西川龍之, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 松本賢治, 新谷直也, 奥村雅彦, 日本放射線腫よう学会誌, 20, 2, 94,   2008年06月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272806644856
  • 15.肺癌に対するPET/CTを用いた放射線治療計画(第87回日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動), 大久保 充, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 廣井 啓ニ, 西川 龍之, 奥村 雅彦, 西村 恭昌, 花岡 宏平, 細野 眞, 肺癌, 48, 2,   2008年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006668189
  • 診療 Stage3乳癌の温存乳房に対する放射線治療, 金森 修一, 大久保 充, 中松 清志, 臨床放射線, 53, 3, 442, 448,   2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015915802
  • O-151 統合型PET/CTによる肺癌の放射線治療計画(一般演題(口演)26 放射線療法,第48回日本肺癌学会総会号), 大久保 充, 中松 清志, 柴田 徹, 金森 修一, 小池 竜太, 西川 龍之, 西村 恭昌, 肺癌, 47, 5,   2007年10月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006480360
  • 中咽頭・下咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT):治療効果と機能温存に関する検討, 柴田徹, 中松清志, 小池竜太, 大久保充, 廣井啓二, 金森修一, 森一功, 西村恭昌, 頭けい部癌, 33, 2, 123,   2007年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288850723252
  • 同時両側乳癌に対する乳房温存療法の検討, 廣井啓二, 金森修一, 大久保充, 小池竜太, 中松清志, 柴田徹, 西村恭昌, Radiat Med, 25, 75,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902211111147798
  • 前立腺癌患者に対する放射線治療の急性・晩期有害事象の検討, 大久保充, 柴田徹, 廣井啓二, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, Radiat Med, 25, 71,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245163639496
  • StageIV食道癌の化学放射線療法の治療成績, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 任誠雲, 大久保充, 西村恭昌, Radiat Med, 25, 65,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268860292941
  • 乳癌と卵巣癌の重複癌の1症例, 大久保充, 金森修一, 任誠雲, 小池竜太, 中松清志, 柴田徹, 西村恭昌, Radiat Med, 25, 60,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286770889300
  • 近畿大学病院における造影CT検査副作用への対応について, 土屋典生, 下野太郎, 足利竜一朗, 岡田真広, 柳生行伸, 米矢吉宏, 任誠雲, 葉輝明, 細野眞, 大久保充, 廣井啓二, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村泰昌, Radiat Med, 25, 79,   2007年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299334111390
  • Stage III乳癌の温存乳腺に対する放射線治療, 金森修一, 中松清志, 大久保充, 小池竜太, 廣井啓二, 柴田徹, 増永慎一郎, 鈴木実, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 66th, S212,   2007年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234001937416
  • 動体ファントムを用いたPET抽出体積の検討, 大久保充, 中松清志, 金森修一, 小池竜太, 廣井啓二, 柴田徹, 西村恭昌, 奥村雅彦, 花岡宏平, 細野眞, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 66th, S332,   2007年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246442995452
  • 90Srによる翼状片術後照射の合計線量に関するランダム化比較試験, 中松清志, 金森修一, 廣井啓二, 小池竜太, 柳生行伸, 柴田徹, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 66th, S253,   2007年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278446432575
  • 限局進行膵癌に対する放射線療法, 廣井啓二, 中松清志, 大久保充, 小池竜太, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 66th, S101-S102,   2007年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290794431744
  • 前立腺癌に対するヨウ素125シード永久挿入療法の初期経験, 中松清志, 大久保充, 小池竜太, 廣井啓二, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 18, Supplement 1, 153,   2006年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201127727985
  • 肺癌に対するPET/CTシミュレーションにおけるFDG活性閾値設定法の検討, 大久保充, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 廣井啓二, 西村恭昌, 奥村雅彦, 細野眞, 日本放射線腫よう学会誌, 18, Supplement 1, 147,   2006年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232151591450
  • 進行乳癌に対するPMRTの治療成績, 金森修一, 中松清志, 柴田徹, 小池竜太, 大久保充, 廣井啓二, 乾浩己, 綿谷正弘, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 18, Supplement 1, 167,   2006年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261379607020
  • IMRTを併用した頸部食道癌化学放射線療法の治療成績, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 大久保充, 廣井啓二, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 18, Supplement 1, 130,   2006年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279562579601
  • 前立腺IMRT導入期における位置精度と線量分布の妥当性の検討, 柴田徹, 新谷直也, 浅井義行, 奥村雅彦, 大久保充, 中松清志, 小池竜太, 廣井啓二, 金森修一, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 18, Supplement 1, 151,   2006年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283391334769
  • 転移性骨腫瘍を疑い緊急照射を考慮した脊椎カリエス症の一例, 廣井啓二, 金森修一, 大久保充, 小池竜太, 中松清志, 柴田徹, 西村恭昌, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 42nd, S458,   2006年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902217299220711
  • 温存乳腺に照射後に発症したBOOP様陰影を呈した3症例, 廣井啓二, 金森修一, 綿谷正弘, 乾浩巳, 塩崎均, 西村恭昌, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 14th, 457,   2006年05月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226525274195
  • 近畿大学におけるPMRT―5年間の経過―, 金森修一, 綿谷正弘, 乾浩己, 橋本幸彦, 塩崎均, 廣井啓二, 西村恭昌, 日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 14th, 443,   2006年05月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266647162101
  • 当院における前立腺癌の放射線治療成績とIMRTの初期経験, 大久保充, 柴田徹, 広井啓二, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65th, S311,   2006年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245075609064
  • 頚部食道癌に対する化学放射線療法の検討, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 大久保充, 広井啓二, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65th, S218,   2006年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262487445955
  • 乳房切除後の胸壁に対する三次元放射線治療計画, 金森修一, 中松清志, 柴田徹, 大久保充, 小池竜太, 広井啓二, 綿谷正弘, 乾浩己, 橋本幸彦, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65th, S307,   2006年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272112155289
  • 上咽頭癌に対する強度変調放射線治療(IMRT), 中松清志, 小池竜太, 金森修一, 柴田徹, 広井啓二, 大久保充, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 65th, S211,   2006年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280153968327
  • 加速過分割照射法による限局型小細胞肺癌の治療成績, 柴田徹, 金森修一, 西村恭昌, 肺癌, 45, 5, 517,   2005年11月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208787224530
  • 加速過分割照射法による限局型小細胞肺癌の治療成績(15 放射線療法, 第46回 日本肺癌学会総会), 柴田 徹, 金森 修一, 西村 恭昌, 肺癌, 45, 5,   2005年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004039868
  • 前立腺癌患者に対する放射線治療の急性・晩期有害事象の検討, 大久保充, 西村恭昌, 小池竜太, 金森修一, 柴田徹, 中松清志, 日本放射線腫よう学会誌, 17, Supplement 1, 129,   2005年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902271671512761
  • IV期食道癌に対する化学放射線療法の検討, 小池竜太, 西村恭昌, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 大久保充, 日本癌治療学会誌, 40, 2, 426,   2005年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902202539103613
  • 粒子線,IMRTのあたらしい放射線治療 頭頚部腫ように対するIMRT:再発形式の検討, 西村恭昌, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 小池竜太, 鈴木実, 日本癌治療学会誌, 40, 2, 208,   2005年09月22日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284817274196
  • 腋窩郭清完全省略に向かって:腋窩リンパ節画像診断とセンチネルリンパ節生検(SLNB)の現状と問題点, 乾浩己, 綿谷正弘, 金森修一, 任誠雲, 黒田幸作, 橋本幸彦, 上田和毅, 大和宗久, 北條敏也, 平井今日子, 塩崎均, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 13th, 274,   2005年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230342394814
  • 初発3期乳癌に対するPMRTの当科における治療成績, 金森修一, 綿谷正弘, 乾浩己, 塩崎均, 西村恭昌, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 13th, 237,   2005年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902253792839689
  • 術前化学療法後の乳房温存療法の治療成績について, 金森修一, 中松清志, 小池竜太, 西村恭昌, 綿谷正弘, 乾浩己, 塩崎均, 癌治療と宿主, 17, 2, 213,   2005年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221562167810
  • 術前化学療法前後の乳腺造影CT評価による手術法選択, 乾浩己, 綿谷正弘, 黒田幸作, 安積達也, 塩崎均, 金森修一, 井上正昭, 西村恭昌, 癌治療と宿主, 17, 2, 214,   2005年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241401786910
  • T4乳癌に対する乳切後胸壁照射の初期成績, 金森修一, 柴田徹, 中松清志, 小池竜太, 増永慎一郎, 鈴木実, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64th, S340,   2005年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221269457226
  • 頭頚部腫ように対するIMRT:唾液腺障害と再発形式の検討, 西村恭昌, 中松清志, 柴田徹, 金森修一, 小池竜太, 鈴木実, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64th, S182,   2005年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250939996212
  • IV期食道癌に対する化学放射線療法, 小池竜太, 西村恭昌, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 鈴木実, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64th, S160-S161,   2005年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257649520456
  • 限局型小細胞肺癌に対する加速過分割照射を用いた化学放射線療法, 柴田徹, 中松清志, 金森修一, 小池竜太, 西村恭昌, 日本医学放射線学会学術集会抄録集, 64th, S164,   2005年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275893413279
  • 頭頚部癌に対するタキソテールと放射線治療の同時併用療法の第I,II相臨床試験, 鈴木実, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 柴田徹, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 16, Supplement 1, 87,   2004年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208675359182
  • 放射線誘発癌の可能性のある6症例, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 任誠雲, 柴田徹, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 16, Supplement 1, 181,   2004年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231675490698
  • SIB法を用いた悪性神経こう腫に対するIMRT, 中松清志, 金森修一, 小池竜太, 柴田徹, 鈴木実, 岡島馨, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 16, Supplement 1, 125,   2004年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266636195822
  • 頭頚部癌に対する治療の新展開 頭頚部腫よう:強度変調放射線治療による唾液腺障害の軽減, 西村恭昌, 中松清志, 金森修一, 鈴木実, 日本癌治療学会誌, 39, 2, 393,   2004年09月29日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230329603323
  • 90ストロンチウムによる翼状片術後照射;合計線量に関するランダム化比較試験, 中松清志, 金森修一, 小池竜太, 柳生行伸, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 7, 420,   2004年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214382430079
  • ろう孔を有する進行食道癌に対する放射線治療, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 任誠雲, 西川龍之, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 5, 340,   2004年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240372121478
  • 喉頭癌T2症例に対する根治的放射線療法 異なる線量分割法での治療成績, 任 誠雲, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 有田 繁広, 鈴木 実, 頭頸部腫瘍, 30, 2, 269, 269,   2004年05月
  • 局所進行乳癌に対する乳房全摘後の照射についての検討, 金森修一, 綿谷正弘, 乾浩己, 西村恭昌, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 12th, 280,   2004年04月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902284312336103
  • 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療成績, 中松清志, 西村恭昌, 鈴木実, 金森修一, 小池竜太, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 3, 162,   2004年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245999645164
  • 翼状片に対するSr‐90術後照射の合計線量に関するランダム化比較試験, 中松清志, 金森修一, 柳生行伸, 小池竜太, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 2, S263,   2004年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215172172898
  • Stage III乳癌に対するPMRTの初期経験, 金森修一, 中松清志, 増永慎一郎, 小池竜太, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 2, S308,   2004年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278489786150
  • 術後再発食道癌に対する同時化学放射線療法, 小池竜太, 中松清志, 金森修一, 鈴木実, 任誠雲, 上杉桂明, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 1, 66,   2004年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207219125424
  • 放射性核種の免疫レベルとクリアランスレベルの算出に関する考察, 細野真, 西村恭昌, 粟井和夫, 井上正昭, 下野太郎, 金森修一, 柳生行伸, 中松清志, 花田一志, 核医学, 40, 4, 507, 508,   2003年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902251891650161
  • 西日本胸部腫よう臨床研究機構(WJTOG)における放射線治療の品質管理(QC), 西村恭昌, 福田晴行, 副島俊典, 多田卓仁, 田中正博, 辻野佳世子, 中松清志, 金森修一, 植島久雄, 肺癌, 43, 5, 480,   2003年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290320405360
  • 西日本胸部腫瘍臨床研究機構(WJTOG)における放射線治療の品質管理(QC), 西村 恭昌, 福田 晴行, 副島 俊典, 多田 卓仁, 田中 正博, 辻野 佳世子, 中松 清志, 金森 修一, 植島 久雄, 田村 研治, 肺癌, 43, 5, 480, 480,   2003年10月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003104512
  • 高齢者非小細胞肺癌に対する放射線治療成績, 中松 清志, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 小池 竜太, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 3, 162, 162,   2004年03月
  • 翼状片に対するSr-90術後照射の合計線量に関するランダム化比較試験, 中松 清志, 金森 修一, 柳生 行伸, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 2, S263, S263,   2004年02月
  • Stage III乳癌に対するPMRTの初期経験, 金森 修一, 中松 清志, 増永 慎一郎, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 64, 2, S308, S308,   2004年02月
  • 肺癌放射線治療において不均質部補正アルゴリズムが照射線量計算に及ぼす影響, 鈴木 実, 奥村 雅彦, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌, 15, 4, 271, 275,   2003年12月25日, 10.11182/jastro1989.15.271, http://ci.nii.ac.jp/naid/10027059743
  • 放射性核種の免除レベルとクリアランスレベルの算出に関する考察, 細野 眞, 西村 恭昌, 粟井 和夫, 井上 正昭, 下野 太郎, 金森 修一, 柳生 行伸, 中松 清志, 花田 一志, 小池 竜太, 米矢 吉宏, 核医学, 40, 4, 507, 508,   2003年11月
  • 唾液腺障害と線量との相関 DVHによる検討, 岡嶋 馨, 南部 秀和, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会誌, 15, Suppl.1, 73, 73,   2003年10月
  • 高齢者の非小細胞肺癌に対する放射線治療成績, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 小池 竜太, 任 誠雲, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会誌, 15, Suppl.1, 105, 105,   2003年10月
  • 喉頭癌T2症例に対する放射線治療成績, 任 誠雲, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 小池 竜太, 有田 重広, 鈴木 実, 日本放射線腫瘍学会誌, 15, Suppl.1, 126, 126,   2003年10月
  • 照射前或いは照射中に瘻孔を形成した進行食道癌に対する放射線治療の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 金森 修一, 任 誠雲, 西村 恭昌, 鈴木 実, 日本放射線腫瘍学会誌, 15, Suppl.1, 138, 138,   2003年10月
  • 強度変調放射線治療: 頭頚部腫ようの初期臨床成績, 西村恭昌, 中松清志, 金森修一, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 236,   2003年09月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248022968649
  • IMRTの現状とその問題点 臨床応用の現状と問題点 頭頚部腫よう,脳腫ように対するIMRTの現状と問題点, 西村恭昌, 中松清志, 金森修一, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 7, S359-S360,   2003年09月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249998518873
  • T2乳癌に対する導入化学療法後の乳房温存療法: 初期成績, 金森修一, 中松清志, 綿谷正弘, 乾浩己, 西村恭昌, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 354,   2003年09月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263044263982
  • 臨床応用の現状と問題点 頭頸部腫瘍,脳腫瘍に対するIMRTの現状と問題点, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 7, S359, S360,   2003年09月
  • 強度変調放射線治療 頭頸部腫瘍の初期臨床成績, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 236, 236,   2003年09月
  • T2乳癌に対する導入化学療法後の乳房温存療法 初期成績, 金森 修一, 中松 清志, 綿谷 正弘, 乾 浩己, 西村 恭昌, 日本癌治療学会誌, 38, 2, 354, 354,   2003年09月
  • 術後再発食道癌に対する同時併用少量持続化学放射線療法の検討, 小池竜太, 中松清志, 鈴木実, 金森修一, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 2, S124,   2003年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210278491028
  • 頭頚部腫ように対するIMRT Intrafraction organ motionの検討, 中松清志, 鈴木実, 金森修一, 小池竜太, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 2, S118,   2003年02月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240071549731
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT Intrafraction organ motion(IOM)の検討, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 3, 119, 119,   2003年02月
  • 近畿大学における乳房温存療法について, 金森 修一, 中松 清志, 小池 竜太, 西村 恭昌, 鈴木 実, 増永 慎一朗, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 3, 119, 119,   2003年02月
  • 頭頸部腫瘍に対するIMRT:Intrafraction organ motionの検討, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 2, S118, S118,   2003年02月
  • 術後再発食道癌に対する同時併用少量持続化学放射線療法の検討, 小池 竜太, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 63, 2, S124, S124,   2003年02月
  • 乳癌画像診断の新しいアプローチ Multidetector CT(MDCT)による乳腺腫瘍の検討, 井上 正昭, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, 西村 恭昌, 上田 和毅, 綿谷 正弘, 癌治療と宿主, 15, 1, 86, 86,   2003年01月
  • EFFECTS OF INHOMOGENEITY CORRECTION ALGORITHMS ON MONITOR UNITS CALCULATION: ANALYSIS OF CLINICAL CASES OF LUNG CANCER, 鈴木 実, 奥村 雅彦, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会誌, 15, 4, 271, 275,   2003年, 10.11182/jastro1989.15.271, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003997875
    概要:Purpose: To investigate the effects of inhomogeneity correction algorithms on dose calculations using an inhomogeneity phantom and clinical cases of lung cancer.
    Materials and methods: Two inhomogeneity correction algorithms, the Batho (generalized Batho Power Law) and equivalent tissue-air-ratio (ETAR) equipped with Cadplan Helios ver. 6.01, were evaluated in the present study. Using phantoms with 5 and 10 cm cork layers between water density material layers, the central axis depth doses for points beyond the cork layer were measured and compared with the calculated doses, with and without inhomogeneity corrections. Photon beams of 6 and 10 MV were used. We analyzed the values of the monitor unit (MU) of 50 beams calculated with and without correction algorithms using patient data from patients with lung cancer.
    Results: In the phantom experiments, the measured doses showed overdoses of 6.7-21.8% compared with the calculated doses without inhomogeneity correction algorithms. The measured doses with the Batho algorithm ranged from 0.938 to 1.003 of the calculated dose. The ETAR algorithm had a tendency to predict lower values than the Batho algorithm. In the patient data analysis, the Batho and ETAR yielded underdosing of 4.2% and 5.6% on average, respectively, compared with the uncorrected doses.
    Conclusions: The inhomogeneity correction algorithms, Batho and ETAR, are effective in predicting the doses delivered to points beyond the lung. However, in using these correction algorithms in clinical studies, the underdosing of the tumor doses should be considered compared with the uncorrected doses.
  • 茶粥と食道癌の関連性に関する検討, 小池竜太, 中松清志, 鈴木実, 金森修一, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 12, 721,   2002年10月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902104646234168
  • 非小細胞肺癌に対する放射線単独多分割照射法での治療成績, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 小池 竜太, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 12, 719, 719,   2002年10月
  • 茶粥と食道癌の関連性に関する検討, 小池 竜太, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 12, 721, 721,   2002年10月
  • 頭頚部腫よう・脳腫ように対するIMRTの初期臨床効果, 西村恭昌, 中松清志, 金森修一, 鈴木実, 日本癌治療学会誌, 37, 2, 194,   2002年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902154095241840
  • T4食道癌に対する化学放射線療法, 西村恭昌, 鈴木実, 中松清志, 金森修一, 柳生行伸, 重岡宏典, 日本消化器外科学会雑誌, 35, 9, 1578,   2002年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902155956289594
  • III-1-1.T4食道癌に対する化学放射線療法(第55回日本食道疾患研究会), 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 柳生 行伸, 重岡 宏典, 日本消化器外科学会雑誌, 35, 9,   2002年09月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001344463
  • T4食道癌に対する化学放射線療法, 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 柳生 行伸, 重岡 宏典, 日本消化器外科学会雑誌, 35, 9, 1578, 1578,   2002年09月
  • 頭頸部腫瘍・脳腫瘍に対するIMRTの初期臨床効果, 西村 恭昌, 中松 清志, 金森 修一, 鈴木 実, 日本癌治療学会誌, 37, 2, 194, 194,   2002年09月
  • 頭頸部癌に対するタキソテールと放射線治療の同時併用療法の第I相臨床試験, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 楠 威志, 石川 雅洋, 森 一功, 頭頸部腫瘍, 28, 2, 379, 379,   2002年05月
  • IMRTによるSimultaneous integrated boost(SIB)法の治療計画, 鈴木実, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 3, S117-S118,   2002年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123278676850
  • Multidetector‐row CTによる乳腺腫ようの評価, 井上正昭, 長谷川博一, 綿井良輔, 柳生行伸, 金森修一, 足利竜一朗, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 3, S73-S74,   2002年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129782447402
  • Multidetector-row CTによる乳腺腫瘍の評価, 井上 正昭, 長谷川 博一, 綿井 良輔, 柳生 行伸, 金森 修一, 足利 竜一朗, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 3, S73, S74,   2002年03月
  • IMRTによるSimultaneous integrated boost(SIB)法の治療計画, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 62, 3, S117, S118,   2002年03月
  • 乳腺腫ようにおけるMDCTの有用性, 井上正昭, 金森修一, 足利竜一朗, 西村恭昌, 日本画像医学雑誌, 20, 5, 293,   2002年02月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902155989749213
  • 乳腺腫瘍におけるMDCTの有用性, 井上 正昭, 金森 修一, 足利 竜一朗, 西村 恭昌, 日本画像医学雑誌, 20, 5, 293, 293,   2002年02月
  • 深部加温におけるサブトラップ回路の活用法, 金森 修一, 鈴木 実, 中松 清志, 西村 恭昌, 堀井 直敏, 日本ハイパーサーミア学会誌, 17, 4, 259, 260,   2001年12月
  • IMRTにおけるInverse Planning 各種パラメータの検討, 西村恭昌, 鈴木実, 金森修一, 中松清志, 奥村雅彦, 日本放射線腫よう学会誌, 13, Supplement 1, 117,   2001年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902120878319866
  • 全病院フィルムレスシステムの運用 放射線治療における効果, 岡嶋馨, 南部秀和, 中松清志, 鈴木実, 金森修一, 西村恭昌, 日本放射線腫よう学会誌, 13, Supplement 1, 116,   2001年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133843461478
  • 肺癌放射線治療において線量計算アルゴリズムが線量分布に及ぼす影響, 鈴木実, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 橋場久幸, 奥村雅彦, 日本放射線腫よう学会誌, 13, Supplement 1, 77,   2001年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902179867742869
  • 乳房温存療法のマルチスライスCTによる三次元治療計画, 金森修一, 鈴木実, 中松清志, 西村恭昌, 癌治療と宿主, 13, 4, 370,   2001年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902172863551223
  • 乳房温存療法のマルチスライスCTによる三次元治療計画, 金森 修一, 鈴木 実, 中松 清志, 西村 恭昌, 癌治療と宿主, 13, 4, 370, 370,   2001年10月
  • IMRTにおけるInverse Planning 各種パラメータの検討, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 奥村 雅彦, 日本放射線腫瘍学会誌, 13, Suppl.1, 117, 117,   2001年10月
  • 肺癌放射線治療において線量計算アルゴリズムが線量分布に及ぼす影響, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 橋場 久幸, 奥村 雅彦, 日本放射線腫瘍学会誌, 13, Suppl.1, 77, 77,   2001年10月
  • 全病院フィルムレスシステムの運用 放射線治療における効果, 岡嶋 馨, 南部 秀和, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会誌, 13, Suppl.1, 116, 116,   2001年10月
  • 放射線治療の新展開 IMRT(Intensity modulated radiation therapy)のQA及び治療計画, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 日本癌治療学会誌, 36, 2, 472, 472,   2001年10月
  • 悪性神経膠腫に対するIMRTによるSimultaneous Integrated Boost(SIB)法, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本癌治療学会誌, 36, 2, 711, 711,   2001年10月
  • Multidetector-row CT(MDCT)による乳腺腫瘍の評価, 井上 正昭, 大石 初香, 渡辺 学, 長谷川 博一, 綿井 良輔, 柳生 行伸, 金森 修一, 足利 竜一朗, 西村 恭昌, 上田 和毅, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 12, 704, 704,   2001年10月
  • Docetaxelによる細胞周期,増殖分画の変動がマウス実験腫ように対する放射線照射に及ぼす影響, 鈴木実, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 日本癌学会総会記事, 60th, 614,   2001年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109097072624
  • ラット肝腫ようの血管新生におけるErythropoietinの関与について, 中松清志, 鈴木実, 金森修一, 西村恭昌, 日本癌学会総会記事, 60th, 456,   2001年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165068520798
  • 拡張型サブトラップ回路を使用した深部加温についての基礎的検討, 金森修一, 鈴木実, 中松清志, 堀井直敏, 西村恭昌, 日本ハイパーサーミア学会誌, 17, 113,   2001年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149663818908
  • 46°C加温がラット正常肝細胞とラット腫よう細胞に与える影響 apoptosisの発現率について, 鈴木実, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 日本ハイパーサーミア学会誌, 17, 81,   2001年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902181093358011
  • 46℃加温がラット正常肝細胞とラット腫瘍細胞に与える影響:apoptosisの発現率について, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本ハイパーサーミア学会誌, 17, Suppl., 81, 81,   2001年09月
  • 拡張型サブトラップ回路を使用した深部加温についての基礎的検討, 金森 修一, 鈴木 実, 中松 清志, 堀井 直敏, 西村 恭昌, 日本ハイパーサーミア学会誌, 17, Suppl., 113, 113,   2001年09月
  • ラット肝腫瘍の血管新生におけるErythropoietinの関与について, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本癌学会総会記事, 60回, 456, 456,   2001年09月
  • Docetaxelによる細胞周期,増殖分画の変動がマウス実験腫瘍に対する放射線照射に及ぼす影響, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本癌学会総会記事, 60回, 614, 614,   2001年09月
  • 多分割照射法にて長期生存が得られた術後局所再発肺癌の1例, 中松 清志, 鈴木 実, 金森 修一, 西村 恭昌, 原 聡, 肺癌の臨床, 4, 1, 123, 125,   2001年08月
    概要:多分割照射法が局所断端再発に対し有効であった71歳男性例を報告した.本症例において良好な局所制御と長期生存が得られた原因として,局所断端のみの再発であった事,扁平上皮癌であった事,放射線による初回治療であった事,多分割照射法により72Gyと十分な線量が照射されCRとなった事,などが挙げられる.非小細胞癌の術後局所再発例に対して放射線治療は根治的な治療法となりうると思われた
  • 肺癌の放射線治療における線量計算アルゴリズムの検討, 鈴木実, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 橋場久幸, 奥村雅彦, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 8, 441,   2001年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902145589455584
  • 顎関節synovial osteochondromatosisの1例, 綿井良輔, 井上正昭, 金森修一, 下野太郎, 足利竜一朗, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 8, 440,   2001年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902194483025557
  • 顎関節synovial osteochondromatosisの1例, 綿井 良輔, 井上 正昭, 金森 修一, 下野 太郎, 足利 竜一朗, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 8, 440, 440,   2001年07月
  • 肺癌の放射線治療における線量計算アルゴリズムの検討, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 橋場 久幸, 奥村 雅彦, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 8, 441, 441,   2001年07月
  • 頭頸部癌に対する新しい放射線治療IMRT Intensity modulated radiation therapy, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 頭頸部腫瘍, 27, 2, 336, 336,   2001年05月
  • 頭頸部癌に対する少量カルボプラチン併用化学放射線療法の検討, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 石川 雅洋, 森 一功, 頭頸部腫瘍, 27, 2, 519, 519,   2001年05月
  • Docetaxelによるマウス実験腫ように対する放射線増感効果の検討, 鈴木実, 中松清志, 金森修一, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 2, S203,   2001年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902106439736717
  • Multislice CTによる三次元乳房温存療法, 金森修一, 鈴木実, 中松清志, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 2, S140,   2001年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136707692171
  • 進行食道癌に対する少量持続5FU,シスプラチン併用放射線療法, 西村恭昌, 鈴木実, 中松清志, 金森修一, 柳生行伸, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 2, S83-S84,   2001年02月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158103444840
  • Docetaxelによるマウス実験腫瘍に対する放射線増感効果の検討, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 2, S203, S203,   2001年02月
  • 進行食道癌に対する少量持続5FU,シスプラチン併用放射線療法, 西村 恭昌, 鈴木 実, 中松 清志, 金森 修一, 柳生 行伸, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 2, S83, S84,   2001年02月
  • Multislice CTによる三次元乳房温存療法, 金森 修一, 鈴木 実, 中松 清志, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 61, 2, S140, S140,   2001年02月
  • T4食道癌に対する化学放射線療法 ステント併用に関する検討, 西村恭昌, 鈴木実, 金森修一, 中松清志, 柳生行伸, 日本癌治療学会誌, 35, 2, 246,   2000年09月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129357823689
  • 突発性腰椎硬膜外血腫の1例, 金森修一, 足利竜一朗, 井上正昭, 西村恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 60, 10, S353,   2000年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185462373823
  • 新規化合物KNK437の腫ように対するHsp70誘導阻害と温熱耐性獲得阻害, 小石元紹, 横田真一, 西村恭昌, 金森修一, 堀井直敏, 平岡真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 16, 3, 172,   2000年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902132055875109
  • RFサーモシミュレータの有効性の検討, 堀井直敏, 金森修一, 永田靖, 平岡真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 16, 3, 173,   2000年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902156609409063
  • 【放射線療法とIVR:癌治療における新しい可能性】 T4食道癌に対する化学放射線療法 ステント併用に関する検討, 西村 恭昌, 鈴木 実, 金森 修一, 中松 清志, 柳生 行伸, 日本癌治療学会誌, 35, 2, 246, 246,   2000年09月
  • 新規化合物KNK437の腫瘍に対するHsp70誘導阻害と温熱耐性獲得阻害, 小石 元紹, 横田 真一, 西村 恭昌, 金森 修一, 堀井 直敏, 平岡 真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 16, 3, 172, 172,   2000年09月
  • RFサーモシミュレータの有効性の検討, 堀井 直敏, 金森 修一, 永田 靖, 平岡 真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 16, 3, 173, 173,   2000年09月
  • 突発性腰椎硬膜外血腫の1例, 金森 修一, 足利 竜一朗, 井上 正昭, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 60, 10, S353, S353,   2000年09月
  • 【第29回放射線による制癌シンポジウム 21世紀に向けての放射線治療:基礎に望むもの,臨床に期待するもの】 Response modifier 温熱治療:最近の進歩, 平岡 眞寛, 金森 修一, 堀井 直敏, 奥野 芳茂, 光森 通英, 永田 靖, 澁谷 景子, 笹井 啓資, 小石 元紹, 西村 恭昌, 癌の臨床, 46, 3, 306, 308,   2000年04月
  • 第29回放射線による制癌シンポジウム 21世紀に向けての放射線治療 基礎に望むもの,臨床に期待するもの Response modifier 温熱治療 最近の進歩, 平岡真寛, 金森修一, 堀井直敏, 奥野芳茂, 光森通英, 永田靖, 笹井啓資, 小石元紹, 西村恭昌, 癌の臨床, 46, 3, 306, 308,   2000年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113524397782
  • 原発性および転移性骨腫瘍に対する局所温熱療法の評価, ZHU J. L., 永田 靖, 金森 修一, 光森 通英, 奧野 芳茂, 堀井 直敏, 西村 恭昌, 増永 慎一郎, 平岡 真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌 = Japanese journal of Hyperthermic Oncology, 16, 1, 17, 26,   2000年03月01日, 10.3191/thermalmedicine.16.17, http://ci.nii.ac.jp/naid/10020420458
  • 原発性および転移性骨腫瘍に対する局所温熱療法の評価(Preliminary Clinical Results of Locoregional Hyperthermia for Primary and Secondary Bone Tumors), Zhu Lily, 永田 靖, 金森 修一, 光森 通英, 奥野 芳茂, 堀井 直敏, 西村 恭昌, 増永 慎一郎, 平岡 真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 16, 1, 17, 26,   2000年03月
    概要:16人19部位の原発性及び転移性骨腫瘍患者が,温熱療法を受けた.腫瘍内測温は,86回の加温中の55回で行われた.19部位中の16部位が,4回から7回の温熱治療を受けた.腫瘍内の平均の最高,平均,最低温度は,各々42.9℃,40.4℃,41.6℃であった.12部位で,腫瘍内最高温度が42.5℃に達した.腫瘍内温度が42℃,40℃を超えたのは各々27分,34分,38分であった.CTで判断した腫瘍の縮小効果は,16%であり,疼痛緩和効果は,64%であった.1年累積生存率は,60%であった
  • Preliminary Clinical Results of Locoregional Hyperthermia for Primary and Secondary Bone Tumors., ZHU J.L., 永田 靖, 金森 修一, 光森 通英, 奥野 芳茂, 堀井 直敏, 西村 恭昌, 増永 慎一郎, 平岡 真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 16, 1, 17, 26,   2000年, 10.3191/thermalmedicine.16.17, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003646587
    概要:Nineteen primary and secondary bone tumors in 16 patients were treated with hyperthermia plus radiotherapy and/or chemotherapy between 1982 and 1997 at Kyoto University Hospital. The thermometric and clinical results were analyzed retrospectively. In 55 of 86 hyperthermia sessions, the intratumor temperature was measured using a thermometer. Of the 19 tumors, 16 (84%) received heat treatment 4-7 times, and 3 (16%) received 1 or 2 treatments of hyperthermia. The mean maximum, mean minimum and average intratumor temperatures were 42.9, 40.4 and 41.6°C, respectively, and 12 (67%) reached a tumor maximum temperature above 42.5°C. The durations that intratumor points exceeded 42, 41 and 40°C were 27, 34 and 38 min, respectively. The local tumor response to treatment was assessed using X-ray computed tomography. The local response rate was 16 % and the local pain relief rate was 63 %. The 1-year cumulative survival rate was 60 %. Our preliminary results indicated that thermoradiotherapy and thermochemotherapy are clinicaly feasible and potentially beneficial in the management of locally advanced bone tumors.
  • 食道癌に対する腔内照射・腔内同時加温併用療法に関する検討, 木村 弘之, 光森 通英, 堀井 直敏, 金森 修一, 奥野 芳茂, 永田 靖, 平岡 真寛, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会誌, 11, Suppl.1, 110, 110,   1999年11月
  • サブトラップ回路を使用したファントム内部の温度上昇の変化についての検討, 金森 修一, 堀井 直敏, 光森 通英, 永田 靖, 木村 弘之, 奥野 芳茂, 奥村 節子, 平岡 眞寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 15, Suppl., 146, 147,   1999年09月
  • 血管新生阻害剤(TNP-470)処置後の固形腫瘍に対する低温度温熱処置併用Tirapazamine投与の有用性に関する考察, 増永 慎一郎, 小野 公二, 西村 恭昌, 金森 修一, 堀 均, 葛西 宗江, 永澤 秀子, 日本ハイパーサーミア学会誌, 15, Suppl., 246, 247,   1999年09月
  • 抗VEGF中和抗体と血管新生阻害剤による温熱効果増強の検討, 金森 修一, 堀井 直敏, 平岡 真寛, 西村 恭昌, 日本ハイパーサーミア学会誌, 15, 3, 147, 147,   1999年09月
  • 新規化合物KNK437の腫ように対するストレス蛋白質誘導阻害と温熱耐性獲得阻害, 小石元紹, 横田真一, 西村恭昌, 金森修一, 堀井直敏, 平岡真寛, 日本癌学会総会記事, 58th, 308,   1999年08月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902183032186237
  • 新規化合物KNK437の腫瘍に対するストレス蛋白質誘導阻害と温熱耐性獲得阻害, 小石 元紹, 横田 真一, 西村 恭昌, 金森 修一, 堀井 直敏, 平岡 真寛, 日本癌学会総会記事, 58回, 308, 308,   1999年08月
  • QOLを高める癌・放射線治療 総論 温熱療法, 平岡真寛, 光森通英, 金森修一, 堀井直敏, 奥野芳茂, 永田靖, 癌の臨床, 45, 4, 299, 300,   1999年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100865555748
  • 【QOLを高める癌・放射線治療】 温熱療法, 平岡 真寛, 光森 通英, 金森 修一, 堀井 直敏, 奥野 芳茂, 永田 靖, 癌の臨床, 45, 4, 299, 300,   1999年04月
  • 腫瘍増殖能(PCNA,Ki-67標識率)の食道癌生検組織と切除標本での比較, 堀井 直敏, 奥野 芳茂, 金森 修一, 平岡 真寛, 嶋田 裕, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会雑誌, 59, 2, S111, S111,   1999年02月
  • 抗VEGF中和抗体による温熱効果増強の検討, 金森 修一, 西村 恭昌, 奥野 芳茂, 佐賀 恒夫, 平岡 真寛, 日本癌学会総会記事, 57回, 527, 527,   1998年08月
  • 顎下腺原発大細胞癌の1例, 石川 修司, 永田 靖, 光森 通英, 西村 恭昌, 金森 修一, 平岡 真寛, 田中 智之, 福本 学, 日本医学放射線学会雑誌, 58, 8, 457, 457,   1998年07月
  • 集学的治療における放射線科医の役割 IVRと放射線治療 温熱療法とIVR, 永田靖, 光森通英, 西村恭昌, 奥野芳茂, 金森修一, 堀井直敏, 斉藤秀和, 藤原一央, 平岡真寛, 臨床放射線, 43, 6, 697, 702,   1998年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186705526980
  • Radiotherapy Today―放射線照射を中心とするがん治療の現状と行方 II 各種放射線治療法の現状と展望 8. 術中照射法によるすいがんの治療, 西村恭昌, 小久保雅樹, 金森修一, 平岡真寛, Innervision, 12, 10, 43, 47,   1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100217653629
  • Radiotherapy Today-放射線照射を中心とするがん治療の現状と行方 各種放射線治療法の現状と展望 術中照射法による膵がんの治療, 西村 恭昌, 小久保 雅樹, 金森 修一, INNERVISION, 12, 10, 43, 47,   1997年09月
  • 温熱療法における温度因子と実際的な温度測定法に関する検討, 西村 恭昌, 金森 修一, 堀井 直敏, 光森 通英, 永田 靖, 増永 慎一郎, 平岡 真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 13, 3, 161, 161,   1997年09月
  • 原発性肝細胞癌に対する温熱療法 Low temperature hyperthermiaは有効か?, 永田 靖, 平岡 真寛, 西村 恭昌, 金森 修一, 堀井 直敏, 光森 通英, 増永 慎一郎, 奥野 芳茂, 徐 志堅, 日本ハイパーサーミア学会誌, 13, 3, 160, 160,   1997年09月
  • 骨腫瘍に対する温熱治療, 金森 修一, 堀井 直敏, 西村 恭昌, 永田 靖, 平岡 真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 13, 3, 168, 168,   1997年09月
  • 頭頸部腫瘍リンパ節転移に対する温熱併用放射線治療成績, 堀井 直敏, 金森 修一, 西村 恭昌, 永田 靖, 平岡 真寛, 日本ハイパーサーミア学会誌, 13, 3, 170, 170,   1997年09月
  • 原発性直腸癌に対する放射線療法の検討, 堀井 直敏, 西村 恭昌, 大屋 夏生, 奥野 芳茂, 金森 修一, 藤代 早月, 平岡 真寛, 日本外科宝函, 66, 3, 95, 95,   1997年07月
  • I-I-5 局所進行食道癌に対する温熱同時併用腔内照射法(<特集>第50回日本食道疾患研究会), 西村 恭昌, 光森 通英, 奥野 芳茂, 金森 修一, 平岡 真寛, 日本消化器外科学会雑誌, 30, 5,   1997年05月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001296776
  • 血管内皮増殖因子(VEGF)の腫瘍内局在に対する温熱の影響, 金森 修一, 日本医学放射線学会雑誌, 57, 2, S167, S167,   1997年02月
  • 金属コイル塞栓術を繰り返し施行した多発性肺動静脈奇形の1例, 金柿光憲, 永田靖, 柴田徹, 小久保雅樹, 金森修一, 溝脇尚志, 光森通英, 平岡真寛, 臨床放射線, 41, 4, 459, 462,   1996年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902183981207520
  • 切除不能膵癌に対する術中照射後のX線CT所見, 金森 修一, 日本医学放射線学会雑誌, 56, 2, 172, 173,   1996年02月
  • ルーチンX線注腸検査における大腸癌見逃し例の検討, 金森修一, 服部直也, 木村一秀, 浜中大三郎, 関西電力病院医学雑誌, 26, 1, 25, 30,   1994年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902116733452447

特許

  • 温熱療法及び薬剤, 西村 恭昌, 金森 修一, 平岡 真寛, 浅野 誠, 幸田 綾子, 鈴木 日出夫, 特願平10-134665, 特開平11-310537

競争的資金

  • 三次元治療計画装置による放射線治療に関する研究
  • 腫瘍血管と温熱治療に関する研究
  • 血管内皮細胞増殖因子と温熱治療に関する研究