KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

井上 雅智イノウエ マサトシ

プロフィール

所属部署名奈良病院
職名教授/部長
学位医学博士
専門消化器外科
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/547-inoue-masatoshi.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    胃食道外科を専門としている。中でも食道癌の治療に関しては、経験症例も豊富で、患者負担軽減目的で内視鏡手術も積極的に取り入れている。化学療法や、放射線療法との集学的治療にも力を入れている。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1978年, 大阪大学, 医学部, 医学科

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 外科学一般
  • 外科系臨床医学, 消化器外科学

研究キーワード

  • 食道外科学, 外科総論, 胃十二指腸外科

論文

  • 食道癌の治療とQOL, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 臨床消化器内科, 15, 1, 63, 70,   2000年01月
  • Preopertive intranasal muqirocin ointment significantly reduces postoperative infection with "Staphtlococcus aureus" in patients undergoing upper gastrointestinal surgery, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Surg Today, 30, 16, 21,   2000年
  • Expression of tumor suppressor gene p16 products in primary gastric cancer, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Oncology, 58, 126, 136,   2000年
  • Loss of p27 expression predicts poor prognosis in patients with esophageal squamous cell carcinoma, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Oncology, 58, 152, 158,   2000年
  • Cyclin D1 overexpression in esophageal dysplasia: a possible biomarker for carcinogenesis of esophageal squamous cell carcinoma, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Int Oncol, 16, 261, 266,   2000年
  • 頚部食道癌に対する QOL を考慮した咽頭温存温存術式, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 外科治療, 82, 3, 255, 260,   2000年
  • 食道粘膜癌と粘膜下層癌の特徴とその鑑別を病態の相違から検討した。, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 胃と腸, 35, 4, 557, 562,   2000年
  • Clinical application of malignancy potential grading as a prognostic factor of human esophageal cancer, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Surgery, 127, 5, 552, 561,   2000年
  • Establishment of a visible peritoneal micrometastatic model from a gastric adenocarcinoma cell line by green fluorescent protein, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Int J Oncol, 16, 893, 898,   2000年
  • Up-regulation of cyclooxygenase-2 in squamous carcinogenesis of the esophagus, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Clin Can Res, 6, 1229, 1238,   2000年
  • 薬物代謝酵素の遺伝子多型と食道・頭頚部発癌, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 消化器科, 31, 1, 1, 9,   2000年
  • Correlation between loss of E-cadherin expression and overxpression of autocrine motility factor receptor in association with progression of human gastric cancers, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Am J Clin Pathol, 113, 2, 266, 247,   2000年
  • 食道治療のプロトコール, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 臨床外科, 55, 11, 13, 18,   2000年
  • 食道癌のメインルート―遺伝子、分子生物の立場から―, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 消化器癌の発生と自然史, 42, 48,   2000年
  • Charactalistics of esophageal cancer, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, J Am Coll Surg, 191, 6, 626, 634,   2000年
  • Clinical Application of Malignancy Potential Grading as a Prognostic Factor of Human Esophageal Cancer, 井上 雅智, Surgery, 127, 5, 552, 561,   2001年09月
  • スフェレックス(DSM)併用塩酸イリノテカン(CPT11)動注療法と5FU短期大量動注療法が奏効した大腸癌肝転移の1例, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 市立吹田市民病院, 市立吹田市民病院, 市立吹田市民病院, 癌と化学療法, 28, 11, 1763, 1767,   2001年11月
  • Overexpression of CDC25B Ovdrrides Radiation-induced G2-M Arrest and Results in Increased apoptosis in Esophageal Cancer Cells, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Cancer Res, 61, 3188, 3193,   2001年
  • Localization of IQGAP1 is inversely correlated with intercellular adhesion mediated by E-cadherin in gastric cancers, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Int J Cancer, 91, 783, 788,   2001年
  • Preopertuve Concurrent Chemothdrapy and Radiation Therapy Followed by Sugery for Esophageal Cancer, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Annals of Thoracic and Cardiovaswlar Surgery,   2002年03月
  • Preopertuve Concurrent Chemotherapay and Radiation Therapy Followed by Sugery for Cancer, 井上 雅智, Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 8, 3, 123, 130,   2002年10月
  • 肝機能検査値異常を伴う転移性肝癌に対して5FU大量持続肝動注を施行した6例の検討, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 癌と化学療法, 29, 12, 2362, 2365,   2002年11月
    概要:5FUの大量肝動注を受けた転移性肝癌患者で治療前に肝機能異常を認められた6症例の症例報告。
  • 特殊な組織像を呈した肝癌病変:肉腫様変化を内包した混合型肝癌, 村田 賢, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 新﨑 亘, 石川 原, 大阪大学医学部臨床遺伝, 大阪大学医学部臨床遺伝, 大阪市立大学医学部第2病理, 市立池田病院内科, 市立池田病院外科, 市立池田病院外科, 市立池田病院外科, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 大阪大学医学部臨床遺伝, 新薬と臨床, 52, 10, 86, 86,   2003年08月
    概要:肉腫様肝癌や胆管癌は通常の肝癌より脱分化により発生しうることが示された。
  • 外科侵襲, 井上 雅智, 臨床外科, 61, 2, 211, 216,   2006年02月

書籍等出版物

  • 実践消化器外科手術マニュアル, 結紮と止血, 井上 雅智, 共著,   2006年03月

講演・口頭発表等

  • p53、CDC25B,メタロチオネイン(MT)の発現性による食道癌放射線化学療法(CRT)感受性予測, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第5回食道癌生物学的特性の臨床応用に関するセミナー,   2000年01月, 第5回食道癌生物学的特性の臨床応用に関するセミナー
  • CDC25B遺伝子導入による放射線感受性増大効果について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第5回食道癌生物学的特性の臨床応用に関するセミナー,   2000年01月, 第5回食道癌生物学的特性の臨床応用に関するセミナー
  • 胃癌に対する腹腔鏡下手縫い吻合手技を用いたTotally Laparoscopic Distal Gastrectomy(GLDG), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第8回クリニカル・ビデオフォーラム,   2000年02月, 第8回クリニカル・ビデオフォーラム
  • 細胞間接着機能よりとらえた胃癌組織型の特性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • NQO1遺伝子多型と胃癌のマイトマイシンC感受性との関連, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • SM胃癌に対する腹腔鏡下手縫い吻合手技を用いたTotally laparoscopic distal Gastrectomy(TLDG), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • RT―PCR法を用いた、胃癌手術時腹腔洗浄液中の癌細胞の定量的検出とその臨床的意義, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • CEA promoter とGreen Fluorescent Protein による胃癌腹膜微小転移の可視化, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • 早期胃癌における5番・6番リンパ節転移と幽門輪温存胃切除術の適応の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • 高度進行胃癌に対する術前化学療法(THP-FLPM療法), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • 遺伝子診断による胃癌微小転移の検出と術中遺伝子診断とその臨床応用の可能性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • Mammaglobin Bを用いた定量的RT-PCR法による胃癌リンパ節微小転移検出の可能性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第72回日本胃癌学会総会,   2000年02月, 第72回日本胃癌学会総会
  • 胃癌におけるNQO1の発現とマイトマイシンC感受性の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第33回制癌剤適応研究会,   2000年03月, 第33回制癌剤適応研究会
  • 根治度別にみた胃癌術後症例の予後の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 術前化学放射線療法を施行した食道癌根治手術における術後合併症の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 術中迅速遺伝子診断に基づく胸部食道癌郭清領域の決定, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 食道癌再発死亡例における規定因子の解析, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • CEA promoter と Green Fluorescent Protein による胃癌腹膜微小転移の可視化, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 胃癌患者血中 E-cadherin 濃度の臨床病理学検討とその意義について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • Dysplasia と診断された食道ルゴール不染帯の分子生物学的特性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 食道癌の放射線化学療法感受性におけるCDC25B の関与, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会,   2000年04月, 第100回日本外科学会
  • 胃癌組織における IQGAP 発現の検討 , 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 大腸癌における ciclin DI とβ-catenin の発現について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 高度進行胃癌に対する術前化学療法(THP-FLPM), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 分子生物学的手法を用いた胃癌郭清リンパ節内微小転移の検出, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第100回日本外科学会総会,   2000年04月, 第100回日本外科学会総会
  • 術中迅速遺伝子診断の胃癌手術への臨床応用について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第86回日本消化器病学会総会,   2000年04月, 第86回日本消化器病学会総会
  • 胃癌のマイトマイシンC感受性とNQO1発現性との関連, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第86回日本消化器病学会総会,   2000年04月, 第86回日本消化器病学会総会
  • Genetic detection of Iymph of lymph node micrometastases ingastric cancer by multiplemarker RT-PCR assay, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2000年04月, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • P53,CDC25Bによる食道癌放射線化学療法の感受性予測について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第86回日本消化器病学会総会,   2000年04月, 第86回日本消化器病学会総会
  • Visualization of peritoneal micrometastasis from gastric cancer by green fluorescent protein and cea promoter, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2000年04月, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • Aldehyde dehydrogenase 2 gene polymorphism in patients with upper aerodigestive tract cancer, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2000年04月, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • Isolation of a novel human lung-specific gene, lunx , a potential molecular marker for detection of micrometasiasis in non-small cell lung cancer, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2000年04月, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • Genetic polymorphism of NAD(P)H: quinone ocidoreductase and mitomycin C denditivity ingastric cancer, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2000年04月, 91th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
  • 診断に難渋した食道狭窄症の一例―好酸球性食道炎―, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第515回大阪外科集談会,   2000年05月, 第515回大阪外科集談会
  • Totally laparoscopic distal gastrectomy using the hand-sewn Billroth-1 anastomosis technique, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 7th World Congress of Endoscopic Surgery,   2000年06月, 7th World Congress of Endoscopic Surgery
  • 術後QOLを考慮した頚部食道癌に対する喉頭温存術式(喉頭挙上術付加、咽頭輪状筋切開による誤嚥防止), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第25回日本外科系連合学会学術集会,   2000年06月, 第25回日本外科系連合学会学術集会
  • 初回治癒切除不能の高度進行癌に対する集学的治療, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第25回日本外科系連合学会学術集会,   2000年06月, 第25回日本外科系連合学会学術集会
  • 術中迅速遺伝子診断法の確立とその外科手術への臨床応用, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第25回日本外科系連合学会学術集会,   2000年06月, 第25回日本外科系連合学会学術集会
  • 当科における下部食道胃接合部浸潤癌切除例のリンパ節転移及び再発形式の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第54回日本食道疾患研究会,   2000年06月, 第54回日本食道疾患研究会
  • 食道表在癌(SM癌)術後再発症例の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第54回日本食道疾患研究会,   2000年06月, 第54回日本食道疾患研究会
  • 高度進行食道癌における術前治療の効果判定としてのF-FDG PET の有用性に関する検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第54回日本食道疾患研究会,   2000年06月, 第54回日本食道疾患研究会
  • メラノーマ患者における血漿中Microsatellite変異の検出と進展度マーカーとしての有用性の検討, 井上 雅智, 大阪, 第9回がん転移研究会総会,   2000年06月, 第9回がん転移研究会総会
  • 分子生物学的手法を用いた胃癌郭清リンパ節内微小転移の検出, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第9回がん転移研究会総会,   2000年06月, 第9回がん転移研究会総会
  • 胃切除後食道癌切除症例におけるまだら淡染部の組織学的、分子生物学的特性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第43回食道色素研究会,   2000年06月, 第43回食道色素研究会
  • 胃癌におけるNQO1の発現とマイトマイシンC感受性の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 胃癌組織におけるIQGAP発現の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 高度進行胃癌に対する術前化学療法(THP-FLPM療法), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • P53,CDC25B,メタロチオネイン(MT)の発現性による食道癌化学放射線療法(CRT)感受性予測, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • Multiple-marker RT-PCR法を用いた胃癌Sentinel Node Biopsyによる診断とその意義について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 遺伝子診断に基づく食道癌リンパ節マッピング:106recリンパ節は頚部郭清の指標となるか, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 食道dysplasiaの分子生物学的特性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 進行食道癌に対する術前放射線化学療法の病理学的評価よりみたsalvage operationの適応について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 胸部食道癌手術における♯106recリンパ節のセンチネルリンパ節としての意義, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 頚部食道癌に対する根治性とQOLからみた術式の選択~喉頭合併切除 VS 喉頭温存術, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 胸部食道癌におけるリンパ節郭清(機能温存を考慮して), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 遺伝子診断に基づく消化器癌リンパ節診断の臨床的意義と臨床応用のための術中迅速遺伝子診断法の確立, 井上 雅智, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術ーリンパ節郭清手技の確立をめざしてー, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 進行食道癌においてCDC25B発現が予後に与える影響, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 栄養投与スケジュールが既日リズム発信中枢に及ぼす影響について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • 大腸癌におけるcyclin D1とβ-cateninの発現について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第55回日本消化器外科学会総会,   2000年07月, 第55回日本消化器外科学会総会
  • T3またはT4進行胃癌に対するcombination chemotherapy, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第38回日本癌治療学会総会,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会
  • 根治度別に見た胃癌術後フォローアップと問題点, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第38回日本癌治療学会総会,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会
  • 胃上部早期癌に対する噴門側胃切除術及び胃全摘術についての検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第38回日本癌治療学会総会,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会
  • 遺伝子診断を用いた術中迅速癌進展度診断の外科手術への応用, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第38回日本癌治療学会総会,   2000年10月, 第38回日本癌治療学会総会
  • p53,CDC25B, メタロチオネイン(MT)の発現性による食道癌化学放射線療法(CRT)感受性予測, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • CDC25B発現が細胞周期およびCDDP誘導apoptosisに及ぼす影響とcaffeineの増強作用について, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • 高度進行食道癌に対する術前進行度診断としてのF-FDG PET(positron emission tomography)の有用性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • CDC25Bの過剰発現が放射線誘導のG2/M期停止およびアポトーシスに及ぼす影響, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • 胃癌微小転移検出におけるMammaglobin B の分子マーカーとしての可能性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • Light Cyclerを用いた、胃癌における開腹時腹腔内洗浄液中の癌細胞の検出についての検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • 術中迅速遺伝子診断法の確立とその外科治療への臨床応用の試み, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • 胃癌におけるNAD(p)H:quinone oxidoreductase (NQO1)遺伝子多型とマイトマイシンC感受性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • 高度進行食道癌に対する術前治療の効果判定としてのF-FDG PET (positron emission tomography)の有用性に関する検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第53回日本胸部外科学会総会,   2000年10月, 第53回日本胸部外科学会総会
  • No106rec リンパ節は胸部食道癌の頚部転移のセンチネルリンパ節となるか?, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第53回日本胸部外科学会総会,   2000年10月, 第53回日本胸部外科学会総会
  • 頚胸境界部食道癌に対する喉頭温存術式の適応(喉頭挙上術付加、喉頭輪状筋切開による誤嚥防止の試み), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第53回日本胸部外科学会総会,   2000年10月, 第53回日本胸部外科学会総会
  • 多角的因子による食道癌悪性度の検討, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第53回日本胸部外科学会総会,   2000年10月, 第53回日本胸部外科学会総会
  • 食道ヨード不染を示す非癌病変の組織学的、及び分子生物学的特性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第60回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan),   2000年10月, 第60回日本消化器内視鏡学会総会(DDW-Japan)
  • 大腸癌の発現過程において、IQGAP1はβ-cateninと相互作用し、その局在を変化させている可能性が示唆される, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年10月, 第59回日本癌学会総会
  • 結腸非還納性腹壁瘢痕ヘルニア発症後9年に小腸嵌頓しイレウスを起こした症例, 井上 雅智, 湯川 真生, 中山 剛之, 石川 原, 箕面市立病院,   2000年11月
  • 高度進行胃癌に対する術前化学療法(THP-FLPM療法), 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第62回日本臨床外科学会総会,   2000年11月, 第62回日本臨床外科学会総会
  • 食道SM癌治癒切除術後再発症例の検討とリンパ節内微小転移, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第62回日本臨床外科学会総会,   2000年11月, 第62回日本臨床外科学会総会
  • 食道・胃静脈瘤に対する腹腔鏡下摘脾・術中硬化療法, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第62回日本臨床外科学会総会,   2000年11月, 第62回日本臨床外科学会総会
  • 食道・頭頚部多重癌と薬物代謝酵素遺伝子多型, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第62回日本臨床外科学会総会,   2000年11月, 第62回日本臨床外科学会総会
  • 頚部食道癌に対する積極的縮小手術:咽頭挙上術付加喉頭温存術式の功罪, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第62回日本臨床外科学会総会,   2000年11月, 第62回日本臨床外科学会総会
  • 両側性閉鎖孔ヘルニアの1例, 西田 千嘉子, 岡嶋 馨, 山本 敬, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 石川 原, 西村 恭昌, 日本医学放射線学会関西地方会,   2000年12月, 日本医学放射線学会関西地方会
  • 胃切除後食道癌症例におけるまだら状ヨード淡染部の組織学的、分子生物学的特性, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, 第59回日本癌学会総会,   2000年12月, 第59回日本癌学会総会
  • Totally laparoscopic distal gastrectomy using the hand-sewn Billroth-1 anastomosis technique, 井上 雅智, 大阪大学病態制御外科, Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES),   2000年, Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons (SAGES)
  • 当院における内視鏡下大腸切除術, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第23回奈良県大腸疾患勉強会,   2001年02月, 第23回奈良県大腸疾患勉強会
    概要:当院における腹腔鏡下大腸切除術をビデオで供覧した。
  • 乳頭に接近する乳癌に対し、乳頭くりぬき乳房温存手術を施行した一例, 湯川 真生, 井上 雅智, 市立吹田市民病院, 第9回日本乳癌学会総会,   2001年06月, 第9回日本乳癌学会総会
    概要:乳頭をくりぬき、乳輪だけを温存した乳房温存手術の一例を報告した。
  • スフェレックス(DSM)併用塩酸イリノテカン(CPT11)動注療法と5FU短期大量動注療法が奏効した大腸癌肝転移(H3)の1症例, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 市立吹田市民病院, 第23回日本癌局所療法研究会,   2001年06月, 第23回日本癌局所療法研究会
    概要:大腸癌肝転移症例に対してCPT11と塞栓材を併用する動脈注入化学療法と5FU短期大量動注療法が有効であった症例をCPT11の薬物動態を併せて報告した。
  • 膵頭部癌を対象としたPpPDとconventional PD の成績および術後QOLの比較検討, 井上 雅智, 中山 剛之, 湯川 真生, 石川 原, 箕面市立病院, 第23回肝胆膵研究会,   2001年06月, 第23回肝胆膵研究会
    概要:PpPdは、PDに比べて長期予後に差はなく、長期のQOL等に術後の栄養状態に関しては良好であることが示唆された。
  • スフェレックス(DSM)併用塩酸イリノテカン(CPT11)動注療法が奏効した大腸癌肝転移(H3)の一例, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 市立吹田市民病院, 市立吹田市民病院, 市立吹田市民病院,   2001年07月
  • 切除不能大腸癌肝転移に対するhigh-dose 5FU 肝動注療法の試み, 井上 雅智, 湯川 真生, 中山 剛之, 石川 原, 箕面市立病院,   2001年07月
  • Clinical Application of Malignancy Potential Grading as Prognostic Factor of Human Esophageal Cancer, 井上 雅智,   2001年09月
  • 高度食道浸潤を来した噴門部癌の一例, 井上 雅智, 湯川 真生, 中山 剛之, 石川 原, 箕面市立病院,   2001年11月
  • 糞石による腹壁腫瘤の形成を契機に診断された穿孔性虫垂炎の一例, 中山 剛之, 井上 雅智, 湯川 真生, 太田 善夫, 石川 原, 近畿大学医学部付属病院, 箕面市立病院,   2001年12月
  • 5-FU大量投与を含む肝動注化学療法が奏効し、切除し得た直腸癌肝転移(H3)の1例, 井上 雅智, 湯川 真生, 太田 善夫, 石川 原, 箕面市立病院,   2001年12月
  • 胃癌の診断と治療, 井上 雅智, 湯川 真生, 中山 剛之, 石川 原, 箕面市立病院, 生駒医師会学術講演会,   2002年01月, 生駒医師会学術講演会
    概要:胃癌の診断と治療について胃癌学会編集のガイドラインにそって講演を行った。
  • 肝動注後、切除しえた直腸癌肝転移H3の症例, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第25回奈良県大腸疾患勉強会,   2002年02月, 第25回奈良県大腸疾患勉強会
    概要:切除不能の同時性肝転移のある直腸癌患者に対し5FUの大量動注を含む化学療法の後に切除可能となった症例を報告した。
  • 肝動注化学療法が著効し、切除し得た直腸癌肝転移(H3)の1例, 井上 雅智, 湯川 真生, 中山 剛之, 箕面市民病院, 第27回外科系連合会学術集会,   2002年06月, 第27回外科系連合会学術集会
    概要:直腸癌肝転移(H3)に対し肝動注化学療法を1年継続した。腫瘍の著明な縮小を認め、肝右葉切除術、肝部分切除術(3箇所)を施行した。その後も集中的治療を続け、初回の手術から22ヶ月生存中である。
  • 切除し得たS状結腸癌膵転移の1例, 井上 雅智, 湯川 真生, 中山 剛之, 石川 原, 箕面市立病院, 第23回奈良肝胆膵研究会,   2002年06月, 第23回奈良肝胆膵研究会
    概要:S状結腸癌肝転移、膵癌の疑いについて膵体尾部切除、肝部分切除を施行した。組織病理検査の結果、S状結腸癌膵転移と診断された。結腸癌膵転移は稀で切除例は本邦で7例目の報告である。
  • ハーセプチンを含む放射線化学療法が奏効した乳癌頚髄再発の一例, 井上 雅智, 湯川 真生, 中山 剛之, 石川 原, 箕面市立病院, 第171回近畿外科学会,   2002年06月, 第171回近畿外科学会
    概要:乳癌の頚髄転移は稀な遠隔転移であるが、我々は頚髄のみに再発し、ハーセプチンを含む放射線化学療法が奏効した乳癌の一例を経験したので文献的考察を加えて報告した。
  • CEF、TAXシークェンシャル術前化学療法を施行した局所進行癌の3例, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第10回日本乳癌学会総会,   2002年07月, 第10回日本乳癌学会総会
    概要:局所進行癌にCEF、TAXシークェンシャル術前化学療法を施行することによって、術後により有効な術後化学療法を選択することが出来ることを3例の症例で報告した。
  • 肝機能異常を伴う転移性肝癌に対する5FU大量持続肝動注の影響について, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第57回日本消化器外科学会総会,   2002年07月, 第57回日本消化器外科学会総会
    概要:5FUの大量肝動注を受けた転移性肝癌患者で治療前に肝機能異常の認められた症例に対する大量肝動注の影響について検討した。
  • 肝機能障害を伴う転移性肝癌に対して5FU大量持続肝動注を施行した6例, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第24回日本日本癌局所治療法研究会,   2002年07月, 第24回日本日本癌局所治療法研究会
    概要:5FUの大量肝動注を受けた転移性肝癌患者で治療前に肝機能異常の認められた6症例の症例報告。
  • 胃・十二指腸潰瘍に対する腹腔鏡下大網被覆術, 中山 剛之, 湯川 真生, 村田 賢, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第15回近畿内視鏡外科研究会,   2002年09月, 第15回近畿内視鏡外科研究会
    概要:腹腔鏡を用いた低侵襲手術は広い範囲の疾患に対して用いられてきているが、当科における胃・十二指腸穿孔に対する腹腔鏡下大網被覆術は機材と方法の工夫により開腹術より優れた術式となりうると考えられる。
  • 劇症型A型溶連菌感染症の一例, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第172回近畿外科学会,   2002年11月, 第172回近畿外科学会
    概要:比較的稀とされる劇症型A型溶連菌感染症の一例を経験した。致死率の極めて高い疾患であるが、効菌剤に対する感受性は良好とされている。本症例では早期からの重症管理にも関わらず救命し得なかった。
  • 子宮検診後に発症した劇症型A群溶連菌感染症の一例, 中山 剛之, 湯川 真生, 村田 賢, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第64回日本臨床外科学会総会,   2002年11月, 第64回日本臨床外科学会総会
    概要:異常帯下に対する組織採取を契機に発症した劇症型A型溶連菌感染症の一例を経験した。腹膜炎で発症するなど過去報告例にない極めて稀な経験を辿り、発症早期からの全身管理にも関わらず救命し得なかった。
  • 切除し得たS状結腸癌膵転移の1例, 井上 雅智, 湯川 真生, 中山 剛之, 村田 賢, 石川 原, 箕面市立病院, 第64回日本臨床外科学会総会,   2002年11月, 第64回日本臨床外科学会総会
    概要:S状結腸癌肝転移、膵癌の疑いにて膵体尾部切除、肝部切除を施行した。組織病理検査の結果、S状結腸癌膵転移と診断された。結腸癌膵転移は稀で切除例は本邦で7例目の報告である。
  • 当科における肝切除:マルチスライスCTの応用, 井上 雅智, 村田 賢, 中山 剛之, 湯川 真生, 石川 原, 箕面市立病院, 市立池田病院放射線科, 市立池田病院外科, 市立池田病院外科, 市立池田病院外科, 第4回大阪肝臓外科懇談会,   2002年11月, 第4回大阪肝臓外科懇談会
    概要:当課においては、肝腫瘍に対して肝切除を行う際、術前にマルチスライスCTより作成した3-D画像をワークステーション上でinteractiveに検討することによって安全に手術を行っている。
  • 胆石胆嚢管嵌頓例2例の報告, 湯川 真生, 中山 剛之, 村田 賢, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第9回奈良県内視鏡下手術研究会,   2003年01月, 第9回奈良県内視鏡下手術研究会
    概要:異なる転帰をとった2例の胆石胆嚢管嵌頓手術例をビデオで供覧する。
  • 肝内胆管癌に対する肝左葉切除術, 湯川 真生, 村田 賢, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 大阪大学医学部大学院病態制御外科同窓会学術講演会,   2003年02月, 大阪大学医学部大学院病態制御外科同窓会学術講演会
    概要:出血、合併症の少ない肝切除の方法をテーマにハーモニックシザースを用いた当施設の手術をビデオで供覧する
  • 胃癌肝転移に対する外科的切除の意義, 村田 賢, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 市立池田病院外科, 大阪NTT病院外科, 市立池田病院外科, 大阪NTT病院外科, 市立池田病院外科, 第31回近畿肝臓外科研究会,   2003年02月, 第31回近畿肝臓外科研究会
    概要:異時性で単発の胃癌肝転移症例は 肝切除の適応があると考えられた。
  • 大腸多発穿孔の一例, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 太田 善夫, 石川 原, 奈良県大腸疾患研究会,   2003年03月, 奈良県大腸疾患研究会
    概要:高熱に続いて発症し診断に難渋した、ベーチェット病による大腸の同時性多発穿孔例を経験した。
  • 大腸癌における消化管浸潤例の検討, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 石川 原, 第173回近畿外科学会,   2003年04月, 第173回近畿外科学会
    概要:大腸癌の消化管浸潤3例について検討を行い、術前診断が困難なことからMRIによる画像診断を追加する必要性があると考えられた。
  • 非大腸由来の転移性肝癌に対する肝切除の意義, 村田 賢, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 市立池田病院外科, 大阪NTT病院外科, 市立池田病院, 大阪NTT病院外科, 市立池田病院外科, 日本肝胆膵関連会議,   2003年05月, 日本肝胆膵関連会議
    概要:非大腸由来の転移性肝癌に対しても大腸癌肝転移と同様に他に転移巣がない場合には積極的に切除に取り組むべきである。
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術後の遺残結石―発症の要因と今後の対策, 湯川 真生, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 井上 雅智, 石川 原, 第28回日本外科系連合学会,   2003年06月, 第28回日本外科系連合学会
    概要:急性胆嚢炎を保存的治療し長期間待機腹腔鏡下胆摘後1年目に遺残胆石が落下して嵌頓した症例を検討した結果、長期期間の待機は胆嚢の造影性や手術の難易度の回復にはつながらない。
  • IVRによる止血後、閉塞性黄疸をきたした外傷性動脈瘤の1例, 村田 賢, 湯川 真生, 中山 剛之, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 日本外科系連合学会,   2003年06月, 日本外科系連合学会
    概要:外傷性肝動脈瘤の診療に際して閉塞性黄疸の発生を考慮する必要がある。
  • ワークステーション上の肝切除術前シュミレーション:マルチスライスCTの応用, 小川 稔, 村田 賢, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 新﨑 亘, 石川 原, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第25回奈良県肝胆膵研究会,   2003年06月, 第25回奈良県肝胆膵研究会
    概要:MDCTによって作成した、3D、MPR画像をineractiveに評価することによってより安全に肝切除が行える可能性が示唆された。
  • 大腸癌多臓器浸潤例の検討, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 太田 善夫, 石川 原, 第28回日本外科系連合学会,   2003年06月, 第28回日本外科系連合学会
    概要:当院に於ける大腸癌の多臓器浸潤例についてその特徴と画像診断について検討した。従来の術前診断では診断能力が低く、MRIによる画像診断の必要性が示唆された。
  • ハーセプチンを含む放射線化学療法により1年以上PRとなっている乳癌頚髄転移の一例, 湯川 真生, 中山 剛之, 村田 賢, 井上 雅智, 石川 原, 箕面市立病院, 第11回日本乳癌学会総会,   2003年06月, 第11回日本乳癌学会総会
    概要:ハーセプチンを含む放射線科学療法により1年以上PRとなっている乳癌頚髄転移の一例を報告した。放射線治療後2ヶ月以降にも縮小傾向がみられ、化学療法も有効であったと考える。
  • マルチスライスCTにより作成した3D動画像による肝切除のナビゲーション, 村田 賢, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 石川 原, 第58回日本消化器外科学会,   2003年07月, 第58回日本消化器外科学会
    概要:肝切除を行う際、マルチスライスCTより作成した3D動画像は適切な術式選択に有用であることが示された。
  • IVRによる止血後、閉塞性黄疸をきたした外傷性肝動脈瘤の1例, 井上 雅智, 村田 賢, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 新﨑 亘, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第1回中河内消化器病研究会,   2003年07月, 第1回中河内消化器病研究会
    概要:外傷性肝動脈瘤の診察に際して閉塞性黄疸の発生を考慮する必要がある。
  • 小児のcricopharyngeal achalasiaの1手術例, 大割 貢, 米倉 竹夫, 小角 卓也, 太田 善夫, 井上 雅智, 第58回日本消化器外科学会総会,   2003年07月, 第58回日本消化器外科学会総会
  • 胆道出血を契機に診断した胆嚢癌の一例, 水野 成人, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 井上 雅智, 工藤 正俊, 第39回奈良県消化器内視鏡研究会,   2003年07月, 第39回奈良県消化器内視鏡研究会
  • 特異な組織像を呈した肝癌病変:肉腫様変化を内包した混合型肝癌, 村田 賢, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 新﨑 亘, 石川 原, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第38回近肝癌談話会,   2003年08月, 第38回近肝癌談話会
    概要:末分化、肉腫様肝癌や胆管癌が通常の肝癌より発生しうることが示された。
  • 上腸間膜静脈腫瘍栓を伴った上行結腸癌の1例, 小川 稔, 村田 賢, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 新﨑 亘, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会,   2003年09月, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会
    概要:術前にCTにて診断可能であった上腸間膜静脈腫瘍栓の1切除例を経験した。根治性を求めて腫瘍栓摘出術などを施行する必要があると考えられた。
  • ビルロートⅡ法再建後の輸入脚に発生したGISTの1例, 渡邉 和彦, 水野 成人, 加藤 玲明, 南野 達夫, 小川 稔, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会,   2003年09月, 第79回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 胆道出血を契機に診断した胆嚢癌の1例, 加藤 玲明, 水野 成人, 澤本 学, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 井上 雅智, 工藤 正俊, 第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2003年10月, 第71回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術 ―長期間待機の効果について―, 湯川 真生, 村田 賢, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 新﨑 亘, 石川 原, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第65回日本臨床外科学会,   2003年11月, 第65回日本臨床外科学会
    概要:胆嚢炎患者を保存的に治療し長期間待機しても腹腔鏡下胆嚢摘出術の難易度は改善しない。
  • 胆膵疾患の術前評価におけるマルチスライスCTの有用性と限界, 村田 賢, 湯川 真生, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 新﨑 亘, 石川 原, 近畿大学医学部付属病院形成外科,   2003年11月
    概要:胆膵疾患の術前評価におけるマルチスライスCT画像は有用であるが、限界のある症例も認められた。
  • 腹腔鏡補助下S状結腸切除を施行し得たS状結腸軸捻転症の1例, 小川 稔, 村田 賢, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 新﨑 亘, 石川 原, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第25回奈良県胃腸研究会,   2003年11月, 第25回奈良県胃腸研究会
    概要:繰り返すイレウス症状を呈するS状結腸軸捻転症症例に対し、腹腔鏡下にS状結腸を切除し得た。腹腔鏡手術は有用であると考えられる。
  • MDCTにて進展度診断した肝門部胆管癌症例, 小川 稔, 村田 賢, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 新﨑 亘, 石川 原, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 大阪肝臓外科談話会,   2003年11月, 大阪肝臓外科談話会
    概要:術前直接胆管造影が出来なかった肝門部胆管癌症例に対し、MDCTを用いて病変の進展度診断を行った。マクロレベルでは診断できたが、ミクロレベルでは診断の限界があった。
  • 大腸多発穿孔をきたしたベーチェット病の一例, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 新﨑 亘, 石川 原, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第65回日本臨床外科学会,   2003年11月, 第65回日本臨床外科学会
    概要:高熱に続いて発症した、ベーチェット病による大腸の同時性多発穿孔例を経験した。
  • 皮膚壊死をきたした巨大乳腺葉状腫瘍の一例, 新﨑 亘, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 太田 善夫, 近畿大学医学部付属病院形成外科,   2003年11月
  • 多中心性一側多発を伴う同時性両側乳癌の一例, 湯川 真生, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 太田 善夫, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第1回日本乳癌学会近畿地方会,   2004年01月, 第1回日本乳癌学会近畿地方会
  • 透析患者の子宮生検後に発症した劇症型A群溶連菌感染症の一例, 中山 剛之, 湯川 真生, 新﨑 亘, 小川 稔, 村田 賢, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 太田 善夫, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 奈良感染症研究会,   2004年01月, 奈良感染症研究会
  • MDCTにより進展度診断を行った肝門部胆管癌症例, 村田 賢, 湯川 真生, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 岡嶋 馨, 太田 善夫, 橋本 幸彦, 山本 敬, 新﨑 亘, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第32回近畿肝臓外科研究会,   2004年02月, 第32回近畿肝臓外科研究会
  • 肝嚢胞による閉塞性黄疸症例 ~腹腔鏡下開窓術による治療~, 井上 雅智, 村田 賢, 新﨑 亘, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 水野 成人, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 奈良県内視鏡外科研究会,   2004年02月, 奈良県内視鏡外科研究会
  • 急性腹症として発症した腸間膜リンパ管腫の一例, 小川 稔, 村田 賢, 新﨑 亘, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第2回中河内消化器病研究会,   2004年02月, 第2回中河内消化器病研究会
  • マルチスライスCTより作成した3D、MPR画像による肝胆膵疾患術前評価の有用性と限界, 村田 賢, 湯川 真生, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 新﨑 亘, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第104回日本外科学会定期学術集会,   2004年04月, 第104回日本外科学会定期学術集会
  • 大腸癌同時性肝転移H3症例に対する5-FU大量持続肝動注の効果, 湯川 真生, 村田 賢, 中山 剛之, 新﨑 亘, 小川 稔, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 第104回日本外科学会定期学術集会,   2004年04月, 第104回日本外科学会定期学術集会
  • 当院における平成15年度ERCP症例の検討, 加藤 玲明, 水野 成人, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第41回奈良県消化器内視鏡研究会,   2004年05月, 第41回奈良県消化器内視鏡研究会
  • 非B非C肝癌の臨床病理学的特徴, 村田 賢, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 新﨑 亘, 市立池田病院臨床検査部, 市立池田病院臨床検査部, 市立池田病院外科, 大阪市大医学部第2病理部, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 市立池田病院外科, 市立池田病院外科, 第40回日本肝癌研究会,   2004年06月, 第40回日本肝癌研究会
  • 片側多発乳癌4例の検討, 湯川 真生, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 太田 善夫, 近畿大学医学部付属病院, 第12回日本乳癌学会総会,   2004年06月, 第12回日本乳癌学会総会
  • マルチスライスCTから作成した3D, MPR画像による肝胆膵疾患術前評価の有用性と限界, 小川 稔, 村田 賢, 新﨑 亘, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院, 第26回奈良県肝・胆・膵研究会,   2004年06月, 第26回奈良県肝・胆・膵研究会
  • 膵腫瘍を疑った二例, 小川 力, 水野 成人, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 北口 博士, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第26回奈良県肝胆膵研究会,   2004年06月, 第26回奈良県肝胆膵研究会
  • 進行膵癌に対するGemcitabineの治療成績, 村田 賢, 湯川 真生, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 北口 博士, 新﨑 亘, 山本 敬, 岡嶋 馨, 橋本 幸彦, 第59回日本消化器外科学会定期学術集会,   2004年07月, 第59回日本消化器外科学会定期学術集会
  • 画像診断が困難であった原発性肝癌の1例, 北口 博士, 村田 賢, 新﨑 亘, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 水野 成人, 小川 力, 岡嶋 馨, 山本 敬, 第3回中河内消化器病研究会,   2004年07月, 第3回中河内消化器病研究会
  • 大腸癌同時性肝転移H3症例に対する5-FU大量持続肝動注長期(2年以上)生存例の検討, 湯川 真生, 新﨑 亘, 小川 稔, 中山 剛之, 村田 賢, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院形成外科, 第59回日本消化器外科学会定期学術集会,   2004年07月, 第59回日本消化器外科学会定期学術集会
  • 大腸癌患者の原発巣におけるPyNPase, DPD活性と臨床病理学的因子の関連性, 小川 稔, 村田 賢, 新﨑 亘, 北口 博士, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 第59回日本消化器外科学会定期学術集会,   2004年07月, 第59回日本消化器外科学会定期学術集会
  • 大腸癌患者の原発巣におけるPyNPase活性と臨床病理学的因子の関連性, 小川 稔, 村田 賢, 新﨑 亘, 北口 博士, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 第29回日本外科系連合学会学術集会,   2004年07月, 第29回日本外科系連合学会学術集会
  • 消化管穿孔症例に対する診断と治療, 中山 剛之, 新﨑 亘, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院, 第29回日本外科系連合学会学術集会,   2004年07月, 第29回日本外科系連合学会学術集会
  • 下部消化管穿孔に伴う糞便暴露による腹膜炎に対するPMX-CHDF療法の有用性の検討, 中山 剛之, 村田 賢, 新﨑 亘, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院, 第59回日本消化器外科学会定期学術集会,   2004年07月, 第59回日本消化器外科学会定期学術集会
  • 著明な壁肥厚を認めた慢性胆嚢炎の一例, 豊澤 昌子, 水野 成人, 小川 力, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 中山 剛之, 新崎 亘, 井上 雅智, 工藤 正俊, 第81回日本消化器病学会近畿支部例会,   2004年09月, 第81回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 経皮的アプローチを併用して治療した総胆管結石の一例, 加藤 玲明, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 村田 賢, 井上 雅智, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2004年09月, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 微小浸潤を認めた分枝型IPMTの一例, 小川 力, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 橋本 幸彦, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2004年09月, 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 急性虫垂炎の診療における腹部CT検査の有用性, 村田 賢, 湯川 真生, 北口 博士, 新﨑 亘, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 山本 敬, 岡嶋 馨, 第66回日本臨床外科学会総会,   2004年10月, 第66回日本臨床外科学会総会
  • MDCTにより作成した3D、MPR画像による肝胆膵疾患術前評価の有用性と限界, 村田 賢, 湯川 真生, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 新﨑 亘, 橋本 幸彦, 山本 敬, 岡嶋 馨, 近畿大学医学部付属病院, 第34回日本消化器病学会大会,   2004年10月, 第34回日本消化器病学会大会
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)におけるドレナージのクリニカルパス(CP)導入への影響, 湯川 真生, 村田 賢, 北口 博士, 小川 稔, 中山 剛之, 井上 雅智, 新﨑 亘, 橋本 幸彦, 第66回日本臨床外科学会総会,   2004年10月, 第66回日本臨床外科学会総会
  • 当科における食道癌に対するクリニカルパス導入の試み, 井上 雅智, 湯川 真生, 村田 賢, 小川 稔, 中山 剛之, 新﨑 亘, 北口 博士, 橋本 幸彦, 第66回日本臨床外科学会総会,   2004年10月, 第66回日本臨床外科学会総会
  • 当科における急性腹症361例の検討, 中山 剛之, 村田 賢, 北口 博士, 新﨑 亘, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 第66回日本臨床外科学会総会,   2004年10月, 第66回日本臨床外科学会総会
  • 小腸穿孔を来した一例, 加藤 玲明, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 太田 善夫, 工藤 正俊, 新崎 亘, 中山 剛之, 井上 雅智, 第26回奈良県胃腸研究会,   2004年10月, 第26回奈良県胃腸研究会
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)における開放ドレナーン(ペンローズ)の影響, 湯川 真生, 村田 賢, 北口 博士, 新﨑 亘, 小川 稔, 中山 剛之, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 第17回日本内視鏡外科学会総会,   2004年11月, 第17回日本内視鏡外科学会総会
  • 当科における食道癌に対するクリニカルパス導入の試み, 井上 雅智, 湯川 真生, 村田 賢, 小川 稔, 中山 剛之, 新﨑 亘, 北口 博士, 上田 吉生, 橋本 幸彦, 第176回近畿外科学会,   2004年11月, 第176回近畿外科学会
  • PppDを施行した膵十二指腸損傷症例, 新﨑 亘, 中山 剛之, 北口 博士, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 第176回近畿外科学会,   2004年11月, 第176回近畿外科学会
  • 回腸リンパ管腫の一例, 小川 稔, 村田 賢, 新﨑 亘, 北口 博士, 岩﨑 拓也, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 生駒市医師会地域医療懇談会,   2004年11月, 生駒市医師会地域医療懇談会
  • 食道癌術後再建胃管癌の1例, 橋本 幸彦, 湯川 真生, 村田 賢, 小川 稔, 中山 剛之, 新崎亘, 北口 博士, 上田 吉生, 太田 善夫, 井上 雅智,   2004年11月
  • TS-1にて長期コントロールされている進行胃癌の1例, 林 道友, 水野 成人, 加藤 玲明, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 中山 剛之, 井上 雅智, 工藤 正俊, 藤島 正浩, 第3回大阪消化器化学療法懇話会,   2004年11月, 第3回大阪消化器化学療法懇話会
  • 外傷性肝破裂の一例, 井上 雅智, 村田 賢, 北口 博士, 新﨑 亘, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 岩﨑 拓也, 山本 敬, 岡嶋 馨, 阿部 泰志, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院研修医, 近畿大学医学部付属病院研修医, 近畿大学医学部付属病院研修医, 第4回中河内消化器病研究会,   2005年01月, 第4回中河内消化器病研究会
  • 非典型的な画像所見を呈したHCCの一例, 小川 力, 水野 成人, 藤島 正浩, 林 道友, 豊澤 昌子, 加藤 玲明, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 北口 博士, 村田 賢, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第82回日本消化器病学会近畿支部例会,   2005年02月, 第82回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 小腸穿孔の一例, 林 道友, 水野 成人, 藤島 正浩, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 新崎 亘, 中山 剛之, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第82回日本消化器病学会近畿支部例会,   2005年02月, 第82回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 化学療法に一時的に反応した小腸癌の一例, 加藤 玲明, 水野 成人, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 渡邉 和彦, 南野 達夫, 工藤 正俊, 藤島 正浩, 村田 賢, 井上 雅智, 第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2005年03月, 第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 急性腹症の診断と治療, 中山 剛之, 村田 賢, 北口 博士, 新﨑 亘, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 近畿大学医学部付属病院研修医, 近畿大学医学部付属病院研修医, 第105回日本外科学会定期学術集会,   2005年05月, 第105回日本外科学会定期学術集会
  • 外傷性肝損傷症例の検討, 村田 賢, 湯川 真生, 北口 博士, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 芋縄 啓史, 阿部 泰志, 山本 敬, 岡嶋 馨, 第30回日本外科系連合学会学術総会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会学術総会
  • 特異な臨床像を呈し皮膚腫瘍と鑑別を要した乳癌の一例, 湯川 真生, 北口 博士, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 小川 稔, 中山 剛之, 村田 賢, 井上 雅智, 橋本 幸彦, 太田 善夫, 第13回日本乳癌学会総会,   2005年06月, 第13回日本乳癌学会総会
  • マルチスライスCTより作成した3D動画像による肝切除のナビゲーション, 村田 賢, 湯川 真生, 北口 博士, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 山本 敬, 岡嶋 馨, 日本肝胆膵外科関連会議・横浜,   2005年06月, 日本肝胆膵外科関連会議・横浜
  • 胃十二指腸動脈への潰瘍穿通から出血性ショックを操り返した一例, 中山 剛之, 北口 博士, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第30回日本外科系連合学会学術集会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会学術集会
  • 画像診断が困難であった原発性肝癌の一例, 北口 博士, 村田 賢, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 山本 敬, 岡嶋 馨, 太田 善夫, 第30回日本外科系連合学会学術集会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会学術集会
  • PpPDを施行した外傷性膵十二指腸損傷の一例, 新﨑 亘, 中山 剛之, 北口 博士, 岩﨑 拓也, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第30回日本外科系連合学会学術集会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会学術集会
  • 当院におけるヘルニア嵌頓症例の検討, 岩﨑 拓也, 湯川 真生, 北口 博士, 新﨑 亘, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 井上 雅智, 第30回日本外科系連合学会学術集会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会学術集会
  • 放射線化学療法後に上大静脈を合併切除した胸腺癌の一例, 小川 稔, 村田 賢, 北口 博士, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 金田 幸三, 西脇 登, 太田 善夫, 第30回日本外科系連合学会学術集会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会学術集会
  • アンスラサイクリン(A)系、タキサン(T)系シークェンシャル術前化学J療法の検討, 湯川 真生, 北口 博士, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 小川 稔, 中山 剛之, 村田 賢, 井上 雅智, 第30回日本外科系連合学会学術集会,   2005年06月, 第30回日本外科系連合学会学術集会
  • 原発性肝癌に置けるzonula occuludens-1(ZO-1)発現の臨床病理学的な意義, 村田 賢, 北口 博士, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 大阪市立大学医学部付属病院第二病理, 大阪大学医学部付属病院腫瘍外科, 市立池田病院臨床検査部, 大阪府立成人病センター外科, 大阪府立成人病センター外科, 市立池田病院外科, 東京大学医科学研究所ゲノム解析センター, 市立池田病院外科, 第41回日本肝癌研究会,   2005年06月, 第41回日本肝癌研究会
  • 進行膵癌に対するGemcitabineの治療成績, 村田 賢, 湯川 真生, 北口 博士, 新﨑 亘, 岩﨑 拓也, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 水野 成人, 第60回日本消化器外科学会定期学術総会,   2005年07月, 第60回日本消化器外科学会定期学術総会
  • 非大腸由来の転移性肝癌に対する肝切除の意義, 村田 賢, 北口 博士, 岩﨑 拓也, 中山 剛之, 小川 稔, 湯川 真生, 井上 雅智, 立石秀郎, 東野 健, 門田卓士, 小林哲郎, 第67回日本臨床外科学会総会,   2005年11月, 第67回日本臨床外科学会総会
  • 当院におけるイレウス症例の検討, 中山 剛之, 北口 博士, 岩﨑 拓也, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第67回日本臨床外科学会総会,   2005年11月, 第67回日本臨床外科学会総会
  • 腹腔鏡下腹膜生検にて確診しえた結核性腹膜炎の一例, 河田奈都子, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 岸谷 讓, 加藤 玲明, 小川 力, 豊澤 昌子, 北井 聡, 林 道友, 井上 雅智, 湯川 真生, 岩崎拓也, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第84回日本消化器病学会近畿支部例会,   2006年02月, 第84回日本消化器病学会近畿支部例会
  • 当院におけるイレウス症例の検討, 中山 剛之, 北口 博士, 岩﨑 拓也, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第106回日本外科学会定期学術集会,   2006年03月, 第106回日本外科学会定期学術集会
  • 内ヘルニア嵌頓の3例, 中山 剛之, 北口 博士, 岩﨑 拓也, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第42回日本腹部救急医学会総会,   2006年03月, 第42回日本腹部救急医学会総会
  • 食道癌術後のシベレスタットナトリウム使用意義, 村田 賢, 湯川 真生, 北口 博士, 井上 奈穂, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 第39回奈良外科学会学術大会,   2006年04月, 第39回奈良外科学会学術大会
  • 肝胆膵外傷症例の検討, 村田 賢, 湯川 真生, 亀井 敬子, 北口 博士, 中山 剛之, 小川 稔, 芋縄 啓史, 阿部 泰志, 長谷川 博一, 岡嶋 馨, 井上 雅智, 第18回日本肝胆膵外科関連会議・東京,   2006年05月, 第18回日本肝胆膵外科関連会議・東京
  • 当院における外傷性肝損傷例の検討, 村田 賢, 湯川 真生, 亀井 敬子, 北口 博士, 中山 剛之, 小川 稔, 芋縄 啓史, 阿部 泰志, 長谷川 博一, 岡嶋 馨, 井上 雅智, 第31回日本外科系連合学術集会,   2006年06月, 第31回日本外科系連合学術集会
    概要:外傷性肝損傷のⅢb型が手術適応で迅速な対応が救命率の向上につながる
  • 直腸癌を合併した腸管嚢腫様気腫症の一例, 中山 剛之, 北口 博士, 井上 奈穂, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第31回日本外科系連合学会学術集会,   2006年06月, 第31回日本外科系連合学会学術集会
  • 分枝型IPMTに対して膵分節切除,胃膵吻合を行った一例, 山口 拓也, 中山 剛之, 村田 賢, 小川 稔, 城田 哲哉, 湯川 真生, 井上 雅智, 奈良県肝胆膵研究会,   2006年06月, 奈良県肝胆膵研究会
    概要:(62歳男性,腹痛を主訴に来院,検査の結果,分枝型IPMTと診断)膵臓機能温存目的で,膵体部切除し尾部を温存。術後は耐糖機能異常はなく経過良好
  • 胆嚢炎に対する待機腹腔鏡下胆嚢摘出術,待機期間の検討, 湯川 真生, 村田 賢, 小川 稔, 中山 剛之, 北口 博士, 井上 奈穂, 井上 雅智, 第61回日本消化器外科学会定期学術集会,   2006年07月, 第61回日本消化器外科学会定期学術集会
  • 食道癌術後の呼吸管理におけるシベレスタットナトリウム使用の意義, 村田 賢, 湯川 真生, 北口 博士, 井上 奈穂, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 第61回日本消化器外科学会定期学術総会,   2006年07月, 第61回日本消化器外科学会定期学術総会
    概要:食道癌術後の呼吸管理においてシベレスタットナトリウムを使用することによって術後の肺合併症の頻度を減少させICU入室期間を短縮できる可能性が示唆された
  • 皮膚壊死を来たした葉状腫瘍の一例, 中山 剛之, 北口 博士, 亀井 敬子, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第14回日本乳癌学会学術総会,   2006年07月, 第14回日本乳癌学会学術総会
  • 救急外来における急性腹症の診断について, 中山 剛之, 井上 奈穂, 北口 博士, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第61回日本消化器外科学会定期学術総会,   2006年07月, 第61回日本消化器外科学会定期学術総会
  • 胆嚢偽腫瘍の一例, 城田 哲哉, 山口 拓也, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第7回中河内消化器病研究会,   2006年07月, 第7回中河内消化器病研究会
  • 診断までに時間を要した胃癌の1例., 加藤 玲明, 工藤 正俊, 石井 一樹, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 岸谷 譲, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 小川 稔, 井上 雅智, 太田 善夫, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 確定診断までに時間を要した早期胃癌の1例, 加藤 玲明, 石川一樹, 林 道友, 豊澤 昌子, 小川 力, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 水野 成人, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,   2006年09月, 第77回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
  • 手術が有効であった乳癌術後4年目の卵巣転移の一例, 湯川 真生, 山口 拓也, 城田 哲哉, 中山 剛之, 小川 稔, 村田 賢, 井上 雅智, 太田 善夫, 第68回日本臨床外科学会総会,   2006年11月, 第68回日本臨床外科学会総会
  • 食道癌術後の呼吸管理におけるシベレスタットナトリウム使用の臨床的意義, 村田 賢, 湯川 真生, 山口 拓也, 城田 哲哉, 中山 剛之, 小川 稔, 井上 雅智, 第68回日本臨床外科学会総会,   2006年11月, 第68回日本臨床外科学会総会
    概要:食道癌術後の呼吸管理においてシベレスタットナトリウムを使用することによって術後の肺合併症の頻度を減少させICU入室期間を短縮でき,医療経済的効果が期待できる
  • 胃十二指腸動脈への潰瘍穿通による出血性ショックを手術的に救命し得た2例, 中山 剛之, 山口 拓也, 城田 哲哉, 小川 稔, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第68回日本臨床外科学会総会,   2006年11月, 第68回日本臨床外科学会総会
  • S状結腸癌による膣転移の一例, 城田 哲哉, 山口 拓也, 森 琢児, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第180回 近畿外科学会,   2006年11月, 第180回 近畿外科学会
    概要:S状結腸癌による脈管性膣転移を経験,大腸癌による脈管性膣転移は稀であり,文献的考察を含め報告
  • 特発性大網捻転症の一症例, 山口 拓也, 中山 剛之, 城田 哲哉, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第180回 近畿外科学会,   2006年11月, 第180回 近畿外科学会
    概要:46歳女性,右下腹部痛を主訴に来院,炎症所見は軽度で腹膜刺激症状はなったため保存的治療を開始したが改善ないため開腹手術施行,大網の一部が捻転し,壊死していたため切除 大網捻転症は稀で診断が困難なケースが多いが急性腹症の鑑別疾患の一つとして念頭に置くべき疾患であると考える
  • 食道癌術後の呼吸管理におけるシベレスタットナトリウムの使用の臨床的意義ー医療経済的観点よりー, 村田 賢, 湯川 真生, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 中山 剛之, 井上 雅智, 急性肺障害治療フォーラムin大阪,   2007年02月, 急性肺障害治療フォーラムin大阪
  • VPシャント症例に対する内視鏡的胃ろう造設術の適応について, 中山 剛之, 米倉 竹夫, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 木村 拓也, 水野 成人, 井上 雅智, 第22回 日本静脈経腸栄養学会,   2007年02月, 第22回 日本静脈経腸栄養学会
  • 保存的加療にて軽快した解離性上腸間膜動脈瘤の一例, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第8回 中河内消化器病研究会,   2007年02月, 第8回 中河内消化器病研究会
  • 食道癌術後管理におけるシベレスタットナトリウムの有用性とその医療経済的効果, 村田 賢, 湯川 真生, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 中山 剛之, 井上 雅智, 第107回 日本外科学会定期学術集会,   2007年04月, 第107回 日本外科学会定期学術集会
  • 急性腹症の診断におけるBese Excess の有用性について, 中山 剛之, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第107回 日本外科学会定期学術集会,   2007年04月, 第107回 日本外科学会定期学術集会
  • 血清遊離DNAの癌関連遺伝子メチル化を用いた化学療法効果予測の検討, 森 琢児, 井上 雅智, 土岐 祐一郎, 門田 守人, Dave,S.B.Hoon, 第107回 日本外科学会定期学術集会,   2007年04月, 第107回 日本外科学会定期学術集会
  • 進行再発大腸癌に対するFOLFOX療法,60例の検討, 城田 哲哉, 山口 拓也, 中山 剛之, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第40回 奈良外科学会学術大会,   2007年04月, 第40回 奈良外科学会学術大会
  • 救急搬送中に自然解除された絞はん性イレウスの一例, 森 琢児, 山口 拓也, 城田 哲哉, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第181回 近畿外科学会,   2007年05月, 第181回 近畿外科学会
  • 術前化学療法(TS-1+CPT-11)により根治的切除が可能となった胃癌の一例, 河田 奈都子, 村田 賢, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 中山 剛之, 湯川 真生, 井上 雅智, 第181回 近畿外科学会,   2007年05月, 第181回 近畿外科学会
  • 異時性両側乳癌に対し,両側乳房同時再建術を施行した3例, 湯川 真生, 中山 剛之, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 村田 賢, 井上 雅智, 上田 吉生, 諸富 公昭, 太田 善夫, 第15回 日本乳癌学会学術総会,   2007年06月, 第15回 日本乳癌学会学術総会
  • 異時性単発性肝転移,肺転移に対してそれぞれを切除しえた胃癌再発の一例, 村田 賢, 湯川 真生, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 中山 剛之, 井上 雅智, 第32回 日本外科系連合学会学術集会,   2007年06月, 第32回 日本外科系連合学会学術集会
  • 当院における絞はん性イレウス症例の検討, 中山 剛之, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第32回 日本外科系連合学会学術集会,   2007年06月, 第32回 日本外科系連合学会学術集会
  • 当院における乳癌術後創部感染について, 中山 剛之, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第15回 日本乳癌学会学術総会,   2007年06月, 第15回 日本乳癌学会学術総会
  • 手術適応の判断に苦慮した進行癌症例, 森 琢児, 山口 拓也, 城田 哲哉, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第61回 日本食道学会学術集会,   2007年06月, 第61回 日本食道学会学術集会
  • 当院における食道癌術死症例の検討, 森 琢児, 山口 拓也, 城田 哲哉, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第62回 日本消化器外科学会定期学術総会,   2007年07月, 第62回 日本消化器外科学会定期学術総会
  • 当院における進行再発大腸癌に対するFOLFOX療法の検討, 城田 哲哉, 山口 拓也, 中山 剛之, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 清水 俊雄, 田村 研治, 第62回 日本消化器外科学会定期学術総会,   2007年07月, 第62回 日本消化器外科学会定期学術総会
  • 当科における術後血液浄化療法導入例の検討, 中山 剛之, 井上 啓介, 山口 拓也, 城田 哲哉, 森 琢児, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第69回日本臨床外科学会総会,   2007年12月, 第69回日本臨床外科学会総会
  • 保存的加療にて軽快した上腸間膜動脈解離の一例, 山口 拓也, 井上 啓介, 城田 哲哉, 森 琢児, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第69回 日本臨床外科学会総会,   2007年12月, 第69回 日本臨床外科学会総会
  • 腸間膜に由来した非上皮性悪性腫瘍の一症例, 井上 啓介, 村田 賢, 山口 拓也, 城田 哲哉, 中山 剛之, 湯川 真生, 太田 善夫, 井上 雅智, 第182回 近畿外科学会,   2007年12月, 第182回 近畿外科学会
  • スルピリド投与について短期間に摂食障害の改善をみた3例ー当院におけるNST活動の問題点を中心に, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 米倉 竹夫, 井上 雅智, 第23回 日本静脈経腸栄養学会,   2008年02月, 第23回 日本静脈経腸栄養学会
  • 腹腔内腫瘍の一症例, 山口 拓也, 井上 啓介, 錦 耕平, 真貝 竜史, 城田 哲哉, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第10回 中河内消化器病研究会,   2008年02月, 第10回 中河内消化器病研究会
  • 突発性大網出血の一例, 城田 哲哉, 井上 啓介, 山口 拓也, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 雅智, 第44回 日本腹部救急医学会総会,   2008年03月, 第44回 日本腹部救急医学会総会
  • 術前診断が困難であった肝血管筋脂肪腫の一例, 村田 賢, 湯川 真生, 井上 啓介, 錦 耕平, 山口 拓也, 城田 哲哉, 真貝 竜史, 中山 剛之, 長谷川 博一, 岡嶋 馨, 太田 善夫, 井上 雅智, 第20回 日本肝胆膵外科学会・学術集会,   2008年05月, 第20回 日本肝胆膵外科学会・学術集会
  • 早期胃癌根治術後5年時に巨大腹腔内リンパ節再発を来した一例, 真貝 竜史, 井上 啓介, 錦 耕平, 山口 拓也, 城田 哲哉, 中山 剛之, 村田 賢, 湯川 真生, 太田 善夫, 井上 雅智, 第183回 近畿外科学会,   2008年05月, 第183回 近畿外科学会
  • 肝細胞癌破裂後に肝切除を行ったが腹腔内播種で再発した一例., 林 道友, 奥田 英之, 茂山 朋広, 宮部 欽生, 豊澤 昌子, 岸谷 讓, 鍋島 紀滋, 村田 賢, 井上 雅智, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第91回例会,   2009年09月, 日本消化器病学会近畿支部第91回例会
  • 虫垂粘液嚢胞腺腫の1例. Freshman Session「消化管」, 玉田 博之, 秦 康倫, 木下 大輔, 奥田 英之, 茂山 朋広, 宮部 欽生, 豊澤 昌子, 岸谷 讓, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 佐藤 克明, 木谷 光太郎, 井上 雅智, 太田 善夫, 日本消化器病学会近畿支部第96回例会,   2012年01月, 日本消化器病学会近畿支部第96回例会
  • 肝細胞癌に合併した膵solid-pseudopapillary neoplasmの1例, 茂山 朋広, 秦 康倫, 木下 大輔, 奥田 英之, 宮部 欽生, 清水 昌子, 岸谷 讓, 川崎 俊彦, 佐藤 克明, 辻江 正徳, 井上 雅智, 太田 善夫, 工藤 正俊, 日本消化器病学会近畿支部第98回例会,   2013年02月, 日本消化器病学会近畿支部第98回例会

MISC

  • 食道癌の診断と治療, 井上 雅智,   2007年01月

競争的資金

  • 食道癌の悪性度に関する研究
  • 胃癌の化学療法に関する研究