KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

野口 夕子ノグチ ユウコ

プロフィール

所属部署名法学部 法律学科 / 法学研究科
職名教授
学位博士(法律学)
専門商法、保険・海商法
ジャンル法律/会社・取引き
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/58-noguchi-yuuko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/10/19

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    保険法制に設ける損害防止義務及び損害防止費用負担義務について、保険法制史を遡る中で両義務がなぜ義務として保険法制に組み込まれていったのかを解明すべく研究を続けています。

学歴・経歴

学歴

  • 1996年04月 - 1999年03月, 京都産業大学大学院, 法学研究科, 博士後期課程
  • 1994年04月 - 1996年03月, 京都産業大学大学院, 法学研究科, 博士前期課程
  • 1990年04月 - 1994年03月, 京都産業大学, 法学部, 法律学科
  • 1987年04月 - 1990年03月, 徳島県立城ノ内高等学校

経歴

  •   2008年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2016年09月,  - 2017年08月, サウサンプトン大学(客員研究員)
  •   2014年05月,  - 2016年01月, 清河法律事務所(弁護士)
  •   2009年08月,  - 2014年04月, 弁護士法人 梅ヶ枝中央法律事務所(弁護士)
  •   2007年04月,  - 2008年03月, 近畿大学(准教授)
  •   2003年04月,  - 2007年03月, 近畿大学(助教授)
  •   2003年04月,  - 2006年03月, 山口大学(非常勤講師)
  •   2004年09月,  - 2004年09月, 島根大学(非常勤講師(集中講義))
  •   2001年09月,  - 2003年03月, 山口大学(助教授)
  •   2002年08月,  - 2002年09月, 島根大学(非常勤講師(集中講義))
  •   1999年04月,  - 2001年08月, 山口大学(専任講師)

研究活動情報

研究分野

  • 法学, 民事法学, 商法、保険法、海商法

研究キーワード

  • 商法, 保険法, 海商法

論文

  • 保険契約における損害防止義務:保険市場に内在するモラル・ハザード防止機能という観点から, 野口 夕子, 京都産業大学,   2004年03月, 査読有り
  • 保険契約におけるリスク対応原理:逆選択およびモラル・ハザード防止という側面から, 野口 夕子, 日本リスク研究学会誌, 13, 1, 65, 71,   2001年12月, 査読有り

書籍等出版物

  • 論点体系 保険法Ⅱ:生命保険、傷害疾病定額保険、雑則【第37条~第96条】, 野口 夕子, 分担執筆, 「第50条:被保険者の死亡の通知」、「第79条:給付事由発生の通知」, 第一法規株式会社,   2014年07月
  • 論点体系 保険法Ⅰ:総則、損害保険【第1条~第36条】, 野口 夕子, 分担執筆, 「第13条:損害の発生及び拡大の防止」、「第15条:損害発生後の保険の目的物の滅失」、「第16条:火災保険契約による損害てん補の特則」、「第23条:費用の負担」, 第一法規株式会社,   2014年07月
  • 保険法判例百選, 野口 夕子, 分担執筆, 「海上保険証券の有価証券性:大審院昭和13年8月31日判決(昭和13年(オ)第327号保険金請求事件)」, 有斐閣,   2010年12月
  • 新保険法と保険契約法理の新たな展開, 野口 夕子, 分担執筆, 「損害保険契約における保険者免責、その改正の問題点:かかる立法史に探る」, ぎょうせい,   2009年10月
  • 保険契約における損害防止義務:モラル・ハザード防止機能という観点から, 野口 夕子, 単著, 成文堂,   2007年03月, 978-4-7923-2510-7

講演・口頭発表等

  • 共済金受取人として共済契約者兼被保険者が指定されて いるが、配偶者として共済金受取人の推定相続人の地位 にある者が被保険者を故意に死亡させた事案(高松高裁平成 26 年9月 12 日判決), 野口 夕子, 平成28年度第3回保険事例研究会(大阪),   2016年07月08日
  • うつ病についての故意・重過失による不告知(大阪高裁平成24年7月12日判決), 野口 夕子, 平成25年度第9回保険事例研究会(大阪),   2014年02月07日
  • 保険金請求権の消滅時効の起算点:民法(債権法)改正を射程にして, 野口 夕子, 平成24年度1月保険学セミナー(東京)東西交流,   2013年01月26日, 招待有り
  • 高度障害状態該当非該当(水戸地裁平成15年10月29日判決), 野口 夕子, 平成23年度第7回保険事例研究会(大阪),   2011年12月09日
  • 保険金受取人の変更権、その行使方法をめぐって:信託法89条が保険法改正に与えた影響, 野口 夕子, 平成23年度1月保険学セミナー(大阪),   2011年01月08日
  • 損害防止費用負担義務、その本質と強行性:海上保険法制史に探る, 野口 夕子, 第59回日本海法学会,   2009年10月10日
  • 海上リスク対策としての損害防止義務:英国海上保険法の改正動向の与える示唆, 野口 夕子, 日本リスク研究学会第20回研究発表会,   2007年11月18日
  • 保険契約における損害防止義務:保険市場に内在するモラル・ハザード防止という観点から, 野口 夕子, 日本私法学会2004年度大会,   2004年10月11日
  • 家族にみるリスクシェアリング機能と保険制度, 野口 夕子, 日本リスク研究学会第14回研究発表会並びに第2回アジアリスク研究シンポジウム,   2001年11月23日
  • 保険契約におけるリスク対応原理:逆選択およびモラル・ハザード防止という側面から, 野口 夕子, 日本リスク研究学会第13回研究発表会,   2000年11月19日
  • 保険事故招致とそのサンクション:民事上および刑事上の詐欺に関する一考察(シンポジウム「モラル・ハザードをめぐる諸問題」), 野口 夕子, 平成11年度日本保険学会大会,   1999年10月23日
  • イタリア法における損害防止義務, 野口 夕子, 日本保険学会関西部会,   1999年06月19日
  • モラル・ハザードに関する保険契約解釈, 野口 夕子, 日本リスク研究学会第10回研究発表会,   1997年11月20日

MISC

  • 共済金受取人として共済契約者兼被保険者が指定されて いるが、配偶者として共済金受取人の推定相続人の地位 にある者が被保険者を故意に死亡させた事案(高松高裁平成 26 年9月 12 日判決), 野口 夕子, 保険事例研究会レポート, 298, 13, 23,   2016年08月, 招待有り
  • 船舶衝突による債権の消滅時効の起算点:商法(運送・海商関係)改正作業の進むなかで, 野口 夕子, 産大法学, 48, 3-4, 135, 160,   2015年02月, 招待有り
  • うつ病についての故意・重過失による不告知(大阪高裁平成24年7月12日判決), 野口 夕子, 保険事例研究会レポート, 277, 11, 21,   2014年03月, 招待有り
  • 保険金請求権の消滅時効の起算点:民法(債権法)改正を射程にして, 野口 夕子, 生命保険論集, 183, 61, 87,   2013年06月, 招待有り
  • 高度障害状態該当非該当(水戸地裁平成15年10月29日判決), 野口 夕子, 保険事例研究会レポート, 257, 9, 18,   2012年01月, 招待有り
  • 保険金受取人の変更権、その行使方法をめぐって:信託法89条が今改正に与えた影響, 野口 夕子, 生命保険論集, 175, 63, 88,   2011年06月, 招待有り
  • 他人の生命保険契約・傷害疾病定額保険契約における被保険者同意不要類型(保険法特集号「立法化されなかった論点」), 野口 夕子, 保険学雑誌, 607, 79, 98,   2009年12月, 招待有り
  • 英国海上保険法制史、その素描:損害防止費用負担義務形成史にかかる序章, 野口 夕子, 損害保険研究, 70, 1, 1, 30,   2008年05月
  • 損害防止費用負担義務の制度的淵源(二・完):わが国商法と英国海上保険法, 野口 夕子, 近畿大学法学, 55, 4, 71, 146,   2008年03月
  • 海上リスク対策としての損害防止義務, 野口 夕子, 日本リスク研究学会第20回研究発表会講演論文集, 20, 283, 288,   2007年11月
  • 損害防止費用負担義務の制度的淵源(一):わが国商法と英国海上保険法, 野口 夕子, 近畿大学法学, 55, 2, 1, 35,   2007年09月
  • 船舶の衝突によって生じた損害賠償請求権の消滅時効の起算点(最二判平成17年11月21日), 野口 夕子, 判例評論, 579, 208, 212,   2007年05月, 招待有り
  • 傷害保険契約における重複保険の告知義務・通知義務違反による解除の要件:大阪高判平成14年12月18日判例時報1826号143頁(商事判例研究No. 478〔京都大学商法研究会〕), 野口 夕子, 旬刊商事法務, 1766, 98, 104,   2006年05月
  • 損害防止費用負担義務形成史序説:わが国学説にみる海上保険成立過程と法形成史のなかで, 野口 夕子, 近畿大学法学, 53, 1, 25, 53,   2005年07月
  • 保険契約における損害防止義務:保険市場に内在するモラル・ハザード防止機能という観点から, 野口 夕子, 私法, 67, 185, 192,   2005年04月, 招待有り
  • ドイツ保険契約法63条と普通取引約款規制法:損害防止費用不担保約款の有効性をめぐって, 野口 夕子, 近畿大学法学, 51, 3-4, 47, 87,   2004年03月
  • 損害防止義務に関する台湾保険法の規定と約款規制:法改正による損害防止費用不担保約款禁止にいたるまで, 野口 夕子, 産大法学, 36, 4, 1, 35,   2003年03月
  • 家族にみるリスクシェアリング機能と保険制度, 野口 夕子, 日本リスク研究学会第14回研究発表会講演論文集, 14, 89, 93,   2001年11月
  • 中国保険法41条に関する一考察:損害防止義務の解釈をめぐって, 野口 夕子, 生命保険論集, 136, 25, 57,   2001年09月
  • 保険証券における裁判管轄約款の適用と公序良俗:McAleer v. John Does, 1996 AMC 2868 (Mass. S. Ct. 1996), 野口 夕子, 産大法学, 34, 4, 1, 17,   2001年02月
  • 保険契約におけるリスク対応原理:逆選択およびモラル・ハザード防止という側面から, 野口 夕子, 日本リスク研究学会第13回研究発表会講演論文集, 13, 201, 205,   2000年11月
  • 保険事故招致とそのサンクション:民事上および刑事上の詐欺に関する一考察, 野口 夕子, 保険学雑誌, 569, 48, 67,   2000年06月, 招待有り
  • イタリア法における損害防止義務, 野口 夕子, 保険学雑誌, 567, 17, 39,   1999年12月, 招待有り
  • 油濁損害により蒙った経済的損失に対する補償問題:Ballard Shipping, In Re, 1994 AMC 2705 (U. S. C. A. 1st Cir. 1994), 野口 夕子, 産大法学, 33, 1-2, 118, 134,   1999年10月
  • 運送品の一部滅失による損害賠償請求訴訟につき、準備書面も提出せず欠席した運送人の責任を認めた事件:人民法院案例選第2輯(1993)145頁40事件(アジア海事法案判例研究(4)中国-7), 野口 夕子, 海事法研究会誌, 148, 31, 34,   1999年02月, 招待有り
  • 海事共同不法行為の被害者が加害者の一部と和解した場合における非和解者の責任:McDermott v. AmClyde, 1994 AMC 1521, 511 U. S. 202, 144 S. Ct. 1461 (1994), 野口 夕子, 産大法学, 32, 4, 216, 237,   1999年02月
  • モラル・ハザード防止規定としての商法660条, 野口 夕子, 産大法学, 32, 1, 39, 69,   1998年04月
  • アメリカの船荷証券におけるウィスビー・ルールの摂取について:Francosteel v. Kapetan Andreas G, 1993 AMC 1924 (S. D. N. Y. 1993), 野口 夕子, 産大法学, 31, 3-4, 20, 36,   1998年02月
  • モラル・ハザードに関する保険契約解釈, 野口 夕子, 日本リスク研究学会第10回研究発表会講演論文集, 10, 19, 25,   1997年11月

受賞

  •   2000年11月, 日本リスク研究学会, 奨励賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金), 英国における一連の保険法制改革が海上保険分野に及ぼす影響を検証する(基盤研究(C))(課題番号18K01350)
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(学術創成研究費), 海上保険法制の中での損害防止費用負担義務にかかる実証的研究(若手研究(B))(課題番号22730098)
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金(学術創成研究費), 損害防止費用負担義務形成史についての実証的・比較法的研究(若手研究(B))(課題番号18730081)

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 海商法, 近畿大学、山口大学
  • 保険法, 近畿大学、山口大学、島根大学
  • 信託法, 近畿大学
  • 商行為法, 近畿大学、山口大学、島根大学
  • 商法総則, 近畿大学、山口大学、島根大学
  • 法学入門, 近畿大学