KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

加藤 天美カトウ アマミ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授
学位医学博士
専門脳神経外科学、てんかん、脳機能(認知症、精神疾患を除く)
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/561-katou-amami.html
ホームページURLhttp://www.med.kindai.ac.jp/nouge/index.html
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    専門の脳神経外科疾患(脳卒中、脳血管障害、脳腫瘍、不随意運動、ジストニア、脳機能障害など)のほか、日本てんかん学会理事・専門医・指導医であり、てんかんについてのコメントが可能。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>
    ●2017/2/17
     毎日新聞
     「てんかん」と「てんかん」への偏見について
    ●2017/2/9
    フジテレビ系列「めざましテレビ」
    私立恵比寿中学のメンバー松野莉奈氏が急死に至った可能性について
    ●2017/1/24
    フジテレビ系列「めざましテレビ」
    俳優 松方弘樹氏の死因である脳リンパ腫について
    ●2015/02/05
     毎日放送「ちちんぷいぷい」
     脳空気塞栓症について。

学歴・経歴

経歴

  •   2007年,  - 現在, 近畿大学医学部(主任教授)
  •   2008年,  - 2010年, 自然科学研究機構生理学研究所(客員教授)
  •   2001年,  - 2007年, 大阪大学 医学系研究科(助教授)
  •   2000年,  - 2001年, 大阪大学 医学系研究科(講師)
  •   1996年,  - 2000年, 大阪大学 医学系研究科(助手)
  •   1994年,  - 1996年, 大阪労災病院(部長)
  •   1991年,  - 1994年, 大阪大学(助手・医学部)
  •   1982年,  - 1984年, モントリオール神経研究所(カナダ)(研究員)
  •   1979年, 大阪大学医学部卒業

研究活動情報

研究分野

  • 外科系臨床医学, 脳神経外科学
  • 人間医工学, リハビリテーション科学・福祉工学
  • 人間医工学, 医用生体工学・生体材料学
  • 情報学, 知能情報学

研究キーワード

  • ウエスト症候群, 視床下部過誤腫, てんかん焦点切除術, 脳梁離断術, 難治性てんかん, 片側巨脳症, 皮質形成異常, 迷走神経刺激, てんかん外科, てんかん手術, 脳磁図, 脳皮質インプラント, 手術支援, 事象関連脱同期, 皮質脳波, 合成開口法, 人工視覚, 運動企図, 脳-コンピュータインターフェイス, 運動賦活, 視覚再生, 帯域フィルタ, 微小神経回路, 手術ナビゲ-タ, 大脳生理, コヒーレンス, てんかん源性, 医用画像処理, 脳神経外科, 行動学的定量評価, インタ-フェイス, 重畳法, コルティカルインプラント, 手術シミュレ-ション, 神経カラム, ピクチャ-インピクチャ-, 行動学的定量的評価, ブレイン-コンビュータインターフェイス, 仮想現実, 手術顕微鏡

論文

  • Outcome of vagus nerve stimulation for drug-resistant epilepsy: the first three years of a prospective Japanese registry, Kawai K, Tanaka T, Baba H, Bunker M, Ikeda A, Inoue Y, Kameyama S, Kaneko S, Kato A, Nozawa T, Maruoka E, Osawa M, Otsuki T, Tsuji S, Watanabe E, Yamamoto T., Epileptic Disord, Epub ahead of print,   2017年08月, 査読有り
    概要:10.1684/epd.2017.0929
  • We could predict good responders to vagus nerve stimulation: a surrogate marker by slow cortical potential shift., Bayasgalan B, Matsuhashi M, Fumuro T, Nohira H, Nakano N, Iida K, Katagiri M, Shimotake A, Matsumoto R, Kikuchi T, Kunieda T, Kato A, Takahashi R, Ikeda A, Clin Neurophysiol, in press,   2017年06月, 査読有り
    概要:Published online: June 15, 2017
  • Efficacy of Combination Therapy with MET and VEGF Inhibitors for MET-overexpressing Glioblastoma., Okuda T, Tasaki T, Nakata S, Yamashita K, Yoshioka H, Izumoto S, Kato A, Fujita M, AntiCancer Res, 37, 7, 3871, 3876,   2017年05月, 査読有り
  • Usefulness of contralateral carotid angiography in revascularization therapy of acute internal carotid artery occlusion., Tsuji K, Nakagawa N, Fukawa N, Miyauchi M, Furukawa K, Nakanishi K, Nakano N, Kataoka K, Kato A, J Neurosurg, in press,   2017年, 査読有り
    概要:Accepted for publication on March 10, 2017
  • Urgent Carotid Artery Stenting for Carotid-Related Stroke-in-Evolution, Nakagawa N, Fukawa N, Tsuji K, Nakano N, Murakami S, Nagatsuka K, kato A, Operative Neurosurgery, Epub ahead of print, 1, 7,   2017年04月, 査読有り
  • Navigation-assisted trans-inferotemporal cortex selective amygdalohippocampectomy for mesial temporal lobe epilepsy; preserving the temporal stem, Kishima H, Kato A, Oshino S, Tani N, Maruo T, Khoo HM, Yanagisawa T, Edakawa K, Kobayashi M, Tanaka M, Hosomi K, Hirata M, Yoshimine T, Neurol Res, 39, 3, 223, 230,   2017年01月, 査読有り
  • Cosmetic procedure for vagus nerve stimulation, Nakano N, Miyauchi M, Murakami S, Tsuji K, Nakagawa N, Nakanishi K, Kato A, Interdisciplinary Neurosurgery, 6, 1, 3,   2016年12月, 査読有り
  • Transfemoral stenting of stenoses at the common carotid artery origin using an anchoring technique with a balloon protection device, Tsuji K, Fukawa N, Nakagawa N, Murakami S, Nagatsuka K, Nakano N, Kato A, Neurosurgery, 79, 4, 598, 603,   2016年10月, 査読有り
  • Clinical outcome of node-negative oligometastatic non-small cell lung cancer, Sakai K, Takeda M, Hayash H, Tanaka K, OkudaT, Kato A, Nishimura Y, Mitsudomi T, Koyama A, Nakagawa K, Thoracic Cancer., 7, 6, 670, 675,   2016年09月, 査読有り
  • Overexpression of MET in glioblastoma enhances tumorigenicity of glioma stem cells, Tasaki T, Fujita M, Okuda T, Yoneshige A, Nakata S, Yamashita K, Yoshioka H, Izumoto S, Kato A., AntiCancer Res, 36, 7, 3571, 3577,   2016年07月, 査読有り
  • Safe and accurate sylvian dissection with the use of indocyanine green videoangiography, Kubota H, Sanada Y, Nagatsuka K, Yoshioka H, Iwakura M, Kato A, Surg Neurol Int, 7, S427, S429,   2016年06月, 査読有り
  • The use of fibrin and gelatin fixation to repair a kinked internal carotid artery in carotid endarterectomy, Kubota H, Sanada Y, Tanikawa R, Kato A, Surg Neurol Int, 7, S434, S436,   2016年06月, 査読有り
  • A novel technique for identifying the fistulous point in a direct carotid-cavernous fistula, Tsuji K, Nakagawa N, Fukawa N, Nagatsuka K, Nakano N, Kato A, J Clin NeuroSci, 25, 152, 156,   2016年03月, 査読有り
  • Takotsubo cardiomyopathy induced by dopamine infusion after carotid artery stenting., Nakagawa N, Fukawa N, Tsuji K, Nakano N, Kato A, Int J Cardiol, 205, 62, 64,   2016年02月, 査読有り
  • Electrical stimulation of the parahippocampal gyrus for prediction of posthippocampectomy verbal memory decline., Tani N, Kishima H, Khoo HM, Yanagisawa T, Oshino S, Maruo T, Hosomi K, Hirata M, Kazui H, Nomura KT, Aly MM, Kato A, Yoshimine T, J Neurosurg, 125, 5, 1053, 1060,   2016年01月, 査読有り
  • Vagus nerve stimulation – Mechanism of action and usefulness of its combination with corpus callosotomy for palliation of refractory epilepsy, Kato A, Nakano N, Kishima H, Yoshimine T, Int J Epilepsy, 3, 1, 42, 43,   2016年01月, 査読有り
  • Less invasive disconnection surgery using advanced image guidance for wide spread cortical malformations, Kato A, Nakano N, Kishima H, Yoshimine T, Int J Epilepsy, 3, 1, 42, 42,   2016年01月, 査読有り
  • Successful Combination of Pallidal and Thalamic Stimulation for Intractable Involuntary Movements in Patients with Neuroacanthocytosis., Nakano N, Miyauchi M, Nakanishi K, Saigoh K, Mitsui Y, Kato A, World Neurosurgery, 84, 4, 1177.e1, 7,   2015年10月, 査読有り
  • A case of angiographically occult, distal small anterior inferior cerebellar artery aneurysm., Kubota H, Sanada Y, Nagatsuka K, Kato A, Surg Neurol Int, 6, 97,   2015年06月, 査読有り
    概要:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4462615/ DOI:10.4103/2152-7806.158206 =>Unavailable
  • Zigzag skin incision effectively camouflages the scar and alopecia for moyamoya disease: technical note., Sanada Y, Yabuuchi T, Yoshioka H, Kubota H, Kato A, Neurologia Medico-Chirurgica, 55, 3, 210, 213,   2015年03月, 査読有り
  • Overlapped Stenting for Treatment of an Extracranial Carotid Artery Aneurysm, Tsuji K, Fukawa N, Nakagawa N, Yabuuchi T, Nakano N, Kato A, NMC Case Report Journal, 3, 93, 96,   2015年02月, 査読有り
  • Surgical Accessibility of the Distal Internal Carotid Artery on Carotid Endarterectomy Evaluated Using Magnetic Resonance Angiography., Kubota H, Sanada Y, Tasaki T, Miyauchi M, Tanikawa R, Ohtsuki T, Kato A, Neurosurgery, 76, 5, 633, 6; discussion 636,   2015年01月, 査読有り
  • A case of glioblastoma multiforme with hematogenous metastases to the pleura, Tasaki T, Fujita M, Izumoto S, Nakagawa K, Kato A, Jpn J Neurosurg, 24, 192, 197,   2015年01月
    概要:© 2015 Japanese Congress of Neurological Surgeons. All rights reserved. Glioblastoma multiforme (GBM) often infiltrates surrounding tissues, an action which is known as a clinical characteristic of this deadly disease. In contrast, extracranial metastases of GBM rarely occur. Consequently, the underlying mechanisms and prognosis of GBM metastasis remain unclear. In this regard, we here present a case of GBM with pleural metastases and discuss the relevant literature. The patient was a 62-year-old male who was originally diagnosed with GBM in the right temporal lobe and underwent craniotomy for tumor removal. Gross total resection was successfully performed. The patient received postoperative chemoradiotherapy with temozolomide, followed by maintenance chemotherapy with temozolomide alone. He showed a good postoperative course until a small recurrence occurred in the resection cavity at 17 months after the surgery. At 21 months, the patient developed thoracodorsal pain due to a large volume of pleural effusion with pleural masses. An intrathoracic biopsy revealed that the pleural lesions were metastases of the GBM. Simultaneously, intracranial imaging studies indicated tumor spread into the right cavernous sinus. These findings suggest that the GBM may have infiltrated into the cavernous sinus via the dura surrounding the cavernous sinus adjacent to the resection cavity and metastasized hematogenously to the pleural cavity
  • C1 Transverse Process-Hyoid Bone Line for preoperative evaluation of the accessible internal carotid artery on Carotid Endarterectomy: technical note., Kubota H, Sanada Y, Yoshioka H, Tasaki T, Shiroma J, Miyauchi M, Tanikawa R, Matsuki M, Otsuki T, Kato A, Acta Neurochir (Wien), 157, 1, 43, 48,   2014年10月, 査読有り
  • Spontaneous closure of a dural arteriovenous fistula immediately after cerebral angiography using a gadolinium contrast agent, Tsuji K, Nakagawa N, Fukawa N, Kato A, J Stroke Cerebrovasc Dis, 23, 10, e449, 52,   2014年06月, 査読有り
  • The chicken egg and skull model of endoscopic endonasal transsphenoidal surgery improves trainee drilling skills., Okuda T, Yamashita J, Fujita M, Yoshioka H, Tasaki T, Kato A, Acta Neurochirurgica, 156, 7, 1403, 1407,   2014年02月, 査読有り
  • Cystic Brain Metastasis in Non-Small-Cell Lung Cancer With ALK Rearrangement., Hayashi H, Okamoto I, Tanizaki J, Tanaka K, Okuda T, Kato A, Nishimura Y, Nakagawa K, J Clin Oncol, 32, 36, e122, 4,   2014年02月, 査読有り
  • Endovascular Microcatheter Provocation Test for the Diagnosis of Glossopharyngeal Neuralgia., Nakano N, Fukawa N, Nakagawa N, Nakanishi K, Tsuji K, Yabuuchi T, Iwakura N, Kato A, J Neurol Surg A Cent Eur Neurosurg, 75, 5, 350, 353,   2014年01月, 査読有り
  • Neural decoding of single vowels during covert articulation using electrocorticography., Ikeda S, Shibata T, Nakano N, Okada R, Tsuyuguchi N, Ikeda K, Kato A, Front Hum Neurosci, 8, 125,   2014年, 査読有り
  • Novel surgical technique to solidify cyst-type metastatic brain tumors using autologous fibrin glue for complete resection., Okuda T, Fujita M, Yoshioka H, Tasaki T, Kato A, Surgical Neurol Int, 5, 100,   2014年, 査読有り
    概要:DOI:10.4103/2152-7806.135304 =>unavailable
  • Brain areas associated with sentence processing: A functional MRI study and a lesion study, Okada R, Okuda T, Nakano N, Nishimatsu K, Fukushima H, Onoda M, Otsuki T, Ishii K, Murakami T, Kato A, J Neurolinguistics, 26, 470, 478,   2013年07月
  • Altered extrafocal iomazenil activity in mesial temporal lobe epilepsy., Hosomi K, Kishima H, Oshino S, Hirata M, Tani N, Maruo T, Khoo HM, Shimosegawa E, Hatazawa J, Kato A, Yoshimine T, Epilepsy Res, 103, 2-3, 195, 204,   2013年02月, 査読有り
  • Which is the most appropriate disconnection surgery for refractory epilepsy in childhood?, Kishima H, Oshino S, Tani N, Maruo Y, Morris S, Khoo HM, Yanagisawa T, Shimono K, Okinaga T, Hirata M, Kato A, Yoshimine T, Neurol Med-Chir, 53, 11, 814, 820,   2013年, 査読有り
  • Administration of gefitinib via nasogastric tube effectively improved the performance status of a patient with lung adenocarcinoma-derived meningeal carcinomatosis, Okuda T, Hayashi H, Fujita M, Yoshioka H, Tasaki T, Nakagawa K, Kato A, Int Canc Conf J,   2013年, 査読有り
  • Fluorescence-guided surgery for glioblastoma multiforme using high-dose fluorescein sodium with excitation and barrier filters., Okuda T, Yoshioka H, Kato A, J Clin Neurosci, 19, 12, 1719, 1722,   2012年12月, 査読有り
  • Ictal high-frequency oscillations on scalp EEG recordings in symptomatic West syndrome., Iwatani Y, Kagitani-Shimono K, Tominaga K, Okinaga T, Kishima H, Kato A, Nagai T, Ozono K, Epilepsy research, 102, 1-2, 60, 70,   2012年11月, 査読有り
  • Long-term developmental outcome in patients with West syndrome after epilepsy surgery., Iwatani Y, Kagitani-Shimono K, Tominaga K, Okinaga T, Mohri I, Kishima H, Kato A, Sanefuji W, Yamamoto T, Tatsumi A, Murata E, Taniike M, Nagai T, Ozono K, Brain & development, 34, 9, 731, 738,   2012年10月, 査読有り
  • Spinal syringomyelia following subarachnoid hemorrhage., Nakanishi K, Uchiyama T, Nakano N, Fukawa N, Yamada K, Yabuuchi T, Kato A, J Clin Neurosci, 19, 4, 594, 597,   2012年04月, 査読有り
  • Slower growth of skull base meningiomas compared with non-skull base meningiomas based on volumetric and biological studies., Hashimoto N, Rabo CS, Okita Y, Kinoshita M, Kagawa N, Fujimoto Y, Morii E, Kishima H, Maruno M, Kato A, Yoshimine T, J Neurosurg, 116, 3, 574, 580,   2012年03月, 査読有り
  • Neuromodulation using intrathecal baclofen therapy for spasticity and dystonia., Uchiyama T, Nakanishi K, Fukawa N, Yoshioka H, Murakami S, Nakano N, Kato A, Neurol Med-Chir, 52, 7, 463, 469,   2012年, 査読有り
  • Computed three-dimensional atlas of subthalamic nucleus and its adjacent structures for deep brain stimulation in Parkinson's disease., Nakano N, Taneda M, Watanabe A, Kato A, ISRN neurology, 2012, 592678,   2012年, 査読有り
  • Microsurgical Maneuvers under Side-Viewing Endoscope in the Treatment of Skull Base Lesions., Taniguchi M, Kato A, Taki T, Tsuzuki T, Yoshimine T, Kohmura E, Skull base : official journal of North American Skull Base Society ... [et al.], 21, 2, 115, 122,   2011年03月, 査読有り
  • Optimal reconstruction of the bony defect after frontotemporal craniotomy with hydroxyapatite cement., Sanada Y, Fujinaka T, Yoshimine T, Kato A, J Clin Neurosci, 18, 2, 280, 282,   2011年02月, 査読有り
  • Hemiparesis caused by cervical spontaneous spinal epidural hematoma: a report of 3 cases., Nakanishi K, Nakano N, Uchiyama T, Kato A, Advances in orthopedics, 2011, 516382,   2011年, 査読有り
  • Training in endoscopic endonasal transsphenoidal surgery using a skull model and eggs., Okuda T, Kataoka K, Kato A, Acta neurochirurgica, 152, 10, 1801, 1804,   2010年10月, 査読有り
  • Language dominance and mapping based on neuromagnetic oscillatory changes: comparison with invasive procedures., Hirata M, Goto T, Barnes G, Umekawa Y, Yanagisawa T, Kato A, Oshino S, Kishima H, Hashimoto N, Saitoh Y, Tani N, Yorifuji S, Yoshimine T, J Neurosurgery, 112, 3, 528, 538,   2010年03月, 査読有り
  • Fluorescence-guided surgery of metastatic brain tumors using fluorescein sodium., Okuda T, Kataoka K, Yabuuchi T, Yugami H, Kato A, J Clin Neurosci, 17, 1, 118, 121,   2010年01月, 査読有り
  • Reorganization of sensorimotor function after functional hemispherectomy studied using near-infrared spectroscopy., Honda N, Matuoka T, Sawada Y, Nakano N, Suwen L, Higashimoto Y, Fukuda K, Ohgi S, Kato A, Pediatric neurosurgery, 46, 4, 313, 317,   2010年, 査読有り
  • Analysis of cytoarchitecture and electrical activity of the human cerebral and cerebellar cortical slices with multi-electrode array system, Yamazaki Y, Yagi M, Nakano N, Okuda T, Yugami Y, Okada R, Shiosaka S, Kato A, Hara Y, Neurosci Res, 68(Suppl. 1), e440, e441,   2010年, 査読有り
  • Only a few ECoG electrodes can discriminate words in mind., Ikeda S, Shibata T, Imatani E, Tsuyuguchi N, Nakano N, Hara Y, Okada R, Ikeda K, Kato A, Neurosci Res, 68(Suppl. 1), e83, e83,   2010年, 査読有り
  • Surgical technique for a cystic-type metastatic brain tumor: transformation to a solid-type tumor using hydrofiber dressing., Okuda T, Teramoto Y, Yugami H, Kataoka K, Kato A, Surgical neurology, 72, 6, 703, 6; discussion 706,   2009年12月, 査読有り
  • Movement induces suppression of interictal spikes in sensorimotor neocortical epilepsy., Yanagisawa T, Hirata M, Kishima H, Goto T, Saitoh Y, Oshino S, Hosomi K, Kato A, Yoshimine T, Epilepsy Res, 87, 1, 12, 17,   2009年11月, 査読有り
  • Neural decoding using gyral and intrasulcal electrocorticograms., Yanagisawa T, Hirata M, Saitoh Y, Kato A, Shibuya D, Kamitani Y, Yoshimine T, NeuroImage, 45, 4, 1099, 1106,   2009年05月01日, 査読有り
  • Serial volumetric assessment of the natural history and growth pattern of incidentally discovered meningiomas., Hashiba T, Hashimoto N, Izumoto S, Suzuki T, Kagawa N, Maruno M, Kato A, Yoshimine T, J Neurosurg, 110, 4, 675, 684,   2009年04月, 査読有り
  • Ipsilateral motor-related hyperactivity in patients with cerebral occlusive vascular disease., Oshino S, Kato A, Hirata M, Kishima H, Saitoh Y, Fujinaka T, Yoshimine T, Stroke, 39, 10, 2769, 2775,   2008年10月, 査読有り
  • MRI-based correction for partial-volume effect improves detectability of intractable epileptogenic foci on 123I-iomazenil brain SPECT images., Kato H, Shimosegawa E, Oku N, Kitagawa K, Kishima H, Saitoh Y, Kato A, Yoshimine T, Hatazawa J, J Nucl Med, 49, 3, 383, 389,   2008年03月, 査読有り
  • Neuroendoscopic palliation for large cystic craniopharyngioma in an elderly patient, Fujimoto Y, Kato A, Yoshimine T, British J Neurosurg, 21, 618, 621,   2007年12月
    概要:We describe the case of a 74-year-old man with large mixed craniopharyngioma who was successfully treated under the concept of neuroendoscopic palliation. He recovered immediately postoperatively and has done well in the 4 years following surgery.
  • Reduction of intractable deafferentation pain due to spinal cord or peripheral lesion by high-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation of the primary motor cortex., Saitoh Y, Hirayama A, Kishima H, Shimokawa T, Oshino S, Hirata M, Tani N, Kato A, Yoshimine T, J Neurosurg, 107, 3, 555, 559,   2007年09月, 査読有り
  • Motor cortex stimulation in patients with deafferentation pain: activation of the posterior insula and thalamus., Kishima H, Saitoh Y, Osaki Y, Nishimura H, Kato A, Hatazawa J, Yoshimine T, J Neurosurg, 107, 1, 43, 48,   2007年07月, 査読有り
  • Effects of the emotional connotations in words on the frontal areas-A spatially filtered MEG study, Hirata M, Koreeda S, Sakihara K, Kato A, Yoshimine T, Yorifuji S, NeuroImage, 35, 420, 429,   2007年03月
  • Magnetoencephalographic analysis of cortical oscillatory activity in patients with brain tumors: Synthetic aperture magnetometry (SAM) functional imaging of delta band activity., Oshino S, Kato A, Wakayama A, Taniguchi M, Hirata M, Yoshimine T, NeuroImage, 34, 3, 957, 964,   2007年02月, 査読有り
  • Stimulation of primary motor cortex for intractable deafferentation pain, Y. Saitoh, A. Hirayama, H. Kishima, S. Oshino, M. Hirata, A. Kato, T. Yoshimine, Acta Neurochirurgica, Supplementum, 57, 59,   2006年12月01日
    概要:To treat intractable deafferentation pains, we prefer stimulation of the primary motor cortex (M1). The methods of stimulation we utilize are electrical stimulation and repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS). In our department, we first attempt rTMS, and if this rTMS is effective, we recommend the patient to undergo procedures for motor cortex stimulation (MCS). A 90% intensity of resting motor threshold setting is used for rTMS treatment. In this study ten trains of 5Hz rTMS for 10 seconds (50 seconds resting interval) were applied to the M1, S1, pre-motor and supplementary motor areas. Only M1 stimulation was effective for pain reduction in 10 of 20 patients (50%). Twenty-nine MCS procedures were performed by subdural implantation of electrodes, and in the case of hand or face pain, electrodes were implanted within the central sulcus (11 cases), because the main part of M1 is located in the central sulcus in humans. The success rate of MCS was around 63%, and seemed to be higher in cases of pain with spinal cord and peripheral origins, while it was lower in cases of post-stroke pain. © 2006 Springer-Verlag.
  • Reduction of intractable deafferentation pain by navigation-guided repetitive transcranial magnetic stimulation of the primary motor cortex., Hirayama A, Saitoh Y, Kishima H, Shimokawa T, Oshino S, Hirata M, Kato A, Yoshimine T, Pain, 122, 1-2, 22, 27,   2006年05月, 査読有り
  • Functional hemispherectomy, Kato A, Kishima H, Okinaga T, Ninomiya H, Hashimoto N, Oshino S, Hirata M, Saitoh Y, Kagawa N, Imai K, Yoshimine T, Jpn J Neurosurg, 脳神経外科ジャーナル, 15, 3, 203, 209,   2006年03月, 査読有り
  • Neuromagnetic changes of brain rhythm evoked by intravenous olfactory stimulation in humans., Miyanari A, Kaneoke Y, Ihara A, Watanabe S, Osaki Y, Kubo T, Kato A, Yoshimine T, Sagara Y, Kakigi R, Brain topography, 18, 3, 189, 199,   2006年, 査読有り
  • Endoscope assisted removal of jugular foramen schwannoma; report of 3 cases, Masaaki Taniguchi, Masaaki Taniguchi, A. Kato, T. Taki, T. Tsuzuki, N. Hashimoto, Y. Fujimoto, T. Yoshimine, Minimally Invasive Neurosurgery, 48, 365, 368,   2005年12月01日
    概要:Removal of the intraforaminal portion of a jugular foramen schwannoma under direct vision requires resection of the adjacent bone. Extensive resection of the bone around the jugular foramen, however, involves a potential danger for cerebrospinal fluid (CSF) leakage and for damage to the adjacent cranial nerves as well as venous outflow. To avoid such bone resection, we applied the endoscope during the removal of a jugular foramen schwannoma through the lateral suboccipital approach. Three patients with schwannomas in the jugular foramen were treated using the lateral suboccipital approach with endoscopic assistance. After the intracranial portion was first removed under the microscope, the residual tumor in the jugular foramen was subsequently removed under the side-viewing endoscope. In all cases the tumor was removed successfully without major complications. The authors conclude that if the cases are selected properly, removal of the schwannoma extending into the jugular foramen is feasible through the conventional lateral suboccipital window under endoscopic assistance. © Georg Thieme Verlag KG Stuttgart.
  • Open radiofrequency ablation for the management of intractable epilepsy associated with sessile hypothalamic hamartoma., Fujimoto Y, Kato A, Saitoh Y, Ninomiya H, Imai K, Hashimoto N, Kishima H, Maruno M, Yoshimine T., Minim Invasive Neurosurg, 48, 3, 132, 135,   2005年06月, 査読有り
    概要:Sessile hypothalamic hamartoma (HH) often causes intractable epilepsy, which is difficult to control even by microsurgical resection and gamma knife surgery (GKS), especially when the hamartoma is intrahypothalamic, large, or irregularly shaped. We successfully applied radiofrequency ablation (RFA) to reduce its epileptogenicity and to disconnect seizure propagation. The patient was a 26-year-old man who presented with refractory epilepsy and severe mental retardation from age 6 months. He had undergone three surgeries yielding partial resection and conventional irradiation treatments. The residual HH was thin and shaped like a bent plate, attached widely to the floor of the third ventricle. He underwent open RFA via the transcallosal subchoroidal approach under strict image guidance, which resulted in immediate and remarkable seizure remission without complications. This suggests that open RFA is a minimally invasive technique for an irregularly shaped HH that is difficult to treat by other modalities.
  • Radiofrequency thermal ablation for recurrent meningioma extending extracranially, A. Kato, A. Kato, Y. Fujimoto, N. Hashimoto, M. Taniguchi, M. Kinoshita, A. Hirayama, M. Maruno, T. Yoshimine, Acta Neurochir, 147, 543, 550,   2005年05月
    概要:Background. Image-guided and temperature-controlled radiofrequency thermal ablation techniques were applied to reduce tumor volume and relieve the symptoms caused by extracranial extension of recurrent meningioma. Method. We treated two patients with recurrent meningioma, an 81-year-old woman presenting with bulging of the temple and a 68-year-old woman presenting with visual disturbance, facial disfigurement, and sensory disturbance. Neuroimaging in both patients, revealed a large tumor extending extracranially and involving the infratemporal fossa. To avoid injury to important anatomical structures either compressed or entrapped by the tumor, the spatial relation between the planned ablation volume and these structures was confirmed by 3-D reconstruction of the ablation target. During the ablation procedure, local temperatures over the tissue being cauterized were continuously monitored to limit the ablation area to that within the planned volume adjusting RF power. Finding. Radiofrequency ablation produced tumor necrosis as planned without adverse effects and resulted in swift relief of symptoms and signs with shrinkage of the tumor. Conclusion. This technique may be an effective alternative for recurrent meningiomas extending extracranially and for which radical surgical procedures are not indicated. © Springer-Verlag 2005.
  • Fiber-tracking does not accurately estimate size of fiber bundle in pathological condition: initial neurosurgical experience using neuronavigation and subcortical white matter stimulation., Kinoshita M, Yamada K, Hashimoto N, Kato A, Izumoto S, Baba T, Maruno M, Nishimura T, Yoshimine T, NeuroImage, 25, 2, 424, 429,   2005年04月, 査読有り
  • Volumetric thermal devascularization of large meningiomas., Kato A, Fujimoto Y, Taniguchi M, Hashimoto N, Hirayama A, Kinoshita M, Baba T, Maruno M, Yoshimine T, J Neurosurg, 101, 5, 779, 786,   2004年11月, 査読有り
  • Bilateral cortical stimulation for deafferentation pain after spinal cord injury. Case report., Tani N, Saitoh Y, Hirata M, Kato A, Yoshimine T, J Neurosurg, 101, 4, 687, 689,   2004年10月, 査読有り
  • Determination of language dominance with synthetic aperture magnetometry: comparison with the Wada test., Hirata M, Kato A, Taniguchi M, Saitoh Y, Ninomiya H, Ihara A, Kishima H, Oshino S, Baba T, Yorifuji S, Yoshimine T, NeuroImage, 23, 1, 46, 53,   2004年09月, 査読有り
  • Meningioma arising from the trigeminal nerve: a case report and literature review., Fujimoto Y, Kato A, Taniguchi M, Maruno M, Yoshimine T, J NeuroOncol, 68, 2, 185, 187,   2004年06月, 査読有り
  • Increased regional cerebral blood flow in the contralateral thalamus after successful motor cortex stimulation in a patient with poststroke pain., Saitoh Y, Osaki Y, Nishimura H, Hirano S, Kato A, Hashikawa K, Hatazawa J, Yoshimine T, J Neurosurg, 100, 5, 935, 939,   2004年05月, 査読有り
  • Evaluation of cardiac sympathetic nerve function by myocardial 123I-metaiodobenzylguanidine scintigraphy before and after endoscopic sympathectomy., Toyota S, Takimoto H, Karasawa J, Kato A, Yoshimine T, J Neurosurg, 100, 3, 512, 516,   2004年03月, 査読有り
  • Cerebral motor control in patients with gliomas around the central sulcus studied with spatially filtered magnetoencephalography, M. Taniguchi, M. Taniguchi, A. Kato, H. Ninomiya, M. Hirata, D. Cheyne, S. E. Robinson, M. Maruno, Y. Saitoh, H. Kishima, T. Yoshimine, J Neurol Neurosurg Psychiat, 75, 466, 471,   2004年03月
  • Radiofrequency thermal ablation for extracranially extended meningioma., Amami Kato,Yasumichi Fujimoto,Naoya Hashimoto,Toshiki Yoshimine, CARS 2004. Computer Assisted Radiology and Surgery. Proceedings of the 18th International Congress and Exhibition, Chicago, USA, June 23-26, 2004, 1286,   2004年, 査読有り
  • Stereotactic radiofrequency ablation for sessile hypothalamic hamartoma with an image fusion technique., Fujimoto Y, Kato A, Saitoh Y, Ninomiya H, Imai K, Sakakibara RI, Maruno M, Kishima H, Yoshimura K, Hasegawa H, Yoshimine T, Acta Neurochir (Wien), 145, 8, 697, 700,   2003年07月, 査読有り
  • Gamma-band desynchronization in language areas reflects syntactic process of words., Ihara A, Hirata M, Sakihara K, Izumi H, Takahashi Y, Kono K, Imaoka H, Osaki Y, Kato A, Yoshimine T, Yorifuji S, NeuroSci Let, 339, 2, 135, 138,   2003年03月, 査読有り
  • Neuromagnetic gamma-band activity in the primary and secondary somatosensory areas, Ihara A, Hirata M, Yanagihara K, Ninomiya H, Imai K, Ishii R, Osaki Y, Sakihara K, Izumi H, Imaoka H, Kato A, Yoshimine T, Yorifuji S., NeuroReport, 14, 2, 273, 277,   2003年02月, 査読有り
  • Neuromagnetic gamma-band activity in the primary and secondary somatosensory areas., Ihara A, Hirata M, Yanagihara K, Ninomiya H, Imai K, Ishii R, Osaki Y, Sakihara K, Izumi H, Imaoka H, Kato A, Yoshimine T, Yorifuji S, NeuroReport, 14, 2, 273, 277,   2003年02月, 査読有り
  • Endoscopically aided retroperitoneal placement of a lumboperitoneal shunt. Technical note., Kubo S, Ueno M, Takimoto H, Karasawa J, Kato A, Yoshimine T, J Neurosurg, 98, 2, 430, 433,   2003年02月, 査読有り
  • Gene therapy for ischemic brain diseases., Saitoh Y, Kato A, Hagihara Y, Kaneda Y, Yoshimine T, Current gene therapy, 3, 1, 49, 58,   2003年02月, 査読有り
  • Endoscopic cranioplasty with calcium phosphate cement for pterional bone defect after frontotemporal craniotomy: technical note., Kubo S, Takimoto H, Kato A, Yoshimine T, Neurosurgery, 51, 4, 1094, 6; discussion 1096,   2002年10月, 査読有り
  • Frequency-dependent spatial distribution of human somatosensory evoked neuromagnetic fields., Hirata M, Kato A, Taniguchi M, Ninomiya H, Cheyne D, Robinson SE, Maruno M, Kumura E, Ishii R, Hirabuki N, Nakamura H, Yoshimine T, NeuroSci Let, 318, 2, 73, 76,   2002年01月, 査読有り
  • Landau-Kleffner Syndrome: Localization of Epileptogenic Lesion Using Wavelet- Cross-Correlation Analysis., Mizuno-Matsumoto Y, Yoshimine T, Nii Y, Kato A, Taniguchi M, Lee JK, Ko TS, Date S, Tamura S, Shimojo S, Shinosaki K, Inouye T, Takeda M, Epilepsy & behavior : E&B, 2, 3, 288, 294,   2001年06月, 査読有り
  • Motor cortex stimulation for deafferentation pain., Saitoh Y, Hirano SI, Kato A, Kishima H, Hirata M, Yamamoto K, Yoshimine T, Neurosurg Focus, 11, 3, E1,   2001年01月, 査読有り
  • Whole-genome analysis of human astrocytic tumors by comparative genomic hybridization., M. Maruno, H. Ninomiya, A. K. Ghulam Muhammad, M. Hirata, A. Kato, T. Yoshimine, Brain Tumor Pathology, 17, 21, 27,   2000年12月
  • Syringe needle located deep in the brain: Image-guided removal, A. K M Ghulam Muhammad, M. Maruno, N. Maeda, A. Kato, T. Yoshimine, Surgical Neurol, 54, 458, 463,   2000年12月
  • Movement-related desynchronization of the cerebral cortex studied with spatially filtered magnetoencephalography, Taniguchi M, Kato A, Fujita N, Hirata M, Tanaka H, Kihara T, Ninomiya H, Hirabuki N, Nakamura H, Robinson SE, Cheyne D, Yoshimine T., NeuroImage, 12, 3, 298, 306,   2000年09月, 査読有り
  • Ultrastructural changes of the vascular endothelium after intra-arterial administration of tumor necrosis factor-alpha (TNFα) in rat gliomas, Isaka T, Maruno M, Muhammad AK, Kato A, Nakagawa H, Yoshimine T., J NeuroOncol, 46, 2, 145, 150,   2000年06月, 査読有り
  • Induction of aquaporin-4 water channel mRNA after focal cerebral ischemia in rat, Taniguchi M, Yamashita T, Kumura E, Tamatani M, Kobayashi A, Yokawa T, Maruno M, Kato A, Ohnishi T, Kohmura E, Tohyama M, Yoshimine T, Brain Res. Mol Brain Res, 78, 1-2, 131, 137,   2000年05月, 査読有り
  • Little benefit from mild hypothermia therapy for severely head injured patients with low intracranial pressure, Tadahiko Shiozaki, Amami Kato, Mamoru Taneda, Toshiaki Hayakata, Naoyuki Hashiguchi, Hiroshi Tanaka, Takeshi Shimazu, Hisashi Sugimoto, J Neurosurg, 91, 2, 185, 191,   1999年08月, 査読有り
  • Application of a rigid endoscope to the microsurgical management of 54 cerebral aneurysms: Results in 48 patients, Masaaki Taniguchi, Hiroshi Takimoto, Toshiki Yoshimine, Nobumitsu Shimada, Yasuyoshi Miyao, Masayuki Hirata, Motohiko Maruno, Amami Kato, Eiji Kohmura, Toru Hayakawa, J Neurosurg, 91, 2, 231, 237,   1999年08月, 査読有り
  • Herpesvirus-6 (HHV-6) encephalitis in a child presenting as a focal necrotic lesion, Katsumi Matsumoto, Katsumi Matsumoto, A. Kato, R. Inagi, K. Yamanishi, K. Kawano, Acta Neurochir, 141, 439, 440,   1999年05月, 査読有り
  • Visualization of epileptogenic phenomena using cross-correlation analysis: Localization of epileptic foci and propagation of epileptiform discharges, Yuko Mizuno-Matsumoto, Kozo Okazaki, Amami Kato, Toshiki Yoshimine, Yoshinobu Sato, Shinichi Tamura, Toru Hayakawa, IEEE Trans Biomed Eng, 46, 3, 271, 279,   1999年03月, 査読有り
  • Mobile fluoroscopic open stereotaxy for MRI-negative angiographic microlesions, Kato A, Yoshimine T, Hirata M, Nakajima S, Maruno M, Taneda M, Hayakawa T, Neurol Res, 20, 8, 713, 718,   1998年12月, 査読有り
  • Scalp localization using a simple algorithm, Shin Nakajima, Toshiki Yoshimine, Toshiki Yoshimine, Shuji Wakita, Yoshinobu Sato, Nobuhiko Hata, Masanobu Yamada, Masaaki Fujiwara, Shinichi Tamura, Amami Kato, Toru Hayakawa, Neurol Res, 20, 751, 753,   1998年12月, 査読有り
  • Chromosomal aberrations detected by comparative genomic hybridization (CGH) in human astrocytic tumors, Motohiko Maruno, Toshiki Yoshimine, A. K M Ghulam Muhammad, Hirotomo Ninomiya, Amami Kato, Toru Hayakawa, Cancer Let, 135, 61, 66,   1998年12月
  • Translucence stereoscopy of interictal magnetoencephalographic epileptiform discharge, Toshiki Yoshimine, Toshiki Yoshimine, Amami Kato, Masaaki Taniguchi, Hirotomo Ninomiya, Masayuki Hirata, Yasuo Nii, Motohiko Maruno, Norio Hirabuki, Hironobu Nakamura, Jung Kyo Lee, Tae Sung Ko, Toru Hayakawa, Neurol Res, 20, 572, 576,   1998年10月, 査読有り
  • A peritoneal marker for optimal timing of ventriculo-peritoneal shunt revision in early childhood, Hirotomo Ninomiya, Toshiki Yoshimine, Toshiki Yoshimine, Motohiko Maruno, Amami Kato, Toru Hayakawa, Neurol Res, 20, 526, 528,   1998年09月, 査読有り
    概要:The ventriculo-peritoneal shunt placed in a neonate or infant needs revision to lengthen the peritoneal tube at certain times during childhood. The critical time for this revision is not exactly the same between individuals. Furthermore, the level of peritoneal insertion of the shunt tube is often unclear on x-ray films. To plan for and determine the optimal timing of revision, we applied a titanium clip on the peritoneal suture line in three infants as a marker of peritoneal insertion level. During the 31 - to 37-month follow-up period, abdominal x-ray clearly demonstrated the peritoneal insertion level in all three patients, allowing accurate determination of the length of the intraperitoneal portion (IP) of the shunt tube. The rate of shortening of the length of IP was 20 to 27% of the increase in body height (BH). This technique allows accurate determination of the length of IP and also optimal timing for revision.
  • Spatial perception in macroscopic and microscopic surgical manipulations: Differences between experienced and inexperienced surgeons, Masayuki Hirata, Amami Kato, Amami Kato, Toshiki Yoshimine, Shin Nakajima, Motohiko Maruno, Shin'ichi Tamura, Fumio Kishino, Toru Hayakawa, Neurol Res, 20, 6, 509, 512,   1998年09月, 査読有り
    概要:The spatial perceptions of the phantom surgical field with the naked eye and under the surgical microscope were analyzed in a group of experienced and a group of inexperienced neurosurgeons. The phantom surgical field contained a start point, a virtual gate, and a target point. The virtual gate was an invisible zone arbitrarily set in the phantom surgical field. The examinees were first instructed regarding the position of the invisible virtual gate. Then they were asked to point consecutively to the three points with a suction tube under three different circumstances: with the naked eye, under the microscope, and by watching a navigation monitor. A surgical navigator was used to record the three-dimensional position of the suction tip. The pointing deviation from the suction tip to the center of the virtual gate was evaluated. The pointing accuracy with the naked eye did not differ between the two groups, but that under the microscope was significantly better in the experienced group than in the inexperienced group. Fluctuations in pointing deviation were significantly greater in the inexperienced neurosurgeons, especially with the microscope. Further analysis demonstrated that these differences were attributable to poorer depth perception of the phantom surgical space among the inexperienced neurosurgeons.
  • Dysembryoplastic neuroepithelial tumor in the insular cortex. Three dimensional magnetoencephalographic localization of epileptic discharges, Masaaki Taniguchi, Toshiki Yoshimine, Toshiki Yoshimine, Amami Kato, Motohiko Maruno, Norio Hirabuki, Hironobu Nakamura, Katsumi Imai, Shintaro Okada, Toru Hayakawa, Neurol Res, 20, 433, 438,   1998年07月, 査読有り
    概要:A case of dysembryoplastic neuroepithelial tumor in the left insular cortex manifesting with intractable seizures is presented. The multichannel magnetoencephalography (MEG) localized equivalent current dipoles of epileptic discharges at the cerebral cortex adjacent to the tumor. The total removal of the tumor resulted in complete disappearance of seizures. This case demonstrated that multichannel MEG was useful in the three-dimensional localization of irritative zone in the concealed cortices such as inside the sylvian fissure.
  • [Discrepancy between surgeon's binocular parallax perception and manipulation in the neurosurgical operation], Amami Kato, Amami Kato, Masayuki Hirata, Toshiki Yoshimine, Shin'ichi Tamura, Fumio Kishino, Toru Hayakawa, No shinkei geka. Neurological Surgery, 26, 517, 522,   1998年06月, 査読有り
    概要:The application of virtual reality (VR) to the neurosurgical field has been increasing recently, however, the relation between the surgeon and the VR environment is rarely studied. We examined the trajectory of a surgical instrument during manipulation of a virtual object using a video-see-through microscope and a neurosurgical navigator (CANS Navigator) to find better surgeon-microscope interface. A resin cylindrical phantom was produced representing the surgical field, which included two 3 dimensionally arranged small spheres and a virtual 'gate'. The phantom was fixed and set under the microscope with a skull clamp mimicking conditions in an ordinary craniotomy. Firstly, the binocular parallax perception under microscope was examined. Experienced and inexperienced neurosurgeons were asked to learn the position of the virtual 'gate' for 3 minutes. Then, after 5 minutes to point with the navigator probe (suction tube), under various conditions; under the naked eyes, under the microscope, under the navigator without observing the phantom, and under the microscope with picture in picture (PIP) display of the navigational image. The positions of the suction tube were recorded at real time into the navigator for later analysis. Secondly, the task performance in this VR environment was studied by analyzing the trajectory of the suction tube from one sphere to the other sphere passing the virtual 'gate' under various conditions. A significant difference in pointing precision between experienced and inexperienced neurosurgeons was able to be observed only under microscope. This difference was mainly derived from overestimation of the depth of the virtual 'gate' by the inexperienced neurosurgeons. Among the above conditions, pointing under the microscope with PIP was able to be performed the most precisely and the most promptly. This study disclosed the presence of stereoscopic distortion in the microscope. The PIP display of the navigational image in the microscopic view remarkably improved the task performance, which could be accounted for by the correction of the somewhat distorted binocular parallax perception under the neurosurgical microscope by the provision of another visual key.
  • Neuromagnetic fields preceding unilateral movements in dextrals and sinistrals, Masaaki Taniguchi, Toshiki Yoshimine, Douglas Cheyne, Douglas Cheyne, Amami Kato, Taizo Kihara, Hirotomo Ninomiya, Masayuki Hirata, Norio Hirabuki, Hironobu Nakamura, Toru Hayakawa, NeuroReport, 9, 7, 1497, 1502,   1998年05月, 査読有り
    概要:Movement-related magnetic fields were recorded with a whole-head magnetoencephalographic system in three dextrals and three sinistrals during right or left index finger extension. The motor field (MF) demonstrated an asymmetrical isofield map pattern with larger field reversal over the contralateral hemisphere for dominant hand movement and an almost symmetrical pattern for non-dominant hand movement in each subject. The equivalent current dipole moment of the MF for the contralateral hemisphere was significantly larger than the ipsilateral hemisphere for dominant hand movement, and almost equal for both hemispheres for non-dominant hand movement. These results were congruent for both dextrals and sinistrals, suggesting a more important role of the hemisphere contralateral to the dominant hand in unilateral voluntary movement, regardless of handedness.
  • Motor neglect following damage to the supplementary motor area, Yoshitsugu Nakagawa, Yoshitsugu Nakagawa, Hirotaka Tanabe, Hiroaki Kazui, Amami Kato, Toshiki Yoshimine, Kazuo Yamada, Toru Hayakawa, Neurocase, 4, 55, 63,   1998年05月, 査読有り
    概要:Two patients with motor neglect following surgical ablation mainly restricted to the supplementary motor area are described. The left hand was under-used in daily life tasks, with no apparent defect of muscle strength or sensibility. The patients knew how to use each hand effectively, and showed a fundamentally preserved ability to monitor the condition of their hands on examination, although in general they hardly noticed the decreased use during daily life. Only when they had some trouble in accomplishing a task did they notice the imbalance, and once they noticed the decreased use of the left hand, they could then perform the movements normally. On examination, they performed most of the voluntary movements examined normally. This symptom can be regarded as a deficiency of left hand movement only when the patients diverted attention from their hands. We suggest that there is a strategy wherein according to a content of 'intent' set up at the target level, an appropriate hand movement can be unconsciously selected and evoked without paying attention to the hands. When a problem occurs at this target condition, he then corrects the ongoing movement by using the next 'intent' set-up in consideration of the problem. The supplementary motor area may play an important role in this strategy.
  • Stochastic determination of the chromosomal region responsible for expression of human glial fibrillary acidic protein in astrocytic tumors, Toshiki Yoshimine, Motohiko Maruno, Eiji Kumura, A. K M Ghulam Muhammad, Hirotomo Ninomiya, Amami Kato, Toru Hayakawa, NeuroSci Let, 247, 29, 32,   1998年05月, 査読有り
    概要:Previous investigators have localized the human glial fibrillary acidic protein (GFAP) gene in the segment 17q21 in chromosome 17. In the present study, we statistically assessed the association between the allelic status in thirty-three microsatellite loci and the immunohistochemical expression of GFAP in twenty human astrocytic tumors. The results demonstrated that the loss of heterozygosity in only one locus (D17S795 located in 17q21.2) was significantly associated with the impaired expression of GFAP (P = 0.0280, Pc = 0.0384 by Fisher's exact test). The adjacent loci located in 17q21.1 and 17q21.3 were not relevant to GFAP expression. Those data suggest that the critical region responsible for GFAP expression (coding sequence and regulatory elements) is located close to the locus D17S795 in the segment 17q21.2.
  • Aberrant muscle activation in patients after resection of non-primary motor areas: Demonstration by surface electromyography, Toshiki Yoshimine, Hirotaka Tanabe, Hirotaka Tanabe, Motohiko Maruno, Amami Kato, Shun Ichiro Hirano, Masaaki Taniguchi, Yoshitsugu Nakagawa, Takashi Nishikawa, Masatoshi Takeda, Toru Hayakawa, NeuroSci Let, 244, 153, 156,   1998年03月, 査読有り
    概要:Two patients presented with a tumor involving mainly the supplementary motor area or the premotor cortex. Shortly after tumor resection, each developed transient impairment of voluntary movements. An electromyogram, with the skin electrodes placed over the muscles of the upper arms and forearms, demonstrated aberrant ipsilateral, contralateral or bilateral muscle activation during unilateral motor tasks in both patients. The bilateral activation was more prominent in the patient who had an intact dominant hemisphere. The present study suggests for the first time the importance of non-primary motor areas of the human brain in activating the proper set of muscles on the proper side of the body.
  • Restoration of small bone defects at craniotomy using autologous bone dust and fibrin glue, Katsumi Matsumoto, Katsumi Matsumoto, Eiji Kohmura, Eiji Kohmura, Amami Kato, Amami Kato, Toru Hayakawa, Toru Hayakawa, Surgical Neurology, 50, 4, 344, 346,   1998年01月, 査読有り
    概要:DOI: 10.1016/S0090-3019(98)00081-0 =>unavailable
  • Computational imaging of cerebral perfusion by real time processing of DSA images. Clinical applications, Masayuki Hirata, Masayuki Hirata, Toshiki Yoshimine, Amami Kato, Mamoru Ito, Norio Hirabuki, Masaaki Taniguchi, Hironobu Nakamura, Toru Hayakawa, Neurol Res, 20, 4, 327, 332,   1998年01月, 査読有り
    概要:Real time and high resolution functional imaging of cerebral perfusion was developed, which displays the color coded image of the cerebral perfusion index (Pl) from the serial images of digital subtraction angiography (DSA). The small (3x3 pixels) regions of interest (ROl) were set on the images, and the time density curves of the contrast media for each ROl were obtained. The perfusion indices, corresponding to the mean transit time (MTT), were calculated for all the ROIs on the image in real time (5 sec) by the area over height method and then, converted to the Pl image A large ROl (64x64 pixels) was also used to estimate the parenchymal perfusion. In the normal subjects, consistent Pl values at the various parts of the cerebral arteries were obtained, which reasonably agreed with the published values when converted to the blood flow. Then the study on the pathological subjects were made. Firstly, the alteration in the Pl images agreed well with the CBF SPECT study in the case of moyamoya disease with the synangiosis operation. Secondly, even a 5% change of the parenchymal perfusion could be detected with the Pl imaging, which was obscure when inspecting the series of DSA images, in the case of intra-arterial papaverine infusion for delayed vasospasm. Thirdly, the vortex inside a large aneurysm could be estimated with the same resolution as DSA. Our method offers real time, high resolution, projection angle independent and semi-quantitative imaging of the cerebral perfusion from the conventional DSA images without introducing any new expensive devices. This method could be used to evaluate the therapeutic change and especially to monitor the rapidly changing cerebral perfusion in interventional angiography.
  • Temperature distribution produced by laser irradiation in a ventricle model. The use of airflow in neuroendoscopic surgery, Masaaki Taniguchi, Amami Kato, Toshiki Yoshimine, Toshiki Yoshimine, Nobumitsu Shimada, Hiroshi Takimoto, Toru Hayakawa, Neurol Res, 20, 1, 11, 14,   1998年01月, 査読有り
    概要:The changes in intraventricular temperature during potassium titanyl phosphate laser irradiation were investigated using a ventricle configuration model. The laser had an output of 3 to 20 watts in 1 second pulse mode. The model ventricular cavity was filled with still air or saline, or irrigated with air or saline. The laser irradiation in a continuous mode with the output of 15 or 20 watts was also examined under air flow or saline irrigation. In pulse-mode irradiation, the temperature increase was less than 5.0°C under all conditions with the outputs up to 10 watts. With 20 watts pulse irradiation, the temperature increase was within 7°C with air flow, and over 20°C in still air. The later condition occasionally induced a plume of steam resulting in excessive temperature elevation at a remote point. With the continuous irradiation of 15 or 20 watt, the temperature increased by about 4.0°C even under saline irrigation, which required over 30 sec to return to the pre-irradiation level. These results indicate the possible use of pulse mode laser irradiation and air flow endoscopic surgery within the ventricular system. With continuous mode laser irradiation, however, the importance of saline irrigation and proper cooling interval is suggested.
  • A reconstruction method of cerebral surface anatomical images for image guided localization, Shin Nakajima, Amami Kato, Amami Kato, Toshiki Yoshimine, Kousuke Sakurai, Koushi Harada, Toru Hayakawa, J Clin Neurosci, 4, 80, 84,   1997年12月
    概要:We have developed a simple and practical method to reconstruct cerebral surface anatomical images for better presurgical planning and surgical orientation with the aid of a personal computer. The area representing the cortical surface was selected from the most superficial slice of the T1-weighted magnetic resonance (MR) images. The selected area was then overlaid upon the next superficial slice and the alignment adjusted. By repeating this procedure four to seven times we obtained a brain surface image which clearly displayed gyri and sulci. With the same method images of the vascular components of the cerebral surface were obtained from the T2-weighted images or MR angiograms. The brain surface and the vascular images were then combined to reconstruct a surface anatomical image (SAI). In addition, the outline of the lesion and natural landmarks, such as ventricles, were added if necessary. Compared to conventional surface anatomy scanning (SAS) or three-dimensional image reconstruction procedures, our method has the advantage of displaying, within a reasonable time, the manifest cortical surface from the direction of the planned surgical approach. The SAIs obtained for individual patients have proven to be useful for presurgical planning and minimizing surgical damage to the eloquent cortex in approaching both surface and subcortical lesions. © Pearson Professional Ltd 1997.
  • A reconstruction method of cerebral surface anatomical images for image guided localization., Nakajima S, Kato A, Yoshimine T, Sakurai K, Harada K, Hayakawa T, J Clin Neurosci, 4, 1, 80, 84,   1997年01月, 査読有り
  • Sinus pericranii: Neuroradiologic findings and clinical management, Masahide Higuchi, Masahide Higuchi, Yasuhiro Fujimoto, Hiroya Ikeda, Amami Kato, Pediat Neurosurg, 27, 325, 328,   1997年01月
    概要:We report an 11-year-old boy with a sinus pericranii. Magnetic resonance images demonstrated a small hole in the cranium underneath the subcutaneous mass. Magnetic resonance angiography (MRA) with sequential two-dimensional time-of-flight (2D-TOF) method demonstrated that the venous flow via the sinus pericranii was directed from the intra- to the extracranial venous system (the drainer type). This was confirmed by a combination of conventional cerebral angiography and percutaneous sinography. We advocate that both the correct diagnosis and classification of sinus pericranii can be established with a combination of current noninvasive neuroradiologic studies, especially for the pediatric age group. MRA with the 2D-TOF method is useful in the assessment of this venous anomaly.
  • Endoscopic-image display system mounted on the surgical microscope., Taneda M, Kato A, Yoshimine T, Hayakawa T, Minimally invasive neurosurgery : MIN, 38, 2, 85, 86,   1995年06月, 査読有り
  • Complete regression of anaplastic astrocytoma by intravenous tumor necrosis factor-alpha (TNF alpha) after recurrence: a case report., Maruno M, Yoshimine T, Nakata H, Nishioka K, Kato A, Hayakawa T, Surgical Neurology, 41, 6, 482, 485,   1994年06月, 査読有り
  • A frameless, armless navigational system for computer-assisted neurosurgery. Technical note., Kato A, Yoshimine T, Hayakawa T, Tomita Y, Ikeda T, Mitomo M, Harada K, Mogami H, J Neurosurg, 74, 5, 845, 849,   1991年05月, 査読有り
  • Purine catabolites in cerebral interstitial fluid during progression of and recovery from ischemia., Morimoto K, Shimizu H, Hayakawa T, Shimada N, Nii Y, Masana Y, Kato A, Mogami H, Neurol Med Chir, 31, 3, 129, 134,   1991年03月, 査読有り
  • Autoradiographic study of regional protein synthesis in focal cerebral ischemia with TCA wash and image subtraction techniques., Yoshimine T, Hayakawa T, Kato A, Yamada K, Matsumoto K, Ushio Y, Mogami H, J Cereb Blood Flow Metab, 7, 4, 387, 393,   1987年08月, 査読有り
  • Meningeal neoplasms associated with cerebral vascular malformations, Shoji Bitoh, Hiroshi Hasegawa, Amami Kato, Kazuyoshi Tamura, Eiichiro Mabuchi, Yasushi Kobayashi, Surgical Neurology, 27, 469, 475,   1987年01月01日
    概要:Two patients with meningeal neoplasms and nearby vascular anomalies are reported. The lesions were excised and histologically confirmed. One patient had a meningotheliomatous meningioma and an arteriovenous malformation involving the right frontal lobe; the other, a hemangiopericytoma and an arteriovenous malformation in the right parietooccipital region. © 1987.
  • Effect of vascular activity in the determination of rate constants for the uptake of 18F-labeled 2-fluoro-2-deoxy-D-glucose: error analysis and normal values in older subjects., Evans AC, Diksic M, Yamamoto YL, Kato A, Dagher A, Redies C, Hakim A, J Cereb Blood Flow Metab, 6, 6, 724, 738,   1986年12月, 査読有り
  • Regional cerebral ischemia in the gerbil: measurement of regional cerebral blood flow by quantitative autoradiography., Yoshimine T, Hayakawa T, Yamada K, Takemoto O, Kato A, Ushio Y, Mogami H, J Cereb Blood Flow Metab, 6, 3, 348, 357,   1986年06月, 査読有り
  • Usefulness of intraoperative cortical blood flow measurement by heat clearance method for monitoring cerebral ischaemia during therapeutic carotid ligation., Hayakawa T, Yamada K, Iwata Y, Kato A, Yoshimine T, Ushio Y, Nakatani S, Ikeda T, Mogami H, J Neurol Neurosurg Psychiat, 48, 8, 819, 825,   1985年08月, 査読有り
  • Circulatory disturbance of the spinal cord with epidural neoplasm in rats., Kato A, Ushio Y, Hayakawa T, Yamada K, Ikeda H, Mogami H, J Neurosurg, 63, 2, 260, 265,   1985年08月, 査読有り
  • Quantification of glucose utilization in an experimental brain tumor model by the deoxyglucose method., Kato A, Diksic M, Yamamoto YL, Feindel W, J Cereb Blood Flow Metab, 5, 1, 108, 114,   1985年03月, 査読有り
  • Regional glucose utilization and blood flow in experimental brain tumors studied by double tracer autoradiography., Kato A, Sako K, Diksic M, Yamamoto YL, Feindel W, J NeuroOncol, 3, 3, 271, 283,   1985年, 査読有り
  • An improved approach for measurement of regional cerebral rate constants in the deoxyglucose method with positron emission tomography., Kato A, Diksic M, Yamamoto YL, Strother SC, Feindel W, J Cereb Blood Flow Metab, 4, 4, 555, 563,   1984年12月, 査読有り
  • Use of short-lived 18F and long-lived 14C in double tracer autoradiography for simultaneous measurement of LCBF and LCGU., Sako K, Kato A, Diksic M, Yamamoto LY, Stroke, 15, 5, 896, 900,   1984年09月, 査読有り
  • Pharmacokinetics of positron-labeled 1,3-bis(2-chloroethyl)nitrosourea in human brain tumors using positron emission tomography., Diksic M, Sako K, Feindel W, Kato A, Yamamoto YL, Farrokhzad S, Thompson C, Cancer Res, 44, 7, 3120, 3124,   1984年07月, 査読有り
  • Evaluation of [18F]-4-fluoroantipyrine as a new blood flow tracer for multiradionuclide autoradiography., Sako K, Diksic M, Kato A, Yamamoto YL, Feindel W, J Cereb Blood Flow Metab, 4, 2, 259, 263,   1984年06月, 査読有り
  • Influence of the input function on the calculation of the local cerebral metabolic rate for glucose in the deoxyglucose method., Kato A, Menon D, Diksic M, Yamamoto YL, J Cereb Blood Flow Metab, 4, 1, 41, 46,   1984年03月, 査読有り
  • Quantitative autoradiographic measurements of blood-brain barrier permeability in the rat glioma model., Yamada K, Ushio Y, Hayakawa T, Kato A, Yamada N, Mogami H, J Neurosurg, 57, 3, 394, 398,   1982年09月, 査読有り
  • Regional blood flow and capillary permeability in the ethylnitrosourea-induced rat glioma., Yamada K, Hayakawa T, Ushio Y, Arita N, Kato A, Mogami H, J Neurosurg, 55, 6, 922, 928,   1981年12月, 査読有り
  • Anti-testosterone antisera produced in mice of different strains and sexes., Tateishi K, Kato A, Yamamoto H, Hayashi C, Kitagawa M, Steroids, 32, 2, 233, 243,   1978年09月, 査読有り

書籍等出版物

  • 脳皮質インプラントによる運動機能再建の研究, 加藤 天美, [加藤天美],   2006年

MISC

  • 痙縮の疫学と治療, 内山卓也, 布川知史, 加藤天美, 脳神経外科ジャーナル, 26, Supplement, 86,   2017年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702264722313763
  • 基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード 迷走神経刺激療法(VNS)の基本, 中野直樹, 加藤天美, 脳神経外科速報, 27, 4, 382‐387,   2017年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702259987205538
  • 動脈グラフトを用いた総頚動脈閉塞症に対する血行再建術, 真田寧皓, 久保田尚, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 長束一紘, 加藤天美, 脳卒中の外科, 45, 2, 135‐139,   2017年03月31日, 10.2335/scs.45.135, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702281126329928
  • てんかん患者の前部帯状回を中心としたネットワーク解析, 杉野寿樹, 吉田久, 宮内正晴, 中野直樹, 加藤天美, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM), 2017, ROMBUNNO.D‐7‐6,   2017年03月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702268593631312
  • 卓上型簡易式内視鏡を用いた経鼻的内視鏡手術の教育効果, 奥田武司, 山下樹里, 加藤天美, 日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 27th, 91,   2017年02月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702253235051257
  • 膠芽腫細胞におけるHGFRおよびVEGFR発現の免疫学的意義, 藤田貢, 田崎貴之, 奥田武司, 吉岡宏真, 泉本修一, 加藤天美, 日本免疫治療学研究会学術集会プログラム・抄録集, 14th, 34,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702253705935564
  • CranioFix absorbableを用いた前頭側頭開頭における骨形成的開閉頭の改良, 真田寧皓, 久保田尚, 加藤天美, 日本整容脳神経外科研究会プログラム・抄録集, 10th, 24,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702214307807248
  • 当院の脳梁離断術手術手技, 中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 村上沙織, 田崎貴之, 岩倉倫裕, 加藤天美, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 40th, 67,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702213945735155
  • 頸動脈内膜剥離術における到達可能な内頸動脈遠位端のMRAによる術前評価, 久保田尚, 真田皓寧, 田崎貴之, 宮内正晴, 谷川緑野, 大槻俊輔, 加藤天美, 近畿大学医学雑誌, 41, 3-4, 18A, 18A,   2016年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702251868965511
  • 膠芽腫におけるMET発現とベバシズマブの関連性, 奥田武司, 藤田貢, 藤田貢, 田崎貴之, 中田晋, 山下公大, 吉岡宏真, 泉本修一, 加藤天美, バイオ治療法研究会学術集会プログラム・抄録集, 20th, 32,   2016年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702222359969682
  • PercuSurgeによるanchoring techniqueを用いた総頸動脈起始部狭窄の経大腿動脈ステント留置術, 辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 宮内 正晴, 古川 健太郎, 加藤 天美, 脳血管内治療, 1, Suppl., S210, S210,   2016年11月
  • 急性頭蓋内tandem閉塞を伴う頸部内頸動脈病変に対する再開通療法, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 村上 沙織, 古川 健太郎, 加藤 天美, 脳血管内治療, 1, Suppl., S194, S194,   2016年11月
  • 破裂大型内頸動脈瘤塞栓術後に視神経障害が出現しコイル摘出術を行った1例, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 久保田 尚, 加藤 天美, 脳血管内治療, 1, Suppl., S163, S163,   2016年11月
  • 血行再建術を行った症候性総頸動脈閉塞症の2例, 古川 健太郎, 真田 寧晧, 久保田 尚, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 岩倉 倫裕, 加藤 天美, 脳循環代謝, 28, 1, 219, 219,   2016年11月
  • 卓上型簡易式内視鏡を用いた神経内視鏡教育, 奥田武司, 山下樹里, 加藤天美, 日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集, 23rd, 192,   2016年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602247284838137
  • 慢性硬膜下ならびに脳深部多電極脳波モニタリングによりてんかん焦点を探索した例, 宮内正晴, 中野直樹, 岩倉倫裕, 村上沙織, 加藤天美, てんかん研究, 34, 2, 484, 484,   2016年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702276370729737
  • くも膜下出血後の難治てんかんの1例, 中川修宏, 中野直樹, 宮内正晴, 加藤天美, てんかん研究, 34, 2, 580, 580,   2016年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702264652853732
  • 脳炎後の難治てんかん例に対する外科治療法, 中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 村上沙織, 田崎貴之, 中川修宏, 加藤天美, てんかん研究, 34, 2, 449, 449,   2016年09月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702242643575467
  • てんかん発作への初期対応~非専門医の先生へ~, 加藤天美, Clinician, 63, 649, 695‐699,   2016年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602258188653328
  • 【これからのてんかん医療-ペランパネルへの期待-】 てんかん発作への初期対応 非専門医の先生へ, 加藤 天美, クリニシアン, 63, 5-6, 695, 699,   2016年06月
  • 胸髄転移を認めた、著しい繊維化を伴う透明中隔部gliosarcomaの一例, 田崎 貴之, 泉本 修一, 長束 一紘, 奥田 武司, 中西 欣弥, 加藤 天美, 筑後 孝章, Brain Tumor Pathology, 33, Suppl., 137, 137,   2016年05月
  • 膠芽腫におけるMET遺伝子発現の臨床的意義, 奥田 武司, 藤田 貢, 田崎 貴之, 中田 晋, 吉岡 宏真, 泉本 修一, 加藤 天美, Brain Tumor Pathology, 33, Suppl., 109, 109,   2016年05月
  • 膠芽腫におけるWT1ワクチン治療の長期免疫維持と注射局所および血中の免疫反応, 泉本 修一, 友金 祐介, 清原 英司, 尾路 祐介, 森井 英一, 加藤 天美, Brain Tumor Pathology, 33, Suppl., 092, 092,   2016年05月
  • 乳児期早期に笑い発作を発症した視床下部過誤腫の1例, 竹内智哉, 伊藤祐史, 小川千香子, 大野敦子, 城所博之, 根来民子, 渡邊一功, 夏目淳, 小島勢二, 梶田泰一, 中坪大輔, 名倉崇弘, 加藤天美, 日本小児科学会雑誌, 120, 4, 786, 786,   2016年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602223538979010
  • 頭蓋内血管周皮腫(SFTの亜型として)の診断,治療と長期予後, 泉本修一, 友金祐介, 奥田武司, 眞田寧晧, 加藤天美, Neuro-Oncologyの進歩(Web), 23, 1, 27‐34(J‐STAGE), 34,   2016年04月, 10.11452/neurooncology.23.1_27, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602243850768608
    概要:Intracranial meningeal hemangiopericytoma (M-HPC) is a rare, highly cellular and vascularized mesenchymal tumor that is characterized by high tendency for recurrence and extraneural metastasis.Preoperative images such as CT, MRI, and angiography are necessary for the useful information of M-HPC, although M-HPC shares similar clinical manifestations with meningioma. In distinction from others, radical resection including the attaching dura or dural sinus following adjuvant postoperative radiotherapy remains the cornerstone of therapy in M-HPC. Recently, positive STAT6 immunostaining of the tumor showed that the tumor is different from meningioma, and is the same with the entity of solitary fibrous tumor (SFT). But, advanced molecular study about NAB2-STAT6 fusion gene support the concept that classic SFT and M-HPC are separate groups that share common features but correlate to different clinical outcome.
  • 難治性側頭葉てんかん患者におけるコネクティビティ解析 (MEとバイオサイバネティックス), 吉岡 康人, 吉田 久, 宮内 正晴, 中野 直樹, 加藤 天美, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 115, 513, 67, 72,   2016年03月22日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020802292
  • 難治性側頭葉てんかん患者におけるコネクティビティ解析, 吉岡康人, 吉田久, 宮内正晴, 中野直樹, 加藤天美, 電子情報通信学会技術研究報告, 115, 513(MBE2015 102-131), 67‐72, 72,   2016年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602269813097732
    概要:本報告では、難治性てんかん患者の皮質脳波より定量的にコネクティビティを可視化する手法の確立を目標にコネクティビティ解析の提案を行った。コネクティビティ解析は、チャンネル間の相互相関関数を計算することで最大相関値と遅れ時間を求め両者の線形結合によってコネクティビティ強度を定義し、コネクティビティ強度を元に最小木を構成しチャンネル間のコネクティビティを定量的に可視化する。予後が良好であった患者に対してコネクティビティ解析を行った結果と医師の所見及びPET解析の結果が矛盾しないことが示された。次に、他チャンネルからの影響を排除したコネクティビティ形態について検討を行うため、偏相関係数を用いたコネクティビティ解析を行った。両者のコネクティビティ形態について検討を行った結果、より多くの知見が得られる可能性が示唆された。また、コネクティビティ強度の上位1%の平均を追跡した結果、平均コネクティビティ強度は異常興奮脳波が脳全体に伝播する際に上昇し、その後急速に減少するものの、発作終末期に再び上昇することが明らかになった。(著者抄録)
  • 側頭葉てんかん患者の帯域別皮質脳波解析, 神保亮輔, 吉岡康人, 吉田久, 吉田久, 宮内正春, 中野直樹, 加藤天美, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM), 2016, ROMBUNNO.D‐7‐4,   2016年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602200840800373
  • D-7-4 側頭葉てんかん患者の帯域別皮質脳波解析(D-7.MEとバイオサイバネティックスA/B,一般セッション), 神保 亮輔, 吉岡 康人, 吉田 久, 宮内 正春, 中野 直樹, 加藤 天美, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2016, 1,   2016年03月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010036716
  • 重症頭部外傷の管理 脳ヘルニアを伴った急性硬膜下血腫に対するCT撮影台上での骨髄内輸液針を用いた超早期ドレナージ, 植嶋 利文, 木村 貴明, 布川 知史, 加藤 天美, 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 39回, 68, 68,   2016年02月
  • 【機能的脳神経外科】 ITBによる痙縮治療の適応と効果, 内山 卓也, 加藤 天美, 脳神経外科ジャーナル, 25, 2, 149, 156,   2016年02月
    概要:痙縮はさまざまな中枢疾患により生じ、重度の痙縮においては運動麻痺に筋緊張や不随意運動が加わることにより随意的な運動が妨げられ、患者の日常生活動作を低下させる。このような患者を対象としてバクロフェン髄腔内投与療法(ITB)療法が導入され、その有効性や安全性から痙縮に対する重要な治療法として位置づけられている。本邦でも2006年に導入されて以来、すでに1,000例を超える手術が行われ、認知度は広がったが、ITB療法に携わる脳神経外科医は限られており、適応となる疾患も脊髄損傷・脳血管障害・頭部外傷・痙性対麻痺・脳性麻痺など幅広く、いまだ十分にこの治療の恩恵を受けていない患者がいると推察される。そこで自験例と過去の文献を合わせITB療法の適応疾患、基本的手術手技、治療効果と、今後の課題について報告する。(著者抄録)
  • 難治性笑い発作を呈する視床下部過誤腫の2歳女児手術例, 竹内 智哉, 伊藤 祐史, 小川 千香子, 大野 敦子, 城所 博之, 根来 民子, 渡邊 一功, 夏目 淳, 梶田 泰一, 中坪 大輔, 名倉 崇弘, 加藤 天美, てんかん研究, 33, 3, 701, 701,   2016年01月
  • Indication and Efficacy of ITB Treatment in Spastic Patients, Uchiyama T,Kato A, Jpn J Neurosurg, 25, 2, 149, 156,   2016年01月, 査読有り, 10.7887/jcns.25.149, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602217849847445
    概要: 痙縮はさまざまな中枢疾患により生じ, 重度の痙縮においては運動麻痺に筋緊張や不随意運動が加わることにより随意的な運動が妨げられ, 患者の日常生活動作を低下させる. このような患者を対象としてバクロフェン髄腔内投与療法 (ITB) 療法が導入され, その有効性や安全性から痙縮に対する重要な治療法として位置づけられている.
     本邦でも2006年に導入されて以来, すでに1,000例を超える手術が行われ, 認知度は広がったが, ITB療法に携わる脳神経外科医は限られており, 適応となる疾患も脊髄損傷・脳血管障害・頭部外傷・痙性対麻痺・脳性麻痺など幅広く, いまだ十分にこの治療の恩恵を受けていない患者がいると推察される. そこで自験例と過去の文献を合わせITB療法の適応疾患, 基本的手術手技, 治療効果と, 今後の課題について報告する.
  • 後頭蓋窩上衣腫の治療,とくに側方伸展例に対する手術摘出と後頭蓋窩IMRTについて, 泉本修一, 奥田武司, 田崎貴之, 友金祐介, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 34th, 81,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702227385521753
  • 第三脳室を占拠する腫瘍―手術選択におけるFornix損傷回避と深部静脈走行把握の重要性, 泉本修一, 奥田武司, 田崎貴之, 友金祐介, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 21st, 175,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602291232652501
  • 神経難病疾患における在宅診療の問題点―事例検討を中心に―, 西郷和真, 西郷和真, 西郷和真, 三井良之, 三井良之, 中野直樹, 河野政子, 濱田征宏, 濱田征宏, 池川敦子, 平野牧人, 加藤天美, 楠進, 楠進, 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集, 57th, 673,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602261032011823
  • 後期高齢者,特に80歳以上の膠芽腫に対する治療検証, 奥田武司, 泉本修一, 吉岡宏真, 田崎貴之, 加藤天美, 日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集, 29th, 73,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602222910014786
  • 脳ヘルニアを伴った急性硬膜下血腫に対するCT撮影台上での骨髄内輸液針を用いた超早期ドレナージ, 植嶋利文, 木村貴明, 布川知史, 加藤天美, 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 39th, 68,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602216518391011
  • 難治性側頭葉てんかん患者の皮質脳波解析, 吉田 久, 吉岡 康人, 神保 亮輔, 宮内 正春, 中野 直樹, 加藤 天美, 生体医工学, 54, 28, S293, S293,   2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005285377
    概要:

    Surgery is an effective treatment for intractable temporal lobe epilepsy where the seizure cannot be controlled by medication. Intractable epilepsy is treated by removing epileptic foci and propagation paths. In surgery, it is important to determine epileptic foci and propagation paths. In this report, we propose a new method to visualize the connectivity among the channels of electrocorticogram(ECoG). The connectivity strength is defined as linear combination of the maximum correlation value and its delay time between channels of ECoG. Then, we estimated the propagation structure of patients with intractable epilepsy using minimum spanning tree whose edge length was connectivity strength. We estimated propagation structure of epileptiform discharges from two ECoG who patients of intractable temporal lobe epilepsy using the connectivity analysis. The results show the same medical opinion obtained by PET analysis. Therefore the proposed method is considered an effective analysis method as a diagnostic indicator of objective evidence.

  • 難治てんかん例に対する脳梁離断術前後のリハビリテーション, 中野直樹, 宮内正晴, 加藤天美, 福田寛二, Jpn J Rehabil Med, 52, 12, 787, 787,   2015年12月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602203089909142
  • 15番染色体逆位の重複症候群に対する脳梁離断術の1例, 吉岡宏真, 中野直樹, 宮内正晴, 加藤天美, 安部治郎, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 39th, 83,   2015年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219974107022
  • 傍海馬回電気刺激による海馬切除術後言語性記憶障害予測, 谷直樹, 谷直樹, 貴島晴彦, MING Khoo Hui, 柳澤琢史, 押野悟, 圓尾知之, 圓尾知之, 細見晃一, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 39th, 50,   2015年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602204481410420
  • 悪性神経膠腫におけるMET遺伝子発現の臨床的意義, 田崎貴之, 田崎貴之, 藤田貢, 藤田貢, 奥田武司, 吉岡宏真, 加藤天美, バイオ治療法研究会学術集会プログラム・抄録集, 19th, 33,   2015年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502212311036960
  • 当施設における高齢者(80才以上)の破裂脳動脈瘤に対する血管内治療の治療成績, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 久保田尚, 加藤天美, Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S375,   2015年11月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502205695072814
  • PercuSurgeによるanchoring techniqueを用いた総頚動脈起始部狭窄の経大腿動脈ステント留置術, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 村上沙織, 長束一紘, 加藤天美, Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S273,   2015年11月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502203049131800
  • 進行性脳卒中に対する緊急頚動脈ステント留置術, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 村上沙織, 長束一紘, 加藤天美, Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S431,   2015年11月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201470204040
  • PercuSurgeによるanchoring techniqueを用いた総頸動脈起始部狭窄の経大腿動脈ステント留置術, 辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 村上 沙織, 長束 一紘, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S273, S273,   2015年11月
  • 当施設における高齢者(80歳以上)の破裂脳動脈瘤に対する血管内治療の治療成績, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 久保田 尚, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S375, S375,   2015年11月
  • 進行性脳卒中に対する緊急頸動脈ステント留置術, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 岩倉 倫裕, 村上 沙織, 長束 一紘, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S431, S431,   2015年11月
  • 進行性脳卒中に対する緊急頸動脈ステント留置術, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 岩倉 倫裕, 村上 沙織, 長束 一紘, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S431, S431,   2015年11月
  • 当施設における高齢者(80歳以上)の破裂脳動脈瘤に対する血管内治療の治療成績, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 久保田 尚, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S375, S375,   2015年11月
  • PercuSurgeによるanchoring techniqueを用いた総頸動脈起始部狭窄の経大腿動脈ステント留置術, 辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 村上 沙織, 長束 一紘, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 9, 6, S273, S273,   2015年11月
  • Inhibition of ABCG2 enhances chemo-sensitivity of murine glioma stem cell-like cells and reduces chemokine-mediated tumorigenicity, FUJITA Mitsugu, YOSHIOKA Hiromasa, OKUDA Takeshi, NAKATA Susumu, MIYATAKE Shin‐Ichi, KATO Amami, YOSHIE Osamu, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 44, Proceedings, 51,   2015年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502203868243854
  • 腫瘍内M2マクロファージにおけるB7-H3およびB7-H5発現量は肺癌原発転移性脳腫瘍の発症と相関する, 藤田 貢, 奥田 武司, 中田 晋, 菰原 義弘, 加藤 天美, 義江 修, 日本癌学会総会記事, 74回, E, 1141,   2015年10月
  • 【てんかん診療入門-患者100万人のありふれた神経疾患を知る】 てんかん診療のmultidisciplinarity 各科のエキスパートが教える最新知識, 加藤 天美, 宇川 義一, 兼本 浩祐, 川合 謙介, 須貝 研司, 脳神経外科速報, 25, 10, 1051, 1060,   2015年10月
  • VNSの効果作動機構の検討, 池田昭夫, BORGIL Bayasgalan, 松橋眞生, 松橋眞生, 文室知之, 文室知之, 中野直樹, 飯田幸治, 片桐匡弥, 松本理器, 國枝武治, 加藤天美, 高橋良輔, てんかん研究, 33, 2, 383,   2015年09月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502203122163782
  • 睡眠期てんかん放電重積状態例に対する外科治療効果, 宮内正晴, 中野直樹, 加藤天美, てんかん研究, 33, 2, 491, 491,   2015年09月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502220981108264
  • 迷走神経刺激術後の問題点, 中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 村上沙織, 城間淳, 田崎貴之, 岩倉倫裕, 加藤天美, てんかん研究, 33, 2, 487, 487,   2015年09月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201903247075
  • VNS導入後5年 VNSの効果作動機構の検討, 池田 昭夫, Borgil Bayasgalan, 松橋 眞生, 文室 知之, 中野 直樹, 飯田 幸治, 片桐 匡弥, 松本 理器, 國枝 武治, 加藤 天美, 高橋 良輔, てんかん研究, 33, 2, 383, 383,   2015年09月
  • 迷走神経刺激術後の問題点, 中野 直樹, 宮内 正晴, 吉岡 宏真, 村上 沙織, 城間 淳, 田崎 貴之, 岩倉 倫裕, 加藤 天美, てんかん研究, 33, 2, 487, 487,   2015年09月
  • 睡眠期てんかん放電重積状態例に対する外科治療効果, 宮内 正晴, 中野 直樹, 加藤 天美, てんかん研究, 33, 2, 491, 491,   2015年09月
  • 脳神経 脳腫瘍治療の最新情報 多施設共同による肝細胞癌原発脳転移の実態調査, 奥田 武司, 林 央周, 高橋 雅道, 沖田 典子, 藤中 俊之, 加藤 天美, 成田 善孝, 中洲 庸子, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 2213, 2213,   2015年09月
  • VNS導入後5年 VNSの効果作動機構の検討, 池田 昭夫, Borgil Bayasgalan, 松橋 眞生, 文室 知之, 中野 直樹, 飯田 幸治, 片桐 匡弥, 松本 理器, 國枝 武治, 加藤 天美, 高橋 良輔, てんかん研究, 33, 2, 383, 383,   2015年09月
  • 脳神経 脳腫瘍治療の最新情報 多施設共同による肝細胞癌原発脳転移の実態調査, 奥田 武司, 林 央周, 高橋 雅道, 沖田 典子, 藤中 俊之, 加藤 天美, 成田 善孝, 中洲 庸子, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 2213, 2213,   2015年09月
  • てんかん医療の多様な展開―基礎から臨床まで―新しい神経刺激療法―迷走神経刺激療法など―, 加藤天美, 中野直樹, 最新医学, 70, 6, 1102, 1113,   2015年06月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502280614822173
    概要:難治性てんかんに対する新しい治療の1つとして,神経刺激療法がある.日本では迷走神経刺激療法が普及しつつあり,新規抗てんかん薬のアドオン治療とほぼ同等の発作抑制効果が得られている.さらに近年,国外では三叉神経刺激や脳深部刺激も臨床段階で試みられている.本稿では迷走神経刺激療法を中心に,これら神経刺激療法について解説する.(著者抄録)
  • <巻頭言>図書館に行く, 加藤 天美, 近畿大学医学雑誌 = Medical Journal of Kinki University, 40, 1,   2015年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736743
  • <巻頭言>図書館に行く, 加藤 天美, 近畿大学医学雑誌, 40, 1,   2015年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005626246
  • 新しい神経刺激療法 : 迷走神経刺激療法など (特集 てんかん医療の多様な展開 : 基礎から臨床まで), 加藤 天美, 中野 直樹, 最新医学, 70, 6, 1102, 1113,   2015年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020487681
  • 症候性てんかんと自動車運転―最新の道路交通法改正も踏まえて―脳外科疾患と症候性てんかん, 中野直樹, 加藤天美, Mon Book Med Rehabil, 184, 9, 14,   2015年05月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502271450954449
    概要:脳神経外科で扱うことの多い脳腫瘍、頭部外傷、脳卒中の3つの疾患による症候性てんかんについて解説した。これらの疾患は、健常者に比べて、てんかんを引き起こすリスクが高く、脳腫瘍においては40倍となっている。脳腫瘍では病理組織型によって、てんかん発作発現頻度が異なっている。発作を引き起こすてんかん原性領域は、腫瘍の周辺にあるとされ、これらも摘出すべきである。脳卒中のなかでも、脳動静脈奇形、海綿状血管腫はてんかん発症もある。血管腫の周辺のヘモジデリン沈着領域を含めた切除がてんかんのコントロールには有効である。外傷後てんかんでは、受傷後1週間から生じるてんかん発作は、その後の観察でも、てんかん発作が起こることが多いとされ、抗てんかん剤での治療コントロールが望ましい。(著者抄録)
  • 脳外科疾患と症候性てんかん (特集 症候性てんかんと自動車運転 : 最新の道路交通法改正も踏まえて), 中野 直樹, 加藤 天美, Monthly book medical rehabilitation, 184, 9, 14,   2015年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020498727
  • 腎移植長期経過後に発症した中枢神経原発移植後リンパ増殖性疾患(PTLD)の2例, 田崎 貴之, 泉本 修一, 奥田 武司, 佐藤 隆夫, 加藤 天美, Brain Tumor Pathology, 32, Suppl., 098, 098,   2015年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602218444275963
  • ITBによる痙縮治療の適応と効果, 内山卓也, 加藤天美, 脳神経外科ジャーナル, 24, Supplement, 64,   2015年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502206988942150
  • 胸膜に血行性転移をきたした膠芽腫の1例, 田崎貴之, 奥田武司, 岡本邦男, 吉岡宏真, 藤田貢, 泉本修一, 中川和彦, 加藤天美, 脳神経外科ジャーナル, 24, 3, 192, 197,   2015年03月20日, 10.7887/jcns.24.192, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502284811487098
    概要:62歳、男性。右側頭葉膠芽腫にて開頭腫瘍摘出術施行。肉眼的全摘出後にテモゾロミドを併用した放射線化学療法を追加した。以後はテモゾロミド単独の維持化学療法を行った。術後17ヵ月で摘出腔内側に再発を認め、その後、大量胸水にて緊急入院となった。胸部CTにて胸膜に多発する腫瘤を認め、生検による病理診断の結果、膠芽腫の胸膜への血行性転移と判明した。(著者抄録)
  • D-7-8 難治性てんかん脳波のコネクティビティ解析区間の検討(D-7.MEとバイオサイバネティックスA/B,一般セッション), 吉岡 康人, 吉田 久, 宮内 正春, 中野 直樹, 加藤 天美, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2015, 1,   2015年02月24日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009944876
  • 難治性てんかん脳波のコネクティビティ解析区間の検討, 吉岡康人, 吉田久, 宮内正春, 中野直樹, 加藤天美, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM), 2015, ROMBUNNO.D-7-8,   2015年02月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502247074953748
  • 術式別 手術の実際とケア 13 てんかん手術, 加藤天美, Brain Nurs, 142, 152,   2015年02月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502278716715423
  • 下垂体卒中とHMGB1, 奥田武司, 藤田貢, 田崎貴之, 泉本修一, 加藤天美, 日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 25th, 87,   2015年02月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502217922224240
  • 【術式別決定版 脳神経外科手術とケア パーフェクトガイド 術前→術中→術後ケアまでの流れとケアポイントをみっちり凝縮!】 (第2章)術式別 手術の実際とケア てんかん手術, 加藤 天美, Brain Nursing, 2015春季増刊, 142, 152,   2015年02月
  • 睡眠期てんかん放電重積状態例に対する外科治療例, 宮内正晴, 田崎貴之, 中野直樹, 加藤天美, てんかん研究, 32, 3, 632, 632,   2015年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502257153417822
  • 難治てんかんに対する迷走神経刺激術と脳料離断術とのcombination therapyにいたった例の検討, 中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 村上沙織, 田崎貴之, 岩倉倫裕, 加藤天美, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 38th, 80,   2015年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502206122982898
  • B7-H3 and B7-H5 in tumor-associated M2 macrophages correlate with brain metastasis formation of lung cancer, FUJITA Mitugu, OKUDA Takeshi, NAKATA Susumu, KOMOHARA Yoshihiro, KATO Amami, YOSHIE Osamu, 日本癌学会学術総会抄録集(Web), 74th, E-1141 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502205662283127
  • Importance of very low frequency EEG to evaluate VNS therapy of epilepsy, BAYASGALAN Borgil, MATSUHASHI Masao, NAKANO Naoki, IIDA Koji, KATAGIRI Masaya, SHIMOTAKE Akihiro, MATSUMOTO Riki, FUMURO Tomoyuki, KUNIEDA Takeharu, KATO Amami, TAKAHASHI Ryosuke, IKEDA Akio, 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集, 56th, 484,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502211047019850
  • てんかん国際協力への取組み―WHO新声明ならびにアジアてんかん外科コングレス―, 加藤 天美, てんかん研究, 33, 1, 1, 2,   2015年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005092323
  • 膠芽腫におけるWT1ワクチン治療の長期免疫維持と注射局所および血中の免疫反応, 泉本修一, 尾路祐介, 清原英司, 森井英一, 橋本直哉, 友金祐介, 奥田武司, 杉山治夫, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 33rd, 182,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702235754427568
  • 多施設共同による肝細胞癌原発脳転移の実態調査, 奥田武司, 林央周, 高橋雅道, 沖田典子, 藤中俊之, 加藤天美, 成田善孝, 中洲庸子, 日本癌治療学会学術集会(Web), 53rd, WS90‐2 (WEB ONLY),   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602256323776203
  • 後頭蓋窩上衣腫の治療,とくに側方伸展例に対するtrans‐cerebellomedullary fissure approachについて, 泉本修一, 奥田武司, 城間淳, 田崎貴之, 友金祐介, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 20th, 89,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602236361830312
  • 分子標的薬時代における転移性脳腫瘍治療の再考, 奥田武司, 吉岡宏真, 田崎貴之, 泉本修一, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 20th, 97,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602229227304661
  • 側頭葉てんかん発作時における異常興奮脳波の伝播形態, 吉岡康人, 吉田久, 宮内正春, 中野直樹, 加藤天美, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM), 54th, 0, 443‐445, S249_03,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602254955080275
    概要:In this study, we compared the propagation configuration of epileptiform discharges in the onset and termination of ictal period. We calculated the average value of the top 1% of the maximum cross correlation values of each channel-to-channel of the electrocorticography. As shown in this figure, the value was rapidly rising at the onset of seizure. Then, it was rapidly reduced in about 10 seconds despite the epileptiform activities continued. It increased again from around 110 seconds, then the seizure ended at around 150 seconds. The results of the connectivity analysis show that the propagation configuration differed greatly between the onset of seizure and at the seizure termination.
  • 前頭側頭開頭における骨形成的開閉頭, 真田寧皓, 久保田尚, 加藤天美, 日本整容脳神経外科研究会プログラム・抄録集, 8th, 33,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502267880606048
  • 右半球における言語関連機能―ワダテストとfMRIの比較から―, 岡田理恵子, 岡田理恵子, 中野直樹, 加藤天美, 日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集, 17th, 69,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502209888715289
  • 電気刺激による海馬切除後の記憶低下の予測, 貴島晴彦, 谷直樹, 谷直樹, クー ウイミン, 柳澤琢史, 押野悟, 圓尾知之, 細見晃一, 平田雅之, 数井裕光, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集, 17th, 37,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502202087395008
  • 前頭側頭開頭における骨形成的開閉頭, 真田寧皓, 久保田尚, 加藤天美, 日本整容脳神経外科研究会研究会記録集, 8th, 13, 14,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201882780061
  • 経上腕動脈法による頚動脈ステント留置術―デリバリーカテーテルチップ強度の違い―, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 宮内正晴, 長束一紘, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 8, 6, 346,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502218113405168
  • 総頚動脈起始部狭窄病変に対するステント留置術―Percusurgeを用いたAnchoring technique―, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 城間惇, 宮内正晴, 長束一紘, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 8, 6, 430,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502229017654159
  • Overlapped stentingにより根治し得た頭蓋外頚部動脈瘤の一例, 城間淳, 辻潔, 布川知史, 中川修宏, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 8, 6, 399,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502230770487476
  • 脳静脈洞が関与する疾患に対する脳血管内治療の有用性, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 久保田尚, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 8, 6, 243, 243,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502266989283684
  • 経上腕動脈法による頸動脈ステント留置術 デリバリーカテーテルチップ強度の違い, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 岩倉 倫裕, 宮内 正晴, 長束 一紘, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 8, 6, 346, 346,   2014年12月
  • Overlapped stentingにより根治し得た頭蓋外頸部動脈瘤の一例, 城間 淳, 辻 潔, 布川 知史, 中川 修宏, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 8, 6, 399, 399,   2014年12月
  • 総頸動脈起始部狭窄病変に対するステント留置術 Percusurgeを用いたAnchoring technique, 辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 城間 惇, 宮内 正晴, 長束 一紘, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 8, 6, 430, 430,   2014年12月
  • Inhibition of ABCG2 enhances chemo-sensitivity of murine glioma stem cell-like cells to temozolomide and reduces spheroid-forming capability, Yoshioka H, Okuda T, Fujita M, Inoue T, Tasakai T, Izumoto S, Kato A, Acta Med Kinki Univ, 39, 2, 105, 113,   2014年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502218580300876
  • RFIDタグ付きガーゼによる新しいガーゼ管理システムの開発―術後遺残事故の根絶をめざして―, 加藤天美, 花村亮, 川本武, 医療の質・安全学会誌, 9, Supplement, 246, 246,   2014年10月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502290958605002
  • 小児難治性てんかんに対する外科手術と機能予後, 押野悟, 貴島晴彦, 平田雅之, 細見晃一, 柳澤琢史, 枝川光太朗, 下野九理子, 青天目信, 沖永剛志, 加藤天美, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 42, 5, 245,   2014年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402200972347656
  • 小児てんかん外科領域における臨床神経生理学 小児難治性てんかんに対する外科手術と機能予後, 押野 悟, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 細見 晃一, 柳澤 琢史, 枝川 光太朗, 下野 九理子, 青天目 信, 沖永 剛志, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 42, 5, 245, 245,   2014年10月
  • てんかん手術を行った内側側頭葉てんかんの読字障害に関する検討, 若本裕之, 桑原こずえ, 鈴木由香, 森本武彦, 加藤天美, てんかん研究, 32, 2, 357, 357,   2014年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402209913732250
  • 迷走神経刺激術の手術手技, 中野直樹, 宮内正晴, 吉岡宏真, 村上沙織, 城間淳, 田崎貴之, 岩倉倫裕, 加藤天美, てんかん研究, 32, 2, 425, 425,   2014年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402222621689139
  • 側頭葉てんかんの外科治療:最近の話題, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, 細見晃一, 柳澤琢史, 枝川光太朗, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 32, 2, 342, 342,   2014年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402278622123509
  • 脳神経外科領域におけるてんかんの最新治療戦略, 加藤 天美, 三國 信啓, 前原 健寿, 山本 貴道, Pharma Medica, 32, 7, 123, 128,   2014年07月
  • 苦手から一歩ぬけ出す!ICUでの脳神経看護―脳の解剖生理・疾患を知って的確なケアをするために―III.疾患 髄膜炎・脳膿瘍の診断,治療~中枢神経系の感染症は早期診断・迅速な抗菌薬開始が大事~, 奥田武司, 藤田貢, 加藤天美, 急性・重症患者ケア, 3, 2, 301, 308,   2014年05月24日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402287828935312
  • 【苦手から一歩ぬけ出す!ICUでの脳神経看護-脳の解剖生理・疾患を知って的確なケアをするために-】 疾患 髄膜炎・脳膿瘍の診断、治療 中枢神経系の感染症は早期診断・迅速な抗菌薬開始が大事, 奥田 武司, 藤田 貢, 加藤 天美, 急性・重症患者ケア, 3, 2, 301, 308,   2014年05月
    概要:<ここがPoint!>中枢神経系感染症は特徴的な症状が乏しく、早期発見が難しい疾患である。髄膜炎はまず疑うことが大事であり、確定診断には髄液検査が必要である。髄膜炎に対する抗菌薬は患者背景より選択し、できる限り迅速に投与開始する。脳膿瘍には、原因となりうる患者背景がある。脳膿瘍は感染症だが、感染症状だけではなく腫瘤としての脳圧迫症状もある。脳圧迫により頭蓋内圧亢進が高度の場合や脳室近傍例では、膿瘍ドレナージ術が必要となる。(著者抄録)
  • RFIDタグ付ガーゼによるガーゼ管理システム―ミニ豚手術での評価―第3報, 花村亮, 高橋俊二, 川本武, 加藤天美, 医療機器学, 84, 2, 291,   2014年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402287429923475
  • RFIDタグ付ガーゼによるガーゼ管理システム ミ二豚手術での評価(第3報), 花村 亮, 高橋 俊二, 川本 武, 加藤 天美, 医療機器学, 84, 2, 291, 291,   2014年04月
  • Connectivity analysis of electrocorticograph of intractable epilepsy, Yasuto Yoshioka, Hisashi Yoshida, Masaharu Miyauchi, Naoki Nakano, Amami Kato, Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering, 52,   2014年01月01日, 10.11239/jsmbe.52.O-367, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=84939423996&origin=inward
    概要:© 2014, Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering. All rights reserved. Epilepsy prevalence is up to about 1% of the population. 25% of these patients have intractable epilepsy. For these patients however, surgery is an effective treatment, therefore accurately determining the propagation path and epileptic foci is a crucial factor in surgical treatment. In this study, we propose a method to analyze connectivity among the brain signals during epileptiform seizure which were recorded from the electrodes directly placed on the cortex. First, we obtained the delay time and maximum value of the correlation function and defined connectivity strength between channels by a linear combination of the two. Then, using the connectivity strength, we configured a minimum spanning tree, which was estimated to be the epilepsy propagation path. As a result, the foci of epilepsy moved slightly for a total of four times for each seizure in the same patient; different propagation paths of the seizure at different times was shown.
  • Noctural hypermotor seizureを呈するinsular epilepsyの1手術症例, 永井俊也, 梶田泰一, 片岡弘匡, 名倉崇弘, 中坪大輔, 若林俊彦, 山本啓之, 石原尚子, 夏目淳, 宝珠山稔, 加藤天美, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 37th, 102,   2014年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402268080240168
  • 迷走神経刺激と脳梁離断術の適応について, 中野直樹, 吉岡宏真, 村上沙織, 岩倉倫裕, 田崎貴之, 城間淳, 宮内正晴, 加藤天美, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 37th, 55,   2014年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402291375661175
  • Slow cortical potentials by vagus nerve stimulation for seizure suppression, BAYASGALAN Borgil, MATSUMOTO Riki, NAKANO Naoki, MATSUHASHI Masao, SHIMOTAKE Akihiro, FUMURO Tomoyuki, KUNIEDA Takeharu, KATO Amami, TAKAHASHI Ryosuke, IKEDA Akio, 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集, 55th, 600,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402237459912616
  • Prophylactic COX-2 inhibition suppresses brain metastasis of lung cancer by inhibiting myeloid-derived suppressor cells, FUJITA Mitsugu, OKUDA Takeshi, NAKATA Susumu, KOMOHARA Yoshihiro, IZUMIMOTO Shuichi, KATO Amami, YOSHIE Osamu, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 32nd, 113,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502218385880060
  • 頭蓋内血管周皮腫の他臓器遠隔転移と予後因子, 泉本修一, 友金祐介, 有田憲生, 奥田武司, 田崎貴之, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 32nd, 106,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502221244551055
  • 皮質電極を用いた難治性てんかん脳波のコネクティビティ解析, 吉岡康人, 吉田久, 宮内正春, 中野直樹, 加藤天美, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM), 53rd, 0, ROMBUNNO.O3-09-5, 367-O-368,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402282833725308
    概要:Epilepsy prevalence is up to about 1% of the population. 25% of these patients have intractable epilepsy. For these patients however, surgery is an effective treatment, therefore accurately determining the propagation path and epileptic foci is a crucial factor in surgical treatment.In this study, we propose a method to analyze connectivity among the brain signals during epileptiform seizure which were recorded from the electrodes directly placed on the cortex. First, we obtained the delay time and maximum value of the correlation function and defined connectivity strength between channels by a linear combination of the two. Then, using the connectivity strength, we configured a minimum spanning tree, which was estimated to be the epilepsy propagation path. As a result, the foci of epilepsy moved slightly for a total of four times for each seizure in the same patient; different propagation paths of the seizure at different times was shown.
  • 悪性脳腫瘍手術におけるFluorescein sodiumを使用した術中染色の有用性, 奥田武司, 藤田貢, 田崎貴之, 吉岡宏真, 泉本修一, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 32nd, 98,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502248711058860
  • 血管周皮腫11例の治療解析とその長期経過, 泉本修一, 友金祐介, 奥田武司, 田崎貴之, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 19th, 144,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502286726730369
  • 外側後頭下開頭における乳突蜂巣の再建, 真田寧皓, 久保田尚, 加藤天美, 日本整容脳神経外科研究会プログラム・抄録集, 7th, 39,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402271983574284
  • 悪性脳腫瘍手術におけるFluorescein sodiumを使用した術中染色の有用性―178例の使用経験より検証―, 奥田武司, 田崎貴之, 藤田貢, 泉本修一, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 19th, 125,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502272535246148
  • ガドリニウム造影剤による脳血管撮影後早期に自然消失した硬膜動静脈瘻の1例, 城間淳, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 7, 6, 321, 321,   2013年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302217121920925
  • Small intracranial aneurysmsに対するコイル塞栓術の自験例の検討, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 赤井文治, 村上沙織, 久保田尚, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 7, 6, 224, 224,   2013年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302254009827877
  • 瘤内塞栓術の脳塞栓低減に術中抗凝固療法は関係するか?, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 7, 6, 345, 345,   2013年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302274439104136
  • 脳静脈洞閉塞症の原因,治療について:特発性好酸球増多症により脳静脈洞閉塞症を合併した1例から, 久保田尚, 真田寧皓, 村上沙織, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 内山卓也, 加藤天美, 脳循環代謝, 25, 1, 161, 161,   2013年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302247620534668
  • RFIDタグ付ガーゼを用いたガーゼ遺残防止システム―ミニ豚手術における評価―, 花村亮, 高橋俊二, 川本武, 加藤天美, 日本手術医学会誌, 34, Suppl., 93, 92,   2013年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302213911756402
  • うつ病に対する迷走神経刺激療法, 内山卓也, 中野直樹, 加藤天美, 臨床神経生理学, 41, 5, 354,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302244192215006
  • 精神疾患とニューロモデュレーション うつ病に対する迷走神経刺激療法, 内山 卓也, 中野 直樹, 加藤 天美, 臨床神経生理学, 41, 5, 354, 354,   2013年10月
  • 迷走神経刺激に伴う頭皮脳波記録の低速皮質シフト それは良好な応答者を予測するための適切な生体マーカなのか(Scalp-recorded slow cortical shifts associated with vagus nerve stimulation: Is it a good biomarker to predict good responders?), バヤスガラン・ボルギル, 松本 理器, 中野 直樹, 松橋 眞生, 下竹 昭寛, 文室 知之, 國枝 武治, 加藤 天美, 池田 昭夫, 臨床神経生理学, 41, 5, 420, 420,   2013年10月
  • COX-2阻害による肺癌脳転移抑制の免疫学的作用機序(COX-2 Blockade Immunologically Suppresses Brain Metastasis of Lung Cancer), 藤田 貢, 中田 晋, 加藤 天美, 義江 修, 日本癌学会総会記事, 72回, 362, 362,   2013年10月
  • 前頭葉脳動静脈奇形摘出後の二次性てんかん原性の側頭葉てんかんの1例, 吉岡宏真, 中野直樹, 田崎貴之, 加藤天美, てんかん研究, 31, 2, 465, 465,   2013年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302200318791019
  • てんかん重積をきたした上矢状静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する治療, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 吉岡宏真, 加藤天美, てんかん研究, 31, 2, 401, 401,   2013年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302233537464304
  • 当院での迷走神経刺激術の効果, 中野直樹, 吉岡宏真, 村上沙織, 田崎貴之, 宮内正晴, 岩倉倫裕, 加藤天美, てんかん研究, 31, 2, 370, 370,   2013年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302286931238324
  • 高齢で発症したてんかんの現況, 二宮宏智, 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, てんかん研究, 31, 2, 410, 410,   2013年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302298704698260
  • 転移性脳腫瘍治療における脳神経外科医の役割―162例の外科的治療より考察―, 奥田武司, 吉岡宏真, 田崎貴之, 藤田貢, 加藤天美, 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM), 51st, 3, ROMBUNNO.P72-4, 2597,   2013年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302211496832960
  • てんかん手術後に読字障害が悪化した内側側頭葉てんかんの1男児例, 桑原こずえ, 若本裕之, 森本武彦, 加藤天美, てんかん研究, 31, 1, 91, 92,   2013年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402252185381626
  • 脳梁離断にて側方性を確認し得た年長児半球離断術の一例, 片桐匡弥, 飯田幸治, 香川幸太, 橋詰顕, 加藤天美, 栗栖薫, てんかん研究, 31, 1, 91, 91,   2013年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402258825808999
  • 超入門 手術顕微鏡の特徴と使い方 オリンパス社手術顕微鏡, 加藤天美, 脳神経外科速報, 23, 6, 636, 641,   2013年06月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302282571705192
  • Proximal protectionとdistal filter protectionを併用した頚動脈ステント留置術, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 薮内伴成, 真田寧晧, 加藤天美, 脳卒中の外科, 41, 3, 191, 196,   2013年05月31日, 10.2335/scs.41.191, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302273757126789
    概要:A double cerebral protection system can resolve the intolerance to flow blockage, which is a problem with proximal protection devices. The goal of this study was to investigate the efficacy of a double cerebral protection system using distal filter and proximal embolic protection devices in carotid artery stenting (CAS). Diffusion-weighted MR imaging (MR-DWI) and major adverse events were used to evaluate this protective procedure. Between April 2008 and February 2010, CAS was performed for 69 sides. Twenty-one patients with high-risk lesions underwent CAS with double cerebral protection. New cerebral ischemic lesions were detected on MR-DWI in 14% (3/21) of the patients. There were no strokes, deaths, or myocardial infarctions within 30 days after the procedure. Three patients did not tolerate carotid artery flow reversal. However, a double cerebral protection system can easily be overcome to realize successful stenting. High-risk lesions can be safely treated with CAS using a double cerebral protection system.
  • 特発性脊髄空洞症の臨床像と画像所見の検討, 中西欣弥, 渡邉啓, 片岡和夫, 内山卓也, 加藤天美, 日本脊髄障害医学会誌, 26, 1, 80, 81,   2013年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302228413114743
    概要:脊髄空洞症34例のうち特発性脊髄空洞症5例(男1例、女4例、平均年齢40歳)の臨床像、画像所見の特徴などを検討した。発症から初診までの期間は平均50.8ヵ月であった。症状は、両下肢のしびれ2例、歩行障害1例、左手の脱力1例、右下半身のしびれ・痛み・麻痺が1例であった。画像所見として5例中4例が頸髄、1例が胸髄に空洞形成を認めた。頸髄の4例の病変はいずれも1椎体レベルに限局し、空洞の長径は平均15.8mm、短径は平均4.3mmであった。胸髄の1例はT5-7レベルに空洞が存在し、長径42.0mm、短径3.9mmであった。フォローアップ期間は平均18.5ヵ月で、全例保存的治療が選択され、症状・画像所見の悪化・改善例は認めなかった。
  • Proximal protectionとdistal filter protectionを併用した頸動脈ステント留置術, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 岩倉 倫裕, 薮内 伴成, 真田 寧晧, 加藤 天美, 脳卒中の外科, 41, 3, 191, 196,   2013年05月
    概要:頸動脈狭窄症に対するステント留置術(CAS)において、Angioguard XPによるfilter protectionは、脳血流を維持しつつ手技を施行できることが利点として挙げられるが、フィルターの目詰まりやフィルター自体のデブリス捕捉能の問題から、周術期塞栓症のリスクが指摘されている。一方、proximal protectionにより逆行性血流下で行うCASは遠位脳塞栓の合併リスクが少ないと考えられるが、血流遮断に対して虚血耐性のない患者には使用しにくい。そこで著者等は、塞栓性合併症を防ぎつつ虚血不耐性を克服するために、proximalとdistal embolic protection deviceを併用した"double protection CAS"を施行しており、良好な成績が得られているので報告した。本法における最大の特長は、脳虚血耐性のない症例において、虚血症状が出現した際にproximal protectionからdistal protectionへの切り替えを迅速に行うことにより治療を継続できる点である。
  • RFIDタグ付ガーゼによる新ガーゼ管理システム―術後体内遺残事故根絶をめざして―第2報, 花村亮, 高橋俊二, 川本武, 加藤天美, 佐賀俊彦, 奥野清隆, 医療機器学, 83, 2, 247, 247,   2013年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302231998534549
  • 経鼻的内視鏡手術におけるトレーニングシステムの開発, 奥田武司, 山下樹里, 吉岡宏真, 田崎貴之, 加藤天美, 脳神経外科速報, 23, 3, 331, 336,   2013年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302203555217431
    概要:近年、経鼻的内視鏡手術の適応は傍鞍部腫瘍に限らず拡大傾向にあり、さらなる発展が期待される術式である。一方、経鼻的内視鏡手術はきわめて特殊性の高い術式であり、その習得には修練を要する。現在のところ、cadaver dissectionやハンズオンセミナーでのトレーニングが一般的であるが、われわれは鶏卵と新たなモデルを使用したトレーニングシステムを開発した。本稿では、このトレーニングシステムについて紹介、解説する。(著者抄録)
  • 難治性てんかんに対するPosterior Quadrantectomy, 押野悟, 貴島晴彦, クーウィミン, 沖永剛志, 下野九里子, 谷直樹, 圓尾知之, 細見晃一, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 30, 3, 544, 544,   2013年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302200909950353
  • 高齢者の非けいれん性てんかん重積の4例, 二宮宏智, 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, てんかん研究, 30, 3, 544, 545,   2013年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302206391515958
  • 脳梁離断術 線維離断術が有効であった早期乳児てんかん性脳症(EIEE)の一症例, 真野利之, 木水友一, 木村貞美, 池田妙, 最上友紀子, 柳原恵子, 鈴木保宏, 中野直樹, 加藤天美, てんかん研究, 30, 3, 542, 543,   2013年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302218675083851
  • 迷走神経刺激療法の効果, 中野直樹, 吉岡宏真, 村上沙織, 二宮宏智, 加藤天美, てんかん研究, 30, 3, 543, 543,   2013年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302278560469538
  • PEEK Cageを第一選択とした頸椎前方固定術における術式の選択と課題, 中西欣弥, 渡邉啓, 片岡和夫, 湯上春樹, 赤井文治, 加藤天美, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 28th, 208,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302204910594272
  • 言語課題における「難易度」と脳賦活領域:fMRIによる検討, 岡田理恵子, 中野直樹, 宮内正晴, 石井一成, 村上卓道, 大槻俊輔, 加藤天美, 日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集, 15th, 84,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302211494646221
  • もやもや病に対する脱毛を目立たせない皮膚切開―中期的経過―, 真田寧皓, 橋本隆宏, 藪内伴成, 吉岡宏真, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 加藤天美, 日本整容脳神経外科研究会研究会記録集, 6th, 45, 46,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302236603285601
  • 術前に新たな責任血管の存在が判明したperimedullary AVFの1例, 中西欣弥, 渡邉啓, 片岡和夫, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 中野直樹, 加藤天美, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 28th, 255,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302261906891878
  • グリオーマ幹細胞薬剤耐性化機序の解明とテモゾロミドの治療効果の向上, 吉岡宏真, 藤田貢, 奥田武司, 田崎貴之, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 31st, 156,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402224169994754
  • 海綿静脈洞経由にて胸膜転移を生じた膠芽腫の一例, 田崎貴之, 奥田武司, 吉岡宏真, 藤田貢, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 31st, 74,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402259002419004
  • 転移性脳腫瘍の摘出術に対する手術手技の工夫, 奥田武司, 吉岡宏真, 田崎貴之, 藤田貢, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 18th, 89,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402275700133940
  • 非小細胞肺癌の転移性脳腫瘍に対するdriver oncogeneを標的とした個別化治療の展望, 奥田武司, 金田裕靖, 吉岡宏真, 田崎貴之, 藤田貢, 中川和彦, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 31st, 162,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402289104087835
  • 限局した皮質病変に対するてんかん手術の工夫, 貴島晴彦, 押野悟, クー ウイミン, 細見晃一, 圓尾知之, 谷直樹, 柳澤琢史, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 36th, 47,   2012年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302201009086145
  • 迷走神経刺激術の効果, 中野直樹, 吉岡宏真, 村上沙織, 田崎貴之, 二宮宏智, 加藤天美, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 36th, 58,   2012年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302249370841490
  • Posterior Quadrantectomy術後の神経機能について, 押野悟, 貴島晴彦, クー ウィミン, 圓尾知之, 谷直樹, 加藤天美, 沖永剛志, 下野九里子, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 36th, 80,   2012年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302292253675492
  • 難治性てんかんに対する当院での迷走神経刺激療法の初期治療効果, 二宮宏智, 中野直樹, 貴島晴彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 36th, 83,   2012年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302295680179918
  • くも膜下出血を起こした外傷性頚動脈海綿静脈洞瘻の病理解剖学的検討, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 赤井文治, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 6, 5, 272,   2012年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202212089098437
  • Double stentにより根治し得た頭蓋外巨大総頚動脈瘤の1例, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 眞田寧皓, 藪内伴成, 吉岡宏真, 岩倉倫裕, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 6, 5, 436,   2012年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202232164951648
  • 進行性脳卒中に対する急性期治療戦略, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 真田寧晧, 岩倉倫裕, 村上沙織, 吉岡宏眞, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 6, 5, 394, 394,   2012年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202213984685859
  • 医原性大動脈解離の1例, 村上沙織, 布川知史, 吉岡宏真, 中川修宏, 辻潔, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 6, 5, 285, 285,   2012年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202251770021677
  • くも膜下出血を起こした外傷性頸動脈海綿静脈洞瘻の病理解剖学的検討, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 赤井 文治, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 6, 5, 272, 272,   2012年11月
  • Double stentにより根治し得た頭蓋外巨大総頸動脈瘤の1例, 辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 眞田 寧皓, 藪内 伴成, 吉岡 宏真, 岩倉 倫裕, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 6, 5, 436, 436,   2012年11月
  • 可逆性後頭葉白質脳症におけるMRI Arterial Spin‐Label画像による脳血流評価, 久保田尚, 真田寧皓, 薮内伴成, 吉岡宏真, 岩倉倫裕, 辻潔, 奥田武司, 布川知史, 中野直樹, 内山卓也, 加藤天美, 脳循環代謝, 24, 1, 181, 181,   2012年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202218914622584
  • てんかんの診断と連携―プライマリ・ケア医に求められるてんかん診療―どのような場合に脳神経外科専門医に紹介すべきか?, 二宮宏智, 中野直樹, 加藤天美, 治療, 94, 10, 1714, 1717,   2012年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202207501632628
    概要:<プライマリ・ケアにおけるポイント>(1)新規に発症した成人の初回発作/てんかん発作は、症候性局在関連てんかんを念頭に病歴を聴取する。(2)てんかん発作が疑わしいときは、まずMRI(ならびにCT)、ついで脳波を検査する。自施設でまかなえないときは、病診連携を利用する。(3)画像診断で器質性病変を認めた際には、脳神経外科専門医に紹介する。(4)高齢者のてんかんは非けいれん性発作が多く、軽微でかつ多彩であり、発作後もうろう状態が遷延することがあることを留意する。(5)一般に、発症から2年以上発作を抑制できない、難治の症候性てんかんは、てんかんの外科治療を念頭に、てんかん外科施行施設へ紹介する。(6)とくに、症候性、特発性を問わず、小児の難治てんかんは発達への影響を勘案し、可及的すみやかに、経過中1度はてんかん外科治療の適応を検討するよう配慮する。(著者抄録)
  • どのような場合に脳神経外科専門医に紹介すべきか? (特集 てんかんの診断と連携 : プライマリ・ケア医に求められるてんかん診療), 二宮 宏智, 中野 直樹, 加藤 天美, 治療, 94, 10, 1714, 1717,   2012年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019428502
  • 高齢者てんかん治療の現況, 二宮宏智, 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, てんかん研究, 30, 2, 324, 324,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302211071439041
  • 症例3:迷走神経刺激療法を行った脳症後難治てんかん例, 加藤天美, 中野直樹, 福田光成, 貴島晴彦, 沖永剛志, 菊池知耶, てんかん研究, 30, 2, 303, 304,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302219068745299
  • 機能的大脳半球切除術により退行・自閉症を回避しえた片側巨脳症の長期追跡例, 加藤天美, 下野九理子, 中野直樹, 岩谷祥子, 林淑文, 沖永剛志, 貴島晴彦, 岡田理恵子, 二宮宏智, 埜中正博, てんかん研究, 30, 2, 374, 374,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302221126706155
  • 頸髄損傷の痙攣重積状態の1例, 村上沙織, 吉岡宏真, 中野直樹, 加藤天美, 植嶋利文, 濱口満英, 布川知史, てんかん研究, 30, 2, 470, 470,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302256325057423
  • 難治性てんかんに対するPosterior Quadrantectomyの機能予後について, 押野悟, 貴島晴彦, クー ウイミン, 沖永剛志, 下野九理子, 谷直樹, 圓尾知之, 細見晃一, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 30, 2, 387, 387,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302266336450912
  • てんかん焦点の局在が明確でない難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法あるいは脳梁離断術の手術適応, 中野直樹, 村上沙織, 吉岡宏真, 加藤天美, 二宮宏智, 露口尚弘, 貴島晴彦, 沖永剛志, 鈴木保宏, 福田光成, てんかん研究, 30, 2, 389, 389,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302271357419016
  • 新規抗てんかん薬ホスフェニトインナトリウムの初期使用経験, 中川修宏, 中野直樹, 村上沙織, 吉岡宏真, 田崎貴之, 加藤天美, てんかん研究, 30, 2, 324, 324,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302286781545967
  • 下側頭回経由での選択的海馬扁桃核切除術の記憶機能に及ぼす影響, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, 谷直樹, 圓尾知之, クー ウイミン, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 30, 2, 390, 390,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302293156832547
  • 迷走神経刺激療法と頭皮上緩徐脳波変化との関連性(Relationship between Vagus Nerve Stimulation and Scalp Recorded Slow EEG Changes), Bayasgalan Borgil, 松本 理器, 中野 直樹, 松橋 眞生, 下竹 昭寛, 文室 知之, 國枝 武治, 加藤 天美, 池田 昭夫, てんかん研究, 30, 2, 368, 368,   2012年09月
  • てんかん学の新展開 外科治療 迷走神経刺激術 Vagus nerve stimulation, 中野直樹, 加藤天美, 脳21, 15, 3, 307, 313,   2012年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202212931786894
    概要:迷走神経刺激治療法は、難治性てんかん症例に対する手術による治療法である。てんかん焦点が同定できないような症例に対して、抗てんかん作用を働かせるために迷走神経を刺激する方法である。左頸部迷走神経に刺激電極を、前胸部に電池を埋込んで、左迷走神経を常時間欠的に電気刺激する。常時間欠的な刺激によって、てんかんの抑制系神経回路を賦活し、けいれんのコントロールを図る。徐々に刺激強度を上げて行くと、刺激開始後3〜6ヵ月後で、てんかんの頻度や強度が低下する効果が施行例の20〜60%に認められる。てんかんの改善以外には、覚醒度の上昇や異常行動の改善などの効果がある。刺激による副作用は、嗄声や咳、咽頭違和感などである。(著者抄録)
  • ニューロモデュレーションと鎮痛 迷走神経刺激(VNS)療法 根治手術より低侵襲てんかん発作の緩和を期待, 中野直樹, 加藤天美, Lisa, 19, 6, 604, 607,   2012年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202230650030632
    概要:迷走神経刺激vagus nerve stimulation(VNS)療法は,てんかん症例に対して行う手術による治療である。左頸部迷走神経に刺激電極を,前胸部にジェネレータを植め込んで,左迷走神経を常時間欠的に電気刺激する(図1)。(著者抄録)
  • 痙縮に対するintrathecal baclofen(ITB)療法, 内山卓也, 中西欣弥, 布川知史, 中野直樹, 加藤天美, 神経治療学, 29, 3, 333, 336,   2012年05月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202283763044563
  • 首下がりに対して頸椎固定術を行った症例での長期的問題点, 中西欣弥, 内山卓也, 加藤天美, 日本脊髄障害医学会誌, 25, 1, 108, 109,   2012年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302298660648520
    概要:症例は75歳女性で、後頸部痛、首下がり症状が出現し、徐々に進行して神経内科で精査が行われた。明らかな基礎疾患はなく、筋生検でisolated neck extensor myopathyと診断された。その後上肢麻痺を合併し、更に起床時に四肢麻痺が出現したため脳神経外科紹介となった。上肢(右3/5、左3/5)、下肢(右4/5、左4/5)の麻痺、巧緻運動障害、歩行障害があり、頸椎X線で著明な後彎形成、C4/5 instability、MRIでC3-5レベルの頸髄圧迫所見が認められた。頸椎固定術(後頭骨-頸椎-胸椎後方固定術)およびC3-4椎弓切除術を行い、C2/7角は-64度から+28度まで改善し、四肢麻痺症状も軽減して独歩退院した。退院後は外来通院加療を行っていたが、術後5年に首下がりが再発し、その後も前方視が困難な状態となったためネックカラーで対応している。X線で頸椎の前彎は保たれており、固定部より下部の胸椎レベルで新たに後彎が進行していた。
  • 知っておきたい神経治療手技 痙縮に対するintrathecal baclofen(ITB)療法, 内山 卓也, 中西 欣弥, 布川 知史, 中野 直樹, 加藤 天美, 神経治療学, 29, 3, 333, 336,   2012年05月
    概要:中枢神経障害によるび漫性痙縮およびジストニアを呈する片麻痺・対麻痺・四肢麻痺患者のうち、Baclofen髄腔内投与療法(ITB療法)を施行し奏功した症例22例(痙縮19例、全身性ジストニア3例)について検討した。その結果、全例で下肢痙縮は有意差をもって著明に改善し、上肢・体幹痙縮および二次性全身性ジストニア症例に対しても頸椎レベルへのカテーテル留置により上下肢痙縮は著明に改善した。また、脳卒中後の片麻痺症例においては患側の痙縮改善を認め、歩行可能な痙性対麻痺症例では、低用量のBaclofen投与でコントロール可能であった。安静時代謝を計測した9例において術前は高値を示しており術後は著明に低下した。安静時代謝の低下とAshworth scoreの改善には相関する傾向にあった。合併症については2例にカテーテルの逸脱、カテーテルの断裂、ポンプの感染を1例ずつに認めた。
  • 乳幼児におけるneuronavigation手術の工夫―吸引式体位固定マット補助下ピン固定による安全な頭部固定法―, 香川尚己, 貴島晴彦, 圓尾知之, 平山龍一, 橋本直哉, 加藤天美, 吉峰俊樹, 小児の脳神経, 37, 2, 173, 173,   2012年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202224624592711
  • 3. 広域震災時の学会対応(PS1-3 震災と脳神経外科,プレナリーセッション,脳神経外科学の課題,第32回日本脳神経外科コングレス総会), 加藤 天美, 脳神経外科ジャーナル, 21, 0,   2012年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009359434
  • 広域震災時の学会対応, 加藤天美, 脳神経外科ジャーナル, 21, Supplement, 59,   2012年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202240962417378
  • RFIDタグ付きガーゼによる新しいガーゼ管理システム―術後遺残事故の根絶をめざして―, 花村亮, 高橋俊二, 川本武, 加藤天美, 佐賀俊彦, 奥野清隆, 医療機器学, 82, 2, 170, 170,   2012年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202262436218933
  • 脳神経外科における症候性局在関連てんかんに対するトピラマートの効果, 中野 直樹, 森田 淑文, 二宮 智宏, 朝井 俊治, 加藤 天美, 脳神経外科ジャーナル, 21, 3, 236, 242,   2012年03月20日, 10.7887/jcns.21.236, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009419600
    概要:脳神経外科領域における,脳出血,脳腫瘍,頭部外傷後などの症候性局在関連てんかんに対するトピラマートの抗てんかん効果について検討した.【方 法】単剤あるいは2,3種類の抗てんかん剤にてもコントロールが困難であった27例に対して,トピラマートを追加投与した.【結 果】12ヵ月の観察期間で14例が痙攣を認めなかった.2例が50%の発作抑制効果で,11例が無効もしくは副作用のため継続できなかった.すなわち,27例のうち16例が有効であった.このうち11例で,トピラマート量は100mg/日で,推奨される量よりも少なかった.継続できなかった例(11例)では,頭痛,浮遊感,めまいなどの副作用の出現が主であった.【結 語】症候性局在関連てんかんに対するトピラマートの効果は,低用量で得られることが多かった.
  • 後頭蓋窩急性硬膜外血腫に対する穿頭ドレナージ術, 植嶋利文, 布川知史, 木村貴明, 畠中剛久, 石川久, 坂田育弘, 加藤天美, 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 35th, 73, 73,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202227426855129
  • 外傷性てんかん, 加藤天美, 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 35th, 34, 34,   2012年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202289018035682
  • 迷走神経刺激術療法の早期効果, 中野直樹, 吉岡宏真, 村上沙織, 二宮宏智, 加藤天美, てんかん研究, 29, 3, 524, 524,   2012年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202243985377011
  • 高齢てんかん症例に新規抗てんかん薬での加療が奏効した2例, 二宮宏智, 加藤天美, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, てんかん研究, 29, 3, 525, 526,   2012年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202281455246357
  • 両側大型解離性椎骨動脈瘤の手術戦略 : この1例に学ぶ, 真田 寧皓, 大森 一美, 藪内 伴成, 中川 修宏, 布川 知史, 岩倉 倫裕, 加藤 天美, 脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke, 40, 1, 35, 40,   2012年01月31日, 10.2335/scs.40.35, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030025608
    概要:46歳男。めまい、嚥下障害を主訴とした。MRIにて両側の部分血栓化解離性椎骨動脈瘤(左22×15mm、右19×14mm)とこれによる延髄の著明な変形を認め、血管造影の所見をもとに、まず症状を呈していた左側に動脈瘤トラッピング術を行ったが、術後2日に右側動脈瘤の破裂によるくも膜下出血をきたした。そこで、2回目の手術前に右椎骨動脈のバルーン閉塞試験を行い、その結果をもとに右側動脈瘤トラッピング術と後頭動脈-後下小脳動脈吻合術および橈骨動脈グラフトを用いた椎骨動脈-後大脳動脈血行再建術を行った。術後は嚥下障害が悪化したものの、徐々に回復し、半年後のMRIでは両側動脈瘤の著明な縮小と延髄変形の改善が得られた。
  • 両側大型解離性椎骨動脈瘤の手術戦略:―この1例に学ぶ―, 真田 寧皓, 大森 一美, 藪内 伴成, 中川 修宏, 布川 知史, 岩倉 倫裕, 加藤 天美, 脳卒中の外科, 40, 1, 35, 40,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004479804
    概要:It is very difficult to treat bilateral large vertebral dissecting aneurysms, because of the anatomical complexity and the technical difficulty of vascular reconstruction. We report a case of a 46-year-old male who presented with numbness of extremities and dysphagia caused by large bilateral vertebral dissections. The left vertebral dissection was trapped first, but subarachnoid hemorrhage caused by rupture of a right dissecting aneurysm occurred two days after surgery. The second operation was performed about one month after the first one by trapping of the right dissecting aneurysm combined with vertebral-posterior cerebral artery bypass using a radial artery graft. The patient returned to daily life about three months after the second operation. Surgical strategy for bilateral large vertebral dissections should be determined in consideration of the aneurysmal fragility, accessibility for vascular reconstruction and anatomical aspects.
  • 特発性脊髄空洞症の臨床像と画像所見の検討, 中西欣弥, 片岡和夫, 渡邉啓, 内山卓也, 中野直樹, 加藤天美, 日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集, 47th, 205,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202229434637770
  • 脳科学の臨床応用―てんかんなど―, 加藤天美, 応用物理学会関西支部シンポジウム, 2012, 57,59-61,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202240795738485
  • てんかんの有病率等に関する疫学研究及び診療実態の分析と治療体制の整備に関する研究 日本脳神経外科学会での診療実態と診療ネットワーク構築, 加藤天美, てんかんの有病率等に関する疫学研究及び診療実態の分析と治療体制の整備に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書, 72, 74,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202261670976365
  • 脊髄硬膜動静脈瘻での手術後画像評価における各modalityの役割, 中西欣弥, 片岡和夫, 渡邉啓, 内山卓也, 中野直樹, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 加藤天美, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 27th, 204,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202270602378904
  • 脊髄由来の痙縮に対するITB療法, 内山卓也, 中西欣弥, 中野直樹, 加藤天美, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 27th, 129,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202272882865468
  • 悪性脳腫瘍手術に対するFluorescein sodiumを使用した術中染色の有用性, 奥田武司, 吉岡宏真, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 17th, 76,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302242115501222
  • 経鼻的内視鏡手術におけるトレーニングモデルの開発, 奥田武司, 山下樹里, 吉岡宏真, 田崎貴之, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 17th, 76,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302254760927330
  • 頭部外傷後ジストニア(PAID)に対するバクロフェン髄注療法の治療経験, 布川知史, 植嶋利文, 木村貴明, 畠中剛久, 石川久, 坂田育弘, 内山卓也, 中西欣弥, 加藤天美, Jpn J Rehabil Med, 48, 12, 794, 794,   2011年12月18日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202250872750588
  • 脳深部構造のイメージングの試み, 中野直樹, 加藤天美, 野田俊彦, 太田淳, 徳田崇, 塩坂貞夫, 畠中由美子, 機能的脳神経外科, 50, 2, 146, 149,   2011年12月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202233526752050
  • 脳深部構造のイメージングの試み, 中野直樹, 加藤天美, 野田俊彦, 太田淳, 徳田崇, 塩坂貞夫, 畠中由美子, 機能的脳神経外科, 50, 2, 146, 149,   2011年12月15日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202233526752050
    概要:CMOSイメージセンサを用いて、脳深部の構造物の同定を試みた。実際の定位脳手術に用いられている外径0.88mmのプローブを試作した。このプローブの先端には超小型CMOSイメージセンサ、青色LEDを搭載した。このプローブを用いて、脳への挿入実験を試行した。挿入実験に使用したのは、ホルマリン固定した摘出脳2体の左右大脳で4大脳半球を用いた。脳表から深部約100mmで撮像を終了し、プローブに沿って、脳を切断した。脳表からのプローブの経路とCMOSイメージセンサからの情報を対比させた。脳表から視床下核を目標点としての経路でイメージの変化を観察し、刺入深さの異なる各部位での撮像結果を得た。特に、深部に進むにつれ、視床、視床下核、黒質で変化を認めた。
  • Development of in situ imaging probe for surgical operation of deep brain stimulation, Toshihiko Noda, Toshihiko Noda, Pan Yi-Li, Pan Yi-Li, Ayato Tagawa, Ayato Tagawa, Takuma Kobayashi, Takuma Kobayashi, Kiyotaka Sasagawa, Kiyotaka Sasagawa, Takashi Tokuda, Takashi Tokuda, Yumiko Hatanaka, Yumiko Hatanaka, Naoki Nakano, Naoki Nakano, Amami Kato, Amami Kato, Sadao Shiosaka, Sadao Shiosaka, Jun Ohta, Jun Ohta, IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines, 131, 427, 428,   2011年12月01日, 10.1541/ieejsms.131.427, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=84862910537&origin=inward
    概要:A novel clinical medical tool for surgical operation of deep brain stimulation was fabricated and evaluated. Dedicated micro-CMOS image sensor was mounted on the tip of quite fine probe tube. The probe has the same diameter as a probe that is utilized in surgical operation. A light source LED was also mounted on the tip of probe. Imaging trial using a postmortem brain was performed with the fabricated probe. The probe can be inserted into a brain easily and take still images of the brain. © 2011 The Institute of Electrical Engineers of Japan.
  • 脳深部刺激手術用 in situ イメージングプローブの開発, 野田 俊彦, PAN Yi-Li, 田川 礼人, 小林 琢磨, 笹川 清隆, 徳田 崇, 畠中 由美子, 中野 直樹, 加藤 天美, 塩坂 貞夫, 太田 淳, 電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society, 131, 12, 427, 428,   2011年12月01日, 10.1541/ieejsmas.131.427, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030533281
    概要:A novel clinical medical tool for surgical operation of deep brain stimulation was fabricated and evaluated. Dedicated micro-CMOS image sensor was mounted on the tip of quite fine probe tube. The probe has the same diameter as a probe that is utilized in surgical operation. A light source LED was also mounted on the tip of probe. Imaging trial using a postmortem brain was performed with the fabricated probe. The probe can be inserted into a brain easily and take still images of the brain.
  • 脳神経外科領域におけるてんかんの薬物治療戦略, 加藤 天美, 赤松 直樹, 山本 貴道, 岡 秀宏, Pharma Medica, 29, 12, 127, 132,   2011年12月
  • 難治性てんかんに対する外科治療―とくに脳梁離断と迷走神経刺激術について―, 加藤天美, 大阪小児科学会誌, 28, 4, 14, 14,   2011年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102231994995750
  • 難治性スパスムに対し左大脳半球機能的離断術が有効であった症候性West症候群の1例, 岩谷祥子, 下野九理子, 東純史, 池田妙, 木村志保子, 富永康仁, 沖永剛志, 貴島晴彦, 加藤天美, 永井利三郎, 大薗恵一, 大阪てんかん研究会雑誌, 22, 1, 1, 8,   2011年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102262955737991
    概要:皮質形成異常を伴う難治性West症候群(WS)に対して外科的治療の効果が期待されている。今回我々は難治性スパスムに対し脳梁離断術後に左大脳半球機能的離断術をおこない、発作が消失して精神運動発達の改善を認めた症候性WSの1例を経験した。症例は7ヵ月男児。周産期異常なし。生後2ヵ月時に左顔面と左上肢が強直、眼球が左上方偏位する発作が出現し、2日後にはシリーズ形成するスパスムとなった。WSと診断され、ACTH療法を含む抗てんかん薬で加療されるも、効果は一時的であった。生後5ヵ月時に頭部MRIでは発作焦点を同定できなかったため、発作の緩和目的で全脳梁離断術が施行された。発作は一旦軽減したが再度発作が増加したため、当院小児科を受診した。VPA大量療法、CZP、NZPを投与するも無効であった。脳波では左半球に優位のhypsarrhythmiaを呈し、頭部MRIでは左後側頭葉を中心とした広範な皮質形成異常を疑う所見を認め、発作間欠時FDG-PETでは左大脳半球の糖低代謝を認めた。以上より左大脳半球に広汎なてんかん焦点が存在すると考えられ、また発達面においては寝返りが困難となるなどの退行を来してきたため、生後10ヵ月時に当院脳外科にて左大脳半球機能的離断術を施行した。病理組織検査の結果、皮質形成異常を認めた。術後4年が経過し、右半身痙性不全麻痺を認めるが、てんかん発作は認めず、つかまり立ちが可能となり、精神運動発達の改善が得られた。髄鞘化の未完成な乳児期のMRIにおいては皮質形成異常の診断が困難な場合が多いが、FDG-PETにおける低代謝域が焦点同定に有用となるため、難治に経過するWSでは早期にFDG-PETを施行し、根治的外科治療の可能性を検討する必要があると思われた。(著者抄録)
  • 進行性脳卒中を呈した頚動脈病変に対する急性期CASの治療成績, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 村上沙織, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 真田寧皓, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 5, 4, 216,   2011年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102202144901969
  • テイラーメイド頚動脈ステント留置術, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 村上沙織, 薮内伴成, 眞田寧晧, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 5, 4, 357,   2011年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102243814531660
  • 心原性脳塞栓症に対してMerci Retrieval Systemを用いて治療した2例, 村上沙織, 岩倉倫祐, 薮内伴成, 辻潔, 眞田寧皓, 中川修宏, 布川知史, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 5, 4, 233, 233,   2011年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102210342116935
  • Anterior condylar confluence硬膜動静脈瘻の2例, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 岩倉倫裕, 村上沙織, 薮内伴成, 眞田寧晧, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 5, 4, 366, 366,   2011年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102234790138431
  • 破裂前交通および前大脳動脈瘤に対するコイル塞栓術後の認知機能に対する検討, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 村上沙織, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 5, 4, 293, 293,   2011年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102289454344383
  • 群発頭痛様発作で発症した中枢神経限局性血管炎の1例, 西郷 和真, 濱田 征宏, 寒川 真, 桑原 基, 稲次 洋平, 塩山 実章, 三井 良之, 布川 知史, 加藤 天美, 楠 進, 日本頭痛学会誌, 38, 2, 185, 185,   2011年11月
  • 進行性脳卒中を呈した頸動脈病変に対する急性期CASの治療成績, 辻 潔, 中川 修宏, 布川 知史, 村上 沙織, 藪内 伴成, 岩倉 倫裕, 真田 寧皓, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 5, 4, 216, 216,   2011年11月
  • テイラーメイド頸動脈ステント留置術, 中川 修宏, 布川 知史, 辻 潔, 岩倉 倫裕, 村上 沙織, 薮内 伴成, 眞田 寧晧, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 5, 4, 357, 357,   2011年11月
  • 右半球が萎縮したてんかん焦点部位に悩む姿勢発作の一例, 二宮宏智, 中野直樹, 加藤天美, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 39, 5, 373, 422,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102257546360327
  • 脳虚血性疾患における運動時の皮質律動変化, 押野悟, 平田雅之, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 39, 5, 334,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102239390135460
  • 右半球が萎縮したてんかん焦点部位に悩む姿勢発作の一例, 二宮宏智, 中野直樹, 加藤天美, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 39, 5, 373, 422,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102257546360327
  • 脳虚血に対する臨床神経生理学的アプローチ 脳虚血性疾患における運動時の皮質律動変化, 押野 悟, 平田 雅之, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 39, 5, 334, 334,   2011年10月
  • 問題症例の検討 脳波 右半球が萎縮したてんかん焦点部位に悩む姿勢発作の一例, 二宮 宏智, 中野 直樹, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 39, 5, 373, 373,   2011年10月
  • テレビ会議システムを用いたてんかん外科診療ネットワークの構築, 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 沖永剛志, 下野九理子, LIN Suwen, 岡田理恵, 岡田理恵, 平田雅之, 押野悟, 後藤哲, 柳田英彦, 二宮宏智, 露口尚弘, 吉峰俊樹, てんかん治療研究振興財団研究年報, 22, 105, 112,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202254509025818
  • 内側側頭葉てんかんにおける中枢性ベンゾジアゼピン受容体と糖代謝分布の相違, 細見晃一, 貴島晴彦, 押野悟, 木下学, 平田雅之, 後藤哲, 圓尾知之, KHOO Hui Ming, 下野九理子, 沖永剛志, 加藤天美, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, てんかん研究, 29, 2, 283, 283,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202208790027725
  • 4種の新規抗てんかん薬時代のてんかん治療, 二宮宏智, 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, てんかん研究, 29, 2, 330, 330,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202208999758727
  • Wada Testにおける言語聴覚士介入による評価の数値化, 岡田理恵子, 中野直樹, 村上沙織, 二宮宏智, 加藤天美, てんかん研究, 29, 2, 297, 297,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202227608163931
  • てんかん治療医を増やすために何をなすべきか―脳神経外科の立場から―, 加藤天美, 中野直樹, 森田淑文, 岡田理恵子, 吉岡宏真, 村上沙織, 二宮宏智, 露口尚弘, てんかん研究, 29, 2, 237, 237,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202232337822857
  • てんかん手術治療後,発作抑制不十分な患者に対する迷走神経刺激術, 吉岡宏真, 中野直樹, 村上沙織, 加藤天美, 二宮智宏, てんかん研究, 29, 2, 348, 348,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202241999468165
  • 海綿状血管腫摘出後の周囲組織の新規てんかん原性形成, 村上沙織, 中野直樹, 吉岡宏真, 岡田理恵子, 露口尚弘, 加藤天美, てんかん研究, 29, 2, 316, 316,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202282819665926
  • 脳神経外科におけるレベチラセタムの使用経験, 中野直樹, 吉岡宏真, 村上沙織, 加藤天美, 二宮智宏, てんかん研究, 29, 2, 329, 329,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202295241851459
  • 新皮質てんかんに対する外科治療の予後予測因子の検討, 貴島晴彦, 押野悟, 細見晃一, 平田雅之, 圓尾知之, 谷直樹, クー ウイミン, 柳澤琢史, 下野九理子, 沖永剛志, 加藤天美, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, てんかん研究, 29, 2, 347, 347,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202295915996059
  • 痙縮に対するITB療法, 内山卓也, 中西欣弥, 布川知史, 中野直樹, 加藤天美, 神経治療学, 28, 5, 529,   2011年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102257304253330
  • 海馬電極刺激を用いた海馬扁桃核切除後の記憶障害の予測(Provocative memory test for amygdalohippocampectomy using depth electrodes implanted in the entorhinal area), 谷 直樹, 貴島 晴彦, アリ・モハメド, 押野 悟, 細見 晃一, クー・ウイミン, 圓尾 知之, 平田 雅之, 齋藤 洋一, 加藤 天美, 数井 裕光, 吉田 哲彦, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 29, 2, 296, 296,   2011年09月
  • 知っておきたい神経治療手技 痙縮に対するITB療法, 内山 卓也, 中西 欣弥, 布川 知史, 中野 直樹, 加藤 天美, 神経治療学, 28, 5, 529, 529,   2011年09月
  • 脳深部構造のイメージングの試み, 中野 直樹, 加藤 天美, 野田 俊彦, 太田 淳, 徳田 崇, 塩坂 貞夫, 畠中 由美子, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 50, 1, 22, 23,   2011年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029745742
  • パーキンソン病に対する脊髄刺激療法と脳深部刺激療法, 中野 直樹, 内山 卓也, 中西 欣弥, 加藤 天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 50, 1, 8, 9,   2011年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029745704
  • 脳卒中および頭部外傷後の全身性ジストニアに対するバクロフェン髄注療法, 内山卓也, 中西欣弥, 布川知史, 加藤天美, 日本神経救急学会雑誌, 24, 1, 39, 39,   2011年06月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102216020241376
  • ヒト海馬スライスの層構造と細胞構築および多電極システムによる神経ネットワークの解析, 山崎裕介, 八木一乃大, 中野直樹, 露口尚弘, 奥田武司, 湯上春樹, 岡田理恵子, 塩坂貞夫, 加藤天美, 原嘉信, 解剖学雑誌, 86, 2, 60, 60,   2011年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102226434334274
  • ニューロモデュレーションの新領域 パーキンソン病に対する脊髄刺激療法と脳深部刺激療法, 中野 直樹, 内山 卓也, 中西 欣弥, 加藤 天美, 機能的脳神経外科, 50, 1, 8, 9,   2011年06月
  • 機能神経外科に関係する画像診断の進歩 脳深部構造のイメージングの試み, 中野 直樹, 加藤 天美, 野田 俊彦, 太田 淳, 徳田 崇, 塩坂 貞夫, 畠中 由美子, 機能的脳神経外科, 50, 1, 22, 23,   2011年06月
  • 専門医に求められる最新の知識 機能外科 脳神経外科医のためのてんかん薬物治療―部分てんかんを中心に―, 加藤天美, 脳神経外科速報, 21, 5, 542, 549,   2011年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102274930684689
    概要:抗てんかん薬は、てんかん原性など原因を根本的に治療する薬物ではなく、対症療法薬として用いられる。その目的は、てんかん発作を抑止すること、さらに、発作反復による脳の二次的損傷を軽減することにある。本稿では、バルプロ酸やゾニサミドを主として第一選択薬とする脳神経外科医の現状に鑑み、薬剤の作用機序から選択と投与法、注意すべき副作用と併用薬、多剤治療の方法、治療の中止、難治てんかん、てんかん重積への対処等について解説した。また、新規抗てんかん薬の用法についても詳述した。(著者抄録)
  • 専門医に求められる最新の知識 機能外科 痙縮の病態と治療法の選択, 内山卓也, 加藤天美, 脳神経外科速報, 21, 4, 394, 402,   2011年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102250383031741
    概要:痙縮の病態生理は、中枢神経の障害によりγ運動ニューロンの活動性の亢進、筋紡錘感受性の上昇、Ia群線維終末に対するシナプス前抑制の減少、Ia群線維の変性/発芽現象、さらにはα運動ニューロンへの興奮性の入力の増大および抑制性入力の減少やシナプス後膜の感受性の上昇(α運動ニューロン自身の興奮性の変化)などの関与が推測される。これらは疾患あるいは病巣によって質的および量的に程度が異なり、治療方法の選択に影響する。軽度や中等度の痙縮の治療は抗痙縮薬の投与、リハビリテーションが中心であるが、欧米を中心として神経外科的アプローチの有用性が報告され、難治性の痙縮に対する治療が確立されつつある。わが国でも選択的末梢神経縮小術、選択的後根切断術などの神経外科的手術とともにバクロフェン髄腔内投与療法やボツリヌス療法が保険適用となり、痙縮に対する治療選択枝が格段に広がった。(著者抄録)
  • 頭部外傷後ジストニア(PAID)に対するバクロフェン髄注療法の治療経験, 布川知史, 植嶋利文, 木村貴明, 畠中剛久, 石川久, 内山卓也, 中西欣弥, 加藤天美, 坂田育弘, 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 34th, 98, 98,   2011年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102211060287474
  • 外傷性てんかん, 加藤天美, 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 34th, 38, 38,   2011年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102227536306859
  • 〈クリニカルクイズ〉出題と解説, 真田 寧皓, 加藤 天美, 近畿大学医学雑誌, 36, 1, 57, 59,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003002900
  • 瘻孔充填法が奏功した下垂体腺腫術後髄液漏の1例, 奥田武司, 加藤天美, 日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 21st, 74,   2011年02月14日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102255732148882
  • 多脳葉皮質形成異常に伴う難治てんかんに対する脳葉離断術の有用性, 貴島晴彦, 加藤天美, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 香川直己, 千葉泰良, 齋藤洋一, 下野九理子, 青天目信, 沖永剛志, 吉峰俊樹, てんかん研究, 28, 3, 445, 445,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102218870457400
  • 海綿状血管腫のてんかんの1例, 岩倉倫裕, 中野直樹, 渡邉啓, 中西欣弥, 加藤天美, 平田雅之, 後藤哲, 豊島晴彦, てんかん研究, 28, 3, 454, 454,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102220343391412
  • 脳磁図によるてんかん性異常波の伝播様式推定, 押野悟, 貴島晴彦, 平田雅之, 沖永剛志, 下野九里子, 富永康仁, 細見晃一, 後藤哲, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 28, 3, 450, 450,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102222119997391
  • MEGによるてんかん伝播の解析―難治てんかんを伴う弁蓋部症候群の手術適応決定―, 谷直樹, 加藤天美, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 吉峰俊樹, てんかん研究, 28, 3, 434, 435,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102226334696969
  • vigabatrinの使用実態調査, 大澤真木子, 大塚頌子, 千葉茂, 加藤天美, 松浦雅人, 永井利三郎, 渡辺雅子, てんかん研究, 28, 3, 526, 528,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102239023266965
  • 海綿状血管腫摘出術約20年後発症の局在関連性てんかんの治験例, 中野直樹, 森田淑文, 岡田理恵子, 加藤天美, 露口尚弘, 原嘉信, てんかん研究, 28, 3, 479, 479,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102251174455182
  • 多病変を有する結節性硬化症の2手術例, 細見晃一, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, 後藤哲, 圓尾知之, 柳澤琢史, MOHAMED Ali, 北井征宏, 富永康仁, 下野九理子, 沖永剛志, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 28, 3, 457, 458,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102264902717525
  • 機能的半球離断術により良好な経過をたどった片側巨脳症の1例, 林淑文, 中野直樹, 中西欣弥, 貴島晴彦, 沖永剛志, 下野九理子, 加藤天美, てんかん研究, 28, 3, 458, 459,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102278372207653
  • 小児期発症の側頭葉てんかん症例の臨床的検討, 富永康仁, 北井征宏, 新谷研, 下野九理子, 沖永剛志, 永井利三郎, 大薗恵一, 貴島晴彦, 加藤天美, てんかん研究, 28, 3, 453, 454,   2011年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102297308552350
  • region growing法(3DCTA)を用いた脊髄血管奇形の評価, 中西欣弥, 布川知史, 中川修宏, 中野直樹, 内山卓也, 眞田寧皓, 辻潔, 加藤天美, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 26th, 123,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102242526813590
  • 首下がりに対して頸椎固定術を行った症例での長期的問題, 中西欣弥, 内山卓也, 中野直樹, 岩倉倫裕, 加藤天美, 日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集, 46th, 145,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202244398546265
  • イオマゼニルSPECTを用いた側頭葉てんかんにおける側頭葉外の抑制系障害の検討, 細見晃一, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, 谷直樹, 後藤哲, 圓尾知之, SHAYNE Morris, 原田悠, 柳澤琢史, MOHAMED Ali, 加藤天美, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 34th, 73,   2010年12月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102236628006915
  • 学童期以降の新皮質てんかんに対する外科治療のピットホール, 貴島晴彦, 押野悟, 細見晃一, 平田雅之, 柳澤琢史, 圓尾知之, 谷直樹, 下野九理子, 沖永剛志, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 34th, 48,   2010年12月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102263355837158
  • 部分発作にて再発を認めたfibrillary astrocytomaの1例, 露口尚弘, 山縣徹, 平真人, 石橋謙一, 中野直樹, 加藤天美, 大畑建治, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 34th, 65,   2010年12月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102266257533247
  • 皮質下出血後の難治性てんかんに外科治療が奏功した一例, 二宮宏智, 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 34th, 77,   2010年12月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102275659191708
  • 側頭葉てんかん症例における脳深部電極留置の工夫, 中野直樹, 加藤天美, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 34th, 68,   2010年12月22日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102299862622095
  • "Bonnet" bypass to proximal trunk of middle cerebral artery with a radial artery interposition graft: Technical note, Y. Sanada, H. Kamiyama, K. Iwaisako, T. Yoshimine, A. Kato, Minimally Invasive Neurosurgery, 53, 203, 206,   2010年12月07日, 10.1055/s-0030-1263109, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=78649603935&origin=inward
    概要:Background: Anastomosis of the superficial temporal artery (STA) to the middle cerebral artery (MCA) is useful for treating certain patients with internal carotid artery occlusion or MCA occlusion. However, in the case of common carotid artery (CCA) occlusion, since the blood flow in the STA is insufficient, another artery should be used as the donor artery. The cortical branches of the MCA are usually selected as recipients in the STA-MCA bypass. However, the intracranial vascular filling gradually increases over a few months after conventional cortical MCA bypass grafting, while early or even immediate vascular filling is observed after proximal MCA bypass grafting. This study aims to develop an elongation technique of the contralateral STA to reach the proximal segment of the ipsilateral MCA. Methods: Anastomosis of the contralateral STA to the secondary trunk of the ipsilateral MCA was performed in 2 patients with occlusion of the CCA and ipsilateral vertebral artery (VA). The contralateral STA was extended with a radial artery (RA) graft in order to supply blood to the ischemic area. Elongation of the STA by using an RA interposition graft sufficiently lengthens the graft to enable its anastomosis with the contralateral M2 segment. Postoperative imaging revealed good bypass patency even at 1 year after the surgery. Conclusion: This novel technique of performing the bonnet bypass was effective in treating both CCA and ipsilateral VA occlusion; moreover, this procedure of elongation of the STA can increase candidates of the recipient, and enables one to perform a double bypass to the anterior cerebral artery (ACA) or posterior cerebral artery (PCA). © Georg Thieme Verlag KG Stuttgart - New York.
  • コイル塞栓術後4日目に再破裂を来した右内頚動脈後交通動脈分岐部動脈瘤破裂の一例, 辻潔, 寺本佳史, 布川知史, 中川修宏, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 4, 4, 325,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002293986592253
  • 後交通動脈瘤コイル塞栓術による動眼神経麻痺の改善効果, 中川修宏, 布川知史, 辻潔, 眞田寧皓, 岩倉倫裕, 藪内伴成, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 4, 4, 255, 255,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002210521328581
  • 当施設での国産FPD biplane装置の使用経験, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 植嶋利文, 木村貴明, 畠中剛久, 内山卓也, 上田傑, 橋場久幸, 坂田育弘, 加藤天美, 村上卓道, J Neuroendovascular Ther, 4, 4, 384, 384,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002281005192961
  • 虚血発症した頭蓋内椎骨動脈解離に対するステント留置の問題点, 寺本佳史, 山田公人, 出原誠, 小林啓作, 森内秀祐, 宗田高穂, 種子田護, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 4, 4, 338, 338,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002284447328519
  • endovascular stentingが著効したdural venous sinus stenosisの1例, 布川知史, 赤井文治, 中川修宏, 辻潔, 加藤天美, 中尾雄三, J Neuroendovascular Ther, 4, 4, 379, 379,   2010年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002291822145229
  • 頭蓋内動脈狭窄に対する外科的・保存的治療戦略 近畿大学医学部脳神経外科学教室の取り組み, 加藤 天美, 眞田 寧皓, 中野 直樹, 中川 修宏, 布川 知史, 新薬と臨牀, 59, 11, 2020, 2028,   2010年11月
  • コイル塞栓術後4日目に再破裂を来した右内頸動脈後交通動脈分岐部動脈瘤破裂の一例, 辻 潔, 寺本 佳史, 布川 知史, 中川 修宏, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 4, 4, 325, 325,   2010年11月
  • 特発性脳脊髄液減少症の治療, 奥田武司, 加藤天美, 日本頭痛学会誌, 37, 2, 262, 262,   2010年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002233140293781
  • 発作間欠期MEGのmoving dipoleがてんかん焦点決定に有用であった結節性硬化症の一例, 貴島晴彦, 押野悟, 細見晃一, MOHAMED Ali, 平田雅之, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳神経外科速報, 20, 10, 1179, 1183,   2010年10月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002224004363963
    概要:4歳女児。生後2ヵ月頃より強直性の痙攣から始まりinfantile spasmを呈するてんかんを発症し、結節性硬化症と診断された。種々の抗てんかん薬を内服していたが、2歳頃より発作が増加し、精神発達遅滞、運動障害が目立ってきた。頭部MRIで両側大脳半球に散在するFLAIR、T2強調像で高信号、T1強調像で等信号の病変を認めた。脳磁図では左前頭部にspike & sharp complexが頻発しており、それらのequivalent current dipoleは左上〜中前頭回で結節の周囲や前頭葉底部の大きな結節周囲の深部に推定された。moving dipole法による解析を行ったところ、初期の成分で左前頭葉底部の結節周囲に信号源が推定され、その後に前頭葉後部に移動するパターンが多く示された。左前頭葉底部の結節が発作焦点に最も関与していると考え、同部位および周辺の皮質の切除術を行った。術後に運動機能は改善し、感情も表出されるようになり、3年間てんかん発作は認めていない。
  • 脳梁離断による発作間欠期棘波の変容, 加藤天美, 押野悟, 貴島晴彦, 中野直樹, 細見晃一, 後藤哲, 柳澤琢史, 沖永剛志, 下野九里子, 岡田理恵子, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 38, 5, 301,   2010年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002266811795855
  • 集中的な脳外科的加療により診断,救命し得たcerebral amyloid angiopathy(CAA)を伴うprimary angitis of the central nervous system(PACNS)の一例, 濱田征宏, 稲次洋平, 塩山実章, 三井良之, 楠進, 布川知史, 加藤天美, 臨床神経学, 50, 10, 754, 754,   2010年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002290479299707
  • てんかん病態の検索方法の進歩と有用性 脳梁離断による発作間欠期棘波の変容, 加藤 天美, 押野 悟, 貴島 晴彦, 中野 直樹, 細見 晃一, 後藤 哲, 柳澤 琢史, 沖永 剛志, 下野 九里子, 岡田 理恵子, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 38, 5, 301, 301,   2010年10月
  • 新規抗てんかん薬でてんかん治療はかわったか?, 二宮宏智, 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, てんかん研究, 28, 2, 254, 254,   2010年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002200217344982
  • 側頭葉てんかんにおけるIomazenil SPECTとFDG PETの定量的比較, 細見晃一, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, ALI Mohamed, 後藤哲, 原田悠, 圓尾知之, MORRIS Shayne, 柳澤琢史, 下野九理子, 沖永剛志, 加藤天美, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, てんかん研究, 28, 2, 268, 268,   2010年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002212753453571
  • 多電極システム(MED64)によるヒトてんかん大脳皮質スライスの神経ネットワークの構造と神経活動の解析, 原嘉信, 山崎裕介, 八木一乃大, 中野直樹, 露口尚弘, 奥田武司, 岡田理恵子, 塩坂貞夫, 加藤天美, てんかん研究, 28, 2, 232, 232,   2010年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002238741218533
  • 脳神経外科における症候性局在関連性てんかんに対するトピラマートの効果, 中野直樹, 森田淑文, 加藤天美, 朝井俊治, 露口尚弘, 二宮宏智, てんかん研究, 28, 2, 244, 244,   2010年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002257657598147
  • てんかん手術後の社会的予後の検討, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 細見晃一, 圓尾知之, ALI Mohamed, 下野九理子, 沖永剛志, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 28, 2, 291, 291,   2010年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002291317028978
  • 転移性脳腫瘍連続100例の手術成績, 奥田武司, 加藤天美, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 383,   2010年09月21日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002295950530149
  • 海馬傍回に留置した深部電極の刺激による記憶機能の評価(Evaluation of memory function with depth electrodes in the parahippocampal gyrus), Ali Mohamed, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 押野 悟, 細見 晃一, 吉田 哲彦, 数井 裕光, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 28, 2, 370, 370,   2010年09月
  • 脳腫瘍治療の新潮流(転移性脳腫瘍を含む) 転移性脳腫瘍連続100例の手術成績, 奥田 武司, 加藤 天美, 日本癌治療学会誌, 45, 2, 383, 383,   2010年09月
  • 数個のECoG電極で、黙読単語の判別ができる(Only a few ECoG electrodes can discriminate words in mind), 池田 純起, 柴田 智広, 今谷 恵理, 露口 尚弘, 中野 直樹, 原 嘉信, 岡田 理恵子, 池田 和司, 加藤 天美, 神経化学, 49, 2-3, 497, 497,   2010年08月
  • ヒト大脳・小脳皮質スライスの細胞構築と多電極システムによる神経活動の解析(Analysis of cytoarchitecture and electrical activity of the human cerebral and cerebellar cortical slices with multi-electrode array system), 山崎 裕介, 八木 一乃大, 中野 直樹, 露口 尚弘, 奥田 武司, 湯上 春樹, 岡田 理恵子, 塩坂 貞夫, 加藤 天美, 原 嘉信, 神経化学, 49, 2-3, 769, 769,   2010年08月
  • SF‐36を用いた腰部捻挫に対する柔整治療効果の検討(第2報), 筧健史, 中西欣弥, 岡田理恵子, 橋本貫次郎, 藤田潤, 加藤天美, 柔道整復接骨医学, 18, 5, 379, 379,   2010年07月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002230519271506
  • 多施設共同研究による腰部捻挫に対する柔整治療効果の検討, 藤田潤, 中西欣弥, 岡田理恵子, 西村信一, 高坂忠志, 松尾浩二, 鈴木信幸, 滝口幸三, 阪本仁司, 筧健史, 加藤天美, 柔道整復接骨医学, 18, 5, 379, 379,   2010年07月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002249298889189
  • ヒト皮質脳波からの黙読母音の判別に関する研究(脳活動の計測と解析,一般), 池田 純起, 柴田 智広, 露口 尚弘, 中野 直樹, 原 嘉信, 岡田 理恵子, 池田 和司, 加藤 天美, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング, 110, 149, 45, 50,   2010年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007890689
    概要:近年,ヒトの高次脳活動を,侵襲的・非侵襲的計測手法によって読み出し,外部の計算機や機械と接続する,Brain Machine Interface(BMI)の研究が盛んに行われてきている.本研究では, BMI技術による意思推定を目指した基礎研究として,皮質脳波(ECoG)からの黙読母音の判別を行った.ECoG電極が設置された2名の被験者(てんかん患者)に対する3母音の黙読タスクについて,黙読母音をオフラインでサポートベクターマシン(SVM)により判別した.タスクの全試行数が少ないため,全電極のデータを判別に用いると過学習を起こす.そのため,電極一つずつの判別性能を評価し,カラーマップを作成した.その結果から,判別性能が高い電極の集団を選択し,それらの電極の全組み合わせ(1個の場合,2個の場合...)における判別性能を改めて評価した.その結果,全被験者において,チャンスレベル(33%)を大きく超える,53-63%の判別性能を得た.
  • Editorial note, Amami Kato, Neurological Surgery, 38, 597, 598,   2010年07月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=77954631626&origin=inward
  • パーキンソン病の脳深部刺激における前頭葉の脳波解析, 中野 直樹, 住井 利寿, 内山 卓也, 森田 淑文, 中西 欣弥, 岡田 理恵子, 柴田 智広, 加藤 天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 49, 1, 18, 19,   2010年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029745178
  • パーキンソン病に対する脊椎硬膜外電気刺激療法, 中野 直樹, 中西 欣弥, 内山 卓也, 住井 利寿, 鈴木 雄介, 澤田 優子, 岡田 理恵子, 福田 寛二, 加藤 天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 49, 1, 84, 85,   2010年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029745350
  • ヒト脳スライスの細胞構築と多電極システムによる神経ネットワークと誘発電位の解析 I:海馬, 八木一乃大, 山崎裕介, 中野直樹, 露口尚弘, 岡田理恵子, 加藤天美, 塩坂貞夫, 原嘉信, 解剖学雑誌, 85, 2, 77,   2010年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002200326879276
  • ヒト脳スライスの細胞構築と多電極システムによる神経ネットワークと誘発電位の解析 II:大脳新皮質と小脳皮質, 田村英紀, 山崎裕介, 八木一乃大, 中野直樹, 露口尚弘, 奥田武司, 湯上春樹, 岡田理恵子, 加藤天美, 原嘉信, 解剖学雑誌, 85, 2, 78,   2010年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002247981957995
  • DBS新しい試み パーキンソン病の脳深部刺激における前頭葉の脳波解析, 中野 直樹, 住井 利寿, 内山 卓也, 森田 淑文, 中西 欣弥, 岡田 理恵子, 柴田 智広, 加藤 天美, 機能的脳神経外科, 49, 1, 18, 19,   2010年06月
  • パーキンソン病 その他 パーキンソン病に対する脊椎硬膜外電気刺激療法, 中野 直樹, 中西 欣弥, 内山 卓也, 住井 利寿, 鈴木 雄介, 澤田 優子, 岡田 理恵子, 福田 寛二, 加藤 天美, 機能的脳神経外科, 49, 1, 84, 85,   2010年06月
  • ヒト脳スライスの細胞構築と多電極システムによる神経ネットワークと誘発電位の解析 海馬, 八木 一乃大, 山崎 裕介, 中野 直樹, 露口 尚弘, 岡田 理恵子, 加藤 天美, 塩坂 貞夫, 原 嘉信, 解剖学雑誌, 85, 2, 77, 77,   2010年06月
  • ヒト脳スライスの細胞構築と多電極システムによる神経ネットワークと誘発電位の解析 大脳新皮質と小脳皮質, 田村 英紀, 山崎 裕介, 八木 一乃大, 中野 直樹, 露口 尚弘, 奥田 武司, 湯上 春樹, 岡田 理恵子, 加藤 天美, 原 嘉信, 解剖学雑誌, 85, 2, 78, 78,   2010年06月
  • 胸部大動脈解離により生じた虚血性脳血管障害の一例, 藪内伴成, 中西欣弥, 寺本佳史, 布川知史, 中川修宏, 眞田寧皓, 奥田武司, 辻潔, 岩倉倫裕, 加藤天美, 脳神経外科速報, 20, 5, 580, 585,   2010年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002203508034629
    概要:69歳女。起床後に倒れ、意識レベル低下のため救急搬送された。発症後1時間20分の搬入時、意識レベルはJCS II-2、GCS 12点、NIHSS 12点で、救急隊到着時に完全麻痺であった左上下肢にはMMT 3/5程度の不全麻痺を認めた。頭部MRIの拡散強調像で右視床に高信号病変を認め、頭部MRAでは右椎骨動脈の描出が不良であった。発症後2時間半には神経症状の改善を認め、rt-PA投与は行わず、脳血栓症の診断で抗血小板療法、脳保護薬の投与を開始した。意識レベル改善に伴って背部から右上肢にかけての鈍痛の訴えがあり、右上肢の脈拍が微弱であることより胸部大動脈解離を疑い、胸部造影CTを施行した。上行大動脈から弓部、下行大動脈に及ぶstanford type Aの解離所見を認め、右総頸動脈は造影が低下していた。解離腔は腕頭動脈を越え、右総頸動脈舌骨レベルに及んでいた。同日、胸部心臓血管外科において上行動脈置換術を施行し、術中所見で上行大動脈の基部にentryを認めた。術後の造影では真腔を通じて右総頸動脈の血流を確認し、第25病日に神経学的欠損なく独歩退院した。
  • 私の手術論(no.42) 良い脳神経外科医とは, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 脳神経外科速報, 20, 5, 508, 518,   2010年05月
  • 難治性てんかんの外科治療, 加藤天美, てんかんをめぐって, 28, 7, 13,   2010年03月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002210729304708
    概要:近年、難治性てんかんに対し手術の有用性が認識されている。てんかん外科治療では、てんかん性異常活動の源(てんかん焦点)が特定できればそれを切除し、特定できない場合、または機能領域に重なって切除できない場合は、てんかん性異常活動が脳全体に伝播する経路を遮断する。外科治療の術式、てんかん焦点と脳機能の局在同定について解説した。日本での手術成績は、83%が実質上の発作消失を達成した。
  • 初診外来における初期診療 けいれん,てんかん, 林淑文, 中野直樹, 内山卓也, 加藤天美, 診断と治療, 98, Suppl., 31, 37,   2010年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002263170176972
  • 脳脊髄外傷の手術適応と治療の実際 重症頭部外傷におけるCT firstによる超早期の手術適応の決定, 植嶋 利文, 坂田 育弘, 木村 貴明, 畠中 剛久, 布川 知史, 加藤 天美, 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 33回, 59, 59,   2010年03月
  • 日本におけるてんかんの実態 日本のてんかん患者数の推定, 大塚頌子, 赤松直樹, 加藤天美, 木下真幸子, 久保田英幹, 小西徹, 笹川睦男, てんかん研究, 27, 3, 408, 411,   2010年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002250543352828
  • 日本におけるてんかんの実態 キャリーオーバー患者の問題, 大塚頌子, 赤松直樹, 加藤天美, 木下真幸子, 久保田英幹, 小西徹, 笹川睦男, てんかん研究, 27, 3, 402, 407,   2010年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002284743922809
  • 重症頭部外傷におけるCT firstによる超早期の手術適応の決定, 植嶋利文, 坂田育弘, 木村貴明, 畠中剛久, 布川知史, 加藤天美, 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集, 33rd, 59,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002216092072105
  • 環軸椎亜脱臼に対する環軸椎固定術の工夫, 中西欣弥, 中野直樹, 内山卓也, 加藤天美, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 25th, 236,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002229842425557
  • 鶏卵と頭蓋骨模型を用いた経蝶形骨洞手術のトレーニング, 奥田武司, 湯上春樹, 加藤天美, 日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 20th, 142,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002233882546338
  • SF‐36を用いた腰部捻挫に対する柔整治療効果の検討, 中西欣弥, 岡田理恵子, 筧健史, 橋本貫次郎, 藤田潤, 加藤天美, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 25th, 223,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002250878102192
  • 難治性不随意運動症状を伴うトゥレット症候群に対する脳深部刺激の有用性に関する多施設共同研究 トゥレット症候群の画像評価プロトコールに関する研究, 加藤天美, 内山卓也, 中野直樹, 難治性不随意運動症状を伴うトゥレット症候群に対する脳深部刺激の有用性に関する多施設共同研究 平成21年度総括・分担研究報告書, 35, 36,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102202523202725
  • 後拡張を省いた頚動脈ステント留置術による狭窄率の遷延性改善効果, 中川 修宏, 布川 知史, 寺本 佳史, 辻 潔, 木本 敦史, 眞田 寧皓, 加藤 天美, 脳神経血管内治療, 3, 3, 159, 164,   2009年12月31日, 10.5797/jnet.3.159, http://ci.nii.ac.jp/naid/130002148702
    概要:【目的】後拡張を省いた頚動脈ステント留置術(CAS)における狭窄率改善効果を検討した.【方法】 CAS後にfollowup脳血管造影検査(平均13.7ヵ月,0.5~24ヵ月)が可能であった10例11病変を対象に,術前,術直後およびfollowup時の残存狭窄率を検討した.また,プラーク内石灰化の有無による狭窄改善率の違いについて検討した.【結果】術前狭窄率は87.311.0%(meanSD),術直後の狭窄率は30.15.7%(meanSD)であった.Followup脳血管造影時の平均残存狭窄率は12.316.1%(meanSD)と改善した(P<0.003).石灰化を含む病変の残存狭窄率は術直後29.05.2%からfollowup時24.39.5%への改善に留まったのに対し,非石灰化病変では28.26.1%から7.19.9%へと著明に改善した.【結語】後拡張を省いたCASでも,特に非石灰化病変において経時的な狭窄率改善が期待できる.
  • 器質性病変を有する側頭葉てんかんに対する病変切除,海馬温存手術の長期予後, 貴島晴彦, 押野悟, 細見晃一, 平田雅之, 後藤哲, 圓尾知之, 柳澤琢史, アリ ムハメッド, 下野九理子, 沖永剛, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 33rd, 40,   2009年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002237872262906
  • 側頭葉てんかんにおける側頭葉外の抑制系障害―Iomazenil‐SPECTを用いて―, 細見晃一, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, 後藤哲, 圓尾知之, 柳澤琢史, ALI Mohamed, 加藤天美, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 33rd, 70,   2009年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002247797978017
  • ヒプスアリスミアを呈した皮質形成異常に対して脳葉・脳梁離断術をおこなった例, 中野直樹, 森田淑文, 加藤天美, 日本てんかん外科学会プログラム・抄録集, 33rd, 76,   2009年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002281006259237
  • 後拡張を省いた頸動脈ステント留置術による狭窄率の遷延性改善効果, 中川 修宏, 布川 知史, 寺本 佳史, 辻 潔, 木本 敦史, 眞田 寧皓, 加藤 天美, JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy, 3, 3, 159, 164,   2009年12月
    概要:【目的】後拡張を省いた頸動脈ステント留置術(CAS)における狭窄率改善効果を検討した.【方法】CAS後にfollow-up脳血管造影検査(平均13.7ヵ月,0.5〜24ヵ月)が可能であった10例11病変を対象に,術前,術直後およびfollow-up時の残存狭窄率を検討した.また,プラーク内石灰化の有無による狭窄改善率の違いについて検討した.【結果】術前狭窄率は87.3±11.0%(mean±SD),術直後の狭窄率は30.1±5.7%(mean±SD)であった.Follow-up脳血管造影時の平均残存狭窄率は12.3±16.1%(mean±SD)と改善した(P<0.003).石灰化を含む病変の残存狭窄率は術直後29.0±5.2%からfollow-up時24.3±9.5%への改善に留まったのに対し,非石灰化病変では28.2±6.1%から7.1±9.9%へと著明に改善した.【結語】後拡張を省いたCASでも,特に非石灰化病変において経時的な狭窄率改善が期待できる.(著者抄録)
  • SF‐36を用いた腰部捻挫に対する柔整治療効果の検討(第1報), 筧健史, 岡田理恵子, 橋本貫次郎, 藤田潤, 中西欣弥, 加藤天美, 柔道整復接骨医学, 17, 5, 389, 389,   2009年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002238360565105
  • ヒト皮質脳波からの黙読単語推定に関する研究(BCI/BMIとその周辺), 今谷恵理, 池田純起, 柴田智広, 露口尚弘, 中野直樹, 原嘉信, 岡田理恵子, 池田和司, 加藤天美, 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング, 109, 280, 29, 34,   2009年11月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007521495
    概要:近年,脳に表現されている情報を,侵襲的・非侵襲的計測手法と情報科学技術を組み合わせることによって読み出し,外部の計算機や機械と接続しようという,脳-機械インタフェース(BMI)の研究が,ヒトを対象としても盛んに行われてきている.本研究では,BMI技術による意思推定を目指した基礎研究として,皮質脳波(ECoG)からの黙読単語の推定を行った.ECoG電極が設置された1名の被験者(てんかん患者)にする2単語の黙読タスクについて,黙読単語をオフラインでサポートベクタマシン(SVM)により推定した.5種類の入力データを準備し,また電極選択も含めて,推定性能比較を行ったところ,最大74.5%の推定性能を得ることができた.また,選択された電極は,事前の電気刺激テストにおいて,言語に関する反応を示した電極に近い位置にあることから,被験者が黙読した際の言語関連脳活動が,これらの信号に反映されていることが示唆された.
  • 円蓋部に発生した非外傷性diploic arteriovenous fistulaの一例, 藪内伴成, 布川知史, 中川修宏, 眞田寧皓, 寺本佳史, 辻潔, 岩倉倫裕, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 3, 4, 369, 369,   2009年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902206348146075
  • 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対して経静脈的に流入血管塞栓術を施行した1例, 寺本佳史, 高垣匡寿, 出原誠, 山田公人, 伊藤守, 森内秀祐, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 3, 4, 364, 364,   2009年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902221763658439
  • Stent with in a stent techniqueにより根治し得た解離性内頸動脈瘤の一例, 辻潔, 寺本佳史, 布川知史, 中川修宏, 真田寧皓, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 3, 4, 274, 274,   2009年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902237724594354
  • Filter protectionによる頸動脈ステント留置術の治療成績, 中川修宏, 布川知史, 眞田寧皓, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 辻潔, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 3, 4, 282, 282,   2009年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902289924799279
  • 経動脈的と経静脈的approachにて塞栓を行ったdirect CCFの1例, 布川知史, 中川修宏, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 真田寧晧, 加藤天美, 坂田育弘, J Neuroendovascular Ther, 3, 4, 253, 253,   2009年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902292251726984
  • 二次性全般化に認められた高アンモニア血症の2例, 二宮宏智, 貴島晴彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 27, 2, 232, 232,   2009年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902216942549860
  • 当科における小児期発症の側頭葉てんかん症例の臨床的検討, 富永康仁, 池田妙, 岩谷祥子, 北井征宏, 橋本奈津子, 新谷研, 木村志保子, 下野九理子, 沖永剛志, 平田雅之, 貴島晴彦, 加藤天美, 永井利三郎, 大薗恵一, てんかん研究, 27, 2, 243, 243,   2009年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902290741351471
  • 片側巨脳症の機能的半球離断術術後の近赤外線分光法を用いた機能的回復の検討, 中野直樹, 森田淑文, 本田憲胤, 澤田優子, 福田寛二, 柳田英彦, 下野九理子, 二宮宏智, 加藤天美, てんかん研究, 27, 2, 334, 334,   2009年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902250106305020
  • 側頭葉てんかんにおける123I-iomazenil SPECTの定量解析の試み(Quantitative analysis of 123 I-iomazenil SPECT in temporal lobe epilepsy), 細見 晃一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 平田 雅之, 後藤 哲, 圓尾 知之, 柳澤 琢史, Ali Mohamed, 下野 九理子, 沖永 剛志, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 27, 2, 241, 241,   2009年09月
  • 前方脳梁離断術後の発作間欠期脳磁図の変化(Alteration of interictal epileptic discharge after anterior corpus callosotomy), 押野 悟, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 細見 晃一, 後藤 哲, 柳澤 琢史, Ali Mohamed, 圓尾 知之, 齋藤 洋一, 下野 九理子, 沖永 剛志, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 27, 2, 276, 276,   2009年09月
  • 側頭葉病変による難治性てんかんに対し扁桃-海馬切除術の追加は必要か?(Is the additional amygdalo-hippocampectomy necessary for intractable epilepsy associated with temporal lesion?), 貴島 晴彦, 押野 悟, 細見 晃一, 平田 雅之, 柳澤 琢史, 後藤 哲, Ali Mohamed, 下野 九理子, 沖永 剛志, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 27, 2, 288, 288,   2009年09月
  • 感覚運動野の新皮質てんかんにおける発作間欠期てんかん波の自発的運動による抑制効果(Movement induces suppression of interictal spikes in sensorimotor neo-cortical epilepsy), 柳澤 琢史, 平田 雅之, 貴島 晴彦, 後藤 哲, 齋藤 洋一, 押野 悟, 細見 晃一, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 27, 2, 331, 331,   2009年09月
  • 鶏卵と頭蓋骨模型を用いた経蝶形骨洞手術練習法の開発, 奥田武司, 湯上春樹, 中野直樹, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 14th, 120,   2009年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902213733953883
  • 多発転移性脳腫瘍に対する外科的治療, 奥田武司, 湯上春樹, 片岡和夫, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 14th, 113,   2009年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902218690891511
  • 11-6 光計測法を用いた脳機能活動のCMOSイメージセンサの研究(第11部門 センシング1), 宍戸 三四郎, 小黒 康裕, 野田 俊彦, 笹川 清隆, 徳田 崇, 塩坂 貞夫, 加藤 天美, 太田 淳, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集, 2009, "11, 6-1"-"11-6-2",   2009年08月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009470043
    概要:Intrinsic optical signal (IOS) indicates activities of cerebral cortical neurons in the optical imaging method, which is one of the in vivo recording methods of activities of cerebral cortical neurons. We propose the IOS imaging method for craniotomy procedure. We designed a prototype CMOS image sensor device using 0.35-μm CMOS standard process for in vivo IOS imaging. The sensor device enables multi-functional recording of brain activities such as IOS, EEG, area image, electrical stimulation in order to improve reliability of diagnosis and allows simple measurement setup.
  • 光計測法を用いた脳機能活動のCMOSイメージセンサの研究, 宍戸三四郎, 小黒康裕, 野田俊彦, 笹川清隆, 徳田崇, 塩坂貞夫, 加藤天美, 太田淳, 映像情報メディア学会年次大会講演予稿集(CD-ROM), 2009, ROMBUNNO.11-6,   2009年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902259722212288
  • 私の手術論 機能外科機器開発にかける情熱, 加藤 天美, 渡辺 英寿, 脳神経外科速報, 19, 8, 860, 869,   2009年08月
  • 最新のエビデンス 外科系 16)皮質電気刺激による脳梗塞後の上肢機能改善―完全埋め込み型刺激装置を用いた小規模第II相パイロット試験―, 加藤天美, 分子脳血管病, 8, 3, 339, 343,   2009年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902201546947006
  • てんかん外科 てんかん性異常波伝播の脳磁図解析, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 貴島晴彦, 下野九理子, 沖永剛志, 中野直樹, LIN Suwen, 吉峰俊樹, 臨床脳波, 51, 7, 410, 417,   2009年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902264448709360
    概要:部分てんかんに対する外科治療の基本概念は、発作が起始する領域(てんかん焦点)を特定しそれが安全に切除できるかどうかを決定することである。さらに、てんかん性異常活動の伝播を防ぐ遮断手術があり、それぞれ単独あるいは組み合わせて用いられる。このため種々の術前検査が行われるが、従来の方法では、てんかん焦点や伝播経路の同定が困難な場合も多い。近年、脳の電気活動を直接的に高い空間分解能ならびに時間分解能で捉えることができる脳磁図(MEG)が普及しつつあり、てんかん性異常神経活動の解析にも応用されている。通常、発作間欠期棘波を等価電流双極子法を用いて解析し、それらの電流源より脳波異常域(irritative zone)の解剖学的同定に用いられている。また移動双極子(Moving dipole)法や、MEG信号解析に各種空間フィルタリングを応用してんかん性異常波の伝播解析法が開発され、てんかん外科において治療成績の向上に寄与している。(著者抄録)
  • てんかん性異常波伝播の脳磁図解析 (てんかん外科), 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 臨床脳波, 51, 7, 410, 417,   2009年07月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016734584
  • 最新のエビデンス Late Breaking & On Going Clinical Trials 外科系 皮質電気刺激による脳梗塞後の上肢機能改善 完全埋め込み型刺激装置を用いた小規模第II相パイロット試験, 加藤 天美, 分子脳血管病, 8, 3, 339, 343,   2009年07月
    概要:脳梗塞後の上肢機能障害が、完全埋め込み型インプラントによる運動皮質刺激療法により改善が得られるかどうかを小規模第II相試験で検討した。片麻痺を遺残する脳梗塞慢性期患者24名をランダム化し、リハビリテーション単独群と運動皮質刺激療法併用群に分け、上肢機能改善効果を比較した。その結果、6ヵ月の治療期間において、Fugl-Meyer上肢運動機能評価スコアとBox and Block Testで有意なスコア改善が認められた。また、重大な有害事象はなかった。本療法は安全で持続する治療効果が期待できるとの結果が得られたが、その後の多施設第III相臨床試験では有効性を証明できなかった模様である。(著者抄録)
  • 脳神経外科―最新ギアの最前線―「画像治療」―新しい低侵襲・局所選択的な脳神経外科治療, 加藤天美, Med Torch, 5, 1, 22, 23,   2009年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902205957824920
    概要:外科手術において、侵襲的な手術操作を排し、限られた体積に物理エネルギーを投入して局所治療を行うという、新しい低侵襲手術分野が拓かれる可能性がある。ガンマナイフなどの集束放射線治療はその典型例ともいえるが、ここで紹介する技術では画像を利用した計画そのものが治療の実態を反映しており、「画像治療(イメージング・セラピー)」と呼ぶこともできる。(著者抄録)
  • フェニトイン注射薬の使用実態調査―日本てんかん学会評議員・会員を対象としたアンケート調査―, 大澤真木子, 井上有史, 亀山茂樹, 加藤天美, 松浦雅人, 永井利三郎, 大塚頌子, 渡辺雅子, てんかん研究, 27, 1, 51, 58,   2009年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902233627512585
    概要:日本てんかん学会薬事委員会では、今後の治療方針作成及び現在開発中のホスフェニトイン注の推奨用法・用量の参考とするため、フェニトイン注の臨床的位置づけ及び投与量など用法・用量に関して使用実態調査を行い、88名からの回答について解析した。その結果、回答した医師の専門領域は小児神経科30名・精神科17名・脳神経外科17名・神経内科13名・小児科11名で、小児科領域の医師が47%を占めていた。てんかん重積状態治療において小児科領域の医師は第1選択薬としてジアゼパム、第2選択薬としてミダゾラム、第3選択薬としてフェニトインを選択し、その他の領域の医師は第1選択薬としてジアゼパム、第2選択薬としてフェニトイン、第3選択薬としてミダゾラム・フェノバルビタール・プロポフォールを選択した。てんかん重積状態治療におけるフェニトインの初回投与量は、小児・成人共に5〜14mg/kgと回答した医師が最も多かったが、小児投与量は成人に比較して高い結果であり、いずれの場合でも添付文書の用法・用量の範囲で投与していた医師は半数以下であった。一方、脳神経外科手術・頭部外傷時での早期てんかん発作予防には、フェニトインが第1選択薬として使用され、投与量は小児・成人とも2.5〜9mg/kgと回答した医師が最も多く、概ね添付文書の用法・用量の範囲であった。また、現在開発中のホスフェニトインが国内で使用可能となった場合のてんかん重積状態治療における選択順位は、第2選択薬とする医師が46名(52%)と最も多く、次いで第3選択薬が21名、第1選択薬が13名の順であった。
  • パーキンソン病における全身麻酔下一期的視床下核刺激電極留置術の周術期の管理, 中野 直樹, 中西 欣弥, 森田 淑文, 加藤 天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 48, 1, 52, 53,   2009年06月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029744803
  • パーキンソン病における全身麻酔下一期的視床下核刺激電極留置術の周術期の管理, 中野直樹, 中西欣弥, 森田淑文, 加藤天美, 機能的脳神経外科, 48, 1, 52, 53,   2009年06月05日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902205921696453
  • ヒト海馬の細胞構築と多電極システムによる神経ネットワークの解析, 八木一乃, 原嘉信, 塩坂貞夫, 露口尚弘, 中野直樹, 加藤天美, 解剖学雑誌, 84, 2, 62, 62,   2009年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902285545685007
  • 【脳神経外科 最新ギアの最前線】 脳神経外科手術を変えるデジタル技術の展開, 加藤 天美, 鎌田 恭輔, 宝金 清博, 森田 明夫, Medical Torch, 5, 1, 8, 19,   2009年06月
  • てんかん外科手術を施行したWest症候群6例における予後の検討, 森田 祥子, 下野 九理子, 北井 征宏, 新谷 研, 富永 康仁, 沖永 剛志, 貴島 晴彦, 加藤 天美, 谷池 雅子, 永井 利三郎, 大薗 恵一, 脳と発達, 41, Suppl., S319, S319,   2009年05月
  • 胃癌原発の髄膜癌腫症における治療検討, 奥田武司, 片岡和夫, 加藤天美, 癌と化学療法, 36, 4, 599, 603,   2009年04月15日, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902222528918322
    概要:髄膜癌腫症は治療困難な病態であり、極めて予後不良である。その治療適応、手段に関しては各施設の判断に委ねられているのが現状である。今回、当院で経験した胃癌原発の髄膜癌腫症6例の治療検討を行った。平均年齢は61.7歳、全例男性であった。治療内容は3例に髄腔内化学療法を中心とした積極的治療、他3例には保存的治療を行った。髄腔内化学療法はオンマヤ貯留槽を留置、methotrexate+cytosine arabinosideを投与した。積極的治療群では1例が髄腔内化学療法のみ、2例に髄腔内化学療法+全脳照射を行った。全例の平均生存期間は122.3(中央値35.0)日であり、各治療群では積極的治療群39〜367日、保存的治療群は10〜31日であった。積極的治療群では、全例に一過性も含めて症状改善を得ることができたが、保存的治療群では全例とも症状改善も得ることができなかった。胃癌原発の髄膜癌腫症に対する髄腔内化学療法を中心とした積極的治療は、臨床症状、生存期間の改善に有効であると考えられた。(著者抄録)
  • 責任血管が三叉神経を貫通する特発性三叉神経痛の微小血管減圧術, 渡邉啓, 中西欣弥, 中野直樹, 岩倉倫裕, 加藤天美, Neurol Surg, 37, 3, 255, 259,   2009年03月10日, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268736075193
    概要:71歳女。主訴は右顔面電激痛であった。MRIでは右三叉神経根進入部に右上小脳動脈(SCA)が接触する所見を認め、特発性三叉神経痛と診断したが、カルバマゼピンは無効であったため微小血管減圧術の適応となった。術中、SCAの分枝動脈が三叉神経を貫いてこれを二分し、その部位において三叉神経VIを圧迫しているのを認めたため、SCA分枝動脈の神経貫通部で神経上膜を切開しつつ三叉神経内の間隙を広げる操作を行い、神経と動脈の接触を解除した。術直後より右顔面痛は消失し、半年間の経過観察中再発や合併症は認めない。
  • くも膜下出血が原因による脊髄癒着性くも膜炎および脊髄空洞症の検討, 中西欣弥, 中野直樹, 布川知史, 木本敦史, 山田公人, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 加藤天美, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 24th, 160,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902209860482060
  • 四肢痙性麻痺に対する髄腔内バクロフェン療法, 中野直樹, 中西欣弥, 湯上春樹, 加藤天美, 内山卓也, 森田淑文, 日本脊髄外科学会プログラム・抄録集, 24th, 265,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902298474970184
  • パーキンソン病の脳深部刺激療法の最適刺激条件の決定法, 中野直樹, 内山卓也, 中西欣弥, 林淑文, 柴田智広, 岡田理恵子, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.1D-O005-03,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002200755044255
  • 側頭葉てんかんにおけるイオマゼニルSPECTの統計画像解析の有用性, 細見晃一, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 後藤哲, 圓尾知之, 柳澤琢史, MOHAMED Ali, 加藤天美, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.1S-DP039-03,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002201803666219
  • 当施設における破裂椎骨動脈解離に対する脳血管内治療の治療成績, 布川知史, 植嶋利文, 坂田育弘, 中川修宏, 真田寧晧, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 加藤天美, 寺本佳史, 木本敦史, 辻潔, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.2N-DP061-03,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002235312772728
  • 髄膜癌腫症(髄腔内播種)の集学的治療, 奥田武司, 湯上春樹, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 27th, 271,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002244665724696
  • くも膜下出血を原因とする脊髄空洞症の検討, 中西欣弥, 内山卓也, 中野直樹, 布川知史, 木本敦史, 山田公人, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.2O-DP066-09,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002246746673347
  • 成人痙縮に対する外科的治療戦略, 内山卓也, 中野直樹, 中西欣弥, 住井利寿, 湯上春樹, 林淑文, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.1D-O006-06,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002256691547067
  • 嗅窩部髄膜腫の摘出術と予後, 湯上春樹, 住井利寿, 奥田武司, 中村英剛, 内山卓也, 渡邊啓, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.2P-DP070-09,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002260125961805
  • 包括的癌治療における転移性脳腫瘍の治療成績, 奥田武司, 片岡和夫, 湯上春樹, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.1K-DP004-01,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002277840518714
  • 塩基性繊維芽細胞増殖因子を用いた頭蓋底再建, 加藤天美, 橋本直哉, 谷口理章, 藤本康倫, 吉峰俊樹, 湯上春樹, 眞田寧皓, 住井利寿, 奥田武司, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.2B-S12-05,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002280332518084
  • 頸部内頸動脈near occlusionに対する頸動脈ステント留置術, 寺本佳史, 布川知史, 中川修宏, 眞田寧皓, 木本敦史, 辻潔, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 出原誠, 山田公人, 高垣匡寿, 森内秀裕, 伊藤守, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.3O-DP111-01,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002280451164398
  • 頸動脈ステント留置術におけるdistal balloonならびにfilter protection法の治療成績の比較, 中川修宏, 布川知史, 真田寧皓, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 辻潔, 寺本佳史, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.3G-O083-04,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002289406654004
  • 神経内視鏡手術におけるNarrow Band Imaging(NBI)の有用性について, 住井利寿, 内山卓也, 湯上春樹, 寺本佳史, 森田淑文, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.3O-DP108-01,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002291444861468
  • 長期間頭蓋内環境内に同時に晒された2社の動脈瘤クリップの金属特性, 真田寧皓, 藪内伴成, 中川修宏, 布川知史, 岩倉倫裕, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 68th, ROMBUNNO.3M-DP100-03,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002295393557667
  • 脳腫瘍とてんかん, 加藤天美, 日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集, 27th, 36, 37,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002297470215890
  • Cutting Edge 脳神経外科手術を変えるデジタル技術の展開 (特集 脳神経外科--最新ギアの最前線), 加藤天美, 鎌田恭輔, 宝金清博, Medical torch, 5, 1, 8, 19,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016760524
  • 対側病変を有する左半球広範性皮質形成異常に伴った難治性West症候群のてんかん外科治療, 青天目信, 下野九理子, 沖永剛志, 今井克美, 神尾範子, 最上友紀子, 新谷研, 貴島晴彦, 加藤天美, 永井利三郎, 大薗恵一, 大阪てんかん研究会雑誌, 19, 1, 45, 55,   2008年12月11日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902290247418687
    概要:てんかん性スパスムは、多くがWest症候群に見られるてんかん発作で、一般に治療に難渋する。幼児期以降まで遷延する場合には、薬物療法に対してさらに難治となることが多い。従来、てんかん性スパスムは全般発作と考えられてきたが、皮質病変を切除することで、発作の消失や発達の改善を得られることが、近年報告されるようになってきた。しかし、そのほとんどは片側性の病変の場合に限られていた。今回、左半球が主体だが、対側にも病変を伴う広範な皮質形成異常による難治性のてんかん性スパスム1例に対して、一側広範脳葉離断術を施行した。その結果、発作・発達は改善した。対側にも病変を有する広範性皮質形成異常に合併したてんかん性スパスムの場合でも、てんかん原性病変を慎重に同定し、てんかん外科手術を施行することにより、発作予後・発達予後がともに改善する可能性があり、治療法の選択肢の一つとして考慮する必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 悪性リンパ腫におけるfluorescein術中蛍光診断の有用性, 奥田武司, 片岡和夫, 加藤天美, Neurol Surg, 36, 11, 1001, 1004,   2008年11月10日, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902220836252855
    概要:生検術においてfluorescein Na(FNa)を使用する方法を紹介し、代表例を提示した。症例1(60歳男)は造影CTで多発性腫瘤を認め、左視床病変に対して定位的生検術を施行した。硬膜切開後、脳表穿刺部の切開・凝固を行ってからFNa(20mg/kg)を静脈投与し、10分経過後より穿刺針を挿入して生検を行い、黄染した組織が採取された。症例2(74歳女)は造影MRIで多発性腫瘤を認め、右側頭葉病変に対して開頭腫瘍生検術を施行した。症例1と同様にFNaを投与し、腫瘍は高度に黄染して、確実かつ最小限の侵襲で採取可能であった。症例3(59歳男)は造影CTで単発性腫瘤を認め、症例1と同様のFNa投与後にニューロポート、2.7mm硬性鏡をエコーガイド下に挿入し、黄色に蛍光発色している腫瘍を確認した。生検鉗子で組織採取し、採取部位よりFNaの漏出を認め、数分後には発色は失われた。3例とも採取組織の術中迅速病理検査で悪性リンパ腫と診断された。
  • 脳静脈洞血栓症に対する急性期局所血栓溶解術, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 岩倉倫裕, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 2, 4, 271, 271,   2008年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902226758203000
  • 頸部頸動脈ステント留置術後亜急性期にステント内血栓症を来した一例, 辻潔, 中川修宏, 布川知史, 寺本佳史, 木本敦史, 山田公人, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 2, 4, 249, 249,   2008年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902232754536853
  • 自己拡張型ステントが滑落した鎖骨下動脈狭窄の一例, 寺本佳史, 布川知史, 中川修宏, 辻潔, 林淑文, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 2, 4, 269, 269,   2008年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902274527005668
  • 後拡張を行わないステント留置術による狭窄率改善効果の検討, 中川修宏, 布川知史, 寺本佳史, 木本敦史, 辻潔, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 2, 4, 244, 244,   2008年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902275714490371
  • 脳主幹動脈閉塞性疾患における運動時の皮質律動変化, 押野 悟, 加藤 天美, 平田 雅之, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一, 藤中 俊之, 吉峰 俊樹, 脳循環代謝, 20, 1, 147, 147,   2008年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200865419024
  • 転移性脳腫瘍連続54手術症例の検討, 山田 公人, 奥田 武司, 薮内 伴成, 湯上 春樹, 住井 利寿, 寺本 佳史, 片岡 和夫, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 1J, 03,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208851593731
  • 包括的癌治療による転移性脳腫瘍の治療戦略, 奥田 武司, 片岡 和夫, 湯上 春樹, 住井 利寿, 山田 公人, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 1J, 04,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262346319719
  • 皮質脳波を用いたBrain-machine interface(BMI)による運動機能再建, 柳澤 琢史, 平田 雅之, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 後藤 哲, 福間 良平, 細見 晃一, 加藤 天美, 横井 浩史, 神谷 之康, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 2J, 01,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268049075035
  • 視床下核刺激における単極刺激の効果の多様性について, 中野 直樹, 中西 欣弥, 林 淑文, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 2J, 02,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260911462455
  • 術中エコー法による脊髄除圧効果の評価, 中西 欣弥, 寺本 佳史, 中野 直樹, 山田 公人, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 2J, 04,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265249049897
  • グリオーマの長期生存例の検討, 湯上 春樹, 住井 利寿, 奥田 武司, 山田 公人, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 2J, 10,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280554909633
  • ハイドロファイバー被覆剤を用いた吻合部血流の定量的評価の有用性, 寺本 佳史, 布川 知史, 中川 修宏, 辻 潔, 薮内 伴成, 岩倉 倫裕, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 3J, 01,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902271007267105
  • 頸部内頸動脈near occlusionに対するステント留置術, 中川 修宏, 布川 知史, 木本 敦史, 寺本 佳史, 辻 潔, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 3J, 02,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902271626483831
  • 成人脳障害例に生じる痙縮に対する外科的治療, 内山 卓也, 渡邉 啓, 木本 敦史, 中村 英剛, 山田 恭史, 片岡 和夫, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 1C, O06,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294802817792
  • 側頭葉てんかん手術の就業状況に及ぼす影響, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 押野 悟, 齋藤 洋一, 細見 晃一, 後藤 哲, 柳澤 琢史, 沖永 剛志, 下野 九理子, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 3B, O21,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257950183198
  • RI検査からみた脳脊髄液減少症に対するEpidural blood patchの影響, 眞島 静, 赤井 文治, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 3C, O24,   2008年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232955349601
  • Brain-machine interface(BMI)の脳神経外科への応用 皮質脳波を用いたBrain machine interfaceによるリアルタイムロボット制御 現状と今後の展望, 平田 雅之, 柳澤 琢史, 後藤 哲, 齋藤 洋一, 福間 良平, 貴島 晴彦, 押野 悟, 細見 晃一, 加藤 天美, 横井 浩史, 鈴木 隆文, 佐倉 統, 神谷 之康, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 1E, S04,   2008年10月
  • Brain-machine interface(BMI)の脳神経外科への応用 BMI臨床応用における本邦の脳神経外科医の役割, 加藤 天美, 原 嘉信, 露口 尚弘, 中野 直樹, 平田 雅之, 塩坂 貞夫, 太田 淳, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 67回, 1E, S04,   2008年10月
  • O2-55 West症候群におけるFDG-PETの有用性(画像3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会), 下野九理子, 森田祥子, 北井征宏, 富永康仁, 新谷研, 沖永剛志, 今井克美, 貴島晴彦, 加藤天美, 永井利三郎, 大薗惠一, てんかん研究, 26, 2,   2008年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007385031
  • O1-1 てんかん焦点診断におけるI-123 iomazenil SPECTとFDG-PETの比較(画像1,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会), 細見晃一, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 平田雅之, 押野悟, 後藤哲, 柳澤琢史, AliMohamed, 下野九理子, 沖永剛志, 下瀬川恵久, 畑澤順, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2,   2008年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007384931
  • O2-20 前方脳梁離断術前後での発作間欠期脳磁図の変化(経過・予後1,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会), 押野悟, 貴島晴彦, 平田雅之, 細見晃一, 後藤哲, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 沖永剛志, 下野九理子, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2,   2008年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007384996
  • O2-25 テレビ会議システムを用いたてんかん外科診療ネットワークの構築(経過・予後3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会), 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 沖永剛志, 下野九理子, 林淑文, 平田雅之, 押野悟, 柳田英彦, 二宮宏智, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2,   2008年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007385001
  • O2-28 側頭葉てんかん手術の社会生活状況に及ぼす影響(経過・予後3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会), 貴島晴彦, 押野悟, 齋藤洋一, 平田雅之, 細見晃一, 後藤哲, 柳澤琢史, 沖永剛志, 下野九理子, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2,   2008年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007385004
  • O2-57 てんかん外科のための脳波律動変化を用いた脳機能マッピング(脳波・脳磁図3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会), 平田雅之, 後藤哲, 柳澤琢史, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 押野悟, 細見晃一, 加藤天美, 依藤史郎, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2,   2008年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007385033
  • P1-42 抗てんかん剤によってPisa症候群を呈した1例(副作用,一般演題(ポスター),第42回日本てんかん学会), 中野直樹, 林淑文, 中西欣弥, 朝井俊治, 加藤天美, てんかん研究, 26, 2,   2008年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007385093
  • P2-11 対側に二次性焦点を形成した下側頭回神経節細胞腫による難治性てんかんの一例(症例報告3,一般演題(ポスター),第42回日本てんかん学会), 林淑文, 中野直樹, 中西欣弥, 貴島晴彦, 沖永剛志, 下野九理子, 加藤天美, てんかん研究, 26, 2,   2008年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007385104
  • テレビ会議システムを用いたてんかん外科診療ネットワークの構築, 加藤天美, 中野直樹, 貴島晴彦, 沖永剛志, 下野九理子, 林淑文, 平田雅之, 押野悟, 柳田英彦, 二宮宏智, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2, 307, 307,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902273148445174
  • 側頭葉てんかん手術の社会生活状況に及ぼす影響, 貴島晴彦, 押野悟, 齋藤洋一, 平田雅之, 細見晃一, 後藤哲, 柳澤琢史, 沖永剛志, 下野九理子, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2, 308, 308,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902288562460425
  • 抗てんかん剤によってPisa症候群を呈した1例, 中野直樹, 林淑文, 中西欣弥, 朝井俊治, 加藤天美, てんかん研究, 26, 2, 355, 355,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902271011580381
  • West症候群におけるFDG‐PETの有用性, 下野九理子, 森田祥子, 北井征宏, 富永康仁, 新谷研, 沖永剛志, 今井克美, 貴島晴彦, 加藤天美, 永井利三郎, 大薗惠一, てんかん研究, 26, 2, 322, 322,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260406873564
  • 対側に二次性焦点を形成した下側頭回神経節細胞腫による難治性てんかんの一例, 林淑文, 中野直樹, 中西欣弥, 貴島晴彦, 沖永剛志, 下野九理子, 加藤天美, てんかん研究, 26, 2, 364, 364,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225574779514
  • てんかん焦点診断におけるI‐123 iomazenil SPECTとFDG‐PETの比較, 細見晃一, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 平田雅之, 押野悟, 後藤哲, 柳澤琢史, ALI Mohamed, 下野九理子, 沖永剛志, 下瀬川恵久, 畑澤順, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2, 269, 269,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223837285306
  • 前方脳梁離断術前後での発作間欠期脳磁図の変化, 押野悟, 貴島晴彦, 平田雅之, 細見晃一, 後藤哲, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 沖永剛志, 下野九理子, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2, 304, 304,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218587936507
  • てんかん外科のための脳波律動変化を用いた脳機能マッピング, 平田雅之, 後藤哲, 柳澤琢史, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 押野悟, 細見晃一, 加藤天美, 依藤史郎, 吉峰俊樹, てんかん研究, 26, 2, 323, 323,   2008年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207299945036
  • 中心溝内皮質脳波を用いたBrain machine interfaceによる運動機能再建, 柳澤琢史, 平田雅之, 齋藤洋一, 福間良平, 後藤哲, 加藤天美, 横井浩史, 神谷之康, 吉峰俊樹, 日本神経回路学会全国大会講演論文集, 18th, 14, 15,   2008年09月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299717667554
  • 視床下核刺激パラメーター変更の効果発現から考察した進行性パーキンソン病における刺激のメカニズム, 中野直樹, 渡邉啓, 中西欣弥, 加藤天美, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 47, 1, 14, 15,   2008年06月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024369468
  • 痙縮に対するITB療法による治療, 内山卓也, 住井利寿, 湯上春樹, 中村英剛, 山田恭史, 加藤天美, 機能的脳神経外科, 47, 1, 66, 67,   2008年06月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276866513110
  • Deep brain stimulation, Naoki Nakano, Amami Kato, Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers, 62, 846, 848,   2008年06月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=48849101481&origin=inward
  • 脳深部刺激療法(<小特集>バイオニックヒューマン〜生体機械融合インタフェース〜), 中野直樹, 加藤天美, 映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア, 62, 6, 846, 848,   2008年06月01日, 10.3169/itej.62.846, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006855232
  • 複雑な手指運動に伴う局所脳律動変化の脳磁図解析, 崎原ことえ, 平田雅之, 柳星伊, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床神経生理学, 36, 3, 168, 169,   2008年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218583913847
  • 脳深部刺激療法の効果発現機序 視床下核刺激パラメーター変更の効果発現から考察した進行性パーキンソン病における刺激のメカニズム, 中野 直樹, 渡邉 啓, 中西 欣弥, 加藤 天美, 機能的脳神経外科, 47, 1, 14, 15,   2008年06月
  • 脳表脳波を用いたブレイン・コンピュータ・インターフェース, 平田雅之, 柳澤琢史, 後藤哲, 福間良平, 齋藤洋一, 加藤天美, 神谷之康, 吉峰俊樹, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM), 52nd, 59, 60,   2008年05月16日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261351365927
  • 第4脳室内に発生した成熟奇形腫の一例, 中川 修宏, 渡邉 啓, 北野 昌彦, 加藤 天美, Brain Tumor Pathology, 25, Suppl., 141, 141,   2008年05月
  • ブレイン・マシン・インターフェイス ブレイン・マシン・インターフェイスの臨床応用:皮質脳波を用いた運動機能再建, 平田雅之, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 後藤哲, 加藤天美, 横井浩史, 神谷之康, 吉峰俊樹, 脳21, 11, 2, 187, 192,   2008年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285897719165
    概要:皮質脳波はてんかん焦点源同定をはじめとして臨床医学では従来から活用されており、頭皮脳波に比較してSN比・時空間分解能が格段に高いという特徴がある。我々は、この皮質脳波を用いてブレイン・マシン・インターフェイスによる運動機能再建を目指している。本法では皮質脳波から得られる運動内容の空間的・時間的特徴をもとに、Support vector machineという機械学習の手法を用いて運動内容を推定する。また一次運動野の大部分があるとされる中心溝内から皮質脳波を計測することで、高い運動内容推定精度を達成している。これらにより現在リアルタイムにロボットアームをコントロールすることが可能となることが見込まれる。(著者抄録)
  • ハイドロファイバーゲルを用いたPulse Doppler法の術中診断への導入―血管吻合の定量的評価, 寺本佳史, 布川知史, 中川修宏, 木本敦史, 辻潔, 藪内伴成, 岩倉倫裕, 加藤天美, Neurosonology, 21, Supplement, 72,   2008年04月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285780720502
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法, 脊髄刺激療法の作用機序, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 平山東, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 細見晃一, 加藤天美, 吉峰俊樹, CI研究 : progress in computed imaging, 29, 3, 153, 158,   2008年03月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10021281858
    概要:脊髄刺激療法(SCS)ならびに一次運動野刺激療法(MCS)の作用機構を解析するために、神経遮断性疼痛に対してそれぞれの治療を施行している患者での刺激前後の局所脳血流量(rCBF)変化をpositron emission tomography(PET)を用いて測定した。SCS群の患者では9例全例で疼痛緩和を認めた。MCS群では6例のうち5例で、左上肢の慢性疼痛の緩和を認めた。PET検査では、SCS後には、右視床、左下頭頂小葉(BA7)、右上頭頂小葉(BA7)、右前頭葉眼窩面(BA11)、左前帯状回(BA24)、左前頭前野(BA10)での血流の有意な増加を認めた。MCS後には、左島、左視床後部、右前頭葉眼窩面(BA11)での有意な血流の増加を認めた。また、late phaseでは、左前帯状回尾側部(BA24)に血流が増加した。一方、血流の低下は、early phaseで刺激部位である右中心前回(BA4)ならびに右前頭前野(BA9)で認めた。
  • 破裂脳動脈瘤頸部クリッピングの術中破裂が手術予後に及ぼす影響, 寺本佳史, 片岡和夫, 布川知史, 中川修宏, 木本敦史, 種子田護, 加藤天美, 脳卒中, 30, 2, 286, 286,   2008年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256669691200
  • 21世紀の脳科学をみすえて 再生・再建 ヒト脳の可塑性と再生・再建, 吉峰俊樹, 岩月幸一, 平田雅之, 貴島晴彦, 加藤天美, 種子田護, 脳21, 11, 1, 130-142,12-14, 142,   2008年01月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216583747839
    概要:ヒトの脳や神経細胞は再生しないといわれているが症状は一定範囲の回復を示す。この回復には脳の可塑性が関与していると考えられ、神経系の再生・再建にも重要な役割を有している。中枢神経系でもすでにパーキンソン病や脊髄損傷に対する神経移植が試みられ、またヒト脳から得られた信号を解読することにより外部装置を操作することもできるようになってきた。これらが有効に機能するためにも脳の可塑性が必要である。このような技術は今後急速に拡大し、個人と人類の幸福に大きく寄与するものと考えられる。が、一方では予期せぬ方向への利用も考えられ、あらかじめ議論を要する面も残されている。(著者抄録)
  • 破裂脳動脈瘤頸部クリッピングの術中破裂が手術予後に及ぼす影響, 寺本 佳史, 片岡 和夫, 布川 知史, 中川 修宏, 木本 敦史, 種子田 護, 加藤 天美, 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 13回, 65, 65,   2008年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274447916490
  • 破裂椎骨動脈解離の血管内手術治療方針, 木本 敦史, 寺本 佳史, 布川 知史, 中川 修宏, 薮内 伴成, 加藤 天美, 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集, 13回, 69, 69,   2008年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255132159963
  • 6. 脳深部刺激療法, 中野直樹, 加藤天美, 映像情報メディア学会誌, 62, 6, 846, 848,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130000251246
  • 皮質脳波を用いたBrain machine interfaceによるリアルタイムロボット制御:現状と今後の展望, 平田雅之, 柳澤琢史, 後藤哲, 齋藤洋一, 福間良平, 貴島晴彦, 押野悟, 細見晃一, 加藤天美, 横井浩史, 鈴木隆文, 佐倉統, 神谷之康, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.1E-S04-04,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245879087036
  • 嚢胞性の転移性脳腫瘍に対するhydrofiber dressing(Aquacel)を用いた手術工夫, 奥田武司, 寺本佳史, 湯上春樹, 住井利寿, 片岡和夫, 加藤天美, 日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集, 13th, 158,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240287794498
  • BMI臨床応用における本邦の脳神経外科医の役割, 加藤天美, 原嘉信, 露口尚弘, 中野直樹, 平田雅之, 塩坂貞夫, 太田淳, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 67th, ROMBUNNO.1E-S04-07,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902209406534250
  • 不全片麻痺を呈して発症した特発性脊椎硬膜外血腫の3症例, 藪内伴成, 中西欣弥, 中野直樹, 寺本佳史, 奥田武司, 渡邉啓, 加藤天美, 種子田護, 大阪市医学会雑誌, 56, 3-4, 118, 118,   2007年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294891314340
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法,脊髄刺激療法による脳内活動変化, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 平山東, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 細見晃一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 2, 149, 153,   2007年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902287659248432
    概要:一次運動野刺激療法(MCS)ならびに脊髄硬膜外刺激療法(SCS)の作用機構を解析するために、神経遮断性疼痛に対してそれぞれの治療を施行している患者での刺激前後の局所脳血流量変化をpositron emission tomographyを用いて測定し、その変化を解析した。MCS施行症例は6例の慢性疼痛患者を対象とした。SCS施行症例は9例を対象とした。MCS群6例例5例で、左上肢の慢性疼痛の緩和を認め、残りの1例もVASの減少を認めないものの、心地よい感覚を感じ治療を継続した。SCS群の患者では9例全例で疼痛緩和を認めた。MCS後には、左島、左視床後部、右前頭葉底面での有意な血流の増加を認めた。SCS後には、右視床、左下頭頂小葉、右上頭頂小葉、右前頭葉底面、左前帯状回、左前頭前野での血流の有意な増加を認めた。
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用, 平田雅之, 柳澤琢史, 後藤哲, 澁谷大輔, 加藤天美, 齋藤洋一, 神谷之康, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 2, 129, 134,   2007年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259592001743
    概要:局所脳律動変化を皮質脳波(ECoG)または脳磁図を用いて計測し、脳表電気刺激の結果と比較し、脳機能マッピングおよび機能再建への応用可能性を検討した。硬膜下電極電気刺激または術中電気刺激によりマッピングを行った19例を対象とした。局所脳律動変化はα〜β帯域では脱同期、high γ帯域では同期として認め、その局在は機能解剖相関によく一致した。High γ帯域の同期はα〜β帯域の脱同期より限局した分布を示し、かつ脳表電気刺激の結果にほぼ一致していた。support vector machine(SVM)を用いることにより運動企図検知・運動内容弁別が正確にできた。
  • 脳卒中後疼痛に対する治療戦略―大脳運動野刺激療法と脊髄刺激療法の長期予後―, 齋藤洋一, 細見晃一, 貴島晴彦, 押野悟, 谷直樹, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 2, 119, 124,   2007年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238749095332
    概要:脳卒中後疼痛に対する一次運動野(M1)刺激療法(MCS)と脊髄刺激療法(SCS)の長期成績について検討した。脳卒中後疼痛に対して、MCS 20例、SCS 16例を施行した。また、ナビゲーションガイド経頭蓋磁気刺激療法(N-rTMS)13例を施行した。MCS 20例中、視床病変が12例、被殻出血が3例、皮質梗塞が1例、脳幹病変が4例であった。SCS 16例中、視床病変が7例、被殻出血が7例、皮質梗塞が1例、脳幹病変が1例であった。MCSでは術直後の有効性が12例で、フォロー中に3例が無効となった。N-rTMSの結果では6例でM1高頻度刺激が有意であった。N-rTMS有効例4例はMCSも有効で、無効2例はMCSも無効であった。SCSは9例で有効であった。
  • 脳卒中後疼痛に対する治療戦略 : 大脳運動野刺激療法と脊髄刺激療法の長期予後, 齋藤 洋一, 細見 晃一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 谷 直樹, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 46, 2, 119, 124,   2007年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024369254
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用, 平田 雅之, 柳澤 琢史, 後藤 哲, 澁谷 大輔, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 神谷 之康, 吉峰 俊樹, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 46, 2, 129, 134,   2007年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024369282
  • 私の手術戦略 コイル塞栓術後のクリッピング手術, 塩川 芳昭, 加藤 天美, 脳神経外科速報, 17, 12, 1374, 1385,   2007年12月
  • てんかん診療の新たなる展開 てんかんの外科治療, 加藤天美, Medico, 38, 11, 376-378,385-388, 378,385,   2007年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220902752317
  • 上眼静脈血栓症による眼症状増悪を合併した海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の治療, 布川知史, 中川修宏, 木本敦史, 寺本佳史, 加藤天美, 赤井立治, J Neuroendovascular Ther, 1, 2, 186, 186,   2007年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902265030922609
  • 脳動脈瘤塞栓術後に合併した可逆性白質病変の一例, 寺本佳史, 中島義和, 伊藤守, 出原誠, 辻潔, 藪内伴成, 布川知史, 中川修宏, 木本敦史, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 1, 2, 175, 175,   2007年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223213409493
  • 再発悪性グリオーマに対する硼素中性子捕捉療法:硼素頸動脈動注法の経験, 中川修宏, 赤井文治, 布川知史, 木本敦史, 寺本佳史, 小野公二, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 1, 2, 283, 283,   2007年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269863894868
  • くも膜下出血で発症した両側椎骨動脈解離に対してステント併用瘤内塞栓術を行った1例, 木本敦史, 寺本佳史, 布川知史, 中川修宏, 藪内伴成, 加藤天美, J Neuroendovascular Ther, 1, 2, 251, 251,   2007年11月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220440493949
  • 【てんかん診療の新たなる展開】 てんかん診療の新たなる展開, 八木 和一, 高橋 孝雄, 赤松 直樹, 加藤 天美, 岡田 元宏, MEDICO, 38, 11, 379,389, 380,389,   2007年11月
  • 痙縮治療の新展開―バクロフェン髄注療法―痙縮の病態と治療, 内山卓也, 中野直樹, 加藤天美, 脳21, 10, 4, 393, 400,   2007年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268919485242
    概要:痙縮の病態生理は、中枢神経の障害によりγ運動ニューロンの活動性の亢進、筋紡錘感受性の上昇、Ia群線維終末に対するシナプス前抑制の減少、Ia群線維の変性/発芽現象、さらにはα運動ニューロンへの興奮性の入力の増大および抑制性入力の減少やシナプス後膜の感受性の上昇(α運動ニューロン自身の興奮性の変化)などの関与が推測される。これらは疾患あるいは病巣によって質的および量的に関与の程度が異なり、治療方針の選択に影響する。従来、痙縮の治療は抗痙縮薬の投与、リハビリテーション、整形外科的治療が中心であったが、欧米を中心として神経外科的アプローチの有用性が報告され、重度の痙縮に対する治療が確立されつつある。本邦でもようやくバクロフェン髄腔内投与療法が保険適応となり、従来行ってきた選択的神経縮小術、選択的後根切断術、脊髄後根進入部遮断術などの神経外科的手術とともに痙縮に対する治療選択枝が格段に拡がった。(著者抄録)
  • 皮質脳波を用いたbrain mappingとneural decoding, 平田雅之, 柳澤琢史, 澁谷大輔, 齋藤洋一, 加藤天美, 神谷之康, 吉峰俊樹, 電子情報通信学会技術研究報告, 107, 263(NC2007 33-54), 105, 108,   2007年10月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263665313509
    概要:皮質脳波はてんかん焦点源同定をはじめとして臨床医学では従来から活用されており、SN比・時空間分解能が極めて高いという特徴がある。運動時の皮質脳波を計測して、脳律動変化から脳機能局在を評価した。脳律動変化に基づいた脳機能局在は、現在一般的に用いられている大脳皮質電気刺激法による脳機能局在とよく一致し、より侵襲性の低い検査法として有望であると考えられた。またこれらの研究過程で得られた知見を活用して、実時間型のbrain computer interfaceを用いた運動機能再建の実現をめざしている。
  • MEG,IMZ‐SPECTを用いたてんかん術前診断, 二宮宏智, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 今井克巳, 加藤天美, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 35, 5, 392, 393,   2007年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283636450344
  • 頸動脈ステント留置術中の近赤外線分光法を用いた血流評価, 渡邉啓, 中野直樹, 布川知史, 中川修宏, 木本敦史, 加藤天美, 種子田護, 臨床神経生理学, 35, 5, 401, 402,   2007年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275973104404
  • てんかん性異常波伝播の脳磁図解析, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 下野九理子, 貴島晴彦, 沖永剛志, 中野直樹, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 35, 5, 354, 355,   2007年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902254184876756
  • てんかん外科とニューロネットワーク てんかん性異常波伝播の脳磁図解析, 加藤 天美, 押野 悟, 平田 雅之, 下野 九理子, 貴島 晴彦, 沖永 剛志, 中野 直樹, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 35, 5, 354, 355,   2007年10月
  • 長期経過よりみた小児難治てんかんの外科治療, 加藤 天美, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 沖永 剛志, 数井 裕光, 中野 直樹, 渡邉 啓, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 1A, S05,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264895123055
  • 海綿静脈洞進展下垂体腺腫に対する拡大経蝶形骨洞手術の長期治療成績, 北野 昌彦, 種子田 護, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 1E, O04,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902254765880380
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用, 後藤 原, 平田 雅之, 柳沢 拓史, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 谷 直樹, 細見 晃一, 橋本 直哉, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 1K, P04,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248330818720
  • 転移性脳腫瘍に対するIntracavitary chemotherapyの有用性, 奥田 武司, 片岡 和夫, 眞島 静, 北野 昌彦, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 1K, P06,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208439863651
  • 痙縮に対する外科的治療の選択と治療成績, 内山 卓也, 住井 利寿, 湯上 春樹, 中村 英剛, 山田 恭史, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 2D, S11,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275020603608
  • 破裂脳動脈瘤手術における術中破裂の予後に対する影響, 寺本 佳史, 片岡 和夫, 布川 知史, 木本 敦史, 種子田 護, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 2K, P32,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226059408062
  • 椎骨動脈解離性動脈瘤破裂に対して行った血管内手術後に発症し、急激な脳幹症状を呈した水頭症の2例, 木本 敦史, 布川 知史, 中川 修宏, 薮内 伴成, 岩倉 倫裕, 眞島 静, 赤井 文治, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 2K, P33,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236614492347
  • 小脳出血に対する内視鏡下血腫除去術の有用性, 薮内 伴成, 奥田 武司, 赤井 文治, 内山 卓也, 住井 利寿, 眞島 静, 北野 昌彦, 種子田 護, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 2K, P35,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232539609408
  • 脳・コンピュータ連結による神経機能修正・代行技術の成績, 柳澤 琢史, 平田 雅之, 加藤 天美, 神谷 之康, 澁谷 大輔, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 2K, P38,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203168447540
  • 頸動脈ステント留置術中の近赤外線分光法を用いた血流モニタリング, 中野 直樹, 布川 知史, 中川 修宏, 木本 敦史, 渡邊 啓, 加藤 天美, 種子田 護, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 2K, P40,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224648932046
  • ラットグリオーマにおける硼素中性子捕捉療法(BNCT)の早期効果 活性型マクロファージの抑制, 中川 修宏, 赤井 文治, 布川 知史, 鈴木 実, 小野 公二, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 2K, P42,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288861081651
  • 血管内皮前駆細胞を指標とした血管内皮修復機能の検討(頸動脈内プラチナコイル留置動物モデルを用いて), 布川 知史, 赤井 文治, 中川 修宏, 木本 敦史, 寺本 佳史, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 3I, O52,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282950725408
  • 皮質形成異常による難治性てんかんに対する手術術式とその結果, 貴島 晴彦, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 平田 雅之, 押野 悟, 谷 直樹, 細見 晃一, 後藤 哲, 柳澤 琢史, 沖永 剛志, 下野 九理子, 富永 康仁, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 3G, O50,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229997516566
  • 開口合成脳磁図を用いた言語優位半球、言語機能局在の術前評価 侵襲的検査法との比較検証, 平田 雅之, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 橋本 直哉, 後藤 哲, 柳澤 琢史, 谷 直樹, 押野 悟, 細見 晃一, 依藤 史郎, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 3A, S21,   2007年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236607053133
  • パーキンソン病の開眼失行に対する視床下核刺激パラメーターの検討, 渡邉 啓, 中野 直樹, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 3K, P60,   2007年10月
  • 不全片麻痺の原因としての頸椎特発性脊髄硬膜外血腫, 中西 欣弥, 中野 直樹, 寺本 佳史, 奥田 武司, 渡邉 啓, 薮内 伴成, 加藤 天美, 種子田 護, 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集, 66回, 3K, P61,   2007年10月
  • 中心溝近傍の限局性皮質形成異常による難治性てんかんの外科治療, 貴島晴彦, 加藤天美, 齋藤洋一, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 細見晃一, 後藤哲, 柳澤琢史, 下野九里子, 沖永剛志, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3, 279, 279,   2007年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293684014950
  • 開口合成脳磁図を用いた言語優位半球,言語機能局在の術前評価, 平田雅之, 加藤天美, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 後藤哲, 谷直樹, 柳澤琢史, 細見晃一, 依藤史郎, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3, 301, 301,   2007年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902287480056140
  • 皮質形成異常に伴う難治性てんかんに対する手術, 加藤天美, 貴島晴彦, 下野九理子, 沖永剛志, 中野直樹, 平田雅之, 押野悟, 数井裕光, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3, 280, 280,   2007年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274804411873
  • てんかん焦点診断におけるI‐123iomazenil SPECT統計画像解析の有用性, 細見晃一, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 後藤哲, 柳澤琢史, 下野九里子, 沖永剛志, 下瀬川恵久, 畑澤順, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3, 308, 308,   2007年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902259477645530
  • 脳磁図によるてんかん性異常波の伝播様式推定, 押野悟, 貴島晴彦, 平田雅之, 谷直樹, 後藤哲, 細見晃一, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 沖永剛志, 下野九里子, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3, 302, 302,   2007年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255274978511
  • O1-54 中心溝近傍の限局性皮質形成異常による難治性てんかんの外科治療(外科治療5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会), 貴島晴彦, 加藤天美, 齋藤洋一, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 細見晃一, 後藤哲, 柳澤琢史, 下野九里子, 沖永剛志, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006481097
  • O1-55 皮質形成異常に伴う難治性てんかんに対する手術(外科治療5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会), 加藤天美, 貴島晴彦, 下野九理子, 沖永剛志, 中野直樹, 平田雅之, 押野悟, 数井裕光, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006481098
  • O2-30 開口合成脳磁図を用いた言語優位半球、言語機能局在の術前評価(脳波5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会), 平田雅之, 加藤天美, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 後藤哲, 谷直樹, 柳澤琢史, 細見晃一, 依藤史郎, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006481135
  • O2-31 脳磁図によるてんかん性異常波の伝播様式推定(脳波5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会), 押野悟, 貴島晴彦, 平田雅之, 谷直樹, 後藤哲, 細見晃一, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 沖永剛志, 下野九里子, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006481136
  • O2-43 てんかん焦点診断におけるI-123 iomazenil SPECT統計画像解析の有用性(画像2,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会), 細見晃一, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 後藤哲, 柳澤琢史, 下野九里子, 沖永剛志, 下瀬川恵久, 畑澤順, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 25, 3,   2007年09月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006481148
  • 脳神経外科領域における穿頭・開頭手術患者および神経内視鏡手術患者を対象としたACF‐95の多施設共同試験―第III相:検証的試験―, 塩原隆造, 影治照喜, 河瀬斌, 中川原譲二, 荒井啓史, 斉藤明彦, 村上秀樹, 三木保, 大平貴之, 堀智勝, 常喜達裕, 宮嶋雅一, 鈴木隆元, 佐野公俊, 宮本享, 加藤天美, 坂井信幸, 三好康之, 松角宏一郎, 名取良弘, 新薬と臨床, 56, 9, 1458, 1523,   2007年09月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248881024121
    概要:ACF-95(Na+、K+、Mg2+、Ca2+、Cr、HCO3-およびPの電解質ならびにブドウ糖を配合し、それらの組成、pHおよび浸透圧比等をヒト正常脳脊髄液に近似させた製剤)を用い、脳神経外科領域における穿頭・開頭手術患者および神経内視鏡手術患者を対象として、ACF-95を穿頭・開頭手術時の洗浄液または神経内視鏡手術時の灌流液として使用した際の有効性と安全性を検討した。有効性の総合判定では穿頭・開頭手術患者および神経内視鏡手術患者のいずれにおいても、「極めて良好」もしくは「良好」であった。安全性については穿頭・開頭手術患者で98例中2例2件および神経内視鏡手術患者で15例中2例2件に、因果関係が「関連あるかもしれない」と判定された有害事象が発現したが、いずれの事象も程度は軽度、転帰は回復であった。
  • 定位的ラジオ波焼灼術により、てんかん発作および情動障害が改善した視床下部過誤腫の1例, 田中順子, 加藤天美, 尾崎由和, 山崎麻美, てんかん研究, 25, 2, 81, 87,   2007年08月31日, 10.3805/jjes.25.81, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006390543
    概要:視床下部過誤腫に伴った難治性てんかんと行動異常が定位的ラジオ波焼灼術により軽快した9歳の女児例を経験した。3歳頃から笑い発作が出現し、4歳頃から急速な身長の伸びを認め、4歳10カ月時に尿失禁を伴う意識消失発作が出現した。頭部CTでは異常を指摘されず、抗てんかん薬療法が開始されたが難治に経過。5歳10カ月時に頭部MRIにて視床下部過誤腫と診断され、ガンマナイフ治療を行うとともに抗てんかん薬の調整を行う。発作は軽減したが完全抑制されず、8歳10カ月時に定位的ラジオ波焼灼術を施行したところ、発作が消失し、情緒障害も改善した。視床下部過誤腫に対する定位的ラジオ波焼灼術は、比較的安全で有効な治療であると思われた。今後さらなる症例の検討により、その適応や治療方針が確立されることが望まれる。
  • 脳神経外科領域における光線力学的診断,治療の進歩, 橋本直哉, 加藤天美, 泉本修一, 吉峰俊樹, レーザー研究, 35, 8, 514, 518,   2007年08月15日, 10.2184/lsj.35.514, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288767170950
  • 幻肢痛における大脳皮質再構築の経頭蓋磁気刺激, 脳磁図, 感覚誘発電位による検討, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 押野悟, 貴島晴彦, 平田雅之, 谷直樹, 住谷昌彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌, 22, 3, 143, 146,   2007年08月06日, 10.11154/pain.22.143, http://ci.nii.ac.jp/naid/10019738366
    概要:症例は57歳男性で、左下肢切断後の幻肢痛があった。反復的経頭蓋時期刺激(rTMS)と大脳皮質刺激(MCS)が鎮痛に有効であった。rTMSによる幻肢の投射野マッピング、脳磁気図(MEG)による体性感覚誘発磁場(SEF)、硬膜下電極による体性感覚誘発電位(SEP)を計測し、大脳皮質再構築を検討した結果、著明な再構築を認めた。幻肢痛患者において、健常下肢の体性感覚野が対側大脳半球だけでなく、同側大脳半球の中心傍小葉にまで拡大することが、SEFとSEPより示唆された。また、ナビゲーションガイドrTMSにより、幻肢の投射野が拡大していることが示された。このような幻肢の投射野と健常肢の体性感覚野が重複する領域をrTMS又はMCSにて刺激することで、有意な鎮痛効果が得られることが示唆された。
  • 脳波・筋電図の臨床 シークエンス運動に伴う局所的脳律動変化の脳磁図解析:習熟運動と非習熟運動の違い, 崎原ことえ, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床脳波, 49, 8, 497, 500,   2007年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902291711004595
    概要:SAM解析により、手指の連続運動に伴う局所的脳律動変化の特徴的な活動領域および周波数特性を調べた。さらに連続運動として、長期的な学習によってスムーズな運動が獲得された習熟運動とそれに比較してスムーズに行えない非習熟運動との2種類の課題を設定した。長期的な学習が局所脳律動変化の活動領域および周波数特性に及ぼす影響を検討した。その結果、手指の連続運動を行っているときに、前頭葉外側面(運動前野)ではlowγ帯域の脱同期反応、上前頭回内側面(補足運動野)ではα〜β帯域の脱同期反応、頭頂間溝周辺部ではβ〜lowγ帯域に脱同期反応が見られた。上記3領域における有意な脱同期反応は、前頭葉外側面(運動前野)では習熟運動で低下、上前頭回内側面で増加、頭頂間溝周辺部で低下した。(著者抄録)
  • 難治性てんかんの外科治療, 加藤天美, 週刊日本医事新報, 4344, 49, 52,   2007年07月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203916536135
  • 脊髄・脊髄神経根由来の難治性疼痛に対する脳神経外科的治療, 押野悟, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 平田雅之, 谷直樹, 加藤天美, 岩月幸一, 住谷昌彦, 真下節, 吉峰俊樹, Pain Res, 22, 2, 98, 98,   2007年07月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201851184896
  • 頸椎椎弓形成術における術中エコーを用いた脊髄除圧効果の評価, 中西 欣弥, 寺本 佳史, 中野 直樹, 加藤 天美, 種子田 護, Neurosonology, 20, 1, 13, 15,   2007年07月
    概要:頸椎症性脊髄症、及び頸椎後縦靱帯骨化症の5例に対する頸椎椎弓形成術中に超音波検査を用い、術中の脊髄形態、ならびに脊髄クモ膜下腔髄液動態・脊髄硬膜外静脈叢血流計測による脊髄除圧の評価を行った。全例、除圧後に脊髄腹側・背側部のクモ膜下腔が観察できた。また、除圧部の脊髄が腹背側方向へ拍動していた。脊髄髄液動態の評価を4例に行い、2例で1.5〜3cm/secの流速を計測した。硬膜外静脈叢の流速計測を3例に行い、全例で5〜10cm/secの流速を確認した。術後、全例で術前の神経症状は軽減した。脊髄術中エコー法は、リアルタイムに脊髄の除圧効果を評価できる方法として、また、術中の手術計画の決定に有用な方法と考えられた。
  • Alteration of motor related field in patients with occlusive vascular diseases, Satoru Oshino, Amami Kato, Masayuki Hirata, Masaaki Taniguchi, Naoki Tani, Haruhiko Kishima, Youichi Saitoh, Toshiyuki Fujinaka, Toshiki Yoshimine, International Congress Series, 1300, 353, 356,   2007年06月01日, 10.1016/j.ics.2007.01.054, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=34249984501&origin=inward
    概要:Cerebral occlusive vascular disease has been well investigated in aspect of a risk factor for stroke, however, whether it causes any alteration in brain function is poorly understood. To investigate this, we examined the motor related magnetic field in 20 patients with cerebral occlusive disease (12 with atherosclerotic (AS group) and 8 with non-atherosclerotic lesions (NAS group)) and 7 control subjects, and evaluated the spatial distribution and the intensity (t-value) of event related desynchronization in beta band during hand grasping and finger tapping tasks using synthetic aperture magnetometry. According to the laterality index (L.I.) calculated from peak t-values on both hemispheres, activation pattern was classified into 3 types, as contralateral-(L.I. > 0), bilateral-(0.1 < L.I. < 0), and ipsilateral activation-(L.I. < - 0.1). During the contra-lesional hand grasping tasks, 9 of 12 patients in AS group and 1 of 8 in NAS group showed ipsilateral activation. This abnormal activation pattern was not observed in the control group. The L.I during hand grasping in AS group was significantly lower than those of other 2 groups, whereas there was no significant difference in the L.I. during finger tapping tasks among 3 groups. Abnormal distribution of motor related magnetic field, ipsilateral activation, might indicate subclinical functional alteration induced by cerebral ischemia due to atherosclerosis. © 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Cerebral motor control in patients with brain tumors around the central sulcus studied with synthetic aperture magnetometry, Amami Kato, Satoru Oshino, Masayuki Hirata, Masaaki Taniguchi, Youichi Saitoh, Haruhiko Kishima, Naoki Tani, Toshiki Yoshimine, International Congress Series, 1300, 713, 716,   2007年06月01日, 10.1016/j.ics.2007.03.026, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=34250004094&origin=inward
    概要:Synthetic aperture magnetometry (SAM) was applied to investigate changes in the mechanism of cerebral motor control in patients with tumors around the central sulcus in relation to the clinical relevance. MEG records were made during a resting state and a repetitive hand grasping task in patients with brain tumors around the central sulcus and in four control subjects. Topographic appearance of abnormal focal slowing in the delta, theta, and alpha bands (N = 10) and event related desynchronizations (ERD) in the alpha, beta, and low gamma bands during the motor tasks (N = 6) were analyzed statistically with SAM in relation to clinical signs and symptoms. Distribution of enhanced focal delta activity coincident with the motor cortices responsible for weakness. Volumetric analysis revealed emergence of tumor-related focal delta activity was greater for intra-axial tumors involving subcortical fibers than for other extra-axial tumors. In addition, patients with increased volume of enhanced delta activity exhibited poor functional recovery in the early post-operative period. Beta ERD in patients during affected side hand movement was also localized exclusively to the ipsilateral hemisphere contrary to the normal pattern. The characteristic focal delta distribution and the altered patterns of ERD in the patient group suggest not only close relation of cortical function and existing pathology but recruitment of diverse motor areas which may be required for the effective movement of the affected side. © 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Temporal dynamics of wakefulness during simulated driving, Seong Yi Ryu, Masayuki Hirata, Masayuki Hirata, Kotoe Sakihara, Kenji Kimura, Kazutoshi Ebe, Masako Yoshioka, Amami Kato, Toshiki Yoshimine, Shiro Yorifuji, International Congress Series, 1300, 429, 432,   2007年06月01日, 10.1016/j.ics.2007.02.049, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=34250019721&origin=inward
    概要:The aim of this study is to reveal the oscillatory change and subjective arousal level during simulated driving using synthetic aperture magnetometry (SAM). Subjects were instructed to perform the driving simulation task using a steering wheel, accelerator and brake pedals. The subjective arousal level was estimated using a visual analog scale. The subjective arousal level was reduced and the activities of theta band (4-8 Hz) in frontal areas were increased as driving time advanced. It is well known that the theta wave increases during rest state. Our previous studies also demonstrated that pseudo-Z value in the theta band inversely correlates with subjective arousal level. The present study demonstrated that this relation holds true even during driving state. © 2007.
  • 脊髄由来の難治性疼痛に対する脳神経外科的治療, 押野悟, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 谷直樹, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 46, 1, 14, 15,   2007年05月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024369015
  • 痙性斜頸に対する反復的経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の試み, 谷直樹, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, 細見晃一, 後藤哲, 加藤天美, 吉峰俊樹, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 46, 1, 22, 23,   2007年05月10日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024369034
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用, 平田雅之, 加藤天美, 柳澤琢史, 後藤哲, 谷直樹, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 依藤史郎, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 1, 86, 87,   2007年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902287472554904
    概要:脳賦活に伴い局所的に脳律動状態が変化することが知られており、これまで脳磁図を用いた言語優位半球同定などに臨床応用されてきた。今回、より低侵襲な脳機能マッピング法を確立する目的で、この局所脳律動変化を硬膜下電極または脳磁図を用いて計測し、従来のマッピング法(脳表電気刺激)による計測値と比較した。対象は脳外科患者19例とした。局所脳律動性変化による脳機能マッピング結果は従来法によるマッピング結果と近似していた。局所脳律動変化は脳賦活を直接かつ即時に反映することから、種々の脳信号解読技術と組み合わせることにより脳機能再建にも応用できると考えられた。
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法,脊髄刺激療法による脳内活動変化, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 平山東, 加藤天美, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 畑澤順, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 1, 70, 71,   2007年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267672890053
    概要:求心路遮断性疼痛に対する一次運動野刺激療法(MCS)・脊髄刺激療法(SCS)の作用機序を解明するため、これらの治療を受けた15例(MCS 6例、SCS 9例)の局所脳血流量(rCBF)が治療前後でどのように変化したか調査した。結果、MCS後には感覚関連領域の[左視床後部][島]だけでなく、情動や感情に関わる[前帯状回尾側部][前頭葉底面][前頭前野]においてもrCBFの変化が認められた。SCS後にも感覚関連領域だけでなく情動や感情に関わる領域でrCBFの変化が認められた。これらの結果から、MCSは島-視床を介した経路で疼痛閾値を抑制することにより疼痛緩和効果を発揮しているものと考えられた。SCSも頭頂葉の二次感覚野や視床を介して疼痛域値をコントロールすることにより疼痛緩和をもたらしていると推測された。
  • 上肢痙縮に対するselective musculocutaneous neurotomyの有用性, 細見晃一, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 齋藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 1, 48, 49,   2007年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250226300900
    概要:上腕二頭筋の痙縮に対してselective musculocutaneous neurotomyを行った3例の成績を報告した。全例男性、年齢は29〜57歳であった。手術前の状態は、全例ADLは自立していたが肘関節の伸展困難・疼痛などがあり、日常生活に支障をきたしていた。手術後は3例とも痙縮が軽減し、肘関節伸展が容易となり、痛みも減少した。効果は上腕二頭筋だけでなく、上肢全体の異常な緊張が減少し、肩こりも改善した。
  • 脳卒中後疼痛に対する治療戦略―大脳運動野刺激療法と脊髄刺激療法の長期予後―, 齋藤洋一, 細見晃一, 貴島晴彦, 押野悟, 谷直樹, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 1, 12, 13,   2007年05月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200792289666
  • 中枢性疼痛に対する治療選択と長期成績 脳卒中後疼痛に対する治療戦略 大脳運動野刺激療法と脊髄刺激療法の長期予後, 齋藤 洋一, 細見 晃一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 谷 直樹, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 1, 12, 13,   2007年05月
    概要:脳卒中後疼痛36例のうち20例に一次運動野刺激療法(MCS)、16例に脊髄刺激療法(SCS)を施行した。また、13例にナビゲーションガイド経頭蓋磁気刺激療法(N-rTMS)を併施した。これらの長期成績を分析し、本症の治療法選択について考察した。MCS施行例における術直後の有効率("fair"以上例の割合)は70%であった。N-rTMSの有効率とMCSの有効率との間には有意な相関が認められた。MCSの長期成績は9例(45%)が有効であった。SCSのテスト刺激では9例(56%)が有効であった。SCS施行例のうち刺激装置を埋め込んだものが7例あり、内訳は、テスト刺激で"good"と判定されたもの5例、"poor"と判定されたもの2例であった。"good"と判定された症例のうち4例(80%)で安定した長期の除痛が得られた。
  • 各種ジストニアに対する治療選択と長期成績 痙性斜頸に対する反復的経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の試み, 谷 直樹, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 平田 雅之, 細見 晃一, 後藤 哲, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 1, 22, 23,   2007年05月
    概要:痙性斜頸5例に対してrTMSを試みた。刺激部位は一次運動野、前運動野、補足運動野、一次感覚野、前頭前野背外側部とし、刺激頻度は5Hzおよび1Hzとした。治療効果の評価にはTsui's score(TS)を用いた。一次運動野への刺激は全例に行い、1例でTSの改善が認められた。前運動野刺激は2例に行い、2例とも改善が認められた。補足運動野刺激は2例に行い、2例とも改善は認められなかった。一次感覚野刺激は1例に行い、改善は認められなかった。前頭前野背外側部への刺激は1例に行い、5Hz刺激で改善が認められたが、1Hz刺激では改善は認められなかった。
  • 中枢性疼痛に対する治療選択と長期成績 脊髄由来の難治性疼痛に対する脳神経外科的治療, 押野 悟, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 谷 直樹, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 機能的脳神経外科, 46, 1, 14, 15,   2007年05月
    概要:2001〜2006年に脊髄由来の難治性疼痛に対して脊髄刺激療法(SCS)または脊髄後根進入帯破壊術(DREZ)、運動領野刺激療法(MCS)、深部脳刺激療法、末梢神経縮小術を行った39例の成績を調査し、疼痛の要因や性状による効果の違いについて検討した。結果、脊髄分節に一致した発作痛にはDREZが有効であり、持続痛にはSCSやMCSが有効であると考えられた。
  • 頸椎椎弓形成術における術中エコーを用いた脊髄除圧効果の評価, 中西欣弥, 寺本佳史, 中野直樹, 加藤天美, 種子田護, 神経超音波医学 = Neurosonology : official journal of Japan Academy of Neurosonology, 20, 1, 13, 15,   2007年04月30日, 10.2301/neurosonology.20.13, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024157378
    概要:Recently, intraoperative ultrasonography has been becoming increasingly useful for evaluation and monitoring of surgical procedures during spinal cord decompression. We evaluated the degree of decompression and fluid circulation around the cord using ultrasonography during laminoplasty. Laminoplasty was performed by vertical division of the spinous process (Kurokawa method). Intraoperative ultrasonography was performed using an Aplio instrument(Toshiba Medical) with a 6.5 MHz transducer. Spinal decompression was evaluated by delineation of the spinal cord, the subarachnoid space or the shape of the osteophyte, and dynamic imaging of the cerebrospinal fluid and blood flow in the epidural venous plexus with the pulse Doppler method. Intraoperative ultrasonography was performed for 5 patients with cervical myelopathy. This revealed the ventral and dorsal subarachnoid space as well as pulsatile movement of the spinal cord in all 5 patients after satisfactory cord decompression. The flow velocity of the cerebrospinal fluid around the spinal cord measured 1.5-3.0cm/ in 2 patients, and that in the epidural venous plexus measured 5.0-10.0cm/s in 3 patients. This improved circulation was considered to have been due to the spinal cord decompression, and the preoperative symptoms were ameliorated in all patients. Intraoperative ultrasonography is considered useful for real-time evaluation of spinal cord decompression during laminoplasty for cervical myelopathy.
  • 2. 小児てんかん外科手術 : 日々の脳外科手術にも応用できる手術手技の実際(MS3-4 てんかん外科の基礎と応用, 第27回 日本脳神経外科コングレス総会), 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 16, 4,   2007年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006295063
  • 小児てんかん外科手術―日々の脳外科手術にも応用できる手術手技の実際―, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 16, 4, 337,   2007年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261546631761
  • 放射線学的診断が困難であった腫瘤性病変に対する生検術の適応について, 橋本 直哉, 泉本 修一, 貴島 晴彦, 千葉 泰良, 木下 学, 羽柴 哲夫, 香川 尚己, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Brain Tumor Pathology, 24, Suppl., 84, 84,   2007年04月
  • 【てんかん外科 てんかん治療の現状と将来】 Key words ナビゲーション手術, 加藤 天美, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 押野 悟, 吉峰 俊樹, カレントテラピー, 25, 4, 320, 321,   2007年04月
  • てんかん外科の基礎と応用 小児てんかん外科手術 日々の脳外科手術にも応用できる手術手技の実際, 加藤 天美, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 16, 4, 337, 337,   2007年04月
  • 脳磁図を用いた脳虚血性疾患における潜在的機能異常の検出, 押野悟, 加藤天美, 平田雅之, 谷直樹, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 藤中俊之, 吉峰俊樹, 脳卒中, 29, 2, 411, 411,   2007年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902281441005084
  • 大脳形成異常4症例のMRI inversion recovery(IR)法を用いた検討, 中野 美佐, 別宮 豪一, 高瀬 靖, 巽 千賀夫, 加藤 天美, 市立豊中病院医学雑誌, 7, 19, 26,   2007年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902287688409305
    概要:症例1は26歳男性で、精神発達遅滞があった。IRにて幅の薄い帯状の異所性灰白質が同定でき、皮質下帯状異所性灰白質と診断された。症例2は55歳男性で、精神科より気分変調障害と診断されていた。IRにて内側側頭葉の形成異常が認められ、多小脳回の構造が見られ、局所性異所性灰白質と診断された。症例3は20歳女性で、精神運動発達遅滞があった。IRにて両側性の多小脳回が認められ、脳梁形成不全及び局所性異所性灰白質と診断された。症例4は32歳女性で、脳磁図にて等価電流双極子の集積を結節状異所性灰白質を含む右内側側頭葉に認め、脳室周囲結節状異所性灰白質と診断した。IR法は、大脳形成異常の同定に有用であると考えられた。
  • より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究 難治性求心路遮断痛に対する反復的高頻度経頭蓋磁気刺激療法の開発, 齋藤 洋一, 加藤 天美, 貴島 晴彦, 平山 東, 押野 悟, 平田 雅之, 吉峰 俊樹, 医科学応用研究財団研究報告, 24, 53, 56,   2007年02月
    概要:難治性中枢性求心路遮断性疼痛に対するナビゲーションガイド下経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の確立を進めている。約半数の難治性求心路遮断痛の患者でナビゲーションガイド下rTMSで疼痛の軽減を認め、その効果は3時間持続した。有効な患者において、ナビゲーションガイド下rTMSを繰り返し施行することで、疼痛軽減を図ることは可能であることが示唆された。
  • 難治性求心路遮断痛に対する反復的高頻度経頭蓋磁気刺激療法の開発, 齋藤洋一, 加藤天美, 貴島晴彦, 平山東, 押野悟, 平田雅之, 吉峰俊樹, 医科学応用研究財団研究報告, 24, 53, 56,   2007年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902295171494364
  • Parkinson病 What’s new? 治療 大脳運動野刺激による可能性, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 谷直樹, 加藤天美, 吉峰俊樹, Clin Neurosci, 25, 1, 104, 105,   2007年01月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299514603526
  • 幻肢痛における大脳皮質再構築の経頭蓋磁気刺激, 脳磁図, 感覚誘発電位による検討, 柳澤 琢史, 齋藤 洋一, 押野 悟, 貴島 晴彦, 平田 雅之, 谷 直樹, 住谷 昌彦, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, PAIN RESEARCH, 22, 3, 143, 146,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004651883
    概要:   Cortical reorganization (CR) following peripheral deafferentation is thought to cause phantom limb pain, though few electrophysiological examinations on human have been performed. We examined a patient who suffers from phantom limb pain following amputation of his left leg; he has been relieved of the pain by repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) and motor cortex stimulation (MCS). We performed cortical mapping using navigation-guided rTMS, somatosensory evoked magnetic fields (SEF) with magnetic encephalography (MEG) and sensory evoked potential (SEP) with subdural electrodes.   Navigation-guided rTMS revealed that rTMS of a wide area of bilateral cortices caused paresthesias of phantom limb and pain reduction. Sensory evoked potential with MEG showed that the receptive field of his normal leg was remarkably displaced to the phantom limb. Also, displacement of the receptive field was observed with SEP using subdural electrodes. This evidence of CR suggests that it seems to cause phantom limb pain; rTMS and MCS can modulate cortical reorganization and reduce pain.
  • 脳神経外科領域における光線力学的診断, 治療の進歩, 橋本 直哉, 加藤 天美, 泉本 修一, 吉峰 俊樹, The Review of Laser Engineering, 35, 8, 514, 518,   2007年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004465795
    概要:The authors described the recent advancement of photodynamic diagnosis (PDD) and therapy (PDT) in neurosurgical field. Intra-operative PDD using 5-aminolevlulinic acid (5-ALA) and violet blue excitation light is now recognized as one of the multidisciplinary treatment modalities for malignant gliomas. The results of PDD in a series of 38 patients who treated in Osaka University Hospital between 2004 and 2006 were presented thoroughly, as well as the review of clinical trial studies in the world.Although the methodology of photodynamic therapy (PDT) for malignant brain tumors is not establishedyet, various PDT clinical trials showed promising results of PDT, as well as the needs for some improvements on photosensitizers and development of simpler and more efficient light delivery systems for neurosurgery.
  • 不全片麻痺の原因としての頚椎特発性脊髄硬膜外血腫, 中西欣弥, 中野直樹, 寺本佳史, 奥田武司, 渡邉啓, 藪内伴成, 加藤天美, 種子田護, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 66th, 3K-P61-11-16,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902281727460072
  • 脳切裁による脳機能回復, 加藤天美, 貴島晴彦, 沖永剛志, 平田雅之, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 日本医学会総会総会会誌, 27th, 302,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280600722411
  • パーキンソン病の開眼失行に対する視床大核刺激パラメーターの検討, 渡邉啓, 中野直樹, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 66th, 3K-P60-10-4,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266876073139
  • 脳虚血性疾患に対する脳磁図を用いた神経機能評価 主幹動脈閉塞性疾患における運動関連磁界の変調, 押野 悟, 加藤 天美, 平田 雅之, 谷口 理章, 谷 直樹, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一, 藤中 俊之, 吉峰 俊樹, 脳循環代謝, 18, 3, 132, 132,   2006年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262275269626
  • 脳血管障害総論 IX.画像機器・診断の進歩 各論 脳磁図 Magnetoencephalography(MEG)とtranscranial magnetic stimulation(TMS), 押野悟, 加藤天美, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 日本臨床, 64, 422, 426,   2006年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203117441946
  • 複雑な手指運動に伴う局所的脳律動変化のSAM解析, 崎原ことえ, 平田雅之, 柳星伊, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床神経生理学, 34, 5, 415, 416,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298909572550
  • SAM/BESAを併用した暗算時の脳内局所律動変化の解析~そろばん熟練者と非熟練者の比較~, 魚川江津子, 平田雅之, 三木理恵子, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床神経生理学, 34, 5, 428, 429,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902295275708560
  • 単語黙読に伴う局所脳律動変化のSAM・BESA解析, 梅川夕佳, 平田雅之, 崎原ことえ, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床神経生理学, 34, 5, 430, 430,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902279752923686
  • 開口合成脳磁図を用いた長時間運転時の覚醒度の計測, 柳星伊, 平田雅之, 崎原ことえ, 木村賢治, 江部和俊, 吉岡雅子, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床神経生理学, 34, 5, 448, 448,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282975342457
  • 事象関連脳律動変化を用いた脳機能マッピング, 平田雅之, 加藤天美, 谷直樹, 後藤哲, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 崎原ことえ, 梅川夕佳, 金森慶子, 依藤史郎, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 34, 5, 432, 432,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275412767005
  • 経頭蓋磁気刺激,脳磁図,感覚誘発電位による幻肢痛メカニズムの検討, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 押野悟, 貴島晴彦, 住谷昌彦, 真下節, 湯口貴導, 森信太郎, 加藤天美, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学, 34, 5, 449, 449,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214145543144
  • 脳腫瘍の蛍光標識手術とラジオ波焼灼術, 橋本直哉, 加藤天美, 岩月幸一, 青木正典, 羽柴哲夫, 泉本修一, 丸野元彦, 吉峰俊樹, 日本レーザー医学会誌, 27, 3, 198,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267377773711
  • 脳神経外科領域におけるPDDとPDT 脳腫瘍の蛍光標識手術とラジオ波焼灼術, 橋本 直哉, 加藤 天美, 岩月 幸一, 青木 正典, 羽柴 哲夫, 泉本 修一, 丸野 元彦, 吉峰 俊樹, 日本レーザー医学会誌, 27, 3, 198, 198,   2006年10月
  • 【インターベンション時代の脳卒中学 超急性期から再発予防まで】 脳血管障害総論 画像機器・診断の進歩 脳磁図 Magnetoencephalography(MEG)とtranscranial magnetic stimulation(TMS), 押野 悟, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, 日本臨床, 64, 増刊7 インターベンション時代の脳卒中学(上), 422, 426,   2006年10月
  • [Magnetoencephalography (MEG) and transcranial magnetic stimulation (TMS)]., Oshino S, Kato A, Saitoh Y, Yoshimine T, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 64 Suppl 7, 422, 426,   2006年10月, 査読有り
  • Iomazenil(IMZ)SPECTを用いたてんかんの術前診断, 二宮宏智, 若山暁, 階堂三砂子, 貴島晴彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3, 196, 196,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902217642364040
  • 定位的ラジオ波焼灼術で,てんかん発作および行動異常が改善した視床下部過誤腫の1例, 田中順子, 尾崎由和, 山崎麻美, 沖永剛志, 加藤天美, てんかん研究, 24, 3, 201, 201,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902218951578069
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピング, 平田雅之, 加藤天美, 貴島晴彦, 押野悟, 齋藤洋一, 橋本直哉, 依藤史郎, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3, 206, 206,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275294392743
  • 視床下部過誤腫に対する定位的体積計測焼灼術, 谷直樹, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 齋藤洋一, 梶田泰一, 沖永剛志, 下野九理子, 青天目信, 田中順子, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3, 199, 199,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902212085500596
  • 多脳葉にわたる皮質形成異常症に起因する小児難治性てんかんに対する外科治療, 貴島晴彦, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 谷直樹, 齋藤洋一, 今井克美, 沖永剛志, 下野九理子, 青天目信, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3, 200, 200,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206309629468
  • てんかん外科手術を行い皮質形成異常と診断された難治てんかんの臨床的検討, 下野九理子, 今井克美, 星野奈津子, 富永康仁, 新谷研, 青天目信, 神尾範子, 沖永剛志, 貴島晴彦, 加藤天美, 永井利三郎, 大薗恵一, てんかん研究, 24, 3, 207, 207,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902214747371018
  • MEGによる発作間欠期スパイクの伝播様式解析とてんかん発作焦点の比較, 押野悟, 加藤天美, 平田雅之, 貴島晴彦, 谷直樹, 齋藤洋一, 橋本直哉, 沖永剛志, 今井克美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3, 205, 205,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201454905005
  • 機能的大脳半球離断術の周術期管理の工夫, 香川尚己, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 齋藤洋一, 橋本直哉, 谷直樹, 沖永剛志, 富永康仁, 星野奈津子, 今井克美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3, 213, 213,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206058705640
  • S2-2 小児難治てんかんの外科治療(てんかん臨床のトピックス,シンポジウム2,第40回 日本てんかん学会), 加藤天美, 貴島晴彦, 沖永剛志, 下野九理子, 齋藤洋一, 平田雅之, 数井裕光, 二宮宏智, 押野悟, 谷直樹, 橋本直哉, 今井克美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208216
  • O1-16 Iomazenil(IMZ)SPECTを用いたてんかんの術前診断(画像1,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会), 二宮宏智, 若山暁, 階堂三砂子, 貴島晴彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208254
  • O1-28 視床下部過誤腫に対する定位的体積計測焼灼術(外科治療4,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会), 谷直樹, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 齋藤洋一, 梶田泰一, 沖永剛志, 下野九理子, 青天目信, 田中順子, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208266
  • O1-31 多脳葉にわたる皮質形成異常症に起因する小児難治性てんかんに対する外科治療(外科治療5,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会), 貴島晴彦, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 谷直樹, 齋藤洋一, 今井克美, 沖永剛志, 下野九理子, 青天目信, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208269
  • O1-36 定位的ラジオ波焼灼術で、てんかん発作および行動異常が改善した視床下部過誤腫の1例(症例報告,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会), 田中順子, 尾崎由和, 山崎麻美, 沖永剛志, 加藤天美, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208274
  • O1-51 MEGによる発作間欠期スパイクの伝播様式解析とてんかん発作焦点の比較(脳磁図,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会), 押野悟, 加藤天美, 平田雅之, 貴島晴彦, 谷直樹, 齋藤洋一, 橋本直哉, 沖永剛志, 今井克美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208289
  • O1-55 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピング(脳波・脳磁図,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会), 平田雅之, 加藤天美, 貴島晴彦, 押野悟, 齋藤洋一, 橋本直哉, 依藤史郎, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208293
  • O1-59 てんかん外科手術を行い皮質形成異常と診断された難治てんかんの臨床的検討(画像・病理,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会), 下野九理子, 今井克美, 星野奈津子, 富永康仁, 新谷研, 青天目信, 神尾範子, 沖永剛志, 貴島晴彦, 加藤天美, 永井利三郎, 大薗恵一, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208297
  • O2-11 機能的大脳半球離断術の周術期管理の工夫(基礎疾患・外科治療,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会), 香川尚己, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 齋藤洋一, 橋本直哉, 谷直樹, 沖永剛志, 富永康仁, 星野奈津子, 今井克美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3,   2006年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006208309
  • 小児難治てんかんの外科治療, 加藤天美, 貴島晴彦, 沖永剛志, 下野九理子, 齋藤洋一, 平田雅之, 数井裕光, 二宮宏智, 押野悟, 谷直樹, 橋本直哉, 今井克美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 24, 3, 176,   2006年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902209730601822
  • 求心路遮断痛に対する一次運動野刺激療法の除痛機序, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 加藤天美, 平山東, 押野悟, 平田雅之, 大崎康宏, 畑澤順, 吉峰俊樹, Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌, 21, 3, 111, 115,   2006年08月20日, 10.11154/pain.21.111, http://ci.nii.ac.jp/naid/10018071529
    概要:   Motor cortex stimulation (MCS) has been reported to control chronic deafferentation pain successfully. However, the detailed mechanisms of this action have not been made clear. To investigate the possible neural pathways involved in this effect, we measured pre- and post-MCS regional cerebral blood flow (rCBF) using positron emission tomography (PET).   Six patients with intractable pain in their left upper extremities were studied. All six were right handed and subdural electrodes were surgically placed over the right primary motor cortex. The rCBF was measured using PET with H215O during pre-MCS conditions of pain and post-MCS conditions of reduced pain. The PET images were analyzed with SPM99 statistical parametric mapping software. The rCBF during pain reduced conditions after MCS increased in left posterior thalamus, left posterior insula, right orbitofrontal cortex, and the left caudal anterior cingulated, when compared to that of the pre-MCS conditions of pain. This result suggests that MCS modulates both pain gait and emotion related pain.
  • てんかん臨床のトピックス 小児難治てんかんの外科治療, 加藤 天美, 貴島 晴彦, 沖永 剛志, 下野 九理子, 齋藤 洋一, 平田 雅之, 数井 裕光, 二宮 宏智, 押野 悟, 谷 直樹, 橋本 直哉, 今井 克美, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 24, 3, 176, 176,   2006年08月
  • 求心路遮断性疼痛に対する脊髄刺激療法の作用機序, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 平山東, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 畑澤順, 吉峰俊樹, Pain Res, 21, 2, 55, 55,   2006年07月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282727855812
  • 幻肢痛におけるcortical reorganizationの経頭蓋磁気刺激,脳磁図,感覚誘発電位による検討, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 押野悟, 貴島晴彦, 加藤天美, 住谷昌彦, 真下節, 吉峰俊樹, Pain Res, 21, 2, 53, 53,   2006年07月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902212119501686
  • 脊髄神経根引き抜き損傷後の難治性疼痛に対する外科的治療, 押野悟, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 加藤天美, 平山東, 平田雅之, 谷直樹, 岩月幸一, 住谷昌彦, 真下節, 吉峰俊樹, Pain Res, 21, 2, 55, 55,   2006年07月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203903218401
  • 再発頸静脈孔神経鞘腫への画像計画低侵襲治療:症例報告, 中村元, 加藤天美, 橋本直哉, 谷口理章, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 15, 6, 468, 472,   2006年06月20日, 10.7887/jcns.15.468, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241393434200
    概要:61歳女.右頸静脈孔部の神経鞘腫の既往があり,再発に際しても初回と同様に腫瘍切除を行って経過観察を行っていたところ,初発から約7年後,再発から約4年後に右上肢挙上困難,嚥下障害,構音障害を認め,更に嗄声と舌の右方偏位が出現した.MRIにて右頸部静脈孔内腫瘍の増大を認め,再々手術を行った.MRI/CT画像融合を用いて綿密に手術計画を作製し,外側後頭下開頭に内視鏡及び手術ナビゲーションを併用し,骨削除を広範囲とすることなく,十分に腫瘍減圧と舌下神経管減圧が施行でき,著明な神経症状の改善を得ることができた.残存腫瘍に対して定位放射線治療を追加した
  • 難治性求心路遮断痛に対する一次運動野電気・磁気刺激療法, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 平山東, 平田雅之, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 45, 1, 19, 19,   2006年06月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273192942886
  • 嗅粘膜移植による損傷脊髄再生への試み, 貴島晴彦, 岩月幸一, 青木正典, CARLOS Lima, 加藤天美, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 45, 1, 8, 9,   2006年06月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902254144979501
    概要:脊髄損傷Wistarラットに臭細胞を含む臭粘膜(OM)を移植し,その神経機能回復について検討した.脊髄完全断裂モデルを作成した.1匹の同系ラットから採取したOMを脊髄断裂部に移植した移植群の4週後のBasso,Beattie,Bresnahan Locomotor Rating Scaleは3.3±0.84で,6週後には6.5±1.23となり,有意に下肢の運動機能の回復を認めた.又,移植部位にはGFAP陽性・p75NGFR陽性細胞がみられ,それらは2週目が最多で,その後,時期を経るごとに減少した.GFAP陽性・p75NGFR陰性細胞は2週目に出現を認め,次第に増加した.NeuN陽性細胞は少ないものの4週目から観察された.細胞非移植群に下肢の運動機能回復はみられず,GFAP,p75NGFR,NeuN細胞も認めなかった.OM移植が脊髄損傷モデルの運動機能改善を促すことが示された
  • 脊髄神経根引き抜き損傷後疼痛に対する外科的治療, 押野悟, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 加藤天美, 平山東, 平田雅之, 谷直樹, 岩月幸一, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 45, 1, 24, 25,   2006年06月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243881033595
    概要:脊髄神経根引き抜き損傷後の疼痛症例10名(外科治療:計19回)を対象に,後根神経進入帯凝固術(DREZ),運動領野刺激術(MCS)を中心に,痛みの性状による外科治療の相違による効果について検討した.治療効果は視覚的長尺評価を用いて患者自身が評価した.術前にshooting painが主体であった6例にはDREZを施行し,5例で良好な除痛効果が得られた.1例にはMCSを行ったが,効果は乏しかった.術前にcontinuous painが主体であった5例中4例(80%)は,MCSにより良好な除痛効果が得られた.2例にはDREZを行ったが,1例にDREZの効果はみられず,残りの1例はDREZ後にcontinuous painが増強し,MCSを追加した.脊髄神経根引き抜き損傷後の疼痛を効果的に治療するためには,疼痛の主体がshooting painである場合はDREZが,continuous painが主体の場合は反復経頭蓋磁気刺激による効果の確認後,MCSが良いと思われた
  • Image-based tailor-made therapy for recurrent jugular foramen schwannoma: A case report, Hajime Nakamura, Amami Kato, Amami Kato, Naoya Hashimoto, Masaaki Taniguchi, Toshiki Yoshimine, Japanese Journal of Neurosurgery, 15, 468, 472,   2006年06月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=33745660799&origin=inward
    概要:We report a case of recurrent schwannoma originating from the jugular foramen presenting with hypoglossal nerve palsy due to the extracranial extension of the tumor. Extensive resection of the bone around the jugular foramen was deemed disadvantageous for this patient, thus we planed an image-based palliation by gross total resection of the tumor in the jugular foramen and unroofing of the hypoglossal canal with assistance of MRI/CT fusion image processing, surgical navigation and endoscope assistance. Stereotactic radiotherapy to the residual extracranial tumor followed postoperatively. The patient's neurological deficits ameliorated rapidly after the operation without any additional complications. Our minimally invasive technique that fully utilizing image-based preoperative planning and surgical navigator and endoscope assistance would be advantageous for future tailor-made skull base surgeries.
  • 術前診断が困難であったdemyelinating pseudotumorの1例, 橋本 直哉, 千葉 泰良, 羽柴 哲夫, 香川 尚己, 泉本 修一, 丸野 元彦, 貴島 晴彦, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Brain Tumor Pathology, 23, Suppl., 131, 131,   2006年06月
  • 無茎性視床下部過誤腫に対する画像誘導焼灼術, 香川尚己, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 沖永剛志, 二宮宏智, 齋藤洋一, 押野悟, 谷直樹, 下野九理子, 青天目信, 吉峰俊樹, 小児の脳神経, 31, 2, 173, 173,   2006年04月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902251047600892
  • 仮名および漢字黙読時の局所脳律動変化, 平田雅之, 阪上愛, 崎原ことえ, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床脳波, 48, 4, 225, 229,   2006年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207577322142
  • 脳波・筋電図の臨床 仮名および漢字黙読時の局所脳律動変化, 平田 雅之, 阪上 愛, 崎原 ことえ, 押野 悟, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 依藤 史郎, 臨床脳波, 48, 4, 225, 229,   2006年04月
    概要:仮名・漢字の読みに関しては従来より2重回路仮説があるが,意見の一致をみない.仮名・漢字の黙読に伴う局所脳律動変化を開口合成脳磁図を用いて調べた.仮名・漢字ともにα〜lowγ帯域で頭頂後頭境界部および側頭後頭境界部に脱同期反応を認めた.頭頂後頭境界部では仮名・漢字で脱同期反応の強度に有意差はなかったが,側頭後頭境界部では漢字が仮名に比較して有意に強い脱同期反応を認めた.この結果は,仮名・漢字の2重回路仮説よりむしろアルファベットの2重回路仮説に基づくとより合理的に説明でき,漢字が間接経路・直接経路をともに活用するのに対して,仮名はおもに間接経路を利用すると考えられる(著者抄録)
  • 機能的大脳半球切除術, 加藤天美, 貴島晴彦, 沖永剛志, 二宮宏智, 橋本直哉, 押野悟, 平田雅之, 斎藤洋一, 香川尚己, 今井克美, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 15, 3, 203, 209,   2006年03月20日, 10.7887/jcns.15.203, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902288879266420
  • 主幹動脈閉塞及び狭窄による慢性脳虚血に伴う運動関連磁界の変調, 押野悟, 加藤天美, 平田雅之, 谷口理章, 藤中俊之, 豊田真吾, 谷直樹, 吉峰俊樹, 脳卒中, 28, 1, 227, 227,   2006年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239339746863
  • 難治性疼痛に対する硬膜下電極による大脳一次運動野刺激術の治療成績, 細見晃一, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 2P-330,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294506334697
  • 小児難治てんかんの外科治療とその成績, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 齋藤洋一, 沖永剛志, 下野九理子, 押野悟, 谷直樹, 橋本直哉, 数井裕光, 二宮宏智, 今井克美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, S14-3,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275699573664
  • 脳卒中後疼痛患者におけるdiffusion tensor imageとtractography, 後藤哲, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 橋本直哉, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 2P-334,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902270351779089
  • 顕微鏡手術支援機器としての内視鏡の有用性と問題点について, 谷口理章, 加藤天美, 瀧本洋司, 瀧琢有, 都築貴, 橋本直哉, 藤本康倫, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 1C1-16,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264151243494
  • 難治性発作を呈した視床下部過誤腫に対する定位的焼灼術を施行した1例, 野田寛, 梶田泰一, 加藤天美, 竹林成典, 中坪大輔, 錦古里武志, 藤谷繁, 吉田純, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 3E-15,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261211661852
  • 画像誘導・体積計測焼灼法による巨大髄膜腫の手術支援, 橋本直哉, 加藤天美, 丸野元彦, 青木正典, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 泉本修一, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 3P-012,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252682810603
  • 主幹動脈閉塞性疾患による慢性脳虚血が神経機能に与える影響脳磁図を用いた運動関連磁界の検討, 押野悟, 加藤天美, 平田雅之, 貴島晴彦, 谷直樹, 齋藤洋一, 谷口理章, 藤中俊之, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 3P-162,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248567308298
  • 反復的経頭蓋磁気刺激(rTMS)による難治性求心路遮断痛の治療:刺激条件と適応疾患の検討, 柳澤琢史, 齋藤洋一, 平山東, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, 湯口貴導, 森信太郎, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 2P-333,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245357708359
  • 無症候性髄膜腫における増大予測による至適観察期間設定の検討, 羽柴哲夫, 橋本直哉, 香川尚己, 泉本修一, 丸野元彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 2P-222,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244120076432
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピング, 平田雅之, 加藤天美, 谷直樹, 押野悟, 齋藤洋一, 橋本直哉, 貴島晴彦, 後藤哲, 柳澤琢史, 依藤史郎, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 2A-03,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229445529868
  • 選択的海馬切除術‐低侵襲的下側頭回アプローチ, 貴島晴彦, 加藤天美, 平田雅之, 押野悟, 谷直樹, 齋藤洋一, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 3E-18,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206588985724
  • 視覚経路の病変による脳内視覚情報処理過程の変化, 谷直樹, 平田雅之, 加藤天美, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 65th, 1P-249,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205367898944
  • 中枢性疼痛に対する大脳皮質電気, 磁気刺激療法, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 平山 東, 押野 悟, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 44, 2, 144, 146,   2005年12月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029744323
    概要:中枢性だけではなく末梢性の求心路遮断痛にも大脳皮質電気刺激療法(MCS)を施行し,求心路遮断痛全般に対するMCSの有効性について検討した.難治性求心路遮断痛に対して,大脳皮質電気刺激療法(MCS)を施行した.また,脳卒中後疼痛に対してナビゲーションガイド下経頭蓋磁気刺激療法(N-rTMS)を施行した.中心溝を剥離することで一時的に除痛が得られるが,中心溝内刺激が無効な症例も存在した.MCS有効例では中心溝内または中心前回(M1)刺激が最も除痛効果が得られた.N-rTMSの結果では約半数の症例でM1の刺激で有意な除痛が得られた.また,刺激頻度は高頻度が有効であった.N-rTMS無効患者にMCSを施行したが除痛は得られなかった
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球,言語機能局在の非侵襲的同定, 平田雅之, 加藤天美, 斎藤洋一, 橋本直哉, 押野悟, 貴島晴彦, 谷直樹, 谷口理章, 二宮宏智, 平山東, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 44, 2, 171, 175,   2005年12月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902283704005605
    概要:臨床的に中・下前頭回におけるβからγ帯域のevent-related desynchronization(ERD)の側方性が言語優位半球をよく反映していることを見出し,これを利用して非侵襲に言語優位半球を同定する方法を考案した.てんかんもしくは言語領野近傍病変をもつ脳外科患者56例を対象とした.開口合成脳磁図法(SAM)を用いて言語機能賦活に伴う局所脳律動変化を調べ,術前の言語優位半球同定や言語機能局在評価に臨床応用した.Dipole法では困難なfrontal language areaの局在推定がほぼ全例で可能であった.中下前頭回のβ〜low γ帯域の側方性は言語優位半球をよく反映し,Laterality indexを導入することにより定量的優位半球同定ができた.ワダテストの結果とは91.2%で一致した.機能局在は侵襲的マッピングの症例数が少ないがよく一致し,電極刺激時の刺激部位決定に有用であった
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球, 言語機能局在の非侵襲的同定, 平田 雅之, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 橋本 直哉, 押野 悟, 貴島 晴彦, 谷 直樹, 谷口 理章, 二宮 宏智, 平山 東, 吉峰 俊樹, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 44, 2, 171, 175,   2005年12月12日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029744405
  • 中枢性とう痛に対する大脳皮質電気,磁気刺激療法, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 平山東, 押野悟, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 44, 2, 144, 146,   2005年12月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246138558070
  • 段階的な症状の変化を認めた海綿状血管腫の1例, 青木 正典, 原田 悠, 貴島 晴彦, 岩月 幸一, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 大阪市医学会雑誌, 54, 3〜4, 138, 138,   2005年12月
  • 眼科における最新医工学 II. 視機能再生工学 人工視覚 (7) 大脳皮質刺激型電極, 平田雅之, 加藤天美, 三好智満, 沢井元, 貴島晴彦, 谷直樹, 吉峰俊樹, 臨床眼科, 59, 11, 142, 146,   2005年10月30日, 10.11477/mf.1410100204, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902253238503822
  • 運動関連脳活動:脳-コンピュータ・インターフェイスへの展開 (特集 技能の起源と再現), 加藤天美, 日本ロボット学会誌, 23, 7, 790, 795,   2005年10月15日, 10.7210/jrsj.23.790, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006997904
  • 開口合成脳磁図を用いた覚醒度の定量的計測, 柳星伊, 平田雅之, 崎原ことえ, 梅渓祥子, 是枝俊介, 阪上愛, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床神経生理学, 33, 5, 446, 447,   2005年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245385501255
  • 【眼科における最新医工学】 視機能再生工学 人工視覚 大脳皮質刺激型電極, 平田 雅之, 加藤 天美, 三好 智満, 澤井 元, 貴島 晴彦, 谷 直樹, 吉峰 俊樹, 臨床眼科, 59, 11, 142, 146,   2005年10月
  • 外傷性顔面神経麻ひに対する経乳突・経中頭蓋か法併用による顔面神経全減荷術, 西村洋, 土井勝美, 鎌倉武史, 久保武, 加藤天美, 貴島晴彦, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, 9, 945,   2005年09月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902292198072519
  • 顔面神経麻ひを初発症状とした錐体尖部コレステリン肉芽腫症例―経中頭蓋か法を用いた摘出術―, 奥村薫, 土井勝美, 西村洋, 久保武, 加藤天美, 貴島晴彦, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, 9, 942,   2005年09月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902239603369828
  • ニューロモデュレーション:とう痛の治療とその周辺 I. とう痛 5. 磁気刺激 難治性求心路遮断痛に対する経頭蓋磁気刺激療法, 平山東, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, ペインクリニック, 26, S322-S330,   2005年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293881694360
  • ニューロモデュレーション:とう痛の治療とその周辺 I. とう痛 1. 大脳皮質刺激 大脳皮質運動野刺激療法, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 平山東, 加藤天美, 吉峰俊樹, ペインクリニック, 26, S271-S275,   2005年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902243492870910
  • 【ニューロモデュレーション 疼痛の治療とその周辺】 疼痛 大脳皮質刺激 大脳皮質運動野刺激療法, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 平山 東, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, ペインクリニック, 26, 別冊秋, S271, S275,   2005年09月
    概要:難治性求心路遮断痛に対して大脳皮質刺激術は有効であり,中には著効例が存在する.中心溝内での電気刺激の結果,および高頻度経皮的磁気刺激の結果より,一次運動野の刺激が除痛に有効であることが確信をもっていえる.しかし,除痛の詳細なメカニズムは不明であり,このメカニズムを明らかにすることが難治性求心路遮断痛治療において重要であると考えられる(著者抄録)
  • 【ニューロモデュレーション 疼痛の治療とその周辺】 疼痛 磁気刺激 難治性求心路遮断痛に対する経頭蓋磁気刺激療法, 平山 東, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 押野 悟, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, ペインクリニック, 26, 別冊秋, S322, S330,   2005年09月
    概要:難治性求心路遮断痛の治療において,大脳皮質運動野電気刺激療法の有効性が認められている.最近,被験者に苦痛を与えることなく局所の大脳皮質ニューロンを刺激できる反復的経頭蓋磁気刺激療法によって,電気刺激と同様の疼痛軽減効果が得られるとの報告がされている.しかし,今までの報告は正確に大脳局所を磁気刺激したものではなく,われわれのナビゲーションガイドによる局所刺激の結果では,一次運動野の刺激のみで除痛効果が認められることを明らかにした.また,他の報告と同様,われわれの結果でも除痛効果は短時間に限られていた.今後,本法を発展させることにより難治性中枢性求心路遮断痛に対する非侵襲的治療を確立させることが可能となるかもしれない(著者抄録)
  • 顔面神経麻痺を初発症状とした錐体尖部コレステリン肉芽腫症例 経中頭蓋窩法を用いた摘出術, 奥村 薫, 土井 勝美, 西村 洋, 久保 武, 加藤 天美, 貴島 晴彦, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, 9増刊, 942, 942,   2005年09月
  • 外傷性顔面神経麻痺に対する経乳突・経中頭蓋窩法併用による顔面神経全減荷術, 西村 洋, 土井 勝美, 鎌倉 武史, 久保 武, 加藤 天美, 貴島 晴彦, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, 9増刊, 945, 945,   2005年09月
  • 求心路遮断痛に対する一次運動野刺激療法のメカニズム解析, 貴島晴彦, 斎藤洋一, 加藤天美, 平山東, 押野悟, 平田雅之, 大崎康宏, 畑沢順, 吉峰俊樹, Pain Res, 20, 2, 64, 64,   2005年07月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231575286945
  • 難治性求心路遮断痛に対するナビゲーションガイド経頭蓋磁気刺激療法, 斎藤洋一, 平山東, 貴島晴彦, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, Pain Res, 20, 2, 72, 72,   2005年07月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215361051635
  • 腕神経叢引き抜き損傷後・難治性とう痛に対する外科的治療, 押野悟, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 加藤天美, 平山東, 平田雅之, 岩月幸一, 吉峰俊樹, Pain Res, 20, 2, 65,   2005年07月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234817469720
  • 脳波・筋電図の臨床 視覚課題への注意が体性感覚処理に及ぼす影響, 高橋優子, 平田雅之, 井原綾, 崎原ことえ, 大崎康宏, 是枝俊介, 阪上愛, 加藤天美, 吉峰俊樹, 依藤史郎, 臨床脳波, 47, 7, 435, 440,   2005年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245878667470
    概要:視覚と体性感覚という2つの大脳への入力情報がある場合,視覚刺激に注意を向けると体性感覚の反応がどのように影響を受けるのか,健常者を対象に脳磁図計測をし,開口合成脳磁図(SAM)法を用いて,局在周波数分析を行った.その結果,視覚刺激に注意を向けると,注意を向けていない体性感覚の処理に関連した局所的な活動も増強することが明らかになった(著者抄録)
  • 腕神経叢引き抜き損傷後・難治性疼痛に対する外科的治療, 押野 悟, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 加藤 天美, 平山 東, 平田 雅之, 岩月 幸一, 吉峰 俊樹, PAIN RESEARCH, 20, 2, 65, 65,   2005年07月
  • 単語黙読に伴う局所的脳律動変化のSAM・BESA解析, 平田雅之, 加藤天美, 押野悟, 谷直樹, 斎藤洋一, 崎原ことえ, 柳星いん, 梅渓祥子, 依藤史郎, 認知神経科学, 7, 2, 146, 146,   2005年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902299069997152
  • 臨床的側面 前頭前野の腫よう, 平田雅之, 加藤天美, 丸野元彦, 吉峰俊樹, Clin Neurosci, 23, 6, 661, 663,   2005年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902276564486180
  • 【前頭前野をめぐって-何故いま前頭前野なのか】 臨床的側面 前頭前野の腫瘍, 平田 雅之, 加藤 天美, 丸野 元彦, 吉峰 俊樹, Clinical Neuroscience, 23, 6, 661, 663,   2005年06月
  • 脳波・筋電図の臨床 単語黙読に伴う局所的脳律動変化のSAM・BESA解析とその臨床応用, 平田雅之, 加藤天美, 依藤史郎, 吉峰俊樹, 臨床脳波, 47, 5, 307, 312,   2005年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203438436987
    概要:SAM・BESAを併用した解析により,単語黙読に伴う局所的脳律動変化の詳細な時間・周波数特性を調べた.その結果,単語黙読に伴い内側後頭葉,頭頂側頭葉底面,頭頂後頭葉,中・下前頭回,前頭前野に並列的に局所的脳律動変化が生じることが確認された.またα-high γ帯域では一過性同期,β-low γ帯域では遷延性脱同期となる傾向があった.臨床的には中下前頭回のβ-low γ帯域の脱同期の側方性により言語優位半球同定が可能なことが,ワダテストとの比較により明らかになった.言語機能局在についても症例数が少ないものの慢性硬膜下電極や術中覚醒による脳表電気刺激の結果と比較的一致した結果が得られた(著者抄録)
  • Selective tibial neurotomy前後の足底圧分布の変化, 貴島晴彦, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 斎藤洋一, 佐藤睦美, 橋田剛一, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 44, 1, 42, 43,   2005年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207926929041
    概要:歩行時の動的な指標を術前,術後の評価に用いることで,Selective tibial neurotomyの適応を判断し,あるいは結果を予測することを試み,歩行時の足底圧分布の動きを術前後に計測し歩行状態の改善と比較した.麻痺,痙縮による歩行状態の程度の異なる3例を対象とした.Selective tibial neurotomyは足関節痙縮による,歩行障害を改善することが示唆された.一過性ながら,ヒラメ筋の筋力が減弱し,離床時に床を蹴る力が弱まる可能性が,特に軽症例に認められた.歩行時の足底圧は,Selective tibial neurotomyの術前検査としてその手術適応決定,および治療効果の予測に有用であることが示唆された
  • 中枢性疼痛に対する大脳皮質電気・磁気刺激療法, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 平山 東, 平田 雅之, 押野 悟, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 44, 1,   2005年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136795
  • 機能的大脳半球切除術(PA-2 てんかんの外科治療-適応と pitfall 回避法, 第25回 日本脳神経外科コングレス総会), 加藤天美, 今井克美, 二宮宏智, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 14, 4,   2005年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004047094
  • 中枢性とう痛に対する大脳皮質電気・磁気刺激療法, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 平山東, 平田雅之, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 44, 1, 35,   2005年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272369606974
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球,言語機能局在の非侵襲的同定, 平田雅之, 加藤天美, 斎藤洋一, 押野悟, 平山東, 貴島晴彦, 谷口理章, 二宮宏智, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 44, 1, 12, 13,   2005年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223602810403
  • 機能的大脳半球切除術, 加藤天美, 今井克美, 二宮宏智, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 14, 4, 236,   2005年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213247079160
  • 脳神経外科手術 機能外科 3 けい性麻ひの外科治療―足関節けい縮に対するSelective Tibial Neurotomy―, 貴島晴彦, 加藤天美, 斎藤洋一, 吉峰俊樹, 脳神経外科速報, 15, 4, 321, 327,   2005年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252142780411
  • 脳神経外科手術 機能外科 痙性麻痺の外科治療 足関節痙縮に対するSelective Tibial Neurotomy, 貴島 晴彦, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, 脳神経外科速報, 15, 4, 321, 327,   2005年04月
  • てんかんの外科治療 適応とpitfall回避法 機能的大脳半球切除術, 加藤 天美, 今井 克美, 二宮 宏智, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 14, 4, 236, 236,   2005年04月
  • 術中所見から診断した嚢胞性滑車神経鞘腫の一例, 橋本 直哉, 加藤 天美, 中村 元, 鈴木 強, 泉本 修一, 丸野 元彦, 吉峰 俊樹, Brain Tumor Pathology, 22, Suppl., 76, 76,   2005年04月
  • ブレインマッピング 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球,言語機能局在の非侵襲的同定, 平田 雅之, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 押野 悟, 平山 東, 貴島 晴彦, 谷口 理章, 二宮 宏智, 吉峰 俊樹, 機能的脳神経外科, 44, 1, 12, 13,   2005年04月
    概要:空間フィルターを用いた脳磁図解析法である開口合成脳磁図法(SAM)を用いて言語機能賦活に伴う局所脳律動変化を調べ,術前の言語優位半球同定や言語機能局在評価に臨床応用している.てんかんもしくは言語領野近傍病変をもつ脳外科患者56例を対象とした.中下前頭回のβ〜low γ帯域の側方性は言語優位半球をよく反映し,Laterality indexを導入することにより定量的優位半球の同定ができた.ワダテストの結果とは34例中31例で一致した.機能局在は56例中53例でfrontal language areaを検出した.frontal language areaの機能局在は2例でstimulation mappingの結果と比較した.失語症状が出現した最も前方領域は検出することができなかったが,その他はよく一致し,電極刺激時の刺激部位決定に有用であった
  • 中枢性疼痛に対する治療法の選択 中枢性疼痛に対する大脳皮質電気・磁気刺激療法, 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 平山 東, 平田 雅之, 押野 悟, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 機能的脳神経外科, 44, 1, 35, 35,   2005年04月
    概要:難治性中枢性疼痛17例に対して大脳皮質電気刺激療法(MCS)を施行した.また,17例の脳卒中後疼痛に対してナビゲーションガイド下経皮的磁気刺激療法(N-rTMS)を施行した.中心溝を剥離することで一時的に除痛が得られるが,中心溝内刺激が無効な症例(2例)も存在した.MCS有効例では中心溝内または中心前回刺激が最も除痛効果が得られた.N-rTMSは約半数の症例で中心前回の刺激で有意な除痛が得られたが,中心後回,補足運動野,前運動野,シャム刺激では除痛効果が見られなかった.また刺激頻度は5Hzの高頻度刺激が有効であった.N-rTMS無効患者1例がMCSを施行したが除痛は得られなかった.大脳皮質電気,磁気刺激は中枢性疼痛患者の全例に有効ではないが,一次運動野の選択的刺激で著効例が存在した
  • 片側巨脳症の垂直法半球離断手術, 加藤天美, 二宮宏智, 橋本直哉, 沖永剛志, 今井克美, 貴島晴彦, 斎藤洋一, 馬場貴仁, 吉峰俊樹, てんかん研究, 23, 1, 57, 57,   2005年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902231184673359
  • 画像誘導体積計測焼灼術による難治てんかんの伴う無茎性視床下部過誤腫の外科治療, 加藤天美, 二宮宏智, 藤本康倫, 今井克美, 斎藤洋一, 橋本直哉, 貴島晴彦, 馬場貴仁, 吉峰俊樹, てんかん研究, 23, 1, 56,   2005年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902211170386194
  • 微小多極電極を用いたラット視覚野神経活動の同時多点計測:網膜光刺激と後頭葉電気刺激との比較, 平田雅之, 加藤天美, 佐竹真, 三好智満, 沢井元, 貴島晴彦, 依藤史郎, 福田淳, 吉峰俊樹, 再生医療, 4, 94,   2005年02月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262039582615
  • 運動関連皮質脳波解析による運動意図判定, 加藤天美, 平田雅之, 押野悟, 斎藤洋一, 江田英雄, 貴島晴彦, 真渓歩, 柳田敏雄, 吉峰俊樹, 再生医療, 4, 235,   2005年02月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201925864215
  • 画像誘導体積計測焼灼術による難治てんかんを伴う無茎性視床下部過誤腫の外科治療, 加藤 天美, 二宮 宏智, 藤本 康倫, 今井 克美, 齋藤 洋一, 橋本 直哉, 貴島 晴彦, 馬場 貴仁, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 23, 1, 56, 56,   2005年02月
  • 脳神経外科診療に必要な画像情報, 加藤天美, 日本画像医学雑誌, 23, 4, 31,   2005年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902261040171932
  • II.検査法 4.磁気を用いた脳機能検査, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, Annual Review 神経, 2005, 60, 70,   2005年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902251782890683
  • 経中頭蓋か・経乳突アプローチを行った錐体尖コレステリン肉芽腫嚢胞, 朴秀典, 土井勝美, 西村洋, 久保武, 谷口理章, 加藤天美, 森克巳, 真貝佳代子, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, 1, 98,   2005年01月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902235653344359
  • 経中頭蓋窩・経乳突アプローチを行った錐体尖コレステリン肉芽腫嚢胞, 朴 秀典, 土井 勝美, 西村 洋, 久保 武, 谷口 理章, 加藤 天美, 森 克巳, 真貝 佳代子, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 108, 1増刊, 98, 98,   2005年01月
  • 検査法 磁気を用いた脳機能検査, 押野 悟, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Annual Review神経, 2005, 60, 70,   2005年01月
  • 各科領域の専門家が放射線医に求める基本事項 脳神経外科診療に必要な画像情報, 加藤 天美, 日本画像医学雑誌, 23, 4, 31, 31,   2005年01月
  • 人工視覚 大脳皮質刺激型電極 (眼科における最新医工学) -- (視機能再生工学), 平田雅之, 加藤天美, 三好智満, 臨床眼科, 59, 11, 142, 146,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007008101
  • 無症候性髄膜腫の自然経過と増大速度定量化の検討, 羽柴哲夫, 丸野元彦, 香川尚己, 鈴木強, 橋本尚哉, 泉本修一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, F0813-O-7,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298333361516
  • PETによる求心路遮断痛に対する電気刺激療法の除痛機序解析, 平山東, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, 畑沢順, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, T1213-O-4,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902292955601915
  • 傍海馬深部電極刺激で優位側海馬切除後の言語・記憶機能が予測できるか?, 貴島晴彦, 加藤天美, 平田雅之, 押野悟, 斎藤洋一, 谷直樹, 橋本直哉, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, W03101-P-3,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273526131965
  • 運動関連磁界よりみた脳虚血性運動障害の回復過程, 押野悟, 加藤天美, 平田雅之, 谷口理章, 平山東, 貴島晴彦, 斎藤洋一, 谷直樹, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, T0613-O-7,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268370760270
  • 大脳運動野の手術, 吉峰俊樹, 加藤天美, 丸野元彦, 泉本修一, 橋本直哉, 貴島晴彦, 平田雅之, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, F0802-O-KL,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902267473562063
  • 脳室内腫よう病変に対する神経内視鏡手術の有用性, 香川尚己, 丸野元彦, 泉本修一, 久保重喜, 橋本直哉, 藤本康倫, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, T1402-O-3,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256002516710
  • MEGによるてんかん伝播の解析―難治てんかんを伴う弁蓋部症候群の手術適応決定―, 谷直樹, 加藤天美, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 平田雅之, 押野悟, 今井克美, 沖永剛志, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, W03102-P-1,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902251574641971
  • 症候性てんかん発作時のMEG13例, 二宮宏智, 加藤天美, 今井克美, 貴島晴彦, 馬淵英一郎, 若山暁, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, T0714-O-6,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902246854771583
  • 5‐ALAを使用した脳腫ようの蛍光標識手術の検討, 青木正典, 橋本直哉, 加藤天美, 鈴木強, 泉本修一, 丸野元彦, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, F02113-P-2,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244826361679
  • 体積計測画像治療, 加藤天美, 橋本直哉, 平田雅之, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 谷口理章, 平山東, 谷直樹, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, W1414-O-6,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216648871036
  • 引き抜き損傷後とう痛に対する外科的治療選択, 二宮貢士, 斉藤洋一, 押野悟, 貴島晴彦, 平山東, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, T1213-O-1,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902212566512350
  • Brain computer interfaceを用いた視覚再建, 平田雅之, 加藤天美, 佐竹真, 貴島晴彦, 谷直樹, 三好智満, 沢井元, 斎藤洋一, 依藤史郎, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, T03214-P-6,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210870210910
  • 脳腫ようにおけるFiber tracking imageの応用, 橋本直哉, 加藤天美, 羽柴哲夫, 中村元, 平山東, 平田雅之, 泉本修一, 丸野元彦, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM), 64th, F0802-O-1,   2005年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207284742686
  • 脳神経外科領域の先端医療 脳-コンピュータインターフェイス, 加藤 天美, 平田 雅之, 江田 英雄, 眞渓 歩, 水野 由子[松本], 篠崎 和弘, 岡部 靖憲, 柳田 敏雄, 吉峰 俊樹, 神経研究の進歩, 48, 6, 872, 882,   2004年12月10日, 10.11477/mf.1431100248, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902201437754605
  • 計算関連脳活動の生理学的解析, 依藤史郎, 泉裕美, 崎原ことえ, 井原綾, 加藤天美, 吉峰俊樹, 平田雅之, 臨床神経学, 44, 12, 1172, 1172,   2004年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902280620130014
  • 脳-コンピュータインターフェイス (特集 第39回脳のシンポジウム) -- (脳神経外科領域の先端医療), 加藤天美, 平田雅之, 江田英雄, 神経研究の進歩, 48, 6, 872, 882,   2004年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006548161
  • 求心路遮断性疼痛に対する大脳皮質一次運動野刺激による局所脳血流変化, 貴島 晴彦, 齋藤 洋一, 加藤 天美, 平山 東, 押野 悟, 大崎 康宏, 畑澤 順, 吉峰 俊樹, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 43, 3, 265, 268,   2004年11月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136772
    概要:求心路遮断疼痛に対する大脳皮質一次運動野の慢性刺激療法(MCS)の作用機構を解析するため,MCSを施行している6症例(50〜66歳)を対象に,刺激前後での局所脳血流量(rCBF)の変化をPETを用いて測定,解析した.対象は全例左上肢に難治性の疼痛を有していた.5例で右MCSにより疼痛の緩和を認めた.MCS後には,左視床背側から島後部および右小脳に有意な血流増加を認めた.その他にも,有意ではないが右橋背側,右帯状回,右直回,左眼窩脳等に血流の増加を認めた.血流の低下は右中前頭回,左下前頭回,左右下頭頂小葉,右傍海馬回に認めたが,有意差はなかった.MCS後に優位側である左の島の後側でrCBFの増強を認めたことから,優位側の島は痛みの感覚の伝達に関与している可能性や,その活性が痛みの閾値の変化に関係することが示唆された
  • Selective soleus neurotomyにより,歩行時の足底重心移動の改善を認めた1例, 貴島晴彦, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 高垣匡寿, 斎藤洋一, 佐藤睦美, 橋田剛一, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 43, 3, 261, 264,   2004年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207073171259
    概要:43歳男.小学生の頃から両下肢の内反を認め,近医で後脛骨筋の腱移行術が試行されたが,その後も歩行障害が進行した.MRI等により延髄海綿状血管腫と診断され,1998年に摘出術を施行されたが,術後も歩行障害が認められた.再入院時,右上肢の不全麻痺,右に強い両下肢の不全麻痺,右に強い足関節のクローヌスを認めた.誘発筋電図モニター下に右ヒラメ筋神経の選択的局麻薬ブロックを施行したところ,患者本人が歩行時の自覚症状の改善を認めたため,Selective soleus neurotomyを行った.術後,クローヌスは消失し,術前強く亢進していたアキレス腱反射も消失した.足関節自動運動域,および自覚的な歩行時の痙性の改善を認めた.歩行周期,歩行速度の変化は認められなった.右足底圧分布測定で,着地時の重心が術前に比べて踵側に移動し,歩行時の重心移動の著明な増大を認めた.歩行時の踵接地時の足関節位の改善によって歩行が改善したと考えられた
  • 求心路遮断性とう痛に対する大脳皮質一次運動野刺激による局所脳血流変化, 貴島晴彦, 斎藤洋一, 加藤天美, 平山東, 押野悟, 大崎康宏, 畑沢順, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 43, 3, 265, 268,   2004年11月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221839756753
  • Eloquent領域の手術におけるfiber tracking imageの役割と限界, 橋本直哉, 加藤天美, 木下学, 平田雅之, 押野悟, 藤本康倫, 泉本修一, 丸野元彦, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, P237,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297124437053
  • PETによる大脳皮質電気刺激療法の除痛メカニズム解析, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 大崎康弘, 平山東, 加藤天美, 畑沢順, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, 169,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268824153765
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球,言語機能局在の非侵襲的同定, 平田雅之, 加藤天美, 斎藤洋一, 押野悟, 平山東, 谷口理章, 二宮宏智, 貴島晴彦, 馬場貴仁, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, 347,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902266810396492
  • 症候性てんかん発作時のMEG10例, 二宮宏智, 加藤天美, 今井克美, 貴島晴彦, 橋本直哉, 馬淵英一郎, 若山暁, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, P798,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262138971267
  • 難治性不随意運動に対するボツリヌス毒素治療:針筋電図モニター下選択的運動点注入法, 押野悟, 加藤天美, 貴島晴彦, 斎藤洋一, 平田雅之, 平山東, 馬場貴仁, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, P810,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234308897098
  • 難治性求心路遮断痛に対するナビゲーションガイド下経頭蓋的磁気刺激療法:刺激部位別効果について, 平山東, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, 170,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902232815316509
  • 手術支援システムに基づいた頭蓋底外科手術における,コンパートメントに分けた手術戦略, 谷口理章, 加藤天美, 瀧琢有, 橋本直哉, 都築貴, 藤本康倫, 谷直樹, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, 375,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229031607646
  • 巨大頭蓋底髄膜腫の画像誘導ラジオ波焼灼併用手術, 加藤天美, 橋本直哉, 斎藤洋一, 藤本康倫, 平山東, 谷口理章, 馬場貴仁, 木下学, 丸野元彦, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, 371,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902205181136440
  • 中枢神経損傷後のけい性麻ひのテーラーメード治療, 貴島晴彦, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 斎藤洋一, 平山東, 馬場貴仁, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 63rd, CD-ROM Abstracts, 719,   2004年10月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902203077565450
  • 情動語の感情的要素が言語関連領野に及ぼす影響 開口合成脳磁図による解析, 是枝 俊介, 平田 雅之, 崎原 ことえ, 高橋 優子, 阪上 愛, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 依藤 史郎, 臨床神経生理学, 32, 5, 567, 567,   2004年10月
  • 仮名および漢字黙読時における脳律動変化の解析, 阪上 愛, 平田 雅之, 崎原 ことえ, 是枝 俊介, 押野 悟, 平山 東, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 依藤 史郎, 臨床神経生理学, 32, 5, 578, 579,   2004年10月
  • 単語黙読に伴う局所的脳律動変化のSAM/BESA解析, 平田 雅之, 加藤 天美, 崎原 ことえ, 是枝 俊介, 阪上 愛, 押野 悟, 平山 東, 馬場 貴仁, 依藤 史郎, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 32, 5, 589, 589,   2004年10月
  • 病変にともなった症候性てんかん発作時MEG, 二宮 宏智, 加藤 天美, 今井 克美, 平田 雅之, 若山 暁, 吉峰 暁, 臨床神経生理学, 32, 5, 601, 601,   2004年10月
  • 言語機能解析 開口合成法を用いたMEGによる言語関連領野の時空間・周波数解析, 平田雅之, 加藤天美, 依藤史郎, 吉峰俊樹, 臨床脳波, 46, 9, 541, 546,   2004年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274045301049
    概要:健常右利き被験者8名を対象に,開口合成脳磁図解析法(SAM)を用いて3文字平仮名単語黙読に伴う局所脳律動の変化を時空間・周波数解析した.その結果,後頭葉での視覚処理に始まり,複数の言語関連領野で並列的に局所脳律動変化が生じることが明らかとなった.また,中下前頭回のβからlowγ帯域の脱同期の側方性により言語優位半球を同定できることが,ワダテストとの比較により明らかとなった
  • 開口合成法を用いたMEGによる言語関連領野の時空間・周波数解析 (言語機能解析), 平田 雅之, 加藤 天美, 依藤 史郎, 臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理, 46, 9, 541, 546,   2004年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019990139
  • 求心路遮断痛患者における大脳運動野刺激による反対側視床の活性化(Activation of contralateral thalamus in deafferentation pain (DP) patients after successful motor cortex stimulation (MCS)), 齋藤 洋一, 貴島 晴彦, 大崎 康宏, 西村 洋, 加藤 天美, 橋川 一雄, 畑澤 順, 吉峰 俊樹, 神経化学, 43, 2-3, 395, 395,   2004年08月
  • 難治性疼痛の外科的治療, 齋藤洋一, 貴島晴彦, 平山東, 馬場貴仁, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 43, 2, 132, 133,   2004年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013438917
    概要:治療経験から難治性疼痛の原因別外科的治療方針を検討した.脊髄刺激を5例の下肢痛に対して施行し,3例に有効であった.大脳皮質刺激術は14例中9例に有効であった.視床刺激術は脊髄刺激,大脳皮質刺激の無効例,不能例,5例中2例に有効であった.脊髄脊椎病変には,脊髄刺激術を第一選択し,11例中7例に有効であった.脊髄損傷後疼痛患者1例に大脳皮質刺激術施行したところ著効した,DREZotomyは3例中2例に有効性を認めた.引き抜き損傷,幻肢痛に対しては,脊髄刺激術を4例に施行して全例無効であった.脊髄刺激無効例には大脳皮質刺激術を選択しているが8例中6例に有効であった
  • 求心路遮断性疼痛に対する大脳皮質刺激前後のPETによる局所脳血流解析, 貴島晴彦, 齋藤洋一, 加藤天美, 平山東, 押野悟, 大崎康宏, 畑澤順, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 43, 2, 174, 175,   2004年07月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10013439032
    概要:慢性疼痛の動物モデルの作成が困難であることや,この治療法がまだ広く一般に行われていないことなどから,一次運動野の刺激療法がどのようなメカニズムで,慢性疼痛の抑制に働いているかは,十分に検討されていない.そこで,慢性疼痛に対して運動野刺激療法(MCS)を施行している患者に,刺激前後の局所脳血流量変化を測定し解析した.皮質刺激後には左視床後背側および左右小脳に有意な血流増加を認め,その他にも有意ではないが右橋背側,右帯状回,右直回,左眼窩脳などに血流の増加を認めた.逆に血流の低下は右中前頭回,左下前頭回,左右下頭頂小葉,右傍海馬回に認めたが,有意差は認めなかった
  • Selective soleus neurotomyにより,歩行時の足底重心移動の改善を認めた一例, 貴島晴彦, 加藤天美, 押野悟, 平田雅之, 高垣匡寿, 斎藤洋一, 佐藤睦美, 橋田剛一, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 43, 2, 168, 169,   2004年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902260128220031
    概要:43歳男.小学生の頃から両下肢の内反を認め,後脛骨筋の移行術が試行されていた.その後も歩行障害が進行した.陳旧性の血腫を伴う延髄海綿状血管腫の診断で摘出術を施行したが,その後も歩行障害を認めた.右soleus nerveの選択的局麻薬ブロックを施行したところ,歩行時の自覚症状の改善を認めたため,選択的ヒラメ筋神経切断術を行った.術後,右足関節のクローヌスの改善,アキレス腱反射の消失,足関節自動運動域は背屈位-10°から底屈位-60°と改善した.歩行ビデオ解析では,歩行周期,歩行速度の変化は認めなかった.足底接地時の足関節角度の改善は認めなかったが,踵離床時,つま先離床時の足関節の角度は,それぞれ10から18°,-2から5°へと変化した.足底圧測定により,術前術後ともつま先離床時の重心の位置は母趾付着部あたりと変化はないが,足底着床時の重心が術前は足底中央部であったものが,術後には踵側に大きく移動し,歩行時の重心移動距離の著明な増大を認めた
  • 画像誘導ラジオ波焼灼の巨大髄膜腫への応用, 加藤天美, 橋本直哉, 斎藤洋一, 平山東, 馬場貴仁, 藤本康倫, 木下学, 丸野元彦, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 43, 2, 142, 143,   2004年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902204585658436
    概要:焼灼による止血効果に注目し,巨大髄膜腫摘出時の出血軽減のため,精密な画像誘導と組織温度持続モニタのもと,ラジオ波焼灼法(RFA)を摘出操作に併用した.さらに,頭蓋外進展した髄膜腫の症状緩和のため腫瘍体積減圧に用いた.精密な画像誘導法や術中組織温持続モニタ下のRFA併用により,頭蓋底や巨大髄膜腫が安全に止血・摘出・減圧できた.RFAの適用により髄膜腫の効率的な治療が可能となった
  • 求心路遮断性とう痛に対する大脳皮質刺激前後のPETによる局所脳血流解析, 貴島晴彦, 斎藤洋一, 加藤天美, 平山東, 押野悟, 大崎康宏, 畑沢順, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 43, 2, 174, 175,   2004年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902269558504030
  • 難治性とう痛の外科的治療, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 平山東, 馬場貴仁, 押野悟, 加藤天美, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 43, 2, 132, 133,   2004年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200470718502
  • Er:YAG Laser照射と回転切削器による骨切削における組織温度上昇の比較‐内視鏡手術用の新しい骨組織削除装置の開発, 岩月幸一, 佐々木学, 加藤天美, 吉峰俊樹, 粟津邦男, 片岡研造, 岩見秀雄, 岡上吉秀, 西村巳貴則, 大阪市医学会雑誌, 53, 1/2, 61, 61,   2004年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902293446874755
  • CINE MRIが診断に有効であった胸髄くも膜炎の1例, MORRIS S, 岩月幸一, 佐々木学, 加藤天美, 吉峰俊樹, 大阪市医学会雑誌, 53, 1/2, 62, 63,   2004年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272580223437
  • 自然経過で症状が軽快した非外傷性脊髄硬膜外血腫の2症例, 佐々木学, 岩月幸一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 大阪市医学会雑誌, 53, 1/2, 59, 59,   2004年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902210807579386
  • 頚部脊柱管狭窄症に対する後方片側侵入両側開窓およびforaminotomy, 安田恵多良, 吉峰俊樹, 加藤天美, 岩月幸一, 大阪市医学会雑誌, 53, 1/2, 67,   2004年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255019585417
  • 開口合成法を用いたMEGによる言語関連領野の時空間・周波数解析, 平田雅之, 加藤天美, 井原綾, 依藤史郎, 吉峰俊樹, 臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology, 32, 3, 192, 197,   2004年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014224649
  • 【Modalityの違いによる脳機能解析 言語機能を中心に】 開口合成法を用いたMEGによる言語関連領野の時空間・周波数解析, 平田 雅之, 加藤 天美, 井原 綾, 依藤 史郎, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 32, 3, 192, 197,   2004年06月
    概要:健常被験者に対する単語黙読課題時の脳律動変化の時空間解析,脳磁図解析法を用いた脳外科患者の言語優位半球推定とアミタールテストとの比較,動詞時制変換時の高周波律動の変化について検討した.3文字平仮名単語視覚提示の黙読課題では後頭葉から頭頂側頭葉を経て前頭葉に至る脳律動変化を認め,臨床的には言語優位半球同定に有用であった.視覚提示された動詞を過去形に変換する課題では左中下前頭葉および縁上回が早期から脱同期し,これらの領域が時制変換に関与することが示唆された
  • 脳血管血流速度の定量的画像化法の開発・実用化, 中島 義和, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, INNERVISION, 19, 7, 35, 35,   2004年06月
  • 頸部脊柱管狭窄症に対する後方片側侵入両側開窓およびforaminotomy, 安田 恵多良, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岩月 幸一, 大阪市医学会雑誌, 53, 1〜2, 67, 67,   2004年06月
  • How I Do It 7 症例:斜台部脊索腫, 本郷一博, 松本健五, 吉田一成, 谷口理章, 加藤天美, 吉峰俊樹, Neurol Surg, 32, 4, 415, 425,   2004年04月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234540532764
  • 計算関連脳活動の生理学的解析, 依藤史郎, 泉裕美, 崎原ことえ, 井原綾, 加藤天美, 吉峰俊樹, 平田雅之, 日本神経学会総会プログラム・抄録集, 45th, 331,   2004年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902234756423390
  • Modalityの違いによる脳機能解析 言語機能を中心に 開口合成法を用いたMEGによる言語関連領野の時空間・周波数解析, 平田 雅之, 加藤 天美, 井原 綾, 齊藤 洋一, 谷口 理章, 二宮 宏智, 依藤 史郎, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 32, 2, 94, 94,   2004年04月
  • How I Do It 斜台部脊索腫, 本郷 一博, 松本 健五, 吉田 一成, 谷口 理章, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Neurological Surgery, 32, 4, 415, 425,   2004年04月
  • ["How I do it" No. 7, recurrent chordoma of the clivus]., Hongo K, Matsumoto K, Yoshida K, Taniguchi M, Kato A, Yoshimine T, Taniguchi M, No shinkei geka. Neurological Surgery, 32, 4, 415, 7; discussion 418,   2004年04月, 査読有り
  • 脳神経外科画像誘導ナビゲーション手術, 加藤天美, 山田敏治, 梅原勉, 中田精三, 松村泰志, 中村仁信, 吉峰俊樹, 日本外科学会雑誌, 105, 臨増, 47, 47,   2004年03月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902236606348539
  • SE-3-4 脳神経外科画像誘導ナビゲーション手術, 加藤天美, 山田敏治, 梅原勉, 中田精三, 松村泰志, 中村仁信, 吉峰俊樹, 日本外科学会雑誌, 105, 0,   2004年03月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003960562
  • 携帯型PCによるDSA画像データの解析, 中島義和, 平田雅之, 藤中俊之, 豊田真吾, 富島隆裕, 秋山智洋, 出原誠, 伊藤守, 加藤天美, 脳卒中, 26, 1, 182, 182,   2004年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200503435773
  • MEGの逆問題解法 空間フィルタリング法(SAM)による脳活動の解析, 加藤天美, 谷口理章, 平田雅之, 二宮宏智, 押野悟, 貴島晴彦, 斎藤洋一, 吉峰俊樹, 臨床脳波, 46, 2, 72, 78,   2004年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902207874019491
  • 空間フィルタリング法(SAM)による脳活動の解析 (MEGの逆問題解法), 加藤 天美, 谷口 理章, 平田 雅之, 臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理, 46, 2, 72, 78,   2004年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019990370
  • Percutaneous Laser Disc Decompression(PLDD)の適応, 岩月幸一, 加藤天美, 安田恵多良, 佐々木学, 湯口貴導, 吉峰俊樹, 大阪市医学会雑誌, 52, 3/4, 159, 160,   2003年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902292268007434
  • 脊髄,脊椎手術におけるナビゲーションシステムの使用経験, 湯口貴導, 山田淳二, 加藤天美, 吉村英明, 平吹度夫, 吉峰俊樹, 大阪市医学会雑誌, 52, 3/4, 156, 156,   2003年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902277056419296
  • 動態神経根造影が診断に有用であった椎弓根下部内側の骨肥大による根性坐骨神経痛の1例, 佐々木学, 岩月幸一, 安田恵多良, 湯口貴導, 加藤天美, 吉峰俊樹, 大阪市医学会雑誌, 52, 3/4, 160, 160,   2003年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902213109229224
  • Fenestrationを選択した頚椎椎間板ヘルニアの1例, 安田恵多良, 岩月幸一, SHAYNE M, 加藤天美, 湯口貴導, 吉峰俊樹, 大阪市医学会雑誌, 52, 3/4, 166,   2003年12月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294302685270
  • Fenestrationを選択した頸椎椎間板ヘルニアの1例, 安田 恵多良, 岩月 幸一, Shayne Morris, 加藤 天美, 湯口 貴導, 吉峰 俊樹, 大阪市医学会雑誌, 52, 3〜4, 166, 166,   2003年12月
  • 視床痛に対する大脳運動野刺激術による反対側視床の血流増加, 齋藤 洋一, 大崎 康宏, 西村 洋, 平野 俊一朗, 加藤 天美, 橋川 一雄, 畑澤 順, 吉峰 俊樹, PAIN RESEARCH, 18, 4, 199, 199,   2003年12月
  • Primary motor cortex stimulation within the central sulcus for treating deafferentation pain, Saitoh Y, Kato A, Ninomiya H, Baba T, Shibata M, Mashimo T, Yoshimine T., Acta Neurochir Suppl, 87, 149, 152,   2003年12月, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0142182190&origin=inward
  • 「画像診断(1)」開口合成法を用いた脳磁図による言語優位半球同定:laterality ndexの導入とWada test・利き手との比較, 平田雅之, 加藤天美, 斎藤洋一, 谷口理章, 二宮宏智, 押野悟, 馬場貴仁, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 62nd, CD-ROM Abstracts, 103,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902295419233856
  • 「脳血管障害画像診断(3)」虚血性脳血管障害患者における自発脳磁界の検討, 谷口理章, 加藤天美, 二宮宏智, 平田雅之, 押野悟, 馬場貴仁, 斎藤洋一, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 62nd, CD-ROM Abstracts, 315,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902275387550985
  • 「脊椎脊髄(2)」腰椎変性疾患に対する低侵襲手術, 岩月幸一, 吉峰俊樹, 加藤天美, 安田恵多良, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 62nd, CD-ROM Abstracts, 25,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273272273543
  • 「モニタリング(3)」Brain Computer Interfaceの開発:運動関連脳活動の解析, 加藤天美, 馬場貴仁, 斎藤洋一, 谷口理章, 平田雅之, 二宮宏智, 押野悟, 岩月幸一, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 62nd, CD-ROM Abstracts, 329, 330,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902264035071155
  • 「画像診断(1)」運動関連脳活動の視覚化―BCIの開発を目指して, 馬場貴仁, 加藤天美, 斎藤洋一, 谷口理章, 平田雅之, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 62nd, CD-ROM Abstracts, 104,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902245454539170
  • 「手術支援の現状」手術支援の現状と開発への取組み, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 62nd, CD-ROM Abstracts, 127, 128,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230463628510
  • 「モニタリング(3)」脳磁図・開口合成法解析による占拠性病変に伴う大脳皮質機能障害の局在診断, 押野悟, 若山暁, 馬淵英一郎, 二宮宏智, 沖田典子, 谷口理章, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 62nd, CD-ROM Abstracts, 330,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216761303788
  • 「てんかん・機能外科(1)」てんかんの術前評価における脳磁図解析の有用性‐術後成績との相関‐, 二宮宏智, 加藤天美, 谷口理章, 平田雅之, 斎藤洋一, 馬場貴仁, 押野悟, 若山暁, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 62nd, CD-ROM Abstracts, 92,   2003年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902200324063936
  • 求心路遮断痛に対する大脳一次運動野刺激術, 斎藤洋一, 加藤天美, 二宮宏智, 平田雅之, 谷直樹, 吉峰俊樹, 機能的脳神経外科, 42, 1, 36, 38,   2003年08月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902263685204641
    概要:脳卒中後疼痛9例,脳幹損傷1例,幻肢痛2例,腕神経叢損傷6例,脊髄損傷1例の計19例を対象に,大脳運動野刺激術(MCS)を施行した.術前,Thiopental,Lidocaine,Ketamine,Morphine,Phentolamine,Placeboによる薬物負荷テスト(DCT)を行った.19例中14例に除痛効果がみられ,うち9例に良好な除痛が得られた.5例の中心溝内刺激では前頭葉側area4刺激が他の部位の刺激よりも除痛が得られた.DCT結果ではMorphine有効率が最も高く50%であったが,MCS結果との間に相関はなかった.Phentolamine有効例はなく,Ketamineが有効である症例はMCSに良好に反応した.しかし,MCS著効例のうち2例は有効な薬剤がなかった.3例は30分の刺激で24時間の除痛が得られたが,2例は1時間しか効果がなく,他の症例は3〜5時間の有効時間であった.MCS後,6〜50ヵ月外来フォローしているが,2例は脳出血を起こし,1例は胃癌により死亡し,2例は感染のため装置を抜去した
  • 【痛みを主訴とする脳外科疾患の診断のポイント】 変形性腰椎症による腰背部痛,下肢痛, 岩月 幸一, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 齋藤 洋一, 安田 恵多良, 粟津 邦男, ペインクリニック, 24, 8, 1103, 1114,   2003年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902220073675130
    概要:変形性腰椎症によって引き起こされる腰痛,下肢痛は,現代社会において多くの人々を苦しめるものであり,今なお正確な診断の下に,適切な治療が行われているとは言いがたい.そこで,理学療法などの保存的治療に頼りがちな慢性腰痛の中で,lumbar facet syndromeを取り上げた.本症に対するdenervationは,有効な治療法であり,腰椎椎間板ヘルニアに対するレーザー蒸散法は,乱用により社会問題ともなっているが,適応を厳にすることで,その有用性は認められる
  • イラスト―クリニカルテクニック 人工視覚脳皮質インプラント, 加藤天美, Clin Neurosci, 21, 8, 960, 961,   2003年08月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902240726708293
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入拡大開窓及び両側椎間関節内側切除及び椎間孔開放術, 岩月幸一, 吉峰俊樹, 加藤天美, 佐々木学, 安田恵多良, 脊髄外科 : 日本脊髄外科研究会機関誌, 17, 2, 125, 130,   2003年07月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002953562
    概要:Purpose : Commonly used techniques of lumbar decompression that include bilateral takedown of paraspinal musculature and aggressive bony resection can result in significant iatrogenic sequelae. Bilateral fenestration through a unilateral approach for lumbar spinal canal stenosis has been reported as a minimally invasive procedure. In addition to this method, we have performed contralateral facetectomy and foraminotomy. In this study, we describe and analyze this technique that affords excellent decompression while minimizing damage to surrounding tissues. Materials and Methods : Between 200...
  • 椎骨脳底動脈系脳動脈りゅうの外科治療に伴う脳潅流動態変化の解析, 中島義和, 藤中俊之, 平田雅之, 谷口理章, 西尾雅実, 秋山正博, 久村英嗣, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳循環代謝, 15, 2, 75, 76,   2003年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294679581185
  • 虚血性脳血管障害患者における自発および運動誘発脳磁界, 谷口理章, 加藤天美, 二宮宏智, 平田雅之, 馬場貴仁, 喜多村祐里, 斎藤洋一, 中島義和, 吉峰俊樹, 脳循環代謝, 15, 2, 71, 72,   2003年06月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902223297123425
  • 体性感覚及び言語処理時におけるγ帯域脳律動変化の時空間的解析, 井原 綾, 崎原 ことえ, 泉 裕美, 高橋 優子, 依藤 史郎, 平田 雅之, 加藤 天美, 大崎 康弘, 臨床神経生理学, 31, 3, 327, 327,   2003年06月
  • 脊髄炎と鑑別が難しかった小児頸髄膠芽腫の一例, 渡部 貴士, 丸野 元彦, 加藤 天美, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, 大阪市医学会雑誌, 52, 1〜2, 63, 64,   2003年06月
  • Prospective studyよりみた未破裂脳動脈瘤の治療選択 : 動脈瘤サイズによる適応の差異, 松本勝美, 赤木功人, 安部倉信, 坂口健夫, 中島義和, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳卒中の外科, 31, 3, 166, 169,   2003年05月31日, 10.2335/scs.31.166, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003739544
    概要:We investigated 235 cases of unruptured cerebral aneurysms experienced in the past 9 years. There were 117 operated and 118 unoperated cases. The decision to operate was made by the patients, who were informed that the rupture rate of the discovered aneurysms was 0.5-1.0% and surgical risks were about 5%. Observation was started just after the operation for operated cases and after radiological investigation was confirmed for the unoperated cases. A Rankin scale of II or worse was considered morbidity. Aneurysms were grouped according to the aneurysm size (small, below 5 mm; medium, 5-15 mm...
  • 合成開口脳磁図解析法のてんかん外科への応用, 加藤天美, 二宮宏智, 齋藤洋一, 平田雅之, 谷口理章, 吉峰俊樹, 精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica, 105, 4, 425, 432,   2003年04月25日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10012521038
  • 1.腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側開窓, 椎間関節内側切除および椎間孔開放術, 岩月幸一, 吉峰俊樹, 加藤天美, 佐々木学, 安田恵多良, 脳神経外科ジャーナル, 12, 4,   2003年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003813814
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側開窓,椎間関節内側切除及び椎間孔開放術, 岩月 幸一, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 佐々木 学, 安田 恵多良, 脳神経外科ジャーナル, 12, 4, 298, 298,   2003年04月
  • MEG逆問題解法の検討 MEG空間フィルタリング法(SAM)による脳活動の解析 双極子法との比較, 加藤 天美, 平田 雅之, 谷口 理章, 二宮 宏智, 眞渓 歩, 齋藤 洋一, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 31, 2, 96, 96,   2003年04月
  • 尖度解析を加えた合成開口脳磁図(SAM)仮想センサー法解析, 二宮 宏智, 加藤 天美, 今井 克美, Robinson Stephan E, 谷口 理章, 平田 雅之, 馬場 貴仁, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 31, 2, 183, 183,   2003年04月
  • 体性感覚刺激脱落時における脳活動の検討, 井原 綾, 大崎 康弘, 崎原 ことえ, 泉 裕美, 高橋 優子, 河野 薫, 今岡 弘之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 依藤 史郎, 臨床神経生理学, 31, 2, 189, 189,   2003年04月
  • 専門医に求められる最新の知識 機能外科 難治性とう痛に対する脳皮質刺激療法, 斎藤洋一, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳神経外科速報, 13, 3, 282, 286,   2003年03月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902233712743170
  • 専門医に求められる最新の知識 機能外科 難治性疼痛に対する脳皮質刺激療法, 齋藤 洋一, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 脳神経外科速報, 13, 3, 282, 286,   2003年03月
  • 開口合成脳磁図解析法による言語関連領域の画像化 : Wada test、利き手側との比較<脳磁図>, 加藤天美, 平田雅之, 二宮宏智, 今井克美, 齋藤洋一, 谷口理章, 貴島晴彦, 馬場貴仁, 中村仁信, 吉峰俊樹, てんかん研究, 21, 1, 47, 48,   2003年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/20004459484
  • The elucidation of the propagation of epileptic activity between bilateral hemispheres analyzed by synthetic aperture magnetometry (SAM), 二宮宏智, 加藤天美, 今井克美, 平田雅之, 谷口理章, 馬場貴仁, 吉峰俊樹, てんかん研究, 21, 1, 48, 49,   2003年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/20004459489
  • Er:YAG レーザー照射と回転切削器による骨切削における組織温度上昇の比較, 岩月幸一, 湯口貴導, 佐々木学, 安田恵多良, 加藤天美, 吉峰俊樹, 粟津邦男, 片岡研造, 岩見秀雄, 岡上吉秀, 西村巳貴則, 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 14, 1, 265, 265,   2003年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010522970
  • 開口合成脳磁図解析法による言語関連領域の画像化 Wada test,利き手側との比較, 加藤 天美, 平田 雅之, 二宮 宏智, 今井 克美, 齋藤 洋一, 谷口 理章, 貴島 晴彦, 馬場 貴仁, 中村 仁信, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 21, 1, 47, 48,   2003年02月
  • Synthetic aperture magnetometry(SAM)により分析された脳両側半球間のてんかん波伝播の説明, 二宮 宏智, 加藤 天美, 今井 克美, 平田 雅之, 谷口 理章, 馬場 貴仁, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 21, 1, 48, 49,   2003年02月
  • Prospective studyよりみた未破裂脳動脈りゅうの治療選択  動脈りゅうサイズによる適応の差異:―動脈瘤サイズによる適応の差異―, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 坂口 健夫, 中島 義和, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 脳卒中の外科, 31, 3, 166, 169,   2003年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004479442
    概要:We investigated 235 cases of unruptured cerebral aneurysms experienced in the past 9 years. There were 117 operated and 118 unoperated cases. The decision to operate was made by the patients, who were informed that the rupture rate of the discovered aneurysms was 0.5-1.0% and surgical risks were about 5%. Observation was started just after the operation for operated cases and after radiological investigation was confirmed for the unoperated cases. A Rankin scale of II or worse was considered morbidity. Aneurysms were grouped according to the aneurysm size (small, below 5 mm; medium, 5-15 mm; large, over 15 mm). Surgical mortality was 0.9%, and morbidity was 2.7%. Surgical morbidity and mortality increased according to aneurysm size. The rupture rate of the unoperated cases increased as aneurysm size increased. The annual rupture rate of the small group was 0.4%, whereas the medium group was 6.4% and the large group was 11.4%. The rate of subarachnoid hemorrhage after treatment of the unruptured cerebral aneurysms was 0.2% per year. Based on these data, we investigated 2 groups of unoperated and operated patients using the Kaplan-Meyer curve and Log-Rank test. Concerning mortality, the operated cases had a significantly better outcome than unoperated cases. When morbidity was included, no significant efficacy was noted. However, in the medium group (5-15 mm size), patients undergoing surgery showed significantly better outcome. These results indicate careful selection of the treatment of unruptured cerebral aneurysm is necessary. Observation may be indicated especially when the aneurysm size is below 5 mm.
  • 同軸照明手術用顕微鏡と光学系ナビゲーションの活用による経蝶形骨洞手術, 斎藤洋一, 加藤天美, 山田淳二, 谷口理章, 馬場貴仁, 中平理恵, 吉峰俊樹, 日本間脳下垂体腫よう学会プログラム・抄録集, 13th, 87,   2003年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249872290249
  • 後頭葉部分てんかんの発作時脳磁図(magnetoencephalography:MEG)の一例, 二宮宏智, 中島義和, 加藤天美, 今井克美, 谷口理章, 平田雅之, 斉藤洋一, 若山暁, 吉峰俊樹, 臨床脳波, 44, 12, 805, 809,   2002年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101604980049
    概要:49歳男.48歳時に右後頭葉の脳内出血を発症し,血管撮影で脳動静脈奇形と診断された.手術後2ヵ月目に視覚性部分発作を発症し,術後4ヵ月目には意識減損を伴う複雑部分発作を呈した.部分発作時にEEG及び脳磁図(MEG)を施行した結果,EEGでは不規則な徐波を混じた癲癇性棘波・鋭波群発を認め,MEGでは多棘徐波複合の癲癇性発火を認めた.更に,発作時の等価電流双極子は,出血及び術後変化した嚢胞性病変の上外側部に集中して分布していた.また,EMGを詳細に検討すると,各センサーでの棘波のピークの位相は異なってり,1相目について3.3msec毎に等磁界図を描くと,等価電流双極子パターンの位置や方向性は変化した.フェニトイン,ゾニサミド,バルプロ酸ナトリウムの内服をカルバマゼピンに変更したところ著効し,現在外来通院加療中である.以上より,等価電流双極子の集積した局在性は,病変に一致し,症状にも合致し,診断価値が高いと考えられた
  • 症例 後頭葉部分てんかんの発作時脳磁図(magnetoencephalography : MEG)の一例, 二宮 宏智, 中島 義和, 加藤 天美, 臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理, 44, 12, 805, 809,   2002年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019992014
  • 新しい脳磁界計測法による難治性てんかんの非侵襲的病態解明と外科的治療, 加藤天美, 二宮宏智, 平田雅之, 新居康夫, 谷口理章, 今井克美, 中村仁信, ROBINSON S E, 吉峰俊樹, てんかん治療研究振興財団研究年報, 14, 161, 167,   2002年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902117971875239
  • Image guided neurosurgery, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 耳鼻咽喉科展望, 45, 5, 421, 427,   2002年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902124703299582
  • 腫よう摘出術へのナビゲーションシステムの有用性, 山田淳二, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 谷口理章, 斎藤洋一, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 1272.3P1DP05,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902199516343187
  • 内視鏡下浅側頭動脈剥離の試み, 久保重喜, 瀧本洋司, 祝迫恒介, 山中一功, 細井和貴, 豊田真吾, 上野正人, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 1346.3A1DP09,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902187196366061
  • 斜台部脊索腫再発例に対する治療戦略, 谷口理章, 加藤天美, 貴島晴彦, 中島義和, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 671.2P1DP03,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186563142667
  • 硬性鏡/ホルダー一体型内視鏡システムの開発, 種子田護, 大平貴之, 岡田芳和, 加藤天美, 河瀬斌, 北野昌彦, 桐野高明, 佐々木富男, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 1075.3A206,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902176506690822
  • 人工視覚インプラントの開発-現状と展望-, 加藤天美, 貴島晴彦, 山田淳二, 斎藤洋一, 馬場貴仁, 佐々木仁, 福田淳, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 618.2P110,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902160172161927
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)よる言語優位半球同定: laterality indexの導入とWada testとの比較, 平田雅之, 加藤天美, 斎藤洋一, 二宮宏智, 谷口理章, 安部倉信, 久村英嗣, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 1141.3A109,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902150364431086
  • 側頭葉外てんかんの術前評価における脳磁図解析の有用性 -合成開口法解析の応用-, 二宮宏智, 加藤天美, 平田雅之, 谷口理章, 新居康夫, 今井克美, 馬場貴仁, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 74.1A204,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902134854913873
  • 頚椎前方固定用スレッド型気孔率0%水酸アパタイトスペーサーの強度実験, 安田恵多良, 岩月幸一, 加藤天美, 斎藤洋一, 湯口貴導, 吉峰俊樹, 山口和芳, 中島武彦, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 497.2A104,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133401896335
  • 遺伝子治療による脳保護療法の可能性, 斎藤洋一, 秋山智洋, 萩原靖, 中島義和, 加藤天美, 恵口豊, 金田安史, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 1375.3P1DP10,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128741289308
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入bilateral fenestration 及びbilateral foraminotomy, 岩月幸一, 加藤天美, 斉藤洋一, 湯口貴導, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 127.1A206,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126366493528
  • 一側大脳半球完全離断後の神経機能発達基盤としての皮質機能再組織化の解明, 吉峰俊樹, 加藤天美, 斉藤洋一, 丸野元彦, 二宮宏智, 貴島晴彦, 平田雅之, 馬場貴仁, 新居康夫, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 61st, CD-ROM Abstracts, 50.1A103,   2002年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902117773083734
  • 循環器機能画像診断における定量化技術とその臨床応用に関する研究, 石田良雄, 船橋伸禎, 松崎益徳, 西村恒彦, 米倉義晴, 森竹浩三, 犬伏俊郎, 加藤天美, 広岡慶治, 厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, 2001, 218, 234,   2002年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902164204483617
  • 体性運動感覚野皮質の運動関連脳波解析による運動意図判定, 馬場貴仁, 加藤天美, 水野由子, 斎藤洋一, 谷口理章, 篠崎和弘, 下条真司, 二宮宏智, 吉峰俊樹, 人工臓器(日本人工臓器学会), 31, 2, S.175, S175,   2002年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902191701544686
  • 開口合成脳磁図解析法による言語関連領域の画像化 : Wada test、利き手側との比較, 加藤天実, 平田雅之, 二宮宏智, 齋藤洋一, 谷口理章, 貴島晴彦, 馬場貴仁, 中村仁信, 吉峰俊樹, 日本てんかん学会プログラム・予稿集, 36,   2002年09月11日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006375581
  • クモ膜下出血急性期における脳循環動態の解析, 中島 義和, 横田 順一朗, 坂下 恵治, 久村 英嗣, 平田 雅之, 加藤 天美, 藤中 俊之, 西尾 雅実, 秋山 正博, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, 脳循環代謝, 14, 3, 238, 239,   2002年09月
  • 未破裂脳動脈りゅう症例の非手術例と手術例の中期予後よりみた手術適応 統計的バイアスを最小限にする工夫, 松本勝美, 赤木功人, 安部倉信, 坂口健夫, 富島隆宏, 山本和己, 甲村英二, 加藤天美, 吉峰俊樹, Mt Fuji Work CVD, 20th, 5, 8,   2002年07月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133858934747
  • 腰部脊柱管狭窄症の鑑別 特に糖尿病性ニューロパシーとの鑑別, 岩月幸一, 加藤天美, 湯口貴導, 吉峰俊樹, 脳神経外科速報, 12, 7, 545, 549,   2002年07月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902138327125781
  • 【21世紀の脳動脈瘤治療】 未破裂脳動脈瘤の治療指針 未破裂脳動脈瘤症例の非手術例と手術例の中期予後よりみた手術適応 統計的バイアスを最小限にする工夫, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 坂口 健夫, 富島 隆宏, 青木 正之, 山本 和己, 甲村 英二, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, The Mt. Fuji Workshop on CVD, 20, 5, 8,   2002年07月
    概要:過去9年間に経験した未破裂脳動脈瘤非手術例107例,手術例114例を対象とし,サイズ,部位別に手術の有効性を検討した.非手術例の破裂率は年間2.2%であった.Anterior circulationでは,非手術例の破裂率はサイズ5mm以下(AS群)では年間0.5%であったが,5〜15mmのAM群では年間8.6%と17倍にも危険率が増加した.サイズ15mm以上(AL群)では破裂した動脈瘤は認めなかったが,症例が少なく必ずしも正確な易破裂性を反映していない.Posterior circulation(P群)では,破裂率は4.1%とanterior circulationに比べ高かった.手術例では手術合併症はAS群では2.4%と低く,AM群では5.0%とやや高い傾向にあった.各群間での手術例と非手術例をmorbidity,mortalityをあわせて検討すると,AS,AL群では有意差はなく,AM群でのみ手術群で有意に良好であった
  • 研修医のためのクリニカルカンファレンス 腰部脊柱管狭窄症の鑑別 特に糖尿病性ニューロパシーとの鑑別, 岩月 幸一, 加藤 天美, 湯口 貴導, 吉峰 俊樹, 脳神経外科速報, 12, 7, 545, 549,   2002年07月
    概要:64歳男.12年前に腰椎椎間板ヘルニア摘出術を受け,10年前より糖尿病を指摘されていた.平成13年右大腿部に疼痛が出現し,その後左下腿側の疼痛も加わった.疼痛は両下肢末梢に強くなり,間欠性跛行を呈するようになり,次第に歩行も不可能になった.右腸腰筋,右大腿四頭筋,左右の前頸骨筋,長趾伸筋,腓腹筋,大殿筋で筋力の低下を認めた.ラセーグ兆候は左右とも陰性,Straight Leg Raising testは,右70度陰性,左80度陰性であった.MRIで,LS3/4レベルで著しい硬膜嚢の狭小化,L4/5レベルで術後変化と思われる硬膜嚢の拡大が認められた.下肢疼痛は血糖値がコントロールされても続くこと,代謝性神経障害に特徴的とされる振動覚の低下がみられないことから,下肢疼痛の主因を脊柱管狭窄と考え,L3/4の両側開窓術を実施した.術翌日より下肢疼痛の消失を得た
  • 頭痛・とう痛 求心路遮断痛の頻度と治療の現状, 斎藤洋一, 加藤天美, 山本和己, 吉峰俊樹, 神経研究の進歩, 46, 3, 441, 446,   2002年06月10日, 10.11477/mf.1431901367, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902139422187480
  • 【頭痛・疼痛】 求心路遮断痛の頻度と治療の現状, 齋藤 洋一, 加藤 天美, 山本 和己, 吉峰 俊樹, 神経研究の進歩, 46, 3, 441, 446,   2002年06月
    概要:脊髄損傷1418例,腕神経叢損傷62例,四肢切断371例,脳卒中4942例,外傷性脳損傷752例による求心路遮断痛の頻度,対処法についてアンケート調査を行った.難治性疼痛となっているのが,各原因疾患により167例と多かったのに対し,脳神経外科的治療を受けたのは28例のみで,一定の治療方針はなかった.現在の治療方針について,薬物治療から外科治療まで解説した
  • 求心路遮断痛の頻度と治療の現状 (特集 頭痛・疼痛), 齋藤洋一, 加藤天美, 山本和己, 神経研究の進歩, 46, 3, 441, 446,   2002年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40001886581
  • PISCESの適応とその限界 求心路遮断痛に対する大脳運動領野刺激術, 齋藤 洋一, 柴田 政彦, 平野 俊一朗, 貴島 晴彦, 加藤 天美, 真下 節, 吉峰 俊樹, 日本ペインクリニック学会誌, 9, 2, 90, 90,   2002年04月
  • 未破裂脳動脈瘤クリッピング術後の中期予後(<特集>脳卒中治療の中・長期予後), 松本勝美, 赤木功人, 安部倉信, 坂口健夫, 富島隆宏, 青木正之, 山本和己, 甲村英二, 加藤天美, 吉峰.俊樹, 脳卒中の外科, 30, 2, 83, 87,   2002年03月31日, 10.2335/scs.30.83, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003739765
    概要:We investigated surgical immediate and semi-long-term results of the unruptured aneurysms in 113 patients. Between 1992 and 2000, we operated 110 unruptured anterior circulation aneurysms and 3 unruptured posterior circulation aneurysms. The mean age was 57.7 years, mean aneurysm size was 7.0 mm, and mean follow-up period was 4.7 years. Surgical complication was judged at 6 months, and patients with worsening of Modified Rankin Score of more than II were considered surgical morbidity. Patients were subsequently followed to clarify the occurrence of subarachnoid hemorrhage, aneurysm regrowth...
  • 前頭葉てんかんの1手術例からみた症候学的メカニズム 合成開口脳磁図による解析, 加藤天美, 二宮宏智, 新居康夫, 今井克美, 谷口理章, 斎藤洋一, 平田雅之, 山田淳二, 吉峰俊樹, 臨床脳波, 44, 3, 193, 200,   2002年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902163922618095
    概要:6歳男.強直性姿勢発作を頻回に認め,自閉的で知能発育は著明に遅延していた.発作間欠期脳波では両側前頭部に高電位棘波が絶え間なく観察され,右前頭葉に優位ではあるが局在に乏しかった.脳磁計各チャンネルからの生波形により作成した等磁図では,棘波は微妙に同期が崩れており,ダイポールパターンを形成するものはごく少数であった.発散せずに求められたダイポールは右前頭葉の皮質下,深部白質,眼窩面に散在し,一部は右側頭葉や左前頭葉にも分布していた.局在の絞り込みのため,合成開口理論に基づく脳磁図解析であるSAM仮想センサー法を適用したところ,右側の前頭葉内側底面,左側の前頭葉眼窩面,右側前頭葉極のやや背側に異常波の起始部位を認め,ごく短時間に同側半球の後部や対側に広がる傾向を認めた.これらの所見に基づいて吻側2/3のcallosotomyと右前頭葉に広範なMSTを施行した.術後7ヵ月で,軽度のSPSが残存する程度となり,脳波所見も改善した
  • 脳磁図による言語野の解析, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, Clin Neurosci, 20, 3, 354, 355,   2002年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902151803295875
  • イラスト-クリニカルテクニック 脳磁図による言語野の解析, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Clinical Neuroscience, 20, 3, 354, 355,   2002年03月
  • 【脳卒中治療の中・長期予後】 未破裂脳動脈瘤クリッピング術後の中期予後, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 坂口 健夫, 富島 隆宏, 青木 正之, 山本 和己, 甲村 英二, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 脳卒中の外科, 30, 2, 83, 87,   2002年03月
    概要:1992年度から2000年度まで手術を施行した未破裂脳動脈瘤113例を対象とし,中期的にみてその手術が有効かどうかを検討した.未破裂脳動脈瘤の手術mortalityは0.9%,morbidityは3.5%であった.発見された未破裂脳動脈瘤をクリッピングすることによりクモ膜下出血は約1/10に減少し,予防的手術は有効であった.しかし,動脈瘤の再発は最低でも0.56%/yearの頻度であり,術後も画像上の経過観察をする必要性があると思われた
  • 症例 前頭葉てんかんの1手術例からみた症候学的メカニズム : 合成開口脳磁図による解析, 加藤 天美, 二宮 宏智, 新居 康夫, 臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理, 44, 3, 193, 200,   2002年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019990749
  • 胎児仮死のともなった2ヵ所の孔脳症をもつ難治性てんかんの1手術例(外科治療), 二宮宏智, 加藤天美, 平田雅之, 山田淳二, 貴島晴彦, 平野俊一郎, 今井克美, 吉峰俊樹, てんかん研究, 20, 1,   2002年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/20004008839
  • 胎児仮死にともなった2ヶ所の孔脳症をもつ難治性てんかんの1手術例, 二宮 宏智, 加藤 天美, 平田 雅之, 山田 淳二, 貴島 晴彦, 平野 俊一郎, 今井 克美, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 20, 1, 67, 67,   2002年02月
  • 術中運動誘発電位(MEP), 貴島晴彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, Annual Review 神経, 2002, 39, 43,   2002年01月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902169095802261
  • 神経 最新の脳画像診断と治療機器 New Technologyの臨床応用 脳機能はMEGでどこまで見える?, 加藤天美, 斎藤洋一, 二宮宏, 平田雅之, 谷口理章, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, Mebio, 19, 1, 30, 35,   2002年01月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902175170758362
  • 検査法 術中運動誘発電位(MEP), 貴島 晴彦, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, Annual Review神経, 2002, 39, 43,   2002年01月
  • 脳卒中治療の中・長期予後  未破裂脳動脈りゅうクリッピング術後の中期予後, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 坂口 健夫, 富島 隆宏, 青木 正之, 山本 和己, 甲村 英二, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 脳卒中の外科, 30, 2, 83, 87,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004479389
    概要:We investigated surgical immediate and semi-long-term results of the unruptured aneurysms in 113 patients. Between 1992 and 2000, we operated 110 unruptured anterior circulation aneurysms and 3 unruptured posterior circulation aneurysms. The mean age was 57.7 years, mean aneurysm size was 7.0 mm, and mean follow-up period was 4.7 years. Surgical complication was judged at 6 months, and patients with worsening of Modified Rankin Score of more than II were considered surgical morbidity. Patients were subsequently followed to clarify the occurrence of subarachnoid hemorrhage, aneurysm regrowth and occurrence of stroke other than subarachnoid hemorrhage. Surgical mortality was noted in 1 patient (0.9%), and morbidity was noted in 4 patients (3.5%). Subarachnoid hemorrhage after clipping surgery was noted in 1 patient, accounting for 0.19%/year of occurrence. One patient had recurrence of aneurysms and another had de novo aneurysms. The rate of occurrence of aneurysms after clipping of the unruptured cerebral aneurysms was at least 0.56%/year. Six cases had stroke other than subarachnoid hemorrhage. Especially patients whose aneurysm was found during investigation of ischemic stroke had recurrent ischemic disease at a rate of 4.5%/year. These results indicate the necessity of long-term observation of patients previously treated for unruptured aneurysm.
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 二宮宏智, 山田淳二, 押野悟, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, 脳循環代謝, 13, 4, 356, 357,   2001年12月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902131637281924
  • DSA画像解析によるクモ膜下出血の重症度評価と予後予測, 中島伸, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳循環代謝, 13, 4, 376, 377,   2001年12月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902120041945203
  • 座長コメント, 加藤 天美, 佐々木 健, 田村 進一, 篠原 一彦, 太田 裕治, 米延 策雄, 正宗 賢, 浅野 武秀, 中郡 聡夫, 山内 康司, 富川 盛雅, 波多 伸彦, Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS, 3, 3, 93, 95,   2001年12月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025680706
  • 生体肝移植術後急性期に併発した肝動脈狭窄に対し経動脈的バルーン拡張術が有効であった1歳女児の1例, 長谷川利路, 佐々木隆士, 岡田正, 中土義章, 杉浦孝司, 加藤天美, 中島義和, 堂野圭三, 加藤友朗, 移植, 36, 6, 409, 410,   2001年12月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902152488001856
  • くも膜下出血急性期における脳循環動態の解析, 中島義和, 横田順一朗, 坂下恵治, 久村英嗣, 平田雅之, 加藤天美, 藤中雅之, 西尾雅実, 吉峰俊樹, 日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 13th, 121,   2001年10月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902106354655327
  • 一次視覚野電気刺激による人工視覚再建の試み, 貴島晴彦, 加藤天美, 山田淳二, 斉藤洋一, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 60th, Abstract, 212,   2001年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902199927509523
  • 未破裂動脈りゅうの治療成績と予後不良因子の検討, 萩原靖, 中島義和, 藤中俊之, 加藤天美, 甲村英二, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 60th, Abstract, 297,   2001年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902196378101224
  • 21世紀の脳神経外科手術システム 手術台の高機能化, 平田雅之, 加藤天美, 斉藤洋一, 貴島晴彦, 二宮宏智, 山田淳二, 谷口理章, 赤木功人, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 60th, Abstract, 34,   2001年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902168591610481
  • 松果体部腫ようへのoccipital transtentorial approach 手術技法の工夫, 加藤天美, 平田雅之, 丸野元彦, 斎藤洋一, 貴島晴彦, 山田淳二, 福島祐治, 岩本文徳, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 60th, Abstract, 75,   2001年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902150549827288
  • 難治性側頭葉外てんかんの外科治療 SAM解析によるてんかん性異常波発生源の同定, 二宮宏智, 加藤天美, 平田雅之, 谷口理章, 新居康夫, 山田淳二, 平野俊一朗, 今井克美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 60th, Abstract, 79,   2001年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136863874875
  • 運動野グリオーマの肉眼的全摘術, 斎藤洋一, 加藤天美, 平田雅之, 貴島晴彦, 山田淳二, 谷口理章, 二宮宏智, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 60th, Abstract, 56,   2001年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902112382983836
  • グリオーマ摘出術における統合型ナビゲーションシステムの有用性, 山田淳二, 加藤天美, 貴島晴彦, 平田雅之, 二宮宏智, 斉藤洋一, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 60th, Abstract, 47,   2001年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902102518076492
  • Synthetic aperture magnetometry(SAM)による脳機能の同定, 加藤天美, 谷口理章, 平田雅之, 貴島晴彦, 二宮宏智, 斎藤洋一, 中村仁信, STEPHAN R, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 60th, Abstract, 185,   2001年10月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902102007616596
  • くも膜下出血急性期における脳潅流不全病態の解析, 中島義和, 加藤天美, 平田雅之, 久村英嗣, 湯口貴導, 甲村英二, 坂下恵治, 横田順一朗, 吉峰俊樹, 脳循環代謝, 13, 3, 148, 149,   2001年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902189673615578
  • クモ膜下出血急性期における脳灌流不全病態の解析, 中島 義和, 加藤 天美, 平田 雅之, 久村 英嗣, 湯口 貴導, 甲村 英二, 坂下 恵治, 横田 順一朗, 吉峰 俊樹, 脳循環代謝, 13, 3, 148, 149,   2001年10月
  • G-3 胎児仮死にともなった2ヶ所の孔脳症をもつ難治性てんかんの1手術例, 二宮宏智, 加藤天美, 平田雅之, 山田淳二, 貴島晴彦, 平野俊一郎, 今井克美, 吉峰俊樹, 日本てんかん学会プログラム・予稿集, 35,   2001年09月27日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002671955
  • 脳動脈りゅう患者における脳潅流不全による虚血病態の解明, 中島義和, 加藤天美, 平田雅之, 久村英嗣, 湯口貴導, 甲村英二, 吉峰俊樹, 坂下恵治, 横田順一朗, Mt Fuji Work CVD, 19th, 64, 66,   2001年07月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186905813828
  • てんかん 最近の病態解明と治療 脳磁図(MEG)のてんかん外科への応用, 加藤天美, 二宮宏智, 平田雅之, 谷口理章, 貴島晴彦, 今井克美, 吉峰俊樹, 脳21, 4, 3, 256, 262,   2001年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128874557550
    概要:近年,脳の電気活動を直接的に高い空間分解能ならびに時間分解能で捉えることができる脳磁図(MEG)が実用化され,癲癇性異常神経活動の解析にも応用されている.通常,発作間欠期棘波を等価電流双極子法を用いて解析し,それらの電流源より脳波異常域の解剖学的同定に用いられている.最近,MEG信号解析に合成開口法に基づく空間フィルタリング(SAM)を応用し,あたかも頭蓋内電極を挿入したかのように脳内局所の電気活動を記録する方法(SAM仮想センサー法)や,更に脳機能賦活に伴う脳律動の事象関連同期或いは脱同期の範囲を画像化する方法(SAM統計法)が開発され,癲癇外科において新展開がもたらされようとしている
  • てんかん 最近の病態解明と治療 脳磁図によるてんかん性異常神経活動の解析, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳21, 4, 3, 218, 221,   2001年07月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902106838309296
  • 脳虚血の診断 CT,その他 脳動脈瘤患者における脳灌流不全による虚血病態の解明, 中島 義和, 加藤 天美, 平田 雅之, 久村 英嗣, 渡部 貴士, 湯口 貴導, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, 坂下 恵治, 横田 順一朗, The Mt. Fuji Workshop on CVD, 19, 64, 66,   2001年07月
    概要:破裂脳動脈瘤によるクモ膜下出血急性期で,破裂後6時間以内にsingle slice dynamic CT検査を行い,続いてdigital subtraction angiography(DSA)検査を行った25例を対象とした.前交通動脈8例,前大脳動脈3例,内頸動脈6例,中大脳動脈3例,脳底動脈l例であった.発症からダイナミックCT検査まで167±89分,DSA検査まで284±101分であった.平均24日で自宅退院(死亡を含む)又は他院へ転院したが,その時点での短期予後分類で,PI値はC4,M1,M4,A3のいずれにおいても有意差が認められた.また巨大脳動脈瘤では瘤内に造影剤が停滞し,動脈癌流出動脈における入力関数が変化した為,巨大脳動脈瘤より末梢のPI値が急に延長した.瘤痛内で血流停滞がみられるが,deconvolution法による補正により脳灌流状態は遅延しないことが明らかとなった
  • 未破裂脳動脈瘤手術例,非手術例の経過よりみた治療上の問題点(<特集>未破裂脳動脈瘤の治療指針), 松本勝美, 赤木功人, 安部倉信, 山本和己, 中島義和, 加藤天美, 甲村英二, 吉峰俊樹, 脳卒中の外科, 29, 3, 155, 159,   2001年05月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003739709
    概要:To assess the usefulness of surgery in patients with unruptured cerebral aneurysms to prevent subarachnoid hemorrhage (SAH), we analyzed surgical complications, long-term follow-up results of surgery, and occurrence of SAH in unoperated patients. In the past 8 years (1992-1999), we found 271 patients with unruptured cerebral aneurysms. Excluding patients who had undergone clipping surgery for the unruptured aneurysms together with ruptured aneurysm at one time, we investigated 105 operated patients and 92 unoperated patients. The mean size of the aneurysm was 7.1 mm for operated patients, a...
  • 未破裂脳動脈りゅうの治療指針 未破裂脳動脈りゅう手術例,非手術例の経過よりみた治療上の問題点, 松本勝美, 赤木功人, 安部倉信, 山本和己, 中島義和, 加藤天美, 甲村英二, 吉峰俊樹, 脳卒中の外科, 29, 3, 155, 159,   2001年05月31日, 10.2335/scs.29.155, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902151739142741
  • 【未破裂脳動脈瘤の治療指針】 未破裂脳動脈瘤手術例,非手術例の経過よりみた治療上の問題点, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 山本 和己, 中島 義和, 加藤 天美, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, 脳卒中の外科, 29, 3, 155, 159,   2001年05月
    概要:未破裂脳動脈瘤の手術例105例(A群),保存的経過観察例92例(B群)を追跡調査し,最終転帰を比較した.B群のうちくも膜下出血を来たしたのは6例あり,5例が死亡した.また,くも膜下出血との診断には至らなかったが死亡したのが2例あった.サイズ5mm未満の動脈瘤の自然経過は良好で,破裂例はなかった.5〜15mmでは破裂率が9.4%/年に達し,15mm以上の破裂率4.6%であった.A群のサイズ別術後合併症は,サイズ5mm以下では死亡はなく,合併率は2.4%と良好であった.5〜15mmでは1例(1.8%)が死亡,3例(5.5%)が合併症を生じた.15mm以上では術後合併症が多く,37.5%に脳塞栓症や視神経損傷などを認めた
  • 3.Navigationを用いたグリオーマ手術の要点, その有効性と問題点, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 10, 4,   2001年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003812041
  • Navigationを用いたグリオーマ手術の要点,その有効性と問題点, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 10, 4, 288,   2001年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902174003289770
  • Functional brain mapping using synthetic aperture magnetometry(SAM), M. Hirata, A. Kato, M. Taniguchi, T. Yoshimine, Brain and Nerve, 53, 117, 122,   2001年04月02日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0035078432&origin=inward
  • 脳手術中の大脳皮質機能mapping 脳磁図解析および硬膜下電極刺激による言語・運動・感覚領野mapping, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 二宮宏智, 貴島晴彦, 山田淳二, 吉峰俊樹, 臨床脳波, 43, 4, 205, 211,   2001年04月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107877571883
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析, 平田 雅之, 加藤 天美, 谷口 理章, 二宮 宏智, 貴島 晴彦, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 29, 2, 170, 170,   2001年04月
  • 前頭葉てんかんの1手術例からみた症候学的メカニズム, 二宮 宏智, 加藤 天美, 平田 雅之, 山田 淳二, 新居 康夫, 久村 英嗣, 平野 俊一朗, 谷口 理章, 今井 克美, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 29, 2, 200, 200,   2001年04月
  • 脳手術中の大脳皮質機能mapping 脳磁図解析及び硬膜下電極刺激による言語・運動・感覚領野mapping, 平田 雅之, 加藤 天美, 谷口 理章, 二宮 宏智, 貴島 晴彦, 山田 淳二, 吉峰 俊樹, 臨床脳波, 43, 4, 205, 211,   2001年04月
    概要:Synthetic aperture magnetometry(SAM)法は,高次脳機能の賦活に伴う複雑な脳律動変化の局在とその時間的推移を,高い分解能でとらえられる画期的な解析法であると考えられる.脳外科患者の言語優位半球の推定や,硬膜下電極刺激と併用した機能局在診断に有用である
  • グリオーマの手術 Navigationを用いたグリオーマ手術の要点,その有効性と問題点, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 10, 4, 288, 288,   2001年04月
  • 脳磁図解析および硬膜下電極刺激による言語・運動・感覚領野mapping (脳手術中の大脳皮質機能mapping), 平田 雅之, 加藤 天美, 谷口 理章, 臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理, 43, 4, 205, 211,   2001年04月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019990824
  • 脳卒中診療における脳血管内血流速度マッピング法の応用, 中島義和, 平田雅之, 加藤天美, 久村英嗣, 秋山智洋, 藤中雅之, 湯口貴導, 横田順一朗, 吉峰俊樹, 脳卒中, 23, 1, 127, 127,   2001年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129520863570
  • 手術計画のための機能診断と外科解剖 前頭葉言語領野周辺, 吉峰俊樹, 平田雅之, 二宮宏智, 谷口理章, 山田淳二, 貴島晴彦, 加藤天美, 脳神経外科ジャーナル, 10, 3, 142, 147,   2001年03月20日, 10.7887/jcns.10.142, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136034791962
    概要:前頭葉外側表面には中心前回,上前頭回,中前頭回,下前頭回の四つの長い脳回がある.下前頭回後部にはシルビウス裂前端付近で分枝する上行枝及び水平枝により,弁蓋部及び三角部が区画される.弁蓋部と三角部を合わせたいわゆるBroca野は運動性言語中枢として有名であるが,ここに限局した損傷では典型的なBroca失語は生じにくく,多くはシルビウス裂周辺の広範な病変によって惹起される.その他,中心前回下部(一次運動野),中前頭回後部(Exnerの書字中枢),補足運動野等の前頭葉言語領域が,側頭葉,頭頂葉,島皮質や大脳基底核,小脳など複数の領域と機能的に連絡し,全体として言語機能を担っている
  • クモ膜下出血院内再破裂症例に対する中等度低体温療法, 中島 義和, 長谷川 洋, 横田 順一朗, 溝端 康光, 吉田 裕彦, 久村 英嗣, 加藤 天美, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, 厚生年金病院年報, 26, 35, 43,   2001年03月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902145054637454
    概要:症例1:73歳女.偶発低体温状態にて再出血をきたした.症例2:44歳男.常温にて再出血をきたしただちにバルビタール急速投与下に全身の冷却を開始した.低体温下麻酔にて緊急脳動脈クリッピング術を行った.その結果,低体温維持中,頭蓋内圧は良好に管理された.いずれの症例も復温時に頭蓋内圧上昇が認められたため復温に時間を要した.血管内治療を行った症例は患側に広範囲な脳損傷をきたすも,リハビリテーション治療により発症2年後に部分的に社会復帰を果たし得た
  • グリオーマ update 手術治療の現況 ニューロナビゲーター, 貴島晴彦, 加藤天美, 山田淳二, 平田雅之, 吉峰俊樹, Clin Neurosci, 19, 3, 329, 332,   2001年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902163817698040
  • てんかん手術におけるsynthetic aperture magnetometry(SAM)の有用性(外科治療), 加藤天美, 二宮宏智, 新居康夫, 平田雅之, 谷口理章, 平野俊一朗, 今井克美, 押野悟, 吉峰俊樹, てんかん研究, 19, 1,   2001年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/20004008640
  • Eloquent areaのてんかん外科(外科治療), 二宮宏智, 加藤天美, 沖永剛志, 今井克美, 新居康夫, 平田雅之, 谷口理章, 押野悟, 平野俊一朗, 吉峰俊樹, てんかん研究, 19, 1,   2001年02月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/20004008652
  • 外科治療 てんかん手術におけるsynthetic aperture magnetometry(SAM)の有用性, 加藤天美, 二宮宏智, 新居康夫, 平田雅之, 谷口理章, 平野俊一朗, 今井克美, 押野悟, 吉峰俊樹, てんかん研究, 19, 1, 56,   2001年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902197588655954
  • 外科治療 Eloquent areaのてんかん外科, 二宮宏智, 加藤天美, 沖永剛志, 今井克美, 新居康夫, 平田雅之, 谷口理章, 押野悟, 吉峰俊樹, てんかん研究, 19, 1, 59,   2001年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902171354600839
  • 高次脳機能のマッピング 2 脳磁図による高次脳機能解析, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 吉峰俊樹, Brain Nerve, 53, 2, 117, 122,   2001年02月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190621673780
  • てんかん手術におけるsynthetic aperture magnetometry(SAM)の有用性, 加藤 天美, 二宮 宏智, 新居 康夫, 平田 雅之, 谷口 理章, 平野 俊一朗, 今井 克美, 押野 悟, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 19, 1, 56, 56,   2001年02月
  • Eloquent areaのてんかん外科, 二宮 宏智, 加藤 天美, 沖永 剛志, 今井 克美, 新居 康夫, 平田 雅之, 谷口 理章, 押野 悟, 平野 俊一朗, 吉峰 俊樹, てんかん研究, 19, 1, 59, 59,   2001年02月
  • 【高次脳機能のマッピング】 脳磁図による高次脳機能解析, 平田 雅之, 加藤 天美, 谷口 理章, 吉峰 俊樹, 脳と神経, 53, 2, 117, 122,   2001年02月
  • 脳磁図による高次脳機能解析 (特集 高次脳機能のマッピング), 平田 雅之, 加藤 天美, 谷口 理章, Brain and nerve : 神経研究の進歩, 53, 2, 117, 122,   2001年02月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019912163
  • 新しいMEG信号処理法による脳機能局在の同定と低侵襲脳神経外科手術法の開発 (島津科学技術振興財団S), 加藤天美, 島津科学技術振興財団研究成果報告書, 1999, 17, 23,   2001年01月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902142460760241
  • Surgical and functional anatomy for presurgical planning: The frontal language areas, T. Yoshimine, M. Hirata, H. Ninomiya, M. Taniguchi, J. Yamada, H. Kishima, A. Kato, Japanese Journal of Neurosurgery, 10, 142, 147,   2001年01月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0035087318&origin=inward
    概要:The frontal lobe contains the precentral gyrus as well as the superior, middle and inferior frontal gyri. The opercular and triangular portions of the inferior frontal lobe can be identified by the ascending and horizontal branches of the sylvian fissure. By understanding this surface anatomy, the following language function related areas can be identified: the posterior part of the inferior frontal gyrus (Broca's area), the posterior part of the middle frontal gyrus (Exner's writing area) and the inferior portion of the precentral gyrus (motor cortex). Injury to any of those areas may cause language related symptoms. It is important to evaluate functional localization when ever surgery is planned around those areas. Localization of the language function may vary between individual patients. It is also important to know that lesions strictly restricted to Broca's area rarely cause typical symptoms of Broca's aphasia.
  • 循環器機能画像診断における定量化技術とその臨床応用に関する研究, 石田良雄, 渡辺滋, 松崎益徳, 西村恒彦, 米倉義晴, 森竹浩三, 犬伏俊郎, 加藤天美, 内藤丈詞, 厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, 1999, 633, 649,   2001年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109315732127
  • 未破裂脳動脈りゅうの治療指針  未破裂脳動脈りゅう手術例,非手術例の経過よりみた治療上の問題点, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 山本 和己, 中島 義和, 加藤 天美, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, 脳卒中の外科, 29, 3, 155, 159,   2001年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004878694
    概要:To assess the usefulness of surgery in patients with unruptured cerebral aneurysms to prevent subarachnoid hemorrhage (SAH), we analyzed surgical complications, long-term follow-up results of surgery, and occurrence of SAH in unoperated patients. In the past 8 years (1992-1999), we found 271 patients with unruptured cerebral aneurysms. Excluding patients who had undergone clipping surgery for the unruptured aneurysms together with ruptured aneurysm at one time, we investigated 105 operated patients and 92 unoperated patients. The mean size of the aneurysm was 7.1 mm for operated patients, and 6.2 mm for the unoperated patients. Among unoperated patients, 6 had a SAH and 5 died. Two other patients died unexpectedly. One patient died due to mass effect of the aneurysm. Patients with aneurysms smaller than 5 mm did not have a SAH. However, the annual rupture rate for patients with aneurysms of 5-15 mm was 9.4%/year. Surgical results were favorable. There was no mortality for patients with an aneurysm smaller than 5 mm. Surgical morbidity for this group was 2.4%. The operative risk for patients with aneurysms larger than 5 mm was higher. Mortality and morbidity after surgical treatment of patients with aneurysms between 5-15 mm were 1.8% and 5.5%, respectively. Only 1 patient had a SAH after surgery for the unruptured cerebral aneurysm. The operative risk for patients with aneurysms over 15 mm was 37.5%. These results suggest that surgical treatment is necessary for patients with aneurysms of 5-15 mm. While it may be better to observe patients with aneurysms smaller than 5 mm, further investigation of the natural course of unruptured cerebral aneurysms in relation not only to aneurysm size but also to other factors such as aneurysm shape, hypertension, and history of SAH is necessary. For large aneurysms (<15 mm), careful assessment of the benefits of surgery is needed because of the high operative risk.
  • DSA画像解析によるクモ膜下出血症例の重症度評価と予後予測, 中島伸, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 12th, 156,   2000年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198239257654
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語活動領野の解析, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 二宮宏智, 山田淳二, 押野悟, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, 日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 12th, 150,   2000年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902192408418931
  • くも膜下出血急性期における脳潅流不全病態の解析, 中島義和, 加藤天美, 平田雅之, 久村英嗣, 湯口貴導, 藤中俊之, 西尾雅実, 横田順一朗, 吉峰俊樹, 日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 12th, 90,   2000年12月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902167003906004
  • くも膜下出血急性期における脳循環動態の変化 主幹動脈造影ピーク時間による検討, 中島義和, 井戸口孝二, 坂下恵治, 加藤天美, 甲村英二, 横田順一朗, 長谷川洋, 吉峰俊樹, 脳循環代謝, 12, 4, 265, 266,   2000年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902112805087301
    概要:脳動脈瘤破裂後6時間以内にシングルスライスダイナミックCT検査により頭蓋内主幹動脈造影ピーク時間を測定した.対象は29例であり,上大静脈内カテーテルより造影剤を注入し(4ml/秒),両側内頸動脈,脳底動脈,海綿静脈洞のCT値を経時的に測定して造影剤注入開始時より最強造影時までの時間(ピーク時間)を求め,臨床重症度や体循環動態などとの関連を検討した.その結果,内頸動脈および椎骨動脈ピーク時間は臨床重症度WFNS grade2-4例とgrade5例との間,grade5例において心肺停止後蘇生例とその他の例との間に有意差を認めた.また,内頸動脈,脳底動脈いずれも69歳以下と70歳以上の患者間で有意差を認めた.さらに,全身循環動態検査上,ピーク時間と一回拍出量との相関関係が認められた.くも膜下出血重症例における脳循環障害には,頭蓋内環境ならびに体循環動態の変化が関与することが示唆された
  • ニューロサイエンスの新しい研究方法 新しい脳磁気解析法SAM, 加藤天美, 二宮宏智, 平田雅之, 谷口理章, 中村仁信, 吉峰俊樹, Clin Neurosci, 18, 12, 1360, 1361,   2000年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136481451249
  • くも膜下出血超急性期における脳循環パラメーターの解析, 中島 義和, 横田 順一朗, 坂下 恵治, 久村 英嗣, 湯口 貴導, 平田 雅之, 加藤 天美, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, Neurosurgical Emergency, 5, 1, 25, 28,   2000年12月
    概要:筆者らはくも膜下出血超急性期患者において両側内頸動脈に関心領域(ROI)にダイナミックCT検査を行なうことにより,急性期におけるより明瞭な脳血管画像を描出できるCT血管撮影検査法を開発した.今回さらに頭蓋内循環動態を明らかにする為,海綿静脈洞にROIを設定し,ピーク時間など循環時間の測定を行い患者の臨床的重症度と比較検討した.発症後6時間以内にCTアンギオグラフィーが施行されたくも膜下出血患者25例を臨床重症度により軽・中等症群(WFNS grade 2〜4)の16例(男5例・女11例,平均61±11歳)と重症群(WFNS grade 5)の9例(男3例・女6例,平均57±9歳)に分けて比較した.その結果,両群間に内頸動脈でのピーク時間と到達時間に,海綿静脈洞においてもピーク時間,到達時間,平均通過時間の全てに有意差が認められ,重症群の頭蓋内循環が他の例と比べ有意に遅延していることが明らかとなった
  • 眼か腫ようの2症例 画像診断と手術アプローチ, 森本壮, 飯塚修三, 砂野和子, 加藤天美, 眼科臨床医報, 94, 11, 1383, 1384,   2000年11月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902110191573767
  • 眼窩腫瘍の2症例 画像診断と手術アプローチ, 森本 壮, 飯塚 修三, 砂野 和子, 加藤 天美, 眼科臨床医報, 94, 11, 1383, 1384,   2000年11月
  • あゆみ コンピュータ支援外科手術の進歩 (術中ナビゲーションシステムの進歩), 加藤天美, 平田雅之, 山田淳二, 医学のあゆみ, 195, 4, 233, 236,   2000年10月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/40000120815
  • 術中ナビゲーションシステムの進歩 2 コンピュータ支援外科手術の進歩, 加藤天美, 平田雅之, 山田淳二, 吉峰俊樹, 医学のあゆみ, 195, 4, 233, 236,   2000年10月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170836643920
  • DSA画像処理によるクモ膜下出血の重症度評価, 中島伸, 都築貴, 平田雅之, 加藤天美, 田伏久之, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 72, 72,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902160342606660
  • 体外循環を用いた超低体温下手術の脳保護効果と問題点, 西尾雅実, 甲村英二, 山本和己, 加藤天美, 大西丘倫, 湯口貴導, 中島義和, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 109, 109,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190770393650
  • 大動脈炎症候群に対する超低体温麻酔下における血行再建術, 中島義和, 埜中正博, 山田淳二, 平田雅之, 西尾雅実, 藤中俊之, 湯口貴導, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 72, 72,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173283143809
  • グリオーマ患者におけるMEGによる運動機能局在の解析, 谷口理章, 加藤天美, 平田雅之, 丸野元彦, CHEYNE D, ROBINSON S E, 平吹度夫, 森信太郎, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 101, 101,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902148209555912
  • 人工的神経機能構築装置の研究 人工視覚, 加藤天美, 佐々木仁, 山田淳二, 平野俊一朗, 平田雅之, 二宮宏智, 久村英嗣, 福田淳, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 35, 35,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136028861169
  • 脳神経外科手術室の進化と分化, 平田雅之, 加藤天美, 山田淳二, 二宮宏智, 谷口理章, 押野悟, 甲村英二, 大西丘倫, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 59, 59,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902167485256672
  • 重症くも膜下出血急性期の低体温療法の適応と有用性の再評価, 中島義和, 横田順一朗, 久村英嗣, 平田雅之, 沢田憲治, 藤中俊之, 湯口貴導, 加藤天美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 280, 280,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122126296533
  • 発作間欠期のMEG,MRS,FDG‐PETならびに病理所見との関連, 二宮宏智, 加藤天美, 丸野元彦, 平田雅之, 谷口理章, 山田淳二, 押野悟, 今井克美, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 308, 308,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902146030874699
  • 術中連続ナビゲーションによるてんかん手術の実際, 吉峰俊樹, 加藤天美, 二宮宏智, 平田雅之, 谷口理章, 山田淳二, 平野俊一朗, 新居康夫, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 55, 55,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902140139436340
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 二宮宏智, 山田淳二, 押野悟, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 101, 101,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902135052919384
  • 統合型ナビゲーションを利用した脳腫ようの摘出手術, 山田淳二, 加藤天美, 平田雅之, 二宮宏智, 谷口理章, 平野俊一郎, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 321,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186348561845
  • 1次運動・1次感覚野グリオーマの肉眼的全摘出術, 加藤天美, 平田雅之, 山田淳二, 平野俊一朗, 二宮宏智, 谷口理章, 丸野元彦, 大西丘倫, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 70,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158871038443
  • 体積塞栓率(VER)を指標とした計画的脳動脈りゅう塞栓術 実際と治療成績, 藤中俊之, 平田雅之, 中島義和, 湯口貴導, 加藤天美, 甲村英二, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59th, Abstract, 104,   2000年10月24日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122462267703
  • 測定法 第20回 MEG SAM解析, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 二宮宏智, 中村仁信, 吉峰俊樹, 脳と循環, 5, 4, 377, 382,   2000年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182305398252
  • 【術中ナビゲーションシステムの進歩】 コンピュータ支援外科手術の進歩, 加藤 天美, 平田 雅之, 山田 淳二, 吉峰 俊樹, 医学のあゆみ, 195, 4, 233, 236,   2000年10月
  • 測定法 MEG SAM解析, 平田 雅之, 加藤 天美, 谷口 理章, 二宮 宏智, 中村 仁信, 吉峰 俊樹, 脳と循環, 5, 4, 377, 382,   2000年10月
    概要:Synthetic aperture magnetometry (SAM)は,適応ビームフォーマーの原理を応用した脳磁図解析法である.SAM解析により,従来困難であった高次脳機能の賦活に伴う複雑な脳律動変化の局在とその時間的推移を,高い分解能で一元的に捉えることが可能である.また脳外科手術の機能局在の固定にも有用である
  • 一次運動・一次感覚野グリオーマの肉眼的全摘出術, 加藤 天美, 平田 雅之, 山田 淳二, 平野 俊一朗, 二宮 宏智, 谷口 理章, 丸野 元彦, 大西 丘倫, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59回, 70, 70,   2000年10月
  • 統合型ナビゲーションを利用した脳腫瘍の摘出手術, 山田 淳二, 加藤 天美, 平田 雅之, 二宮 宏智, 谷口 理章, 平野 俊一郎, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59回, 321, 321,   2000年10月
  • 体積塞栓率(VER)を指標とした計画的脳動脈瘤塞栓術 実際と治療成績, 藤中 俊之, 平田 雅之, 中島 義和, 湯口 貴導, 加藤 天美, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 59回, 104, 104,   2000年10月
  • B-24 てんかん手術におけるSynthetic aperture magnetometryの有用性, 加藤天美, 二宮宏智, 新居康夫, 平田雅之, 谷口理章, 平野俊一朗, 今井克美, 押尾悟, 吉峰俊樹, 日本てんかん学会プログラム・予稿集, 34,   2000年09月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002671658
  • F-20 手術ナビゲータとMEGを活用したeloquent areaのてんかん手術, 二宮宏智, 加藤天美, 沖永剛志, 今井克美, 新居康夫, 平田雅之, 谷口理章, 押尾悟, 平野俊一朗, 吉峰俊樹, 日本てんかん学会プログラム・予稿集, 34,   2000年09月21日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002671756
  • 脳賦活時の局所脳電気生理活動変化 空間フィルタリング法による脳磁界解析, 吉峰俊樹, 加藤天美, 甲村英二, 谷口理章, 平田雅之, 二宮宏智, 若山暁, 脳循環代謝, 12, 3, 213, 214,   2000年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902127232964750
  • 新しいneuroimaging MRIの進歩 Functional MRI 運動野,言語野のマッピング, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 吉峰俊樹, 平吹度夫, 渡辺嘉之, Clin Neurosci, 18, 9, 1024, 1026,   2000年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902110388423120
  • 光学式/磁場式ハイブリッド型ナビゲーション顕微鏡システムの開発, 加藤天美, 平田雅之, 吉峰俊樹, 早川徹, 平吹度夫, 中田精三, 松村泰志, 日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology, 21, 3, 282, 285,   2000年08月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010031323
  • 光学式/磁場式ハイブリット型ナビゲーション顕微鏡システムの開発, 加藤天美, 平田雅之, 吉峰俊樹, 早川徹, 平吹度夫, 中田精三, 松村泰志, 日本手術医学会誌, 21, 3, 282, 285,   2000年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902161530377380
  • 破裂脳動脈りゅう院内再出血例に対する中等度低体温療法, 中島義和, 加藤天美, 甲村英二, 横田順一朗, 長谷川洋, 吉峰俊樹, Mt Fuji Work CVD, 18th, 174, 176,   2000年07月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902193298991394
  • Brain Attack最前線 低体温・脳保護 破裂脳動脈瘤院内再出血例に対する中等度低体温療法, 中島 義和, 加藤 天美, 甲村 英二, 横田 順一朗, 長谷川 洋, 吉峰 俊樹, The Mt. Fuji Workshop on CVD, 18, 174, 176,   2000年07月
    概要:再破裂時既に低体温状態にあった症例と再出血直後よりバルビタール療法等の脳保護下に急速に低体温に導入しえた症例を経験し,低体温治療の有効性を検討した.1例目はサイアミラール併用下,低体温麻酔下に緊急クリッピング術を施行し,7日間の低体温治療(33℃)を施行した.脳腫脹は改善傾向を示し,14日目には意識は傾眠状態に改善したが,17日目に呼吸器合併症のため死亡した.もう1例は,ペントバルビタールの急速投与下,低体温麻酔下に緊急クリッピング術を施行した.術後右大脳半球の著しい腫脹が認められ,低体温治療(32℃),グリセオールの頻回投与,髄液排除を行った.復温後,右前頭側頭葉及び基底核部に低吸収像が進行性に出現した.高度の左片麻痺症状を残すが日常生活は可能である.低体温療法では,易感染性,復温時の血管攣縮等に対しての慎重な対応が必要である
  • DSA画像処理による脳潅流解析の理論と留意点, 加藤天美, 平田雅之, 渡部貴士, 藤中俊之, 甲村英二, 平吹度夫, 吉峰俊樹, 脳循環代謝, 12, 2, 146, 147,   2000年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149772537455
  • DSA画像処理による脳灌流解析の理論と留意点, 加藤 天美, 平田 雅之, 渡部 貴士, 藤中 俊之, 甲村 英二, 平吹 度夫, 吉峰 俊樹, 脳循環代謝, 12, 2, 146, 147,   2000年06月
    概要:本法は,DSAを用いて血管の走行やX線投影方向に影響されず脳灌流指標を簡便かつ迅速に算出できることから,血管内治療をはじめとする各種治療の効果判定に有用なモニターとなると考える.この際いくつかの理論的問題があり,遠位側動脈のPI値評価や入力関数の変化はそのうちの重要なものと考えられた
  • CANSナビゲーターの基本操作について, 加藤天美, 平田雅之, 山田淳二, 谷口理章, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 9, 4, 324,   2000年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902188670847285
  • CANSナビゲータの基本操作について, 平田雅之, 加藤天美, 山田淳二, 吉峰俊樹, 奥村武志, 脳神経外科ジャーナル, 9, 4, 321,   2000年04月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902135462007900
  • イメージガイディッドニューロサージャリー CANSナビゲーターの基本操作について, 加藤 天美, 平田 雅之, 山田 淳二, 谷口 理章, 吉峰 俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 9, 4, 324, 324,   2000年04月
  • イメージガイディッドニューロサージェリー CANSナビゲータの基本操作について, 平田 雅之, 加藤 天美, 山田 淳二, 吉峰 俊樹, 奥村 武志, 脳神経外科ジャーナル, 9, 4, 321, 321,   2000年04月
  • 脳磁図解析及び硬膜下電極刺激による言語,運動,感覚領野のマッピング, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 谷口 理章, 二宮 宏智, 平田 雅之, 臨床神経生理学, 28, 2, 89, 89,   2000年04月
  • Synthetic aperture magnetometry(SAM)を用いたてんかん性異常波の解析, 二宮 宏智, 加藤 天美, 新居 康夫, 吉峰 俊樹, 臨床神経生理学, 28, 2, 183, 183,   2000年04月
  • DSA画像処理による脳潅流イメージのリアルタイムモニタリング, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 藤中俊之, 丸野元彦, 二宮宏智, 平吹度夫, 中村仁信, 早川徹, 脳循環代謝, 11, 3, 280, 281,   1999年12月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902153856014080
  • A case of cerebellar abscess associated with middle ear cholesteatoma, Kazumasa Kondo, Katsumi Doi, Amami Kato, Takeshi Kubo, Akio Syugyo, Katsumi Mori, Practica Otologica, 92, 467, 474,   1999年12月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=33748405241&origin=inward
    概要:The mortality from otogenic intracranial complications has decreased markedly from the preantibiotic era to the present. However the mortality of cellebellar abscess cases remains high. This paper reports a case of cerebellar abscess associated with middle ear cholesteatoma, who was saved by a combination of intensive medical and surgical care with the cooperation of the Otology and Neurosurgery units. The patient was a 53-year-old man who had right aural discharge, headache and vertigo. He visited a private hospital, where he underwent radical surgery for the middle ear cholesteatoma. After 2 months, he again suffered from severe headache and vertigo. He presented at our hospital, and Computed Tomography (CT) scanning and Magnetic Resonance Imaging (MRI) of the brain revealed two abscesses in the right cerebellar hemisphere and obstructive hydrocephalus. Emergency stereotactic drainage of the abscess, and endoscopic 3rd ventriculostomy was performed with local anesthesia by a neurosurgeon. After waiting until the patient's condition improved and the cerebellar abscesses were capsulated, we performed an operation for total removal of the cholesteatoma. The cochlea, vestibule and semicircular canals were all filled with a large quantity of purulent discharge, exuberant cholesteatoma and granulation. After surgery, the patient lost right hearing acuity, but showed no neurologic sequelae and returned to previous levels of mental and physical health. Reduction of mortality from otogenic intracranial complications could be achieved with early diagnosis and interventions, including appropriate conservative therapy with antibiotics and appropriate neurosurgical and otological procedures.
  • 体性感覚誘発磁界の時空間・周波数解析, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 二宮宏智, 丸野元彦, ROBINSON S E, CHEYNE D, 吉峰俊樹, 生理学研究所年報, 20, 426, 427,   1999年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190015962165
  • Synthetic aperture magnetometry(SAM)を用いたてんかん性異常波の解析, 二宮宏智, 谷口理章, 加藤天美, 平田雅之, 丸野元彦, 新居康夫, ROBINSON S E, 吉峰俊樹, 生理学研究所年報, 20, 430, 431,   1999年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902150736806723
  • Movement‐related desynchronizationの脳磁界計測, 谷口理章, 平田雅之, 加藤天美, ROBINSON S E, CHEYNE D, 二宮宏智, 丸野元彦, 吉峰俊樹, 生理学研究所年報, 20, 424, 425,   1999年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902133128417232
  • DSA画像処理による脳灌流イメージのリアルタイムモニタリング, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 藤中 俊之, 丸野 元彦, 谷口 理章, 二宮 宏智, 平吹 度夫, 中村 仁信, 早川 徹, 脳循環代謝, 11, 3, 280, 281,   1999年12月
  • 重症頭部外傷患者に対する中等度脳低温療法(34℃)の治療限界, 塩崎 忠彦, 速形 俊昭, 加藤 天美, 田中 裕, 島津 岳士, 杉本 壽, 脳死・脳蘇生研究会誌, 12, 67, 68,   1999年12月
  • 頭蓋内原発malignant fibrous histiocytoma(MFH) giant cell variantの特徴, AKMG M, 丸野元彦, 田口潤智, 二宮宏智, 加藤天美, 大西丘倫, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 233, 233,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165358483519
  • くも膜下出血急性期診療に適したCTアンギオグラフィー法の開発, 中島義和, 横田順一朗, 加藤天美, 甲村英二, 長谷川洋, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 119, 119,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902160116475820
  • 脳機能画像 (1) 新しい3次元脳機能解析法synthetic aperture magnetometry(SAM), 吉峰俊樹, 加藤天美, 谷口理章, 二宮宏智, 平田雅之, 平野俊一朗, 新居康夫, 若山暁, ROBINSON S E, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 36,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902196071587081
  • Anterior Sylvian lesionならびに眼か病変に対するtransfacial transorbital approach, 加藤天美, 谷口理章, 平田雅之, 松本勝美, 藤中俊之, 丸野元彦, 早川徹, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 103,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185491751608
  • 神経内視鏡 (3) 血管障害 内視鏡支援顕微鏡下脳動脈りゅう手術 その有用性の検証, 谷口理章, 瀧本洋司, 嶋田延光, 宮尾泰慶, 平田雅之, 中島義和, 加藤天美, 甲村英二, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 173,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185276226004
  • 外傷 (4) 臨床 3 重症頭部外傷患者における髄液中S‐100蛋白,サイトカイン濃度の経時的変動, 速形俊昭, 田中裕, 塩崎忠彦, 島津岳士, 杉本寿, 加藤天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 203,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170911769055
  • 脳動脈りゅう塞栓術における術中塞栓率評価, 藤中俊之, 平田雅之, 加藤天美, 甲村英二, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 357,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902155684092222
  • グリオーマ (2) 遺伝子異常 比較遺伝子競合(CGH)法によるグリオーマの細胞遺伝学的解析, 丸野元彦, 二宮宏智, MUHAMMAD A, 森内秀祐, 加藤天美, 大西丘倫, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 54,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149622967885
  • 脳機能画像 (1) 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 丸野元彦, 久村英嗣, 二宮宏智, 平野俊一朗, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 36,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902144811253204
  • eloquent areaの手術 MEG,統合型ナビゲーション顕微鏡を利用したeloquent areaの手術, 平田雅之, 加藤天美, 谷口理章, 丸野元彦, 久村英嗣, 二宮宏智, 平野俊一朗, 大西丘倫, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 161,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902143093090648
  • 脳幹部・第四脳室病変の手術 Suboccipital midline approachによる脳幹実質病変の直視下手術, 加藤天美, 平田雅之, 丸野元彦, 平野俊一朗, 有田憲生, 清水恵司, 谷口理章, 早川徹, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 160,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902136596328530
  • 側頭葉てんかんの焦点および伝播様式の解析 Synthetic aperture magnetometry(SAM)を用いて, 二宮宏智, 谷口理章, 新居康夫, 加藤天美, 平田雅之, 平野俊一朗, 久村英嗣, 丸野元彦, 吉峰俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58th, Abstract, 265,   1999年10月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902129068241361
  • 脳外科手術ナビゲータ 光学方式/磁場方式ハイブリッド型顕微鏡ナビゲーションシステム, 平田雅之, 加藤天美, 渡部貴士, 沢田憲治, 谷口理章, 二宮宏智, 丸野元彦, 早川徹, 吉峰俊樹, 脳21, 2, 4, 393, 396,   1999年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166060702362
  • 脳賦活時の局所脳電気生理活動変化 空間フィルタリング法による脳磁界解析, 吉峰俊樹, 加藤天美, 甲村英二, 谷口理章, 平田雅之, 若山暁, 日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 11th, 136,   1999年10月04日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902172543522942
  • くも膜下出血急性期における脳循環動態の変化 主幹動脈造影ピーク時間による検討, 中島義和, 井戸口孝二, 坂下恵治, 加藤天美, 甲村英二, 横田順一朗, 長谷川洋, 吉峰俊樹, 日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 11th, 149,   1999年10月04日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902121968545292
  • DSA画像処理による脳潅流解析の理論と留意点, 加藤天美, 平田雅之, 藤中俊之, 甲村英二, 渡部貴士, 平吹度夫, 吉峰俊樹, 日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集, 11th, 124,   1999年10月04日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902114360979714
  • 光学式/磁場式ハイブリッド型ナビゲーション顕微鏡システムの開発, 加藤 天美, 平田 雅之, 吉峰 俊樹, 平吹 度夫, 中田 精三, 松村 泰志, 早川 徹, 日本手術医学会誌, 20, 臨時, 47, 47,   1999年10月
  • グリオーマ 遺伝子異常 比較遺伝子競合(CGH)法によるグリオーマの細胞遺伝学的解析, 丸野 元彦, 二宮 宏智, Muhammad Akmg, 森内 秀祐, 加藤 天美, 大西 丘倫, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 54, 54,   1999年10月
  • Suboccipital midline approachによる脳幹実質病変の直視下手術, 加藤 天美, 平田 雅之, 丸野 元彦, 平野 俊一朗, 有田 憲生, 清水 恵司, 谷口 理章, 二宮 宏智, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 160, 160,   1999年10月
  • 重症頭部外傷患者における髄液中S-100蛋白,サイトカイン濃度の経時的変動, 速形 俊昭, 田中 裕, 塩崎 忠彦, 島津 岳士, 杉本 壽, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 203, 203,   1999年10月
  • 脳機能画像 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析, 平田 雅之, 加藤 天美, 谷口 理章, 丸野 元彦, 久村 英嗣, 二宮 宏智, 平野 俊一朗, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 36, 36,   1999年10月
  • 脳機能画像 新しい三次元脳機能解析法synthetic aperture magnetometry(SAM), 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 谷口 理章, 二宮 宏智, 平田 雅之, 平野 俊一朗, 丸野 元彦, 新居 康夫, 若山 暁, Robinson Se, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 36, 36,   1999年10月
  • MEG,統合型ナビゲーション顕微鏡を利用したeloquent areaの手術, 平田 雅之, 加藤 天美, 谷口 理章, 丸野 元彦, 久村 英嗣, 二宮 宏智, 平野 俊一朗, 大西 丘倫, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 161, 161,   1999年10月
  • Anterior Sylvian lesionならびに眼窩病変に対するtransfacial transorbital approach, 加藤 天美, 谷口 理章, 平田 雅之, 松本 勝美, 藤中 俊之, 丸野 元彦, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 103, 103,   1999年10月
  • 側頭葉てんかんの焦点及び伝播様式の解析 Synthetic aperture magnetometry(SAM)を用いて, 二宮 宏智, 谷口 理章, 新居 康夫, 加藤 天美, 平田 雅之, 平野 俊一朗, 久村 英嗣, 丸野 元彦, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 265, 265,   1999年10月
  • 神経内視鏡 血管障害 内視鏡支援顕微鏡下脳動脈瘤手術 その有用性の検証, 谷口 理章, 瀧本 洋司, 嶋田 延光, 宮尾 泰慶, 平田 雅之, 中島 義和, 加藤 天美, 甲村 英二, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 173, 173,   1999年10月
  • 脳動脈瘤塞栓術における術中塞栓率評価, 藤中 俊之, 平田 雅之, 加藤 天美, 甲村 英二, 吉峰 俊樹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 58回, 357, 357,   1999年10月
  • 脳の科学Up Date 脳外科手術ナビゲータ 光学方式/磁場方式ハイブリッド型顕微鏡ナビゲーションシステム, 平田 雅之, 加藤 天美, 渡部 貴士, 澤田 憲治, 谷口 理章, 二宮 宏智, 丸野 元彦, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 脳21, 2, 4, 393, 396,   1999年10月
  • 【手術機器としてのコンピュータ】 光学方式/磁場方式ハイブリッド型顕微鏡ナビゲーションシステム, 加藤 天美, 平田 雅之, 吉峰 俊樹, 早川 徹, 医科器械学, 69, 6, 279, 285,   1999年06月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166891416951
  • 光学方式/磁場方式ハイブリッド型顕微鏡ナビゲーションシステム(<特集>手術機器としてのコンピュータ), 加藤天美, 平田雅之, 吉峰俊樹, 早川徹, 医科器械学, 69, 6, 279, 285,   1999年06月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002521203
  • 画像支援脳神経外科手術, 中島 伸, 若山 暁, 安田 恵多良, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 平田 雅之, 佐藤 嘉伸, 脇田 修二, 田村 進一, Kikinis Ron, 日本外科系連合学会誌, 24, 3, 325, 325,   1999年06月
  • 【脳磁計 臨床応用の可能性を探る】 脳磁計による脳機能測定の現状, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 平田 雅之, 谷口 理章, 二宮 宏智, 丸野 元彦, 早川 徹, 平吹 度夫, 中村 仁信, 西村 恒彦, 木原 泰三, Robinson SE, 新医療, 26, 5, 95, 98,   1999年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902183766907775
  • 小脳膿瘍を併発した真珠腫性中耳炎例, 近藤千雅, 土井勝美, 執行昭男, 森克巳, 加藤天美, 久保武, 耳鼻咽喉科臨床, 92, 5, 467, 474,   1999年05月01日, 10.5631/jibirin.92.467, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005265526
    概要:The mortality from otogenic intracranial complications has decreased markedly from the preantibiotic era to the present. However the mortality of cellebellar abscess cases remains high. This paper reports a case of cerebellar abscess associated with middle ear cholesteatoma, who was saved by a combination of intensive medical and surgical care with the cooperation of the Otology and Neurosurgery units.The patient was a 53-year-old man who had right aural discharge, headache and vertigo. He visited a private hospital, where he underwent radical surgery for the middle ear cholesteatoma. After 2 months, he again suffered from severe headache and vertigo. He presented at our hospital, and Computed Tomography (CT) scanning and Magnetic Resonance Imaging (MRI) of the brain revealed two abscesses in the right cerebellar hemisphere and obstructive hydrocephalus. Emergency stereotactic drainage of the abscess, and endoscopic 3rd ventriculostomy was performed with local anesthesia by a neurosurgeon. After waiting until the patient's condition improved and the cerebellar abscesses were capsulated, we performed an operation for total removal of the cholesteatoma. The cochlea, vestibule and semicircular canals were all filled with a large quantity of purulent discharge, exuberant cholesteatoma and granulation.After surgery, the patient lost right hearing acuity, but showed no neurologic sequelae and returned to previous levels of mental and physical health. Reduction of mortality from otogenic intracranial complications could be achieved with early diagnosis and interventions, including appropriate conservative therapy with antibiotics and appropriate neurosurgical and otological procedures.
  • 1.MEG, 硬膜下電極による脳機能局在同定, 吉峰俊樹, 加藤天美, 谷口理章, 二宮宏智, 平田雅之, 平野俊一朗, 斉藤洋一, 丸野元彦, 脳神経外科ジャーナル, 8, 4,   1999年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003811887
  • 1.統合型顕微鏡手術支援, 加藤天美, 平田雅之, 吉峰俊樹, 脳神経外科ジャーナル, 8, 4,   1999年04月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003811933
  • 脳室-腹腔シャント再建時期決定のための腹腔マーカーの有用性, 二宮 宏智, 丸野 元彦, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 小児の脳神経, 24, 2, 197, 197,   1999年04月
  • Landau-Kleffner症候群のMEGにおける焦点同定, 水野 由子[松本], 井上 健, 田村 進一, 佐藤 嘉伸, Aghaeizadeh Zoroofi Reza, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 谷口 理章, 李 てい教, 高 太星, 武田 雅俊, 辰巳 治之, 下條 真司, 宮原 秀夫, 臨床脳波, 41, 2, 123, 127,   1999年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902112275442202
    概要:左前側頭部より出現した棘波がトリガーのような役割を果たし,左一次聴覚皮質付近から鋭徐波複合の鋭波成分が出現したものと推察される
  • 【マイクロマシンと医療機器】 脳神経外科手術とマイクロナビゲータ 特にCANSナビゲータとナビゲーション顕微鏡システムについて, 加藤 天美, 平田 雅之, 吉峰 俊樹, 早川 徹, Clinical Engineering, 10, 1, 45, 51,   1999年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902140509202980
  • 【画像診断でどこまでわかってきたか】 脳の機能イメージング 脳磁図による高次脳機能の解析, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 谷口 理章, 平田 雅之, 二宮 宏智, 丸野 元彦, 早川 徹, 平吹 度夫, 中村 仁信, 西村 恒彦, 若山 暁, 木原 泰三, Robinson Stephen E., Pharma Medica, 17, 1, 33, 39,   1999年01月
  • 画像診断でどこまでわかってきたか I I. 脳の機能イメージング 脳磁図による高次脳機能の解析, 吉峰俊樹, 加藤天美, 谷口理章, 平田雅之, 二宮宏智, 西村恒彦, 若山暁, 木原泰三, ROBINSON S E, Pharma Med, 17, 1, 33, 39,   1999年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902193314048746
  • 脳神経外科手術操作における顕微鏡下空間知覚のひずみ(<特集>医療応用), 加藤 天美, 平田 雅之, 吉峰 俊樹, 丸野 元彦, 田村 進一, 岸野 文郎, 早川 徹, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 3, 4, 203, 206,   1998年12月31日, 10.18974/tvrsj.3.4_203, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008746620
    概要:The spatial perceptions with the naked eye and under the surgical microscope were analyzed in a group of experienced and a group of inexperienced neurosurgeons. The phantom surgical field contained a start point, a virtual gate, and a target point. The virtual gate was an invisible zone arbitrarily set in the phantom. The examinees were first instructed the position of the invisible virtual gate. Then they were asked to point consecutively to the three points with a suction tube with the naked eye, under the microscope, and by watching a navigation monitor. A surgical navigator was used to record the three-dimensional position of the suction tip. The pointing deviation from the suction tip to the center of the virtual gate was evaluated. The pointing accuracy with the naked eye did not differ between the two groups, but that under the microscope was significantly better in the experienced group than in the inexperienced group. Fluctuations in pointing deviation were significantly greater in the inexperienced group, especially with the microscope. Further analysis demonstrated these differences were attributable to poorer depth perception of the phantom surgical space among the inexperienced neurosurgeons.
  • DSA 画像処理による脳潅流イメージのリアルタイムモニタリング, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 伊藤守, 平吹度夫, 中島伸, 早川徹, CI研究 : progress in computed imaging, 20, 3, 171, 175,   1998年12月31日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009801694
  • DSA画像処理による脳灌流イメージのリアルタイムモニタリング, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 伊藤 守, 平吹 度夫, 中島 伸, 早川 徹, CI研究, 20, 3〜4, 171, 175,   1998年12月
    概要:本システムは汎用のDSA装置を用いて脳灌流の二次元画像をリアルタイムに表示する.DSA画像の非線形性,ひずみ,造影剤の注入条件など克服すべき問題点もあるが,血管内手術を中心として,刻々と変化する脳灌流動態をモニタリングするのに有用である
  • 脳神経外科手術操作における顕微鏡下空間知覚のひずみ (特集 医療応用), 加藤天美, 平田雅之, 吉峰俊樹, 日本バ-チャルリアリティ学会論文誌, 3, 4, 203, 206,   1998年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005199448
  • 内視鏡支援による顕微鏡下脳動脈瘤手術, 瀧本洋司, 嶋田延光, 宮尾泰慶, 谷口理章, 加藤天美, 吉峰俊樹, 脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke, 26, 6, 408, 412,   1998年11月30日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10005592752
    概要:内視鏡支援による顕微鏡下の脳動脈瘤手術を,'92年4月〜98年12月迄の51例について報告した.31例が内頸動脈後交通枝,11例が脊椎動脈瘤で,未破裂は31例であった.Gaab硬性鏡70度・径4mmを最も用いた.40例がクリッピング,7例が被包術で,1例で内視鏡の先端での脳損傷・1例でレンズクリーナーの滴下によると考えられる動眼神経麻痺があった.4例で親血管の巻き込みが観察され,2例で先端が神経接触で,クリッピングのやり直しを施行した.3例がクリッピング不完全であった
  • Anatomical and surgical note: functional hemispherectomy, T. Yoshimine, A. Kato, Y. Nii, M. Maruno, T. Hayakawa, No shinkei geka. Neurological surgery, 26, 956, 968,   1998年11月01日, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0032215407&origin=inward
  • 解剖を中心とした脳神経手術手技 Functional Hemispherectomy, 吉峰 俊樹, Lee Jung Kyo, 加藤 天美, 新居 康夫, 丸野 元彦, 早川 徹, Neurological Surgery, 26, 11, 956, 968,   1998年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182042040900
  • 顕微鏡手術支援システムの開発, 加藤 天美, 平田 雅之, 吉峰 俊樹, 中島 伸, 清水 恵司, 早川 徹, 中村 仁信, 石田 浩二, 小谷川 政治, 海野 一則, 長谷部 勝彦, Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 37, 19, 20,   1998年10月13日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10029743828
  • 脳磁気計測(MEG)に基づく脳神経外科手術, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 谷口 理章, 二宮 宏智, 平田 雅之, 新居 康夫, 平野 俊一朗, 斉藤 洋一, 伊藤 守, 丸野 元彦, Cheyne Douglas, 平吹 度夫, 中村 仁信, 早川 徹, 外科治療, 79, 3, 376, 377,   1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902150789040609
  • 手術顕微鏡下における奥行知覚の歪み 顕微鏡視野内へのナビゲーション画像表示による補正, 平田雅之, 加藤天美, 丸野元彦, 谷口理章, 二宮宏智, 吉峰俊樹, コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集, 8th-7th, 109,   1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902171667568057
  • CASのための先端メカトロニクス 脳神経外科医の立場より, 加藤天美, 平田雅之, 吉峰俊樹, 谷口理章, コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集, 8th-7th, 59,   1998年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902134690954344
  • 脳神経外科手術における感覚と手術操作間ギャップの分析, 加藤 天美, 平田 雅之, 吉峰 俊樹, Neurological Surgery, 26, 6, 517, 522,   1998年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902120483782842
    概要:レジンで円筒形の術野のphantomを作り,二つの三次元座標に小さい球とvirtual gateを設け,phantomを通常開頭術の頭部に模して固定し,顕微鏡をセットした.先ず3分間virtual gateの位置を示し,5分後に肉眼下,顕微鏡下,phantomはみずにナビゲータ下,picture in picture(PIP)を有する顕微鏡下等の異なる条件下の操作で,吸引管の位置がナビゲータに記録される.次に異なる条件下の操作でvirtual gateを通って球から他の球へ吸引管先端の軌道を調べた.未経験者と熟練者では指点の正確さに明らかな差が顕微鏡下の操作だけにみられ,その差は未経験者はvirtual gateの深さを過大判断し過ぎる為に起こる
  • 無症候性脳血管障害の外科治療をどうするか 動脈瘤 破裂 未破裂脳動脈瘤の易破裂性は画像診断でどの程度予測できるか 術中所見と脳血管撮影を対比して, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 前田 泰孝, 岩佐 信孝, 秋山 智洋, 加藤 天美, 甲村 英二, 早川 徹, The Mt. Fuji Workshop on CVD, 16, 40, 43,   1998年06月
    概要:形状は動脈瘤の壁の厚さと強く相関し,複雑群(ブレブを持つ,ダンベル型,棘状表面)に最も壁の薄い動脈瘤が多く認められた.サイズと壁の厚さには有意な相関はなかった.前大脳動脈瘤で特に壁が薄いという傾向はなかった.症候性動脈瘤は壁が薄い動脈瘤が多かった.脳腫瘍に合併した動脈瘤は壁の厚い動脈瘤が多かった.クラス3(壁が極めて薄く瘤内の血液が透見できる)の壁が極めて薄い動脈瘤は破裂に瀕している状態にあると考えられる.クラス3の動脈瘤は,脳血管撮影からみた複雑群,椎骨脳底動脈瘤,成因別で症候性群に多く,破裂し易い動脈瘤を予測する上で重要な指標となり得る
  • Mixed pineocytoma-pineoblastoma例の腫瘍増殖能 pineocytoma例との比較, 丸野 元彦, 吉峰 俊樹, 二宮 宏智, 平田 雅之, 加藤 天美, 早川 徹, Brain Tumor Pathology, 15, Suppl., 95, 95,   1998年03月
  • より低侵襲, より安全なendoscopic neurosurgeryのための最新の機器, 吉峰俊樹, 加藤天美, 谷口理章, 滝本洋司, 早川徹, 脳神経外科ジャーナル, 7, 2, 79, 86,   1998年02月20日, 10.7887/jcns.7.79, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003813200
    概要:神経内視鏡手術の利点は, より小さなアプローチで脳室内ないし脳深部の病変に到達することにより, 手術侵襲の軽減につながること, および顕微鏡では死角になる部位も観察することにより, 手術がより安全となることである.一方欠点として, 術野のオリエンテーションが混乱すること, 内視鏡の不適切な操作により周辺組織を損傷し得ること, および不測の事態に対し十分対処できないことである.本稿ではこのような欠点を補うことにより, 低侵襲で安全な手術が可能になると考え, そのための装置や器具を紹介した.また, 術者の訓練と習熟, 慎重な適応の検討と周到な手術計画や準備が必要であることをつけ加えた.
  • Instrumentations for less invasive and safer endoscopic neurosurgery, T. Yoshimine, A. Kato, M. Taniguchi, H. Takimoto, T. Hayakawa, 脳神経外科, 7, 79, 86,   1998年01月, 査読有り, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0031937438&origin=inward
    概要:The use of endoscopes in neurological surgery has the advantages of down-sizing the approach and compensating for the dead angles in the microsurgical field. Their use, however, also has the disadvantages of puzzling endoscopic orientation, the risk of damage to the adjacent structures, and limitations in surgical procedures. All of these disadvantages may increase the surgical risk. The present communication describes instrumentation which may minimize the disadvantages, and which may lead to less invasive and safer surgery. This instrumentation includes: (1) surgical navigation system; (2) an endoscopic/microscopic image display system; (3) endoscope supporting system; (4) endoscopic/microscopic brain specula; (5) endoscopic bipolar coagulation forceps; (6) a malleable endoscope. Although the instruments are useful for reducing the risk of surgery, it is a prerequisite that the surgeons are familiar with the endoscopic view and manipulations under the endoscope. Careful selection of indications and thorough preoperative planning are also important.
  • 内視鏡支援による顕微鏡下脳動脈瘤手術, 瀧本 洋司, 嶋田 延光, 宮尾 泰慶, 谷口 理章, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 脳卒中の外科, 26, 6, 408, 412,   1998年, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004698995
    概要:For the clipping of aneurysmal neck with preservation of main branches or perforators of cerebral arteries, we have used endoscope-assisted technique for 51 aneurysms over the last five years.
    Aneurysms clipped with the assistance of endoscope include 8 involving the internal carotid-ophthalmic artery, 26 involving the internal carotid-posterior communicating artery (IC-PC) and 11 involving the basilar artery. Thirty-two aneurysms (63.1%) were non-ruptured among them. Four types of rigid endoscope (Olympus and GAAB: angle; diameter, 0; 4mm, 30; 2, 7mm, 70; 4mm, and 110; 4mm, respectively) were applied to observe the arterial branches or perforators before, during, and after neck clipping. Some aneurysms were clipped under the microscope following endoscopic observation, and some were clipped under the microscope during the observation by endoscope, whose head was seated near the aneurysms.
    Some branches and many perforators that were not identified preoperatively by angiography and intraoperatively by microscope could be preserved under the endoscopic observation. No patients angiographically tested had incomplete clipping. Most patients had an uneventful course, but 1 with IC-PC aneurysm revealed temporary oculomotor palsy. There were initially several problems to be solved: 1) the poorer resolution of picture obtained by endoscope compared with that by microscope; 2) the disturbance of operative handling by using endoscope system; 3) inability of synchronized view between endoscope and microscope. These have been mostly solved. The rigid-type endoscope gives better resolution, electromagnetic-powered point setter makes both hands free from handling of endoscope and a new microscope that has an overlay system has been produced by a company (Olympus, ME 8000).
    These safer and more satisfactory results indicate that endoscope assisted technique could be applicable not only for the intraventricular surgery as we have discussed but for the clipping of aneurysms.
  • 脳神経外科手術における感覚と手術操作間ギャップの分析 (文部省S), 加藤天美, 平田雅之, 吉峰俊樹, 田村進一, 岸野文郎, 早川徹, 人工現実感に関する基礎的研究 平成9年度 仮想空間の生成と人間との相互作用に関する研究, 125, 126,   1998年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902199521293775
  • 造影 3D-CT による頭蓋底腫瘍の血管および腫瘍の描出法の工夫 : Dynamic CT による helical CT のタイミングの検討, 松本勝美, 赤木功人, 安部倉信, 前田泰孝, 加藤天美, 甲村英二, 早川徹, 西尾雅美, 山本和巳, CI研究 : progress in computed imaging, 19, 4, 321, 325,   1997年12月31日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009800044
  • 手術・検査における私のちょっとした工夫 手術ナビゲーターの術前利用, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 中島 伸, 脳神経外科速報, 7, 12, 959, 961,   1997年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182853831860
  • 造影3D-CTによる頭蓋底腫瘍の血管及び腫瘍の描出法の工夫 Dynamic CTによるhelical CTのタイミングの検討, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 前田 泰孝, 加藤 天美, 甲村 英二, 早川 徹, 西尾 雅美, 山本 和巳, CI研究, 19, 4, 321, 325,   1997年12月, 査読有り
    概要:'92年12月〜'96年12月迄に,頭蓋底腫瘍16例に造影3D-CTを施行し,うち11例でdynamic CTを施行し造影のタイミングについて検討した.関心領域の動脈及び腫瘍のtime density curveよりhelical CTの至適時間を求めた.early scanが20-65秒で,腫瘍は満足の行くCT値の上昇をみ,delayed scan 120-165秒で減少をみた.腫瘍では逆に120-165秒でCT値が更に上昇した
  • 造影3D‐CTによる頭蓋底腫ようの血管および腫ようの描出法の工夫 Dynamic CTによるhelical CTのタイミングの検討, 松本勝美, 赤木功人, 安部倉信, 前田泰孝, 加藤天美, 甲村英二, 早川徹, 西尾雅美, 山本和巳, CI研究, 19, 4, 321, 325,   1997年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902125954124567
  • 脳神経外科手術ナビゲータの近未来, 中島 伸, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 早川 徹, 厚見 秀樹, Leventon Michael E., Grimson W. Eric L., Kikinis Ron, Jolesz Ferenc A., Black Peter McL., 日本脳神経外科学会総会抄録集, 56回, 45, 45,   1997年10月
  • 未破裂脳動脈瘤の手術合併症よりみた手術適応の検討 術前危険度スコアリングの提案, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部倉 信, 前田 泰孝, 龍神 秀穂, 岩佐 信孝, 秋山 智洋, 甲村 英二, 加藤 天美, 早川 徹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 56回, 18, 18,   1997年10月
  • 未破裂脳動脈瘤は術前検討でどの程度壁の厚さが予測できるか? 術中所見と脳血管撮影など多要素を対比して, 松本 勝美, 赤木 功人, 安部 倉信, 前田 泰孝, 龍神 秀穂, 岩佐 信孝, 秋山 智洋, 甲村 英二, 加藤 天美, 早川 徹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 56回, 30, 30,   1997年10月
  • DSA画像処理による脳灌流イメージのリアルタイムモニタリング, 平田 雅之, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 早川 徹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 56回, 157, 157,   1997年10月
  • 随意運動の脳内メカニズム MEGによる時空的解析, 吉峰 俊樹, 谷口 理章, 加藤 天美, 二宮 宏智, 平田 雅之, 丸野 元彦, 新居 康夫, 若山 暁, 早川 徹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 56回, 232, 232,   1997年10月
  • 内視鏡支援顕微鏡下手術における術野モニターの工夫, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 谷口 理章, 平田 雅之, 瀧本 洋司, 早川 徹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 56回, 130, 130,   1997年10月
  • 全頭型脳磁界計測装置によるてんかん性異常波の解析, 谷口 理章, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 二宮 宏智, 平田 雅之, 平野 俊一朗, 新居 康夫, 若山 暁, 早川 徹, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 56回, 314, 314,   1997年10月
  • 顕微鏡下ナビゲーション手術におけるマンマシンインターフェースの工夫 ナビゲーション画像のpicture in picture表示, 平田雅之, 加藤天美, 吉峰俊樹, 長谷部勝美, 早川徹, コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集, 7th-6th, 117, 118,   1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902185052585785
  • 位相差解析を用いた脳磁図によるてんかん焦点の同定と異常波伝播, FENG W, 水野(松本)由子, 吉峰俊樹, 加藤天美, 谷口理章, 井上健, 佐藤嘉伸, 田村進一, 電子情報通信学会技術研究報告, 97, 250(PRMU97 95-103), 53, 59,   1997年09月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902116527313414
    概要:本稿では、てんかん焦点の同定および異常波の伝播について、非定常解析を用いて時間空間的に検討した。2チャンネルからの波形の位相差および時間差を求めるために、チャンネル間の相互相関値を求め、それにウェーブレット変換を行うことで、各時間でのクロススペクトルおよび位相差を求めた。この手法により、さまざまな周波数成分を同時に含む2つの波形の位相差を求めることができた。サイン波でのシミュレーションおよび、脳磁図よりえられたてんかんの異常波を用いて波形間の位相差解析を行った。
  • Preoperative scoring and operative complications of unruptured cerebral aneurysms, Katsumi Matsumoto, Katsuhito Akagi, Makoto Abekura, Yasutaka Maeda, Amami Kato, Eiji Kohmura, Toru Hayakawa, 脳神経外科, 25, 785, 790,   1997年09月, 査読有り, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0030771468&origin=inward
    概要:Low risk of mortality and morbidity are necessary pre-conditions for surgical treatment of unruptured cerebral aneurysms. We assessed retrospectively 132 patients with angiographically confirmed cerebral aneurysms using an unruptured aneurysm score. Among them, 84 patients were treated surgically. The score consists of the sum of scores for the following factors: associated disease (none: 0, one: 1, two or more: 2); aneurysm size (below 14mm: 0, 1524mm: 1, 25mm or more: 2); location (anterior circulation: 0, carotid cave: 1, posterior circulation: 2); and multiplicity (single: 0, two or more: i). Eleven patients had complications and the morbidity rate including asymptomatic lesions was 13.1%. Five patients had permanent neurologic deficits (final morbidity rate 5.9%). The majority of patients with scores less than 1 underwent operations and the morbidity rate was low, whereas patients with scores between 2 and 4 had a higher morbidity rate. Preoperative scoring is useful for predicting surgical risks associated with unruptured cerebral aneurysm.
  • 未破裂脳動脈りゅうの術前スコアリングと手術合併症, 松本勝美, 赤木功人, 安部倉信, 前田泰孝, 加藤天美, 甲村英二, 早川徹, Neurol Surg, 25, 9, 785, 790,   1997年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101308365673
  • 内視鏡下脳室内手術におけるKTPレーザーの使用経験, 瀧本洋司, 嶋田延光, 松村博隆, 平田雅之, 早川徹, 吉峰俊樹, 加藤天美, 谷口理章, 埜中正博, 日本レーザー医学会誌 = The Journal of Japan Society for Laser Medicine, 18, 2, 43, 46,   1997年06月28日, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10007916893
    概要:嚢胞壁及び第三脳室底の開窓術27例, 腫瘍蒸散 5 例につきKTPレーザーを使用した。臨床応用にさきだちプラスチック脳室モデルにて還流, 非還流, 空気中の3条件で脳室内の温度変化を調べ安全有効な照射条件を検討し臨床経験も踏まえて次の結果を得た。
    開窓時の照射条件は2-5W, 1sパルスモード, 蒸散時の照射条件は 5-15W, パルスモード, いずれも還流状態で照射する。空気中では思わぬ温度上昇があり注意を要する。KTPレ-ザーは上記条件で使用されるかぎり開窓術, 蒸散術, 止血のすべての面で脳室内手術に有効な機器とかんがえられる。
  • 脳動静脈奇形 手術による治療 術中モニタリング, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 早川 徹, Clinical Neuroscience, 15, 5, 510, 513,   1997年05月
  • 脳動静脈奇形―update 手術による治療 術中モニタリング, 加藤天美, 吉峰俊樹, 早川徹, Clin Neurosci, 15, 5, 510, 513,   1997年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113499462973
  • ニューロナビゲーションシステムの現在 CANS Navigatorによる手術支援, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 谷口 理章, 新医療, 24, 4, 101, 104,   1997年04月
  • 脳神経外科領域の最新の進歩ニューロナビゲーションによる低侵襲手術 CANS Navigatorの利用, 加藤天美, 吉峰俊樹, 谷口理章, 平田雅之, 平吹度夫, 早川徹, 先端医療, 4, 1, 26, 28,   1997年02月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902138507680503
  • 皮質脳波の位相差解析によるてんかん焦点の同定及び発作波伝播の可視化, 水野 由子, 岡崎 耕三, 加藤 天美, 脳と神経, 49, 1, 59, 64,   1997年01月, 査読有り
    概要:難治性てんかんに対する焦点の切除手術に先立ち,硬膜下電極より記録した皮質脳波を用いて,位相差解析によるてんかん焦点の同定及び発作波伝播の可視化を行った.発作波の細かな時間変化を調べる為に,自己回帰モデル,ウェーブレット解析を用いて発作波成分を取り出し,相互相関法により各電極間での位相差を解析した.発作波の焦点は少なくとも2種類存在し,各々の伝播方法は異なっていた.これより,発作波の出現機構は同時に少なくとも2種類存在することが示唆された.又,この方法は,発作波出現の変化を経時的かつ三次元的に捉えることができ,発作波伝播の可視化に有効である
  • Localization of epileptogenic foci and visualization of propagating process in the seizure discharges using crosscorrelation analysis, Yuko Matsumoto-Mizuno, Kozo Okazaki, Amami Kato, Toshiki Yoshimine, Yoshinobu Sato, Shinichi Tamura, Kazumi Yamashita, Brain and Nerve, 49, 59, 64,   1997年01月, 査読有り, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0031023224&origin=inward
    概要:Electrocorticogram (ECoG) of intractable focal epilepsy was analyzed using AR model, wavelet analysis and crosscorrelation analysis. The sequential 3 dimensional visualization technique of phase shift maps was developed to localize the epileptic foci and to study their propagation process. The crosscorrelation of the epileptic discharges was calculated between the electrodes in every unit of time, to get the phase shift. More than two epileptogenic foci were localized and two kinds of propagating process were shown. These findings suggest that two kinds of mechanism might work in development of epileptic discharges, and our newly developed visualization technique is useful to investigate the epileptogenesis etiology.
  • 皮質脳波の位相差解析によるてんかん焦点の同定および発作波伝播の可視化, 水野由子, 岡崎耕三, 加藤天美, 吉峰俊樹, 佐藤嘉伸, 田村進一, 山下一美, Brain Nerve, 49, 1, 59, 64,   1997年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100824018142
  • 想定術野再構成画像による脳神経外科手術シミュレーション,手術支援技法の開発, 加藤 天美, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 医科学応用研究財団研究報告, 14, 54, 61,   1996年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902191958916517
    概要:27例中10例で神経症状の消失をみ,悪化は4例のみであった.83件の脳手術ナビゲーター使用手術の内訳と術者の観点から認められた有用性をみると,ナビゲーターなしでも大部分の手術は可能であるが96%の手術でナビゲーターの有用性が認められ,そのうち15件はナビゲータによって初めて可能となった手術であった
  • 相関法によるてんかん焦点部皮質脳波伝播の可視化, 田村進一, 岡崎耕三, 加藤天美, 水野由子, 佐藤嘉伸, 山下一美, Medical imaging technology, 14, 4, 459, 460,   1996年07月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10002438092
  • 経上腕動脈選択的脳血管撮影法による左椎骨動脈撮影の工夫, 松本 勝美, 加藤 天美, 藤中 俊之, 脳神経外科, 24, 4, 393, 393,   1996年04月, 査読有り
  • 画像診断と手術適応 グリオーマ, 加藤 天美, 藤中 俊之, 早川 徹, オペナーシング, 10, 10, 920, 923,   1995年10月
  • コンピュータ支援による脳機能領域への低侵襲手術, 加藤天美, 吉峰俊樹, 平田雅之, 松本勝美, 藤中俊之, 中島伸, 早川徹, コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集, 5th-4th, 29, 30,   1995年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902131475312685
  • 超小型ジャイロスコープを用いた手術顕微鏡用位置方向検出アダプタの開発, 平田雅之, 加藤天美, 大隅久, 滝本洋司, 吉峰俊樹, 早川徹, コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集, 5th-4th, 67, 68,   1995年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902107107612867
  • 皮質上格子電極ECoGを用いた相関法によるてんかん焦点の推定, 石蔵修司, 王韻秋, 岡崎耕三, 田村進一, 佐藤嘉伸, 中島義和, 加藤天美, 電気関係学会北陸支部連合大会講演論文集, 1995, 104,   1995年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902166838615993
  • 神経画像診断のニューウェイブ コンピュータ支援脳神経外科手術ナビゲーションシステム, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 早川 徹, Clinical Neuroscience, 13, 8, 930, 934,   1995年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902160717143026
  • DSA誘導定位接近法による深部血管性小病変に対する開頭術, 加藤 天美, 機能的脳神経外科, 33, 191, 192,   1995年08月
  • メディカル トレンド’94 術野再構成画像による脳外科手術計画ならびに手術支援技法の開発, 加藤天美, 早川徹, 種子田護, 吉峰俊樹, 田村進一, Innervision, 10, 9, 85, 86,   1995年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902160597003349
  • 脳神経外科手術支援装置の現状 CANS Navigator, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 原田 貢士, 新医療, 22, 1, 98, 101,   1995年01月
  • 内視鏡下脳室内手術における KTP レーザーの使用経験, 瀧本 洋司, 嶋田 延光, 松村 博隆, 平田 雅之, 早川 徹, 加藤 天美, 谷口 理章, 埜中 正博, 日本レーザー医学会誌, 16, 0, 87, 92,   1995年, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004630524
    概要:KTP (potassium titanyl phosphate) laser was successfully applied to neuroendoscopic procedures of intra-ventricular lesions: fenestration of cyst-wall or the floor of the third ventricle (third ventriculostomy) in 27 patients, and vaporization of tumor or adhesive granulation tissue (in case of shunt-tube removal) in 5 patients.
    Prior to clinical use of KTP laser, temperature change in the ventricle caused by KTP laser irradiation was investigated using a plastic model of the ventricle. With KTP laser output up to 15 watts in 1 sec pulse mode, temperature increase in the ventricle model was within 5 degree. Continuous irrigation with saline effectively protected the irradiation-induced temperature increase. However, over 10 degree increase in temperature was measured, when the output of 20 watts 1 sec pulse mode was employed in the air.
    These results indicate that optimal conditions of KTP laser for clinical use would be 2-5 watts for the fenestration and 5-15 watts for the vaporization in 1 sec pulse mode with continuous irrigation of the ventricle by lactate Ringer's solution.
  • 脳深部小血管性病変に対する新しいDSA誘導定位接近法, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 53回, 362, 362,   1994年10月
  • 脳神経外科領域におけるコンピュータ外科 重畳法による脳表解剖再構成画像の有用性, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 中島 伸, 映像情報Medical, 26, 20, 1165, 1167,   1994年10月
  • 特集 医用画像機器VIII 脳手術ナビゲーションシステムの開発, 奥村武志, 岡村昇一, 篠川毅, 竹村国彦, 加藤天美, 吉峰俊樹, 中島伸, 早川徹, 島津評論, 51, 1/2, 45, 57,   1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165883622503
  • 脳手術支援システムによる手術シミュレーション法の開発, 加藤天美, 吉峰俊樹, 早川徹, 田村進一, Innervision, 9, 7, 34,   1994年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190387211220
  • 脳外科手術ナビゲータ(CANS―Navigator)の位置精度の改善 アフィン変換法を用いて, 岡村昇一, 加藤天美, 奥村武志, 篠川毅, 竹村国彦, 吉峰俊樹, 中島伸, 早川徹, Med Imaging Technol, 12, 4, 469, 470,   1994年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902131534303911
  • 脳腫瘍の新しい治療法 動注-血清浄化化学療法, 竹本 理, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, Clinical Neuroscience, 12, 6, 653, 656,   1994年06月
  • 脳腫ようの新しい治療法 動注‐血液浄化化学療法, 竹本理, 吉峰俊樹, 加藤天美, 瀧琢有, MUHAMMAD A K M G, 早川徹, Clin Neurosci, 12, 6, 653, 656,   1994年06月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902187355556195
  • 脳手術支援システム, 加藤 天美, 中島 伸, 吉峰 俊樹, Neurosurgeons, 13, 34, 42,   1994年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902146068310080
  • 術野脳表解剖画像の再構成 : 手術計画立案のために, 中島伸, 加藤天美, 吉峰俊樹, 種子田護, 早川徹, 脳神経外科ジャーナル, 3, 2, 108, 113,   1994年03月20日, 査読有り, 10.7887/jcns.3.108, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003812468
    概要:MR画像をもとに,パーソナルコンピュータを用いて短時間のうちに術野脳表解剖画像を作成する方法を考案した.すなわち脳最表側のthin slice T_1強調画像から脳回・脳溝が明瞭に認められる領域を切り取り,隣接する画像上に位置を合わせて重ね,これを繰り返して術野全体を含む脳回・脳溝画像を得た.さらに,腫瘍範囲,血管,脳室輪郭などを抽出区別して重畳表示し,脳表解剖再構成画像とした.この画像はsurface anatomy scanより,特に病巣付近の脳回・脳溝の描出に優れており,実際の術野とよく対応した.これら脳表解剖画像を用いることにより術中オリエンテーションはより正確となり,特にeloquent areaの手術侵襲の軽減に有用であった.
  • 微小循環障害―脳―基礎と臨床 微小循環障害の薬剤による予防・治療 t‐PA, 吉峰俊樹, 中島伸, 久村英嗣, 加藤天美, 早川徹, 現代医療, 26, 3, 1124, 1129,   1994年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902189560443118
  • [A case of epileptic laughter associated with temporal epidermoid cyst: surgical treatment combined with subdural grid electrode study]., Taniguchi M, Takemoto O, Hirano S, Kato A, Yoshimine T, Taneda M, Tanabe H, Hayakawa T, No shinkei geka. Neurological surgery, 22, 2, 147, 150,   1994年02月, 査読有り
  • 笑い発作で発症した側頭葉類上皮腫 硬膜下電極植え込み法による1手術例, 谷口 理章, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 脳神経外科, 22, 2, 147, 150,   1994年02月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902197823730713
    概要:47歳女,笑い発作を伴った右側頭葉深部の類上皮腫の一手術例。第一期手術として硬膜下電極を設置し,ビデオ脳波により発作責任病巣を同定したあと,第二期手術で海馬を含む右側頭葉切除ならびに腫瘍の全摘出を行った。術後発作は消失し,記憶機能の改善を認めた
  • [Computer assisted neurosurgery based on individualized functional anatomy]., Kato A, Yoshimine T, Nakajima S, Hirano S, Kaneyama T, Taniguchi M, Hayakawa T, Tanabe H, Harada K, No shinkei geka. Neurological surgery, 22, 1, 7, 16,   1994年01月, 査読有り
  • 機能解剖に基づいた脳手術支援, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 中島 伸, Neurological Surgery, 22, 1, 7, 16,   1994年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902190085901457
  • 内視鏡を用いた低侵襲脳神経外科手術の開発, 種子田 護, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 医科学応用研究財団研究報告, 11, 56, 60,   1993年12月
  • ME機器及びME技術に関する研究 内視鏡をもちいた低侵襲脳神経外科手術の開発, 種子田護, 加藤天美, 吉峰俊樹, 早川徹, 医科学応用研究財団研究報告, 11(1992), 56, 60,   1993年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902192718052538
  • Potassium titanyl phosphateレーザーの脳神経外科手術への応用, 斎藤洋一, 加藤天美, 種子田護, 吉峰俊樹, 有田憲生, 池田卓也, 早川徹, 脳神経外科ジャーナル, 2, 4, 351, 353,   1993年10月20日, 査読有り, 10.7887/jcns.2.351, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902198111029349
    概要:Potassium titanyl phosphate(KTP)/YAGレーザーを種々の関頭術の際に使用し,その有用性を検討した.本装置はNd:YAGレーザー光をKTP結晶により周波数を逓倍し,緑色レーザー光として出力する.この波長はヘモグロビンの吸収極大とほぼ一致し,止血的切開能力の向上が図られている.小型軽量のバヨネット型ハンドピースは操作性に優れており,術野の妨げとなることはなく,出力部先端が焼損しても容易に更新できた.これらの特性により頭蓋底深部の腫瘍性病変でも,確実に蒸散,凝固が可能であり,きわめて有効であった.種々の照射条件による深達度を組織学的に検討した結果,KTPレーザーによる熱変性は照射部位に比較的限局することが動物実験でも臨床例でも明らかとなり,本装置は術野周囲への影響を最小にすることが確かめられた.
  • 内視鏡を備えた手術顕微鏡の開発, 種子田 護, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 臨床成人病, 23, 10, 1585, 1586,   1993年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902114304871110
  • Potassium titanyl phosphate(KTP)レーザーの脳神経外科手術への応用, 斎藤 洋一, 加藤 天美, 種子田 護, 脳神経外科ジャーナル, 2, 4, 351, 353,   1993年10月, 査読有り
    概要:KTP/YAGレーザーを種々の開頭術の際に使用し,その有用性を検討した。本装置はNd:YAGレーザー光をKTP結晶により周波数を逓倍し,緑色レーザー光として出力する。この波長はヘモグロビンの呼吸極大とほぼ一致し,止血的切開能力の向上が図られている。小型軽量のバヨネット片ハンドピースは操作性に優れており,術野の妨げとなることはなく,出力部先端が焼損しても容易に更新できた。これらの特性により頭蓋底深部の腫瘍性病変でも,確実に蒸散,凝固が可能であり,きわめて有効であった。種々の照射条件による深達度を組織学的に検討した結果,KTPレーザーによる熱変性は照射部位に比較的限局することが動物実験でも臨床例でも明らかとなり,本装置は術野周囲への影響を最小にする
  • CANSナビゲーターをもちいた脳神経外科手術支援, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 中島 伸, 映像情報Medical, 25, 19, 1105, 1112,   1993年09月
  • 脳手術支援における手術ナビゲーションシステム 画像処理サブシステムとの統合, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 52回, 13, 13,   1993年09月
  • 大脳皮質機能マッピング法による脳腫よう患者の神経心理学的検討, 数井裕光, 田辺敬貴, 中川賀嗣, 池田学, 池尻義隆, 白石純三, 平野俊一朗, 加藤天美, 吉峰俊樹, Brain Nerve, 45, 7, 641, 648,   1993年07月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126262632801
  • Potassium Titanyl Phosphate(KTP)レーザーの脳神経外科手術への使用経験, 斎藤 洋一, 加藤 天美, 種子田 護, 日本レーザー医学会誌, 14, 2, 25, 29,   1993年06月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902159999407502
    概要:KTPレーザー手術装置は,従来のレーザーの長所を継承し,かつ手術操作性に優れており,正確に狭い範囲を無血的に蒸散,切開するために優れた性能を有する。これらは特に顕微鏡下手術に有利な特質と考えられた
  • 電気刺激による前頭言語野の機能地図, 田辺敬貴, 数井裕光, 中川賀嗣, 池田学, 吉峰俊樹, 加藤天美, 平野俊一朗, 種子田護, 早川徹, 失語症研究, 13, 2, 183, 190,   1993年06月, 査読有り, 10.2496/apr.13.183, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902105008207583
    概要:電気刺激マッピング法により前方言語野の機能局在について以下の知見が得られた。1) 脳血管障害例でみられるのと同様のアナルトリーが左中心前回下方部の刺激時に認められた。2) アナルトリーが誘発された部位のいくつかでは, 同時に仮名の錯書と漢字の字型想起障害からなる軽度の書字障害も認められた。3) Broca野の刺激ではアナルトリーは生じず, 語想起障害と軽度の漢字の書字障害がみられた。4) 第二前頭回脚部(Exnerの書字中枢)の刺激では, 書字の障害はみられず, 語想起障害が認められた。
  • コンピューターアシステッドニューロサージャリー(CANS)脳神経外科手術ナビゲーションシステムの開発, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 早川 徹, 病態生理, 12, 3, 221, 229,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902134694286206
  • 脳神経外科手術における術中DSAの有用性, 大槻秀夫, 山田和雄, 木下章, 加藤天美, 種子田譲, 早川徹, 脳卒中の外科, 21, 1, 45, 48,   1993年01月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902116570135481
    概要:With the advant of recent technology, intraoperative digital subtraction angiography (DSA) has become useful in verifying the precision of surgical results. We report our experience using commercially available equipment to demonstrate its application as a diagnostic and therapeutic adjunct to neurological surgery. Intraoperative DSA was performed in 13 patients, including resection of arteriovenous malformations (AVM), obliteration of intracranial aneurysms, creation of bypass graft, carotid endoarterectomy and removal of tumor. In 4 cases, angiography was used to facilitate intraoperative embolization of a vascular lesion. There were no complications in the 13 cases that may be related to the intraoperative angiographic procedure. This technique appears to be a valuable adjunct not only as a diagnostic but also therapeutic tool.
  • Potassiurn Titanyl Phosphate (KTP) レーザーの脳神経外科手術への使用経験, 齋藤 洋一, 加藤 天美, 種子田 護, 吉峰 俊樹, 有田 憲生, 池田 卓也, 早川 徹, 日本レーザー医学会誌, 14, 2, 25, 29,   1993年, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004702223
    概要:KTP (Potassiurn titanyl phosphate) レーザー手術装置を種々の開頭術の際に使用し, その有用姓を検討した。本装置は Nd: YAG レーザー光を KTP 結晶により周波数を逓倍し, 緑色レーザー光として出力する。この波長はヘモグロビンの吸収極大とほぼ一致し, 止血的切開能力の向上が図られている。レーザー光は直径0.3mmから0.6mmの水晶ファイバーにより術野に導かれる。小型軽量のバヨネット型ハンドピースは操作性に優れており, 術野の妨げとなることはなかった。また出力部先端が焼損しても容易に更新できた。これらの特性により従来摘出困難とされていた脳や頭蓋底深部の腫瘍性病変でも, 確実に蒸散, 凝固が可能であり, 極めて有用であった。種々の照射条件による深達度を組織学的に検討した結果, KTP レーザーによる熱変性は照射部位に比較的隈局することが動物実験でも臨床例でも明らかとなり, 本装置を慎重に使用すれば, 術野周辺への影響を最小にして, 安全に手術が可能となることが確かめられた。
  • 実験的脳虚血急性期の微小循環障害に対する組織プラスミノゲン活性化因子の効果, 中島 伸, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 脳卒中, 14, 6, 613, 618,   1992年12月, 10.3995/jstroke.14.613, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902010808999134
    概要:Sprague-Dowleyラットの左中大脳動脈を閉塞し,30分後よりtPA (SM-9527)を1.6×105 IU/kg/hrで150分間持続注入した.閉塞3時間後に蛍光標識血漿を静注後,断頭屠殺した.虚血領域の血漿灌流微小血管長を対側半球の同部位に対する百分率で算出したところ,対照群の38.4±6.9%に対し治療群では68.8±0.6%であり,有意の増加が示された.組織学的虚血変化領域の同側大脳半球に対する面積比を算出すると,対照群の38.7±3.6%に対し治療群では24.8±2.6%と有意の減少を認めた.以上の結果はt-PAが脳梗塞急性期の微小循環障害を改善し,また虚血性脳障害を軽減しうることを示唆した
  • 脳手術支援ナビゲーションシステム(CANS Navigator), 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 池田 卓也, 映像情報Medical, 24, 21, 1215, 1223,   1992年10月
  • 脳腫瘍摘出術における脳表機能解剖モニタリング, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 51回, 2, 204, 204,   1992年10月
  • CT誘導視床破壊術, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 51回, 3, 165, 165,   1992年10月
  • 頭蓋底外科手術における脳手術支援システム(CANS Navigator), 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 51回, 3, 147, 147,   1992年10月
  • 局所脳虚血と微小循環障害, 吉峰 俊樹, 早川 徹, 加藤 天美, 中島 伸, 局所脳血流, 3, 165, 184,   1992年09月
  • 脳神経外科患者データベースのための病歴指向型多重コーディングシステム, 平野 俊一朗, 安部倉 信, 加藤 天美, 医学のあゆみ, 161, 12, 949, 950,   1992年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902011257836316
  • The effects of tissue type plasminogen activator on the microcirculatory disturbance in experimental acute cerebral ischemia., 中島 伸, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 久村 英嗣, 早川 徹, 脳卒中, 14, 6, 613, 618,   1992年, 査読有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003631025
    概要:The effects of tissue-type plasminogen activator (t-PA) on the local cerebral microcirculation was examined after occlusion of the middle cerebral artery (MCA) in rats.
    Female Sprague-Dawley rats were divided into two groups, 4 in the therapeutic group (A), and 5 in the control group (B). Cerebral ischemia was produced by occlusion of the MCA under ketamine anesthesia. The t-PA (1.6 × 105 IU/kg/hr) was administrated from 30 minutes after MCA occlusion in group A, whereas normal saline was administrated in group B. Three hours after MCA occlusion, dichliorotriazinil aminofluorescein-labelled plasma (DTAF plasma) was injected. Each rat was decapitated, and the brain was fixed in ethanol. We calculated the microvascular DTAF plasma perfusion at 25 μm-thick slice.
    The total length of perfused microvessels at the ischemic area were 68.8 ± 0.6% of the contralateral corresponding area in group A, and 38.4 ± 6.9% in group B (p<0.01). The area of histological change was 24.8 ± 2.6% of the ipsilateral hemisphere in group A, and 38.7% ± 3.6% in group B (p<0.05).
    These results suggest that t-PA is effective in improving the local microcirculation and in ameliorating the histological damage in the acute stage of focal cerebral ischemia.
  • 2A-14 てんかん焦点切除術のための解剖学的および機能的モニタリング, 加藤天美, 吉峰俊樹, 有田憲生, 田邊敬貴, 平野俊一郎, 原田貢士, 御供政紀, 早川徹, 日本てんかん学会プログラム・抄録集, 25,   1991年10月04日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002669933
  • [Computer assisted neurosurgery: development of a frameless and armless navigation system (CNS navigator)]., Kato A, Yoshimine T, Hayakawa T, Tomita Y, Ikeda T, Mitomo M, Harada K, Mogami H, No shinkei geka. Neurological surgery, 19, 2, 137, 142,   1991年02月, 査読有り
  • 定位的脳手術支援ナビゲーションシステム(CANS navigator)の開発と臨床応用, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 早川 徹, 脳神経外科, 19, 2, 137, 142,   1991年02月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902025738773076
  • Computer assisted neurosurgery (CANS)の開発, 最上 平太郎, 早川 徹, 加藤 天美, 医科学応用研究財団研究報告, 8, 63, 67,   1990年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902090160768577
  • 脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHR/SP)の脳実質微小循環障害, 加藤 天美, 脳卒中, 12, 6, 655, 655,   1990年12月
  • 1A-1 てんかん焦点切除術へのCANS navigator(脳手術支援ナビゲーションシステム)の応用, 加藤天美, 吉峰俊樹, 早川徹, 池田卓也, 冨田美明, 御供政紀, 原田貢士, 最上平太郎, 日本てんかん学会プログラム・抄録集, 24,   1990年11月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002669507
  • CT画像処理法の定位的視床破壊術への応用, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 49回, 2, 168, 168,   1990年10月
  • 脳手術支援ナビゲーションシステム(CANS Navigator)の手術応用, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 49回, 1, 37, 37,   1990年10月
  • CANS navigator(脳手術支援システム)による脳腫瘍の手術, 加藤 天美, 日本外科宝函, 59, 5, 414, 414,   1990年09月
  • 微小血管二重蛍光標識法による局所脳虚血急性期の循環障害の観察, 加藤 天美, 脳卒中, 11, 6, 681, 682,   1989年12月, 査読有り
  • 脳動静脈ろうの2例, 長谷川洋, 尾藤昭二, 小橋二郎, 加藤天美, 平賀章寿, 樋口真秀, 小児の脳神経, 14, 6, 427, 432,   1989年12月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902044773473268
  • ラット脳局所微小血管長の定量的測定, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 48回, 453, 453,   1989年09月
  • Computer assisted neurosurgery (CANS) CANS navigatorを用いたframeless stereotaxic neurosurgeryの開発, 加藤 天美, 日本脳神経外科学会総会抄録集, 48回, 590, 590,   1989年09月
  • 皮下腫りゅう,dural ectasiaと胸髄細小化を伴った二分脊椎, 湯口貴導, 森本一良, 吉峰俊樹, 加藤天美, 正名好之, 早川徹, 最上平太郎, 小児の脳神経, 14, 4, 311, 315,   1989年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902027414366691
  • 両側の椎骨動脈瘻と環軸椎脱臼を合併したVon Reckloinghausen病の1例, 長谷川 洋, 尾藤 昭二, 加藤 天美, 厚生年金病院年報, 15, 87, 94,   1989年03月
  • 当科における離脱式バルーンカテーテルの使用経験, 長谷川 洋, 尾藤 昭二, 加藤 天美, 厚生年金病院年報, 14, 107, 114,   1988年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902073114037515
  • 画像解析装置による局所脳循環代謝の画像化 脳腫瘍実験モデルの局所血流と局所血管透過性の定量的同時測定, 加藤 天美, 尾藤 昭二, 長谷川 洋, 厚生年金病院年報, 14, 99, 106,   1988年03月
    概要:脳循環代謝の視覚化のため16ビットコンピューターを中核に画像処理システムを開発した.131I/14C二重標識オートラジオグラフィーにこのシステムを応用し脳腫瘍ラットの局所血流量(BF)ならびに局所血管透過性(PER)の定量的同時測定を試みた.ENU誘発グリオーマラットはPERインディケーターである14C-α-aminoisobutylateならびにBFインディケーターである131I-iodoantipyrineで標識した.露光は約7日ずつ繰り返し6ヵ月まで行った.最初の一ヵ月間に得られたオートラジオグラムを画像処理システムに入力し画素ごとの時間-放射活性曲線から最小自乗法を用いて14C活性画像ならびに131I活性画像を分離算出し,それぞれPER画像ならびにBF画像に変換した.腫瘍活動部ではPER, BFともに増加しているが,腫瘍周辺脳組織では両者とも低下していた
  • 画像解析装置による局所脳循環代謝の画像化 脳腫よう実験モデルの局所血流と局所血管透過性の定量的同時測定, 加藤天美, 尾藤昭二, 長谷川洋, 田村和義, 早川徹, 厚生年金病院年報, 14(1987), 99, 106,   1988年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902034477519290
  • 若年者悪性頭皮腫瘍の2例, 長谷川 洋, 尾藤 昭二, 加藤 天美, 厚生年金病院年報, 13, 111, 116,   1987年03月
    概要:1) 13歳女,後頭部に発生したdermatofibrosarcoma protuberans本腫瘍は非常に浸潤性であるため頭皮の切除範囲を術中迅速切片を用いて決定したが,この方法は切除範囲を最小限にとどめるために有用であった.2) 24歳男,頭部外傷後にできた瘢痕組織から発生したsquamous cell carcinoma
  • 小児に発生したgiant cell glioblastomaの一例 VimentinおよびAstroprotein(GFAP)による検討, 丸野元彦, 小橋二郎, 長谷川洋, 加藤天美, 尾藤昭二, 吉峰俊樹, 生塩之敬, 早川徹, 厚生年金病院年報, 13(1986), 347, 352,   1987年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902087031311071
  • 若年者悪性頭皮腫ようの2例, 長谷川洋, 尾藤昭二, 加藤天美, 山本桂三, 小林やすし, 厚生年金病院年報, 13(1986), 111, 116,   1987年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902096125020835
  • 脳肺吸虫症の1例, 加藤 天美, 臨床神経学, 27, 1, 133, 133,   1987年01月
  • ラット脳腫ようにおける抗癌剤耐性機構, 吉田達生, 清水恵司, 生塩之敬, 早川徹, 加藤天美, 最上平太郎, 坂本幸哉, Neurol Surg, 14, 11, 1299, 1304,   1986年10月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902032379158723
  • [Development of experimental meningeal gliomatosis models using nude mice]., Yoshida T, Shimizu K, Ushio Y, Hayakawa T, Kato A, Mogami H, Sakamoto Y, Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy, 13, 9, 2745, 2750,   1986年09月, 査読有り
  • グリオーマにおける抗癌剤耐性のメカニズムとその克服, 吉田達生, 清水恵司, 生塩之敬, 早川徹, 加藤天美, 最上平太郎, 坂本幸哉, 癌と化学療法, 13, 9, 2751, 2757,   1986年09月, 査読有り, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902045580719835
  • Nude mouse meningeal gliomatosis modelの開発, 吉田達生, 清水恵司, 生塩之敬, 早川徹, 加藤天美, 最上平太郎, 坂本幸哉, 癌と化学療法, 13, 9, 2745, 2750,   1986年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902017879182931
  • [Cerebral blood flow, cerebral oxygen metabolism, cerebral glucose metabolism, and tissue pH in human acute cerebral infarction using positron emission tomography]., Kitamura S, Kato A, Yamamoto YL, Hakim AM, Diksic M, Meyer E, Tyler J, Thompson C, Pokrupa R, No to shinkei = Brain and nerve, 37, 1, 56, 64,   1985年01月, 査読有り
  • 急性期脳梗塞におけるポジトロンCTを利用した脳血流,脳酸素代謝,脳糖代謝そしてpHについての研究, 北村 伸, 加藤 天美, Yamamoto Yasokazu L., 脳と神経, 37, 1, 56, 64,   1985年01月, 査読有り
    概要:脳梗塞急性期の脳循環代謝を検討するため,positron emission tomographyを利用し15O study, 18F-fluorodeoxyglucose study,そして11C-dimethyloxazolidinedione studyを行い,脳血流量(CBF), 脳酸素消費量(CMRO2), 脳酸素抽出率(OER), 脳ぶどう糖消費量(CMRGlu),そしてtissue pHを発症より48時間以内の脳梗塞患者について測定した.また,CBFとCMRGluの関係,CMRO2とCMRGluの関係についてそれぞれMCIイメージ,OGIイメージを作り検討した.病側では,再開通例を除き,CBF, CMRO2, CMRGluの低下を認め,OERの増加を示した例を認めた.CMRO2が65 μmol以上の皮質とそれ未満の皮質では,MCIとOGIは異なった傾向がみられた.脳梗塞のtissue pHは反対側と比ベアシドーシスを示した例とアルカローシスを示した例があった.tissue pHに対するCBFの閾値は14 ml前後にある.CBF, CMRO2, CMRGluおよびtissue pHの相互の関係について検討することは脳梗塞における脳循環代謝を明らかにするために必要である
  • 急性期脳こうそくにおけるポジトロンCTを利用した脳血流,脳酸素代謝,脳糖代謝そしてpHについての研究, 北村伸, 加藤天美, YAMAMOTO Y L, HAKIM A M, DIKSIC M, MEYER E, TYLER J, THOMPSON C, POKRUPA R, Brain Nerve, 37, 1, 56, 64,   1985年01月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902075620818927
  • [Development of ACNU-resistant meningeal gliomatosis models: establishment of resistant rat glioma subline against ACNU]., Yoshida T, Ushio Y, Hayakawa T, Yamada K, Kato A, Mogami H, Nakata Y, No shinkei geka. Neurological surgery, 12, 9, 1029, 1036,   1984年08月, 査読有り
  • ACNU耐性ラットMeningeal gliomatosisモデルの開発, 吉田達生, 生塩之敬, 早川徹, 山田和雄, 加藤天美, 最上平太郎, 中田陽造, Neurol Surg, 12, 9, 1029, 1036,   1984年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902010236980712
  • [Quantitative double tracer autoradiographic technique for the simultaneous measurement of local cerebral blood flow and local cerebral glucose utilization using 14C-IAP and 18F-FDG]., Sako K, Kato A, Kobatake K, Diksic M, Yamamoto L, Yonemasu Y, No to shinkei = Brain and nerve, 36, 7, 649, 656,   1984年07月, 査読有り
  • 18F-fluorodeoxyglucoseと14C-iodoantipyrineを用いた定量的二重標識オートラディオグラフィー, 佐古 和広, 加藤 天美, 小畠 敬太郎, 脳と神経, 36, 7, 649, 656,   1984年07月, 査読有り
    概要:18F-fluorodeoxyglucose (FDG)と14C-iodoantipyrine (IAP)を用いて,局所脳グルコース利用率(LCGU)と局所脳血流(LCBF)を同時に定量的に測定できる二重標識オートラディオグラフィーについて報告した.測定は覚醒正常ラットおよび左中大脳動脈(MCA)閉塞ラットで行った.露光開始時の18F-FDGの組織濃度が14C-IAPの50倍以上であれば18F-FDG像における14Cのcross contaminationは生理的状態では2%以下で,病的状態においても無視できる.この二重標識オートラディオグラフィーではコンピューターを用いたイメージアナライザーによりLCGU/LCBF比の像を得ることができ,正常ラットではその値は76±8% μmol/mlでMCA閉塞3時間後には約2〜3倍に上昇しその約50%は嫌気性解糖が行われていることが示された.この方法は単にグルコース利用率と脳血流の同時測定のみならず,現在市販されている14Cでラベルされたトレーサーを用い18F化合物と組み合わせ,いろいろなパラメーターを同時に測定できる可能性を示した
  • 18F‐fluorodeoxyglucoseと14C‐iodoantipyrineを用いた定量的二重標識オートラディオグラフィー, 佐古和広, 加藤天美, 小畠敬太郎, DIKSIC M, YAMAMOTO L, 米増祐吉, Brain Nerve, 36, 7, 649, 656,   1984年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902020224032032
  • [Local blood flow and capillary permeability in the experimental meningeal carcinomatosis]., Yamada N, Yamada K, Ushio Y, Hayakawa T, Kato A, Mogami H, No to shinkei = Brain and nerve, 36, 3, 221, 226,   1984年03月, 査読有り
  • 実験的髄膜がんしゅ症における局所血流量と血管透過性の変化, 山田謹子, 山田和雄, 生塩之敬, 早川徹, 加藤天美, 最上平太郎, Brain Nerve, 36, 3, 221, 226,   1984年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902050168273974
  • 9. 内頸動脈瘤に対する Proximal Ligation:-術中,術後の問題と検査法-, 吉峰 俊樹, 早川 徹, 山田 和雄, 生塩 之敬, 加藤 天美, 池田 卓也, 越野 兼太郎, 中谷 進, 最上 平太, 奥 謙, 岩田 吉一, 金井 信博, Nosotchu no Geka Kenkyukai koenshu, 13, 0, 51, 56,   1984年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001932722
    概要:Fifteen consecutive cases of intracranial aneurysms of the interal carotid artery treated with occlusion of the cervical carotid artery were included in this study. STA-MCA anastomosis was performed before occlusion of the cervical artery in 11 cases. In nine patients, the artery was occluded gradually with Selverstone or Crutchfield clamps ("gradual" occlusion) with or without placement of an EC/IC bypass. Postoperative cerebrovascular complications developed in two of the nine gradually occluded cases. Discussions were focused on the high risk of "thromboembolic" complication in the course of gradual occlusion of the artery; Accelerated blood flow ("jet" flow) at the partially occluded portion of the vessel may readily detach a piece of thrombus and embolize distal cerebral arteries. In this respect, "abrupt" ligation of the carotid artery may be a treatment of choice when postoperative "low-perfusion" syndrome can be avoided. Among several conventional methods of predicting patient's tolerance for immediate carotid occlusion, intraoperative measurement of the cortical blood flow by the thermoelectric method may have special significance in estimating complicated changes of intracranial hemodynamics caused by artificial EC/IC bypass and therapeutic occlusion of the cervical carotid artery. In six cases, intraoperative measurement suggested sufficient preservation of the cortical blood flow at the test occlusion of the internal carotid artery and the vessel was ligated "abruptly." No neurological deficits occurred in these cases.
    The use of digital subtraction angiography and dynamic CT for the postoperative follow-up was also discussed.
  • [Reversibility of glucose utilization in focal cerebral ischemia]., Kataoka K, Yamada K, Hayakawa T, Kato A, Ushio Y, No to shinkei = Brain and nerve, 35, 8, 765, 770,   1983年08月, 査読有り
  • 局所脳虚血におけるグルコース利用率の可逆性, 片岡和夫, 山田和雄, 早川徹, 加藤天美, 生塩之敬, Brain Nerve, 35, 8, 765, 770,   1983年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902046585546625
  • [Effects of methylprednisolone on tumor-induced brain edema]., Yamada K, Ushio Y, Hayakawa T, Kato A, Arita N, Yamada N, Mogami H, No to shinkei = Brain and nerve, 35, 7, 683, 689,   1983年07月, 査読有り
  • しゅよう性脳浮しゅに対するmethylprednisoloneの効果, 山田和雄, 生塩之敬, 早川徹, 加藤天美, 有田憲生, 山田謹子, 最上平太郎, Brain Nerve, 35, 7, 683, 689,   1983年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902012216609999
  • Color coded image processing systemによるquantitative macroautoradiographyの解析, 加藤 天美, 神経病理学, 3, 2, 99, 99,   1982年12月
  • 転移性脊髄硬膜外腫瘍の病態の研究, 加藤 天美, 臨床神経学, 22, 12, 1214, 1214,   1982年12月
  • [Local cerebral glucose utilization in the ethylnitrosourea-induced rat glioma]., Yamada K, Ushio Y, Hayakawa T, Kato A, Yamada N, Mogami H, No to shinkei = Brain and nerve, 34, 8, 755, 759,   1982年08月, 査読有り
  • Ethylnitrosourea誘発ラット脳しゅようにおける局所グルコース利用率の変化, 山田和雄, 生塩之敬, 早川徹, 加藤天美, 山田謹子, 最上平太郎, Brain Nerve, 34, 8, 755, 759,   1982年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902069043755856
  • 術後髄膜炎に対するセフチゾキシムの治療成績, 岩田吉一, 中川秀光, 呉淳東, 清水恵司, 中田博幸, 山本和み, 加藤天美, Chemotherapy (Tokyo), 30, 3, 316, 323,   1982年03月, 10.11250/chemotherapy1953.30.316, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902075799113327
    概要:脳腫瘍, 頭部外傷など, 脳神経外科的疾患の開頭手術術後に発症した7例の髄膜炎患者に対してCeftizoxime (CZX) を投与した。投与方法としては1日に2~6gを点滴静注するか, one shotで徐々に瀞脈内に投与して, 髄液への移行とその臨床効果を検討し, 以下の結果を得た。投与日数は6日から27日間であった。
    1.髄液濃度からみた髄腔内への移行は, CZXを1g投与した場合に1.45~3.0μg/ml, 2g投与時は1.99μg/ml, 3g投与1時6.08μg/mlとなった。
    2.全症例 (7例) に対する治療効果は, 著効4例, 有効2例, やや有効1例であり。無効例はなかった。
    3.副作用, 臨床検査値の異常は1例にも認められなかった。
    以上の結果からみて, さらに症例を増して検討する必要はあるが, CZXは開頭術術後の髄膜炎に対して全身投与により充分な治療効果が得られる優れた薬剤であると考えられる。
  • [Changes of blood-brain barrier in the ethylnitrosourea induced rat glioma (author's transl)]., Yamada K, Ushio Y, Hayakawa T, Kato A, Yamada N, Mogami H, No to shinkei = Brain and nerve, 33, 12, 1251, 1255,   1981年12月, 査読有り
  • [Disturbances of regional spinal cord blood flow and CO2 response by epidural neoplasms (author's transl)]., Kato A, Yamada K, Ushio Y, Hayakawa T, Mogami H, Ikeda H, Neurol Med-Chir, 21, 12, 1201, 1207,   1981年12月, 査読有り
  • [Regional spinal cord blood flow and CO2 response in rats (author's transl)]., Kato A, Yamada K, Hayakawa T, Ushio Y, Mogami H, Ikeda H, Neurol Med-Chir, 21, 12, 1195, 1200,   1981年12月, 査読有り
  • 転移性硬膜外腫瘍による脊髄圧迫, 加藤天美, 脳神経外科, 30, 4, 782, 782,   1981年12月, 査読有り
  • 正常ラットの脊髄局所血流量と炭酸ガス反応性, 加藤天美, 山田和雄, 早川徹, 生塩之敬, 最上平太郎, 池田宏也, Neurologia medico-chirurgica, 21, 12, 1195, 1200,   1981年12月, 査読有り, 10.2176/nmc.21.1195, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002279178
    概要:Regional spinal cord blood flow (rSCBF) in gray matter and its response to CO_2 inhalation were estimated in awake rats at three spinal levels by the hydrogen clearance method and ^<14>C-antipyrine autoradiography. Regional blood flow levels obtained by two methods were well correlated. The gray matter rSCBF values of T-11, T-13 and L-2 levels measured by the hydrogen clearance method were 35.9±3.2, 45.0±43.5 and 46.0±5.2 ml/min/100 g, respectively, and those measured by ^<14>C-antipyrine autoradiography were between 42.2 and 51.3 ml/min/100 g. The rSCBF values in the thoracic gray matter w...
  • 転移性脊髄硬膜外腫瘍による脊髄循環障害 : 脊髄局所血流量および炭酸ガス反応性の障害と病態との相関, 加藤天美, 山田和雄, 生塩之敬, 早川徹, 最上平太郎, 池田宏也, Neurologia medico-chirurgica, 21, 12, 1201, 1207,   1981年12月, 査読有り, 10.2176/nmc.21.1201, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002279179
    概要:An experimental model of the spinal epidural neoplasm was produced in rats by injecting Walker 256 carcinoma cell suspension anterior to the T-12/13 vertebral body. Using this animal model, regional spinal cord blood flow (rSCBF) and its response to CO_2 inhalation (CO_2-R) were estimated by ^<14>C-antipyrine autoradiography and the hydrogen clearance method. In the early stage of weakness of the hind limbs, axonal swelling and edema of the white matter were revealed by histopathological examination, while both rSCBF and CO_2-R remained normal. In the middle stage of weakness, the tumor inv...
  • 正常ラットのせき髄局所血流量と炭酸ガス反応性, 加藤天美, 山田和雄, 早川徹, 生塩ゆき敬, 最上平太郎, 池田ひろや, Neurol Med Chir, 21, 12, 1195, 1200,   1981年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902058241803058
  • 転移性せき髄硬膜外しゅようによるせき髄循環障害 せき髄局所血流量および炭酸ガス反応性の障害と病態との相関, 加藤天美, 山田和雄, 生塩之敬, 早川徹, 最上平太郎, 池田宏也, Neurol Med Chir, 21, 12, 1201, 1207,   1981年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902041402841680
  • Ethylnitrosourea誘発ラット脳しゅようにおける血脳関門の変化, 山田和雄, 生塩之敬, 早川徹, 加藤天美, 山田謹子, 最上平太郎, Brain Nerve, 33, 12, 1251, 1255,   1981年12月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902035607260133
  • 54. 脳外科重症管理のためのインテリジェントモニタの開発, 池田卓也, 加藤天美, 堀部邦夫, 萩原郁久, 呉淳東, 狩野光将, 荻野義夫, 医科器械学, 51, 0, 141, 144,   1981年11月15日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002521480
  • [Regional blood flow in the ethylnitrosourea induced rat glioma (author's transl)]., Yamada K, Hayakawa T, Ushio Y, Kato A, Arita N, Mogami H, No to shinkei = Brain and nerve, 33, 11, 1125, 1131,   1981年11月, 査読有り
  • Ethylnitrosourea誘発ラット脳しゅようにおける局所血流量の変化, 山田和雄, 早川徹, 生塩之敬, 加藤天美, 有田憲生, 最上平太郎, Brain Nerve, 33, 11, 1125, 1131,   1981年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902076946951720
  • 54. 脳外科重症管理のためのインテリジェントモニターの開発, 池田卓也, 加藤天美, 堀部邦夫, 萩原郁久, 呉淳東, 狩野光将, 医科器械学, 51, 4,   1981年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002517284
  • 脳外科重症管理のためのインテリジェントモニタの開発, 池田卓也, 加藤天美, 堀部邦夫, 萩原郁久, 狩野光将, 医科器械学, 51, 4, 183,   1981年04月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902093767991240
  • [Digital analysis of CT-cisternography (author's transl)]., Ikeda T, Kondo T, Go J, Kato A, Mogami H, Mitomo M, Nishikubo Y, Fujino Y, Horibe K, Neurol Med-Chir, 20, 4, 379, 387,   1980年04月, 査読有り
  • CTシステルノグラフィの数値解析, 池田卓也, 近藤孝, 呉淳東, 加藤天美, 最上平太郎, 御供政紀, 西窪良彦, 藤野保定, 堀部邦夫, Neurologia medico-chirurgica, 20, 4, 379, 387,   1980年04月, 査読有り, 10.2176/nmc.20.379, http://ci.nii.ac.jp/naid/110002279040
    概要:CT-cisternography performed on 35 neurological cases with spinal administration of meglumine iocarmate (Dimer-X) or metrizamide (Amipaque) was analysed digitally with a series of our original programs developed using the system computer of an EMI-1010 scanner. RI-cisternography with In-111 was performed for comparison in four of these cases, within 2 weeks after CT-cisternography. Since the attenuation coefficients (CT-No.) correlated well with the concentration of iodine dye in CSF, temporal changes of the average CT-No. in geometrically defined areas (ROI) within lateral ventricles and va...
  • 抽出操作を省いた血清テストステロンの直接ラジオイムノアッセイ法の検討, 立石カヨ子, 加藤天美, 林長蔵, 臨床化学, 6, 3, 218, 221,   1978年04月, 査読有り
  • A Direct Radioimmunoassay for Male Serum Testosterone without Extraction, 立石 カヨ子, 加藤 天美, 林 長蔵, Japanese Journal of Clinical Chemistry, 6, 3, 218, 221,   1978年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130003357354
    概要:A direct method for the radioimmunoassay of male serum testosterone is described which does not require extraction by organic solvents. Interference from sex hormone binding proteins is removed by adding a gross excess of estradiol to each sample. Separation of bound and free 3H-testosterone is by means of serum dextran coated charcoal. Data indicating the accuracy and reproducibility of this method are presented and the possibility of one-step radioimmunoassay of serum testosterone is discussed.

特許

  • 生体局所治療用プローブおよび生体局所治療装置, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, JP2007058341, WO2007-123122
  • 低温治療装置, 加藤 天美, 豊田 真吾, 藤中 俊之, 吉峰 俊樹, 太田 富雄, 特願2006-346150, 特開2008-154751
  • 磁気刺激パターン生成装置、磁気刺激装置、その制御プログラムおよび該制御プログラムを記録したコンピュータ読取り可能な記録媒体、磁気刺激生成システムならびに制御方法, 平田 雅之, 加藤 天美, 田野 保雄, 不二門 尚, 吉峰 俊樹, 特願2006-341894, 特開2008-149028
  • 睡眠姿勢モニタシステムおよび空間位置測定システム, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 熊ノ郷 卓之, 平田 雅之, 特願2006-190855, 特開2008-017947
  • 手術用ガーゼ集合体及び手術用ガーゼ供給装置, 加藤 天美, 特願2005-354645, 特開2009-083855
  • インターフェイス装置、インターフェイス方法及びその装置を用いた制御訓練装置, 江田 英雄, 寺園 泰, 柳田 敏雄, 加藤 天美, 平田 雅之, 谷口 理章, 馬場 貴仁, 吉峰 俊樹, 特願2004-254062, 特開2006-072606
  • 画像観察装置と画像観察位置の調整方法, 植田 昌章, 森田 和雄, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 河瀬 斌, 大平 貴之, 佐々木 富男, 名取 良弘, 種子田 護, 北野 昌彦, 森田 明夫, 堀 智勝, 岡田 芳和, 特願2004-107250, 特開2005-292452
  • 遺残事故防止用医療器具及びシステム, 星 竹夫, 古好 勝敏, 加藤 天美, 特願2003-337378, 特開2005-102803
  • 遺残事故防止システム, 星 竹夫, 古好 勝敏, 加藤 天美, 特願2003-337378, 特開2005-102803, 特許第4247084号
  • 手術器具の位置表示装置, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岡村 昇一, 奥村 武志, 竹村 國彦, 特願平6-288132, 特開平8-140992
  • 手術器具の位置表示装置, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岡村 昇一, 奥村 武志, 竹村 國彦, 特願平6-288132, 特開平8-140992, 特許第3634416号
  • 手術器具の位置表示装置, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岡村 昇一, 奥村 武志, 特願平6-146496, 特開平8-010266, 特許第3217593号
  • 手術器具の位置表示装置, 早川 徹, 吉峰 俊樹, 加藤 天美, 岡村 昇一, 奥村 武志, 特願平6-146496, 特開平8-010266
  • 定位的脳手術支援装置, 加藤 天美, 吉峰 俊樹, 早川 徹, 特願平2-067928, 特開平3-267054, 特許第2653210号

受賞

  •   2002年, CARS 2002(International Congres of Computer Assisted Surgery and Radiology), 最優秀論文賞
  •   1992年, 日本脳神経外科学会, ガレーヌス賞

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), fMRI自己共振信号に基づいた難治てんかん手術前後の脳機能ネットワークの解析, 加藤 天美
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), グレード2/3神経膠腫に対するWT1免疫療法の開発と抑制系/促進系免疫作用の評価, 泉本 修一
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), アミノ酸イメージングと癌シグナル伝達因子による脳腫瘍患者の予後予測マーカーの解明 , 甲斐田 勇人
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 肺がん脳転移発症における M2 マクロファージの病的意義の解明, 奥田 武司
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 迷走神経刺激療法におけるレスポンダーのバイオマーカーの探求, 加藤 天美
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 中枢神経障害による筋緊張異常症の代謝機能に及ぼす影響と治療評価に関する研究, 内山 卓也, 痙縮症例やジストニア症例を代表とする筋緊張異常症の症例を、臥床状態、車椅子、歩行介助、自力歩行可能群の重症度別に分類し、筋緊張・関節運動の重症度数値評価であるAshworth scaleを計測、それぞれ症例の安静時呼吸代謝を計測。筋緊張が高度であれば安静時代謝は亢進しているという仮定に基づき、重症度と安静時代謝の相関性を計測し正当性を評価し、痙縮治療(ITB 療法)により、術後安静時代謝がどの程度低下するのかを計測し、筋緊張数値評価であるAshworth scale との相関性を評価し、ITB 療法の適切な治療域にあるかを評価する。現時点での症例数は8例で予定の10例にもう少しである。筋緊張異常症の外科的治療であるITB 療法の手術前と手術3 ヶ月後に食後3 時間の安静と30 分臥床の後に呼気ガス分析装置:FIT-2100(NihonKohden Corporation)を用い安静時代謝量を実測し(測定項目はRMR:基礎代謝量、VO2:酸素摂取量、Ve:分時換気量、FeO2:呼気中酸素濃度、Rf:呼吸数)、症例と年齢・身長・体重を同じにした場合の安静時代謝予測値(標準値)と実測値との比率(相対評価)で評価している。概ね、術前の呼吸代謝は正常対照群に比較して痙縮が重度の症例6例で約1.5から2.0倍高い数値を認めており、術後1.0から0.8倍程度に低下し、痙縮の改善度と相関する傾向にある。今後正確な統計学的処理を行う予定である。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), パーキンソン病の歩行障害に対する脊髄刺激療法の刺激機序と効果的な刺激方法の探求, 中野 直樹, パーキンソン病は進行に伴い、歩行困難が目立ってくる。中でもすくみ足は重要な解決すべき問題である。視覚や聴覚のキューを用いることにより、このすくみ足の改善が見られる。そこで、電気刺激のキューを用いた歩行の改善をめざす。具体的には、従来から、疼痛緩和に用いられている脊髄刺激に着目し、下肢への最適な刺激条件をみいだし、歩行改善を得ようとした。予備的な研究では、低頻度2-5HZが効果的であった。この条件下でのさらなる症例の積み重ねと、未だ解明されていない脊髄刺激のメカニズムを探るべく、刺激中の脳波を測定し、歩行改善の新たな刺激方法をめざす。すくみ足を主とする歩行障害をもつパーキンソン病例の脳波測定を施行した。脳波の解析ではDC shiftに着目し、数例であるが、前頭葉での脳の活性の抑制をみている。今後、脊髄刺激により、この脳の活性の抑制がとかれ、刺激効果で歩行が改善されるか否かを検討する。また、同様の刺激での、コントロールとしての正常例では、脳の活性の促進が観察された。歩行中の近赤外線の測定データ上、刺激により歩行が改善している例では、前頭葉の賦活が得られている。また、脊髄刺激と同じ様な感覚が得られる方法として前脛部の電気刺激時の歩行による改善での効果を確かめている研究もスタートした。以上の研究から、転倒防止につながる脳の機能状態を探求の可能性が得られている。さらにリハビリテーションでも改善困難なすくみ足の改善に対する有効な治療法となるとともにこれまで解明されていなかった脊髄刺激の機序が明らかにする。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 肺がん脳転移に対する非ステロイド系抗炎症薬による免疫学的予防法の確立, 藤田 貢, 肺がんに対する治療成績向上に伴い転移性脳腫瘍の罹患率が増加している。近年がん増殖・浸潤・転移における免疫系の関わりが明らかとなりつつあり、NSAID の長期投与によるがん死亡率低下が報告された。近年我々は、脳腫瘍発生初期において骨髄由来抑制細胞 (MDSC) が CCL2/CXCL12 ケモカイン依存性に病変部に集積し、発症のトリガーとなり、かつ NSAID により COX-2 阻害により MDSC 抑制および脳腫瘍発生抑制しうることを示してきた。それらの知見を元に、本研究では、特に肺がん転移性脳腫瘍発症における MDSC の影響を、マウスによる非臨床研究およびヒト臨床研究の両面から評価した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), ヒト皮質脳波信号処理に基づく運動・言語の高次脳機能発現メカニズムの研究, 加藤 天美,  ヒトの脳機能は広い範囲の脳領域の協調により発現すると考えられているが、ヒトの能動的企図(チョイス)を包含する情報は驚くほど狭い領域の脳皮質活動に集約される可能性がある。これらを同定することは、電極の少ない、効率的な脳-マシンインターフェイス (BMI)の開発に繋がる。 そこで、BMIに使用する脳波として、どの部位に電極を留置すれば、最も効率の良い信号を得られるかという点について検討するため、単語レベルと文レベルの課題を用いてfMRIを撮像し、賦活部位を解析した。その結果、音韻認知からの語想起と不完全文からの語想起において、賦活部位は異なっていた。音韻の認知と文理解で異なる領域が関与していると考えられた。すなわち、文レベルの課題を遂行する場合には、右半球の言語野対応部位も賦活すると考えられた。BMIにおいて、文レベルの理解・発話処理過程の信号を計測するためには、ブローカ野、ウェルニッケ野以外の言語野関連部位にも電極を留置する必要性が示唆された。それに対し、単語レベルであればブローカ野に限局した電極留置でよい可能性が示唆された。 さらに、硬膜下電極留置術後の患者が運動・言語タスクを施行する際の皮質脳波を記録し、その記録から逆に運動や言語タスクの内容を推定する復号化のため、よりよい解析方法を検討した。 なお、本研究のように患者の電気生理臨床データを用いた研究は近畿大学医学部倫理委員会の承認をすでに得ており、被験者から本研究に対するインフォームドコンセントを得た上で実施した。
  • 厚生労働省(MHLW), 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費), てんかんの有病率等に関する疫学研究及び診療実態の分析と治療体制の整備に関する研究(2013年度 総括), 大槻 泰介, 初年度においては、疫学調査、診療実態調査及び診療連携システム構築に向けた予備調査を行ない、少なくとも人口の0.53%以上と予測される我が国のてんかんの有病率が、これまでの厚労省の患者数調査(人口の0.17%)に反映されない要因につき検討を加えた。また日本医師会及び日本てんかん学会を通じ、我が国においててんかん診療を行っている医師を対象としたアンケート調査を行ない、その結果、日本医師会757名、日本てんかん学会667名、計1464名より回答を得ることができ、うち承諾を得た831名による全国のてんかん診療医の名簿を作成した。今後、この名簿を基に地域のてんかん診療ネットワークの形成を図るとともに、我が国の実情に即したてんかんの地域診療連携システムを提案し、更にその実現にむけた方策を検討してゆく予定である。
  • 厚生労働省(MHLW), 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費), 初発膠芽腫に対する新規放射線化学療法による有効治療法確立のための臨床研究(2013年度 総括), 宮武 伸一, 膠芽腫の根治は困難である。X線と新規アルキル化剤テモダール(TMZ)による放射線化学療法がようやく標準治療として認められてきたが、それとてもX線単独治療群の生存期間中央値(MST)12ヶ月にわずか2.5ヶ月の上乗せを追加したに過ぎない。われわれは化学療法の併用抜きでの新規診断膠芽腫に対するBNCT+X線追加照射でMST23.5ヶ月の成績を出し、単一施設での第2相臨床試験として、BNCTの治療効果を報告している。これに続くstepとして、BNCT+X線追加照射+TMZにより、新規診断膠芽腫に対する多施設による比ランダム化第二相臨床試験を行い、その治療効果を客観的に評価することを目的として、本臨床試験を行なった。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), パーキンソン病に対する皮質脳波フィードバック型脳深部刺激の開発, 中野 直樹, 頭蓋内脳表電極を用いて,基底核を刺激した際の大脳皮質の反応をとらえた。計画書にのっとり、全身麻酔下での脳深部刺激例に対し、脳表電極から、深部刺激中の反応を測定した。【方法と対象】進行性パーキンソン病に対し,全身麻酔下で脳深部刺激術を施行した。【結果】視床下核例では、運動野に留置された電極から、130Hz-160Hz刺激により 20Hzでの波形の増大をえた。刺激部位の違いも患側され、視床下核の背側の方がより 20hzのパワーが高かった。刺激開始から、500msecでの反応がもっとも認められ、この反応は、同側運動野、対側運動野にも観察することができた。淡蒼球例では、一定の特徴を得ることができなかった。視床下核の刺激が、一次運動野への神経ネットワークがあることが前年度のデータと比較しても、揺るがない結果であった。計画書では、オンラインでの慢性脳波記録を麻酔下なしで行う予定であったが、症例がなく、計測、結果がえられなかった。しかし、これまでのデータを、オフラインで、脳波の再解析を行った、時間周波数変化だけではなく、皮質脳波から、適切な刺激によると DC shiftを示唆する結果を得た。
  • 科学技術振興機構(JST), 戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST), バイオメディカルフォトニック LSIの創成, 太田 淳, 分担研究:機能的脳疾患医療応用の検討(加藤天美) 分担研究支給額:72,488千円 フォトニクス技術とLSI(大規模集積回路)技術を融合し,バイオ・医療への適用を可能とする新しいバイオメディカルフォトニックデバイスの創成を目指します。光デバイス,バイオ,脳神経外科の各研究者の共同により,光の特徴を最大限に活かしたフォトニックLSIデバイスの新たな可能性を示し,脳科学分野への展開,パーキンソン病やてんかんなど脳の機能的疾患への臨床応用開拓までを見据えた研究を推進しました。 機能的脳疾患医療応用の検討では、 (a) ヒト病理組織における神経回路応答-BMP-LSI 応用のための 基礎研究 (b) ブレイン-コンピュータ・インターフェイスへの展望 - ヒト運動関連野の皮質脳波解析 - ヒト言語関連野の皮質脳波解析 を行いました。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 皮質脳波信号処理に基づく運動・言語の脳-コンピュータインターフェイスの開発, 加藤 天美, 脳-コンピュータインターフェイス(BCI)は意図的な脳活動を情報としてコンピュータでとらえるシステムを総称する。本研究では、脳神経外科患者の協力を得て、運動課題時(3種の手運動)と言語(3母音黙読)課題時の皮質脳波を入力とするBCIの開発研究を行った。その結果、運動企図に関しては、患者がどの様な運動を企図しているか運動前に、86.6±5.8%の確率で予測できた。さらに言語企図に関しては、チャンスレベル(33%)を大きく超える53-63%の判別性能を得た。
  • 厚生労働省(MHLW) , 厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費) , 難治性不随意運動症状を伴うトゥレット症候群に対する脳深部刺激の有用性に関する多施設共同研究(2009年度 総括), 大槻泰介, 厚生科研費 : 200918032A 難治性の不随意運動を呈するトゥレット症候群に対する脳深部刺激療法の効果と認知・情動機能への安全性を評価するための、二重盲検多施設臨床研究プロトコルを作成した。本研究により重篤な希少疾患に対する治療技術がわが国に早期に導入され、その結果、多くの難治性トゥレット症候群患者が悲惨な生活から解放され国民の保健・医療・福祉向上が得られることが期待される。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 局所脳律動変化にもとづいた言語機能局在同定と言語機能再建, 平田 雅之, 1)非侵襲的脳機能同定法の研究 (1)脳磁図(MEG)での言語優位半球評価、言語機能局在評価 単語黙読課題を用いた場合、アミタールテストとの比較で85%一致、電気刺激によるマッピング法との位置の差は6.3±7.1mmであり、非侵襲的検査法として優れた方法であると証明された。現在、成果を英論文投稿中。 (2)MEG、皮質脳波(ECoG)を用いた脳律動計測 ECoGとHEGとで同一課題を用いて結果と比較している。解析ソフトBESAを用いて時間周波数解析、coherence解析を行っている。詳細な脳内処理過程が明らかになるとともに、言語領野に共通の律動帯域と特有の律動帯域があることが明らかになった。 (3)反復的経頭蓋磁気刺激(rTMS)を用いた言語機能評価 病院倫理委員会の承認を得た。新たに導入したrTMS装置での計測を計画中。 2)言語機能再建法の研究 昨年度に引き続き、ピ、ポ、ギ、ゴなど単純な発語時の皮質脳波を計測し、脳信号解読法としてsupport vector machineを用いた脳信号複号化により発語内容推定を試みている。初期成果が出つつある。言語機能再建の基礎となる、運動機能の解読も引き続きおこなっている。運動内容解読については3種の運動内容弁別が80-90%の正答率でリアルタイムに識別できることを明らかにし、英論文Neuroimage誌に発表した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(萌芽研究), 脳信号解読技術を用いた言語機能再建の試み, 平田 雅之, (1)MEG、皮質脳波(ECoG)を用いた脳律動計測 ECoGとMEGとで同一課題施行し、解析ソフトBESAを用いて時間周波数解析、coherence解析を行った。詳細な脳内処理過程が明らかになるとともに、言語領野に共通の律動帯域と特有の律動帯域があることが明らかなり、現在論文投稿準備中である。 (2)脳磁図(MEG)での言語優位半球の評価、言語機能局在の評価 単語黙読課題を用いた場合、アミタールテストとの比較で85%一致、電気刺激によるマッピング法との位置の差は6.3±7.1mmであり、非侵襲的検査法として優れた方法であると証明された。アミタールテスト、脳表電気刺激の結果と比較し、成果を論文に投稿した。 (3)脳信号解読 まず、言語機能解読の基礎となる運動機能についてもsupport vector machineを用いて運動内容解読を試みた。運動内容推定については3種の運動内容弁別が80-90%の正答率でリアルタイムに弁別できることが明らかとなり、英文誌Neuroimageに発表した。 言語に関しても時の皮質脳波を計測し、support vector machineを用いた脳信号複号化により発語内容推定を行った。カテゴリー別語想起課題にたいするカテゴリー識別は有意差のある結果が得られなかった。ピ、ポ、ギ、ゴなど単純な発語課題の識別率は運動内容解読には及ばないものの、本方法で...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 神経カラム電気刺激による視覚再建のための多角的アプローチ, 吉峰 俊樹, ラット視覚野に微少多極電極を刺入し、スパイク・局所集合電位解析を行い、神経ネットワークとその伝搬様式を明らかにした。 ヒト視覚野を経頭蓋磁気刺激(TMS)する時の脳内誘導電流をシミュレーションして、比較的限局した領域を刺激できることを明らかにした。ついでナビゲーションガイド下高頻度磁気刺激により誘発される人工視覚を定量的に解析し、TMSによる視覚機能評価法を開発した。 ヒト脳磁図、硬膜下電極にて視覚刺激に対する脳律動変化を計測解析し、脳律動にもとづいた視覚機能評価法を開発した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 嗅粘膜由来神経前駆細胞を用いた神経再生の基礎的研究, 貴島 晴彦, ラットの胸髄(Th10レベル)を切断し約1.5mmの間隙を設け、脊髄損傷(全離断)モデルを作成した。このモデルは作成後10週間では運動機能(BBB)の回復はほとんど認められない。急性期嗅粘膜移植モデルとして、同系のマウスの嗅粘膜を採取し細切し、損傷モデル作成時に移植し、移植後8週間にわたり下肢運動機能を観察したところ、呼吸粘膜移植群(コントロール群)に比較して有意に運動機能の改善を認めたが、その改善は限局的であった。組織学的検討を行ったところ神経栄養因子受容体(p75NGFR)を持つ細胞や神経前駆細胞を移植組織内に認め神経組織の再生に関与していることが示唆された。 さらに臨床の治療方法に近似させるため、慢性期移植モデルを作成した。同様に脊髄損傷モデル作成し、その2週間後に脊髄切断部の肉芽組織を除去し同部に同系のラットから採取した嗅粘膜を移植した。このモデルでも同様にコントロール群に比較すると下肢運動機能の改善を認めたが、体重を支えるほどには到らなかった。移植後8週目に行った膀胱内圧測定では随意的である収縮が認められその機能の改善を認めた。 脊髄組織では、まず移植群ではコントロール群に比較すると移植部頭側での脊髄内の空洞形成が少ない傾向が見られた。また空洞体積は運動機能と負の相関を示していた。さらにコントロール群では移植部尾側での脊髄の萎縮が強く認められていた。免疫組織学的検討...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 複雑系現象の時系列解析と抽出された分離性の確率過程論的研究, 岡部 靖憲, 松浦 真也, 本研究の目的は、実験数学の指導原理である「データから法則、モデルへ」の姿勢で、複雑系現象の観測データのみから、解析に使う定理の前提条件を検証し、データの非線形構造を抽出し、時間発展の「モデル」を導くことである。それを支える数学理論がKM20-ランジュヴァン方程式論である。これまでに、時系列の定常性、異常性、決定性などを調べるテスト(Test(S)、 Test(ABN)、 Test(D)等)を提唱し、種々の時系列に適用した。特に、特殊な地震(深部低周波地震)の解析をし、「分離性」(奇数次の多項式型変換を施した時系列から元の時系列への因果の強さが、常に、偶数次の変換を用いた場合より強い)という性質を発見した。この分離性は大脳皮質脳波などにも見られるが、通常の地震波や頭皮脳波にはなく、分離性を数学的に特徴付けることが、物理学的・脳科学的にも重要である。当該研究では、以下の成果を得た。 1.「分離性」を数学の概念として定式化し、確率過程の有限次元分布が対称ならば、分離性が成り立つことを証明した。さらに、離散時間確率過程の周波数域での表現定理を証明し、そこに現れるパラメータの違いによって、有限次元分布の対称性が破れても分離性が成り立つ場合があることを示した。 2.分離性と関係して、異常性の検出が重要であるが、Test(ABN)は大域的に発生する異常時刻を区別できない。これを補うため、非...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 局所脳律動解析による非侵襲的言語機能局在同定法の確立と言語機能再建の試み, 平田 雅之, (1)非侵襲的言語機能局在同定法の確立および侵襲的局在同定検査との比較 1)SAM法による言語機能局在評価 言語課題として従来からの単語黙読課題のほか、より検出力を高めるために自発的発語課題を用いて言語機能局在を調べている。また課題による違いを調べた。仮名と漢字課題の比較では、漢字で側頭後頭底面の脱同期が仮名より強いが、検出される部位に明らかな差はなかった(平田他,臨床脳波,2006)。さらに単語に内在する感情的要素による影響を調べたところ、感情語では非感情語に比較して前頭前野、帯状回の反応を認めた。前頭前野の反応は感情語と非感情語で側方性が逆となることが明らかとなった。さらに感情語では中下前頭回の脱同期反応が強くなることが明らかとなった。これらの結果から、感情的要素により新たに感情に関係する領野の反応がでるが、言語機能局在の検出部位自体には差がないと考えられた(Hirata et al, NeuroImage, 2007)。 2)慢性硬膜下電極刺激・術中覚醒下脳皮質刺激との比較 てんかん患者や言語領野病変患者に対して硬膜下電極留置を行い、慢性硬膜下電極電気刺激による言語機能局在同定を行い、SAMの結果と比較した。その結果、現在の単語黙読課題は比較的よく言語機能局在を検出でき、硬膜下電極の留意位置の決定に有用であると考えられた。この成果を国際学会のシンポジウムにて発表した(B...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 脳皮質神経カラム電気刺激による視覚機能再生の研究, 吉峰 俊樹, 1.ラットを用いた視覚野電気刺激の行動実験 ラットの視神経切断全盲モデルを作成し、白金針電極を視覚野第IV層に設置した。電気刺激を一次視覚野に与えると探索行動が減少したが、感覚運動野刺激では変化を認めなかった。このことから一次視覚野の電気刺激はラットに何らかの感覚として認知されることが示された。 2.ラットによる視覚野刺激・多点計測実験 脳皮質多点電極計測を行い網膜光刺激と脳皮質電気刺激とを比較した。その結果一次視覚野への単発パルス電気刺激にて周囲視覚野にスパイクを誘発できた。さらにJoint PSTHを用いたスパイク解析により、誘発スパイク間の機能結合の空間分布は網膜光刺激時と脳電気刺激時とで類似した分布になりうることを明らかにした。 3.ヒトに対する後頭葉経皮的磁気刺激(TMS)による誘発視覚の定量的計測 後頭葉視覚野にTMSを行い、誘発視覚の性状を定量的に計測した。対象は健常者および視覚障害者。単発刺激・高頻度刺激を行った。その結果健常者ではTMSにてphospheneなどの誘発視覚が再現性よく得られ、その位置・性状は刺激部位の機能解剖相関によく一致した。本法を視覚再建の治療適応判定法に応用するために、さらにデータを蓄積する必要がある。 4.健常者・視覚障害者に対する視覚野の脳磁図計測 大脳視覚機能評価法の開発を目的として、開口合成脳磁図法を用いて健常者・視覚障害者に対...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 脳皮質インプラントによる運動機能再建の研究, 加藤 天美, 本研究では脳皮質活動を運動の企図段階で捉え、運動補助機器の能動的制御が可能となるような脳-コンピュータインターフェイス(BCI)の開発をめざした。1.運動賦活時の脳磁図解析にて運動開始の数百ミリ秒前から運動準備磁界、ついで運動磁界、運動開始後に運動誘発磁界が分別観察された。運動関連領野にはβ帯域のERD(事象関連脱同期)とhighγ帯域のERS(事象関連同期)が認められ、後者は運動の制御のnegative feedbackに関与するinterneuronの活動との関連が示唆された。2.皮質脳波解析では運動情報のストリームに沿って広範な律動変化が認められた。これは運動プログラムの形成にあたって運動関連領野が並行的・協調的に活動することを示唆した。3.脳皮質脳波のスペクトログラフィーやコヒーレンス分析では、ERD/ERSを示した領域と電気刺激マッピングとの結果はよく一致した。特にαからβ帯域のERDと比較して、高周波帯域のERSは選択性が高く、どのような運動が企図されたかの判定に適していることが示唆された。コヒーレンス分析では前頭葉前部からの皮質脳波の相互依存性は高く、一次運動野に近づくに従って、独立性が増すことが判明した。これは運動プログラミングが当初大きな領域で遂行されるが、個々の運動に関してはより限られた領域内で独立して遂行されることを示唆した。さらに、これらは脳磁図との良好な相関が確認され、脳磁図が侵襲的な脳皮質インプラントの設置に際し、その適応を検討する非侵襲的診断として有用と考えられた。4.これらの運動関連皮質脳波の運動企図判定のため帯域フィルタ法を応用したところ、おおむね80%の正答率が得られた。これは条件を最適化すれば92%の正答率が得られた。本方法が発展すれば実用的なBCIが構築できるものと考えられた。5.言語活動でも運動課題と同様に、言語関連領野にERD/ERSが計測できた。いわゆる「テレパシー」と同様の情報伝達も可能と考えられた。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 非ウイルスベクター遺伝子治療による脳保護療法および脳血流再建法, 齋藤 洋一, 1)遺伝子導入した細胞からのペプチド分泌を外的に制御することを目的とし、gene switchであるTet-on systemにneprilysinの一種であるNL1にヒト型ベータエンドルフィン(End)遺伝子を連結したものを遺伝子組み換えし、HEK293細胞に遺伝子導入した。In vitroにおいてHEK293細胞は、投与したドキシサイクリン(Dox)の用量依存性に、Endを分泌するようになった。一方、Tet-on systemにブタproopiomelanocortine(POMC)遺伝子を組み込み、Neuro2A細胞に遺伝子導入したところ、ブタACTHとEndの両者を分泌するようになった。そのNeuro2A細胞をポリマーカプセルに封入して、サルの脊髄腔に移植した。1週間後、サルにDoxを100mg朝夕2回筋注、300mg朝夕2回筋注して、大槽から髄液を採取し、髄液中のACTHを測定した。カプセルなし、カプセル移植後、Dox 100mg朝夕2回筋注後、300mg朝夕2回筋注後と髄液中のACTH濃度は段階的に上昇していた。髄液中にDoxが移行し、カプセル封入されたNeuro2A細胞に作用し、Tet-on systemが働き、ACTHを分泌したと考えられる。次に遺伝子導入したHEK293細胞をカプセル移植して髄液中のEndを測定したが、Doxの筋注量を増加してもEndは測定不...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 脳血管内血流速度の定量的画像化法の開発・実用化, 中島 義和, 本研究において、デジタルサブトラクションアンギオグラフィー(DSA)画像データをDICOMフォーマットとして携帯型パーソナルコンピューター(PC)に取り込み、準リアルタイムにDSA画像解析を行うシステムを開発した。システムの概要は、DSA画像データから個々の血管内造影剤通過速度をピクセル単位で算出し、造影剤の血管内群速度を計算し、血管内流速値を疑似カラー化画像(脳灌流画像)として表示するものである。システムの処理速度として、Pentium III 850MHz,Windows XP上で512x512ピクセルのDSA画像20枚の場合、脳灌流画像計算時間は1秒以下であった。画像データをデジタルデータとしてPCに取り込む時に生じる変換誤差のキャリブレーションデータの検討を行ったところ、ビデオ信号に比べてDICOM(もしくはTIFF)フォーマットを介する方が造影剤濃度のデジタル値は広いdynamic rangeをとるため、特に濃い造影剤濃度での微細な変化の解析が可能であった。通常の臨床に使われるDSA撮像条件では、血管に対する放射線の入射角度、血管分枝による造影剤の分配、脳動脈瘤による造影剤の滞留による影響は認められなかった。ブタ頸動脈狭窄モデルにおいては狭窄前後での主幹動脈および脳全体の血管内流速値の経時的変化の検討が可能であった。ブタ動脈瘤モデルではDSA高速撮像法の併用により、...
  • 日本学術振興会(JSPS) , 科学研究費助成事業(萌芽研究 ) , 皮質内微小電極を用いた大脳機能カラム直接刺激による人工視覚再建 , 加藤 天美, 全盲ラット動物モデルにおいて皮質内電気刺激による変化を行動学的に解析した。行動の定量化にはvideo motion analysisを用いた。円形のオープンフィールドに正常ラットを移し、種々の環境光下でその行動を定量的に解析した。その結果、光の強度に依存して,逡巡行動、探索行動、周回行動それぞれにおいて明るさが250luxで抑制されることが判明した。これらのラットの視神経を経前頭法で両側切断、全盲動物モデルを作成し、両側の一次視覚野と感覚運動野に定位的に皮質内電極を挿入した。電極先端は皮質カラムの第4層にあたるようにした。電極はラット頭蓋に装着したソケットより、種々の条件で電気刺激を加えることができるようにした。このような動物を行動学的に解析したところ、暗環境下の正常動物と同様の行動がみられた。ついで、電極あたり100-500μA、3-60Hzの条件を試みた。500μA、3Hzの感覚運動野刺激では、その行動抑制は認められなかった。しかし、同じ条件で、一次視覚野を刺激すると行動抑制が認められた。これは視覚が得られたのと同様の反応である。さらに、これが視覚特異的なものかどうかを検索するため、光刺激を条件刺激、電気ショックを無条件刺激とした白色ノイズに対するfear potentiationの有無を定量化することにより検討した。これは条件刺激が満たされたときに無条件刺激によって惹起されたfear potentiationが無条件刺激が無いときにも認められるという現象を利用しており、条件刺激に対する特異性に優れた実験行動学的手法である。この結果、皮質内電気刺激が視覚特異的行動変化を引き起こすことが証明された。今後、より複雑な人工視覚反応を形成できるよう電極や刺激方法を発展させたい。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 内視鏡ナビゲーションシステム, 田村 進一, 通常の仮想ナビゲーションと異なり、真の体内ナビゲーションを行う2種のシステムを開発した。これらは、内視鏡検査や内視鏡手術に有用な役割を果たすものである。 (1)超音波法 市販の超音波プローブが水タンクの中に設置され、その超音波プローブに同期した超音波パルスを発射する、別の超音波トランスジューサが、それから離れたところに置かれる。そうすることにより、超音波プローブは、トランスジューサからの超音波パルスをキャッチし、市販の超音波診断装置のモニタ上にマーカとして表示する。このようにして、我々は超音波トランスジューサからの相対的な位置として、超音波スローブの位置(6自由度)を決めることができた。 (2)磁気および光学式位置決め装置をもつハイブリッド方式 本研究では、超音波内視鏡の剛性把持棒の一端が、光学式位置決め装置で位置決めされることにより、別の一端が磁界を計測し、位置の校正と補正を行う磁気センサで位置決めされる。剛性棒の一端は軟性の超音波プローブ棒が接続されている。5自由度で超音波プローブの位置決めを行うことのできる、別の超小型磁気センサが、軟性超音波プローブの棒の先端に設置されている。このようにすることにより、6自由度で超音波プローブを位置決めすることができ、補正のないときには14.7mmの精度が、1.96mmの精度に改善された。さらに、斜視内視鏡の幾何学を導出し、簡易に校正で...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 形状変形を伴う軟組織手術ナビゲーションシステムの開発, 佐藤 嘉伸, 手術室空間および手術中の患者体内空間を、計算機内部に実時間で(あるいは簡便迅速に)立体再構築し、外科医に、仮想的な体内透視像を提示したり、手術計画の実写像への重畳表示を行なう「手術支援システム」の研究開発が盛んになってきている。本研究では、手術支援システムにおける腹部臓器など形状変形を伴う人体軟部組織への対処に焦点をあてた。そのための基盤技術として、術中における変形検出、術中における軟部組織の実時間画像撮影に適した3次元超音波システムの開発、および、軟部組織の領域抽出と変形補正画像解析法の開発を行なった。本研究の成果において、強調すべき点は、手術支援システムにおける軟部組織への対処という応用目的の達成を徹底的に目指す一方で、得られた成果は、3次元画像解析および空間情報統合における基盤研究として、応用範囲の広い汎用的な成果が得られている点である。例えば、内視鏡対応3次元超音波システムの開発において開発された磁気式3次元位置センサの磁場歪みを簡便迅速に補正する方法は、3次元超音波システムに限定されず、広く仮想/拡張/複合現実感技術の応用システムに適用可能である。また、変形補正画像解析に関しては、空間的不連続性への対処という画像解析の分野では、従来から関心の高い問題に対して、変形補正すべき対象領域の濃淡値分布既知という条件の下での最大事後確率推定問題として定式化し、変形ベクトル場の...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 合成開口脳磁気計測法による神経活動の非侵襲3次元解析法の開発と臨床応用, 吉峰 俊樹, 脳内神経活動はある空間的広がりを持った領域で行われるため、脳磁気解析において信号源を単一ないし複数の仮想双極子で代表する従来の等価電流双極子解析法には大きな問題があった。私どもは合成開口法を応用して空間解像能を向上させ、頭蓋内の任意の空間における電気活動を抽出する方法を開発した。脳の電気的固有律動の同期あるいは脱同期現象は神経活動と密接に関連する。本法を用いて種々の脳活動にともなう各領域での神経活動の周波数ごとの信号強度変化の統計学的解析(SAM統計解析法)により、それぞれの神経活動に関与する領域の局在と時間経過を検討した。運動機能に関して、正常被験者を対象に各周波数ごとに賦活される領域を計測した。その結果、運動発現に両側大脳半球が関与すること、運動のコントロールに利き手による脳の半球優位性が存在していることが明らかになった。さらに、運動障害患者の解析より、一次運動野損傷と非一次運動野損傷における運動機能発現の違いが解明されつつある。感覚情報処理に関しては従来非侵襲的な計測が不可能であった高周波律動の関与を明らかにした。高周波律動は皮質微小回蕗を形成する視床皮質投射線維や皮質抑制介在ニューロンの活動を反映していると考えられ、大脳皮質に広く分布する抑制系のメカニズムとの関連を追究している。言語処理関連脳活動に関しては、賦活部位の時間推移を検討したところ、黙読課題においても視覚野...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(重点領域研究), 脳神経外科手術における感覚と手術操作間ギャップの分析, 加藤 天美, 脳神経外科領域において仮想現実(VR)の応用がすすんでいる。しかし、術者とVR環境との適切なインターフェイスに関する研究はほとんどない。私たちはpicture in picture(PIP)機能を有するビデオシースルー顕微鏡と脳神経外科手術ナビゲ-タを用いて仮想物体に対する操作軌跡を記録、分析し、知覚と操作のギャップについて検討した。まず、術野を想定して円筒状のファントムを作成し、その内に操作の始点ならびに目標点を表す小球を立体的に配した。また、操作者には見えないがナビゲ-タでその位置が認識できる仮想的なゲート(VRG)を設けた。ファントムは通常の開頭手術を模して顕微鏡下に頭蓋固定器で手術台に固定した。ついで、顕微鏡下の両眼立体視を検討した。顕微鏡下手術熟練者と非熟練者を被験者にあらかじめVRGの位置を提示し、被験者に位置を記憶させた。その後、条件1;肉眼操作で、条件2;顕微鏡下操作で、条件3;ファントムは見ずナビゲ-タ画面下のみの操作で、条件4;PIP機能を併用した顕微鏡下操作で、VRG位置と被験者が認識する位置を吸引管で指し示した。さらに、このVR環境における作業効率を検討するため吸引管先端がVRGを経由してできるだけ正確にかつ早く目標点に到達するように吸引管を操作させた。その結果、顕微鏡下でのVRGの指示において熟練者と非熟練者の間に有意な差が認められた。これは顕微鏡下における奥行知覚が過大評価されることに起因した。また、PIP機能によりVR環境における作業効率が大きく改善された。本研究では仮想物体の操作を通して、手術顕微鏡下の立体知覚の歪みが明かとなった。これはPIP機能による補正が有効であった。脳神経外科手術では手術顕微鏡の性能は患者の生命に直結しうる重大な問題である。この成果を活かし、実空間との不整合を克服すべくよりよいインターフェイスを考えたい。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 脳虚血における細胞内浸透圧調節分子オスモライトの解析, 吉峰 俊樹, 脳虚血は虚血巣ならびにその周辺に強い浮腫を惹起し、頭蓋内病態悪化の大きな一因になる.現在の脳梗塞治療の主体は脳浮腫の治療といえるほどである.虚血性脳浮腫は従来,細胞膜イオンポンプ障害による細胞外ナトリウムの上昇が主因と考えられている.しかし近年,無機イオンの他,アミノ酸,メチルアミン,ポリオ-ルなどの有機低分子が生体細胞の体積調節に重要な役割を果たしていることが明らかとなり,有機オスモライトと呼ばれるようになってきた.このような有機オスモライトが虚血性浮腫病態にどのように関与するかはまだ明らかでない.そこで本研究では,ラット中大脳動脈閉塞による不完全局所脳虚血モデル,および断頭による完全全脳虚血モデルにおいて脳の過塩素酸抽出物の^1H磁気共鳴スペクトロスコピ-を行い,各種有機オスモライトおよび脳水分含量を測定した.脳水分含量は不完全局所脳虚血モデルでは虚血側で対側に比べ有意に増加したが(p<0.0001),完全全脳虚血モデルでは増加しなかった.有機オスモライトは不完全局所脳虚血後6時間から24時間にかけて多くが減少傾向を示し,24時間後の有機オスモライト総和は虚血部位で非虚血部位の58.7%まで低下した(p<0.005).アスパラギン酸,グルタミン酸,N-アセチルアスパルテ-トなどのアミノ酸,およびクレアチンの減少がとくに有意であった.これに対し,完全全脳虚血モデルでは有機オ...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 脳虚血による微小循環障害の解析とそれに基づく治療法の開発, 吉峰 俊樹, 以下の実験により、脳虚血においては強力な血管拡張作用ならびにフリ-ラジカル活性を有する一酸化窒素(NO)の産生が増加すること、フリ-ラジカル消去剤であるsuperoxide dismutase(SOD)が微小循環障害を改善すること、また末梢血白血球がフリ-ラジカルの産生原となりうることが示された。 1)脳虚血におけるNO代謝の検討 ラット一側中大脳動脈の閉塞および閉塞解除後に頸静脈血を採取し、グリ-ス反応によりnitrate(NO_3^-)およびnitrite(NO_3^-)を定量した。その結果nitrate(NO_3^-)は虚血2時間後に有意に増加し、再灌流30分後にさらに増加した。nitrite(NO_3^-)は有意の変動を示さなかった。nitrate(NO_3^-)の増加はN^G-nitro-L-arginine(L-NAME,20mg/kg)の投与により抑制され、これにL-argを追加すると抑制が解除されることから、血中nitrate(NO_3^-)の増加がnitric oxide synthase(NOS)の活性化によるものと考えられた。 2)SOD投与による微小循環障害の改善 ラット一側中大脳動脈閉塞モデルにおいて閉塞3時間後にrecombinant human Cu,Zn-SODを投与し、蛍光標識血漿法により中大脳動脈領域の脳内微小血管を観察したところ、Cu,Z...
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 脳手術支援システムによる手術シミュレーション法の開発, 加藤 天美, 丸野 元彦, 本研究は脳手術支援ナビゲーションシステムを応用し、多モード画像に基づき作成された患者立体脳模型のうえで術前、シミュレーション手術を行い、手術の安全性、確実性を向上させることを目的とする。患者立体脳模型作成のためにCTやMR画像から主要な解剖学的構造を抽出する半自動画像処理法を考案した。従来、こうした画像処理は画像の濃淡値のみより目的構造のセグメンテーションがおこなわれてきたが、組織の不均一性や画像に内包される雑音成分のため正確な抽出が困難であった。私たちは、この問題を克服するため、まず抽出すべき構造の画像特性を分析した。ついで輪郭強調、平滑化、2値化、縮退、拡散、収縮などの画像処理技法を流れ処理として適用し、個々の構造の画像特性に適合する画像域を抽出した。最後に、輪郭追跡により適切と判断された各構造の輪郭データのみを保存した。これら半自動化手法により、より客観的な画像抽出が可能となり、これらの輪郭データをもとに脳構造の立体再構成が容易にできた。輪郭データはワイヤーフレーム化し、脳立体画像として表示、脳立体模型のための型取りデータとした。脳立体模型は紙粘土を素材に試作した。すなわち、断層画像のスライスと同じ厚さの紙粘土板に実物大の輪郭線を印刷し、それを裁断して重畳立体再構成した。模型は台に固定し、手術ナビゲーターを設置して小ヘラで切削、模擬手術を行った。その結果、実際の手術と同じような術野が再現できることを確認した。私達のシステムは脳構造や病巣部の輪郭抽出、脳立体模型の半自動製作を行う。術者は実際の手術と同様、任意の手術体位のもとで開頭や手術アプローチ、さらには病巣摘出を模型のうえで試行できる。こうした実際の手術にきわめて密着した手術シミュレーションは手術の安全性や確実性の向上に寄与するものと考える。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 脳虚血による微小循環障害の解析とそれに基づく治療法の開発, 吉峰 俊樹, 私どものこれまでの検討により,脳虚血急性期における局所の微小循環障害が血漿灌流血管長の減少として定量的にとらえられること,および血栓溶解剤である組織性プラスミノ-ゲンアクチベ-タ-(t-PA)がこの微少循環障害を改善することが明かとなった。t-PAのこのような効果は微小虚環障害の発生機作として微小血管内の血栓形成が関与することを示唆している。私どもは血栓形成の原因として血管内皮細胞の障害による抗血栓活性の減少を想定し,脳虚血にともなう活性酸素の産生が内皮細胞障害をもたらす可能性を考えた。これを明らかにするためラット局所脳虚血モデルにおいて活性酸素のうちス-パ-オキサイド(0_2^-)を選択的に消去するス-パ-オキサイドディスミュ-テイス(SOD)を投与し,微小循環障害に与える影響を検討した。その結果,SODの投与は虚血巣の血漿灌流血管長の減少を有意に抑制し(p<0.01),また組織学的障害をも軽減することが明かとなった。 従来,臓器虚血においては産生された活性酸素が直接組織障害をもたらすことが想定されがちであったが,本研究で得られた知見は,活性酸素が微小虚環障害をもたらし,その後二次的に組織障害をきたす要因となりうることをも示唆している。従って活性酸素の消去は虚血性脳損傷の発生機作から考えると,より原因治療的なまのといえる。本研究では遺伝子組換えによるヒト型SODを用いており...