KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

髙橋 英夫タカハシ ヒデオ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名教授/主任
学位博士(医学)
専門免疫薬理学、神経薬理学、臨床薬理学
ジャンル医療・健康/薬と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/795-takahashi-hideo.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    病気はホメオスタシス機構の異常であるという観点から、異常の原因となる標的分子を特定し、病態生理への関与を多様な方法で検討し、創薬研究によって臨床医学へ貢献する所存です。

学歴・経歴

学歴

  • 岡山大学, 医学部, 医学科

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 生物系薬学
  • 薬学, 創薬化学
  • 基礎医学, 薬理学一般
  • 基礎医学, 免疫学
  • 境界医学, 応用薬理学
  • 外科系臨床医学, 外科学一般

研究キーワード

  • 創薬, 病態メカニズム, ターゲットバリデーション

論文

  • Anti-high mobility group box-1 (HMGB1) antibody attenuates delayed cerebral vasospasm and brain injury after subarachnoid hemorrhage in rats., Haruma J, Teshigawara K, Hishikawa T, Wang D, Liu K, Wake H, Mori S, Takahashi HK, Sugiu K, Date I, Nishibori M, Scientific reports, 6, 37755,   2016年11月, 査読有り
  • Therapeutic effects of anti-HMGB1 monoclonal antibody on pilocarpine-induced status epilepticus in mice., Fu L, Liu K, Wake H, Teshigawara K, Yoshino T, Takahashi H, Mori S, Nishibori M, Scientific reports, 7, 1, 1179,   2017年04月, 査読有り
  • Advanced glycation end products attenuate the function of tumor necrosis factor-like weak inducer of apoptosis to regulate the inflammatory response., Watanabe M, Toyomura T, Wake H, Liu K, Teshigawara K, Takahashi H, Nishibori M, Mori S, Molecular and cellular biochemistry,   2017年04月, 査読有り
  • Voluntary exercise induces neurogenesis in the hypothalamus and ependymal lining of the third ventricle., Niwa A, Nishibori M, Hamasaki S, Kobori T, Liu K, Wake H, Mori S, Yoshino T, Takahashi H, Brain structure & function, 221, 3, 1653, 1666,   2015年01月, 査読有り
  • [Current status and future prospects in HMGB1 and receptor researches]., Takahashi H, Nishibori M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 74, 4, 703, 711,   2016年04月, 査読有り
  • Histidine-Rich Glycoprotein Prevents Septic Lethality through Regulation of Immunothrombosis and Inflammation., Wake H, Mori S, Liu K, Morioka Y, Teshigawara K, Sakaguchi M, Kuroda K, Gao Y, Takahashi H, Ohtsuka A, Yoshino T, Morimatsu H, Nishibori M, EBioMedicine, 9, 180, 194,   2016年07月, 査読有り
  • Soluble form of the receptor for advanced glycation end-products attenuates inflammatory pathogenesis in a rat model of lipopolysaccharide-induced lung injury., Izushi Y, Teshigawara K, Liu K, Wang D, Wake H, Takata K, Yoshino T, Takahashi HK, Mori S, Nishibori M, Journal of pharmacological sciences, 130, 4, 226, 234,   2016年04月, 査読有り
  • Anti-high mobility group box 1 monoclonal antibody improves ischemia/reperfusion injury and mode of liver regeneration after partial hepatectomy., Sugihara M, Sadamori H, Nishibori M, Sato Y, Tazawa H, Shinoura S, Umeda Y, Yoshida R, Nobuoka D, Utsumi M, Ohno K, Nagasaka T, Yoshino T, Takahashi HK, Yagi T, Fujiwara T, American journal of surgery, 211, 1, 179, 188,   2016年01月, 査読有り
  • Glycyrrhizin inhibits traumatic brain injury by reducing HMGB1-RAGE interaction., Okuma Y, Liu K, Wake H, Liu R, Nishimura Y, Hui Z, Teshigawara K, Haruma J, Yamamoto Y, Yamamoto H, Date I, Takahashi HK, Mori S, Nishibori M, Neuropharmacology, 85, 18, 26,   2014年10月, 査読有り
  • [Platform for drug discovery targeting HMGB1, AGEs-RAGE response]., Mori S, Takahashi H, Toyomura T, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 143, 1, 14, 17,   2014年01月, 査読有り
  • [Discovery of drugs targeting HMGB1-RAGE system]., Nishibori M, Takahashi H, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 143, 1, 3,   2014年01月, 査読有り
  • Involvement of moesin in the development of morphine analgesic tolerance through P-glycoprotein at the blood-brain barrier., Kobori T, Fujiwara S, Miyagi K, Harada S, Nakamoto K, Nakagawa T, Takahashi H, Narita M, Tokuyama S, Drug metabolism and pharmacokinetics, 29, 6, 482, 489,   2014年, 査読有り
  • Histamine inhibits high mobility group box 1-induced adhesion molecule expression on human monocytes., 高橋 英夫, 丹羽淳子, 西堀正洋,勅使川原,劉克約,和気秀徳, 貞森裕, 吉野正, 森秀治, Eur J Pharmacol., 718, 1-3, 305, 313,   2013年10月, 査読有り
    概要:Cell-cell interaction through binding of adhesion molecules on monocytes and T-cells plays roles in cytokine production and lymphocyte proliferation. HMGB1 acts in the extracellular environment as a primary pro-inflammatory signal. HMGB1 induces expression of ICAM, B7.1, B7.2 and CD40 on monocytes, resulting in production of IFN-γ and TNF-α production and proliferation in human PBMCs. We examined the effect of histamine on HMGB1-induced expression of ICAM-1, B7.1, B7.2 and CD40 on monocytes, production of IFN-γ and TNF-α and lymphocyte proliferation in PBMCs. Histamine inhibited HMGB1 activity in a concentration-dependent manner. The effects of histamine were partially ablated by the H2-receptor antagonist and mimicked by the H2/H4-receptor agonists. Histamine induced cAMP production in the presence and absence of HMGB1. The effects of histamine were reversed by the PKA inhibitor and mimicked by the cAMP analog and the adenylate cyclase activator.
  • Role of cell-cell interactions in high mobility group box 1 cytokine activity in human peripheral blood mononuclear cells and mouse splenocytes, 高橋 英夫, 西堀正洋,劉克約,和気秀徳, 貞森裕, 吉野正, 森秀治, 山本博,山本靖彦, Eur J Pharmacol., 701, 1-3, 194, 202,   2013年02月, 査読有り
    概要:Cell-cell interaction through binding of ICAM-1, B7.1, B7.2 and CD40 on monocytes to their ligands on T-cells plays a number of roles in cytokine . HMGB1 acts in the extracellular environment as a primary pro-inflammatory signal. RAGE, TLR-2 and TLR-4 are receptors for HMGB1. HMGB1 induces pro-inflammatory cytokine production in monocytes and T-cells. This study was designed to study the cellular mechanism of cytokine production. HMGB1 concentration-dependently induced ICAM-1, B7.1, B7.2 and CD40 expression on monocytes, and IFN-γ and TNF-α production and lymphocyte proliferation in human peripheral blood mononuclear cells (PBMCs). These HMGB1 activities depended on the stimulation of RAGE on monocytes. HMGB1 also up-regulated RAGE, but not TLR-2 or TLR-4, expression on monocytes, which was inhibited by Abs against ICAM-1, B7.1, B7.2 and CD40.
  • Gene expression and localization of high-mobility group box chromosomal protein-1 (HMGB-1)in human osteoarthritic cartilage., Terada C, Yoshida A, Nasu Y, Mori S, Tomono Y, Tanaka M, Takahashi HK, Nishibori M, Ozaki T, Nishida K, Acta medica Okayama, 65, 6, 369, 377,   2011年12月, 査読有り
  • Anti-high mobility group box-1 monoclonal antibody protects the blood-brain barrier from ischemia-induced disruption in rats., Zhang J, Takahashi HK, Liu K, Wake H, Liu R, Maruo T, Date I, Yoshino T, Ohtsuka A, Mori S, Nishibori M, Stroke, 42, 5, 1420, 1428,   2011年05月, 査読有り
  • High-mobility group box protein 1 neutralization reduces development of diet-induced atherosclerosis in apolipoprotein e-deficient mice., Kanellakis P, Agrotis A, Kyaw TS, Koulis C, Ahrens I, Mori S, Takahashi HK, Liu K, Peter K, Nishibori M, Bobik A, Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology, 31, 2, 313, 319,   2011年02月, 査読有り
  • Prostaglandin E2 inhibits advanced glycation end product-induced adhesion molecule expression on monocytes, cytokine production, and lymphocyte proliferation during human mixed lymphocyte reaction., Takahashi HK, Zhang J, Mori S, Liu K, Wake H, Liu R, Sadamori H, Matsuda H, Yagi T, Yoshino T, Nishibori M, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 334, 3, 964, 972,   2010年09月, 査読有り
  • [Anti-Sp100 antibody]., Mori S, Wake H, Liu K, Takahashi HK, Nishibori M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 68 Suppl 6, 711, 713,   2010年06月, 査読有り
  • Advanced glycation end products enhance monocyte activation during human mixed lymphocyte reaction., Ohashi K, Takahashi HK, Mori S, Liu K, Wake H, Sadamori H, Matsuda H, Yagi T, Yoshino T, Nishibori M, Tanaka N, Clinical immunology (Orlando, Fla.), 134, 3, 345, 353,   2010年03月, 査読有り
  • Effect of nicotine on advanced glycation end product-induced immune response in human monocytes., Takahashi HK, Liu K, Wake H, Mori S, Zhang J, Liu R, Yoshino T, Nishibori M, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 332, 3, 1013, 1021,   2010年03月, 査読有り
  • Beta2-adrenoceptor stimulation inhibits advanced glycation end products-induced adhesion molecule expression and cytokine production in human peripheral blood mononuclear cells., Takahashi HK, Mori S, Liu K, Wake H, Zhang J, Liu R, Yoshino T, Nishibori M, European journal of pharmacology, 627, 1-3, 313, 317,   2010年02月, 査読有り
  • Prostaglandin E2 inhibits advanced glycation end product-induced adhesion molecule expression, cytokine production, and lymphocyte proliferation in human peripheral blood mononuclear cells., Takahashi HK, Liu K, Wake H, Mori S, Zhang J, Liu R, Yoshino T, Nishibori M, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 331, 2, 656, 670,   2009年11月, 査読有り
  • Histidine-rich glycoprotein inhibited high mobility group box 1 in complex with heparin-induced angiogenesis in matrigel plug assay., Wake H, Mori S, Liu K, Takahashi HK, Nishibori M, European journal of pharmacology, 623, 1-3, 89, 95,   2009年11月, 査読有り
  • [A treatment for brain infarction targeting HMGB1]., Nishibori M, Takahashi HK, Mori S, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 134, 5, 271, 275,   2009年11月, 査読有り
  • High mobility group box 1 complexed with heparin induced angiogenesis in a matrigel plug assay., Wake H, Mori S, Liu K, Takahashi HK, Nishibori M, Acta medica Okayama, 63, 5, 249, 262,   2009年10月, 査読有り
  • Histamine inhibits advanced glycation end products-induced adhesion molecule expression on human monocytes., Wake H, Takahashi HK, Mori S, Liu K, Yoshino T, Nishibori M, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 330, 3, 826, 833,   2009年09月, 査読有り
  • Establishment of in vitro binding assay of high mobility group box-1 and S100A12 to receptor for advanced glycation endproducts: heparin's effect on binding., Liu R, Mori S, Wake H, Zhang J, Liu K, Izushi Y, Takahashi HK, Peng B, Nishibori M, Acta medica Okayama, 63, 4, 203, 211,   2009年08月, 査読有り
  • Advanced glycation end products subspecies-selectively induce adhesion molecule expression and cytokine production in human peripheral blood mononuclear cells., Takahashi HK, Mori S, Wake H, Liu K, Yoshino T, Ohashi K, Tanaka N, Shikata K, Makino H, Nishibori M, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 330, 1, 89, 98,   2009年07月, 査読有り
  • Specific Removal of Monocytes from Peripheral Blood of Septic Patients by Polymyxin B-immobilized Filter Column., Nishibori M, Takahashi HK, Katayama H, Mori S, Saito S, Iwagaki H, Tanaka N, Morita K, Ohtsuka A, Acta medica Okayama, 63, 1, 65, 69,   2009年02月, 査読有り
  • [Therapeutic effect of anti-nucleokine monoclonal antibody on ischemic brain infarction]., Mori S, Liu K, Takahashi HK, Nishibori M, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 129, 1, 25, 31,   2009年01月, 査読有り
  • Effects of HMGB1 on ischemia-reperfusion injury in the rat heart., Oozawa S, Mori S, Kanke T, Takahashi H, Liu K, Tomono Y, Asanuma M, Miyazaki I, Nishibori M, Sano S, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 72, 7, 1178, 1184,   2008年07月, 査読有り
  • Suppression of ischaemia-induced cytokine release by dimaprit and amelioration of liver injury in rats., Motoki A, Adachi N, Liu K, Takahashi HK, Nishibori M, Yorozuya T, Arai T, Nagaro T, Basic & clinical pharmacology & toxicology, 102, 4, 394, 398,   2008年04月, 査読有り
  • Stimulation of adenosine A2A receptor inhibits LPS-induced expression of intercellular adhesion molecule 1 and production of TNF-alpha in human peripheral blood mononuclear cells., Hamano R, Takahashi HK, Iwagaki H, Kanke T, Liu K, Yoshino T, Sendo T, Nishibori M, Tanaka N, Shock (Augusta, Ga.), 29, 2, 154, 159,   2008年02月, 査読有り
  • [Inducible histamine protects mice from hepatitis through H2-receptor stimulation]., Mori S, Takahashi HK, Nishibori M, Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, 128, 2, 247, 253,   2008年02月, 査読有り
  • Anti-high mobility group box 1 monoclonal antibody ameliorates brain infarction induced by transient ischemia in rats., Liu K, Mori S, Takahashi HK, Tomono Y, Wake H, Kanke T, Sato Y, Hiraga N, Adachi N, Yoshino T, Nishibori M, FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 21, 14, 3904, 3916,   2007年12月, 査読有り
  • Effect of adenosine receptor subtypes stimulation on mixed lymphocyte reaction., Takahashi HK, Iwagaki H, Hamano R, Kanke T, Liu K, Sadamori H, Yagi T, Yoshino T, Sendo T, Tanaka N, Nishibori M, European journal of pharmacology, 564, 1-3, 204, 210,   2007年06月, 査読有り
  • Action profiles of statins and calcineurin inhibitors during human mixed lymphocyte reaction., Takahashi HK, Iwagaki H, Yagi T, Kanke T, Liu K, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Clinical immunology (Orlando, Fla.), 123, 3, 324, 332,   2007年06月, 査読有り
  • Adenosine A2A-receptor stimulation inhibits lipopolysaccharide-induced interleukin-18 production in monocytes., Takahashi HK, Kanke T, Liu K, Yoshino T, Sendo T, Tanaka N, Nishibori M, Journal of pharmacological sciences, 104, 2, 183, 186,   2007年06月, 査読有り
  • Effect of amodiaquine, a histamine N-methyltransferase inhibitor, on, Propionibacterium acnes and lipopolysaccharide-induced hepatitis in mice., Yokoyama A, Mori S, Takahashi HK, Kanke T, Wake H, Nishibori M, European journal of pharmacology, 558, 1-3, 179, 184,   2007年03月, 査読有り
  • The immunosuppressive effects of nicotine during human mixed lymphocyte reaction., Takahashi HK, Iwagaki H, Hamano R, Kanke T, Liu K, Sadamori H, Yagi T, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, European journal of pharmacology, 559, 1, 69, 74,   2007年03月, 査読有り
  • Effect of nicotine on IL-18-initiated immune response in human monocytes., Takahashi HK, Iwagaki H, Hamano R, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Journal of leukocyte biology, 80, 6, 1388, 1394,   2006年12月, 査読有り
  • Protective effects of nafamostat mesilate on liver injury induced by lipopolysaccharide in rats: possible involvement of CD14 and TLR-4 downregulation on Kupffer cells., Miyaso H, Morimoto Y, Ozaki M, Haga S, Shinoura S, Choda Y, Murata H, Katsuno G, Huda K, Takahashi H, Tanaka N, Iwagaki H, Digestive diseases and sciences, 51, 11, 2007, 2012,   2006年11月, 査読有り
  • Stimulation of alpha7 nicotinic acetylcholine receptor inhibits CD14 and the toll-like receptor 4 expression in human monocytes., Hamano R, Takahashi HK, Iwagaki H, Yoshino T, Nishibori M, Tanaka N, Shock (Augusta, Ga.), 26, 4, 358, 364,   2006年10月, 査読有り
  • alpha7 Nicotinic acetylcholine receptor stimulation inhibits lipopolysaccharide-induced interleukin-18 and -12 production in monocytes., Takahashi HK, Iwagaki H, Hamano R, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Journal of pharmacological sciences, 102, 1, 143, 146,   2006年09月, 査読有り
  • Cimetidine induces interleukin-18 production through H2-agonist activity in monocytes., Takahashi HK, Watanabe T, Yokoyama A, Iwagaki H, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Molecular pharmacology, 70, 2, 450, 453,   2006年08月, 査読有り
  • Hypothesis: the antitumor activities of statins may be mediated by IL-18., Takahashi HK, Weitz-Schmidt G, Iwagaki H, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Journal of leukocyte biology, 80, 2, 215, 216,   2006年08月, 査読有り
  • The immunosuppressive effects of ciprofloxacin during human mixed lymphocyte reaction., Katsuno G, Takahashi HK, Iwagaki H, Mizuno K, Yagi T, Mori S, Saito S, Yoshino T, Nishibori M, Tanaka N, Clinical immunology (Orlando, Fla.), 119, 1, 110, 119,   2006年04月, 査読有り
  • The effect of ciprofloxacin on CD14 and toll-like receptor-4 expression on human monocytes., Katsuno G, Takahashi HK, Iwagaki H, Sugita S, Mori S, Saito S, Yoshino T, Nishibori M, Tanaka N, Shock (Augusta, Ga.), 25, 3, 247, 253,   2006年03月, 査読有り
  • Beta2-adrenergic receptor stimulation inhibits LPS-induced IL-18 and IL-12 production in monocytes., Mizuno K, Takahashi HK, Iwagaki H, Katsuno G, Kamurul HA, Ohtani S, Mori S, Yoshino T, Nishibori M, Tanaka N, Immunology letters, 101, 2, 168, 172,   2005年11月, 査読有り
  • Simvastatin induces interleukin-18 production in human peripheral blood mononuclear cells., Takahashi HK, Mori S, Iwagaki H, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Clinical immunology (Orlando, Fla.), 116, 3, 211, 216,   2005年09月, 査読有り
  • Effect of ciprofloxacin-induced prostaglandin E2 on interleukin-18-treated monocytes., Takahashi HK, Iwagaki H, Xue D, Katsuno G, Sugita S, Mizuno K, Mori S, Saito S, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Antimicrobial agents and chemotherapy, 49, 8, 3228, 3233,   2005年08月, 査読有り
  • Nafamostat mesilate induces production of interleukin-12 and -18 in human peripheral blood mononuclear cells., Katsuno G, Takahashi HK, Iwagaki H, Mizuno K, Mori S, Yoshino T, Nishibori M, Tanaka N, Journal of pharmacological sciences, 98, 4, 463, 466,   2005年08月, 査読有り
  • Mast cell tryptase stimulates DLD-1 carcinoma through prostaglandin- and MAP kinase-dependent manners., Yoshii M, Jikuhara A, Mori S, Iwagaki H, Takahashi HK, Nishibori M, Tanaka N, Journal of pharmacological sciences, 98, 4, 450, 458,   2005年08月, 査読有り
  • Involvement of prostaglandin receptors (EPR2-4) in in vivo immunosuppression of PGE2 in rat skin transplant model., Fujimoto Y, Iwagaki H, Ozaki M, Ogino T, Murata H, Sun DS, Sadamori H, Takahashi HK, Tanaka N, Yagi T, International immunopharmacology, 5, 7-8, 1131, 1139,   2005年07月, 査読有り
  • Prostaglandins E1 and E2 inhibit lipopolysaccharide-induced interleukin-18 production in monocytes., Takahashi HK, Iwagaki H, Mori S, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, European journal of pharmacology, 517, 3, 252, 256,   2005年07月, 査読有り
  • [Immunologic tests: Anti-Sp100 antibody]., Mori S, Wake H, Takahashi HK, Nishibori M, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 63 Suppl 7, 640, 642,   2005年07月, 査読有り
  • Differential effect of prostaglandins E1 and E2 on lipopolysaccharide-induced adhesion molecule expression on human monocytes., Takahashi HK, Iwagaki H, Tamura R, Katsuno G, Xue D, Sugita S, Mori S, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, European journal of pharmacology, 512, 2-3, 223, 230,   2005年04月, 査読有り
  • Prostaglandin E1-initiated immune regulation during human mixed lymphocyte reaction., Takahashi HK, Xue D, Iwagaki H, Tamura R, Katsuno G, Yagi T, Yoshino T, Mori S, Nishibori M, Tanaka N, Clinical immunology (Orlando, Fla.), 115, 1, 85, 92,   2005年04月, 査読有り
  • Differential effect of LFA703, pravastatin, and fluvastatin on production of IL-18 and expression of ICAM-1 and CD40 in human monocytes., Takahashi HK, Mori S, Iwagaki H, Yoshino T, Tanaka N, Weitz-Schmidt G, Nishibori M, Journal of leukocyte biology, 77, 3, 400, 407,   2005年03月, 査読有り
  • Effect of antibodies against intercellular adhesion molecule-1, B7, and CD40 on interleukin-18-treated human mixed lymphocyte reaction., Takahashi HK, Iwagaki H, Tamura R, Yagi T, Yoshino T, Mori S, Tanaka N, Nishibori M, Journal of pharmacological sciences, 97, 3, 447, 450,   2005年03月, 査読有り
  • alpha1-Adrenergic receptor antagonists induce production of IL-18 and expression of ICAM-1 and CD40 in human monocytes., Takahashi HK, Iwagaki H, Tamura R, Katsuno G, Xue D, Sugita S, Mori S, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997), 28, 1, 40, 43,   2005年01月, 査読有り
  • Physiology and pathophysiology of proteinase-activated receptors (PARs): PAR-2-mediated proliferation of colon cancer cell., Nishibori M, Mori S, Takahashi HK, Journal of pharmacological sciences, 97, 1, 25, 30,   2005年01月, 査読有り
  • Histamine inhibits lipopolysaccharide-induced interleukin (IL)-18 production in human monocytes., Takahashi HK, Iwagaki H, Mori S, Yoshino T, Tanaka N, Nishibori M, Clinical immunology (Orlando, Fla.), 112, 1, 30, 34,   2004年07月, 査読有り
  • E-prostanoid (EP)2/EP4 receptor-dependent maturation of human monocyte-derived dendritic cells and induction of helper T2 polarization., Kubo S, Takahashi HK, Takei M, Iwagaki H, Yoshino T, Tanaka N, Mori S, Nishibori M, The Journal of pharmacology and experimental therapeutics, 309, 3, 1213, 1220,   2004年06月, 査読有り
  • Inducible Histamine Protects Mice from P. acnes-primed and LPS-Induced Hepatitis through H2-Receptor Stimulation. , Gastroenterology, 127(3):892-902,   2004年
  • Histamine Inhibits Lipopolysuccalide-Induced Interleukin (IL)-18 Production In Human Monocytes. , Clin. Immunol., 112:30-34,   2004年
  • beta2-Adrenergic receptor agonist induces IL-18 production without IL-12 production. , J Neuroimmunol, 151:137-47,   2004年
  • EP (E-Prostanoid)2/EP4-Receptor-DependentMaturation of Human Monocyte-Derived Dendritic Cells and Induction ofTh2 Polarization. , J Pharmacol Exp Ther, 309:1213-20,   2004年
  • Effect of beta2-adrenergic receptor agonists on intercellular adhesion molecule (ICAM)-1, B7, and CD40 expression in mixed lymphocyte reaction. , Transplantation, 77: 293-301,   2004年
  • Histidine-rich glycoprotein plus zinc reverses growth inhibition of vascular smooth muscle cells by heparin., Mori S, Shinohata R, Renbutsu M, Takahashi HK, Fang YI, Yamaoka K, Okamoto M, Yamamoto I, Nishibori M, Cell and tissue research, 312, 3, 353, 359,   2003年06月, 査読有り
  • High affinity binding of serum histidine-rich glycoprotein to nickel-nitrilotriacetic acid: the application to microquantification., Mori S, Takahashi HK, Yamaoka K, Okamoto M, Nishibori M, Life sciences, 73, 1, 93, 102,   2003年05月, 査読有り
  • The regulation of ICAM-1 and LFA-1 interaction by autacoids and statins: a novel strategy for controlling inflammation and immune responses., Nishibori M, Takahashi HK, Mori S, Journal of pharmacological sciences, 92, 1, 7, 12,   2003年05月, 査読有り
  • Histamine downregulates CD14 expression via H2 receptorson human monocytes., Clin Immunol., 108(3):274-81.,   2003年
  • NF-ATc2 induces apoptosis in Burkitt's lymphoma cells through signaling via the B cell antigen receptor., Eur J Immunol., 33(1):1-11,   2003年
  • Histamine inhibits lipopolysaccharide-induced tumor necrosis factor-alpha production in an intercellular adhesion molecule-1- and B7.1-dependent manner., J Pharmacol Exp Ther., 304(2):624-33.,   2003年
  • Effect of beta 2-adrenergic receptor stimulation on interleukin-18-induced intercellular adhesion molecule-1 expression and cytokine production. , J Pharmacol Exp Ther., 304(2):634-42.,   2003年
  • Effect of prostaglandin E2 on intercellular adhesion molecule-1 and B7 expression in mixed lymphocyte reaction., Transplantation., 75(12):2100-5.,   2003年
  • Unique regulation profile of prostaglandin E1 on adhesion molecule expression and cytokine production in human peripheral blood mononuclear cells., J Pharmacol Exp Ther, 307:1188-1195,   2003年
  • Prostaglandin E(2) inhibits IL-18-induced ICAM-1 and B7.2 expression through EP2/EP4 receptors in human peripheral blood mononuclear cells., Takahashi HK, Iwagaki H, Yoshino T, Mori S, Morichika T, Itoh H, Yokoyama M, Kubo S, Kondo E, Akagi T, Tanaka N, Nishibori M, Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 168, 9, 4446, 4454,   2002年05月, 査読有り
  • Essential role of ICAM-1/LFA-1 interaction in synergistic effect of IL-18 and IL-12 on IFN-gamma production in human PBMC., Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol., 365(3):181-6.,   2002年
  • Histamine regulation of interleukin-18-initiating cytokine cascade is associated with down-regulation of intercellular adhesion molecule-1 expression in human peripheral blood mononuclear cells., J Pharmacol Exp Ther., 300(1):227-35.,   2002年
  • Effect of histamine on intercellular adhesion molecule-1 expression and production of interferon-gamma and interleukin-12 in mixed lymphocyte reaction stimulated with interleukin-18., Transplantation., 74(6):864-70.,   2002年
  • Prostaglandin E2 inhibits IL-IS-induced ICAM-1 and B7・2 expression through EP2/EP4 receptors in human peripheral blood mononuclear cells, J Immunol., 168, 4446-4454,   2002年
  • Down-regulation of IL-18 receptor in cancer patients: its clinical significance., Kobashi K, Iwagaki H, Yoshino T, Morimoto Y, Kohka H, Kodama M, Nishibori M, Akagi T, Tanaka N, Anticancer research, 21, 5, 3285, 3293,   2001年09月, 査読有り
  • Elevation of serum interleukin-18 levels and activation of Kupffer cells in biliary atresia., J Pediatr Surg., 35, 446, 449,   2000年
  • Histamine is a potent inducer of IL-18 and IFN-gamma in human peripheral blood mononuclear cells., J Immunol., 164, 6640, 6646,   2000年
  • Calcineurin antagonists inhibit interferon-gamma production by downregulation of interleukin-18 in human mixed lymphocyte reactions., Acta Med Okayama., 54, 201, 209,   2000年
  • Hydrocortisone sodium succinate suppressed production of interleukin-10 by human peripheral blood mononuclear cells : clinical significance., Acta Med Okayama., 53, 55, 59,   1999年
  • Involvement of interleukin-18(IL-18)in mixed lymphocyte reactions (MLR)., KOHKA H, IWAGAKI H, YOSHINO T, URUSHIHARA N, YAGI T, TANIMOTO T, KURIMOTO M, AKAGI T, TANAKA N, J Interferon Cytokine Res., 19, 9, 1053, 1057,   1999年
  • Circulating levels of soluble CD30 and other markers in colorectal cancer patients., J Med., 30, 111, 121,   1999年
  • Interleukin-18/interferon-gamma-inducing factor, a novel cytokine, up-regulates ICAM-1(CD54)expression in KG-1 cells., J Leukoc Biol., 64, 519, 527,   1998年
  • Changes in cellular ultrastructure induced by gamma-interferon in K562 cells may be prerequisite for apoptosis., Acta Med Okayama., 50, 223, 225,   1996年

講演・口頭発表等

  • AGE2 and AGE3 induced monocyte activation., 高橋 英夫, 第76回 日本インターフェロン・サイトカイン学会、 第19回 国際マクロファージ分子細胞生物学シンポジウム 合同開催,   2011年05月, 第76回 日本インターフェロン・サイトカイン学会、 第19回 国際マクロファージ分子細胞生物学シンポジウム 合同開催
  • アレルギー疾患におけるステロイド療法の理論と実際―ステロイド療法と作用機序―, 高橋 英夫, 第62回 日本アレルギー学会シンポジウム,   2012年11月, 第62回 日本アレルギー学会シンポジウム
  • ホメオスタシス機構と創薬, 高橋 英夫, 第34回 癌免疫外科研究会特別招聘講演,   2013年05月, 第34回 癌免疫外科研究会特別招聘講演
  • ホメオダイナミクス創薬 ~生体内恒常性維持機構の活性化を目指して~, 髙橋 英夫, 国立病院機構 福山医療センター オープンカンファレンス

作品

  • IL-18のICAM-1発現効果に関する共同研究,   1996年
  • ヒスタミンのIL-18産生誘導効果に関する共同研究,   1999年
  • プロスタグランディン E2 の臨床効果に関する共同研究,   2002年 - 2003年

MISC

  • 平成24年度岡山医学会賞 脳神経研究奨励賞(新見賞) 外傷性脳傷害に対する抗HMGB-1抗体治療, 大熊 佑, 劉 克約, 和気 秀徳, 春間 純, 吉野 正, 大塚 愛二, 高橋 英夫, 森 秀治, 西堀 正洋, 伊達 勲, 岡山医学会雑誌, 125, 2, 97, 102,   2013年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005317245
  • 3. マクロファージ分化の組織障害, 再生への関与についての再検, 濱﨑 真一, 小堀 宅郎, 丹羽 淳子, 中尾 慎一, 髙橋 英夫, 近畿大学医学雑誌 = Medical Journal of Kinki University, 39, 3, 18A, 18A,   2014年12月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736725
  • 外傷性脳傷害に対する抗HMGB-1抗体治療, 大熊 佑, 劉 克約, 和気 秀徳, 春間 純, 吉野 正, 大塚 愛二, 高橋 英夫, 森 秀治, 西堀 正洋, 伊達 勲, 岡山医学会雑誌, 125, 2, 97, 102,   2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004505784
  • S7-4 ステロイド療法と作用機序(シンポジウム7 アレルギー疾患におけるステロイド療法の理論と実際,第62回日本アレルギー学会秋季学術大会), 高橋 英夫, アレルギー, 61, 9,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009620502
  • 誘導性ヒスタミンによる自然免疫応答の制御機構(誌上シンポジウム), 森 秀治, 高橋 英夫, 西堀 正洋, 藥學雜誌, 128, 2, 247, 253,   2008年02月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006572178
    概要:Histamine is well known for its roles in allergic diseases and anaphylaxis through H_1-receptor stimulation. The H_1-receptor stimulation by histamine results in an increase in vascular permeability, vasodilatation, and stimulation of nerve terminals in primary sensory neurons, thereby accelerating the inflammatory responses. On the other hand, histamine has been demonstrated to be involved in the regulation of innate and acquired immune responses through H_2-receptors. In a previous study with human peripheral blood mononuclear cells, we observed that histamine exerts various regulatory effects on monocyte/macrophage function. In this review, we discuss how inducible histamine protects mice from lethal hepatitis, induced by heat-killed P.acnes (1mg, i.v.) followed by challenge with a low dose of lipopolysaccharide (1μg), by reducing the excessive cytokine response in the liver. In addition, from in vivo studies with histidine decarboxylase knockout and H_1-, H_2-receptor knockout mice, the protective effect of histamine against fulminant hepatitis is shown to be elicited through H_2-receptor stimulation.
  • ラット中脳動脈閉塞・再灌流モデルにおける抗HMGB1単クローン抗体の治療効果, 劉 克約, 森 秀治, 高橋 英夫, 友野 靖子, 和気 秀徳, 菅家 徹, 佐藤 康晴, 平賀 憲人, 足立 尚登, 吉野 正, 西堀 正洋, 岡山医学会雑誌, 120, 3, 271, 277,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004903140
  • Ciprofloxacinの非抗菌的免疫修飾作用の基礎的解析--CD14およびToll-like receptor-4ならびに接着因子(2nd signal)発現からみた単球の特性解析, 勝野 剛太郎, 岩垣 博巳, 高橋 英夫, 日本外科感染症学会雑誌, 4, 3, 251, 259,   2007年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015644002
  • 外科手術後・重症患者の免疫応答能低下のメカニズム--末梢血単核球のLPS反応性とCDI4,TLR-4, 斎藤 信也, 岩垣 博巳, 高橋 英夫, 日本外科感染症学会雑誌, 4, 2, 149, 156,   2007年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015525050
  • 誘導性ヒスタミンによる自然免疫応答制御 (特集 アレルギー炎症反応におけるヒスタミンの役割と抗ヒスタミン薬), 西堀 正洋, 高橋 英夫, 森 秀治, アレルギ-科, 21, 5, 445, 452,   2006年05月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007343173
  • 感染性SIRSに対するCiprofloxacinの非抗菌的免疫修飾作用 : CD14/TLR4発現からみた解析, 勝野 剛太郎, 高橋 英夫, 水野 憲治, 濱野 亮輔, 岩垣 博巳, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 107, 2,   2006年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004710937
  • LPS誘導性IL-18/IL-12産生に対するβ2アドレナリン受容体刺激の解析, 水野 憲治, 高橋 英夫, 濱野 亮輔, 勝野 剛太郎, 岩垣 博巳, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 107, 2,   2006年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004711010
  • シプロフロキサシンのIL-18添加単球におけるPGE2産生とその効果, 濱野 亮輔, 高橋 英夫, 岩垣 博巳, 斉藤 信也, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 107, 2,   2006年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004712350
  • 術後重症患者の免疫応答能低下のメカニズム : 単球のLPS receptor(CD14/TLR4)発現とサイトカイン産生による解析, 斉藤 信也, 岩垣 博巳, 高橋 英夫, 片山 浩, 森松 博史, 勝野 剛太郎, 水野 憲治, 濱野 亮輔, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 107, 2,   2006年03月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004712861
  • PGE1の拒絶反応抑制効果の基礎的検討(第105回日本外科学会定期学術集会), 岩垣 博巳, 高橋 英夫, Xue Dong, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 106, 0,   2005年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004072675
  • LPSによる肝障害における Nafamostat Mesilate (Futhan) の阻止効果 : TLR4発現からみた基礎的解析(第105回日本外科学会定期学術集会), 宮宗 秀明, 守本 芳典, 丁田 泰宏, 篠浦 先, 勝野 剛太郎, 高橋 英夫, 西堀 正洋, 岩垣 博巳, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 106, 0,   2005年04月05日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004073713
  • P.acnesとLPSによるマウス急性肝炎モデルにおけるヒスタミン代謝の変化, 横山 穣, 小岡 英夫, 横田 憲治, 森 秀治, 西堀 正洋, 日本薬理学雑誌, 118, 4, 29P, 29P,   2001年10月
  • ヒトPBMCにおけるサイトカイン産生へのICAM-1/LFA-1の関与, 吉田 敦, 小岡 英夫, 岩垣 博巳, 吉野 正, 田中 紀章, 赤木 忠厚, 西堀 正洋, 日本薬理学雑誌, 118, 4, 28P, 28P,   2001年10月
  • ヒト末梢血単核球標本におけるヒスタミンの強力なIL-18及びIFN-γの産生誘導, 小岡 英夫, 岩垣 博巳, 田中 紀章, Biotherapy, 15, 3, 312, 312,   2001年05月
  • ステロイドのIL-18産生に対する効果の基礎的研究, 児玉 雅治, 小岡 英夫, 守本 芳典, 岩垣 博巳, 田中 紀章, Biotherapy, 15, 3, 314, 314,   2001年05月
  • 担癌患者の末梢血単核球のIL-18応答性, 守本 芳典, 岩垣 博巳, 小橋 研太, 小岡 英夫, 田中 紀章, Biotherapy, 15, 3, 311, 311,   2001年05月
  • ヒスタミンのIL-18産生誘導効果, 小岡 英夫, 吉野 正, 赤木 忠厚, 日本病理学会会誌, 90, 1, 313, 313,   2001年03月
  • ヒスタミンはインターロイキン-18の効力ある誘発物質である(Histamine is a potent inducer of IL-18), 小岡 英夫, 岩垣 博巳, 小橋 研太, 吉田 敦, 森近 俊彦, 伊藤 英進, 守本 芳典, 漆原 直人, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 102, 臨増, 601, 601,   2001年03月
  • 【SIRSとCARS 臓器不全予防のための新しい視点】 腹膜炎とSIRS,CARS, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 漆原 直人, 田中 紀章, 医学のあゆみ, 196, 1, 55, 60,   2001年01月
  • トレランス誘導の場としての消化管と肝臓, 守本 芳典, 岩垣 博巳, 小橋 研太, 有木 則文, 小岡 英夫, 田中 紀章, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30, 213, 213,   2000年11月
  • ヒスタミンはヒト末梢血単核球標本において強力にIL-18及びIFN-γを産生誘導する, 小岡 英夫, 西堀 正洋, 岩垣 博巳, 吉野 正, 小橋 研太, 田中 紀章, 赤木 忠厚, 佐伯 清美, 日本薬理学雑誌, 116, 4, 77P, 77P,   2000年10月
  • 担癌患者末梢血単核球におけるIL-18応答性の解析, 守本 芳典, 岩垣 博巳, 小橋 研太, 小岡 英夫, 吉野 正, 田中 紀章, 日本癌学会総会記事, 59回, 153, 153,   2000年09月
  • トレランス誘導の場としての消化管と肝臓, 守本 芳典, 岩垣 博巳, 吉井 荘哲, 有木 則文, 小橋 研太, 軸原 温, 小岡 英夫, 漆原 直人, 田中 紀章, 日本消化器外科学会雑誌, 33, 7, 1184, 1184,   2000年07月
  • 担癌患者末梢血単核球におけるIL-18応答性の解析, 小橋 研太, 岩垣 博巳, 守本 芳典, 小岡 英夫, 吉井 荘哲, 漆原 直人, 田中 紀章, 日本消化器外科学会雑誌, 33, 7, 1183, 1183,   2000年07月
  • 外科的重症感染症におけるT細胞アポトーシスの解析, 岩垣 博巳, 守本 芳典, 小寺 正人, 小橋 研太, 小岡 英夫, 漆原 直人, 八木 孝仁, 田中 紀章, Biotherapy, 14, 5, 473, 473,   2000年05月
    概要:健常成人に比し,感染症例のT cellはactivation induced cell death(AICD)に対する感受性が高く,このAICDにはFas-FasL系のapoptosisが関与する.また重症感染症例におけるT cell lossには,CD45RO+ T cellが選択的に関与することが示唆された
  • ヒト腸管上皮間リンパ球(intestinal intraepithelial lymphocytes:IEL)のAICD(activation induced cell death), 守本 芳典, 岩垣 博巳, 本後 登志江, 吉井 荘哲, 小橋 研太, 軸原 温, 新田 泰樹, 小岡 英夫, 田中 紀章, Biotherapy, 14, 5, 539, 539,   2000年05月
    概要:消化管においてIELは常に活性化されており,AICDを引き起こすことで生体にとって有害なT細胞クローンの増殖を抑制し,消化管におけるトレランス誘導に関与していることが示唆された
  • 健常成人ならびに担癌患者の末梢血単核球に対する新規サイトカインIL-18の作用の解析, 小橋 研太, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 守本 芳典, 漆原 直人, 八木 孝仁, 吉野 正, 田中 紀章, Biotherapy, 14, 5, 529, 529,   2000年05月
    概要:IL-18添加により健常成人がPBMCsからIFN-γ産生が誘導されたが,担癌患者からはIFN-γ産生は全く認められず,IFN-γが産生されない不全状態が惹起されていると推察された
  • 胆道閉鎖症における各サイトカイン(IL-18,12,IFN-γ)の動態, 漆原 直人, 岩垣 博己, 八木 孝仁, 守本 芳典, 小岡 英夫, 小橋 研太, 田中 紀章, 吉野 正, 日本小児外科学会雑誌, 36, 2, 408, 408,   2000年04月
  • 新規サイトカインIL-18/IGIF(Interleukin 18/Interferon-g-jnducing Factor)はKG-1細胞におけるICAM-1(CD54)発現を増強する, 小岡 英夫, 吉野 正, 赤木 忠厚, 日本病理学会会誌, 89, 1, 281, 281,   2000年03月
  • 新規サイトカインIL-18を介した生体防御システムの基礎的研究, 小橋 研太, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 守本 芳典, 漆原 直人, 八木 孝仁, 吉野 正, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 101, 臨増, 473, 473,   2000年03月
  • 外科的重症感染症におけるT細胞アポトーシスの解析と治療への新たなるアプローチ, 岩垣 博巳, 守本 芳典, 小寺 正人, 小橋 研太, 小岡 英夫, 軸原 温, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 101, 臨増, 110, 110,   2000年03月
  • トレランス誘導の場としての消化管と肝臓, 守本 芳典, 岩垣 博巳, 本後 登志江, 吉井 荘哲, 小橋 研太, 軸原 温, 新田 泰樹, 小岡 英夫, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 101, 臨増, 353, 353,   2000年03月
  • IL-18産生に対するステロイドの効果とその臨床的意義, 小岡 英夫, 岩垣 博巳, 小橋 研太, 守本 芳典, 漆原 直人, 八木 孝仁, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 101, 臨増, 471, 471,   2000年03月
  • 胆道閉鎖症における各サイトカイン(IL-18,12,IFN-γ)の動態と肝の免疫組織学的検討, 漆原 直人, 岩垣 博己, 八木 孝仁, 守本 芳典, 小岡 英夫, 小橋 研太, 吉野 正, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 101, 臨増, 465, 465,   2000年03月
  • Th 1,Th 2バランス 健常成人ならびに担癌患者の末梢血単核球に対する新規サイトカインIL-18の作用の解析, 小橋 研太, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 守本 芳典, 漆原 直人, 八木 孝仁, 吉野 正, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 田中 紀章, Biotherapy, 14, 1, 86, 86,   2000年01月
  • 【肝病態生理研究のあゆみ】 ヒト胆汁うっ滞性肝硬変及び急性拒絶反応におけるIL-18の関与 生体肝移植症例での検討, 八木 孝仁, 岩垣 博巳, 漆原 直人, 大石 正博, 小橋 研太, 小岡 英夫, 貞森 裕, 稲垣 優, 高倉 範尚, 田中 紀章, 東 俊宏, 辻 孝夫, 吉野 正, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 薬理と治療, 27, Suppl.7, S1553, S1560,   1999年12月
    概要:PBCやBAの末期の肝硬変の形成にはIL-18の介在する肝障害が関与している. 2)これら末期肝硬変にはIFN-γ産生を伴わない単独の高IL-18血症がみられ,移植によって再灌流早期からIFN-γ産生能が回復した. 3)IL-18産生細胞と考えられるKupffer細胞のCD68発現の量的・質的増強は拒絶反応と密接に関連していた
  • 健常成人ならびに担癌患者の末梢血単核球に対する新規サイトカインIL-18の作用の解析, 小橋 研太, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 守本 芳典, 漆原 直人, 八木 孝仁, 吉野 正, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 田中 紀章, 日本癌治療学会誌, 34, 2, 334, 334,   1999年10月
  • 健常成人ならびに担癌患者の末梢血単核球に対する新規サイトカインIL-18の作用の解析, 小橋 研太, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 守本 芳典, 漆原 直人, 八木 孝仁, 吉野 正, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 田中 紀章, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 29, 202, 202,   1999年10月
  • 胆道閉鎖症の高IL-18血症とKupffer細胞の検討, 漆原 直人, 岩垣 博己, 守本 芳典, 八木 孝仁, 小岡 英夫, 小橋 研太, 吉野 正, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 田中 紀章, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 29, 208, 208,   1999年10月
  • 健常成人ならびに担癌患者の末梢血単核球に対する新規サイトカインIL-18の作用の解析, 小橋 研太, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 守本 芳典, 漆原 直人, 八木 孝仁, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 田中 紀章, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 6, 1721, 1721,   1999年06月
  • 慢性胆汁うっ滞性肝疾患に対する肝臓移植における,新しいサイトカインIL-18の特異的変動 慢性胆汁うっ滞性肝疾患の病因と治療への新たなる可能性, 八木 孝仁, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 漆原 直人, 大石 正博, 東 俊宏, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 高倉 範尚, 辻 孝夫, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 6, 1496, 1496,   1999年06月
  • 胆道閉鎖症における新規cytokine IL-18と肝Kupffer細胞の肝障害への関与, 漆原 直人, 岩垣 博巳, 八木 孝仁, 大石 正博, 小岡 英夫, 小橋 研太, 田中 紀章, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 日本消化器外科学会雑誌, 32, 6, 1594, 1594,   1999年06月
  • がん免疫におけるNew Topics, 岩垣 博巳, 魚本 昌志, 竹内 義明, 大塚 真哉, 新田 泰樹, 小岡 英夫, 小橋 研太, 守本 芳典, 斉藤 信也, 吉野 正, 西堀 正洋, 佐伯 清美, 柴田 昌彦, 田中 紀章, 緩和医療, 8, 1, 29, 33,   1999年06月
  • 新規サイトカインIL-18のLFA-1/ICAM-1システムに対する関与の基礎的検討, 小岡 英夫, 岩垣 博巳, 吉野 正, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 折田 薫三, 田中 紀章, Biotherapy, 13, 5, 596, 596,   1999年05月
  • 胆道閉鎖における新規cytokine IL-18とKupffer細胞の関与, 漆原 直人, 岩垣 博巳, 八木 孝仁, 大石 正博, 小岡 英夫, 小橋 研太, 田中 紀章, 吉野 正, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 日本小児外科学会雑誌, 35, 3, 603, 603,   1999年05月
  • 生体肝移植におけるcytokine profileの解析, 大石 正博, 八木 孝仁, 岩垣 博巳, 漆原 直人, 小岡 英夫, 小橋 研太, 遠藤 彰, 松川 啓義, 磯崎 博司, 高倉 範尚, 日本腹部救急医学会雑誌, 19, 2, 199, 199,   1999年02月
  • IL-18のLFA-1/ICAM-1 systemに対する関与の基礎的解析, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 小橋 研太, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 折田 薫三, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 100, 臨増, 644, 644,   1999年02月
  • Mixed lymphocyte Reaction(MLR)におけるIL-18の関与, 小岡 英夫, 岩垣 博巳, 小橋 研太, 八木 孝仁, 松野 剛, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 折田 薫三, 田中 紀章, 日本外科学会雑誌, 100, 臨増, 619, 619,   1999年02月
  • 新規サイトカインIL-18/IGIFのLFA-1/ICAM-1システムに対する関与の基礎的検討, 小岡 英夫, 岩垣 博巳, 吉野 正, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 折田 薫三, 田中 紀章, Biotherapy, 13, 1, 54, 54,   1999年01月
  • 新規サイトカインIL-18/IGIFのLFA-1/ICAM-1システムに対する基礎的検討, 岩垣 博巳, 小岡 英夫, 吉野 正, 赤木 忠厚, 谷本 忠雄, 栗本 雅司, 折田 薫三, 田中 紀章, 日本癌学会総会記事, 57回, 194, 194,   1998年08月
  • 新規サイトカインIL-18のLFA-1/ICAM-1システムに対する関与の基礎的検討, 小岡 英夫, 日本消化器外科学会雑誌, 31, 6, 1636, 1636,   1998年06月
  • サイトカインと腫瘍免疫 Fas ligand発現に対するInterferon-Gamma産生誘導因子(IGIF)の関与の検討, 小岡 英夫, Biotherapy, 11, 5, 689, 690,   1997年05月
  • 馬蹄腎を合併した腹部大動脈瘤の手術治験例, 吉田 英生, 寒川 顕治, 小岡 英夫, 日本外科学会雑誌, 94, 3, 311, 313,   1993年03月
    概要:61歳男,主訴は左腹部痛,腹部CTにて血栓を伴う最大径5cmの腹部大動脈瘤(AAA)および馬蹄腎を認めた。血管造影ではinfrarenal typeのAAAで,瘤より副左腎動脈が分枝していた。術中所見では5cm径のAAAであり,瘤状変化は両側総腸骨動脈にまで及んでいた。馬蹄腎峡部(幅3cm)が瘤の腹側にあり剥離は比較的容易であり,下腸間膜動脈の左下方より副左腎動脈が分枝していた。Y字型人工血管を用いて左腎動脈直下より瘤内人工血管置換を行い,下腸間膜動脈は結紮切離し副左腎動脈は再建した。術後血管造影では副左腎動脈の血流は良好であった
  • 大腸癌症例の臨床病理学的検討, 小岡 英夫, 小林 直広, 塩崎 滋弘, 広島医学, 46, 3, 440, 444,   1993年03月
    概要:1)最近10年間の初回単発大腸癌782例について臨床的,病理学的に検討した。2)肉眼型と病期および壁深達度の間には相関があることが示唆された。3)大腸癌全症例の病期別累積5年生存率ではstage 1 92%,stage 2 75%,stage 3 71%,stage 4 43%,stage 5 12%であり予後と病期はよく相関した。4)大腸癌全症例の切除法別累積5年生存率では,治癒切除症例78%,非治癒切除症例23%,非切除例0%であった
  • 肺限局性アミロイドーシスの1例, 小岡 英夫, 山本 修, 寒川 顕治, 広島医学, 46, 1, 96, 99,   1993年01月
  • 胸腺摘出術を施行した重症筋無力症88例の臨床的検討, 山本 修, 妹尾 紀具, 小岡 英夫, 広島医学, 45, 11, 1697, 1701,   1992年11月
    概要:胸骨縦切開による胸腺及び胸腺腫を含む前縦隔脂肪組織の郭清術を施行したMG患者88例について臨床的検討を行った.1)胸腺腫例の寛解率,著効率は非胸腺腫例に比較して悪く,また悪性胸腺腫例は良性胸腺腫例に比べて悪かった.2) 30歳未満,術前罹病期間が1年未満の症例で臨床効果が良好であった.性別,術前抗AChR抗体価,胸腺内胚中心形成の程度,術前病型では臨床効果に有意な関係は認めなかった.3)悪性胸腺腫例の予後は良性胸腺腫例および非胸腺腫例に比較して不良であった
  • Myelodysplastic syndromeを合併した開心術症例2例の治療経験, 吉田 英生, 寒川 顕治, 小岡 英夫, 社会保険広島市民病院医誌, 8, 1, 55, 59,   1992年10月
  • 被爆者肺癌の臨床的検討, 小岡 英夫, 山本 修, 入江 秀明, 広島医学, 45, 9, 1440, 1444,   1992年09月
  • 大腸癌症例の臨床病理学的検討, 小岡 英夫, 日本消化器外科学会雑誌, 25, 6, 1783, 1783,   1992年06月
  • 単一冠動脈症を伴ったTaussig-Bing奇形に対するJatene手術の1例, 山本 修, 大庭 治, 小岡 英夫, 広島医学, 45, 5, 822, 826,   1992年05月

受賞

  •   2002年, 岡山医学会賞

競争的資金

  • 免疫反応に対するインターロイキン18の効果
  • 免疫反応に対するヒスタミンの効果
  • 免疫反応に対するプロスタグランディンE2の効果
  • ヒスタミンの臨床応用
  • プロスタグランディンE2の臨床効果の新しい応用
  • インターロイキン18の臨床応用の基礎的検計
  • 厚生労働科学研究費補助金, 免疫応答の対するHMGB1をはじめとしたRAGE ligandsの効果の検討と治療薬開発, 近年、難治性疾患の原因として、HMGB1をはじめとしたRAGE ligandsが挙げられている。RAGE ligandとその受容体のRAGEとの結合に注目し、病態のメカニズムを検討し、抗体医薬や低分子化合物を開発する。
  • 厚生労働科学研究費補助金, 自然炎症のメカニズムの解析, 自然炎症という概念が提唱されてきた。これまでの自然免疫の延長線上に存在するものと、私共は考えている。私共は、受容体リガンドに注目して研究を進めている。