KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

大田 和彦オオタ カズヒコ

プロフィール

所属部署名工学部 建築学科 / システム工学研究科
職名教授
学位工学博士
専門建築構造学(鉄筋コンクリート構造)、耐震工学
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1120-oota-kazuhiko.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    建築構造の耐震性について研究しています。特に、鉄筋コンクリート構造分野での新しい耐震壁の開発や、蓄熱性能を有する耐力壁による外断熱木造住宅の開発を行っています。

学歴・経歴

学歴

  •  - 1987年, 広島大学, 工学研究科, 構造工学
  •  - 1981年, 近畿大学, 工学部, 建築

経歴

  •   2011年, 近畿大学(教授)
  •   2001年,  - 2010年, 近畿大学(准教授)
  •   1992年,  - 2001年, 近畿大学(講師)
  •   1987年,  - 1991年, 広島大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築構造・材料

論文

  • 蓄熱体を用いた外断熱木質構造体耐力壁に関する実験的研究, 大田 和彦, 日本建築学会中国支部研究報告集, 40, 141, 144,   2017年03月
  • 蓄熱体を用いた外断熱木質構造体耐力壁の提案 その 2‐セメント成形板を用いた軸組耐力壁の予備実験, 大田 和彦, 日本建築学会学術講演梗概集DVD構造Ⅲ, 2016, 791, 792,   2016年08月
  • 蓄熱体を用いた外断熱木質構造体耐力壁の提案 : その1 セメント成形板を用いた軸組耐力壁の静的繰り返し実験, 大田 和彦, 日本建築学会学術講演梗概集DVD構造Ⅲ, 2015, 269, 270,   2015年09月
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管ブレース材の平鋼とコンクリートとの圧縮時の付着特性, 大田 和彦, 近畿大学工学部研究報告, 44, 59, 65,   2010年12月
    概要:本研究は、制振ブレース架構に用いられる平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管ブレース材の一連の研究である。本論文では、圧縮時の平鋼からコンクリートへの力の伝達を論じている。そして、圧縮時の平鋼とコンクリートとの付着特性とすべりの関係を明らかにし、本鋼管材の圧縮時の剛性評価を明らかにした。
  • ポータブル無線加速度計と衝撃型起振機を用いた振動特性評価システム-木造実験住宅での検証-, 松本 慎也, 藤井 大地, 大田 和彦, 在永 末徳, 大久保 孝昭, 近畿大学大学院, 日本建築学会技術報告集, 16, 34, 1187, 1192,   2010年10月
  • 両端拘束一方向性合成スラブの荷重変形特性に関する研究, 森村 毅, 在永 末徳, 大田 和彦, 大廣麻里, 日本建築学会構造系論文集, 639, 907, 914,   2009年05月
    概要:打ち込み型枠材を用いた合成スラブの開発、その解析手法の有効性と検証
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管材の膨張特性に関する研究, 大田 和彦, 在永 末徳, 花井正美, コンクリート工学論文集, 16, 1, 23, 29,   2005年01月
    概要:制振ブレース架構のブレース材の開発、平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管材のケミカルプレストレスの解明と膨張圧の評価法
  • 平成13年度芸予地震によるRC造被災建物の南面中柱の損傷に関する一考察, 大田 和彦, 中原啓文, 近畿大学工学部研究報告, 38, 93, 100,   2002年08月
    概要:平成13年3月の芸予地震で被害を受けた鉄筋コンクリート造被災建物の一つの被害概要とその建物の南構面中柱の破壊原因に関して考察した内容を記述している。
  • カルシウムイオン水を用いたコンクリートの提案とその試行的強度試験, 大田 和彦, 森村 毅, 大廣麻里, 近畿大学工学部研究報告, 42, 33, 36,   2008年12月
    概要:牡蠣殻から作成されるイオン化カルシウム水溶液を用いたコンクリートの提案およびその試行的強度試験結果の報告
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管ブレース材の平鋼とコンクリートとの引張時の付着特性, 大田 和彦, 日本建築学会構造系論文集, 634, 2253, 2259,   2008年12月
    概要:制振ブレース架構のブレース材の開発、平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管材の平鋼とコンクリートとの引張時付着特性の解明
  • 2000年鳥取県西部地震による阿部彦名団地の被害調査, 大田 和彦, 椿原匡, 近畿大学工学部研究報告, 36, 235, 240,   2002年12月
    概要:鳥取県西部地震で、地盤の液状化によって被害を受けた住宅団地の被害調査結果を報告した。特に住宅建物の傾斜は、上部砂層の厚さではなく、砂層の等厚線が密になっているところやうねっているところで大きくなる傾向にあることを指摘した。
  • イオン化カルシウム水溶液を用いたコンクリートの圧縮特性、引張、曲げによる強度の相関関係に関する研究, 大田 和彦, 森村 毅, 近畿大学工学部研究報告, 45,   2011年12月
    概要:イオン化カルシウム水溶液を用いたコンクリートの弾性係数と強度に関して論じている。

書籍等出版物

  • 新しい鉄筋コンクリート構造, 森北出版株式会社,   2002年
  • はじめて学ぶ建築構造力学, 大田 和彦, 藤井 大地, 共著, 森北出版,   2008年04月
  • 史上最強図解これならわかる!構造力学, 大田 和彦, 単著,   2011年08月
    概要:初級者向けの建築構造力学のテキスト

講演・口頭発表等

  • 膨張コンクリート充填鋼管材の圧縮特性 (その 5、 その 6 水結合材比 30 %の場合), 大田 和彦, 花井正実, 槙原直樹, 椿原匡, 日本建築学会中国支部研究報告発表会,   2001年03月, 日本建築学会中国支部研究報告発表会
    概要:水結合材比 30 %の膨張コンクリート充填鋼管材を膨張材の置換率を種々に変えて中押し圧縮実験を行った。 20 %の実験結果も併せて考察を行い、 鋼管及びコンクリートの圧縮特性モデルを提案し、 制振ブレース材に用いた場合の設計条件や設計耐力式を提示した。
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管材の引張特性 (その 1、 2), 大田 和彦, 在永 末徳, 椿原匡, 花井正実, 2001 年度日本建築学会大会 (関東),   2001年09月, 2001 年度日本建築学会大会 (関東)
    概要:水結合材 20%と 30%の平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管材の引張加力実験結果から、 本鋼管材が引張力を受けるときの鋼管とコンクリートの引張特性を明らかにし、 その力学特性をモデル化した。 また本鋼管材の設計用引張耐力式とその設計条件を提案した。
  • 膨張コンクリートの調合とその充填鋼管材の膨張特性, 大田 和彦, 在永 末徳, 椿原匡, 花井正実, 日本建築学会中国支部研究発表会,   2002年03月, 日本建築学会中国支部研究発表会
    概要:膨張コンクリートの調合とその充填鋼管材のケミカル・プレストレスの関係を明らかにして、 拘束鋼管降伏時のコンクリート膨張圧の評価方法を提示した。 また、 実用的で効果的なコンクリートの調合について、 その資料を蓄積した。
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管材の引張特性 (その 3・4 水結合材比 25%の場合), 大田 和彦, 在永 末徳, 椿原匡, 花井正実, 日本建築学会中国支部研究発表会,   2002年03月, 日本建築学会中国支部研究発表会
    概要:膨張特性が良く、 しかも経済的であると思われる水結合材比 25%の膨張コンクリートを使用して、 平鋼を挿入した充填鋼管材の繰返し引張加力実験を実施した。 鋼管とコンクリートの力学モデルを構築し、 設計用引張耐力式やその設計条件を提示した。
  • アパタイト被覆を施した酸化鉄を混和したモルタルの力学特性に関する基礎的研究, 大田 和彦, 井原 辰彦, 日本建築学会中国支部研究報告発表会(東広島),   2003年03月, 日本建築学会中国支部研究報告発表会(東広島)
    概要:本報告は、産業廃棄物である酸化鉄の有効利用を目的として、酸化鉄によるモルタルのマイクロフィラー効果と、アパタイト被覆によるリンとモルタル中のカルシウムとの結合力を期待して、モルタルの強度増大を意図した基礎的な研究を表わしている。
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管材の膨張特性に関する研究, 大田 和彦, 在永 末徳, 花井正美, 日本建築学会中国支部研究発表会,   2004年03月, 日本建築学会中国支部研究発表会
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管ブレース材の圧縮・引張繰り返し加力実験, 大田 和彦, 日本建築学会大会,   2004年08月, 日本建築学会大会
  • 低添加膨張材を用いたコンクリート充填鋼管材の圧縮・引張繰り返し加力実験, 大田 和彦, 日本建築学会中国支部研究発表会,   2005年03月, 日本建築学会中国支部研究発表会
  • 建築構造力学教育の手法と実践, 大田 和彦, 松田 博幸, 藤井 大地, 崔 軍, 工学・工業教育研究講演会,   2005年09月, 工学・工業教育研究講演会
  • 高性能膨張材を用いたコンクリート充填鋼管ブレース材の復元力特性に関する研究, 大田 和彦, 日本建築学会中国支部研究発表会,   2007年03月, 日本建築学会中国支部研究発表会
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管ブレース材の平鋼とコンクリートとの付着特性に関する基礎的研究, 大田 和彦, 日本建築学会中国支部研究発表会,   2008年03月, 日本建築学会中国支部研究発表会
  • カルシウムイオン水を用いたコンクリートの圧縮特性に関する基礎的研究, 大田 和彦, 日本建築学会中国支部研究発表会,   2009年03月, 日本建築学会中国支部研究発表会
  • イオン化カルシウム水溶液を用いた鉄筋モルタル・コンクリート造はりの曲げ実験, 大田 和彦, 森村 毅, 日本建築学会中国支部研究発表会,   2010年03月, 日本建築学会中国支部研究発表会
  • JABEE 教育プログラムにおける学習・教育目標の達成度評価に関する一考察, 大田 和彦, 藤井 大地, 崔 軍, 市川 尚紀, 工学・工業教育研究講演会,   2010年08月, 工学・工業教育研究講演会
  • イオン化カルシウム水溶液を用いたコンクリートの乾燥収縮に関する基礎的研究, 大田 和彦, 森村 毅, 日本建築学会中国支部,   2011年03月, 日本建築学会中国支部
    概要:本報告は、イオン化カルシウム水溶液を用いたコンクリートの乾燥収縮に関して得られた知見を述べている。
  • 高曲げ強度を有する鉄筋モルタル梁の曲げ特性に関する実験的研究, 大田 和彦, 森村 毅, 日本建築学会中国支部,   2011年03月, 日本建築学会中国支部
    概要:高い曲げ強度を有するモルタルを用いた鉄筋モルタル梁の曲げ特性に関する実験の結果を報告している。
  • セメント板を蓄熱体として利用した外断熱木質構造体の耐震性に関する予備実験, 大田 和彦, 在永 末徳, 藤井 大地, 松本 慎也, 日本建築学会大会,   2011年09月, 日本建築学会大会
    概要:セメント板を蓄熱体として利用した外断熱木質構造体の耐震性に関する予備実験を報告した。
  • 蓄熱体を設けた外断熱木質構造体のセメント板固定の試みとその効果, 大田 和彦, 在永 末徳, 藤井 大地, 松本 慎也, 日本建築学会大会,   2012年09月, 日本建築学会大会
    概要:蓄熱体を設けた外断熱木質構造体のセメント板固定の試みとその効果を報告した。
  • 蓄熱性能を有する耐力壁による外断熱木造住宅に関する研究, 大田 和彦, 松本 慎也, 藤井 大地, 在永 末徳, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2013年03月, 日本建築学会中国支部研究報告集
    概要:本報告では,①セメント成形板の固定方法と復元力 特性,②セメント成形板の施工技術,③セメント成形 板固定の改良と今後の課題について述べている。
  • 既存建物から取り出した梁部材の耐震性能, 大田 和彦, 広島工業大学工学部, 筑波大学大学院システム情報工学研究, 日本建築学会中国支部研究報告集,   2013年03月, 日本建築学会中国支部研究報告集
    概要:本研究では竣工後長年月を経た既存建物から構造部材を切り出し,構造実験用の試験体を作製するとともに,実部材の構造図面をもとにした新規試験体を作製した.この2つの試験体を共通の方法で載荷実験を行うことで,不確定要素の検討を行い,また既往の評価式との適応性の検討を行った.さらに,実部材の補強効果についても実験的に検証した.

MISC

  • 連スパン壁の耐震特性に関する基礎的研究(その1 連スパン壁の水平加力実験), 日本建築学会構造系論文報告集, 423,   1991年
  • 連層連スパン壁の耐震特性に関する基礎的研究(第2報), 構造工学論文集, 35, B,   1989年
  • 連層連スパン壁の耐震特性に関する基礎的研究(第3報), 構造工学論文集, 35, B,   1989年
  • 耐震要素の開発に関する基礎的研究(その1), 構造工学論文集, 36, B,   1990年
  • 耐震要素の開発に関する基礎的研究(その2), 構造工学論文集, 36, B,   1990年
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管ブレース材の引張特性に及ぼすケミカル・プレストレスの効果, 日本建築学会技術報告集, 3,   1996年
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管ブレース材のケミカル・プレストレスと引張特性, 日本建築学会構造系論文集, 502, 157, 164,   1997年
  • 平鋼を挿入した膨張コンクリート充填鋼管ブレース材の圧縮特性, 日本建築学会構造系論文集, 518, 127, 134,   1999年
  • 膨張コンクリート充填鋼管材の力学特性及ぼすケミカル・プレストレスの効果, 日本建築学会構造系論文集, 529,   2000年
  • 高膨張コンクリートの調合とその充填鋼管材の圧縮特性, コンクリート工学論文集, 12, 2, 61,   2001年
  • 膨張コンクリート充填鋼管材の圧縮時の力学モデル, コンクリート工学論文集, 13(2), 99-107,   2002年

競争的資金

  • 平鋼を挿入した膨張コンクリ-ト充填鋼管ブレ-ス材の力学的特性に関する研究