KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

岸田 邦博キシダ クニヒロ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 食品安全工学科 / 生物理工学研究科
職名准教授
学位博士(生活科学)
専門食品機能学
ジャンル医療・健康/健康問題
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/847-kishida-kunihiro.html
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30412703.ja.html
メールアドレスkishida[at]waka.kindai.ac.jp
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    食べ物と健康との関係について研究しています。生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)の予防に役立つ食品成分(ポリフェノールなど)を評価しています。

学歴・経歴

学歴

  • 2002年04月 - 2005年03月, 大阪市立大学大学院, 生活科学研究科, 後期博士課程
  • 2000年04月 - 2002年03月, 大阪市立大学大学院, 生活科学研究科, 前期博士課程
  • 1996年04月 - 2000年03月, 大阪市立大学, 生活科学部, 食品栄養科学科

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2010年04月,  - 2017年03月, 近畿大学(講師)
  •   2008年04月,  - 2010年03月, 長崎県立大学 シーボルト校(助教)
  •   2007年04月,  - 2008年03月, 県立長崎シーボルト大学(助教)
  •   2006年04月,  - 2007年03月, 県立長崎シーボルト大学(助手)
  •   2005年04月,  - 2006年03月, 九州栄養福祉大学(助手)

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
  • 生活科学, 食生活学

研究キーワード

  • 栄養生理, 消化吸収, 糖質代謝, 食事摂取パターン, 食品機能性成分, 脂質代謝, 遺伝子多型, 生体イメージング, 食習慣, 分子生理機能, 生理的多型性

論文

  • Nutrient sensing by absorptive and secretory progenies of small intestinal stem cells., Kishida K, Pearce SC, Yu S, Gao N, Ferraris RP, American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology, ajpgi.00416.2016,   2017年03月, 査読有り
  • 果実由来の機能性成分によるメタボリックシンドローム予防および改善に関する研究, 岸田邦博, 日本食品保蔵科学会誌, 42, 2, 79‐85,   2016年03月31日
  • ラット肝臓脂質代謝関連遺伝子発現に与えるカンキツリモノイドの影響, 岸田邦博, 鈴木雅也, 井原勇人, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会誌, 41, 2, 51, 58,   2015年03月, 査読有り
  • Safety and adherence of Umezu polyphenols in the Japanese plum (Prunus mume) in a 12-week double-blind randomized placebo-controlled pilot trial to evaluate antihypertensive effects., Takemura S, Yoshimasu K, Fukumoto J, Mure K, Nishio N, Kishida K, Yano F, Mitani T, Takeshita T, Miyashita K, Environmental health and preventive medicine, 19, 444, 451,   2014年11月, 査読有り
  • Phenolic Extract from Japanese Apricot Fruit (Prunus Mume Sieb et Zucc.) Inhibits Disaccharidase Activity in the Small Intestine and Suppresses the Postprandial Elevation of Glucose Levels in Rats, KISHIDA Kunihiro, SUZUKI Masaya, HEYA Yuichi, YAMAZAKI Yudai, HORINISHI Asako, OZAKI Yoshihiko, Food preservation science, 40, 3, 119, 125,   2014年05月, 査読有り
  • Are Umezu polyphenols in the Japanese plum (Prunus mume) protective against mild hypertension and oxidation? Evidence from a double-blind randomized placebo-controlled trial, Takemura S, Yoshimasu K, Mure K, Fukumoto J, Nishio N, Kitano N, Kishida K, Yano F, Mitani T, Takeshita T, Miyashita K, Open Journal of Preventive Medicine, 1, 3, 561, 569,   2013年10月, 査読有り
  • Phenolics profile of mume, Japanese apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc.) fruit., Mitani T, Horinishi A, Kishida K, Kawabata T, Yano F, Mimura H, Inaba N, Yamanishi H, Oe T, Negoro K, Mori H, Miyake Y, Hosoda A, Tanaka Y, Mori M, Ozaki Y, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 77, 1623, 1627,   2013年, 査読有り
  • Simplified extraction of tetracycline antibiotics from milk using a centrifugal ultrafiltration device, Kunihiro Kishida, Food Chemistry, 126, 2, 687, 690,   2011年05月, 査読有り
  • An association analysis between mitochondrial DNA A10398G polymorphism and temperament in Japanese young adults., Kishida K, Tominaga M, Matsubara K, Taguchi M, Noguchi M, Tsunawake N, Shidoji Y, PloS one, 4, e7763,   2009年11月, 査読有り
  • The Ala54Thr polymorphism in the fatty acid-binding protein 2 gene leads to higher food intake in Japanese women., Kishida K, Aoyama M, Masaki M, Shidoji Y, Molecular psychiatry, 14, 466, 467,   2009年05月, 査読有り
  • Quantitation and confirmation of six sulphonamides in meat by liquid chromatography-mass spectrometry with photodiode array detection, Kunihiro Kishida, Food Control, 18, 301, 305,   2007年04月, 査読有り
    概要:Multiresidue analysis of six sulphonamides (SAs) (sulphadiazine, sulphadimidine, sulphamonomethoxine, sulphamethoxazole, sulphadimethoxine, and sulphaquinoxaline) in meat (beef, pork, and chicken) using liquid chromatography (LC)-mass spectrometry (MS) with photodiode array (PDA) detection is presented. The sample preparation is carried out by normal-phase matrix solid-phase dispersion (MSPD) with an ethanol solution. The LC-MS determination is performed using a Mightysil RP-4 GP column and an isocratic mobile phase of 0.3% (v/v) acetic acid solution (pH 3.4, in water)-ethanol (83:17, v/v) with an atmospheric pressure chemical ionization (APCI) MS on positive-ion mode. Average recoveries spiked at 0.05-0.5 ppm for each drug were higher than 90% with relative standard deviations between 1% and 6%. In all the processes, no toxic solvents were used at all. © 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Restricted-access media liquid chromatography for determination of sulfamonomethoxine, sulfadimethoxine, and their N4-acetyl metabolites in eggs, Kunihiro Kishida, Food Chemistry, 101, 281, 285,   2006年08月, 査読有り
    概要:Simultaneous determination of sulfamonomethoxine, sulfadimethoxine, and their N4-acetyl metabolites in eggs using restricted-access media high performance liquid chromatography (RAM-HPLC) with a photo-diode array detector is developed. The target compounds are extracted by a handheld ultrasonic homogenizer with saturated ammonium sulfate solution followed by centrifugation. The separation is performed by a Hisep shielded hydrophobic phase column, isocratic elution with 0.3% acetic acid solution (pH 2.9, in water)-ethanol (75:25, v/v). Average recoveries from samples spiked at 0.1-1.0 ppm for each drug were >91% with relative standard deviations within 4%. The limits of quantitation were ≦0.08 ppm. No hazardous-chemicals were used in all the processes. © 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Determining Zeranol in Bovine Tissues Under Nontoxic Conditions, FURUSAWA Naoto, KISHIDA Kunihiro, LC GC North Am, 24, 1, 58-59,61-63,   2006年01月
  • A green, low-cost method for determining sulphonamides in milk, N. Furusawa, K. Kishida, LC-GC Europe, 18, 600, 605,   2005年11月01日
    概要:Presented is a sample preparation-high performance liquid chromatography-diode array detection method for the simultaneous determination of five sulphonamides in milk. The procedure, performed under 100% aqueous conditions, does not use organic solvents or reagents and is, therefore, harmless to both humans and the environment.
  • Liquid chromatographic determination of sulfamonomethoxine, sulfadimethoxine, and their N4-acetyl metabolites in chicken plasma, K. Kishida, K. Nishinari, N. Furusawa, Chromatographia, 61, 81, 84,   2005年07月19日
    概要:An "environmentally-friendly" method has been established for simultaneous determination of sulfamonomethoxine, sulfadimethoxine, and their N 4-acetyl metabolites in chicken plasma. The sample is prepared by mixing with 4 mol L-1 ammonium sulfate solution then centrifugation, and analysis is performed by high-performance liquid chromatography (HPLC) on a polyethylene glycol reversed-phase column with 0.001 mol L-1 sodium acetate solution as mobile phase and photodiode-array detection. Average recoveries from samples spiked with 0.1, 0.5, and 1.0 μg mL-1 of each drug were >78% and relative standard deviations were within 4%. The practical quantitation limits were ≤0.09 μg mL-1. No organic solvents or hazardous reagents were used at any stage of the analysis. © 2004 Friedr. Vieweg & Sohn/GWV Fachverlage GmbH.
  • Simultaneous determination of sulfamonomethoxine, sulfadimethoxine, and their hydroxy/N(4)-acetyl metabolites with gradient liquid chromatography in chicken plasma, tissues, and eggs., Kishida K, Furusawa N, Talanta, 67, 54, 58,   2005年07月, 査読有り
  • Determining sulfamethazine in pork using HPLC with a 100% water mobile phase, Maoto Furusawa, Kunihiro Kishida, LC-GC North America, 22, 1092, 1096,   2004年11月01日
    概要:The authors have developed a method for determining sulfamethazine residue in pork using 100% wafer in sample preparation and high performance liquid chromatography (HPLC) separation. Sample preparation comprises homogenization with 100% water by means of a handheld ultrasonic homogenizer followed by centrifugal ulfrafiltration. HPLC is performed on a reversed-phase C1 column with a 100% water mobile phase and a photodiode-array detector. The average recoveries, total analytical time, and limit of quantitation were ≤ 81% (relative standard deviations were < 5.8%), < 30 min/sample, aod 0.09 μg/g, respectively.
  • Application of shielded column liquid chromatography for determination of sulfamonomethoxine, sulfadimethoxine, and their N4-acetyl metabolites in milk., Kishida K, Furusawa N, Journal of chromatography. A, 1028, 175, 177,   2004年02月, 査読有り
  • Toxic/Harmful Solvents-Free Technique for HPLC Determination of Six Sulfonamides in Meat, Kunihiro Kishida, Naoto Furusawa, Naoto Furusawa, Journal of Liquid Chromatography and Related Technologies, 26, 2931, 2939,   2003年11月13日
    概要:A simultaneous HPLC determination of six sulfonamides (SAs) [sulfadiazine (SDA), sulfadimidine (SDD), sulfamonomethoxine (SMM), sulfamethoxazole (SMX), sulfadimethoxine (SDM), and sulfaquinoxaline (SQ)] in meat (chicken, beef, and pork) is presented. The sample preparation is carried out by normal-phase matrix solid-phase dispersion (MPSD) with an aqueous ethanol solution. The HPLC determination is performed using a Mightysil RP-4 GP column and an isocratic mobile phase of 2% (v/v) acetic acid solution (pH 2.7, in water)-ethanol (75:25, v/v) with a photodiode array detector. Average recoveries spiked at 0.05-0.5 ppm for each drug are higher than 85% with standard deviations within 10%. In all the processes, no toxic/harmful solvents are used at all.
  • Transfer and distribution profiles of dietary sulphonamides in the tissues of the laying hen, N. Furusawa, K. Kishida, Food Additives and Contaminants, 19, 368, 372,   2002年04月25日
    概要:The five sulphonamides, sulphadiazine (SDZ), sulphadimidine (SDD), sulphamethoxazole (SMX), sulphamonomethoxine (SMM) and sulphaquinoxaline (SQ), were fed to laying hens at a dietary concentration of 100 mg kg-1, respectively. On the 7th day after the start of feeding, the drug concentrations in the plasma, muscle and the main tissues involved in egg formation, the liver, and ovary and oviducts (magnum and isthmus plus shell grand) were determined by high-performance liquid chromatography. Dietary sulphonamides were distributed throughout the above tissues. SQ was found at the highest concentration in all tissues, while the reverse was true for SDD. The ratio of SDD concentrations in the main tissues involved in egg formation to that in the plasma were greater than those for the other drugs.
  • Matrix solid-phase dispersion extraction and high-performance liquid chromatographic determination of residual sulfonamides in chicken, Kunihiro Kishida, Naoto Furusawa, Journal of Chromatography A, 937, 49, 55,   2001年12月07日
    概要:Simultaneous determination of the six sulfonamides (SAs) sulfadiazine, sulfadimidine, sulfamonomethoxine, sulfamethoxazole, sulfadimethoxine and sulfaquinoxaline in chicken using matrix solid-phase dispersion (MSPD) with neutral aluminium oxide as an MSPD sorbent and high-performance liquid chromatography (HPLC) is presented. In the present MSPD, six SAs could be isolated by only one step, elution with a 70% (v/v) aqueous ethanol solution, without the sorbent conditioning and the sorbent-tissue matrix washing. For the HPLC determination, a LiChrospher 100 RP-8 and a mixture of 1% acetic acid solution (pH 3.0, in water)-acetonitrile-N,N-dimethylformamide (78:22:5, v/v/v) as the mobile phase with a photodiode array detector were used. Average recoveries were greater than 87.6% with relative standard deviations between 0.5 and 8.6%. The total time and amount of solvent required for the analysis of one sample were <1.5 h and <12 ml, respectively. © 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • High-performance liquid chromatographic procedure for residue monitoring of seven sulfonamides in milk, Kunihiro Kishida, Fresenius’ Journal of Analytical Chemistry, 371, 1031, 1033,   2001年12月, 査読有り
  • Increases in 1,5-Anhydroglucitol Levels in Germinating Amaranth Seeds and in Ripening Banana, Y. Konishi, K. Hashima, and K. Kishida, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 64, 2462, 2465,   2000年11月, 査読有り

講演・口頭発表等

  • The Life and Death of Differentiated and Dedifferentiated Intestinal Absorptive and Secretory Cells, S.C. Pearce*, K. Kishida, S. Yu, N. Gao, and R.P. Ferraris, Experimental Biology 2017,   2017年04月
  • Nutrient sensing by absorptive and secretory progenies of small intestinal stem cells, K. Kishida*, S.C. Pearce, S. Yu, N. Gao, and R.P. Ferraris, Experimental Biology 2017,   2017年04月
  • 薬物治療を受けていない地域在住高血圧患者における梅酢ポリフェノールの降圧作用, 竹村重輝, 吉益光一, 津野香奈美, 黒田基嗣, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 有田幹雄, 宮下和久, 和歌山医学,   2015年09月30日
  • 薬物治療を受けていない高血圧患者における梅酢ポリフェノールの降圧作用―12週間の予備試験―, 竹村重輝, 吉益光一, 福元仁, 北野尚美, 西尾信宏, 牟礼佳苗, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 竹下達也, 有田幹雄, 宮下和久, 和歌山医学,   2015年09月30日
  • 「露茜」を原料とする梅酒の色調改善に関する研究 III~酸化防止剤添加による色素安定性の向上について~, 小原三奈, 雪本亮, 堀西朝子, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 庄司俊彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2015年06月27日
  • 果実由来の機能性成分によるメタボリックシンドローム予防および改善に関する研究, 岸田邦博, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2015年06月27日
  • 「ウメ赤肉品種‘露茜’のフェノール性化合物の組成とα‐グルコシダーゼに対する阻害作用」, 堀西朝子, 藤岡優美, 東出晃平, 谷佳樹, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2015年06月27日
  • ウメ‘露茜’果肉のフェノール性化合物の解析, 堀西朝子, 雪本亮, 谷佳樹, 森一, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2015年03月05日
  • The effects of dietary cinnamic acid and p-coumaric acid on glucose and lipid metabolism in normal rats fed high-sucrose diet, Kunihiro Kishida, Ken Takeshima, Yoshihiko Ozaki, Hayato Ihara, Experimental Biology 2015,   2015年03月
  • 「露茜」を原料とする梅酒の色調改善に関する研究 II~追熟果実を原料とした梅酒の色調について~, 雪本亮, 小原三奈, 堀西朝子, 岸田邦博, 庄司俊彦, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2014年06月28日
  • Dietary p-coumaricacid modulates hepatic gene expression involved with lipid metabolism in rats, Kunihiro Kishida, Masaya Suzuki, Hayato Ihara, Experimental Biology 2014,   2014年04月
  • 梅酢由来ポリフェノール調製物(UP)の構成化合物の解明, 堀西朝子, 葛巻里紗, 部屋雄一, 多中良栄, 三宅靖仁, 高垣昌史, 森一, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2014年03月05日
  • ライブセルイメージング法によるレスベラトロールの生理機能解析, 井原 勇人 岸田 邦博, 第13回分子予防環境医学研究会 2014年1月,   2014年01月
  • p-クマル酸によるラット肝臓脂質代謝関連遺伝子発現の変動, 岸田 邦博, 第13回分子予防環境医学研究会,   2014年01月
  • Inhibitory effects of phenolic extracts derived from japanese apricot fruit (prunus mume) on rat small intestinal disaccharidase activities, Kishida K, Heya Y, Yamazaki Y, Horinishi A, Ozaki Y, IUNS 20th International Congress of Nutrition,   2013年09月
  • 薬物治療を受けていない高血圧患者における梅酢ポリフェノールの降圧作用―8週までの経過報告―, 竹村重輝, 福元仁, 吉益光一, 北野尚美, 西尾信宏, 牟礼佳苗, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 竹下達也, 有田幹雄, 宮下和久, 和歌山医学,   2013年06月30日
  • 梅酢ポリフェノールの食後血糖値上昇抑制作用, 岸田邦博, 部屋雄一, 山崎祐大, 堀西朝子, 尾崎嘉彦, 日本食品保蔵科学会大会講演要旨集,   2013年06月15日
  • 梅酢ポリフェノールの機能性とバイオアベイラビリティ, 岸田邦博, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2013年04月, 招待有り
  • 梅酢ポリフェノールのヒトにおける降圧効果等に関する研究, 竹村重輝, 福元仁, 吉益光一, 服部園美, 北野尚美, 西尾信宏, 牟礼佳苗, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 竹下達也, 有田幹雄, 宮下和久, 和歌山医学,   2012年12月31日
  • 梅酢ポリフェノールの降圧作用に関する研究(第2報), 山崎晋平, 和木田直希, 部屋雄一, 岸田邦博, 岸岡史郎, 堀西朝子, 山西妃早子, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • 梅酢ポリフェノールの降圧作用に関する研究(第3報), 部屋雄一, 和木田直希, 山崎晋平, 田中あゆみ, 岸田邦博, 岸岡史郎, 堀西朝子, 山西妃早子, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • ウメ(Prunus mume S.)の抗疲労作用に関する研究, 矢野史子, 荒木章吾, 藤田勝也, 白木琢磨, 岸田邦博, 高田善浩, 青柳正信, 高橋斉, 山西妃早子, 福西伸一, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • 梅酢ポリフェノールの生体内動態に関する研究(第2報), 田中あゆみ, 岸田邦博, 堀西朝子, 矢野史子, 山西妃早子, 赤木友裕, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • SHRの血圧に及ぼす梅酢ポリフェノールの作用(第3報), 和木田直希, 部屋雄一, 岸田邦博, 岸岡史郎, 山崎晋平, 川端伴顕, 矢野史子, 堀西朝子, 山西妃早子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 梅酢ポリフェノール画分の化学的性質(第6報), 高垣昌史, 山西妃早子, 野村英作, 岸田邦博, 堀西朝子, 多中良栄, 森めぐみ, 前田育克, 赤木知裕, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 梅果実中の核の化学的性質について, 川端伴顕, 堀西朝子, 多中良栄, 森めぐみ, 前田育克, 高垣昌史, 山西妃早子, 赤木知裕, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 梅酢ポリフェノール画分の化学的性質(第5報), 岸田邦博, 田中あゆみ, 川端伴顕, 野村英作, 堀西朝子, 山西妃早子, 高垣昌史, 多中良栄, 森めぐみ, 前田育克, 赤木智裕, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 梅酢ポリフェノールの抗菌作用に関する研究, 中林良彦, 太田佳菜, 川端伴顕, 岸田邦博, 堀西朝子, 石井営次, 池本重明, 稲葉伸也, 山西妃早子, 赤木知祐, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 梅酢ポリフェノール画分の化学的性質(第4報), 堀西朝子, 川端伴顕, 岸田邦博, 多中良栄, 森めぐみ, 前田育克, 山西妃早子, 赤木知裕, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • SHRの血圧に及ぼす梅酢ポリフェノールの作用(第2報), 山崎晋平, 岸田邦博, 岸岡史郎, 堀西朝子, 矢野史子, 山西妃早子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 梅酢ポリフェノールの消化管吸収に関する研究, 田中あゆみ, 岸田邦博, 川端伴顕, 矢野史子, 堀西朝子, 赤木友裕, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),   2012年03月05日
  • 梅酢ポリフェノールの調製と品質評価, 石原理恵, 則藤真理子, 山西妃早子, 赤木知裕, 多中良栄, 森めぐみ, 堀西朝子, 岸田邦博, 三谷隆彦, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • ウメ(Prunus mume S.)の果実中のヒドロキシ桂皮酸誘導体について, 多中良栄, 森めぐみ, 小畑俊嗣, 堀西朝子, 岸田邦博, 川端伴顕, 山西妃早子, 赤木知裕, 矢野史子, 三谷隆彦, 和歌山医学,   2011年12月31日
  • 梅酢ポリフェノールの生体内動態に関する研究(第1報), 田中あゆみ, 岸田邦博, 堀西朝子, 矢野史子, 山西妃早子, 赤木知裕, 三谷隆彦, 和歌山医学,   2011年12月31日
  • 梅酢ポリフェノールの工業的製造法に関する検討, 川端伴顕, 堀西朝子, 岸田邦博, 矢野史子, 赤木知裕, 山西妃早子, 木村昭雄, 稲葉伸也, 綾野茂, 大江孝明, 根来圭一, 三谷隆彦, 和歌山医学,   2011年12月31日
  • ウメ(Prunus mume S.)の果実中の抗酸化成分に関する研究(第6報), 堀西朝子, 多中良栄, 森めぐみ, 小畑俊嗣, 岸田邦博, 川端伴顕, 山西妃早子, 赤木知裕, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,   2011年10月01日
  • 梅酢ポリフェノールの工業的製造法に関する検討, 川端伴顕, 堀西朝子, 岸田邦博, 矢野史子, 赤木知裕, 山西妃早子, 木村昭雄, 稲葉伸也, 綾野茂, 大江孝明, 根来圭一, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,   2011年10月01日
  • 梅酢ポリフェノールの生体内動態に関する研究(第1報), 田中あゆみ, 岸田邦博, 堀西朝子, 矢野史子, 山西妃早子, 赤木知裕, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集,   2011年10月01日
  • 梅酢ポリフェノールの工業的製造法に関する検討, 赤木知裕, 山西妃早子, 堀西朝子, 木村昭雄, 稲葉伸也, 綾野茂, 大江孝明, 根来圭一, 川端伴顕, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本食品科学工学会大会講演集,   2011年09月09日
  • マウスの強制遊泳に及ぼす梅酢ポリフェノールの効果, 矢野史子, 志賀勇介, 土田辰典, 岸田邦博, 白木琢磨, 山西妃早子, 赤木知裕, 高田善浩, 青柳正信, 高橋斉, 福西伸一, 三谷隆彦, 日本畜産学会大会講演要旨,   2011年08月26日
  • テキストマイニングを用いた若年世代の食事内容分析, 吉田知未, 岸田邦博, 鈴木明子, 松原主典, 冨永美穂子, 日本家政学会大会研究発表要旨集,   2011年05月20日
  • ウメ(Prunus mume S.)の果実中の抗酸化成分に関する研究(第4報), 堀西朝子, 川端伴顕, 木村好伸, 多中良栄, 森めぐみ, 小畑俊嗣, 山西妃早子, 赤木知裕, 岸田邦博, 矢野史子, 尾崎嘉彦, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2011年04月25日
  • ウメ(Prunus mume S.)の果実中の抗酸化成分に関する研究(第5報), 山西妃早子, 堀西朝子, 川端伴顕, 多中良栄, 森めぐみ, 小畑俊嗣, 赤木知裕, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2011年04月25日
  • 梅酢ポリフェノールの降圧作用に関する研究, 山崎晋平, 矢野史子, 岸田邦博, 岸岡史郎, 堀西朝子, 赤木知裕, 山西妃早子, 三谷隆彦, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2011年04月25日
  • 梅酢ポリフェノール画分の化学的性質(第2報), 川端伴顕, 堀西朝子, 木村好伸, 森めぐみ, 多中良栄, 小畑俊嗣, 山西妃早子, 赤木知裕, 岸田邦博, 尾崎嘉彦, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • 梅酢ポリフェノール画分の化学的性質(第3報), 木村好伸, 堀西朝子, 川端伴顕, 多中良栄, 森めぐみ, 小畑俊嗣, 山西妃早子, 赤木知裕, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • SHRの血圧に及ぼす梅酢ポリフェノールの作用, 山崎晋平, 島村将理, 矢野史子, 岸田邦博, 岸岡史郎, 堀西朝子, 赤木知裕, 山西妃早子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • 梅酢ポリフェノールのマウスにおける血中動態, 岸田邦博, 田中あゆみ, 林佳世子, 堀西朝子, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • 梅酢ポリフェノールの大量製造と安定性の検討, 堀西朝子, 赤木知裕, 木村昭雄, 川端伴顕, 木村好伸, 田口あや, 山西妃早子, 稲葉伸也, 大江孝明, 根来圭一, 岸田邦博, 矢野史子, 三谷隆彦, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2011年03月05日
  • マウスにおけるクロロゲン酸およびフェルラ酸の経口投与後の血中動態, 岸田邦博, 田中あゆみ, 林佳世子, 矢野史子, 三谷隆彦, 和歌山医学,   2010年12月31日
  • 若年世代の写真撮影された食事内容分析による食物摂取状況と身体組成,食生活を含めた生活習慣との関連, 吉田知未, 岸田邦博, 鈴木明子, 松原主典, 冨永美穂子, 日本家政学会大会研究発表要旨集,   2010年05月20日
  • ピアフードサポートシステム構築に向けた大学生への食生活支援の試み, 冨永美穂子, 上田成一, 武藤慶子, 岸田邦博, 大曲勝久, 正木基文, 長崎県立大学看護栄養学部紀要,   2010年03月
  • アマランサス粉置換スポンジケーキの性状と嗜好性, 永留史佳, 岸田邦博, 冨永美穂子, 日本調理科学会大会研究発表要旨集,   2010年
  • ミトコンドリア遺伝子多型と性別による精神的健康度への交互作用, 岸田邦博, 冨永美穂子, 松原主典, 鈴木明子, 田口雅徳, 野口正憲, 綱分憲明, 四童子好廣, 日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集,   2009年
  • 脂肪酸結合タンパク質2遺伝子多型が栄養素摂取量に与える影響, 岸田邦博, 青山みさ子, 冨永美穂子, 正木基文, 四童子好廣, 日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集,   2008年
  • ビーズ式細胞破壊装置を用いた養殖魚からのテトラサイクリン系抗生物質の分析, 岸田邦博, 上田成一, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2007年10月01日
  • 鶏卵に残留するサルファ剤及びアセチル代謝物の環境に優しい分析法, 岸田邦博, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集,   2006年06月15日
  • 畜産食品中における残留サルファ剤および主要代謝物の同時分析法, 岸田邦博, 古沢直人, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2004年11月11日
  • 血しょう中sulfamonomethoxine,sulfadimethoxineおよびhydroxy/N4‐acetyl代謝物の同時分析法, 岸田邦博, 古沢直人, 日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集,   2004年06月17日
  • 有機溶媒フリーの血しょう中sulfamonomethoxine,sulfadimethoxineおよびN4‐acetyl代謝物の同時分析法, 岸田邦博, 古沢直人, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2004年04月20日
  • 牛乳中に残留するsulfamonomethoxine,sulfadimethoxineおよびN4‐acetyl代謝物の同時HPLC簡易分析法, 岸田邦博, 古沢直人, 日本食品衛生学会学術講演会講演要旨集,   2003年04月20日

MISC

  • p-クマル酸の機能性と吸収性に関するin vivo評価, 岸田邦博, 食品加工技術, 35, 1, 1, 6,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502212074726026
  • 梅酢ポリフェノール抽出物の安全性の検討, 志賀勇介, 土田辰典, 原雄大, 岸田邦博, 前田正信, 宮下和久, 藤原真紀, 山西妃早子, 矢野史子, 三谷隆彦, Mem Fac Biol Oriented Sci Technol Kinki Univ, 28, 31, 40,   2011年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102289548586305
  • 梅果汁成分による抗疲労効果(第2報), 佐藤夏海, 高橋斉, 坂井田和裕, 高田善浩, 矢野史子, 荒木章吾, 藤田勝也, 白木琢磨, 志賀勇介, 岸田邦博, 山西妃早子, 福西伸一, 三谷隆彦, 果汁協会報, 656, 1, 8,   2013年04月25日, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302221354968470
  • 食物摂取頻度調査票および写真撮影された食事調査法による栄養素等ならびに食品群別摂取量算出値の比較, 冨永美穂子, 高木千穂, 徳永真紀子, 岸田邦博, 長崎県立大学看護栄養学部紀要, 12, 19, 29,   2014年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402243982195855

特許

  • 新規梅加工品の製造方法及びこれを用いた機能性組成物、食品組成物、医薬組成物, 三谷 隆彦, 岸田 邦博, 福西 伸一, 長井 保夫, 特願2012-075607, 特開2013-201997
  • 抗菌物質及びこれを含む医薬等, 三谷 隆彦, 岸田 邦博, 堀西 朝子, 矢野 史子, 稲葉 伸也, 特願2011-180490, 特開2013-043835
  • 血圧降下剤または機能性組成物およびこれらを含む、食品組成物、特定保健用食品組成物、医薬部外品組成物、医薬組成物。, 三谷 隆彦, 矢野 史子, 岸田 邦博, 堀西 朝子, 山西 妃早子, 赤木 知裕, 特願2011-036710, 特開2012-171936

競争的資金

  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 生活習慣病関連遺伝子が食習慣ならびに食後の生理的多型性に与える影響, 岸田 邦博, ありふれた遺伝子多型と食習慣および生理学的パラメータとの関連について検討した。日本人学生を対象とした研究では、FABP2のAla54Thr多型において、 Thrキャリアが三大栄養素の摂取量が有意に高いこと、ミトコンドリアA10398多型と性別がメンタルヘルスに対して交互作用を示すことが認められた。また、中国系マレーシア人を対象とした研究では、肉と炭水化物に偏った食事パターンとVEGFR-2多型(rs1870377)がHbAlc濃度および」血中相対総コレステロール濃度(TC/HDLC)に対して交互作用を示すことを見出した。
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ)), 養殖魚の安全性確保のための残留医薬品分析法の開発ならびに適切投与量の評価, 岸田 邦博, 食の安全がおびやかされている昨今、消費者にとって安全で安心できる食糧の供給体制の確立は急務である。本研究は、養殖魚の残留医薬品問題を解決するための一方策として、生産者が残留濃度を経時的に把握できるような簡便・迅速な分析方法の検討を行った。また、分析に用いる溶媒使用量を減らすなど、環境負荷の軽減も重要なテーマである。テトラサイクリン系抗生物質4種(オキシテトラサイクリン、テトラサイクリン、クロルテトラサイクリン、ドキシサイクリン)を対象として養殖魚(ブリ)からの分析法を検討した。微量分析が可能なビーズ式細胞破砕装置を用い、従来のロータ・ステータ方式ホモジナイザーとの抽出効率の比較を行った結果、同程度の回収率・精度が得られサンプル量、溶媒量及び分析時間の大幅な削減が達成できた。測定条件の検討として、LC/MSでの分析及び毒性を考慮して酢酸・エタノール・水系での分離を試みたが達成できなかった。一般的な逆相系カラムでは4種化合物の分離が困難であったため、Pentafluorophenylpropyl基を導入したDiscovery HS F5カラムを用いてクエン酸・アセトニトリル・水系移動相によるHPLC分析を行った。平均回収率約70%、変動係数10%未満の結果が得られたが、本法は従来法とは異なり抽出液を蒸発乾固させたのち一定量にメスアップして定量する操作を省いているため、定量における誤差が生じることも考えられることから、現段階ではスクリーニング法としては簡便で有効な分析法であると思われる。