KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

松本 和也マツモト カズヤ

プロフィール

所属部署名生物理工学部 遺伝子工学科 / 生物理工学研究科
職名教授/生物理工学部長/学部運営委員会委員長/紀要編集員会委員長/安全対策・有害物質処理対策委員会委員長/学部教員資格審査委員会委員長/人権委員会委員長/学部安全保障輸出管理委員会委員長
学位農学博士
専門分子発生学、生殖生物学
ジャンル科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/488-matsumoto-kazuya.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    卵と精子が融合した受精卵が、全能性(自律的に個体を構成する全ての細胞に分化する能力)獲得の分子制御機構の研究。肥育過程で優良形質を持つ和牛個体を診断予測するバイオマーカーの開発。

報道関連出演・掲載一覧

    <報道関連出演・掲載一覧>

    ●2016/11/1
     日本農業新聞
     肥育牛の枝肉形質について

学歴・経歴

学歴

  •  - 1989年03月, 京都大学, 農学研究科, 博士後期課程修了(畜産学専攻)
  •  - 1986年03月, 京都大学, 農学研究科, 博士前期課程修了(畜産学専攻)
  •  - 1983年03月, 宇都宮大学, 農学部, 畜産学科 卒業

研究活動情報

研究分野

  • 動物生命科学, 統合動物科学
  • 畜産学・獣医学, 応用動物科学

研究キーワード

  • バイオインフォマティクス, 生殖生物学, 分子発生生物学

論文

  • The Clock mutation reduces reproductive performance of mice by affecting the implantation capacity: Maternal Clock mutation is not the only factor affecting implantation., Amano T, Anzai M, Matsumoto K, Theriogenology, 86, 7, 1670, 1684,   2016年10月, 査読有り
  • Production of somatic cell nuclear transfer embryos using in vitro-grown and in vitro-matured oocytes in rabbits., Sugimoto H, Kida Y, Oh N, Kitada K, Matsumoto K, Saeki K, Taniguchi T, Hosoi Y, Zygote (Cambridge, England), 23, 4, 494, 500,   2015年08月, 査読有り
  • Oral melatonin supplementation improves oocyte and embryo quality in women undergoing in vitro fertilization-embryo transfer., Nishihara T, Hashimoto S, Ito K, Nakaoka Y, Matsumoto K, Hosoi Y, Morimoto Y, Gynecological endocrinology : the official journal of the International Society of Gynecological Endocrinology, 30, 5, 359, 362,   2014年05月, 査読有り
  • Possible role of ZPAC, zygote-specific proteasome assembly chaperone, during spermatogenesis in the mouse., Shimizu N, Ueno K, Kurita E, Shin SW, Nishihara T, Amano T, Anzai M, Kishigami S, Kato H, Mitani T, Hosoi Y, Matsumoto K, The Journal of reproduction and development, 60, 3, 179, 186,   2014年, 査読有り
  • Development of interspecies cloned embryos reconstructed with rabbit (Oryctolagus cuniculus) oocytes and cynomolgus monkey (Macaca fascicularis) fibroblast cell nuclei., Yamochi T, Kida Y, Oh N, Ohta S, Amano T, Anzai M, Kato H, Kishigami S, Mitani T, Matsumoto K, Saeki K, Takenoshita M, Iritani A, Hosoi Y, Zygote (Cambridge, England), 21, 4, 358, 366,   2013年11月, 査読有り
  • Dynamics and regulation of lysine-acetylation during one-cell stage mouse embryos., Matsubara K, Lee AR, Kishigami S, Ito A, Matsumoto K, Chi H, Nishino N, Yoshida M, Hosoi Y, Biochemical and biophysical research communications, 434, 1, 1, 7,   2013年04月, 査読有り
  • Mouse zygote-specific proteasome assembly chaperone important for maternal-to-zygotic transition., Shin SW, Shimizu N, Tokoro M, Nishikawa S, Hatanaka Y, Anzai M, Hamazaki J, Kishigami S, Saeki K, Hosoi Y, Iritani A, Murata S, Matsumoto K, Biology open, 2, 2, 170, 182,   2013年02月, 査読有り
  • Functional analysis of nocturnin, a circadian deadenylase, at maternal-to-zygotic transition in mice., Nishikawa S, Hatanaka Y, Tokoro M, Shin SW, Shimizu N, Nishihara T, Kato R, Takemoto A, Amano T, Anzai M, Kishigami S, Hosoi Y, Matsumoto K, The Journal of reproduction and development, 59, 3, 258, 265,   2013年, 査読有り
  • GSE is a maternal factor involved in active DNA demethylation in zygotes., Hatanaka Y, Shimizu N, Nishikawa S, Tokoro M, Shin SW, Nishihara T, Amano T, Anzai M, Kato H, Mitani T, Hosoi Y, Kishigami S, Matsumoto K, PloS one, 8, 4, e60205,   2013年, 査読有り
  • Donor cells at the G1 phase enhance homogeneous gene expression among blastomeres in bovine somatic cell nuclear transfer embryos., Iwamoto D, Kasamatsu A, Ideta A, Urakawa M, Matsumoto K, Hosoi Y, Iritani A, Aoyagi Y, Saeki K, Cellular reprogramming, 14, 1, 20, 28,   2012年02月, 査読有り
  • Deposition of acetylated histones by RNAP II promoter clearance may occur at onset of zygotic gene activation in preimplantation mouse embryos., Tokoro M, Shin SW, Nishikawa S, Lee HH, Hatanaka Y, Amano T, Mitani T, Kato H, Anzai M, Kishigami S, Saeki K, Hosoi Y, Iritani A, Matsumoto K, The Journal of reproduction and development, 56, 6, 607, 615,   2010年12月, 査読有り
  • Fine surface structure of bovine acrosome-intact and reacted spermatozoa observed by atomic force microscopy., 佐伯 和弘, 住友範生, 永田由紀, 加藤 暢宏, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, J. Reprod. Dev., 51, 2, 293, 298,   2005年04月, 査読有り
    概要:ウシ凍結融解精子の表面形状を原子間力顕微鏡(AFM)を用いて詳細な観察およびその断面積の数値化について検討した。その結果、AFMを用いることでウシ精子頭部の表面の微細構造を観察できるとともに、その数値化も可能であることが示された。
  • Inhibition of the ubiquitin-proteasome system leads to delay of the onset of ZGA gene expression., Shin SW, Tokoro M, Nishikawa S, Lee HH, Hatanaka Y, Nishihara T, Amano T, Anzai M, Kato H, Mitani T, Kishigami S, Saeki K, Hosoi Y, Iritani A, Matsumoto K, The Journal of reproduction and development, 56, 6, 655, 663,   2010年12月, 査読有り
  • Potential existence of stem cells with multiple differentiation abilities to three different germ lineages in mouse neurospheres., Takehara T, Teramura T, Onodera Y, Kishigami S, Matsumoto K, Saeki K, Fukuda K, Hosoi Y, Stem cells and development, 18, 10, 1433, 1440,   2009年12月, 査読有り
  • Enhancement of histone acetylation by trichostatin A during in vitro fertilization of bovine oocytes affects cell number of the inner cell mass of the resulting blastocysts., Ikeda S, Tatemizo A, Iwamoto D, Taniguchi S, Hoshino Y, Amano T, Matsumoto K, Hosoi Y, Iritani A, Saeki K, Zygote (Cambridge, England), 17, 3, 209, 215,   2009年08月, 査読有り
  • Proteomic analysis of the mouse ovary in response to two gonadotropins, follicle-stimulating hormone and luteinizing hormone., Satoh M, Tokoro M, Ikegami H, Nagai K, Sono Y, Shin SW, Nishikawa S, Saeki K, Hosoi Y, Iritani A, Fukuda A, Morimoto Y, Matsumoto K, The Journal of reproduction and development, 55, 3, 316, 326,   2009年06月, 査読有り
  • Mouse androgenetic embryonic stem cells differentiated to multiple cell lineages in three embryonic germ layers in vitro., Teramura T, Onodera Y, Murakami H, Ito S, Mihara T, Takehara T, Kato H, Mitani T, Anzai M, Matsumoto K, Saeki K, Fukuda K, Sagawa N, Osoi Y, The Journal of reproduction and development, 55, 3, 283, 292,   2009年06月, 査読有り
  • Abnormal DNA methylation of the Oct-4 enhancer region in cloned mouse embryos., Kawasumi M, Unno Y, Matsuoka T, Nishiwaki M, Anzai M, Amano T, Mitani T, Kato H, Saeki K, Hosoi Y, Iritani A, Kishigami S, Matsumoto K, Molecular reproduction and development, 76, 4, 342, 350,   2009年04月, 査読有り
  • Expression and functional analyses of circadian genes in mouse oocytes and preimplantation embryos: Cry1 is involved in the meiotic process independently of circadian clock regulation., Amano T, Matsushita A, Hatanaka Y, Watanabe T, Oishi K, Ishida N, Anzai M, Mitani T, Kato H, Kishigami S, Saeki K, Hosoi Y, Iritani A, Matsumoto K, Biology of reproduction, 80, 3, 473, 483,   2009年03月, 査読有り
  • Functional expression of a humanized gene for an omega-3 fatty acid desaturase from scarlet flax in transfected bovine adipocytes and bovine embryos cloned from the cells., Indo Y, Tatemizo A, Abe Y, Suzuki I, Matsumoto K, Hosoi Y, Kinoshita M, Mikami K, Murata N, Iritani A, Saeki K, Biochimica et biophysica acta, 1791, 3, 183, 190,   2009年03月, 査読有り
  • Isolation and culture of rabbit primordial germ cells., Kakegawa R, Teramura T, Takehara T, Anzai M, Mitani T, Matsumoto K, Saeki K, Sagawa N, Fukuda K, Hosoi Y, The Journal of reproduction and development, 54, 5, 352, 357,   2008年10月, 査読有り
  • Cis-acting elements (E-box and NBE) in the promoter region of three maternal genes (Histone H1oo, Nucleoplasmin 2, and Zygote Arrest 1) are required for oocyte-specific gene expression in the mouse., Tsunemoto K, Anzai M, Matsuoka T, Tokoro M, Shin SW, Amano T, Mitani T, Kato H, Hosoi Y, Saeki K, Iritani A, Matsumoto K, Molecular reproduction and development, 75, 7, 1104, 1108,   2008年07月, 査読有り
  • Application of laser-assisted zona drilling to in vitro fertilization of cryopreserved mouse oocytes with spermatozoa from a subfertile transgenic mouse, 安齋 政幸, 入谷 明, 三谷 匡, 加藤 博己, 松本 和也, 田口 善智, 西脇恵, 野老美紀子, 申 承旭, 中潟直己, 金子武人, 柳 美穂, 中島竜之, Journal of Reproduction and Development, 52, 5, 601, 606,   2006年10月, 査読有り
  • Identification of ZAG1, a novel protein expressed in mouse preimplantation, and its putative roles in zygotic genome activation., Matsuoka T, Sato M, Tokoro M, Shin SW, Uenoyama A, Ito K, Hitomi S, Amano T, Anzai M, Kato H, Mitani T, Saeki K, Hosoi Y, Iritani A, Matsumoto K, The Journal of reproduction and development, 54, 3, 192, 197,   2008年06月, 査読有り
  • H1foo is indispensable for meiotic maturation of the mouse oocyte., Furuya M, Tanaka M, Teranishi T, Matsumoto K, Hosoi Y, Saeki K, Ishimoto H, Minegishi K, Iritani A, Yoshimura Y, The Journal of reproduction and development, 53, 4, 895, 902,   2007年08月, 査読有り
  • Mitochondrial dysfunction of in vitro grown rabbit oocytes results in preimplantation embryo arrest after activation., Kanaya H, Hashimoto S, Teramura T, Morimoto Y, Matsumoto K, Saeki K, Iritani A, Hosoi Y, The Journal of reproduction and development, 53, 3, 631, 637,   2007年06月, 査読有り
  • Abnormal distribution of chromosomes in the first division of nuclear transferred mouse embryos., Kawasumi M, Anzai M, Takehara T, Mitani T, Kato H, Saeki K, Iritani A, Matsumoto K, Hosoi Y, The Journal of reproduction and development, 53, 3, 615, 622,   2007年06月, 査読有り
  • Primate embryonic stem cells proceed to early gametogenesis in vitro., Teramura T, Takehara T, Kawata N, Fujinami N, Mitani T, Takenoshita M, Matsumoto K, Saeki K, Iritani A, Sagawa N, Hosoi Y, Cloning and stem cells, 9, 2, 144, 156,   2007年, 査読有り
  • A mouse and embryonic stem cell derived from a single embryo., Teramura T, Takehara T, Kishi N, Mihara T, Kawata N, Takeuchi H, Takenoshita M, Matsumoto K, Saeki K, Iritani A, Sagawa N, Hosoi Y, Cloning and stem cells, 9, 4, 485, 494,   2007年, 査読有り
  • Timing and uniformity of embryonic gene activation affect subsequent pre-implantation development of cloned bovine embryos., 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, J Reprod Dev,in press, 53, 3, 623, 629,   2007年06月, 査読有り
  • Expression and subcellular localization of GSE protein in germ cells and preimplantation embryos., Mizuno S, Sono Y, Matsuoka T, Matsumoto K, Saeki K, Hosoi Y, Fukuda A, Morimoto Y, Iritani A, The Journal of reproduction and development, 52, 3, 429, 438,   2006年06月, 査読有り
  • Dynamic rearrangement of telomeres during spermatogenesis in mice., Tanemura K, Ogura A, Cheong C, Gotoh H, Matsumoto K, Sato E, Hayashi Y, Lee HW, Kondo T, Developmental biology, 281, 2, 196, 207,   2005年05月, 査読有り
  • Functional expression of a Delta12 fatty acid desaturase gene from spinach in transgenic pigs., Saeki K, Matsumoto K, Kinoshita M, Suzuki I, Tasaka Y, Kano K, Taguchi Y, Mikami K, Hirabayashi M, Kashiwazaki N, Hosoi Y, Murata N, Iritani A, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 101, 17, 6361, 6366,   2004年04月, 査読有り
  • Activation with ethanol improves embryo development of ICSI-derived oocytes by regulation of kinetics of MPF activity., Fujinami N, Hosoi Y, Kato H, Matsumoto K, Saeki K, Iritani A, The Journal of reproduction and development, 50, 2, 171, 178,   2004年04月, 査読有り
  • シベリア永久凍土から出土した古生物皮膚組織からの DNA 断片の回収, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 米田穣 柴田康行, Theriogenology, 55, 1, 388,   2001年01月
    概要:シベリア永久凍土層から出土した古生物皮膚組織からの DNA の抽出と解析を行った。 ミトコンドリア DNA 中に存在するチトクローム b 遺伝子の、 1005 塩基対の塩基配列の決定に成功した。
  • Development of the cynomologus monkey oocytes following intracytoplasmic sperm injection, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 松本 和也, 入谷 明, 他4人, Theriogenology, 55, 1, 503,   2001年
    概要:カニクイザルにおける顕微授精 胚培養システムの確立を報告した。
  • Molecular cloning and characterization of a novel gene specifically expressed in gonad, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他3名, J. Mamm. Ova Res., 19, 3, 89, 95,   2002年10月
    概要:精巣・卵巣で特異的に発現する新規遺伝子GSE(gonad?specific expression gene)を単離し、発現解析を行った。ノーザンプロット解析より、生殖腺以外の体細胞系列組織では発現していないこと示された。精巣ではパキテン期の精母細胞が出現する生後14日目からGSEは発現し始め、一方卵巣では減数分裂に既に入っている卵母細胞が存在する分娩時からGSEは発現してることが認められた。以上より、GSEは生殖細胞の減数分裂に何らかの役割を果たしていることが示唆された。
  • Fertilization by Intracytplasmic Sperm Injection and Subsequent Embryo Development In Vitro Blastocysts In Japanese Monkey(Macaca fuscata), 細井 美彦, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 他2名, Journal of Mammalian Ova Research, 20, 1, 34, 40,   2003年01月
    概要:ニホンザル過剰排卵システムの確立と顕微授精による体外受精、受精後の胚発生について検討し、報告した。
  • Correlation between follicle size and quality of oocytes from the superovulated cynomolgus monkey, 竹之下誠, 細井 美彦, 藤波菜穂子, 矢持隆之, 国枝孝典, 安斎政幸, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 太田 聖, Reproduction, Fertility and Development, 16, 1, 289,   2004年01月
    概要:過剰排卵処理と卵胞発育の関連を検討した。過剰排卵処理後、超音波で卵胞の発育を追跡した後に、排卵処理し、得られた卵子を顕微授精し、体外での発生を検討した。その結果、初期に発育してくる卵胞より得られた卵子の発生率がよい事が判明した。
  • ウシ精子の生死が顕微授精胚のMPF活性に及ぼす影響, 藤波菜穂子, 細井 美彦, 安斎政幸, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 9, 15, 20,   2004年02月
    概要:生存精子あるいは死滅精子を用いて顕微授精を行い、その後の卵子内のMPF活性を検討した。顕微授精に用いる精子の生存性により、顕微授精後のMPF活性は動態は変化し、その後の胚発生に影響を与えることが示唆された。
  • ゴールデンハムスター顕微授精胚発育に及ぼす遮光および抗酸化剤の影響, 川澄みゆり, 細井 美彦, 安斎政幸, 松本 和也, 佐伯 和弘, 天野 朋子, 近畿大学先端技術総合研究所, 9, 21, 25,   2004年02月
    概要:ハムスターの顕微授精における遮光と抗酸化剤の影響を検討した。その結果、ゴールデンハムスター顕微授精胚は、酸化刺激を取り除くことで胚発育率を改善するとができるので、酸化刺激が胚発生を阻害していると示唆された。
  • Functional expression of a Δ12 fatty acid desaturase gene from spinach in transgenic pigs., 佐伯 和弘, 松本 和也, 細井 美彦, 田口 善智, 入谷 明, 帯広畜産大学, 基礎生物学研究所, 基礎生物学研究所, 日本大学生物資源科学部, 基礎生物学研究所, YSニューテクノロジー研究所, YSニューテクノロジー研究所, 基礎生物学研究所, Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 101, 6361, 6366,   2004年04月
    概要:ホウレンソウよりdelta12脂肪酸不飽和化酵素遺伝子を単離し、ブタに導入した。その結果、ブタの脂肪中のリノール酸組成比が上昇し、初めて、植物の遺伝子が哺乳動物内で機能的に発現することを示した。
  • ウシ卵子成熟用培地への不飽和脂肪酸の添加が体細胞核移植における細胞融合に及ぼす影響, 佐伯 和弘, 松葉純子, 谷口俊仁, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 近大先技総研紀要, 9, 9, 14,   2004年
    概要:1および2価不飽和脂肪酸であるオレイン酸およびリノール酸をウシ卵子成熟培地に添加し、その後得られた除核卵子により体細胞を融合したところ、リノール酸添加培地で卵子を成熟させるとその後の融合率が向上することが示された。
  • ジメチルスルフォオキシド添加がマウス体細胞核移植胚発生に及ぼす影響, 国枝孝典, 細井 美彦, 川澄みゆり, 安斎政幸, 加藤博己, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 10, 53, 56,   2005年03月
    概要:卵丘細胞を用いたマウス核移植で、DMSO添加による発生率の変化を検討した。実験結果から、核移植胚の培養液へのDMSO添加は、断片化を抑制することが明らかとなった。その結果、胚培養に供試できる胚が増えて、全体の胚の発生率は向上することが示された。
  • マウス核移植胚の産子への発生能の検討, 川澄みゆり, 細井 美彦, 国枝孝典, 安斎政幸, 加藤博己, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 10, 57, 61,   2005年03月
    概要: 体細胞核の顕微注入法による核移植を行いクローンマウスの作出を試みた。その結果、マウス卵丘細胞を用いた核移植胚由来産子の獲得と着床後の胎盤の肥大化を確認した。
  • マウス胚・配偶子の凍結保存技術, 安齋 政幸, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 松本 和也, 入谷 明, 日本胚移植学雑誌 Japanese Journal of embryo Transfer, 27, 3, 123, 131,   2005年09月
  • マウス初期胚のゲノムDNAにおけるbisulfite-sequencing法を用いた5-メチル化シトシンの検出, 松本 和也, 加藤 博己, 安齋 政幸, 三谷 匡, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 天野 朋子, 海野佑一, 川澄みゆり, J.Mamm.Ova.Res. J.Mamm.Ova.Res., 22, 4, 241, 245,   2005年10月
  • JAX│MICE C57BL/6Jマウスを用いた体外受精および初期胚ガラス化保存の基礎検討, 安齋 政幸, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 松本 和也, 入谷 明, 糟谷佳恵, 実験動物技術, 40, 2, 87, 90,   2005年12月
  • Role of cumulus cells during maturation of porcine oocytes in the rise in intracellular Ca2+ induced by inositol 1,4,5-trisphosphate (in press), 天野 朋子, 入谷 明, 松本 和也, Tomomasa Watanabe Tadashi Mori, Theriogenology,   2005年
    概要:To obtain more information on the role of cumulus cells in cytoplasmic maturation of porcine oocytes, we investigated the [Ca2+]i rise as well as the activation and developmental ability of oocytes after IP3 injection by using cumulus-denuded oocytes (DOs) and also co-culture oocytes (Co-culture) to which cumulus cells had been reattached.
  • 牛体細胞核移植胚の培養液の検討., 佐伯 和弘, 藤原裕輔, 谷口俊仁, 細井 美彦, 松本 和也, 三谷 匡, 加藤 博己, 笠松 礼, 印藤頼子, 川澄みゆり, 入谷 明, 近大先技総研紀要, 10, 63, 68,   2005年
    概要:ウシ体細胞による再構築胚の培養液および培養方法について検討した。
  • マウスautoimmune regulator (aire) タンパク質の局在に関する組織学的解析, 三谷 匡, 増田淳大, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 11, 15, 21,   2006年03月
    概要:多腺性自己免疫性内分泌不全症Ⅰ型(APECED)の原因遺伝子であるaireノックアウトマウスの解析において、卵胞が欠損することが報告されているが、aireの発現は微量であり、免疫組織以外での詳細な解析はなされていない。そこで本研究では、マウス新生仔ならびに成体生殖巣、さらには胚性幹細胞におけるaireタンパク質の組織学的解析を行った。
  • マウス実験的停留睾丸および幼若精巣から磁気細胞分離法により濃縮したCD9ならびにα6インテグリン発現細胞の体外培養, 三谷 匡, 尾崎嘉昭, 田中裕介, 竹内礼子, 佐伯 和弘, 加藤 博己, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 11, 23, 34,   2006年03月
    概要:近年、マウスにおいて精子幹細胞(GS細胞)の樹立が報告されている。本研究では、実験的停留睾丸および幼若精巣から磁気細胞分離法によりCD9ならびにα6インテグリン発現細胞を濃縮し、体外培養を行った。フローサイトメトリーや免疫蛍光抗体染色による組織化学的解析から、コロニー形成とOct4の発現を認め、現在培養条件の至適化と長期培養を進めている。
  • Expression analysis of circadian genes in oocytes and preimplantation embryos of cattle and rabbits., 天野 朋子, 岸 昌男, 安齋 政幸, 加藤 博巳, 三谷 匡, 岸上 哲士, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 松本 和也, Animal reproduction science, 121, 3-4, 225, 235,   2010年09月, 査読有り
  • マウス体細胞、配偶子、野生型および雄性発生胚由来ES細胞におけるH19遺伝子5'上流のメチル化の状態, 加藤 博己, 三谷 匡, 安齋 政幸, 村上秀樹, 川澄みゆり, 國枝孝典, 奥野学, 岸本学, 相馬学, 岩井大悟, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 11, 41, 49,   2006年03月
    概要:本研究では、父親由来のゲノム刷り込みの個体発生に対する影響を検討する第一段階として、マウス雄性体細胞、精子、卵子、野生型および雄性発生胚由来ES細胞におけるH19遺伝子の5'上流に存在するDMRにおけるCpGのメチル化の状態を検討した。
  • Expression and subcellular localization of GSE protein in germ cells and preimplantaion, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 水野里志, 松岡俊樹, 福田愛作, 森本義晴, J. Reprod. Dev., 52, 3, 429, 438,   2006年06月
  • 豚の核移植胚の発生に必要な卵子由来因子の同定, Miyamoto K, 永井 宏平, 松本 和也, 池上春香, Kitamura N Nishikawa T Binh NT Tsukamoto S Matsumoto M Tsukiyama T Minami N Yamada M Ariga H Miyake M Kawarasaki T Imai H, Proc Natl Acad Sci U S A. 2011 Apr 26;108(17):7040-5. doi, 108, 17, 7040, 7045,   2011年04月, 査読有り
  • マウス体細胞核移植胚における転写因子Cdx2ならびにOct3/4の発現解析, 三谷 匡, 西脇恵, 安齋 政幸, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 12, 33, 42,   2007年03月
    概要:体細胞核移植胚の発生能力について、着床、胎盤形成の基点となる栄養外胚葉で発現するCdx2に着目し、Cdx2とその制御関係にあるOct3/4について、マウス体細胞核移植胚と顕微授精胚とで発現を比較検討した。その結果、Cdx2の発現パターンや発現量において両者で差がみられることが示され、体細胞核移植胚の着床の成立と維持に障害をもたらしている可能性が示唆された。
  • ウシ精子頭部DNAの全体的なメチル化状態の検討方法の開発, 加藤 博己, 三谷 匡, 岸本学, 甲田俊夫, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 12, 43, 50,   2007年03月
    概要:CpG配列に蹴るシトシン残基のメチル化は、ゲノムにおける主要なエピジェネティックな修飾であり、遺伝子発現の制御に重要な役割を果たしている。本研究では、ウシ精子における全体的なDNAメチル化の状態を解析する簡便な方法を確立するために、メチル化シトシンを免疫蛍光抗体染色する方法をウシ精子DNAに用いる方法の開発を試みた。
  • 初期胚におけるヒストンH3.3を介した遺伝子発現開始の制御機構, 松本 和也, 野老美紀子, 申承旭, 佐藤学, 松岡俊樹, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 12, 1, 9,   2007年03月
  • マウスIAP様ウシレトロトランスポゾンLTR配列の転写プロモーター活性, 加藤 博己, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 近畿大学生物理工学部 遺伝子工学科, 近畿大学大学院 生物理工学研究科 生物工学専攻, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 13, 61, 70,   2008年03月
  • Expression and functional analyses of circadian genes in mouse oocytes and preimplantation embryos: Cry1 is involved in the meiosis process independent of circadian clock regulation., 天野 朋子, 安齋 政幸, 三谷 匡, 加藤 博巳, 岸上 哲士, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 松本 和也, 独立行政法人産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 , 独立行政法人産業技術総合研究所 生物機能工学研究部門, Biology of Reproduction, 76, 342, 350,   2009年
  • 耐凍剤を用いずに凍結されたマウス骨髄組織に由来する細胞を用いた核移植に関する研究, 加藤 博己, 安齋 政幸, 三谷 匡, 鈴木 淳夫, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 近畿大学大学院 生物理工学研究科 生物工学専攻, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 15, 9, 16,   2010年03月
  • 哺乳類の雌における生殖生理の周期性に対する概日時計の関与, 天野 朋子, 入谷 明, 松本 和也, 日本時間生物学会誌, 16, 31, 41,   2010年

書籍等出版物

  • 胚発生プログラムの遺伝的制御, 松本和也、細井美彦, 共著, 卵子学 (森 崇英 総編集), 京都大学学術出版会,   2011年
  • レポーター遺伝子を用いた初期胚における遺伝子発現の解析(共著), 生殖工学のための講座 卵子研究法,   2001年

講演・口頭発表等

  • ANTISENSE INHIBITION OF LUCIFERASE EXPRESSION IN TRANSGENIC MOUSE PREIMPLANTATION EMBRYOS: A COMPARISON OF RNA AND OLIGODEOXYNUCLEOTIDES, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他2名, The 27th Annual Conference International Embryo Transfer Society (オマハ),   2001年01月, The 27th Annual Conference International Embryo Transfer Society (オマハ)
    概要:初期胚における遺伝子発現制御の方法に関する研究について報告した。
  • Onset of gene expression in bovine embryos reconstructed with fibroblasts following reporter gene microinjection, 佐伯 和弘, 保坂卓, 前田守彦, 南本宏明, 岡本 知可子, 松葉純子, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 2001 Annual Conference on Int'l Embryo Transfer Soc (Omaha, NE, USA),   2001年01月, 2001 Annual Conference on Int'l Embryo Transfer Soc (Omaha, NE, USA)
    概要:体細胞クローン胚の遺伝子発現時期は他受精により得られた胚より早いことを報告した。
  • シベリア永久凍土で回収された古代生物の皮膚からの DNA の抽出と解析■, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 米田穣 柴田康行, 近畿大学先端技術■合研究所公開シンポジウム (海南),   2001年05月, 近畿大学先端技術■合研究所公開シンポジウム (海南)
    概要:シベリア永久凍土層から出土した古生物皮膚組織から、 ミトコンドリア DNA 中に存在するチトクローム b 遺伝子の、 1127 塩基対の塩基配列の決定に成功し、 比較の結果、 この古生物皮膚組織は現生のスマトラサイに最も近い動物であることが判明した。
  • 抗ブタ・インヒビン抗血清によるハムスター卵胞発育能力の検討, 細井 美彦, 高橋護, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 他3名, 第 19 回日本受精着床学会 (横浜),   2001年07月, 第 19 回日本受精着床学会 (横浜)
    概要:ブタインヒビンα鎖に対する抗血清を作製し、 ハムスターに投与して胞状卵胞を誘導することを試みた。
  • ウシ卵子細胞質へ異種体細胞を核移植した再構築胚の初期発生, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他5名, 第 20 回北海道牛受精卵移植研究会および第 12 回西日本胚移植研究会合同研究発表会 (札幌),   2001年07月, 第 20 回北海道牛受精卵移植研究会および第 12 回西日本胚移植研究会合同研究発表会 (札幌)
    概要:核移植後の体細胞核と卵子細胞質の相互作用を調べるために、 ウシ以外にマウス、 さらには哺乳動物とは発生様式の異なる鳥類であるウズラの繊維芽細胞をドナー核として用い、 再構築胚の初期発生について検討した。 融合後の核再形成は融合後 16 時間でいずれの動物の細胞の再構築胚でも核が観察できた。 8 16 細胞期胚の割合は、 マウスではウシより 12 時間速く、 ウズラでは 24 時間遅かった。
  • マウス初期胚における IRES バイシストロン性発現ベクターの有効性の検討, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他3名, 第 19 回日本受精着床学会 (横浜),   2001年07月, 第 19 回日本受精着床学会 (横浜)
    概要:1 種類の mRNA から 2 つのオープンリーディングフレームを翻訳することができる (バイシストロン性) 内部リボソーム導入部位 (IRES) を持つ発現ベクターが培養細胞系で使われている。 本実験では、 IRES バイシストロン性発現ベクターが、 初期胚おける有効性について初めて報告した。
  • ウシ顕微授精胚の発生に及ぼす活性化の影響, 細井 美彦, 藤浪 菜穂子, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 第 8 回日本胚移植研究会 (山形),   2001年08月, 第 8 回日本胚移植研究会 (山形)
    概要:ウシ顕微授精を行った後の卵子内 MPF 活性を測定し、 顕微授精後の胚発生と MPF 活性の関係について検討した。
  • Ca イオノフォア反復処理による活性化が体細胞核移植胚の初期発生におよぼす影響, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他5名, 第 8 回日本胚移植研究会大会 (山形),   2001年08月, 第 8 回日本胚移植研究会大会 (山形)
    概要:体細胞核移植では、 卵子細胞質へ体細胞核を移植した後に人為的に活性化することで胚が産子にまで発生することが知られている。 この活性化には Ca イオノフォアがよく利用されているが、 1 回の Ca イオノフォア処理では胚のその後の発生率は大きく向上しない。 そこで、 本実験では、 作製した再構築胚に連続して複数回 Ca イオノフォア処理し、 その後の桑実胚~胚盤胞への発生率を調べるとともに、 胚内の MPF 活性を調べることで、 核移植胚の効率的な活性化処理方法について検討した。
  • ウシ卵子細胞質と異種体細胞による再構築胚の初期発生と遺伝子発現開始時期の検討, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他4名, 第 94 回日本繁殖生物学会大会 (東京),   2001年09月, 第 94 回日本繁殖生物学会大会 (東京)
    概要:本実験では、 核移植における体細胞核と卵子細胞質の相互作用を調べるためにウシ、 マウスおよびウズラの繊維芽細胞を用いた再構築胚を作製し、 それら胚を体外培養して初期発生を調べるとともに、 それぞれの再構築肺にリポーター遺伝子を注入して遺伝子発現時期を調べた。
  • ウシ培養細胞におけるルシフェラーゼ遺伝子の発光検出による遺伝子発現, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他4名, 第 51 回関西畜産学会大会 (和歌山),   2001年09月, 第 51 回関西畜産学会大会 (和歌山)
    概要:本報告では、 体細胞クローン胚に広く用いられている繊維芽細胞と卵丘細胞を異なる状態において、 DNA インジェクション法を用いてβ act/luc+の発現検出時期の検討を試みた。
  • マウス初期胚の遺伝子発現解析におけるバイシストロン性 IRES 発現ベクターの有用性の検討, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他4名, 第 94 回日本繁殖生物学会 (東京),   2001年09月, 第 94 回日本繁殖生物学会 (東京)
    概要:マウス初期胚の発生制御における分子機構の解析において、 標的遺伝子の gain-of-function あるいは loss-of function によって出現する生理学的影響を探ることは重要な方法である。 本実験では、 初期胚における遺伝子発現解析の実験系を確立することを目的に、 一種類の mRNA から 2 つの ORF を翻訳することができるバイシストロン性 IRES 発現ベクターが初期胚での遺伝子機能解析における有効性について検討した。
  • 胚性遺伝子である新規 zga1 遺伝子のタンパク質検出とトランスジェニックマウスの作製, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他4名, 第 94 回日本繁殖生物学会 (東京),   2001年09月, 第 94 回日本繁殖生物学会 (東京)
    概要:マウス初期胚の発生制御の分子機構を解明することを目的に、 未受精卵と 1 細胞期 G2 期の体外受精卵を供試材料とした蛍光 Differential Displya (Fluoro DD) 法による大量スクリーニングにより数十の遺伝子群の同定を終了し、 その機能解析を進めている。 本実験では、 そのうち新規に単離された遺伝子 zga1 について、 その抗体作成及びトランスジェニックマウス作製を行った。
  • 異種体細胞による再構築胚の初期発生とレポーター遺伝子の発現開始時期, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他5名, 第 24 回日本分子生物学会年会 (横浜),   2001年12月, 第 24 回日本分子生物学会年会 (横浜)
    概要:核移植における体細胞核と卵子細胞質の相互作用を調べるためにウシ、 マウスおよびウズラの繊維芽細胞をウシ除核卵子に電気融合した再構築胚を作製し、 それら胚を体外培養して初期発生を調べるとともに、 それぞれの再構築胚にリポーター遺伝子を注入して遺伝子発現時期を調べた。
  • Application of an internal ribosomal entry sequence (IRES) bicistronic construct to investigate gene function in early mouse development, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他3名, 第 24 回日本分子生物学会年会 (横浜),   2001年12月, 第 24 回日本分子生物学会年会 (横浜)
    概要:マウス初期胚での遺伝子発現解析の実験系におけるバイシストロン性 IRES 発現ベクターの有用性について事例を示しながら報告した。
  • Early development and gene expression of reconstructed embryos following fusion of bovine enucleated oocytes with somatic cells from different species, 佐伯 和弘, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 他6名, 2002 Annual Conference of Intl Embryo Transfer Soc (ブラジル),   2002年01月, 2002 Annual Conference of Intl Embryo Transfer Soc (ブラジル)
    概要:ルシファラーゼ遺伝子を顕微注入した、 ウシ体細胞クローン胚初期発生における遺伝子発現を、 発光検出により検討した。
  • REPRESSION OF GENE EXPRESSION AND PRODUCTIVE TRANSLATION AT THE BEGINNING OF MOUSE DEVELOPMENT, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他2名, The 27th Annual Conference International Embryo Transfer Society (ブラジル),   2002年01月, The 27th Annual Conference International Embryo Transfer Society (ブラジル)
    概要:マウス授精直後卵子に存在する転写抑制時期について検討した。
  • 顕微注入によるウサギ体細胞核移植の試み, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 松本 和也, 入谷 明, 他2名, 日本畜産学会第 100 回大会 (武蔵野),   2002年04月, 日本畜産学会第 100 回大会 (武蔵野)
    概要:マウス・クローンの作出に有効であった核の顕微注入法によってウサギ・クローンの作出を試みた。 二例の胎仔を得たが、 産子を得ることはできなかった。
  • ルシフェラーゼmRNAを注入したウシ卵子および初期胚における発光検出による翻訳活性の検討, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他2名, 第9回日本胚移植研究会大会(金沢),   2002年08月, 第9回日本胚移植研究会大会(金沢)
    概要:成熟過程及び成熟卵子また受精直後から前核期における卵子あるいは胚での翻訳活性の有無をルシフェラーゼmRNAを注入して生物発光を調べることで検討した。
  • ウシ線維芽細胞胞への遺伝子導入とクローン胚での遺伝子発現, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他4名, 第9回日本胚移植研究会大会(金沢),   2002年08月, 第9回日本胚移植研究会大会(金沢)
    概要:初代培養のウシ線維芽細胞への遺伝子導入方法の詳細な検討と遺伝子導入細胞を用いた再構築胚の作製を報告した。
  • 外来遺伝子を導入したウシ線維芽細胞によるクローン胚の作出, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他5名, 第95回日本繁殖生物学会大会(盛岡),   2002年09月, 第95回日本繁殖生物学会大会(盛岡)
    概要:初代培養のウシ線維芽細胞にマーカー遺伝子を安定的に導入し、その遺伝子導入細胞による再構築胚の作製と、胚発生を詳細に検討した。
  • マウス初期胚におけるDD解析により新規に単離されたzag1遺伝子の抗体を用いた発現解析, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他3名, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡),   2002年09月, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡)
    概要:新規に単離されたzag1遺伝子について、推定アミノ酸配列をもとにしたペプチド抗体を作成し、その抗体を用いて発現解析を行った。
  • 脂肪酸不飽和化酵素遺伝子を構成的に発現させたトランスジェニックマウスの生理学的解析, 松本 和也, 田口 善智, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他6名, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡),   2002年09月, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡)
    概要:本実験では、第91回本大会ですでに報告したfad2遺伝子を構成的に発現させたトランスジェニックマウス(B系統)について、より詳細な表現型を明らかにすることを目的に生理学的検討を加えたので報告した。
  • マウス1細胞期胚における導入外来性遺伝子の転写と翻訳の開始時期の検討, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他5名, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡),   2002年09月, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡)
    概要:本実験では、マウス1細胞期胚におけるより詳細な遺伝子発現時期を検討することを目的に、レポーター遺伝子として改良型ホタルルシフェラーゼ遺伝子luc+を前核に顕微注入した胚及びluc+mRNAを細胞質に注入した胚において遺伝子の転写及び翻訳時期を調べた。
  • 植物由来不飽和化酵素遺伝子を構成的に発現させたトランスジェニックマウスにおけるUCP遺伝子発現解析, 松本 和也, 田口 善智, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他6名, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡),   2002年09月, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡)
    概要:本実験では、エネルギー代謝に着目してTgマウスにおける不飽和化酵素遺伝子の機能的発現による影響についてより詳細な分子的機構を明らかにすること目的に、エネルギー代謝に関係するタンパク質uncoupling protein(脱共役タンパク質、UCP)の発現量をNorthern blot及びWestern blot法により検討した。
  • 脂肪組織特異的にホウレンソウ由来ω6脂肪酸不飽和化酵素(FAD2)を発現させたトランスジェニックマウスの解析, 松本 和也, 田口 善智, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他5名, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡),   2002年09月, 第95回日本繁殖生物学会(盛岡)
    概要:第93回本大会でオレイン酸をリノール酸に不飽和化するホウレンソウ由来ω6(Δ12)脂肪酸不飽和化酵素fad2 cDNAの上流に脂肪組織特異的プロモーターaP2遺伝子の転写調節領域をつなげた融合遺伝子を導入したトランスジェニックマウス(A系統)の作製について報告した。本実験では、脂肪組織でリノール酸合成能を獲得したトランスジェニックマウスに関して生理学的解析を行った。
  • ウサギ2次卵胞のSCIDマウス腎臓被膜下への移植とその発育性に関する研究, 細井 美彦, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 他3名, 第20回日本受精着床学会学術講演会(岐阜),   2002年10月, 第20回日本受精着床学会学術講演会(岐阜)
    概要:ウサギ卵巣より切出した2次卵胞を免疫不全マウスの腎臓被膜下へ移植し、その発育性を検討した。卵胞は発育したが、卵子の機能は不完全であった。
  • サル未成熟卵子への成熟卵子細胞質注入による体外成熟誘起の検討, 細井 美彦, 加藤 博己, 佐伯 和弘, 松本 和也, 竹之下誠, 入谷 明, 他3名, 第20回日本受精着床学会学術講演会(岐阜),   2002年10月, 第20回日本受精着床学会学術講演会(岐阜)
    概要:卵丘細胞を除去したカニクイザル未成熟卵子へ異種(マウス)ならびに同種の成熟卵子細胞質を注入し、体外成熟を誘導した。これらの卵子は、受精・卵割は正常に起こしたが、それ以降の発生は認められなかった。
  • Cryotopによるウサギ未受精卵の凍結保存とその後の受精能力の検討, 細井 美彦, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 加藤 博己, 第20回日本受精着床学会学術講演会(岐阜),   2002年10月, 第20回日本受精着床学会学術講演会(岐阜)
    概要:凍結保存の困難な未受精卵を微量メディムとともにガラス化して効率よく保存する方法を検討した。
  • ハムスター顕微授精胚への抗酸化剤の効果, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 松本 和也, 入谷 明, 他1名, 第123回日本不妊学会関西支部集談会(神戸),   2002年11月, 第123回日本不妊学会関西支部集談会(神戸)
    概要:ハムスターの顕微授精胚に及ぼす抗酸化剤の影響を調べた結果、わずかながらも分割率を改善することが示唆された。
  • 子ウシ線維芽細胞への遺伝子導入とクローン胚の作出, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他6名, 第25回日本分子生物学会年会(横浜),   2002年12月, 第25回日本分子生物学会年会(横浜)
    概要:初代培養のウシ線維芽細胞にマーカー遺伝子を安定的に導入し、その遺伝子導入細胞による再構築胚の作製と導入遺伝子の発現を詳細に検討した。
  • マウス1細胞期胚における導入外来性遺伝子の転写と翻訳の開始時期の検討, 松本 和也, 三谷 匡, 安齋 政幸, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他3名, 第25回日本分子生物学会年会(横浜),   2002年12月, 第25回日本分子生物学会年会(横浜)
    概要:本実験では、マウス1細胞期胚におけるより詳細な遺伝子発現時期を検討することを目的に、レポーター遺伝子として改良型ホタルルシフェラーゼ遺伝子luc+を前核に顕微注入した胚及びluc+mRNAを細胞質に注入した胚において遺伝子の転写及び翻訳時期を調べた。
  • Two?Hybrid Systemを用いたZAG1と相互作用する遺伝子の探索, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他3名, 第25回日本分子生物学会年会(横浜),   2002年12月, 第25回日本分子生物学会年会(横浜)
    概要:本実験では、zag1の機能解析を行うと共に、マウス初期胚の発生制御の分子機構を解明することを目的として、ZAG1と相互作用するタンパク質の遺伝子をTwo?Hybrid Systemにより探索した。
  • Development of rabbit preantral follicles isolated from ovaries of sexually matured doe in the scid mice, 細井 美彦, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 他3名, The 29th Annual Conference International Embryo Transfer Society(New Zealand),   2003年01月, The 29th Annual Conference International Embryo Transfer Society(New Zealand)
    概要:ウサギ卵巣から切除された卵胞を免疫不全マウスへ移植し、その発育機序について検討した。卵胞の発育と卵胞のホルモン産成等の機能的な発達と一部ではあるが、卵子の体外成熟が確認された。
  • Atomic force microscopy of bovine acrosome.intact and reacted spermatozoa; their fine structure and numerical analysis, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他2名, 2003 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc(New Zealand),   2003年01月, 2003 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc(New Zealand)
    概要:原子間力顕微鏡(AFM)により、先体反応前後のウシ精子頭部の微細構造を観察し、AFMによる3次元解析により先体部分の容積が計測できることを報告した。
  • Molecular cloning and characterization of a novel gene specifically expressed in gonad, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他3名, The 29th Annual Conference International Embryo Transfer Society(New Zealand),   2003年01月, The 29th Annual Conference International Embryo Transfer Society(New Zealand)
    概要:精巣・卵巣で特異的に発現する新規遺伝子GSE(gonad.specific expression gene)を単離とその発現解析について検討した。
  • トランスジェニックラットモデルにおける皮質骨の生体力学的特性評価, 山本 衛, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 日本機械学会第15回バイオエンジニアリング講演会(大阪),   2003年01月, 日本機械学会第15回バイオエンジニアリング講演会(大阪)
    概要:遺伝子改変が骨の生体力学的特性に及ぼす影響について検討した。
  • ルシフェラーゼ遺伝子を導入したウシ繊維芽細胞によるクローン胚の遺伝子発現時期の検討, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 他2名, 日本畜産学会第101回大会(つくば),   2003年03月, 日本畜産学会第101回大会(つくば)
    概要:ルシフェラーゼ遺伝子を導入したウシ繊維芽細胞を用いて、クローン胚を作製し、初期発生過程におけるルシフェラーゼ遺伝子発現を検討した。
  • トランスジェニックラット大腿骨の微小硬さと物理的特性との関係, 山本 衛, 佐藤隆哉, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 日本機械学会関西学生会平成14年度卒業研究発表講演会(大阪),   2003年03月, 日本機械学会関西学生会平成14年度卒業研究発表講演会(大阪)
    概要:遺伝子改変が骨の微視的な力学的特性に及ぼす影響を明らかにするとともに、微視的特性と巨視的な骨の物理的性質との関係について検討した。
  • Biomechanical properties of cortical bone in rats whose growth hormone gene expression was suppressed by antisense RNA transgene, 山本 衛, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, アメリカ機械学会2003 Summer Bioengineering Conference(米国),   2003年06月, アメリカ機械学会2003 Summer Bioengineering Conference(米国)
    概要:成長ホルモンのアンチセンス遺伝子を導入し、成長ホルモンの分泌を抑制させたトランスジェニックラットの皮質骨の力学的特性を測定した。
  • ウシ体細胞クローン胚のゲノムDNA におけるCpG メチル, 松本 和也, 栗原隆, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 他1名, 第26 回日本分子生物学会年会(神戸),   2003年12月, 第26 回日本分子生物学会年会(神戸)
    概要:ウシ・ゲノム中のCpG 配列のメチル化状態を指標としたウシ体細胞クローン胚の再プログラム化について検討した。
  • Effects of gene expression in bovine embryos reconstructed with fibroblasts transfected with luciferase gene on the subsequent development., 佐伯 和弘, 玉里友宏, 笠松礼, 白水宏一郎, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 和歌山県畜産試験場, 2004 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc,   2004年01月, 2004 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc
    概要:ルシフェラーゼ遺伝子を導入したウシ繊維芽細胞を用いて再構築胚を作成し、その後のルシフェラーゼ遺伝子発現と胚発生の関係について調べた。その結果、融合直後に発現が見られず、融合60時間後に初めて発現した胚のみが胚盤胞期に発生することがわかった。
  • 生殖系列キメラ作製のための二倍体雄性発生胚由来胚性幹細胞株の樹立, 加藤 博己, 村上秀樹, 川澄みゆり, 國枝孝典, 安齋 政幸, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, The 4th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility,   2004年03月, The 4th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility
    概要: 雄性のゲノムインプリンティングが個体発生の中でどのような役割をしているのかを検討するために、二倍体雄性発生胚由来の胚性幹細胞を樹立し、そのゲノムにおいてインプリンティングの状態が雄性のインプリンティングが維持されているのか否かを検討した。
  • Kinetics of destabilized luc+ gene expression in mouse preimplantaion embryos, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋政幸, 三谷 匡, 加藤 博己, The 4th Conference of The Pacific Rim Society for Fertility and Sterility,   2004年03月, The 4th Conference of The Pacific Rim Society for Fertility and Sterility
    概要:マウス初期胚において、半減期の短いdestabilized luciferase遺伝子の発現プロファイルを従来のluciferase遺伝子と比較検討した。
  • Effects of cell cycle control methods for donor somatic cells on gene expression and in vitro development of bovine reconsructed embryos., 佐伯 和弘, 笠松礼, 玉里友宏, 白水宏一郎, 三谷 匡, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 和歌山県畜産試験場, The 4th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility,   2004年03月, The 4th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility
    概要:ウシ再構築胚作成におけるルシフェラーゼ遺伝子を導入したドナー細胞を用いて、その細胞周期とその後の発生について検討した。その結果、初期G1期に調整した細胞は、遺伝子発現およびKi-67が血清飢餓細胞と同様抑制されているが、細胞周期に不可欠なPCNA活性が高ことが示された。
  • 体細胞クローン胚作製におけるドナー細胞としてのウシ前駆脂肪細胞の利用, 白水宏一朗, 佐伯 和弘, 玉里友宏, 笠松 礼, 寺井大輔, 松尾純一, 岩本太作, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 日本大学生物資源科学部, 和歌山県畜産試験場, 第11回日本胚移植研究会,   2004年08月, 第11回日本胚移植研究会
    概要:ウシ前駆脂肪細胞が体細胞クローン胚のドナー細胞として利用可能かどうか検討した。
  • Two-hybrid systemを用いた生殖腺特異的発現遺伝子gseと相互作用をするタンパク質の同定, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, IVF大阪クリニック, IVFなんばクリニック, 第22回日本受精着床学会,   2004年09月, 第22回日本受精着床学会
    概要:gse遺伝子がマウス生殖腺で果たす機能を明らかにすることを目的に、相互作用をする遺伝子を検索した。
  • マウス初期胚にて発現するnocturnin(DD40)と相互作用するタンパク質の探索, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 第11回日本胚移植研究会,   2004年09月, 第11回日本胚移植研究会
    概要:酵母Two-hybrid法によって、nocturnin遺伝子と相互作用をする遺伝子の探索を行なった。
  • Δ12脂肪酸不飽和化酵素遺伝子FAD2を発現するトランスジェニックマウス由来細胞における細胞膜流動性の検討, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 第11回日本胚移植研究会,   2004年09月, 第11回日本胚移植研究会
    概要:トランスジェニックマウス由来細胞の細胞膜流動性をDPHを用いた蛍光偏光光度計による蛍光強度から算出し比較した。
  • マウス尾部細胞及びES細胞におけるOct-4遺伝子転写調節領域のCpGメチル化状態の解析, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 第11回日本胚移植研究会,   2004年09月, 第11回日本胚移植研究会
    概要:oct-4遺伝子の転写調節領域のDNAメチル化状態をマウス尾部組織およびES細胞で、bisulfite-sequencing法によって比較検討した。
  • マウス初期胚における胚性遺伝子発現機構へのDNAメチル化およびヒストンアセチル化の関与, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋 政幸, 三谷 匡, 加藤 博己, 第97回日本繁殖生物学会,   2004年09月, 第97回日本繁殖生物学会
    概要:マウス体外受精卵に導入した発現ベクターの発現に対するエピジェネテック修飾の関与について検討した。
  • マウス初期胚で発現するrhophilin-2遺伝子と相互作用する因子の探索, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 第97回日本繁殖生物学会,   2004年09月, 第97回日本繁殖生物学会
    概要:マウス初期胚でその発現が変わる低分子量Gタンパク質伝達に関与するrhophilin-2に着目して、two-hybrid法によって相互作用する因子を探索した。
  • マウス初期胚における時計遺伝子群の発現解析, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 第97回日本繁殖生物学会,   2004年09月, 第97回日本繁殖生物学会
    概要:マウス初期胚における時間依存的細胞分裂制御の可能性について検討した。
  • 生殖腺特異的発現遺伝子gse遺伝子と相互作用をする候補タンパク質の同定, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, IVF大阪クリニック, IVFなんばクリニック, 第97回日本繁殖生物学会,   2004年09月, 第97回日本繁殖生物学会
    概要:マウス卵巣cDNAライブラリーから酵母Two-hybird法をもいた相互作用するタンパク質の探索をした。
  • 植物由来脂肪酸不飽和化酵素を発現させたトランスジェニックマウスにおける遺伝子挿入部位の解析, 松本 和也, 天野 朋子, 田口 善智, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 第97回日本繁殖生物学会,   2004年09月, 第97回日本繁殖生物学会
    概要:トランスジェニックマウスにおける導入遺伝子の染色体上挿入位置を、Inverse PCRを用いて同定した。
  • 初期G1期のウシ初代繊維芽細胞における遺伝子発現および核の活性状態と核移植後の発生の検討, 笠松礼, 佐伯 和弘, 玉里友宏, 三谷 匡, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 和歌山県畜産試験場, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 第97回日本繁殖生物学会大会,   2004年09月, 第97回日本繁殖生物学会大会
    概要:ウシ再構築胚作成におけるルシフェラーゼ遺伝子を導入したドナー細胞を用いて、その細胞周期とその後の発生について検討した。その結果、初期G1期に調整した細胞は、遺伝子発現およびKi-67が血清飢餓細胞と同様抑制されているが、細胞周期に不可欠なPCNA活性が高ことが示された。
  • Efficiency of adipocyte conversion of skeletal muscle satellite cells from Japanese Black and Holstein cattle., 辻野英和, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, The 3rd Int'l Symposium of the 21st Century COE of Kinki University,   2004年09月, The 3rd Int'l Symposium of the 21st Century COE of Kinki University
    概要:黒毛和種およびホルスタイン種から採取した筋衛星細胞の脂肪細胞への分化能をin vitroで検討した。
  • Functional Expression of ω3 Fatty Acid Desaturase Gene from Flax Seeds in Transformed Yeasts., 印藤頼子, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 基礎生物学研究所, 帯広畜産大学, 基礎生物学研究所, 基礎生物学研究所, The 3rd Int'l Symposium of the 21st Century COE of Kinki University,   2004年09月, The 3rd Int'l Symposium of the 21st Century COE of Kinki University
    概要:アマ由来omega3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子の機能を酵母で検討した。
  • Use of bovine preadipocytes as donor cells in somatic cell cloning, 白水宏一郎, 佐伯 和弘, 玉里友宏, 笠松礼, 寺井大輔, 松尾純一, 岩本太作, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 日本大学生物資源科学部, 和歌山県畜産試験場, The 3rd Int'l Symposium of the 21st Century COE of Kinki University,   2004年09月, The 3rd Int'l Symposium of the 21st Century COE of Kinki University
    概要:ウシ脂肪細胞から得た前駆脂肪細胞が体細胞クローン胚のドナー細胞として利用できることを示した。
  • Characterization of early G1 cells as nuclear donor for somatic cell cloning in cattle., 笠松礼, 佐伯 和弘, 玉里友宏, 白水宏一郎, 寺井大輔, 松尾純一, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 三谷 匡, 和歌山県畜産試験場, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 全農ETセンター, The 3rd Int'l Symposium of the 21st Century COE of Kinki University,   2004年09月, The 3rd Int'l Symposium of the 21st Century COE of Kinki University
    概要:体細胞クローン胚作成におけるドナー細胞の細胞周期を検討した。
  • ニュージーランド白色種家兎より得られた未成熟卵母細胞の体外培養法, 是兼真子, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 松本 和也, 入谷 明, 第22回日本受精着床学会学術講演会・第49回日本不妊学会総会学術講演会,   2004年09月, 第22回日本受精着床学会学術講演会・第49回日本不妊学会総会学術講演会
    概要:卵巣から得られた未成熟卵胞を体外培養し、減数分裂再開能力を獲得させることに成功した。ウサギ前胞状卵胞より得られた卵子卵丘細胞塊は、培養時に立体構造を維持することができるPVP添加培養によって、効率よく発育し、その中に存在するの卵子も高率に減数分裂再開能力を獲得する。
  • カニクイザルの反復過剰排卵法と回収卵子の発生能の検討, 藤浪菜穂子, 細井 美彦, 加藤博己, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 竹之下誠, 第22回日本受精着床学会学術講演会・第49回日本不妊学会学術講演会,   2004年09月, 第22回日本受精着床学会学術講演会・第49回日本不妊学会学術講演会
    概要:カニクイザルの胚生産供給システムの構築を目指し、過剰排卵法とその後の顕微授精胚の発生について検証した。その結果、カニクイザルの反復過剰排卵処理方法として、rhFSHは有効であると考えられた。
  • アマ由来ω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子のクローニングとその酵素活性の検討, 印藤頼子, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 帯広畜産大学, 基礎生物学研究所, 基礎生物学研究所, 基礎生物学研究所, 第17回植物脂質シンポジウム,   2004年11月, 第17回植物脂質シンポジウム
    概要:アマ幼若種子から既知の配列を元にω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子を単離し酵母へ導入しその酵素活性を検討したところFAD3遺伝子であることが確認できた。さらにこのFAD3遺伝子の哺乳動物細胞での機能を確認するためウシ繊維芽細胞に導入し全脂質の脂肪酸組成を解析したところ、n-3系脂肪酸の上昇が確認され、植物由来のω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子が動物細胞内で機能することが示された。
  • In vitro development of embryos reconstructed with monkey (Macaca Fascicularis) somatic cells and rabbit enucleated oocytes, 細井 美彦, 矢持隆之, 川田延幸, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 太田 聖 竹之下誠, 末森博文 中辻憲夫, The 17th Annual and International Meeting of the Japan Association for Animal Cell Technology 2004,   2004年11月, The 17th Annual and International Meeting of the Japan Association for Animal Cell Technology 2004
    概要:異種間核移植胚における体外初期発生の発生速度、栄養要求性を検討して報告した。実験結果から、初期発生は細胞質の影響は認められるものの、核の支配が優勢であることが示唆された。
  • Production of C57Bl/6 embryonic stem cell derived mice using methods of ICR tetraploid aggregation and 4-cell or blastocyst injection, 細井 美彦, 川田延幸, 矢持隆之, 安斎政幸, 三谷 匡, 佐伯 和弘, 松本 和也, 入谷 明, The 17th Annual and International Meeting of the Japan Association for Animal Cell Technology 2004,   2004年11月, The 17th Annual and International Meeting of the Japan Association for Animal Cell Technology 2004
    概要: C57Bl/6胚性幹細胞を樹立し、4倍体胚とのキメラを作製する。この方法により、TGやknock out に頻用されるC57Bl/6胚性幹細胞の寄与率の高い産子を得る方法を確立する。
  • Toxicological studies employing the ES cell lines derived from B57/6 mice, 笠井重行, 細井 美彦, 川田延幸, 三谷 匡, 佐伯 和弘, 松本 和也, 入谷 明, The 17th Annual and International Meeting of the Japan Association for Animal Cell Technology 2004,   2004年11月, The 17th Annual and International Meeting of the Japan Association for Animal Cell Technology 2004
    概要: B57/6系マウス由来の胚性幹細胞を用いて、ジメチルニトロソアミンが体外の分化能力に耐える影響を検討した。非常に高い濃度では、神経細胞への分化が抑制された。
  • アマ由来ω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子の酵素活性の検討, 印藤頼子, 佐伯 和弘, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 基礎生物学研究所, 基礎生物学研究所, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会年会
    概要:アマ幼若種子から既知の配列を元にω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子を単離し酵母へ導入しその酵素活性を検討したところFAD3遺伝子であることが確認できた。さらにこのFAD3遺伝子の哺乳動物細胞での機能を確認するためウシ繊維芽細胞に導入し全脂質の脂肪酸組成を解析したところ、n-3系脂肪酸の上昇が確認され、植物由来のω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子が動物細胞内で機能することが示された。
  • マウス初期胚における時計遺伝子群の発現解析, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 第27回日本分子生物学会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会
    概要:マウス初期胚に対する時計遺伝子群の関与について検討することを目的に、本研究では発現プロファイルについて調べた。
  • 植物由来Δ12脂肪酸不飽和化酵素遺伝子導入マウスにおける網羅的遺伝子発現解析, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 田口 善智, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 第27回日本分子生物学会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会
    概要:脂肪酸不飽和化酵素FAD2を過剰発現するトランスジェニックマウスの表現型に対する遺伝子相互作用の解明を目的として、マイクロアレイを用いた網羅的遺伝子発現解析を行なった。
  • マウス初期胚で発現するrhopilin-2遺伝子と相互作用する因子の探索, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 第27回日本分子生物学会,   2004年12月, 第27回日本分子生物学会
    概要:酵母two-hybrid systemにより、rhophilin-2と相互作用する因子を探索し、候補タンパク質については共免疫沈降法により相互作用の有無を確認し、同定した。
  • The effct of cumulus cells during maturation on the rise in the concentration of intracellular Ca2+([Ca2+]i) of porcine oocytes induced by inositol 1,4,5-trisphosphate, 天野 朋子, 入谷 明, 松本 和也, Tomomasa Watanabe Tadashi Mori, International Embryo Transfer Society,   2005年01月, International Embryo Transfer Society
    概要:Increasing of IP3 in the cytoplasm of mammalian oocytes is said to be responsible for [Ca2+]i oscillation observed in the oocytes immediately after sperm penetration, and the [Ca2+]i oscillation is known to be essential for the development of embryos. On the other hand, cumulus cells have been reported to play an important role in cytoplasmic maturation of oocytes and affecting the embryonic development. To obtain more information on the role of cumulus cells in cytoplasmic maturation, the effect of cumulus cells on the rise in [Ca2+]i and on the rate of activation of porcine mature oocytes induced by IP3 injection were investigated.
  • Relation of intensity of gene expression in bovine reconstructed embryos to subsequent development., 佐伯 和弘, 玉里友宏, 白水宏一郎, 谷口俊仁, 寺井大輔, 松尾純一, 笠松 礼, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 2005 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc,   2005年01月, 2005 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc
    概要:ウシ再構築胚の発育能と胚内での遺伝子発現との関係を調べるため、ルシフェラーゼ発現ベクターを安定的に導入したウシ繊維芽細胞を用いて再構築胚を作製し、胚内のluc発現とその後の発育能を検討した。
  • Characterization of bovine early G1 cells and in vitro development of embryos reconstructed with the cells., 笠松 礼, 佐伯 和弘, 玉里友宏, 白水宏一郎, 谷口俊仁, 三谷 匡, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 青柳敬人, 浦川真実, 出田篤司, 2005 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc,   2005年01月, 2005 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc
    概要:初期G1期細胞によるウシ再構築胚がなぜ高い発生率を示すのかを明らかにするため、初期G1期細胞および再構築胚の特徴について免疫組織化学的および分子生物学的手法を持ちいて検討した。
  • ルシフェラーゼ遺伝子を導入したウシ線維芽細胞を用いたクローン胚における遺伝子発現がその後の初期発生に及ぼす影響, 玉里友宏, 佐伯 和弘, 笠松礼, 白水宏一朗, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 和歌山県畜産試験場, 日本畜産学会第103回大会,   2005年03月, 日本畜産学会第103回大会
    概要:ルシフェラーゼ遺伝子を導入したウシ繊維芽細胞を用いて再構築胚を作成し、その後のルシフェラーゼ遺伝子発現と胚発生の関係について調べた。その結果、融合直後に発現が見られず、融合60時間後に初めて発現した胚のみが胚盤胞期に発生することがわかった。
  • 植物由来ω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子(FAD3)の動物細胞における酵素活性の解析., 白水宏一郎, 佐伯 和弘, 印藤頼子, 立溝篤宏, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 加野浩一郎, 木下幹朗, 日本畜産学会第104回大会,   2005年03月, 日本畜産学会第104回大会
    概要:アマ由来ω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子(FAD3)が動物細胞内で機能的に発現するかどうかを検討した。
  • アマ由来ω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子のクローニングとその酵素活性の検討., 印藤頼子, 佐伯 和弘, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 鈴木石根, 木下幹朗, 三上浩司, 村田紀夫, 日本畜産学会第104回大会,   2005年03月, 日本畜産学会第104回大会
    概要:アマ幼若種子からω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子のクローニングし、その酵素活性を酵母を用いて検討した。
  • ルシフェラーゼ遺伝子導入細胞によるウシ再構築胚での遺伝子発現とその後の初期発生との関係, 佐伯 和弘, 玉里友宏, 笠松礼, 白水宏一郎, 岩本太作, 細井 美彦, 松本 和也, 三谷 匡, 加藤 博己, 谷口俊仁, 入谷 明, 日本畜産学会第104回大会,   2005年03月, 日本畜産学会第104回大会
    概要:ウシ再構築胚の発育能と胚内での遺伝子発現との関係を調べるため、ルシフェラーゼ発現ベクターを安定的に導入したウシ繊維芽細胞を用いて再構築胚を作製し、胚内のluc発現とその後の発育能を検討した。
  • マウス羊膜上皮細胞における肝特異的遺伝子発現ならびに主要組織適合性抗原の免疫学的応答に関する細胞生物学的解析, 永井 匡, 三谷 匡, 鈴木 大介, 有喜多 康夫, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 日本発生生物学会 第38回大会,   2005年06月, 日本発生生物学会 第38回大会
    概要:羊膜は、胎子を包む膜として発生期にのみ存在する特殊な器官である。羊膜は生理学的に多様な機能を示し、また免疫学的に寛容な性質を有している。本研究では、マウス羊膜上皮細胞を用いて、肝細胞特異的遺伝子発現について検討し、さらにMHC分子の発現誘導に対する応答性について解析した。
  • ウシ体外受精胚盤胞期胚由来栄養膜細胞を用いた核移植, 佐伯 和弘, 亀山信二, 笠松 礼, 立溝篤宏, 岩本太作, 加藤 博己, 三谷 匡, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 岐阜県畜産研究所, 岐阜県畜産研究所, 岐阜県畜産研究所, 岐阜県畜産研究所, 第12回日本胚移植研究会大会,   2005年08月, 第12回日本胚移植研究会大会
  • マウス新生仔雄性生殖幹細胞の培養の試み, 三谷 匡, 田中裕介, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 第23回日本受精着床学会,   2005年08月, 第23回日本受精着床学会
  • マウスAIRE遺伝子の発現と局在に関する組織学的解析, 三谷 匡, 増田淳大, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 第23回日本受精着床学会,   2005年08月, 第23回日本受精着床学会
  • ウシ精子頭部DNAのメチル化状態の検討, 加藤 博己, 岸本学, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 第23回日本受精着床学会,   2005年08月, 第23回日本受精着床学会
  • ウシ卵巣の長時間保存が卵子の体外成熟および体外受精後の初期発生におよぼす影響, 佐伯 和弘, 谷口俊仁, 青葉倫明, 立溝篤宏, 岩本太作, 白水宏一郎, 玉里友宏, 笠松礼, 加藤 博己, 三谷 匡, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 第23回日本受精着床学会,   2005年08月, 第23回日本受精着床学会
  • gse遺伝子は減数分裂期の生殖細胞に強く発現する, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 水野里志, 松岡 俊樹, 福田愛作, 森本義晴, 第23回日本受精着床学会,   2005年08月, 第23回日本受精着床学会
  • マウス初期胚における胚性遺伝子発現の分子機構の検討, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 野老美紀子, 山本由美, 申承旭, 松岡俊樹, 第23回日本受精着床学会,   2005年08月, 第23回日本受精着床学会
  • ドナー細胞の細胞周期の違いがウシ再構築胚の遺伝子発現状態と初期発生に及ぼす影響, 佐伯 和弘, 笠松 礼, 岩本太作, 亀山信二, 玉里友宏, 立溝篤宏, 三谷 匡, 細井 美彦, 松本 和也, 谷口俊仁, 入谷 明, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 第98回日本繁殖生物学会大会,   2005年09月, 第98回日本繁殖生物学会大会
  • ルシフェラーゼ遺伝子導入細胞によるウシ再構築胚の割球での遺伝子発現とその後の初期発生との関係., 佐伯 和弘, 岩本太作, 笠松礼, 玉里友宏, 細井 美彦, 松本 和也, 三谷 匡, 加藤 博己, 入谷 明, 谷口俊仁, 日本畜産学会第105回大会,   2005年09月, 日本畜産学会第105回大会
  • LIMSを用いた生物資源の統合的なプロテオーム解析, 松本 和也, 森本 康一, 永井宏平 池上春香, 吉廣卓哉 中川優, 剣持聡久 上條憲一, 奥野充利, 日本畜産学会第105回大会,   2005年09月, 日本畜産学会第105回大会
  • 初期G1期細胞によるウシ再構築胚の遺伝子発現状態と初期発生との関係., 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 三谷 匡, 加藤 博己, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 日本畜産学会第106回大会,   2005年12月, 日本畜産学会第106回大会
  • G0期および初期G1期の異なる細胞周期のドナー細胞によるウシ再構築胚の遺伝子発現状態と初期発生との関係, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 三谷 匡, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会年会
  • マウス体細胞核移植胚におけるoct-4遺伝子転写調節領域のCpGメチル化, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 海野佑一, 川澄みゆり, 第28回日本分子生物学会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会
  • マウス初期胚特異的発現ベクターの開発, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 常本和伸, 第28回日本分子生物学会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会
  • マウス初期胚における胚性遺伝子発現開始の分子機構, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 野老美紀子, 山本由美, 第28回日本分子生物学会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会
  • マウス初期胚におけるrhophilin-2遺伝子の機能解析, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 松岡俊樹, 早雲真範, 園陽平, 第28回日本分子生物学会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会
  • ホウレンソウ由来Δ12脂肪酸不飽和化酵素遺伝子導入マウスにおけるプロテオーム解析, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 田口 善智, 安齋 政幸, 加藤 博己, 三谷 匡, 新海雄介, 鈴木石根 村田紀夫, 第28回日本分子生物学会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会
  • 飛騨牛白色脂肪組織のプロテオーム解析, 松本 和也, 入谷 明, 森本 康一, 申承旭, 池上春花 永井宏平 上中崇裕, 小林直彦 大谷健, 第28回日本分子生物学会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会
  • マウス卵巣におけるプロテオーム解析の確立, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 森本 康一, 上中崇裕 永井宏平 池上春香, 第28回日本分子生物学会,   2005年12月, 第28回日本分子生物学会
  • Relation of spatial gene expression patterns in bovine embryos reconstructed with somatic cells to blastocyst development., 佐伯 和弘, 三谷 匡, 加藤 博己, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 玉里友宏, 笠松 礼, 岩本太作, 立溝篤宏, (財)わかやま産業振興財団, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 2006 Annual Conference of Int'l Embryo Transfer Soc,   2006年01月, 2006 Annual Conference of Int'l Embryo Transfer Soc
  • In vitro culture of CD9-expressing cells enriched by magnetic cell sorting from testes of cryptorchid adult and pup in mice., 三谷 匡, 田中裕介, 尾崎嘉昭, 佐伯 和弘, 加藤 博己, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, The 32nd Annual Conference of the International Embryo Society,   2006年01月, The 32nd Annual Conference of the International Embryo Society
  • Expression of maternal gene promoter driven expression vectors in mouse oocytes and fertilized eggs., 松本 和也, 常本和伸, 早雲真範, 遠藤法真, 安齋 政幸, 天野 朋子, 三谷 匡, 加藤 博己, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 入谷 明, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress,   2006年06月, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress
  • Expression and function of rhopilin-2 gene in the mouse pre-implantaion embryo, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 松岡 俊樹, 野老美紀子, 20th IUBMB and 11th FAOBMB,   2006年06月, 20th IUBMB and 11th FAOBMB
  • マウス卵巣におけるプロテオーム解析に関する研究, 松本 和也, 森本 康一, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 上中崇裕,永井宏平,池上春香, 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第4回大会・第2回日本臨床プロテオーム研究会(JSCP)連合大会,   2006年07月, 日本ヒトプロテオーム機構(JHUPO)第4回大会・第2回日本臨床プロテオーム研究会(JSCP)連合大会
  • Bovine somatic cell nuclear transfer embryos: effects of the gene expression ability and DNA methylation on their development to the blastocyst stage., 笠松 礼, 佐伯 和弘, 岩本太作, 谷口俊仁, 三谷 匡, 加藤 博己, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 全農ETセンター, 39th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction,   2006年08月, 39th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction
  • 培養液へのトリコスタチンAの添加がウシ再構築胚の初期発生に及ぼす影響., 佐伯 和弘, 入谷 明, 岸上 哲士, 細井 美彦, 松本 和也, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 理化学研究所, 第13回日本胚移植研究会大会,   2006年08月, 第13回日本胚移植研究会大会
  • ウシ栄養膜細胞由来核移植胚作製のための体外受精胚のバイオプシー手法の検討, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 三谷 匡, 加藤 博己, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 第13回日本胚移植研究会大会,   2006年08月, 第13回日本胚移植研究会大会
  • Molecular Mechanism for the expression of plasmid-borne reporter gene in mouse pre-implantation embryos, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 野老美紀子, 山本 由美, 39thAnnual Meeting of the Society for the Study of Reproduction,   2006年08月, 39thAnnual Meeting of the Society for the Study of Reproduction
  • 初期胚におけるNocturninの機能解析, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 西川 慧, 第13回日本胚移植研究会大会,   2006年08月, 第13回日本胚移植研究会大会
  • マウス卵巣からのクロマチン解散型卵(NSN)の回収法及び培養法の検討, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 遠藤 法眞, 第13回日本胚移植研究会大会,   2006年08月, 第13回日本胚移植研究会大会
  • 脂肪酸組成改変クローンウシ作出のための基礎的検討:脂肪分化能によるドナー細胞の検討と遺伝子の導入., 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 松本 和也, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 第99回日本繁殖生物学会大会,   2006年09月, 第99回日本繁殖生物学会大会
  • マウス体細胞核移植胚における転写因子Cdx2の発現に関する免疫細胞化学的解析, 三谷 匡, 西脇恵, 安齋 政幸, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 第24回日本受精着床学会総会,   2006年09月, 第24回日本受精着床学会総会
  • 母性発現遺伝子(Histone H1oo (H1oo), Nucleoplasmin 2 (Npn2), AZygote arrest 1 (Zar1))のプロモーター領域の解析, 松本 和也, 常本和伸, 天野 朋子, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 入谷 明, 安齋 政幸, 三谷 匡, 加藤 博己, 第24回日本受精着床学会総会,   2006年09月, 第24回日本受精着床学会総会
  • 単層培養によるマウス胚性幹細胞の肝様細胞への体外分化誘導, 三谷 匡, 永井匡, 増谷俊憲, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, The 3rd Annual Conference of Asian Reproductive Biotechnology Society,   2006年11月, The 3rd Annual Conference of Asian Reproductive Biotechnology Society
    概要:単層培養によるマウス胚性幹細胞の肝様細胞への分化誘導系について検討した。分化誘導により、初期肝細胞、成熟肝細胞で特異的な遺伝子群の発現が誘導された。また、アルブミン産生、グリコーゲン貯留、アンモニア分解能、尿素合成能などの機能評価を行い、肝機能の一部を獲得していることを示した。
  • Analysis of global DNA methylation in bovine spermatozoa., 加藤 博己, 岸本学, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, The 32nd Annual Conference of the Intenational Embryo Transfer Society,   2007年, The 32nd Annual Conference of the Intenational Embryo Transfer Society
  • Effects of trichostatin A during in vitro fertilization of bovine oocytes on subsequent development, cell number and allocation of resulting embryos., 佐伯 和弘, 池田俊太郎, 立溝篤宏, 岩本太作, 笠松礼, 谷口俊仁, 星野洋一郎, 天野 朋子, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 2007 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc,   2007年01月, 2007 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc
  • Recovery of viable somatic cells for nuclear transfer from bovine frozen testicles without cryoprotectant., 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明, 岐阜県畜産研究所, 岐阜県畜産研究所, 岐阜県畜産研究所, 岐阜県畜産研究所, 京都大学大学院農学研究科, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 近畿大学大学院生物工学専攻, 2007 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc,   2007年01月, 2007 Annual Conference of Int’l Embryo Transfer Soc
  • トランスジェニックラットより摘出した膝蓋腱の生体力学的特性, 山本 衛, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演会,   2007年01月, 日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演会
    概要:遺伝子改変が腱の生体力学的特性に及ぼす影響について検討した。
  • 単層培養によるマウス胚性幹細胞の肝様細胞への分化, 三谷 匡, 永井匡, 増谷俊憲, 加藤 博己, 佐伯 和弘, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, The 33rd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society,   2007年01月, The 33rd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society
    概要:単層培養によるマウス胚性幹細胞の肝様細胞への分化誘導系について検討した。分化誘導により、初期肝細胞、成熟肝細胞で特異的な遺伝子群の発現が誘導された。また、アルブミン産生、グリコーゲン貯留、アンモニア分解能、尿素合成能などの機能評価を行い、肝機能の一部を獲得していることを示した。
  • Effects of trichostatin A on development of bovine somatic cell nuclear transfer embryos., 佐伯 和弘, 岩本太作, 笠松礼, 立溝篤宏, 阿部悠季, 池田俊太郎, 谷口俊仁, 三谷 匡, 加藤 博己, 松本 和也, 細井 美彦, 入谷 明, 岸上哲士 若山照彦, The 33rd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society,   2007年01月, The 33rd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society
  • DNA methylation profiles of upstream elements of Oct3/4 gene in in vitro fertilization (IVF) and somatic cell nuclear-transferred (SCNT) embryos., 細井 美彦, 川澄みゆり, 海野祐一, 西脇恵, 松本 和也, 安齋 政幸, 天野 朋子, 三谷 匡, 加藤 博己, 佐伯 和弘, 入谷 明, The 33rd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society,   2007年01月, The 33rd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society
  • Effect of aging on amounts of DNA methyltransferase mRNA in mouse spermatozoa., 加藤 博己, 甲田俊夫, 岸本学, 三谷 匡, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, The 33rd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society,   2007年01月, The 33rd Annual Conference of the International Embryo Transfer Society
  • Identification and characterization of the 5’-flanking region of three mouse maternal genes (Histone H100, Nucleoplasmin2, and Zygote attest1): Transcriptional activity in mouse oocytes., 松本 和也, 安齋 政幸, 天野 朋子, 三谷 匡, 加藤 博己, 細井 美彦, 佐伯 和弘, 入谷 明, 常本和伸, 33rd Annual Meeting of Ingternational Embryo Transfer Society,   2007年01月, 33rd Annual Meeting of Ingternational Embryo Transfer Society
  • Expression profile and knockdown analysis of a functionally unknown DD2-2 gene in mouse pre-implanataion embryos, 松本 和也, 申 承旭, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 33rd Annual Meeting of Ingternational Embryo Transfer Society,   2007年01月, 33rd Annual Meeting of Ingternational Embryo Transfer Society
  • マウス体細胞核移植胚における転写因子Cdx2およびOct3/4の発現, 三谷 匡, 西脇恵, 安齋 政幸, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 第40回日本発生生物学会,   2007年05月, 第40回日本発生生物学会
  • マウス受精卵の第1及び第2分裂機構へのrhophilin-2遺伝子の関与, 松本 和也, 天野 朋子, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 松岡俊樹, 園陽平, 野老美紀子, 第47回日本哺乳動物卵子学会,   2007年05月, 第47回日本哺乳動物卵子学会
  • マウス卵巣における時計遺伝子群の発現と機能の解析, 天野 朋子, 入谷 明, 松本 和也, 独立行政法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門, 独立行政法人 産業技術総合研究所 生物機能工学研究部門, Europian Biological Rhythms Society,   2009年, Europian Biological Rhythms Society
  • 若齢ウシ精巣細胞を用いたヌードマウス皮下への異種異所移植による精子誘導の試み, 森木 甲子郎, 三谷 匡, 安齋 政幸, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 喜多 章太, 谷口 俊仁, 第27回日本受精着床学会総会,   2009年08月, 第27回日本受精着床学会総会
    概要:若齢ウシ精巣細胞を用いたヌードマウス皮下への異種異所移植による精子誘導について試みた。
  • 若齢ウシ精巣細胞を用いたヌードマウス皮下への異種異所移植による精子形成誘導の試み, 森木 甲子郎, 三谷 匡, 安齋 政幸, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 喜多 章太, 藤本 佑希, 谷口 俊仁, 第102回日本繁殖生物学会大会,   2009年09月, 第102回日本繁殖生物学会大会
    概要:若齢ウシ精巣細胞を用いたヌードマウス皮下への異種異所移植による精子形成誘導について試みた。
  • 黒毛和種牛の形質と影響タンパク質に対する多変量解析の検討, 水野陽介, 河本 敬子, 森本 康一, 松本 和也, 池上春香, 情報処理学会第72回(平成22)全国大会,   2010年03月, 情報処理学会第72回(平成22)全国大会
  • マウス胚性幹細胞の分化過程における細胞核染色体テリトリーと遺伝子座の動態, 西山 有依, 三谷 匡, 安齋 政幸, 加藤 博己, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 森木 甲子郎, 藤本 佑希, 田辺 秀之, 第28回日本受精着床学会総会,   2010年07月, 第28回日本受精着床学会総会
    概要:マウス胚性幹細胞の分化過程における細胞核染色体テリトリーと遺伝子座の動態について3D-FISH法を用いて解析した。

MISC

  • 黒毛和種去勢牛の枝肉形質を生体評価するバイオマーカー候補タンパク質の解析, 池上春香, 松橋珠子, 永井宏平, 塚口智将, 内堀翔, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林直彦, 松本和也, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 121st, 243,   2016年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602220631479224
  • 黒毛和種牛の枝肉形質を予測するバイオマーカー候補タンパク質の肥育期間中の動態, 池上春香, 松橋珠子, 永井宏平, 塚口智将, 内堀翔, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林直彦, 松本和也, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 120th, 89,   2015年09月11日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201571862170
  • 黒毛和種肥育牛の枝肉形質バイオマーカーの探索 III:腎周囲白色脂肪組織プロテオーム解析結果に基づく肥育終了時の枝肉形質を推定するバイオマーカー候補タンパク質の同定, 池上春香, 永井宏平, 松橋珠子, 小林直彦, 武本淳史, 吉廣卓哉, 井上悦子, 樋口智香, 守田昂太郎, 内堀翔, 天野朋子, 田口善智, 加藤博己, 入谷明, 松本和也, 日本畜産学会報, 86, 2, 141, 152,   2015年05月25日, 10.2508/chikusan.86.141, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502242362489175
  • 黒毛和種牛の脂肪交雑度を予測する血清マイクロRNAの探索, 池上春香, 丹羽尚人, 永井宏平, 塚口智将, 樋口智香, 守田昂太郎, 松橋珠子, 小林直彦, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 119th, 185,   2015年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502231682856336
  • 黒毛和種牛の脂肪交雑度を予測するタンパク質バイオマーカーの探索, 池上春香, 松橋珠子, 赤尾大樹, 武本淳史, 永井宏平, 内堀翔, 小林直彦, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 118th, 151,   2014年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402293682831757
  • 血清のプロテオーム解析による黒毛和種牛の脂肪交雑度を診断するバイオマーカーの探索, 赤尾大樹, 池上春香, 松橋珠子, 武本淳史, 永井宏平, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林直彦, 松本和也, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2014, 3C02A13 (WEB ONLY),   2014年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402243335715073
  • The ubiquitin-proteasome system in the maternal-to-zygotic transition, Seung Wook Shin, Seung Wook Shin, Seung Wook Shin, Shigeo Murata, Kazuya Matsumoto, Journal of Mammalian Ova Research, 30, 79, 85,   2013年12月26日, 10.1274/jmor.30.79, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84890813988&origin=inward
    概要:During the maternal-to-zygotic transition (MZT), maternal proteins in oocytes are degraded by the ubiquitin-proteasome system (UPS), which is first event after fertilization, and new proteins are then synthesized from the zygotic genome. Although degradation of accumulated maternal protein is essential for normal early embryonic development, the specific mechanisms underlying the UPS at the MZT are not well understood. We recently provided evidence that proteasomal degradation of maternal proteins is important for the onset of zygotic gene activation (ZGA), and that the zygotespecific proteasome assembly chaperone (ZPAC) plays an important role in the degradation of maternal proteins during mouse MZT. Here, we review why the degradation of maternal proteins via UPS is essential for embryonic reprogramming of the oocyte into a totipotent zygote that is makes somatic development possible. ©2013 Japanese Society of Mammalian Ova Research.
  • 黒毛和種肥育牛の枝肉形質バイオマーカーの探索 II:個体の性差と種雄牛の遺伝的背景が白色脂肪組織のタンパク質発現に及ぼす影響, 池上春香, 小林直彦, 松橋珠子, 武本淳史, 吉廣卓哉, 井上悦子, 加藤里恵, 加藤博己, 田口善智, 天野朋子, 森本康一, 中川優, 入谷明, 松本和也, 日本畜産学会報, 83, 3, 281, 290,   2012年08月25日, 10.2508/chikusan.83.281, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202296118357071
  • ウシ僧帽筋のプロテオーム解析による筋内脂肪量に関わる新規タンパク質バイオマーカー候補の同定, 武本淳史, 永井宏平, 池上春香, 樋口智香, 守田昂太郎, 小林栄治, 松本和也, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 35th, 4P-0030 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302239550782089
  • 黒毛和種牛の形質と影響タンパク質に対するSVMの検討, 堀貴裕, 中迫昇, 池上春香, 森本康一, 松本和也, 河本敬子, 電気関係学会関西連合大会講演論文集(CD-ROM), 2011, ROMBUNNO.29A2-19,   2011年10月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102232649886790
  • 黒毛和種とリムジン種の交雑家系(F2)のウシ僧帽筋のプロテオーム解析による経済形質バイオマーカーの探索, 武本淳史, 池上春香, 森本康一, 笹子奈々恵, 小林栄治, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 114th, 167,   2011年08月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102250150180003
  • ウシ筋肉内脂肪組織タンパク質の網羅的解析, 池上春香, 武本淳史, 笹子奈々恵, 小林栄治, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 114th, 167,   2011年08月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102262095985143
  • ウサギ未成熟卵母細胞の体外培養における培養液交換の検討, 和泉 広樹, 杉本 浩伸, 宮本 麻梨恵, 岸上 哲士, 松本 和也, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 16, 27, 33,   2011年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736481
    概要:[要約] 哺乳動物の卵巣には、未成熟な卵母細胞が数多く存在する。これらを体外で培養し、成熟させる事ができれば、卵子資源として利用する事ができる。 本研究では、ウサギの未成熟卵母細胞を用いて体外発育培養(in vitro growth; IVG)の培養液交換の条件検討を行った。1996年にマウスのIVG において産仔作出に成功したEppig らの培養液の交換方法、2日に一回半量交換(half replacement /2 day; HR/2 day)に加え、毎日半量交換(half replacement /day;HR/day)、毎日全量交換(Full replacement /day; FR/day)の検討を行った。またIVG 後に体外成熟培養(in vitro maturation; IVM)、顕微授精(intracytoplasmic sperm injection; ICSI) を行った。その結果、IVG-IVM 後のM II期卵子への成熟率は他の区と比較してFR/day が高かった。前核形成率はHR/2 day と比較してHR/day は有意に高かったが、以降の発生率に差は見られなかった。また、IVG に供試した未成熟卵母細胞から胚盤胞期胚まで発生した割合は、FR/day において高かった。以上のことから、ウサギのIVG において培養液を毎日全量交換することが効果的であることが示された。 [Abstract] The mammalian ovary contains a large number of immature oocytes. If these oocytes can be cultured and obtain developmental competence, these oocytes are expected to be used as new resources for medicine. We studied medium replacement interval for in vitro growth(IVG)of rabbit immature oocytes. We employed the method of Eppig in 1996 that succeeded in production of mice and tried the half-volume replacement of medium every 2days(HR/2day). Additionally, We tried the half-volume replacement of medium(HR/day)and full-volume replacement of medium(FR/day)every day. After IVG, oocytes were cultured for in vitro maturation(IVM). Consequently, the percentage of oocytes that reached the metaphase II in FR/day was higher than that of others. After fertilization by intracytoplasmic sperm injection(ICSI), the percentage of oocytes that showed pronuclear formation in HR/day was significantly higher than that in HR/2 day, though there was no difference in developmental competence of reaching the cleavage stage and blastocyst stage for each condition. The developmental rate from the total number of oocytes used for IVG to the blastocyst stage was higher in FR/day. In conclusion, replacing the full volume of culture medium every day was found to be effective in rabbit IVG.
  • ウシ筋肉中タンパク質の網羅的プロテオーム解析, 武本淳史, 池上春香, 爲岡奈々恵, 森本康一, 小林栄治, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 112th, 108,   2010年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002282743257373
  • ウシの枝肉形質に関与するバイオマーカー候補タンパク質のパスウェイ解析, 松本和也, 池上春香, 松橋珠子, 大谷健, 小林直彦, 森本康一, 日本畜産学会大会講演要旨, 112th, 108,   2010年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002272679753749
  • 黒毛和種牛の形質と影響タンパク質に対する多変量解析の検討, 水野陽介, 河本敬子, 池上春香, 森本康一, 松本和也, 情報処理学会全国大会講演論文集, 72nd, 1, 1.387-1.388, 388,   2010年03月08日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002295878635062
  • ウシ血清中に含まれるタンパク質の網羅的解析方法の確立, 池上春香, 松橋珠子, 小林直彦, 大谷健, 森本康一, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 112th, 108,   2010年03月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002200323506215
  • リプログラミングにおけるヒストン脱アセチル化酵素の標的タンパク質に関する考察, 松原 圭吾, 鎌田 悠, 孫谷 匡輝, Lee Ah Reum, 矢持 隆之, 佐伯 和弘, 松本 和也, 岸上 哲士, 入谷 明, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 15, 1, 7,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736379
    概要:Somatic cell nuclear transfer technology enables somatic cells to achieve totipotency. In addition, pluripotency is acquired by introduction of only four transcriptional factors(Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) into somatic cells using iPS cell technology. However, one of the problems in these technologies is low efficiency of reprogramming. In previous studies, it was reported that the efficiency of reprogramming improved by histone deacetylase inhibitor (HDACi) treatment, but little is known of the molecular mechanism. The facilitation of histone acetylation by HDACi treatment relates to an increase in gene expression, and HDACi treatment also facilitates acetylation of non-histone proteins, and affects physiological activation. Thus, it is suggested that the acetylation of non-histone proteins relates to improvement of the reprogramming efficiency. In this review, we outline the mechanism of acetylation of non-histone proteins, and extract non-histone proteins possibly related to improving reprogramming fromGEO database.
  • 細胞周期同期化処理がウサギ核移植胚の発生に及ぼす影響, 歐 則克, 矢持 隆之, 木田 雄大, 中野 美穂, 岸上 哲士, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 15, 37, 41,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736383
    概要:ウサギ体細胞クローンの作製において発生率の向上を目的に、核ドナーの細胞周期同期化処理を行い、ウサギ核移植後の胚発生に及ぼす影響を調べた。細胞周期同期化の影響を調べる為、対数増殖期、コンフルエント、血清飢餓培養を用いた。それぞれ胚盤胞期胚への発生率は3%(2/68)、2%(1/51) 12%(5/40)であり血清飢餓培養が最も有効であった。また発生速度を調べた結果、血清飢餓培養が他の区と比較して発生段階の速い胚が多く、脱出胚盤胞が観察された。以上の事より、血清飢餓培養により細胞周期をG0期にした細胞を核ドナーに用いることによってウサギ核移植胚の発生率の向上に有効であると示された。
  • ウサギ体細胞核移植における電気融合法の効果, 木田 雄大, 矢持 隆之, 歐 則克, 中野 美穂, 岸上 哲士, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 15, 53, 58,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736385
    概要:本実験では、核移植胚を作成する際の核移植法として主に用いられている注入法と電気融合法の二つの方法をウサギ体細胞核移植における核の移植法として用いて、どちらがウサギ体細胞核移植において有用であるかを検討した。その結果、注入法による核移植胚の卵割率、8 細胞期胚および胚盤胞期胚への発生率は、66%( 19/38)、31%( 9/38)、3%( 10/38)、電気融合法では、96%( 26/27)、89%( 24/27)、63%(17/27)で、電気融合法による核移植の方が注入法よりも胚盤胞期への発生率が有意に高かった(P<0.05)。また、胚の発生速度を比較したところ、電気融合法で得た胚の方が注入法で得た胚よりも発生速度が速くなることが示された。さらに、得られた胚盤胞期胚の細胞数をカウントしたが、有意な差は見られなかった。以上の結果より、ウサギ体細胞核移植胚の着床前発生において電気融合法の方が注入法よりも有用であることが示された。
  • ウサギ顕微受精胚からの胚性幹細胞樹立の検討, 中野 美穂, 杉本 浩伸, 荒田 隆志, 岸上 哲士, 松本 和也, 佐 伯 和弘, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 15, 59, 65,   2010年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736386
    概要:胚性幹(Embryonic stem : ES)細胞は、体を構成するほぼすべての細胞へ分化することができる細胞である。そのため、ES細胞は再生医療の細胞移植材料として研究されてきた。細胞移植モデル動物は、飼育しやすく外科手術が容易で生理学的にヒトに近いことが求められる。そこで、ウサギは中型動物で大人しく室内飼育が可能なことから広くヒトモデル動物として研究に利用されてきた。さらに、マウスよりも体が大きく外科手術や術後の経過の観察も容易であることから、間葉系幹細胞を用いた目の角膜再生実験や骨形成促進実験、さらに軟骨細胞を用いた気管狭窄改善実験や関節軟骨再生実験などでヒトモデル動物として用いられてきた。これらのことから、ウサギES 細胞の樹立が可能となれば有用な細胞移植におけるヒトモデル動物及びシステムの構築になると期待できる。本実験ではウサギ卵子細胞質内精子注入法(Intra-cytoplasmic sperm injection : ICSI)により得られた胚からのES 細胞の樹立を試みた。樹立は、透明帯と栄養外胚葉を除去し内部細胞塊(Inner cell mass :ICM)をフィーダー細胞上へ播種し培養を行った。その結果、ES細胞様の初期コロニーが出現し未分化な遺伝子マーカーの発現も観察された。このことから、交配卵と同様に顕微受精胚からもES 細胞が樹立可能であることが示された。以上の事から、これらのES 細胞の樹立技術は、再生医療における細胞移植モデルのツールとして応用できると考えられる。
  • ウシの経済形質に関与する新規バイオマーカーAnnexin A5アイソフォームの同定, 池上春香, 園陽平, 永井宏平, 吉廣卓哉, 井上悦子, 小林直彦, 松橋珠子, 大谷健, 中川優, 森本康一, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 111th, 77,   2009年09月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902274519724639
  • プロテオームから見た着床前初期胚の発生 : 胚発生の制御機構を探る, 松本 和也, The Journal of reproduction and development, 55,   2009年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10025194630
  • マウス初期胚におけるプロテオーム解析, 野老 美紀子, 川澄 みゆり, 永井 宏平, 池上 春香, 佐藤 学, 申 承旭, 西川 慧, 畑中 勇輝, 天野 朋子, 三谷 匡, 加藤 博己, 安斎 政幸, 岸上 哲士, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 入谷 明, 松本 和也, Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌, 26, 2,   2009年04月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10024965056
  • マウス卵子活性化におけるEGTAの影響, 辻本 賀子, 岸上 哲士, 竹原 俊幸, 安齋 政幸, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 14, 15, 20,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736389
    概要:人工的な卵子活性化法は、体細胞核移植や精子細胞を用いた産仔の作出に不可欠な技術である〔3〕。Sr<2+>を含んだ培養液は、受精の事象に似た反復的な細胞質内Ca^<2+>オシレーションを導き、マウス卵子における人工的な卵子活性化剤として広く使用されてきた。しかし、そのSr^<2+>が引き起こす卵子活性化は、Ca^<2+>を除いた培養液(Ca(-)培養液)で行われることが必要である。しかし、Ca(-)培養液を用いた場合、活性化に伴う形態異常や卵子の退行が起こるという報告もなされている。近年の研究から、金属イオンキレート剤であるグリコールエーテルジアミン四酢酸(Ethylene Glycol Tetraacetic Acid; EGTA〔9〕)を添加することにより、一般的なCa^<2+>含有培養液(Ca(+)培養液)においても、BDF1系統のマウスで効率的に活性化卵を作製できることや退行卵の頻度が低いことが明らかにされた。さらにこの活性化方法を用いたクローン胚の作出も報告されている〔1〕。しかし、BDF1系統マウス以外のマウス卵子での有用性は検証されておらず、またEGTAの添加の影響の詳細についても不明である。そこで本研究では、ICR系統マウス由来卵子を用いて、EGTAを添加したCa(+)とCa(-)培養液によって活性化を行い、活性化後の卵子の状態について比較・検討を行った。
  • ウサギ発育途上卵母細胞の体外発育培養後の発生能力に関する検討, 宮本 有希, 是兼 真子, 杉本 浩伸, 竹原 俊幸, 伊藤 俊介, 岸上 哲士, 松本 和也, 佐伯 和弘, 入谷 明, 細井 美彦, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 14, 31, 38,   2009年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005736391
    概要:哺乳動物の卵巣内には排卵に至らない卵胞が数多く存在する。これらを体外で培養し、発生能力を有する卵子が得られれば、ヒト不妊治療等へ応用できると考えられる。体外発育培養(In vitro growth; IVG)は、卵形成、卵胞形成、卵巣の研究、稀少動物の保護、ヒト不妊治療等を目的として研究されてきた。受精能を有する卵子を得るためには小さく未熟な卵母細胞を発育させ、その後成熟させる必要がある。しかし、発育中の卵母細胞は種特異的なあるサイズに達するまで成熟できず、また種によってその発育期間が異なるためにマウス以外の動物種での研究は不十分であるのが現状である。IVGにおいて、卵子と周囲の細胞との相互作用を維持するために、卵子-顆粒膜細胞複合体 (Oocyte-Granulosa cell Complexes; OGCs)の立体構造の維持が重要となる。2004年、Hiraoらによってウシの体外発育培養培地にPolyvinylpyrrolidone (PVP) を添加することで立体構造が維持され、その後の発生率も向上することが報告された。そこで本実験では、ウサギ未成熟卵胞のIVGにおける培養条件の検討をおこない、ウサギ発育途上卵母細胞のIVG後の発生能力に関する検討をおこなった。その結果、ウサギIVGでは8日間の培養が好ましく、培地へのPVP添加がOGCsの立体構造を維持し、2%PVP添加が適している事が示唆された。またその後に、体外成熟培養 (In vitro maturation; IVM)、体外受精 (In vitro fertilization; IVF)をおこなった。IVGにより得られた卵子で前核形成が認められたことから、体外で発育させたウサギ卵母細胞が受精能を有していることが示された。Ito, Syunsuke
  • 黒毛和種肥育牛の枝肉形質バイオマーカーの探索 I:大規模プロテオーム解析情報と血統・枝肉形質情報の統合情報管理システムの構築, 永井宏平, 吉廣卓哉, 井上悦子, 池上春香, 園陽平, 川路英哉, 小林直彦, 松橋珠子, 大谷健, 森本康一, 中川優, 入谷明, 松本和也, 日本畜産学会報, 79, 4, 467, 481,   2008年11月25日, 10.2508/chikusan.79.467, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250850465523
  • 黒毛和牛の肉質に関連するバイオマーカーの探索, 池上春香, 永井宏平, 吉廣卓哉, 園陽平, 小林直彦, 松橋珠子, 大谷健, 中川優, 森本康一, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 109th, 84,   2008年03月27日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902281739698490
  • ブランド牛(飛騨牛)の繁殖農家のための種雄牛選択支援システム, SHI Linjing, 井上悦子, 吉廣卓哉, 永井宏平, 池上春香, 松橋珠子, 小林直彦, 森本康一, 松本和也, 中川優, 情報処理学会全国大会講演論文集, 70th, 1, 1.677-1.678,   2008年03月13日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902250661753070
  • ウシの枝肉形質を規定するバイオマーカーの探索―質量分析を用いたタンパク質アイソフォームの解析―, 池上春香, 永井宏平, 吉廣卓哉, 井上悦子, 園陽平, 小林直彦, 松橋珠子, 大谷健, 中川優, 森本康一, 松本和也, 質量分析総合討論会講演要旨集, 56th, 178, 179,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902271185880945
  • 黒毛和牛の枝肉形質を診断するバイオマーカー候補タンパク質の探索:白色脂肪組織の大規模プロテオーム解析, 池上春香, 園陽平, 永井宏平, 吉廣卓哉, 井上悦子, 小林直彦, 松橋珠子, 大谷健, 中川優, 森本康一, 松本和也, 生化学, 3P-0146,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902251702722955
  • 飛騨牛由来白色脂肪組織の大規模プロテオーム解析, 池上春香, 永井宏平, 吉廣卓哉, 園陽平, 小林直彦, 松橋珠子, 大谷健, 中川優, 森本康一, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 108th, 4,   2007年09月26日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902285597113656
  • 優良肉質を規定するバイオマーカー候補の探索:飛騨牛をモデルとして, 池上春香, 永井宏平, 吉廣卓哉, 園陽平, 小林直彦, 松橋珠子, 大谷健, 中川優, 森本康一, 松本和也, 生化学, 3P-0117,   2007年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257584037868
  • 飛騨牛白色脂肪組織のプロテオーム解析, 池上春香, 松本和也, 森本康一, 永井宏平, 上中崇裕, SHIN Sunuku, 小林直彦, 大谷健, 入谷明, 日本分子生物学会年会講演要旨集, 28th, 588,   2005年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902226294182330
  • 飛騨牛白色脂肪組織のプロテオーム解析, 池上春香, 松本和也, 森本康一, 永井宏平, 上中崇裕, 申承旭, 小林直彦, 大谷健, 入谷明, 日本畜産学会大会講演要旨, 105th, 58,   2005年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902273201894768
  • LIMSを用いた生物資源の統合的なプロテオーム解析, 永井宏平, 森本康一, 吉広卓哉, 池上春香, 剣持聡久, 上条憲一, 奥野充利, 中川優, 松本和也, 日本畜産学会大会講演要旨, 105th, 59,   2005年08月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902221774397696
  • ウシ体細胞クローンはいにおける機能的遺伝子の転写調節領域のCpGメチル化, 栗原隆, 松本和也, 富永敬一郎, 安斎政幸, 三谷匡, 加藤博己, 佐伯和弘, 細井美彦, 入谷明, 日本畜産学会大会講演要旨, 103rd, 112,   2004年03月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902229554983226
  • ウシ精子の生死が顕微授精卵のMPF活性に及ぼす影響, 藤浪菜穂子, 細井美彦, 加藤博己, 松本和也, 佐伯和弘, 入谷明, 近畿大学先端技術総合研究所紀要, 9, 15, 20,   2004年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257803909205
  • 植物由来遺伝子導入マウスの作出とその解析 (2000年度日本繁殖生物学会シンポジウム講演論文), 松本 和也, Journal of Reproduction and Development, 46, 0, j59, 63,   2000年12月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40005344019
  • ウシ顕微授精はいの活性化による発生率について, 藤浪菜穂子, 細井美彦, 加藤博己, 松本和也, 佐伯和弘, 入谷明, 郁埼, 星合こう, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 3, 39, 44,   2000年01月12日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123812642924
  • 金属刃を使ったラット,ヤギ及びウシ胚盤胞期胚の切断2分離, 松本 和也, 三宅 正史, 内海 恭三, 入谷 明, 家畜繁殖学会誌, 33, 1, 1, 5,   1987年, 10.1262/jrd1977.33.1
  • ラット成長ホルモン・アンチセンス遺伝子のマウスへの導入によるマウス成長ホルモン遺伝子の発現抑制, 日本畜産学会報, 63, 1163,   1992年
  • トランスジェニックラット, 蛋白質 核酸 酵素, 40, 14, 2223,   1995年
  • トランスジェニックスマウス精子の凍結保存の一例, 実験動物, 41, 537,   1992年
  • 超急速凍結法を用いたトランスジェニックマウス由来胚の凍結保存, 実験動物, 43,   1993年
  • 超急速法で凍結した体外受精由来前核期受精卵を用いたトランスジェニックマウスの作製, 実験動物, 43, 445,   1994年
  • ラット初期胚の内部細胞塊に由来する多分化能細胞株の樹立, 日本畜産学会報, 65, 826,   1994年
  • 顆粒層細胞でのアポトーシス制御による卵巣内卵子の有効利用の可能性について。, 松本 和也, 日本胚移植学雑誌, 22, 1, 23, 26,   2000年01月16日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010397927
  • 経精巣遺伝子導入法により得られたトランジェニックマウスの解析, 近畿大学生物理工学研究所紀要, 1, 31,   1998年
  • 超急速凍結保存した体外受精卵を用いたトランスジェニックマウス作製方法の確立。, 近畿大学生物理工学部研究所, 5, 34, 40,   2000年
  • マウス未受精卵及び1細胞期胚で発現する遺伝子群の同定 : 胚性遺伝子の活性化に伴う遺伝子発現の挙動, 日本受精着床学会雑誌, 18, 5, 7,   2001年
  • 生殖におけるトランスジェニック小動物モデルの応用, 8, 1, 17, 23,   2001年
  • 植物性脂肪を産生する遺伝子組換え動物の生産と開発:安全性を兼ね備えた遺伝子組換え動物性食品のポテンシャル, 佐伯 和弘, 細井 美彦, 松本 和也, 入谷 明,   2002年12月
    概要:植物由来脂肪酸不飽和化酵素遺伝子を導入することで家畜の脂質中脂肪酸組成を改変し、その動物の肉質や乳質をより健康上有利にできることを中心にした企業化プランを提案し、奨励賞を受賞した。

特許

  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 特願2016-104188, 特開2016-156840, 特許第5985102号
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 特願2016-104186, 特許第5985101号
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 特願2016-058244, 特開2016-154549, 特許第5985097号
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 特願2011-263214, 特開2013-113827, 特許第5984365号
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 特願2011-016289, 特開2012-154884, 特許第5984335号
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 特願2015-099337, 特開2015-148630, 特許第5956017号
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 池上 春香, 武本 淳史, 小林 栄治, 特願2012-008036, 特開2013-148415, 特許第5688381号
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 永井 宏平, 特願2010-507193, 特許第4722224号
  • 牛の判別方法、及び牛の判別用キット, 松本 和也, 森本 康一, 池上 春香, 永井 宏平, JP2009054045, WO2009-125637

受賞

  •   2004年04月, 稲盛財団, 稲盛財団「研究助成金授与」
  •   2000年07月, 世界体外受精会議記念賞

競争的資金

  • 日本中央競馬会, 畜産振興事業, バイオマーカー解析技術を活用した肉用牛枝肉形質の生体評価手法の確立事業, 松本 和也
  • (独)日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, エクソソームmiRNAマーカーによる黒毛和種肥育牛の枝肉形質の生体評価は可能か?, 松本 和也
  • (独)日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 黒毛和種肥育牛の肥育期間中に枝肉形質を推定する血中分泌型miRNAマーカーの探索, 松本 和也
  • 日本中央競馬会, 畜産振興事業, 黒毛和種肥育牛の生産性向上とその安定化を実現する新たな肥育診断技術の開発, 松本 和也
  • (独)日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 受精卵のエピジェネティク・リプログラミングへのプロテアソーム分解系の関与機構解明, 松本 和也
  • (独)日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, 哺乳動物初期胚における全能性の分子制御機構の解明, 松本 和也
  • (独)農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター), イノベーション創出基礎的研究推進事業(発展型), 黒毛和種の優良経済形質バイオマーカータンパク質の機能解明とモニタリング評価システムの開発, 松本 和也
  • 国立研究開発法人 科学技術振興機構, 地域イノベーション創出総合支援事業, 高品質肉質を持つ和牛のバイオマーカーの探索