KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

平栗 靖浩ヒラグリ ヤスヒロ

プロフィール

所属部署名建築学部 建築学科 
職名准教授
学位博士(工学)
専門建築・都市音環境
ジャンル文化/現代建築
コメンテータガイドhttps://www.kindai.ac.jp/meikan/2178-hiraguri-yasuhiro.html
ホームページURLhttp://research.kindai.ac.jp/profile/ja.bae86cb4cac54c9b.html
メールアドレス
Last Updated :2019/07/19

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    建築・都市空間における音環境に関する研究をしています。現在の主要テーマは都市騒音の評価技術や会話しやすく快適なカフェの音響設計、音による移動支援、スポーツで発生する音の知覚です。

学歴・経歴

学歴

  •  - 2005年, 熊本大学, 自然科学研究科, 環境共生科学専攻
  •  - 2001年, 熊本大学, 自然科学研究科, 建築学専攻
  •  - 1999年, 大阪工業大学, 建築学科

経歴

  •   2018年,  - 現在, 近畿大学(准教授)
  •   2017年,  - 2018年, Ghent University(Visiting Professor)
  •   2015年,  - 2018年, 徳山工業高等専門学校(准教授)
  •   2012年,  - 2015年, 徳山工業高等専門学校(助教)
  •   2006年,  - 2012年, 九州大学大学院人間環境学研究院(学術研究員)
  •   2005年,  - 2006年, 熊本大学工学部(学術研究員)
  •   2002年,  - 2004年, 熊本県立大学環境共生学部研究支援センター(研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 建築学, 建築環境・設備

研究キーワード

  • 建築環境工学, 建築音環境, 騒音制御工学, 福祉音響学, 地理情報学

論文

  • Calculation tool of strategic noise map in Japan based on ASJ RTN-Model with GIS, Fukuda Taiki, Hiraguri Yasuhiro, Proc. Of Internoise 2017,   2017年08月
  • A survey on acoustic comfort of conversing in multi-group conversation spaces, Maruyama Naoya, Takata Shiho, Kawai Keiji, Hiraguri Yasuhiro, Ueda Mari, Proc. Of Internoise 2017,   2017年08月
  • Sound from rain drops impacting double layer structure consisted of mesh fabric, Hirayama Yuji, Hiraguri Yasuhiro, Ueda Mari, Kawai Keiji, Proc. Of Internoise 2017,   2017年08月
  • 屋外騒音伝搬の波動解析, 大嶋拓也,平栗靖浩,星和磨, 日本音響学会誌, 73, 6, 364, 369,   2017年06月
  • How to establish a better information disclosure system on noise and environment - Concept proposals of information disclosure and a noise experience tool -, Mari Ueda, Takeshi Nishikubo, Takahiro Miura, Takashi Morihara, Yoshio Tsuchida, Masaaki Hiroe, Yasuhiro Hiraguri, Proc. Of ICBEN2017 No. 3799,   2017年06月
  • 雨滴のメッシュ通過が膜衝撃音レベルに及ぼす影響, 平山裕二,平栗靖浩,上田麻理, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2016-60,   2016年12月
  • Distinct effects of moisture and air contents on acoustic properties of sandy soil, Takuya Oshima, Yasuhiro Hiraguri and Takeshi Okuzono, Journal of Acoustical Society of America, 138, 3, 258, 263,   2016年10月, 査読有り
  • Acoustic absorption mapping: wide-area estimation of ground acoustic absorption coefficient using airborne hyperspectral imagery, Takuya Oshima, Kei Wakamatsu, Yasuhiro Hiraguri, Takeshi Okuzono, Reiji Tomiku, Noriko Okamoto and Toru Otsuru, Proc. Of Internoise 2016, 1857, 1864,   2016年08月
  • Potential of Novelty Noise Evaluation by Using Road Traffic Noise Maps in Japan, HIRAGURI Yasuhiro, Proc. Of Internoise 2016, 2822, 2831,   2016年08月
  • 航空ハイパースペクトル写真による地表面吸音率推定および 3 次元マッピング, 大嶋拓也,若松慶,平栗靖浩,他4名, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2016-32,   2016年06月
  • 多群会話空間における会話の明瞭度とプライバシーからみる会話しやすさの主観評価実験, 田中雅也,川井敬二,上田麻理,平栗靖浩, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2015-60,   2015年12月
  • 地表面の形状及び超過減衰を考慮した屋外騒音伝搬の波動解析と幾何解析の比較, 星和磨,大嶋拓也,平栗靖浩, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2015-30,   2015年06月
  • 障壁に対して非鉛直方向から到来する音の回折減衰量に関する基礎的研究, 川端将大,平栗靖浩, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2015-07,   2015年02月
  • 騒音曝露人口算出のための住居系建物の居住者数推定手法に関する研究, 平栗靖浩,藤本一寿, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2015-11,   2015年02月
  • 広域地表面分光反射特性からの直接的吸音特性推定モデルの検討, 若松慶,大嶋拓也,平栗靖浩,他4名, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2014-48,   2014年11月
  • Comparison of the results of numerical and geometrical outdoor acoustic simulations in a real-life area, Kazuma Hoshi, Takuya Oshima and Yasuhiro Hiraguri, Proc. Of Internoise 2014,   2014年09月
  • Fundamental investigation of easy to talk at multigroup communication space, Yasuhiro Hiraguri, Mari Ueda, Keiji Kawai and Takashi Yano, Proc. Of ICBEN2014,   2014年06月
  • 防災拡声放送の長期モニタリングとクロススペクトル法による気象影響の把握, 大島俊也,岡田恭明,平栗靖浩,他4名, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2014-25,   2014年05月
  • Geometry reconstruction and mesh generation techniques for acoustic simulations over real-life urban areas using digital geographic information, Takuya Oshima, Yasuhiro Hiraguri and Masashi Imano, Acoustical Science and Technology, 35, 2, 108, 118,   2014年03月, 査読有り
  • Linearized Euler simulations of sound propagation with wind effects over a reconstructed urban terrain using digital geographic information, Takuya Oshima, Masashi Imano, Yasuhiro Hiraguri and Yoshikazu Kamoshida, Applied Acoustics, 74, 12, 1354, 1366,   2013年12月, 査読有り
  • Basic investigation on estimation of land cover classification conforming to the ASJ RTN-Model using hyperspectral imaging data, Yasuhiro Hiraguri, Takuya Oshima and Kazuma Hoshi, Acoustical Science and Technology, 34, 5, 367, 370,   2013年10月, 査読有り
  • Time-domain outdoor acoustic simulation of a real-life area using land cover classification identified by airborne hyperspectral imagery, Takuya Oshima, Yasuhiro Hiraguri, Kazuma Hoshi, Acoustical Science and Technology, 34, 5, 364, 366,   2013年10月, 査読有り
  • Improvement of estimation method of land cover acoustic characteristics using hyperspectral imaging data, Yasuhiro Hiraguri, Takuya Oshima and Kazuma Hoshi, Proc. Of Internoise 2013 No.677,   2013年09月
  • Finite-difference time-domain outdoor acoustic simulation of a real-life area using land cover acoustic characteristics identified by airborne hyperspectral imagery, Takuya Oshima, Yasuhiro Hiraguri and Kazuma Hoshi, Proc. Of Internoise 2013 No.635,   2013年09月, 査読有り
  • ハイパースペクトルデータを用いた地表面吸音境界条件の設定方法, 平栗靖浩, 大嶋拓也, 星和磨, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2013-38,   2013年08月
  • GIS to Evaluate Road Traffic Noise in Makassar City in Indonesia, Muralia Hustim, Yasuhiro Hiraguri and Kazutoshi Fujimoto, International Society of Habitat Engineering and Design, 1, 119, 130,   2013年03月, 査読有り
  • Case study of land cover classification estimation using hyperspectral imaging data for outdoor acoustic simulations, Yasuhiro Hiraguri, Takuya Oshima and Kazuma Hoshi, The 41th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering, Paper No.477,   2012年08月
  • Development of Long-term Data Acquisition System of Noise Exposure and Personal Behavior for Analysis of Health Risk: Measuring Equipments, Yuichi Yonemoto, Masaharu Ohya, Hi-royuki Imaizumi, Kazutoshi Fujimoto, Ken Anai and Yasuhiro Hiraguri, Acoustics 2012, Paper No.1aNSb8,   2012年05月
  • Development of Long-term Data Acquisition System of Noise Exposure and Personal Behavior for Analysis of Health Risk: Preliminary Studies, Kazutoshi Fujimoto, Hiroyuki Imaizumi, Ken Anai and Yasuhiro Hiraguri, Acoustics 2012, Papr No.1aNSb7,   2012年05月
  • Development of Long-term Data Acquisition System of Noise Exposure and Personal Behavior for Analysis of Health Risk: Research Background, Hiroyuki Imaizumi, Kazutoshi Fujimoto, Ken Anai and Yasuhiro Hiraguri, Acoustics 2012, Paper No.1aNSb6,   2012年05月
  • 線形化Euler法による屋外音響伝搬解析のための数値地形情報を用いた形状生成および格子生成, 大嶋拓也,平栗靖浩,今野雅, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2012-10,   2012年02月
  • POEM: Application to Prediction and Mapping of Road Traffic Noise and the Practice, Masanobu Hamatani, Yuko Oshima, Ken Shiohara, Kazutoshi Fujimoto, Hiroyuki Imaizumi, Ken Anai and Yasuhiro Hiraguri, The 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering, Paper No. 432610,   2011年09月
  • 多孔質材で構成したヘルムホルツ型吸音構造の吸音特性, 花田泰紀,金子芳人,平栗靖浩,穴井謙,藤本一壽, 都市・建築学研究, 20, 61, 66,   2011年07月, 査読有り
  • Development of new GIS software for prediction and evaluation of road traffic noise based on ASJ RTN-Model 2008, Hiroyuki Imaizumi, Kazutoshi Fu-jimoto, Ken Anai, Yasuhiro Hiraguri and 4 more authors, Journal of Habitat Engineering, 3, 119, 130,   2011年03月, 査読有り
  • Effect of the accuracy of GIS digital map data on the Environmental Quality Standard for Noise in Japan, Yasuhiro Hiraguri and Kazutoshi Fujimoto, Proceedings of Kyushu-Youngnam Joint Conference on Acoustics 2011, 11, 14,   2011年01月
  • 環境音の種類と聴取頻度に基づく音環境の意味論的記述手法に関する研究, 平栗靖浩,川井敬二, 日本建築学会環境系論文集, 75, 657, 937, 945,   2010年11月, 査読有り
  • 道路に面する地域における「騒音に係る環境基準」評価のためのGIS数値地図の建物面積の補正に関する検討, 平栗靖浩,穴井謙,藤本一寿, 騒音制御, 34, 408, 417,   2010年10月, 査読有り
  • 視覚障害者のための降雨騒音低減傘とその使用感評価に関する研究, 上田麻理,平栗靖浩,他3名, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2010-36,   2010年07月
  • Prevention strategy of active noise control system for a ventilation opening from malfunction caused by living sound: Discriminating strategy between automotive noise and living sound based on frequency characteristics, Ken Anai, Takuro Shibata, Yasuhiro Hiraguri and Kazutoshi Fujimoto, Proceedings of the 39th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, Paper No.247,   2010年06月
  • New GIS software for predicting and evaluating road traffic noise based on ASJ RTN-Model 2008, Kazutoshi Fujimoto, Hiroyuki Imaizumi, Ken Anai, Yasuhiro Hiraguri, Masanobu Hamatani and Yuko Oshima, Proceedings of the 39th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, Paper No.298,   2010年06月
  • 視覚障害者と音環境-視覚障害者のための音による移動支援のあり方について-, 人間工学会誌, 46, 特別号, 112, 113,   2010年06月, 査読有り
  • 視覚障害者のための傘の降雨騒音低減に関する基礎的検討-傘の雨滴衝撃音の音響特性について, 日本音響学会誌, 66, 265, 269,   2010年06月, 査読有り
  • Simple method for predicting most frequent level of insertion loss of detached houses against road traffic noise for evaluating the `Environmental Quality Standard for Noise', Yasuhiro Hiraguri,Ken Anai,Kazutoshi Fujimoto, Acoustical Science and Technology, 31, 1, 68, 74,   2010年01月, 査読有り
  • 建物換気口のアクティブ騒音制御のための2つのマイクロホンを用いた生活音による制御性能低下の改善, 志岐朋晃,穴井謙,平栗靖浩,藤本一壽, 都市・建築学研究, 16, 125, 131,   2009年07月, 査読有り
  • 盛土道路に面する地域における戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測法, 山口晃治,藤本一寿,穴井謙,平栗靖浩, 騒音制御, 33, 156, 164,   2009年04月, 査読有り
  • 「騒音に係る環境基準」の評価のための平面道路に面する戸建て住宅地における最頻騒音レベルの簡易予測法, 平栗靖浩,穴井謙,藤本一寿, 都市・建築学研究, 15, 95, 102,   2009年01月, 査読有り
  • 「騒音に係る環境基準」の評価のためのGIS数値地図の精度に関する研究, 平栗靖浩, サウンド, 24, 1, 7,   2009年01月
  • Improving sound insulation capability at a ventilation opening using active noise control: improving sound insulation performance degraded by living sound, Hiroyuki Imaizumi, Kazutoshi Fujimoto, Yasumori Takahashi, Ken Anai, Yasuhiro Hiraguri, Proceedings of the 37th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, 0252,   2008年10月
  • Practical use of ASJ RTN-Model 2003 on road traffic noise mapping in city area, Ken Anai,Shiki Tomoaki,Hiraguri Yasuhiro,Kazutoshi Fujimoto, Proceedings of the 37th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, 0717,   2008年10月
  • 沿道の「騒音に係る環境基準」評価のためのGIS数値地図の補正法, 平栗靖浩,穴井謙,藤本一寿, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2008-57,   2008年10月
  • 建物換気口に対するアクティブ騒音制御の遮音効果に及ぼす生活音の影響に関する実験的検討, 穴井謙,志岐朋晃,平栗靖浩,藤本一壽, 都市・建築学研究, 14, 111, 117,   2008年07月, 査読有り
  • Prediction of Insertion Loss of Road Traffic Noise by Detached Houses in an Area Facing a Plane Road, Yasuhiro Hiraguri, Sustainable Habitat News Letter, 5,   2008年05月
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測-盛土道路に面する地域の場合-, 藤本一寿,山口晃治,穴井謙,平栗靖浩, 都市・建築学研究, 13, 83, 90,   2008年01月, 査読有り
  • 視覚障害者のための傘の降雨騒音低減に関する基礎的研究, 上田麻理,平栗靖浩,藤本一寿, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2008-3,   2008年01月
  • 盛土道路に面する地域における戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測法, 藤本一寿,山口晃治,穴井謙,平栗靖浩, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2007-51,   2007年12月
  • Simple predicting method of the highest frequency level of insertion loss of road traffic noise caused by detached houses, Yasuhiro Hiraguri, Ken Anai and Kazutoshi Fujimoto, Proceedings of the 36th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, 645,   2007年08月
  • GIS for the evaluation of road traffic noise at areas facing roads in japan -Key functions including estimation of the numbers of residents in buildings-, Hiroyuki Imaizumi, Kazutoshi Fujimoto, Yasumori Takahashi, Ken Anai and Ya-suhiro Hiraguri, Proceedings of 14th Congress on Sound and Vibration, CD-ROM,   2007年07月
  • 平面道路に面する戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の区間最頻値の簡易予測法, 平栗靖浩,穴井謙,藤本一寿, 都市・建築学研究, 12, 109, 114,   2007年07月, 査読有り
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の区間最頻値の簡易予測法-平面道路に面する地域の場合-, 平栗靖浩,穴井謙,藤本一寿, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2007-18,   2007年05月
  • 遺伝的アルゴリズムの沿道騒音対策選択手法への適用, 穴井謙,藤本一寿,平栗靖浩, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2006-60,   2006年12月
  • アーケード街路の音環境 -熊本市・長崎市中心市街地における実測調査-, 平栗靖浩,川井敬二,矢野隆, 日本建築学会環境系論文集, 604, 1, 7,   2006年06月, 査読有り
  • アーケード街路における音環境の実態についての実測調査, 平栗靖浩,川井敬二,矢野隆, 日本音響学会建築音響研究会資料 AA-2005-43,   2005年10月
  • Temporal characteristics of urban sound environments: a survey of arcades and parks, Yasuhiro Hiraguri, Keiji Kawai and Takashi Yano, Proceedings of the 2nd International Symposium on Temporal Design, 117, 120,   2005年07月
  • 店舗空間の音環境 -熊本市内の中~大規模店舗における実測調査-, 日本建築学会環境系論文集, 591, 1, 6,   2005年05月, 査読有り
  • Qualitative descriptions of the sound environment in living context, Keiji Kawai, Yasuhiro Hiraguri and Takashi Yano, Proceedings of the 33rd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering,   2004年08月
  • 遮光網を設置した全蓋式アーケード内部の気温分布性状, 辻原万規彦,平栗靖浩,他3名, 日本建築学会技術報告集, 19, 214,   2004年06月, 査読有り
  • 遮光網を設置した全蓋式アーケード内部の温熱環境評価, 辻原万規彦,平栗靖浩,他3名, 日本建築学会環境系論文集, 578, 55, 61,   2004年04月, 査読有り
  • Measurement of sound environments in shopping spaces of large-scale stores, Keiji Kawai, Yasuhiro Hiraguri and Takashi Yano, Proceedings of the 32nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, 1235, 1239,   2003年08月
  • Acoustic measurements in arcades, Yasuhiro Hiraguri, Keiji Kawai and Takashi Yano, Proceedings of the 32nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, 2835, 2842,   2003年08月
  • スーパーマーケット等の店舗空間における音環境の実測調査, 平栗靖浩,川井敬二,矢野隆, 日本音響学会騒音振動研究会資料 N-2002-47,   2002年07月
  • Relation between the overall impression of the sound environment and the types and loudness of environmental sound, Yasuhiro Hiraguri, Keiji Kawai and Takashi Yano, The seventh western pacific regional acoustics conference, 687, 690,   2000年10月
  • オープンソース・ソフトウエアを活用した実在市街地環境複合解析, 大嶋拓也,今野雅,平栗靖浩, ながれ, 31, 3, 293, 300

講演・口頭発表等

  • 実在地域における地表面の吸音特性を考慮した音響数値解析技術の開発 地表面データを用いた時間領域音響数値解析, 日本音響学会講演論文集 秋, 959-960,   2012年09月
  • 実在地域における地表面の吸音特性を考慮した音響数値解析技術の開発 ハイパースペクトルデータを用いた地表面データ生成手法の検討, 日本音響学会講演論文集 秋, 955-958,   2012年09月
  • 環境騒音曝露レベルと個人行動に関する長期間データ計測システムの開発 その3 システムの試行計測とデータ検証, 日本音響学会講演論文集 秋, 1037-1038,   2012年09月
  • 環境騒音曝露レベルと個人行動に関する長期間データ計測システムの開発 その2 システムの構成と特徴, 日本音響学会講演論文集 秋, 1035-1036,   2012年09月
  • 環境騒音曝露レベルと個人行動に関する長期間データ計測システムの開発 その1 システム開発の背景と目標, 日本音響学会講演論文集 秋, 1033-1034,   2012年09月
  • A Tentative Plan of Road Traffic Noise Measure in Makassar City, Indonesia, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, ,   2012年09月
  • 数値地図の違いが沿道の「騒音に係る環境基準」評価に及ぼす影響, 日本騒音制御工学会秋季研究発表会講演論文集 秋, 257-260,   2012年09月
  • 屋外音場数値解析のための数値地形情報を用いた地面形状生成および格子生成, 日本音響学会講演論文集 春, No.1-8-21,   2012年03月
  • 健康リスク解析のための長期間騒音曝露データ収集システム, 日本建築学会九州支部研究報告 第51-2号, 57-60,   2012年03月
  • 線形化Euler 法による屋外音響伝搬解析のための数値地形情報を用いた形状生成および格子生成, 日本音響学会騒音振動研究会資料, N-2012-10,   2012年02月
  • 散乱反射法による高架裏面反射音の計算方法の簡易化-高架裏面の積分範囲-, 日本音響学会講演論文集 秋, 1007-1008,   2011年09月
  • 多孔質材で構成したヘルムホルツ型吸音構造の吸音特性, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 335-336,   2011年09月
  • 点音源モデルに基づく戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測計算法-その2 予測計算式の有効性の検証-, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 297-298,   2011年09月
  • 点音源モデルに基づく戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測計算法-その1 予測計算式の導出-, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 295-296,   2011年09月
  • 散乱反射法による高架裏面反射音の計算方法の簡易化-考慮すべき離散音源点の範囲, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 293-294,   2011年09月
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測法の検討-点音源モデルに基づく予測法, 日本建築学会九州支部研究報告 第50-2号, 101-104,   2011年03月
  • 多孔質材で構成したヘルムホルツ型吸音構造の吸音特性, 日本建築学会九州支部研究報告 第50-2号, 61-64,   2011年03月
  • 数値地図の精度が沿道の「騒音に係る環境基準」評価に及ぼす影響-版元の異なる数値地図に関する検討-, 日本建築学会九州支部研究報告 第49-2号, 5-8,   2010年
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測-点音源モデルに基づく予測法の検討-, 日本建築学会九州支部研究報告 第49-2号, 9-12,   2010年
  • 住宅換気口における自動車騒音に対するアクティブ騒音制御効果-実住宅における制御対象騒音だけが存在する条件下の実験-, 日本建築学会九州支部研究報告 第49-2号, 13-16,   2010年
  • アクティブ騒音制御による建物換気口の遮音効果に及ぼす生活音の影響-その5 周波数特性に基づく制御対象音の判別手法の改善-, 日本建築学会九州支部研究報告 第49-2号, 17-20,   2010年
  • ポリエステル不織布とそのリサイクル材の吸音特性, 日本音響学会講演論文集 春, 1-4-12,   2010年
  • 雨天時の視覚障害者の移動支援のための傘の開発-メッシュ生地を用いた二重構造傘の降雨騒音低減効果, 日本音響学会講演論文集 春, 2-3-8,   2010年
  • アクティブ騒音制御技術の住宅換気口への適用-自動車騒音の制御効果に関する実験的検討-, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集 春, 9-12,   2010年
  • 視覚障害者のための降雨騒音低減傘とその使用感評価に関する研究, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2010-36, 1-7,   2010年
  • 試験住宅に設置された換気口における自動車騒音に対するアクティブ騒音制御効果, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 243-244,   2010年
  • 視覚障害者のための降雨騒音低減傘の使用感に関する検討, 日本音響学会講演論文集 2010年秋, 1-5-2,   2010年
  • 住宅換気口のアクティブ騒音制御効果に及ぼす生活音の影響-ANC効果低下に対する自動車騒音判別手法の改善能力-, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集 秋, 293-296,   2010年
  • アクティブ騒音制御による建物換気口の遮音性能向上の試み-指向性・無指向性マイクロホンを用いた生活音による遮音性能低下の改善, 日本建築学会九州支部研究報告 第48-2号, 45-48,   2009年
  • 「騒音に係る環境基準」の評価のための騒音レベル区間最頻値の簡易予測法の有効性に関する検討, 日本建築学会九州支部研究報告 第48-2号, 53-56,   2009年
  • ポリエステル不織布とそのリサイクル材の単位面積流れ抵抗と吸音特性, 日本建築学会九州支部研究報告 第48-2号, 41-44,   2009年
  • 沿道の「騒音に係る環境基準」評価のためのGIS数値地図の補正法の有効性, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 263-264,   2009年
  • 沿道の単独建物背後における道路交通騒音の予測-ASJ RTN-Model 2008とASJ RTN-Model 2003の比較-, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 265-266,   2009年
  • アクティブ騒音制御による建物換気口の遮音効果に及ぼす生活音の影響 その3 2つのマイクロホンを用いた生活音の判別によるANC効果低減の改善, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 273-274,   2009年
  • アクティブ騒音制御による建物換気口の遮音効果に及ぼす生活音の影響 その4 周波数特性に基づく制御対象音の判別によるANC効果低減の改善, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 275-276,   2009年
  • ポリエステル不織布とそのリサイクル材の単位面積流れ抵抗と吸音特性, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集 秋, 165-168,   2009年
  • 住宅換気口のアクティブ騒音制御効果に及ぼす生活音の影響-周波数特性に基づく制御対象騒音の判別-, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集 秋, 173-176,   2009年
  • GIS数値地図の精度が沿道騒音の環境基準の評価に及ぼす影響, 第6回「循環型住空間システムの構築」フォーラム,九州大学21世紀COEプログラム「循環型住空間システムの構築」,144-150,   2008年
  • 視覚障害者のための傘の降雨騒音低減に関する基礎的研究, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2008-3, 1-8,   2008年
  • 視覚障害者のための傘の降雨騒音低減に関する基礎的検討-その1 雨天時の歩行環境に関する意識調査, 日本建築学会九州支部研究報告 第47-2号, 49-52,   2008年
  • 視覚障害者のための傘の降雨騒音低減に関する基礎的検討-その2 疑似降雨実験による傘の材料の比較, 日本建築学会九州支部研究報告 第47-2号, 53-56,   2008年
  • GIS数値地図の精度が沿道騒音の環境基準の評価に及ぼす影響, 日本建築学会九州支部研究報告 第47-2号, 65-68,   2008年
  • 視覚障害者のための傘の降雨騒音低減に関する基礎的検討, 日本音響学会講演論文集, 1519-1522,   2008年
  • 平面道路に面する戸建て住宅地における騒音レベル区間最頻値の簡易予測法, 日本音響学会講演論文集 2008年秋, 1017-1020,   2008年
  • 住宅換気口のアクティブ騒音制御効果に及ぼす 生活音の影響とその改善に関する実験的検討, 日本音響学会講演論文集 2008年秋, 1279-1282,   2008年
  • 視覚障害者のための傘の降雨騒音低減に関する基礎的検討 その3 傘の雨滴衝撃音の音響特性について, 日本音響学会講演論文集 2008年秋, 1571-1574,   2008年
  • アクティブ騒音制御による建物換気口の遮音効果に及ぼす生活音の影響 その1 指向性マイクロホンを用いたANC効果低減の改善, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 239-240,   2008年
  • アクティブ騒音制御による建物換気口の遮音効果に及ぼす生活音の影響 その2 ニューラルネットワークを用いたANC効果低減の改善, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 241-242,   2008年
  • GIS数値地図の精度が道路交通騒音の環境基準の評価に及ぼす影響, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 331-332,   2008年
  • 沿道住宅地の「騒音に係る環境基準」評価のためのGIS数値地図補正法, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集 2008年9月, 77-80,   2008年
  • 建物群背後の道路交通騒音予測法に関する考察, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集 2008年9月, 97-100,   2008年
  • 視覚障害者が雨天時に望む音響情報の音量について, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集 2008年9月, 145-148,   2008年
  • 住宅換気口のアクティブ騒音制御効果に及ぼす生活音の影響-ANC効果低減の改善に関する基礎的検討-, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集 2008年9月, 177-180,   2008年
  • 視覚障害者のための傘の降雨騒音低減に関する基礎的検討, 日本音響学会関西支部 第11回若手研究者交流研究発表会,   2008年
  • 沿道の「騒音に係る環境基準」評価のためのGIS数値地図の補正法, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2008-57, 1-7,   2008年
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測-F2006の盛土道路への拡張(その1), 日本建築学会九州支部研究報告,46-2,97-100,   2007年
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測-F2006の盛土道路への拡張(その2), 日本建築学会九州支部研究報告,46-2,101-104,   2007年
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の簡易予測法 -平面道路に面する地域を対象とした予測式-, 日本建築学会九州支部研究報告,46-2,105-108,   2007年
  • 道路交通騒音の面的評価のための騒音レベルの簡易推計手法, 第5回「循環型住空間システムの構築」フォーラム,九州大学21世紀COEプログラム「循環型住空間システムの構築」,195-201,   2007年
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の区間最頻値の簡易予測法 -平面道路に面する地域の場合-, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2007-18, 1-7,   2007年
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量 その1 F2006の盛土道路への拡張, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 157-158,   2007年
  • 戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量 その2 F2006+の有効性の検証と応用例, 日本建築学会大会学術講演梗概集 D-1, 159-160,   2007年
  • 盛土道路に面する地域における戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集, 69-72,   2007年
  • 平面道路に面する戸建て住宅地における騒音レベル区間最頻値の簡易予測法, 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集, 73-76,   2007年
  • 盛土道路に面する地域における戸建て住宅群による道路交通騒音減衰量の予測法, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2007-51, 1-8,   2007年
  • 音環境の質的記述に関する基礎的研究 -音事象の聴取頻度の記録における単位時間の検討-, 日本音響学会秋季研究発表会講演論文集,687-688,   2006年
  • 遺伝的アルゴリズムの沿道騒音対策選択手法への適用, 日本音響学会騒音・振動研究会資料 N-2006-60,   2006年
  • 都市公園の音環境 -熊本市街地の公園における実測調査-, 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,   2005年
  • アーケード街路における音環境の実態についての実測調査, 日本音響学会建築音響研究会資料 AA-2005-43,   2005年
  • 街路空間における音環境特性の把握 -その2 長崎浜市観光通商店街のアーケード改修工事前後の比較-, 日本建築学会九州支部研究報告,42・2,85-88,   2004年
  • 街路空間における音環境特性の把握 -長崎浜市観光通商店街のアーケード改修工事前後の比較(その1)-, 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,83-84,   2004年
  • 街路空間における音環境特性の把握 -長崎浜市観光通商店街のアーケード改修工事前後の比較(その2)-, 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,85-86,   2004年
  • 街路空間における音環境特性の把握, 日本建築学会九州支部研究報告,41・2,77-80,   2003年
  • アーケードを有する街路空間における音環境特性の把握(その1), 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,201-202,   2003年
  • アーケードを有する街路空間における音環境特性の把握(その2), 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,203-204,   2003年
  • 遮光網を設置した全蓋式アーケード内部の温熱環境, 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,933-934,   2003年
  • 遮光網を設置した全蓋式アーケード内部の気温分布性状と温熱環境, 空気調和・衛生工学会学術講演論文集,261-264,   2003年
  • 商業空間における音の出現率と音量の把握, 日本建築学会九州支部研究報告,40・2,37-40,   2002年
  • 店舗空間における音の出現と音量の把握, 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,75-76,   2002年
  • スーパーマーケット等の店舗空間における音環境の実測調査, 日本音響学会騒音振動研究会資料,N-2002-47,   2002年
  • 商業空間の音環境の現状 -熊本市内のスーパーマーケット等における店内実測調査-, 日本サウンドスケープ協会第8回研究発表会,   2002年
  • 熊本-スウェーデンにおける商業空間の音環境比較, 日本建築学会九州支部研究報告,39・2,121-124,   2001年
  • 商業空間の音環境の現状把握, 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,89-90,   2001年
  • 街路空間における音環境特性の把握(その1), 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,135-136,   2000年
  • 街路空間における音環境特性の把握(その2), 日本建築学会学術講演梗概集,D-1,137-138,   2000年

受賞

  •   2014年12月, 日本音響学会関西支部, ベストコメンテーター賞
  •   2013年08月, 日本建築学会, 奨励賞
  •   2012年10月, International Society of Habitat Engineering and Design, The Honorable Mention Award
  •   2012年05月, 日本騒音制御工学会, 守田栄論文賞
  •   2010年05月, 日本騒音制御工学会, 守田栄論文賞
  •   2009年05月, 日本騒音制御工学会, 研究奨励賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金・基盤(B), 広域環境騒音伝搬予測のための地表面音響特性時空間変動モデルの確立, 大嶋 拓也(新潟大学)
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金・若手(A), ノイズマップ作成・活用に関する総合的研究, 平栗 靖浩
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手(B), ハイパースペクトルデータを用いた地表面吸音境界条件の生成手法の確立, 平栗 靖浩
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤(B), 防災音声放送の聞こえにくさを「見せる化」するハザードマップの推計手法, 大久保 朝直(小林理学研究所)
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤(C), 健康リスク分析のための高レベル道路交通騒音の予測と曝露人口推定法, 藤本 一壽(九州大学)
  • 小野音響学研究助成基金, 研究助成, 屋外音響シミュレーションのための地表面吸音境界条件の生成・設定手法, 平栗 靖浩
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤(B), 数値地形情報を用いた実在地域音響数値解析技術の研究開発, 大嶋 拓也(新潟大学)
  • ニッセイ財団, 環境問題研究助成若手研究, GISを用いた道路交通騒音の環境基準の評価における数値地図データの補正手法に関する研究, 平栗 靖浩
  • サウンド技術振興財団, 研究助成, 「騒音に係る環境基準」の評価のためのGIS数値地図の精度に関する研究, 平栗 靖浩