KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

飯田 彰イイダ アキラ

プロフィール

所属部署名農学部 応用生命化学科 / 農学研究科
職名教授
学位薬学博士
専門生物活性を有する天然物の探索と合成
ジャンル医療・健康/薬と社会
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/791-iida-akira.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    薬用植物やその培養細胞あるいは菌類が生産する有用物質を発見し、それらを「くすり」として開発する研究およびそれらの「健康食品」への応用利用に関する研究を行っています。

学歴・経歴

学歴

  • 1985年04月 - 1989年03月, 京都大学大学院, 薬学研究科博士後期課程
  • 1983年04月 - 1985年03月, 京都大学大学院, 薬学研究科博士前期課程
  • 1979年04月 - 1983年03月, 京都大学, 薬学部, 製薬化学科

経歴

  •   2008年04月,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2006年04月,  - 2008年03月, 高崎健康福祉大学(教授)
  •   1997年04月,  - 2006年03月, 京都大学大学院(准教授)
  •   1996年04月,  - 1997年03月, 京都大学(准教授)

研究活動情報

研究分野

  • 薬学, 化学系薬学

研究キーワード

  • 天然物化学, 有機合成化学, 生物有機化学

論文

  • Design, synthesis, and evaluation of DNA topoisomerase II-targeted nucleosides, 飯田 彰, Bioorg. Med.Chem., 25, 4133, 4144,   2017年, 査読有り
  • The anti-obesity effect of Taheebo (Tabebuia avellanedae Lorentz ex Griseb) extract in ovariectomized mice and the identification of a potential anti-obesity compound, 飯田 彰, Biochem. Biophys. Res.Commun., 473, 3, 1136, 1140,   2016年, 査読有り
  • Antioxidant responses of selenium-enriched broccoli sprout (Brassica oleracea) to paraquat exposure, 飯田 彰, Biomedical Research on Trace Elements, 27, 1, 8, 14,   2016年, 査読有り
  • One-pot synthesis of polyhydropyrido[1,2-a]indoles and tetracyclic quinazolinones from 2-arylindoles using copper-mediated oxidative tandem reactions, 飯田 彰, Tetrahedron, 72, 4123, 4131,   2016年, 査読有り
  • A-ring modified betulinic acid derivatives as potent cancer preventive agents., Hung HY, Nakagawa-Goto K, Tokuda H, Iida A, Suzuki N, Bori ID, Qian K, Lee KH, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 24, 3, 1005, 1008,   2014年02月, 査読有り
  • Copper-mediated oxidative tandem reactions with molecular oxygen: synthesis of 2-arylbenzoxazinone derivatives from indole, 山下光明,飯田 彰, Tetrahedron Letters, 55, 18, 2991, 2993,   2014年, 査読有り
  • One-pot approach to 2-arylbenzoxazinone derivatives from 2-alkynylanilines using copper-mediated tandem reactions, 山下光明,飯田 彰, Tetrahedron, 70, 35, 5746, 5751,   2014年, 査読有り
  • Chemoprevention of skin cancer: effect of Lawsonia inermis L. (Henna) leaf powder and its pigment artifact, lawsone in the Epstein- Barr virus early antigen activation assay and in two-stage mouse skin carcinogenesis models., Kapadia GJ, Rao GS, Sridhar R, Ichiishi E, Takasaki M, Suzuki N, Konoshima T, Iida A, Tokuda H, Anti-cancer agents in medicinal chemistry, 13, 10, 1500, 1507,   2013年12月, 査読有り
  • Oral chemoprevention of skin cancer in mice by benzophenone sunscreens dioxybenzone and octabenzone in drinking water., Rao GS, Tokuda H, Ichiishi E, Takasaki M, Iida A, Suzuki N, Konoshima T, Kapadia GJ, Anticancer research, 33, 6, 2535, 2540,   2013年06月, 査読有り
  • Synergistic cytotoxicity of red beetroot (Beta vulgaris L.) extract with doxorubicin in human pancreatic, breast and prostate cancer cell lines., Kapadia GJ, Rao GS, Ramachandran C, Iida A, Suzuki N, Tokuda H, Journal of complementary & integrative medicine, 10,   2013年06月, 査読有り
  • Chemopreventive effect of sarcophine-diol on NOR-1-induced TPA-promoted skin carcinogenesis in female HOS:HR-1 mice., Szymanski PT, Ahmed SA, Khalifa S, Tokuda H, Ichiishi E, Iida A, Suzuki N, Fahmy H, Natural product communications, 8, 2, 153, 154,   2013年02月, 査読有り
  • Copper-catalyzed tandem intramolecular cyclization/coupling reaction: solvent effect on reaction pathway, 山下光明,野呂 俊晃 飯田 彰, Tetrahedron Letters, 54, 50, 6848, 6851,   2013年, 査読有り
  • Concise synthesis of heterocycle-fused naphthoquinones by employing sonogashira coupling and tandem addition-elimination/intramolecular cyclization., Ueda K, Yamashita M, Sakaguchi K, Tokuda H, Iida A, Chemical & pharmaceutical bulletin, 61, 6, 648, 654,   2013年, 査読有り
  • Synthesis and evaluation of bioactive naphthoquinones from the Brazilian medicinal plant, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, Bioorg. Med. Chem., 17, 17, 6286, 6291,   2009年09月, 査読有り
  • Cancer preventive agents 11. Novel analogs of dimethyl dicarboxylate biphenyl as potent cancer chemopreventive agents(†)., Hung HY, Nakagawa-Goto K, Tokuda H, Iida A, Suzuki N, Morris-Natschke SL, Lee KH, Pharmaceutical biology, 50, 1, 18, 24,   2012年01月, 査読有り
  • Cytotoxic effect of the red beetroot (Beta vulgaris L.) extract compared to doxorubicin (Adriamycin) in the human prostate (PC-3) and breast (MCF-7) cancer cell lines., Kapadia GJ, Azuine MA, Rao GS, Arai T, Iida A, Tokuda H, Anti-cancer agents in medicinal chemistry, 11, 3, 280, 284,   2011年03月, 査読有り
  • One-pot synthesis of benzo[f]indole-4,9-diones from 1,4-naphthoquinones and terminal acetylenes., Yamashita M, Ueda K, Sakaguchi K, Tokuda H, Iida A, Chemical & pharmaceutical bulletin, 59, 10, 1289, 1293,   2011年, 査読有り
  • Stereoselective synthesis and cytotoxicity of a cancer chemopreventive naphthoquinone from Tabebuia avellanedae., Yamashita M, Kaneko M, Iida A, Tokuda H, Nishimura K, Bioorganic & medicinal chemistry letters, 17, 23, 6417, 6420,   2007年12月, 査読有り
  • Antiproliferative activity of Rhinacanthus Nasutus (L.) Kurz extracts and the active moiety, rhinacanthin C, 後藤, 飯田 彰, Biol. Pharm. Bull., 27, 7, 1070, 1074,   2004年07月, 査読有り
  • Xanthone Derivatives from Swertia kouitchensis, 飯田 彰, Natural Medicines, 58, 4, 167,   2004年
  • Stereoselective Synthesis and Biological Evaluation of A Cancer Chemopreventive Naphthoquinone from Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, Bioorg. Med, 17, 6417, 6420,   2007年
  • Anticarcinogenic compounds in the Uzbek medicinal plant, Helichrysum maracandicum, 矢倉, 飯田 彰, Journal of Natural Medicines, 62, 2, 174, 178,   2008年04月, 査読有り
  • A ternary complex reagent for an asymmetric Michael reaction of lithium ester enolates with enoates, 山本, 飯田 彰, Tetrahedron Letters, 49, 31, 4582, 4584,   2008年
  • 2-O-beta-D-Glucopyranosyl-sn-glycerol based analogues of sulfoquinovosyldiacylglycerols (SQDG) and their role in inhibiting Epstein-Barr virus early antigen activation, Diego Colombo, 飯田 彰, Bioorg. Med, 17, 16, 5968, 5973,   2009年08月, 査読有り
  • Short regioselective chemoenzymatic synthesis and biological evaluation of 1-O-acyl-2-O-(β-D-sulfoquinovo-pyranosyl)-sn-glycerols, Diego Colombo, 飯田 彰, Eur. J. Org. Chem., 34, 6019, 6026,   2009年
  • 香りが与えるエストロゲン様活性とストレス軽減・緩和効果について, 澤邊 昭義, 戸嶋 猛, 中谷 太一, 竹田 竜嗣, 飯田 彰, 高橋 一弘 山口 隆司, Aroma Research, 49, 58, 63,   2012年02月

書籍等出版物

  • Proceedings of the 4th European Conference on Chemistry for Life Science, Food additives or Cosmetic ingredients in Plygonum cuspidatum, 澤邊 昭義, 中村 貴俊, 藤井 善之, 竹田 竜嗣, 飯田 彰, 共著, Medimond s.r.l.,   2011年12月
  • Proceedings of First AFSSA Conference on Food Safety and Food Security, GEO-REX RAPID ANALYSIS ASSESSMENT OF HEAVY METALS IN RICE, PADDY-RICE, AND SOILS., 澤邊 昭義, 仲川 一彰, 竹田 竜嗣, 飯田 彰, 米虫 節夫, 玉木 聡史 岩佐 航一郎, 共著, Asian Food Safety and Security Association,   2013年01月

講演・口頭発表等

  • Copper-mediated Oxidative Tandem Reactions: One-pot synthesis of Polyhydropyrido[1,2-a]indoles and Tetracyclic Quinazolinones from 2-Arylindoles, 飯田 彰, 18th TETRAHEDRON SYMPOSIUM Asia Edition ,   2017年07月
  • Anti-obesity Effect of Taheebo Extract in Ovariectomized Mice, 飯田 彰, AIMECS 2017 ,   2017年07月
  • Synthesis of Dual Inhibitor of Topoisomerase II and Histone Deacetylase, 飯田 彰, AIMECS 2017,   2017年07月
  • Chemopreventive activity of trichothecenes from Trichothecium roseum and their derivatives, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) ,   2015年12月
  • Production of bioactive furanonaphthoquinones by callus cultures of the Brazilian medicinal plant, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015),   2015年12月
  • The effect of the Brazilian medicinal plant Myrcia sphaerocarpa on hyperglycemia and its active constituents, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) ,   2015年12月
  • Production of chemopreventive naphthoquinones by callus cultures of Catalpa bungei, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) ,   2015年12月
  • Anti-oxidative constituents of the Brazilian traditional medicine, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) ,   2015年12月
  • Production of bioactive furanonaphthoquinones by callus cultures of the Brazilian medicinal plant, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, The 15th Tetrahedron Symposium ,   2014年10月
  • Synthesis and evaluation of bioactive naphthoquinones from the Brazilian medicinal plant, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, The 15th Tetrahedron Symposium ,   2014年10月
  • Synthesis of 2-Arylbenzoxazinone Derivatives from Indoles using Copper-mediated Oxidative Tandem Reactions with Molecular Oxygen, 飯田 彰, The 15th Tetrahedron Symposium ,   2014年10月
  • Copper-mediated Tandem Intramolecular Cyclization/Coupling Reaction: Solvent Effect on Reaction Pathway, 飯田 彰, The 15th Tetrahedron Symposium ,   2014年10月
  • Conjugates of Antitumor Naphthoquinones with NSAIDs: Synthesis and Evaluation of New Class of Cancer-preventing Agents, 飯田 彰, AIMECS 2013 ,   2013年10月
  • Production of Antitumor Furanonaphthoquinones by Callus Cultures of The Brazilian Medicinal plant, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, AIMECS 2013,   2013年10月
  • Conjugates of Naphthoquinones Isolated from Tabebuia avellanedae with NSAIDs: Synthesis and Evaluation of New Class of Cancer-preventing Agents, 飯田 彰, The 13th Tetrahedron Symposium,   2012年11月
  • One-pot Synthesis of Indolequinones from 1,4-Naphthoquinones and Terminal Acetylenes, 飯田 彰, The 13th Tetrahedron Symposium ,   2012年11月
  • Concise Synthesis of Heterocycle-fused Naphthoquinones Utilizing A Tandem Addition-elimination/intramolecular Cyclization Reaction, 飯田 彰, The 13th Tetrahedron Symposium ,   2012年11月
  • Synthesis of Indolequinones by Cascade Reaction of Sonogashira Coupling and Intramolecular Cyclization, 飯田 彰, AIMECS 2011,   2011年11月
  • Efficient Synthesis of Antitumor Furanonaphthoquinone Utilizing Sonogashira Coupling and Hyolysis-cyclization Reaction, 飯田 彰, AIMECS 2011,   2011年11月
  • CHEMOPREVENTIVE EFFECTS OF TRADITIONAL HERB TEA, TABEBUIA AVELLANEDAE ON IN VITRO AND IN VIVO CARCINOGENESIS SYSTEM, 飯田 彰, 11th European Nutrition Conference,   2011年10月
  • Chemopreventive effects of Brazilian traditional medicine, Tabebuia avellanedae on in vitro and in vivo carcinogetic systems, 飯田 彰, Second AACR Conference on Frontiers in Basic Cancer Research,   2011年09月
  • Synergistic cytotoxic effects of red beetroot (Beta vulgaris) food colorant E162 with anticancer drug doxorubicin (Adriamycin) against human prostate, Breast and Pancreatic tumor cells, 飯田 彰, 52th Annual Meeting of American Society of Pharmacognosy ,   2011年07月
  • The tea type Brazilian herb prevent lung cancer induced by 4-nitoroquinoline 1-oxie and glycerol, 飯田 彰, An AACR Special Conference “Stem cells, Development, and Cancer”,   2011年03月
  • Physiological activities of health tea in Shimane, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2010年12月
  • Skin-whitening agents in Smilax glabra, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2010年12月
  • Atherosclerosis inhibitors in wine compression residue, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ,   2010年12月
  • Environmental analysis and water quality exposure monitoring of Yamato river water system using an in vitro bioassay system in Japan, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2010年12月
  • Production of bioactive furanonaphthoquinones by callus cultures of the Brazilian medicinal plant, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ,   2010年12月
  • Stereoselective synthesis and biological evaluation of bioactive constituents from the Brazilian plant Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2010年12月
  • Search for anti-inflammatory compounds using the SENCAR mouse-induced SST cells, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ,   2010年12月
  • Chemopreventive activity of Brazilian herbal tea, Tabebuia avellanedae;, 飯田 彰, The 4th International Conference O-CHA (Tea) Culture and Science,   2010年10月
  • Environmental Analysis and Water Quality Exposure Monitoring of Environmental Waters using an In Vitro Bioassay System in Nara. II, 飯田 彰, The 26th Annual Conference on Soils, Sediments, Water and Energy ,   2010年10月
  • Heavy metal accumulation of Phytolacca americana hairy root, 飯田 彰, he 26th Annual Conference on Soils, Sediments, Water and Energy,   2010年10月
  • Antiallergic active agents in Plygonum cuspidatum , 飯田 彰, 25th International Conference on Polyphenols ,   2010年08月
  • Environmental analysis and water quality exposure monitoring of Yamato river water system using an in vitro bioassay system in Nara, 飯田 彰, The 58th Annual Conference on Mass Spectrometry and The 1st Asian & Oceanic Mass Spectrometry Conference ,   2010年06月
  • Prevention of MAPK pathway by Brazilian medicinal plant, Tabebuia avellanedae on peroxynitrite induced carcinogenesis, 飯田 彰, 101th Annual Meeting of American Association for Cancer Research,   2010年04月
  • CHEMOPREVENTATIVE COMPONENTS FROM BRAZILIAN MEDICINAL PLANT, TABEBUIA AVELLANEDAE, 飯田 彰, The 50th Anniversary Meeting of the American Society of Pharmacognosy,   2009年07月
  • ANTI-PROLIFERATIVE ACTIVITY OF THE TABEBUIA AVELLANEDAE EXTRACT AND ITS COMPONENTS, 飯田 彰, The 50th Anniversary Meeting of the American Society of Pharmacognosy ,   2009年06月
  • Regulation of the cell cycle on progression in A549 human lung cells and MCF-7 human breast cells treatment by Brazilian medicinal plant, 飯田 彰, 8th Annual meeting of American Society for Cell Biology ,   2008年12月
  • Anti-cancer properties of extracts and constituents from Brazilian medicinal plant, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, 5th International Conference of Society for Integrative Oncology ,   2008年11月
  • Chemopreventive effects of Brazilian herb oral feeding on UVB induced photocarcinogensis, 飯田 彰, Seventh Annual AACR International Conference Frontiers in Cancer Prevention Research ,   2008年11月
  • CONVENTIONAL SCREENING METHOD OF SHORT TERM IN VITRO ASSAY FOR CHEMOPREVENTIVE AGENTS, 飯田 彰, 9th International Conference for Cell Biology ,   2008年10月
  • Tabebuia avellanedae and its constituents as antagonists of human derived tumor cells, 飯田 彰, 7th Joint Meeting of AFERP, ASP, GA, PSE & SIF,   2008年08月
  • Anti-cancer properties of extracts and constitutes from Brazilian medicinal plant, 飯田 彰, Second JCA-AACR Special Joint Conference “The Latest Advances in Breast Cancer Research from Basic Science to Therapeutic”,   2008年07月
  • Tabebuia avellanedae extract and its constituents as natural anti-tumor and anti-tumor promoting substance, 飯田 彰, Society for Integrative Oncology Shanghai International Symposium,   2008年04月
  • Growth inhibitory effects of naphthoquinones type compound in human original cancer cell line, 飯田 彰, 99th Annual Meeting of American Associaiton for Cancer Research,   2008年04月
  • Evaluation for anti-tumor and anti-tumor promoting activity from herbal medicine, Tabebuia avellanedae and its constituents, 飯田 彰, 4th International Conference of SIO ,   2007年11月
  • Cancer chemopreventive activity of a traditional plant against advanced glycation endproduct-induced carcinogenesis, 飯田 彰, 48th Annual Meeting of American Society of Pharmacognosy,   2007年07月
  • Efficacy evaluation of Brazilian herbal material against tumor promoting stage, 飯田 彰, 10th European Nutrition Conference,   2007年07月
  • Ultraviolet B light initiating activity of two-stage mouse skin carcinogenesis and its regulation of cGMP, 飯田 彰, 3rd International Conference on cGMP,   2007年06月
  • Chemopreventive Activity of Natural Source Compounds against Advanced Glycation Endproduct Induced Carcinogenesis, 飯田 彰, 98th Annual Meeting of American Associaiton for Cancer Research,   2007年04月
  • ANTI-TUMOR ANDANTI-TUMOR PROMOTING ACTIVITY FROM BRAZILIAN TRADITIONAL MEDICINE,TABEBUIA AVELLANEDAE, 飯田 彰, American Association for Cancer Research and American Chemical Society joint Conference,   2007年02月
  • Chemopreventive Constituents of Brazilian Traditional Medicine, Tabebuia avellanedae (Taheebo), 飯田 彰, The 9th International Congress on Ethnopharmacology,   2006年08月
  • Chemopreventive Effect of Brazilian Traditional Medicine, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, The 47th Annual Meeting of the American Society of Pharmacy,   2006年08月
  • Chemopreventive Effect of Brazilian Traditional Medicine, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, 4th International Conference on Aromatic and Medicinal Plants From French Overseas Regions,   2006年07月
  • Chemopreventive activity of natural compoinds on nitric acid donors induced mouse skin carcinogegenesis, 飯田 彰, Fourth International Conference Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide ,   2006年06月
  • Potential natural compounds for chemopreventive activity on UVB-induced carcinogenesis, 飯田 彰, American Association for Cancer Research 97th Annual Meeting 2006 ,   2006年04月
  • Design and synthesis nucleoside-based on novel topoisomerase II inhibitors, 飯田 彰, PACIFICHEM 2005,   2005年12月
  • Chemopreventive activity of nitric oxide donors induced by natural resource compounds, 飯田 彰, PACIFICHEM 2005,   2005年12月
  • Chemopreventive Effect of Brazilian Traditional Medicine, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, PACIFICHEM 2005,   2005年12月
  • Chemopreventive Activity of Naturally Occurring Compounds against Advanced Glycation Endproducts Induced Carcinogenesis, 飯田 彰, International Congress and 53rd Annual Meeting of the Society for Medicinal Plant Research,   2005年08月
  • Chemopreventive Activity of Natural Compounds on Nitric Oxide Donors Induced Mouse Skin Carcinogenesis, 飯田 彰, International Congress and 53rd Annual Meeting of the Society for Medicinal Plant Research,   2005年08月
  • Chemopreventive Effect of Brazilian Traditional Medicine, Tabebuia avellanedae, 飯田 彰, nternational Congress and 53rd Annual Meeting of the Society for Medicinal Plant Research,   2005年08月
  • Brazilian Traditional Medicine, Tabebuia avellanedaeext.: A New Useful Tea as Chemopreventor, 飯田 彰, ISCap Symposium in Kyoto,   2005年05月
  • DESIGN AND SYNTHESIS OF NUCLEOSIDE-BASED NOVEL TOPOISOMERASE II INHIBITORS, 飯田 彰, 6th Australia/Japan Synposium on Drug Design & Development,   2004年07月
  • Design and Synthesis of Nucleoside-based DNA Topoisomerase II Inhibitors, 飯田 彰, Korea-Japan Young Scientists Joint Symposium,   2003年07月
  • A Novel Tumor Promoting Sesquiterpene from Trichothecium roseum, 飯田 彰, 3rd IUPAC 2002 International Symposium on the Chemistry of Natural Products,   2002年07月
  • TRICHOTHECINOL A, B and C, POTENT ANTITUMOR PROMOTOING SESQUITERPENOIDS FROM TRICHOTHECIUM ROSEUM, 飯田 彰, 43rd Annual Meeting of the American Chemical Society of Pharmacognosy and 3rd Monroe Wall Symposium,   2002年07月
  • Formal total synthesis of (+)-calonectrin, 飯田 彰, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ,   2000年12月
  • External Chiral Ligand Controlled Asymmetric Michael Addition of Lithium Ester Enolates to alpha, beta-Unsaturated Esters, 飯田 彰, The 8th International Conference on New Aspects of Organic Chemistry,   2000年07月
  • Enantioselective conjugate addition reaction of organolithiums with BHA enoates mediated by an external chiral ligand, 飯田 彰, The 7th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry,   1997年11月
  • 3-DEOXYURSOLIC ACID, A NOVEL HUMAN DNA TOPOISOMERASE II INHIBITOR, 飯田 彰, International Symposium on Natural Medicines,   1997年10月
  • ION CHANNEL PROPERTIES AND ACTIVITY OF CATECHOLAMINE SECRETING ACTIVITY OF PEPTAIBOLSTRICHOSPORIN-B-VIA, AND ITS DERIVATIVES, 飯田 彰, The Fourth International Conferenceon Biotechnology of Microbial Products: Novel Pharmacological and Agrobiological Activities,   1995年04月
  • TRICHOCELLINS, CHANNEL-FORMINHG PEPTIDES FROM TRICHODERMA VIRIDE, 飯田 彰, The Fourth International Conferenceon Biotechnology of Microbial Products,   1995年04月
  • New Peptaibols from Trichoderma viride, 飯田 彰, International Conference on Biological Mass Spectrometry,   1992年09月
  • Structural Elucidation of New Antibiotic Peptides from Hypocrea peltata, 飯田 彰, International Conference on Biological Mass Spectrometry,   1992年09月
  • Synthesis of Trichosporin-B-VIa and VIb, Which cause Catecholamine Secretion from Adrenal Chromaffin Cells, 飯田 彰, 18th IUPAC Symposium on the Chemistry of Natural Products,   1992年08月
  • Identification of New Antibiotics from Trichoderma polysporu, 飯田 彰, The 39th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics,   1991年04月
  • Stractural Determination of of New Antibiotic Peptides from Trichoderma Harzianum, 飯田 彰, The 17th IUPAC International Symposium on the Chemistry of Natural Products,   1989年10月
  • Structure of Trichosporin-B-IIIb, c, IVb, c, d and VIa, b from Trichoderma polysporum, 飯田 彰, The Meeting on Peptides Forming Voltage Dependent Channels ,   1988年10月
  • Isolation of Antibiotic Peptides, Hypelecin-B-I, II, III, IV, and V from Hypocrea peltata, 飯田 彰, The Meeting on Peptides Forming Voltage Dependent Channels,   1988年10月
  • Conformational Analysis of Trichosporin-B-V by CD and NMR Spectroscopy, 飯田 彰, 1988 The 16th IUPAC International Symposium on the Chemistry of Natural Products,   1988年05月
  • Trichosporin-B-III causes Catecholamine Secretion from Adrenal Chromaffin Cells: A Possible Voltage-Dependent Ca2+ Channel Forming Ionophore, 飯田 彰, 1st IUBMB Coference Biochemistry of Diseases

作品

  • トルコ系民族の伝統薬物に関する比較調査研究(2),   2001年

MISC

  • トポイソメラーゼIIとヒストン脱アセチル化酵素に対するdual inhibitorの合成と評価, 早川眞矢, 山下光明, 一瀬敦史, 佐藤唯, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.26R‐pm11S,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702224223978140
  • がん予防作用としての南米大陸産薬用植物の評価, 徳田春邦, 福田陽一, 山下光明, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.25PB‐am204,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702256225579552
  • 既知の薬用植物によるがん予防作用の評価, 徳田春邦, 福田陽一, 山下光明, 飯田彰, がん予防学術大会プログラム・抄録集, 2017, 49,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702268183058923
  • 銅触媒による酸化的タンデム反応の開発:pyrido[1,2‐a]indolesとtetracyclic quinazolinonesの2‐アリールインドールからのワンポット合成, 山下光明, 西薗縁, 姫川征也, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 137th, ROMBUNNO.25PA‐pm003,   2017年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702283325381751
  • メルローワインに含まれるAGEs生成阻害物質の探索, 沢辺昭義, 山下敦之, 岡本和浩, 竹田竜嗣, 飯田彰, 米虫節夫, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 27, 2, 62‐63,   2016年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702246839957591
  • HDAC阻害剤K32がTrichothecium roseum代謝能に与える影響, 西村耕一, 福田陽一, 山下光明, 飯田彰, 上里新一, 日本防菌防ばい学会年次大会要旨集, 43rd, 251,   2016年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602249746796912
  • Trichothecium roseum代謝産物の化学的研究, 中嶋仁美, 福田陽一, 山下光明, 飯田彰, 日本防菌防ばい学会年次大会要旨集, 43rd, 250,   2016年09月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602266039511486
  • 酵母Two Hybrid Assayを用いた奈良近郊の溜め池に生息するアゾラに含まれるRAR結合活性物質の評価, 澤邊昭義, 向井渉子, 笹井勝章, 中島大介, 白石不二雄, 竹田竜嗣, 飯田彰, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 25th, ROMBUNNO.P‐074,   2016年06月06日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602211102747366
  • ワイン成分のアンチエイジング効果とワイン圧搾残渣の有効利用, 沢辺昭義, 川村晴希, 吉田裕一, 竹田竜嗣, 飯田彰, 濱原典正, 米虫節夫, 川上浩平, 頓宮美樹, 山田高也, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2016, 3B019 (WEB ONLY),   2016年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602231408014280
  • DNAトポイソメラーゼII型阻害剤とヒストン脱アセチル化酵素阻害剤とのハイブリッド化合物の合成と評価, 山下光明, 早川眞矢, 佐藤唯, 田原照之, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 136th, ROMBUNNO.28AB‐AM221S,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602234740505502
  • ブラジル産薬用植物,タベブイア・アベラネダエが有するがん予防作用, 徳田春邦, 福田陽一, 山下光明, 飯田彰, 日本フードファクター学会学術集会講演要旨集, 21st, 40,   2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702272447284521
  • ブラッククイーンワインに含まれるAGEs生成阻害物質の探索, 沢辺昭義, 足立亜里寿, 竹田竜嗣, 飯田彰, 米虫節夫, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 26, 2, 84, 85,   2015年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502201933219017
  • ブドウ由来ポリフェノール類の動脈硬化抑制作用, 澤邊昭義, 川村春希, 竹田竜嗣, 山田高也, 頓宮美樹, 川上浩平, 飯田彰, 濱原典正, 米虫節夫, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 59th, 170, 172,   2015年09月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602209181901431
  • Trichothecium roseum代謝産物の化学的研究 その1), 下浦香帆, 福田陽一, 山下光明, 飯田彰, 日本防菌防ばい学会年次大会要旨集, 42nd, 247,   2015年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602212012960732
  • Trichothecium roseum代謝産物の化学的研究 その2), 高橋宏介, 福田陽一, 山下光明, 飯田彰, 日本防菌防ばい学会年次大会要旨集, 42nd, 248,   2015年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602255087918307
  • Trichothecium roseumから単離されたトリコテセン類の抗発がんプロモーター活性, 藤原瑞樹, 福田陽一, 山下光明, 飯田彰, 日本防菌防ばい学会年次大会要旨集, 42nd, 249,   2015年08月31日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602274165653755
  • 汚染土壌の汚染源調査と民間側としての対処について, 澤邊昭義, 木下卓耶, 竹田竜嗣, 飯田彰, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 24th, ROMBUNNO.P‐161,   2015年06月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602287083674259
  • 銅触媒と分子状酸素を用いた2‐アリールインドールの酸化的タンデム反応の開発, 山下光明, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 135th, ROMBUNNO.27PB-AM113,   2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502284251747609
  • Tabebuia avellanedaeの抗酸化および骨吸収阻害活性, 上田和典, 上田和典, 笠井彩加, 土岐倉千智, 福田陽一, 福田陽一, 山下光明, 財満信宏, 森山達哉, 飯田彰, 機能性食品と薬理栄養, 8, 5, 461,   2014年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502203913892885
  • ピノ・ノワールワイン圧搾残渣に含まれる抗糖化作用物質の探索, 沢辺昭義, 吉田裕一, 藤山翔一朗, 竹田竜嗣, 飯田彰, 濱原典正, 米虫節夫, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 25, 2, 79, 80,   2014年08月18日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402208590513280
  • アゾラのRAR結合活性物質, 澤邊昭義, 向井渉子, 松山大樹, 中島大介, 白石不二雄, 竹田竜嗣, 飯田彰, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 23rd, ROMBUNNO.3B-06,   2014年05月14日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402219485219475
  • ヘテロ環縮合ナフトキノン類の簡便合成とその生物活性, 上田和典, 山下光明, 阪口晃一, 徳田春邦, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.29PMM-123,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402204285228154
  • 南米薬樹タヒボの魅力―がんから骨まで―, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 17th, 50,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402213229360383
  • 銅触媒を用いたタンデム型3位置換インドール合成:非プロトン性極性溶媒の効果, 山下光明, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 134th, ROMBUNNO.29PMM-055,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402221579423879
  • 伝統薬物タヒボの生理活性とそ有効成分, 上田和典, 福田陽一, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 14th, 361,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402270775322470
  • フトモモ科ペドラ・ウメ・カーの血糖降下作用成分, 飯田彰, 上田和典, 大川貴弘, 岩竹さゆり, 山本美里, 福田陽一, 山下光明, 財満信宏, 森山達哉, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 17th, 86,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402294107811856
  • 伝統薬物タヒボの抗酸化および骨吸収阻害活性成分, 上田和典, 笠井彩加, 土岐倉千智, 福田陽一, 山下光明, 財満信宏, 森山達哉, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 17th, 88,   2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402296693678291
  • 南米産タヒボの抗腫瘍およびがん予防効果とその活性成分の効率的生産, 上田和典, 竹中章泰, 福田陽一, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 日本統合医療学会誌, 6, 3, 152,   2013年12月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402207674124517
  • 伝承薬物タヒボの抗酸化および抗炎症作用, 福田陽一, 上田和典, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 日本統合医療学会誌, 6, 3, 151,   2013年12月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402284165902432
  • ブラジル原産タヒボの抗腫瘍およびがん予防効果とその活性成分, 上田和典, 福田陽一, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 機能性食品と薬理栄養, 8, 1, 138,   2013年12月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402206051431684
  • ワインやブドウに含まれる成分が肌の老化を抑える, 沢辺昭義, 川端博美, 向井渉子, 竹田竜嗣, 飯田彰, 米虫節夫, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 24, 2, 87, 88,   2013年11月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402217087491782
  • 南米薬樹タヒボの抗腫瘍およびがん予防効果, 上田和典, 福田陽一, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 5th, 223, 225,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302286134880681
  • 伝承薬物Tabebuia avellanedaeの抗酸化および抗炎症作用, 笠井彩加, 上田和典, 福田陽一, 山下光明, 鈴木郁功, 徳田春邦, 飯田彰, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 5th, 226, 228,   2013年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302294532797150
  • Trichothecium roseum代謝産物の化学的研究, 橋本和樹, 福田陽一, 上田和典, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 日本防菌防ばい学会年次大会要旨集, 40th, 74,   2013年09月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402240717385384
  • 抗菌活性フラノナフトキノン類の合成, 上田和典, 阪口晃一, 本田康弘, 福田陽一, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 日本防菌防ばい学会年次大会要旨集, 40th, 82,   2013年09月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402265664815538
  • オクラ毛状根の重金属吸収能力測定, 澤邊昭義, 高田峻輔, 山口秀典, 徳田浩一郎, 竹田竜嗣, 飯田彰, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 22nd, ROMBUNNO.1PB-16,   2013年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302253343259409
  • 薬樹タヒボの抗腫瘍活性とその活性本体について, 上田和典, 福田陽一, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 16th, 87,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302203397783734
  • 南米産タヒボの抗酸化および抗炎症作用に関するエビデンス, 上田和典, 笠井彩加, 福田陽一, 山下光明, 太田富久, 徳田春邦, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 16th, 88,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302240658327378
  • ヘテロ環縮合ナフトキノン類の簡便合成法とがん細胞の成長抑制効果, 上田和典, 山下光明, 阪口晃一, 徳田春邦, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, ROMBUNNO.30PMA-786,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302263533731223
  • 薬樹タヒボの生物活性に関する新知見, 上田和典, 福田陽一, 鈴木郁功, 徳田春邦, 山下光明, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 133rd, ROMBUNNO.28PMA-194,   2013年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302270337145827
  • 伝統薬物タヒボの抗がん活性, 飯田彰, 上田和典, 福田陽一, 山下光明, 徳田春邦, 日本統合医療学会誌, 5, 3, 139,   2012年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202205803640279
  • ブラジル産薬用植物タヒボの抗酸化能評価, 上田和典, 福田陽一, 鈴木郁功, 徳田春邦, 山下光明, 飯田彰, 日本統合医療学会誌, 5, 3, 138,   2012年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202211324884929
  • ワイン圧搾残渣に含まれる抗糖化作用物質の探索, 川村晴希, 竹田竜嗣, 飯田彰, 若林雄平, 濱原典正, 米虫節夫, 沢辺昭義, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 23, 2, 96, 97,   2012年11月17日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202210075592207
  • Tabebuia avellanedaカルスによる抗がん活性ナフトキノン類の生産, 竹中章泰, 上田和典, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 19th, 149, 151,   2012年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302260384011400
  • 伝統薬物タヒボに含まれる抗がん活性ナフトキノン類の簡便合成とその増殖抑制作用, 上田和典, 山下光明, 阪口晃一, 鵜飼勇介, 徳田春邦, 飯田彰, 天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集, 19th, 39, 41,   2012年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302296637149297
  • 複素環縮合ナフトキノン類の効率的合成法の開発, 上田和典, 山下光明, 阪口晃一, 鵜飼勇介, 徳田春邦, 飯田彰, 複素環化学討論会講演要旨集, 42nd, 297, 298,   2012年09月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302257589049450
  • 酵母アッセイ法を用いた植物由来環境ホルモン様活性物質の探索(2), 沢辺昭義, 向井渉子, 笹井勝章, 澤本拓真, 中島大介, 白石不二雄, 竹田竜嗣, 飯田彰, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 21st, ROMBUNNO.P-205,   2012年07月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202232901045955
  • 香りが与えるエストロゲン様活性とストレス軽減・緩和効果について, 澤邊昭義, 戸嶋猛, 中谷太一, 竹田竜嗣, 飯田彰, 高橋一弘, 山口隆司, Aroma Res, 13, 1, 58, 63,   2012年02月28日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202226294741963
  • 南米薬樹タヒボの抗炎症活性評価, 福田陽一, 上田和典, 金澤由佳, 徳田春邦, 山下光明, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 15th, 45,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202203171710761
  • 伝統薬物タヒボの抗酸化作用, 上田和典, 福田陽一, 鈴木郁功, 徳田春邦, 山下光明, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 15th, 56,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202213188290508
  • 伝統薬物タヒボの抗がん活性と医薬品開発への展開, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 15th, 89, 90,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202268962799108
  • ブラジル産有用植物,タベブイア・アベラネダエのマウス肝二段階発がんモデルでの評価, 徳田春邦, 金子雅文, 山下光明, 飯田彰, 鈴木信孝, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 15th, 58,   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202277981481703
  • 紫外線B誘発発がんにおける伝統薬用植物によるMAPK伝達系での抑制, 徳田春邦, 金子雅文, 山下光明, 飯田彰, 鈴木信孝, 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 35th, 4P-0371 (WEB ONLY),   2012年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302291047557819
  • ワイン圧搾残渣に含まれる血糖調節活性物質の探索, 中谷太一, 竹田竜嗣, 飯田彰, 松浦信康, 若林雄平, 濱原典正, 米虫節夫, 沢辺昭義, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 22, 2, 98, 99,   2011年11月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201202290770895125
  • 発酵タヒボの化学的および生物学的評価, 上田和典, 山嶋千絵, 飯田彰, 徳田春邦, 金子雅文, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 4th, 167, 169,   2011年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102276855774220
  • 酵母アッセイ法を用いた植物由来環境ホルモン様活性物質の探索, 笹井勝章, 澤本拓真, 中島大介, 白石不二雄, 飯田彰, 沢辺昭義, 環境化学討論会要旨集(CD-ROM), 20th, ROMBUNNO.2C-01,   2011年07月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102216767778662
  • イタドリに含まれる抗アレルギー活性物質の探索, 川村晴希, 竹田竜嗣, 中村貴俊, 藤井善之, 井上俊夫, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011, 227,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102215489228676
  • 梅の機能性物質の探索, 沢辺昭義, 中谷太一, 竹田竜嗣, 飯田彰, 東海林大介, 濱田洋, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011, 23,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102228985054232
  • 植物芳香成分による精神的な環境ストレス緩和評価, 沢辺昭義, 戸島猛, 竹田竜嗣, 湯川千代樹, 田中清文, 飯田彰, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011, 235,   2011年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102248216003456
  • 発酵タヒボのがん予防効果, 飯田彰, 徳田春邦, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 14th, 50,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102226903698126
  • ブラジル産薬用植物タベブイア・アベラネダエを用いた腫瘍増殖初期段階での抑制評価, 徳田春邦, 金子雅文, 山下光明, 飯田彰, 鈴木信孝, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 14th, 53,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102256311662303
  • ブラジル産薬用植物タベブイア・アベラネダエを用いた後期段階生成物誘発発がんに対する予防作用, 徳田春邦, 鈴木信孝, 山下光明, 金子雅文, 飯田彰, がん予防大会プログラム・抄録集, 2011, 85,   2011年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201102270705974281
  • ワイン圧搾残渣に含まれるアテローム性動脈硬化抑制作用物質の探索, 沢辺昭義, 竹田竜嗣, 山田高也, 頓宮美樹, 川上浩平, 飯田彰, 若林雄平, 濱原典正, 米虫節夫, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 21, 2, 78, 79,   2010年11月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002248864026693
  • フェロモン様天然香料のリフレッシュ評価, 戸嶋猛, 竹田竜嗣, 高橋一弘, 山口隆司, 飯田彰, 沢辺昭義, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 54th, 220, 222,   2010年10月23日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002202682815498
  • 植物芳香成分による精神的な環境ストレス緩和評価 その2, 沢辺昭義, 竹田竜嗣, 湯川千代樹, 田中清文, 飯田彰, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 54th, 24, 26,   2010年10月23日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002215384001423
  • Smilax glabraに含まれる化粧品有効成分の探索(2), 久保田梨裕, 大黒真也, 飯田彰, 沢辺昭義, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 54th, 115, 117,   2010年10月23日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002275130017934
  • イタドリに含まれる抗アレルギー活性物質の探索, 沢辺昭義, 竹田竜嗣, 中村貴俊, 藤井善之, 井上俊夫, 豊田又文, 飯田彰, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 54th, 118, 120,   2010年10月23日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002278356939833
  • 植物に含まれる環境ホルモン様活性物質の探索, 笹井勝章, 澤本拓真, 戸嶋猛, 鄭致孝, 竹田竜嗣, 中島大介, 白石不二雄, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 466th, 35,   2010年10月02日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002204483356320
  • Geo‐REXによるヒ素およびセレン含有土壌の迅速分析評価, 若林雄平, 仲川一彰, 竹田竜嗣, 飯田彰, 若月利之, 玉木聡史, 岩佐航一郎, 沢辺昭義, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 56, 283,   2010年09月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002293306445510
  • 霊芝に含まれるトリテルペン類とそれらの化粧品への利用について, 久保田梨裕, 粟飯原茜, 辻本早智, 竹田竜嗣, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本きのこ学会大会講演要旨集, 14th, 107,   2010年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002222008113284
  • 植物に含まれる環境ホルモン様活性物質の探索, 笹井勝章, 戸嶋猛, TYON Tihyo, 竹田竜嗣, 中島大介, 白石不二雄, 飯田彰, 沢辺昭義, 環境化学討論会講演要旨集, 19th, 70, 71,   2010年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002238091264470
  • ヨウシュヤマゴボウ毛状根を用いた環境浄化の基礎的研究 その2, 富田真人, 竹田竜嗣, 大久保智史, 山本むつみ, 渡邉泉, 飯田彰, 澤邊昭義, 環境化学討論会講演要旨集, 19th, 832, 833,   2010年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002256210320765
  • 大和川水系河川及び奈良市近郊溜池における環境水の遺伝毒性モニタリング, 笹井勝章, 北澤優也, 竹田竜嗣, 鎌田亮, 影山志保, 中島大介, 白石不二雄, 後藤純雄, 飯田彰, 沢辺昭義, 環境化学討論会講演要旨集, 19th, 764, 765,   2010年06月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002283822508620
  • SENCARマウス由来SST細胞を利用した抗炎症活性化合物の探索, 金澤由佳, 田中郁郎, 米山実佐, 廣谷絵理加, 徳田春邦, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 194,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002205350977884
  • Smilax glabraに含まれる美肌有効成分の探索, 久保田梨裕, 伊藤まえみ, 大黒真也, 竹田竜嗣, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010, 140,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002250487820716
  • ヘテロ環縮合ナフトキノン類縁体の合成と抗がん活性, 山下光明, 金子雅文, 徳田春邦, 上田和典, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 249,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002264877493911
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedaeカルスによるがん細胞増殖抑制活性ナフトキノン類の生産, 竹中章泰, 清水勇輝, 富田真人, 竹田竜嗣, 沢辺昭義, 金子雅文, 山下光明, 徳田春邦, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 130th, 2, 194,   2010年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002267992810431
  • タヒボ(タベブイア・アベラネダエ)の生体内発がん因子に対する基礎検討, 徳田春邦, 金子雅文, 山下光明, 鈴木信孝, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 13th, 71,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002222049587541
  • ブラジル産薬用植物タベブイア・アベラネダエ(タヒボ)から考えるヒトにおける有用性への展望, 徳田春邦, 金子雅文, 山下光明, 鈴木信孝, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 13th, 35,   2010年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002282134175395
  • ワインに含まれるアテローム性動脈硬化抑制作用物質の探索―ワイン圧搾残渣有効利用を目的とした―, 沢辺昭義, 竹田竜嗣, 飯田彰, 濱原典正, 米虫節夫, 日本ブドウ・ワイン学会誌, 20, 3, 104, 105,   2009年11月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002271102467694
  • 霊芝(Ganoderma lucidum)に含まれる機能性物質の探索およびその有用性評価, 粟飯原茜, 久保田梨裕, 飯田彰, 沢辺昭義, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 53rd, 165, 167,   2009年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002258633491020
  • 植物芳香成分による精神的な環境ストレス緩和評価, 沢辺昭義, 竹田竜嗣, 湯川千代樹, 田中清文, 飯田彰, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 53rd, 251, 253,   2009年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002264293607885
  • ノニ(Morinda citrifolia)に含まれる機能性物質の探索および有用性評価について, 水野加奈, 中谷太一, 大迫由佳, 中村貴俊, 渡具知豊, 野池利彰, 池内正寿, 竹田竜嗣, 飯田彰, 沢辺昭義, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 53rd, 171, 173,   2009年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002267871176409
  • Smilax glabraに含まれる化粧品有効成分の探索, 久保田梨裕, 伊藤まえみ, 大黒真也, 飯田彰, 沢辺昭義, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 53rd, 344, 346,   2009年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002283663034256
  • イタドリに含まれる生理活性物質の探索, 中村貴俊, 藤井善之, 水野加奈, 豊田又文, 笹井勝章, 竹田竜嗣, 飯田彰, 沢辺昭義, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 53rd, 168, 170,   2009年11月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002291696939052
  • イタドリ(Polygonum cuspidatum)に含まれる機能性物質の探索および有用性評価について, 中村貴俊, 藤井善之, 水野加奈, 中東恵介, 笹井勝章, 竹田竜嗣, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2009, 167,   2009年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002203605754393
  • 霊芝に含まれる機能性物質の探索およびその有用性評価, 粟飯原茜, 久保田梨裕, 竹田竜嗣, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2009, 168,   2009年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002254837812660
  • ノニ(Morinda citrifolia)に含まれる機能性物質の探索および有用性評価について, 水野加奈, 中谷太一, 大迫由佳, 中村貴俊, 渡具知豊, 野池利彰, 池内正寿, 竹田竜嗣, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2009, 168,   2009年10月30日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002286591421810
  • 澱粉麺「マロニー」の食後血糖,血中脂質濃度の経時変化と長期摂取における腸内環境の変化, 竹田竜嗣, 川上芳緒, 河内幸枝, 飯田彰, 澤邊昭義, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 3rd, 213, 215,   2009年10月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902216207853059
  • ブラジル産薬用植物由来タヒボの基礎的新知見, 飯田彰, 金子雅文, 山下光明, 平田章二, 鈴木信孝, 徳田春邦, 食品薬学シンポジウム講演要旨集, 3rd, 53, 55,   2009年10月21日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272618252592
  • ヨウシュヤマゴボウの毛状根を用いた環境浄化, 富田真人, 竹田竜嗣, 大久保智史, 南加容, 渡邉泉, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 55, 297,   2009年09月15日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902252631838759
  • 霊芝に含まれる機能性物質の探索およびその有用性評価, 粟飯原茜, 久保田梨裕, 中村貴俊, 竹田竜嗣, 飯田彰, 沢辺昭義, 日本きのこ学会大会講演要旨集, 13th, 81,   2009年09月04日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201002280134837514
  • GeoREXを用いた水稲およびバングラデシュ土壌の迅速分析評価, 仲川一彰, 菊池康太, 竹田竜嗣, 鈴木肖子, 玉木聡史, 岩佐航一郎, 飯田彰, 若月利之, 沢辺昭義, 環境化学討論会講演要旨集, 18th, 774, 775,   2009年06月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902215156233720
  • ヨウシュヤマゴボウ毛状根を用いた環境浄化の基礎的研究, 富田真人, 竹田竜嗣, 大久保智史, 南加容, 渡邊泉, 飯田彰, 澤邊昭義, 環境化学討論会講演要旨集, 18th, 758, 759,   2009年06月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262807260770
  • 奈良県における環境水の環境分析とIn vitroバイオアッセイを用いた曝露モニタリング, 生嶋一貴, 笹井勝章, 竹田竜嗣, 緒方浩史, 鎌田亮, 影山志保, 中島大介, 白石不二雄, 飯田彰, 沢辺昭義, 環境化学討論会講演要旨集, 18th, 606, 607,   2009年06月09日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297122306334
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedae由来活性成分の立体選択的合成および生物活性研究, 山下光明, 金子雅文, 徳田春邦, 西村克己, 久米田裕子, BACOWSKI Helmut, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 2, 156,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902248539318288
  • ブラシル原産Tabebuia avellanedae由来成分の抗腫瘍活性, 金子雅文, 山下光明, 徳田春邦, BACOWSKI Helmut, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 129th, 2, 157,   2009年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902257507785592
  • ブラジル産薬用植物由来タヒボの健康維持に向けての活用, 徳田春邦, 金子雅文, 山下光明, バチョフスキー ヘルムート, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 12th, 122, 123,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902233249874783
  • 南米産薬用植物タヒボの生体内発がん物質,一酸化窒素誘発発がんに対するがん予防作用, 徳田春邦, 金子雅文, 山下光明, 鈴木信孝, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 12th, 101,   2009年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902256841042545
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedae由来活性成分の合成研究および生物活性, 山下光明, 金子雅文, 徳田春邦, 西村克己, 久米田裕子, BACOWSKI Helmut, 飯田彰, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 27th, 224, 225,   2008年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902251703560584
  • クロガネモチに含まれるトリテルペン系サポニン類の化粧品有用性評価, 沢辺昭義, 阪谷圭祐, 鈴木史哉, 嶋田奈央子, 千葉友美, 米虫節夫, 飯田彰, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 50th, 291, 296,   2008年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230790059961
  • 南米産伝統薬物Tabebuia avellanedaeエキスの抗腫瘍効果, 金子雅文, 山下光明, 飯田彰, 徳田春邦, BACOWSKI Helmut, 日本生薬学会年会講演要旨集, 55th, 116,   2008年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902238832322839
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedae由来活性成分の合成研究2, 山下光明, 金子雅文, 飯田彰, 西村克己, 徳田春邦, 久米田裕子, 日本薬学会年会要旨集, 128th, 2, 86,   2008年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902262651102053
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedae由来成分の構造と生物活性, 金子雅文, 山下光明, 飯田彰, 徳田春邦, 日本薬学会年会要旨集, 128th, 2, 87,   2008年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902268610712600
  • 天然資源であるTabebuia avellanedae成分を用いた後期段階生成物誘発発がんに対する予防作用とその解析, 徳田春邦, 山下光明, 金子雅文, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 11th, 132,   2008年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902230600506398
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedae由来成分の構造と生物活性, 金子雅文, 山下光明, 飯田彰, 徳田春邦, 日本生薬学会年会講演要旨集, 54th, 85,   2007年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902255589281390
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedae由来活性成分の合成研究, 山下光明, 金子雅文, 飯田彰, 西村克己, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本薬学会年会要旨集, 127th, 4, 126,   2007年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902241922774306
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedae由来成分の生物活性, 金子雅文, 山下光明, 飯田彰, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本薬学会年会要旨集, 127th, 4, 125,   2007年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902278175732861
  • ブラジル産薬用植物タヒボの生理活性に関する基礎および応用検討について, 徳田春邦, 飯田彰, 薬学雑誌, 126, Suppl.3, 136, 137,   2006年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902244851071340
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedaeの成分研究, 金子雅文, 山下光明, 飯田彰, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本生薬学会年会講演要旨集, 53rd, 76,   2006年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282231368172
  • ブラジル産薬用植物,タベブイア・アベラネダエのがん予防作用, 徳田春邦, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 9th, 63,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902225420970793
  • ブラジル産薬用植物タヒボの基礎および臨床応用に関する現状と展望, 徳田春邦, 飯田彰, 日本補完代替医療学会学術集会プログラム・抄録集, 9th, 96, 97,   2006年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902294951471963
  • 抗腫瘍活性ハイブリッドの設計と合成, 飯田彰, 松本洋亘, 田原照之, 田中美音, 富岡清, 和田俊一, メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 24th, 148, 149,   2005年11月10日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902272444551340
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedaeの抗腫瘍活性ナフトキノン類の合成研究, 飯田彰, 西村克己, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本生薬学会年会講演要旨集, 52nd, 104,   2005年08月19日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902286752807445
  • ブラジル原産Tabebuia avellanedae(Taheebo)の成分研究, 飯田彰, 徳田春邦, 日本薬学会年会要旨集, 125th, 4, 187,   2005年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902208750136470
  • Trichostatin AとDNAトポイソメラーゼII阻害剤とのハイブリッドの合成, 田原照之, 松本洋亘, 飯田彰, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 125th, 4, 50,   2005年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902217115522265
  • DNA代謝系酵素を標的とした阻害剤の開発, 松本洋亘, 飯田彰, 富岡清, 和田俊一, 日本薬学会年会要旨集, 125th, 4, 50,   2005年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290090133012
  • ヌクレオシド系酵素阻害剤の構造活性相関, 松本洋亘, 飯田彰, 富岡清, 和田俊一, 日本薬学会年会要旨集, 124th, 2, 51,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902247963051910
  • DNA代謝系酵素を標的とする抗腫よう活性化合物の設計と合成, 田原照之, 飯田彰, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 124th, 2, 100,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902249219196709
  • Helichrysum maracandicumの抗がん活性成分の探索, 本宮知子, 伊藤美千穂, 木内文之, 本多義昭, 徳田春邦, 西野輔翼, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 124th, 2, 129,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902287012221109
  • DNAポリメラーゼ阻害活性イミンの構造活性相関, 飯田彰, 松本洋亘, 田原照之, 富岡清, 水品善之, 日本薬学会年会要旨集, 124th, 2, 90,   2004年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902297602389426
  • センダンから単離された新規テトラノルテルペノイドの構造, 飯田彰, 青山宏, 富岡清, 徳田春邦, 西野輔翼, QUI T K, 日本生薬学会年会講演要旨集, 50th, 66,   2003年08月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902298143499538
  • DNAトポイソメラーゼII阻害剤の設計と合成, 松本洋亘, 飯田彰, 富岡清, 和田俊一, 日本薬学会年会要旨集, 123rd, 2, 47,   2003年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902206657293201
  • コバンノキ樹皮より単離したトリテルペノイド類のDNAトポイソメラーゼ阻害活性, 和田俊一, 田中麗子, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 123rd, 2, 164,   2003年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224824841559
  • トリコテシノールAの発がんプロモーター活性, 飯田彰, 金子雅文, 小西一豪, 富岡清, 向仲輝雄, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本薬学会年会要旨集, 123rd, 2, 165,   2003年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902290709356739
  • ヌクレオシド系酵素阻害剤の作用機序に基づく設計と合成, 飯田彰, 松本洋亘, 富岡清, 和田俊一, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 44th, 617, 622,   2002年09月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902165021260364
  • ヌクレオシド系酵素阻害剤の作用機序に基づく設計と合成, 松本洋亘, 飯田彰, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 122nd, 2, 43,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109351063282
  • カザフスタン産植物のDNAポリメラーゼ阻害活性成分, 飯田彰, 伊藤美千穂, 木内文之, 富岡清, 本多義昭, SARSENBAEV K, 水品善之, 吉田弘美, 日本薬学会年会要旨集, 122nd, 2, 159,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149198163061
  • 三成分複合反応剤を用いるリチウムエノラートの不斉マイケル反応, 土肥弘久, 鈴木寛和, 山口陽子, 飯田彰, 山田健一, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 122nd, 2, 63,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170486754278
  • DNAポリメラーゼβとDNAトポイソメラーゼIIを阻害する長鎖脂肪酸を用いた両酵素の立体構造相関, 水品善之, 笠井信幸, 飯田彰, 菅原二三男, 吉田弘美, 坂口謙吾, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2002, 1,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902181545891618
  • トリコテシノールAの発がんプロモーター活性, 飯田彰, 金子雅文, 小西一豪, 富岡清, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本薬学会年会要旨集, 122nd, 2, 146,   2002年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902194274588951
  • 遍在するカビのありふれた代謝産物が示した二面性, 飯田彰, 日本生薬学会年会講演要旨集, 48th, 43,   2001年08月07日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902156813019460
  • 土壌菌Trichoderma harzianumの生産する溶血活性ペプチド, 金子雅文, 飯田彰, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 121st, 2, 120,   2001年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902101499582318
  • トリコテシノールに対する食物由来化合物の抗発がんプロモーター活性, 飯田彰, 金子雅文, 富岡清, 徳田春邦, 向仲輝雄, 西野輔翼, 日本薬学会年会要旨集, 121st, 2, 150,   2001年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902122320789427
  • リュウキュウマツ樹皮から単離された新規トリテルペノイド及びDNAトポイソメラーゼII阻害活性, 和田俊一, 田中麗子, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 121st, 2, 155,   2001年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902156505903643
  • 分子プローブ(長鎖脂肪酸)を用いた高等生物DNAポリメラーゼβおよびDNAトポイソメラーゼIIの立体構造相関, 水品善之, 飯田彰, 菅原二三男, 坂口謙吾, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 23rd, 516,   2000年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902115636818155
  • トリテルペノイド(Fomitellic acidsおよびUrsolic acid)は高等生物DNAポリメラーゼばかりでなくDNAトポイソメラーゼも選択的に阻害する, 水品善之, 飯田彰, 菅原二三男, 坂口謙吾, 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 23rd, 515,   2000年11月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902194749303906
  • トリコテシノール類の発がんプロモーター活性と合成研究, 飯田彰, 小西一豪, 富岡清, 徳田春邦, 西野輔翼, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 42nd, 757, 762,   2000年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126979967069
  • DNAポリメラーゼβおよびDNAトポイソメラーゼII阻害物質を用いた両酵素の立体構造相関, 水品善之, 菅原二三男, 坂口謙吾, 飯田彰, 大久保忠恭, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 42nd, 505, 510,   2000年10月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173462495530
  • トリコデルマ属菌から発見された新しい免疫抑制ペプチド, 飯田彰, 藤多哲朗, バイオサイエンスとインダストリー, 58, 5, 345, 346,   2000年05月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902152486516204
  • 外部キラル配位子制御によるリチウムエステルエノラートのα,β‐不飽和エステルへの不斉マイケル付加反応, 鈴木寛和, 小西一豪, 飯田彰, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 120th, 2, 110,   2000年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902102617823658
  • トリコテカン型セルキテルペンtrichothecinol Aのマウス皮膚二段階発がん試験での発がん促進効果, 飯田彰, 小西一豪, 富岡清, 徳田春邦, 一石英一郎, 西野輔翼, 日本薬学会年会要旨集, 120th, 2, 126,   2000年03月05日, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902188830815393
  • ATPaseドメインを標的とするDNAトポイソメラーゼII阻害剤, 飯田彰, 加古尊温, 加納正裕, 富岡清, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 40th, 139, 144,   1998年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902124581668107
  • 含窒素ポドフィロトキシン誘導体によるDNAトポイソメラーゼIIのターゲッティング, 飯田彰, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 118th, 2, 176,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902153959949126
  • 金属配位能を有する不斉プロトン化剤の開発, 藤原秀豪, 飯田彰, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 118th, 2, 15,   1998年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902180284455550
  • 微小管凝集阻害とトポイソメラーゼ阻害活性発現の分子構造論的基礎 (文部省S), 富岡清, 飯田彰, 天然超分子の化学 平成6-8年度成果報告書 No.06240106, 55, 58,   1998年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902153548599965
  • 新規発ガンプロモーター,trichothecinol A, 飯田彰, 小西一豪, 富岡清, 徳田春邦, 西野輔翼, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 39th, 157, 162,   1997年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902188722505698
  • トポイソメラーゼ阻害効果の効率化を目指したウルサン型トリテルペン分子構造の検討, 加納正裕, 飯田彰, 稲家千明, 上田伸一, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 117th, 2, 187,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902128304187628
  • キラル配位子制御による不斉Honer‐Emmons反応の開発, 水野雅, 飯田彰, 富岡清, 日本薬学会年会要旨集, 117th, 2, 52,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149512438283
  • ペプタイボール2量体,trichosporin‐B‐Vla dimerの合成,構造およびイオンチャンネル形成特性, 長岡康夫, 畑中成樹, 飯田彰, 富岡清, 浅見耕司, 藤多哲朗, 日本薬学会年会要旨集, 117th, 2, 37,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902162105410087
  • Trichothecium roseumから単離されたセスキテルペンtrichothecinol Aの抗発癌プロモーター活性について, 飯田彰, 小西一豪, 富岡清, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本薬学会年会要旨集, 117th, 2, 187,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902180067697634
  • Trichoderma harzianumの生産するペプタイボールtrichorozin‐IIIおよびIVの2次構造, 赤路真佐子, 実方正樹, 長岡康夫, 飯田彰, 藤多哲朗, 日本薬学会年会要旨集, 117th, 2, 37,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902182670566342
  • トリテルペノイド類のDNAトポイソメラーゼII阻害活性について, 和田俊一, 田中麗子, 松永春洋, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 117th, 2, 167,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902186593906068
  • Trichothecium roseumから単離されたトリコテカン型新規セスキテルペン類の構造と抗発癌促進活性, 小西一豪, 飯田彰, 富岡清, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本薬学会年会要旨集, 117th, 2, 187,   1997年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902194129400740
  • 不完全菌Trichoderma属菌の生産する膜修飾ペプチドのイオンチャンネル形成機構に関する研究 (文部省S), 飯田彰, 生体機能制御活性を有する微生物由来医薬品素材の開発 平成8年度 No.06303014, 27, 33,   1997年, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902149910264600
  • キササゲ(Catalpa ovata)の樹皮に含まれる抗発癌プロモーター活性物質について, 藤原亜妃, 森俊之, 飯田彰, 上田伸一, 羽野芳生, 野村太郎, 徳田春邦, 西野輔翼, 日本生薬学会年会講演要旨集, 43rd, 235,   1996年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902163989915329
  • 不完全菌Trichothecium roseumの生産する,新規セスキテルペンtrichothecinol Aの構造, 小西一豪, 久保弘樹, 飯田彰, 日本薬学会年会要旨集, 116th, Pt 2, 203,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113486782464
  • ペプタイボールバンドルの合成及びそのイオンチャネル形成特性, 畑中成樹, 長岡康夫, NEOH I P, 飯田彰, 浅見耕司, 藤多哲朗, 日本薬学会年会要旨集, 116th, Pt 4, 181,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902119416089727
  • Trichosporin‐B‐VIaのPro周辺のコンホメーション変化がチャンネル特性に及ぼす影響, 長岡康夫, 畑中成樹, 飯田彰, 浅見耕司, 藤多哲朗, 日本薬学会年会要旨集, 116th, Pt 4, 181,   1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902154103211874
  • ペプタイボールとそれを多量化したペプチドのつくるイオンチャンネル, 浅見耕司, 小出典宏, 松原晃, 長岡康夫, 飯田彰, 和田俊一, 藤多哲朗, 赤木有, 西野憲和, 膜シンポジウム, 7, 57, 60,   1995年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902181939424624
  • ペプタイボール,trichosporin‐B‐VIaとその誘導体の脂質2分子膜中におけるイオンチャンネル形成特性, 長岡康夫, 飯田彰, 畑中成樹, 浅見耕司, 立川英一, 藤多哲朗, 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 17th, 111, 112,   1995年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158136273315
  • トルコ産ニガハッカ属植物Marrubium astracaniumから単離されたフラボノイド配糖体のDNA切断活性, 飯田彰, 田中善仁, 本多義昭, 田端守, 藤多哲朗, 高石喜久, 武田美雄, エシラダ エルデム, セジック エクレム, 日本生薬学会年会講演要旨集, 42nd, 67,   1995年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902193314858756
  • Trichorovin‐XIIの人工膜におけるイオンチャンネル形成に関する研究, 和田俊一, 飯田彰, 藤多哲朗, 浅見耕司, 日本薬学会年会要旨集, 115th, Pt 4, 194,   1995年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902120759224237
  • ペプタイボールTrichosporin‐B類のカテコールアミン分泌活性に対するIon‐Channel形成能と脂溶性との相関性, 長岡康夫, 飯田彰, 神原武志, 藤多哲朗, 浅見耕司, 立川英一, 日本薬学会年会要旨集, 115th, Pt 4, 194,   1995年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902183819076609
  • 中国産がく北貝母成分の研究:アセタール結合を有する新規kaurane型ジテルペンdimerの構造, 呉継洲, 森実千香子, 飯田彰, 藤多哲朗, 日本薬学会年会要旨集, 115th, Pt 2, 248,   1995年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902184934873500
  • Trichoderma virideが産生するErgokonin Aの真菌の発育と形態に及ぼす作用, 久米田裕子, 浅尾努, 飯田彰, 和田俊一, 二見真一郎, 藤多哲朗, 防菌防ばい, 22, 11, 663, 670,   1994年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902118910203870
  • トルコ産ニガハッカ属植物Marrubium astracanicumより単離された新規ジテルペンMarrubinone A,Bの構造, 藤多哲朗, 飯田彰, 田中善仁, 三原知浩, 田端守, 新宮徹朗, 武田美雄, YESILADA E, SEZIK E, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 38th, 305, 307,   1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902103820304336
  • 中国産がく北貝母成分の研究 新規kaurane型ジテルペンdimer,fritillebin AとBの構造, 呉継洲, 森実千香子, 飯田彰, 藤多哲朗, 日本生薬学会年会講演要旨集, 41st, 189,   1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902158916083259
  • Structures of antibiotic peptides, trichopolyns, from the fungus Trichoderma polysporum., 三原知浩, 飯田彰, 秋元直茂, 藤多哲朗, 高石喜久, 井上謙一郎, 久志本理, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 36th, 713, 720,   1994年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902196530407342
  • ペプタイボール類ペプチドと脂質二分子膜との相互作用, 浅見耕司, 神原武志, 和田俊一, 長岡康夫, 飯田彰, 藤多哲郎, 日本膜学会年会講演要旨集, 16th, 108,   1994年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902125002188707
  • ペプチド性抗生物質trichosporin‐B‐VIa関連誘導体の構造とイオンチャンネル形成能, 長岡康夫, 神原武志, 飯田彰, 藤多哲朗, 浅見耕司, 日本薬学会年会要旨集, 114th, Pt 4, 196,   1994年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902113915338047
  • Peptaibol類の人工膜におけるイオンチャンネル形成に関する研究, 和田俊一, 西村徹也, 飯田彰, 藤多哲朗, 浅見耕司, 日本薬学会年会要旨集, 114th, Pt 4, 209,   1994年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902126850711416
  • Mycelia steriliaの生産する免疫抑制活性物質myriocin類縁体の構造, 城内正寿, 飯田彰, 藤多哲朗, 佐々木重夫, 米田雅彦, 広瀬良治, 井上謙一郎, 日本薬学会年会要旨集, 114th, Pt 2, 212,   1994年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902173226424443
  • がく北貝母Fritillaria ebeiensisの新規ジテルペンfritillebic acidの構造, 呉継洲, 森実千香子, 飯田彰, 藤多哲朗, 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 37th, 409, 411,   1993年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902163856599106
  • Trichoderma virideの生産するカテコールアミン放出活性ペプチド,Trichocellin類の構造, 西村徹也, 和田俊一, 飯田彰, 藤多哲朗, 外山信男, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 35th, 242, 249,   1993年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902110759893893
  • 脂質平面膜におけるTrichosporin‐B類のイオンチャンネル形成とその特性, 安積欣志, 浅見耕司, 長岡康夫, 神原武志, 飯田彰, 藤多哲朗, 日本膜学会年会講演要旨集, 15th, 67,   1993年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902146618563541
  • Ca2+チャンネル形成ペプチドtrichosporin‐B‐Vla誘導体の構造活性相関, 長岡康夫, 飯田彰, 藤多哲朗, 立川英一, 樫本威志, 日本薬学会年会要旨集, 113th, Pt 2, 224,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902100942147801
  • オオボタンタケに含まれるペプチド性抗生物質 17位にisovalineを含むhypelcin A‐IIIの合成, 松浦耕司, 長岡康夫, 飯田彰, 藤多哲朗, 高石喜久, 日本薬学会年会要旨集, 113th, Pt 2, 224,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109322719837
  • セルラーゼ生産菌Trichoderma virideから単離されたペプチドTrichodecenin‐IIの合成, 和田俊一, 飯田彰, 藤多哲朗, 日本薬学会年会要旨集, 113th, Pt 2, 205,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902109642989140
  • アジア地域のScoparia dulcisに見い出された新しいケモタイプ, 林利光, 玉田陽子, 森田直賢, 三輪嘉尚, 多賀徹, 飯田彰, 藤多哲朗, 日本薬学会年会要旨集, 113th, Pt 2, 236,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902179099936780
  • セルラーゼ生産菌Trichoderma virideから単離された新規抗菌性ペプチドの単離と構造決定, 西村徹也, 和田俊一, 飯田彰, 藤多哲朗, 外山信男, 日本薬学会年会要旨集, 113th, Pt 2, 224,   1993年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902181923893004
  • Trichoderma virideの生産するペプタイボールtrichorovin類の構造, 和田俊一, 飯田彰, 藤多哲朗, 金井みち子, 外山信男, 日本薬学会年会要旨集, 112th, Pt 2, 210,   1992年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902016140434790
  • ペプチド性抗生物質,Trichosporin‐B(TS‐B)類のカテコールアミン放出活性とTS‐B‐VIaの合成, 長岡康夫, 飯田彰, 藤多哲朗, 立川英一, 樫本威志, 日本薬学会年会要旨集, 112th, Pt 2, 173,   1992年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902021005076969
  • オオボタンタケに含まれるペプチド性抗生物質hypelcin‐A‐IIIの構造について, 松浦耕司, 飯田彰, 藤多哲朗, 高石喜久, 金井みち子, 日本薬学会年会要旨集, 112th, Pt 2, 173,   1992年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902066115980087
  • 不完全菌類Trichoderma属菌の生産する新規peptaibol, 和田俊一, 飯田彰, 実方正樹, 藤多哲朗, 田中裕美, 布施五郎, 金井みち子, RUDEWICZ P J, 外山信男, 天然有機化合物討論会講演要旨集, 33rd, 675, 682,   1991年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902000453241825
  • Trichoderma polysporomの産生する新規ペプタイボールの構造決定, 飯田順子, 村田武, IRELAND P, 高石善久, 飯田彰, 藤田哲朗, 日本医用マススペクトル学会講演集, 16, 199, 202,   1991年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902012918836349
  • Trichoderma harzianumの生産する新規ペプチドTrichorozin類の一次構造, 実方正樹, 飯田彰, 藤多哲朗, 田中浩美, 榎章郎, 布施五郎, 金井みち子, RUDEWICZ P J, 日本薬学会年会要旨集, 111th, Pt 2, 170,   1991年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902062956349084
  • カテコールアミン放出活性を有する抗生ペプチド,Trichosporin‐B‐VIbの合成, 長岡康夫, 飯田彰, 藤多哲朗, 日本薬学会年会要旨集, 111th, Pt 2, 169,   1991年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902092412418453
  • インドジャボクアルカロイド,アジマリンとボメリニンの生合成中間体, 日本薬学会誌, 32, 9, 3764, 3767,   1984年
  • ロニセラタタリカ,ニチニチソウならびにインドジャボクのセコロガニンとインドールカルカロイドの生合成におけるイリダン骨格形成機構, 植物化学, 25, 4, 839, 842,   1986年
  • トリコデルマポリスポーラムの産生する抗生ペプチドトリコスポリン類の構造決定, 抗生物質学会誌, 41, 6, 814, 818,   1988年
  • 菌代謝産物第3報 トリコスポリンB3bc,4b,c,d,6a,b,の構造, 英国化学会誌, 8, 2,   1990年
  • 菌類代謝産物第4報.抗生ペプチドトリコスポリン-B-Vの合成, 日本薬学誌, 38, 11, 2997, 3003,   1990年
  • トリコスポリンB-3の副腎髄質細胞に対するカテコ-ルアミン放出活性, 分子薬理学, 40,   1991年
  • カルシウムイオン依存性に副賢髄質細胞からカテコールアミンを放出させる抗生ペプチドトリコスポリン類の単離と構造活性相関, 薬物動態, 14,S106,   1991年
  • カルシウムイオン依存性カテコールアミン放出活性を有する抗生ペプチドの構造活性相関, 薬物動態, 15,S10,   1992年
  • ユーオニジンA-1〜A-5,マユミ含有セスキテルペンエステル, 植物化学, 31, 4, 1289, 1292,   1992年
  • セルフリー系におけるタンパク発現の増幅, 核酸研究, 20, 22, 5979, 5983,   1992年
  • 南米産植物スコポリアヅルシスの新化学物質, 植物化学, 32, 2, 349, 352,   1993年
  • 菌類代謝産物第5報,抗生ペプチド,トリコスポリン微量成分の迅速構造決定法, 英国化学会誌, 1993, 2, 357, 365,   1993年
  • 菌類代謝産物第6報,抗生ペプチド,トリコスポリン類のNMR研究, 英国化学会誌, 1993, 2, 367, 373,   1993年
  • 菌類代謝産物第7報,抗生ペプチド,トリコスポリンの溶液中での構造, 英国化学会誌, 1993, 2, 375, 379,   1993年
  • 菌類代謝産物第8報,抗生ペプチド,ヒペルシンの一次構造, 英国化学会誌, 1993, 2, 381, 387,   1993年
  • 菌類代謝産物第9報,膜修飾ペプチド,ヒペルシンの合成, 日本薬学会誌, 41, 11, 1955, 1959,   1993年
  • 菌類代謝産物第10報 ペプチド性抗生物質トリコスポリンB類のミトコンドリアの呼吸活性に関する効果, 日本薬学会誌, 42, 4, 482, 485,   1994年
  • 菌類代謝産物第13報 新規ペプタイボール、トリコデセニンIとIIのトリコデルマビリデからの単離と構造解析, 日本薬学会誌, 42, 3, 489, 494,   1994年
  • 菌類代謝産物第16報 菌類トリコデルマハルツィアナムから単離された新規ペプタイボール、トリコキンジン1-VIIの構造, 日本薬学会誌, 42, 5, 1070, 1075,   1994年
  • 菌類代謝産物第17報 イオンチャンネル形成ペプチドトリコスポリンB-VIaとその誘導体の合成とNMR研究, 長岡 康夫, 飯田 彰, 藤多 哲朗, 日本薬学誌, 42, 6, 1258, 1263,   1994年, 10.1248/cpb.42.1258
  • トリコデルマビリデから単離された抗生ペプチド、トリコセリンA類とB類の1次構造, 35, 19, 3095, 3098,   1994年
  • イオンチャンネル形成ペプチド、トリコスポリンB-VIaとAib14-トリコスポリンB-VIaの脂質2分子膜と生体膜における構造と機能, 361, 364,   1994年
  • トリコデルマビリデが産生するエルゴニンAの真菌の発育と形態に及ぼす作用, 防菌防黴誌, 22, 11, 663, 670,   1994年
  • 菌類代謝産物第18報 真菌トリコデルマハルツィアナムから単離された新規膜修飾ペプチド、トリコロジンI-IV, 日本薬学会誌, 43, 3, 392, 397,   1995年
  • 菌類代謝産物第19報 トリコデルマビリデから単離されたチャンネル形成ペプチド、トリコロビン類の構造決定, 日本薬学会誌, 43, 6, 910, 915,   1995年
  • 菌類代謝産物第20報 イオンチャンネル形成ペプチド、トリコスポリンの構造に関するプロリン残基の効果, 日本薬学会誌, 43, 7, 1119, 1124,   1995年
  • イオンチャンネル形成とカテコールアミン放出活性に対するトリコスポリン類の脂溶性の効果, 日本薬学会誌, 18, 4, 640, 642,   1995年
  • フリチラリアエベイエンシスの根茎から得られた3種の新規ジテルペンの構造, 日本薬学会誌, 43, 9, 1448, 1453,   1995年
  • マルルビウムアストラカニクムから単離された新規ラブダン型ジテルペン、マルルビノン類, 日本薬学会誌, 43, 9, 1454, 1457,   1995年
  • トリコスポリンによって誘導されれる牛副腎髄質細胞からのカテコールアミン分泌の特性, 日本薬学会誌, 18, 8, 1165, 1167,   1995年
  • トリコスポリンの長鎖および短鎖誘導体のイオンチャンネル形成活性とカテコールアミン放出活性, 英国化学界誌, 1995, 21, 2203, 2204,   1995年
  • 抗生ペプチド、トリコスポリン-B-VIaとその誘導体の脂質2分子膜におけるチャンネル形成特性, 97,   1995年
  • イオンチャンネル形成ペプチド、トリコスポリン混合物のLC/ES-MSMSによる講造決定, 277,   1995年
  • トリコデルマポリスポーラムから単離されたα-アミノ酪酸含有ペプチド,トリコスポリンB-VIaによる細胞内へのカルシウムイオン流入経路, 1282, 140,   1996年
  • ペプタイボール・トリコスポリンB-VIaのチャンネル形成とカテコールアミン放出活性におけるプロリン残基の役割, 1283, 31,   1996年
  • キラル配位子制御によるオキシランとオキセタンのエナンチオ選択的開環, 7, 9, 2483,   1996年
  • トリコデルマビリデから単離された11残基ペプタイボール、トリコロビン-XIIの脂質2分子膜におけるイオンチャンネル形成特性, 6, 19, 2275,   1996年
  • トリコテシノールIVA,BとC、トリコテシウムロゼウムから単離された強力な抗発がん捉進活性セスキテルベノイド, 37, 51, 9219,   1996年
  • トリコセリンA-II/B-IIのGln/Glu残基の脂質膜におけるイオンチャンネル形成とクロマフィンセルからのカテコールアミン分泌における役割, 1325, 209,   1996年
  • ペプタイボール・トリコスポリンB-VIaのチャンネル形成特性におけるグルタミン残基の役割, 英国化学界誌, 1996, 9, 1078, 1080,   1996年
  • 菌類代謝産物第21報 エレクトロスプレイイオン化質量分析を利用したペプタイボールの低エネルギー衝突誘導解裂の特性, 31, 177, 183,   1996年
  • リチウムエステルエノラートのイミンとの不斉反応のための3成分錯体試薬, アメリカ化学界誌, 119, 8, 2060,   1997年
  • ジスルフィド結合によって2量化されたペプタイボール、トリコスポリン-B-VIaのチャンネル特性, 189,   1997年
  • キラル配位子補助によるメチルリチウムの2-フラルデヒドイミンへのエナンチオ選択的付加, 46, 165, 168,   1997年
  • キラル配位子補助によるフェニルリチウムの1,2-エチレンジアミンへの不斉付加反応, 45, 10, 1705, 1707,   1997年
  • 有機リチウムによるオキシランとオキセタンの外部キラル配位子制御下におけるエナンチオ選択的開環, MIZUNO M, KANAI M, IIDA A, TOMIOKA K, 53, 31, 10699, 10708,   1997年, 10.1016/S0040-4020(97)00701-1
  • キラル配位子仲介による有機リチウムのBHAエノエイトへのエナンチオ選択的共役付加, 38, 52, 8973, 8976,   1997年
  • ポドフィロトキシンアザ誘導体を用いてトポイソメラーゼIIを標的にする, 7, 20, 2565, 2566,   1997年
  • キラル配位子補助によるチアゾイルリチウムのアルジミンへのエナンチオ選択的付加 海洋天然物ドラスタチン10のコンポーネント合成, 47, 1, 77, 80,   1998年
  • キラル配位子により触媒される有機リチウムのBHAエノエイトへのエナンチオ選択的共役付加, 46, 1, 184, 186,   1998年
  • リチウムエステルエノラートの三成分錯体のイミンとのエナンチオ選択的反応に影響する因子, KAMBARA T, HUSSEIN M A, FUJIEDA H, IIDA A, TOMIOKA K, 39, 49, 9055, 9058,   1998年, 10.1016/S0040-4039(98)02053-X
  • 牛副腎髄質クロマフィン細胞と顆粒の非対称膜流動性とトリコスポリン類の効果, 1375, 93, 100,   1998年
  • ユーフォルビア属から単離されたフェルナン型トリテルペンによるDNAトポイソメラーゼIIの阻害効果, 8, 2829, 2832,   1998年
  • カタルパオバータから得られた抗発ガン促進活性ナフトキノン, 61, 5, 629, 632,   1998年
  • フリチラリアエベイエンシスの根茎からから得られたフレチレビナイドAの構造決定と合成, 34, 600, 604,   1999年
  • フリチラリアエベイエンシスの根茎からから得られた新規クロロ置換ジテルペンの構造, 30, 804, 807,   1999年
  • キラルな三座リチウムアミドを利用したリチウムエステルエノラートの反応性とエナンチオ選択性の向上を目指した研究, HUSSEIN M A, IIDA A, TOMIOKA K, 55, 37, 11219, 11228,   1999年, 10.1016/S0040-4020(99)00644-4
  • トリコデルマポリスポーラムから単離されたペプチド性免疫抑制活性ペプチド, 9, 3393, 3396,   1999年
  • フリチラリアエベイエンシスの根茎からから得られた二つのエントカウラン二量体の構造決定, 213, 218,   2000年
  • フリチラリアエベイエンシスの根茎からから得られた二つのジテルペン二量体の構造, 161, 167,   2000年
  • ポドフィロトキシンアザ誘導体、新規なトポイソメラーゼII阻害剤, 48, 4, 486, 489,   2000年
  • 新規なトリテルペノイドがDNAポリメラーゼとDNAトポイソメラーゼの両方を阻害する, 350, 753, 763,   2000年
  • DNAポリメラーゼβとDNAトポイソメラーゼIIのDNA結合部位における構造の相同性, MIZUSHINA Y, SUGAWARA F, IIDA A, SAKAGUCHI K, Journal of Molecular Biology, 304, 3, 385, 395,   2000年, 10.1006/jmbi.2000.4223
  • トリコデルマ属菌から発見された新しい免疫抑制ペプチド, バイオサイエンスとインダストリー, 58, 5,   2000年
  • DNAポリメラーゼβとDNAトポイソメラーゼII両方の阻害剤、リトコリック酸のD結合部位の三次元構造モデル分析, 130, 5, 657, 664,   2001年
  • パイナスルクエンシスの樹皮から単離されたトリテルペン成分とそれらのトポイソメラーゼII阻害効果, 67, 7, 659, 664,   2001年
  • フィランタスフレクソサスから単離されたトリテルペノイドのDNAトポイソメラーゼ阻害活性スクリーニング, 64, 12, 1545, 1547,   2001年
  • シロイヌナズナの開花を調節する因子, 37, 2, 149, 150,   2001年
  • 身近なカビから見つかった新しい発がんプロモーター, 16, 30, 37,   2001年
  • α,ωーアルキリデンジアミンのジドデカノイルアミドの分子集合とゲル化挙動, TOMIOKA K, SUMIYOSHI T, NARUI S, NAGAOKA Y, IIDA A, MIWA Y, TAGA T, NAKANO M, HANDA T, Journal of the American Chemical Society, 123, 47, 11817, 11818,   2001年, 10.1021/ja0169318
  • 非滅菌配合によって調製されたヒドロキノン軟膏の薬理学的臨床的評価, 25, 1, 92, 96,   2002年
  • アビエスサッカリネンシスの樹皮から単離されたトリテルペノイド成分, 65,   2002年
  • 様々な保存条件と抗酸化成分がヒドロキノン軟膏の色収差に及ぼす効果, 生物薬学雑誌, 26, 1, 120, 122,   2003年
  • トリコテセンセスキテルペン(+)-カロネクトリンの光学的に純粋なABリングの立体選択的合成, ヘテロサイクルズ, 59, 2, 595, 604,   2003年
  • 西洋タンポポから単離された青酸配糖体, 生薬学雑誌, 57, 1、36,   2003年
  • トリコテシウムロゼウムから単離されたトリコテセンの発ガン予防効果, 生物有機医薬品化学, 11, 2511, 2518,   2003年
  • DNAポリメラーゼを標的にするフェニルエサノイド配糖体, 生薬学雑誌, 57, 4, 146, 149,   2003年

特許

  • アルキンカップリングによる抗がん活性三環式化合物の新規製法, 飯田 彰, 上田 和典, 山下 光明, 特願2011-050363, 特開2012-092083
  • アルキンカップリングによる抗がん活性三環式化合物の新規製法, 飯田 彰, 上田 和典, 山下 光明, 特願2011-050363, 特開2012-092083, 特許第5208239号
  • ナフトキノン系抗がん活性成分の効率的製造, 飯田 彰, 竹田 竜嗣, 金子 雅文, 徳田 春邦, 特願2009-201563, 特開2010-220606
  • ナフトキノン系抗がん活性成分の効率的製造, 飯田 彰, 竹田 竜嗣, 金子 雅文, 徳田 春邦, 特願2009-201563, 特開2010-220606, 特許第4563493号
  • 抗癌活性を有する光学活性2−(1−ヒドロキシエチル)−5−ヒドロキシナフト[2,3−b]フラン−4,9−ジオンの製法, 飯田 彰, 徳田 春邦, 山下 光明, 特願2007-145680, 特開2008-297252
  • 抗癌活性を有する光学活性2−(1−ヒドロキシエチル)−5−ヒドロキシナフト[2,3−b]フラン−4,9−ジオンの製法, 飯田 彰, 徳田 春邦, 山下 光明, 特願2007-145680, 特許第4077863号
  • ネオマイシンBとCの分離方法, 特開平10-114785
  • NOVEL PREPARATION OF ANTICANCER-ACTIVE TRICYCLIC COMPOUNDS VIA ALKYNE, 飯田 彰, 特許US 8,703,979 B2
  • NOVEL PREPARATION OF ANTICANCER-ACTIVE TRICYCLIC COMPOUNDS VIA, 飯田 彰, 特許EP 2436669 B1
  • PREPARAT10N OF OPTICALLY ACTIVE 2-(1-HYDROXYETHYL)- 5-HYDROXYNAPTHO[2,3-B]FURAN-4,9-DIONNES HAVING ANTICANCER ACTIVITIES, 飯田 彰, 特許US 7,538,234 B2

競争的資金

  • 菌類の代謝産物に関する研究
  • 薬用植物成分の化学的研究
  • 生物活性分子の生物有機化学的研究
  • 抗腫瘍活性分子の設計と合成