KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

青松 圭一アオマツ ケイイチ

プロフィール

所属部署名医学科 / 医学研究科
職名医学部講師
学位
専門
ジャンル
コメンテータガイド
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2017/09/15

研究活動情報

論文

  • 若年女性に発症した斑状虚血性網膜白濁と毛様網膜動脈閉塞症を合併した乳頭血管炎の1例, 青松 圭一, 岡本 紀夫, 眞下 貴子, 中尾 雄三, 松本 長太, 下村 嘉一, 眼科, 58, 4, 481, 487,   2016年04月, 査読有り
  • 切迫型網膜中心静脈閉塞症に毛様網膜動脈閉塞症と網膜動脈分枝閉塞症を合併した1例, 青松 圭一, 岡本 紀夫, 留守 良太, 杉岡 孝二, 中尾 雄三, 松本 長太, 下村 嘉一, 眼科, 58, 1, 97, 102,   2016年01月, 査読有り
  • 網膜細動脈瘤32例の検討 動脈瘤が明瞭な症例, 青松 圭一, 岡本 紀夫, 杉岡 孝二, 七部 史, 國吉 一樹, 松本 長太, 下村 嘉一, 眼科, 57, 9, 1163, 1169,   2015年08月, 査読有り
  • 頭痛と鑑別すべき眼科領域の異常, 青松 圭一, 松本 長太, 下村 嘉一, ペインクリニック, 36, 別冊春号, S71, S78,   2015年04月
  • 伝染性紅斑(りんご病)に合併した視神経症(炎)の成人例, 青松圭一 中尾雄三 浦瀬文明, 神経眼科, 31, 3, 326, 330,   2014年09月, 査読有り
  • 転写因子slug は角膜上皮創傷治癒で発現し細胞形質を制御する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 阿部 考助, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 松本 和子, 工藤 可苗, 木村 英晴, 藤田 至彦, 林 秀敏, 永井 知行, 下村 嘉一, 西尾 和人, Invest Ophthalmol Vis Sci., 53, 2, 751, 756,   2012年02月
    概要:上皮間葉移行(EMT, epithelial-mesenchymal transition)が生体組織の創傷治癒に関連した現象であるとの報告は多いが、角膜上皮の創傷治癒との関連について検討した報告はあまりなく詳細は不明な点が多い。今回の報告では角膜創傷治癒過程においてEMT 誘導転写因子であるslugの発現を確認し、同因子が角膜上皮細胞に与える影響について検討を行った。In vivo実験にはマウス角膜創傷治癒モデルを用いた。 実験の結果、角膜組織では上皮の創傷治癒過程でslug 分子の発現が基底層有意に確認された。snail,slug 強制発現株ではEMT の特徴の一つであるspindle-shaped な細胞形態学的変化およびcadherin switching が観察され、EMT が誘導されていると考えられた。また細胞増殖能の検討では強制発現株において細胞増殖能が抑制されていた。Realtime PCR 法では強制発現株でABCG2,TP63,KRT19 分子等のstemness マーカーの発現低下を認め、分化マーカーについてはCX43,Nestin の発現を増加させITGB4,ITGA2,Involucrin の発現は減少さ
  • Antitumor activity of BIBF 1120, a vascular endothelial growth factor-2 inhibitor and use of VEGR2+pTYR+leucocyte as a pharmacodynamic biomarker., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 田中 薫, 永井 知行, 古田 一行, 坂井 和子, 金田 裕靖, 松本 和子, 田村 大介, 青松 圭一, Marco A. De Velasco, 藤田 至彦, 西條 長宏, 工藤 正俊, 西尾 和人, Clin Cancer Res, 17, 1373, 1381,   2011年

講演・口頭発表等

  • 斑状虚血性網膜白濁を伴った乳頭血管炎4症例の臨床的特徴, 青松圭一 岡本紀夫 國吉一樹 中尾雄三 松本長太 下村嘉一, 第70回日本臨床眼科学会,   2016年11月03日
  • 視神経炎で紹介され、黄斑部の網膜白濁を伴った若年女性に発症した乳頭血管炎の1例, 青松圭一 岡本紀夫 丸山耕一 中尾雄三 松本長太 下村嘉一, 第414回 大阪眼科集談会,   2016年09月24日
  • 急性右上斜視で発症し診断に苦慮した甲状腺眼症の1例, 青松圭一, 第29回近畿神経眼科セミナー,   2016年07月16日
  • 本態性血小板血症に網脈絡膜循環障害をきたした1例, 青松圭一 岡本紀夫 辻岡大志 國吉一樹 松本長太 下村嘉一, 第125回 南大阪眼科勉強会,   2016年05月21日
  • 若年女性に発症した斑状虚血性網膜白濁と毛様網膜動脈閉塞症を合併した乳頭血管炎の1例, 青松圭一 岡本紀夫 眞下貴子 中尾雄三 松本長太 下村嘉一, 第123回 南大阪眼科勉強会,   2015年10月10日
  • 視野異常の精査中、数日で増悪した抗AQP4抗体陽性視神経炎の症例, 青松 圭一 森下 亮子 山雄 さやか 中尾 雄三 松本 長太 下村 嘉一 福本 雄太 岡崎 真央, 第121回南大阪眼科勉強会,   2015年05月16日
  • 複視にて発見された左内頚動脈海綿静脈洞部大型動脈瘤の1 例, 青松圭一 南里勇 松本長太 下村嘉一 藤谷博行 眞田寧皓, 第119回南大阪眼科勉強会,   2014年11月08日
  • 伝染性紅斑(りんご病)に合併した 視神経症の成人例, 青松 圭一, 藤井 明子, 小池 英子, 立花 都子, 檜垣 史郎, 日下 俊次, 中尾 雄三, 遊佐留実, 第51回日本神経眼科学会総会,   2013年11月, 第51回日本神経眼科学会総会
  • 伝染性紅斑(りんご病)に合併した 視神経症の成人例, 青松 圭一, 藤井 明子, 小池 英子, 立花 都子, 檜垣 史郎, 日下 俊次, 中尾 雄三, 遊佐留実, 第6回奈良県眼科万葉フォーラム,   2013年10月, 第6回奈良県眼科万葉フォーラム
  • 感染症と視神経疾患, 青松 圭一, 第26回近畿神経眼科セミナー,   2013年07月, 第26回近畿神経眼科セミナー
    概要: 感染症に関連する視神経疾患の中から、本講演では視神経網膜炎と視神経炎を中心に症例を提示しながら解説を行う。  視神経網膜炎は視神経乳頭腫脹と黄斑部に及ぶ網膜浮腫を伴う眼底所見が特徴的で、ペットとの接触・外傷・生肉肝の摂取の既往などの病歴聴取から疾患を疑い、血清学的検査および全身検査により診断に至る。治療は原疾患の治療と副腎皮質ステロイド薬を併用することが多い。呈示症例では代表的な疾患として猫引っ掻き病、犬蛔虫症を供覧する。  感染が関与する視神経炎には、ウイルス性(ヘルペス・麻疹・風疹など)、細菌性(結核・梅毒など)、ワクチン接種(三種混合・インフルエンザなど)、小児の急性散在性脳脊髄炎(ADEM)に伴うものなど様々な原因が想定されている。診断はMRIで視神経炎の所見を確認し、当該感染を疑い詳細な病歴聴取を行い、血清学的検査および全身検索が重要となる。治療は特発性視神経炎に準じたステロイドパルス
  • Comparison of surgical results between intrascleral posterior chamber intraocular lens (PC-IOL) fixation and transscleral suturing of PC-IOL in eyes without capsular support, 日下 俊次, 河本 庄平, 藤井 明子, 青松 圭一, 小池 英子, 立花 都子, 檜垣 史郎, 下村 嘉一, 2013 Association for Research in Vision and Ophthalmology,   2013年05月, 2013 Association for Research in Vision and Ophthalmology
  • 転写因子slugは角膜組織においてEMTを誘導し創傷治癒に関与する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 阿部 考助, 三島 弘, 西尾 和人, 下村 嘉一, 第16回 眼創傷治癒研究会,   2012年08月, 第16回 眼創傷治癒研究会
  • 単純血漿交換が有効であった抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の1例, 青松 圭一, 藤井 明子, 河本 庄平, 小池 英子, 立花 都子, 檜垣 史郎, 日下 俊次, 中尾 雄三, 阪本 光, 上野 周一, 中村 雄作, 第1回なんかい眼科フォーラム,   2012年07月, 第1回なんかい眼科フォーラム
  • 転写因子slug は角膜上皮細胞においてEMT を誘導し創傷治癒に関与する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 杉岡 孝二, 児玉 彩, 阿部 考助, 西尾 和人, 下村 嘉一, 第116回日本眼科学会総会,   2012年04月, 第116回日本眼科学会総会
  • Filamentary keratitis under cetuximab (epidermal growth factor receptor antibody) treatment., 南 毅, 杉岡 孝二, 児玉 彩, 青松 圭一, 福田 昌彦, 下村 嘉一, World Ophthalmology Congress,   2012年02月, World Ophthalmology Congress
    概要:大腸癌に対してCetuximab(抗EGFR抗体)を投与したことにより発症した糸状角膜炎に対してEGF点眼が奏功した一例を経験した。
  • セツキシマブによる大腸癌治療中に糸状角膜炎を生じた1例, 南 毅, 児玉 彩, 青松 圭一, 杉岡 孝二, 福田 昌彦, 下村 嘉一, 大阪眼科集談会,   2011年06月, 大阪眼科集談会
    概要:セツキシマブは上皮成長因子受容体(EGFR)に結合しEGFRの働きを阻害する分子標的治療薬の1つであり、近年、転移性大腸癌の治療薬などに使用されている。転移性大腸癌に対してセツキシマブを投与中に糸状角膜炎を発症した1例を経験したので発表した。
  • 血管内皮細胞における血管新生阻害剤薬剤耐性メカニズムの検討, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 松本 和子, 西尾 和人, 下村 嘉一,   2010年11月
  • 転写因子snail,slugは角膜上皮細胞においてEMTを誘導しTP63発現レベルを減少させる, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 坂井 和子, 木村 英晴, 藤田 至彦, 下村 嘉一, 西尾 和人,   2010年09月
  • Sorafenib inhibits the hepatocyte growth factor-mediated epithelial mesenchymal transition in hepatocellular carcinoma. ソラフェニブは肝細胞癌株において、HGF起因の上皮間葉移行(Epithelial mesenchymal transition)を阻害する., 永井 知行, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 工藤 可苗, 金田 裕靖, 田村 大介, 青松 圭一, 木村 英晴, 藤田 至彦, 松本 和子, 西條 長宏, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第69回日本癌学会学術総会,   2010年09月, 第69回日本癌学会学術総会
  • TGF-βは転写因子SNAI1 SNAI2発現を介して角膜上皮細胞に上皮間葉移行を誘導する, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 杉岡 孝二, 松本 和子, 金田 裕靖, 坂井 和子, 西尾 和人, 下村 嘉一, The Association for Research in Vision and Ophthalmology,   2010年05月, The Association for Research in Vision and Ophthalmology
    概要:上皮間葉移行(EMT, epithelial-mesenchymal transition)は胎生期の原腸形成や癌細胞の浸潤・転移において重要な現象である。培養ヒト角膜上皮細胞(HCEC)に対して、TGF-βにより誘導される細胞形質の変化とEMT関連分子の発現変化について検討を行った。  TGF-β刺激は、HCECに対して細胞増殖を有意に抑制し、アポトーシスを誘導した。また、濃度・時間依存的にリン酸化smad2 の亢進を認めた。Realtime RT-PCR法ではEMT関連分子の内、VIM, FN1, SNAI1, SNAI2の有意な発現上昇を認めた(p<0.05)。またHCEC は、EGF刺激による細胞形態変化は弱いのに対して、TGF-β刺激により一部の細胞が細胞形態的にEMT特徴的な変化を示した。以上の結果からヒト角膜上皮細胞においてTGF-βシグナル経路はEMT関連遺伝子の発現変化を制御し、EMTを誘導することを示した。
  • Expression levels of EGFR-ligands are up-regulated in EGFR tyrosine kinase inhibitor-resistant cell line., 坂井 和子, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 青松 圭一, 藤田 至彦, 西尾 和人, 三菱化学メディエンス株式会社, 国立がん研究センター中央病院, AACR,   2010年04月, AACR
  • 光干渉断層計で自然経過をみたピット黄斑症候群, 櫻本 宏之, 國吉 一樹, 青松 圭一, 松本 長太, 下村 嘉一, 中尾 彰, 山田 泰生, 第48回網膜硝子体学会,   2009年12月, 第48回網膜硝子体学会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行の検討, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 下村 嘉一, 西尾 和人, 第68回日本癌学会学術集会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術集会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行関連分子の発現変化, 青松 圭一, 杉岡 孝二, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 下村 嘉一, 第63回日本臨床眼科学会,   2009年10月, 第63回日本臨床眼科学会
  • 新規血管新生阻害剤BIBF1120の肝細胞癌に対する有用性., 工藤 可苗, 荒尾 徳三, 坂井 和子, 永井 知行, 田村 大介, 青松 圭一, デベラスコマルコ, 金田 裕靖, 藤田 至彦, 松本 和子, 工藤 正俊, 西尾 和人, 第68回日本癌学会学術総会,   2009年10月, 第68回日本癌学会学術総会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行の検討, 青松 圭一, 児玉 彩, 杉岡 孝二, 阿部 考助, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 三島 弘, 下村 嘉一, 第14回眼創傷治癒研究会,   2009年08月, 第14回眼創傷治癒研究会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行の検討, 青松 圭一, 荒尾 徳三, 松本 和子, 金田 裕靖, 田中 薫, 藤田 至彦, 下村 嘉一, 西尾 和人, 第13回日本がん分子標的治療学会学術集会,   2009年06月, 第13回日本がん分子標的治療学会学術集会
  • 光干渉断層計で自然経過をみたピット黄斑症候群, 櫻本 宏之, 國吉 一樹, 青松 圭一, 下村 嘉一, 中尾 彰, 山田 泰生, 第370回大阪眼科集談会,   2009年06月, 第370回大阪眼科集談会
  • 角膜上皮細胞に対するTGF-βシグナル経路を介した上皮間葉移行関連分子の発現変化, 青松 圭一, 杉岡 孝二, 松本 和子, 荒尾 徳三, 西尾 和人, 下村 嘉一, 第113回日本眼科学会総会,   2009年04月, 第113回日本眼科学会総会
  • 実質型角膜ヘルペスにカンジダ角膜炎を合併した1例, 河本 庄平, 福田 昌彦, 杉岡 孝二, 青松 圭一, 板橋 幹城, 妙中 直子, 檜垣 史郎, 下村 嘉一, 第44回日本眼感染症学会,   2007年07月, 第44回日本眼感染症学会
    概要:目的:実質型角膜ヘルペス治療中にカンジダ角膜炎を合併した症例を経験したので報告する。症例:79歳女性。平成17年4月より実質型角膜ヘルペスにて経過観察していた。平成18年1月には上皮型の再発を認めた。病変は沈静化したが1月23日に右眼に遷延性角膜上皮欠損を認めた。1月30日には上皮欠損内に白色病変を認め、前房蓄膿も伴っていたため角膜真菌症を疑い、入院加療となった。モキシフロキサシン点眼、クロラムフェニコール点眼、塩酸セフメノキシム点眼、フルコナゾール点眼、アシクロビル眼軟膏、オフロキサシン眼軟膏の投与、フロモキセフナトリウム、フルコナゾール点滴を行った。病変部の培養検査ではCandida albicansを検出した。入院後、フルコナゾールの結膜下注射とイトラコナゾール内服を追加し、病変は徐々に治療に反応したが2月16日に角膜実質の浮腫が増悪した。実質型角膜ヘルペスの再発を疑い、フルオロメトロン点眼を追加したところ、角膜は透明化し、前
  • 実質型角膜ヘルペスにカンジダ角膜炎を合併した一例, 河本 庄平, 福田 昌彦, 杉岡 孝二, 青松 圭一, 板橋 幹城, 妙中 直子, 檜垣 史郎, 下村 嘉一, 第359回大阪眼科集談会,   2007年06月, 第359回大阪眼科集談会
    概要:目的:実質型角膜ヘルペス治療中にカンジダ角膜炎を合併した症例を経験したので報告する。症例:79歳女性。平成17年4月より実質型角膜ヘルペスにて経過観察していた。平成18年1月には上皮型の再発を認めた。病変は沈静化したが1月23日に右眼に遷延性角膜上皮欠損を認めた。1月30日には上皮欠損内に白色病変を認め、前房蓄膿も伴っていたため角膜真菌症を疑い、入院加療となった。モキシフロキサシン点眼、クロラムフェニコール点眼、塩酸セフメノキシム点眼、フルコナゾール点眼、アシクロビル眼軟膏、オフロキサシン眼軟膏の投与、フロモキセフナトリウム、フルコナゾール点滴を行った。病変部の培養検査ではCandida albicansを検出した。入院後、フルコナゾールの結膜下注射とイトラコナゾール内服を追加し、病変は徐々に治療に反応したが2月16日に角膜実質の浮腫が増悪した。実質型角膜ヘルペスの再発を疑い、フルオロメトロン点眼を追加したところ、角膜は透明化し、前
  • 下眼瞼マイボーム腺癌の1例, 青松 圭一, 咲山 豊, 飯沼 直子, 三島 弘, 奈良県集談会,   2006年06月, 奈良県集談会
  • 前房蓄膿を伴った角膜ヘルペスの症例, 青松 圭一, 咲山 豊, 飯沼 直子, 三島 弘,   2006年02月
  • 前房蓄膿を伴った角膜ヘルペスの症例, 青松 圭一, 咲山 豊, 飯沼 直子, 三島 弘, 南大阪眼科勉強会,   2006年02月, 南大阪眼科勉強会
  • 前房蓄膿を伴った角膜ヘルペスの症例, 青松 圭一, 飯沼 直子, 咲山 豊, 三島 弘, 奈良県眼科医会 第14回集談会,   2005年11月, 奈良県眼科医会 第14回集談会
    概要:前房蓄膿を伴う角膜潰瘍に対して、ヘルペスと診断し治療軽快をみた2症例について報告しました。
  • 先天性Horner症候群の一例, 飯沼 直子, 青松 圭一, 咲山 豊, 三島 弘, 第14回奈良県眼科集談会,   2005年11月, 第14回奈良県眼科集談会