KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

池田 光正イケダ テルマサ

プロフィール

所属部署名医学科
職名講師
学位博士(医学)
専門整形外科
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/1524-ikeda-terumasa.html
ホームページURL
メールアドレス
Last Updated :2018/06/14

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    脊相手術、骨粗鬆症性遺残変形後手術、保存的治療

研究活動情報

論文

  • An algorithmic strategy of surgical intervention for cervical degenerative kyphosis., Miyamoto H, Ikeda T, Hashimoto K, Akagi M, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association,   2018年05月, 査読有り
  • 骨粗鬆症性椎体骨折の問題点, 池田光正, 大阪府内科医会会誌, 26, 2, 161‐163, 163,   2017年12月14日
    概要:骨粗鬆症性椎体を4椎体以上あるいはグレード3の椎体骨折を有する場合に立位矢状面バランスが不良になる。特にSVAが95mmを超える脊柱バランス破綻を引き起こすと腰椎機能、歩行機能が著しく障害される。(著者抄録)
  • 骨粗鬆症性椎体骨折の問題点 (大阪府内科医会 定例学術講演会), 池田 光正, 大阪府内科医会会誌, 大阪府内科医会会誌, 26, 2, 161, 163,   2017年12月
  • 高度成人脊柱後・側彎変形にasymmetrical PSOを行った1例, 家村 駿輝, 宮本 裕史, 橋本 和喜, 池田 光正, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, 6, 1091, 1091,   2017年11月
  • 成人脊柱変形に対する矯正固定手術が頚椎アライメントに及ぼす影響, 家村駿輝, 宮本裕史, 橋本和喜, 池田光正, 赤木將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, 184,   2017年09月01日
  • Radiologic features of dropped head syndrome in the overall sagittal alignment of the spine., Hashimoto K, Miyamoto H, Ikeda T, Akagi M, European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society,   2017年06月, 査読有り
  • Effect of correction surgery for cervical kyphosis on compensatory mechanisms in overall spinopelvic sagittal alignment., Miyamoto H, Hashimoto K, Ikeda T, Akagi M, European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society,   2017年04月, 査読有り
  • Predictable factors of deep venous thrombosis in patients undergoing spine surgery., Ikeda T, Miyamoto H, Hashimoto K, Akagi M, Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 22, 2, 197, 200,   2017年03月, 査読有り
  • Effect of Alendronate Trabecular on Trabecular Bone Score in Glucocorticoid-Treated Patiens., 池田光正, Acta Medica Kindai University, 42, 1, 17, 23,   2016年06月, 査読有り
  • Effects of alendronate or alfacalcidol on bone metabolic indices and bone mineral density in patients with ophthalmologic disease treated with glucocorticoid., Ikeda T, Maruyama K, Kaji H, Akagi M, Modern rheumatology, 24, 4, 671, 676,   2014年07月, 査読有り
  • 骨粗鬆症患者におけるFRAXRのhip fracture risk と hip structure analysis(HSA)の検討, 池田 光正, 赤木 将男, 整・災外, 56, 9, 1193, 1197,   2013年08月
  • 消化性潰瘍既往歴のあるNSAIDs服用患者におけるランソプラゾール(タケプロンR)投与後の自覚症状に関するアンケート調査―Minami osaka Area Look back Takepron Study(MART Study), 池田 光正, 丹 彰浩, 西坂 文章, 伊東 靖宜, 斎藤 政克, 嶋田 亘, 辻本 晴俊, 岸本 英樹, 山崎 顕二, 野中 藤吾, 上野 貢生, 神谷 正人, 三木 良久, 西村 俊司, 朝田 滋貴, 大谷 和裕, 菊池 啓, 宗圓 聰, 赤木 将男, 新薬と臨牀, 62, 3, 144, 152,   2013年03月
  • 大腿骨近位部骨折患者のADL・QOL改善と骨折リスク関連因子(Hip Structure AnalysisとFRAX)の関連についての検討 (平成23年度(第4回)旭化成研究助成プログラム(骨粗鬆症QOL研究)報告), 池田 光正, オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌, オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌, 21, 1, 183, 185,   2013年
  • 大腿骨近位部骨折リスク評価ツールの検討(ucOC、FRAXR 大腿骨頸部骨密度), 池田 光正, Osteoporosis Jpn Osteoporosis Jpn, 20, 3, 162, 164,   2012年07月
  • ロキソプロフェンナトリウム水和物含有塗布剤(ロキソニンゲル1%)の有用性及び使用感に関する患者調査―ジクロフェナクナトリウム1%含有ゲル状軟膏剤での効果不十分例における検討―, 丹 彰浩, 上田 広伸, 冨山 貴司, 松下 哲尚, 朝田 滋貴, 池田 光正, 野中 藤吾, 大谷 和裕, 松村 文典, 赤木 将男, 福田 寛二, 濵西 千秋, 福岡外科・整形外科, 新薬と臨床, 60, 9, 83, 91,   2011年09月
  • 大腿骨評価ツールの比較検討(Hip Structure AnalysisとFRAX), 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, Osteoporosis Jpn Osteoporosis Jpn, 19, 2, 78, 81,   2011年04月
  • 最近3年間における化膿性脊椎炎の治療成績, 池田 光正, 上田 広伸, 福田 寛二, 濵西 千秋, 日本骨・関節感染症学会雑誌, 24, 83, 85,   2011年02月
  • Hip Structure Analysis(HSA)による大腿骨骨質評価の精度, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 宗圓 聰, Osteoporosis Jpn Osteoporosis Jpn, 18, 3, 449, 451,   2010年07月
  • 化膿性脊椎感染症に対する治療検討(シンポジウム 整形外科領域における抗菌薬の使い方), 池田 光正, 上田 広伸, 福田 寛二, 濵西 千秋, 臨整外, 45, 6, 511, 514,   2010年06月
  • 腰部脊柱管狭窄症患者における足関節背屈筋力を用いた手術・保存療法の評価, 池田 光正, 西野 仁, 濵西 千秋, 福田 寛二, 臨整外, 44, 9, 947, 950,   2009年09月
  • 大腿骨における骨質評価(HSA)と大腿骨骨密度の検討, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 宗圓 聰, Osteoporosis Jpn Osteoporosis Jpn, 17, 3, 504, 507,   2009年07月
  • 2か月にわたる弛張熱と骨融解所見が先行したAnaplastic Large Cell Lymphoma (ALCL)の1例, 上田 悟史, 坂田 尚己, 池田 光正, 土手 健作, 八木 誠, 竹村 司, 浜西 千秋, 桑江 優子 中山 雅弘, 小児がん学会誌, 46, 3, 375, 380,   2009年
    概要:2か月間発熱が持続し、最終的にALCLと診断に至った症例を経験した。
  • 小皮切法による手根管症候群の治療, 大谷 和裕, 中川 晃一, 冨山 貴司, 池田 光正, 斎藤 政克, 福田 寛二, 濵西 千秋, 末梢神経, 19, 2, 419, 421,   2008年12月
  • ステロイドにおける骨粗鬆症とマーカーの変化, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 丸山 耕一, Osteoporosis Japan Osteoporosis Japan, 16, 3, 139, 142,   2008年07月
  • 腰部脊柱管狭窄症の手術・保存的治療の効果―足関節筋力経時的変化―, 池田 光正, 西野 仁, 松村 文典, 濵西 千秋, 福田 寛二, 中部整災誌, 50, 4, 619, 620,   2007年07月
  • 正常人と腰部脊柱管狭窄症患者における足関節背屈筋力評価の検討, 池田 光正, 松村 文典, 福田 寛二, 濵西 千秋, 臨床整形外科, 41, 10, 1057, 1061,   2006年10月
  • ステロイド性骨粗鬆症への取り組み, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 丸山 耕一, Osteoporosis Japan Osteoporosis Japan, 14, 3, 558, 561,   2006年07月
  • 閉経後骨粗鬆症患者における身長と骨密度の関係, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 菊山 愛一朗, 中部整災誌, 49, 2, 285, 286,   2006年03月
  • 仙骨嚢腫に対する画像診断の有用性の検討, 池田 光正, 松村 文典, 福田 寛二, 濵西 千秋, 臨床整形外科, 40, 11, 1239, 1241,   2005年11月
  • 棘突起縦割切除による腰背筋温存進入の検討, 池田 光正, 松村 文典, 濵西 千秋, 福田 寛二, 山本 憲廣, 中部整災誌, 48, 2, 341, 342,   2005年03月
  • 当科における項靱帯温存・傍正中アプローチによる頚椎椎弓形成術, 松村 文典, 池田 光正, 濵西 千秋, 山本 憲廣, 中部整災誌, 48, 1, 27, 28,   2005年01月
  • 当科における骨粗鬆症治療の検討, 池田 光正, 野中 藤吾, 福田 寛二, 濵西 千秋, 中部整災誌, 47, 4, 769, 770,   2004年07月
  • 変形性側彎を伴った腰部脊柱菅狭窄症に対する広範椎弓切除術の術後成績, 池田 光正, 廣藤 栄一, 西松 秀和, 近藤 啓, 吉田 憲治, 光野 芳樹, 伊藤 岳之, 脊柱変性, 17, 1, 75, 79,   2002年12月
  • 頚髄症に対する項靱帯温存・傍正中アプローチによる後方除圧, 濵西 千秋, 松村 文典, 赤木 将男, 福田 寛二, 池田 光正, 原 文彦, 脊椎・脊髄神経手術手技, 4, 1, 18, 21,   2002年08月
  • 変形側彎を伴った腰部脊柱管狭窄症に対する広範椎弓切除術の術後成績, 池田 光正, 廣藤 栄一, 西松 秀和, 近藤 啓, 大澤 正実, 中部整災誌, 44, 6, 1355, 1356,   2001年11月
  • 肩腱板断裂の手術療法 当院における肩腱板断裂に対する各術式の検討, 池田 光正, 廣藤 栄一, 西松 秀和, 吉田 憲治, 光野 芳樹, 中部整災誌, 44, 1, 29, 30,   2001年01月
  • Hyaluronic acid inhibits the expression of u-PA,PAI-1,and u-PAR in human synovial fibroblasts of osteoarthritis and rheumatoid arthritis., 野中 藤吾, 菊池 啓, 池田 光正, 濵西 千秋, 田中 清介, 岡本 佳之, J Rheumatol., 27, 4, 997, 1004,   2000年09月
  • Hyaluronic acid inhibits the expression of u-PA, PAI-1, and u-PAR in human synovial fibroblasts of osteoarthritis and rheumatoid arthritis, Tohgo Nonaka, Tohgo Nonaka, Hiraku Kikuchi, Terumasa Ikeda, Yoshiyuki Okamoto, Chiaki Hamanishi, Seisuke Tanaka, Journal of Rheumatology, 27, 997, 1004,   2000年06月30日
    概要:Objective. Intraarticular administration of hyaluronic acid (HA) has been widely used for the treatment of osteoarthritis (OA). Fibrinolysis is closely related to the pericellular proteolysis involved in inflammation. However, the role of HA in the regulation of fibrinolytic factors is not yet known. We investigated the effect of HA on the pericellular fibrinolytic system of human synovial fibroblasts derived from OA and rheumatoid arthritis (RA). Methods. Human synovial fibroblasts obtained from OA and RA were cultured in the presence and absence of HA. The antigen of urokinase-type plasminogen activator (u-PA) and plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) were measured by ELISA, and u-PA activity was evaluated by electrophoretic enzymography. The binding assay of u-PA and the immunohistochemical analysis of u-PA were employed to detect u-PA receptor (u-PAR). Results. HA suppressed the secretion of both u-PA and PAI-1 antigens from the synovial fibroblasts of OA to their conditioned medium. Suppression of u-PA activity in OA synovial fibroblasts was more marked than in those of RA. The u-PA binding assay of OA and RA synovial fibroblasts revealed a single class of binding site: dissociation constant (Kd) 23.7 nM, maximal number of binding sites (B(max)) 3.11 x 10 4 binding sites/cell; Kd 16.5 nM, B(max) of 9.88 x 10 4 binding sites/cell, respectively. HA decreased B(max) in fibroblasts of both OA and RA. Immunohistochemical analysis showed that u-PAR was constitutively expressed in both synovial fibroblasts, but if these cells were treated with HA, the decrease of the staining of u-PAR was more pronounced in the cells of RA than in OA. Conclusion. Pericellular fibrinolytic activity mediated by the u-PA/u-PAR system and PAI-1 was attenuated by HA in synovial fibroblasts derived from OA and RA. Thus, HA may be a useful agent to inhibit the inflammation of arthritis.
  • Effect of sodium hyaluronic acid on fibrinolytic factor in the synovial fluid (in vivo)., 池田光正, Pathopysiology, 6, 1, 41, 44,   1999年, 査読有り

書籍等出版物

  • 最新整形外科体系10 脊椎・脊髄 編集:越智隆弘、戸山芳昭, 6章 脊椎・脊髄疾患の主要症候と病態生理歩行障害, 池田 光正, 濵西 千秋, 共著, 中山書店,   2008年05月

講演・口頭発表等

  • 頚椎症性脊髄症に対する椎弓形成術の術後成績の予測にK-lineは有益である, 池田光正, 頚椎国際研究会議 欧州部門,   2018年05月09日
  • 骨粗鬆症性椎体骨折後の疼痛を引き起こす要因の評価, 池田光正, 宮本裕史, 橋本和喜, 赤木將男, Journal of Spine Research,   2018年03月25日
  • 頚椎変性側弯のX線学的特徴と手術治療, 橋本和喜, 宮本裕史, 池田光正, 家村駿輝, 赤木將男, Journal of Spine Research,   2018年03月25日
  • 成人脊柱変形に対する矯正固定手術が頚椎アライメントに及ぼす影響, 家村駿輝, 宮本裕史, 池田光正, 橋本和喜, Journal of Spine Research,   2018年03月25日
  • 食道がん根治的放射線治療後に発生した頚椎骨肉腫の一例, 鳥海賢介, 宮本裕史, 池田光正, 橋本和喜, 赤木將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,   2018年03月01日
  • 高度成人脊柱後・側弯変形にasymmetrical PSOを行った1例, 家村駿輝, 宮本裕史, 橋本和喜, 池田光正, 赤木將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,   2017年11月01日
  • 骨粗鬆症での週1回テリパラチドの血中スクレロスチンへの効果, 梶博史, 池田光正, 田村行識, 日本内分泌学会雑誌,   2017年10月20日
  • 閉経後骨粗鬆症患者に対する週1回テリパラチドによる血中スクレロスチンと骨密度の関係, 池田光正, 梶博史, 田村行識, 赤木將男, 日本骨粗鬆症学会雑誌,   2017年09月20日
  • 成人脊柱変形に対する矯正固定手術が頸椎アライメントに及ぼす影響, 家村 駿輝, 宮本 裕史, 橋本 和喜, 池田 光正, 赤木 將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌,   2017年09月
  • 硬膜外膿瘍を伴う難治性化膿性脊椎炎に対しvertebral column resection(VCR)+脊椎後方固定術を施行した1例, 橋本 和喜, 宮本 裕史, 池田 光正, 赤木 將男, 日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集,   2017年06月
  • 頚椎後弯症に対する矯正手術が椎間孔狭窄に与える影響, 池田光正, 頚椎国際研究会議 欧州部門,   2017年05月24日
  • 骨粗鬆症と骨代謝/変形性関節症・軟骨 ステロイド性骨粗鬆症に対するBMD、TBSを用いた臨床評価, 池田 光正, 赤木 將男, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集,   2017年03月
  • 骨粗鬆症椎体骨折を合併した成人脊柱変形患者におけるJOABPEQと脊柱パラメーターとQOL障害評価, 池田 光正, 宮本 裕史, 橋本 和喜, 西村 章朗, 赤木 將男, Journal of Spine Research,   2017年03月
  • 頸椎後彎症において前方注視障害をきたすリスク因子の検討, 橋本 和喜, 宮本 裕史, 池田 光正, 西村 章朗, 赤木 將男, Journal of Spine Research,   2017年03月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折が全脊椎矢状面アライメントに及ぼす影響, 池田 光正, 宮本 裕史, 橋本 和喜, 西村 章朗, 赤木 將男, Journal of Spine Research,   2017年03月
  • 後弯を伴う頚椎症に対する矯正術が椎間孔に与える影響, 池田光正, 頚椎国際研究会議 欧州部門,   2016年05月11日
  • 腰部脊柱管狭窄症が全脊柱矢状面アライメントに与える影響とその治療戦略 (日本脊椎インストゥルメンテーション学会 特集号), 橋本 和喜, 宮本 裕史, 池田 光正, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research,   2015年10月
  • 骨粗鬆症性椎体骨折後が全脊柱アライメントに与える影響, 池田光正, 国際腰椎研究会議,   2015年06月09日
  • 後彎を伴う頚椎症性脊髄症に対する椎弓形成術の予後判定にK-line評価は有効か, 池田光正, 頚椎国際研究会議 欧州部門,   2015年05月26日
  • パネルディスカッション 閉経後骨粗鬆症におけるビスホスホネート (第21回近畿骨粗鬆症研究会), 池田 光正, 楊 鴻生, 沖本 信和, オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌,   2015年
  • 脊椎手術における深部静脈血栓の予測因子, 池田光正, 国際腰椎研究会議,   2014年06月04日
  • 脊椎疾患に対するプレガバリンの効果の検討, 池田 光正, 南大阪運動器疾患セミナー,   2013年06月, 南大阪運動器疾患セミナー
  • 脊椎手術後における深部静脈血栓の検討, 池田 光正, 橋本 和喜, 赤木 将男, 松下 哲尚, 第86回日本整形外科学会,   2013年05月, 第86回日本整形外科学会
  • 化膿性脊椎炎における検出菌と薬剤感受性の検討, 池田 光正, 橋本 和喜, 赤木 将男, 第120回中部日本整形外科災害外科学会,   2013年04月, 第120回中部日本整形外科災害外科学会
  • テリパラチド週一回製剤の代謝マーカーの動き-実臨床と治療の比較-, 池田 光正, PTH UPDATE in OSAKA,   2013年02月, PTH UPDATE in OSAKA
  • パネルディスカッション 実施診療における再骨折予防 (第19回近畿骨粗鬆症研究会), 三木 隆己, 楊 鴻生, 池田 光正, オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌,   2013年
  • FRAXとHip Structure Analysis(HSA)を用いた大腿骨近位部骨折の評価, 池田 光正, 骨粗鬆症治療講演会,   2012年11月, 骨粗鬆症治療講演会
  • 脊椎疾患に対するプレガバリンの効果の検討, 池田 光正, 橋本 和喜, 赤木 将男, 第119回中部日本整形外科災害外科学会,   2012年10月, 第119回中部日本整形外科災害外科学会
  • 頚椎症脊髄症に対する両開き式(観音開き)椎弓形成術と頚椎後弯の検討, 池田 光正, 橋本 和喜, 濵西 千秋, 赤木 将男, 第119回中部日本整形外科災害外科学会,   2012年10月, 第119回中部日本整形外科災害外科学会
  • FRAXを用いた大腿骨近位部骨折リスクの検討, 池田 光正, 赤木 将男, 第14回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診分科会,   2012年09月, 第14回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診分科会
  • HSA評価を用いた大腿骨近位部の骨強度の検討, 池田 光正, 赤木 将男, 第14回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診分科会,   2012年09月, 第14回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診分科会
  • フォルテオに切り替え有効であった症例-代謝マーカーが有効である, 池田 光正, 岸和田骨粗鬆症治療学術講演会,   2012年08月, 岸和田骨粗鬆症治療学術講演会
  • 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版について, 池田 光正, 和歌山県病院薬剤師会学術講演会,   2012年06月, 和歌山県病院薬剤師会学術講演会
  • 骨粗鬆症の病態と治療薬, 池田 光正, 布施薬剤師会学術研修会,   2012年06月, 布施薬剤師会学術研修会
  • 新しい骨粗鬆症診断~HSA(Hip Structure Analysis)の使用経験, 池田 光正, DiscoveryX線骨密度測定装置セミナー,   2012年04月, DiscoveryX線骨密度測定装置セミナー
  • 大腿骨近位部骨よりリスクの試算(FRAX、UCOC、大腿骨頚部BMDを用いて), 池田 光正, 第18回近畿骨粗鬆症研究会,   2012年03月, 第18回近畿骨粗鬆症研究会
  • 第5腰神経根外側障害の2例, 池田 光正, 橋本 和喜, 大洞 佳代子, 西地 晴彦, 濵西 千秋, 第439回整形外科集談会京阪神地方会,   2012年03月, 第439回整形外科集談会京阪神地方会
  • 大腿骨骨折リスク評価ツールの検討(ucOCとFRAX、大腿骨骨密度), 池田 光正, 濵西 千秋, 第13回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診文科会,   2011年11月, 第13回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診文科会
  • 腰部脊柱管狭窄症患者における保存治療の各分類別での効果, 池田 光正, 橋本 和喜, 福田 寛二, 濵西 千秋, 三木 良久, 第117回中部日本整形外科災害外科学会,   2011年11月, 第117回中部日本整形外科災害外科学会
  • 2011年骨粗鬆症ガイドライン変更に伴って, 池田 光正, 運動器疾患を考える会,   2011年09月, 運動器疾患を考える会
  • 腰部脊柱管狭窄症患者に対する保存的治療 効果不良例の検討(シンポジウム2:腰椎脊柱管狭窄症・治療の評価), 池田 光正, 西野 仁, 濵西 千秋, 第19回日本腰痛学会,   2011年09月, 第19回日本腰痛学会
  • 骨粗鬆症治療ガイドラインの改訂に向けて, 池田 光正, 大阪狭山市医師会講演会,   2011年06月, 大阪狭山市医師会講演会
  • 腰部脊柱管狭窄症患者における間欠跛行に対する保存的治療の検討, 池田 光正, 松下 哲尚, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第40回日本脊椎脊髄病学会,   2011年04月, 第40回日本脊椎脊髄病学会
  • 高齢者頸椎症性脊髄症の背景と術後成績, 池田 光正, 松下 哲尚, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第116回中部日本整形外科災害外科学会,   2011年04月, 第116回中部日本整形外科災害外科学会
  • 骨粗鬆症治療における診断と治療, 池田 光正, ファイザー株式会社社内勉強会,   2011年02月, ファイザー株式会社社内勉強会
  • Hip Structuve Analysis と FRAX、大腿骨BMDの比較検討, 池田 光正, 濵西 千秋, 福田 寛二, 赤木 将男, 第17回近畿骨粗鬆症研究会,   2011年02月, 第17回近畿骨粗鬆症研究会
  • 大腿骨骨折リスク評価ツールの検討(UCOCとFRAX), 池田 光正, 第14回Vitamin K & Aging研究会,   2011年02月, 第14回Vitamin K & Aging研究会
  • 頚椎疾患によって起こる項部痛(シンポジウム「肩こりの原因と治」), 池田 光正, 第9回痛みの臨床フォーラム,   2011年02月, 第9回痛みの臨床フォーラム
  • 梅毒によると思われる化膿性脊椎炎の1例, 池田 光正, 松下 哲尚, 岸本 英樹, 墳本 一郎, 濵西 千秋, 第433回整形外科集談会京阪神地方会,   2011年01月, 第433回整形外科集談会京阪神地方会
  • 関節リウマチ患者における大腿骨頚部骨量の検討(変形性股関節症と比較して), 野中 藤吾, 西坂 文章, 池田 光正, 赤木 将男, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第12回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診分科会,   2010年10月, 第12回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診分科会
  • 大腿骨評価ツールの比較検討(Hip Structure AnalysisとFRAX), 池田 光正, 濵西 千秋, 福田 寛二, 第12回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診分科会,   2010年10月, 第12回日本骨粗鬆症学会骨ドック・健診分科会
  • 化膿性脊椎炎の診断と治療, 池田 光正, 濵西 千秋, 福田 寛二, 上田 広伸, 松下 哲尚, 頭司 敏史, 第115回中部日本整形外科災害外科学会,   2010年10月, 第115回中部日本整形外科災害外科学会
  • Hip Structure Analysis(HSA)と大腿骨骨密度の検討, 池田 光正, 濵西 千秋, 宗圓 聰, 第28回日本骨代謝学会,   2010年07月, 第28回日本骨代謝学会
  • 当科における化膿性脊椎炎の治療成績, 池田 光正, 上田 広伸, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第33回日本骨・関節感染症学会,   2010年06月, 第33回日本骨・関節感染症学会
  • Hip Structure AnalysisとFRAXの比較による大腿骨評価, 池田 光正, 第6回SERM学術研究会学術集会,   2010年05月, 第6回SERM学術研究会学術集会
  • 生物学的製剤投与中のSSI発症リスクの検討, 野中 藤吾, 西坂 文章, 池田 光正, 赤木 将男, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第24回日本臨床リウマチ学会,   2009年11月, 第24回日本臨床リウマチ学会
  • 腰部脊柱管狭窄症患者に対する間欠跛行に対するPG製剤の効果, 池田 光正, 上田 広伸, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第113回中部日本整形外科災害外科学会,   2009年10月, 第113回中部日本整形外科災害外科学会
  • 大腿骨骨質評価HASと大腿骨密度の検討, 池田 光正, 濵西 千秋, 福田 寛二, 宗圓 聰, 第27回日本骨代謝学会,   2009年07月, 第27回日本骨代謝学会
  • 馬尾傍神経腫のMRI画像の検討, 松﨑 晃治, 上田 広伸, 橋本 和喜, 池田 光正, 丹 彰浩, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会,   2009年06月, 第42回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会
  • 腰部脊柱管狭窄症患者に対する間欠跛行評価方法, 池田 光正, 上田 広伸, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第82回日本整形外科学会,   2009年05月, 第82回日本整形外科学会
  • ステロイド性骨粗鬆症に対するアレンドロネート、アルファカルシドールの治療効果, 池田 光正, 濵西 千秋, 福田 寛二, 第53回日本リウマチ学会総会,   2009年04月, 第53回日本リウマチ学会総会
  • 大腿骨の骨質評価(HSA)と大腿骨骨密度, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第15回近畿骨粗鬆症研究会,   2009年02月, 第15回近畿骨粗鬆症研究会
  • 造血幹細胞移植後の骨量に対する影響とビスフォスネート製剤介入の有効性の検討(造血幹細胞移植後骨粗鬆症に対する効果的な治療法に関する前方視的試験), 川西 一信, 金井 良高, 賴 晋也, 高井 俊輔, 平瀬 主税, 川田 修平, 森田 泰慶, 佐野 徹明, 宮武 淳一, 辰巳 陽一, 芦田 隆司, 前田 裕弘, 金丸 昭久, 池田 光正, 浜西 千秋, 第31回日本造血細胞移植学会総会,   2009年02月, 第31回日本造血細胞移植学会総会
    概要:造血幹細胞移植患者において、骨粗鬆症の診療として利用される骨代謝マーカーを測定し、移植後の骨量に対する影響と骨量減少に対するビスフォスフォネート製剤介入の有効性の検討を前方視的に行った。
  • 関節リウマチに対する環軸椎亜脱臼手術の術後成績, 上田 広伸, 池田 光正, 松崎 晃治, 丹 彰浩, 濵西 千秋, 第36回日本関節病学会,   2008年11月, 第36回日本関節病学会
  • 自己フィブリングルーにて加療をした仙骨のう腫の1例, 松﨑 晃治, 上田 広伸, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第421回整形外科集談会京阪神地方会,   2008年09月, 第421回整形外科集談会京阪神地方会
  • 小皮切法による手根管症候群の治療, 大谷 和裕, 中川 晃一, 冨山 貴司, 池田 光正, 斎藤 政克, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第19回日本抹消神経学会,   2008年09月, 第19回日本抹消神経学会
  • Prevention of gucocorevoid-induced osteoporosis with alendronate or alfacalcido in patients with ophthalmologic diseases, 池田 光正, 濵西 千秋, 宗圓 聰, 2008ASBMR Offical Scientific Meeting,   2008年09月, 2008ASBMR Offical Scientific Meeting
  • ステロイド性骨粗鬆症における骨密度とマーカーの変化, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第18回日本リウマチ学会近畿支部学術集会,   2008年09月, 第18回日本リウマチ学会近畿支部学術集会
  • 腰部脊柱管狭窄症における足関節背筋屈筋力低下回復の限界-手術・保存治療の効果-, 池田 光正, 西野 仁, 濵西 千秋, 福田 寛二, 松村 文典, 第81回日本整形外科学会,   2008年05月, 第81回日本整形外科学会
  • 腰部脊柱管狭窄症における足関節背筋屈筋力低下回復の限界(手術・保存治療の効果), 池田 光正, 濵西 千秋, 松村 文典, 第37回日本脊椎脊髄病学会,   2008年04月, 第37回日本脊椎脊髄病学会
  • ステロイド性骨粗鬆症の治療、前向き調査, 池田 光正, 丸山 耕一, 濵西 千秋, 宗圓 聰, 第14回近畿骨粗鬆症研究会,   2008年02月, 第14回近畿骨粗鬆症研究会
  • 腰部脊柱管狭窄症患者における内視鏡下除圧術の問題点の検討, 池田 光正, 吉田 宗人 麻殖生 和博 中川 幸洋 南出 章人 河合 将紀, 第10回日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会,   2007年11月, 第10回日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会
  • ステイロイドによる骨密度とマーカーの変化(治療効果の判断), 池田 光正, 宗圓 聰, 濵西 千秋, 福田 寛二, 第9回日本骨粗鬆症学会,   2007年11月, 第9回日本骨粗鬆症学会
  • ステロイド性骨粗鬆症に対するアレンドロネートとVD3の治療効果(前向き検討), 池田 光正, 濵西 千秋, 第109回中部日本整形外科災害外科学会,   2007年10月, 第109回中部日本整形外科災害外科学会
  • ステロイド骨粗鬆症と閉経後骨粗鬆症(講演), 池田 光正, 骨粗鬆症に関する学術講演会,   2007年08月, 骨粗鬆症に関する学術講演会
  • ステロイド性骨粗鬆症に対するアレンドロネートとVDの治療効果・前向検討にて, 池田 光正, 宗圓 聰, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第25回日本骨代謝学会学術集会,   2007年07月, 第25回日本骨代謝学会学術集会
  • 骨粗鬆症の診断と最近の流れ(講演), 池田 光正, 武田製薬工業株式会社社内勉強会,   2007年06月, 武田製薬工業株式会社社内勉強会
  • 閉経後骨粗鬆症とステロイド性骨粗鬆症~ビスフォスホネートの効果(リセドロネート)~(講演), 池田 光正, 骨のクリニカルカンファランスセミナー,   2007年06月, 骨のクリニカルカンファランスセミナー
  • 腰部脊柱管狭窄症における足関節筋力に対する手術保存的治療の効果, 池田 光正, 濵西 千秋, 松村 文典, 福田 寛二, 第80回日本整形外科学会,   2007年05月, 第80回日本整形外科学会
  • 腰部脊柱管狭窄症の手術的・保存的治療の効果(足関節筋力経時変化), 池田 光正, 松村 文典, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第108回中部日本整形外科災害外科学会,   2007年04月, 第108回中部日本整形外科災害外科学会
  • ステロイド性骨粗鬆症におけるフォサマックの治療効果(講演), 池田 光正, 堺南地区薬剤師講演会,   2006年11月, 堺南地区薬剤師講演会
  • ステロイド性骨粗鬆症におけるフォサマックの治療効果(講演), 池田 光正, 第39回新友会,   2006年11月, 第39回新友会
  • ステロイド性骨粗鬆症に対するアレンドロネートの効果(講演), 池田 光正, 松原市医師会学術講演会,   2006年10月, 松原市医師会学術講演会
  • ステロイド性骨粗鬆症における治療効果の前向き調査, 池田 光正, 丸山 耕一, 福田 寛二, 宗圓 聰, 濵西 千秋, 第8回日本骨粗鬆症学会,   2006年10月, 第8回日本骨粗鬆症学会
  • 原田病患者のステロイド治療における骨粗鬆症対策, 丸山 耕一, 七部 史, 南里 勇, 下村 嘉一, 有村 英子, 池田 光正, 第60回日本臨床眼科学会,   2006年10月, 第60回日本臨床眼科学会
    概要:原田病の治療には、ステロイド薬全身投与を行う例が多く、副作用として骨粗鬆症を発症する可能性がある。今回、ステロイド薬全身治療にビスフォスフォネート製剤を併用し、骨粗鬆症に対する予防的効果について検討した。その結果、腰椎DXAによる骨量測定では、骨量の著明な減少はみられず、また尿中NTxは減少し、骨吸収の抑制効果がみられた。
  • 馬尾に発生した傍神経筋腫の2例, 橋本 和喜, 池田 光正, 松村 文典, 丹 彰浩, 濵西 千秋, 第411回整形外科集談会京阪神地方会,   2006年09月, 第411回整形外科集談会京阪神地方会
  • 骨粗鬆症患者における身長と骨密度の関係(講演), 池田 光正, 第2回骨粗鬆症と腰背部痛を考える会,   2006年07月, 第2回骨粗鬆症と腰背部痛を考える会
  • ステロイド性骨粗鬆症に対する治療の検討, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第50回日本リウマチ学会,   2006年04月, 第50回日本リウマチ学会
  • 腰椎疾患における足関節筋力評価の検討, 池田 光正, 松村 文典, 福田 寛二, 濵西 千秋, 菊山 愛一朗, 第35回日本脊椎脊髄病学会,   2006年04月, 第35回日本脊椎脊髄病学会
  • 頚椎椎弓形成術における術後カラー装着の必要性, 松村 文典, 池田 光正, 菊山 愛一朗, 濵西 千秋, 第35回日本脊椎脊髄病学会,   2006年04月, 第35回日本脊椎脊髄病学会
  • ステロイド性骨粗鬆症の一次予防~眼科と連携~, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 丸山 耕一, 宗圓 聰, 第12回近畿骨粗鬆症研究会,   2006年02月, 第12回近畿骨粗鬆症研究会
  • Free Radicals in Cerebrospinal Fluid in the Compressive Lumbar Disorders, 池田 光正, 6th Combined Congress of Spine & Pediatric Orthopedic Sections,APOA,   2005年11月, 6th Combined Congress of Spine & Pediatric Orthopedic Sections,APOA
  • ステロイド性骨粗鬆症への取り組み-眼科との連携-, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 丸山 耕一, 第20回日本臨床リウマチ学会,   2005年11月, 第20回日本臨床リウマチ学会
  • 超高齢者に行った頚椎椎弓形成術の3例, 西村 俊司, 松村 文典, 池田 光正, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第105回中部日本整形外科災害外科学会,   2005年10月, 第105回中部日本整形外科災害外科学会
  • 閉経後骨粗鬆症患者における身長と骨密度の関係, 池田 光正, 菊山 愛一朗, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第105回中部日本整形外科災害外科学会,   2005年10月, 第105回中部日本整形外科災害外科学会
  • 骨折予防を考えた骨粗鬆症治療, 池田 光正, 骨折予防談話会,   2005年09月, 骨折予防談話会
  • 当科における骨粗鬆症治療, 池田 光正, 骨粗鬆症勉強会,   2005年09月, 骨粗鬆症勉強会
  • 項靱帯温存・傍正中アプローチによる頚椎椎弓形成術における術後項部愁訴, 松村 文典, 池田 光正, 濵西 千秋, 本田 憲胤, 第34回日本脊椎脊髄病学会,   2005年06月, 第34回日本脊椎脊髄病学会
  • 脊柱管圧迫と脊髄液中酸化ストレスの検討, 池田 光正, 松村 文典, 西村 俊司, 濵西 千秋, 山本 憲廣, 第34回日本脊椎脊髄病学会,   2005年06月, 第34回日本脊椎脊髄病学会
  • 腰椎疾患患者における足関節背屈筋力の評価, 福田 寛二, 西野 仁, 斉藤 務, 斎藤 政克, 池田 光正, 松村 文典, 濵西 千秋, 第42回日本リハビリテーション医学会,   2005年06月, 第42回日本リハビリテーション医学会
  • 閉経後骨粗鬆症患者に対するビルホスホネートの治療効果の検討, 池田 光正, 斎藤 政克, 朝田 滋貴, 西坂 文章, 森 成志, 福田 寛二, 濵西 千秋, 宮﨑 浩, 第49回日本リウマチ学会,   2005年04月, 第49回日本リウマチ学会
  • 腰椎疾患患者における足関節背屈筋力の特性, 西野 仁, 齋藤 務, 福田 寛二, 池田 光正, 斎藤 政克, 濵西 千秋, 第49回日本リウマチ学会総会・学術集会,   2005年04月, 第49回日本リウマチ学会総会・学術集会
    概要:腰椎疾患患者の足関節背屈筋力の測定を等速性運動機器と徒手筋力検査法(以下:MMT)で行い、両者の関係を検討した。また等速運動機器での筋力評価では症状のある下肢は正常範囲内であるが反対側と比較して低下していた。
  • 超高齢者に行った頚椎椎弓形成術の一例, 西村 俊司, 池田 光正, 松村 文典, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第404回整形外科集談会京阪神地方会,   2005年03月, 第404回整形外科集談会京阪神地方会
  • 健常人おける体幹筋力の検討, 西野 仁, 武田 芳夫, 永吉 理香, 齋藤 務, 本田 憲胤, 澤田 優子, 池田 光正, 濵西 千秋, 福田 寛二, 第34回近畿理学療法学術集会,   2004年11月, 第34回近畿理学療法学術集会
    概要:体幹の回旋筋力の測定をおこなってところ左右回旋運動でピークトルク体重比に有意な差はなく、利き手や利き足の影響も検討したが左右回旋筋力に有意な差はみられなかった。
  • リセドロネートの治療効果の検討, 池田 光正, 松村 文典, 大谷 和裕, 野中 藤吾, 赤木 将男, 宗圓 聰, 福田 寛二, 濵西 千秋, 西岡 栄恵, 第6回日本骨粗鬆症学会,   2004年11月, 第6回日本骨粗鬆症学会
  • 棘突起縦割切除進入による腰背筋温存進入の検討, 池田 光正, 松村 文典, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第103回中部日本整形外科災害外科学会,   2004年11月, 第103回中部日本整形外科災害外科学会
  • 当科における項靱帯温存・傍正中アプローチによる頚椎椎弓形成術, 松村 文典, 池田 光正, 濵西 千秋, 山本 憲廣, 第103回中部日本整形外科災害外科学会,   2004年11月, 第103回中部日本整形外科災害外科学会
  • 後縦隔に発生したダンベル型神経鞘腫の1例, 池田 光正, 松村 文典, 赤木 将男, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第400回整形外科集談会京阪神地方会,   2004年06月, 第400回整形外科集談会京阪神地方会
  • 項靱帯温存・傍正中アプローチによる頚椎椎弓形成術における術後頚椎アライメントと頚部筋力, 松村 文典, 池田 光正, 濵西 千秋, 本田 憲胤, 第33回日本脊椎脊髄病学会,   2004年06月, 第33回日本脊椎脊髄病学会
  • 骨粗鬆症治療, 池田 光正, 野中 藤吾, 大谷 和裕, 福田 寛二, 濵西 千秋, 頭司 敏志, 三木 良久, 第48回日本リウマチ学会,   2004年04月, 第48回日本リウマチ学会
  • 当院における骨粗鬆症の検討, 池田 光正, 野中 藤吾, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第102回中部日本整形外科災害外科学会,   2004年03月, 第102回中部日本整形外科災害外科学会
  • 利き足・非利き足での足関節筋力の比較, 西野 仁, 武田 芳夫, 永吉 理香, 池田 光正, 濵西 千秋, 福田 寛二, 第15回大阪府理学療法士会,   2004年02月, 第15回大阪府理学療法士会
    概要:健常人の利き足・非利き足での足関節筋力の比較の検討をし、背屈筋力で有意な差を認めた。
  • アルコール処理を併用した胸椎血管腫の治療経験, 池田 光正, 朝田 滋貴, 松村 文典, 福田 寛二, 濵西 千秋, 第395回整形外科集談会京阪神地方会,   2003年12月, 第395回整形外科集談会京阪神地方会
  • 切除椎弓を用いた後後方固定術の効果判定, 池田 光正, 廣藤 榮一, 西松 秀和, 吉田 憲治, 金馬 敬明, 伊藤 岳之, 森本 佳秀, 第76回日本整形外科学会,   2003年05月, 第76回日本整形外科学会
  • 天理病院における骨粗鬆症スクリーニングと処方の調査, 池田 光正, 濵西 千秋, 廣藤 榮一, 第47回日本リウマチ学会,   2003年04月, 第47回日本リウマチ学会
  • 変形側彎を伴った腰部脊柱管狭窄症に対する広範椎弓切除術の術後成績, 池田 光正, 廣藤 栄一, 西松 秀和, 近藤 啓, 大澤 正実, 第96回中部日本整形外科災害外科学会,   2001年05月, 第96回中部日本整形外科災害外科学会
  • 当院における肩腱板断裂に対する各術式の検討, 池田 光正, 廣藤 栄一, 西松 秀和, 吉田 憲治, 光野 芳樹, 第95回中部日本整形外科災害外科学会,   2000年09月, 第95回中部日本整形外科災害外科学会
  • 破骨細胞の接着における線溶系因子の検討, 池田 光正, 野中 藤吾, 菊池 啓, 濵西 千秋, 第15回日本整形外科学会基礎学術集会,   2000年09月, 第15回日本整形外科学会基礎学術集会
  • ヒアルロン酸刺激に対する滑膜線維芽細胞の線溶系への影響, 野中 藤吾, 池田 光正, 菊池 啓, 濵西 千秋, 田中 清介, 第44回日本リウマチ学会,   2000年05月, 第44回日本リウマチ学会
  • 破壊細胞の接着におけるPAI-1の影響, 池田 光正, 菊池 啓, 野中 藤吾, 濵西 千秋, 田中 清介, 第44回日本リウマチ学会,   2000年05月, 第44回日本リウマチ学会

MISC

  • 成人脊柱変形に対する矯正固定手術が頚椎アライメントに及ぼす影響, 家村駿輝, 宮本裕史, 池田光正, 橋本和喜, Journal of Spine Research, 9, 3, 457,   2018年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802286937662786
  • 骨粗鬆症性椎体骨折後の疼痛を引き起こす要因の評価, 池田光正, 宮本裕史, 橋本和喜, 赤木將男, Journal of Spine Research, 9, 3, 614,   2018年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802251138686998
  • 頚椎変性側弯のX線学的特徴と手術治療, 橋本和喜, 宮本裕史, 池田光正, 家村駿輝, 赤木將男, Journal of Spine Research, 9, 3, 494,   2018年03月25日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802225508979437
  • 食道がん根治的放射線治療後に発生した頚椎骨肉腫の一例, 鳥海賢介, 宮本裕史, 池田光正, 橋本和喜, 赤木將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61, 101,   2018年03月01日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802232326919212
  • 高度成人脊柱後・側弯変形にasymmetrical PSOを行った1例, 家村駿輝, 宮本裕史, 橋本和喜, 池田光正, 赤木將男, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 60, 6, 1091,   2017年11月01日, 10.11359/chubu.2017.1091, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802288727682669
  • 骨粗鬆症での週1回テリパラチドの血中スクレロスチンへの効果, 梶博史, 池田光正, 田村行識, 日本内分泌学会雑誌, 93, 2, 565,   2017年10月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702234422333663
  • 閉経後骨粗鬆症患者に対する週1回テリパラチドによる血中スクレロスチンと骨密度の関係, 池田光正, 梶博史, 田村行識, 赤木將男, 日本骨粗鬆症学会雑誌, 3, Suppl.1, 245,   2017年09月20日, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702245331937118
  • 腰部脊柱管狭窄症が全脊柱矢状面アライメントに与える影響とその治療戦略 (日本脊椎インストゥルメンテーション学会 特集号), 橋本 和喜, 宮本 裕史, 池田 光正, Journal of spine research : official journal of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research, 6, 10, 1539, 1544,   2015年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020629888
  • 大腿骨近位部骨折リスク評価ツールの検討(ucOC,FRAX,大腿骨頸部骨密度) (第18回近畿骨粗鬆症研究会), 池田 光正, オステオポローシスジャパン : 日本骨粗鬆症学会雑誌, 20, 3, 538, 540,   2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019413372
  • 慢性腰痛と体幹筋(コルセット筋)の筋力低下 ([第18回]日本腰痛学会 特集号), 浜西 千秋, 池田 光正, 松下 哲尚, Journal of spine research, 2, 6, 1088, 1092,   2011年06月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018905330
  • 大腿骨評価ツールの比較検討(Hip Structure AnalysisとFRAX) (第12回日本骨粗鬆症学会 一般演題Highlight), 池田 光正, 福田 寛二, 浜西 千秋, オステオポローシスジャパン, 19, 2, 206, 209,   2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018865485
  • 最近3年間における化膿性脊椎炎の治療成績(2007から2009年), 池田 光正, 上田 広信, 福田 寛二, 日本骨・関節感染症学会雑誌, 24, 83, 85,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018725362
  • Hip Structure Analysis(HSA)による大腿骨骨質評価の精度 (第16回近畿骨粗鬆症研究会), 池田 光正, 福田 寛二, 濱西 千秋, オステオポローシスジャパン, 18, 3, 449, 451,   2010年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017270629
  • 臨床経験 腰部脊柱管狭窄症患者における足関節背屈筋力を用いた手術・保存療法の評価, 池田 光正, 西野 仁, 浜西 千秋, 臨床整形外科, 44, 9, 947, 950,   2009年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016814504
  • 大腿骨における骨質評価(HSA)と大腿骨骨密度の検討 (第15回近畿骨粗鬆症研究会), 池田 光正, 福田 寛二, 浜西 千秋, オステオポローシスジャパン, 17, 3, 504, 507,   2009年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016792872
  • 当科[近畿大学整形外科]における化膿性脊椎炎治療の検討, 中川 晃一, 池田 光正, 福田 寛二, 日本骨・関節感染症学会雑誌, 22, 67, 69,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016455881
  • ステロイドにおける骨粗鬆症とマーカーの変化 (第14回近畿骨粗鬆症研究会), 池田 光正, 福田 寛二, 浜西 千秋, オステオポローシスジャパン, 16, 3, 511, 514,   2008年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016238066
  • ステロイド性骨粗鬆症への取り組み (第12回近畿骨粗鬆症研究会), 池田 光正, 福田 寛二, 浜西 千秋, オステオポローシスジャパン, 14, 3, 558, 561,   2006年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007361549
  • 臨床経験 仙骨嚢腫に対する画像診断の有用性の検討, 池田 光正, 松村 文典, 福田 寛二, 臨床整形外科, 40, 11, 1239, 1241,   2005年11月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40007018690
  • HP22-2 2ヵ月にわたる高熱と骨融解所見が先行したAnaplastic Large Cell Lynphoma(ALCL)の1例(ポスター リンパ腫2,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催), 上田 悟史, 坂田 尚己, 竹村 司, 池田 光正, 浜西 千秋, 土手 健作, 下野 太郎, 八木 誠, 桑江 優子, 中山 雅弘, 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録, 42, 3,   2005年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007170215
  • 項靱帯温存・傍正中アプローチによる頚椎椎弓形成術における術後頚椎アライメントと頚部筋力, 松村 文典, 池田 光正, 浜西 千秋, 本田 憲胤, 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 15, 1,   2004年05月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10014401005
  • 頚椎症に対する後方除圧+後側方固定術(桐田-宮崎法)の10年以上の長期術後成績, 広藤 栄一, 西松 秀和, 吉田 憲治, 金馬 敬明, 池田 光正, 伊藤 岳之, 森本 佳秀, 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 14, 1,   2003年02月20日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10010522807
  • 変性側弯を伴う腰部脊柱管狭窄症における術後側弯進行の予測, 池田 光正, 広藤 栄一, 西松 秀和, 近藤 啓, 吉田 憲治, 光野 芳樹, 伊藤 岳之, 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society, 13, 1,   2002年04月26日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009973416
  • 再置換人工臼(セメント使用)の術後成績, 西松 秀和, 広藤 栄一, 近藤 啓, 吉田 憲治, 池田 光正, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 45, 1, 47, 48,   2002年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004054496
  • 変性側弯を伴った腰部脊柱管狭窄症に対する広範椎弓切除術の術後成績, 池田 光正, 広藤 栄一, 西松 秀和, 近藤 啓, 大澤 正実, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, 6, 1355, 1356,   2001年11月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009770666
  • 当院における肩腱板断裂に対する各術式の検討, 池田 光正, 広藤 栄一, 西松 秀和, 吉田 憲治, 光野 芳樹, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 44, 1, 29, 30,   2001年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009768492
  • <一般演題抄録>11.破骨細胞の接着におけるPAI-1の影響, 池田 光正, 野中 藤吾, 菊池 啓, 曽根崎 竜一, 濱西 千秋, 田中 清介, 近畿大学医学雑誌, 25, 1,   2000年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061633
  • <一般演題抄録>20.破骨細胞の骨吸収における線溶因子の検討, 池田 光正, 菊池 啓, 野中 藤吾, 嶋田 亘, 板金 寛昌, 濱西 千秋, 田中 清介, 近畿大学医学雑誌, 24, 2,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061598
  • <原著>ウサギ破骨細胞の接着と骨吸収における線溶因子の新たな役割, 池田 光正, 近畿大学医学雑誌, 24, 2, 365, 375,   1999年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061571
    概要:これまで, 骨代謝における線溶因子の役割を骨芽細胞, 破骨細胞を用いて検討してきたが, 破骨細胞が骨吸収を行う過程で骨基質にまず接着することが必要となる.近年破骨細胞の単離技術の向上に伴い多くの報告がなされてきているが, 破骨細胞の接着における線溶因子の関与を証明したものはない.そのため今回破骨細胞の細胞接着と骨吸収における線溶因子の関与について検討した.その結果ウサギ破骨細胞にインテグリン(αvβ3), オステオポンチン, u-PA, PAI-1,u-PARの発現が認められ, そのうちでも接着早期には, インテグリン, u-PA, PAI-1の発現が強く, 破骨細胞が活性化され骨吸収期に入ると, u-PAの発現量と活性のみが高値を維持していた.また破骨細胞にはオステオポンチンが結合しているインテグリンと, 非結合のフリーのインテグリンの2種類が存在し, この両者が基質の状態に応じて特異的に作用し, これを破骨細胞が産生するPAI-1が調整している可能性が示唆された.すなわち破骨細胞の接着にはオステオポンチン, インテグリン, PAI-1が相互に関与していること, 接着後の骨吸収にはu-PARを介したPAシステムの関与が重要であることが明らかになった.
  • 老健施設併設病院における超高齢者の大腿骨頚部骨折後の予後, 大浦 好一郎, 池田 光正, 浜西 千秋, 田中 清介, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, 1, 25, 26,   1999年01月01日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10009762317
  • 老健施設併設病院における超高齢者の大腿骨頚部骨折後の予後, 大浦 好一郎, 池田 光正, 浜西 千秋, 田中 清介, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 42, 1, 25, 26,   1999年, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004054146
  • 合金が家兎TRAP陽性細胞の線溶系におよぼす影響 : TRAP活性を指標とし, 板金 寛昌, 菊池 啓, 野中 藤吾, 嶋田 亘, 宮城 一郎, 池田 光正, 田中 清介, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 71, 8,   1997年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016494741
  • 慢性関節リウマチ関節軟骨におけるプラスミノーゲンアクチベーター, 嶋田 亘, 菊池 啓, 野中 藤吾, 宮城 一郎, 板金 寛昌, 池田 光正, 松尾 理, 田中 清介, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 71, 8,   1997年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016494306
  • 滑膜線維芽細胞のヒアルロン酸刺激に対する線溶系の変化, 野中 藤吾, 菊池 啓, 嶋田 亘, 宮城 一郎, 板金 寛晶, 池田 光正, 田中 清介, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 71, 8,   1997年08月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10016494290
  • <一般演題抄録>16.TRAP陽性細胞に対する薬剤刺激について, 板金 寛昌, 菊池 啓, 野中 藤吾, 嶋田 亘, 宮城 一郎, 池田 光正, 田中 清介, 近畿大学医学雑誌, 22, 1,   1997年06月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061376
  • <一般演題抄録>6.家兎破骨細胞の骨吸収における線溶系活性, 板金 寛昌, 菊地 啓, 野中 藤吾, 嶋田 亘, 宮城 一郎, 池田 光正, 田中 清介, 近畿大学医学雑誌, 21, 2,   1996年12月25日, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000061319