KINDAI UNIVERSITY


※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

古薗 勉フルゾノ ツトム

プロフィール

所属部署名生物理工学部 医用工学科 / 生物理工学研究科
職名教授/学部長補佐/医用工学科長/個人情報保護委員会委員長
学位博士(工学)
専門医用材料工学、人工臓器学、透析医学
ジャンル医療・健康/医学
コメンテータガイドhttp://www.kindai.ac.jp/meikan/603-furuzono-tsutomu.html
ホームページURLhttp://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=6
メールアドレス
Last Updated :2017/11/21

コミュニケーション情報 byコメンテータガイド

コメント

    ナノテクノロジーによるバイオマテリアルを開発し、ベンチャー企業を立ち上げて医療機器製造・販売に係る事業化を行っています。また臨床では、我が国の在宅血液透析を推進しています。

学歴・経歴

経歴

  •   2010年,  - 現在, 近畿大学(教授)
  •   2000年,  - 2010年, 国立循環器病センター研究所(室長)
  •   1999年,  - 2000年, 無機材質研究所(NEDO提案公募研究員)
  •   1997年,  - 1999年, 蚕糸・昆虫農業研究所(COE特別研究員)
  •   1996年,  - 1997年, ワシントン大学(客員研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 人間医工学, 医用生体工学・生体材料学
  • 人間医工学, 生体医工学・生体材料学

研究キーワード

  • 医療機器, 人工臓器, 生体材料, ナノ材料, セラミックス, 生体機能材料, 高分子, 透析療法

論文

  • Newly development of biocompatible materials: Dispersible titanium-doped hydroxyapatite nanoparticles suitable for antibacterial coating intervascular catheters, 古薗勉, Contributions to Nephrology, 189, 144, 152,   2017年, 査読有り
  • Preparation and application of a potassium-substituted calcium phosphate sheet as a dental material for tissue dentin hypersensitivity, Key Eng. Mater., 720, 102, 107,   2016年, 査読有り
  • Preparation and characterization of dispersible fluorinated hydroxyapatite nanoparticles with weak antibacterial activity, ASAIO J., 62, 197, 202,   2016年, 査読有り
  • Synthesis and antibacterial evaluation of calcinated Ag-doped nano-hydroxyapatite with dispersibility, T. Furuzono, M. Motaharul, Y. Kogai, Y. Azuma, Y. Sawa, Int. J. Artif. Organs, 38, 251, 258,   2015年, 査読有り
  • カリウム含有HAp薄膜の作製および溶解性, 波床侑果,西川博昭,古薗 勉,本津茂樹, バイオインテグレーション学会誌, 5, 69, 72,   2015年, 査読有り
  • Prevention of catheter infection using a biodegradable tissue adhesive composed of human serum albumin and disuccinimidyl tartarate, T. Taguchi, M. Okada, Y. Kogai, M. Masuda, Y. Shimomura, M. Inoue, T. Hamabata, K. Funatogawa, T. Kirikae, T. Furuzono, J. Bioact. Compat. Polym., 29, 284, 297,   2014年, 査読有り
  • Influence of calcination conditions on dispersiblity and chemical composition of hydroxyapatite crystals calcined with anti-sintering agents, M. Okada, Y. Omori, M. Awata, T. Shirai, N. Matsumoto, S. Takeda, T. Furuzono, J. Nanoparticle Res., 16, 2469, 2477,   2014年, 査読有り
  • Injectable Cell Schaffold Restores Impaired Cell-Based Therapeutic Angiogenesis in Diabetic Mice with Himdlimb Ischemia, K. Takeda, S. Fukumoto, K. Motoyama, T. Morioka, K. Mori, K. Kageyama, Y. Sakai, H. Sato, M. Suzuki, H. Koyama, T. Shoji, E. Ishimura, M. Emoto, T. Furuzono, K. Nakajima, M. Inaba, Biochem. Biophys. Res. Commun., 454, 119, 124,   2014年, 査読有り
  • Hydroxyapatite-coated poly(ε-Caprolactone) microspheres fabricated via a Pickering emulsion route: Effect of fabrication parameters on diameter and chemical composition, S. Fujii, M. Okada, T. Nishimura, T. Sugimoto, H. Maeda, H. Hamasaki, T. Furuzono, Y. Nakamura, Composite Interfaces, 29, 45, 56,   2013年, 査読有り
  • Effect of Interfacial Serum Proteins on Melanoma Cell Adhesion to Biodegradable Poly(L-Lactic Acid) Microspheres Coated with Hydroxyapatite, H. Shinto, T. Hirata, T. Fukasawa, S. Fujii, M. Okada, Y. Nakamura, T. Furuzono, Colloids Surf. B: Biointerf., 108, 8, 15,   2013年, 査読有り
  • Preparation of carboxylated Ag nanoparticles as a coating material for medical devices and control of antibacterial activity, T. Furuzono, T. Iwamoto, Y. Azuma, M. Okada, Y. Sawa, J. Artif. Organs, 16, 451, 457,   2013年, 査読有り
  • in Vitro Degradation of Hydroxyapatite Nanoparticle-Coated Biodegradable Microspheres, S. Fujii, Y. Miyanari, T. Mishimura, Y. Yokoyama, S. Hamasaki, M. Okada, T. Furuzono, S. Matsuda, H. Takamori, Y. Nakamura, Poly. Deg. Stab., 98, 377, 386,   2013年, 査読有り
  • Enhancement of Cell-Therapeutic Angiogenesis using a Novel Type of Injectable Scaffolds of Hydroxyapatite-Polymer Nanocomposite Microsheres, Y. Miwa, S. Fukumoto, H. Koyama, M. Okada, S. Tanaka, T. Shoji, M. Emoto, T. Furuzono, Y. Nishizawa, M. Inaba, PLoS ONE, 7, e35199, 1, 12,   2012年, 査読有り
  • Formation of Pickering Emulsion Stabilized via Interaction between Nanoparticles Dispersed in Aqueous Phase and Polymer End Groups Dissolved in Oil Phase, M. Okada, H. Maeda, S. Fujii, Y. Nakamura, T. Furuzono, Langmuir, 28, 9405, 9412,   2012年, 査読有り
  • Development of Microspheres with Hydroxyapatite Nanocrystals as Cell Scaffold for Angiogenesis, T. Iwamoto, T. Terada, Y. Kogai, M. Okada, T. Furuzono, Funct. Mater. Lett., 5, 1260010, 1, 6,   2012年, 査読有り
  • Solvent-free formation of hydroxyapatite coated biodegradable particles via nanoparticle-stabilized emulsion route, M. Okada, S. Fujii, T. Nishimura, Y. Nakamura, S. Takeda, T. Furuzono, Appl. Surf. Sci., 262, 39, 44,   2012年, 査読有り
  • Preparation and In Vitro/In Vivo Evaluations of Dimpled Poly(L-lactic Acid) Fabric Mixed/Coated With Hydroxyapatite, H. Yanagida, M. Okada, M. Masuda, I. Narama, S. Nakano, S. Kitao, K. Takakuda, T. Furuzono, J. Artif. Organs, 14, 331, 341,   2011年, 査読有り
  • Preparation of Nanoscaled Ploy(viniyl alcohol)/Hydorxyapatite/DNA Complex Using High Hydrostatic Pressure Technology for In Vitro and In Vivo Gene Delively, T. Kimura, Y. Nibe, S. Funamoto, M. Okada, T. Furuzono, T. Ono, H. Yoshizawa, T. Fujisato, K. Nam, A. Kishida, J. Drug Delivery, 2011, 962743, 1, 8,   2011年, 査読有り
  • Low Temperature Synthesis of Nanoparticle-Assembled, Transparent, and Low Crystallized Hydroxyapatite Blocks, M. Okada, T. Furuzono, J. Coll. Inter. Sci., 360, 457, 462,   2011年, 査読有り
  • Release behavior from hydrogen-bonded polymer gels prepared by pressurization, S. Mutsuo, K. Yamamoto, T. Furuzono, T. Kimura, T. Ono, A. Kishida, J. Appl. Polym. Sci., 119, 2725, 2729,   2011年, 査読有り
  • Hydroxyapatite/Biodegradable Poly-(L-lactide-co-caprolactone) Composite Microparticles as Injectable Scaffold by a Pickering Emulsion Route, X. Liu, M. Okada, H. Maeda, S. Fujii, T. Furuzono, Acta Biomater., 7, 821, 828,   2011年, 査読有り
  • Pickering-type water-in-oil-in-water multiple emulsions toward multihollow nanocomposite microspheres, H. Maeda, M. Okada, S. Fujii, Y. Nakamura, T. Furuzono, Langmuir, 26, 13727, 13731,   2010年, 査読有り
  • Fundamental study on activation of titanium dioxide composite irradiated by low-intensity focused ultrasound in anti-infective catheter system, N. Nitta, A. Kaya, T. Yamane, K. Kyodo, M. Okada, T. Furuzono, Jpn. J. Appl. Phys., 49, 07HF24-1, 7,   2010年, 査読有り
  • In Vitro Secretion of TNF-α from Bone Marrow Mononuclear Cells Incubated on Amino Group Modified TiO2 Nano-Composite Under Ultrasound Irradiation, T. Furuzono, M. Masuda, N. Nitta, A. Kaya, T. Yamane, M. Okada, Mater. Sci. Eng. B, 173, 191, 194,   2010年, 査読有り
  • In vivo Evaluation of Hydroxyapatite Nano-Coating on Polyester Artificial Vascular Grafts and Possibility as Soft-Tissue Compatible Materials, H. Kadono, T. Furuzono, M. Masuda, M. Okada, M. Ueki, K. Takamizawa, R. Tanaka, K. Miyatake Y. Koyama, K. Takakuda, ASAIO J., 56, 61, 66,   2010年, 査読有り
  • 在宅血液透析を目的とした自己穿刺補助具の開発, 古薗 勉,森 義博,太田雅顕,長谷川晋也,坂巻正倫,松本良平,横山和巳,坂井瑠実, 透析会誌, 43, 325, 328,   2010年, 査読有り

書籍等出版物

  • "思う”ことで変えられる, 古薗勉, 単著, はる書房,   2017年07月
  • 専門研修トレーニング問題解説集 第2版, 古薗勉, 分担執筆, 血液浄化に関連した機器,薬剤,検査, (社)日本透析医学会 専門医制度委員会,   2015年08月
  • MEの基礎知識と安全管理 改訂第6版, 古薗 勉、峰島三千男, 分担執筆, 第4章 MEに必要な医用材料, 南江堂,   2014年04月
  • 第1種ME技術実力検定試験テキスト, 竹澤真吾、古薗 勉、峰島三千男, 分担執筆, 第1部第6章 医用材料工学, (社)日本生体医工学会ME技術教育委員会(監)、第1種ME技術実力検定試験テキスト編集委員会(編),   2014年03月
  • 臨床工学技士標準テキスト 第2版増補, 古薗勉, 分担執筆, ⅩⅣ.生体材料工学, 金原出版,   2014年02月
  • Biomimetics: Advancing Nanobiomaterials and Tissue Engineering, S. Fujii, M. Okada, T. Furuzono, 分担執筆, Hydroxyapatite-biodegradable polymer nanocomposite microspheres toward injectable cell scaffold, John Wiley & Sons, Inc.,   2013年
  • 体内埋め込み医療材料の開発とその理想的な性能・デザインの要件, 古薗勉, 分担執筆, 臨床で求められる新しい複合ポリマー材料, 技術情報協会,   2013年
  • (社)日本透析医学会 専門医試験問題解説集(改訂第七版), 古薗勉, 透析膜素材と生体適合性/透析回路・滅菌法, 医学図書出版,   2012年05月
  • 臨床工学技士標準テキスト 第2版, 古薗勉, 分担執筆, ⅩⅣ. 生体材料工学, 金原出版,   2012年02月
  • (増補新訂版)人工臓器は、いま, 古薗勉, 分担執筆, 人工腎臓, はる書房,   2012年
  • 新版 ヴィジュアルでわかるバイオマテリアル, 古薗勉、岡田正弘, 共著, 学研メディカル秀潤社,   2011年12月
  • 共創・協奏—産学連携成功のキーワード—, 古薗勉, 分担執筆, 抗感染性カテーテルの開発と私, アドスリー,   2011年
  • 新材料・新素材シリーズ コアシェル微粒子の設計・合成技術・応用の展開, 藤井秀司,岡田正弘,古薗 勉,福本真也, 分担執筆, ピッカリングエマルション法によるコアシェル粒子の合成, シーエムシー出版,   2010年

MISC

  • 再生医療に役立つナノアパタイト/生体吸収性高分子からなるコアシェル微粒子, 古薗 勉、福本真也, セラミックス, 52, 134, 137,   2017年
  • さまざまな腎代替療法を受けての所感, 古薗勉, 臨牀透析, 33, 685, 691,   2017年, 招待有り
  • 利用者の立場からみた在宅血液透析, 古薗勉, 腎と透析, 81, 808, 812,   2016年, 招待有り
  • 透析療法up date:在宅血液透析は拡がるか?, 古薗勉, 人工臓器2016第32回日本人工臓器学会教育セミナー, 41, 48,   2016年, 招待有り
  • セラミックスを柔らかく使う 医療をかえる新しいナノテクノロジー, 古薗勉, ニュートン別冊, 90, 93,   2015年08月, 招待有り
  • 抗感染性カテーテルの開発と在宅血液透析のバスキュラーアクセスを考える, 古薗勉, 和歌山県臨床工学技士会会誌, 6, 19, 23,   2015年, 招待有り
  • 臨床で求められる新しい複合ポリマー材料, 古薗勉, PHARM STAGE, 14, 28, 32,   2014年, 招待有り
  • 長時間透析に対応したリン添加透析液供給法の検討, 西手芳明,竹澤真吾,古薗 勉, 近畿大学生物理工学部紀要, 31, 21, 30,   2013年, 査読有り
  • A novel approach to prepare hydroxyapatite-coated biodegradable polymer microspheres loaded with magnetic Fe3O4 via nanoparticle-stabilized emulsions, M. Okada, S. Takeda, T. Furuzono, Key. Eng. Mater., 529-530, 223, 228,   2013年, 招待有り
  • 微粒子安定化エマルションを利用する複合微粒子の創出, 藤井秀司、岡田正弘、古薗 勉, Cosmetic Stage, 7, 26, 28,   2013年, 招待有り
  • 家庭で行う人工腎臓治療:患者として経験した驚異の世界, 古薗勉, 人工臓器, 42, 7, 9,   2013年, 招待有り
  • 人工材料(無機材料), 相澤 守, 古薗 勉, 人工臓器, 41, 3, 207, 211,   2012年12月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031136480
  • 超音波を用いた抗感染性カテーテルの開発, 新田尚隆、古薗 勉, 超音波テクノ, 24, 84, 88,   2012年
  • 我が国のend stage kidney disease (ESKD)の現状, 山縣邦弘、八木澤 隆、中井 滋、中山昌明、今井圓裕、服部元史、五十嵐 徹、石村栄治、井関邦敏、伊丹儀友、乳原善文、笠井健司、木全直樹、剣持 敬、佐古まゆみ、杉山 斉、鈴木洋通、田邊一成、椿原美治、西 慎一、樋之津史郎、平松 信、古薗 勉、望月隆弘、湯沢賢治、横山 仁、秋葉 隆、高原史郎、吉村了勇、本田雅敬、松尾清一、秋澤忠男, 日児会誌, 25, 178, 189,   2012年
  • Hydroxyapatite nanoparticles: fabrication methods and medical applications, M. Okada, T. Furuzono, Sci. Technol. Adv. Mater., 13, 064103, 1, 14,   2012年, 招待有り
  • 循環器領域における感染カテーテル関連感染を中心に, 古薗 勉, バイオマテリアル : 生体材料 : journal of Japanese Society for Biomaterials, 29, 4, 249, 253,   2011年11月, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10030203296
  • Synthesis of Hydroxyapatite Nanocrystals and Their Application as Coating Agents for Biodegradable Polymers, M. Okada, S. Takeda, T. Furuzono, Proceedings of the International Dental Materials Congress 2011, 155,   2011年
  • 在宅血液透析を普及させるには, 古薗勉, 臨牀透析, 27, 1383,   2011年, 招待有り
  • 就労と透析, 古薗勉, 腎不全を生きる, 44, 9, 20,   2011年, 招待有り
  • 軟組織適合性材料としてのアパタイトナノ単結晶ハイブリッドマテリアル, 古薗 勉, 岡田 正弘, セラミックス, 45, 8, 645, 650,   2010年08月01日, 招待有り, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026496533
  • 新しい細胞移植療法のためのナノアパタイトコーティング微粒子材料, 岡田 正弘, 福本 真也, 三間 洋平, 藤井 秀司, 古薗 勉, バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials, 28, 2, 88, 95,   2010年04月28日, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026241778
  • 頻回短時間透析の現状と問題点, 坂井瑠実,喜田智幸,喜田亜矢,古薗 勉, 臨床透析, 26, 169, 175,   2010年, 招待有り